«  2018年12月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« ゲーミングPCを導入した | メイン | 冬暖かく夏涼しい住宅をつくる方法vo.1 »

2018年11月30日

先日「仲村さんのところは、3DプリンタとかVR機材とか夢の機材がありますので、アジトみたいで楽しいです」と言われたり、事務所へ行きたいという人が増えた。普段、事務所にはいないので、それに合わせて事務所にいるようにして、来る人拒まず、大歓迎、話し込んでしまう。

そう言えば「どこに向かっているんですか」とも言われた。意外では無いけれど、気恥ずかしくて一瞬間を置いて小声で「自作自演」と思わず言ってしまった。

VRもBIMも3Dプリンターも自作自演を支えるためのツール。VRからはじまり、最初はただVRでの建築の見え方が凄い、これを設計に使いたいと思っただけ、そこから、BIMに興味を持ち、25年近く使用したCADからRevitに変え、Revitのモデルには拡張性があるので、人から勧められてCGソフトを入れ、リアルなパースや動画をつくりはじめ、前から欲しかった3Dプリンターでモデルを出力して模型や部材もつくるようになり、気がつくと、設計だけでなく施工の領域にまで踏み込んで自作自演できる環境が整ってしまった。

別にこれらのツールが無くても自作自演はできるが、意識せずに、これをはじめたからこれもできるようになるな、とか、これがあるからこれもできないかな、とか、前からこれに興味があったのだけれどもできるかな、と人にきいたりして、気がついたら自分で何でも自らの手で簡単に対してそんなに労力なしに生み出せるようになっていた。根底には、道具は大事、道具しだいで変わることがたくさんある、と思っているからだろうけど、意識せずに整ってしまったことが本当は求めていたことなのかもしれない。

自作自演とは、自分の思考だけで完結でき、その評価を誰に求めるのでも無く、自分で自分に評価を下すことで、好きなことをするよりも、楽しいことをするよりも、自作自演を大事にしている。好きや楽しくても、自分の判断だけで決定できないと、どこかで迎合することになり、精神衛生上よくない。仕事として建築デザインを行いつつ、自作自演できる場があると、自分の能力を確認し、鍛え、高めることができ、相乗作用があれば、いずれ自作自演だけになるかもしれない。

このように設計環境を再構築したおかげで、どこにいても設計ができ、1人でやりくりして完結できるようになったので、もっとひとつのことに対して思考を深めることができるようになり、それが自作自演の場で自分の能力を高めることに繋がっている。

例えば、輪島塗のフリーカップづくり。これは完全に自作自演、しかし、自分から出て来たとは信じられないようなデザインに発展しており、自分の能力を確認し、鍛え、高めることができていると思う。

これからもっと自作自演をしていくことになるだろう。それを継続してずっと行っていく環境が今整いつつある。

F2AE50D9-8364-4BAA-9924-49DD2C4265F9.jpeg

The other day, "Nakamura's place has 3D printers, VR equipment and dream equipment, so it's fun like an honor" and more people said they wanted to go to the office. I usually do not stay in the office, so I will stay in the office accordingly, I will not refuse to come, welcome, I will talk.

As I said, 'Where are you heading?' Although it is not surprising, I was embarrassed and sprang one moment and in a low voice I said without thinking "self-made performance".

Both VR, BIM and 3D printers are tools to support self-made performances. Beginning with VR, at first it is just how VR's architecture looks awesome, I just wanted to use it for design, from there I got interested in BIM, changed from CAD used for nearly 25 years to Revit, from Revit's As the model has extensibility, I recommend CG software from people, start making realistic perspectives and animations, outputting models with a 3D printer I wanted from before to make models and members, I noticed And, not only the design, but also the environment where we can stepping in to the field of construction and making self-made performances has been set up.

Apart from these tools I can do my own self-performance but without consciousness, since I started this I can also do this, I can not do this because there is this, I've been interested in this for some time I listened to someone that he could do it, but when I realized I could create whatever I could with my own hands without much effort by my own hands. Basically, tools are important, because they think that there are lots of things to change depending on the tool, but it may be that what you really wanted is that you did not realize it without being conscious.

Self-made performances are self-made performances rather than doing something more fun than doing anything they like by doing self-evaluation on themselves without asking anyone to evaluate themselves, being able to complete with their own thoughts alone I am cherished. Even if you like or have fun, if you can not decide just by your own judgment, you will be somewhere to meet up and it is not good for mental health. If you have a place to do your own self-made work while doing architectural design as a work, you can check your ability, train and enhance, if there is a synergistic effect, it may be only your own self-made performance.

Thanks to the rebuilding of the design environment like this, I can design anywhere, I can finish it by one person, so I can deepen my thought on one more thing, It leads to enhancing my skills at home for self-made performances.

For example, making a free cup of Wajima coat. This is completely self-made, but I am developing into a design that I can not believe that I came out of myself, I think that I have been able to confirm my skills, train and enhance.

I will be doing more self-made performances from now. The environment where we continue to do it all the time is coming.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

有限会社仲村建築店 代表取締役 仲村和泰

有限会社 仲村建築店
代表取締役 仲村和泰

建築家。現代建築の設計施工が専門。特に東京特有の狭小変形地で建築理論を基にモダンデザイン住宅を設計から施工まで一貫して行い定評。世界中の近代・現代建築を見て歩き調査。コルビュジェ作品は8割調査済み。北欧フィンランドの建築家アアルトについて建築専門雑誌「新建築」でレポート執筆。3割はデザインのプロからの住宅設計依頼。

【略歴】
関東学院大学工学部建設工学科建築系卒業。株式会社像建築設計事務所に入社。その後家業である有限会社仲村建築店にて設計をはじめる。住宅のみならず店舗やオフィスビル、マンションの設計から施工までに一貫して携わる。
2001年 一級建築士取得。
日本建築学会正会員。
東京建築士会会員。