«  2018年12月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

気づき

2018年12月09日

桜の木がある。
道路の反対側の小さな公園にある。
春になると満開の花が舞う。
北側だから日中は陽を浴びて浮かび上がる綺麗な桜が部屋から見られるだろう。

今計画中の敷地の文脈/コンテクストを読み取ろうとすると、最初にその桜の木が目に入る。その敷地の良い所、特徴的な所、生かしたい所はどこかとまず探してしまう。

ちょうど敷地に対して、道路の反対側の正面にあるから、設計者ならば誰でもそれを室内から愛でるようにする計画をパッと思い描くだろう。

1年のうちで桜を楽しめるのはせいぜい2週間位、その2週間を楽しむための計画。敷地の道路に面する以外の3面は隣家に囲まれているから、余計に桜の木に目が行く。

桜が部屋からよく見えるように、桜に向かって大開口を設けるのが常套手段か。大開口を開けても北側で道路側だから、日射もプライバシーも問題無いだろう。

この敷地はまだ良い方なのか、敷地周辺が混沌としていたり、例えば、分譲地だったり、都市のど真ん中だったりすると、尊重すべき文脈が無い場合もある。

ただね、桜の木に注目して、それを愛でる計画でいいのだろうか。桜の木が枯れてしまったら、桜の木が切られてしまったら、どうするんだ。それでも建築計画が成り立つ強度があるのか。

桜の木に焦点を当てて、敷地の文脈を読み取ったと思うのが甘いのではないか。

桜の木があるということは、そこに都市のスケールとしては空地、空間が存在するということではないか、その桜の木はその空間に変化を与えるパラメーターとして扱えば良い、だって1年の内で2週間しか影響を与えないのだから。

その空間に対して、何ができるのが設計者の優劣が問われる所か。

桜の木が見えるように大開口を設ければ、その後にどうなろうとも保身ははかれるのに、それでは納得がいかない。

どうする。

それは建築家として、技量が問われるところだ。

FA33A7A3-BB34-4E52-805E-E452325E223E.jpeg

There is a cherry tree.
It is in a small park on the other side of the road.
Flowers in full bloom will dance in the spring.
Because it is on the north side, beautiful cherry blossoms that will emerge in the sun during the day will be seen from the room.

When trying to read the context / context of the site under planning, the cherry tree comes first to the eyes. I will first find something where the good place, the characteristic place, the place I want to make use of that site.

Just in front of the premises in front of the other side of the road, we will imagine a plan to make everyone as a designer to love it from the room.

We can enjoy cherry blossoms within a year for at most two weeks, plan to enjoy the two weeks. Three sides other than facing the road on the premises are surrounded by the neighboring house, so the eyes go unnecessarily to the cherry blossoms.

Is it a usual way to set up a large opening towards the cherry blossoms so that cherry blossoms can be seen well from the room? Even if you open a large opening, you will not have solar radiation and privacy as it is on the roadside in the north.

Does this site is still better, such of, or has been the site around the chaos, for example, or was a subdivision, and or was right in the middle of the city, in some cases context should respect there is no.

But I wonder if you can pay attention to cherry trees and plan to love it. If the cherry tree withers, what will you do if the cherry tree is cut. Still there is the strength that the building plan is established?

Is not it sweet to think that reading the context of the site, focusing on cherry trees?

The fact that there is a cherry tree, there in open areas as the scale of the city, or does not mean that space is present, the tree of the cherry blossoms may be handled as a parameter that changes in the space, because of the year 2 It only affects weeks.

What can be done about the space where the superiority or inferiority of the designer is questioned.

If you set up a large opening so that the cherry blossoms can be seen, then whatever you do can protect you from anything, then it is not convincing.

what will you do.

As an architect, the skill is questioned.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2018年12月08日

全く同じ条件でも、建築する敷地が違うと、例えば、何も無い野山、郊外の分譲地、都市のど真ん中、などのように違うと、当然出来上がる建築は違うはずと、考える前から当たり前のように思ってしまう。

それは、その敷地の文脈/コンテクストを読み取り、それに対してどのように構想するかが、建築設計の第1歩だと自然に思っているからだろう。いわゆるコンテクスチュアリズムという考え方。

この考え方には賛否があるが、それは読み取った文脈をどう扱うか、読み取った後の構想の末に出来上がった建築に賛否が起こるだけで、建築が土地の上に建ち、そこから動けない以上、その土地の素性を読み取るところからはじめるのは当たり前のことで、むしろそれは、建築という行為に対する設計者の誠意だと思う。だって、建売には、そのような考えは存在しないから、野山も分譲地も都市のど真ん中でも同じ物を建てるのだから、部屋数、nLDKを満たすだけだから。

読み取った文脈をどう扱うかという設計者の態度が、敷地をどう読み取るかということにつながる。

この場合、文脈とは、例えば、その敷地や周辺の土地の歴史的背景であったり、街並み、地理的状況、周辺環境、お隣さん、気候気象、敷地の形状や高低、地盤の強弱なども入るかもしれない。

この文脈の中には良いものも悪いものもある。その判断も含めて読み取りだが、その文脈に対して、設計者はどういう態度を取るのか。そのまま受け入れるのか、手を加えるのか、迎合するのか、問題解決するのか、理想に当て嵌めるのか、などなど。

その態度に応じて都合良くその敷地の文脈を読み取ることになる。

この都合良くとは、誰にとって都合が良いのかでも違う。設計者にとって都合が良いのか、特定の個人に対して都合が良いのか、不特定の個人に対してか、不特定の大多数なのか。

住宅などの比較的小規模な建築ならば、そこに住むことになる住人に向けて都合が良くなるように、あるいは、住人をもっと一般化した不特定の個人に向けて都合が良くなるように、集合住宅はこれかな。

美術館や役所などの公共性の高い建築ならば、不特定の大多数にとって都合が良くなるように。

設計者にとって都合が良いということもある。それが作品性につながり、その人が設計する価値が出てくるから。

いずれにしよ、敷地の文脈を読み取る時点で設計がはじまっていることになり、そこからすでに設計者の優劣や、これから建つ建築の良し悪しも決まってくることになる。

C2EA9157-05C3-4F32-A5F6-8ED57310E4AE.jpeg

Even under exactly the same conditions, if the site to be built is different, for example, if it is different like Noyama with nothing, suburban selling place, in the middle of a city, etc., the architecture that will be completed will naturally be different, I think.

It seems that it is natural to think that it is the first step in architectural design to read the context / context of the premises and how to conceive it. The idea of ​​what is called Contextualism.

Although there are pros and cons, there is a pros and cons, but this is because the architecture is built on the land and can not move from there just because pros and cons of the finished architecture is done at the end of the concept after reading, It is commonplace to start from reading the identity of the land, rather it is the designer's sincerity to the act of building. Because there is no such idea in the sale, because Noyama and the selling district build the same thing in the middle of the city, it only satisfies the number of rooms, nLDK.

The attitude of the designer as to how to handle the read context leads to how to read the site.

In this case, the context means, for example, the historical background of the site or the surrounding land, the cityscape, the geographical situation, the surrounding environment, the neighbor, the climate weather, the shape and height of the site, the strength of the ground, etc. It might be.

There are good and bad in this context. Reading including that judgment is read, but what kind of attitude will the designer take for that context? Whether to accept as it is, whether to add a hand, to meet, to solve the problem, to fit the ideal, and so on.

It will conveniently read the context of the site according to its attitude.

What is convenient for this is different for everyone. Is it convenient for the designer, whether it is convenient for a specific individual, for an unspecified individual, or an unspecified majority?

For relatively small-scale buildings such as houses, so that it will be more convenient for residents who will live there, or to become more convenient for unspecified individuals who have more generalized residents , This is the apartment house.

If public buildings such as art museums and government offices are constructed, it will be convenient for the majority of unspecified people.

Sometimes it is convenient for the designer. Because it leads to workability and the person worth designing comes out.

In any case, the design is starting at the time of reading the context of the premises, from which the superiority of the designer and the good or bad of the architecture to be built will be decided.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2018年12月07日

とにかく建築を見る時は歩き回る。立ち止まるのは、全体を歩き回った後。

建築の外を歩き回りながら、どういう環境の中に建っているのだろうか、この環境の中での建築の建ち方は、などと考えながら。

知らない街に行っても同じ。とにかく歩き回る。地図で大体の位置を頭に入れながら、とにかく歩く。どこか観光名所と言っても、行かなくても想像がついてしまうことも多く、あるいは、一目見れば気が済む所が大体観光名所なので、余程行きたい名所がたくさんない限り時間を持て余してしまう。

ましてや2度3度も行ったことがあるような場所だと余計に時間が余る。間に何か美味しい食べ物や物欲を刺激するような物を挟まない限り、意外としんどい、帰りたくなる。

となるのは、その街自体が自分にとって、そもそもつまらないからだろう。

大学生の頃は、夏休みや春休みが長く、友達の知り合いがニューヨークのソーホーに住んでいて、都合が合えば、泊めてもらえたので、1ドルのホットドッグばかり食べていればいいや、と思い、一番安いエアチケット、その頃は往復で5万円台だったような、を買いよく行っていた。

その泊めてくれた人は画家で、ニューヨーク中の美術館やギャラリーを全て見られるフリーパスを持っていたので、行くとそのパスを借りて、マンハッタン中を歩いて、地下鉄にも乗ったか、美術館やギャラリーをたくさん回り美術作品を見まくっていた。

飽きることが無かった。その頃のニューヨークは治安が悪かったので、地下鉄に乗っている日本人なんかいなかったし、大通りはいいけど、近道なんて言って、1本裏通りに入ったら、雰囲気が危ないなんて当たり前だったが、それでも1ブロック違うごとに景色や雰囲気や人種が変わったりして、歩いているのが楽しくて仕方がなかった。

マンハッタンの超高層ビルの足元には時々、広場みたいになっていたり、階段があったりして、歩き疲れた時に腰掛ける場所としては丁度良かった。

特に、ミースのシーグラムビルの足元の広場状のスペースは大のお気に入りで、よく腰掛けて煙草を吸い、ひと休みしていた。そこでホームレスに煙草を無理矢理奪われたこともあったけれど、なぜかその場所に座っていると落ち着く。

周りは超高層ビルに囲まれていていて、街の喧騒のど真ん中にいるのに、そこに腰掛けた途端にパーソナルスペースができ、別に何をしていようが構わない、ような雰囲気に包まれる。

どうしてだろう、といつも考えていた。自分の周りに壁が無くオープンなのに、周りからは断絶されている感じがする。旅行者だからだろうか、生活者だったら違うのかな、いや、そもそも、この広場状の空間がそう雰囲気を持った場所だからかな、それもあるかもしれないが、他のビルの足元でも同じような。

このパーソナルスペースを住宅と見なしても良いならば、住宅は最もパーソナルなスペースだと思うから、都市の中で壁ひとつ無くオープンな住宅が成り立つことになる。

そう言えば、ミースのファンズワース邸の透明ガラスを不透明な石と同じ、と言った解釈があったことを思い出した。

ある環境の中で断絶することと、壁が有るか無いか、透明か不透明か、オープンかクローズドかは、関係が無いんだとその時に学んだような気がする。

0CFFE8C2-E4A4-4CE2-9449-47DA49396BB4.jpeg

Anyway walking around when I see architecture. Stopping is after walking around the whole.

While walking around the outside of the building, what kind of environment are you building, how to build the building in this environment, etc.

It is the same even if you go to a city you do not know. Walk around anyway. Walk anyway while putting the approximate position on the map in mind. Even if you mention sightseeing spots somewhere, there are many things you can imagine even if you do not go, or the place where you feel comfortable is a sightseeing spot at first sight, so long as you have plenty of sights to go to, .

In addition, it's extra time if you are in a place you've been doing twice or three times. I want to go home unexpectedly and frightfully as long as there is nothing something that stimulates something delicious food or greed.

It will be because the city itself is boring for me.

When I was a college student, I had a long summer vacation or spring break, my friend's friend lived in Soho, New York, and if convenience was convenient, I was able to stay over, so I thought that I should eat only 1 dollar hot dogs, I bought a lot of cheapest air tickets, at that time it seemed like 50,000 yen round trip.

The painter who stayed at it was a painter and had a free pass to see all the museums and galleries in New York, so I decided to take that path and walk in Manhattan, ride the subway, museums and I went around a lot of galleries and saw art works.

I did not get tired. Because the security was bad at that time in New York, there was no Japanese on the subway, and the main street was fine, but it was natural to say that the atmosphere was dangerous when going into the back street saying a short cut, but even so The scenery, atmosphere and race changed every time one block differed, It was fun to walk and it could not be helped.

Sometimes at the foot of a skyscraper in Manhattan, it looks like a plaza and there are stairs, just right as a place to sit when you are tired.

Especially, the plaza-like space at the feet of the Seagram Building of Mies was a big favorite, sitting well and sucking cigarette and was taking a break. There were also cases where homeless people were forcibly taken tobacco, but somehow they settled down sitting in that place.

It is surrounded by skyscrapers and is in the middle of the hustle and bustle of the city, but as soon as you sit there you will have a personal space and you will not be afraid to do anything else. .

I always thought of why. Although there is no wall around me, it is open, I feel that it is cut off from the surroundings. Is it because it is a traveler, if it is a living person, is it different? No, in the first place, this plaza-like space seems to be a place with an atmosphere, maybe it may be, but even at the feet of other buildings .

If it is okay to consider this personal space as a house, it seems that the housing is the most personal space, so an open house will be established in the city without one wall.

By the way, I remembered that there was an interpretation saying that the transparent glass of Mrs. Fawsworth's house was the same as the opaque stone.

There seems to be learning at that time that there is no relationship between disconnection in an environment and whether there is a wall or not, transparent or opaque, open or closed.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2018年12月06日

歩き回る、とにかく歩き回る。

この建築いいな、知りたいな、や
その建築を見に行くことが目的の時は
その建築をまず体験したいと思う。

建築に対して見る点はたくさんある。
周辺の環境に対してどのように建っているか、
外観のデザイン、建築周囲の外構デザイン、
建築内部に入れるならば、エントランス、空間構成、
室内に入れるならば、内装のデザインなど。

さらに、もっと細かく見ていけば、
周辺の環境に対して、
この建築は何か調和をはかろうとしているのか、
周辺環境の問題点を解決しようとしているのか、
周辺環境から影響を受けていることは、
逆に影響を与えていることは、
なぜその建ち方をしているのか、
法的規制に対する解決方法は、
などなど、きりが無い。他の点も同じ。
最後は可能ならば実測してスケッチまでする。

が、まず体験したいと思う。

きっとそれは、学生の時に、何も無いから、知識も経験も無いから、目の前の建築から何かを得ようとした時に、とにかく、この建築はどうなっているのか、事前に資料に当たっていたとしても、自分で確かめないとはじまらない。そのためにはまず、その建築の周囲を歩き回り、建築の中に入っていき、さらに歩き回り、その建築を体験して、それで何かを感じ、考え、言葉にするしかないし、それしかできなかったから。今まで数え切れないくらいの建築を見て来たが、はじめの見方が染み付いてしまい、見たい建築の前に立つと、スイッチが入ったように突然歩き回りはじめる。

学生や20代、30代前半の頃は、写真をよく撮った。スケッチもしたが、短時間でその建築から何かを得ようとした時には、写真のフレームが有効のような気がしていたから。

なぜ短時間か?海外へ建築を見に行く時は大体、建築ツアーを利用し、ツアー終了後、そのまま日本に帰らずに延泊して、時には1ヶ月位いて、さらに見て回った。自分で見て回る時はそんなに短時間な制限は無いが、ツアーだと1ヶ所15〜30分で見学なんてこともよくあった。ツアーを利用したのは、その方が効率良く、短い期間で多くの建築が見られるから。だから、1ヶ所の滞在時間が短いのは仕方がないことだが、15〜30分は短すぎる。

建築家が長い時間を掛けて設計し、施工したものを、例え、規模が小さくても、15〜30分で理解するのは難しい、大した建築でなければ一瞬で終わるが。

だから、最初の頃は、後でも見ることができるように写真をたくさん撮って、滞在時間の短さを補っていた。

学生や20代、30代前半の頃にはすでにデジカメはあったが、画質が今ほど良くなく、メモリ容量も少なくて枚数が多く撮れないこともあり、まだフィルムカメラ全盛だった。1ヶ月位海外へ行く時にはフィルムを100本位持参し、ほとんど使っていた。

今と違って、20世紀には、建築を世の中に広めようとしたら、写真しかなかった。1枚の写真が世界中飛び回る。だから、建築家は1枚の写真でその建築の全てがわかるようにする。ここから見れば、その建築の全てがわかる場所をつくる。

その場所を探し出すのにも写真を撮る意味があった。すなわち、20世紀の建築家はイメージの中に写真のフレームがあり、常にそのフレームを意識しているのではないかと、段々と思うようになっていたから、写真を撮ることでその建築の理解が深まると考えていた。

そして、短期間でたくさんの建築を見て、たくさん写真を撮っていると、建築家や建築の規模や用途や立地条件、国や地域が違っても、写真のフレームにおさめて見るという行為で、1つの絶対的な基準ができ、それによって対等に比較することが可能になるので、これは建築の良し悪しを見て判断する時に非常に役立ち、とても勉強になった。建築の視覚情報に対する扱い方はこれで随分鍛えられた。

8DD6F3EE-D718-4005-856F-5D24271313BF.jpeg

Walk around, walk around anyhow.

This building is nice, I want to know,
When it is the purpose of going to see that architecture
I would like to experience the architecture first.

There are many points of view to architecture.
How it is built against the surrounding environment,
Exterior design, external design around the building,
If you put it inside the building, entrance, space composition,
If you put it in the room, interior design etc.

Furthermore, if you look more closely,
For the surrounding environment,
Is this building trying to harmonize something?
Is it trying to solve the problem of the surrounding environment,
It is affected by the surrounding environment,
On the other hand,
Why are they doing that way,
As a solution to legal restrictions,
There are no scratches, such as. The other points are the same.
Finally, measure if possible and sketch.

But first I want to experience.

Surely it is because there is nothing at the time of a student because there is nothing, knowledge and experience, so when we tried to get something from the architecture in front of us, anyway, I was hitting the materials in advance as to what is going on with this architecture Even if you do not check it yourself it will not start. To do that, we first wandered around the architecture, entered into the architecture, further walked around, experienced the architecture, so we had to do something, think, and make it, so we could only do it. Although I have looked at countless constructions until now, the first view gets stuck and I stand before the architecture I want to see, it suddenly begins to walk like a switch enters.

Students, 20s, early 30s, I took a lot of pictures. I did sketching, but when I tried to get something from that architecture in a short time, I felt that the frame of the photo was valid.

Why for a short time? When I go abroad to go to see the architecture, I usually use a construction tour, staying overnight without going home as it is after the tour, occasionally around a month and watched further. There is no such a short time when looking around by oneself, but on a tour it often happened that visiting in 15 to 30 minutes at one place. We used the tour because it is more efficient, because many buildings can be seen in a short period of time. So it is unavoidable to have a short stay in one place, but 15 to 30 minutes is too short.

Even if the scale is small, it is difficult for an architect to design and implement it for a long time, it is difficult to understand in 15 to 30 minutes, but if it is not a large construction it ends in a moment.

So at the beginning, I took a lot of photos to make it possible to see it later, and compensated for the short staying time.

Students, 20s, early 30s already had digital cameras, but the picture quality was not as good as it is now, memory capacity is too small to take many pictures, and still film cameras were at its best. When I go overseas for one month I brought 100 films and used mostly.

Unlike now, in the 20th century, when trying to spread architecture to the world, there were only pictures. One photo fly around the world. So, the architect makes a single picture to show you all of the building. From here, I will make a place to understand all of the building.

It was meaningful to take pictures to find the place. In other words, architects of the 20th century had a frame of photograph in the image, and it seemed to me that it was always conscious of the frame, taking photographs deepens the understanding of the architecture I thought.

And if you look at a lot of architecture in a short period and take a lot of pictures, even if the size and use of the architect and the building, the location conditions, the country and the region are different, the act of seeing in the frame of the picture , One absolute standard can be made, which makes it possible to compare equally, so this was very helpful for judging by looking at the good or bad of the architecture and it was a great learning experience. This way of handling the visual information of the architecture has been trained considerably with this.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2018年12月05日

冬と夏の両方を快適に暮らすためには、高気密高断熱の家にしないこと、ちょっと意外に思う人がもいるかもしれません。

高気密高断熱の家は夏により暑くなり、冷房をかけ続けていないといけないので、電気代が余計にかかります。これが魔法瓶効果。

冷房をかけ続けてもいいように、その電気をまかなうことを目的にソーラーパネルを屋根に載せる、それで売電もできるので、ソーラーパネルの設置費用はまかなえる、という考え方もあります。

ただし、都内23区内では無理、屋根の面積が取れなくて、ソーラーパネルをたくさん載せられないから。

ただ、仮にソーラーパネルをたくさん載せることができたとしても、不自然ですよね、おかしな話。

意図的に高気密高断熱にして、そのために夏の室温が上昇するから、それを抑えるために冷房を人工的に掛け続け、その冷房の電気を補うためにソーラーパネルを設置する。

全てが余分なこと。高気密高断熱にしなければ、そのために夏の室温が上昇することは無いから、室温上昇を抑えるための冷房がいらなくなり、その冷房の電気を補うためのソーラーパネルも設置する必要が無くなる。

ただし、冬を考えるとある程度の断熱性と気密性は必要で、それに自然の力を利用しないといけません。

自然の力とは、日射と通風です。

冬の晴れた日の日中の南側の窓には、ストーブ1台分と同じ量の太陽エネルギーがあります。それは日中ずっとストーブをつけているのと同じことです。これを利用しない手はない。

ただ、窓ガラスの断熱性は、外壁と比較して著しく低いので、南側にとにかく大開口を開ければ良いという話ではない。逆に、断熱性が低いから、外の熱が伝わりやすいので、太陽エネルギーを利用できるとも言えますが。

目標とする室温から住宅全体の断熱性能が決まり、その断熱性能から窓の総面積の上限が決まります。その窓の総面積の範囲内でどれだけ南側に窓を振り分けることができるのかが、日射利用のポイントです。

夏は、全ての窓に日除けを設け、屋根の断熱性能を高め、外の熱が侵入して室温を上げるのをなるべく防ぎ、その上で、室温より外気温が下がる夜間などに窓を開け通風し、排熱して、室温を下げる、のが基本的な考え方です。

通風もただ単に窓を開ければ風が通る訳では無くて、風向と窓の開け方がポイントになります。

冬も夏もなるべく暖冷房に頼らない生活の方が、光熱費もかからないし、快適だと思いませんか。そのためには、単純に高気密高断熱の家にすれば良い、という訳では無い所が面白いですね。

B597F207-43D5-489D-85B2-7D7ABDF00DE9.jpeg

In order to live comfortably both in winter and summer, there may be people who do not make it a high airtight, highly insulated home, some people surprisingly surprised.

