«  2019年02月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28

気づき

2019年02月19日

理屈っぽい建築性のみでなく、建築として成立させるには、7割を建築性に、3割をクライアントが感動することに費やす、名建築を見てきた結論の割合が7:3である、とした。

では、気分はどちらに入るのだろうか。使う人、見る人のその日の気分で建築が違って見えたり、使い方が変われば、より人と建築が交わり合う、というか融合するというか。

人と建築が相対する関係性は、建築を商品として消費する対象と見た場合にそうなるような気がして、それは悪い訳ではなく、商業建築ではそれは当たり前のことで、日々、我々もその恩恵に預かっているが、

例えば、終の住処であれば、そのような、人と建築が相対する関係性では、せっかく、そこでの生活を心行くまで楽しもうとしているのに、相対する関係性は建築を箱物と見なしているのと同じで、ただ建築に携わっていない人はそれが当たり前だと思っているかもしれませんが、建築に携わっている人は、人と建築の関係性はそれだけでは無いと知っているので、もっと建築を日々の生活の中に溶け込ますには、気分を持ち込むのが良いだろうと考えている。

そうすれば、建築が人の暮らしや生活に密着するような、追従するような、決して箱物では無い、雨露をしのぐだけのものでは無い、人にとってなくてはならないものになるような気が、とりあえずする。

だから、気分は7割の方、決してクライアントを感動させるためのものでは無くて、建築が建築らしく、建築の持つポテンシャルを最大限に引き出すための建築性の部分だから。

9ADB9E5E-5BA7-48D5-808D-83DABC63B17E.jpeg

"Feeling is architectural"

In addition to the reasonable building property, the ratio of the conclusion that we saw the name architecture, which accounts for 70% for building ability, 30% for the client's impression, to be established as construction, was 7: 3 .

Then, which mood goes into? If the people who use it and the viewers feel like that day, if the architecture looks different, if the way of use changes, more people and architecture will get together or will it merge?

It seems that it seems that it will happen when you look at the relationship between people and architecture as objects to be consumed as a product, which is not a bad translation, it is commonplace in commercial construction, I am keeping with that benefit,

For example, if it is the last residence, such a relationship between people and architecture is trying to enjoy the life there as far as it is concerned, but the relative relationship is to consider architecture as a box object People who are not engaged in architecture may think that it is natural, but the person engaged in architecture knows that the relationship between people and architecture is not the only one So I think that it would be better to bring in a mood to blend more buildings into our daily lives.

Doing so would make architecture more closely related to people's lives and lives, to follow up, never to be box objects, not just to overcome rain exposure, to feel like becoming indispensable to people , I tentatively decide.

So, the mood is 70%, it is not a thing to impress the client never, the architecture seems to be architectural, it is a part of the architectural nature to maximize the potential of the building.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2019年02月18日

属性を一般的なものとするならば、属性が同じであれば、実体は例化として等価になり、ヒエラルキーが無くなるのではないか、という問いは面白く、表面の感触のみを属性として扱えば良いので、理論上はそれで、内外のヒエラルキーが無くなり、内外の境目がオープンになれば、全てが等価に扱えて、内外で空間の切れ目が無い連続したオープンスペースができるかもしれない、とした。

感触が直に空間を、感触でしかつくることができない空間ができるかもしれない。

さらに、そこに異なるアクティビティーを重ね合わせることができれば、その接点にパーソナルスペースをつくることができるだろう。

異なるアクティビティーは、敷地のコンテクスト/文脈から導き出せばよい。

そこにさらに、他のコンテクストも重ね合わせる。

ただ、このままでは理屈っぽい建築性のみになってしまい、実際に建つ建築としては成り立たないので、3割をクライアントが感動してもらうことに使い、喜ばせたい。

7割を建築性に、3割を感動に、3割は少ないと思われるかもしれないが、建築性に7割を使わないと、この3割を感動に生かせない、使えないと思っている。たくさん名建築を見てきた私なりの結論の割合が7:3である。

DCF3E2F6-3FE6-485E-B757-43561731DBD6.jpeg

"Percentage of Building Property"

If the attribute is general, if the attributes are the same, the entity becomes equivalent as an example, the question of whether the hierarchy disappears is interesting, it is only necessary to treat only the feel of the surface as an attribute So, in theory, it was said that if internal and external hierarchy disappeared and the boundaries of the inside and outside were open, everything could be handled equally, and a continuous open space with no space breaks in and out could be made.

It may be possible to create a space where the feeling can be made with space, touch.

Furthermore, if you can overlay different activities there, you will be able to create a personal space at that point of contact.

Different activities can be derived from the context / context of the site.

Furthermore, another context is superimposed.

However, as it is, as it is only the reasonable building property, it will not be realized as a building to be built, so we want to please 30% to use the client to impress.

Although 70% may be thought to be less building, 30% being impressed, 30% is less, but if we do not use 70% for building property, I think that this 30% can not be used impressed, can not be used . The ratio of my conclusion that I have seen many names architecture is 7: 3.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2019年02月17日

建築における全ての実体にあり得る属性として感触に焦点を当てる、例えば、全てふわふわという感触でつくれば、建築という入れ物があって、その中身のインテリア、というようなヒエラルキーが無いものが出来上がる、とした。

ただ、ちょっと哲学すぎるし、実際問題、同じ感触で建築や家具、ソファや椅子、テーブル、ベッド、食器などができるか、できないこともないか。

属性を一般的なものとするならば、属性が同じならば、実体は例化として等価になり、ヒエラルキーが無くなるのではないか、という問いは面白い。

鉄筋コンクリートの打放しで内外をつくり、インテリアも鉄筋コンクリートの打放しにすれば、内外のヒエラルキーは無くなるが、そのようなことができる素材は、構造体にできる素材は、鉄筋コンクリートしか無く、あと鉄板もあるが、それはすでに行われている。

属性を例えば、色で、グレーとすれば、内外をグレーにすれば、実体として内外を等価にできて、ヒエラルキーが無くなるという解釈もある。

表面の仕上げのみを属性として扱えば良いので、この考え方は応用が効くだろう。

それで、内外のヒエラルキーが無くなり、内外の境目がオープンになれば、全てが等価に扱えて、内外で空間の切れ目が無い連続したオープンスペースができるかもしれない。それがオープンなパーソナルスペースだと尚面白い。

EBB92887-220E-48C6-AAF7-EF6285A3AE4E.jpeg

"Possibility of attributes"

Focusing on the feel as a possible attribute for all entities in the construction, for example, if it is all made with the feeling of fluffy, it is said that there is a container called architecture and there is no hierarchy such as interior of the contents .

