«  2019年03月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« 2019年02月 | メイン

2019年03月21日

動線空間が建築の中で主体的に扱われるようになったのが20世紀以降、とした。

なかでもスロープは20世紀のモータリゼーションとともに主体的に扱われるようになったのではないか。

例えば、イタリアのトリノにあったフィアットのリンゴット自動車工場は、今は改修されショッピングモールやホテル、劇場からなる複合施設になっているが、自動車の生産ラインが螺旋状のスロープを上っており、5階建ての最上階で自動車が組み上がり、そのスロープの続きで屋上に楕円形のテストコースが設けられていた。

最初は自動車の昇降のために設けられていたスロープが、人間の昇降にも使われるようになったのだろう。

スロープは階段と違って連続的にレベルが変化していく、階段だと多少の上下動を伴ってレベルが変化していく。これは視線が階段よりスロープの方がよりスムーズに変化していくことであり、20世紀は今と違ってネットなど無い時代なので、建築を伝えるためには写真しかなく、その写真を出版物で見せるしかなく、たった1枚の写真にその建築で伝えたいこと全てを盛り込もうとした時に、どう見えるか、視線の動きが正確に計算できる方が良かったから、スロープが動線空間として主体的に扱われるようになったのではないだろうか。

A87B54C0-A51F-40EC-B31B-73A4B9EC2C0A.jpeg

"Emergence of slopes"

It is assumed that the movement line space has been dealt with predominantly in architecture since the 20th century.

Above all, slopes have come to be treated independently with motorization in the 20th century.

For example, Fiat's Lingotto Car Factory, located in Turin, Italy, is now refurbished into a complex consisting of shopping malls, hotels and theaters, but the car production line is on a spiral slope, A car was assembled on the top floor of 5 floors, and an oval test course was provided on the roof on the continuation of the slope.

The slope, which was originally provided for the lifting and lowering of the car, would have been used for lifting and lowering of humans.

Unlike the stairs, the slope changes level continuously, and in the case of the stairs the level changes with some vertical movement. This is that the line of sight changes more smoothly in the slope than in the stairs, and since the twentieth century is an age when there is no net etc. unlike now, there is only a picture to convey architecture, and that picture is a publication Because it was better to be able to accurately calculate the movement of the line of sight when trying to incorporate everything that you want to convey in that single building with only one picture to show, the slope is the dominant flow line space Isn't it coming to be treated?


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2019年03月20日

20世紀以降、人間のアクティビティーが建築を支配している、とした。

人間のアクティビティーの中で一番単純で、初歩的で、誰でも行うことが「歩く」こと。「歩く」ことを建築化すると、廊下、階段、スロープなど動線空間と呼ばれる空間になる。

この動線空間が建築の中で主体的に扱われるようになったのが20世紀以降ではないだろうか。昔の宮殿や伽藍には回廊と呼ばれる動線空間があったが、それはあくまでも主要な空間を結ぶためのもので、それが主体的な空間として扱われることはなかった、それは階段やスロープもしかり。

20世紀になり人間のアクティビティーが元となった機能主義の建築になると、アクティビティーそのものが建築空間になっていく。

会津にささえ堂という建築がある。複雑な二重らせんスロープで一方通行で上がり下がりをする。中にはたくさんの観音様があり、上がって下がったて一周してくるだけで、たくさんのご利益が得られることを目的にして18世紀に建てられた。これはまさに動線空間が主体的に扱われた事例で、20世紀より前だが、これはむしろ特殊な事例で、日常の中で動線空間が主体的に扱われた事例に出会うようになったのは、やはり20世紀以降ではないだろうか。

D4C6D44D-F201-4768-AA6E-1200BE2F4022.jpeg

"Occurrence of flow line space"

Human activities have dominated architecture since the 20th century.

The simplest, rudimentary, and "walking" thing anyone can do in human activity. When we build “walking”, it becomes a space called traffic line space, such as corridors, stairs, and slopes.

This movement line space became to be treated independently in architecture probably after the 20th century. In the old palaces and forts, there was a flow line space called a corridor, but it was only for connecting the main spaces, and it was not treated as a dominant space, it was a staircase or slope. .

When the 20th century becomes functionalist architecture based on human activities, activities themselves become architectural spaces.

Aizu has an architecture called a temple. Up and down in one way with a complex double helix slope. There are many kannons inside, and it was built in the 18th century for the purpose of obtaining a lot of benefits just by going up and down and going around. This is a case in which the flow line space is treated in a dominant manner, and it is before 20th century, but this is rather a special case, and a case in which the flow line space is dealt in the daily life is to be encountered Is it not after the twentieth century?


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2019年03月19日

建築は人のアクティビティーから出来ていて、人のアクティビティーに可能性を感じる、とした。

アクティビティーを考える上で、20世紀はアクティビティーの時代だと思っていて、空間が流動的になり、アクティビティーをそのまま形どったような空間も現れた。

これは、サリヴァンの「形態は機能に従う」から機能という言葉が意識して建築に持ち込まれるようになり、機能を考える上で、人間に必要なアクティビティーが元になったからと推測される。

もともと「形態は機能に従う」は、それまでの様式建築に見られる装飾的な建築から自由になるための言葉で、建築の形態は、装飾で決まるのでは無くて、イメージはヨーロッパの石造りの神殿や教会、必然的な人間のアクティビティーが元になった機能により決まる、イメージはガラス張りのオフィスビル、ということ。

だから、20世紀以降、人間のアクティビティーが建築を支配していると言っても過言ではなく、だから、アクティビティーについて深く考えたくなる。

6C9FF547-A8AC-490A-A75D-62032FE5A5B0.jpeg

"The 20th Century is an age of activity"

The architecture was made up of human activities and felt the possibility of human activities.

