«  2018年12月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

想い

2018年12月09日

桜の木がある。
道路の反対側の小さな公園にある。
春になると満開の花が舞う。
北側だから日中は陽を浴びて浮かび上がる綺麗な桜が部屋から見られるだろう。

今計画中の敷地の文脈/コンテクストを読み取ろうとすると、最初にその桜の木が目に入る。その敷地の良い所、特徴的な所、生かしたい所はどこかとまず探してしまう。

ちょうど敷地に対して、道路の反対側の正面にあるから、設計者ならば誰でもそれを室内から愛でるようにする計画をパッと思い描くだろう。

1年のうちで桜を楽しめるのはせいぜい2週間位、その2週間を楽しむための計画。敷地の道路に面する以外の3面は隣家に囲まれているから、余計に桜の木に目が行く。

桜が部屋からよく見えるように、桜に向かって大開口を設けるのが常套手段か。大開口を開けても北側で道路側だから、日射もプライバシーも問題無いだろう。

この敷地はまだ良い方なのか、敷地周辺が混沌としていたり、例えば、分譲地だったり、都市のど真ん中だったりすると、尊重すべき文脈が無い場合もある。

ただね、桜の木に注目して、それを愛でる計画でいいのだろうか。桜の木が枯れてしまったら、桜の木が切られてしまったら、どうするんだ。それでも建築計画が成り立つ強度があるのか。

桜の木に焦点を当てて、敷地の文脈を読み取ったと思うのが甘いのではないか。

桜の木があるということは、そこに都市のスケールとしては空地、空間が存在するということではないか、その桜の木はその空間に変化を与えるパラメーターとして扱えば良い、だって1年の内で2週間しか影響を与えないのだから。

その空間に対して、何ができるのが設計者の優劣が問われる所か。

桜の木が見えるように大開口を設ければ、その後にどうなろうとも保身ははかれるのに、それでは納得がいかない。

どうする。

それは建築家として、技量が問われるところだ。

FA33A7A3-BB34-4E52-805E-E452325E223E.jpeg

There is a cherry tree.
It is in a small park on the other side of the road.
Flowers in full bloom will dance in the spring.
Because it is on the north side, beautiful cherry blossoms that will emerge in the sun during the day will be seen from the room.

When trying to read the context / context of the site under planning, the cherry tree comes first to the eyes. I will first find something where the good place, the characteristic place, the place I want to make use of that site.

Just in front of the premises in front of the other side of the road, we will imagine a plan to make everyone as a designer to love it from the room.

We can enjoy cherry blossoms within a year for at most two weeks, plan to enjoy the two weeks. Three sides other than facing the road on the premises are surrounded by the neighboring house, so the eyes go unnecessarily to the cherry blossoms.

Is it a usual way to set up a large opening towards the cherry blossoms so that cherry blossoms can be seen well from the room? Even if you open a large opening, you will not have solar radiation and privacy as it is on the roadside in the north.

Does this site is still better, such of, or has been the site around the chaos, for example, or was a subdivision, and or was right in the middle of the city, in some cases context should respect there is no.

But I wonder if you can pay attention to cherry trees and plan to love it. If the cherry tree withers, what will you do if the cherry tree is cut. Still there is the strength that the building plan is established?

Is not it sweet to think that reading the context of the site, focusing on cherry trees?

The fact that there is a cherry tree, there in open areas as the scale of the city, or does not mean that space is present, the tree of the cherry blossoms may be handled as a parameter that changes in the space, because of the year 2 It only affects weeks.

What can be done about the space where the superiority or inferiority of the designer is questioned.

If you set up a large opening so that the cherry blossoms can be seen, then whatever you do can protect you from anything, then it is not convincing.

what will you do.

As an architect, the skill is questioned.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2018年12月04日

スーッと閉まる感じがよくて、毎朝、珈琲缶を開け閉めするのが楽しくて、使いたくなる、触りたくなる茶筒。外蓋が載せただけで、精巧なつくりゆえに、自然にスーッとゆっくり落ちて、ピッタリと寸分狂わずに閉まる。その感じがたまらなくよいのである。

京都の開化堂の茶筒を使いはじめて1年が過ぎた頃、京都に行く用事があり、Kaikado Caféに立ち寄った。三十三間堂に行った帰り、夕方の新幹線に乗るまでの間、コーヒーが飲みたくて。

少し疲れていたので、コーヒー1杯で長居をしてしまい、そろそろお店を出ようかと、その前にトイレでも、と思い帰ってきたら、

「今からTVの取材が入りますが、いいですか?」と店主に言われ、あまりに突然でいいも悪いもなく「は、はい」と答えたら、すぐにどばどばと人やカメラが入ってきて、目の前で取材がはじまった。

あまりにも目の前で、映るのは構わないが、顔を上げて取材の様子を見ていたら、もろに映りそうだったので、さすがにうつむき加減で、耳だけで取材の様子を伺っていた。

288396D5-3E1F-4E74-B3FA-A7584FC171C6.jpeg

タレントの方が茶筒について質問をしているらしく、何を質問したかは聞き取れなかったが、店主の答えだけが聞こえてきて、

「音を大事にしているんです、開けた時の音。この開けた時の音が良ければ、中に大切な物を入れてくれるんじゃないかと思って」

ちょっと意外だった。音を意識することが無かったから。確かに、茶筒を開けた時の感触は、毎朝のことだから覚えていて、とても気持ちのいいものだとわかるが、音は、まあ、音も感触のうちのような。

と同時に、この店主の答えを聞いて、自分の中ではハッとするものがあった。音が良ければ大切な物を入れてくれるかもしれない、なんて、なんて素敵なんだと。確かにそうだな、感触がいいとそれを大事にしなくてはと思うよな。

てっきり開化堂の茶筒は、外蓋が載せただけ自然にスーッと閉まるのを売りにしているのかと思っていた。その精巧さは海外でも有名らしく、私がお店に行った時も中国の方が1人で買いに来ていて「中国でも有名だ」と店員と英語で話していた。

だから、私が購入したもの中に外蓋が自然に閉まらないものがあり、手直ししてもらったこともあった。後で考えてみれば、茶筒は金属だから、冬と夏で伸び縮みするだろう。冬に製作したら、夏には、例え0.1ミリでも伸びたら、閉まらなくなるはず、製作時にどうしているのだろう、とききたくなった。

取材中、もう帰ろうかと思っていたので、コーヒーも無く、水も無く、30分くらい、あまりにも目の前なので席を立つ訳にもいかず、どうしたものかと思っていたけれど、店主の

「音を大事にしているんです、開けた時の音。この開けた時の音が良ければ、中に大切な物を入れてくれるんじゃないかと思って」

という話が聞けて、京都に来た甲斐があったと思った。大切な物を入れてもらうために茶筒をつくる、そのために音、すなわち感触を良くするために自分たちの技術と知識を使う。

音が良ければ大切な物を入れてくれるだろう、なんて本当に素敵な考え方だ、素晴らしい。

建築に例えるとどうなるのだろう、帰りの新幹線でずっと考えていた。

It feels good to close with Su, and every morning, it is fun to open and close the coffee can, and you want to use it, you want to touch it. Just by placing the outer lid, because it is elaborate making, it falls naturally and suddenly, it closes perfectly and not crazy. That feeling is unbearably good.

I used a tea ceremony in Kyoto's Kaidokudo for the first time after a year, I had something to go to Kyoto, stopped by Kaikado Café. I went to Sanjusangendo on the way home and wanted to drink coffee until I got on the Shinkansen in the evening.

Because I was a bit tired, I made a long cookie with a cup of coffee, so I decided to leave the shop soon, I thought of going to the restroom before that,

The shopkeeper told me that "TV interviews are coming in from now," but the shopkeeper told me that, if it is too sudden and there is neither good nor bad, and answering "Yes, yes", people and cameras will soon I came in and interview started in front of my eyes.

I do not mind seeing it in front of my eyes, but as I looked at the state of the interview with raising my face, it seemed to be revealed as well, so I was asking about the state of the interview with just my ears .

The talent seemed to be asking questions about the tea ceremony, I could not catch what you asked, but I heard only the shopkeeper's answer,

"I treasure the sound, the sound when I opened it, thinking that if the sound of this opening is good, I will put some important things inside."

It was a bit surprising. Because I was not conscious of the sound. Certainly, as I remember the feeling when I opened the tea chestnut, as I remember it every morning, I remember it is a very pleasant feeling, but the sound, well, the sound is like a feeling.

At the same time, there was something that made me feel relieved in listening to this shopkeeper's answer. It is wonderful how wonderful it might be to put important things if sound is good. Sure it is, I think that you must take care of it if the feel is nice.

I definitely thought that the tea ceremony of the Kanjido is selling that it closes naturally only with the outer lid on it. Its elaborateness is famous abroad, and when I went to a shop, the Chinese came to buy alone and was talking to a clerk in English with a clerk, "It is famous in China."

So, there were things that I did not close naturally in what I bought, and there were things I had to rework. After considering it, the tea ceremony is metal, so it will expand and shrink in winter and summer. If I make it in winter, in the summer, if it grows even by 0.1 mm, it will not close, I want to hear what you are doing in the making.

Because I thought that I would go home already, I did not have any coffee, there was no water, about 30 minutes or so, because I was in front of my eyes so I could not translate into a seat and I thought what was wrong,

"I treasure the sound, the sound when I opened it, thinking that if the sound of this opening is good, I will put some important things inside."

I thought that it was worth to come to Kyoto to hear the story. To make precious things to be put in, make a tea ceremony pipe, therefore use their skills and knowledge to improve the sound, that is, feel.

If sound is good it will put important things, what a really wonderful way of thinking is wonderful.

I wonder what happens if you compare it to architecture, I have been thinking about it on the returning Shinkansen.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2018年12月03日

「音を大事にしているんです、開けた時の音。この開けた時の音が良ければ、中に大切な物を入れてくれるんじゃないかと思って」

京都へ行くと必ず寄るカフェがあり、そこでの出来事。三十三間堂を見て、東京へ帰る前に、どこかでお茶でもと思い、少し歩いて「Kaikado Café」に来た。

ここは京都で長年、茶筒を制作している「開化堂」が出しているカフェ。京都で路面電車が走っていた時の車両基地だった所を改装したらしく、洋風な建物で、室内は天井が高く明るくて、とても居心地が良いので、京都へ来ると1度は立ち寄る場所。

ちなみに、うちには開化堂の茶筒が大小7つある。ブリキ製4つ、真鍮製3つ、うち1つは毎朝飲むコーヒーの豆を入れる真鍮の珈琲缶。ここの茶筒が好きで、ちょっとずつ買い足していった。一番最初に真鍮製の珈琲缶を買い、やっぱりブリキ製も欲しくなり、違う大きさも必要だなとなり。

17DF6455-70D0-45B8-9227-ACF043308D6F.jpeg

なぜここの茶筒か、経年変化するのが面白くて。ブリキ製は真っ黒になるし、真鍮製は赤味か黄味を帯びてくる。あと、私は持っていないが銅製の茶筒もあり、こちらは渋く茶色になっていく。

購入した時はピカピカ、ブリキ製は光沢のあるシルバー、真鍮製も光沢のあるゴールド。共に、塗装を施していない生地だから、使い込むうちに、擦れたり、手の油などが付着して、自然と色が変わるそうです。

買った時にお店の人から「最初の1週間はよく手で全体をまんべんなく触って下さい。そうすると色の変化が綺麗に早く出るようになりますよ」と言われたので、毎朝愛おしくスリスリしていた。

銅製は買わなかった。銅製が一番早く色が変わるそうで、早く経年変化を楽しみたいならば、銅製かもしれないので、それも良かったが、買ったのは真鍮製とブリキ製。

真鍮製は使う人の手の油によって、その人が普段何を食べいるのか、肉なのか魚なのかで、赤味を帯びるか、黄味を帯びるか、が違ってくるらしく、人によって経年変化した結果が違うところが面白いと思った。ただ少なくともその結果がわかるのは10年後、段々と変化していくので、赤味か黄味かは2、3年したらわかるかもしれないけれど、まだ1年なのでわからない。

ブリキ製はもっとかかる。ピカピカのシルバーが真っ黒になるには40年、私はもう生きていないかもしれない。それでも、次の世代になってもその茶筒が受け継がれ、真っ黒になった茶筒が日常生活で使われていたなら、なんて素敵なことなんだろう、と思い、そのためには今買わないと。

塗装で擬似的にその風合いを出すことは可能かもしれないが、本物の生地が変化した風合いには敵わないだろう。時間かかるのだよ本物は、がいい、ブリキ製はそこがいい。次の世代に受け継ぐ物ができた。

経年変化にはとても興味をそそられた。経年変化することは、もしかしたら現代では製品として否定的に捉えられてしまうことかもしれないが、自然の素材や生地の物を使えば、経年変化するのは当たり前のことで、それを手入れをしながら使い、また、自然の素材や生地だから手直しもできるので、長い年月に渡って、次の世代にも受け継ぐことができる。

使い捨てでは無い、物としての本来の在り方がそこにあるような気がした。

それでもうひとつ、この茶筒いいなと毎朝楽しみにしていることがある。

"I treasure the sound, the sound when I opened it, thinking that if the sound of this opening is good, I will put some important things inside."

There is a cafe where you will go to Kyoto without fail, and there happens there. When I saw Sanjusangen-do, before I came back to Tokyo, I thought that it was tea somewhere, came a little "Kaikado Café".

This is a cafe that Kyoto has been producing "tea ceremony" for many years. It seems that it was refurbished where the tram was running in Kyoto, it is a western style building, the ceiling is bright and the interior is bright and very comfortable, so when you come to Kyoto it is a place to stop by once.

By the way, there are seven large and small tea cranes in the Kaiden-do. Four tinplate, three brass, one of which is a brass coffee can that puts coffee beans to drink every morning. I liked the tea ceremony here, and I bought it a little at a time. I bought a brass coffee can at the very beginning, I wanted a tinplate as well, and it became necessary to have a different size.

Why is it a tea ceremony here, it's fun to change over time. Tinplate will be black and brass will be reddish or yellowish. Also, although I do not have a copper tea cupboard, it is browned with astringency.

Shiny when purchasing, glossy silver in tinplate, shiny gold in brass. Both of them are fabrics that have not been painted, so it rubs, oils of hands adhere, and so on, it seems that the color changes with nature, as it is used.

When I bought it I was told from the store people "Please touch the whole thoroughly with your hand well in the first week, so that color changes will come out cleanly and quickly" It was.

I did not buy copper. It seems that copper changes most quickly, so if you want to enjoy secular change quickly, it may be made of copper, so it was also good, but I bought it made of brass and tin.

The brass made by the oil of the person who uses it, seems to be reddish or yellow depending on what you usually eat usually, fish or meat, it seems different, I thought that the difference between the changed results is interesting. However, at least the result will be known 10 years later, so it will gradually change, so it may be known in a couple of years whether red or yellow taste, but I do not know as it is still a year.

Tinplate takes more. It has been 40 years for shiny silver to become black, I may not be alive anymore. Even then, even if it comes to the next generation, if the tea ceremony was handed down and it was used in everyday life, it seems that it is a wonderful thing if a black tea chestnut was used in daily life, and for that I have to buy it.

Although it may be possible to produce the texture in a pseudo manner by painting, it will not be enemy to the texture where real fabrics have changed. It is time consuming, genuine article is good, Tin tin is good there. There was a thing to hand down to the next generation.

I was intrigued by the secular change. It is likely that it will be caught negatively as a product in modern times, but it is commonplace to change over time if you use natural materials or fabric items, so that it will change over time While using it, because it is also natural materials and fabrics can be reworked, over the years can be passed down to the next generation.

I felt there was the original way of things, not disposable.

And another thing, I have looked forward to this morning that this tea cup is nice.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2018年11月30日

先日「仲村さんのところは、3DプリンタとかVR機材とか夢の機材がありますので、アジトみたいで楽しいです」と言われたり、事務所へ行きたいという人が増えた。普段、事務所にはいないので、それに合わせて事務所にいるようにして、来る人拒まず、大歓迎、話し込んでしまう。

そう言えば「どこに向かっているんですか」とも言われた。意外では無いけれど、気恥ずかしくて一瞬間を置いて小声で「自作自演」と思わず言ってしまった。

VRもBIMも3Dプリンターも自作自演を支えるためのツール。VRからはじまり、最初はただVRでの建築の見え方が凄い、これを設計に使いたいと思っただけ、そこから、BIMに興味を持ち、25年近く使用したCADからRevitに変え、Revitのモデルには拡張性があるので、人から勧められてCGソフトを入れ、リアルなパースや動画をつくりはじめ、前から欲しかった3Dプリンターでモデルを出力して模型や部材もつくるようになり、気がつくと、設計だけでなく施工の領域にまで踏み込んで自作自演できる環境が整ってしまった。

別にこれらのツールが無くても自作自演はできるが、意識せずに、これをはじめたからこれもできるようになるな、とか、これがあるからこれもできないかな、とか、前からこれに興味があったのだけれどもできるかな、と人にきいたりして、気がついたら自分で何でも自らの手で簡単に対してそんなに労力なしに生み出せるようになっていた。根底には、道具は大事、道具しだいで変わることがたくさんある、と思っているからだろうけど、意識せずに整ってしまったことが本当は求めていたことなのかもしれない。

自作自演とは、自分の思考だけで完結でき、その評価を誰に求めるのでも無く、自分で自分に評価を下すことで、好きなことをするよりも、楽しいことをするよりも、自作自演を大事にしている。好きや楽しくても、自分の判断だけで決定できないと、どこかで迎合することになり、精神衛生上よくない。仕事として建築デザインを行いつつ、自作自演できる場があると、自分の能力を確認し、鍛え、高めることができ、相乗作用があれば、いずれ自作自演だけになるかもしれない。

このように設計環境を再構築したおかげで、どこにいても設計ができ、1人でやりくりして完結できるようになったので、もっとひとつのことに対して思考を深めることができるようになり、それが自作自演の場で自分の能力を高めることに繋がっている。

例えば、輪島塗のフリーカップづくり。これは完全に自作自演、しかし、自分から出て来たとは信じられないようなデザインに発展しており、自分の能力を確認し、鍛え、高めることができていると思う。

これからもっと自作自演をしていくことになるだろう。それを継続してずっと行っていく環境が今整いつつある。

F2AE50D9-8364-4BAA-9924-49DD2C4265F9.jpeg

The other day, "Nakamura's place has 3D printers, VR equipment and dream equipment, so it's fun like an honor" and more people said they wanted to go to the office. I usually do not stay in the office, so I will stay in the office accordingly, I will not refuse to come, welcome, I will talk.

As I said, 'Where are you heading?' Although it is not surprising, I was embarrassed and sprang one moment and in a low voice I said without thinking "self-made performance".

Both VR, BIM and 3D printers are tools to support self-made performances. Beginning with VR, at first it is just how VR's architecture looks awesome, I just wanted to use it for design, from there I got interested in BIM, changed from CAD used for nearly 25 years to Revit, from Revit's As the model has extensibility, I recommend CG software from people, start making realistic perspectives and animations, outputting models with a 3D printer I wanted from before to make models and members, I noticed And, not only the design, but also the environment where we can stepping in to the field of construction and making self-made performances has been set up.

Apart from these tools I can do my own self-performance but without consciousness, since I started this I can also do this, I can not do this because there is this, I've been interested in this for some time I listened to someone that he could do it, but when I realized I could create whatever I could with my own hands without much effort by my own hands. Basically, tools are important, because they think that there are lots of things to change depending on the tool, but it may be that what you really wanted is that you did not realize it without being conscious.

Self-made performances are self-made performances rather than doing something more fun than doing anything they like by doing self-evaluation on themselves without asking anyone to evaluate themselves, being able to complete with their own thoughts alone I am cherished. Even if you like or have fun, if you can not decide just by your own judgment, you will be somewhere to meet up and it is not good for mental health. If you have a place to do your own self-made work while doing architectural design as a work, you can check your ability, train and enhance, if there is a synergistic effect, it may be only your own self-made performance.

Thanks to the rebuilding of the design environment like this, I can design anywhere, I can finish it by one person, so I can deepen my thought on one more thing, It leads to enhancing my skills at home for self-made performances.

For example, making a free cup of Wajima coat. This is completely self-made, but I am developing into a design that I can not believe that I came out of myself, I think that I have been able to confirm my skills, train and enhance.

I will be doing more self-made performances from now. The environment where we continue to do it all the time is coming.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2018年11月28日

VRを建築設計途中の検討用ツールとして使いたいならば、BIM(ビム)とは関係無しに、現状Autndesk社のRevit(レビット)を導入するしかない。ならば、BIMにもっと興味を持ってみよう、がBIMをはじめるキッカケだった。

VRの説明会では最初にBIMの話から入った。BIMの基本概念からはじまり、BIMが今後主流になるだろう、特に施工現場ではすでに導入され機能しているなど。その中で特に興味を持った話は、Revitを導入してBIMをはじめた場合の拡張性だった。

建築設計する場合、今までは2次元の図面をつくり、それを元に3次元のパースや模型を制作していたが、Revitを導入してBIMをはじめると、最初から3次元のモデルと称する実際の建物をソフト内で構築し、必要な情報、例えば、図面などを後でモデルから取り出すことになる。

このRevitのモデルには拡張性があり、VRはそのモデルデータを変換して使用するのだけれども、このモデルを構造設計事務所に渡すと、建物の骨組みをモデルに入力して返してくれるので、Revit上で意匠設計と構造設計の整合性を見ることができ、確認申請機関にはRevitのモデルをそのまま提出すれば、ペーパーレスで確認申請の審査を受けることができ、このモデルデータはそのままで他のCGソフトに読み込ますこともできるので、よりリアルなパース画像や動画も簡単に作成することができ、また、このモデルデータを変換して使用すれば3Dプリンタで出力でき、スチレンボードで白い模型をつくる必要が無くなる。

私は1人で設計から施工管理まで行うので、設計時にRevitでモデルデータを作成することが、自分が実際に動くことによる労力や時間を大幅に削減でき、設計を大幅にサポートするだけでなく、1人だからよりRevitのモデルから拡張されたこれらのことを上手く連携させ、レスポンスよく進めることができ、設計の質を直接高めていくことができるのではないかと考えるようになった。

また、この拡張性のおかげで、どこでも場所を選ばずに、動くことなく、ノートPCとネットの環境があれば設計ができるようになる。VR装備一式も持ち運べ、最低2m角位の場所があれば良い。3Dプリンタを置く場所だけは限定されるが、一度プリントアウトの作業をすればずっとその場にいなくてよく、モデルデータだけを送信してその作業だけを誰かに頼むこともできるだろう。そうすると、事務所もいらなくなる。

BIMとは、最低限ここまで拡張性があってはじめて成り立つのではないだろうか。

そう考えると、メインのOSをMacからWindowsに変えることも、より拡張性を高め、よりクリエィティブな建築を生む可能性も高めることになる。また、Autodesk社のRevitはBIMソフトとして世界中でメインで使われるようになるので、モデルを作成すれば、それが共通言語となり、モデルを渡すだけでプレゼンから施工までできてしまう可能性も秘めていた。

ここまで順に考えてきてやっと、25年近く使用して習熟しているCADソフトを捨て、愛着のあるOSも変え、Revitを導入してBIMをはじめることに決心がついた。

これは、この先まだ15年以上は設計をして、よりいい建築を生む出したいと考えていたので、そのためには、今、設計環境を再構築する必要があるのでは、という想いもどこかにあったから決断できたのかもしれない。

BA877080-166C-48B9-BD50-1B8EE7D67EC3.jpeg

If you would like to use VR as a tool for examination in the middle of building design, you can only introduce Revit (Revit) from Autndesk, regardless of BIM (Bim). Let's be more interested in BIM, but it was a challenge to start BIM.

At the briefing session of VR, we entered from the story of BIM for the first time. Starting with the basic concept of BIM, BIM will be mainstream in the future, especially already installed and functioning at the construction site. Among them, the story that was particularly interesting was the extensibility when I introduced Revit and started BIM.

In the case of architectural design, until now, we have created a two-dimensional drawing, and based on that we created a three-dimensional perspective or a model, but if we introduce Revit and start BIM, we will call it a three-dimensional model from the beginning We will build the actual building in software and retrieve the necessary information, such as drawings etc later from the model.

This Revit's model is extensible, and VR converts its model data and uses it, but if you pass this model to the Structural Design Office, you will enter and return the framework of the building to the model , You can see the consistency of design design and structural design on Revit and you can receive the examination of confirmation application paperless if you submit Revit's model as it is to the confirmation application agency and keep this model data as it is Since it can also be loaded into other CG software, more realistic perspective images and moving images can be easily created, and if this model data is converted and used, it can be outputted with a 3D printer, and it is white with a styrene board There is no need to make a model.

Since I do it from design to construction control, creating revit model data at design time can greatly reduce labor and time due to my actual movement, not only to greatly support the design Since I was one, I began to think that I could collaborate these things extended from the model of Revit well and proceed with a good response, so that the quality of design can be improved directly.