However, it is a little philosophy, and it is not possible to make buildings and furniture, a sofa and a chair, a table, a bed, dishes etc, with the same problem with the actual problem, is not it possible?

If attributes are general, if the attributes are the same, the entity becomes equivalent as an example, and the question of whether the hierarchy disappears is interesting.

If inside and outside are made by the release of the reinforced concrete and the interior is made to release reinforced concrete, the hierarchy inside and outside will be gone but the material that can do such things is only the reinforced concrete, there are also iron plates, It has already been done.

For example, if the attribute is gray, for example, if the inside and outside are made gray, there is interpretation that the hierarchy disappears as the entity can be made equivalent to inside and outside as an entity.

Since it suffices to treat only the finish of the surface as an attribute, this way of thinking will be effective.

So, if the internal and external hierarchy disappears and the boundary between the inside and the outside becomes open, everything can be handled equally, and a continuous open space with no break in the space may be made inside and outside. It is still interesting that it is an open personal space.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2019年02月16日

建築で感触に焦点を当てると、直に人が触るというアクティビティーが発生し、空間構成に何らかの影響を与える可能性がある、とした。

別の見方で、建築という実体があり、感触はその属性という考え方もある。

属性が一般的なものであるとしたならば、属性としての感触の例化として、建築がある訳で、そうすると、属性として同じ感触ならば、家具、ソファや椅子、テーブル、ベッド、食器など、建築の中にある全てのものが、建築と同じ感触という属性の例化になる。

すなわち、感触そのものに焦点を当てることにより、家具、ソファや椅子、テーブル、ベッド、食器なども建築と並列に等価に実体として扱える、ということ。

それは面白いと思う。もっと徹底させるために、例えば、全てふわふわという感触で、建築も家具、ソファや椅子、テーブル、ベッド、食器などを仕立てたならば、全てが実体として同じに、並列に、等価に扱えて、例えば、建築という入れ物があって、その中身のインテリア、というようなヒエラルキーが無いものが出来上がる。それは、ちょっと何か可能性を感じてしまう。

それができるのも、建築における全ての実体にあり得る属性として感触に焦点を当てるからだろう。

53C27969-0E3B-4058-BD20-5EEA78C57A93.jpeg

"Feeling as an attribute"

Focusing on the feeling in architecture, it was said that there was the possibility that some activity would be exerted on the space composition due to the direct activity of people touching.

In another way, there is the entity of architecture, the feeling has its idea of ​​its attribute.

Assuming that the attribute is general, there is architecture as an example of the feeling as an attribute, so if it has the same feeling as an attribute, it will be useful for furniture, sofa, chair, table, bed, Everything in the building is an example of the attribute of the same feel as construction.

In other words, by focusing on the feeling itself, furniture, sofas and chairs, tables, beds, tableware and the like can be treated equivalently in parallel with buildings as entities.

I think that is interesting. In order to make thoroughly more, for example, if it is all feeling fluffy, building also furniture, sofa and chair, table, bed, dishes etc, if everything is tailored, everything can be handled equally in parallel, equivalently, as entities There is a container called architecture, and there is no hierarchy like interior of its contents, but it is completed. It feels a bit of a possibility.

It can be done because it will focus on the feel as an attribute that can be found in all entities in architecture.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2019年02月15日

建築も新築当初は視覚が優位で、段々と生活をして慣れてくると感触優位になるのではないか、ならば、感触を第一に考えて建築をつくっても破綻したり、企画倒れしたり、独りよがりや建築家のエゴにはならないだろう。

建築で実際に触る場所は案外限られている。大まかに言えば、水回り以外は、床とドアノブくらいだ。家具が、ソファや椅子、テーブル、ベッドなどが、家の中で一番触るかもしれないが、家具は建築の範疇には入らない、造り付けの家具は別だが。

だから、建築の中で感触を味わえるものは、家具、食器、洋服など、ほとんどが建築の一般的な範疇では無い。

ただ、建築だって、そのもの自体には感触は存在するので、まるで写真を見るように、感触を無視することは本来できないはずである。

例えば、壁は、その仕上げにどのような素材を使うかによって、触った時の感触が全然違うし、それによって見た目の壁の質感も違う。ザラついた感触とサラッとした感触では光の反射が違うから、壁が違って見える。そういう尺度で壁の仕上げを扱ってきたが、感触そのものをはじめから扱うことはして来なかったし、その必要も無かった。

もしかしたら、感触に焦点を当てると、今までとは違う空間構成を思いつくかもしれない。

なぜならば、当たり前だが、感触を味わうには、直に人が触らないといけないし、それは新たにアクティビティーが発生することで、アクティビティーは空間構成に何らかの影響を与える可能性があるから。

3B10F761-8D9C-4E8C-81A6-096D66082F00.jpeg

"Feeling affects space composition"

Early in the construction of the newly built building, if vision is dominant at the beginning, it will become advantageous feeling when you get accustomed to living one by one, then, even if building a building with the feel first, failure or planning collapse I will not be alone or architect's ego.

The place to actually touch buildings is unexpectedly limited. Roughly speaking, except about the water, it's about the floor and the door knob. Furniture, sofas, chairs, tables, beds, etc. may touch the most in the house, but furniture does not fall within the category of building, but built furniture is different.

Therefore, most of the buildings, such as furniture, dishes, and clothes, which can be felt in the building feeling are not the general categories of architecture.

However, even buildings themselves have a feeling, as it looks like a picture, neglecting the feeling should not be possible.

For example, depending on the material used for the finishing, the feeling when touching is totally different, the appearance of the texture of the wall is also different. Because the reflection of light is different in the touch feeling and the smooth feeling, the wall looks different. I have dealt with the finishing of the wall on such a scale, but I did not handle the feeling itself from the beginning, and that was not necessary either.

Perhaps if you focus on the feel, you may come up with a different spatial configuration.

