«  2019年03月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« 建築の感触vol.2 | メイン | 建築の感触vol.4 »

2019年01月04日

見た目の感触に既視感が無いモノをつくり出す。そうすると、人は確かめたくて触らずにいられないだろう。

また、既視感が無いということは、その人の中で完結していない不完全な状態か。

その不完全な状態がアクティビティーを生むのではないか。

では、見た目の感触に既視感が無いモノとは何があるのだろうか、どういう状態なのだろうか。

例えば、目の前にソファがある、明らかにソファの形、ソファの様子をしている。ソファだから革張りにしろ、布張りにしろ、体を包み込むようにやわらかい感触があるだろうと思うが、見た目が全て木できているように見えたら、それは何だ、と違和感を覚え、今度は木だから、固いはずだと思い、その固さを確かめたくて、座ろうとすると、やっぱりやわらかい、何、と違和感が増幅する、ソファが木に見える布張りだったということ。

実存として、ソファだから木でできていたら、ソファとしての用はなさない。しかし、ベンチシートであれば木でできていてもよいから、ソファの形をした木でできたベンチシートならば用をなすが、それはソファでは無くなる。

見た目の感触の既視感とは、今までの経験が元となったものだから、その既視感に違和感自体を起こすことは難しいことでは無い気がするが、どのように違和感を起こすかは重要で、違和感を起こすこと自体が目的になってしまうと、感触からは離れて、単なるトリックアートのようになる危険性がある。

2618A8D1-9B1E-418F-AF7D-87CD502D28C6.jpeg

"Feel of architecture vol.3"

Create a thing with no sense of vision in the appearance feel. Then people will not be able to keep touching themselves to see it.

Also, the fact that there is no sense of deja vu is an incomplete state that is not completed within that person.

Is not the incomplete state an activity?

Then, what is the condition that there is no sense of visual impression on the appearance feeling, what is the state?

For example, there is a sofa in front of my eyes, obviously the shape of the sofa, the state of the sofa. Because it is a sofa, leather or upholstered, I think there will be a soft feel like wrapping the body, but if it looks like everything looks like a tree, that is what it is, it is a sense of incongruity, so this time it is a tree I thought that it should be hard, when I wanted to sit down, I tried to check its firmness, after all it was soft, what made me feel uncomfortable, the sofa was upholstered by the tree.

As an existence, if it is made of wood because it is a sofa, it will not be used as a sofa. However, if it is a bench seat it can be made of wood, so if the bench seat made of a sofa shaped wooden bench sheet is used, it will not be a sofa.

Although the feeling of visual sense of the appearance feeling is based on the experience so far, it seems that it is not difficult to cause the sense of incompatibility in the sense of deja vu, but how to feel uncomfortable is If it is important and it makes sense to cause discomfort itself, there is a danger that it will be like a simple trick art, away from feel.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

有限会社仲村建築店 代表取締役 仲村和泰

有限会社 仲村建築店
代表取締役 仲村和泰

建築家。現代建築の設計施工が専門。特に東京特有の狭小変形地で建築理論を基にモダンデザイン住宅を設計から施工まで一貫して行い定評。世界中の近代・現代建築を見て歩き調査。コルビュジェ作品は8割調査済み。北欧フィンランドの建築家アアルトについて建築専門雑誌「新建築」でレポート執筆。3割はデザインのプロからの住宅設計依頼。

【略歴】
関東学院大学工学部建設工学科建築系卒業。株式会社像建築設計事務所に入社。その後家業である有限会社仲村建築店にて設計をはじめる。住宅のみならず店舗やオフィスビル、マンションの設計から施工までに一貫して携わる。
2001年 一級建築士取得。
日本建築学会正会員。
東京建築士会会員。