Also, thanks to this extensibility, designing will be possible if there are laptop and net environments, without moving anywhere, without moving anywhere. You can also carry a complete set of VR equipment, as long as there is a place at least 2 m square. Although only the place to place the 3D printer is limited, once you print out, you do not have to stay there for a long time, you can send only the model data and ask someone to do just that work. Then you will not need an office.

Will not it be possible to have BIM for the first time with scalability so far?

If you think so, changing the main OS from Mac to Windows will also increase the possibilities of increasing scalability and creating more creative architecture. Also, Autodesk's Revit will be used mainly as a BIM software all over the world, so if you create a model, it will become a common language and you can also possibly be able to do from presentation to construction simply by passing a model It was.

After considering it so far, I decided to throw away the CAD software that I've been using and using for nearly 25 years, changed the OS with attachment, introduce Revit and start BIM.

This is because I was thinking that I wanted to design more than 15 years and to produce better buildings, so for that I think that it is now necessary to reconstruct the design environment somewhere It may have been decided because it was in.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2018年11月27日

VRを導入することを決めたが、問題はVRのデータをどうやって作成するか、外注か自前か。

外注すればデータを作成する毎に費用がかかるし、データを自分で変更できないので、少し変更するだけでもまた外注に出さなければならず、費用と時間が余計にはかかるが、VRデータを作成するために何かを特別に覚える必要が無く、設備投資も無く、忙しくても外注に投げてしまえばいいのは良い。

自前でVRデータを作成しようとすると、新たなにソフトを導入しなければならず、ソフトを習熟する時間と労力が必要になる、もちろん新しいソフトを導入する費用も。ただ、自前でVRデータを自由に作成できれば、VRで検討して、すぐ修正し、またそれをVRですぐ確認できる。

VRを建主用の説明ツールとしてだけではなくて、建築設計途中の検討用ツールとしても使おうと考えると、いちいちVRデータの作成を外注に出していては費用と時間と、あと検討のレスポンスが悪くなるので現実的では無い。建築設計途中の検討用ツールとして使おうと考えると必然的に新たなソフトを導入して、自前でVRデータを作成するしかない。

VRデータを作成するソフトとして勧められたのがAutodesk Revit(レビット)というBIM(ビム)のソフト。

BIMとは、Building Information Modeling(ビルディング インフォメーション モデリング)の略称で、建築設計する時に、今までは2次元の図面をつくり、それを元に3次元のパースや模型を制作していたのを、最初から3次元のモデルと称する実際の建物をソフト内で構築し、必要な情報、例えば、図面などを後でモデルから取り出すことを総称してBIMという。

これからBIMは、建築では当たり前に行われるようになるといわれ、現状、大手ゼネコンには一通りRevitが行き渡ったらしく、まずは施工現場から一般的にBIMが行われるようになりつつあるという。

VRデータは、そのRevitで作成した3次元のモデルのデータを変換して作成する。いずれ住宅設計でもBIMが一般的に行われることが予想はされていたが、私としてはその当時BIMを行うことまでは考えておらず、当時はVectorworks(ベクターワークス)という図面を描くCADソフトを使用していて、ソフト上でシームレスに2次元と3次元を行ったり来たりできたし、必要であればそのソフトでも簡易的にBIMができたので、それで十分だと思っていた。

ただ、VRを建築設計途中の検討用ツールとして使いたいならば、BIMとは関係無しに、現状Revitを導入するしかない。

ここは即断できず躊躇した。なぜかというと、Revitを導入することはVectorworksから乗り換えるということで、25年近く使って習熟しているCADソフトを捨てて、全く新しいソフトを1から覚えなくてはいけないのと、Vectorworksの前身のMini CAD(ミニキャド)から使っていたが、その当時はMac版しかなく、そのためずっとメインのOSはMacだったが、RevitはWindowsでしか動かないので、Revitに変えたらメインのOSも変更しなくてはならないし、また半年前に新しいMacBook Proを導入したばかりだった。

やはり、OSとしてMacに愛着があり、クリエィティブを刺激するものを感じ、Windowsにはそれが無かった。あと偏見かもしれないが、Autodeskの製品にも同じ感じだった。だから、Revitを導入するということは、私にとって今までの設計環境を根底から全く違うものに変えるのと等しいことだった。

92930121-9360-45B8-A03C-6108F9471E3B.jpeg

I decided to introduce VR, but the problem is how to create VR data, outsource or self?

Since it costs expenses every time data is created, it can not be changed by yourself, so even if you make a slight change, you have to submit it to outsourcing, which will add extra cost and time, but create VR data In order to do something, I do not need to memorize something specially, there is no capital investment and it is good to throw it to outsource even if I am busy.

If you try to create VR data yourself, you will have to introduce new software, you will need time and effort to learn the software, as well as the cost of introducing new software. However, if you can create VR data freely on your own, you can review it immediately with VR, and immediately check it with VR.

Considering that VR is not only used as an explanatory tool for the owner but also as a tool for consideration in the middle of architectural design, if the creation of VR data is outsourced every time, the cost and time, and the responses after consideration It is not realistic because it gets worse. It is inevitable to introduce new software and create VR data on its own by considering it as a tool for consideration in the middle of building design.

Authorized as software to create VR data, Autodesk Revit (Bit) software called Bim (Levit).

BIM is an abbreviation of Building Information Modeling. When designing a building, until now, it has created a two-dimensional drawing, and based on that it was producing a three-dimensional parse and a model, at first From the viewpoint of constructing an actual building called a three-dimensional model in software and extracting necessary information, such as drawings from the model later, is collectively called BIM.

From now on, it is said that BIM will come to be taken as a matter of course in the current situation, Revit seems to have spread all the way to major general contractors, and it is said that BIM is generally beginning to be done from the construction site first.

The VR data is created by converting the data of the three-dimensional model created by the Revit. Although it was anticipated that BIM would be commonly done in residential design, as I was not thinking of doing BIM at that time, at that time we had CAD software drawing Vectorworks (VectorWorks) drawing I was using it, I was able to seamlessly go back and forth between two dimensions and three dimensions on software and I thought that it was enough that BIM could be easily done with that software if necessary.

However, if you want to use VR as a tool for consideration in the middle of building design, you can only introduce Revit as it is without relation to BIM.

I hesitated because I could not make it immediately. For the reason, introducing Revit means switching from Vectorworks, so I have to abandon CAD software that I have been using for nearly 25 years and I have to remember completely new software from 1, and the predecessor of Vectorworks Although I was using it from Mini CAD (mini-caddy) of that time, at that time there was only Mac version, so the main OS was Mac all the time, but Revit only works on Windows, so change to the main OS if I change to Revit I had to get it and I just introduced a new MacBook Pro six months ago.

After all, there was attachment to the Mac as OS, I felt something that stimulated the creative, Windows did not have it. Moreover, although it may be prejudiced, it felt the same for Autodesk's products. So introducing Revit was equivalent to changing my existing design environment from the very bottom to completely different things for me.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2018年11月22日

はじめから、今回輪島に行って、フリーカップの漆塗りをどうするかは決まらないだろう、と思っていた。

漆塗りを人肌の感触にしようと考えついた時点で、見本塗りを作成し、その感触が本当に人肌なのかを確かめないと、フリーカップの塗りを発注できないと思っていたから、見本塗りを作成するには、その場ではできずに、それなりの日数が掛かるし。

ただ、見本塗りをしてもらうにしても、どうしたら人肌の感触が実現できるのか何ひとつ技術的なことがわからなかったので、輪島まで行って打合せになるのか、全くできる可能性が無かったら、など考えていた。

だから、石目乾漆の手触りには驚いた。塗師の所の見本場には、お盆とお膳の2種類の石目乾漆があったが、特にお盆の方は人肌のしっとり感に似た感触をあったから、メールや電話では感触までは打合せできない、輪島まで来た甲斐があったと思った。

塗師の方が打合せ中に連絡を取り合って石目乾漆についていろいろときいていた呂色職人が実際に塗師の見本場までやって来て、さらに感触の話が深くなる。実際に手を動かして、この石目乾漆を仕上げた人だから、こちらの説明「人肌の感触にしたくて塗師の方にご相談したら石目乾漆を見せて頂いて」と話したら、若干の驚きとともに興味を持ったみたいで、どうやって制作するのか、その難しさや乾漆の撒き方などを一所懸命に説明してくれた。

途中で「前に京都で出来合いのお椀の木地に漆塗りだけをデザインして制作してもらったのですが、満足できる出来では無かったので、今度は木地から漆器をつくりたいと思いまして」などと話したら、

呂色職人「何をされている方ですか?」
京都でとか、今輪島にいるし、不思議に思ったらしく、

私「建築です、一応、建築家をしてまして」
呂色職人「私も昔、建築をやっておったですわ」

一気に距離が縮まった。
ここで仕上げの方向性は、石目乾漆に決まったようなものだったので、あとは色をどうするのか、もっと人肌の感触に近づけるにはどうするのか、という細かい技術的な話になったところで、見本塗りをお願いしてみることにした。どんなに細く打合せをしても、最終的な仕上げがどうなるのかを手で触り、その感触を確かめないと先の工程に進めないと思っていたから。

私の申し出に塗師も呂色職人も納得したように、すんなりと見本塗りをすることが決まった。今ちょうど呂色職人の所で石目乾漆を制作中とのことだったので、後で工房を見せてもらい、そこで更に細かい打合せをすることにした。

ここまでだけでも私は嬉しくて、こんなにすんなりと、何よりも塗師の方も呂色職人の方も、私が言い出した「人肌の感触」に真剣に向き合ってくれて、技術的にも克服できそうで、自分が考えたカップが実際に本当に実現するかもしれないという喜びで十二分に満たされていた。

2D903675-F988-4335-82A1-8F67A04A9F5F.jpeg

From the beginning, I thought that I will go to Wajima this time and decide how to lacquer the free cup.

When I thought about making the lacquer coat feel as human skin, I created a sample paint and I thought that it was impossible to place a free cup painting unless I confirmed that the feel was really human skin, so I created a sample paint You can not do it on the spot, it will take a certain number of days.

However, even if you ask a sample paint, how can you realize the feel of human skin? Because I could not understand one technical thing, I wonder if I will go to Wajima and meet up, if there is no possibility at all , And so on.

So I was surprised at the feel of the stone eye lacquer. There were two types of stone eye lacquer at the painter's place in the place, Obon and the meal, but in particular the tray had a feel similar to the moist skin feeling, so we discussed up to feeling by e-mail or telephone I thought that it was worthwhile to come to Wajima.

Painter will keep in touch with each other during the meeting and Lu color craftworker who actually heard about the stone eye lacquer went to the painter 's trade fair, and the story of the feel became deeper. Actually moving the hand and finishing this stone eye lacquer, if we talk about this explanation "If you want to make it to the skin feel and talk to the painter and see the stone eye dry lacquer," a little She seemed to be interested with surprises, and explained her difficulty and how to sprinkle dry lacquer very hard, how to make it.

On the way, "I was designing just the lacquer coating on the wooden bowl that I could make in Kyoto before, but it was not satisfactory, so now I wanted to make lacquerware from the woodland If you talk to them,

Lu color craftsman "What are you doing?"
In Kyoto, I am in Imajima now and seemed to wonder,

I "It's architecture, once you are an architect"
Lu color craftsman "I used to do architecture a long time ago"

The distance shrunk at a stretch.
The direction of finishing here was like a stone eye lacquer, so after that it became a detailed technical story about what to do with the color and how to do it more closely to the feel of the human skin , I decided to ask the sample painting. No matter how narrow a meeting I thought I would not be able to proceed to the previous process unless I touched the final finish with the hand and confirmed that feeling.

As painters and Lu color craftsmen agreed with my offer, I decided to paint samples sweepily. It was just now that Lu Lu color craftworker was making a stone eye lacquer, so I asked him to show me the workshop later and decided to make further meetings there.

Even so far, I am happy, I am glad that all the painters and Lu color craftsmen are seriously facing the "feel of human skin" I mentioned, so that they can overcome technically Well, I was fully satisfied with the joy that the cup I thought might actually come true.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2018年11月21日

「色をどうするかより、持った時の感触を人肌の感じにしたいんです。漆塗りの感触に違ってあるのですか?」

輪島の塗師の方にお会いして、一番最初にこう切り出した。とにかくやりたいことははっきりとしていたが、それがどうしたらできるのかがわからないので、とにかく塗師の方にこちらがしたいことを明確に伝えるしかなかった。

塗師の方の事務所は、塗師屋造りという輪島独特の住宅形式、道路側に住居、奥に仕事場、をした建物を住居部分に事務所、仕事場部分を見本場という展示スペースにして利用しており、毎回、見本場に通されて打合せをする。

0F137AEA-170F-49EC-8C8D-A2B1384CBA8C.jpeg

「きっともっとザラついている方が人肌の感じに近くなるんじゃないかと思うんですが」と普通?の輪島塗のコーヒーカップを手で触りながら塗師に伝えたら、見本場から呂色のお盆を見せてくれた。

呂色とは、上塗りの上に施す仕上げのことで、いろいろな色の乾漆と呼ばれる粒状のものを均一に撒いたり、不均質に撒いたりして、それを磨いて細かい粒状の凹凸ができるように仕上げる。

AF05049E-3A1E-471F-BF89-2E2CC410669B.jpeg

見せてくれたお盆は乾漆を均一撒いた仕上げで、確かにザラつきは出たが、人肌のしっとりな感じはなく、乾いた感触で、人肌とは全く違った感触だった。

次に塗師の方が同じく呂色だが、今度は石目乾漆(画像のものは磨く前)という技法のお盆を見せてくれた。粒状の乾漆を今度は不均質に撒き、乾漆がのる部分と乾漆がない部分の面積が均一に撒くより大きくなり、それを磨くと乾漆がのった部分が平らになり、手で持った時に少し密着感が出て、感触がしっとりしてくる。

この感触の延長線に人肌の感触があるのではないか、直感で。塗師は皮膚を拡大するとこんな模様ですねと言う。

FFD53D93-076D-4DC3-A21B-917A5C05AE11.jpeg

いろいろ石目乾漆についてききたい、どうやるのか、好きな色を出すのにどうするのか、もっと密着感を出すことはできるのか、立て続けに塗師に質問したら、突然、携帯で電話しはじめた。電話の相手は呂色職人のようだ。輪島塗の工程は全て分業制、それぞれに専門の職人がいる。

右手で右耳に携帯を押し当てている塗師に対して、左耳にききたいことを話し掛けていた。ここが重要だと思ったから、今日ここまで朝2時に起きて輪島に来るまでずっと、漆塗りで人肌の感触を出すことが本当にできるのだろうか、技術的な糸口が何ひとつなかったので、やっと糸口を掴んだ、必死で離すものか、という気持ちだった。

電話を切った塗師は

「いま、職人が来るから、ききたいことをきいた方がよいよ」と私に告げた。塗師の声だけは聞こえていたからわかるが、その呂色職人は自ら説明しに来ると言ったようだった。もしかしたら人肌の感触ができるかもしれない、可能性が出てきた嬉しい瞬間。

"I'd like to feel the feeling of my skin when I had it, rather than what to do with color, is it different from the feel of lacquer painting?"

We met the painter of Wajima and cut out like this at the very beginning. Anyway I wanted to do what I wanted to do but I did not know how to do it, so anyway I had to tell the painter what I wanted to do clearly.

The office of the painter is using the building space unique to Wajima called Painter's House Building, the building which did the residence on the roadside, the workplace in the back, as the exhibition space of the office in the residential part and the main part looking at the workplace part Every time, I will go through a sample place and meet.

"I think that it is more likely that people with more roughness will be closer to the feeling of human skin" and normal? I touched the Wajima-covered coffee cup with my hands and handed it to the painter, who showed us a Lu color tray from the exhibition ground.

Lu color is the finishing to be applied on the top coat so that granular items called various lacquer lacquers are spread uniformly or sprinkled inhomogeneously to polish it so that finely granular irregularities can be formed Finish.

The tray that showed me was a finely sprinkled dry lacquer, certainly with zara, but there was no moist skin feeling moist, with a dry feeling, it was totally different feeling from human skin.

Next, the painter is also Lu color, but this time it showed us the tray of the technique called the stone eye dry lacquer (the thing of the image before polishing). This time the granular dry lacquer is spread inhomogeneously and the area of ​​the part where the lacquer is lined and the part which does not have lacquer is larger than it spreads evenly and when polishing it the part with dried lacquer was flat and it was held by hand Sometimes a bit of a close feeling comes out, the feel is moist.

It is intuition whether there is a feeling of human skin on the extension line of this feeling. The painter says when he enlarges his skin it looks like this.

About various stone eyes dry lacquer, I want to hear, how to do, how to do what I like to put out a favorite color, how can I get a more close feeling? If you question the painter after you in a row, suddenly I started calling on the mobile phone. The other party of the telephone seems to be Lu color craftsman. All processes of Wajima coat are divided into division of labor, each has a specialized craftsman.

I was talking to the left ear about the things I wanted to hear against a painter who was pressing a cell phone against my right ear with my right ear. Because I thought that this was important, I wonder if I could get up at 2 o'clock in the morning so far, until I came to Wajima, I could actually feel the human skin with lacquer painting, since there was not any technical clue, Finally I caught a clue, was feeling I was desperate to release.

Painter who hung up

"Since craftsmen are coming now, I should tell me that you should listen to what I want to ask." I heard that only the painter 's voice was heard, but that Lu color craftsman seemed to say that he would come to explain himself. Perhaps it may be the feeling of human skin, a happy moment when the possibility comes out.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2018年11月20日

「鯖あるけど」
カウンターにいたもう1人の客が帰ってすぐに大将が唐突に声を掛けてきた。
私「えっ」
大将「鯖があるけど」
間髪入れず、被せ気味に
私「ください」
大将はニコニコしながら急に話し掛けてきた。

昼間、塗師の方がそのお店のおススメを教えてくれた。今だったら香箱蟹、鱈の白子。それに加えて、輪島のふぐ刺し、白海老の天ぷら、酢牡蠣も注文、生ビールを少し呑んでから、輪島の地酒も。

香箱蟹の内子、外子で地酒をゆっくりとなんて思ったが、その旨さにかぶりつき、最後は甲羅に地酒を入れて、きれいに食べていたのを見ていたのかもしれない、全然話し掛ける雰囲気が無い大将が何の前ぶれもなく「鯖あるけど」だったので。

鱈の子付け、のどくろ、それとメニューになかった鯖の刺身を食べ比べながら、鯖が一番旨く、大将にお礼をと思い、

「鯖美味いですね」と言ったら

ニコッとしながら
「鯖はね」と一言、また黙々と大根の皮むき、仕込みか、この無理のない、ほっとかれ感がちょうど良い。

この大将に塗師の方を紹介してもらったから、輪島塗のフリーカップ制作がはじまった。

「仕事?」また唐突に一言、

私「いや、仕事というか、漆器をつくりたくて、というか、以前大将に塗師の方の連絡先をきいて、それから、以前に木地をつくり、今日塗りの打合せをしてきたんですよ」

カウンターの入口近くの端の席を指して
大将「あこの席にいたよな」

やはり、覚えていてくれたらしい。何か嬉しかった。
それから、どんなカップをつくっているのか、携帯の画像を見せながら、木地はこうしてあーして、塗りはこんな感じにしたくて、それで今日、こんなことがあって、こーなったなどと、大将に話したら、作業中の手を止めて、店で使っているカップの漆器を出してくれて、これいいだろという感じでカウンターに並べはじめた。そこから漆器談義、はじめてこのお店に来た時もそうだった。

225498C7-F56F-4385-902F-EE39F8EF68DF.jpeg

漆器の話からはじまって旅行の話まで、大将が人懐っこく話し掛けてくる間でゆったりとしていたら4時間位いたかな、大将の言葉で一番印象に残っているのは、

「儲ける商売の仕方は客が離れるが、儲かった商売の仕方は客が支えてくれる」

輪島の塗師や職人は皆なこの「儲かった商売の仕方」で、まずは技術的な話、お金の話は二の次という様子で、だから、こちらも実現したいことをどういう技術を使って、どうつくるかの話に専念しやすい、だから、打合せをしていて楽しい、実現していく実感が直に得られるから。

最後に釜飯まで食べて、気持ちよく、お腹パンパンで、真っ暗な中、月を見ながらホテルまで、カウンター越しにしか見送らない大将がわざわざ出てきてくれて、ニコニコしながら、また来年来ますと告げて帰った輪島の夜でした。

"There are mackerels"
As soon as the first customer returned to the counter, the general came suddenly.
I "Eh"
Admiral "There are mackerels"
Do not put on your hair,
I "Please"
The general suddenly spoke to us while smiling.

In the daytime, the painter taught me the recommendation of the shop. If it is now, it is a barakaba crab, cod white matter. Besides that, we also ordered Wajima's blowfish, tempura of white shrimp, vinegar oysters, drinking a bit of draft beer, also local sake from Wajima.

I thought slowly the sake as a baby crab crab and a foreign boy, but I hung on to that effect and at last it might have been seeing the local sake in the shell and eating cleanly, the atmosphere of speaking at all Because no generals were "no sausagi" without any precaution.

Mackerel was the most satisfactory while thinking of eating the cod attachment, the skull and the mackerel of the mackerel which was not in the menu, mackerel was the best,

When saying "Mackerel is delicious"

While making it nice
One word saying "Mackerel", silently peeled the radish, put it in, it is reasonable, feeling relieved is just right.

Since this general was introduced to the Painter, the Wajima-coat free cup production began.

"Work?" In addition,

I: "No, I wanted to make a lacquerware, I asked the general of the contact address of the Painter before, I made a woodland before and we had a meeting of painting today."

Point at the end seat near the entrance of the counter
Admiral "You were in the seat of ako"

After all, it seems that he remembered. I was pleased.
Then, while showing the picture of the cell, what kind of cups are making, the woodlands do like this and I want to paint like this, so today, this is the case, Talking to, I stopped the work in operation, put out the lacquerware of the cup used in the shop, and started to line up at the counter with feeling like this. It was also when I came to this shop for the first time about lacquer ware handling.

From the story of lacquerware to the story of the trip, it seems that if I was relaxing while the general caught friendly and spoken, it would have been around 4 hours, the most impressive thing in the generals'

"The way customers make money, how to make money is profitable, but customers will support the way of profitable business"

Wajima's painter and craftsman are all "how to make a profitable business", first of all technical story, the story of money is a secondary story, so the situation is like secondary story, so what kind of technology will be used for what we want to realize and how to make it Because it is easy to concentrate on the story, so that you can get a sense of fulfillment, realizing that you are having fun meeting.

Finally eating up to Kamoro, feeling good, with a stomach bumper, while looking at the moon, while seeing the moon, the general who only watches over the counter comes out of their way, noticing that I will come next year, while smiling next year It was the night of Wajima that I returned.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2018年11月16日

漆の色は黒、朱以外にも、金、銀、赤、青、緑、紫、黄、橙など、色の名前は違っても色味としては大体好みのものを選ぶことができるが、白だけはない。正確に言うと、白漆は存在するのだが、色は真っ白ではなくベージュのような色味。

以前、京都でできあいの木地に白漆と銀漆を使って塗りだけ特注して制作したお椀が画像にあるもの。

IMG_0986.JPG

そのことを輪島の塗師の方に尋ねたところ、理由はよくわからないが、色粉は真っ白でも、漆に混ぜると真っ白にはならないらしい。

輪島塗のフリーカップ制作は木地までできて、次は漆塗の段階、本当ははじめから漆塗までを想定して制作をしていくのがよいのだろうが、漆器を木地から制作するのは初めてのことなので勝手がわからないのと、自分がつくりたい漆器を自分でつくるのが目的なので、予定調和的に進める必要がないから、まず木地、すなわち形だけを考えて、その中で漆塗のことまで考えることができたならば、それはそれでよいと思っていた。

実際は形を考えるので精一杯で、塗のことまで頭が回らずにいたが、形を考える中で人の気分もデザインとして取り入れようとしていたので、ただ漆の色だけをどうするかを考えるのではなくて、違う何かを元に考えたいと思っていた。それに漆の色だけを取り出して考えることは、木地のデザインの時に形だけを取り出して考えるのと同じで、単に恣意的操作をして、別に漆器でなくてもいいようなことに終始しそうで嫌だった。できれば漆器特有の何かを持ち込みたかった。

艶も操作できる。艶をより出すには、輪島の塗師から教わった話によると、漆に油を入れる、最終工程として鹿の角の粉末で磨くなどがあるそうで、普通の上塗りならば、マットな仕上げで、使い込んで行くうちに自然と艶が出てくるそうです。ただ塗師は人工的に出す艶は好みではないようだった。

手掛けの窪んだ部分だけを最終工程で磨いてもらって艶を出し、その他の部分は普通の上塗りにして、艶の差が形を強調するようにするか、あるいはその逆にして、手掛けの部分だけ普通の上塗りにして、一番手の当たる部分だから、使い込んで艶が出て、同じ艶ありでも他の部分の艶とどういう違いが出るのか見るというのもある。

IMG_0987.JPG

色と艶をどうするか、これを最終的にどうするか、どう見せるかによって、例えば、溜塗などという透明な漆を塗って仕上げる技法もあるらしい。

ちなみに、輪島塗には木地に寒冷紗などを貼る「布着せ」と言われる工程があるのが特徴で、山中塗のような下地の木地を見せる漆の塗り方はできない。ただ、布着せをすることで、より丈夫になり耐久性が上がり、また割れても補修がきく。

色と艶をどうするかをずっと考えているが結論が出ない。というか、色と艶に関して考えれば考える程、どんどん興味を失っていく、どうでもよくなっていく。

色と艶を考えている時点で、当たり前だが、漆を塗るのが前提だから、器の木地に漆を塗る=漆器という図式の中にいることになり、それがどうもつまらない。それは、漆器にするために漆を塗る、ということになり、そこに違和感を感じてしまう。

器として、こうしたいから、こういうものにしたいから、たがら漆でないと駄目なんだ、だから漆を塗って器をつくるのだ、という考えのもとで塗りについて、またはじめから考え直してみたいと思うようになった。

Besides black and vermillion, the color of lacquer can be chosen pretty much as color taste even if the color names are different, such as gold, silver, red, blue, green, purple, yellow, orange, There is not only white. To be accurate, white lacquer exists, but the color is not pure white but it looks like a beige.