Because it is commonplace, in order to taste the feeling, it is necessary for people to touch it directly, because the activity may have some influence on the space composition as new activities occur.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2019年02月14日

今一番興味がある感触は人肌なので、これを建築で実現できるといい。

もし、人肌の感触で建築ができるならば、人が直に触れる所が、例えば、床の感触が人肌だったら、ちょっと暖かくて、素足で歩いたら気持ち良さそうだし、人に触れているようで、赤ん坊がお母さんに抱っこされていると安心するような、心の安らぎみたいなものが、それだけで、床の上を歩くだけで得られたら、ちょっと素晴らしいかもしれない。

感触は直に心を揺さぶることができるから、もしかしたら、視覚で得る情報より、量では敵わないが、質というか、深く心に浸透する情報を与えることができるかもしれない。

建築やデザインは実存するものを相手にするから、どうしてもまず視覚に左右されてしまうが、実際に生活や使用していくと、視覚より感触の方が影響を与えるようになる気が、いつも毎朝コーヒーを飲む時に思う。

毎朝コーヒーカップを選ぶ時に最初使いはじめは、気分で見た目を思うが、何回も使っていると、手に持った時の感触や唇に押し当てた時の感触をパッと思い出す。

建築も新築当初は視覚が優位で、段々と生活をして慣れてくると感触優位になるのではないかと考えてしまう。

F1C391B0-2211-4EF4-AF60-3295A7B0A9DD.jpeg

"From vision to feel"

The most interesting feeling now is human skin, so I hope that this can be realized in architecture.

If the building can be built with the feel of the human skin, if the place where the person touches directly, for example, the feel of the floor is human skin, it is slightly warm, it will be comfortable when walking with bare feet, and it is touching the person It seems a bit wonderful if you can get it just by walking on the floor, just like that which seems to be a peace of mind that seems to be relieved when the baby is hugged in your mother.

Since feeling can shake your heart directly, perhaps it may be able to give information that infiltrates deeply into the mind, although it is not enemy by quantity, but quality, rather than information obtained visually.

Since architecture and design are opposed to existing ones, they are inevitably influenced by vision, but the feeling that feeling comes to influence more than the visual sense, whenever they actually use their lives or use, always change every morning I think when I drink coffee.

Every morning when choosing a cup of coffee the first thing to use is thought of in appearance, but when I use it many times, I remember feeling when I was holding it in my hand and the feeling when I pressed it against my lip.

At the beginning of building a new building, vision is dominant, and I think that it will become a feeling advantage when coming to life by gradually getting used.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2019年02月13日

どのような感触が欲しいかを考えて、決めれば、それに適応した機能や空間ができるかもしれないとして、感触を考えてみる。

先に出した例は、ふわふわ。

今制作中の輪島塗のフリーカップは人肌の感触を出そうとして、漆塗を石目乾漆で人肌の感触に近づけようと職人の方にお願いして、見本塗を制作中である。

だから、今一番興味がある感触は人肌なので、これを建築でも実現できるといい。

乾漆とは、乾いた粉状の漆を漆塗の上に振り掛けて仕上げる技法で、ちょっとざらついた感触になるが、石目乾漆はさらに、たぶん、乾いた粉状の漆の振り掛ける量をもっと増やして、不均一にし、さらに乾いた粉状の漆が載ったところを平らに均していく。そうすると、乾いた粉状の漆が載った所が島状になり、載っていない所が筋状になり、ちょうど肌の表面を拡大して見た時と同じような仕上げになる。これで石目乾漆の表面を触ると人肌の感触になるはずだろうという憶測で、今、見本を制作中。

ただ、石目乾漆の仕上げは、建築で言えば、吹付けタイルの仕上げに似ているような気がするし、もっと言えば、コンクリートに細かく砕いた大理石などを混ぜて、不均一に吹付けて、コテで均せば、できそうな気がするし、さらに、もっと言えば、コンクリート打放しの表面の仕上げを、型枠の仕上げ面を工夫するのか、型枠を脱型した後に手を加えるのかはわからないが、人肌の感触にすることももしかしたら可能かもしれない。そうしたら、構造体として使えるから、人肌の感触だけで建築ができるかもしれない。ただし、コンクリート打放しの表面の仕上げの技法を新たに考える必要はあるだろうが。

8FA037BE-67EE-404A-82AE-0CDA708CF736.jpeg

"Building on the feel of human skin"

Consider what kind of feeling you want, decide, if you decide, you may think that the function or space adapted to it may be made and think about the feel.

The example given earlier is fluffy.

A free cup of Wajima coat under construction now is preparing a sample painting, asking the craftsman to bring the lacquer coat closer to the human skin feeling with the stone eye lacquer, in order to bring out the human skin feeling.

So, the most interesting feeling now is human skin, so we hope that this can be realized even in architecture.

Dry lacquer is a technique that finishes dry lacquer lacquer on the lacquer finish, giving a slight gritty feel, but the stone eye lacquer is probably more dry, powdery lacquer sprinkled over more Increase it, make it nonuniform, and flatten the place where dried powdery lacquer was put on. Then, the place where dried powdery lacquer is placed becomes island-like, the place where it is not placed becomes streaky, just like looking at the surface of the skin enlarged. It is speculation now that touching the surface of the stone eye dry lacquer should be a feeling of human skin, I am producing a sample now.

However, the finish of the stone eye lacquer is like the finishing of the spray tile if it says in the construction, more speaking, mixing the finely crushed marble etc. in concrete, spraying non-uniformly Then, if you do it with the iron, you will feel like it will be possible, and more to say, whether finishing the surface of the concrete release is to devise the finished surface of the formwork or after removing the mold I do not know, but maybe it is possible to feel human skin. If you do, you can use it as a structure, so you may be able to build with only the feel of human skin. However, although it will be necessary to newly consider the technique of finishing the concrete release surface.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2019年02月12日

感触そのものが空間をつくり、機能をつくり出すことはありそうで、例えば、ふわふわな感触、ならば、ふわふわな感触から寝る機能が出てきて、その感触に包まれば空間になり、ベッドルームになりそうな気がした。

で、連想したのは、雪のかまくら、雪の感触そのものが空間になり、機能をつくり出している。

要するに、単一素材のソリッドな物であれば、その感触に応じて機能や空間をつくり出すことが可能かもしれない、とりあえず。

ならば、鉄筋コンクリートが思いつく。そうなると、構造体として使えるので、固いコンクリートの感触そのもので空間と機能をつくり出せる、打放しコンクリートの建築、とよくあるところに納まってしまう。

ソリッドの鉄板のみの建築も、鉄板は構造体として使えるので、鉄板の感触が空間と機能をつくり出すこともあったが、それも納まりの良いことに。

感触が構造という機能を担ってしまうと、実現性が極端に下がるような気がする。感触が構造としての機能まで担うことができれば、それが一番良いが、それが一番大事なことでは無いので、感触が構造という機能まで担うことは、とりあえず、置いておく。

そうすると、まず、どのような感触が欲しいかを考えて、決めれば、それに適応した機能や空間ができるかもしれないとして、感触を考えてみる。

E9397FD1-7A99-4129-991D-B1F86A8953CD.jpeg

"To determine the feel first"

The feeling itself seems to create a space and create a function, for example, with a fluffy feeling, if the function of sleeping from fluffy feel comes out, if it is wrapped in the feeling, it becomes a space, becomes a bedroom I felt that way.

