«  2019年04月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

2019年04月21日

生活が溢れ出すようなオープンなパーソナルスペースをつくりたいとした。

そのためには、接点の無い異なるアクティビティーを複数発生させて、そのアクティビティー同士の間がオープンなパーソナルスペースになる。

アクティビティーとは活動という意味だが、そこにもしかしたら、心の働き、心の動きも入るのではないかとふと思い、今日一日考えていた。

不完全性がアクティビティーを誘発させると考えている。

不完全性には2種類あって、空っぽで何も無く、そこに足りない何かを足すことができる状態の不完全性と、完全なものが崩れ、乱れている状態の不完全性。

どちらも、完全になろうとしてアクティビティーが発生する、実際に人間活動が起こる。ただ、実際に活動が起こる前に、心の働き、心の動きが起こるだろう、その時点でアクティビティーが発生しているとしても良いのではないかと考えた。

ならば、目に見えて人間活動が起こる必要性も無くなり、心の働きや動きに焦点を当てるだけでも良いかもしれない。

それは、それが、未完の美、のようだと、今日の時点では結論に至った。

F61D9BBD-582D-43D0-A004-1076C201FF8B.jpeg

"Work of mind"

I wanted to create an open personal space that overflows my life.

For this purpose, a plurality of different activities without contact are generated to make an open personal space between the activities.

Activity means activity, but I thought about it all day, thinking that it might be the work of mind and movement of mind.

We believe that imperfections trigger activities.

There are two types of imperfections: nothing is empty and nothing can be added to it, and imperfections in which things are completely broken or disordered.

In both cases, activities occur in an attempt to become complete, and human activities actually occur. However, before activity actually occurred, it was thought that working of mind and mind movement would occur, and it might be good if activity occurred at that time.

So there is no need for visible human activity, and it may be better to focus on the actions and movements of the mind.

It came to a conclusion as of today, as it seems to be an unfinished beauty.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2019年04月20日

異なるアクティビティー同士の間にオープンなパーソナルスペースができると考えている。ちょうどそこが空白地帯というか、真空状態というか、誰も関心を持たない、誰にも干渉されないスペースができると考えている。

例えば、行き交う電車と電車の間とか、そこに普通はいないから、わからないと思うかもしれないが、電車に乗っている人はそこに目もくれない。

だから、オープンにできる。

オープンにできれば、生活が溢れ出すじゃないか。

都市がつまらない時は、街がつまらない時は、肩肘張って、虚勢を張って、繕って、虚飾にまみれている時、生活が溢れ出し、日常まみれの場所は、親近感が湧くし、ほっとするし、自分が素になれて、ストレスが無く、精神衛生上良く、楽しい、長生きするよ。

だから、オープンなパーソナルスペースのつくり方を一般解として解きたい。そのような空間を意図的につくりたい、そのような意図的な空間を見たことないが無いでしょ。

だから、考える意味があるし、トライする意味がある。

3957DD19-6F90-4CC7-AD3E-15F7EDE78A74.jpeg

"Let's overflow the life"

I think that there is an open personal space between different activities. I think that there is a space where there is no gap with nobody, or nobody's interested, or just a vacuum zone.

For example, you may think that you don't know because you are not in the usual place, such as between trains that go and go, but those on the train will not see you there.

So you can be open.

Life would overflow if it could be open.

When the city is boring, when the city is boring, shoulders, elbows, vignettes, crawling, when covered in a vanity, life overflows, everyday places are covered with a sense of closeness and a sense of intimacy I will be a part of myself, stress free, good in mental health, enjoyable, live longer.

So I want to solve the way of creating an open personal space as a general solution. I would like to create such a space intentionally, I have never seen such an intentional space.