When thinking about activities, I think that the twentieth century is the age of activities, and the space has become fluid, and a space that has shaped activities has also appeared.

It is speculated that this is because the word "function follows function" comes to architecture with the word "function follows function" consciously, and in order to consider the function, the activity necessary for humans is the origin.

Originally "form conforms to the function" is a term to be free from decorative architecture seen in the style architecture until then, the form of the architecture is not determined by the decoration, the image is a European stone temple The image is a glass office building, which is determined by functions derived from human activities and churches.

So it's no exaggeration to say that human activities dominate architecture since the 20th century, so it's tempting to think deeply about activities.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2019年03月18日

建築の可変性に焦点を当てて、人を外的要因として扱うには、意識的にならないと難しい、とした。

人はアクティビティーを発生し、そのアクティビティーに沿って建築は構成されると言っても過言では無い。

生活動線なんかは、まさにアクティビティーで、クライアントでさえ動線という言葉を普通に使うようになった。だから、建築はアクティビティーから出来ている、アクティビティーを形にした、アクティビティーから形どったもの、という認識は普通のことになった、もっと正確に言うと、アクティビティーが建築に及ぼす影響などさして考えてもいないで、動線というアクティビティーから建築がつくられていると普通に思うようになった。

ただ、ここで言う動線は、単に、日常の家事がやりやすく、軽減される、疲労が少ないなどの効用を期待して言っているに過ぎず、そのための解決方法はもうすでに出尽くしているし、さほど難しいことでも無いから、本や雑誌やネットなどで、生活動線や家事動線などの解決方法を解説できるのであって、本来、生活動線や家事動線は、人の顔が皆違うのと同じで、人によって全く違うから、人のアクティビティーを見つめ直して、突き詰めて空間構成を考えるだけで、その人特有の建築ができる、それをやらないのが建売住宅、それをやるのが注文住宅。

この話ひとつでも、人のアクティビティーを扱うことに可能性を感じてしまうが。

F26450C1-2462-49FD-9DF1-52F1C3061FE7.jpeg

"Possibility of activity"

In order to focus on the variability of architecture and treat people as external factors, it was difficult, if not conscious.

It is no exaggeration to say that people generate activities and that architecture is structured along those activities.

Livelines are just activities, and even clients have come to use the word flow normally. So, the idea that architecture is made up of activities, activity-shaped, activities-shaped, etc. has become commonplace, or more precisely, even considering the impact of activities on architecture Not, I came to think normally that architecture was made from activity called flow line.

However, the line of flow here is merely to say that it is expected to be useful for everyday household chores, eased, reduced in fatigue, etc., and solutions for that are already available. Because it is not so difficult, it is possible to explain solutions such as live activity lines and housework lines with books, magazines and the net etc. Naturally, live activity lines and housework lines are different for all human faces Because it is completely different depending on the person, the person's activity can be reconsidered, the space structure can be considered, and the building unique to the person can be made. Order housing.

Even with this story, I feel the possibility of dealing with human activities.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2019年03月17日

建築の外的要因による可変性にかなり可能性を感じている、とした。

外的要因にはいろいろあるが、例として、光、他に具体的な建築部分として、可動間仕切りを挙げた。

光は、そもそも時間により変化するので、光の取り入れ方を工夫すれば良く、単純にトップライトを設けるだけでも可変性は出る。

外的要因で一番取り上げたいのは、人。

人によって建築や空間に可変性が生まれる様が一番しっくりくるような、建築として一番自然な姿のような気がする。

人は、光と同じように、動きがあり、可変性がもともとあるので、取り入れやすいはずだが、建築はそもそも人が使うものとして設計するから、可変性に焦点を当てて、人を外的要因として扱うには、意識的にならないと難しい。

C04FAD6D-C70B-471F-BCF0-89EB38C83E59.jpeg

"Human variability"

It is quite possible that it is possible to change the building external factors.

There are a variety of external factors, but as an example, we have mentioned moving partitions as light and other concrete building parts.

Since light changes with time in the first place, it is sufficient to devise how to take in light, and simply providing a top light can bring about variability.

The most important factor in external factors is people.

I feel that it looks like the most natural form of architecture in which people are most likely to be able to create variability in architecture and space.

People, like light, should be easy to adopt because there is movement and variability originally, but since architecture is originally designed for human use, focusing on variability, external factors for people It is difficult to be conscious if you treat it as


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2019年03月16日

可変とか、リバースブルなんて言葉が好きで、変化する可能性があることに価値があると思ってしまう。

変化にも2種類あって、そのもの自体が変化するのと、そのもの自体は変化しないが外的要因で変化したように見えるのと。

そのもの自体が変化する、リバースブルの服なんてまさにそうで、リバースブルのコートやストールなんかはとても便利で、1つあれば、その時の気分で変えることができるから嬉しいし、楽しい。

ただ、そのもの自体が変化するのはあまりにも単純というか、直すぎて、ちょっとつまらないので、趣があって、いろいろと考えを巡らすことができて、深みも感じられるから、どちらかというと、外的要因でそのもの自体は変化しないが、変化したように見える方に興味が惹かれる、建築もそうだから、そのもの自体が変化すると装置だから。

だから、どうしても建築に可変性を持ち込みたくなり、私の建築作品にはよく可動間仕切りが登場する。

可動間仕切り自体は、言わば装置だが、外的要因として、空間が仕切られる、仕切られない以上に違った見え方や違った趣になることを意図する。

建築の外的要因による可変性に、光もそうだが、かなり可能性を感じている。

D07B42DD-940B-4CF2-B4A9-0E4DECED3546.tiff

"Possibilities of variability"

I like variable and reverse bullying, and I think that it is worthwhile to be able to change.

