«  2019年02月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28

« モノ・マガジンにちょっとだけ | メイン | ボリュームチェック »

2019年02月04日

以前に、建築に感触を取り込みために「見立て」を考え、建築に気分を取り込むために「追従する」建築で差異を考えた。いずれも、納得して建築に取り込める手法だと考えていたが、違う角度から再度、感触や気分を建築に取り込む方法を考えてみたいと思った。

そのきっかけは、今制作中の輪島塗のフリーカップ。もの自体が感触と気分を取り込む媒介になるのならば、建築でも可能なのではないか、と思ったから。

建築を空間として扱うから全体のボリュームが最重要になるが、建築を細部のものの集合体として扱えば、まず細部のもの自体がどうあるか、からはじまるので、感触やその時の人の気分を反映しやすく、その感触や気分を伴ったまま、最終的に空間が出来上がるのではないか、と考えた。

人を中心に据えて、人に密着した周辺からはじまり、その時々の人の気分を反映することが可能なものを細部から感触を含めつくり出しながら、どんどん同心円状に広がっていき、空間に仕立てていくイメージ。

イメージがまずできないと、実際のものづくりはできない、全てのイメージでなくても良いが、はじめの取っ掛かりや、大まかで良いから骨子みたいなものは欲しいが、それが段々と揃ってきたような気がする。

8032CB47-D414-43C5-AF6B-27B550C42D2D.jpeg

"Image to tailor the space"

In the past, I thought about differences in architecture "to follow" in order to capture the mood in buildings, considering "looking" to incorporate the feeling into architecture. Both thought that it was a method that I could consent to incorporate into architecture, but from another angle I wanted to think about a way to incorporate feel and mood into architecture again.

The trigger is a free cup of Wajima coat under construction now. Because I thought that it might be possible in architecture as long as things themselves become intermediaries for taking in feel and mood.

The whole volume becomes the most important because it treats architecture as space, but when treating the building as a collection of details, it first starts from how the detail itself is, so reflects the feel and the mood of the person at that time I thought that it would be easy to do, with the feel and mood accompanied, the space would eventually be finished.

Starting from the periphery that is close to people, starting from the surroundings close to people, reflecting the feeling of the people from time to time, create things including details from the details, spread more and more concentrically and tailor it to the space Some image.

If you can not do an image first, you can not make actual manufacturing, not all images, but I want something like a gist of a first bargain, because it is rough and good, but it seems that it has gotten step by step I will do.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

有限会社仲村建築店 代表取締役 仲村和泰

有限会社 仲村建築店
代表取締役 仲村和泰

建築家。現代建築の設計施工が専門。特に東京特有の狭小変形地で建築理論を基にモダンデザイン住宅を設計から施工まで一貫して行い定評。世界中の近代・現代建築を見て歩き調査。コルビュジェ作品は8割調査済み。北欧フィンランドの建築家アアルトについて建築専門雑誌「新建築」でレポート執筆。3割はデザインのプロからの住宅設計依頼。

【略歴】
関東学院大学工学部建設工学科建築系卒業。株式会社像建築設計事務所に入社。その後家業である有限会社仲村建築店にて設計をはじめる。住宅のみならず店舗やオフィスビル、マンションの設計から施工までに一貫して携わる。
2001年 一級建築士取得。
日本建築学会正会員。
東京建築士会会員。