Previously, in the image there is a bowl made by using white lacquer and silver lacquer on the finished wooden ground in Kyoto, custom made only for painting.

I asked the painter of Wajima about that fact, I do not know the reason well, but it seems that even if the color powder is pure white, it will not become white when mixed in lacquer.

Wajima coat free cup production can be made to wood, and next time it is better to produce lacquerware at the stage of lacquering, in fact from the start assuming lacquer coating, but to produce lacquerware from woodland Since it is the first thing, I do not understand selfishly, because I want to make lacquerware I want to make myself, so there is no need to proceed harmonizedly, so first of all consider the wooden area, that is, the shape, the lacquer If I could think about painting, I thought that would be fine.

Actually I was thinking about shapes so it was all they could and my head did not turn until the painting, but as I was trying to incorporate the mood of people as a design in thinking of shapes, just thinking about how to do just the lacquer color I wanted to think based on something different without it. Also, taking out only the color of the lacquer is the same as thinking only by taking out the shape at the time of designing the wood land, just doing arbitrary operation and seeming to start doing something that does not have to be a separate lacquerware I hated it. I wanted to bring something specific to lacquer ware if possible.

You can also operate gloss. According to the story taught from the painter of Wajima, according to the story taught from the painter of Wajima, it is said that there is an oil in the lacquer, as a final process there is polishing with powder of deer horn, if it is ordinary top coat, with a mat finish, It seems that nature and gloss come out while using it. Just a painter seemed not to like taste artificially.

Only the depressed portion of the hand is polished in the final process to give a gloss and the other parts are ordinary top coat so that the gloss difference emphasizes the shape or vice versa, Since it is an ordinary top coat, since it is the part where the hand is hit the first time, gloss comes out and gloss comes out, and there is also a case to see what difference is made with gloss of other parts even if there is the same gloss.

There seems to be a technique to finish by painting transparent lacquer such as sand coat depending on how to color and gloss, how to finally do this and how to show it.

Incidentally, Wajima Coating is characterized by having a process called "clothing" that affixes cheesecloth and the like to wooden plants, it is not possible to paint the lacquer showing the woodland of the underlying like Yamanaka painting. However, clothing makes it more durable, durability rises, and even if it cracks, it will be repairable.

I have thought about how to color and gloss forever, but I can not draw a conclusion. Or, if you think about color and luster, you think about it, you lose interest more and more, no matter how it goes.

At the time of thinking about color and gloss, it is natural, but because it is a premise to paint lacquer, it will be inside a diagram called lacquer wrapping lacquer on the wooden piece of a vessel, which is really boring. It means that it is painting lacquer to make it a lacquer ware, and it makes me feel uncomfortable there.

As a container, I want to do this, because I want to do this, it is useless unless it is lacquer lacquer, so I would like to try painting under the idea of ​​painting lacquer to make a vessel, and thinking from the beginning Became.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2018年11月15日

出来上がった木地は、私にとってまるで縄文式土器のように思えた。

輪島塗のフリーカップの形をどうしようかと考えている時に最初、縄文式土器を参照した。その形は素晴らしいものだが、私が求めている形ではなかったので、ただ、その精神性は引き継ぎたいとは思っていた、と出来上がった木地を見ながら思い出した。それまで、そのことを完全に忘れていたが、無意識にその精神性を大事にしていたのかもしれない。

フリーカップの木地を見て、縄文人のDNAから湧き上がってきたような唯一無二の精神性を感じる縄文式土器のように思えたことは、この木地の形が私の根源的な精神性を表現することができたのではないかと思い嬉しかった。

輪島の塗師から朴(ほう)木地職人が制作した木地が送られてきた時、木地を見るのは楽しみではあったが、信頼してお願いしたとはいえ、正直不安もあった。スケッチには絵として起こしていたが、こちらの意図をくみ取ってくれるだろうか、曲線の具合や角の仕上がりなど。

そもそも、自分が欲しい形をスケッチにはしていたが、実際の形になった時にはまた違うはず、ズレが生じるはずで、そのズレが許容できるものか。本当ならば、試作を繰り返したいのだが、そうもいかず、例えば、私の好きなデザイナーの柳宗理は石膏で試作を繰り返したそうだが、その技術も装備もないので、考えていたのは、出来上がってきた木地を修正をすることぐらい。

このこともあり、後に3Dプリンターを導入した。これで完全とはいかないまでも、ある程度繰り返し試作ができるようになった。

全くの杞憂だったというか、私自身が朴木地職人の伝統技術を失礼なことに過小評価していたのかもしれない。偏心させて、窪ませて、非対称の形にしたこの複雑な形を見事に木地として仕上げてくれた。スケッチから形を完璧に理解し、こちらの意図をきちんとくみ取って、スケッチでは表現しきれていない所まで、実に痒い所に手が届くが如く、こちらがこうして欲しいと思っていたことがきちんと出来ていた。

飲み口の厚みが雲形に不連続に変化するように滑らかな曲線を描き、カップの側面の手掛けとして窪ませた部分も同じように滑らかな曲線を描くようにしたかったが、スケッチでは側面の窪ませた部分の形状をわかりやすく、基準となる数値を入れるために、どうしても曲線の滑らかさを表現しきれていないような気がしていた。ただ、このスケッチの通りに制作していくと、自然と滑らかな曲線になるだろうから、もし滑らかさが足りなければ、後で修正してもらおうと思っていた。

これが全くの見当違いだった。当たり前のように、私がして欲しかったことがきちんとできていた。本当に腕のよい職人と仕事をした後はいつもこうで、私の心を見透かしているのではないかと思うくらいに、そうするのが当然が如くに仕上がっており、輪島の朴木地職人の伝統技術の底力にただただ敬服するしかなかった。

IMG_0961.JPG

The finished wood land seemed to me like a Jomon style pottery for me.

When I was thinking about what to do with Wajima-covered free cup shape, I first saw Jomon style pottery. Its shape is wonderful, but because I was not in the shape I was looking for, I remembered watching the finished woodland that he wanted to take over the spirituality. Until then, I had completely forgotten about that, but I may have unwittingly taken care of that spirituality.

It seemed like a Jomon style pottery that felt the only spirituality that seemed to have risen from the Jomon people's DNA, looking at the free cup wooden ground, this woodland shape is my fundamental I was happy that I thought that I was able to express my spirituality.

When the woodland produced by the painter of Wajima was sent from the painter, it was pleasure to see the woodland, but I was honestly worried even though I trusted him. I woke up as a picture in the sketch, will it take away the intention of this, such as the condition of the curve and the finish of the corner.

In the first place, I was sketching the shape that I wanted, but when it comes to actual shape it should be different again, it will cause a gap, is the gap acceptable? If it is true, I would like to repeat the prototype, but I do not think so, for example, Mr. Yori Yanagi of my favorite designer repeated prototyping with plaster, but because there is neither that technology nor equipment, I was thinking about it It is about correcting the wood land.

As a result of this, we introduced 3D printers later. With this it is possible to prototype it to some extent even if it is not perfect.

Perhaps it was a totally unfounded situation, or maybe I myself underestimated the rude traditional techniques of Park Jukdo. It was eccentric, concave, finished as an asymmetrical shaped splendidly as a woodland. I understand the shape perfectly from the sketch, properly take out the intention of this, properly reaching the itchy place until it can not be expressed in the sketch, as I thought that I wanted this to be done properly It was.

I wanted to draw a smooth curve so that the thickness of the drinking mouth changes discontinuously in a cloud shape, so that the depressed portion as a handrail on the side of the cup also draws a smooth curve in the same way, but in the sketch, It was easy to understand the shape of the part that was not, and I felt that I could not express the smoothness of the curve by all means in order to put the reference numerical value. However, as I make it according to this sketch, it will be naturally smooth curves, so if I'm not smooth enough I thought I would correct it later.

This was absolutely wrong. As it is natural, what I wanted was done properly. After working with a truly skilled craftsman, this is always like this, it seems natural to think that it seems to me to see my mind, so it is natural that it is done, traditional techniques of Parkjik place craftworkers in Wajima I just had to admire the bottom power of the.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2018年11月14日

輪島で塗師に出会うきっかけをくれたのは、輪島の割烹料理屋の大将だった。はじめて輪島に行った時にたまたま行ったお店の大将で、カウンター越しにいろいろな話をしていたら、漆器の話になり、そっと内緒で塗師の連絡先を教えてくれた。

そのおかげで、今こうして木地を手にし、塗りのことを考える機会を得ているので、輪島に行く時は必ずそのお店を予約して行こうと思い、来週輪島に行く予定なので、すでにお店には予約を入れてある。

前回、木地のスケッチを持って輪島に行った時も夜に予約して行った。はじめて行った時は輪島塗のカウンターの大将の前だったが、この時はカウンターでも大将から一番遠い所、大将の前は常連らしき人が座っていた。ただ、大将はカウンター内で黙々と調理しており、目の前の常連さんとも話をしていない様子だった。

入って行った時に大将と目が合い、軽く挨拶をして通された席に座ったが、3ヶ月ぶり位に行ったので、覚えてくれているのかいないのか。見たことあるかないか位かなと思い、席だけの予約だったので、アラカルトで何か注文しようとメニューを見て、

のどぐろの刺身、焼き白子、白海老の天ぷらなどを肴に、輪島の地酒を呑んだ。

IMG_0948.JPG

お店に来るまでは、大将に会ったら何を話そうかな、あの時から今日までのこと、本当に漆器をつくろうとしていることに驚くかな、そもそも覚えているかな、などいろいろ考えてはいたが、

いざお店に来て、お酒を呑みはじめると、特に無理をして大将と話そうとはしなかった。忙しく調理していたし、自然に話す機会があればいいし、無ければ無くてもいいしという感じだった。こうして、また輪島に来て、また大将のお店に来る、というのだけで充分だという想いになっていたから。

今日のことに思いをはせ、明日のことに気を配り、そろそろ酔いも程よく回ってきたので、結局大将と話す機会は無かったが、ホテルへ帰ろうと、カウンターを立ち、大将の前で、ごちそうさまでしたと軽く会釈をしたら、大将は目線も合わせず、何も言わず、ただただ満面の笑みだった。

その時に、この大将はそういう人なんだな、きっと前のことを全部覚えていて、また来てくれた、と思っているに違いない、その笑顔を見てそういう気がした。

What gave me the chance to meet a painter in Wajima was the general of a cooking restaurant in Wajima. When I went to Wajima Island by chance at the store who happened to happen by chance, if I had talked a lot through the counter, I was talking about lacquerware and gently taught me the contact address of the painter.

Thanks to that, now I have the opportunity to grab the wood land and think about painting, so whenever I go to Wajima I definitely want to book the shop and I will go to Wajima next week There are reservations in stores.

Last time I went to Wajima with a sketch of wood land and even booked it at night. When I went for the first time, it was before the general of the Wajima coat counter, but at this time the counter was also the most distant from the general, before the general was a regular seeming person sitting. However, the general was cooking silently in the counter and it seemed that he was not talking to regulars in front of his eyes.

When I entered, the eyes met with the general, I greeted lightly and sat in the seated seat, but I went to the first time in 3 months, so do not you remember? Because I thought that there was something I had seen, because it was a reservation only for the seat, watching the menu to order something in an à la carte,

I drank local sake from Wajima with a fridge sashimi, baked baki, tempura of white shrimp and so on.

Until I came to the shop, I was thinking about various things, such as what I should talk about when I meet the general, from that time to today, whether I am surprised that it really is making lacquerware,

When I came to the shop and started drinking alcohol, I did not try to talk to the general general, in particular. I was busy cooking and had the opportunity to talk naturally, and it was feeling that it would not have been necessary if there was nothing. In this way, I came back to Wajima again and I was feeling that it was sufficient to just come to the general shop.

Taking a thought on today, I was careful about tomorrow, so I got better sickness soon, so I had no chance to speak with the general after all, but I set up a counter to go back to the hotel, in front of the general, When bowed lightly as if it was a feast, the general did not match his eyes, did not say anything, it was just a full smile.

At that time, this general is such a person, I surely remembered all of the previous things, I think that I came again, I felt like seeing that smile.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2018年11月13日

価格の話は一切していない、期間もいつまでという制限もない。塗師のご主人からは少し時間を下さいと言われただけ。持参したスケッチの通りに木地をつくって欲しい、私の要望はこれだけ。

私にとって塗師のご主人、朴(ほう)木地職人を信頼して任せるとはそういうことだった。自由度を最大限に高くすること、拘束する部分を最小限にすること、私が誰かを信頼して任せる時に気をつけていることはこれで、私の要望が満たされるならば、あとのやり方は全て相手本位、私はそれに合わせるだけ。

なぜそうするか、私はその人の技術を信頼して任せる訳だから、その人が自分の技術を一番発揮しやすい環境をつくるのが私の仕事だと思っているから。

ただこれは考えようによっては一番厳しい条件を突きつけているのと同じかもしれない。だって、やり方もお金も時間も全てあなたの希望をのみますから、あなたが持っている技術をフルに発揮して完璧なものをつくって下さい、言い訳はできませんよ、半端は許しませんよ、ということを暗に言っているようなものだから。そのことは一流の職人になればなるほどわかるはずで、ただ、技術の高い職人はそのようなことは当たり前のことで、それを精神的なプレッシャーだと感じる人はいない。

だから、こちらも承知の上で、肝心なところだけ確認して、朴木地職人との打合せは10分で済み、余計なことを言わずに朴木地屋さんをあとにした。

後から振り返れば、もう少し伝えたいことも正直あった。スケッチとして絵としては渡してきたが、行間というか、ニュアンスというか、意図をうまくくんで欲しいところは言葉で補足した方がこちらは安心する。

ただ、いつもそう考えているのだが、信頼して任せている関係で、自分が安心したいから、何かを確認する、伝える、指示することは絶対にしないようにしている。意図をうまくくんでくれる人だと信頼している人なのだから、任せた以上は余計な手出しをしない。例え一時的にうまくいかなくても、自分の心配を消すために行動しない。そこで行動してしまうと、信頼して任せている関係が崩れるから。ただ、伝える、確認することもコミュニケーションとして必要な時もあるから、この判断は難しいところで、それにうまく意図をくんでくれない場合もあるかもしれないから、その時は自分が責任を負うつもりで、そうなってもいいような最低限の準備はしておく。これを貫かないと、信頼して任せられる人にいつまでたっても巡り合わない。

ちなみに、最低限の準備をリスクヘッジという人がいるかもしれないけど、それは違う。リスクヘッジとは、リスクがあることが前提で、何かトラブルが起こることが前提だが、私はそもそもノーリスクなことしかしない。信頼して任せられる人がいれば、チャレンジしてもはじめからリスクなど存在しない。だから、リスクヘッジをするからリスクを呼び込みトラブルになる。リスクヘッジをすればする程、失敗する確率が高くなる。

塗師のご主人から輪島塗のフリーカップの木地が届いたのは2ヶ月後だった。木地を触りながら、眺めながら、塗りをどうするかずっと考えていた。

IMG_0941.jpg

I do not talk about prices at all, there is no restriction that the term is also how long. It was said that the painter's husband told us to spare some time. I want you to make a wooden street according to the sketch I brought, my request is this alone.

That was the case for me to trust the painter's owner, Park Hui woodland craftworker. To maximize degrees of freedom, to minimize the restraint part, to be careful when I trust someone is this, if my request is satisfied, All ways are opponent, I just adjust it.

Because I think that it is my job to create an environment where people can best demonstrate their skills because I am going to trust that person's technology.

However, this may be the same as thinking the most stringent condition depending on thinking. Because, as well as the way, money and time all hope for you only, make full use of the technology you have and make perfect things, excuses you can not, he says it will not forgive you It seems to be said that it implies things. The more it becomes a first-class craftsman, the better it is, the higher craftworker of technology is such a thing, it is natural that no one feels that it is spiritual pressure.

Therefore, after consenting to this, we confirmed only the essential point and we had a meeting with Park Hwa craftmen in 10 minutes, and we left Park Hokkaido without saying anything extra.

Looking backwards, I also honestly wanted to tell a bit more. Although I handed it as a picture as a sketch, I'm relieved here if you supplement it with words, where you want the intention to succeed, whether it is between lines or nuance.

However, although I always think so, I do not absolutely do not confirm, tell, or instruct something because I want to be relieved with the relationship I trust to leave. It is a person who trusts that he is an intelligent person, so do not extra handouts beyond what I leave. Even if it temporarily fails, I will not act to put out my concern. If you do act there, trust and leave the relationship that you trust. However, there are times when it is necessary to communicate, to tell, to confirm, because this judgment is a difficult place, there may be times when it does not make it well for it, so at that time I will assume the responsibility, so Prepare minimum necessary for it to be good. If you do not go through this, you will never meet a trustworthy person forever.

By the way, there may be some people called risk hedging as a minimum preparation, but that is not the case. Risk hedging is a prerequisite that something will happen on the premise that there is a risk, but I do nothing but a noisy thing in the first place. If there are people trusted, there are no risks from the beginning even if you challenge. Therefore, he risks hesitating and calls for risk and becomes trouble. The more you risk hedge, the higher the probability of failure.

It was two months after the painter's husband arrived the Wajima-covered free cup wooden land. While touching the woods, I was thinking about how to paint while watching.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2018年11月12日

見てすぐに理解したようだった。横からこのスケッチに描かれている非対称の形を詳しく説明しようとしたけれど、朴(ほう)木地職人の様子を見て、すぐに簡単な説明に切り替えた。すでにどうやったらこの非対称の形をつくることができるのかを考えているようだったので、横から話し掛けるのをすぐに止めた方がよいと思ったから。

段々と深く深く考えが沈んでいく様子がわかった。白い紙にメモ書き程度のスケッチを描きながら考えている。こうやればいい、いや、それではできない、ならこうするか、手の動きがそう語っている。横で見ている方は嬉しい、真剣に考えてくれて。

それにしても、このスケッチ、自分で言うのもなんだけど、必要な寸法は全て書き込みをしてあるけれど、拙い。なのに、私が求めている形を瞬時に頭の中にイメージできているようで、全く補足説明がいらない。それよりも、どうしたらこの形がつくれるのかが最大の関心事になっており、それが解決するまで、誰も話し掛けられない、黙っているしかない雰囲気が作業場に流れていて、私も塗師のご主人も一言もしゃべらずに、朴木地職人が次に発する言葉を待っていた。そこには緊張感があり、でも私はこの時間が愛おしく思えた。だって、自分が考えたデザインが立ち上がろうとしている、それも一流の職人の手で。デザイナーにとって、これ程の喜びはないのではないのだろうか。心血注いでひねり出したものが実際に現実に形になるのだから。

IMG_0923.JPG

スケッチの非対称の形を半分にして、木の塊からその半分の形を削り出し、最終的に2つをひとつにして、底に蓋をする。

IMG_0922.JPG

木の塊から削り出す、それは確かに可能だけれども、そんなことをするんだと、それは技術力があるが故の力技かもしれないけど、そこまでしないとやはりこの非対称の形がつくれないのか、 1個しかつくれないな、量産は無理だな、元々量産するつもりはないけれど、あと2個ほど制作して、知人にあげようと思っていたので、ただ黙って受け入れて、とにかくこの形が実現することが嬉しくて、朴木地屋さんを後にすることにしたけれど、

滞在時間はわすが10分、この10分の間にこの非対称を解決した朴木地職人の技術力にただただ感嘆するしかなかった。それもこのスケッチの肝を抑えていて、一番見せたい所をここでしょと見抜いていた。なぜそれがわかったかというと、飲み口の厚みについて話をした時に、一番薄い所が2mmになる、ただしそれは一点だけたがら、2mmでも成り立ちますよね、と話した時、それをみなまで言わないまでもわかったから。

他の人はどうだかは知らないけれど、自分が描いたスケッチ、それがそのまま実現するのだから、これ程嬉しいことはない。

It seemed to understand immediately as I saw it. I attempted to explain in detail the asymmetric shape drawn on this sketch from the side, but I immediately switched to a brief explanation as I looked at the state of the craftsmen of Park. It seemed like how I could already make this asymmetrical shape, so I thought that it would be better to stop talking from the side immediately.

I learned that the idea sank down deeply and deeply. I'm thinking while drawing sketches of notes on white paper. No need to do this, no, if you can not do it, do it like this, the movement of the hand says so. Those who are watching by side are happy, they think seriously.

Even so, this sketch, what I say on my own, but I have written all the dimensions I need but it is awkward. However, I seem to be able to instantly image the shape I am seeking in my head, so I do not need any supplementary explanation at all. More than that, how to make this shape is the biggest concern, until the solution is resolved, nobody can talk to it, there is only an atmosphere that is silent is flowing to the workplace, I am a painter Your husband also did not speak a word, and waiting for the words that Park Mokuchi craftsman would give next. There was a feeling of tension there, but I think this time was lovely. Because, the design I thought is going to stand up, it is also handed by first-rate craftsmen. I wonder if there is not such pleasure for designers. Because what actually threw out with heartblood pouring actually forms in reality.

Halve the asymmetrical shape of the sketch, cut out the half shape from the wood chunk, finally make one in one and cover the bottom.

Although it is certainly possible to do it, although it is certainly possible, if it does such a thing, it may be a power skill of the late although there is a technological power, but if we do not do it we can not make this asymmetrical shape again , I can make only one, mass production is impossible, I do not intend to mass-produce, but since I was thinking about making two more pieces and giving to acquaintance, just accept it silently, anyway this shape is I am happy to realize it, I decided to leave Park Parkya,

The staying time was merely 10 minutes, I just had to admire the technical power of Park Jukdo craftmen who solved this asymmetry in the last 10 minutes. It kept the liver of this sketch down, and I thought that the place I wanted to show the most was here. When I talk about the thickness of the drinking mouth, the reason why I found out is that the thinnest part will be 2 mm, although it only holds one point, it will be true even if it is only 2 mm, I will not tell it all Because I understood it.

I do not know how other people are, but there is nothing I'm happy about as this is the sketch that I draw, that will be realized as it is.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2018年11月10日

椀木地職人との打合せでも、やはり問題になったのが非対称の形だった。輪島塗フリーカップ制作のおいて、まずは木地の形をどうするか、これに関しては自分なりに満足のできるデザインの所までは行った。建築の場合もそうだけれど、イメージや構想を設計やデザインやスケッチとしてまとめ上げるのはかなりの労力を要するが、それで終わりではなく、むしろここからが本番で、この設計やデザインやスケッチを実現するために、誰に声を掛け、誰と話し、誰につくってもらうかを考えて、だから、こう準備して、こう伝えて、それにどう関わるかが重要になる。実現する段階でこれらひとつでも間違うと、せっかくまとめ上げた設計やデザインやスケッチ通りのものができず、残念な結果になる。

それだけは避けたかった、本当にこの木地のデザインが気に入っていたから。ただ、今回は全く誰もツテがない所からはじめて、お会いする人全てがはじめての方ばかりで、短時間で関係づくりからはじめるので、実際に実現することを全くと言ってよい程コントロールができない、ぶっつけ本番のようなものだった。

こういう場合、今までの経験上、依頼を請けてくれる職人の方の意識が高く、腕がよくないと、うまくいかない。そこはもう輪島の職人の方々を信頼するしかなかった。

椀木地制作の過程でも、全体の形が対称のもので厚みが違うだけならば、回転する木材にノミの角度を変えて入れてやればできるとのことで、実際にそれは今までに行ったことがあるそうで、見本(画像のもの)も見せてもらった。

IMG_7216.JPG

ただ、それはあくまでも全体の形が対称ならばの話で、私が持って行ったスケッチを眺めながら、塗師のご主人、椀木地職人、私とで、どうしたらこの非対称の形をつくり出すことができるのかを一緒になって考えていた。

もともと回転する木材にノミを入れて成形するやり方だと、対称の形はつくりやすく、非対称の形は無理なのではないかと思っていた。私の木地職人の作業の仕方に対する勝手なイメージが椀木地制作の要領だったので、スケッチを描きはじめた当初から、この非対称の形が本当にできるのかどうか半信半疑だったが、それでも厚みを変えることができるのだからと、いろいろと考えて提案してみた。

例えば、2個1にするなど。左右別々に対称形のものをつくり、縦に半分にして、左右それぞれ別のものを組み合わせて1つのものをつくるなど。これは塗師のご主人も私もできるような気がしたが、椀木地職人はできることとは思わなかったようだった。

IMG_0844.JPG

できるかもしれないという勘みたいなものが働く時は大抵、例えすんなりとはいかなくても、できるもので、できることとは思わない時には、全くと言ってよいほど、かもしれないすら思わない。それは長年の経験からくる勘だと思うが、できない時にはハッキリと「できません」と言ってくれた方がむしろありがたい。

この人ができない、やめた方がよいと言うならば、素直にやめようと思える人と一緒に仕事がしたい、といつも思っているので、塗師のご主人や椀木地職人の方には、素直にそう思えたので、椀木地職人が「うちではできないですね」と言った時には素直に従えた。

あとは塗師のご主人に任せるしかない。ご主人には他にアテがあるらしく、ここでは断念して、他の木地屋さんに行くことになった。

ただ、この椀木地職人の方には、プロとしての気構えと、意識と技術の高さを感じて、とても気持ちのいい打合せができ、この椀木地屋さんで過ごした時間は短くも楽しいものだった。

Even with a meeting with a bowl of woodland craftsman, what was still a problem was asymmetrical form. In Wajima coat free cup production, we first went to the place of design that can satisfy ourselves as to how to shape the wood land. Even in the case of architecture, it takes considerable effort to design images, concepts and design as a design, sketch, but it is not the end of it, rather it is real from here, in order to realize this design, design and sketch So, who is talking to, talking to whom and talking to whom, thinking about who to make it, so prepare this, tell them how it is important to know how to do that. If you mistake one of these at the stage of realization, you can not do the design, design or sketch that you gathered together, which is disappointing.