There are also two types of change, and it changes itself and it looks like it has not changed, but has changed due to external factors.

It's a change of itself, it's just like a Rebel Bull's clothes, it's very useful to have a coat or a stall on a Rebel Bull, and with one you can change it depending on the mood.

However, it is too simple or too straight to change itself, so it's a bit boring, so it's tasteful, you can go around various ideas, and you can feel the depth. It does not change in itself, but is interested in people who look like it changes, and so is architecture, because it changes itself.

So I really want to bring variability into architecture, and my architectural works often have moving partitions.

The movable partition itself is, so to speak, a device, but as an external factor, it is intended that the space is divided, and the way it looks different or more different than it is divided is to be different.

The variability of the building's external factors, like the light, feels quite possible.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2019年03月15日

すぐにイメージや具体的な事が思い付かない問いを立てることができるかどうかが鍵だ、とした。

おもしろもので、言葉だから、現実には起こり得ないだろうと思ったり、起こる気がしないことでも書けてしまうので、こうなったら良いなとか、こういう建築ってあるのか、という言えば妄想に近い、でも、そんな建築があったいいな、と心底思うことを書いたりしていると、案外、こうすればできるな、と自分の頭の中だけだけれど、やり方や方法や方向性が掴めたりして、頭の中でわかれば、大概は実行に移せるので、それが本当に良いか悪いか、技術的にできるかどうかは別にして、ただ、人の頭の中で思い付く程度のことは大概は技術的にも解決できるので、あとは予算が付いてくるかどうかくらいか、見積りしたら倍になる程度ならばまだ良い方らしい。

E2B243DD-5E48-4415-B439-167DC7807870.jpeg

"A delusion is also a question"

It is the key whether you can ask questions that you can not immediately think of an image or concrete thing.

It's interesting, because it's a word, I think that it won't happen in reality, or I can write something that doesn't happen, so it's a good idea if it's like this, or if it's an architecture like this, it's close to a delusion, However, when I write something that I truly feel that there was such an architecture, I was able to grasp the way, the way and the direction, though it was only unexpectedly that I could do it this way. If you know it in your head, you can usually put it into action, so it's just about what you can think of in a person's mind, apart from whether it's really good or bad or technically feasible. It can be technically solved, so it seems that it is still better if it comes with a budget, or if it can be doubled if estimated.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2019年03月14日

ずっと言葉を頼りに考えている。考えている時は頭の中にイメージが浮かぶ、空間であったり、今まで見て来た建築であったり、ディテールであったり、建築以外も、器だったり、カトラリーであったり、ものだけでなく、出来事も、それもデザインの内だから、ただ、それらは今までに見たり聞いたりした事、既知なことばかりで、すぐに、とりあえず、パッと頭の中に広がるイメージは、取捨選択の捨てるために思い浮かべているようで、

とりあえず、パッと、具体的に建築やその部分が浮かぶ時は、絶対にどこかで誰かがやっていることだから、そのままはやらず、そこから展開していき、最終的には最初のイメージ、思い付きの痕跡がほぼ無いところまで辿り着くが、

それは誰でもできる事で、小手先の器用な人ならば、尚更、上手く見せることができるから、それで良いのだけれど、それでは満足しないから、言葉を先行させて、イメージが、具体的な事が追いついて来ないことばかりをしようとする。

例えば、集まって住むことでしかつくることができない空間や建築をめざすとしたら、1つの問いとして、住人の数だけ建築が違って見えれば、集まって住むことでしか実現できない多様で複雑な建築ができるから、そのためにはどうすれば良いか、ができる。

すぐにイメージや具体的な事が思い付かない問いができれば、あとはそれを解けば良いだけだから、実現はできる。

すぐにイメージや具体的な事が思い付かない問いを立てることができるかどうかが鍵だと思う。

3C0F2AF6-6363-4282-84DF-942D33297698.jpeg

"Ask a question"

I have always thought in terms of words. When thinking, the image floats in the head, it is space, it is the architecture which I have seen so far, it is the detail, it is the vessel other than the architecture, it is the cutlery, etc. Not even events, but because they are within the design, they are just what we have seen and heard, only known things, and for the time being, for the time being, the images that spread in the head and head will be discarded It seems that I think to throw it away,

First of all, when there is a package, specifically, the architecture and its parts, it is absolutely something that someone is doing somewhere, so we will not do it as it is, we will develop from there and finally think about the first image, You reach a point where there is almost no trace of

It can be done by anyone who can do it well, and it is good because it can be shown better even if it is a dexterous person at the tip of the hand, but it is not satisfactory with that, so the words precede and the image catches up with concrete things I just try to do things that I do not want.

For example, when aiming at a space or architecture that can only be created by gathering and living, one question is that if the architecture looks different depending on the number of residents, various complex architecture can be realized only by gathering and living Because you can, you can do what to do for that.

If you can immediately ask questions that do not come up with an image or concrete thing, you can do it because all you have to do is solve it.

