«  2019年01月06日  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« 2019年01月05日 | メイン | 2019年01月07日 »

2019年01月06日

触れないのに見た目で感触まで意識する状態を意図的につくり出すには、どうするのか。

茶室に向かう露地の苔はなぜ、見た目でふわふわの感触まで意識するのだろうか、茶室の中で見る花はなぜ、花弁の感触まで意識してしまうのか。いずれも、意図的につくり出している。

感触まで意識してしまう構造というか、メカニズムがわからないと意図的にはつくり出せない。

苔の感触を意識してしまうのは、苔が大事に育てられていて、その苔に価値があり、絶対に触ってはいけない、踏んではいけないと思っているから、逆に踏んでしまった時はどうなるのだろうと、やわらかくて、ふわふわしていそうだから、苔が足型にへこむかな、などと想像してしまう。

花弁も愛でるもので、触れないから、また、茶室という非日常の空間の中にいると、花以外にも、そこにあるもの、差し込む光さえも畳に当たった所の感触というか、質感みたいなものを意識してしまう。閉ざされた空間の中で限定的に設えられたモノたちが自然としてクローズアップされてくる。それはきっと茶室が、岡倉天心が「茶の本」で言う所の、からっぽの空間で、一期一会のための設えをするための存在だからか。

それとも、茶道が、茶室が、そのような感触まで意識することだと刷り込まれているからか、あるいは、それが日本の美意識の一端のようなことをどこかで自身で思っているからか。

ただ、苔にしろ、花にしろ、いずれも人が意図的につくり出した、自然の見立てである。

見立てという構造が、触れないのに見た目で感触まで意識する状態を意図的につくり出しているとしたら、それはとても面白い、がどうだろうか。

C0A02AA8-C16F-4EEA-808E-0C987ED6EABA.jpeg

"Feel of architecture vol.5"

How to deliberately create a state that is to the point of being conscious of the feeling to the touch though not touching.

Why is the moss on the open ground heading for the tea room conscious of the appearance and fluffy feeling? Why are flowers seen in the tea room conscious of the feel of petals? Both are intentionally created.

I can not make it intentionally if I do not know the mechanism, whether it is a structure that consciously feels like a feeling.

It is conscious of the feel of moss that moss is raised carefully and that moss is worthy and you should never touch it, I think that you should not step on it, so when you step on the other way As it will be soft and fluffy what will happen, I imagine that moss will not sink into the foot type.

Because I love petal and it does not touch, Also, when I am in an unusual space like a tea room, besides flowers, the things that exist there, the feeling of the place I hit the tatami, even the light that I insert is like the texture It conscious of something. Things limitedly set in the closed space will be close up in nature. It is certainly because the tea room is an empty space where Okakura Tenshin says in the "tea book" because it is for existence to set aside for a long time.

Or is it because the tea ceremony is being imprinted that the tea room is conscious of such a feeling, or because it thinks somewhere of itself somewhat like a part of Japanese aesthetic sense?

However, both moss and flowers, both of which are intentionally created by human beings, is a natural way of thinking.

If it is intentionally created a structure that is conscious of a structure that is not touched but conscious of the feeling to the touch, it is very interesting, is not it?


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

有限会社仲村建築店 代表取締役 仲村和泰

有限会社 仲村建築店
代表取締役 仲村和泰

建築家。現代建築の設計施工が専門。特に東京特有の狭小変形地で建築理論を基にモダンデザイン住宅を設計から施工まで一貫して行い定評。世界中の近代・現代建築を見て歩き調査。コルビュジェ作品は8割調査済み。北欧フィンランドの建築家アアルトについて建築専門雑誌「新建築」でレポート執筆。3割はデザインのプロからの住宅設計依頼。

【略歴】
関東学院大学工学部建設工学科建築系卒業。株式会社像建築設計事務所に入社。その後家業である有限会社仲村建築店にて設計をはじめる。住宅のみならず店舗やオフィスビル、マンションの設計から施工までに一貫して携わる。
2001年 一級建築士取得。
日本建築学会正会員。
東京建築士会会員。