I wanted to avoid that much, because I really liked the design of this woodland. However, this time for the first time since nobody gets tired, it is only the first time for all of you to meet up, so we start with relationship creation in a short time, so we can not control as much as we actually can realize , It was like a batting turnaround.

In such cases, experience is that if the consciousness of the craftworker who undertakes the request is high and the skill is not good, it will not work. There was no other choice but to trust the artisans of Wajima.

Even in the course of producing bowls and woods, if the entire shape is symmetrical and the thicknesses are different only if you change the angle of the fleas to the rotating wood and you can do it actually I heard that there was something I had and a sample (image one) was shown.

However, that is only a story if the whole shape is symmetrical, while seeing the sketch that I brought, with the painter's owner, a bowl of woodland craftsmen, and me, how to create this asymmetric shape I was thinking about what I could do.

I thought that it is easy to make a symmetrical shape and not an asymmetrical shape if it is a way to insert fleas into rotating wood. Since the arbitrary image of how my woodland craftsman worked was the way of making bowls and woodlands, from the very beginning I began drawing sketches, I was dubious about whether this asymmetric shape could really be done, but still change the thickness Because I can do it, I thought variously and made a suggestion.

For example, 2 to 1 and so on. Make symmetrical ones separately on the left and right, half in length and combine different ones on the left and right to make one thing. Although I felt that my husband and master of a painter could do it, it seemed that bowl of woodland craftworker did not think that I could do it.

When something intrinsic that it might be possible works, most of the time, even if you do not get rushed up, you can do it, even when you do not think you can do it, I do not even think that it might be totally. I think that it is an intuition that comes from many years of experience, but it would be much appreciated by those who told me that it can not be "clear" when it can not be done.

If this person can not do, saying that it is better to quit, I always think that I want to work with someone who seems to stop obediently, so if you are a painter's owner or a bowl of woodland craftworker, So I thought obediently when a bowl of woodland craftworker said "You can not do it at home."

The rest is left to the master of the painter. Your husband seems to have other attes, so we abandoned here and decided to go to another wooden store.

However, for this bowl of woodland craftworker, feeling as professional, feeling the height of consciousness and technology, I was able to make a very pleasant meeting and the time spent at this bowl of the wooden store was short but fun It was.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2018年11月09日

輪島塗のフリーカップ制作は輪島での木地制作の段階になり、塗師のご主人に新幹線の中で描き上げたスケッチを見せながら、このフリーカップの非対称な形についてわかってもらおうといろいろと説明した。その時には、どうしてこの形なのか、自分の考えていたことは何も説明しなかった。

今まで木地制作の経験がなく、どこまで制作可能かがわからなかったので、書き上げたスケッチの通りに木地が制作できる確信が持てなかったから、とにかく、この非対称な形について説明し、できれば、その場で制作は可能のような言葉が聞きたかったのかもしれない。

そもそも制作不可ならば、どうしてこの形なのかも、自分の考えていたことも、どうでもよいことになるので。

ご主人には事前に木地屋さんを見学したいとお願いしていたので、とりあえず、スケッチを持ってご主人と一緒に木地屋さんへ行き、木地職人の方をまじえて話をすることになった。

移動の車中、この状況はいつもと同じだな、と思いながら、ご主人と世間話をしていた。既視感のないものや空間をつくりたいと思っているので、毎回今まで設計したこととは違うことをするから、必ずと言っていいほど、実際に手を動かす職人をまじえて、どう施工するかを打合せする。

ただ建築の場合だと、どこまで施工可能かはわかるので、そもそも全く施工不可なことはやろうとしないので、たまに羽交い締めされるように待ったがかかることはあるが、ここで今自分が考えていることやしたいことを素直に話す方が一緒に打合せしている人たちの士気を高め、話の道筋もはっきりするので、ではこうしよう、あーしようと意見も出てきやすくなるし、そもそも、はじめからできないと言わずに、できる方法をいろいろと考えてくれる人たちと仕事をしているので、尚更のこと、今自分が考えていることやしたいことを素直に話す方がよいと思っている。

ちなみに、私の勝手な思い込みだが、腕のよい職人ほど、はじめにできないとは言わずに、こうすればできるかもしれないと、柔軟にできる方法を考えてくれる。はじめにできないと言う職人は単に技術がないか、自分の技術に自信がないのだ。

漆器の木地屋さんには4種類あるらしい。お椀などをつくる椀木地、お盆などをつくる曲物木地、お重などをつくる指物木地、仏具などをつくる朴(ほう)木地。

最初に行ったのは椀木地屋さん。ここでは回転する木材にノミのような刃物を当て、あっという間にお椀の形に仕上げていく。その時にお椀の形を決めるのが型板。代々伝わっているもので、椀木地屋さんによって、この型板の曲線の曲率が違うとのこと。この型板をお椀に押し当てて、ピタリと合うまで成形するそうです。

IMG_0815.JPG

最初にお椀づくりの実演を見させてもらってから打合せに入った。この椀木地職人の方とお会いするのははじめてでしたけど、これから打合せをするのが楽しみになるくらい、よい雰囲気を持った職人の方でした。

IMG_0816.JPG

Wajima-covered free cup production was at the stage of woodland production in Wajima, while showing the sketch drawn in the Shinkansen to the master of the painter while explaining various asymmetric shapes of this free cup . At that time, I did not explain why I was thinking about this form.

Until now I have not had experience of wood land production and I was not sure how far I could produce it so I could not produce the woodland as I did in the sketch I wrote so anyway I could explain this asymmetrical shape, Perhaps he wanted to hear words like production that could be produced in the field.

In the first place, if it is impossible to produce it, why is this form, what you were thinking is nothing to do.

As my husband asked me to visit the wooden store in advance, I decided to go skating and going to the lumber store with my husband and talking with a woodland craftsman.

While thinking that this situation is the same as usual in the moving car, I was talking with the husband over the matter. Since I'd like to create something with no sense of dead vision or space, I do different things from what I have designed so far, so it is always certain that I can not say how much it is practiced by craftsmen who actually move their hands I will meet up with you.

However, in the case of construction, since we know how far it can be constructed, we will not do anything that is impossible at all in the first place, so we sometimes have to wait for feathers to be squeezed but something that we are thinking right now Those who speak frankly talk about what they want to do are raising the morale of the people who are meeting together and the path of the talk is also clear, so let's try it, it will make it easier to comment, and in the first place you can not do it from the very beginning And without saying, I work with people who think about various ways, so I think that it is better to speak frankly what I am thinking and what I'm thinking now or more.

By the way, although I am selfish thought, I do not say that a skilled craftsman can do it at first, but I think how to do it flexibly if I do this way. A craftsman who says not to be able to do it at first can not have confidence in technology or just technology.

There seem to be 4 kinds of lacquerware wooden store. Bowls making bowls and the like Birch wood lining, Bon festival curved woodlands, things to make heavyweight woodlands, Buddhist wooden buildings, etc.

The first thing I went was a wooden bamboo shop. Here, we apply a flea-like blade to rotating wood and finish it in the shape of a bowl in a blink of an eye. It is the template that decides the shape of the bowl at that time. It is said that the curvature of the curve of this template is different depending on the bowl of the wooden store. It is said to press this template against a bowl and mold it until it fits perfectly.

I first got to see the demonstration of bowl making and then started meeting. It was my first visit to this bowl of woodland craftsman, but it was a craftworker with a nice atmosphere as much as I look forward to meeting up now.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2018年11月05日

輪島塗のフリーカップは木地までできていて、今、塗りをどうするか考えている段階。

カップの木地の形を決める上で一番難航したのが、飲み口から手で持つ部分までの大きさの絞り方。飲み口の直径85mmは手で持つには大きくすぎる。だから、手で持てる大きさまで形を絞らなくてはならない。

まず最初の手かがりとして、手で持つ部分の直径をいくつ位にするか?本当は最初、形の絞り方ばかり考えていた、どのような絞り方をすればいいのかと。でも全然決まらない。考えれば考えるほど、気に入らないものになっていく。たぶん、それは見た目の形をどうすれば美しくできるのかだけを考えていて、単なる形態操作になり、恣意的な作業ばかりをしていたからかもしれない。

最終的に美しさを纏った形にしたいが、それは形をどうするかだけの話ではないと思う。

このフリーカップをどういうものしようかと考えはじめた時、一番最初に参照したのが縄文式土器。岡本太郎が昔から好きで、特に作品よりも考えやものの見方が好きで、岡本太郎は縄文式土器の造形美を参照し、自身の作品の創作に生かしていたので、そのことが一番最初に頭に浮かび、資料を見たり、実際に博物館へ縄文式土器を見に行ったりした。

縄文式土器を見ていくと、一見実用とはかけ離れた装飾性を感じ、形態操作だけをしているように思うが、そこには縄文人のDNAから沸き起こってくるような唯一無二の確固たる精神性を感じてしまう。きっと造形美とは、形態操作の果てにあるのではなくて、そこに込めるつくり手の精神性からしか生まれないのではないかと思った。

それもあり、単なる恣意的な形態操作はしたくなく、徹底的にそれを排除しようとしていたので、飲み口から手で持つ部分までの大きさの絞り方に難航した。絞り方を考えることは単に形態操作になってしまうから。

恣意的な形態操作を避けるため、手で持つために絞るという目的以外に、何か別のことを重ね合わせたかった。それがカップ全体の存在を決めるようなことであれば尚よいのだが、それがなかなか思いつかずに難航した。

結局、輪島の塗師に見せる木地のスケッチを書き上げたのは、金沢行きの新幹線の中だった。

IMG_0548.JPG

Wajima-covered free cup is made up of wood, and now we are thinking what to paint.

The most difficult way to decide the shape of the wooden cup is to narrow down the size from the drinking mouth to the part that it holds by hand. The diameter of the drinking mouth of 85 mm is too large to hold by hand. So you have to shape down to the size you can hold with your hands.

First of all, how much is the diameter of the part held by hand as the first hand crawl? In fact, initially, I was thinking about how to narrow down the shape, what kind of diaphragm should I do? But not at all. The more you think about it, the less you like it. Maybe it is because I was just thinking about how to make it look beautiful, it was just a morphological manipulation and I was only doing arbitrary tasks.

I would like to eventually shape beauty, but I think that is not the only story about how to shape.

When I started thinking about what to do with this free cup, I first referred to Jomon style pottery. Okamoto Taro liked from long ago, especially liked the view of ideas and things than works, Taro Okamoto used the beauty of the Jomon style pottery and used it to create his own work, so that was the first time I went to the head, watched materials, and actually went to the museum to see Jomon style pottery.

As I look at the Jomon style pottery, I think that it seems to be decorativeness far apart from practical use, I only think that it is only manipulating the form, but there is a unique and unique firm that seems to be boiling from the DNA of the Jomon people I feel spirituality. Surely beauty of formality is not at the end of morphological manipulation, but I thought that it could be born only from the spirituality of the making hands that can fit in there.

There was also it, I did not want to do mere arbitrary form manipulation, I tried to eliminate it thoroughly, so I faced difficulty in narrowing down the size from the drinking mouth to the hand holding it. Because thinking about throttling is merely a form manipulation.

In order to avoid arbitrary form manipulation, I wanted to superimpose something else besides the purpose of squeezing it for holding with hand. It would be even better if it was like deciding the presence of the whole cup, but it seemed difficult to think hard.

In the end, it was in the Shinkansen to Kanazawa that I wrote the sketch of the woodland that I showed to the painter of Wajima.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2018年10月31日

住空間で見えるもの全てが建築だという考えから、何でも制作するし、もちろん、それらの物が大好きだから、どこでどのような物を手に入れることができるか、大体は頭に入っているが、

専門は建築なので、まだ、漆器を木地からつくったことが無く、漆器を木地からつくりたいと思っても、何のツテもなかった。

今年1月、金沢に行く予定ができたので、ならば輪島まで足を伸ばして行ってみようと思った。輪島に行き、有名な朝市にでも行き、そこに出ている漆器のお店に一軒一軒当たれば、どこかしら相手にしてくれるだろうと漠然と考えて。

輪島に着いたのは夕方だったので、当たりはすでに暗く、お店は飲食店しか開いていなさそうだったので、土地勘も無いし、明日に備えて何か美味しいものでも食べようと思い、ビジネスホテルから近い割烹料理屋さんを予約して行った。

一見無愛想にも見える大将が忙しく動き回っているカウンターに腰掛ける。地物の肴をあてにひとりゆったりと地酒を呑んでいた。金沢には随分前に一度来たけれど、能登ははじめて、ホテルの周りには何も無く、その割烹のお店があるだけだから、辺りは真っ暗、でもこのお店の灯りが和ませてくれた。

だいぶホロ酔いになり、地酒をあと1合呑もうかどうしようか、と思っている時に、お店の忙しさのピークが過ぎたのだろうか、ビールが入ったグラスを右手に持った大将が頬を緩めながら、カウンター越しに目の前に立ち、

「どこから来たの?」

と話しかけてきた。
その口調はやわらく、人懐っこく、さっきまでの無愛想な感じとは全く違っていた。だって、今までほとんどしゃべらないし、いらっしゃいませもなかった。

唯一、〆鯖を注文した時に、

「今日は鯖が無いんだ」と言われ

「じゃあ、仕方ないですね」と返したら

後で、鯵のぬたを

「〆鯖出せなかったから、これサービス」と言って出してくれたくらい。

普通に「東京です」から話はそれにそれて、大将がここで店を開くまでの由来、流れの板前で、包丁だけを持って全国を回ったとか、本当は引退しようと思っていたけれど、どうしてもと請われ、今のお店をはじめたなどなど。

そんな話をしながら、流れで漆器はいいですね、なんて話をしたら、大将がカウンターにお店で使っている漆器を並べはじめた。

自分も輪島出身で漆器が好きだからと、特注でつくったものや、食洗機に入れてだいぶ漆の光沢がなくなったものと塗り直しやつを見比べたり。

「特注でつくってくれるんですね」

なんて言いながら、漆器を木地からつくりたくて、と自分の話をしてみた。ツテがないから、どこか漆器屋さんに入って、つくってくれるところを探そうかと。

「つくってくれますかねぇ」と大将に尋ねたら

「それはあんたの想いをぶつけることだね」と。

自分がつくりたい漆器は1つか2つくらい、大体、木地から特注で、となるとある程度数を頼まないとつくってくれないだろう、大将はお店で使うから数もあるから特注できたのでは、と思っていたので、意外な返答だった。

「その特注の漆器をつくった所を教えてください」

と思いつきで言ってみた。勘が働いた。

ところが大将はいいとも、悪いとも言わず、どこかに行ってしまった。お客とはいえ、見ず知らずの人間に、そう簡単に教える訳ないか、と思い、またひとりで呑みはじめ、明日のこと、どこの漆器屋さんに行こうか、と酔いがまわる頭で考えていた。

しばらくしたら、お店の女性の方が、たぶん女将だと、小さい紙切れを渡してくれた。何かと思い見ると、そこに電話番号と漆器屋さんの名前が、大将からだと。

また大将がビール片手に寄ってきて、

「漆器関係の人ばかりだから、この町は、お店の中も」

画像はその漆器屋さんの塗師の所でつくってもらった木地。その漆器屋さんは輪島の中でも有力な所だったので、私の想いをきちんと形にしてくれました。

IMG_0422.JPG

来月は3度目の来輪、毎度大将のお店で呑みます。

From the idea that everything visible in the living space is an architecture, I make everything, and of course I love those things, so I'm pretty sure what kind of things I can get and where,

Since the specialty is architecture, I have never made lacquer ware from wood, and even though I wanted to make lacquerware from wood, I had no point.

I was planning to go to Kanazawa this January, so I thought I'd better go to Wajima if I could go. If you go to Wajima, go to famous morning market, and hit one lacquerware shop out there, think vaguely that it will be some opportunity.

Because the evening was already arrived at Wajima, the hit was already dark, so it seemed that only the restaurant was open, so there is no habit of the land, I thought about eating something delicious for tomorrow, I made a reservation for a nearby restaurant from a business hotel.

The general who seemingly unfaithfully seats at the counter busy moving around. He was drinking relaxing sake along with the relish of the feature. It came to Kanazawa once long ago, but Noto was the first time since there was nothing around the hotel, there was only a shop for that cuisine, so the neighborhood was dark, but the light of this shop made me relax .

When I was thinking about how to get a bottle of local sake after one more hollowing, I wonder if the peak of the busyness of the store has passed, the general who held the glass containing beer on his right cheeks Loosen while standing in front of you through the counter,

"Where are you from?"

I was talking to him.
That tone is soft, friendly, and it was completely different from the impatient feeling until a while ago. Because, I have hardly talked to you until now, and never came.

The only time when ordering late server,

It is said that "There is no mackerel today."

"Well, if it returns,"

Later on, the paddle

"Because I could not get out of the server, this service was said to be out and it was about to show out.

Normally it is from "Tokyo is the story" And the story to that, it originally thought that the general came around the country, only the kitchen knife in front of the flow, whether it was to open the shop here, or really, I wanted to retire, but inevitably I was planning to retire I was asked to start shop now.

While talking about such a thing, lacquerware is nice in the stream, after talking, the general took the lacquerware that the shop is using at the counter.

Because I am also Wajima and I like lacquerware, I compare what I made custom-made and what I paint in a dishwasher and what the luster of lacquer is not much.

"We make it custom-made"

I said, I wanted to talk about myself, trying to make lacquerware from wood. Since I do not have any sheen, I should go into a lacquer store somewhere and find a place to make it.

If you ask the general to "Do you make it?"

"It's going to hit your thoughts,"

About one or two lacquer ware you want to make, roughly custom-made from wood land, would not make it unless you ask a certain number to a certain extent, since the general is used in the shop, so it can be custom-made Because I thought, it was an unexpected reply.

"Please tell me the place where you made the special lacquerware"

I tried to think on purpose. My intuition worked.

However, the general is good, I did not say it was bad, I went somewhere. Although I was a guest, I thought with a head that got drunk, thinking that it would be easy to teach a stranger to teach, so I started to drink alone, tomorrow, where I went to a lacquer warehouse.

After a while, the lady of the store was probably a general lady, and handed out small pieces of paper. When I think of something, there is a phone number and the name of a lacquer ware store from the general.

The general also came down to a beer with one hand,

"Because there are only people related to lacquerware, this town is also in the shop."

The image is a woodland that was made at the lacquer store's painter. That lacquer warehouse was a powerful place in Wajima, so I shaped my thought properly.

Next month is my third visit, I swallow at the general shop every time.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2018年10月30日

今、輪島塗のカップを制作中です。

以前、京都で知り合いになった五条の陶器店のご主人に、漆のお椀が欲しくて、いろいろ探したが、気に入ったものが無い、と伝えたら、お店の上階に漆器の見本場があるからと案内され、そこでお椀を製作したことがある。

その時は、お椀の木地があらかじめ何種類か用意されていて、その中から選び、漆の塗りだけは好きにお願いできた。

黒漆や朱はもちろん、金や銀の漆や白漆まであった。

当然お椀の形をいじることはできないので、木地の中から2種類選び、漆の色の付け方だけを自由に考えた。

気に入った形のお椀は無かったが、漆の色の付け方を工夫できるので、その形を利用して、上手く漆の色の分け方を考えれば、最後に仕上がった時には満足できるものになるだろう、と思っていた。

ところが、これが思いの外、難航した。

頭の中でイメージしながら、漆の色の付け方や分け方を考えてみても、それがどうやってもしっくりこないのだ。

今まで経験の無いことだから無理もないのかもしれないけれど、経験とは関係なしに、お椀の形をいじることができないのが原因だった。

建築の場合に当てはめると、漆の色の付け方を考えることは、外壁の色をどうするかを考えることに置き換えることができると思うが、私の場合、外壁の色だけを抜き出して考えることは無く、建築のプランと立面を交互に行き来しながら、建築の形を考え、同時に外壁の素材や色も考えている。

だから、漆の色の付け方だけを考えることは、単に塗り絵をしているに等しく、物足りず、どうしても気に入らない木地の形を何とか補う作業になってしまい、

それは自分が欲しい漆のお椀をつくることから、段々とかけ離れて行って、だから、いくら考えてもしっくりいかないものになってしまった。

IMG_2720.JPG

IMG_2730.JPG

画像にあるお椀が出来上がったものですが、結果的には、その時できることは全てやったという思いはあったので、満足できる範囲のものには仕上がりましたが、やはり何か物足りず、次回は木地から漆器をつくりたい、という想いが芽生え、段々と強くなって行き、今、輪島へ直接行って、塗師に輪島塗のカップを木地の制作からお願いしている。

それで、来月、また輪島の塗師の所へ行くことにして、3度目の訪問、塗りについて相談してくる予定でいて、今、塗りついていろいろ思案中。

I am working on a cup of Wajima coat now.

When I told that my husband of Gojo pottery store I met in Kyoto wanted a lacquer bowl, I looked for something, but there was not anything I liked, the lacquer warehouse on the upper floor of the shop There was something I made a bowl there, guided by being there.

At that time, several types of wooden bowls were prepared in advance, we chose from among them and asked only for lacquer painting.

Black lacquer and vermillion as well as gold and silver lacquer and white lacquer were found.

Of course you can not touch the shape of the bowl, so I chose two from the woodland and thought about how to color the lacquer freely.

I did not have a bowl that I liked, but I can devise how to color the lacquer, so if you think about how to distinguish the color of the lacquer well using that shape, it will be satisfactory when finally finished , I thought.

However, this was a difficult flight unexpectedly.

Even though you imagine in the head, considering how to color and divide lacquer, it does not come nicely in any way.

It may be impossible for us to have experience so far but it was caused by being unable to fiddle the shape of the bowl without relation to experience.

When applying to the case of architecture, I think that thinking about how to color the lacquer can be replaced with thinking what to do with the color of the exterior wall, but in my case, I do not think about extracting only the color of the exterior wall While alternating between plan and erection of architecture, thinking about the shape of architecture, at the same time thinking about the material and color of the outer wall.

Therefore, considering only the way of coloring lacquer is equal to just painting, it is not enough, it becomes a work that supplements somehow the shape of the wooden which I do not like,

Because it makes a bowl of lacquer which I want, it is going far apart, so it has become something I can not make it even if I think about how much.

Although the bowl in the image was completed, as a result, there was a desire to do all that can be done at that time, so it was finished in a satisfactory range, but something was not enough in the next time The feeling of wanting to make lacquerware from wood land grows steadily and gradually becomes stronger. I am going directly to Wajima now and asking the painter a cup of Wajima from the creation of woodland.