I think the key is whether you can immediately ask questions that you do not think of an image or concrete thing.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2019年03月13日

国立西洋美術館で開催中のコルビュジエ展にて、一番最後の展示に、エスプリヌーヴォー館完成の頃か、エスプリヌーボーの最終号に掲載した、たぶん、コルビュジエの言葉だと、もう一度行って確かないと、

「人は自然の混沌な形は見えない、見ることができない。しかし、大海の水平線や林立する岩などの単純な形には魅力を感じ、すぐに見入るし、わかりやすいから、わかる」

というような趣旨の文章があり、ちょっと驚愕した。

コルビュジエの初期の作品、例えば、サヴォア邸は近代建築の五原則の1つにもある、水平連続窓が示すように、水平垂直の線が強調された外観をしており、室内に入ると、浴室の寝椅子に見られるような自然から発想したような自由曲線の形態が現れてくる。

ピュリスムの絵画に表現されている複数のモチーフが重なった輪郭線が外観に現れて、モチーフの形態自体が、それが自然の中にあるものをモチーフとして、内部の至るところに現れてくるのだと、今まで考えていたけれど、

外観の水平垂直の線は、大海の水平線や林立する岩から発想されていた、すなわち、コルビュジエは後に「人間と自然との調和」をはかりはじめたのではなくて、初期から「人間と自然との調和」をめざしていたことになるのではないか。

これは自分の中では大発見であり、コルビュジエへの見方、建築の造形を考える上での思考のめぐり方にかなり影響を与えることになるかもしれない。

C6B7D78F-7E60-4BB8-B9C9-C6115B18AFE5.jpeg

"Change to Corbusier's view"

At the Corbusier exhibition being held at the National Museum of Western Art, the last exhibition, whether it was the completion of the Esprinouvaux, or in the last issue of Esprinouw, maybe Corbusier's words, I'm not sure I'll go again ,

"People do not see or can see the chaotic form of nature. However, simple forms such as the horizon of the ocean and forested rocks are attractive, readily visible, and easy to understand."

There was a sentence of purpose, and I was a little surprised.

Corbusier's early works, for example, the House of Savoie, have one of the five principles of modern architecture, as the horizontal windows show, have an appearance where horizontal and vertical lines are emphasized, and entering the room, The form of a free curve appears from the nature that can be seen in a bathroom chaise longue.

The contour line where the multiple motifs expressed in the picture of Purism are overlapped appears in the appearance, and the form of the motif itself appears in the inside of the inside with the one in nature as the motif. Although I was thinking so far,

The horizontal and vertical lines of the appearance were conceived from the horizon of the ocean and the rocks that stand in the forest, that is, Corbusier did not start to "harmonize human and nature" later, but from the beginning "human and natural The goal is to achieve "harmony".

This is a great discovery within me and may have a significant impact on the way he views Corbusier and the way he thinks in terms of architectural shapes.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2019年03月12日

コルビュジエは絵画上で「幾何学的な秩序」と「人間と自然の調和」をはかっていたのか、いや、「幾何学的な秩序」が人間のことで、「幾何学的な秩序」と「自然の調和」をはかっていたのかもしれない、とした。

人は不変ではない、いつか死ぬし、老いるし。

ただ、20世紀の「人間」という概念は不変と規定し、コルビュジエは「人間」を「幾何学的な秩序」の一部として表現していた、それがモデュロール。

人間を幾何学的な秩序とすることで建築の中に人間を取り込み、空間と一体化することをめざした、それは不変を標榜したモダニズム建築と折り合いをつけるために。

結局、人間も空間も建築も不変であるはずが無く、歪みが出るのだが、人はみな不変をなぜか求めてしまう、アンチエイジングもそう、絶対的で不変なものが好きな心理があるのか、それとも、モダニズム的な建築のデザインがやりやすいのか、今だにモダニズム建築の系譜は続いており、何かと折り合いをつけることになる。

モダニズム建築が近現代建築の基礎的なデザインなので、その系譜から逃れることはできないのかもしれないが、建築関係者の中だけで暗黙の了解的なデザインが存在するのも確かだから、全く違うデザインをイメージしたく、それはイメージの中にいたら難しいから、言葉に頼ることになる。

40F5383E-6D0F-4B65-8AC0-B39DD6040855.jpeg

"Start with words"

Corbusier did "geometrical order" and "harmony of human beings and nature" in the picture, or "geometrical order" means human being, "geometrical order" and "geometrical order" It may be that he was trying to harmonize nature.

People are not constant, someday die and they grow old.

However, the concept of "human" in the 20th century is defined as immutable, and Corbusier expressed "human" as part of "geometrical order", which is modulol.

In order to bring human into architecture and unite with space by making human geometrically ordered, it is in order to reconcile with modernist architecture which insisted on invariance.

After all, human beings and space and architecture can not be invariant, and distortions occur, but all people seek for invariance somehow, like anti-aging, do they have a mind that likes absolute and invariant things Or is it easy to design modernist architecture, the genealogy of modernist architecture still continues, and we will get along with something.

Because modernist architecture is a basic design of modern and contemporary architecture, it may not be possible to escape from its genealogy, but it is also true that there is an implicit intelligible design within the building personnel alone, so a totally different design Because it is difficult if it is in the image, it will rely on words.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2019年03月11日

コルビュジエの絵を年代順に追って見ていったら、初期の建築の形態がシンプルで後の建築の形態とどうして違うのかがよくわかる、とした。

コルビュジエの晩年のピュリスムの絵には陰影が現れる。初期のピュリスムの絵はオブジェの2視点からの重なりとその輪郭線で構成されており、それが絵の構図上の幾何学的な秩序であり、その秩序はどの絵にも共通しており、それがコルビュジエの初期の絵画および建築のテーマだった。

実際、パリのラ・ロッシュ邸はその幾何学的な秩序で内部空間の見え方は構成されており、まさにピュリスムの建築だった。

晩年、コルビュジエは「人間と自然との調和」をテーマにする。「幾何学的な秩序」はどのような状況でも不変であるのに対して、「人間と自然との調和」は状況に応じて変化する、自然の変化に呼応する。

