«  2019年02月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28

2019年02月19日

理屈っぽい建築性のみでなく、建築として成立させるには、7割を建築性に、3割をクライアントが感動することに費やす、名建築を見てきた結論の割合が7:3である、とした。

では、気分はどちらに入るのだろうか。使う人、見る人のその日の気分で建築が違って見えたり、使い方が変われば、より人と建築が交わり合う、というか融合するというか。

人と建築が相対する関係性は、建築を商品として消費する対象と見た場合にそうなるような気がして、それは悪い訳ではなく、商業建築ではそれは当たり前のことで、日々、我々もその恩恵に預かっているが、

例えば、終の住処であれば、そのような、人と建築が相対する関係性では、せっかく、そこでの生活を心行くまで楽しもうとしているのに、相対する関係性は建築を箱物と見なしているのと同じで、ただ建築に携わっていない人はそれが当たり前だと思っているかもしれませんが、建築に携わっている人は、人と建築の関係性はそれだけでは無いと知っているので、もっと建築を日々の生活の中に溶け込ますには、気分を持ち込むのが良いだろうと考えている。

そうすれば、建築が人の暮らしや生活に密着するような、追従するような、決して箱物では無い、雨露をしのぐだけのものでは無い、人にとってなくてはならないものになるような気が、とりあえずする。

だから、気分は7割の方、決してクライアントを感動させるためのものでは無くて、建築が建築らしく、建築の持つポテンシャルを最大限に引き出すための建築性の部分だから。

9ADB9E5E-5BA7-48D5-808D-83DABC63B17E.jpeg

"Feeling is architectural"

In addition to the reasonable building property, the ratio of the conclusion that we saw the name architecture, which accounts for 70% for building ability, 30% for the client's impression, to be established as construction, was 7: 3 .

Then, which mood goes into? If the people who use it and the viewers feel like that day, if the architecture looks different, if the way of use changes, more people and architecture will get together or will it merge?

It seems that it seems that it will happen when you look at the relationship between people and architecture as objects to be consumed as a product, which is not a bad translation, it is commonplace in commercial construction, I am keeping with that benefit,

For example, if it is the last residence, such a relationship between people and architecture is trying to enjoy the life there as far as it is concerned, but the relative relationship is to consider architecture as a box object People who are not engaged in architecture may think that it is natural, but the person engaged in architecture knows that the relationship between people and architecture is not the only one So I think that it would be better to bring in a mood to blend more buildings into our daily lives.

Doing so would make architecture more closely related to people's lives and lives, to follow up, never to be box objects, not just to overcome rain exposure, to feel like becoming indispensable to people , I tentatively decide.

So, the mood is 70%, it is not a thing to impress the client never, the architecture seems to be architectural, it is a part of the architectural nature to maximize the potential of the building.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2019年02月18日

属性を一般的なものとするならば、属性が同じであれば、実体は例化として等価になり、ヒエラルキーが無くなるのではないか、という問いは面白く、表面の感触のみを属性として扱えば良いので、理論上はそれで、内外のヒエラルキーが無くなり、内外の境目がオープンになれば、全てが等価に扱えて、内外で空間の切れ目が無い連続したオープンスペースができるかもしれない、とした。

感触が直に空間を、感触でしかつくることができない空間ができるかもしれない。

さらに、そこに異なるアクティビティーを重ね合わせることができれば、その接点にパーソナルスペースをつくることができるだろう。

異なるアクティビティーは、敷地のコンテクスト/文脈から導き出せばよい。

そこにさらに、他のコンテクストも重ね合わせる。

ただ、このままでは理屈っぽい建築性のみになってしまい、実際に建つ建築としては成り立たないので、3割をクライアントが感動してもらうことに使い、喜ばせたい。

7割を建築性に、3割を感動に、3割は少ないと思われるかもしれないが、建築性に7割を使わないと、この3割を感動に生かせない、使えないと思っている。たくさん名建築を見てきた私なりの結論の割合が7:3である。

DCF3E2F6-3FE6-485E-B757-43561731DBD6.jpeg

"Percentage of Building Property"

If the attribute is general, if the attributes are the same, the entity becomes equivalent as an example, the question of whether the hierarchy disappears is interesting, it is only necessary to treat only the feel of the surface as an attribute So, in theory, it was said that if internal and external hierarchy disappeared and the boundaries of the inside and outside were open, everything could be handled equally, and a continuous open space with no space breaks in and out could be made.