So, I plan to go to Wakajima's painter next month and plan to consult about my third visit and painting, now I'm sticking and thinking a lot.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2018年10月28日

ローバーミニにはシガーソケットが純正では付いておらず、新車で1995年から23年乗っていて禁煙車ですが、やはりiPhoneの充電には必要で、ここに来て取り付けることに。。。

去年暮れ、エンジンがアイドリング中にストンと止まるようになり、22年間ミニの整備をお願いしていた、社用車の整備を全てお願いしている自動車屋さんでは、部品が無く修理することができず、紹介してもらったミニ専門の修理工場へ持ち込んだ経緯から、その修理工場にシガーソケット取り付けを問い合わせしたところ「面倒くさい」と。

見るとダッシュボードのパネルの中にシガーソケットを組み込めそうなスペースがあらかじめあるのです。いかにも後付けですという感じの取付けは嫌だったので、そこに取付けたいとその修理工場に伝えたら、ほとんどの人がお金もかかるので、両面テープでソケットだけを足元に取付けます、とのこと。それがいかにも後付けな感じだから嫌なので。

やはり同じことを考える人はいるもので、そのダッシュボードのパネルの位置にシガーソケットを取付けするミニ専門の整備工場がネットで検索したら出てきて、家から30分位の所、メールで問い合わせしたら、心良く、当たり前のように、普通に引き受けてくれて、1泊2日でミニを預けることに。

IMG_0305.JPG

(画像1枚目:緑枠で取付け(整備工場ブログより))

その整備工場でシガーソケットの実物を見たら、緑の枠がソケット口に付いている。ダッシュボードのパネルは黒色なのて、その緑が不自然に目立ち、ダッシュボードと馴染まない。

私「その枠の緑、他の色は無いんですか?」
整備士「無いんです、この緑色だけです」
私「その緑の枠を取ることはできませんか?」
整備士「この緑の枠が無いとダッシュボードにしっかりと収まらないんです」

ここでたぶん整備士の人は気がついたみたいです、なぜ私が緑の枠のことを言っているのか。

整備士「後でハゲるかもしれませんが、この緑の枠を黒く塗りましょうか?そうすれば、ダッシュボードも黒なのでおかしくないし」
私「お願いします、黒く塗ってください。何を塗るんですか?」
整備士「塗料の食いつきをよくするために、緑の枠にペーパーで傷を付けてから、スプレーします」
私「じゃ、ハゲたら、油性マジックで塗ればいいですね」
整備士「そうですね」

IMG_0303.jpg

(画像2枚目:取付け完成後)

純正にこだわる訳では無いのですが、余計な物を付けたく無い、購入した当時の雰囲気、感じが好きだから、そのまま乗りたい、余計な手を入れたくない、消耗劣化品だけ取替える。

カーナビも無い、ETCも無い、CDも無い、あるのはカセットとラジオ。携帯のナビソフトを使えばいいし、ETCカードを料金所で差し出せばいいし、音楽は携帯から聞けばいい。でもだから、携帯充電用にシガーソケットだけはどうしても必要、ただ取付けるならば、元々はじめからそこにあったように見えないと。

今後、修理も車検も「面倒くさい」と言った修理工場には頼まないでしょう。

シガーソケットひとつにしても、おろそかにせずに考えるのが、大事な物を大事に扱う人の考え方で、それがわかり、それにきちんと当たり前のように対応できるのがプロだと思うから、私もものづくりをしているので、そういう人たちと付き合いたい、そういう人たちにお願いしたい。

Rover Mini does not have genuine cigar socket, it is a non-smoking car riding 23 years since 1995 with a new car, but still needed to charge the iPhone, to come here to install. . .

Last year, at the car shop asking for maintenance of all the company cars that had been requesting maintenance of mini for 22 years, engine stopped with Ston while idling, it was possible to repair without parts However, from the circumstances that I brought it to the mini specialty repair factory that I was introduced, when I contacted the repair shop to install the cigar socket, it was "troublesome".

There is space beforehand looking into the panel of the dashboard so that cigar socket can be incorporated. Since it is disgusting how to install it feeling that it is a retrofit everything, since most people take money, if you tell the repair shop that you want to install there, we will install only the socket with feet on the feet. Because it is disgusting because it is indeed a post-attachment feeling.

After all, there are those who think the same thing, if a mini specialized maintenance factory that installs cigar socket at the position of the panel of the dashboard comes out when searching on the net, if you inquire by email about 30 minutes from home As a matter of course, as ordinary, ordinary underwriting, to leave the mini in 2 days 1 night.

(Image 1st sheet: Installed with a green frame (from maintenance plant blog))

When seeing the real thing of the cigar socket at the maintenance factory, a green frame is attached to the socket mouth. Since the panel of the dashboard is black, its green is conspicuously unnatural, and it does not become familiar with the dashboard.

I "Green of that frame, are there no other colors?"
The mechanic "There is nothing, this green only"
I "Can not you take that green frame?"
Maintenanceist "If there is no green frame there will not fit firmly on the dashboard."

Perhaps the mechanic's person seemed to notice, why am I talking about the green frame?

Maintenance mechanic "Maybe later you will paint this green frame black, and if so, the dashboard is black, so it's not strange"
I "Please, please paint black, what do you paint?"
Maintenanceist "To scratch the paint, scratch the green frame with a paper and spray it."
I "Well, if you're bald, you can paint with oily magic,"
Maintenance professional "That's right"

(2nd image: After installation completed)

Although I am not stuck with genuine, I do not want to add extra items, I like the feeling at the time I purchased, I want to ride, I want to ride, I do not want to put extra hands, replace only consumable deterioration items.

There is no car navigation, no ETC, no CD, what is a cassette and radio. You only need to use the mobile navigation software, just give out the ETC card at the tollgate and listen to the music from the mobile. But, it is necessary just for cigar socket for mobile charging, if only installing it, it seems as if there was there originally from there.

From now on, we will not ask the repair shop to say that repair or vehicle inspection "is troublesome".

Even if it is one cigar socket, thinking without negotiating is to think that it is the idea of ​​a person treating an important thing carefully, I understand it, I think that it is professional that we can properly deal with it properly like normal, so also I Because I am doing, I would like to ask those people who want to go out with those people.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2017年05月14日

Instagramをご覧ください。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2015年10月09日

ヤネで決まる。

プランのよしあしは屋根で決まるかもしれない。

designhouse-roof01.JPG

いつも時間をかけるところのひとつ。

屋根のかけ方のセオリーはあるが、
それが必ずしもよいとは限らない。

破掟しないのは当たり前。

今回は見える方向がたくさんあるので、
どこから見ても建築の表情がちがうことを意識している。

そして、それがより深く

プランやコストやメンテナンスやデザインとうまく調和するように。。。

いい感じ。いい感じ。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2014年09月19日

祭りの前の静けさ。


rokushojinja-fes2014.jpg


今年から地元の神社の世話人に。

手作りに近い祭りだから夜店のテント設営も自分たちで。

幼稚園もここだったので記憶が幾重にも重なる。


人にとって思い出深い場所はたくさんあるかもしれないけど、大切な場所はそうはないと思う。

人の縁を大切にするように、記憶との縁も大切に風通しよくしておきたい。

記憶を紡ぎながら暮らす生活が本来大切で、一番贅沢なことだと最近想うから。


だから・・・

田舎がある人は帰りましょ!
きっと秋祭りですよ。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2014年04月09日

「動いて流されてぶつかって・・・

 だから感じることができる」


jou%282014.4.9%29.JPG


先日、あるお寺の住職さんと禅問答をしました。

禅問答は
雲水(見習いのお坊さん)に対して行うもので
秘儀とされ
本もあったり、一般の人に対して行ったりもしますが、
それは本当の禅問答ではないらしいです。


今回、
その住職さんが
秘儀に近いかたちで
あえてわかりやすく行っていただきました。


その時に
昨日のブログの五重塔の心柱の話がでてきました。


「あなたの心の柱は何ですか?」


お題です。


しばし考えてみてください。


私は・・・


「情」


と答えました。


お題をいただいてすぐに
頭の中に「情」の文字が浮かびました。

愛情
人情
友情

の「情」です。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2014年04月08日

「それがどうした?」
「その程度で・・・」


image.jpg


大きなお寺に行くと、
よく五重塔や三重塔を見かけます。


中には千年以上も前に創建されたものも。
その間、台風や地震などの自然災害にも耐えて。


建築の構造の話を少ししますと、

五重塔や三重塔の真ん中には

心柱という太い柱が

大体、根元から頂部近くまで通っています。


そして、

その心柱は固定されていません。

周りの屋根の部分とも繋がっていません。

心柱だけが

ゆらゆら揺れるようになっています。

刺さっているだけ。

普通ちょっと考えると・・・

台風や地震に耐えるためにも
しっかりと根元も地面に固定されていて、
他の部分もしっかり繋がっていて、
何があっても動かないぞ!
とばかりに頑丈にできてないと・・・

と思いますよね。

それではじめて台風や地震に耐えられると。


逆なんです。

台風による強風、

地震による強い揺れ、

と一緒になって心柱も揺れる。


一緒になって揺れることにより

台風や地震による揺れを吸収し、

周りの屋根の部分には伝わらないようにしているのです。


もちろん、

周りの屋根の部分は
その部分だけで揺れますが、
心柱とは切り離されているので、

強風の揺れは心柱には伝わらずにおさまり
建物全体に影響はあまり与えず、

地震の揺れは心柱があるおかげで
地面から直接伝わりません。


そして、

揺れた心柱、

揺れた屋根は

揺れがおさまると

また元の位置にもどります。


現代でいうと、制震構造です。


もっとわかりやすくいうと、

大きな木を想像してみてください。


太い幹があって

その周りに枝葉がある。


その太い幹と周りの枝葉が切り離されているイメージです。


どんなに揺れても

太い幹が折れることはありません。


強風で折れるのは
太い幹と枝葉が繋がっていて、
少しも揺れないぞ!と
頑張っているから
限界を越えた時にポッキと折れるのです。


どんなに揺れても

一緒になって揺れていたら

揺れの力が分散されます。


そして、

また元の位置に戻る。


どんなに揺れても
また戻るべき位置にきちんと戻る。


その位置が

家の存在であったら・・・


外で何があっても

帰るべき

安心できる場所がある。


私の

家に対する

理想のイメージのひとつです。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2014年04月07日

「水鏡に映るその姿が・・・」


sakura%282014.4.7%29.JPG


桜の季節ももう終わり。


でも、この桜吹雪舞う時期が結構好きです。


水際にある桜の木。

水面に映る桜の花。

舞う桜の花びら。

水面一面が桜色。


好きなシーン。

私の春のイメージです。


桜を見上げないで

水面に映る桜ばかり見てしまいます。


なぜか
そのものを見るより
他に映る姿の方が好きになります。


鏡に映る姿だったり。


その感覚は
もしかしたら日本人独特の感性かも。


日本庭園の借景や

わざと池に月を映してみたり。

床の間の一輪挿し。


自然の美を感じさせるのに

何かひと手間入れた方が

その美の本質があぶり出されるかのように。

あるいは

もうひとつ、美に意味を加えるように。


水面の桜の花びらの流れに

郷愁やはかなさ

を感じるように。


それを演出というのかもしれませんが、


人のこころに響く

には必要かもしれません。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2014年04月06日

「・・・」


image.jpg


「独坐大雄峰」

「どくざだいゆうほう」と読みます。


仕事柄、自分の居場所についてよく考えます。


よくボーッとしながら。


静かで外の喧噪がうそのような
緑豊かで
爽やかな風が吹き抜け
ゆるやかな光が頭上から落ちてくるような。


暖かくやわらかな陽射し下、
海を見ながら、それも横になりながら・・・


遠くの山をぼんやり
見晴らしのいい
晴天の下
草木や花の匂いがしてきて
雲がゆっくりすぎていく


妄想してます。


たぶん、
その時は呼吸も穏やかで
落ち着いて
リラックスしている時だと思います。


先の「独坐大雄峰」は禅語です。

ただ坐り、深くお腹で呼吸する。

何回か呼吸しているうちに

気持ちも落ち着いてくる。


その心が落ち着く立ち位置が

安心していられる居場所「大雄峰」

という意味です。


実は

妄想していられるその居場所が「大雄峰」


自分の居場所とは、

現実の目に見える世界の場所とは限らない。


だから、

私はいつもクライアントに質問します。

「あなたの大雄峰は?」


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2014年04月05日

「これ、これ」
「これが好きなの」


image.jpg


先日のお酒のイベントに、私が持ち込んだお酒は

どぶろく

でした。


山形のどぶろく

「PINDOBU(ピンどぶ)」

赤色清酒酵母を使ったピンク色のどぶろくです。


味は冷蔵で寝かせるとどんどん

苺をすり潰したような酸味と甘みがでてきて

爽やかフルーティで濃厚芳醇です。


冷蔵で2ヵ月ほど寝かせましたが、
最初はお酢を飲んでるかのようでした。


発酵の力はおもしろいですね。


なぜ、どぶろく?


私の飲み物遍歴を紐解くと

子供の頃から普通にジュースを飲み

大人になってビールから入り、

焼酎、日本酒、ワインなどなどと

たぶん、誰でも通る道順できてるかもしれませんが、

唯一ちがうのが

子供の頃から、物心ついた時から

甘酒が大好きで、

今でも自分で酒粕からつくるほど好きです。

うちのお袋の影響です。

お袋が大好きでいつも冬になると常備されていたので。


だから、

日本酒の入りも最初は濁り酒から。
見た目が似てるからきっと美味しいだろうという理由で。


でも、

見た目が似てても味は非なるもので・・・


でも、

甘酒好きとしては

どうしても

濁り酒で美味いものを探したい、自分好みのものを見つけたい

となるわけでして・・・


結果、見つけたのが

先の「PINDOBU(ピンどぶ)」

ともう1つ

三重県伊勢の伊勢萬という酒蔵所がだしている

「おかげさま 限定にごり酒」

の2つ。


特に「おかげさま 限定にごり酒」は甘酒そのものでして・・・


どぶろくの方が珍しいと思って
イベントには「PINDOBU(ピンどぶ)」を持っていきました。


子供の頃にヒントが。


自分の好みは案外子供の頃につくられます。好きな空間も。


子供の頃よくいた部屋が、その空間が
大人になっても案外ここちよかったりします。


子供の頃を想い出すと・・・


あの部屋のあの場所のあの匂い。
案外覚えているものです、ここちよい場所は。


私は

母方の田舎の西日の当たる部屋でした。

鮮明に覚えています。

幼いその記憶だけで

自分にとって、ここちよい

自分だけの居場所をつくることができます。


想い当たらない人は

忘れているだけ。

誰かに見つけてもらいましょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2014年04月04日

「おっ、そこ?!」
「そこにあるんだ」


image.jpg


先日、お酒のイベントに参加しました。


各自がオススメのお酒を持ち寄り、

試飲しながら、

お酒のことを語るイベント。


私は、お酒は呑むのですが、

その場の雰囲気が好きで

お酒自体を楽しむことがなかったので、

何か新たな楽しみの発見になればいいなと。


なので、

お酒を語る言葉を持ち合わせていないのですが・・・


日本酒好きな方は多いと思います。

私も好きです。

ただ銘柄とかは特に気にしないで呑んでました。

それこそ、お店のオススメとか。


そのイベントで

お米の話になりました。


日本酒の原料はお米。

多くは「山田錦」という品種のお米でできている。


そのイベントで

自分に合う好きな日本酒に出会いました。

「風の森」

奈良の日本酒です。

味は甘くて軽く爽やかで、私にはメロンの味がしました。


『日本酒をお米しばりで呑む』


「風の森」は「雄町」という品種のお米でできているそうです。

「雄町」米をつかうと

甘めのお酒ができるとか。


今回たくさんのお酒、

日本酒をはじめ

スパークリングワイン、シャンパン

赤ワイン、白ワイン

どぶろく

などなど

を呑んで、自分の好みは甘めでスッキリ軽くフルーティな味とわかりました。


先の日本酒「風の森」がぴったりでした。

そうすると、

「風の森」という銘柄にいこうかと思っていましたが・・・


イベント主催者から

「日本酒をお米しばりで呑むという手もありますよね」


『なるほど!』


今後は「雄町」米しばりで日本酒を楽しんでみよう。


ほんと意外な発見でした。
日本酒の原料のお米に注目して、自分好みのお酒を探し出すとは。
お酒のことがわかっている人にしか出てこない発想です。


実は

意外なところに

自分の好みを探し出す手段があるものです。

ただ、それは自分ではなかなか気がつかない。

その道のエキスパートでないと探し出せない、見い出せない。


それが案外自分にとっての核心だったりするから困りものです。


誰に委ねるか?


私はカンです。直感。


ただそれだと

はっきりしないので、

もうちょっと、その直感の中身を紐解くと、

『可能性』です。


その人に、経験値からくる可能性を

「何か導いてくれるかもしれない良い方向に」

と感じたときに委ねます。


先の「雄町」米しばりの日本酒を早速発見。

ただやはり人気があり、

なかなか手に入りにくそうです。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2014年04月03日

「この扉があけば・・・」


image.jpg


先日、万年筆を買いました。

LAMY2000

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、

40年以上前にデザインされて発売されたドイツのメーカーのもの。
バウハウスデザインの流れをくむもの。

自分へのご褒美で、仕事で望んでいた結果が出たので。


きちんとした万年筆を使うのははじめてです。
きちんとしてないというか、おもちゃみたいのは使いましたが、
すぐに使わなくなってしまいました。
特に、ことさらその万年筆でないと、という理由がなかったから。。。


「弘法筆を選ばず」といいますが、普通の人は弘法大師ではないので選びます。


『道具7割。残り1割。全部で8割できれば上出来』

私が何か新しくはじめる時に最初に頭に浮かぶ言葉です。


自分に合った道具を手に入れた瞬間、

自由に表現する扉が開かれたようなもの。

道具を探す行為は表現の扉をノックすることです。


あとは、

その場で普段の自分を出すだけで、人からは秀でたものに見えます。


道具の力を借りてどうする?!

道具が優秀なだけじゃない!


そんな声が聞こえてきそうですが、

どんなに優秀な道具であっても使う人がいなければ、ただの道具。

その道具を使って結果が出たのであれば、

それはその道具を使っている人の実力です。


先のLAMY2000、手に入れてから、

無性に文字が書きたくて仕方がありません。

結果こうしてブログを投稿してます。


だから、

私は道具を選ぶ時には徹底的にこだわります。


何にこだわるか?

1、自分に合うか?

2、今の自分が手に入れることができる範囲で最高のものか?


1、はお話した通り。


2、は最高のものとは金額とは限りません。

むしろ金額より、

道具にもつくり手がいます。


その人やその企業の

想いだったり、能力だったり、技量だったりが

きちんと道具に反映されていて、質の高いものになっているか。


そういう質は伝染します、道具を使う人に。そして、道具を使って出す結果に。


だから、

私は道具にこだわります。


自分が出す結果にこだわるから。


暮らしにおける道具の一つは家です。


自分に合う

今の自分が手に入れることができる範囲で最高のもの


を手に入れた途端、暮らしの質が変わります。


あとは残り1割。

普段の自分で生活すればいいのです。


それだけで今までより豊かな暮らしになります。


家づくりは、こころ豊かな自由な暮らしの扉をノックすること。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2014年04月02日

「長いと思うか」

「短いと思うか」


image20140403.jpg


人生を80年とすると、

80年 × 365日 = 29,200日

自分はだいたい、とりあえず70年とすると、

70年 × 365日 = 25,550日

44年間生きてきたので、

44年 × 365日 = 16,060日

残り

25,550日 − 16,060日 = 9,490日・・・あと1/3


「あと1/3もある」

「でも9,490日しかない」


という感じでしょうか、私は。


建築の工程でいえば、骨組みと下地ができて、造作と仕上げの時期に入るところ。


仕上げをイメージして、

骨組みと下地をつくってきて・・・

さあ!これからイメージした空間が出現していく。


あとどれだけ

あと何棟

数にはこだわりはありませんが、

こだわりの家を実現できるか。


もうムダにできる時間はありませんね。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2013年03月21日

超久々の更新です m(_ _)m


本日発売の

「東京の注文住宅 2013春夏」(リクルート)

に当社が掲載されました。 o(^^o)

b-recruit-magazine201303.jpg


今号も

「お住まい拝見レポート」に掲載されてます。


毎号言いますが!

正直・・・他とは・・・ちがう・・・。

自信作です。


これ!

お客さまの想いをカタチにしました。 o(^^o)


「だから、仲村さんにお願いした」と・・・。


どうぞお楽しみください m(_ _)m


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2013年01月01日

新年あけまして
おめでとうございます

2012年ご縁があった方々に
改めまして
感謝を申し上げます


私にとって2012年は
いろいろとあり過ぎて
4〜5年分の出来事を
ぎゅっと凝縮して
1年で体験したような年でした


崩れるくらい
大泣きしたことも
あったし

逆に

アゴが外れそうなほど
大笑いして
次の日
ノドが痛くて
声が出なかったことも

不思議と
怒る時は静かだったような


そう

喜怒哀楽の激しさが
印象に残り

その時一緒にいた人達との
思い出がたくさんある

そんな2012年でした


だから

人の縁に恵まれた年だったと
改めて想います

だぶん

2012年は一生記憶に残る年


さて
あけて2013年の今年は


変化の年になる予感が・・


それはそれで

愉しく
活きます!


うちの飼い猫のカーンも

あけおめ
よろニャン

と面倒くさそうに
迎えてくれてました


pet02.jpg


だから(?)

きっと
良い年になるでしょう


そして

日本全国や海外にもいる

私とご縁のある方々の
益々のご開運を
心から願っております。


皆様
また遊んでくださいm(_ _)m
たくさんやりましょう!


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2012年12月21日

久々の更新です m(_ _)m


本日発売の

「東京の注文住宅 2013冬春」(リクルート)

に当社が掲載されました。 o(^^o)


b-recruit-magazine201212.jpg

前号からはじめた、記事の大幅変更!

私、仲村和泰とお客さまとの関わりを中心に誌面を構成しています。


ポイントは・・・


見たことがない建築を

見たことがない住宅を

見たことがない家を

つくりたい方必見ですよ!!


そして、

聴いたことない、

見たことがない打合せを体感したい方は・・・。


どうぞお楽しみください m(_ _)m


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2012年10月01日

スマートフォンサイトのdesignを変更しました。


色をPCサイトと合わせただけですが・・・

かなり印象が違うと思います(^_^)


smartphone01.png


色を変えるだけで

相手に与える印象が全然違います!


だから、

住宅でも色使いが大事なんですよ!!


それに・・・

家の色を楽しみたいものです。。。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2012年09月21日

超々久々の更新です m(_ _)m


本日発売の

「東京の注文住宅 2012秋冬」(リクルート)

に当社が掲載されました。 o(^^o)

b-recruit-magazine201209.jpg


今号から記事を大幅に変更!

私、仲村和泰とお客さまとの関わりを中心に誌面を構成してみました。


見たことがない建築を

見たことがない住宅を

見たことがない家を

つくりたい方必見ですよ!!


どうぞお楽しみください m(_ _)m


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2012年07月10日

スマートフォンサイトが公開されました。


サイトデザインは
これから自分で手を入れていく予定です。

ご期待ください(^_^)


smartphone00.png


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2012年06月21日

超久々の更新です m(_ _)m


本日発売の

「東京の注文住宅 2012夏秋」(リクルート)

に当社が掲載されました。 o(^^o)

b-recruit-magazine201206.jpg


今号も

「お住まい拝見レポート」に掲載されてます。


毎号言いますが!

正直・・・他とは・・・ちがう・・・。

自信作です。


これ!

お客さまの想いをカタチにしました。 o(^^o)


「だから、仲村さんにお願いした」と・・・。


どうぞお楽しみください m(_ _)m


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2012年03月21日

久々の更新です m(_ _)m


本日発売の

「東京の注文住宅 2012春夏」(リクルート)

に当社が掲載されました。 o(^^o)


b-recruit-magazine201203.jpg


今号から

「お住まい拝見レポート」

にも掲載されます。


正直・・・他とは・・・ちがう・・・

自信作です。


どうぞお楽しみください m(_ _)m


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2012年01月29日

当初、2012年2月11日(土)も完成見学会を予定していましたが、

ご予約でいっぱいになってしまいました。


感謝、感謝です。ありがとうございます。 m(_ _)m


従いまして、

私ひとりでしかご対応ができませんので・・・


1日限定の完成見学会に変更させていただきます。


2012年2月12日(日)にSE構法の家の完成見学会を1日限定で開催!


ワンランク上の家


仲村建築店ではオープンハウス(完成見学会)を下記の日程で開催します!!


1日限定『わたしの居場所』オープンハウス

場 所  東京都杉並区永福 永福T-house

日 時  2012年2月12日(日) 9:00 ~ 15:00

内 容  『わたしの居場所』のイメージが現実に・・・。

建 物  SE構法 木造2階建て

約 束  売り込み&訪問販売は一切致しません。安心してお越し下さい。

予 約  必要ありませんが、日時をご予約した方がゆっくりとお話ができます。
     是非お申し込みください。

特 徴  デザイン住宅を建てたいとお考えの女性の方必見!!!


建築家がたくさんの想いをつめ込んでつくった『わたしの居場所』です。私たち仲村建築店が想う住空間を見てください。きっと今までの住空間のイメージが変わります。今まで聞いたことがない話も聞ける。絶対に後悔させません!お気軽にお越しください。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2012年01月20日

2012年2月11日(土)・12日(日)にSE構法の家の完成見学会を開催!


ワンランク上の家


仲村建築店ではオープンハウス(完成見学会)を下記の日程で開催します!!


『わたしの居場所』オープンハウス

場 所  東京都杉並区永福 永福T-house

日 時  2012年2月11日(土)・12日(日) 9:00 ~ 17:00

内 容  『わたしの居場所』のイメージが現実に・・・。

建 物  SE構法 木造2階建て

約 束  売り込み&訪問販売は一切致しません。安心してお越し下さい。

予 約  必要ありませんが、日時をご予約した方がゆっくりとお話ができます。
     是非お申し込みください。

特 徴  デザイン住宅を建てたいとお考えの女性の方必見!!!