そのコルビュジエのテーマの変化が絵画に現れていて、晩年のピュリスムの絵には陰影が現れている。

陰影は光を暗示しており、光は状況によって変化する自然で、コルビュジエはピュリスムの絵の中で自然を表現していた。

コルビュジエは絵画上で「幾何学的な秩序」と「人間と自然の調和」をはかっていたのか、いや、「幾何学的な秩序」が人間のことで、「幾何学的な秩序」と「自然の調和」をはかっていたのかもしれない。

4922EE03-D5E1-4B8A-901A-B6E49F0DF79E.jpeg

"Humans are geometric order"

When I looked at the picture of Corbusier in chronological order, I understood that the form of the initial architecture is simple and I can understand why it is different from the form of the later architecture.

Shadows appear in Picturesque paintings of Corbusier's later years. Early Pyrism paintings consisted of overlapping objects from two viewpoints and their contours, which is the geometric order on the composition of the picture, its order is in common with any picture, That was the theme of Corbusier's early painting and architecture.

Indeed, La Roche's residence in Paris was built with its geometric order and the way the inner space looks, it was exactly the architecture of Purris.

Later year, Corbusier's theme is "Harmony between man and nature". "Geometric order" is invariant under all circumstances, while "harmony between man and nature" responds to the change of nature, which changes according to the situation.

Changes in the theme of the Corbusier have appeared in the paintings, and shadows appear in the paintings of Purismu in later years.

The shadow implies light, the light is natural that changes according to circumstances, Corbusier was expressing nature in the picture of Purrism.

Did Corbusier understand "geometric order" and "harmony between man and nature" on paintings? No, "geometric order" is about human beings, "geometric order" and " Harmony of nature "might have been investigated.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2019年03月10日

光をものとして扱うのは、光を媒介にして、その日の気分の変化を建築で感じて欲しく、それで建築の見え方も変わる、とした。

建築の不変性を可変性に変えたいから、ただ、建築自体が変化してしまうと、もちろん、それも可能だし、その事例はたくさんあるけれど、建築が単に装置と化すだけのような気がして、それは建築の範疇では無いような、

それこそ、コルビュジエの「住宅は住むための機械である」の言葉でパッとイメージしてしまうような機械になってしまうような気がする。

ちなみに、「住宅は住むための機械である」は20世紀初頭の言葉であり、それまでのヨーロッパの石造りの装飾に満ちた建築に対して、新しい時代の建築をめざして唱えられた言葉で、「機械」という言葉に船や飛行機のようなイメージを重ね、未来の住宅は機能的でシンプルな形態をしたものという意味が込められている。

今、国立西洋美術館でコルビュジエの展覧会が開催されているが、今まであまり興味がなかったコルビュジエの絵を年代順に追って見ていったら、初期の建築の形態がシンプルで後の建築の形態とどうして違うのかがよくわかり勉強になった。

140C8871-07FD-46CA-ACCD-8472541145B1.jpeg

"Building is not a device"

Treatment of light as thing, I want you to feel the change of the mood of the day through architecture with light, so that the appearance of the architecture will change as well.

Because we want to change the invariance of construction to variable, but if the building itself changes, of course, it is also possible and there are many cases, but I feel that construction is just a device It seems that it is not in the category of architecture,

It seems that it is becoming a machine that will be imagined by Corbusier's words "House is a machine for living".

By the way, "Housing is a machine to live" is the early 20th century words, words that were chanted for the architecture of a new era against the architecture filled with European stone decoration, The word "machine" is overlaid with images like boats and planes, meaning that the future housing is a functional and simple form.

At the National Museum of Western Art, an exhibition of Corbusier is being held, but when I look at the picture of Corbusier, which I have not been interested so far, chronologically, the initial form of architecture is simple, I learned a lot about how they were different.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2019年03月09日

光をものとして扱うために粒としてイメージし、その粒の集め方、扱い方が建築の造形のヒントになる、とした。

集合住宅を考えている。その建築性を考えている。

集まって住むことでしかつくることができない空間や建築をつくりたいと思っている。

光をものとして扱おうとしているのは、光を媒介にして、その日の気分の変化を建築で感じて欲しいから。そうすれば、その日の気分によって建築の見え方も変わるだろうから。

それが住人の数だけ起これば、その建築はなんて多様で複雑で、ちょっとだけ浪漫が、と妄想するも、そこに集まって住むから、という理由づけしたいのだが、なかなか上手いこといがず、ここ数日ずっと考えている。

DED162A6-B22B-4A20-B274-EC38ABA07ABF.jpeg

"Because we gather and live"

In order to treat light as a grain, it was imagined as a grain, and how to collect and handle the grains is a hint for building the architecture.

I am considering multi-family houses. I am considering its architectural nature.

I would like to create space and architecture that can only be created by gathering and living.

I 'm trying to treat light as things because I want you to feel the change in the mood of the day through architecture through light. That way, the appearance of the building will change according to the mood of the day.