High airtight and highly insulated houses get hotter in the summer, so you have to keep on cooling and electricity costs extra. This is a thermos bottle effect.

There is also the idea that solar panel installation costs can be covered so that solar panels can be placed on the roof to solve the electricity so that they can continue cooling, so it can also sell power.

However, it is impossible in the 23 wards of Tokyo, because the area of ​​the roof can not be taken, so many solar panels can not be placed.

However, even if I could put a lot of solar panels, it's unnatural, is not it strange?

Intentionally high airtight and highly insulated, so the room temperature of summer will rise, so keep air conditioning hung artificially to curb it, and install solar panels to supplement the electricity of the air conditioning.

All is extra thing. If it is not highly airtight and highly insulated, therefore, the room temperature of summer never rises, so cooling for suppressing rise in room temperature is unnecessary, eliminating the need to install a solar panel for supplementing the electricity of the cooling.

However, considering winter, some degree of heat insulation and airtightness are necessary, and we have to use the power of nature for it.

The power of nature is solar radiation and draft.

There is the same amount of solar energy as the one stove in the southern window of the day during the sunny day of winter. It is the same as wearing a stove all day long. There is no hand that does not use this.

However, the insulation property of the window glass is significantly lower than the outer wall, so it is not a story that it is enough to open a large opening in the south anyway. On the contrary, since insulation is low, outside heat is easy to transmit, so it can be said that solar energy can be used.

The adiabatic performance of the entire house is determined from the targeted room temperature, and the upper limit of the total area of ​​the window is determined from its heat insulation performance. The point of use of solar radiation is how far the window can be distributed to the south within the total area of ​​the window.

In the summer, a shade is installed in all the windows to increase the heat insulation performance of the roof, to prevent as much as possible from raising the room temperature by the invasion of outside heat, and then open the window at night or the like where the outside temperature drops below room temperature, It is a basic idea to exhaust the heat and lower the room temperature.

Ventilation is not just a way for wind to pass if you open the window, the direction of the wind and how to open the window is a point.

Do not you think that living without relying on heating and cooling as much as possible in winter and summer, does not cost utilities and is comfortable. For that reason, it is interesting that there is no place simply to be a house with high airtightness and high insulation.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2018年12月04日

スーッと閉まる感じがよくて、毎朝、珈琲缶を開け閉めするのが楽しくて、使いたくなる、触りたくなる茶筒。外蓋が載せただけで、精巧なつくりゆえに、自然にスーッとゆっくり落ちて、ピッタリと寸分狂わずに閉まる。その感じがたまらなくよいのである。

京都の開化堂の茶筒を使いはじめて1年が過ぎた頃、京都に行く用事があり、Kaikado Caféに立ち寄った。三十三間堂に行った帰り、夕方の新幹線に乗るまでの間、コーヒーが飲みたくて。

少し疲れていたので、コーヒー1杯で長居をしてしまい、そろそろお店を出ようかと、その前にトイレでも、と思い帰ってきたら、

「今からTVの取材が入りますが、いいですか?」と店主に言われ、あまりに突然でいいも悪いもなく「は、はい」と答えたら、すぐにどばどばと人やカメラが入ってきて、目の前で取材がはじまった。

あまりにも目の前で、映るのは構わないが、顔を上げて取材の様子を見ていたら、もろに映りそうだったので、さすがにうつむき加減で、耳だけで取材の様子を伺っていた。

288396D5-3E1F-4E74-B3FA-A7584FC171C6.jpeg

タレントの方が茶筒について質問をしているらしく、何を質問したかは聞き取れなかったが、店主の答えだけが聞こえてきて、

「音を大事にしているんです、開けた時の音。この開けた時の音が良ければ、中に大切な物を入れてくれるんじゃないかと思って」

ちょっと意外だった。音を意識することが無かったから。確かに、茶筒を開けた時の感触は、毎朝のことだから覚えていて、とても気持ちのいいものだとわかるが、音は、まあ、音も感触のうちのような。

と同時に、この店主の答えを聞いて、自分の中ではハッとするものがあった。音が良ければ大切な物を入れてくれるかもしれない、なんて、なんて素敵なんだと。確かにそうだな、感触がいいとそれを大事にしなくてはと思うよな。

てっきり開化堂の茶筒は、外蓋が載せただけ自然にスーッと閉まるのを売りにしているのかと思っていた。その精巧さは海外でも有名らしく、私がお店に行った時も中国の方が1人で買いに来ていて「中国でも有名だ」と店員と英語で話していた。

だから、私が購入したもの中に外蓋が自然に閉まらないものがあり、手直ししてもらったこともあった。後で考えてみれば、茶筒は金属だから、冬と夏で伸び縮みするだろう。冬に製作したら、夏には、例え0.1ミリでも伸びたら、閉まらなくなるはず、製作時にどうしているのだろう、とききたくなった。

取材中、もう帰ろうかと思っていたので、コーヒーも無く、水も無く、30分くらい、あまりにも目の前なので席を立つ訳にもいかず、どうしたものかと思っていたけれど、店主の

「音を大事にしているんです、開けた時の音。この開けた時の音が良ければ、中に大切な物を入れてくれるんじゃないかと思って」

という話が聞けて、京都に来た甲斐があったと思った。大切な物を入れてもらうために茶筒をつくる、そのために音、すなわち感触を良くするために自分たちの技術と知識を使う。

音が良ければ大切な物を入れてくれるだろう、なんて本当に素敵な考え方だ、素晴らしい。

建築に例えるとどうなるのだろう、帰りの新幹線でずっと考えていた。

It feels good to close with Su, and every morning, it is fun to open and close the coffee can, and you want to use it, you want to touch it. Just by placing the outer lid, because it is elaborate making, it falls naturally and suddenly, it closes perfectly and not crazy. That feeling is unbearably good.

I used a tea ceremony in Kyoto's Kaidokudo for the first time after a year, I had something to go to Kyoto, stopped by Kaikado Café. I went to Sanjusangendo on the way home and wanted to drink coffee until I got on the Shinkansen in the evening.

Because I was a bit tired, I made a long cookie with a cup of coffee, so I decided to leave the shop soon, I thought of going to the restroom before that,

The shopkeeper told me that "TV interviews are coming in from now," but the shopkeeper told me that, if it is too sudden and there is neither good nor bad, and answering "Yes, yes", people and cameras will soon I came in and interview started in front of my eyes.

I do not mind seeing it in front of my eyes, but as I looked at the state of the interview with raising my face, it seemed to be revealed as well, so I was asking about the state of the interview with just my ears .

The talent seemed to be asking questions about the tea ceremony, I could not catch what you asked, but I heard only the shopkeeper's answer,

"I treasure the sound, the sound when I opened it, thinking that if the sound of this opening is good, I will put some important things inside."

It was a bit surprising. Because I was not conscious of the sound. Certainly, as I remember the feeling when I opened the tea chestnut, as I remember it every morning, I remember it is a very pleasant feeling, but the sound, well, the sound is like a feeling.

At the same time, there was something that made me feel relieved in listening to this shopkeeper's answer. It is wonderful how wonderful it might be to put important things if sound is good. Sure it is, I think that you must take care of it if the feel is nice.

I definitely thought that the tea ceremony of the Kanjido is selling that it closes naturally only with the outer lid on it. Its elaborateness is famous abroad, and when I went to a shop, the Chinese came to buy alone and was talking to a clerk in English with a clerk, "It is famous in China."

So, there were things that I did not close naturally in what I bought, and there were things I had to rework. After considering it, the tea ceremony is metal, so it will expand and shrink in winter and summer. If I make it in winter, in the summer, if it grows even by 0.1 mm, it will not close, I want to hear what you are doing in the making.

Because I thought that I would go home already, I did not have any coffee, there was no water, about 30 minutes or so, because I was in front of my eyes so I could not translate into a seat and I thought what was wrong,

"I treasure the sound, the sound when I opened it, thinking that if the sound of this opening is good, I will put some important things inside."

I thought that it was worth to come to Kyoto to hear the story. To make precious things to be put in, make a tea ceremony pipe, therefore use their skills and knowledge to improve the sound, that is, feel.

If sound is good it will put important things, what a really wonderful way of thinking is wonderful.

I wonder what happens if you compare it to architecture, I have been thinking about it on the returning Shinkansen.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2018年12月03日

「音を大事にしているんです、開けた時の音。この開けた時の音が良ければ、中に大切な物を入れてくれるんじゃないかと思って」

京都へ行くと必ず寄るカフェがあり、そこでの出来事。三十三間堂を見て、東京へ帰る前に、どこかでお茶でもと思い、少し歩いて「Kaikado Café」に来た。

ここは京都で長年、茶筒を制作している「開化堂」が出しているカフェ。京都で路面電車が走っていた時の車両基地だった所を改装したらしく、洋風な建物で、室内は天井が高く明るくて、とても居心地が良いので、京都へ来ると1度は立ち寄る場所。

ちなみに、うちには開化堂の茶筒が大小7つある。ブリキ製4つ、真鍮製3つ、うち1つは毎朝飲むコーヒーの豆を入れる真鍮の珈琲缶。ここの茶筒が好きで、ちょっとずつ買い足していった。一番最初に真鍮製の珈琲缶を買い、やっぱりブリキ製も欲しくなり、違う大きさも必要だなとなり。

17DF6455-70D0-45B8-9227-ACF043308D6F.jpeg

なぜここの茶筒か、経年変化するのが面白くて。ブリキ製は真っ黒になるし、真鍮製は赤味か黄味を帯びてくる。あと、私は持っていないが銅製の茶筒もあり、こちらは渋く茶色になっていく。

購入した時はピカピカ、ブリキ製は光沢のあるシルバー、真鍮製も光沢のあるゴールド。共に、塗装を施していない生地だから、使い込むうちに、擦れたり、手の油などが付着して、自然と色が変わるそうです。

買った時にお店の人から「最初の1週間はよく手で全体をまんべんなく触って下さい。そうすると色の変化が綺麗に早く出るようになりますよ」と言われたので、毎朝愛おしくスリスリしていた。

銅製は買わなかった。銅製が一番早く色が変わるそうで、早く経年変化を楽しみたいならば、銅製かもしれないので、それも良かったが、買ったのは真鍮製とブリキ製。

真鍮製は使う人の手の油によって、その人が普段何を食べいるのか、肉なのか魚なのかで、赤味を帯びるか、黄味を帯びるか、が違ってくるらしく、人によって経年変化した結果が違うところが面白いと思った。ただ少なくともその結果がわかるのは10年後、段々と変化していくので、赤味か黄味かは2、3年したらわかるかもしれないけれど、まだ1年なのでわからない。

ブリキ製はもっとかかる。ピカピカのシルバーが真っ黒になるには40年、私はもう生きていないかもしれない。それでも、次の世代になってもその茶筒が受け継がれ、真っ黒になった茶筒が日常生活で使われていたなら、なんて素敵なことなんだろう、と思い、そのためには今買わないと。

塗装で擬似的にその風合いを出すことは可能かもしれないが、本物の生地が変化した風合いには敵わないだろう。時間かかるのだよ本物は、がいい、ブリキ製はそこがいい。次の世代に受け継ぐ物ができた。

経年変化にはとても興味をそそられた。経年変化することは、もしかしたら現代では製品として否定的に捉えられてしまうことかもしれないが、自然の素材や生地の物を使えば、経年変化するのは当たり前のことで、それを手入れをしながら使い、また、自然の素材や生地だから手直しもできるので、長い年月に渡って、次の世代にも受け継ぐことができる。

使い捨てでは無い、物としての本来の在り方がそこにあるような気がした。

それでもうひとつ、この茶筒いいなと毎朝楽しみにしていることがある。

"I treasure the sound, the sound when I opened it, thinking that if the sound of this opening is good, I will put some important things inside."

There is a cafe where you will go to Kyoto without fail, and there happens there. When I saw Sanjusangen-do, before I came back to Tokyo, I thought that it was tea somewhere, came a little "Kaikado Café".

This is a cafe that Kyoto has been producing "tea ceremony" for many years. It seems that it was refurbished where the tram was running in Kyoto, it is a western style building, the ceiling is bright and the interior is bright and very comfortable, so when you come to Kyoto it is a place to stop by once.

By the way, there are seven large and small tea cranes in the Kaiden-do. Four tinplate, three brass, one of which is a brass coffee can that puts coffee beans to drink every morning. I liked the tea ceremony here, and I bought it a little at a time. I bought a brass coffee can at the very beginning, I wanted a tinplate as well, and it became necessary to have a different size.

Why is it a tea ceremony here, it's fun to change over time. Tinplate will be black and brass will be reddish or yellowish. Also, although I do not have a copper tea cupboard, it is browned with astringency.

Shiny when purchasing, glossy silver in tinplate, shiny gold in brass. Both of them are fabrics that have not been painted, so it rubs, oils of hands adhere, and so on, it seems that the color changes with nature, as it is used.

When I bought it I was told from the store people "Please touch the whole thoroughly with your hand well in the first week, so that color changes will come out cleanly and quickly" It was.

I did not buy copper. It seems that copper changes most quickly, so if you want to enjoy secular change quickly, it may be made of copper, so it was also good, but I bought it made of brass and tin.

The brass made by the oil of the person who uses it, seems to be reddish or yellow depending on what you usually eat usually, fish or meat, it seems different, I thought that the difference between the changed results is interesting. However, at least the result will be known 10 years later, so it will gradually change, so it may be known in a couple of years whether red or yellow taste, but I do not know as it is still a year.

Tinplate takes more. It has been 40 years for shiny silver to become black, I may not be alive anymore. Even then, even if it comes to the next generation, if the tea ceremony was handed down and it was used in everyday life, it seems that it is a wonderful thing if a black tea chestnut was used in daily life, and for that I have to buy it.

Although it may be possible to produce the texture in a pseudo manner by painting, it will not be enemy to the texture where real fabrics have changed. It is time consuming, genuine article is good, Tin tin is good there. There was a thing to hand down to the next generation.

I was intrigued by the secular change. It is likely that it will be caught negatively as a product in modern times, but it is commonplace to change over time if you use natural materials or fabric items, so that it will change over time While using it, because it is also natural materials and fabrics can be reworked, over the years can be passed down to the next generation.

I felt there was the original way of things, not disposable.

And another thing, I have looked forward to this morning that this tea cup is nice.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2018年12月02日

夏の暑さは嫌いな方ではなくて、汗かきなのですが、わざと暑い日中に散歩をしたりします。季節の匂いみたいなものが好きで、特に季節の変わり目には敏感になるのか、今なら冬の匂いですかね、どういう匂いかを言葉で説明するのは難しいのですが、枯れ草のような、夜になると冷たい空気の乾いた匂いというか、感覚的で上手く説明できないですが、夏も季節の匂いを嗅ぎに外へ出ます。

ただ、今年の夏だけは違って、外へ出ることに身の危険を感じましたね。暑過ぎて外出を止めよう、陽が落ちてから出かけようと、はじめて思いました。ちょっと外に出ただけで熱中症になりそうで、水分を取っても追いつかず、身体がどんどん熱くなって沸騰してくる感じ、その状態が一番危ないらしいです。

だから、今年の夏は屋内にいることが多かった、常にエアコンがかかった部屋の中。電気代も結構かかりました。ただ、エアコンをかけないと室内にいても熱中症になりますから仕方がないですが、エアコンの風があまり好きではないので、寝る時には苦労しました。

そもそも、外の気温が高くても、室内の温度が上がらなければエアコンをかける必要は無いですよね。エアコンをかけなければ電気代が安くて済みますが、エアコンをかけないで済むということは、それだけ室内が快適だということ。春や秋の中間期は冷暖房をかけずに過ごせて気持ちいいですよね、夏にそこまでの快適性を得られなくても、エアコンをかけずに過ごせたら、その快適性に近づきますよね。

住宅の断熱性能は冬を基準に決めます。冬の目標室温を達成するために必要な断熱性能が数値で厳密に決まります。ただ、ここで問題になるのは、冬を基準に決めた断熱性能だと、夏はより暑くなるということ。

冬は外の寒さが室内に伝わらないように高い断熱性能が要求されます。いわゆる高断熱ですね。そこに隙間風などか入って寒くならないように気密性の高さも必要となります。高気密高断熱、それを行うことは難しくないです。

魔法瓶を思い浮かべ下さい。それがまさに高気密高断熱の家です。中に熱い飲み物を入れれば1日中熱い、冷めない。冬は一度暖まれば、その暖かさが持続して、1日中暖かい、だから、暖房器具をずっとつけておく必要が無いので光熱費も安くて済む。

B527561D-3B87-4BB7-8AEA-2B9DDE6FF99E.jpeg

中に冷たい飲み物を入れても1日中冷たい、氷も溶けない。だから、夏もエアコンで室内を冷やせば、1日中冷えている、だから高気密高断熱がいいと思いますよね、ところがです、魔法瓶と実際の家は違うのです。

実際の家はそれでも外の熱が室内に入ってくる、窓から、太陽の日差しが。あと生活熱というのもあります、キッチンのコンロなど。あと人も発熱しています。冬夏関係無しに、暖房も冷房もかけなくても、高気密高断熱であっても無くても、日中の室温は放っておいても上がります。

それでも冬はいいです、暖かくなるのだから。問題は夏です。何もしないで放っておくと日中はどんどん室温が上がります。大体午後になると外気温より高くなる。そして、その熱は高気密高断熱の家だと外に逃げないので、よりどんどん室温が上がることになる。これを先程も例えましたが「魔法瓶効果」と言います。

室温がより上がるのを冷房で冷やし続ける。高気密高断熱の家にしてしまうと、夏の冷房負荷が大きくなり、光熱費が余計にかかります。

ではどうすれば良いのか?

高気密高断熱にしないことです。ただし、そうするためには冬の対策が不可欠です。もちろん、夏だってそれだけでは快適に暮らせません。

冬と夏の両方を快適に暮らすためには、自然の力を利用しないといけません。その話は、ここまで長くなりましたので、また次回に。

I do not dislike the heat of summer, I am sweating, but I will walk for a while on purpose on purpose. I like something like the seasonal smell, especially whether it becomes sensitive to the change of the season, now it is a smell of winter, it is difficult to explain what kind of smell it is, but like a dead grass, at night I can not explain it sensibly well that it is a dry smell of cold air, but in the summer I will go out to sniff the season's smell.

However, unlike the summer of this year, I felt the danger of getting outside. Let's stop going out because it was too hot, I thought for the first time to go out after the sun went down. It seems to become a heat stroke just by going out for a moment, feeling that the body gets hotter and steams more quickly, taking that moisture, it seems that the condition is the most dangerous.

So, this summer I often stay indoors, in the room where air conditioning always took place. Electricity bills took quite a while. However, there is no choice because it will be a heat stroke even if you are indoors in the room, but you do not like the air conditioner's wind so much, so it was a hard time to sleep.

In the first place, even if the outside temperature is high, you do not have to turn on the air conditioner unless the room temperature rises. If you do not apply air-conditioner it will cost less electricity, but not having to wear air-conditioner means that the interior is comfortable as much. It is comfortable to spend the mid-season of spring and autumn without putting on air-conditioning and heating, even if you can not get the comfort that much in summer, if you can spend without air conditioning, you will be comfortable with that comfort.

The insulation performance of the house is decided on the basis of winter. Winter goal The adiabatic performance necessary to achieve room temperature is strictly determined by numerical value. However, the problem here is that if the insulation performance decided on the basis of winter, the summer will get hotter.

In winter, high insulation performance is required so that outside coldness will not be transmitted indoors. It is so-called high insulation. A high level of airtightness is also required so that there will be no draft winds entering there and getting cold. High airtight high insulation, it is not difficult to do.

Please think of a thermos bottle. That is exactly a high airtight, highly insulated house. If you put hot beverages inside, it will be hot, not cool all day. Once it warms up in winter, its warmth continues, it is warm all day, so you do not need to keep the heating equipment all the time, so the utility costs are cheap.

Even if you put a cold drink in it is cold all day, ice will not melt. So, if you cool the interior with an air conditioner in the summer, it is cold all day, so I think that a high airtight high insulation is good, but it is, the thermos bottle and the actual house are different.

Actually, the outside still enters the room, the outside sunlight from the window. Another thing is life heat, kitchen stoves and so on. People also have a fever. Even if you do not need heating or cooling without winter or summer relationship, even if it is highly airtight and highly insulated, room temperature will rise even during the day.

Still winter is nice, it will be warm. The problem is summer. If you do not do anything, the room temperature rises steadily during the day. It gets higher than the outside temperature in the afternoon. And since that heat does not escape outside if it is a high airtight, highly insulated house, the room temperature rises more and more. As I mentioned earlier, we call it "Thermos bottle effect".

Continue to cool down the room temperature rises in the air conditioning. If it becomes a high airtight and highly insulated house, the cooling load of the summer becomes large, and the utility cost increases unnecessarily.

So what should I do?

It is not to be highly airtight and highly insulated. However, in winter measures are indispensable to do so. Of course, summer alone can not live comfortably alone.

In order to live comfortably in both winter and summer, we must use the power of nature. That story has been long so far, so next time.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2018年12月01日

段々と寒くなってきましたね。今日から12月、冬だから寒いのが当たり前ですけれども、今年はいつもの年よりは暖かいですね。

だから、まだあまり暖房器具を使う必要も無いし、朝起きる時に寒くてベッドから出たくないなんて、まだそんなに思わないです、東京では。

毎年こうだとありがたいですが、気候のことは何ともわからない、外気温はコントロールできませんからね。

ただ、室内の気温はコントロールできますから、とても寒い冬の年でも今年のように暖房器具をあまり使うこと無しに、朝起きる時に寒くてベッドから出たくないと思うこと無しに、過ごすことができるようになります。

朝起きる時の寝室で、暖房器具を使わずに、室温が何度になれば、ベッドから出る時につらくないですか?
昼間リビングで、暖房器具を使わずに過ごすには、室温を何度にすれば良いですか?
夜中、寝室からトイレに行く時の廊下の室温、浴室の脱衣所の室温は?

