«  2019年01月09日  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« 2019年01月08日 | メイン | 2019年01月10日 »

2019年01月09日

その日の気分で変えたいのです。その日の気分に左右されたい。

毎朝、豆から挽いてコーヒーを淹れますが、コーヒー豆は、コーヒーの味は、お気に入りがあるので、酸味が強くて、苦味が少ない、しっかりした味が好みなので、豆は決まってしまうが、コーヒーカップは毎朝気分で違うものを選びたいのです。

ゲン担ぎはしないので、今日は絶対結果を出したい日だから、このコーヒーカップにするとか、そんなことはしないけれど、食器棚を開け閉めしながら、今朝はどれにしようかな、今日の気分はこれかな、とやりたい。

コーヒーカップは、人より小さいし、簡単に動かせるし、いくつも用意することができるから、気分で選ぶことが容易にできる。

建築は、コーヒーカップと真逆、人より大きいし、絶対に動かないし、いくつも用意できないから、その日の気分で、今朝はどれにしようかな、今日の気分はこれかな、とできない、できないはず、できる人もいるか、大体の人には無理。

建築自体は動かせないから、変えられないから、選べないならば、その中で人が気分で動いて場所を変えればよいか。都市の中では、よくあることで、今朝はこのカフェ、昨日はあそこだったとか。大きな建築ならば、それも可能。

例えば、狭小の敷地で、ペンシル状に10階建て位のビルを建て、各階1部屋で、そうすると、1階と10階では見える景色が全然違い、各階それぞれでも景色が違うはずたがら、その日の気分で、今日は3階、昨日は5階にしたな、週末は10階にするか、なんて選べたら、何かいい、昔、このような計画をした人がいて、何て素敵な考え方なんだと感心したことがあった。

気分で場所を変えるのは、都市の中でも、建築の中でも可能だから、それでも十分に気分に左右されるのだが、ちょっと、もうちょっと、コーヒーカップを気分で選ぶように、建築に気分を持ち込み、気分で建築が変わらないかな。

A13F4E08-6BB9-4C0A-94D4-3F9B425CA77E.jpeg

"Bring your mood"

I want to change it in the mood of the day. I want to be influenced by the mood of the day.

Every morning, we grind coffee from beans, but coffee beans, coffee taste has favorite, so we prefer sour taste, little bitterness, firm taste, so beans will be decided, I want to choose a different coffee cup every morning.

Because I do not carry gen, so today is absolutely a day I want to put out a result, I do not do such a coffee cup, I do not do such a thing, but I will do this morning while opening and closing the cupboard, I feel like this today I want to do it.

Coffee cups are smaller than people and can be moved easily, and as many can be prepared, it is easy to choose by mood.

Architecture is bigger than a cup of coffee, is bigger than a person, absolutely does not move and can not prepare anything, so I feel like that day, I will do this morning, I can not do today, I can not, can not be, Some people can do it, impossible for most people.

Since the building itself can not be moved, it can not be changed, so if you can not choose it, why should a person move in a mood and change places? It is common in the city that this cafe this morning, yesterday was over there. If it is a big building it is also possible.

For example, in a small site, building a ten-story building in a pencil shape, in each room one floor, then the view that can be seen on the first floor and the tenth floor is totally different, the scenery must be different on each floor, the mood of the day So, if you could choose the third floor today, yesterday to the 5th floor, weekend to the 10th floor, whatever you choose, something good, there was a person who had done such a plan in the past, what a wonderful way of thinking I was impressed.

Changing the place by mood is possible even in the city and in the architecture, so still it depends on the mood enough, but a little more, just a little bit more, to bring the mood to the building to bring the mood like a coffee cup feeling, feeling I guess the architecture will not change.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

有限会社仲村建築店 代表取締役 仲村和泰

有限会社 仲村建築店
代表取締役 仲村和泰

建築家。現代建築の設計施工が専門。特に東京特有の狭小変形地で建築理論を基にモダンデザイン住宅を設計から施工まで一貫して行い定評。世界中の近代・現代建築を見て歩き調査。コルビュジェ作品は8割調査済み。北欧フィンランドの建築家アアルトについて建築専門雑誌「新建築」でレポート執筆。3割はデザインのプロからの住宅設計依頼。

【略歴】
関東学院大学工学部建設工学科建築系卒業。株式会社像建築設計事務所に入社。その後家業である有限会社仲村建築店にて設計をはじめる。住宅のみならず店舗やオフィスビル、マンションの設計から施工までに一貫して携わる。
2001年 一級建築士取得。
日本建築学会正会員。
東京建築士会会員。