If it happens as many as the number of residents, I'd like to rationalize that the architecture is so diverse and complicated, a little bit romantic, but also live and gather there, but it is quite something good, I have been thinking over the last few days.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2019年03月08日

光を造形することをイメージした時、一番最初に浮かんだのは、子供の頃、レゴブロックで遊んだ記憶。

レゴブロックは箱に描かれている絵の通りのものをつくることができるパーツがバラバラで箱に入っていて、その絵の通りのものをつくっていくのだが、私は箱の絵には全く興味が無く、バラバラのパーツから好きものだけ、使いたいものだけ取り出して、全く別のものをつくっていた。パーツ取りをして、バラバラのパーツから、例えば、蝶番の付いた扉は、飛行機の可変翼に流用したり、そのまま使うのではなくて、全く別のものに転用していた。

バラバラのパーツをひとつの大きな箱に集めて、そこからパーツを1個ずつ取り出して造形していた。

同じように、光も粒みたいなものを寄せ集めて造形していくイメージが最初に浮かんだ。

粒のようなイメージ、それは正しく、光をものとして扱うことになるので、まずは光を粒として、どのように取り入れるか、そして、その粒をどのように集めるのか、光の扱い方が段々と具体化してきた、それは光を扱うための建築の造形を考えるヒントになる。

9BB8F48E-F926-49A1-8AC2-A72B98A66D95.png

"Treat light as grain"

When I imagined shaping light, the first thing I came up with was memories that I played with the Lego block as a child.

The LEGO block is a box that contains parts that can make street stuff depicted in a box, and it is in the box and I will make something just like that picture, but I do not like the box picture at all I was not interested, only the things I wanted to use, from the disjointed parts, I took out something completely different. For example, a door with a hinge was diverted to a variable wing of an airplane or was not used as it was, but it was diverted to a completely different thing from the disjoint parts, taking parts.

I gathered the parts in pieces in one large box, I picked up parts one by one and made it.

In the same way, an image that first gathers and shapes something that looks like grain comes first.

As it is an image like grain, it will handle light properly, so first of all let's see how light is taken as grains, how to incorporate that grain and how to grain that grain, how to handle light is step by step It has become a hint to think about the architectural formulation for handling light.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2019年03月07日

建築を造形することにより、光をものとして扱うことを試みるために、開口部、空間を考え、周りの環境に対してどう建てるかを考え、コンテクスチュアリズムとは逆の思考順序で考える、とした。

光には質量を感じないから、ものとしての意識など無く、ただ視覚のみに頼って造形していく。

具体的には、幾重にも光が差し込み、時間帯によって形づくられる光が違う、光と陰のコントラストがつくる形が違うようなイメージか。

そこに人や生活の営みも時間帯によっては光の造形に加われば、尚面白い。

同じ光の形を見ても、人によって感じ方が違うだろうし、そこにその日の気分を投影できて、その日の気分によって、光の形を含めた空間全体、その空間をつくる建築全体が違って見えるようにならないだろうか。

そのためには、ガラス張りのような一様な光が降り注ぐ建築ではないのは確かだ。

DB902ABD-55DC-472B-90FF-B3603C8703E2.jpeg

"Model light"

In order to attempt to treat light as things by modeling the architecture, think about opening, space, think about how to build against the surrounding environment, think in a thought order opposite to contrastist rhythm did.

Since we do not feel the mass in the light, we do not have consciousness as things, just rely on visual perception to shape.

Specifically, the light is inserted many times, the light formed by the time zone is different, the image that the contrast of light and shadow creates is different.

It is still interesting if people and the lives of life also participate in the shaping of light depending on the time zone.

Even if you look at the shape of the same light, you will feel different from person to person, you can project the mood of the day there, the mood of the day, the whole space including the shape of light, the whole building that creates that space is different Will not it seem to be visible?

To that end, it is certain that it is not a homogeneous light like a glass.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2019年03月06日

外の光は全体的に明るいか暗いかしかわからない。
内の光になってはじめて形がわかる。

建築は光に形を与える。

仏師が仏像を造形するように、建築家が光を造形する。

光をものとして扱い、造形することにより、仏像のお顔のように、見る人の気分によって見え方が変わるようにしたい。建築の中にある光が金堂の中にある仏像に相当する。

光をものとして扱い、造形するためには、建築を造形することになる、開口部、空間をどうするのか、周りの環境に対してどう建てるか、コンテクスチュアリズムとは逆の思考順序になる、それは面白い。

そもそも、光をものとして扱いのが面白い。光には質量を感じないから、ものとしての意識など無いから、ものとして意識したら、どうなるのだろうか。

C70798B1-7AD7-47BE-9AC7-1D7B45489D82.jpeg

"Treat light as thing"

I can only see whether the outside light is bright or dark overall.
Only when it turns into light inside it will be the shape.

Architecture gives shape to light.

As a Buddhist teaches a Buddha image, an architect shapes light.

I want to make light appearance change by the mood of the viewer, like the face of the statue of Buddha, by treating the light as things and shaping. The light in the architecture is equivalent to the Buddha image in Kanpo.

In order to treat light as a thing and to shape it, it is going to shape the building, how to open the opening, how to build the environment, how to build it against the surrounding environment, the order of thinking is contrary to contrastist rhythm, That's interesting.

In the first place, it is interesting to treat light as a thing. Since light does not feel mass, there is no consciousness as things, so what will happen if you are conscious as things?