ヒートショック防止には、廊下や脱衣所と言った主要な生活空間をつなぐ所の室温が大事で、暖かくして主要な生活空間との温度差を無くさないといけない。

主要な生活空間は窓もあり、場合によっては暖房器具を使うことで暖かくすることができますが、廊下や脱衣所と言った場所はそうもいかない時もある。

住宅全体を24時間常にどこにいても暖かくなるように暖房すれば良いですが、イニシャルコストとランニングコストがかかりますし、1次エネルギーを相当使い環境負荷を上げることになり、地球環境にも良くない。

暖房器具を使わない場合の冬の室温を各部屋で何度にすれば良いのか、まず目標とする室温を決めます。これは暖房器具を使わないので光熱費を下げることにもつながります。

目標とする室温が決まらないと住宅の断熱性能が決まりません。

断熱は住宅の中で快適に過ごすために行うので、その快適性を客観的に数値で表すには室温しかありません。

目標とする室温が決まれば、それを達成するための必要な住宅の断熱性能が決まります。

必要な住宅の断熱性能が決まれば、断熱材の種類や厚さなどの仕様や、住宅全体の窓の総面積と窓の断熱性能、南側の窓の大きさが決まります。

ただ単に断熱性能の良い断熱材を厚く使えば良いのかもしれませんが、その分コストもかかる、窓も同様。それに、それで本当に快適な室温になるのかわからない。

また窓に使うガラスは、外壁に比べて断熱性能が著しく劣るので、窓がたくさんあって、窓が大きければ良いというわけでも無く、かえって室温を下げることにもなりますので、必要な断熱性能から住宅全体の窓の総面積を数値で厳密に決めます。

目標の室温から必要な断熱性能を決め、その断熱性能を達成するために断熱材の仕様を決めますが、それだけでは目標の室温を達成できません。冷めない入れ物はできましたが、そこに火種がないと、入れ物は暖まりません。

火種になるのが、晴れた日の日中の南側の窓です。その時の南側の窓にはストーブ1台分と同じ量の太陽エネルギーがあります。それは日中ずっとストーブをつけているのと同じことです。

だから、南側のどこの位置にどのくらいの大きさの窓をどれだけ設けるが重要で、それも目標の室温から決めた断熱性能から割り出して厳密に数値で決まります。

全てを簡単に言うと、日中に窓から取得した暖かい太陽のエネルギーをなるべく減らさないようにして、目標の室温を翌朝まで維持する、ということです。

ですから、取得した暖かい太陽のエネルギーをできれば貯めておきたいですよね、蓄熱しておきたい。そうすれば、日中に蓄熱したものを夜に放出して室温が下がりにくくなる。

蓄熱するにも、南側の窓の位置と大きさが重要で、さらには蓄熱する場所をどこにするか、これも目標の室温から決めた断熱性能で決めます。さらには蓄熱する場所の材質や仕上げも重要になる。

全ての基準は、目標とする室温です。室温を決めないと断熱材の仕様が決まりませんし、本当に快適に暮らせるかどうかもわかりません。

今年の夏は異常に暑かったですね。その夏をエアコン無しで快適に暮らすためにはどうするのか、もちろん室温を決めることが重要であることには変わりありませんが、その他にも重要なことがあり、それは長くなりましたので、また次回に。

B9C64972-700F-4583-AD3D-A61C9D552BB6.jpeg

It is getting colder and fatter. Today is December, because winter is cold, it is natural to be cold, but this year it is warmer than the usual year.

So, I do not need to use much heating equipment yet, I do not think that I do not want to leave the bed because it is cold when I wake up in the morning, in Tokyo.

I appreciate it every year, but I do not understand the climate at all, I can not control the outside temperature.

However, since the temperature in the room can be controlled, it is possible to spend without thinking that it is cold and not wanting to leave the bed when getting up in the morning without much use of heating equipment as in this year even in the very cold winter years It will be like.

In the bedroom when you wake up in the morning, if you do not use heating equipment, how many degrees the room temperature is, is not it hard to get out of bed?
How many degrees of room temperature do I have to spend without using heating equipment in daytime living room?
In the middle of the night, the room temperature in the corridor when going to the toilet from the bedroom, the room temperature of the bathroom clothing room?

To prevent heat shock, the room temperature connecting the main living space such as a corridor and a dressing room is important, and it is necessary to warm the temperature difference from the main living space to be warm.

There are windows in the main living space, and in some cases you can make it warm by using heating equipment, but there are times when the place called the corridor and the dressing room does not do so either.

It is only necessary to heat the entire house 24 hours a day to keep it warm anywhere, but it costs initial cost and running cost, it uses the primary energy considerably and increases the environmental load, which is not good for the global environment .

First of all, we decide the target room temperature to determine the number of times of room temperature in each room in the winter when not using the heating equipment. This leads to lower utility costs as it does not use heating equipment.

If the target room temperature is not decided, the heat insulation performance of the house will not be decided.

Since insulation is done to stay comfortably in the house, there is only room temperature to objectively express its comfort in numerical values.

If the target room temperature is decided, the necessary heat insulation performance of the housing to achieve it will be decided.

Once the necessary heat insulation performance of the house is decided, the specifications such as the type and thickness of the insulation, the total area of ​​the window of the entire house, the heat insulation performance of the window, the size of the window on the south are decided.

Although it may be good simply to use thick insulation material with good heat insulation performance, it costs much, corresponding to the window as well. Besides, I do not know whether it will be a really comfortable room temperature.

Also, the glass used for windows has significantly poorer insulation performance than the outer wall, so there are many windows and it is not good if the window is large, it will also lower the room temperature, so from the necessary thermal insulation performance We will strictly determine the total area of ​​the window of the entire house by numerical value.

We decide the required insulation performance from the target room temperature and decide the specification of the insulation to achieve its insulation performance, but by doing so we can not achieve the target room temperature. I could have a container that will not cool, but if there is no fire in there, the container will not warm.

It is the window on the south side of the day during sunny days to become an ignition. The southern window at that time has the same amount of solar energy as the one stove. It is the same as wearing a stove all day long.

Therefore, it is important to set how many windows in what size on the south side, and it is also determined from the adiabatic performance decided from the target room temperature and it is strictly determined by numerical value.

To put it all in brief, it means that the warm sun energy acquired from the window during the day should not be reduced as much as possible, and the target room temperature will be maintained until the next morning.

So, I would like to store the energy of the warm sun that I acquired, if possible, I want to store the heat. Doing so will release heat stored during the day at night, making room temperature less likely to fall.

In order to store heat, the position and size of the south side window are important, and furthermore, where to place the heat storage, this is also decided by the insulation performance decided from the target room temperature. Furthermore, the material and finish of the place where the heat is stored become important.

All standards are the target room temperature. If we do not decide the room temperature, the specification of the insulation is not decided and I do not know whether I can really live comfortably.

It was unusually hot this summer. Of course it is important that it is important to decide the room temperature, what to do in order to live comfortably in the summer without an air conditioner, but of course there are other important things too, so it got longer, so next time .


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2018年11月30日

先日「仲村さんのところは、3DプリンタとかVR機材とか夢の機材がありますので、アジトみたいで楽しいです」と言われたり、事務所へ行きたいという人が増えた。普段、事務所にはいないので、それに合わせて事務所にいるようにして、来る人拒まず、大歓迎、話し込んでしまう。

そう言えば「どこに向かっているんですか」とも言われた。意外では無いけれど、気恥ずかしくて一瞬間を置いて小声で「自作自演」と思わず言ってしまった。

VRもBIMも3Dプリンターも自作自演を支えるためのツール。VRからはじまり、最初はただVRでの建築の見え方が凄い、これを設計に使いたいと思っただけ、そこから、BIMに興味を持ち、25年近く使用したCADからRevitに変え、Revitのモデルには拡張性があるので、人から勧められてCGソフトを入れ、リアルなパースや動画をつくりはじめ、前から欲しかった3Dプリンターでモデルを出力して模型や部材もつくるようになり、気がつくと、設計だけでなく施工の領域にまで踏み込んで自作自演できる環境が整ってしまった。

別にこれらのツールが無くても自作自演はできるが、意識せずに、これをはじめたからこれもできるようになるな、とか、これがあるからこれもできないかな、とか、前からこれに興味があったのだけれどもできるかな、と人にきいたりして、気がついたら自分で何でも自らの手で簡単に対してそんなに労力なしに生み出せるようになっていた。根底には、道具は大事、道具しだいで変わることがたくさんある、と思っているからだろうけど、意識せずに整ってしまったことが本当は求めていたことなのかもしれない。

自作自演とは、自分の思考だけで完結でき、その評価を誰に求めるのでも無く、自分で自分に評価を下すことで、好きなことをするよりも、楽しいことをするよりも、自作自演を大事にしている。好きや楽しくても、自分の判断だけで決定できないと、どこかで迎合することになり、精神衛生上よくない。仕事として建築デザインを行いつつ、自作自演できる場があると、自分の能力を確認し、鍛え、高めることができ、相乗作用があれば、いずれ自作自演だけになるかもしれない。

このように設計環境を再構築したおかげで、どこにいても設計ができ、1人でやりくりして完結できるようになったので、もっとひとつのことに対して思考を深めることができるようになり、それが自作自演の場で自分の能力を高めることに繋がっている。

例えば、輪島塗のフリーカップづくり。これは完全に自作自演、しかし、自分から出て来たとは信じられないようなデザインに発展しており、自分の能力を確認し、鍛え、高めることができていると思う。

これからもっと自作自演をしていくことになるだろう。それを継続してずっと行っていく環境が今整いつつある。

F2AE50D9-8364-4BAA-9924-49DD2C4265F9.jpeg

The other day, "Nakamura's place has 3D printers, VR equipment and dream equipment, so it's fun like an honor" and more people said they wanted to go to the office. I usually do not stay in the office, so I will stay in the office accordingly, I will not refuse to come, welcome, I will talk.

As I said, 'Where are you heading?' Although it is not surprising, I was embarrassed and sprang one moment and in a low voice I said without thinking "self-made performance".

Both VR, BIM and 3D printers are tools to support self-made performances. Beginning with VR, at first it is just how VR's architecture looks awesome, I just wanted to use it for design, from there I got interested in BIM, changed from CAD used for nearly 25 years to Revit, from Revit's As the model has extensibility, I recommend CG software from people, start making realistic perspectives and animations, outputting models with a 3D printer I wanted from before to make models and members, I noticed And, not only the design, but also the environment where we can stepping in to the field of construction and making self-made performances has been set up.

Apart from these tools I can do my own self-performance but without consciousness, since I started this I can also do this, I can not do this because there is this, I've been interested in this for some time I listened to someone that he could do it, but when I realized I could create whatever I could with my own hands without much effort by my own hands. Basically, tools are important, because they think that there are lots of things to change depending on the tool, but it may be that what you really wanted is that you did not realize it without being conscious.

Self-made performances are self-made performances rather than doing something more fun than doing anything they like by doing self-evaluation on themselves without asking anyone to evaluate themselves, being able to complete with their own thoughts alone I am cherished. Even if you like or have fun, if you can not decide just by your own judgment, you will be somewhere to meet up and it is not good for mental health. If you have a place to do your own self-made work while doing architectural design as a work, you can check your ability, train and enhance, if there is a synergistic effect, it may be only your own self-made performance.

Thanks to the rebuilding of the design environment like this, I can design anywhere, I can finish it by one person, so I can deepen my thought on one more thing, It leads to enhancing my skills at home for self-made performances.

For example, making a free cup of Wajima coat. This is completely self-made, but I am developing into a design that I can not believe that I came out of myself, I think that I have been able to confirm my skills, train and enhance.

I will be doing more self-made performances from now. The environment where we continue to do it all the time is coming.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2018年11月29日

ゲーミングPCを導入してVRをはじめた。BIMをはじめるにも同性能のPCが必要で、何が違うのかというとグラフィック性能。Macではグラフィック性能が追いつかなかったし、VRとBIMではPCにそれだけのグラフィック性能が要求されていた。

それでも新しいMacBook Proを導入してまだ半年だったので、Boot CampでWindowsを動かし、Autodesk社のRevit(レビット)をインストールして、ゲーミングPCとMacの2台体制でBIMをはじめることにはした。

簡単なモデルをつくる時はMacで十分なので、軽いから持ち歩き、詳細なモデルやプレゼン資料やCG、VRデータを作成する時はゲーミングPCと使い分けた。

VRの操作は難しいことではないので、すんなりとできるようになり、Revitは市販の教本を一通りやって基本的なことを覚え、あとはわからない度に人にきいた。

CADを使ったことがある人ならば、Revit特有のクセはあるが、問題なくできるだろう。レイヤーという概念が無いので、そもそも実際の建築にはレイヤーなど存在しないから、Revit内で実際の建物に当たるモデルを作成しようとした時にレイヤーなど使わない。

実際の建築をつくるように、床は床、壁は壁、天井は天井、下地は下地としてモデルをつくる。前に使っていたVectorworks(ベクターワークス)というCADも同じように床は床、壁は壁と作れたが、レイヤーがあり、もっと汎用性が高く、オブジェクトとして四角い床がつくれたが、Revitでは作図はできるが、そこまで汎用性が高くなく、BIMだと床など部位別にきちんと情報が整理されていないと使えないからそうなっているのだろうが、操作しだいで自由に形をつくることもできた。

ゲーミングPCはノートにした。VR装備一式を持ち運びすることができたので、ノートにすればゲーミングPCも持ち運びができ、どこでもVRができる。これは建主のお宅に持ち込んで、これから建てる予定の住宅をVRで一足先に体験してもらい打合せをすることを想定していたが、私はそれにプラスして、設計している場所の傍らに設置して、いつでもVRで設計途中の建築を検討したかったから。

この後、初期の段階でゲーミングPCを導入したおかげで、この時には想像もしていなかったことが展開できるようになり、それが新たな機会を生むことにもなった。

B738EAFB-B42C-43E6-AC64-2747BEB05389.jpeg

Introducing gaming PC and starting VR. In order to start BIM, PC with the same performance is necessary, what is different is graphic performance. On Mac, the graphic performance did not catch up, and VR and BIM required PC for that much graphic performance.

Still it was half a year since I introduced the new MacBook Pro, so I decided to start Windows with Boot Camp, install Autodesk's Revit and start a BIM with two gaming PCs and Macs.

When creating a simple model, Mac is enough, because it is light, I carry around, carrying out detailed models, presentation materials, CG, VR data when using gaming PC differently.

Operation of VR is not a difficult thing, so we can do it smoothly, Revit learned basic things through a commercially available textbook, and he asked people whenever I do not understand it.

If you've used CAD, there are certain peculiarities of Revit, but you can do it without problems. Since there is no concept of a layer, there is no layer etc. in the actual construction in the first place, so do not use layers when you try to create a model that corresponds to an actual building in Revit.

To create the actual building, the floor is a floor, the wall is a wall, the ceiling is a ceiling, and the base is a base as a base. Similarly, CAD called Vectorworks (VectorWorks) which I used before was able to make the floor as the floor and the wall as the wall, but there is a layer, it has more general versatility, a square floor could be made as an object, but in Revit a construction Although it is possible to do so, its versatility is not high so far, it seems that it is because it can not be used unless the information is properly sorted by floor and so on with BIM, but it can also be shaped freely according to the operation It was.

I made the gaming PC a notebook. Since I was able to carry a complete set of VR equipments, I could carry a gaming PC as a notebook, and I could do VR anywhere. This was brought to the owner's house and was supposed to have a meeting to have the VR plan to build a house to be built ahead of the other, but I plans to make a meeting and places it in the place I am designing Because I wanted to set up by my side and want to consider architectures under design at any time by VR.

After that, thanks to the introduction of the gaming PC in the early stages, what was not imagined at this time could be expanded, which also resulted in new opportunities.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2018年11月28日

VRを建築設計途中の検討用ツールとして使いたいならば、BIM(ビム)とは関係無しに、現状Autndesk社のRevit(レビット)を導入するしかない。ならば、BIMにもっと興味を持ってみよう、がBIMをはじめるキッカケだった。

VRの説明会では最初にBIMの話から入った。BIMの基本概念からはじまり、BIMが今後主流になるだろう、特に施工現場ではすでに導入され機能しているなど。その中で特に興味を持った話は、Revitを導入してBIMをはじめた場合の拡張性だった。

建築設計する場合、今までは2次元の図面をつくり、それを元に3次元のパースや模型を制作していたが、Revitを導入してBIMをはじめると、最初から3次元のモデルと称する実際の建物をソフト内で構築し、必要な情報、例えば、図面などを後でモデルから取り出すことになる。

このRevitのモデルには拡張性があり、VRはそのモデルデータを変換して使用するのだけれども、このモデルを構造設計事務所に渡すと、建物の骨組みをモデルに入力して返してくれるので、Revit上で意匠設計と構造設計の整合性を見ることができ、確認申請機関にはRevitのモデルをそのまま提出すれば、ペーパーレスで確認申請の審査を受けることができ、このモデルデータはそのままで他のCGソフトに読み込ますこともできるので、よりリアルなパース画像や動画も簡単に作成することができ、また、このモデルデータを変換して使用すれば3Dプリンタで出力でき、スチレンボードで白い模型をつくる必要が無くなる。

私は1人で設計から施工管理まで行うので、設計時にRevitでモデルデータを作成することが、自分が実際に動くことによる労力や時間を大幅に削減でき、設計を大幅にサポートするだけでなく、1人だからよりRevitのモデルから拡張されたこれらのことを上手く連携させ、レスポンスよく進めることができ、設計の質を直接高めていくことができるのではないかと考えるようになった。

また、この拡張性のおかげで、どこでも場所を選ばずに、動くことなく、ノートPCとネットの環境があれば設計ができるようになる。VR装備一式も持ち運べ、最低2m角位の場所があれば良い。3Dプリンタを置く場所だけは限定されるが、一度プリントアウトの作業をすればずっとその場にいなくてよく、モデルデータだけを送信してその作業だけを誰かに頼むこともできるだろう。そうすると、事務所もいらなくなる。

BIMとは、最低限ここまで拡張性があってはじめて成り立つのではないだろうか。

そう考えると、メインのOSをMacからWindowsに変えることも、より拡張性を高め、よりクリエィティブな建築を生む可能性も高めることになる。また、Autodesk社のRevitはBIMソフトとして世界中でメインで使われるようになるので、モデルを作成すれば、それが共通言語となり、モデルを渡すだけでプレゼンから施工までできてしまう可能性も秘めていた。

ここまで順に考えてきてやっと、25年近く使用して習熟しているCADソフトを捨て、愛着のあるOSも変え、Revitを導入してBIMをはじめることに決心がついた。

これは、この先まだ15年以上は設計をして、よりいい建築を生む出したいと考えていたので、そのためには、今、設計環境を再構築する必要があるのでは、という想いもどこかにあったから決断できたのかもしれない。

BA877080-166C-48B9-BD50-1B8EE7D67EC3.jpeg

If you would like to use VR as a tool for examination in the middle of building design, you can only introduce Revit (Revit) from Autndesk, regardless of BIM (Bim). Let's be more interested in BIM, but it was a challenge to start BIM.

At the briefing session of VR, we entered from the story of BIM for the first time. Starting with the basic concept of BIM, BIM will be mainstream in the future, especially already installed and functioning at the construction site. Among them, the story that was particularly interesting was the extensibility when I introduced Revit and started BIM.

In the case of architectural design, until now, we have created a two-dimensional drawing, and based on that we created a three-dimensional perspective or a model, but if we introduce Revit and start BIM, we will call it a three-dimensional model from the beginning We will build the actual building in software and retrieve the necessary information, such as drawings etc later from the model.

This Revit's model is extensible, and VR converts its model data and uses it, but if you pass this model to the Structural Design Office, you will enter and return the framework of the building to the model , You can see the consistency of design design and structural design on Revit and you can receive the examination of confirmation application paperless if you submit Revit's model as it is to the confirmation application agency and keep this model data as it is Since it can also be loaded into other CG software, more realistic perspective images and moving images can be easily created, and if this model data is converted and used, it can be outputted with a 3D printer, and it is white with a styrene board There is no need to make a model.

Since I do it from design to construction control, creating revit model data at design time can greatly reduce labor and time due to my actual movement, not only to greatly support the design Since I was one, I began to think that I could collaborate these things extended from the model of Revit well and proceed with a good response, so that the quality of design can be improved directly.

Also, thanks to this extensibility, designing will be possible if there are laptop and net environments, without moving anywhere, without moving anywhere. You can also carry a complete set of VR equipment, as long as there is a place at least 2 m square. Although only the place to place the 3D printer is limited, once you print out, you do not have to stay there for a long time, you can send only the model data and ask someone to do just that work. Then you will not need an office.

Will not it be possible to have BIM for the first time with scalability so far?

If you think so, changing the main OS from Mac to Windows will also increase the possibilities of increasing scalability and creating more creative architecture. Also, Autodesk's Revit will be used mainly as a BIM software all over the world, so if you create a model, it will become a common language and you can also possibly be able to do from presentation to construction simply by passing a model It was.

After considering it so far, I decided to throw away the CAD software that I've been using and using for nearly 25 years, changed the OS with attachment, introduce Revit and start BIM.

