赤堤4丁目T-house

#離れのある家
最初のヒアリングでご主人のための居場所をつくってあげたいと思った。それは頑張っているご主人への私からのプレゼントという気持ち。全体プランはスキップフロアである。スキップフロアとは各階が高さ方向に半階ずつズレながら断面が構成されていること。1階は1室空間のキッチン・ダイニングとリビングが、2階は各個室が半階ズレている。半階ズレる良さは、1室空間の場合は同じ空間にいながら、目線の高さがズレるので、より自分だけの領域をつくりやすくなり、各個室のズレは壁だけで隣り合っていたとしてもより個としての空間の度合いが増す。半階ズレることにより、よりたくさんの家族ひとりひとりの居場所ができるのです。私がご主人のために用意した居場所は離れ、一旦2階のバルコニーに出てから入る部屋。ただし、離れとは言え、この部屋も半階ズレて1階リビング・ダイニング・キッチンや2階個室とはつながっている。両開きの戸を開けた先は1階のリビング・ダイニング・キッチンの天井近く、決して人が出入りできる所ではない。ご主人が好きにできる居場所、閉じて完全に独りでもよし、戸を開けて家族の気配を感じながら独り佇むもよし。

*この住宅の室内の壁天井はトータル1万本以上の鍋ビスで構造用合板を留めて仕上げにしている。遠くからではわからないが、近づくと鍋ビスの存在がはっきりとわかり、遠目と近目で壁の表情に変化がある。また、鍋ビスを少し緩めることで、時計をかけたり、絵をかけたり、壁フックの役割も果たす。

赤堤4丁目K-houseとは隣り同士であり、間を路地状空間にし、お互いの玄関やリビングの窓を路地状空間に面して配置し、路地状空間でさまざまな交流が生まれるように計画。
  • 赤堤4丁目T-house
  • 赤堤4丁目T-house
  • 赤堤4丁目T-house
  • 赤堤4丁目T-house
  • 赤堤4丁目T-house
  • 赤堤4丁目T-house
  • 赤堤4丁目T-house
  • 赤堤4丁目T-house
  • 赤堤4丁目T-house
  • 赤堤4丁目T-house
  • 赤堤4丁目T-house
  • 赤堤4丁目T-house
  • 赤堤4丁目T-house
  • 赤堤4丁目T-house
  • 赤堤4丁目T-house
  • 赤堤4丁目T-house
  • 赤堤4丁目T-house
  • 赤堤4丁目T-house
  • 赤堤4丁目T-house
  • 赤堤4丁目T-house
  • 赤堤4丁目T-house
  • 赤堤4丁目T-house