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2019年03月05日

建築には空間に差し込む光を利用でき、光はゼンマイ仕掛けのように変化し、そこに差異を見出せる気がする、とした。

ずっと、建築が見る人の気分によって見え方が変わるにはどうすれば良いのかを考えている。

なぜか、建築は今まで不変と考えられて来たから。当たり前だが、建築物が変化しないから不変という訳ではなくて、建築は時代や社会によって捉えられ方が変化してきた、デザインも、流行があるということ。しかし、それを受け止める建築自体は確かなもので変わらないものだから、そこに時代性や社会性を投影できた、建築自体は常にブレが無く不変が前提だった。それは経済的にも重要で、不変だから、不動産と称する事業性を含んだ建築が生まれた。

ただ、建築もものならば、不変という捉え方には無理があるだろう、もちろん、耐久性の話ではなくて、建築以外のものは、簡単に動かすことができ、使う側が取捨選択できることもあるが、ものとしてそこに気分や感情を投影することが容易にでき、それがそのものの存在価値と直結している。

例えば、毎朝飲むコーヒーを淹れるカップを気分で選ぶ、など、その日の気分がコーヒーカップの存在価値を決め、それがそのコーヒーカップのその日の見え方を決める。

だから、建築にもそのようなことが起こる、不変ではないものにしたく、そうすれば、その建築での日常は楽しいことになるのではないか、という考え方のつながり。

61E9EE0A-E450-46CB-B706-C4A164B87E95.jpeg

"Aiming for Constancy Not Constant"

In the building we can use the light to be inserted into the space, the light changed like a springmaking gimmick, and it seems to be able to find a difference there.

I'm thinking about how to see how the appearance changes depending on the mood of the building.

For some reason, architecture has been considered immutable until now. Naturally, it is not a change that the building does not change so it is not a change, the way that architecture is caught by the times and society has changed, the design also has a fashion. However, since the architecture itself which accepts this is a sure thing, it does not change, so we could project periodicity and sociality there, the building itself was always premised without blurring. Since it is economically important and unchanged, a construction including a business property called real estate was born.

However, if construction is also things, it seems impossible to understand that it is immutable, of course, it is not a story of durability, but things other than buildings can be easily moved, sometimes the use side can sort it out However, it is easy to project moods and emotions there as things, which is directly linked to the existence value of itself.

For example, the mood of the day decides the existence value of the coffee cup, such as choosing a cup to make a drink coffee every morning, which determines how to see that coffee cup that day.

So, if you want to make such things happen in architecture, do not make it immutable, so that the daily life in that architecture will be fun.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2019年03月04日

仏像も建築もものだから、大日如来像のお顔のように見る側のその日の気分を投影できる、とした。

つくり手と見る側の意識の差異をつくり出したい、そこに気分を投影できる、仏師が想う大日如来像のお顔と見る人が想う大日如来像のお顔に微妙な差異があるから、人は無意識にその差異を確かめたくなる、ただ、確かめる手段を知らないから、その時の感覚で見てしまう、感覚は瞬間的にはその時の気分に左右される、気分が良ければ、どのような景色も、ゴミ箱でさえ綺麗に見えるし、気分が悪ければ、どんな美人も醜く見えるか、たぶん見える、それだけ人は気分に左右されるし、それを日常的に受け入れているし、それを本質だと勘違いして、墓穴を掘る、仏像のお顔が笑ったり、哀しそうにする訳が無く、変化する訳が無いのに、冷静に考えれば、当たり前なのに、お顔がどう見えたかに左右される、そういう人はいい人かもしれないけれど。

仏像や建築をものとして見た場合、建築には仏像のお顔のようなこと、造形物を掘り出して、そこにつくり手の想いを込めて、見る側も想いを込める関係性を築くのは難しいかもしれないが、

仏像には扱えなくて、建築には扱えるものがある、光。

仏像はソリッド、建築はボイドと対称的に言うこともできるかもしれないが、建築には空間として、そこに差し込む光を利用することができる、しかも、その光はゼンマイ仕掛けのように変化してくれる、そこに差異を見出せる気がする。

A810D0FC-6357-4371-9B6D-E1A2D78BD293.jpeg

"There is light in architecture"

Because Buddha statue and architecture are things, it is possible to project the mood of that day on the viewer side like the face of the Dainichijo statue.

I want to create a difference in consciousness between the making hand and the viewer, I can project the mood there, there is a subtle difference in the face of the Dainichi Nagai statue that the Buddha thinks and the face of the Dainichi Nagai statue that the viewer thinks, People unwittingly want to see the difference, just do not know the means to make sure, so you will see with the feeling at that time, the sensation is instantaneously dependent on the mood at that moment, if what you feel is good Even the landscape, even the garbage can be seen beautifully, and if the mood is bad, any beautiful person looks ugly, perhaps, you can see, perhaps the person depends on the mood, that is accepting on a daily basis, that is essence Misunderstanding and digging the grave, there is no reason to smile or make sorrowful the face of the Buddha statue, there is no change to change, but if you think calmly, it depends on how you looked at the face That kind of person is a nice person But no.

When seeing Buddha statues and architecture as things, it is not easy to build a relationship that allows the viewer to embrace the thought of the creator there, digging up the objects, like the face of the statue of Buddha in the architecture Although it may be difficult,

There is something that can be handled in Buddha images, architecture has light, light.

Although it may be possible to say that the Buddha statue is a solid and the architecture is symmetrical with the void, in the building space can be used the light to be inserted there, and the light changes like a spring fence I feel like I will find a difference there.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2019年03月03日

建築はものだから、そこに気分を投影できる。

ものだから、つくり手がいて、構想する人がいて、設計する人がいて、人によって差異が出る。

きっとその差異、微妙な違い、つくり手と見る側の違いによる差異が気分を投影できる部分になるのかもしれない。

大日如来像のお顔が、笑って見えたり、怒ってみえたり、穏やかに見えたり、厳しくみえたり、哀しそうに見えたりするのは、仏像のつくり手は喜怒哀楽を表情で現そうとしていなくても、見る側が勝手に仏像のお顔に、自分を重ね合わせて見てしまう、その時の自分の感情や気分を無意識に重ね合わせるのだろう。

ならば、仏像はものだから、建築もものなので、同じことが起こるはずだろう。

0FE7D07B-1EB9-4D31-9E38-4250FB392B5F.jpeg

"Architecture and Buddha statues"

Architecture is things, so you can project mood there.