This is because I was thinking that I wanted to design more than 15 years and to produce better buildings, so for that I think that it is now necessary to reconstruct the design environment somewhere It may have been decided because it was in.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2018年11月26日

VRを使ったから何かが変わるとも特に思ってはいなかったが、建主に設計内容を説明する時には役に立つかもしれないと、VRの説明会で話を聴きながら思っていた。

それまで建主には、平面図、立面図、断面図などの図面と外観、内観などのパース、スチレンボードでつくる白い模型で設計内容を説明していたが、私自身が感じたこととして、パースで説明している時が一番建主の理解度が高い。

2次元の図面から建物の全体像や室内の様子を理解するのは、慣れが必要なようで、なかなか細部やスケール感などが伝わらない時がある。白い模型は3次元なので、見てすぐに外観の形や間仕切りなどのプランは理解しやすいようだが、白い模型から実際の建物をイメージするには、やはり訓練が必要なようで、私たちは白い模型に仕上げの素材や色のが付いたものをイメージできるが、やはりそれが難しいらしく、なかなか伝わらない時がある。

なので、設計打合せの最終局面になってくると、パースを多用するようになる。ゲームや携帯コンテンツが3次元のものを2次元の画面で見るので、パースも同じだから、日常的に3次元のものを2次元に変換して理解する訓練をしているようなものになり、そのためパースが一番理解しやすいのではないかと思う。

VRは仮想ではあるが3次元空間に没入するので、頭の中で2次元に変換する必要が無いから余計に理解しやすいはずで、それはもちろん実際の建物を体験しているのと同じになるので、だから、建主に設計内容を説明する時には役に立つのではないかと思っていた。

説明会のVR体験で、VRのゴーグルをかけると、すでに目の前にはVR空間が広がっていた。コントロール・スティックがVR空間の中に浮かんでおり、それを手で掴む。説明会の会場にセッティングされたVR空間は、位置センサーが対角線状に置かれた3.5m位四方の空間で、その広さがVRのゴーグルをかけて実際に歩いて移動できるVR空間になる。もう一つの移動手段は、コントロール・スティックを使用し、ボタンを押して行きたい場所にビームを照射すると瞬時にその場所に移動できる。

あらかじめVR空間には住宅が建っており、それを空から俯瞰することもできるし、近づいて見ることもできるし、当然室内に入り歩き回ることもできる。3.5m四方のVR空間の外へ出そうになると網目状の壁が現れるので、ゴーグルを付けて部屋の様子がわからずに歩き回っても壁などにぶつかったりする危険性も無く安全だ。

説明会ではキッチンに行き、システムキッチンの天板の高さや背面の食器棚との位置関係や使いやすさ、キッチンに立った時に室内の様子がどう見えるのか、ダイニングテーブルまでの距離などが実感できた。説明会の趣旨から、たぶん主催者はこれを体験させて「ほらモデルハウスのようでしょ」と思わせたかったのだろう。

庭に出た時だった、振り返って建物を見上げて驚いた。

空から俯瞰で建物を見るのは模型でできる。模型をぐるぐる回せば、いろいろな角度から建物の外観を見ることができる。室内も模型が各階毎に分離するならば、上から俯瞰して見ることができる。室内の様子も模型にCCDカメラのような小型カメラを入れれば、画面越しには把握できる。だだし、これらは全て巨人の視点で、等身大の人間の視点では無い。たがら、スケール感を把握する時に間違えやすくなる。

EAED85FD-4E92-4A61-A1F9-08C920E85BB6.jpeg

庭から建物を見上げた時「この見え方ははじめてだ、これは実際に建物が立ち上がって完成した時にしか感じることができない見え方だ」と思い驚いた。キッチンに行った時も、もちろん実際に建物が完成しないと厳密にはわからないが、ある程度はキッチンのショールームなどに行けば擬似体験はできる。しかし、この庭からの見上げはVR以外では擬似体験もできないだろう。

56E598A8-DD88-4D6D-8802-6599C85DB778.jpeg

私はこの瞬間にVRを導入することを決めた。もちろん建主への説明用ツールでもあるが、設計に使おう、設計の検討段階でVR空間に没入し、スケール感や見え方を確かめるツールとして、スケール感は建築のデザインをする上で重要なことのひとつなので、それを実際の建物が立ち上がった時と同じように確認できることは素晴らしい。

設計中にVR空間に没入し、歩き回り、立ち止まり、見上げたりして、空間のつながり方や見え方、部屋の広さや天井の高さ、開口部の位置や大きさ、光の入り方や、室内から外の見え方、またその逆など、等身大の人間の視点で確認する。考えただけでも楽しくなる。

ゴーグルを外して、その場で説明会の主催者にVRを導入することを伝えた。

Although I did not particularly speculate that something will change because I used VR, I thought it might be useful when explaining the design content to the owner, listening to the story at the VR briefing session.

Until then, the building owner explained the design contents with a drawing such as a plan view, an elevation view, a sectional view and the like, a perspective such as appearance and internal view, a white model made of a styrene board, but as I felt , Perth understands most when the time explains in Perth.

Understanding the overall image of the building and the state of the room from the two-dimensional drawing seems to require familiarity, and there are times when the details and scale feeling etc. are not transmitted easily. As the white model is 3 dimensional, it seems easy to understand the plan of appearance shape and partitions etc. as soon as you see it, but in order to image the actual building from the white model, it seems that training is still necessary, we are white I can imagine a model with a finished material or color, but it seems difficult to do, and there are times when it is hard to convey.

So, when it comes to the final stage of the design meeting, it will start to use a lot of Perth. Since games and portable contents view 3-dimensional objects on 2-dimensional screens, since the same is true for Perth, it is like being training to understand three-dimensional things to 2 dimensions on a daily basis, So I think Perth is easiest to understand.

VR is virtual, but immerses in 3-dimensional space, it should be easy to understand because it is not necessary to convert it into 2 dimensions in the head, which is of course the same as experiencing the actual building So, so I thought that it would be useful when explaining the design content to the owner.

In the VR experience of the briefing, when VR goggles were applied, the VR space had already spread before my eyes. A control stick is floating in the VR space and grips it with the hand. The VR space set at the briefing venue is a VR space that can move by actually walking and walking with VR goggles in a space of about 3.5 m in which the position sensor is placed diagonally. Another means of movement is to use the control stick and press the button to irradiate the beam to the place where you want to go, you can instantly move to that place.

Houses are built in the VR space beforehand, you can see the overhead from the sky, you can see it as you approach, you can even walk around and enter the room. Since mesh-like walls appear when going out of a 3.5 m square VR space, there is no danger of hitting a wall or the like even if walking around without wearing goggles without knowing the state of the room and it is safe.

At the briefing session, I went to the kitchen, I realized the height of the top board of the system kitchen, the positional relationship and ease of use with the cupboard on the back, how the inside of the room can be seen when standing in the kitchen, the distance to the dining table It was. Perhaps because of the purpose of the briefing session, the organizer would have liked to think that "it looks like a model house," as the organizer has experienced this.

It was when I got into the garden, I turned around and was surprised to look up at the building.

You can look at the building from the sky in an overhead view with a model. If you turn around the model, you can see the building's appearance from various angles. If the model separates for each floor also in the room, you can see it from the top down. If you insert a compact camera such as a CCD camera in the interior as a model, you can grasp it through the screen. However, these are all giant's point of view, not a life-sized human being's point of view. However, it is easy to make mistakes when grasping the sense of scale.

When I looked up at the building from the garden, I was surprised to see that this is how it looks, this is how it looks like it can only be felt only when the building is up and finished. Even when I go to the kitchen, of course, I do not know exactly that the building is not completed, but to a certain extent you can do a simulated experience if going to a kitchen showroom etc. However, looking up from this garden will not be able to simulate anything other than VR.

I decided to introduce VR at this moment. Of course, it is also a tool for explanation to the owner, but as a tool for designing it, immersing in the VR space at the stage of design consideration, and ascertaining the sense of scale and appearance, scale feeling is important in designing the building As it is one of the things, it is wonderful to be able to see it as it was when the real building stood up.

Immersed in the VR space during designing, walking around, stopping, looking up, how to connect and see the space, the size of the room and the height of the ceiling, the position and size of the opening, how to enter the light, Check out from the perspective of a life-size human being such as how to see from outside, and vice versa. Just thinking makes fun.

I told them to remove the goggle and introduce the VR to the organizer of the briefing on the spot.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2018年11月24日

呂色職人の工房では、現在制作中の石目乾漆や様々な漆塗りの仕上げや製品を見ることができた。

0A72AEBF-1AB7-4D55-8FCC-48494693FCCE.jpeg

輪島塗のフリーカップ制作の塗りの打合せのために呂色職人の工房へ来たのだけれども、本題に入る前に塗りというか輪島塗の可能性みたいな話になって、輪島塗を万年筆に施したり、他に乾漆途中の漆器や制作完成間際のフリーカップなどを見せて貰った。

中でも、これは呂色職人の方が自分用に制作しているらしいが、1号サイズの大きさの板に自分で好きなように好きな色の漆を塗り、それに対して好きなように絵柄を描いてと蒔絵職人や沈金職人に渡して制作したものが良く、絵柄の繊細さ、精緻さに加え、その絵柄の図案的処理が古臭くなく、現代的で素晴らしかった。輪島塗は全ての工程が分業体制で、それぞれの工程に専門の職人がいるが、それぞれの職人の質の高さと文化的意識の高さと好奇心に輪島塗の奥深さと底力を見たようだった。

9FF4DF0A-0CD2-49DF-9763-D5CDEFFDF062.jpeg

ただ残念なのは、これらの職人に後継者がいないこと。これらの技術を生かす場がないのだ。後継者を育てるためには、その技術を生かす場をつくらないといけなくて、そのためには職人の技術を最大限に生かす無理難題な仕事を持ち込まないといけないし、それだけでは仕事の絶対数が少ないかもしれないから、職人の技術を最大限に生かすものを現代的なセンスで勇気を持ってこれですとつくり出す人が必要、会社や組織では無くて、人でないと。「類は友を呼ぶ」という言葉があるが、「類」すなわち「集まり」の元は人で、会社や組織では当然利害が生まれ、無理難題な仕事を職人に持ち込むことを躊躇するようになるから、無理難題な仕事を持ち込む人に人が集まり類になると、友を呼べて、共感が得られ、輪が広がり、職人の技術を最大限に生かす場ができる。

輪島で現代的なセンスで漆器をつくるお店を訪れたが、輪島の職人の技術を全然生かしていないし、老舗を訪れると職人の技術を最大限に生かしたものがあるが古臭い。漆器以外の伝統工芸にも言えることだが、後継者が育たないのは、伝統技術を生かした仕事が産業として成り立っていないため、産業として成り立たないのは、宣伝やブランディングが足りないという人もいるけれど、単につくっているものが受け入られていないだけ、何をつくれば良いのかがわかっている人がいないから。

呂色職人が自分用に制作したものに銀色の漆塗りのものがあり、一緒に行った塗師の方もひと目見て「これいいじゃない」と言ったもので、私も気に入った。呂色職人にきくと、その銀色は錫だそうで、錫を焼いて色粉にしたもので、焼かないで錫を使うと臭いらしい。他に、その錫と銀の漆を塗り分けたお箸があり見せてもらうと、錫と銀では微妙に色が違う。比べると銀の方が少しだけ茶色い、これは銀が酸化するためだと呂色職人は教えてくれた。私の色の好みは錫の方だった。

DFFBF0BB-6399-4279-8460-A083B6951064.jpeg

7007F839-9E51-40D3-BF21-259CC96B4EE5.jpeg

輪島塗のフリーカップの漆塗りの色については、特に何色にしようという構想はなく、人肌の感触にすることだけが決まっていて、その人肌の感触をつくる上で色が決まるのであれば、その色でよかった。

カップの漆塗りの打合せになると、とにかく私は人肌の感触にすることが第一で、色に関しては二の次だと呂色職人と塗師の方に再度はっきりと伝えた。ここがブレるときちんと見本ができて来ないだろうと思ったから。呂色職人の方は私よりもたぶん10歳位は年上の方だが、
「私の肌と若い人の肌は違うからな、若い人の潤いのある肌を参考にしないと」
と言いながら、塗りの艶はどうしますか、と私にきいてきた。
私「艶も人肌の感触を出すための大事な要素だと思うので、人肌の感触を出すことを優先して、艶はあっても無くてもいいです」と伝えた。

とにかく、人肌の感触を出すためには呂色職人の伝統技術に裏打ちされた技にかかっているので、呂色職人が迷わないように、この打合せで私は交通整理に徹していた。だから、色にはこだわりがないが、色が意味性を持つのも嫌だったし、カップなので中に入れる飲み物が不味そうに見える色は避けたかったので、無彩色、これならば意味性も特に無いだろうし、飲み物を入れるのに無難な色だと思い、黒、白、それと先程の焼き錫の三色を指定し、この三色で石目乾漆の技法を元に人肌の感触をつくり出した漆塗りの見本を制作してもらうことになった。

ここまで輪島の塗師の方、椀木地職人、朴(ほう)木地職人、呂色職人の方は親身になって、私が考えたことがどうやったら実現できるのかを真剣に考えてくれました。本当に感謝の言葉しかありません。

漆塗りの見本ができ上がったら東京に送ってもらうことになり、それで木地と見本を見ながら、再度どうするかを考えて、必要ならば再度来輪する予定。見本が送られて来るのが本当に楽しみでしょうがない。

In the workshop of Lu color craftsman, I could see the finest products and products of stone-eyed lacquer and various lacquer coatings under construction.

Although I came to the workshop of Lu color craftworker for the meeting of painting of Wajima coat free cup production, before it goes into the main subject, it is said to be painting or a story like the possibility of Wajima coat, applying Wajima coat to a fountain pen, Other than that I got the lacquerware in the middle of the lacquer and the free cup just before completion of production.

Among them, this seems to be produced by Lu color craftsman for myself, but paint the lacquer of the color of your choice on your board of size 1 size yourself as you like, as you like against it Writing a picture and passing it to a lacquer craftworker or a deposit craftworker (image one) was good, in addition to the delicacy and precision of the picture, the design process of the picture was not old-fashioned, it was wonderful contemporary. Wajima coat seemed to see the depth and bottom power of Wajima coat for high quality and cultural awareness of each craftworker and curiosity, although all processes are division of labor and each process has specialized craftsmen.

The only regret is that these craftsmen have no successor. There is no place to make use of these techniques. In order to nurture the successor, we need to create a place to make use of that technology, and to do so we have to bring in an unreasonable task to take full advantage of the craftsmen's skills, and that alone means that the absolute number of jobs Because it may be few, people who make the utmost use of craftsmanship technology are needed with a courage to do this with modern sense, this is not a company or organization, not a person. There is a word "kind calls a friend", but the origin of "kind" or "gathering" is a person, a company or organization naturally has interests, he / she will hesitate to bring unreasonable tasks to craftsmen When a person gathers into a person bringing in an impossible task, you can call friends, gain empathy, spread the circle, and have a place to make full use of craftsmanship techniques.

Although I visited a shop that makes lacquerware with modern sense in Wajima, I do not make full use of the technique of Wajima's craftsmen, and there are things that made full use of craftsmanship techniques when visiting long-established stores, but old-fashioned. Although it can be said to traditional crafts other than lacquer ware, successors do not grow up because there is no business that makes use of traditional technology as an industry, so there are people who are not satisfied with industry as advertisements and branding are insufficient But, as there is no one who knows what to create just because it is not accepted what you are making.

There is a silver lacquered lacquer (thing of the image) which Lu color artisan made for myself, and the painter who went with it also saw at a glance and said that "This is not good", and I favorite. When I heard the Lu color craftsman, the silver color seems to be tin, I baked tin to make it a color powder, and when I use tin without baking it seems to smell. Besides, if you have chopsticks (image one) that painted the tin and silver lacquer, it is slightly different in color between tin and silver. Lu color artisan taught that silver is a little brown in comparison, this is because silver oxidizes. My preference for color was towards Tin.

Regarding the lacquered color of Wajima-covered free cup, there is no specific idea of ​​what color it is made, only what to make it to the human skin is decided and if the color is decided in order to create the feel of the human skin It was good with that color.

Anyway, I got to tell Lu color craftsman and painter again that color was about to be secondary in terms of making the feel of human skin the first time when it was a lacquering meeting for cups. Because I thought that a sample would not come out properly when this was brought down. Lu color craftsman is probably older as I am about 10 years old than me,
"My skin and the skin of young people are different, I have to refer to the skin with young people 's moisture"
While saying that, I asked me what to do with the gloss of the paint.
"I think that gloss is also an important element for giving the feel of human skin, so it is good to give a feel of human skin, gloss may or may not exist."

Anyway, in order to bring out the feel of human skin, it depends on the technique backed up by the traditional technique of Lu color craftsman, so Lu color craftworker did not get lost, I was thoroughly handling traffic control at this meeting. So, although there is no particular attention to the color, I also disliked the color to have meaning, because it was a cup, I wanted to avoid the color that the drink put in would look unfavorable, achromatic, in this case semantic Also, I thought that it was a safe color to put in drinks, I specified the three colors of black, white, and the above-mentioned grilled tin, and based on the technique of the stone eye dry lacquer in these three colors the feel of human skin It was decided to have a lacquered painting sample produced.

Have you been a Wakajima painter, a bowl of woodland craftworker, a craftsman of Park, a craftsman, Lu color craftsman so far, seriously think about how I can realize what I thought It was. I really only have words of gratitude.

When the sample of lacquer finish is finished it will be sent to Tokyo, so while watching the wood and swatches, I will think about what to do again and plan to come back if necessary. It is really fun to be able to send a sample.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2018年11月23日

呂色職人は塗師屋の所に別の用事があり、来ることになっていたらしい。別の用事とは座卓の傷直し。

輪島塗のフリーカップの塗りの人肌感触の打合せの続きは、呂色職人の工房にて行うことになったので、おもむろに傷直しの作業をしはじめた。塗師が言う、滅多に見られないよ、と。

見本場の打合せテーブルの横に布を掛けられて置かれていた座卓には、すでに傷の部分に同色の漆が塗られていて、乾くのを待っていたようだ。呂色職人により磨く作業がはじまった。

先程までの打合せの中で呂色職人の方が
「漆塗りの工程の中で何が一番重要だかわかりますか?」と私に問うてきた。

私「塗り、上塗りですかね。最終的な仕上げだから」
職人「皆さん、そう言いますね。確かに、上塗りは重要ですよ。それに花形というか、華々しい部分ですからね。でも、違うんですよ。磨きなんです」

呂色職人曰く、磨きという工程は、下塗り、中塗り、上塗りの全ての工程にあり、磨きが下手だと上手く塗れないらしい。確かに、磨いて下地が平滑でないと綺麗には塗れないだろう。自分の工程が一番重要だと言いたいだけかな、という気もしたが、ただそれも一理あるなと思った。

その磨きの作業がこれから見られる。職人は呂色粉と呼ばれる白い粉を取り出して、自分の手に付けはじめた。磨くと聞いたから、何か道具を使って行うのかと思っていたが、手の平が道具だった。

手の平の感触だけを頼りに、あらかじめ傷の部分に塗られた漆を磨いていく。元々の座卓は相当艶がある仕上げなのに、呂色粉を付けた手の平だけで段々と艶のある仕上げになっていく。素人からすれば、これだけ艶のある仕上げだと、かえって手の平にある掌紋の凹凸が細かい傷になり目立つのではないかと考えてしまうが、見事に傷の部分がわからなくなり、座卓の他の部分の艶と全く同じように仕上がった。その間わずか10分足らず、正に職人技の極致を見たようで圧倒された。

25DE6BD7-6075-40FE-8744-C0B3FF580A08.jpeg

Lu color craftsman seems to have another business at the paint shop, and was to come. Another errand is to repair the seat.

The continuation of the discussion of the human skin feeling of the Wajima-coat free cup painting was to be done at the workshop of Lu color craftworker, so I started to do the work of rewriting in good faith. The painter says, it rarely can not be seen.

The seat table which was put on cloth next to the meeting table of the exhibition ground already had lacquer of the same color painted in the part of the wound and seems to have been waiting for drying. Work started to polish by Lu color craftsmen.

Lu color craftworker in the meeting until the previous
I asked myself "What is the most important thing in the lacquering process?"

I "paint, top coat, because it's the final finish"
Craftsman "Everyone, that's true, it is true that the top coat is important, and it's a spectacular part, because it's a flower form, but it's different, it's a polish."

Lu color craftsman said that the process of polishing is in all processes of undercoat, middle coat, top coat and if it is poor in polishing, it can not be painted well. Certainly, it will not be cleanly painted unless the surface is polished and the smoothness is not smooth. I thought that I just wanted to say that my process was the most important, but I just thought that there was a way too.
 
The polishing work can be seen from now. The craftsman took out the white powder called Lu color powder and began to put it in his hand. I was told that I would polish, so I was wondering if I would do it using some tools, but my palm was a tool.

Depending on only the feeling of the palm, I will polish the lacquer painted on the scratches in advance. Although the original seat table has a finished glossy finish, it gradually becomes a glossy finish with only the palm with lustrous powder. From an amateur, if this is only a shiny finish, I think that the unevenness of the palm print in the palm is a fine scratch and stands out, but it is not surprising that the part of the scratch becomes obscure, the other part of the seat table It was finished in exactly the same way as the gloss of. Meanwhile, it was less than 10 minutes and I was overwhelmed as if I saw the extreme of craftsmanship right.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2018年11月20日

「鯖あるけど」
カウンターにいたもう1人の客が帰ってすぐに大将が唐突に声を掛けてきた。
私「えっ」
大将「鯖があるけど」
間髪入れず、被せ気味に
私「ください」
大将はニコニコしながら急に話し掛けてきた。

昼間、塗師の方がそのお店のおススメを教えてくれた。今だったら香箱蟹、鱈の白子。それに加えて、輪島のふぐ刺し、白海老の天ぷら、酢牡蠣も注文、生ビールを少し呑んでから、輪島の地酒も。

香箱蟹の内子、外子で地酒をゆっくりとなんて思ったが、その旨さにかぶりつき、最後は甲羅に地酒を入れて、きれいに食べていたのを見ていたのかもしれない、全然話し掛ける雰囲気が無い大将が何の前ぶれもなく「鯖あるけど」だったので。

鱈の子付け、のどくろ、それとメニューになかった鯖の刺身を食べ比べながら、鯖が一番旨く、大将にお礼をと思い、

「鯖美味いですね」と言ったら

ニコッとしながら
「鯖はね」と一言、また黙々と大根の皮むき、仕込みか、この無理のない、ほっとかれ感がちょうど良い。

この大将に塗師の方を紹介してもらったから、輪島塗のフリーカップ制作がはじまった。

「仕事?」また唐突に一言、

私「いや、仕事というか、漆器をつくりたくて、というか、以前大将に塗師の方の連絡先をきいて、それから、以前に木地をつくり、今日塗りの打合せをしてきたんですよ」

カウンターの入口近くの端の席を指して
大将「あこの席にいたよな」

やはり、覚えていてくれたらしい。何か嬉しかった。
それから、どんなカップをつくっているのか、携帯の画像を見せながら、木地はこうしてあーして、塗りはこんな感じにしたくて、それで今日、こんなことがあって、こーなったなどと、大将に話したら、作業中の手を止めて、店で使っているカップの漆器を出してくれて、これいいだろという感じでカウンターに並べはじめた。そこから漆器談義、はじめてこのお店に来た時もそうだった。

225498C7-F56F-4385-902F-EE39F8EF68DF.jpeg

漆器の話からはじまって旅行の話まで、大将が人懐っこく話し掛けてくる間でゆったりとしていたら4時間位いたかな、大将の言葉で一番印象に残っているのは、

「儲ける商売の仕方は客が離れるが、儲かった商売の仕方は客が支えてくれる」

輪島の塗師や職人は皆なこの「儲かった商売の仕方」で、まずは技術的な話、お金の話は二の次という様子で、だから、こちらも実現したいことをどういう技術を使って、どうつくるかの話に専念しやすい、だから、打合せをしていて楽しい、実現していく実感が直に得られるから。

最後に釜飯まで食べて、気持ちよく、お腹パンパンで、真っ暗な中、月を見ながらホテルまで、カウンター越しにしか見送らない大将がわざわざ出てきてくれて、ニコニコしながら、また来年来ますと告げて帰った輪島の夜でした。

"There are mackerels"
As soon as the first customer returned to the counter, the general came suddenly.
I "Eh"
Admiral "There are mackerels"
Do not put on your hair,
I "Please"
The general suddenly spoke to us while smiling.