It may be possible to create a space where the feeling can be made with space, touch.

Furthermore, if you can overlay different activities there, you will be able to create a personal space at that point of contact.

Different activities can be derived from the context / context of the site.

Furthermore, another context is superimposed.

However, as it is, as it is only the reasonable building property, it will not be realized as a building to be built, so we want to please 30% to use the client to impress.

Although 70% may be thought to be less building, 30% being impressed, 30% is less, but if we do not use 70% for building property, I think that this 30% can not be used impressed, can not be used . The ratio of my conclusion that I have seen many names architecture is 7: 3.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2019年02月17日

建築における全ての実体にあり得る属性として感触に焦点を当てる、例えば、全てふわふわという感触でつくれば、建築という入れ物があって、その中身のインテリア、というようなヒエラルキーが無いものが出来上がる、とした。

ただ、ちょっと哲学すぎるし、実際問題、同じ感触で建築や家具、ソファや椅子、テーブル、ベッド、食器などができるか、できないこともないか。

属性を一般的なものとするならば、属性が同じならば、実体は例化として等価になり、ヒエラルキーが無くなるのではないか、という問いは面白い。

鉄筋コンクリートの打放しで内外をつくり、インテリアも鉄筋コンクリートの打放しにすれば、内外のヒエラルキーは無くなるが、そのようなことができる素材は、構造体にできる素材は、鉄筋コンクリートしか無く、あと鉄板もあるが、それはすでに行われている。

属性を例えば、色で、グレーとすれば、内外をグレーにすれば、実体として内外を等価にできて、ヒエラルキーが無くなるという解釈もある。

表面の仕上げのみを属性として扱えば良いので、この考え方は応用が効くだろう。

それで、内外のヒエラルキーが無くなり、内外の境目がオープンになれば、全てが等価に扱えて、内外で空間の切れ目が無い連続したオープンスペースができるかもしれない。それがオープンなパーソナルスペースだと尚面白い。

EBB92887-220E-48C6-AAF7-EF6285A3AE4E.jpeg

"Possibility of attributes"

Focusing on the feel as a possible attribute for all entities in the construction, for example, if it is all made with the feeling of fluffy, it is said that there is a container called architecture and there is no hierarchy such as interior of the contents .

However, it is a little philosophy, and it is not possible to make buildings and furniture, a sofa and a chair, a table, a bed, dishes etc, with the same problem with the actual problem, is not it possible?

If attributes are general, if the attributes are the same, the entity becomes equivalent as an example, and the question of whether the hierarchy disappears is interesting.

If inside and outside are made by the release of the reinforced concrete and the interior is made to release reinforced concrete, the hierarchy inside and outside will be gone but the material that can do such things is only the reinforced concrete, there are also iron plates, It has already been done.

For example, if the attribute is gray, for example, if the inside and outside are made gray, there is interpretation that the hierarchy disappears as the entity can be made equivalent to inside and outside as an entity.

Since it suffices to treat only the finish of the surface as an attribute, this way of thinking will be effective.

So, if the internal and external hierarchy disappears and the boundary between the inside and the outside becomes open, everything can be handled equally, and a continuous open space with no break in the space may be made inside and outside. It is still interesting that it is an open personal space.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2019年02月16日

建築で感触に焦点を当てると、直に人が触るというアクティビティーが発生し、空間構成に何らかの影響を与える可能性がある、とした。

別の見方で、建築という実体があり、感触はその属性という考え方もある。

属性が一般的なものであるとしたならば、属性としての感触の例化として、建築がある訳で、そうすると、属性として同じ感触ならば、家具、ソファや椅子、テーブル、ベッド、食器など、建築の中にある全てのものが、建築と同じ感触という属性の例化になる。