There is a creator, there is a person to conceive, there are people who design, people will make a difference.

Perhaps the difference, subtle differences, differences due to the difference between the making hands and the looking side may become a part that can project the mood.

The face of the Dainichi Nagai statue appears to be laughing, looking angry, looking calm, looking sternly, looking sadly, the making hands of Buddha statues will express emotions and emotions with expression Even if it is not, the viewer will unconsciously superimpose his emotions and mood at that time, without seeing himself superimposed on the face of a Buddha statue.

Then, the Buddha statue is things, so the same thing will happen because the building is also things.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2019年03月02日

端が、先が、もっと繊細ならば良いのに、というのは民藝だけでなく建築をにも言えることで、ものとしてどう見えるか、手先、足先を大事にしていない建築を結構見る。

わざと意図的に厚く見せているのと、何も意識せずに厚くなってしまった、では同じ厚みでも全く違って見える。

もっと言えば、繊細であれば良いのか、というのもあり、厚みがあることを意図することもあり、

さらに、もっと言えば、繊細であることは薄く、細くすることか、厚みがあって、太くても繊細になることもある。

ただ、いずれにしても、端々、先々まで意識して、1mm、0.5mm、0.3mmを出し入れする。

それは、単にディテールに凝るということだけでは無くて、建築のものという側面に対して、どう意識しているのかという話で、結構おざなりにされているのを見るし、その度に、建築はものなんだと再確認する。

AE00D397-02B9-468D-A3BC-B0C69718A041.jpeg

"Consciousness as a thing"

Even if the end is more delicate, it seems that not only the folk art but also the architecture can be said, it seems pretty to see the architecture which does not take care of the hands and the toes.

It looks deliberately intentionally thick and it got thicker without consciousness, but it looks quite different at the same thickness.

In other words, whether it is delicious is good, sometimes it is intended to be thick,

Furthermore, to be more specific, it is thin, thin, thick, sometimes delicate even if it is thick.

However, whichever way, consciously conscious from one side to the other, take in and out 1 mm, 0.5 mm, 0.3 mm.

It is not just about sticking to detail, but we talk about how we are conscious about aspects of architecture, we see that it is quite saddened, and each time the building is a thing Reconfirm what it is.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2019年03月01日

民藝には繊細さが無い、とした。

その辺、柳宗理ディレクションは民藝に繊細な部分を持ち込もうとした痕跡があり、端々に厚みを消す処理を施しているように思える。

繊細さは美術品のようであり、民藝品は美術品の対極にあり、繊細さを求めることは美術品を目指すことであり、民藝にとってはタブーなのだろう。

厚みの厚さは民藝の象徴であり、そこに、丈夫で、毎日の生活の中での使用に何十年と耐える、そこにものとしての価値と美がある、ことを現している。

だから、民藝品の美と美術品の美は違う、という解釈が、民藝に携わる人には成り立つし、成り立たないと都合が悪いのだろう、使う我々にとっては関係ないところで。

美は美で、美の根本は同じで、民藝品とか、美術品とか、の違いは一部のつくり手と売り手が意識しているだけの話。

あとちょっと、ほんのちょっと繊細ならば完璧、端が、先が、あと1mm、いやあと、0.5mm薄ければ、細ければ、言うことないものばかり。

それを学んだのは、柳宗理の作品を見て、日常使いしているからなんだけどなと、場末の呑み屋でホッピー呑みながら想う。

0CF61A49-9DDC-4995-89DC-BD8CFC33313F.jpeg

"Delicacy in folk art"

It is said that folk art has no delicacy.

In that area, Yanagi Sorihi has traces of trying to bring delicate parts into folk arts, and seems to be applying treatment to eliminate the thickness.

Delicateness seems to be a work of art, folk art is on the opposite side of artworks, seeking delicacy is aiming at art objects, and for folk arts it is taboo.

The thickness of the thickness is a symbol of folk art, and it is strong, it shows that there are values ​​and beauty there as it can withstand decades for use in everyday life.

Therefore, the interpretation that the beauty of a folk art and the beauty of a work article are different for a person engaged in folk arts, and it is not convenient if it does not make it, it is not related to us.

Beauty is beauty, the fundamentals of beauty are the same, the difference between folk art items and art goods is only the story of some making mind and seller conscious.

After a while, perfect if slightly delicate, end, tip, 1 mm afterward, no more, 0.5 mm thin, if it is thin, nothing to say.

I learned it because I see Mr. Yoshinori's works and I use it everyday, but I think while swallowing Hoppy at the sweet shop at the end.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

有限会社仲村建築店 代表取締役 仲村和泰

有限会社 仲村建築店
代表取締役 仲村和泰

建築家。現代建築の設計施工が専門。特に東京特有の狭小変形地で建築理論を基にモダンデザイン住宅を設計から施工まで一貫して行い定評。世界中の近代・現代建築を見て歩き調査。コルビュジェ作品は8割調査済み。北欧フィンランドの建築家アアルトについて建築専門雑誌「新建築」でレポート執筆。3割はデザインのプロからの住宅設計依頼。

【略歴】
関東学院大学工学部建設工学科建築系卒業。株式会社像建築設計事務所に入社。その後家業である有限会社仲村建築店にて設計をはじめる。住宅のみならず店舗やオフィスビル、マンションの設計から施工までに一貫して携わる。
2001年 一級建築士取得。
日本建築学会正会員。
東京建築士会会員。