In the daytime, the painter taught me the recommendation of the shop. If it is now, it is a barakaba crab, cod white matter. Besides that, we also ordered Wajima's blowfish, tempura of white shrimp, vinegar oysters, drinking a bit of draft beer, also local sake from Wajima.

I thought slowly the sake as a baby crab crab and a foreign boy, but I hung on to that effect and at last it might have been seeing the local sake in the shell and eating cleanly, the atmosphere of speaking at all Because no generals were "no sausagi" without any precaution.

Mackerel was the most satisfactory while thinking of eating the cod attachment, the skull and the mackerel of the mackerel which was not in the menu, mackerel was the best,

When saying "Mackerel is delicious"

While making it nice
One word saying "Mackerel", silently peeled the radish, put it in, it is reasonable, feeling relieved is just right.

Since this general was introduced to the Painter, the Wajima-coat free cup production began.

"Work?" In addition,

I: "No, I wanted to make a lacquerware, I asked the general of the contact address of the Painter before, I made a woodland before and we had a meeting of painting today."

Point at the end seat near the entrance of the counter
Admiral "You were in the seat of ako"

After all, it seems that he remembered. I was pleased.
Then, while showing the picture of the cell, what kind of cups are making, the woodlands do like this and I want to paint like this, so today, this is the case, Talking to, I stopped the work in operation, put out the lacquerware of the cup used in the shop, and started to line up at the counter with feeling like this. It was also when I came to this shop for the first time about lacquer ware handling.

From the story of lacquerware to the story of the trip, it seems that if I was relaxing while the general caught friendly and spoken, it would have been around 4 hours, the most impressive thing in the generals'

"The way customers make money, how to make money is profitable, but customers will support the way of profitable business"

Wajima's painter and craftsman are all "how to make a profitable business", first of all technical story, the story of money is a secondary story, so the situation is like secondary story, so what kind of technology will be used for what we want to realize and how to make it Because it is easy to concentrate on the story, so that you can get a sense of fulfillment, realizing that you are having fun meeting.

Finally eating up to Kamoro, feeling good, with a stomach bumper, while looking at the moon, while seeing the moon, the general who only watches over the counter comes out of their way, noticing that I will come next year, while smiling next year It was the night of Wajima that I returned.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2018年11月17日

カップの飲み口の厚みが不連続に変化しており、その日の気分で飲み口の位置を変えることができ、また、カップに入れる液体によっても、熱いもの、冷たいもので飲み口を変えてもおもしろい。カップ自体の形が非対称なので、飲み口の位置を変えれば見え方も変わる。だから、その日の気分でカップの見え方も違う。

輪島塗のフリーカップの木地について、その日の気分とカップに入れる飲み物があってはじめて成り立つデザインを考え出した時、はじめて木地の形にしっくりきた。そこにはカップのデザインの範疇がどんどん広がり、人の営みが直にカップのデザインを決める要素になり、また気分というころころと変わるものに合わせて、デザインもころころ変わるところが、このカップはこれですというものがはっきりしない、曖昧で、でも使う人次第で見え方、すなわち存在感みたいなものまで変わり、それが特定の人だけでなく、万人に対して起こるところがいいと思った。

IMG_1004.JPG

使う人を選ばない汎用性がありながら、使う人によって変化する特殊性を兼ね備えているのがとてもいい気がする。

普通はどちらかだけ、汎用性が高くなると誰でも使えて便利だか、そういうものは誰でも使えるようにするために、好みに左右されないように、ありきたりな、どこにでもあるものであり、それは悪いことではないが、あえてそれを使う意味もない。例えれば、100均の食器だろうか。100均の食器はよくできている、100円であのクオリティには驚くが、特徴は安いだけで、あえてそれを使う必要もない。

逆に、特殊性が高くなると、誰でも使えなくなったり、好みに左右されるようになるが、それが気に入った人にとってはかけがえのないものであり、大切なものであり、あえてそれを使う意味があるものになる。輪島塗の蒔絵の漆器などはこちらの特殊性が高い印象がある。

汎用性も特殊性も大事で両方あれば良いが、両方を求めたデザインは大抵中途半端なものになる。だから、どちらかに重きを置きつつ、片方もある程度満たすようになれば良い。やはり、大切にして欲しいし、それをあえて使う意味がある方がものの在り方としては健全というか良いことだと思うので、特殊性が強くあるけれども、汎用性も同時に満たしているのが良い、それは輪島塗の漆器の目指す方向性としても良さそうだった。

漆器でないとできないことがあると今回気づいた。日常生活の中で漆器が登場する場面はどんどん減ってきていて、むしろ日常生活とは乖離した美術工芸品として存在し、そのために伝統技術が残されている感すらあるような気がする。ただ、それだと量が少ないので産業として成り立たず、伝統技術の後継者が育たないだろう。

漆器としての特殊性は残さないと伝統技術が廃れてしまうので必要だが、同時に漆器でしか出せない汎用性もある、それは陶磁器やガラスではできないことなので、そこに気づいて焦点をあてれば汎用性を獲得できる。ただ技術水準は絶対に落とさない、価格が安いからと木地制作を他に頼まない、技術水準を落として漆器を安く制作して量をさばく汎用性を獲得しても、それは100均がすでにやっていることだし、伝統技術の担い手がすることではない。

木地の断熱性や、漆器の軽さや、漆塗りの感触などにもっと焦点を当てれば、陶磁器やガラスにはない汎用性や、さらには新たな特殊性、陶磁器の釉薬も伝統技術だが、そこに新たな試みをしている人達もいて、新しい陶磁器の感触などをつくりだしているので、漆塗りもまだまだ新たな試みをする余地が十二分にあると今回気づいた。

The thickness of the drinking mouth of the cup is changing discontinuously, the mood of the day can change the position of the drinking mouth, and also depending on the liquid put in the cup, hot or cold one to change the drinking mouth Interesting. Since the shape of the cup itself is asymmetrical, how it looks changes when you change the position of the drinking mouth. So, the appearance of the cup is different depending on the mood of the day.

About Wajima-covered free cup wood land, when I came up with a feeling of the day and a drink to be put in a cup for the first time, I came up with the shape of the woodland for the first time. There, the category of cup design gradually expanded, the design of the cup is changed, the design of the cup is changed, the design of the cup is changed directly according to the thing which changes with the thing which turns into the feeling directly, Things are not clear, ambiguous, but depending on who uses it, it changes to what it looks like a thing like presence, I thought that it was good not only for a specific person but also for everyone.

I have a versatility that does not depend on who I use, but I feel that it is very good to have special characteristics that change depending on who uses it.

Normally only one of them is convenient for anyone to use if the versatility is high, so that anyone can use it, so that it will not be influenced by taste, there are ordinary, everywhere, that is bad Although it is not a thing, there is no point in dare to use it. For example, is there a hundred equal tableware? 100 uniform tableware is well done, it is surprising at that quality at 100 yen, but the feature is cheap, there is no need to dare use it.

On the contrary, when the specialty becomes high, it becomes usable by everyone or becomes dependent on taste, but for those who like it it is irreplaceable, it is important, it means dare to use it There will be something there. The lacquerware of Makie of Wajima coat etc. has a high impression of this particularity.

Both general versatility and specialty are both important, but both designs are somewhat halved. So, with one's emphasis on one, one can satisfy some to a certain extent. After all, I want you to cherish it, I think that it is healthy or a good thing as a person who has a meaning to use it dare to use it, so it is good to satisfy versatility at the same time though it has strong specialty It seemed to be good as a direction for the lacquerware of Wajima coat.

I noticed this time I can not do it unless it is lacquer ware. The scene where lacquerware appears in everyday life is decreasing rapidly and it exists rather as art craft which diverged from everyday life and it seems that there is even the feeling that traditional technology is left for that reason. However, because it is small amount, it will not be established as an industry and the successor of traditional technology will not grow up.

If you do not leave any specialty as a lacquer ware, traditional techniques are obsolete, but there is also versatility that you can only do with lacquer ware, at the same time there is versatility that can not be done with ceramics or glass, so if you notice there and focus on versatility You can earn. Just do not drop the technical level absolutely, because the price is cheap, do not ask the other woodland production, even if you lower the technology level and cheaply produce the lacquerware and gain versatility to judge the quantity, it is 100 It is what I am doing, and it is not a thing that traditional technology carriers do.

If we focus more on the insulation properties of woodlands, the lightness of lacquerware and the feel of lacquering, general versatility not found in ceramics and glass, and even new specialty and ceramic glazes are also traditional techniques Some people are trying new things and have created a feeling of a new porcelain, so I noticed that there is more room for new lacquer painting than ever yet.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2018年11月11日

よく受け入れてくれるものだ、何の実績もないし、変なスケッチを持参したのに、嫌な顔ひとつせずによく付き合ってくれるものだ。面倒くさいとは思わないのだろうか、むしろ面倒くさい方へどんどん進んで行くのだけれど。そんな人がたくさんいるようには思えないけれど、こんな面倒くさいことを言う人に皆さん慣れているのかなと輪島にいる間は思っていたけれど、たぶん、そういうことではないのだろうと後で思った。

持っている技術が相当高いから、面倒とか、くさいとか、という感情や思いがそもそも湧き上がって来ない、精神的に左右されない。当たり前にできるから、当たり前にやるだけなのだろう。

確かに、非対称の形だから、難易度が高く、相当悩みながら答えを出しているけど、短時間に簡潔にできることとできないことを選り分けて、できる中から最善の策を出してくる感じ。だから、打合せをしていて本当に気持ちがいい。本当の職人と話をしていると、自分が考えたことが段々と実際の形になっていく実感が得られ楽しくて仕方がない。

椀木地屋さんでは断念したデザインですが、次に塗師のご主人が連れて行ってくれた所は朴(ほう)木地屋さん。朴(ほう)木地屋さんは仏具などをつくる木地屋で、御膳の猫足などのように複雑な形をつくる時に請われる木地屋さん、もしここで制作できなければ、この非対称の形をあきらめるしかない所だったかもしれないと後で思ったが、椀木地屋から朴木地屋までの移動の車中での塗師のご主人からは、何とかなるだろうという勘が働いているのか、楽観的な雰囲気が伝わってきたので、こちらはもう任せるしかないこともあり、私も能天気に車窓の景色を眺めていた。

10分位で朴木地屋さんに着くと、そこにはたくさんの工作機械が置いてあり、中には大型のものまで、うちの会社にも作業場があって、そこにも工作機械があり、達磨ストーブもあるので、見慣れた風景と似た雰囲気に親近感がわいた。帰る時に聞いた話だが、朴木地屋をする人は少なく、理由はこの工作機械を揃えるだけでもかなりの費用がかかり、尚かつ、工作機械を扱うので危険を伴うからだとか。この朴木地屋さんは代々昔から引き継いで営んでいるとのことで、ここの朴木地職人の方はたぶん私より若かった。

IMG_0865.JPG

IMG_0866.JPG

輪島塗の制作工程をとりあえず一通りは頭に入れて来たけれども、それぞれの工程での制作風景は当然見たいことがないから、それでも椀木地屋さんの制作の仕方は何となく想像できる範疇だったので、こうできないか、ああできないかと思いを巡らすことはできたが、朴木地屋さんについては全くどうするのかがわからず、ただ持参したスケッチを見せて、どうしたらこの非対称の形をつくり出すことができるのかを朴木地職人の方に考えてもらうしかなかった。

It is a thing that accepts often, there is no track record, and although I brought a strange sketch, I often go out without attending a disagreeable face. I do not think that it is troublesome, but rather going more and more towards those who are troublesome. Although I do not think that there are many such people, I thought while everyone in the Wajima might be accustomed to those who say such a troublesome thing, but I thought later that it is not that kind of thing later.

Since the technology which it has is considerably high, feelings and thoughts such as troublesome or crispness do not rise in the first place, it is not influenced mentally. Because we can do it for granted, it is only natural to do it.

Certainly, it is an asymmetric form, it has a high degree of difficulty and answers while considerably worrying but I feel that it is best to pick out what I can and can not do briefly in a short time, So, it is really comfortable to have a meeting. If you are talking to a real craftsman, you will be able to have a sense of realizing that what you thought is gradually becoming an actual shape is fun.

It is a design that we abandoned at a bowl of a wooden store, but the place where the husband of the painter next took me is a Park wood store. Park is a wooden house that makes buddhist clothes and the like, a wooden store asked when making complicated shapes like the cat's legs of a meal, if you can not produce it here, you can only give up this asymmetric shape I thought later that it might have been, but from the husband of the painter in the car moving from the bowl wooden store to the Park Parka, whether the intuition that it will manage somehow works, the optimistic atmosphere is transmitted So, there are things that I have to leave to this one already, and I was watching the view of the car window in Noh weather too.

When arriving at Park Parker in 10 minutes, there are plenty of machine tools in it, there are also workplaces in our company, even large ones, there are machine tools there too, Takuma There was also a stove, so it got a sense of closeness to the atmosphere similar to familiar scenery. Although it is a story which I heard when going home, there are few people who do Park Parka, because the reason is that it costs considerably even just arranging this machine tool, and because it handles machine tools, it is dangerous. Park's wood store says that he has been taking over since a long time ago and the caskman of Park Park was probably younger than me.

Although the production process of Wajima coat was brought in the morning for the time being, nevertheless there was nothing I wanted to see the production scenery in each process, so still it was a category that can be imagined somewhat, Although I was able to think whether I could not do this, but I do not know what to do about Park Mokuya at all, just show sketches I brought, how can I create this asymmetric shape Park Ji There was no choice but to ask the craftworkers to think.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2018年11月10日

椀木地職人との打合せでも、やはり問題になったのが非対称の形だった。輪島塗フリーカップ制作のおいて、まずは木地の形をどうするか、これに関しては自分なりに満足のできるデザインの所までは行った。建築の場合もそうだけれど、イメージや構想を設計やデザインやスケッチとしてまとめ上げるのはかなりの労力を要するが、それで終わりではなく、むしろここからが本番で、この設計やデザインやスケッチを実現するために、誰に声を掛け、誰と話し、誰につくってもらうかを考えて、だから、こう準備して、こう伝えて、それにどう関わるかが重要になる。実現する段階でこれらひとつでも間違うと、せっかくまとめ上げた設計やデザインやスケッチ通りのものができず、残念な結果になる。

それだけは避けたかった、本当にこの木地のデザインが気に入っていたから。ただ、今回は全く誰もツテがない所からはじめて、お会いする人全てがはじめての方ばかりで、短時間で関係づくりからはじめるので、実際に実現することを全くと言ってよい程コントロールができない、ぶっつけ本番のようなものだった。

こういう場合、今までの経験上、依頼を請けてくれる職人の方の意識が高く、腕がよくないと、うまくいかない。そこはもう輪島の職人の方々を信頼するしかなかった。

椀木地制作の過程でも、全体の形が対称のもので厚みが違うだけならば、回転する木材にノミの角度を変えて入れてやればできるとのことで、実際にそれは今までに行ったことがあるそうで、見本(画像のもの)も見せてもらった。

IMG_7216.JPG

ただ、それはあくまでも全体の形が対称ならばの話で、私が持って行ったスケッチを眺めながら、塗師のご主人、椀木地職人、私とで、どうしたらこの非対称の形をつくり出すことができるのかを一緒になって考えていた。

もともと回転する木材にノミを入れて成形するやり方だと、対称の形はつくりやすく、非対称の形は無理なのではないかと思っていた。私の木地職人の作業の仕方に対する勝手なイメージが椀木地制作の要領だったので、スケッチを描きはじめた当初から、この非対称の形が本当にできるのかどうか半信半疑だったが、それでも厚みを変えることができるのだからと、いろいろと考えて提案してみた。

例えば、2個1にするなど。左右別々に対称形のものをつくり、縦に半分にして、左右それぞれ別のものを組み合わせて1つのものをつくるなど。これは塗師のご主人も私もできるような気がしたが、椀木地職人はできることとは思わなかったようだった。

IMG_0844.JPG

できるかもしれないという勘みたいなものが働く時は大抵、例えすんなりとはいかなくても、できるもので、できることとは思わない時には、全くと言ってよいほど、かもしれないすら思わない。それは長年の経験からくる勘だと思うが、できない時にはハッキリと「できません」と言ってくれた方がむしろありがたい。

この人ができない、やめた方がよいと言うならば、素直にやめようと思える人と一緒に仕事がしたい、といつも思っているので、塗師のご主人や椀木地職人の方には、素直にそう思えたので、椀木地職人が「うちではできないですね」と言った時には素直に従えた。

あとは塗師のご主人に任せるしかない。ご主人には他にアテがあるらしく、ここでは断念して、他の木地屋さんに行くことになった。

ただ、この椀木地職人の方には、プロとしての気構えと、意識と技術の高さを感じて、とても気持ちのいい打合せができ、この椀木地屋さんで過ごした時間は短くも楽しいものだった。

Even with a meeting with a bowl of woodland craftsman, what was still a problem was asymmetrical form. In Wajima coat free cup production, we first went to the place of design that can satisfy ourselves as to how to shape the wood land. Even in the case of architecture, it takes considerable effort to design images, concepts and design as a design, sketch, but it is not the end of it, rather it is real from here, in order to realize this design, design and sketch So, who is talking to, talking to whom and talking to whom, thinking about who to make it, so prepare this, tell them how it is important to know how to do that. If you mistake one of these at the stage of realization, you can not do the design, design or sketch that you gathered together, which is disappointing.

I wanted to avoid that much, because I really liked the design of this woodland. However, this time for the first time since nobody gets tired, it is only the first time for all of you to meet up, so we start with relationship creation in a short time, so we can not control as much as we actually can realize , It was like a batting turnaround.

In such cases, experience is that if the consciousness of the craftworker who undertakes the request is high and the skill is not good, it will not work. There was no other choice but to trust the artisans of Wajima.

Even in the course of producing bowls and woods, if the entire shape is symmetrical and the thicknesses are different only if you change the angle of the fleas to the rotating wood and you can do it actually I heard that there was something I had and a sample (image one) was shown.

However, that is only a story if the whole shape is symmetrical, while seeing the sketch that I brought, with the painter's owner, a bowl of woodland craftsmen, and me, how to create this asymmetric shape I was thinking about what I could do.

I thought that it is easy to make a symmetrical shape and not an asymmetrical shape if it is a way to insert fleas into rotating wood. Since the arbitrary image of how my woodland craftsman worked was the way of making bowls and woodlands, from the very beginning I began drawing sketches, I was dubious about whether this asymmetric shape could really be done, but still change the thickness Because I can do it, I thought variously and made a suggestion.

For example, 2 to 1 and so on. Make symmetrical ones separately on the left and right, half in length and combine different ones on the left and right to make one thing. Although I felt that my husband and master of a painter could do it, it seemed that bowl of woodland craftworker did not think that I could do it.

When something intrinsic that it might be possible works, most of the time, even if you do not get rushed up, you can do it, even when you do not think you can do it, I do not even think that it might be totally. I think that it is an intuition that comes from many years of experience, but it would be much appreciated by those who told me that it can not be "clear" when it can not be done.

If this person can not do, saying that it is better to quit, I always think that I want to work with someone who seems to stop obediently, so if you are a painter's owner or a bowl of woodland craftworker, So I thought obediently when a bowl of woodland craftworker said "You can not do it at home."

The rest is left to the master of the painter. Your husband seems to have other attes, so we abandoned here and decided to go to another wooden store.

However, for this bowl of woodland craftworker, feeling as professional, feeling the height of consciousness and technology, I was able to make a very pleasant meeting and the time spent at this bowl of the wooden store was short but fun It was.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2018年11月08日

輪島での木地の打合せの前夜は、頭の中でデザインがぐるぐる回ってほとんど眠れなかった。木地のデザインは頭の中では決まっており、あとはスケッチに起こすだけだったので、睡眠時間を確保することを優先して眠りにつき、スケッチは金沢行きの新幹線の中で描き上げることにしたが、ずっとどうするか考えていたので、脳が急にはクールダウンできず、眠りについても頭の中でカップが舞い、脳が勝手に考えていて、イメージが飛び交っていた。ただ、そのおかげなのか、翌朝の頭は、寝てないにもかかわらず、スッキリしていて、よく冴え渡っていた。

新幹線の中でスケッチを起こしながら、ずっと気掛かりだったのは、このスケッチの通りに木地をつくることができるのだろうか、ということ。非対称の形の漆器など見たことがなかったから。

この時は、もし輪島の木地屋さんでつくれないならば、つくれるところを日本全国捜し回ろうと考えいた。そのくらい、この木地のデザインが気に入っていたし、このカップのデザインが良いか悪いかを自分自身で見極めるためにも実際に形にして実現したかった。

輪島までは金沢からレンタカーで1時間半から2時間くらい、4月に訪れたが、天気がよく、日本海の海面がキラキラしていたのをよく覚えている。

輪島の塗師屋の家は昔から、塗師屋造りという職住同居の建築になっているのが特徴。私が通う塗師屋の家もその造りで、その特徴は平面計画にあり、職住同居は普通の町屋造りも同じですが、普通の町屋造りの場合は仕事場が道路側、住居が奥ですが、塗師屋造りはその配置が逆で、住居が道路側で、仕事場が奥。

輪島塗の背景には文化があり、その昔は輪島の塗師は行商しながら全国を周る文化の伝道師だったそうです。全国で見聞きした文化資産を輪島に持ち帰り、それを輪島塗の創作に生かす。家の中で文化的位置を占めるのが住居部分だから、毎日そこを通り仕事場へ行く、文化資産を創作に生かすための平面計画という訳です。

仕事場が奥なので、お客様用の玄関は住居部分と仕事場の境目にあり、道路から建物の側面を通りお客様用玄関へ行く。

その塗師の仕事場にはたくさんの漆器が見本として置いてあり、それだけでも一見の価値があるので、毎度そこへ行くと、塗師のご主人が席を外した隙に、ひとり見入っては「これいいな」とか「おー」とか「欲しいこれ」などと独り言を言って興奮していた。

木地屋さんとの打合せの後、塗師のご主人が大正時代から伝わる見本図録を見せてくれた。そこには今までに見たことがなく、この仕事場にある見本の中にもないような形のお椀がたくさん載っており、その素晴らしい形の数々に思わず見入ってしまった。このような見本図録の現代版はないらしい。仮にあっても、ここに出てくる形以外の物を創作するのは難しい気がするくらい、すでにお椀の形は考え抜かれている、というのが実感。むしろ現代の方が何も考えないで形を扱っている気がしてしまう。

IMG_0633.JPG

IMG_0634.JPG

IMG_0635.JPG

IMG_0636.JPG

IMG_0637.JPG

今回、フリーカップの木地をデザインする上で、単純な恣意的形態操作にならないように気をつけていたが、この見本図録を見ていると、ふくよかな丸みを帯びた魅力的な形が多いこと、どうしたらこのような豊潤で魅惑的な丸みが出せるのだろうか、文化資産を創作に生かしてきた輪島塗の伝統の奥深さ故なのか、さんざん形を考えた後だっただけに、この見本図録に載っているお椀の形の素晴らしさや先人の叡智にただただ敬服するしかなかった。

On the eve of the meeting of wooden plants in Wajima, the design went round about in the head and I could hardly sleep. The design of the woodlands was decided in the head, and the only thing that woke up in the sketch was to give priority to ensuring sleeping time, so we decided to sketch in the Shinkansen to Kanazawa for priority However, as I was thinking about what to do all the time, the brain could not cool down suddenly, the cup was dancing in my head asleep, the brain was thinking without permission, and the image was flying around. But, thanks to that, the head of the next morning was refreshing, despite not sleeping, was well well-kept.