So it makes sense to think and to make a try.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2019年04月19日

建築を1から構想する時は、何か手がかりのようなものがあってはじめる。全く何も無く、プランが出来上がることは無い。

その手がかりは、建築論であったり、自身の建築に対する想いであったり、クライアントの要望であったり、周辺環境からもあるだろうし、建築性能としての温熱環境を満たすことであったりなど、あと、これらが複合する場合もあるだろう。

いずれにせよ、何を手がかりにするのかを選択し、構想を進めていくのだが、まず手がかりを考えるのが面白いし、悩むところ、最初の方向性だから、面白い場面や、やり甲斐を感じる時や、達成感がある場面はこの後に何度もあるが、全体の方向性を考える時は最初だけで、あとはその都度確認をするが、この方向性を間違うと、後で修正もできないし、途中をいくら頑張っても、報われない結果になる、建築としてのレベルの高さがここで決まるといか。

だから、時間をかけたくなるし、安易に決められないし、ともなるが、面白いもので、大体一番最初に思い付いたことや手がかりが、結局それを出発点として、時間をかけてそれで良いという証明を自分にしながら、構想を進めていったりする。

1E17855B-C3D8-46F3-A2B9-F84247CEF554.jpeg

"clue"

When I envision building from scratch, I begin to have something like a clue. There is nothing at all and there is no plan coming up.

The clue is architecture theory, thought of one's own architecture, the request of the client, there is also from the surrounding environment, it is to meet the thermal environment as the building performance, etc. There may be cases where these are combined.

In any case, we choose what to use as a clue, and proceed with the concept, but it is interesting to think of a clue first, and to be troubled, because it is the first directionality, when you feel an interesting scene or practice There are many occasions after which there is a sense of accomplishment, but when thinking about the overall directionality, it is only the first and every time after that, it is confirmed each time, but if this directionality is wrong, correction can not be made later, No matter how hard you work on the way, it will result in no reward, if the height of the architectural level is decided here.

So it's tempting to spend time, not easy to decide, but it's also fun, and it's mostly about the first things you come up with and clues that prove it's good over time, taking it as a starting point While promoting the concept.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2019年04月18日

箱や包装も考えた方が良い、と言われた。

輪島塗のフリーカップを製作中だが、そのことを先日お会いした京都の古美術店の店主の方に話をしたら、そう言われた。

箱が良いか、包装が良いか、何か別のやり方もあるかもしれないが、どう見せるか、どう見せたいか、相手に手渡す時のことも考えないと。

そこまでは考えていなかった、フリーカップをつくることしか頭に無く、人に手渡す時のことまで考えていなかった。

店主に言わせると、そこまで考えるのが当たり前のことで、それがものをつくるということだと伝えたかったのかもしれない。

3AA191AE-C652-4B8A-B747-4B39F674C0B7.jpeg

"When handing to people"

It was said that it would be better to think about boxes and packaging.

I was making a free cup of Wajima-Nuri, but when I talked to the shopkeeper of the old art shop in Kyoto that I met the other day, I was told that.

There may be other ways, such as whether the box is good, the packaging is good, but I don't think about how to show it or how I want to show it or when handing it to the other party.

I had not thought about it until then, I was only thinking about making a free cup, and I was not thinking about handing it to people.

If you ask the storekeeper, you might have wanted to tell that thinking so far is a matter of course and making things.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2019年04月17日

人の日常や生活感が溢れ出す感じに興味がある。

建築でいえば、高い塀に囲まれた中の綺麗な洋館よりは、様々な日常や生活の営みが直に目の前にある雑踏を生み出す建築、例えると、今は無い香港の九龍城、に惹かれる。

都市も同じ、セキュリティのしっかりしたゲートシティよりは、猥雑な環境でも、様々な生活感が混在する、あるいは、夜になるとあやしく出現する街、例えると、歌舞伎町や昔のニューヨーク、に惹かれる。

外壁という皮に包まれて中を伺い知ることができない建築が普通かもしれない。だから、その皮をいかにつくるか、それはデザインだけではなくて、皮としての性能、例えば、断熱性や光をいかに中に通すか、などが重要にもなる。

例えると、餃子ならば、皮は重要で、中の餡も大事だが、餃子を分類すると麺類になるらしいから、皮の食感や厚みや味が一番重要なのかもしれないし、皮が破れて中の餡が飛び出していたら、商品としてもダメだろう。

建築は雨風を凌ぐために皮が必要で、だから、断熱性や採光性を考える必要が出てくる訳だが、逆に言えば、雨風が凌げて、断熱性と採光性が確保されていれば、皮に包まれていなくても良い、中の餡が見えても良い、餡が見えた方が、餡の見せ方をデザインできるのが建築デザインの面白さかもしれない、属性も麺類では無いし。

67480F36-7694-426D-B269-F065E181A902.jpeg

"How to show firewood is architectural design"

I am interested in the feeling that people's everyday life and sense of life overflow.