So, what I associate is that the feeling of snow, the feeling of snow itself becomes space, creating a function.

In short, if it is a solid material of a single material, it may be possible to create a function and space according to its feeling, for the time being.

Then reinforced concrete can come up with. Then, since it can be used as a structure, it fits in a place where it often goes to the construction of an outgoing concrete, which can create space and function with the feel of a hard concrete itself.

Because the steel plate can be used only as a solid iron plate, the steel plate can be used as a structure, the feel of the iron plate sometimes created space and function, but that is also acceptable.

Feeling seems to decrease extremely if feels play a role of structure. If the feel can bear up to the function as a structure, that is the best, but that is not the most important thing, so let's leave that feeling will carry up to the function of the structure for the time being.

Then, first of all, thinking what kind of feeling you want, decide, if you decide, you think that the function and space adapted to it may be made, and think about the feel.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2019年02月11日

感触そのものが空間をつくり、機能をつくり出すことはあるのか。建築は空間と機能だけでできている訳では無いが、空間とは、空間はどのようになったら、空間になるのだろうか。床壁天井で囲われれば空間か。

例えば、ふわふわな感触の大きなものがあるとして、それで包まれて、中に入ることができたならば、ベッドルームになるかもしれない。ふわふわな感触だから、寝るという機能には適するのではと思い、それで包まれていれば、ベッドルームになるかもしれないという考え方。

この一例だけでも、感触から機能がつくり出せる、生まれことはありそうで、その感触に包まれれば空間にはなる。

これを展開や応用していけば、建築として成り立つ可能性もありそうな気はするが、いかがなものだろうか。

BB6B0A36-1FEF-4308-A3D2-2090AA8BF4BC.jpeg

"Feeling from function to function and space"

Is the feeling itself creating a space and creating a function? Architecture is not only made up of space and function, but what does space mean when space becomes space? Floor wall Is it a space if surrounded by the ceiling?

For example, if there is a big fluffy feeling, if it could be wrapped in it and go inside it might be a bedroom. Because it is fluffy feeling, thinking that it is suitable for the function of sleeping, thinking that it may become a bedroom if wrapped with it.

Even with this example alone, it is likely that a function can be created from feel, birth is likely to occur, and if it is wrapped in the feeling it becomes a space.

I think that there is a possibility that it may be established as architecture if it develops and applies it, but what is it like?


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2019年02月10日

感触を主題にしたら、テーブルウェアのデザインにも、建築にも、まだ見ぬ地平があるような気がする、としたが、やはり、機能とか、諸条件に引きづられる。

ただ、それは感触を仕上げの話と捉えているから、その前に、そのテーブルウェアにしろ、建築にしろ、成立させるための諸条件や機能や要求があるだろうと、段階的に考えてしまうからで、そのようなもののつくり方をしてきたし、そう刷り込まれているからで、ちょっと思考の順序を組み替えてみれば、それこそ違う地平が見えないかな。

以前に、建築に感触を取り込もうとした時に、見立ての手法を使う、とした。それは触ること無しに、感触をイメージさせるには、頭の中で見る人が素材感を構築してもらう必要があり、その時に見立てが持つ不完全性が感触を意識的によりイメージさせることになると考えた。

ただ、これとて、感触が仕上げの域を脱していないような気がする。

感触そのものが空間をつくり、機能をつくり出すことはないのだろうか。

4FEEDF76-2CD4-4656-820F-6F41F9BDFC25.jpeg

"Do you feel that you can create space?"

If the theme is feeling, it seems that there is still unseen horizon both in the design of tableware and in architecture, but again, it is attracted to functions and conditions.

However, since it perceives the feel as a finishing story, before that, before that, we think that there will be various conditions, functions, and demands for establishment, whether it is tableware or construction, because it thinks step by step So, I've been working on how to make things like that, so it is being imprinted, so if I rearrange the order of thinking, I can not see a different horizon.

Previously, when trying to incorporate the feeling into architecture, he said that he used a method of interpretation. Without touching, in order to make the image feel, it is necessary for the viewer in the head to build a texture of the texture, and at that time imperfections of the view will cause the feeling to be consciously imaged Thought.

However, it seems that feeling does not get out of the area of ​​finishing with this.

Will not the feeling itself create a space and create a function?


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2019年02月09日

ずっと感触のことを考えている。

感触がデザインの一部ならば、触らないと良し悪しがわからないが、実物が目の前に無ければ、どうしようもない。

20世紀の建築家は自分の作品を世界中に広めるために、写真のワンカットを大事にして、神経を注いだ、今のようなネットが無い時代では、手段は写真しかなかったから。

だから、極端に言えば、その頃の建築のデザインは写真映えするにはどうしたら良いかが暗黙の命題でもあったし、写真で事足りた。実際に触らないとわからないことは排除されていたし、その頃のモダニズム建築にはそれで都合が良かった。

物事は何でも反動、すなわち、現状とは反対の方向へ流れていくもので、モダニズム建築が排除していた感触や実際に触らないとわからないことが主題にもなっていく。

ただ、写真がネットや動画配信、SNSに置き換わったとは言え、相変わらず、実物に触ることができないことには変わりが無いので、感触を直に伝える手段は実物に触るしかない。当たり前のことだが、これが物とか建築とかのデザインを大枠で規定してしまっているように思う。

昨日見たテーブルウェアのコンテストでも、中には仕上げの質感をデザインの一部として、デザインの副産物的に、二次的に扱っているものもあったが、質感や感触そのものをデザインの主要素にしているものは無かった、伝えるのが難しいし、それはコンテスト向きでは無いからだろうが、展示に触らずに確かめようが無いが、感触を主題にしたら、テーブルウェアのデザインにも、建築にも、まだ見ぬ地平があるような気がするのは私だけだろうか。

81D0024F-F23E-4010-9B2A-88F3913E743E.jpeg

"Fundamentals of design"

I'm thinking about feeling all the time.

