«  2019年02月01日  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28

« 2019年01月31日 | メイン | 2019年02月02日 »

2019年02月01日

デザインするのが好きで、ものをつくるのが好きだから、それを死ぬまでやり続けたいと、その環境づくりも含めて、今、奔走しているところで、輪島塗のフリーカップづくりは、塗りの見本待ちで、それが楽しみでしょうがなく、ここまで来ると、何をデザインするか、何をつくりたいか、また、どうしたら出来上がるのか、が明確になっているので楽しくて、待ち遠しくて、早くそのカップでコーヒーが飲みたくて仕方がない。

建築ももちろん、ものづくりなのだが、建築と建築以外では同じものづくりでも違うような感覚がある。

端的に言うと、ものそのものをつくるのか、空間をつくるのか、の違いか。建築でも細部に至る時はものそのものに向き合い、ものそのものをつくるが、最初は空間から考えるのが一般的で、大きな入れ物から考えはじめて、段々と中身に何を入れようか、中身のつくりをどうしようかと考えて細部に至る。それはインテリアデザインでも同じだが、建築はそのインテリアデザインをする空間そのものも一から考えるので、より空間をつくる思考が強くなる。

もっと違う言い方をすると、人がデザインされたものを全て操れるのか、人がデザインの一部なのか、の違いか。建築では、空間は人を包み込み、人はその空間の一部という扱いになるが、建築以外では、人から離れたところにものが実存し、そのものを人が全て操るようにデザインされる。

輪島塗のフリーカップづくりをはじめてから、この当たり前のような違いが、とても大きな違いのように感じるようになっており、それは、もしかしたら自分が指向している建築のつくり方は、空間からはじめるのでは無くて、ものそのものからはじめることではないか、とちょっとどこかで思うようになっている。

人がいて、体を覆う衣服があり、体を支える椅子があり、食事をするためのテーブルがあり、テーブルの上には人が使う食器やカトラリーがあり、そのテーブルを照らす灯りがあり、そのテーブルや椅子や人を囲むように、床や壁や天井があり空間ができ、それが部屋と呼ばれ、部屋がいくつも連なり、家という建築ができる、ようなつくり方がしてみたい。

考えてみれば、衣服以外は今すぐにでもつくることができる。

AF378D3C-B39C-4732-B264-CFFDF321A16F.jpeg

"How to make architecture"

I like to design and I like to make things, so I want to keep doing it until I die, and now I'm busy making the environment, Wajima painted free cup making is waiting for samples of paint So, it can not be helped fun, and as soon as you come this far, it's fun to see what you design, what you want to make, and how to make it, so it's fun, I can hardly wait, in that cup There is no point in wanting to drink coffee.

Not only building but also manufacturing, but there is a different feeling in building the same thing outside of architecture and architecture.

To put it briefly, is it the difference between making things themselves or creating space? Even in architecture, when it reaches the details, it faces the thing itself and makes things themselves, but at first it is common to think from the space, starting with thinking from a big container, what should we put in contents, and how to make contents I think to it and it comes down to details. Although it is the same in interior design, architecture thinks space itself to do its interior design from scratch, so thinking to create more space becomes stronger.

Writing in a different way of speaking, is it different whether people can manipulate everything that was designed or whether people are parts of design. In architecture, space envelops people, treats a person as a part of the space, but outside the building, things are existed far away from people and designed to manipulate them all.

The difference like this is beginning to feel like a very big difference since I started making a free cup of Wajima coat, which is probably how I'm pointing my way of building a building from the space It is not at all, it is supposed to start somewhere somewhere, starting with things themselves.

There are people, there are clothes that cover the body, there is a chair that supports the body, there is a table to eat, there are tableware and cutlery for people to use on the table, there is a light that illuminates the table There is a floor, a wall, a ceiling and surrounding a table, a chair and a person, a space is made, it is called a room, a number of rooms are connected, we want to try to make such a construction that a house can be done.

If I think about it, I can make anything but clothes right now.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

有限会社仲村建築店 代表取締役 仲村和泰

有限会社 仲村建築店
代表取締役 仲村和泰

建築家。現代建築の設計施工が専門。特に東京特有の狭小変形地で建築理論を基にモダンデザイン住宅を設計から施工まで一貫して行い定評。世界中の近代・現代建築を見て歩き調査。コルビュジェ作品は8割調査済み。北欧フィンランドの建築家アアルトについて建築専門雑誌「新建築」でレポート執筆。3割はデザインのプロからの住宅設計依頼。

【略歴】
関東学院大学工学部建設工学科建築系卒業。株式会社像建築設計事務所に入社。その後家業である有限会社仲村建築店にて設計をはじめる。住宅のみならず店舗やオフィスビル、マンションの設計から施工までに一貫して携わる。
2001年 一級建築士取得。
日本建築学会正会員。
東京建築士会会員。