In terms of architecture, it is more like Kowloon Castle in Hong Kong, which is not a building that produces various crowds of daily life and daily life directly in front of the beautiful Western-style building surrounded by high walls. I am attracted to

The city is also the same, with a more secure security than in the gate city, in a mixed environment or with a mix of lifestyles, or a city that pops up at night, like Kabukicho or old-fashioned New York.

It may be common to have an architecture surrounded by a skin called outer wall that can not be seen inside. So, it is important not only how to make the skin, but also the performance as a skin, such as how to insulate heat and light, etc.

For example, if it is dumplings, the skin is important, but the inside is also important, but if you classify the dumplings it will become noodles, so the texture, thickness and taste of the skin may be the most important, and the skin is broken It would be no good as a product if the spear inside was popping out.

Architecture needs skin to overwhelm the rain wind, so it is necessary to think about the heat insulation and daylighting, but conversely, if the rain and wind are secured and the heat insulation and daylighting are secured, Even if it is not necessary to be wrapped in skin, it may be possible to see the inside of the bag. If you can see the bag, the design of how to display the bag may be interesting for architectural design. Attributes are not noodles. .


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2019年04月16日

『使うということ』

器は使ってなんぼ、とう言葉を何度も使っていた、古美術店の店主の方とお話ししている時に。

魯山人のお椀、博物館級のもの、それも料理を盛った形跡がある。魯山人は使うために器を、料理を盛るために器を、観賞用では無く。

使う、盛るが最初にあるから、器の形、厚みなどが決まる、それは民藝と同じなのだが、なぜか民藝は丈夫さが優先され、分厚くなる、武骨になる。

使う、盛るが最初にあるからと言って、壊れない、丈夫である必要は無い、それはまた別の話。普段使いだから、壊れない、丈夫さが必要だと、だから分厚くても良い、分厚い方が良いという考えは、使うということがわかっていない人の考え。

使うということは、自分の手先になって、自分の分身のように、自分の性質がそこに出る、美意識も。そうすると、壊れない丈夫で分厚い美意識もあるという人がいるが、それは意図して分厚くしているのでは無くて、単に丈夫さを求めた結果として分厚くなったに過ぎず、そこには美意識のかけらも無い。

使うということは、自分の美意識もセンスも生活レベルも問われているということ。

例えば、細く薄く繊細に見せるために、わざと、太く厚く武骨な部分をつくり、対比によって細く薄く繊細に見せる場合もあり、それはその武骨な部分が必要で、丈夫さを求めた結果では無くて、結果的に丈夫にはなるかもしれないが、たった1回使ったら終わりでも良い訳で、大事なのは器を使った時に、料理を盛った時に、どのように料理と調和を図るかということで、丈夫さを求めるのは単に効率、コストを優先しているに過ぎず、民藝はその意識が強いから民藝になるとも言え、民藝にするために丈夫さを求めるとも言えてしまい、それだと民藝の素の部分が現代の何事も効率を求める精神と同じになり、均一化された工業製品と相対する民藝の精神が、実は均一化された工業製品と素は一緒という、何とも皮肉な、そこに気が付かない民藝の器に料理を盛っても、というか、盛りたくない。

9D749375-A64D-4330-96E4-AF94BDE0CE2C.jpeg

"Use"

When we are talking with the old art shop owner who used the bowl and used the language many times.

There is a trace of a dish of Mioyama-san, a museum-like one, and that also contains a dish. Aoi Yamato is not used for cooking, but for cooking.

Because it is used first, the shape and thickness of the bowl are decided because it is the same as the folk song, but somehow the folk song has strength and becomes thick, it becomes a samurai bone.

It doesn't have to be broken or durable just because you use it first, but it's another story. It's a regular use, so it's not broken, it needs to be strong, so it's good to be thick, the idea that thick is better is the idea of ​​people who don't know to use it.

To use it is your own hand, like your own self, your nature comes out there, also the sense of beauty. Then, there are those who are strong and have a thick aesthetic sense that does not break, but it is not intended to be thick as intended, but merely thick as a result of seeking for toughness, and there is a fragment of aesthetics There is also no.

To use it means that one's sense of beauty, sense and life level are also questioned.