建築家がたくさんの想いをつめ込んでつくった『わたしの居場所』です。私たち仲村建築店が想う住空間を見てください。きっと今までの住空間のイメージが変わります。今まで聞いたことがない話も聞ける。絶対に後悔させません!お気軽にお越しください。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2011年12月26日

T様、外れましたよ、足場が。。。


eifuku-t-house05.jpg


もう見られましたか?


結構いいですね(^_^)


渾身の作品です。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2011年12月21日

本日発売の

「東京の注文住宅 2012冬春」(リクルート)

に当社が掲載されました。 o(^^o)


b-recruit-magazine201112.jpg


いま、

皆さまのおかげで

デザインに格闘させていただいています。


おかげさまで

ありがとうございます m(_ _)m


だから、

こんなに忙しい今を、

さらなる自分磨きを大切に・・・


それが、

お客さまのためになると想うから。。。


なので、


今後は

いろいろな展開を考えています。


どうぞお楽しみに m(_ _)m


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2011年12月10日

ただいま格闘中(^_^)

eifuku-t-house03.jpg

自分自身、完成を楽しみにしてます!


来年1月に見学会予定。


ちょっと・・・見てもらいたいです。。。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2011年12月08日

切ない気分になるのは

私だけでしょうか?(^_^;

winter-night01.jpg


街はすっかりクリスマス。


先日、

2ヶ月に一度の中古カメラの会が新宿でありました。


ご存知の方はいるかもしれませんが・・・

私、写真が趣味なんです。


それも

クラシックのフィルムカメラでの撮影が好きなんです。


そんな同じ趣味同志が集まって

自慢のカメラを見せ合う会です。


ちなみに、

毎回違うカメラを持参しなくてはならないのですが・・・


私はもうネタ切れで何も持参せず、


まわりの方々は

私の父親位の歳の方ばかり、

質と量でかないません(^_^;


楽しい会でしたが、

外に出ると・・・


なんか切ない、

なんか寂しい、、


そんなのもいい、、、


冬の寒い夜でした。。。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2011年12月03日

皆さま、大変お久しぶりです m(_ _)m

決して寝ていた訳ではありません・・・(^_^;


大変ありがたいことに、

仕事が集中してしまい

ブログまで手が回りませんでした。。。


お客さまに感謝、感謝です。

ありがとうございます m(_ _)m


それでやっと、この環境にも慣れてきまして、

落ち着いてきました・・・仕事量は変わらないのですが。


今後は、

こまめにブログを更新していきますので・・・


また、

皆様、お時間がある時に訪れてください。

よろしくお願いいたします m(_ _)m


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2011年09月21日

本日発売の

「東京の注文住宅 2011秋冬」(リクルート)

に当社が掲載されました。 o(^^o)


b-recruit-magazine201109.jpg


このところ、

皆さまのおかげで、

大変忙しくお仕事をさせていただいていまして、

もうすぐ、来週には上棟を迎える現場もあります。


おかげさまで、

ありがとうございます。m(_ _)m


そして、

その合間に
研修やセミナーなどを受けに出張しています。


忙しい時だからこそ、

さらなる自分磨きを大切に・・・


それが、

お客さまのためになると想うから。。。


なので・・・ブログがかなり疎かに(^^;)ゞ


今後は、

出張紀行などをできる限り書いていきます。


なので・・・皆さま、見捨てずに

このブログにまた、

ご訪問ください。m(_ _)m


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2011年08月26日

「デザイン住宅に住みたいという方が増えたなあ」

ということ。


もちろん、

デザイン住宅をつくっているのだから、

それを求めるお客さまから

お問い合わせがあるのは当たり前ですけど。。。


そう実感するのは、

自分なり想うことは、

きっと、

私が、

ただ見栄えだけがいいデザイン住宅をつくっている訳ではない、

ということがわかっていただける

目の肥えたお客さまが増えた、

ということ。


それだけ、

住宅のみならず、

デザインに対する意識が

世間一般、社会で高い、

ということ。


だから、

当社HPにもあるように

デザイン住宅は『モノではなくコト』

なんです。


要するに、

デザインによって

今までの体験をブラッシュアップ

するんです。


一度、

体験する価値あり

だと想います。。。


一生に一度の家づくり

ですから、

デザインの世界を。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2011年08月20日

8月というのに
涼しくて過ごしやすい日でした。


eifuku-t-house02.jpg


きょうは、

午後から地鎮祭、よかったです。


T様、おめでとうございます m(_ _)m


毎回、

地鎮祭の時は

気持ちが引き締まります。


工事期間は、

その後のここでの生活の期間を考えれば短いものです。


しかし・・・

その後の生活を左右するかもしれません。


だから・・・。


完成まで全力でいきます。


きょうは、

さらに
近隣の方々への挨拶まわりを
T様と一緒に行い、

その後、
会社に帰り、
新たなお客様とお会いし、

たくさんの人とのご縁がある日でした。


とても

皆様に

感謝感謝の一日でした。


おかげさまで

ありがとうございます。


そして、

あらためまして

T様、おめでとうございます m(_ _)m


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2011年08月13日

こんな物たちに囲まれています(^_^)

books01.jpg


合間に・・・、

息に抜きに・・・。


結構、

名著だったりします。


歴史から学ぶこと、

多いです。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2011年08月12日

いま一番ほしいもの・・・やすみ。


というわけで、

世間とはズレています・・・感謝、感謝です m(_ _)m


待って下さっている方に・・・感謝、感謝です m(_ _)m


ところが、

やすみがなくても、

おかげさまで・・・毎日たのしく過ごせています。


感謝、感謝です m(_ _)m


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2011年08月09日

ひとくち目を・・・思い出します。


先日の京都、

祇園の一力茶屋近くのお店で

お昼を食べた時です。


kyoto-meshi05.jpg


定食に付いてきた、厚焼き卵。


たぶん・・・

見た目からは想像できない味です。


何気なくひとくち、

衝撃が走りました。


なんと上品な・・・。

うなり、ました。


例えるならば、

とても上等なお出汁を使った

茶碗蒸しを食べているよう・・・。


とくに、

ふつうのお店です。


忘れられない味が

ひとつできました。


きっと、

人の感覚は

こういうことの

積み重ね

だと

あらためて想う。。。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2011年08月04日

先日所用で行った京都で・・・

くずきり

を食べに行こう、と京都をよく知る人から誘われました。


それが

鍵善。

祇園の四条通に面した、

前から知ってました、入りづらそうなお店だな〜という感じの
言わば、
京都らしい店構え。

ただ、奥に喫茶室があり、
入ると、知っていると普通に行けそうな
それこそ、
京都らしい雰囲気。


いい場所知りました。


そこのくずきり。

漆の器で出てきます。


kagizen04.jpg

京都らしい。

この器ほしい!


kagizen05.jpg

この仕掛け。

なんか作法がありそう!
まわりをキョロキョロ (^_^;


kagizen06.jpg

氷水に浮かんだ

くずきり

を黒蜜でいただく。


暑い夏、


まず

京都らしい雰囲気を感じ、

涼しみ。


目で見て楽しみ、

涼しみ。


食べておいしく、

涼しみ。


ただ単に、

くずきり

をいただく中にも

たくさんのコトを含んでいる。


それが

一番、

京都らしい。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2011年08月02日

先日、所用で京都に行きました。

夏の京都は、はじめて。
やはり、暑かったです (^_^;

なにか、お土産と思い、人からのオススメで、

鍵善のお干菓子を購入。


kagizen01.jpg

包装。

kagizen02.jpg

木箱でのし。

kagizen03.jpg

「園の賑わい」という名のお干菓子。


むかし祇園祭に
あでやかな女人たちが、
それぞれに装いをこらした
行列「園の賑わい」がありました。

その、うつくしかりし
面影をしのんで、
ゆたかな四季の花ばなを
映し出した京のお干菓子。


だそうです。


〜らしさ、という言葉がありますが、

我が家はいまだに一時、

京の風が心地よく流れます。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2011年08月01日

きょうから8月。

毎年、
夏の本番が暦の上でもはじまったな、と思います。

というのも、8月1日は
毎年、実家のお墓がある近くのお寺の御施餓鬼法要があるからです。


御施餓鬼は「おせがき」と読みます。
簡単にいうと、お寺のお祭り、だそうです。


osegaki2011.jpg


法要の前の説法によると、

直接のご先祖様のご供養は、何回忌ということで、ご法要を執り行いますが、

御施餓鬼法要とは、

あの世で餓鬼道(がきどう)に落ちてしまった人々を供養するための法要で

その法要に参加された人には徳が返ってくる、

ということだそうです。


じつは、
今回はじめて知りました (^_^;
さらに詳しいことはネットで検索願います。


このお寺には、

実家のお墓があり、また、

本堂の改修、庫裏の増築、水屋の建築など、

普段からお寺全体の建築工事に携わらせていただいて、

尚かつ、社長が総代ということもあって、

毎年8月1日は、社員一同でお手伝いをしております。


わたしは、
法要に参加しているのですが、
法要前の説法を真近で聴いたのは
今回がはじめてでした。


特に今年は、

東日本大震災で犠牲になった方々へのご供養、

という意味もあります。


改めて想います。

「無常」


常に同じ状態は無い。


これも説法の中でのお話です。


悪いこともいいことも

ずっと続くわけではない。

だから、

いまこの時を大切に。。。


夏の少しためになる日、でした。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2011年07月15日

毎日・・・言いたくはないですけど・・・暑いですね (^_^;


この時期、

上棟前の現場は日陰がなくて、、、

電柱の陰にも入ったりします (-_-;


きょうは、

来月の着工をめざして計画中の物件の

地盤調査でした。

eifuku-t-house01.jpg

地盤の10年保証を取得するための調査です。

ジャパンホームシールド㈱(JHS)の地盤サポートシステム


この物件のお客さまは

土地探しの段階からお声を掛けていただき、

サポートさせていただきました。


私が考える

土地探しの一番大事なポイントは、

資産ですから、

地盤のいい場所を手に入れること。

建物の基礎にもお金をかけないで済みますし、

その分、他の予算にお金を回せますし、

次の世代にもきちんとしたものを残せます。


では、

地盤のいい場所を探すコツは・・・

結構あるんですよ。

不動屋さんは、

地盤の良し悪しはあまり・・・。


で、

今回の地盤調査の結果は、

まだこれから、解析して、数値できちんと報告書が出ますが、

現場で調査をした技術者の方曰く、

「安定した良好な地盤ですね。」

とのこと。


ほっと!


調査する前から、

たぶん良好な地盤だろう、とは考えてはいましたが。


よかったですね、T様!(^_^)


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2011年07月06日

7月5日、石巻に入りました。

目的は、被災地を感じとることと買い物支援。

ishinomaki01.jpg

この写真から何を感じますか?


わたしは


・・・


何も感じとることができませんでした。


・・・頭の中が空白でした。こんな体験はじめてです。


・・・東京にいたら、わかりません。


行き先を決めないで、ここまで来たけど・・・。

やっぱり来てよかった。

不謹慎かもしれないけど・・・大事なことかもしれない。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2011年06月23日

6月21日(火)発売の

「東京の注文住宅 2011夏秋」(リクルート)

に当社が掲載されました。 o(^^o)


b-recruit-magazine201106.jpg


実は、出張で大阪にいて、
発売されたのを忘れていました。(^^;)ゞ


このところ、

皆さまのおかげで、

大変忙しくお仕事をさせていただいています。


おかげさまで、

ありがとうございます。m(_ _)m


その合間に、
研修やセミナーなどを受けに出張しています。
先月、今月と結構行きました。


忙しい時だからこそ、

さらに自分を磨き、

将来もっと皆さまのお役に立てるようになりたい、と考えています。


なので・・・ブログがかなり疎かに(^^;)ゞ

まだ、
今後も出張の予定がありますが・・・
ブログの更新はなるべく(?)していくつもりです。


自分でも
出張紀行を書けばいい、と思うのですが・・・
遊びに行っている訳ではないので、
そんなに・・・ネタができないんですよねぇ。

ホテルでもパソコンで仕事しているし・・・(^_^;


なので・・・皆さま、見捨てずに

このブログにまた、

ご訪問ください。m(_ _)m


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2011年05月22日

軽く見られがち・・・そんな感じを時々受けます。。。


21日、T様と設計契約をしました。

T様ありがとうござます。最後まで全力でがんばります。


T様は逆で、

設計こそ大事と考えらている方です。


だから、私も限界ギリギリまで・・・。


HPにもありますが、

自分にとって、家族にとって

いい家をつくろうとするならば、

存分に設計者に設計してもらいましょう!


いい家を建てる一番のコツかもしれません。


ただし、

設計者を誰にするか・・・。


想いを叶えてくれる人を見つけてください。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2011年05月21日

都市計画は、役人と学者の世界。

街づくりは、市民の世界。


どちらからも建築家は相手にされていない。

だから復興に必要とされていない。


これが建築家の社会的立場の現実。


まずは、

現地で体を使ってみれば、遠くから頭を使ってないで。。。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2011年05月03日

赤富士です。

aka-fuji.jpg


静岡のセミナー会場から見えました。


なかなか見られないそうで・・・静岡の人も携帯で写真を撮ってました。


縁起がいい  \(^_^)/


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2011年04月30日

『仲村さんのつくった家のデザインが好きなんです』

『仲村さんのセンスで設計してください』

と言われることが多くなったこと。


もうこれは・・・

飛び上がるほど、うれしい!!!


と同時に、

そう言っていただける方々に

感謝、感謝、感謝です。


おかげさまで、ありがとうございます。


私は、

このように皆さんから言われて、

仕事ができることを

目標にしていましたので、

いまはとても充実した毎日を送っています。


なので、、、

忙しさを言い訳にするつもりはありませんが、

ブログがおろそかに・・・。


来月からは

もっとブログを更新していくつもりでいますので、

今まで以上にご愛好のほどを・・・


と、今月2度目のお願いでした。。。m(_ _)m


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2011年04月17日

my ペットのネコたちです。

pet01.jpg

手前がキジトラで名前が「トラ子」。
奥がアメショーで「カーン」。

トラ子は奥さんの連れネコで、
カーンはペットショップで売れ残ってるのを見つけました。


最初ガリガリで小さかったのに・・・カーンとはいつも一緒に寝てます(^_^)


今では家族の一員です!


東北の被災地でもペットと一緒に津波から逃げて、
避難所で生活している方々がいるそうです。

ただ、避難所にはペットが苦手な方もいて・・・。


そんなペットたちを一時的に無料で預かる支援をしている方々がいる、
というニュースを聞きました。

頭が下がります。


でも、

行政は日頃から津波に対する避難訓練の時に、
ペットも一緒に連れて逃げてください、
とアナウンスしていたそうです。

ただし、避難所での混乱は想定していなかったと・・・。


『想定外の悪い事が起こっても、被害を最小限に食い止める想定はできる。』


今回の震災で一番学んだことではないでしょうか。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2011年04月16日

ブログの更新が・・・。


実は理由があるのですが、

その理由は、またの機会に。。。


別にもったいぶるつもりはありませんが、

ただ、今はまだ言えない感じです。。。


そんな大した理由ではないので、

いつも見てくださる方々、

今後はもっとブログを更新していくつもりでいますので、

今まで以上にご愛好のほどを。。。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2011年04月09日

ここ最近、珍しく夜の街に出かけることが多い。。。


新橋、渋谷、新宿・・・


渋谷の街、めったに行きませんが、

あんなに暗い渋谷ははじめて。


渋谷駅前のスクランブル交差点なんて、

ここどこ?

と言うくらい、違って感じます。


ある意味貴重な体験かもしれません。


まるで海外の街のよう、

雰囲気があっていい。


夜なんだから、

昼間のように

照明でコウコウと照らす必要なんてないんです。


夜には、夜の街の表情がある。

これは住宅も同じ。


私は今ぐらいの明るさで調度いいです。


それに、いつもと変わらないくらい人がいますよ。


原発なくて、

節電して、

計画停電なければ・・・


このままでいいのでは。。。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2011年03月23日

3月19日(土)発売の

「東京の注文住宅 2011春夏」(リクルート)

に当社が掲載されました。 o(^^o)


b-recruit-magazine201103.jpg


実は、発売されたのをすっかり忘れていました。(^^;)ゞ

リクルートの担当者から電話をもらい、気がつきました。。。


このところの震災、それに伴う原発の騒ぎに

そちらの方に気が取られていたのかもしれません。


毎日考えることは、

今できることを全力で・・・。


こんな時だから、

家族の暮らしを真剣に考える時なのかもしれません。


そんな方に

仲村建築店の誌面を

ホームページを

見ていただきたい、、、です。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2011年03月18日

先ほど、メールで

八戸の知り合いの工務店の方と震災後はじめて連絡がとれました。

本当に良かった。。。


その方が

被災し、不自由な生活を強いられ、

とても辛い状況にいるにもかかわらず、


『笑っていられる・・・・・生きてるだけ絶好調です♪v(^^)v』


と・・・。


涙でそう。。。


頭ではわかっていることかもしれません。

でも、実感というか、、、

心で意外とわかってないというか、、、

普段、知らず知らずのうちに、忘れてしまう。


この震災で失ったものがたくさんあり過ぎますが、

その分、何か・・・。


『Mさん、今度お会いするときは、笑って飲みましょう!!』


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2011年03月13日

ある人のツイートです。

『たとえ津波がまちやむらを根こそぎ奪い去っても、暮らしの記憶まで海の藻くずにはさせない。暮らしの記憶、生活に根ざした歴史、すなわち、「場所の力」を顕在化させるのが私たちの仕事。』


今後、どうするべきか?


建築をやっている人間として、指針になる理念です。


この言葉に感動し、奮い立ちました。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2011年03月12日

心配をして、連絡を下さった方々へ

ありがとうございます。m(_ _)m

家族も含めて「無事です。」

ただ、実家の屋根瓦がグチャグチャになりました。

earthquake-damage.jpg


はじめての、経験したことがない揺れ。。。

「無事でよかった!」

改めて思います、、、決して、大げさではありません。


栃木や茨城の知り合いの方とメールで連絡がとれた時、

「無事でよかった!」

ホッとしました。


東北の知り合いの方とは、まだ連絡がとれません。

「無事でいてほしい!」

とても心配です。。。


自分にできることは・・・


メールやツイッターで知り合いに情報を送る、

節電をする、

そして、、、

OBのお客さまを回って、建物確認。


それぐらいしか・・・。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2011年02月28日

雑誌「TVホスピタル 3月号」の「編集部のお勧め」というコーナーで

当社を紹介してくれました。

tvhospital.png


この雑誌は、

全国の総合病院に無料で置かれるフリーペーパー、

だそうです。


早ければ、

今日あたりから置かれる、とのこと。


見かけたら、

ちょっと手にとってみてください。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2011年02月18日

今週の月曜・火曜の2日間、

今の自分に一番欠けている所を補うための研修 part4、最終回。

銀座で受けてきました。 o(^^o)

研修内容は・・・。


わたしは、この研修を過去に受講したことがあり、

今回は、再受講で、、、お手伝いで、、、という形で参加してました。


この研修、ほぼ全国から集まった
工務店を経営している、言わば、同業者の方々が
自分をパワーアップさせるために受けるもの。


だから、

同じ業種で、同じ目的で研修を受けるので

心と心の結びつきが強くなります。


特に今回は、非常にみんな仲良くなり

途中から、

家族や友だちにも普段話さないようなことを語り合う

仲間になりました。


わたしも

東京に居ながら、

銀座にお泊まり(^^;

今回は最終回なので、日曜の夜から2泊(^^;


これは、

毎回、初日の夜は懇親会で

銀座の夜をみんなで仲良く遅くまで過ごすため。


さらに、

今回は前泊して

浅草に集合、、、。

asakusa03.jpg


それが楽しくて。。。


もちろん、昼間は真剣そのもの、、、笑いもありますが(^^;


ginza-night02.jpg

写真は、

月曜日の夜の銀座。

懇親会の後、お店の外。

銀座の雪、、、はじめて見ました。。。


今回は、

研修修了前夜祭と称し、

また、

過去の受講生が参加しての同窓会と

たくさんの人が集まり、

わたしにとっては、

今回の仲間だけでなく

過去の研修で一緒だった人との再会もあり、、、


泣けるほど楽しい夜でした(^^)


もちろん、この後

まだまだ、、、

つづきが、、、ありましたけど。。。


次の日、眠い。。。


でも、

いつでもみんな真剣に研修受けてましたよ。


だから、

みんないい顔になりました。


自分も、、、


相当パワーアップ。


3年後の自分に見通しが立ちました(^^v


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2011年02月12日

実は、

絵を描くのも趣味なんです。。。


ただ、、、


exhibit01b.jpg

写真は、趣味仲間、、、というとおこがましいですが、

普段から良くしていただいているお客さま(右の方)が描いた絵です。


用事があってご訪問すると、

決まって絵の話になり、


いつも半日ぐらいお邪魔してしまいます。(^^;


そのお客さまから

グループ展に出品した、とのご連絡をいただいたので

先日、早速うちの奥さんと一緒に三鷹まで見に行きました。


結構、レベルの高い展覧会でした。。。


実は、、、私も絵を描くのが趣味と書きましたが、、、


一応、

20代の頃に

美術学校を修了していまして、


建築設計をやっていく上で、

美術の勉強も必要では、と考え

主に、油絵を勉強してました。


今でも、

その時の仲間と

わたしもグループ展をしています。


今年は、、、

11/3〜 武蔵野市立吉祥寺美術館で開催する予定です。


今は、

油絵ではなく、アクリルで描いています。。。


先ほどの「ただ、、、」というのは、

普段は絵を描くことがなく、

展覧会に合わせて

出品用に制作に入るので、、、

趣味と言っていいのか?


ただ、、、

絵を描くのはホントなので、、、

一応、趣味と言ってます。(^^;


建築はデザインの領域。

絵画はアートの領域。


美術学校で学んだおかげで、

わたしの視界は広がりました。

人とアートと建築01


普段描かなくても、、、


自然と、、、


アートを意識してます。


だから、


自然と、、、


デザインにも意識がいきます。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2011年02月05日

椅子が大好き(^^v


以前のブログで「椅子が趣味」だと書きましたが、、、

今発売中のBRUTUSで椅子特集をしてるのをコンビニで発見。

思わず立ち読み、即購入。


「椅子が趣味」と聞いて驚く人も多いです。。。


でも、椅子の世界は結構奥が深い。


それだけで一晩は余裕で語れます(^^;


宣伝をする訳ではありませんが、

BRUTUSの椅子特集・・・

いいです、、、写真が、、、取り扱う椅子が、、、焦点の当て方が。


訳わからん、という人・・・立ち読みススメます(^^;


わたしは、

デザインと座り心地などの機能性に、、、

椅子は単純な用途ですよね、、、

でも、いろいろな椅子がある。

まず、それがおもしろい!


次に、

空間に椅子が1つあれば、

それだけで空間に変化が生まれる。


2つあれば、

新たな空間がそこだけにできる。


椅子は最小の空間をつくり出すモノであり、

最小のコトも生み出す。


そこに様々なデザインがあり、

単純な用途だけに

そのデザイン性が直に影響する。


だからか、椅子に惹かれます。。。


惹かれるとなると、

当然欲しくなる、、、欲しい椅子がたくさん!


ところが、椅子高いんです、、、結構いい値段、、、欲しい椅子は(^^)


だから、なかなか買えず、

ミニチュアもあるんです・・・
でも、それも結構、普通に市販されている椅子より高かったりする。

でも、ミニチュアで我慢してたんです。


やはり、

人が座れる椅子でないと、、、「椅子が趣味」とは堂々と言えません。

まあ、「ミニチュアの椅子集めが趣味」というのでも、、、そういう人もいますが。


本来は、

人が座れる椅子が好きな訳ですから、、、あまり趣味とは言いませんでした。


しかし、

引っ越しを機に、

リビングダイニングに椅子が増えました(^^v


当然、どんなモノでもいい訳ではないので、、、

奥さんも椅子好きなので、、、

許せる範囲で買えるモノをチョイス。


で、気がつくと

20脚くらいになったので、、、

そろそろ「椅子が趣味」と公言しはじめました。


中には、結構歴史的に貴重な椅子もあるんです。


いずれまた、このブログで紹介していきます。。。


本当は、

引っ越しを機にソファが欲しかった・・・


でも、欲しいソファは高くて手がでません・・・LC2

(わからない人は「LC2」で検索してみてください)


ソファはLC2、と決めているので

買えるまで、ソファ無しです、、、いつ買えるのか(^^;


かわりに、

カリモク60のベンチシートを購入。


てな感じで、、、

欲しい椅子がたぁくさん!!!