While raising a sketch in the Shinkansen, I was worried for a long time, is it possible to make woodlands according to this sketch? I have never seen asymmetrical shaped lacquerware.

At this time, if I could not make it with Wajima's wooden store, I thought about looking around Japan all the time. About that, I liked the design of this woodland, I also wanted to realize in real shape to see if the design of this cup is good or bad on my own.

We reached Wajima from Kanazawa about one and a half to two hours by a rental car and visited in April, but I remember well that the sea level of the Sea of ​​Japan was sparky with good weather.

The house of Wakajima's paint shop has long been a feature that it is a co-owner-shop building that lives together with a job place. The painter's house I go through is also made, its characteristics are in the planning plan, the living in the same place with the job is the same as in ordinary town houses, but in the case of ordinary town shop building the work place is on the road side, the residence is in the back, The painting shop building is opposite in arrangement, the residence is on the roadside, and the workplace is at the back.

There is culture in the background of Wajima coat, and in the past Wakajima 's painter was said to have been a mission evangelist of the culture which goes around the country while peddling. Take the cultural assets you have heard throughout the country to Wajima and make use of it to the creation of Wajima coat. Because it is the residence part occupying the cultural position in the house, going to the workplace every day passing there, plan plan to make use of cultural assets in creation.

Since the workplace is behind, the entrance for the customer is at the boundary between the residential area and the workplace, going from the road to the side of the building and going to the customer's entrance.

There are plenty of lacquer ware in the workplace of the painter, as it is worth a look, even just that, as you go there every time, in the gap where the husband of the painter took off his seat, I was excited to say himself as saying "Oh" or "I want it".

After the meeting with the wooden store, the master of the painter showed us a sample catalog transmitted from the Taisho era. I have never seen it before, so many bowls of shapes that are not in the sample in this workshop are on board and I have noticed a lot of its wonderful shapes. There seems to be no modern version of such a sample catalog. Even if there is, even if it seems to be difficult to create things other than the one that comes out here, I feel that the shape of the bowl has already been thought out. Rather, I feel that modern people deal with shapes without thinking anything.

Although I was careful not to become a simple arbitrary form manipulation in designing the free cup wooden place this time, looking at this sample catalog, a fascinating rounded and attractive shape It is a lot, how can we have such enriched and fascinating roundness, whether it is because of the depths of the Wajima coat tradition that we have been making use of cultural assets in our creation, after thinking about Shanzan shape I just had to admire the splendor of the shape of the bowl in the sample book and the wisdom of the predecessor.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2018年11月01日

何でもあり、何をつくってもよいし、何をしてもよい、漆器で木地からつくることができれば可能。

漆器の木地屋さんには4種類あるらしい。お椀などをつくる椀木地、お盆などをつくる曲物木地、お重などをつくる指物木地、仏具などをつくる朴(ほう)木地。

何でもありで自由につくってよい、普段、建築では与条件として要望や予算、期間などがあり、あとは大体おまかせになる。あとは「仲村さんにおまかせします、自由にやってください」とは言え、当たり前だけと、全くの自由ではなく、提案し、すり寄せ、また提案が何度かある。それでも、おまかせと言ってもらえるのはありがたいので、やりがいは感じるが、もっとこうしたい、もっとこうできればの想いは多少なりともいつも残る。

だが、この漆器づくりはクライアントは自分なので、何の制限もない、何をしてもよい。自分のためだけにやればよい。

輪島で輪島塗の漆器をつくる、決まっているのはこれだけ、自由度は最高に高い。この自由度の高さが重要で、私が一番望んでいたこと。

自分と対話し、自分が欲しているものを、自分が好きなように形にする。ずっと建築を通してものづくりをしてきたけれども、ここまで自由度が高い経験はない。この経験をしたかった。後にこの経験を生かす場面が訪れる予定もあるので。

ただ、自由が高いが故に、何を手がかりにはじめるかが重要で、迷うところ。

まず何をつくるか。用途はカップに、ほぼ毎朝、コーヒーを豆から挽いて飲むし、ビールが好きだしで、フリーカップにしようと決めた。

亡くなってしまったが柳宗理というデザイナーがいた。食器、カトラリー、調理道具、家具、駅のベンチ、高速道路の料金所までデザインしていて、私は柳宗理がデザインしたものが大好きで、普段使いに食器やカトラリー、調理道具に、家具と結構家の中にある。

私が柳宗理を好きになったきっかけがマグカップのデザインの話だった。飲む時にカップの縁と唇が当たる感触がよくなるように、何度も試作を繰り返して、マグカップのデザインを決めたという。

マグカップのデザインを決める判断基準が唇の感触だったことに、当時20代の私は衝撃を受けた。触った感触は後の話で、ものとして形があり、素材があり、見た目があり、それで完結していて、使いやすさという尺度はあるだろうけど、使っている最中の感触までデザインとして捉えるということは範疇になかったから。

このことがずっと頭の中にあったから、フリーカップをつくる時の手がかりは感触にしようと考えていたし、私なりに飲み口の唇の感触をデザインに取り込もうと考えた。

毎朝、コーヒーを淹れる時に、コーヒーカップをその日の気分で選んでいる。天気がよい気持ちいい朝だからこれかな、ちょっとお疲れ気味だからこれかな、今日はゆったりと飲みたいからこれかな、という感じで、カップ選びも楽しみのひとつ。

ならば、気分という尺度をデザインに取り込もう。

感触にプラス気分を盛り込む。人は結構気分に左右されるのに、ものづくりとしては案外気分を排除して考えているのでは。ものづくりは人に対して行われるから、対象として参照する人がコロコロ気分で変わってしまっては、気分に対応して変化できないモノは困る。

フリーカップのデザインについて、頭の中で最初に決めたことは、

飲み口の厚みを変えて、その日の気分によって、飲む位置を変えられるように、

でした。飲み口の厚みを変えれば、当然、飲んだ時の唇の感触も変わるはずだし、コーヒーやビール、お茶など、熱い冷たいによっても飲み口の厚みが違う方がよいのではないか、と考えた。感触のよさに、気分という変化を許容できるものを盛り込む。

これがができあがった木地の飲み口です。

IMG_0428.JPG

ただ、これだけではフリーカップのデザインを決めるには足らないと考え、この飲み口の厚みの変え方がフリーカップ全体のデザインと連動して一体化していないと、それが次の課題でした。

Everything is possible, what you can make, what you can do Anything is possible if you can make it from wood using lacquer ware.

There seem to be 4 kinds of lacquerware wooden store. Bowls making bowls and the like Birch wood lining, Bon festival curved woodlands, things to make heavyweight woodlands, Buddhist wooden buildings, etc.

Normally you can create anything freely, usually in architecture there are demands, budget, period, etc. as a prerequisite, and the rest is almost left to rest. Afterwards, "I will leave it to Mr. Nakamura, please do it freely", but it is not just freedom, just suggestions, grafting, and suggestions several times. Still, I am thankful that I can say it as Random, so I feel challenging but I want to do more, more I always have my feelings somewhat.

However, since this client is myself in making this lacquerware, there is no limitation and anything can be done. You can do it only for yourself.

The only thing that has been decided to make Wajima lacquer lacquerware in Wajima is the highest degree of freedom. The high degree of freedom is important, what I most wanted.

Dialogue with myself and shape what you want as if you like. Although I have been making things through architecture forever, I have never experienced a high degree of freedom. I wanted this experience. There are scenarios that will make use of this experience later.

However, because freedom is high, it is important to know what to start with clues, where to get lost.

First of all, what will you make? I used to drink coffee from beans and drink almost every morning in cup, I decided to make free cup because I like beer.

Although I died, there was a designer named Mr. Yanagi. I designed dishes, cutlery, cooking utensils, furniture, station benches, highway toll gates, I love what Sosaki Yan designed, and I regularly use dishes, cutlery, cooking utensils, furniture and fine house It is in.

The reason I became fond of Mr. Yori Shigeru was the story of the design of the mug. He said that he decided the design of the mug by repeating prototyping repeatedly so that the feeling of hitting the edge and lips of the cup when drinking was good.

I was shocked when I was in my twenties at the time that the judgment criteria for deciding the design of the mug was lip feeling. The touch which I touched is a later story, there is a shape as a thing, a material, an appearance, it is completed and there will be a measure of ease of use, but until the feeling while using it as a design It was not in the category to capture it.

Because this was always in my mind, I thought about making clues when making a free cup feel, and I thought that I would like to incorporate the feel of the lip of the drinking mouth into the design.

Every morning, when I brew coffee, I have chosen a cup of coffee for the day. Because the weather is nice and comfortable morning, I guess this is kind of a bit tired, so I guess this is something I want to drink relaxed today, so I feel like this, I also enjoy cup selection.

Then, let's incorporate the measure of mood in the design.

Add a positive feeling to the feel. People are pretty much affected by the mood, but as manufacturing, we are thinking about removing the unexpected mood. Monozukuri is done to people, so if people refer to them as objects, they change with moods, and things that can not be changed in response to their moods are in trouble.

About the design of the free cup, the first decision in my mind was,

Changing the thickness of the drinking mouth, so that you can change the drinking position by the mood of the day,

was. If you change the thickness of the drinking mouth, of course, the feeling of the lip when drinking should change as well, and I thought that it would be better if the thickness of the drinking mouth is different depending on hot and cold, such as coffee, beer, tea etc. . To the good feeling, incorporate what can tolerate the change of mood.

This is the drinking mouth of the woodland which was completed.

However, thinking that this alone is not enough to decide the design of a free cup, if the way of changing the thickness of this drinking mouth was not integrated with the design of the entire free cup, that was the next task.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2018年10月29日

形には良し悪しがあり、身の回りに置く物はできる限り良い物で固めたいので、何か物を購入する時は見た目の形でまず判断してしまう。

形が良くないのに、色が良いから、柄が良いから、希少だから、価値があるからなどと、他に良い所があるからと購入することはほとんどないが、唯一その形を超えるのが、スケール。

普段、朝からコーヒーを豆から挽いて淹れているので、毎日同じコーヒーカップでは飽きてしまう、だから気に入ったカップを見つけると手に入れることにしている。

今年手に入れたある陶芸家のマグカップがこれ。正直この形は良いとは思わない。

IMG_0372.JPG

むしろ同じ陶芸家の次のカップの方が良い形、取っ手の位置と全体のバランスが形に特徴を与えている。

IMG_0373.JPG

ところが、普段の朝のコーヒータイムで出番が多いのは1番目の写真のカップで、取っ手の形も全体のバランスも良くはないと思うがスケールが良い、言い換えれば、大きさが良い。この大きさだとこの形が良く見える。この形がこの大きさになった時、とても良い感じになる。

良い感じとは、物として存在している佇まいが良い、ということで、そういう物と一緒にいると、こちらまで楽しい気分やワクワクした感じにさせてくれる。

だからか、今朝はどのカップにしようかな、と考えた時に、パッと1番目の写真のカップが思い浮かぶことが多く、当然出番も多くなる。

(ちなみ、この2つのカップは金色に見えるけれども、釉薬に金を使っていないとのこと。この色を見ただけで、陶芸家が誰だかわかる人にはわかる)

このスケールが良いという感覚は人によってちがうと思うし、正解はないと思う。

建築の場合、良いスケール、という正解を、このスケールが良い、と教えられてきた。時には数値で。

確かに、教えられたスケールは良いけれども、正解としてしまったら、建築として存在している佇まいにまで正解があり、しいては、建築に正解がある、となってしまう。

どうしても、それはとても窮屈な感じがする。
良いスケールは人の感覚しだいで、いく通りも存在した方が良い。

感覚的なことは、慣習が何かのきっかけで変化した時、一緒に変わるものだと思うから。

例えば、ランニングが日課になったら、普段歩いている時に、周りの景色の変化が遅く感じられ、今すぐにでも走り出したい気分になる時があった。きっとその時は、周りの空間を捉える感覚が変化したのだと思う。

いく通りも人によって良いスケールが存在しているから、そのスケールによって、1枚目の写真のカップに魅せられたように、新しい見方が生まれる可能性がある。だから、自分のスケール感をいく通りも持つことが大事。

たぶん私のスケール感は、子供の頃レゴブロックで遊んでばかりいたので、自分の手を動かしながら、試行錯誤して育まれたような気がする。

人それぞれが持つスケール感を殺さずに大事にしてものづくりをすれば、必然的にその人にしかつくれないものができるはずだし、それが新しい見方を人々に提供することになるのではないのかな。

定番の正解より、新しい見方の方がおもしろいしね。

おもしろい方が可能性を感じるし、可能性は何事も原動力になる、人を動かしたり、社会を動かしたり。

There is good or bad in shape, I want to solidify things that I put around myself as good as possible, so when I buy something, I judge first in appearance form.

Although the shape is not good, because the color is good, the handle is good, so it is rare, because there are values, etc. There are other good places, so there is little to purchase, but only the shape is exceeded ,scale.

Since I usually grind coffee from the bean from the morning and brew it, I get tired of the same coffee cup every day, so I decide to find a cup that I like and I get it.

This is one potter's mug caught this year. To be honest I do not think that this form is good.

Rather, the same pot of the same pot is better shaped, the position of the handle and the overall balance characterize the shape.

However, in the usual morning coffee time, it is the cup of the first photograph that has many turns, I think that the shape of the handle and the balance are not good, but the scale is good, in other words, the size is good. This size is good if it is this size. When this shape reaches this size, it makes me feel very good.

A good feeling means that the appearance that exists as a thing is good, so when you are with such things, it makes me feel excited and excited up to here.

So, when thinking about what cup to make this morning, cups from the first photo will often come to mind, and of course there will be more turnouts.

(Chinami: Although these two cups look gold, they say that they do not use gold for the glaze, just by looking at this color, it is understood to those who know the pottery)

I think the sense that this scale is good differs among people, I think there is no correct answer.

In the case of architecture, it was taught that this scale is good, the correct answer of good scale. Sometimes by number.

Certainly, although the scale taught is good, if it is taken as the correct answer, there is correct answer to the appearance which exists as architecture, and there is correct answer in construction.

By all means, it feels very cramped.
Good scales depend on people's senses and it is better to have as many as possible.

The sensory thing is that when customs change due to some reason, I think it will change together.

For example, when running becomes a daily routine, when you are walking normally, the change in the surrounding landscape is felt late and there was a time when you feel like wanting to run even now. At that time, I think that the sense of capturing the surrounding space has changed.

There are good scales as many people as they are, so there is a possibility that a new viewpoint may be born, depending on the scale, as fascinated by the cup of the first photo. Therefore, it is important to have your own sense of scale as much as possible.

Perhaps my sense of scale was just playing with the Lego block when I was a child, so I feel like I was nurtured by trial and error while moving my hand.

If we make crafts without killing the feeling of scale of each person, we can inevitably have something that can only be made for that person, and maybe that will provide new perspectives to people .

From a classic correct answer, a new perspective is more interesting.

The interesting one feels the possibility, the possibility becomes the driving force for everything, moving people, moving society.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2014年09月18日

高齢者の施設に行くと、いつも気になることがあった。

「この場所で最期を迎えたいだろうか?」

どれだけいいデザインの建築の中でもそれを感じてました。
建築のデザインの良し悪しとは別のところで。

この記事でヒントを・・・。


「家感」

綺麗な建築、でも今まで住んでいた家とはちがう。

記憶の継承は、建築での大きなテーマだけれども、大体は2つ、大きな視点からの継承だったり、例えば、その地域の環境だとか、あるいは、設計者のフィルターを通しての継承だったりする。そこの読み取りや選択に作品性を見出したいからだろう。

でも、きめ細やかな視点からの、各個人の記憶の継承を丹念に行うことでしか、その人にとっての家感は出ない。

家感の欠如が高齢者の施設に対する違和感だった。

一般の住宅でも家感は大事。

記憶の継承を全くしない家づくりが大半だろう。

「記憶の継承」からくる家感を問い直すと新しい住宅デザインの可能性があるかもしれない。

ただ、アレグザンダーのパタン・ランゲージは設計者のフィルターを通し過ぎるので、ちがう何かが必要になる・・・。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2014年08月29日

「家の中にスベリ台が欲しいんです」

立て続けに違うお客さんから要望が出た。スベリ台流行り?!

面白いので即座に
「やりましょう!」と返事。

2階から1階への移動が楽というのが理由で、それもお子さんからではなく、大人からの要望、でも別に階段は付けて、でも狭小住宅、だから面白いかな。。。

お客さんは今マンション暮らしで階段が無い生活だから、日常的な階段の移動に違和感があるのかもしれない。

建築作品にも、公共空間にも、住宅にも斜めの空間を作ったものはたくさんあり、経験もしたが、斜めの移動空間はまだまだ可能性があると思う。

太古の昔、人は素足で野山を駆け巡り、その時はむしろ水平な地面の方が無かったハズ。

人の意識の奥底には、水平ではない地面でバランスを取りながら生活をする能力が眠っている。

その能力を呼び覚まそうと、今は亡き荒川修作さんが養老天命反転地を作り、その住宅版を三鷹に作ったけど、まだまだ可能性があるような気がする。

人の身体感覚と無意識と記憶をつなぐことで新しい空間の可能性があるハズ。

人の記憶が詰まったDNAを検査して、例えば、将来の疾病リスクから、未病のために日常生活はこういう姿勢で送るといいなど、その人の特性に合わせて家を設計することも現実的にはすぐそこまで来ているかもしれない。

建築やデザインは知覚することで判断できるものだけれども、人が知覚できる世界が極一部ならば、それ以外の所に建築やデザインの可能性はあるハズ。

それにしても、スベリ台流行り?!!


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2014年05月01日

「自分の空間をつくる方法」

 今住んでいる家もしくは部屋で、居心地良く暮らしたい、もっと快適に暮らしたい人にオススメのツールです。このツールは掃除や片付けの指南ではありません。整理整頓され綺麗な部屋だから居心地が良いとは限りません。ホテルの一室を思い浮かべてみてください。綺麗で清潔感がありますよね、でも居心地が良いですか?綺麗で清潔感があることは大事ですが、何か落ち着かなくないですか?ここでいう居心地の良さとは、普段の自分が活き活きと活動したくなる気分や安らぐ感覚です。何に対して感じるかは人それぞれ違いますが、それがきちんと感じられる家もしくは部屋が住人にとって居心地が良く快適な空間だと考えます。そのような空間のつくり方をお伝えします。

レイアウトを変える

 今住んでいる空間を見渡してください。まず最初に言います。物は捨てません。物がたくさんある方、それら全てがあなたの分身です。そこに記憶があります。それを大切にするところからはじめます。気に入らないものがある?でもそれを手に入れたのはあなたです。その時に必要だったのだから、その必要とした自分を大切にしてください。大切にすることがこの後に役立ちます。そして、行うことはその大切な物を移動するだけ、ただレイアウトを変えるだけです。そのために特別な道具や家具も必要ありません。今あるもので充分です。要するに、今見えている風景を変えるのです。人は外部からの情報のうち8割を視覚で感じとり無意識に判断します。だから、人の見た目の第一印象が大事だとよく言われます。これを利用すると、空間がどう見えるかが人の感覚にとても影響を与えます。すなわち、快適な空間にするためには、自分にとって居心地の良い見え方に変えるだけでいいのです。

一番したいことは何ですか?

 では何を基準にレイアウトを変えるか。まず質問です「あなたがその家もしくは部屋で一番したいことは何ですか?」その答えを基準にレイアウトを変えます。わからない人、思い付かない人は、家に人を呼んだ時にしてあげたいこと、あるいは自慢したいこと、気持ちがいいと感じることがあなたの答えです。例えば、料理がしたい、本が好き、食器を大切にしている、写真が好き、フィルムカメラを収集、現状ではできないけれどペットを飼いたいでも、何でも構いません。先程、物は捨てませんと言いました。その物が必要だった想いも答えになるかもしれません。それを決めてください。したいことがレイアウトを変えるという行動の軸になります。もしレイアウトを変えている時に分からなくなったら戻るための軸でもあります。したがって、したいことが決まるまでレイアウトは変えません。

真ん中に

 したいことが決まったならば、それに関する物を空間の真ん中に置いてください。家の真ん中、部屋の真ん中です。料理が好きなならば、キッチンは移動できないので、料理を食べる場所を真ん中に。本が好き人は本棚を真ん中に、又は本を真ん中に積み上げる、あるいは本を読む時に座る椅子を部屋の真ん中に置く。食器が好きならば真ん中にディスプレイしてみましょう。フイルムカメラを真ん中にディスプレイしてもいいかもしれません。ペットが欲しいのに飼えない人は動物の写真を真ん中に置いたテーブルに貼る、天井に貼ってもいいかもしれません。写真が好きな人も同じです。
 では、どうして真ん中か?一番したいことをしている時がその人にとって一番気持ちがいい時であるはずなので、そこに居て気持ちがいいと感じることが居心地の良さ、快適さにつながります。そして、空間の真ん中に置けば、必ずその一番したいことが常に自身に絡んでくる。したいこと=気持ちがいい=居心地が良い、という心の無意識の変化を利用する仕組みです。すなわち、したいことが常に居心地良くいるためのスイッチの役目をしているのです。
 ところで、真ん中に置いたら邪魔になるかもしれません。邪魔ということは絡んでいる証拠なので、自身にとっては良いことです。でももしかしたら、真ん中に持ってきたことがしたいことではないかもしれませんね。自分のしたいことって実はなかなか分からなかったりします。一度いい機会なので試してみるのもいいかもしれません。自分の空間をつくるために、そして自分のしたいことを確かめるために。

(1,758字)


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2013年04月01日

4月29日 (月) 祝日 に

「家という一生に一度のお宝を掘り当てるトレジャーハンター」家づくり

プラン相談会開催

お問い合せより要予約受付中です。


『考え方をちょっと変えれば、

住宅ローンや大金はかかりますが、でも日々の生活は変わらないのに、

ある日、家づくりがはじまる。

そして、目の前にとても大切な大事な物としての家が現れる。


これはまさに、お宝ですよ。


一生に一度、誰でも手に入れることができるお宝が家ですよ!


