«  2019年02月05日  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28

« 2019年02月04日 | メイン | 2019年02月06日 »

2019年02月05日

ボリュームチェックをする。それはその敷地にどのくらいの規模のものが建築できるのかを確認するためだが、同時にそれは集合住宅の場合、最大戸数を確認する、収支計画を立案する、ための元資料にもなる。

昔いた設計事務所では、もう25年くらい前の話だが、不動産屋から敷地図がfaxで送られてくると、社長がボリュームチェックをして、その敷地に対する計画案を作成し、それは収支計画用の計画案なので、最大戸数を確保したものをまた送り返していた。

その場合、建築基準法や条例などを法規を満たすのは当たり前のことだが、とにかく知りたい情報はその敷地にどれだけの規模の、戸数の集合住宅ができるか、だったので、デザインは二の次、付け足すもの扱いで、とりあえず、平面図だけあればよく、それで収支計画が立案できるので、実際に計画がスタートして外観を考える時にデザインが入ってくるようだった。

そのデザインや計画案作成の態度にはなじめず、でも大概の設計事務所はそうなのだろうと想像しながら、私が設計担当した最初の建築は、その社長が作成した計画案からはじまった集合住宅だった。だから、私が担当としてデザインできる範疇は外観くらいしかなく、それはそれで重要なのだが、プランから考えなければ、外観だけ考えても意味は無いのでは、と思いながら仕事をしていたのを思い出した。

なぜ思い出したかというと、今、そうだから、とりあえず、収支計画用の最大戸数を確保した計画案を作成し、これからどう進めていくかと考えているところだから。

ただ違うのは、この計画案はあくまでも収支計画用で、ボリュームチェック用で、アタリの図面で、ここから全く違うものをはじめからデザインしはじめる。

ところが、この計画案が結構強力で、引きづられてしまう、自分で作成したのだが、厄介なしろものだ。

2E0870D8-EE1F-44F6-B07A-F92FA321EA15.jpeg

"Volume check"

Perform volume check. It is to confirm how much can be built on the premises, but at the same time it is also the original source for planning the income and expenditure plan to confirm the maximum number of houses in the case of multi-family houses.

In the former design office, about 25 years ago, when the real estate agent sent the site map at fax, the president made a volume check and created a plan for the site, which is a balance plan It was a plan for use, so I sent back the one that secured the maximum number.

In that case, it is natural to satisfy the Building Standards Law and ordinances etc, but since the information that you want to know is just how large, multi-united housing can be built on the premises, design is secondary, It is treated as a thing to add, in the meantime, it is only necessary to have a plan view, so you can plan the income and expenditure plan, so it seems that the design will come in when you plan the actual planning and consider the appearance.

While imagining the design and the planning draft attitude, but imagining that most of the design office would be, the first building I was in charge of designing was a collective housing that started with the plan drafted by the president was. So, the category that I can design as a responsible person is only about the appearance, which is important, so I thought that if I did not think about it from the plan, I thought that it was meaningless to think only about the exterior, I remembered that I was working .

I remember why I remember now that I am thinking about how to proceed from now on, because I am planning a plan that secures the maximum number of households for income and expenditure planning.

The only difference is that this plan is for balance planning only, for volume checks, Atari's drawings, beginning to design completely different things from here.

However, this plan was quite powerful and attracted, created by myself, but a troublesome one.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

有限会社仲村建築店 代表取締役 仲村和泰

有限会社 仲村建築店
代表取締役 仲村和泰

建築家。現代建築の設計施工が専門。特に東京特有の狭小変形地で建築理論を基にモダンデザイン住宅を設計から施工まで一貫して行い定評。世界中の近代・現代建築を見て歩き調査。コルビュジェ作品は8割調査済み。北欧フィンランドの建築家アアルトについて建築専門雑誌「新建築」でレポート執筆。3割はデザインのプロからの住宅設計依頼。

【略歴】
関東学院大学工学部建設工学科建築系卒業。株式会社像建築設計事務所に入社。その後家業である有限会社仲村建築店にて設計をはじめる。住宅のみならず店舗やオフィスビル、マンションの設計から施工までに一貫して携わる。
2001年 一級建築士取得。
日本建築学会正会員。
東京建築士会会員。