2010年08月23日

太陽光発電「カナディアンソーラー」

opspec1.png solar04.png


東京のデザイン工務店 仲村建築店の『わたしの居場所』をつくり出すフライハウスのオプションの太陽光発電「カナディアンソーラー」です。



電気、ガス料金 6カ月連続で全社値上げ!?

【参考】9月の電気、ガス料金 6カ月連続で全社値上げ 7月30日配信のニュース


みなさんにとって、永く住むとはどういうことでしょうか?

きっと、
 ”家族が笑顔で健康に幸せに過ごすこと” だと私は想います。

家族が健康に過ごすためには、自然の素材や環境にこだわることが大切です。


family01.jpg では、家族がニコニコ笑顔で住むためには?

これが、
家づくりをしている私の頭を悩ませる1番の問題かもしれません。

だって、住宅を現金で購入される方は、ごく一部で、
多くの方は住宅ローンを組みます。

つまり、月々の支払いが発生するのですが、
生活を始めると月々に支払わなければいけない費用は
住宅ローンだけではなく、
電気代、ガス代、水道代などなど

絶対に支払わなければいけない料金、
その他にも、食費やおこづかいなど

いろんな出費があります。


このお金の支払いが、家族を幸せにも不幸にもします。


その生活する中で、一番必要不可欠な電気代とガス代が上がるのです!!


もしかしたら、現在、笑顔で暮している家族も、笑顔でなくなるかもしれません。


そんなことを考えると、私たち、地元工務店は、

”あなたと一緒に生活する家づくりのプロ”として

幸せな家族の笑顔が曇ってしまうと悲しくなります。


そう、私たちは、家を通じて、永くお付き合いするから、
太陽光(オール電化・エコキュートなど)をお勧めするのです。


canadiansolar07.jpg

■太陽光発電の仕組み


太陽光発電とは、太陽光という膨大かつ永続的に得られるクリーンエネルギーを利用した 発電システムのことです。

さて太陽光発電システムのメインは、太陽光モジュール(パネルをつなぎ合わせたもの) です。
主に屋根などに取り付けられ、太陽の光を電気に変える役割をしています。

そして、このほかにも大切な設備がいくつかあるのですが、
それら一式を総称して「太陽光発電システム」と呼ばれています。


普段、電力会社から供給されている電気は「交流」なのですが、太陽光モジュールが発電する電気は「直流」です。
それぞれ電気の種類が違うので、それを変換するための装置としてパワーコンディショナーが必要です。

また、太陽光発電には他に発電量や使用電力を測る電力計が必要になってきます。


■太陽光のおかげで光熱費を大幅ダウン!


環境に配慮した太陽光発電は、光熱費をグンと節約することが可能です。
しかも、太陽光発電とオール電化の相性は抜群です。
組み合わせることによって、
発電した電気をさらに有効に使うことができ、大幅な光熱費のダウンに期待が持てます。

オール電化と太陽光発電の生活は、家庭で必要なすべてのエネルギーを電力でまかなうだけではなく、太陽光の力で発電することができるのです。つまり、太陽光発電で得た電力を有効に使うことによって家庭の光熱費を大幅に抑えることができます。

オール電化と太陽光は相性がいい

一般的にマイホームを新築すると、光熱費が以前よりも増加することが予想されます。
光熱費がアップする理由としては、以下のことが挙げられます。

・家の大きさそのものが大きくなるから

・家族が増えるから

・お風呂が大きくなるから

・設備が増えるから

・照明器具が増えるから

・家電製品が大きくなるから


それらの電気代をうまく減らすには、オール電化と太陽光発電を組み合わせることによって、それらの電力を抑えることです。また、ガス代が一切いらなくなることによって、さらに光熱費が削減できるのです。

つまり、太陽光発電は、オール電化と組み合わせることによって、よりメリットが上がります。


太陽光発電を取り入れるなら、オール電化の導入も検討することをオススメします。


canadiansolar02.png canadiansolar03.png canadiansolar04.png canadiansolar05.png canadiansolar06.png


「カナディアンソーラー」について、
もっと詳しく知りたい方は、当社までお問い合せください。

また当社は、京セラ・シャープなど他メーカーの太陽光発電の設置実績もあり、取り扱っています。
他メーカーの太陽光発電のことも当社までお問い合せください。


お問合せ・ご相談

2010年08月20日

「仲村建築店 フライハウス」とは - flyhouse

spec04.png


「フライハウス / flyhouse」とは、

東京のデザイン工務店 仲村建築店の「家づくりのコンセプト」をパッシブデザインを使って
実現するブランドです。


パッシブデザインとは「冬暖かく、夏涼しく、風が通って、明るい」家にする方法です。

フライの由来は、英語で「飛ぶ」を意味する単語のflyより、「飛躍」や「挑戦」の意味を込め、
他にflyには「うまくいく、成功する」「とても良い、格好いい」という英語の意味もあり、
また「富が来る」より、「富来」でフライと読ませました。


フライハウスは、

パッシブデザインの力を借りて、未来に向かって飛躍し、幸せや富をつかむことを願う家
として設立したブランドです。


※「フライハウス / flyhouse」は登録商標です。 【商標登録番号】 第5242848号