満たされる日がくるのかぁ(^^;


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2011年01月31日

空からふわふわ、、、

白い粒がふわふわ。

myhouse02.jpg

昨日、昼間

小雪がちらちらと。


写真には写らない。

でも、人の目には見える。


その希薄さが好きです。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2011年01月27日

最近、、、

問い合わせが多いんです。。。(^^)


結構、資料発送に、、、対応に、、、忙しいです。


東京の注文住宅」の反響のおかげか、、、二次的効果か、、、。


うれしいことです、、、皆様に感謝感謝です。 m(_ _)m


それに、、、

プロからの問い合わせも多いんです。。。


それも、、、

うちの会社の作品を見て、デザインの指向が合うから、

という理由で来る方が多い。。。


少しづつ、、、デザインのつながりが増えていく。


なんか、いい感じのつながりです、、、今後に確実につながります。(^^)


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2011年01月20日

先日、ある方から

「感動しました。」とお手紙をいただきました。


何に感動されたのか?


年賀状です。


その方の

心の琴線に触れたのかもしれません。


「たのしい毎日がくる」


わたしはこの言葉が大好き。


この言葉、、、たくさんの人に届けたい。。。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2011年01月05日

きょうが仕事はじめ。 o(^^o)


皆様、

ブログでの私を

今年も宜しくお願いいたします。m(_ _)m


きょうは、新年のあいさつ回り。

でも、、、途中のお宅で話し込んでしまい、、、

すべてのお宅を回りきれず、、、また明日です。。。


でも、

おかげさまで

いくつかお仕事をいただきました。

中には、新築のお話も、、、

新年早々、とても感謝を申し上げます。m(_ _)m


やはり、

一度ご縁を持たせていただいた方々ばかりですので

最近どうなのだろうか、

お元気なのだろうか、

などなど、気に掛かりますので

こうして、

必ず毎年、新年にお会いすると

ほっとする、と言いますか、

何かたのしく、うれしい気分になり、

ついつい長居してしまいます。。。(^^;)ゞ


この時期は日が暮れるのも早いので、、、

また明日、あいさつ回りのつづきをします。 (^-^ )


ところで、

今年のお正月は、、、

の〜んびり

とはいきませんでした。

2日から仕事してました。。。


東京の注文住宅」の反響はスゴいですね。


うれしいことです。


なので、

お正月気分は元日だけ。

2011gantan01.jpg

写真は、

元旦の光。

2011gantan02.jpg

我が家のおせちです。

普段飲まないシャンパンなどを。。。

asakusa02.jpg

で、

毎年恒例の浅草・浅草寺への初詣。 o(^^o)


ただし、今年は行く暇がなく、、、

きょう夜に行きました。

20時ころ。。。


浅草寺初詣のたのしみの1つが

食べること、、、だったりするのですが、、、

着いたのが遅くて、、、お正月なので、、、

お店がやってない、、、ちょっとガッカリ。


でも、

お腹いっぱい食べましたけど。(^-^ )


そんなお正月でした(?)


今年も良い年に!

たのしい毎日がくる。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2011年01月01日

new-year-greeting-card2011.jpg


あけまして

おめでとうございます。


皆様の新年が

たのしい毎日でありますように。


    仲村建築店 仲村和泰


追伸:

もう初詣に行ってきました。

毎年恒例で、近くの鎮守神社へ。

午前0時前から並び

今年は110番目、うちの奥さんは111番目。

1がたくさんで縁起がいいですね。

何番目かわかるのは、
確か200番目まではお箸をいただけて
そこに何番と書いてあるからです。

このお箸、長寿箸と言いまして、
伊勢神宮の式年遷宮で出た古材でつくったものだと
先日、宮司さんから伺いました。

縁起のいいお箸なので、お正月に使います。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年12月31日

一年の感謝を込めて、ごあいさつです。


今年は「変化のはじまり」の年でした。


目立つ所で言いますと、

会社のホームページを新たに立ち上げ、
携帯サイト、ブログをはじめました。

そのお蔭で、たくさんの人との出会いがありました。

結果、仕事に結び付きましたし、

新たな縁や深い縁ができました。


この場をお借りして、

そんな皆様方に感謝の意味を込めまして、

お礼を申し上げます。


「お陰さまで、ありがとうございました。」


また、

目立たない所で言いますと、

新たな縁や深い縁が

わたし自身にたくさんの気づきをもたらしてくれました。


結果、少しですが

成長と言いますか、
変化することができました。


その気づきは、

わたし自身の人生観に及ぶこともありましたし、

建築に対する考え方、

家づくりに対する考え方にも大いに影響を与えました。


よく

このブログを見ている方から、

「今やっている仕事のことをブログに書いた方がいい。」

と言われます。


それは、その方が

これから家を建てようと考えている人にアピールになる、

という理由からです。


しかし、わたしは

今やっている仕事の内容はブログには書かない、

というルールを自分で決めました。


理由は3つ。


ひとつは、このブログを通して、わたしの人間性を見てもらいたいから。


一言一言、一文一文から

わたしがどういう人間なのかを感じてもらいたい。

仕事の内容を書くと

そちらの方に目が行ってしまうから。。。

最終的には、

家づくりは人対人です。

一緒に家づくりができる人かどうかを判断してもらいたいからです。


ふたつ目は、

家づくりは、実際の現場も大事ですが、そこに至る考え方の方がもっと大事だから。


この家づくりに対する考え方は、なかなか具体的に表に出てきません。

実際の仕事の影に隠れている、抽象的な場合が多いです。

例えば、『いい家をつくる』『すばらしいデザインの家』などなど。

具体的にわからない場合が多い。


だから、そこに焦点を当てるために

今やっている仕事の内容を書くよりも

もっと広く家づくりについて普段考えていることを

事例を通して具体的に紹介したい、と考えています。


これも

一緒に家づくりができる人かどうかを判断してもらいたいからです。


最後は、

わたし自身が

建築に対して
住宅に対して
家づくりに対して

いろいろと気づきたいから。。。


仕事の内容をそのまま書くと

気づきも何もありません。


しかし、

なかなか言葉にできないコトを

書こうとすると、

自分でも想いもしなかった言葉が出てきます。

それが、自分自身への気づきになります。


そして、

その気づきが

次の仕事に生かせます。

少しの成長、変化になります。。。


このブログを

定期的に見てくださる方、

気が向いた時に少しでも見てくださる方、

あるいは、

今回はじめて見ていただいた方、


すべての方に感謝を申し上げます。

「お陰さまで、ありがとうございました。」m(_ _)m


来年も少しずつ成長、変化したいと思います。

見守ってくださいますと、とてもありがたいです。


来年もどうか

宜しくお願い申し上げます。


それでは、


皆様方の幸せをお祈りいたしております。

よいお年をお迎えください。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年12月27日

フォトシネマをYouTubeにアップして、
ホームページのトップページで見られるようにしてみました。 o(^^o)


『家族の「コト」を形にする。』

blah, blah


「コト」をイメージしてもらいたい、、、

「コト」のことをわかってもらいたい、、、

「コト」が一番大事だと。


また、

ちがった角度から「コト」を、、、お見せします。 (^-^ )


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

冬期休業は 12/30 (木) 〜 1/4 (火) です。


お正月に何しようかな?


わたしは
家での〜んびり、というより


どこかに行くこと
何か好きなことをすること

でストレス解消やリラックスし

癒されるタイプなので、、、


だから、

中古フィルムカメラを持って
街を散歩するのが趣味なんです。 o(^^o)


でも、

今年は、、、仕事するかも。。。( ̄□ ̄;)


それだけ、

「東京の注文住宅」の影響は大なんだなぁ。。。 (^-^ )


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年12月21日

本日発売の

「東京の注文住宅 2011冬春」(リクルート)

に当社が掲載されました。 o(^^o)


b-recruit-magazine201012.jpg


コンビニで立ち読みしてみました、、、

改めて
誌面を見ますと、

少し、、、照れます。。。(^^;)ゞ


たくさんの人に

仲村建築店がやっているコトを知ってもらいたい、、、です。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年12月18日

今週は、
今の自分に一番欠けている所を補うための研修 part2。
銀座で受けてきました。

研修内容は・・・。

別の機会にまたお話しします。


かなりパワーアップして帰ってきました。。。


帰りに、銀座みやげを。

ginza-gifts02.jpg

ここでしか買えないものを

感謝したい人の顔を想い浮かべながら購入。

物で釣る訳ではありませんが、、、なかなか素直になれないもので。。。


結果は、、、

また、すぐに1つ食べてました。。。


これ、マカロン。本場フランスのお店らしい。

おみやげにオススメ。

美味しいのは、もちろん。

東京だと、
日本橋か銀座の三越でしか買えないので希少価値がある。

色が鮮やかで見た目に楽しいし、

色ごとに味がちがうので


「これ、なに味?」

などと会話もはずむ。。。


普段なかなか会えない人へ、


話がしたいのになかなかうまく話せない人へ、


それから、

感謝している人へ。


たまには、贈り物も。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年12月16日

毎年行きます。この時期の楽しみのひとつ。

世田谷ボロ市。

毎年12月の15・16日、1月の15・16日。

boroichi01.jpg

子供の頃から、ほぼ毎年。

何がいいかって?

師走気分になれる、、、季節感を味わえる。


最近はテレビでも大きく取り上げられるので、人がいっぱい。


ボロはありません、、、近いのはあるけど。。。

骨董品、お正月の準備品、植木、衣類、、、あと食べ物などなど。
ふつうの縁日の夜店とはちがう店揃い。

ここでしか見られないお店も、、、神棚のお店、鉱物のお店、何だか分からないお店。
もちろん、、、中古カメラのお店も、、、買いませんよぉ。

子供の頃は、バナナの叩き売りをここで初めて見ました。


食べるもの、見に行くお店は、ほぼ毎年同じ。

というのも、毎年同じ所に同じお店。


でも行きたい。
だから行きたい。

朝からソワソワ。。。

ほんとは昼間に行ってみたい。
でも昼間はお仕事なのでガマン。。。


今年も十分堪能してきました。


で、
今年は帰りにボロ市会場近くのベトナム料理屋へ。

saigon01.jpg

ここは普段からよく行くお店。

ベトナムビールと生春巻き。
定番だけど、旨い!フォーもいい。

ここカレーも旨いんです。もちろん、いただきました。


ボロ市行って、ベトナム料理食べて、、、ほろ酔い気分で世田谷線乗って。。。

いや〜、楽しい!


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年12月11日

お披露目といっても、カメラの話。


今週、平日の夜。

2ヶ月に一度の趣味の会。

中古カメラ好きが
毎回違うフィルムカメラを持ち寄り、
新宿のレストランでカメラ談義。

camera03.jpg

先日のブログ「買ってしまった!」に出てきたカメラのお披露目です。


(写真左下のカメラ)


う〜ん、デカくて重い!

新宿まで持って行くだけで肩が痛い。。。


でも、シャッター音がいいんです!


『ヴァスゥッ』って感じ、、、バズーカーを撃つ感じ、、、撃ったことないけどぉ(^^;


「撮ったぁ、、、撮ったぞ、、、撮ってやったぞ!」

という満足感が味わえるカメラです。


先日、深大寺で試し取り。
光漏れもなく、快調でした。

結構いい写真が撮れました、、、


しかし、会の人には「堅い写真だね〜」と。


「適当に露出を決めてるもので、、、そこはあまり気にしないんです。」
「撮って、自分で楽しむ世界ですから。。。」と言い訳。


でも、本人はいい写真だと思うんだけどなぁ〜


これ持って、、、次はどこ行こうかな(^o^)

お正月だなぁ。


腕がパンパンになるけどね。。。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年12月02日

とりあえず、終了。

引っ越しました。

new-house02.jpg

でも、
まだまだ荷物だらけ、段ボールだらけ。。。


まだまだ続くのです、、、ひとり片付け。


年末の大掃除の前倒しだと思うのです。。。


いずれ片付いたら、
写真撮影して、
みなさまにお見せします。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年11月30日

明日、引っ越しです。。。

マイハウスリノベーション。

new-house01.jpg

リノベーションの詳しい内容は、また別の機会にお伝えしますが、

かなり気に入っています。

快適な生活が待っていると思うと、ワクワクです!


でもその前に、、、荷造りしなきゃ。。。。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年11月22日

きょうは誕生日。

だれの?・・・私。

えっ!何才だっけ?まわりに聞きました(^^;


というわけで(?)

バースデイディナー・・・というほど大げさではありませんが、、、


前から気になっていた
ちょっと洒落たお店に。。。

birthday-dinner01.jpg

前菜。

自家製無農薬のルッコラのサラダと
ほうれん草とじゃがいものポタージュ。

birthday-dinner02.jpg

で、シメ?のエスプレッソ。。。


メインを撮るのを忘れました(^^;

ちなみに、メインは
ガーリックステーキライス。

すべて旨かったぁ。。。


お店全体を写せないのが残念です。

とてもくつろげる場所で

ゆったりした幸せな時間でした。


この時間を感じたい方は、
個別にお問い合わせください。。。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年11月19日

今の自分に一番欠けている所を補うために
銀座で研修を受けてきました。

研修内容は・・・。

別の機会にまたお話しします。


帰りに、銀座みやげを。

ginza-gifts01.jpg

ここでしか買えないものを

喜ばせたい人の顔を想い浮かべながら購入。


結果は、、、

すぐに1つ食べてました。。。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年11月07日

撮影会の帰りに、
横須賀のハードオフへ。。。

行きに目を付けておきました(^-^;

中古フィルムカメラ好きにとっては、
ハードオフは穴場。

でも、
買う気は無かったんです。
本当です。。。(誰に言い訳!?)


しかし、
見ちゃいました、、、
前から欲しかったカメラがすごく安く出ているのを。。。

今までで最安値です。

たぶん、お店の人はこのカメラの価値がわかっていない。

(だから穴場なんです。)

即決!!

camera02.jpg

マミヤ RB67 ProS + 90mmレンズ

(実物はまたの機会に、、、)

プロ用のカメラです。
電池がいらないフィルムカメラ。
写真館などで使われていました。

でも今はデジタル時代。
昔は何十万としたフィルムカメラが二束三文に。


かなり大きく重たい、、、でもそれがいい!!


・・・どこに隠すか。。。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年11月06日

15年以上前から、、、できた当時から、、、
行きたかった博物館です。

三重県鳥羽にある「海の博物館」。

建築家の内藤廣の作品です。

sea-folk-museum01.jpg

なかなか行く機会がなく、
先の関西出張の途中に寄りました。

なぜ行きたかったか?

理由は2つ。

1つは、
この博物館建築は、絶対的な美を求めて設計されました。

しかし、
それがある方向で、ある限界点を超えると
昇華され、人とアートをも巻き込み、違った展開をみせる。

この博物館はそんな状況をつくり出しているのではないか?
それを体験してみたかったのです。


もう1つの理由は、
この建築のモノとしての完成度を見てみたかった。。。


この博物館が完成し開館したのは、バブル景気崩壊後でしたが、
計画立案・設計の時期は、ちょうどバブル景気の最中。

その頃の建築家は公共建築、とくに地方の公共建築などには見向きもぜず、
東京などの大都市で、溢れる予算を使い民間の建築を設計していました。

ポストモダニズムと称し、
時代の最先端の建築だと言いながら皆やってました。

しかし、
バブルが弾けたとたんに、
今では多少の振り返りはありますが、
ポストモダニズムの建築=悪みたいな風潮に変わりました。

一部の建築家が好き勝手にやり過ぎたのでしょう。
今でも残骸を時々見かけますが、、、

もちろん、その時代、建築家だけでなく、
全ての人が浮かれていましたから、、、何でもアリでした。


この博物館は、もともと予算があまり無かったようです。

バブルの最中です。
建築家のモチベーションは上がりますか?

今なら、上がります!
でも、その当時は難しかったのでは。。。


なのに、
建築家は粛々とできることの限界を見極めながら、
建築のモノとしての作品に昇華していった。

その結果、
バブル崩壊後に、賞賛を受けました。

今では、その姿勢がスタンダードに。

だから、
この建築のモノとしての完成度を見てみたかった。。。

sea-folk-museum02.jpg

木の架構。

使っている材料は、
決して高いものではありません。

納まりを工夫して、デザインして見せている。

その工夫は、他にも随所に見れます。

sea-folk-museum03.jpg

コストコントロールの賜物だと思います。

余分なものを無くし、
構造そのものをデザインして見せる。

ちなみに、

この木構造を住宅に応用したものがSE構法です。

sea-folk-museum04.jpg

プレキャストコンクリート版の架構。

コンクリート版を工場で製作し、
コストと精度とデザインの両立を計り、

木の架構同様、
余分なものを無くし、
構造そのものをデザインして見せる。


感銘を受けました。

建築家の誠実さと言いますか、志の高さに。


すばらしいと思うと同時に、
自分が普段考えている方向性に間違いはない、、、
志も技量も、、、と確認できました。


そして、

何よりいいのが、
ここを訪れた人が

「ね、ここいいでしょ。
前に来た時よかったから、一度連れて来たかったの!」

と家族に言っていたこと。

やはり、
建築はモノとしての絶対的な美を求めつつ、

最終的には、
そこを訪れる人やそこに置かれているアートなり何かを巻き込んで
どんな想い、衝動、感情をいだかせるか、が大事だと思います。

それは、どんな建築でも、住宅でも。


そして、

一番身近で大切な人とその想いを一緒に味わえる。。。


そんな建築を、住宅をつくり出さなくては、、、。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年11月01日

人とアートと建築の関係を一番表している場所は、、、

美術館です。


先週末、台風の中、横須賀美術館に行きました。

建築家の山本理顕の作品です。

yokosuka-art1.jpg

美術館というと、
展示室の白い壁、白い部屋、白い箱の連続で
建築はそれだけを用意すればいい、
あとは、絵の作家が主人公、というのが一般的かもしれません。

しかし、
そこに、人とアートと建築の相対的な関係性を持ち込むと

違った展開が、、、
関係性が昇華するというか。。。

人とアートと建築は、
バラバラな存在ではなく、
独立しながら、補完し合って、
違った世界をつくり上げる。


金沢21世紀美術館。

その、人とアートと建築の相対的な関係性を持ち込んだ美術館。


美術館のレベルは、その国の文化レベルの指標です。

わたしは、
日本の美術館建築は世界レベルの作品が多い、と思っています。

その中でも、金沢21世紀美術館は群を抜いていいです。


その良さは、人とアートと建築の相対的な関係性の良さ。

子供が、大人がみんな笑顔で楽しそう。
難しい顔をしている人はいません。

これは、体験してみないとわからない。

ちょっとでもアートか建築か住宅に興味がある方ならば、
是非一度、行かれることをオススメします。

わたしは、、、ちょっと衝撃でした。。。


で、横須賀美術館です。

すばらしい美術館建築だと思います。

yokosuka-art2.jpg

ただ、
人とアートと建築の相対的な関係性は、視覚的なことだけではありません。


現代のわれわれが設計する時、

やはり、
相対的な関係性の部分に手を付けないと

進歩がない、、、20世紀の建築とは決別しないと。。。


そんなことを感じ、考えながら台風の中帰路に。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年10月31日

つながり方、結び方、関係性、関わり方。

どれも何かと何かの相対性を言い表す言葉です。


アートは、
絵画でも、彫刻でも、絶対的な美を求めます。

絶対的な美とは、絵そのものの美しさ。

しかし、
それを見る人との間のつながり方、結び方、関係性、関わり方を
アートと呼ぶことができると思います。

それが、相対的な美。

相対的な美とは、
例えば、絵を見た時にいつもと違う気分になったならば、
その違う気分が絵で表現したかった美であり、
絵と人がいて、はじめて美が成り立つ。


建築は、、、絶対的な美を求めてきました。
それは歴史が証明しています。

建築そのものの美しさ。

しかし、
建築を人との関係の中で考えた時、
相対的な美も存在するだろう。

建築と人がいて、はじめて美が成り立つ。

これが、現代建築の美の根本です。


ちなみに、
アートの相対的な美が、現代アートの美の根本です。

難解な現代アート、
なんでこれが作品なの、、、と思うこと多いですよね。

でも、
その気持ち、、、それがその作品で表現したかったことです。
変なの、、、その思いがその作品で表現したかったことです。

そう考えると、難解な現代アートも気楽に楽しく見れませんか。
解読しなくていいんです。


現代建築の美の話、
ちょっと難しい言い方になったところもありますが、

住宅で言えば、

家としてのモノそのものの美しさもあるけど、

そこに住む人の想いなど、
家と人とのつながりの中で考えても
いいモノ、美しいモノはできる、ということです。


だから、
予算がいくらだから、
こんなモノしかできない、などと考えるよりも

こんなコトしたい、あんなコトしたいと

想いをたくさんふくらませた方がいい、ということです。

予算と想いの調整は、設計でプロがしますから。
そこに、技とコツがあります。


だた、想いの形に固執しないことが大事です。

どんな形でも、想いは一緒だから。。。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年10月15日

木造の耐火構造の住宅がつくれます。

lecture01.jpg

きょうは、講習会に行きました。


(社)日本木造住宅産業協会が実施する

「木造軸組工法による耐火建築物設計マニュアル講習会」。


今現在、この講習会を修了した者だけが

大臣認定による
木造軸組工法の耐火建築物がつくれます。

今まで防火地域での木造3階建てはできませんでした。

3階建て以上にする時は、
鉄筋コンクリート造か鉄骨造でした。
(高層ビルだと、鉄骨鉄筋コンクリート造もある)

これからは
防火地域でも4階建てまでならば、
木造にできます。


最近、木造耐火による住宅の需要が増えています。


防火地域に指定されている所は、
都心か都心に近い
大抵、駅前商店街などの密集地やその近くの利便性の高い場所が多く、
土地を探す場合でも
そういう場所を好んで探している人もいます。

しかし、そういう場所は密集地が故に
防火上、法令で木造の建築物が建てられませんでした。

したがって、鉄筋コンクリート造か鉄骨造の住宅にするしかない。

ところが、
この大臣認定により、木造が普通に可能に。


簡単に言いますと、

どこでも木造3階建ての住宅が建てれる、ということです。


鉄筋コンクリート造や鉄骨造よりは、
木造の方が建築費が安く済みますから
需要があるのです。


これは

住宅をつくる時の選択肢が増えた、ということです。


参考にしてください。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年10月10日

毎年のことです。

9・10日はもう1つの地元の神社、
勝利八幡神社の例大祭。

2010fudahari01.jpg

そのご寄付の札貼りのお役目に
毎年弊社が指名されます。

2010fudahari02.jpg

神社の総代の方にお客さまが多くいらっしゃる、
というご縁もありまして、
毎年ご協力させて頂いています。

去年は、
神社の神楽殿の新築事業にも携わらせて頂きました。


この八幡様、
字の通り「しょうりはちまん」。

なので、
受験シーズンになると、
わざわざ、
この八幡様を訪ねてくる学生がいる、とのこと。


その気持ち、
私は非常にわかります。。。


なんか、、、切なくなります。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年10月09日

京都の夜のイメージ。

関西出張で夜の京都を散策。

ponto-chou01.jpg

先斗町です。

在り来たりかもしれません。
でもこの感じ。
ちょっと味わいたくて。

ちょうど、
京都の暑い夏の終わりかけ。

一度、
見てみたかった、
体験したかった。

川床。

ponto-chou02.jpg

納涼床って言うんですね。
鴨川の納涼床。

うーん、京都って感じ。

ponto-chou03.jpg

今回は、納涼床には上がりませんでしたが、
鴨川の橋から土手に下りてみました。


風がほんと心地よい。

たぶん、
納涼床でも気持ちいいはず。
次回のお楽しみです。


暑い京都の夏を

京都らしく、

粋にのり切る知恵。


川は都市のスケール。

納涼床は建築のスケール。

そこでの粋な行為は生活のスケール。


都市と建築と生活のスケールが一体になって地域性を出す。


まさに理想的なコト。

あらゆるコトの基本です。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年10月08日

最近のお気に入りです。

chair01.jpg

自宅で使うつもりで先日購入。
でも今は、
デザインオフィスのアトリエで使用中。

中古の無名のイス。
たぶん30年位前のもの。
かな〜り安く手に入れました。

プライウッドの感じと
鋳物の肘掛けと足の感じが
たまらなくいい。

無名とは言え、
デザインのレベルの高さを感じます。

座り心地も抜群。


実は私、イスも趣味。

たくさん欲しいイスがあります。
ちょこちょこと増えてます。

あまりに高くて手が出ないイスは、
まずミニチュアから。

ここでおいおい紹介していきます。


mug01.jpg

iittala(イッタラ)のマグカップです。

Kaj Franck(カイ・フランク)のデザイン。

自宅と事務所で使ってます。

色はターコイズ。


見た瞬間、即決。

色がいいし、
形とスケール感もいい。


使いやすいし、
コーヒーがおいしく感じますよ。

これを使ってるだけで
楽しい気分に。


見渡すと
iittalaのKaj Franckのデザインのものが結構ある。

ガラスコップなど。

色違いで。


昔と今はガラスの厚みが違います。
昔は厚かった。

昔の厚いガラスの方がいい。

デザインもののアンティークのお店に行くと探します、
Kaj Franckの厚い方のガラスコップを。


実は、
イスもマグカップも
同じ所で購入。

気になる人は、
Googleで「ロングライフデザイン」と
検索してみてください。

一番目の所。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年10月04日

一度でいいから
中に入りたい、体験したい。

金閣寺のあと、
まだ時間があったので
歩いて行ける大徳寺に行ってみました。

大徳寺といえば、小堀遠州の孤篷庵(こほうあん)。

孤篷庵といえば、遠州好みの茶室・忘筌(ぼうせん)。

ほのかな期待とともに、ダメもとで行きました。

kohou-an1.jpg

案の定、「拝観謝絶」の札。
ま、当たり前といえば、当たり前。

仕方なく、門の所から、中を伺う。
ちょっと変な人?!