If the feel is part of the design, I do not know if I do not touch, but if the real thing is not in front of me, I can not help it.

Architects of the 20th century cherished the one-cut of the photographs, spread the nerve to spread their work all over the world, because in the era when there is no net like the present there was only a means.

So, to put it in extreme, it was an implicit proposition as to how to design the architecture of that time to photograph, and it was enough with pictures. What I did not know without actually touching was excluded, and it was convenient for that modernism architecture at that time.

Everything is recoiled, that is, it flows in the direction opposite to the present situation, so that the feeling that Modernism architecture had eliminated and the fact that you do not know without actually touching will become the subject.

However, although photos are replaced with net, movie distribution, SNS, there is no difference that things can not be touched as usual, so the only means to communicate the feeling is to touch the real thing. As a matter of course, I think that this has largely stipulated the design of objects and architecture.

Even in the tableware contest I saw yesterday, some of the designs handled the finish texture as part of the design, as a byproduct of design, secondarily, but the texture and the feeling themselves were chosen as the main elements of the design There was nothing to do, it is difficult to tell, because it is not for the contest, it can not be confirmed without touching the exhibition, but if the theme is feeling, tableware design, architecture as well Is it only me that feels like there are still unseen horizons?


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2019年02月07日

道路の隅切りが面白く見えた。道路の隅切りをミラー反転させて建築の形状とすると、もしかしたら、隅切りが隅切りのように見えなくて、建築の一部に見えるかもしれない。

交通の安全のことを考えれば、当然、道路の隅切りが必要だ。交差点で見通しが悪いと事故につながるから、その点では必ずあった方が良い。

しかし、街並みの美観を考えると、道路の隅切りほど醜いものは無い。道の雰囲気を台無しにしてくれる。街並みや道の連続性を隅切りは分断する。だから、本当は道幅を広くして、隅切りを無くすことができればいいのだが、そうもいかない。

ふと、スケッチをしていて、隅切りの斜めが違って見えて、ミラー反転して建築になれば、隅切りも面白いかもしれない、道なんだか、建築なんだか、どっちつかずになり、隅切りが街並みや道を分断するどころか、街並みと道と建築を調和させはじめた。結構良いかもしれない。

649617A4-1F04-4B6D-99FC-F118D966F5D4.jpeg

"Corner cutting is ugly"

The corner cutting of the road looked interesting. If the corner cutting of the road is mirror reversed to the shape of the building, perhaps the corner cutting may not look like a corner cut and may look like a part of the building.

Given the safety of traffic, obviously it is necessary to cut corners of the road. Since it leads to an accident if the line of sight at the intersection is bad, it is better to have it always at that point.

However, considering the aesthetic appearance of the cityscape, there is nothing ugly as a corner cut of the road. It ruins the atmosphere of the road. Cut corners cutting the continuity of the cityscape and the road. So, in fact, it would be nice if we could widen the road width and eliminate corner cutting, but it does not work.

Suddenly, sketching, looking diagonally in the corner cut, if the mirror reverses and becomes the architecture, the corner cutting may be interesting, the road, it is not like anything, the corner cut becomes Far from dividing the cityscape and the road, I began to harmonize the cityscape with the roads and the architecture. It may be quite good.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2019年02月06日

ちょっと気になる言葉がある「建築性」。それが建築たる所以みたいなものと捉えているが、ついその「建築性」が疎かになってしまうような気がする。

おかしな話だが、建築性が無くても建築は成り立つ。極端に言えば、機能を満たし、法規を守れば、建築はできてしまう、そのような建築がほとんどだ。

例えば、建築性とは「不完全性とアクティビティー」「気分と感触」がいま、あるのではないかと考えている。

無くても良いとは思えず、あった方が良いの当たり前のことと捉えている、それが人にとって。

この建築性を磨き、建築として実存させることにいま一番時間を割いている。

B728731C-9915-4F99-84B9-0C517ECF258B.jpeg

"Time now"

There is a word which is a bit a little "Building property". It seems that it is like the thing that it is built, but it seems that its "architecturality" becomes unclear.

Although it is a funny story, building is established even if there is no building ability. In extreme terms, buildings can be built if they satisfy the function and keeping the regulations, such constructions are mostly.

For example, I believe that "building imperfections" have "imperfections and activities", "moods and feelings", and so on.

I do not think that it is not necessary, and I think that there was better being a good one, that is for people.

I am taking the most time to refine this architectural nature and make it exist as a building.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2019年02月05日

ボリュームチェックをする。それはその敷地にどのくらいの規模のものが建築できるのかを確認するためだが、同時にそれは集合住宅の場合、最大戸数を確認する、収支計画を立案する、ための元資料にもなる。

昔いた設計事務所では、もう25年くらい前の話だが、不動産屋から敷地図がfaxで送られてくると、社長がボリュームチェックをして、その敷地に対する計画案を作成し、それは収支計画用の計画案なので、最大戸数を確保したものをまた送り返していた。

その場合、建築基準法や条例などを法規を満たすのは当たり前のことだが、とにかく知りたい情報はその敷地にどれだけの規模の、戸数の集合住宅ができるか、だったので、デザインは二の次、付け足すもの扱いで、とりあえず、平面図だけあればよく、それで収支計画が立案できるので、実際に計画がスタートして外観を考える時にデザインが入ってくるようだった。

そのデザインや計画案作成の態度にはなじめず、でも大概の設計事務所はそうなのだろうと想像しながら、私が設計担当した最初の建築は、その社長が作成した計画案からはじまった集合住宅だった。だから、私が担当としてデザインできる範疇は外観くらいしかなく、それはそれで重要なのだが、プランから考えなければ、外観だけ考えても意味は無いのでは、と思いながら仕事をしていたのを思い出した。

なぜ思い出したかというと、今、そうだから、とりあえず、収支計画用の最大戸数を確保した計画案を作成し、これからどう進めていくかと考えているところだから。

ただ違うのは、この計画案はあくまでも収支計画用で、ボリュームチェック用で、アタリの図面で、ここから全く違うものをはじめからデザインしはじめる。

ところが、この計画案が結構強力で、引きづられてしまう、自分で作成したのだが、厄介なしろものだ。

2E0870D8-EE1F-44F6-B07A-F92FA321EA15.jpeg

"Volume check"

Perform volume check. It is to confirm how much can be built on the premises, but at the same time it is also the original source for planning the income and expenditure plan to confirm the maximum number of houses in the case of multi-family houses.