そして、そのお宝はあなただけが欲しいと思う物です。


私は
そんなお宝を、
あなたが欲しいお宝を、
どこまでも探しに行き、掘り当て、目の前に持って来る人です。

そうだから、

私はトレジャーハンターです。一緒にお宝を探しましょう!』


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2011年12月24日

こんな外壁も・・・ありです。


eifuku-t-house04.jpg


これが私のデザインです。


見に来ませんか?


きっと・・・もう・・・おわかりの通り・・・


見学会へのお誘いです(^_^)


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2011年12月04日

とは言いつつ・・・


先週、

出雲大社へ参拝に行ってきました。


izumo-oyashiro02.jpg

この写真は、

出雲大社の鳥居の前に立って見た風景で、とても幻想的でした。


旧暦では、

出雲の国では、11月は神在月。

出雲大社に全国の神様がお集りになります。


そこで、

日本各地の工務店の方と一緒に

商売繁盛のご祈祷をうけてきました。


izumo-oyashiro01.jpg


はじめて出雲大社に行きまして、

滞在時間は短かったのですが、

身が引き締まる思いでした。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2011年08月06日

ただ、

お干菓子をお出しするのでも・・・


kagizen07.jpg


何気ないコトです。。。


でも

それができるか、

それに気づくか、

は大きな差。


学ぶことが多い、

京都の鍵善。


黒いテーブル、

黒漆のお皿、

白いお干菓子。


色のコントラスト

白いお干菓子の並べ方

による

見え方や受ける印象。


ほんと、

何気ないコトです。。。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2011年08月03日

kyoto-house01.jpg

犬矢来(いぬやらい)。


有名な祇園のお茶屋さん、
一力茶屋の外壁の足元に巡らされた斜めの柵状のものです。

犬の小便を防ぐための囲いで
傷めばそこだけを取り替えることができ、

最近では、店構えで

京都らしさを演出する際のデザインコード・・・


と思ってました、先日京都に行くまで (^_^;


ところが、

京都の人に聞いたところ、

ひそひそ話を

外で盗み聞きされないためのもの、

だそうです。


京都らしい・・・

一瞬で思いました。


お茶屋さんの前を通ると、

お品書きはありませんが、

のれんが

入口の外側にかかっているところと

入口の内側にかかっているところがあります。


これは、タクシーの運転手さんから聞きました。


内側にかかっているところは、

一見さんお断り

だそうで、

外側にかかっているところは、

一見さんでもいいそうですが、

なんぼとられるかは、わかりまへん・・・

とのことでした (^_^;


らしさは、

時には、しきたり

だったりします。


面倒で窮屈だと思うか、

気持ちよく生活していくためのルールだと思うか。


ただ、

言葉ではない表現

学ぶことは多いです。。。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2011年07月16日

先日、石巻へ行った際に購入しました。

ishinomaki02.jpg

冷やしうどんに

牡蠣しょうゆ

をかけるだけで・・・ごちそうに!


いつもの料理に

伊達の旨塩

を使うだけで・・・上品な味に!

最初、試しに

茹でとうもろこしに

伊達の旨塩をかけてみました。。。


「あま〜い」


いつもの塩とも比べましたが・・・


ちがいがわかる男でした (^_^;


無くなったら、

お取り寄せしよかな、と思ってます。


欲しい方は、

『ロマン海遊21(石巻観光協会)』

をネットで検索して

問い合わせをしてみてください。


これも支援になります。

だって、

牡蠣しょうゆ

伊達の旨塩

つくってるのは、石巻の人。


たぶん、

伊達の旨塩

は当分つくれないのではないか、と思ってます。


だから、

かなり貴重な塩かもしれません。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2011年06月08日

先週末、所用で久しぶりに横浜中華街へ。。。

china-town03.jpg

「ポポポッ、ポッーン」


どう思います?


おもしろいし、興味はわくけど・・・。


美味しそうじゃない、食欲わかない。


でも、自分は

持ち合わせがなかったから、、、

入るかも。。。(^_^;


これって、

意外といろいろなことに通じるかもしれません。


目的はなにか?

印象に残る

ならば、大成功です。


他にないから。。。


味は食べてもらわないと、わかりません。


食べてもらうには・・・そう、お店に入ってもらわないと。


中華街ですから、

他にお店がたくさんあります・・・。


ちなみに、

このお店・・・大盛況でした (^_^)


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2011年05月06日

夕方、近くの公園へ・・・緑の中を散歩。


kinuta-park03.jpg


子供の頃よく来ました、砧公園。

いい気分転換に!


kinuta-park02.jpg


すっきりしたあ、また行こお。。。


kinuta-park04.jpg


どうして公園へ行ったか・・・


遊びに行った訳ではありません。


公共性があって、

居心地が良い、

そんな居場所をつくるには・・・


公園の形式を考えていました。


これも家づくりには大切なこと。


プランに生かします。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2011年05月02日

静岡の人はそう言うそうです。


先週2日間、ビジネスセミナーを受けに静岡へ出張。

地震による新幹線の不通で
当日の朝では間に合わないと困るので前泊。


夕食は、ホテルの近くの弁当屋に。

実は先月も静岡に出張し、目をつけておきました (^_^;


静岡弁当

shizuoka-bento01.jpg

『あみ焼き弁当』

ソソラレました (^_^)v

誘惑には勝てず、今回行く前から夕食は・・・。


shizuoka-bento02.jpg

牛タンの味噌焼きです。

けっこう、おいしい!(^_^)


セミナーで一緒の静岡の人に訊いてみました。

「なぜ静岡弁当という名前なの?有名?」

「昔から静岡弁当という名前で、あそこの店だけがやってる」
「なぜ静岡弁当かは・・・わからないなあ」


牛タンの他に、豚もありました。

その人曰く

「豚のあみ焼きは、しょう油味でおいしいよ」


来月は・・・豚!


ビジネスセミナーの内容は・・・ナイショ!!


いずれ成果をお見せします!!!


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2011年04月30日

うれしいことがいっぱいの月でした。


もうすぐ4月も終わり・・・

今月は全然ブログを更新しませんでした。。。m(_ _)m


理由は2つです。


1つ目は

いまさらながら、

twitterとfacebookをはじめたから・・・

書くことがなくなってしまうんです(^_^;


大したことをつぶやく訳ではないんです。

大した書き込みする訳ではないんです。

でも、それで何か満たされてしまって・・・。


twitterは

ユーザー登録だけして、人のつぶやきを見てました。

知り合いが、、、やってるけど、つぶやくだけで、面白さがわからない、

というので、フォローしたら、自分がつぶやくのが面白くなってしまって・・・。


夜中に、、、しょうもないこと、つぶやいてます(^_^;

別の知り合いからは、うるさいと・・・。


facebookは

また別の知り合いから、やらないの?

と言われて・・・。


両方とも、

人の影響です。。。(^_^;


でも、

人の輪が広がりました。


いまさらながら、

けっこう楽しいかも。。。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2011年04月02日

3月30、31日と静岡に出張でしたが、

不測の事態に備えて、

29日の夜に静岡入り。


東京駅の新幹線ホームは明るい!

shizuoka01.jpg

shizuoka02.jpg

車中から見える街はどこも暗いのに、

新幹線の駅だけは日常。

その違和感が・・・


ただ、普段は気づかない

明るさ=安心感だということを思い知る。

でも限度はあるはず。。。

その限度も思い知った。


暗い街はなんとなく雰囲気があっていい。

でも、どこがどこだかわからない。。。


shizuoka03.jpg

震災後、

はじめて東京を離れた。


東京を離れて、場所が変わって、少しホッとしている。


それだけ、毎日気が張ってて、気がかりなことが多かったのかも。


帰りの東京駅。

気を入れ直す。

早く元の生活に戻りたい。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2011年03月19日

先ほど、メールで

今度は、岩手の花巻の知り合いの工務店の方と震災後はじめて連絡がとれました。

お元気で本当に良かった。。。


ただ、その方によると

被災地の本当の現実は、ものすごく悲惨な状況で・・・、

テレビで報道されているのは、ほんの一部だそうです。


救援物資の搬送についても、全然対応が出来ていないようで、

直接現地の避難所に持ち込む方が良いみたいです。


その方も、自社で活動することを考えている、とのこと。


私自身そういう話を聞くと、とても歯痒く、無力さを感じます。

阪神淡路大震災のときも同じ感じを抱き、

それが心のどこかで引っ掛かったままでいました。

だから、今回は何かボランティアをするつもりでいます。

ただ、もう少し状況をみて、準備をしてからと思っています。

でないと、逆にまわりの人に迷惑をかけてしまうかもしれません。


いまは待機のとき、

それと、

自分の家族を守るとき、

です。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2011年03月07日

久しぶりにちょっと遠出、昨日の日曜日。


ここ2週間ほどの間に
2度もウィルス性の風邪にかかり、
相当苦しい思いをしました。

大分仕事も遅れたので、朝から一日仕事の予定でしたが、

外は暖かく、気持ち良さそうな青空に我慢できず・・・。

それに

やっと遠出できるくらいに復調、だから・・・。


午後になってから、谷中に行ってみました。


なぜ、谷中?

ゆる〜い感じが好きで。。。

時々、行きます。


もともと下町の雰囲気は好きなので

それで、ということもありますが、

それだけではない、、、感じ。


とにかく、ゆるいです、街が。

すべてがアナログ。

すべてが人まかせ。

すべてがあり。


これを都市的に考えると・・・。

わかりません (^_^;


というか、考えたくない。。。


yanaka01.jpg

ゆるい夕陽の風景あり。

yanaka02.jpg

ゆるい商店街あり。

yanaka03.jpg

ゆるい野良猫あり。


それでいいでしょう。

谷中は谷中。


でもひとつ・・・。


車に出会わない。


それだけで、

人が

猫が

街が

風景が

ゆるくなるのかもしれません。


でも、そんなのどうでもいいです。

あ〜あ、たのしかった。

また、明日からがんばりましょ。

たまってる仕事しなきゃ、です。

yanaka04.jpg

ということで、

前から買いたかった

うなぎの佃煮を

買って、家でお茶漬け食べました。


そんな日曜日。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2011年02月27日

杉並を西に向かって車で走行中に発見。。。

sky-x.jpg


どこに向けて『バツ』?


誰に向けて『バツ』?


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2011年02月09日

感動といっても、今度はカメラの話。


本日、夕方より

2ヶ月に一度の趣味の会。

中古カメラ好きが
毎回違うフィルムカメラを持ち寄り、
新宿のレストランでカメラ談義。 o(^^o)


このカメラ、凄いです!

はじめて存在を知りました。。。

camera04.jpg

Tessina(テッシナ)という、スイスの時計メーカーがつくったカメラ。

スイス製世界最小二眼レフ(1960年代頃)。

camera04b.jpg

こんなに小さい!

でも、普通に市販されているフィルムを使うんです。

会の仲間の人が持参。
もちろん、触らせていただきました。(^^)


何に感動か?


まず、
この精巧さ、緻密さに感動!

こんなに小さいのに、
電池も無しに(当然、この会は電池無しカメラのみ許可)
自動巻き上げされる。。。

もちろん、

ちゃんと撮れます!


それと、、、デザイン、このフォルムが凄くいい!


カッコいい!!


スイス製のカメラなんてはじめて!!!


久しぶりに、、、カメラに、、、モノに

感動しました。。。


いやぁ〜、スゴい!!!!

まだ見ぬ強敵がいました。(^^;


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2011年01月29日

ヒント・・・


tsukiji-market06.jpg

築地市場の露店の干しイチゴ。

形が悪く出荷できず捨ててしまうイチゴを

ドライフルーツにして販売。


ginza--market01.jpg

銀座の街角の壁の表示。

「天使のチョコリング」、、、チョコパンです。

買う毎に寄付になる。


干しイチゴは、二次利用。

「天使のチョコリング」は、二次効果。


どちらも『二次』がキーワード。


営業、経営、商売、、、

企画、設計、計画、、、

あらゆる場面でヒントになるキーワードでは(^^)


ちなみに、

干しイチゴも「天使のチョコリング」も購入。


このキーワードも美味しいから成り立つ!?


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2011年01月19日

昨日は、
今の自分に一番欠けている所を補うための研修 part3。
銀座で受けてきました。 o(^^o)

研修内容は・・・。

別の機会にまたお話しします。


かなりパワーアップして帰ってきました。

そして、、、

いろいろなことに気づきました、、、感謝感謝です。 m(_ _)m


この研修に来ると、
昼食はいつも築地の市場まで行きます。

銀座からすぐだし、
それに行ったことがある人はわかると思いますが
食べたいもの、お店がたくさん、、、目移りします。

だから、何回でも行きたくなってしまう。。。 (^^)v


今回は、
場内まで入ってみました。

tsukiji-market04.jpg

12時少し前の様子。

平日なのに結構人が。
この後、もっと行列してました。


その中の「鳥藤」というお店に。

親子丼が名物のお店。

で、

しお!?

メニューに「親子丼しお」が、、、

早速注文。

tsukiji-market05.jpg

たぶん、

しょう油と砂糖のかわりに

鳥スープを使ってるのか!?

甘くなく、それでいて鳥の出汁が感じられて

今まで食べたことがない親子丼でした。

旨かったです。(^^)


わたしは甘い親子丼が苦手なので

普段は親子丼を注文しません。

でも、鳥好きなので、、、(^^;)ゞ


だから、余計おいしく感じましたよ。


そんな研修の日(?)でした。。。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2011年01月13日

昨日は、仕事関係の新年会をはしご。


新宿のホテルでの新年会を途中で抜け出して、

トステム本社の最上階にある貴賓室に行きました。 o(^^o)

vip-room.jpg


じゅうたんの毛足が長い!

絵が高そう、、、3億円とか、、、ウソでしょう(^^;


トステム社員の方も入ったことない、と言ってました。


なぜここに入れたか?


社員も行けない所だから、

一般的に言えば、

我々は普通の立場では入れないですよね。。。


これからおもしろい展開があるかも・・・


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年12月29日

taiyaki.jpg


たい焼きです、、、しかも羽根付き。 o(^^o)


子供の頃から食べてます。大好物のひとつ。


ただし、どこのたい焼きでもいい訳ではありません。。。


下高井戸 たつみや 

のたい焼き。

これシッポがうまいんです。

皮はカリカリ。
中身のつぶあんは甘さ控えめでもなく、、、でも控えめ、、、ちょうど良い。


先日、、、

はじめて羽根付きを注文。

前々から
羽根付きを狙っていましたが、

羽根なしが通常なので、、、出来上がりのタイミングで、、、

その時にいないと出会えない、、、というか言いづらい。(^^;)ゞ

羽根を切られてしまう。


切る寸前で、意を決して

「あっ、あ〜羽根付きでぇ〜」と。。。


店員のおばちゃん2人、苦笑い。

わたしも苦笑い。。。


で、めでたく羽根つきゲット!


急いで帰宅。

たい焼きブレイク、、、喜ぶ奥さん。

ちなみに、
うちの奥さんが実家に帰る時の手土産は、ここのたい焼き。

義理の父のリクエストだそうです。。。


たい焼きほうばる、、、うまい。

羽根カリカリ、、、新しい楽しみ。

で、最後はシッポ、、、皮とつぶあんのバランス最高!


この時間、、、たい焼き以外の記憶がありません。(^^;)ゞ


食べたい人、、、並んでください。 (^-^ )


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年12月28日

・・・でしょうか。

いろいろな所に12月は行きました。 o(^^o)


仕事や研修ですが、、、

ありがたいことに

いろいろお声が掛かります、、、感謝感謝です。

もちろん、仕事や研修ですが。。。(念押しで!)


その仕事や研修の流れで、、、(また念押しで!)


平日の昼間の築地に行ってみました、、、昼飯に。

tsukiji-market01.jpg

なかなか行く機会がありませんでした、

このラーメン屋。

tsukiji-market02.jpg

前から知っていて。


昔、深夜放送で店主のドキュメント番組を見ました。

それが何故か印象的で、

ずっと気になってました。。。

tsukiji-market03.jpg

味はおいしかったです。

ちょっと、スープがぬるめでしたが。。。


2帖ほどの広さのお店。

立ち食いで、しかも歩道。

お店は厨房だけ。

2人で動き回らずにラーメンがつくれるように配置されてます。


つくる様を見てるだけでおもしろかったです。


やはり、
わたしの何かに触れてるみたいで、、、また行きたい、、、いや行きます。(^^;)ゞ


など、、、

新橋の夜。

shinbashi-night.jpg


銀座の夜。

ginza-night01.jpg


もちろん、仕事や研修の流れですが、、、(またまた念押しで!)


いろいろな人に会い、

仕事につながる話、いい情報、気づき、もちろん仕事の話、、、などなど

たくさん聞けました。


今年一年の集大成とも言える月でした。


感謝感謝!


今はいろいろな意味で、

来年が楽しみです。 (^-^ )


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年12月01日

引っ越し当日。

午前4時まで荷造りしてました。。。

眠い・・・!

packaging01.jpg

でも、
引っ越し業者は来るのです。


いや〜、でも実に素早い作業に脱帽。

私には無理。

packaging02.jpg

でも夜遅くまで、、、運び込みはつづくのです。

余計、私には無理。


あ〜、眠い・・・!


明日も引っ越し。

2日がかり。。。


絶対、私には無理。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年11月27日

一面黄色の世界。

きれいな銀杏並木。。

のはず、昼間なら。。。

神宮外苑です。。。。

gaien01.jpg

夜だと、銀杏の色がよくわかりません。

暗いからというより、、、街灯のせい。


この街灯のあかりだと、

黄色の銀杏の葉が緑色に反射されてしまう。


gaien02.jpg

銀杏の名所なら、

せめてそのくらい考えて、街灯を設置してほしい。


昼間見に行けばいいじゃん!

と聞こえてきそうだけど、、、


昼間行けない人もいるじゃん!


それに

夜行きたい人もいるじゃん!ね。


ひとり言。。。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年11月22日

きのうNHKで、
「ハーバード白熱教室@東京大学」という番組を見ました。

前々から、
一度見たかった番組でした。


内容は、
哲学的道徳観を
実際の生活の中の具体的なテーマに沿って議論する番組。

と言ってしまうと、
難しい話に思われますが、

例えば、テーマは
「イチローの年収は、オバマ大統領の年収と比べて高すぎるか?妥当か?」など。

その議論をハーバード大学のマイケル・サンデル教授という人が仕切る。


議論の内容そのものもおもしろかったけど、

一番おもしろかったことは、「ちがう」ということ。


サンデル教授は決して、議論の結論を導こうとはしない。

質問を投げかけ、
聴衆に発言させ、
意見のちがいを浮き彫りにしていくだけ。

そして、
そのちがう意見の根底にある道徳観や価値観、信念を探っていく。


人はそれぞれ
顔が違うように、道徳観や価値観、信念が違う。

それをみんなで共有することが大事で、

それは1つの結論へ向かうことよりも重要、と言いたいよう。


人によって考え方や価値観が違うということは、
案外、当たり前のようにみんな思ってはいるのでは。

でも、
いざ違う考え方に遭遇すると、
自分が否定されているような気分になり、
素直に受け入れられない。
あるいは、
自分の考え方や価値観でしか行動できない。


一番大事なことは、
国籍やコミュニティ、世代などのちがいを超えて、
価値観や信念のちがいを共有できる環境をつくれるかどうか。


「白熱教室」では哲学的道徳観を扱っていましたが、


同時に、

コミュニケーションの基本を扱っているようにも見えました。


ただ、
西洋だな、議論の行方が、、、とも思いました。

デカルト?カント?アリストテレス?だからなぁ。
(と言いたいだけ、わかりません・・・)

仕切り役が東洋の方ならば、
議論の方向性がもっと違ったものに。。。


でも、
当たり前かぁ、、、
価値観や信念がちがうんだから(^^;


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年11月16日

今日は新宿へ。

SE構法登録施工店勉強会に参加。

se01.jpg

『資産になる家』・・・気になりませんか?

・永く住み継げる『価値』
・高く売れる『価値』
・そして、賃貸にも転用できる『価値』

以上はすべて
SE構法だから生まれる『価値』です。

そして、
SE構法で建てるから『資産になる家』です。


ここは、
SE構法の宣伝の場所ではありませんが、
今日、勉強会に参加して
いいなぁ、と思いながら帰ってきました。

ちなみに、
宣伝といえば、
SE構法のCMが放映中です。。。


では、
どんな仕組みで『資産になる家』か?

それは、
今後、ホームページ上やメルマガで内容を紹介していきます。

早く知りたい方は、、、お問い合わせください。

説明ツールは揃ってます。


もともと、
当社がSE構法を導入した訳は、

『住宅デザインの可能性を追求できる構造システム』

だったから。


しかし、
その後のSE構法のシステムの発展により、
単なる構造システムの枠を超えて『資産になる家』の仕組みにまでなりました。


これから住宅を求める方は、

是非、SE構法を選択肢の1つに。。。


これは当社へ、、、
などとは関係なしにオススメないい仕組みだと思います。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年11月15日

先日、横浜の中華街へ。

まだ明るいうちに行くのは久しぶり。

china-town01.jpg

昔、近くの設計事務所にいました。

大通りはその頃から様相がずいぶんと変化。
なんかキレイに、観光地らしく。

でも、いまだに変わらない、
で、とても気になる店が通り沿いに。

china-town02.jpg

店名はあえて伏せます。

とにかく、、、気になる。

何が?

昔ながらの店構えの雰囲気が、、、いい。
昔ながらのステンドグラスが、、、いい。

行けばすぐわかると思います。

まわりが観光地らしくなって余計目立つ。


入りたい、、、でも外にメニューがない。
入りたい、、、でも入りづらい。。
入りたい、、、でも勇気がない。。。


toushou-men02.jpg

結局、、、

いつも行く店で
おいしい刀削麺とあんかけチャーハンをいただきました。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年11月07日

2ヶ月に一度の趣味の会。

中古カメラ好きが
毎回違うフィルムカメラを持ち寄りカメラ談義。

10月は現地調査と題し、フィルムカメラを使っての撮影会。
最終週の週末に1泊で三浦海岸へ行きました。

kameken01.jpg

夕方、台風が近づく中、三浦半島の剣崎灯台へ。

なかなか絵になる灯台です。

kameken02.jpg

何の写真だと思いますか?