すなわち、感触そのものに焦点を当てることにより、家具、ソファや椅子、テーブル、ベッド、食器なども建築と並列に等価に実体として扱える、ということ。

それは面白いと思う。もっと徹底させるために、例えば、全てふわふわという感触で、建築も家具、ソファや椅子、テーブル、ベッド、食器などを仕立てたならば、全てが実体として同じに、並列に、等価に扱えて、例えば、建築という入れ物があって、その中身のインテリア、というようなヒエラルキーが無いものが出来上がる。それは、ちょっと何か可能性を感じてしまう。

それができるのも、建築における全ての実体にあり得る属性として感触に焦点を当てるからだろう。

53C27969-0E3B-4058-BD20-5EEA78C57A93.jpeg

"Feeling as an attribute"

Focusing on the feeling in architecture, it was said that there was the possibility that some activity would be exerted on the space composition due to the direct activity of people touching.

In another way, there is the entity of architecture, the feeling has its idea of ​​its attribute.

Assuming that the attribute is general, there is architecture as an example of the feeling as an attribute, so if it has the same feeling as an attribute, it will be useful for furniture, sofa, chair, table, bed, Everything in the building is an example of the attribute of the same feel as construction.

In other words, by focusing on the feeling itself, furniture, sofas and chairs, tables, beds, tableware and the like can be treated equivalently in parallel with buildings as entities.

I think that is interesting. In order to make thoroughly more, for example, if it is all feeling fluffy, building also furniture, sofa and chair, table, bed, dishes etc, if everything is tailored, everything can be handled equally in parallel, equivalently, as entities There is a container called architecture, and there is no hierarchy like interior of its contents, but it is completed. It feels a bit of a possibility.

It can be done because it will focus on the feel as an attribute that can be found in all entities in architecture.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2019年02月15日

建築も新築当初は視覚が優位で、段々と生活をして慣れてくると感触優位になるのではないか、ならば、感触を第一に考えて建築をつくっても破綻したり、企画倒れしたり、独りよがりや建築家のエゴにはならないだろう。

建築で実際に触る場所は案外限られている。大まかに言えば、水回り以外は、床とドアノブくらいだ。家具が、ソファや椅子、テーブル、ベッドなどが、家の中で一番触るかもしれないが、家具は建築の範疇には入らない、造り付けの家具は別だが。

だから、建築の中で感触を味わえるものは、家具、食器、洋服など、ほとんどが建築の一般的な範疇では無い。

ただ、建築だって、そのもの自体には感触は存在するので、まるで写真を見るように、感触を無視することは本来できないはずである。

例えば、壁は、その仕上げにどのような素材を使うかによって、触った時の感触が全然違うし、それによって見た目の壁の質感も違う。ザラついた感触とサラッとした感触では光の反射が違うから、壁が違って見える。そういう尺度で壁の仕上げを扱ってきたが、感触そのものをはじめから扱うことはして来なかったし、その必要も無かった。

もしかしたら、感触に焦点を当てると、今までとは違う空間構成を思いつくかもしれない。

なぜならば、当たり前だが、感触を味わうには、直に人が触らないといけないし、それは新たにアクティビティーが発生することで、アクティビティーは空間構成に何らかの影響を与える可能性があるから。

3B10F761-8D9C-4E8C-81A6-096D66082F00.jpeg

"Feeling affects space composition"

Early in the construction of the newly built building, if vision is dominant at the beginning, it will become advantageous feeling when you get accustomed to living one by one, then, even if building a building with the feel first, failure or planning collapse I will not be alone or architect's ego.

The place to actually touch buildings is unexpectedly limited. Roughly speaking, except about the water, it's about the floor and the door knob. Furniture, sofas, chairs, tables, beds, etc. may touch the most in the house, but furniture does not fall within the category of building, but built furniture is different.

Therefore, most of the buildings, such as furniture, dishes, and clothes, which can be felt in the building feeling are not the general categories of architecture.

However, even buildings themselves have a feeling, as it looks like a picture, neglecting the feeling should not be possible.

For example, depending on the material used for the finishing, the feeling when touching is totally different, the appearance of the texture of the wall is also different. Because the reflection of light is different in the touch feeling and the smooth feeling, the wall looks different. I have dealt with the finishing of the wall on such a scale, but I did not handle the feeling itself from the beginning, and that was not necessary either.