In the former design office, about 25 years ago, when the real estate agent sent the site map at fax, the president made a volume check and created a plan for the site, which is a balance plan It was a plan for use, so I sent back the one that secured the maximum number.

In that case, it is natural to satisfy the Building Standards Law and ordinances etc, but since the information that you want to know is just how large, multi-united housing can be built on the premises, design is secondary, It is treated as a thing to add, in the meantime, it is only necessary to have a plan view, so you can plan the income and expenditure plan, so it seems that the design will come in when you plan the actual planning and consider the appearance.

While imagining the design and the planning draft attitude, but imagining that most of the design office would be, the first building I was in charge of designing was a collective housing that started with the plan drafted by the president was. So, the category that I can design as a responsible person is only about the appearance, which is important, so I thought that if I did not think about it from the plan, I thought that it was meaningless to think only about the exterior, I remembered that I was working .

I remember why I remember now that I am thinking about how to proceed from now on, because I am planning a plan that secures the maximum number of households for income and expenditure planning.

The only difference is that this plan is for balance planning only, for volume checks, Atari's drawings, beginning to design completely different things from here.

However, this plan was quite powerful and attracted, created by myself, but a troublesome one.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2019年02月04日

以前に、建築に感触を取り込みために「見立て」を考え、建築に気分を取り込むために「追従する」建築で差異を考えた。いずれも、納得して建築に取り込める手法だと考えていたが、違う角度から再度、感触や気分を建築に取り込む方法を考えてみたいと思った。

そのきっかけは、今制作中の輪島塗のフリーカップ。もの自体が感触と気分を取り込む媒介になるのならば、建築でも可能なのではないか、と思ったから。

建築を空間として扱うから全体のボリュームが最重要になるが、建築を細部のものの集合体として扱えば、まず細部のもの自体がどうあるか、からはじまるので、感触やその時の人の気分を反映しやすく、その感触や気分を伴ったまま、最終的に空間が出来上がるのではないか、と考えた。

人を中心に据えて、人に密着した周辺からはじまり、その時々の人の気分を反映することが可能なものを細部から感触を含めつくり出しながら、どんどん同心円状に広がっていき、空間に仕立てていくイメージ。

イメージがまずできないと、実際のものづくりはできない、全てのイメージでなくても良いが、はじめの取っ掛かりや、大まかで良いから骨子みたいなものは欲しいが、それが段々と揃ってきたような気がする。

8032CB47-D414-43C5-AF6B-27B550C42D2D.jpeg

"Image to tailor the space"

In the past, I thought about differences in architecture "to follow" in order to capture the mood in buildings, considering "looking" to incorporate the feeling into architecture. Both thought that it was a method that I could consent to incorporate into architecture, but from another angle I wanted to think about a way to incorporate feel and mood into architecture again.

The trigger is a free cup of Wajima coat under construction now. Because I thought that it might be possible in architecture as long as things themselves become intermediaries for taking in feel and mood.

The whole volume becomes the most important because it treats architecture as space, but when treating the building as a collection of details, it first starts from how the detail itself is, so reflects the feel and the mood of the person at that time I thought that it would be easy to do, with the feel and mood accompanied, the space would eventually be finished.

Starting from the periphery that is close to people, starting from the surroundings close to people, reflecting the feeling of the people from time to time, create things including details from the details, spread more and more concentrically and tailor it to the space Some image.

If you can not do an image first, you can not make actual manufacturing, not all images, but I want something like a gist of a first bargain, because it is rough and good, but it seems that it has gotten step by step I will do.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

モノ・マガジンにちょっとだけ出ました。よかったら見て下さい。

20641F82-B990-4EBE-8A72-12746595AA88.jpeg

EDEFB6D1-1778-4506-B2B1-92ECC01D9EBC.jpeg


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2019年02月03日

内側からボコボコと必要な場所を広げていく感じで、人を中心に、人の周辺からはじめていくという空間のつくり方があると思う。

今日行ったオープンハウスでの説明によると、2階建ての2階の個室の天井の形を決めて、その形のまま屋根したとのこと。屋根を決めて天井が決めるのでは無くて、室内の天井の形を先にデザインし決めてから、その形の裏返しが屋根の形になる。外から見ると屋根の形で室内の天井の形がわかる。室内の天井をデザインしたら、同時に外観の屋根と室内空間もデザインされる、室内天井をデザインする時は当然、人から派生する事柄を手掛りにするだろうから、そこに人も絡んでくる、とても秀逸だと思った。

ボリュームチェックがあり、そこから細部に向かっていくやり方、ボリュームを決めれば、同時に空間や細部まで決まり、人が絡んでくる手法もあるだろうし、それはそれで素晴らしいと思うが、どうしても人が最後というか、例え最後ではなく途中に人が絡んでくることもあるが、人からはじまる感じが、人の周辺からはじめていく空間のつくり方よりは薄いような気がする。

どうして、人を中心に、人の周辺からはじめていく空間のつくり方が気になるのかと言うと、建築にもっと感触とか、気分とかを取り込みたいから。人を中心に据えてはじめた方がより感触や気分を建築に取り込めるのではないか、という勘からです。

379560AB-E324-4A67-94C5-CC32C791A0B5.jpeg

"There are people, I feel, I have a feel"

I think that there is a way to create a space where people start from the periphery of people, with the feeling of spreading the necessary places with Bocoboko from the inside.

According to the explanation in the open house that I went today, I decided the shape of the ceiling of the 2nd floor upstairs private room, and said that he roofed in that shape. It is not to decide the roof and the ceiling to be decided, after designing and determining the shape of the ceiling in the room, the flip of that shape becomes the shape of the roof. When seen from the outside, you can see the shape of the ceiling in the room in the form of a roof. When designing the ceiling in the room, the roof of the exterior and the interior space are also designed at the same time, when designing the indoor ceiling, naturally it will clue the things derived from people, so people will also get involved there I thought it was excellent.

There is a volume check, there is a way that people decide at the same time as much as space and details, if there is a way to go to the details from there, deciding the volume, there is also a method involving people, and that is wonderful, but I guess the person is the last Even though some people are involved on the way instead of the last one, I feel that the feeling that people start with is thinner than the way I start from people's surroundings.