剣崎灯台下の海岸線です。

自然の力、凄い!


宿は、
メンバーが所属していた、
某大手フイルム会社の保養所。

kameken03.jpg

夕食です。

kameken04.jpg

別料金1,000円でこの舟盛り。

ここ保養所ですよ。
信じられない豪華さ!

さすがFフイルム。。。

お腹いっぱいいただきました(^_^)


台風が来て、
あまり撮影できなかったけど、
楽しい週末でした。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年10月22日

時々お参りに行きます。
先日行った時にお知らせの看板がありました。

本日、府中の大国魂神社の随神門の上棟祭がありました。
御鎮座壱千九百年記念事業としての随神門の改築だそうです。

joutou-sai01.jpg

なかなか見ることができない貴重な体験でした。

私の祖父の代から当社は神社仏閣の建築を行ってきたこともあり、
私も現代建築だけでなく、日本建築の様式にも大変興味があります。

そんなこともあり、
是非きょうは上棟祭を見てみたかったです。

普段の仕事の中で
住宅の骨組みが組み上がった時に
上棟式という形で行うことはあります。

でももっと簡略化したもので、
きょう行われた上棟祭は本格的なものでした。

言わば、正式な上棟の儀式、ということだと思います。

途中、上棟祭の起源のお話があり、
平安時代から行われている儀式だそうです。

上の写真は、
関係者が白い綱で棟木を上げる儀式(真似)をした後、
神官が棟木の所まで上がり、
合図に合わせて木槌で打ち込む様子です。


で、上棟祭の最後の儀式が餅まきです。

これを待ってる人も多そう!

joutou-sai02.jpg

足場の所に関係者が勢揃い。
さぁ、はじまります。

みんななんか、、、見上げて、、、たいへん。
ケガしないように。。。

という私もかなり夢中で、、、なんとか取ろうと。。。


成果は、、、
白いお餅を1つ取りました。
宮司さんが投げてくれたもの(写真向かって左の紋付袴の方)。

joutou-sai03.jpg

一緒に行った知人も赤いお餅を取り、
紅白並べてみました。

かなりの人だったので、
取れた方が少なかったのか、
紅白並べていたら、
写真を撮らせてください、という方が何人もいました。


上棟祭の後、
祭壇に近づいてみました。

joutou-sai04.jpg

普段の仕事の中で
このような祭壇は
例えば、地鎮祭の時に設けます。

よく見ると、
並べる供物もほとんど一緒、
でも二品くらい多いかもしれません。

帰りに、
お参りしてから、
また門の所と行くと
たぶん神社総代の方だと思いますが、
供物のお米をわけて頂きました。

家でご飯を炊く時に入れてみたいと思います。


また何時このような儀式を見られるかわからないので、
ほんとうに大変貴重な体験でした。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年10月07日

普段、人が意識しないコトに目を向けるのがデザイン。

ishigami-ten.jpg

関西出張最後の日は、
名古屋にいました。

気になる展覧会の2日目でした。

豊田市美術館、「石上純也展」。


開館して30分後くらいに、
メイン展示の前に。


「オープニングの前に壊れました。」

その場にいた学芸員に聞きました。
予想通りの展開だったので、特に驚きません。
学生ボランティアが修復中でした。


残骸を見るのもいい。

きっと見たかったのは、
体験したかったのは、

自分の意識を超えたコト。


ならば、
その過程の方が直に伝わってくる。

そこが狙いの展示だと。。。


それで、
冒頭の言葉。


頭ではわかっているけど、

実体として、
感覚として、

わかっていなかった。


でも、ここでつながりました。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年09月30日

はじめて見ました。


関西出張2日目は、
昔お世話になった人と会いました。

私がまだ建築の世界に分け入って間もない頃に、
いろいろとご指導してくれた人です。

お忙しい中、会って頂きました。


で、帰りに時計を見たら、
まだ15時。

そうだ、金閣寺に行こう!

kinkaku-ji01.jpg

普通、中学か高校の時に
修学旅行で京都・奈良へ行きますよね。

私は、
中学が東北、高校が南九州で
京都デビューは22才の時、
奈良デビューは32才の時でした。

で、
今まで2回京都に来てますが、
2回とも、金閣寺には縁がありませんでした。

確か、2回目は修復工事中。

それだけに、
今回、スキ(?)あれば、金閣寺
と思ってました。

なぜか?
見た事がないのも理由ですが、

金に興味がありました。

別に、金が好きな訳ではありませんが、

金箔を外観に貼った建物で、
これほど大きく、
また、
広大な風景の中に置かれているものは
世界でも現存するのは
たぶんこの金閣寺だけで、

それ故に
どう見えるのか?
どう感じるのか?

まさに究極の素材を扱っている訳ですから、
興味津々です。


それと、
三島由紀夫の「金閣寺」
を読んだことがあったので、
自分は何を感じるのか?
を体験したかったのです。


金閣寺は、
ある一面は魅惑的で
ある一面はパロディでした。


ある角度から見ると、
抱きしめたくなるほど
魅力的で誘惑されるかと思うと、
ある角度からは、
舞台のセットのように
現実感が無く、
すぐそこにあるにもかかわらず、
段ボールでできているが如くのちゃちさ。


この二面性がおもしろい。
この二面性が人を魅きつける。


私自身は、
好きな建築ではないけれど、

段ボールに金箔もどきを貼った様を
想像するだけで
行く価値はあるかも。

これは
嫌味でもなく、
本当に
私たちの大事な財産の1つだと思いました。


この金閣寺があるから、
対極に
今建築を考えることができる、
とも言えるかも。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年09月25日

関西出張最初の夕飯は、
京都タワーの裏の居酒屋でした。

関西的な飯を求めて駅周辺をフラフラ。

ちび餃子の看板に惹かれて。

kyoto-meshi01.jpg

ちび餃子は関西ですよね、東京の中華屋では見かけない。
う〜、なかなかの味。

でも、ちび?じゃなくても。この店だから?

kyoto-meshi02.jpg

牛すじと大根の煮込み。
牛すじも関西のイメージが。

グツグツに煮立って登場。

めちゃ旨かった。
牛すじトロトロ。
大根しみてる。
汁最高。

ハマりそうです。

kyoto-meshi03.jpg

地鶏のタタキ。
これは、
関西関係なし食べたかった。

脂があって、
弾力あって、
噛む程に地鶏の味がする。

かなり旨い。

kyoto-meshi04.jpg

で、締めのラーメン。

関西でも締めはラーメンかな、と思いつつ、
このラーメン、
メニューには「うまいラーメン」と。

余程の自信か。
でも食べたくなる。

これが悔しいかな、旨かった。

「うまいラーメン」の術中に。

牛すじと大根の煮込みの汁が入ってる感じ。

あ〜、思い出す、ハマるかも。


と、
太りそうな夕飯でした。

翌日も京都滞在。

実は、
二日続けてこの店に。。。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年09月10日

普段意識していない部分をデザインする。

art-gallery.jpg

これは、
銀座の画廊のショーウィンドウ。

たぶん、
ガラスではなく、
アクリルだと思います。

厚さを均一ではなく、
レンズ状に
不均一にしているのだと思います。

たぶん、
某建築家の
デザインだと思います。

偶然見つけました。


ショーウィンドウをつくる側は、
普段、
見せる部分をどの位の大きさ・形にするか、
それによって、耐風圧などにより
ガラス強度が決まり、
自動的にガラスの厚みを決めます。

ショーウィンドウを見る側は、
普段、
中に何が見えるか、
それによって、
興味があるかないかが決まり、
お店に入るかどうかを決めます。


ショーウィンドウは、中身をよく見せるためのもの。

そんなの当たり前ですよね。

だから、
雨風が入らないように
透明の素通しのガラスを入れる、のも当たり前。

意識するのは、
見せる中身をどうするか?


でも、
ここで
ガラスの厚みに焦点を当て、
意識してみる。

普段、
何も考えなくてもいい部分を意識してみる。


もし、
ガラスの厚みを変えてみたら。

もし、
ガラスの厚みが均一でなかったら。

もし、
ガラス以外の素材だったら。


何が変わるか?

ショーウィンドウを見る人に何か変化がおこるか?


デザインした建築家が
何を考えていたか、はわかりませんが


わたしは、

デザインする、とは

直接的に物の形や色や素材などを扱うよりも

普段意識していない部分に焦点を当てること、だと想います。


その方がたくさんの可能性があり、

きっと人の役に立つから。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年08月31日

週末の夜の浅草散歩。

asakusa01.jpg

涼しくて気持ちよかったです。


散歩の途中で見つけました。

stained-glass.jpg

通りに面した木製の玄関引戸の欄間部分のステンドグラス。


ちょっと粋です。

何気なく普通にあります。

昔はこういうように、
普通の家に
ちょっとステンドグラスを使う、
ことがあったのです。


ただ、今はありませんね。

何故かって?

ステンドグラスは
工業製品ではなく、手作りだから。

ハウスメーカーは使いませんよね。
(イヤミではありませんよ。。。)


ちなみに、
工務店はハウスメーカーとはちがいますよ。

だから、
工務店は粋なのです。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年08月30日

ガンダムの格納庫に忍び込み、
暗闇の中で足元から見上げてるようでした。

skytree03.jpg

週末の夜、
東京スカイツリーの根元まで行ってみました。

周りは低い住宅。
唐突に建ち上がるタワー。

工事中だから、暗闇。

ほとんど人もいません。

工事のクレーンあり、
資材ありで、
冒頭の表現のように(ガンダム世代なもので)

現実離れした、ちょっと異様な体験でした。


なかなかこんな体験できません。
一度工事中に行かれることをオススメします。

それも夜がいい。

あまり見えすぎない方が想像力を掻き立てられるから。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年08月12日

old-cinema.jpg

プラプラと
ふらふらと

長崎ちゃんぽん食べて、

またふらふらと
またプラプラと。

ここは三軒茶屋。


いつも気になる建物。
というか、
いつも見に行く建物。

古い映画館。古い名作ばかりを上映してるよう。


その建ち方、雰囲気があります。
ただ古いだけじゃない。だから、気になる。

単純な形態、単純な色使いの外観。

でも、その見え方、雰囲気があります。


映画にはあまり興味がありませんが、
一度中に入ってみたい、、、

でも、入れない雰囲気もあります。。。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年08月07日

場外ですし。旨かったです。

sushi01.jpg

先日の銀座での研修の際、

せっかくだからと、

研修仲間と共に、昼ご飯を食べに

築地魚市場に行きました。

週末の夜に場外のすし屋に来たことはありましたが、
平日の昼間に築地に来るのは初めて。


食後、魚市場内を散策。

tsukiji-market.jpg

平日でないと見られない光景。

朝が早い場所だけに
まだ昼過ぎですが、
商売終了でした。

それでも
普段なかなか見られない光景。

楽しくて、
あまり時間が無かったのですが、
歩き回りました。


この雑然さが魅力です。


誰もいません。

でも、、、
たくさんの人を想像します。
たくさんの声、音が聞こえてきそうです。
商売の活気が目に浮かびます。

そんな想像をする時、
人は、目の前のその場所にどっぷりと浸っています。


それは、その人にとって幸せな時間です。


しかし、

この魅力ある雑然さ

はじめから計画してつくり出すことはできません。


そこが、現代の建築計画学という学問の限界だったりします。


建築計画学とは、簡単に言うと、
数値に裏打ちされた統計学です。

統計学だから、
万人にとって機能的で支障がなく、問題ない物ができます。

そう問題ない物をつくるために建築計画学がある、
という人がいるかもしれません。
それを一生懸命、研究している方もたくさんいます。

私も建築計画学を否定するつもりはありません。


ただ、建築計画学を設計の拠り所にするのはよくない。

建築計画学は最低の基準であり、設計はその先の話だから。


設計は、

人の感覚、感情を左右する空間をどうつくるのか?

また、

その空間がどんな時間を生み出すのか?

を考える機会です。


問題ない物もつくることは、当たり前の話。

そこにフォーカスしすぎるのは、設計にとっては問題です。


先ほどの築地魚市場の場合でいうと、

あの魅力ある雑然さを誘発する空間をどうつくるのか?
自然発生的に商売の活気が産まれる空間とは?

などを考えるのが設計の仕事。


普段なかなか見られない光景だけに

私の感性も刺激を受け、たくさん誘発されました。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年08月05日

ginza-night.jpg

銀座泊。


先日、研修で銀座に行きました。
2日間の予定で、
1日目の終わりが夜遅く、
2日目の始まりが朝早かったので
初めて銀座に泊まりました。


銀座には何度も来たことがありますから、
見慣れた風景です。

でも、泊まりとなると、

なんか、銀座の街がちがって見えます。


少しの解放感も手伝ってか、
小旅行気分です。

だからか、、、

東京にいる、という感じではありません。


寝る場所が変わるだけで、、、

人というのは
ほんと、環境に左右されるものですね。


環境によって、

同じ物でも見え方、感じ方が変化する。


環境
言い換えれば、空間です。


空間が人の感覚や感情を左右する。

だから、空間を大切に。


そんなことを
あらためて実感した夜でした。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年07月21日

skytree02.jpg

東京スカイツリー完成。

当初の予定より、
高さが低くなり
世界一高い塔ではなくなりましたが、、、

場所も
当初の予定地を変更。

五日市街道の吉祥寺〜三鷹の間の
ちょうどよいスキ間に建ち上がりました。


できあがると、
案外、小さいもんだな。。。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年07月15日

sky-color.jpg

お昼の空です。

シュールな絵を見ているようでした。


ずっと先まで雲がなく、
空の色がグラデーション状に変化する。

文章にすると、
それだけで
写真ではわかりづらいかもしれません。


何か超現実的な風景でした。


日常の中の非日常、

一番おもしろい体験です。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年07月13日

昨日、今日と一日中研修を受けてきました。

電話・メールとなかなか連絡が取れなかった方、
申し訳ありませんでした。

明日からは通常通りです。
普通に連絡をしてくださって大丈夫です。


今回の研修、
来ている方は日本全国から。

それぞれの土地の事情も聞け、
また縁もでき、とても有意義でした。

明日から研修で学んだことを生かしていきます。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年06月17日

会いたい人がいて

今日、
横浜の桜木町に行きました。

もちろん仕事で
その人の話を聞きに。


夕方、
終わってから
中華街まで足を延ばしました。

辛い刀削麺を食べに。
関帝廟通りにうまい店があります。

toushou-men.jpg


帰る時に、
みなとみらい線の元町・中華街駅を利用。

station.jpg

写真は、
駅のホーム。

この駅、設計者は
建築家の伊東豊雄。

建築の設計をしていて知らない人はいない位の人。

私もリスペクトまではいきませんが、
作品で好きなものは多いです。
代表作に「せんだいメディアテーク」。
日本の現代建築のターニングポイント的作品。


ただ、この駅、完成度は高いけど、
デザイン的にはイマイチ。

近未来を狙ったのか。
それとも、、、


「建築家もヒトですから、ブレはある。」


と、
納得させながら帰路に。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年06月15日

flat35s.jpg

昨日、
住宅金融支援機構監修住宅工事仕様書セミナーに行きました。

改訂に伴う支援機構の仕様書の説明会。


いま、
フラット35S がかなりお得なようです。
ただし、期限付き。

説明会もかなりの人がいました。


家づくりには、
何かと不安はつきもの。

その最たるが、
資金。


まず、将来設計を考えて
ローンならば、
安心できるものを選びたいですね。


そうすれば、

家づくりの本当に楽しい部分に
没頭できます。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年06月06日

motomachi-street.jpg

写真は、横浜の元町通り。

昨夜久しぶりに行きました。

昔、元町の近くの設計事務所にいましたので、
その頃はよく
ランチに行ったり、
散歩したり。


写真を見て、
他の商店街にはない
建物の特徴があります。

建物の2階部分が歩道の上にせり出しています。

これは、
元町通り街づくり協定で

通りに面する建物は、
1階部分の壁面を後退させ
空間をつくり、
それを各建物が行い、提供し
雨に濡れない歩道を連続的に確保する

と決められているそうです。


よくアーケードは見かけます、
雨に濡れない歩道確保のために。
それは便利だと思います。

ただ、、、

空が見えなくなります。
天候がわかりません。
季節感がなくなります。


どんな商売でも、
最終的には、ヒト対ヒト。

そのヒトは、案外環境に左右されます。

例えば、雨の日は憂鬱な気分になるとか。


全天候型の空間にすれば、
環境に左右されることが少なくなり、
商売がやりやすくなるかもしれません。

ただ、

商売がやりやすい、と
商売がうまくいく、はちがうと思います。


商売がうまくいくには、
ヒトを左右する環境を
味方につけた方がいい。

だって、最終的には、ヒト対ヒトですから。


なのに、環境自体を排除してしまったら、、、

シャッター通り商店街もうなづけますね。


そんなことを考えて、
元町通り街づくり協定で
決められているわけではないと思いますが、

雨に濡れない歩道があり、空もある。


いいですね。

やっぱり、夜空が見えないと。
気分がちがいます。


だって、ヒトですから。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年05月31日

keitai-site.gif

5月のはじめに携帯サイトを立ち上げました。

それでここ3日間ほど、
サイトの内容のさらなる充実をはかりました。

携帯サイトは
PCサイトとちがって、

見える画面が小さいため、

同じ内容を伝えるにも工夫が必要です。

まして私はiPhoneを使っているために、
直接、携帯サイトを見ることができず、

どのように表現するのか、
どのように伝えるのか

を考えるのにとても苦労しました。。。


でもそれは、

画面を敷地に例えると、同じ?
計画の敷地にも大小があります。


私は計画の成否に敷地の大小は関係ない、と考えています。

工夫すればいいのだから。

ただ、
そのためには入念な敷地の読み取りが必要です。


逆に言いますと、

敷地選びの段階から計画を意識すると、
自分たちに合った敷地を見つけることができます。


敷地選びは大事です。

計画の成否、すなわち、

家づくりが成功するか否かは、土地選びで半分以上決まる、

と言っても過言ではありません。


ただ心配しないでください。

土地をすでに持っている方、工夫すればいいのですから。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年05月26日

setagaya-life01.jpg

「世田谷ライフ [2010 No.33] 」誌に掲載されました。

今まで何度か雑誌に掲載されましたが、
その度になんか不思議で、おもしろいです。


見方の角度が変わると、
同じことでも違って見える。


当たり前のことかもしれませんが、

そのおもしろさは、建築にも

そして、私の趣味の写真にもあります。


それが、デザインのヒントです。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年05月22日

myhouse01.jpg

マイハウス、リノベーション中。

築40年の祖父が建てた借家に今住んでいます。
その借家から脱出するべく、
別の築30年位の家をリノベーション中です。

この家、Mホームが建てたパネル工法の家。


わかりません、なぜこの家ができるのか。

わかりません、なぜこの家がもつのか。

わかりません、なぜこのパネルでいいのか。


本当に困ります。
どうしていいのか。

どうしていいのか、が私の問題ならばいいのですが、
たぶん、将来リノベーションすることを想定していない、
と言いますか、それはどうでもいい、という感じです。

ただ、マイハウスなので
思い切って手を入れています。

計算できるところはしていますが、、、
あとは自己責任で。


家は何年も同じ状態で住みません。

大事なことです。


「可変性」。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年05月18日

green-house.jpg

見つけました!
葉っぱハウス。
一目惚れです。
惹かれました。

葉っぱの屋根。
白く細い柱。

単純です。
でも深い。

ただの長イスまで演出に見えます。

これは近くの病院の庭のあずまや。

きっと作者は、、、何も考えていません。
たぶん偶然の産物です。

しかし、
プロポーションとスケールがいい。

葉っぱの量。
白い柱の太さ、位置。
あずまやの高さ、大きさ。

バランスが実にいい。

少ない構成要素でも
プロポーションとスケールだけで
建築は成り立つ証明です。

建築の基本。

でも奥が深い。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年05月10日

bigsite.jpg

東京ビッグサイトへ久しぶりに来ました。

改正による「建築確認手続き等の運用改善に係る講習会」でした。
6/1から建築確認に関する一連の業務が少し柔軟になりそうです。


ところで、ここに来るたびに考えます。

建築と人の関係。


大きい建築は、そのスケールで人を圧倒します。

人は圧倒された後、何を想う?

すばらしい。
何だかわからない。威圧される。
奇妙だ。こわい。登りたい。
きれい。美しい。触りたい、などなど。

世界には、たくさんの大きい建築があります。

ピラミッド。
エンパイア・ステート・ビルディング。
バチカン。京都の東寺の五重塔。
サグラダ・ファミリア。
ビルバオ・グッゲンハイム美術館。
ドォオモ(大聖堂)などなど。

もうすぐ、ここに東京スカイツリーが加わるか。

これらの名建築と東京ビッグサイトを比べるつもりはありません。


ただ、圧倒して、
なおも人に「すばらしい」と想われる建築って
どうすれば。。。

何が「すばらしい」と人に想わせるのだろう。。。


東京ビッグサイトはいつも何も想いません。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年05月03日

jitaku01.jpg

見た瞬間、はっ!として、しばらく見とれてました。

まるで影絵のよう。

自宅の1階南側の硝子戸。

築40年、祖父が建てた借家。
今では見かけない、サッシではない木製の建具に
今では手に入らない曇り硝子。

今までカーテンに隠れていて気がつきませんでした。

この季節の午前中のある時間だけのショーかもしれません。


今の住宅は、

何か大切なものを犠牲にしているのかも。。。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

有限会社仲村建築店 代表取締役 仲村和泰

有限会社 仲村建築店
代表取締役 仲村和泰

建築家。現代建築の設計施工が専門。特に東京特有の狭小変形地で建築理論を基にモダンデザイン住宅を設計から施工まで一貫して行い定評。世界中の近代・現代建築を見て歩き調査。コルビュジェ作品は8割調査済み。北欧フィンランドの建築家アアルトについて建築専門雑誌「新建築」でレポート執筆。3割はデザインのプロからの住宅設計依頼。

【略歴】
関東学院大学工学部建設工学科建築系卒業。株式会社像建築設計事務所に入社。その後家業である有限会社仲村建築店にて設計をはじめる。住宅のみならず店舗やオフィスビル、マンションの設計から施工までに一貫して携わる。
2001年 一級建築士取得。
日本建築学会正会員。
東京建築士会会員。