Perhaps if you focus on the feel, you may come up with a different spatial configuration.

Because it is commonplace, in order to taste the feeling, it is necessary for people to touch it directly, because the activity may have some influence on the space composition as new activities occur.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2019年02月14日

今一番興味がある感触は人肌なので、これを建築で実現できるといい。

もし、人肌の感触で建築ができるならば、人が直に触れる所が、例えば、床の感触が人肌だったら、ちょっと暖かくて、素足で歩いたら気持ち良さそうだし、人に触れているようで、赤ん坊がお母さんに抱っこされていると安心するような、心の安らぎみたいなものが、それだけで、床の上を歩くだけで得られたら、ちょっと素晴らしいかもしれない。

感触は直に心を揺さぶることができるから、もしかしたら、視覚で得る情報より、量では敵わないが、質というか、深く心に浸透する情報を与えることができるかもしれない。

建築やデザインは実存するものを相手にするから、どうしてもまず視覚に左右されてしまうが、実際に生活や使用していくと、視覚より感触の方が影響を与えるようになる気が、いつも毎朝コーヒーを飲む時に思う。

毎朝コーヒーカップを選ぶ時に最初使いはじめは、気分で見た目を思うが、何回も使っていると、手に持った時の感触や唇に押し当てた時の感触をパッと思い出す。

建築も新築当初は視覚が優位で、段々と生活をして慣れてくると感触優位になるのではないかと考えてしまう。

F1C391B0-2211-4EF4-AF60-3295A7B0A9DD.jpeg

"From vision to feel"

The most interesting feeling now is human skin, so I hope that this can be realized in architecture.

If the building can be built with the feel of the human skin, if the place where the person touches directly, for example, the feel of the floor is human skin, it is slightly warm, it will be comfortable when walking with bare feet, and it is touching the person It seems a bit wonderful if you can get it just by walking on the floor, just like that which seems to be a peace of mind that seems to be relieved when the baby is hugged in your mother.

Since feeling can shake your heart directly, perhaps it may be able to give information that infiltrates deeply into the mind, although it is not enemy by quantity, but quality, rather than information obtained visually.

Since architecture and design are opposed to existing ones, they are inevitably influenced by vision, but the feeling that feeling comes to influence more than the visual sense, whenever they actually use their lives or use, always change every morning I think when I drink coffee.

Every morning when choosing a cup of coffee the first thing to use is thought of in appearance, but when I use it many times, I remember feeling when I was holding it in my hand and the feeling when I pressed it against my lip.

At the beginning of building a new building, vision is dominant, and I think that it will become a feeling advantage when coming to life by gradually getting used.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

去年、東京ドームで開催されたテーブル・ウェア フェスティバルの有田焼ブースで購入した急須、急須好きな私が今一番日常使いしている急須で、その時、湯呑をなぜセットで購入しなかったかと悔いる日々を送っていたが、

先日、今年のテーブル・ウェア フェスティバル、まず最初に有田焼ブースに行き、その同じ急須を見つけ、湯呑を探したが無い、近くにいた窯元の方に尋ねたら、今年は持って来ていない、とのこと。

「去年、急須を買おうかどうか悩まれており、でも最後に買われて行った方ですよね」

挙動不審だったのか、完全に顔を覚えられている。

ただ、そうなると、話が早い、こちらの熱意は伝わるかもしれないので、

「どうにか湯呑を購入する方法はないですか、そちらの窯元のHPを見ても、この商品は掲載されていないようなので」

と食い下がると、この窯元の方、とても良い方で、フェスティバル終了後、メールで画像を送ってくれて、茶托もあるので、気に入れば、購入して下さい、と対応してくれた。少量なのに、ありがたい話です。

