«  2019年03月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« 気分を持ち込み | メイン | 建築は強固すぎか »

2019年01月10日

気分というのはいい加減なもので、さっきまでイライラしていても、誰かと話すとすっかり忘れて元に戻ったり、落ち込んでいても、美味しいものを食べたら、ちょっとだけ前向きになれたり、ダラダラなのがシャワーを浴びたら、何かやる気になったり、逆に、朝起きて天気が良いと、それだけで楽しい気分になったり。

気分がコロコロ変わることに対しては良いイメージは無く、気分に左右されないようにして、きちんとしなきゃ、なんて思ったりする。

コロコロ変わるところを言えば、確かに、気分とはいい加減なものだが、その気分を感じる裏には、その気分にさせる、もしかしたら自分でもはっきりと認識できていない、何か要因がある訳で、そう考えると、気分はもしかしたら、その人自身が持っている膨大なデータベースに基づいたシグナルかもしれない。

そうなると、気分がコロコロ変わるということは、場面場面に応じて、自身が持っているデータベースを活かしていることになり、かえって気分がコロコロ変わる方が自然なことのような気がするし、決して悪いことでは無いような気がする。

むしろ、気分に変化が無い方がその場その場にきちんと対応していないような気がして、それでも良いのかもしれないが、何かもったいないというか、今生きていることを肯定していないような気がして。

だからか、なるべく気分の変化みたいなことをそのまま生活の中に取り込みたいと思っていて、簡単なことでも、毎朝飲むコーヒーを淹れるカップをその日の気分で選んだりすることでも、とても大事なことのように思っている。

気分の変化に建築は応えてくれるのかな、と気がつくと考えている。建築は強固だ。

室内の模様変えなんてことを気分ですれば、見える範囲の室内の景色は変わるから、まあ、それで。でも、建築が変わる訳では無いから、固いし、動かないし、動かせないから、気分の変化に対応できない建築はつまらないなと、コーヒーカップは気分の変化に応えてくれるのに。

6CCED338-47D6-4E30-BD74-6004BAF90C1B.jpeg

"Corochoric mood"

Feeling is sloppy, even if you are irritated a while ago, if you talk to someone you forgot to completely forgotten and return to the original, even if you are depressed, if you eat delicious things, you can get a little forward or you are dull When I take a shower, I feel motivated something, on the contrary, when I get up in the morning and the weather is good, it makes me feel happy alone.

There is no good image for the change in the mood, so I try not to be influenced by the mood, and I do not think it is proper.

Corocoro When speaking of the place to change, indeed, the mood is irresponsible, but behind the feeling of that feeling makes me feel that, perhaps because I do not recognize myself clearly, there are some factors, If you think so, the mood may be a signal based on the huge database that person himself possesses.

Then, the fact that the mood changes, depending on the situation scene, it makes use of the database that it owns, and it seems that it is more natural that the person who changes mood is more natural, and it is never bad It seems that it is not a thing.

Rather, it seems that people who do not have a change in their mood properly correspond to the spot on the spot, but it may still be good, but something is a waste or I am not affirming that I am alive now Like I thought.

So, I think that I want to incorporate things like a change of mood as much as possible into life, and even if it is easy, even if you choose a cup that makes coffee to drink every morning by the mood of the day, it is very important thing I think like.

I believe that architecture will respond to the change of mood. Architecture is solid.

If I feel like changing indoor patterns, the scenery in the room in the visible range will change, well, so. But, because the construction is not a translation, it is hard, does not move, can not move, so the architecture that can not respond to the change of mood is boring, the coffee cup will respond to the change of mood.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

有限会社仲村建築店 代表取締役 仲村和泰

有限会社 仲村建築店
代表取締役 仲村和泰

建築家。現代建築の設計施工が専門。特に東京特有の狭小変形地で建築理論を基にモダンデザイン住宅を設計から施工まで一貫して行い定評。世界中の近代・現代建築を見て歩き調査。コルビュジェ作品は8割調査済み。北欧フィンランドの建築家アアルトについて建築専門雑誌「新建築」でレポート執筆。3割はデザインのプロからの住宅設計依頼。

【略歴】
関東学院大学工学部建設工学科建築系卒業。株式会社像建築設計事務所に入社。その後家業である有限会社仲村建築店にて設計をはじめる。住宅のみならず店舗やオフィスビル、マンションの設計から施工までに一貫して携わる。
2001年 一級建築士取得。
日本建築学会正会員。
東京建築士会会員。