For example, in order to make it look thin, thin and delicate, it is possible to make thick, thick and thick parts intentionally, and to make it look thin, thin and thin by contrast. As a result, it may become strong, but it is good if you use it only once, but the important thing is how to keep the dish in harmony with the dish when you use it. Therefore, seeking robustness is merely giving priority to efficiency and cost, and it can be said that a folk song will be a folk song because its awareness is strong, and it can be said that it seeks robustness to become a folk song. Then, the original part of the folk song will be the same as the modern day's spirit for efficiency, and the spirit of the folk song against the uniformed industrial products and the opposite, but in fact the uniformed industrial products and the element are together Of course, ironically, you notice it Even if the dishes are served in the bowl of a good folk song, I do not want to do it.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2019年04月15日

京都の古美術店で店主の方とお話しをさせていただいた、前にカトラリーを購入したお店。

伊万里焼を見ていたら、久しぶりに伊万里を取り扱っている、と話し掛けられた。父親の代までは伊万里の専門店だったが取り扱いを止めたとのこと。

東京で一度は行ったり、見聞きしたことのあるお料理屋さんに器を下ろしていて、ただ、誰かに言われた訳では無いが、自分で気づいたそうで、

伊万里焼の器はお料理屋さんでは使わない。

当然理由を聞いてみたくなり、その他にも、魯山人の漆器、博物館級のものを触らせてもらいながら、長いことお話しをさせてもらった。掛け軸の話も、熊谷守一の、これはまだ誰にも見せてないものらしくて、来年のお茶会の待ち合いで、その内容はここでは書かない方がよいと思うので、そのような貴重で面白い話ばかりを聴いて、時が経つを忘れてしまった。

伊万里は武骨だから、お料理に合わない。その理由を聞いて、実はずっと思っていたことがあり、やはりと納得した次第で、民藝の話が出て来て。

C5C2220C-4940-4F7D-B407-81DB0128A709.jpeg

"Judging judgment"

A shop where I bought a cutlery before, who talked with the shop owner at an old art shop in Kyoto.

When I watched Imari, I was told that Imari was handled after a long time. It was a specialty store of Imari until his father's day, but he said that he stopped handling.

I went down to a restaurant in Tokyo that I had visited and had seen and heard, but it wasn't just that someone told me, but I noticed it,

Imari pottery is not used in the restaurant.

Naturally, I wanted to ask why, and in addition, I was allowed to talk for a long time while letting me touch the lacquerware of Sasayama and museum-class ones. As for the story of the scroll, this is one that has not been shown yet to anyone of Kumagai Moriichi, and I think that it would be better not to write the contents here at the next tea ceremony party, so such valuable I just listened to interesting stories and forgot time passed.

As Imari is a bone, it doesn't suit you. Hearing the reason, I have always thought about it, and I was convinced that after all, folk tales came out.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2019年04月14日

「暮らし」と「建築論」は相対することなのだろうか。先日のオープンハウスで立ち聞きした、一般紙に建築を紹介する時、建築家は建築論を展開できない、素人受けしないから、暮らしとかの話をする、本当はそこに建築論があり、それを元に実体の建築があるのに。

建築論の素は哲学であることが多い。哲学は言わば、人やこの世界を理解するための学問。暮らしは、この世界での人の営みの総称か。ならば、「暮らし」と「哲学」は相対するというよりかは、「暮らし」を哲学的に紐解いたものが建築論の一部を形成するのではないか。

たがら、「建築論」として「暮らし」を語ることができるだろうし、耳障りの良い美句麗句ではないかもしれないが、普段聞かないような言葉で、自分たちの生活を語ることが、もしかしたら、一生に一度の建築の機会には必要かもしれないと考えるがいかがだろうか。

FF4A1CEC-4557-4DDA-99F4-AEE61C54E28B.jpeg

"Architectural theory to talk about life"

Is "life" and "architectural theory" opposite to each other? When introducing the architecture to the general paper that I overheard at the open house the other day, the architect can not develop the theory of architecture, because he does not accept the amateur, talk about living and so on, there is really the theory of architecture there, Even though there is a real architecture.

The foundation of architectural theory is often philosophy. Philosophy is, in other words, learning to understand people and this world. Is living a collective term for the work of people in this world? Then, rather than "life" and "philosophical" being opposite, what philosophically deciphered "life" might form a part of architectural theory.