Why do you care about how to create a space to start from people's surroundings, mainly because people want to capture more feel and feelings in architecture. It is from the intuition that people who started putting them mainly can get more feel and mood in building.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2019年02月02日

以前に、人がいて、体を覆う衣服があり、体を支える椅子があり、食事をするためのテーブルがあり、テーブルの上には人が使う食器やカトラリーがあり、そのテーブルを照らす灯りがあり、そのテーブルや椅子や人を囲むように、床や壁や天井があり空間ができ、それが部屋と呼ばれ、部屋がいくつも連なり、家という建築ができる、ようなつくり方がしてみたい、とした。

たぶん、今の設計に対する違和感は全てここに集約されるような気がする。そう思うと、とてもすっきりとした気分になった。

ただ、果たして、このようなつくり方が現実実際にできるのだろうか。

どうしても、実際に敷地に建築を設計しはじめる時にはボリュームチェックから入る。ボリュームチェックとは、その敷地にかかる法規を調査し、どのくらいの規模まで建築可能かをみること。

ボリューム、イコール、空間では無いが、空間の大枠を決めることから考えはじめてしまうし、そこが無いと最初の事業計画が立案できないだろう。

だから、ボリュームチェックまではして、そこから、人の周辺から広げていくやり方をすれば良いのかもしれないが、その時に結局、最終的にはボリュームチェックの結果に引きづられてしまうような気がして、はじめの一歩が踏み出せないでいる。

81CAEABF-3395-4D39-BA83-8DA0756F1F9F.jpeg

"Hajime no Ippo"

There used to be people, there are clothes that cover the body, there is a chair that supports the body, there is a table to eat, there are tableware and cutlery used by people on the table, the light that illuminates the table There is a floor, a wall and a ceiling so that it surrounds the table, the chair, and the person, and a space is made, it is called a room, a number of rooms are connected, we want to try to make such a way that we can build a house did.

Perhaps, I feel that all the discomfort to the current design is concentrated here. I thought so, I felt very refreshing.

But I wonder if we can actually do this in reality.

By all means, when you actually start to design the building on the premises, you enter through the volume check. Volume check is to investigate the laws concerning the premises and see how big it can be built.

Although it is not volume, equal, space, I will start thinking about deciding on the space of space and if there is not there, I can not plan the first business plan.

So it may be good to do a volume check and then spread from people's surroundings, but at the time it will eventually end up with the result of the volume check I feel like I can not take the first steps.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2019年02月01日

デザインするのが好きで、ものをつくるのが好きだから、それを死ぬまでやり続けたいと、その環境づくりも含めて、今、奔走しているところで、輪島塗のフリーカップづくりは、塗りの見本待ちで、それが楽しみでしょうがなく、ここまで来ると、何をデザインするか、何をつくりたいか、また、どうしたら出来上がるのか、が明確になっているので楽しくて、待ち遠しくて、早くそのカップでコーヒーが飲みたくて仕方がない。

建築ももちろん、ものづくりなのだが、建築と建築以外では同じものづくりでも違うような感覚がある。

端的に言うと、ものそのものをつくるのか、空間をつくるのか、の違いか。建築でも細部に至る時はものそのものに向き合い、ものそのものをつくるが、最初は空間から考えるのが一般的で、大きな入れ物から考えはじめて、段々と中身に何を入れようか、中身のつくりをどうしようかと考えて細部に至る。それはインテリアデザインでも同じだが、建築はそのインテリアデザインをする空間そのものも一から考えるので、より空間をつくる思考が強くなる。

もっと違う言い方をすると、人がデザインされたものを全て操れるのか、人がデザインの一部なのか、の違いか。建築では、空間は人を包み込み、人はその空間の一部という扱いになるが、建築以外では、人から離れたところにものが実存し、そのものを人が全て操るようにデザインされる。

輪島塗のフリーカップづくりをはじめてから、この当たり前のような違いが、とても大きな違いのように感じるようになっており、それは、もしかしたら自分が指向している建築のつくり方は、空間からはじめるのでは無くて、ものそのものからはじめることではないか、とちょっとどこかで思うようになっている。

人がいて、体を覆う衣服があり、体を支える椅子があり、食事をするためのテーブルがあり、テーブルの上には人が使う食器やカトラリーがあり、そのテーブルを照らす灯りがあり、そのテーブルや椅子や人を囲むように、床や壁や天井があり空間ができ、それが部屋と呼ばれ、部屋がいくつも連なり、家という建築ができる、ようなつくり方がしてみたい。

考えてみれば、衣服以外は今すぐにでもつくることができる。

AF378D3C-B39C-4732-B264-CFFDF321A16F.jpeg

"How to make architecture"

I like to design and I like to make things, so I want to keep doing it until I die, and now I'm busy making the environment, Wajima painted free cup making is waiting for samples of paint So, it can not be helped fun, and as soon as you come this far, it's fun to see what you design, what you want to make, and how to make it, so it's fun, I can hardly wait, in that cup There is no point in wanting to drink coffee.

Not only building but also manufacturing, but there is a different feeling in building the same thing outside of architecture and architecture.

To put it briefly, is it the difference between making things themselves or creating space? Even in architecture, when it reaches the details, it faces the thing itself and makes things themselves, but at first it is common to think from the space, starting with thinking from a big container, what should we put in contents, and how to make contents I think to it and it comes down to details. Although it is the same in interior design, architecture thinks space itself to do its interior design from scratch, so thinking to create more space becomes stronger.

Writing in a different way of speaking, is it different whether people can manipulate everything that was designed or whether people are parts of design. In architecture, space envelops people, treats a person as a part of the space, but outside the building, things are existed far away from people and designed to manipulate them all.

The difference like this is beginning to feel like a very big difference since I started making a free cup of Wajima coat, which is probably how I'm pointing my way of building a building from the space It is not at all, it is supposed to start somewhere somewhere, starting with things themselves.

There are people, there are clothes that cover the body, there is a chair that supports the body, there is a table to eat, there are tableware and cutlery for people to use on the table, there is a light that illuminates the table There is a floor, a wall, a ceiling and surrounding a table, a chair and a person, a space is made, it is called a room, a number of rooms are connected, we want to try to make such a construction that a house can be done.