連絡先を教えるために名刺交換をすると、窯元の社長さん、また、有田に行く時は、窯元を見学させて下さい、とお願いしたら、快く受け入れてくれました。

去年は茶托を見ていませんが、画像だけで気に入ってしまい、組みで購入、打合せ時にクライアントへ淹れるお茶は、この湯呑と茶托で出そう。

5364FC56-A97E-4241-9ECB-905993206CAC.jpeg


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2019年02月13日

どのような感触が欲しいかを考えて、決めれば、それに適応した機能や空間ができるかもしれないとして、感触を考えてみる。

先に出した例は、ふわふわ。

今制作中の輪島塗のフリーカップは人肌の感触を出そうとして、漆塗を石目乾漆で人肌の感触に近づけようと職人の方にお願いして、見本塗を制作中である。

だから、今一番興味がある感触は人肌なので、これを建築でも実現できるといい。

乾漆とは、乾いた粉状の漆を漆塗の上に振り掛けて仕上げる技法で、ちょっとざらついた感触になるが、石目乾漆はさらに、たぶん、乾いた粉状の漆の振り掛ける量をもっと増やして、不均一にし、さらに乾いた粉状の漆が載ったところを平らに均していく。そうすると、乾いた粉状の漆が載った所が島状になり、載っていない所が筋状になり、ちょうど肌の表面を拡大して見た時と同じような仕上げになる。これで石目乾漆の表面を触ると人肌の感触になるはずだろうという憶測で、今、見本を制作中。

ただ、石目乾漆の仕上げは、建築で言えば、吹付けタイルの仕上げに似ているような気がするし、もっと言えば、コンクリートに細かく砕いた大理石などを混ぜて、不均一に吹付けて、コテで均せば、できそうな気がするし、さらに、もっと言えば、コンクリート打放しの表面の仕上げを、型枠の仕上げ面を工夫するのか、型枠を脱型した後に手を加えるのかはわからないが、人肌の感触にすることももしかしたら可能かもしれない。そうしたら、構造体として使えるから、人肌の感触だけで建築ができるかもしれない。ただし、コンクリート打放しの表面の仕上げの技法を新たに考える必要はあるだろうが。

8FA037BE-67EE-404A-82AE-0CDA708CF736.jpeg

"Building on the feel of human skin"

Consider what kind of feeling you want, decide, if you decide, you may think that the function or space adapted to it may be made and think about the feel.

The example given earlier is fluffy.

A free cup of Wajima coat under construction now is preparing a sample painting, asking the craftsman to bring the lacquer coat closer to the human skin feeling with the stone eye lacquer, in order to bring out the human skin feeling.

So, the most interesting feeling now is human skin, so we hope that this can be realized even in architecture.

Dry lacquer is a technique that finishes dry lacquer lacquer on the lacquer finish, giving a slight gritty feel, but the stone eye lacquer is probably more dry, powdery lacquer sprinkled over more Increase it, make it nonuniform, and flatten the place where dried powdery lacquer was put on. Then, the place where dried powdery lacquer is placed becomes island-like, the place where it is not placed becomes streaky, just like looking at the surface of the skin enlarged. It is speculation now that touching the surface of the stone eye dry lacquer should be a feeling of human skin, I am producing a sample now.

However, the finish of the stone eye lacquer is like the finishing of the spray tile if it says in the construction, more speaking, mixing the finely crushed marble etc. in concrete, spraying non-uniformly Then, if you do it with the iron, you will feel like it will be possible, and more to say, whether finishing the surface of the concrete release is to devise the finished surface of the formwork or after removing the mold I do not know, but maybe it is possible to feel human skin. If you do, you can use it as a structure, so you may be able to build with only the feel of human skin. However, although it will be necessary to newly consider the technique of finishing the concrete release surface.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2019年02月12日

感触そのものが空間をつくり、機能をつくり出すことはありそうで、例えば、ふわふわな感触、ならば、ふわふわな感触から寝る機能が出てきて、その感触に包まれば空間になり、ベッドルームになりそうな気がした。

で、連想したのは、雪のかまくら、雪の感触そのものが空間になり、機能をつくり出している。

要するに、単一素材のソリッドな物であれば、その感触に応じて機能や空間をつくり出すことが可能かもしれない、とりあえず。

ならば、鉄筋コンクリートが思いつく。そうなると、構造体として使えるので、固いコンクリートの感触そのもので空間と機能をつくり出せる、打放しコンクリートの建築、とよくあるところに納まってしまう。