Therefore, you may be able to talk about "life" as "architectural theory", and it may not be a good-looking phrase, but talking about their lives with words that you would not normally hear, maybe How about thinking that it may be necessary for the opportunity of construction once in a lifetime?


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2019年04月13日

最近興味があることは、創作のキッカケとなった建築論が、そこでの暮らしや生活の営みを自動的に昇華し、勝手に極上な生活に仕立て上げてくれること。

極上というと語弊があるかもしれないが、普段の生活が、そうそうは変わるはずがなく、人もそんなに簡単に変われないけれど、3つの間、人間・時間・空間のうち、1つでも変えれば何かが変わるが、一番変えやすいのが空間で、別の言い方をすれば、環境で、住んでいる場所を変える、部屋を模様替えする、職場を変えるなどが考えられるが、一番効果があるのは、住空間を全く新しくしてしまうこと、やはり、日常生活に直結するから。

変え方も人に委ねる方が案外自分の気付かないことを拾ってくれるので、だから、人自体は変わらなくても、人から見たら今の生活よりよく見えたりする意味で極上と使ってみたが、それを実現するために建築論から考えるのが面白いような気がする。

C8187FFD-16A4-43C7-B5E8-61D811D385A3.jpeg

"If you change the space"

What I'm interested in recently is that the architectural theory, which has become a key to creation, automatically sublimes life and the activities of life there, and make it into an excellent life on its own.

There may be misunderstandings, but everyday life can not be changed that way, and people can not change so easily, but if one changes among human, time, and space between three, what if Although it may change, the most easy to change is space, in other words, in the environment, it is possible to change the place where you live, to change the room, to change the place of work, etc. Because it makes living space completely new, too, because it is directly connected to everyday life.

Because it is possible to pick up things that change is left unnoticipated by people, so I tried to use it in a sense that even if the people themselves did not change, they would look better than the current life when viewed from people. I think it is interesting to think from the architectural theory to realize it.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2019年04月12日

先日のオープンハウスでのこと、積極的に何か得よう、この空間をつかもう、この建築を理解しようと最初はこころみるが、ふと気がつくと、自分の作品と比べて自分より劣っている所を発見しようとしている自分がいる。

それはきっと、今見ている作品に対して対抗しようとしている心の表れかもしれないが、それが悪いこととは思わないが、そのために何か大事なことを見落としているのではないかと思って我にかえる。

そのような時はもう一度、頭の中で、今目の前で見ている建築をいろいろな角度から反芻して、その作品の良さや影響力みたいなものを重ね合わせて、今、自分がここにいる意味みたいなものを再認識して、さらに深く目の前の作品を理解しようとする。

7D000632-0EC2-4AE5-B369-D38737AAA4C7.jpeg

"I hate it."

Let's get something actively in the other day's open house, grab this space, and first try to understand this architecture, but if you notice it, you will be inferior to your own work I am trying to find one.

It may be a manifestation of the mind that is trying to counter the work you are looking at now, but I do not think that it is bad, but I think that I have overlooked something important for that. Give up.

At such times, again, in my head, I rebut the architecture I am looking at in front of my eyes from various angles, superimpose things like the goodness and influence of the work, and now I am here Re-recognize the meaning of being in and try to understand the work in front of you more deeply.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

有限会社仲村建築店 代表取締役 仲村和泰

有限会社 仲村建築店
代表取締役 仲村和泰

建築家。現代建築の設計施工が専門。特に東京特有の狭小変形地で建築理論を基にモダンデザイン住宅を設計から施工まで一貫して行い定評。世界中の近代・現代建築を見て歩き調査。コルビュジェ作品は8割調査済み。北欧フィンランドの建築家アアルトについて建築専門雑誌「新建築」でレポート執筆。3割はデザインのプロからの住宅設計依頼。

【略歴】
関東学院大学工学部建設工学科建築系卒業。株式会社像建築設計事務所に入社。その後家業である有限会社仲村建築店にて設計をはじめる。住宅のみならず店舗やオフィスビル、マンションの設計から施工までに一貫して携わる。
2001年 一級建築士取得。
日本建築学会正会員。
東京建築士会会員。