«  2019年01月01日  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« 2018年12月31日 | メイン | 2019年01月02日 »

2019年01月01日

道と空の秩序を敷地の文脈/コンテクストとして扱い、取り込む。

道と空はどこでもある。そこに一般性と特殊性の両方の秩序を見出し、取り込むことができ、それが良好な住環境やまだ見ぬ新たな建築を生み出すきっかけになるならば、それは良いことだろう。

さしたる特徴も無い住宅街である。ただ、今のところ、建築の規模は案外バラバラ、敷地は細分化され、売買しやすい大きさに段々と変わってきているが、それでも結構マチマチ。昔からの建築と新しい建売の建築群が混在して、見渡す風景に何かその地域特有の意匠がある訳でも無い。むしろ、新しい建売の建築群の統一感ある意匠が、はじめは浮いていたが、見慣れてくると、緑も豊富で、その地域の混在した雰囲気をうまく調整しているようにも見えてくるから不思議だ。

この状況で敷地の文脈/コンテクストとして何かを見つけるのは相当難易度が高いような気がする。どこにでもあるような住宅街でもあるので、このような状況になることは常だが、いつも悩ましい。

道と空以外に、空を扱うことで建築の規模を扱うことになるので、住宅街での規模の相対性はその時に、全体の意匠や事業計画と合わせて考えるとして、今の段階で何か見落としていないか、コンテクストとして考えることができる可能性があるものを全て検討する。

8802D265-3A2D-4E79-9A33-3F6C6E74CAC3.jpeg

"Context of site / context reading vol.5"

We treat and incorporate the order of the road and sky as the context / context of the site.

The way and the sky are everywhere. It would be a good idea if we could find and incorporate both the generality and the special order there, which will trigger a good living environment and a new architecture that is not yet seen.

It is a residential area with no signature features. However, as of now, the size of the building is unexpectedly disjointed, the premises are subdivided and gradually changing to a size that makes it easy to buy and sell, but it is still quite satisfactory. There is a mixture of old building and building of new building, and there is not anything specific to that area in the landscape you see. Rather, the unified design of the newly built buildings floats at the beginning, but as you get used to, you will find plenty of greenery that seems to be adjusting well the mixed atmosphere of the area It's strange.

In this situation it seems to be quite difficult to find something as the context / context of the site. Because it is also a residential area where you can find it anywhere, this is always the case, but it is always annoying.

Apart from the road and the sky, we will deal with the size of the building by dealing with the sky, so at the time the relative size of the scale in the residential area will be considered together with the overall design and business plan at the present stage Do not overlook or consider anything that might be considered as a context.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

有限会社仲村建築店 代表取締役 仲村和泰

有限会社 仲村建築店
代表取締役 仲村和泰

建築家。現代建築の設計施工が専門。特に東京特有の狭小変形地で建築理論を基にモダンデザイン住宅を設計から施工まで一貫して行い定評。世界中の近代・現代建築を見て歩き調査。コルビュジェ作品は8割調査済み。北欧フィンランドの建築家アアルトについて建築専門雑誌「新建築」でレポート執筆。3割はデザインのプロからの住宅設計依頼。

【略歴】
関東学院大学工学部建設工学科建築系卒業。株式会社像建築設計事務所に入社。その後家業である有限会社仲村建築店にて設計をはじめる。住宅のみならず店舗やオフィスビル、マンションの設計から施工までに一貫して携わる。
2001年 一級建築士取得。
日本建築学会正会員。
東京建築士会会員。