ソリッドの鉄板のみの建築も、鉄板は構造体として使えるので、鉄板の感触が空間と機能をつくり出すこともあったが、それも納まりの良いことに。

感触が構造という機能を担ってしまうと、実現性が極端に下がるような気がする。感触が構造としての機能まで担うことができれば、それが一番良いが、それが一番大事なことでは無いので、感触が構造という機能まで担うことは、とりあえず、置いておく。

そうすると、まず、どのような感触が欲しいかを考えて、決めれば、それに適応した機能や空間ができるかもしれないとして、感触を考えてみる。

E9397FD1-7A99-4129-991D-B1F86A8953CD.jpeg

"To determine the feel first"

The feeling itself seems to create a space and create a function, for example, with a fluffy feeling, if the function of sleeping from fluffy feel comes out, if it is wrapped in the feeling, it becomes a space, becomes a bedroom I felt that way.

So, what I associate is that the feeling of snow, the feeling of snow itself becomes space, creating a function.

In short, if it is a solid material of a single material, it may be possible to create a function and space according to its feeling, for the time being.

Then reinforced concrete can come up with. Then, since it can be used as a structure, it fits in a place where it often goes to the construction of an outgoing concrete, which can create space and function with the feel of a hard concrete itself.

Because the steel plate can be used only as a solid iron plate, the steel plate can be used as a structure, the feel of the iron plate sometimes created space and function, but that is also acceptable.

Feeling seems to decrease extremely if feels play a role of structure. If the feel can bear up to the function as a structure, that is the best, but that is not the most important thing, so let's leave that feeling will carry up to the function of the structure for the time being.

Then, first of all, thinking what kind of feeling you want, decide, if you decide, you think that the function and space adapted to it may be made, and think about the feel.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2019年02月11日

感触そのものが空間をつくり、機能をつくり出すことはあるのか。建築は空間と機能だけでできている訳では無いが、空間とは、空間はどのようになったら、空間になるのだろうか。床壁天井で囲われれば空間か。

例えば、ふわふわな感触の大きなものがあるとして、それで包まれて、中に入ることができたならば、ベッドルームになるかもしれない。ふわふわな感触だから、寝るという機能には適するのではと思い、それで包まれていれば、ベッドルームになるかもしれないという考え方。

この一例だけでも、感触から機能がつくり出せる、生まれことはありそうで、その感触に包まれれば空間にはなる。

これを展開や応用していけば、建築として成り立つ可能性もありそうな気はするが、いかがなものだろうか。

BB6B0A36-1FEF-4308-A3D2-2090AA8BF4BC.jpeg

"Feeling from function to function and space"

Is the feeling itself creating a space and creating a function? Architecture is not only made up of space and function, but what does space mean when space becomes space? Floor wall Is it a space if surrounded by the ceiling?

For example, if there is a big fluffy feeling, if it could be wrapped in it and go inside it might be a bedroom. Because it is fluffy feeling, thinking that it is suitable for the function of sleeping, thinking that it may become a bedroom if wrapped with it.

Even with this example alone, it is likely that a function can be created from feel, birth is likely to occur, and if it is wrapped in the feeling it becomes a space.

I think that there is a possibility that it may be established as architecture if it develops and applies it, but what is it like?


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

有限会社仲村建築店 代表取締役 仲村和泰

有限会社 仲村建築店
代表取締役 仲村和泰

建築家。現代建築の設計施工が専門。特に東京特有の狭小変形地で建築理論を基にモダンデザイン住宅を設計から施工まで一貫して行い定評。世界中の近代・現代建築を見て歩き調査。コルビュジェ作品は8割調査済み。北欧フィンランドの建築家アアルトについて建築専門雑誌「新建築」でレポート執筆。3割はデザインのプロからの住宅設計依頼。

【略歴】
関東学院大学工学部建設工学科建築系卒業。株式会社像建築設計事務所に入社。その後家業である有限会社仲村建築店にて設計をはじめる。住宅のみならず店舗やオフィスビル、マンションの設計から施工までに一貫して携わる。
2001年 一級建築士取得。
日本建築学会正会員。
東京建築士会会員。