kohou-an2.jpg

ただ、この石畳、見事です。

さすが、遠州。

この石の配列、目に、脳に焼き付けてきました。


本物の質。

こういうモノに触れないと、
人は絶対にいいモノを生み出せません。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年09月24日

kyoto-tower.jpg

関西出張最初の泊まりは京都。
駅前のビジネルホテルに泊まりました。
(写真の京都タワーホテルではありませんよ)

夜遅く京都に着いたのですが、
夕食探しにフラフラと外出。

京都は7、8年ぶりです。

kyoto-station01.jpg

京都駅。

私が確か設計事務所に就職して2年目位の時に
駅舎建替えのための国際指名コンペがあったと思います。

そのコンペで
日本人の建築家、原広司の設計案が選ばれました。

今でも覚えているのは、
その当時話題になったからです。


高さ論争。


京都の街並みを考える時、
いつも建築の高さが問題になります。

東寺の五重塔を超えない高さ。


原広司の設計案が選ばれたのも
応募案の中で建築の高さが一番低かったから。

60m。

もちろん、それだけで選ばれた訳ではないでしょうが。


応募案の中には、高さ120mの建築も。


確かに、
京都の街並みを考えた場合、
東寺の五重塔や大文字焼きが見渡せる、
というのは大事なこと。
建築の高さを論議するのは、
大切なことで至極当然のこと。

ただ、
コンペの審査員でイタリア人の世界的建築家、レンゾ・ピアノは、
日本人の建築家、安藤忠雄の応募案、
羅生門をモチーフにした建築をイチ押ししてました。

高さは、確か120mくらいあったと思います。

イタリアも歴史的建造物の街並みが多い国。

そんな国の建築家なのに。


大事なことは、
建築の高さではないのでは。

1000年以上前にできた東寺は、
その当時の最先端の建築、現代建築でした。

それは、清水寺も金閣寺も。


京都という街は、
江戸時代までは現代建築の街だった。

明治維新後、現在に至るまで、
大きな建造物建立の機会がなかっただけで。

だから、
今、京都にふさわしい建築は現代建築だと。

たとえ、
東寺の五重塔を超えようとも。


ピアノが言いたかったこと。


京都の街並みの本質だったのかも。


kyoto-station02.jpg

現在の京都駅。
私は個人的に好きなデザインではありません。

でも1つだけ。
夜の暗さがいい。

照明の明かりが
月明かりのようなんです。

京都の雰囲気に合ってる。

それは建築家の設計でないと実現しなかったでしょう。

だって、
よく目にするのは
白色蛍光灯の昼間のような駅舎ばかりだから。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年09月23日

毎年のことです。

22・23日は地元の神社、
六所神社の例大祭。

きょう、23日は大人神輿が出ます。

その大人神輿の巡幸の途中の休憩所に
毎年弊社が指名されます。

我が家・当社の氏神様、というご縁もありますし、
私が通った幼稚園が六所神社付属の幼稚園だったこともあり、
毎年ご協力させて頂いています。

2010mikoshi01.jpg

もう20年以上、
休憩所のお役目をしていますが、
思いつく限り、
天気はいつも晴れか曇りで
今年のように
朝から土砂降りの雨というのは
はじめてでした。

いつもは休憩用に
お酒やジュース、お菓子などを
外に台を設置して並べるのですが、

2010mikoshi02.jpg

今年は、
あまりに雨がひどく、
また気温も低いので

下小屋(作業場)に
お酒やジュース、お菓子などを並べて、
屋内で休憩してもらいました。

下小屋には、
いつもは多くても4、5人位で作業していますので、
たまに、
現場でできなくて
ここで上棟式を行うことはありますが、
こんなに人が入ったのははじめてです。

入れば入るもんです。


なんかイベントでもできるなぁ。。。


それにしても、

この雨の中で御神輿を担ぐのは
端から見てると大変そうだけど、

担いでる人たちは楽しんだろうなぁ。。。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

最近、ブログの更新をしばらくしていませんでした。

今月は2回程、
大きく間が空きましたが、
別にサボっていた訳ではありません。

出張していました。
関西に。

目的は、
同業者の話を聞きに行ったり、
現場を見せてもらったり。
それと、
見たい建築、
行きたい展覧会へと足を運びました。


東京にいれば、
大概のことはできそうですが、
その考えがキケンです。


ちがう場所での
ちがう考え方に触れることが
一番勉強になります。

今回は、
和歌山の同業者の方が
自身の仕事の仕方を披露して頂ける、とのことで
この機会にいろいろと関西を回ってきました。

shiraki-genba.jpg

なかなか同業者の
仕事の仕方や現場を見ることはできませんので、
とても参考になったと同時に
自社の足りない部分もわかり、
非常に勉強になりました。

和歌山まで行った価値がありました。

今後、
このブログで
関西出張での見聞を書いていきます。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年09月13日

私と同じ年です。

日本最初の超高層ビルは、霞が関ビルディングでした。

kasumigaseki.jpg

先日の夜、仲間との食事会で行きました。

霞が関ビルディングの足元は、
今はこんな風になってます。


霞が関ビルディングより
高いビルがたくさんできたので、
存在感が薄れましたね。

日本最初の超高層ビルだと
知らない人も多そう。


東京スカイツリーは
東京タワーの約2倍の高さ。

ということは、
40〜50年後には
東京スカイツリーの倍の高さの超高層ビルが立つかも。

でもすでに
ドバイのブルジュ・ハリファは828mだから、
東京スカイツリーの倍の高さといっても1268m、
10年以内に中国あたりでできそうですね。


高さ競争に興味はありませんが、

学生の時に、
高さ1000mの超超高層ビル計画が
21世紀に向けた先端研究だったのを思い出すと、

すごく時の流れを感じてしまう、

つまり、

年取ったなぁ。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年09月02日

皇居を見下ろす。

oote-mon.jpg

前川國男という建築家がいました。

その建築家は、35年位前に
皇居の脇に地上32階、高さ130メートルの日本最初の超高層ビルを構想していました。

しかし、「美観論争」に巻き込まれ
また「皇居を見下ろすとはけしからん」という非難から
結局、高さを100m以下に下げるという設計変更を行い建設するになりました。


そのビルは今でもあります。

ただ、その周りには
もっと高いビルがひしめいてます。


私は、先日セミナーで
皇居・大手門の脇の超高層ビルに行きました。

普通に皇居を見下ろしてます。


私も皇居を見下ろす位の
高い建築は建てるべきではない、と思います。

やはり美観上の問題があるので。


ただそれならば、徹底して欲しい。

時代が変われば、
当然変わるルールもあるでしょう。

しかし、美観に関しては
時代に関係なく、
ルールは徹底されるべきだと思います。

でないと、

先人たちの想い、努力が無駄になってしまうし、

未来の人々に想いを伝えられない。


美観は一度壊れると、

なかなか元には戻りません。

継承が大事です。


経済性と美観

天秤にかける話ではありません。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年08月31日

夜の姿ですか?

sensou-ji.jpg

浅草・浅草寺の夜景です。

ライトアップどう思いますか?


ライトアップされるのは、大抵の場合、建築。

夜には夜の建築の姿がある。
夜の暗闇で見えないのも、建築のある一面の姿だと思います。


特に歴史的建造物は、
夜は暗くなり、見えなくなるのが、昔からの真の姿。

それがいい、それでいい、と思います。

だから、
夕暮れのはかなさなどが
人の心を打ち、
俳句や短歌に読まれ、詠い継がれるのです。


それを昼間のように
はっきりくっきり見せてしまっては、
趣きも何もあったものではありません。


大事なのは、建築の真の姿を見せること。

付け加えの作為はいりません。


リアリティのある夜景が見たい。


月明かりだけでもいいじゃないですか。

それがたとえ暗くて何も見えなくても。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年08月28日

昨日は一日中研修。

SE構法の設計・営業研修で
赤坂のNCN東京本社に行きました。


ここ赤坂の景色は、
子供の頃から首都高よりよく眺めていました。

両親の田舎が千葉なので、
里帰り時にいつも首都高を利用。

子供ながらに、
車窓から緑の多いお堀端の景色をボーッと見てる、
そんな映像と印象が強くあります。

その頃は、赤坂プリンスの高層棟はありませんでした。

akasaka.jpg

それが今は、その高層棟が壊される、という。

月日が経つのが早いのか?

高層ビルを簡単に壊しすぎるのか?

ただ自分が年をとったのか?


「ニューヨークの高層ビルは、ずっと建ってるじゃないか。」
「歴史になってる。」

「なんで日本では?」


建築に対する理念の問題でしょうか?

それとも経済性重視?


答えは、『理念なき経済性重視』


そろそろ止めませんか、
スクラップアンドビルド。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年08月26日

仲村建築店では
完全予約制のオープンハウス(完成見学会)を下記の日程で開催!!

swiss-plaster02.jpg


『わたしの居場所』リノベーション  オープンハウス開催


場 所  東京都世田谷区赤堤5丁目 N邸

日 時  2010年9月25日(土)・26日(日) 10:00 ~ 18:00

内 容  『わたしの居場所』のイメージ、フライハウススペック披露!!

建 物  木造2階建て

約 束  売り込み&訪問販売は一切致しません。安心してお越し下さい。

予 約  完全予約制。ご予約はお早めに!

特 徴  新築住宅、リノベーションをお考えの女性の方必見!


当社女性デザイナーがたくさんの想いをつめ込んで、築30年の家を改修してつくった『わたしの居場所』です。

私たち仲村建築店が想う住空間、フライハウスの標準仕様の一部を見てください。

きっと今までの住空間のイメージが変わります。

具体的ないい情報、得する情報、今まで聞いたことがない話も聞ける。
絶対に後悔させません!お気軽にお越しください。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年08月20日

flyhouse-blog.png


「フライハウス / flyhouse」


仲村建築店の家づくりのコンセプトを

自然素材を使って実現するブランドを設立しました。


「フライ」の由来は、、、HPを見てください。


今後、新しい展開をしていきます。

更なる追求のはじまりです。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年08月19日

camera01.jpg

2ヶ月に一度の趣味の会。

中古カメラ好きが
毎回違うフィルムカメラを持ち寄り、
新宿のレストランでカメラ談義。


私は正確に言うと、

古いフィルムカメラを持って
街を散策しながらの写真撮影

が趣味。


だから、
カメラの収集自体が趣味ではないので
そんなに数は持っていません。

なので、段々とネタ切れになりつつあります。。。


同じ趣向の人が年齢に関係なく集まり、

(たぶん私が最年少で、一番年上の方は70代)

話をして盛り上がる。

趣向が同じというのは、それだけで気が合います。

だから、話をしていると

とても気が休まり、リラックスできます。


2ヶ月に一度のこころの洗濯日です。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年08月18日

「夏の風景」と言われたら、何をイメージしますか?


私は、
陽炎が立つくらい暑い晴天の真昼で
遠くに山が見え、近くに畑や田んぼがあり、
土の匂いがモワッとしてくるような風景です。


まさに、そんな場所。

awano01.jpg

栃木県の粟野

という所に
盆休みに行きました。


目的は、お蕎麦を食べるため。

粟野は
お蕎麦では、
知る人ぞ知る場所らしいです。
何軒も蕎麦屋がありました。

なのに、
混んでいて
入れませんでした。。。


仕方なく、

近くのハーブ園へ行くと、

awano02.jpg

綺麗なハーブの葉を見つけ、

山の尾根まで上がると、

awano03.jpg

綺麗な空に出会い、

蕎麦より
美味しい想いを。


「夏の風景」を探しに行く、

ただそれだけでいい。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年07月29日

swiss-plaster01.jpg

スイス天然漆喰を施工中。

マイハウスのリノベーション。

玄関の壁に使いました。


いいですね。
風合い、質感。


swiss-plaster02.jpg

左官屋さんもいいと。
コテで扱いやすいし、
綺麗に仕上がる。


自然素材ですから、
健康にもいい。


完成見学会という程大げさではありませんが、
みなさんにも見て頂きたい、
と思っています。

他にも工夫がありますから。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年07月24日

hanabi01.jpg

きょう、調布市花火大会に行きました。

何度も行ってますが、
今回は4、5年ぶりでした。

いつも狛江駅からバスで
多摩川の土手まで行き、
適当な所で見物。
帰りは狛江駅まで歩き。

この行き方だと、
行き帰りほとんど混みません。
それに狛江駅まで車で行けば、
公共の駐車場がありますから、
さらに気軽に見物できます。

花火大会となると、
見たいけど、
行き帰りの混雑が、、、
という方にオススメです。


いつも川原に
ビニールシートを敷いて見物。

きょうは
適度に風があり、
暑くなく、
とっても気持ちよく
なんかの〜んびりと花火を見てました。


夏だなぁ〜。

たくさんの見物客。

歓声。

大輪。

歓声。

川風。

夏だなぁ〜。

大輪。

歓声。


夏の風物詩
何はともあれ味わう。
幸せなり。


きょうはこんな心境!?


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年07月22日

tree-space01.jpg

スキな空間です。


透ける光。

反転した影。

曖昧な境界。


こんな建築空間をつくりたい。。。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年07月20日

前々から、
知人にススメられていた場所がありました。

東村山・正福寺。東京都唯一の国宝建造物があります。

そして、

東村山と言えば、うどん。
前々から行きたいうどん屋がありました。

ネットで調べると、
なんと、正福寺のすぐ裏に、目指すうどん屋が。。。

コレは、、、ということで
一昨日の日曜日に行ってきました、東村山。


昼ごろ、車で東村山に到着。
腹が減っては国宝に失礼(?)と、
まず、うどん屋に直行。

野口製麺所。

noguchi-udon.jpg

突然、畑の中に出現。
民家の庭先にありました。

讃岐うどん風で、
「しょうゆうどん」を食す。

茹でたうどんを水で締め、
大根おろしがのり、
好みでだし醤油をかける。
薬味は、ねぎ・しょうが。
(画像はありません。想像を!)

本場の讃岐うどんを食べたことがありませんが、
きっとこんな感じだと思わせるくらい、
おいしかったです。

また、ロケーションものどかで、
ここ東京?、と思うくらい。

ちょっとした、小旅行気分に。


で、国宝。

shoufuku-ji1.jpg

(山門の中に見えるお堂)

千体地蔵堂です。

誰もいません。
時より、お墓参りの人が。

静かに、国宝と対峙。

shoufuku-ji2.jpg

綺麗です、屋根の反り。

室町時代に建立。
禅宗様仏殿の代表作の一つ、だそうです。

shoufuku-ji3.jpg

ということは、このお堂、

室町時代の最先端の現代建築、

ということ。

なかなかこれだけ綺麗な屋根の反りは見られません。
寺社好きでなくても一見の価値あり。

室町の建築でも、
フォルムは
平成の現代でも通用するデザイン。


「古くても新鮮」

昔、美術学校の先生に言われた言葉です。

例えば、
モネの「睡蓮」は、描かれたのは今から100年前ですが、
この現代でも絵画の世界に影響を与え続け、
そして、見る人に感動を与える。

今、影響と感動を与える。
だから「新鮮」。


この正福寺千体地蔵堂も「古くても新鮮」。


国宝と一緒にする気はさらさらありませんが、
私が目指す
そうありたい建築の像です。


『古くても新鮮』


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年07月07日

open-space.jpg

くもりの日、暑いです。

西新宿の超高層ビル街も暑い。

でもこの辺り、樹木が比較的多いです。


高層粗密。

東京の都市再開発の基本的な考え方で、
低層密集の街を、建物をまとめて高層化し、空いたスペースを緑地化する。

六本木ヒルズもミッドタウンも皆この考え方が基本。

だから、超高層ビル街で比較的多い樹木です。


この考え方は、20世紀の建築家の巨匠、ル・コルビュジエが
「300万人の現代都市(1922年)」計画で提唱したものです。

本当は、この考えにより、
街路を整備して自動車道と歩道を完全分離し、
都市問題の解決を図ることが狙いでした。

つまり、人と車を完全に分けて、
人が暮らす場所に車を入れないことにより、
排ガスなどの環境悪化がなく、
樹木や緑地がある住み良い環境にする。

ここがこの考えの目指すところで、
これを都市の広範囲で行う。


でも現実は、狭い地域だけのことで、
都市としては
自動車道と歩道の完全分離はなされず、
もともと、住み良い環境を目指している、というより
結果的に樹木や緑地がある環境になった、というところ。


要するに、狭い地域で
「建物をまとめて高層化」するという
ル・コルビュジエの考えの都合の良いところだけを使い、
再開発の道具にしているだけに過ぎない。


私は六本木ヒルズもミッドタウンも
東京の都市のあり方としてはちがうと想います。

そこには経済優先で、人が置き去り。

ただ、みんな気がつきません。
人も再開発の道具にされていることを。


みんなが気づく、東京の都市のあり方?

お手本は、きっとみなさんの近くにあります。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年07月01日

tree-space.jpg

近くの幼稚園の大きな桜の木。


その枝が覆いかぶさり、空間をつくる。

自然の空間。

建築の空間は人工。


自然と人工。永遠のテーマです。

どのように折り合いをつけるのか?


「自然に寄りそう人工」

私が考える、自然と人工の関係です。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年06月28日

最近、自分の立ち位置をよく考えます。

仕事のことで言えば、何をするべきか。


自分が人より優れている部分は何か?

自分が人のためにできることは何か?

自分にしかできないことは何か?

などなど、、、


ホームページにある言葉は

そんなことを考えながら、
やっとの想いでつむぎ出した言葉であり、願いです。


家づくりについて、
真剣に考えている人たちと日々対しているから。。。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年06月23日

sunset-color.jpg

きょうの夕焼け。


夕焼け見ますか?

自然の色、毎日ちがう色。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年06月21日

oasis.jpg

昼に西新宿で散歩。

もちろん仕事で来て、
昼休み中に。


高層ビルの谷間、
癒しの場発見。


とくに見るべきものはないです。
ふつうです。

でも人が集まっています。


よく観察します。

道路レベルより一段下がっているので、
囲われ感があり落ち着く。

噴水池の水辺が清涼感を生む。

植樹が目に優しい。

座れる場所がある。

人の通り抜けの途中にあり、
たまりやすい。

外気に直接触れられ、
空が見える。

などなど、
人が集まる要因はあります。


でも、、、

これらの条件が全てそろっていたら

人が集まるかと言えば、

そうとは限りません。


よく見かけます。

誰も座らないベンチ。
誰も立ち止まらない池。
見向きもしない植樹。


人が集まる、、、
人に行動を起こさせるには、

上っ面の要因ではダメです。


もっと深いところで人の価値観に訴えなくては。


人を癒す場をつくるヒトは、

そこが問われているのだと思います。

家でも。


私は
それがデザインの本質だと思います。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年06月12日

skytree01.jpg

歴史の1ページを見ているのかもしれません。

見えそうな所へ行くと探します。

東京スカイツリー。

写真では小さいです。
でも、
中間の第1展望台の所まで建ち上がったみたい。
ということは、あと1/3くらい。
やはり、景色の中で頭1つ出ますね。


東京スカイツリーは
架構の組み方がいい。

タワーの水平方向の断面の形状が
地面真上では正三角形で、
高くなるほど丸みをおびた三角形となり
地上約320mで円となるそうです。

これは、
外観のシルエットに
日本の伝統的建築物などにみられる
「そり」や「むくり」の曲線を
意識しているため、とのこと。

かなりの精度を要求される仕事でしょうが、

きっと完成したら、
見る角度や場所によって
タワーの姿がちがうでしょう。

すーっと、細身の姿だったり、
「そり」の曲線がきれいな姿だったり、
丸みをおびた姿だったり。

そこがデザイン的にみて一番おもしろい。


単純ではなく、
見る人まかせの複雑さ。


タワーの色は「スカイツリーホワイト」とのこと。

これは
日本の伝統色、
最も薄い藍染の色である「藍白(あいじろ)」
をベースにしたオリジナルカラーで、
青みがかった白だそうです。

私は
白を選択したということに
内心「スゴくいいな」と。

白は
日本の伝統的建築物では基調色であり、
例えば、漆喰の色として使われます。

また、白は
ヨーロッパで発祥した
20世紀初頭から続くモダニズム建築でも
基調色として使われていて、
数々の白の名建築が生まれています。

白の中にもいろいろな白色があり
黄みがかった白、
赤みがかった白、
灰みがかった白、
青みがかった白などなど。

日本の伝統から発想し、
それがインターナショナルな意味あいにも通ずる。


ここにも単純ではなく、
複雑さがあります。


ただ白って、
一般的に言うと、
汚れやすい、などと
建物の外観や室内の色に使うのを
敬遠されたりすることがあります。

実は正反対です。

汚れやすさは、
どの色でも同じ。
要するに、
汚れが
目立つか目立たないか。

白は、
数ある色の中で一番、
光の反射率が高い色なので、

少しくらいの汚れならば、
光の反射で白が強調され、
目立たないのです。

例えば、近くに
外壁に白いタイルを使った家があるのですが、
その家は築30年くらい経っていますが、
外壁の汚れがほとんど目立ちません。
ただし、近寄ってよーく見ると、
年相当の汚れはあります。
ただ、そこまでじーっと見る人はいません。

汚れなどと言わずに、白を使って欲しい。


白は
単純ではなく、
複雑で奥が深い色

だから。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年06月07日

shinobazu-pond.jpg

散歩好きです。

よく行く街は、上野・浅草あたり。

写真は、上野不忍池。
昨日の日曜日に行きました。


もう少しすると、
池の水面が見えなくなるほど
蓮でいっぱいに。

花が咲きます。

夏の早朝、
蓮の花を見ながらの池のまわりの散歩
気持ちいいです。


その後、
秋から冬にかけて、
蓮が枯れ、
また水面が現れます。

見える景色が極端に変わります。


大都市のど真ん中で
これだけ大きな水面があり、
そして、
四季の変化が感じられる。


なんと贅沢なコトでしょう。


ここはいつ行っても
私を癒してくれます。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年05月17日

ogura-art01.jpg

先日、国立のギャラリーに行きました。
美術学校時代の仲間、Oさんがグループ展を開催、
それを見に行きました。

仲間と言いましても、私よりずっと年上の方。
写真中央のシルエットの方。
私の趣味の写真でも時々ご一緒させて頂いています。

Oさんの絵はいつも思慮深く、
私の知らない世界への入口です。

私も昨年まで毎年、
Oさんもご一緒の他のグループ展に出展していました。

私のは、アートとデザインが融合したような絵。

絵画はアートの領域。
建築はデザインの領域。

その両方をのぞいて見たくて、美術学校に行きました。


建築デザインの仕事に少なからず影響を与えてます。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年05月12日

今日は、
本来終日にわたる予定が入っていたのですが、
先日キャンセルになり、
ほぼ丸1日全く予定のない日に。。。

こんな日は久しぶり!

朝少し現場に立ち会い、
あとはデザインオフィスのアトリエにずっといました。

やらなくてはならない事はたくさんありますが、
こういう時は、
時間に制限を設けず、考え事をするに限ります。

ということで、
先日現場調査に伺ったお客さまの建替え案を計画していました。

計画案を考えている時は、思いついたら、
いたる所でいたる所にスケッチするのがクセなのですが、
今日はそれらをもとに、さらに具現化。

まだまだこれから、計画中ですが、

アレコレと考えているこの時間がおもしろく、
私にとっては貴重な時間。

もっと、もっとです!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年05月07日

GWにお客さまとお会いしました。
自宅の建替えをお考えとのこと。

設計のご要望をお聴きするなかで
ペットと一緒の時間を大切にする空間づくりが話題に。

sawada-dog.jpg

飼われているのは、ボーダーコリーとのこと。
(写真はお客さまの飼われているボーダーコリーではありません。)

私も猫を2匹飼っていますので、
ペットと一緒にいる時間がとても癒されます。
もう家族です。

家族の居心地の良さを空間プロデュース、
ペットの居心地の良さも当然です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年04月30日

今日からブログをはじめる。

何事も「はじまり」は期待感と不安感がありますが、
今回は期待感と楽しみでいっぱい。

想いを、気づきを書いていきます。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

有限会社仲村建築店 代表取締役 仲村和泰

有限会社 仲村建築店
代表取締役 仲村和泰

建築家。現代建築の設計施工が専門。特に東京特有の狭小変形地で建築理論を基にモダンデザイン住宅を設計から施工まで一貫して行い定評。世界中の近代・現代建築を見て歩き調査。コルビュジェ作品は8割調査済み。北欧フィンランドの建築家アアルトについて建築専門雑誌「新建築」でレポート執筆。3割はデザインのプロからの住宅設計依頼。

【略歴】
関東学院大学工学部建設工学科建築系卒業。株式会社像建築設計事務所に入社。その後家業である有限会社仲村建築店にて設計をはじめる。住宅のみならず店舗やオフィスビル、マンションの設計から施工までに一貫して携わる。
2001年 一級建築士取得。
日本建築学会正会員。
東京建築士会会員。