If I think about it, I can make anything but clothes right now.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2019年01月31日

建築という目には見えない共通認識があり、それが敷地の文脈/コンテストからくるもの、コンテクチュアリズムにつながるかもしれない、とした。

違うとしたら、何が手掛りになるのか。社会学、哲学、生物学、、、などなど、いろいろと思い浮かぶが、あとは自分が何を、どこを選択するのか、ということかもしれない。

どこを選択するかというのは、自分がどういう建築をつくりたいか。

先日ある方から言われたことがちょっと気にかかっている。

「あなたは、自分が良いというものをつくりたいのか、人が良いと言ってくれるものをつくりたいのか」

その時は「自分が良いと思うものをつくり、それで人が良いと言ってくれたらいいです」と答えが、それはそうなのだが、なぜかスッキリとしない。

もちろん「自分が良くないと思っても、人が良いと言ってくれれば、それでいいです」とは思えないが、

誤解を恐れずに言えば、人が良いと言ってくれるものをつくる自信はあるが、

スッキリしない理由は、自分が良いと思うものが、自分が良いと思うものを疑うことをここ数ヶ月行っているからかもしれない。

90A1CE01-EC61-498D-812F-D78EB11DE4B5.jpeg

"doubt"

There is a common awareness that is invisible to the eyes of architecture and it is said that it may come from the context / contest of the site, leading to contextualism.

If so, what is going to be a clue? Sociology, philosophy, biology, etc, come up with various things, but after that it may be what you choose and where you choose.

Where to choose depends on what kind of architecture you want to create.

What I said from someone the other day is a bit of a concern.

"Do you want to make something good for you, do you want to make something that people say is good?"

At that time, the answer is "I want to make something that I think is good and that people are good" so it seems, but why is not it refreshing.

Of course I do not think that "It is OK if people say that people are good, even though I think that I am not good,

Speaking without fear of misunderstandings, I am confident that people will make something to say good,

The reason for not refreshing may be because what I think is good is going on doubting what I think is good for the last few months.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2019年01月30日

以前に、カオスの運動自体は、それを引き寄せる建築という目には見えない共通認識みたいなものが無ければ、そこに何も形成しない、とした。

カオスの運動は、人のアクティビティーと見立てることができるだろうから、人のアクティビティーがカオスの形態や構造を形成する訳では無いということ。

もしかしたら、これはカオスの運動の場合だけに限られないかもしれない。

もしかしたら、人のアクティビティーが形態や構造を、建築を形成する訳では無いのかもしれない。

建築計画は人のアクティビティーの完全で安定的な秩序を目指すが、そもそも完全で安定的な人のアクティビティーなど存在しない、個々により微細でも違いはあるはずで、人の振る舞いは人の数だけ種類が存在するはずで、実際には常に人のアクティビティーは不完全で不安定な秩序であり、それを元に建築を構築しようと考えてきたが、そもそも、それが違うかもしれない。

建築という目には見えない共通認識みたいなものに、人のアクティビティーが絡みついてきて、実存の建築の形態や構造が形成されるようなイメージか。

だとしたら、建築という目には見えない共通認識とは、まず第一に、場所に手掛りがあるのか。

そうしたら、それは敷地の文脈/コンテストからくるもの、コンテクチュアリズムにつながるのか。

そうだとしたら、延々と考えてきて、一周して、ほの少しだけ上昇した感じであって欲しいな。

59462334-B90D-46AE-AA83-80340A7E2390.jpeg

"Contextualism after a round?"

Previously, the movement itself of chaos said that if there was not such thing as common recognition that can not be seen in the eyes of building attracting it, we will not form anything there.

Since the movement of chaos can be regarded as human activity, it means that human activity does not form the form or structure of chaos.

Perhaps this may not be limited to the case of chaos movement.

Perhaps, it may be that human activity does not constitute architecture, form or structure.

Although the architectural plan aims for a complete and stable order of human activities, there is no complete and stable human activity in the first place, there should be a difference even if it is finer than an individual, and the behavior of a person is as many as the number of people In fact, always human activity is incomplete and unstable order, I have thought about building architecture based on that, but in the first place it may be different.

Is it an image that human activities are intertwined with things like common recognition that can not be seen in the eyes of architecture and forms and structures of existential buildings are formed?

If so, is there a common recognition that is invisible to the eyes of architecture, first of all, is there a clue in place?

If so, will it come from the context / contest of the site, leading to contextualism?

If so, I'd like you to consider it all the while and feel it has gone a little just after going around.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2019年01月29日

建築は単なる物では無くて、秩序という運動の安定性を不安定にしたものの集合体であり、それは不安定な秩序という複数のアクティビティーから形態や構造が成り立っている、と言うこともできるかもしれない。

また、その不安定な複数のアクティビティーは元々個々に違っていて、その不安定で違っている様は、建築があるから認識される、ということも言える。

以前に、現代物理学ではカオスを運動として捉えているとしたが、カオスの形態や構造は、建築のようなカオスの運動を引き寄せたりするものがあってはじめて形成されるのかもしれない。この場合、建築とは、実存としての建築では無くて、その場所で構築する意志みたいな、目には見えない共通認識みたいなものか。

香港の九龍城は、カオスの運動が、あの場所だから、あの形態で現れたのかもしれない。まだ九龍城がある時に見に行ったが、同様のカオスの運動自体は香港中至るところで発生しているはずたが、他の場所では、そこに同様のカオスの形態を形成する建築という目には見えない共通認識みたいなもの、構築する意志みたいなものが無かったから、九龍城のような形態が形成されなかったのだろう。

だから、カオスの運動自体は、それを引き寄せる建築という目には見えない共通認識みたいなものが無ければ、そこに何も形成しないと思う。

そうすると、今度は、その建築という目には見えない共通認識みたいなものとは具体的に何か、と気になる。

CE6F479A-A17A-48A5-BDF4-6EF63124CBBA.jpeg

"Attracting architecture"

Architecture is not just a thing, it is an assembly of things that instability of the movement of order, which is unstable, it can also be said that forms and structures are formed from multiple activities of unstable order Absent.

Also, the unstable activities are originally different from each other, so it seems that it is different from the instability and it seems to be recognized because of the architecture.

Previously, in modern physics it was thought that chaos was regarded as motion, but the form and structure of chaos may be formed only when there is something attracting chaotic movements like architecture. In this case, the architecture is not an existing building, is it like a willingness to build at that place, like a common recognition that is invisible to the eyes?

In Kowloong Castle of Hong Kong, the movement of chaos is that place, so it may have appeared in that form. Although I went to see it when there was Kowloon Castle, the same chaos movement itself was supposed to have occurred everywhere in Hong Kong, but in other places, in the eyes of architecture which forms similar chaos form there There was no such thing as a common recognition, there was nothing like a will to build, so it seems that the form like Kowloon castle was not formed.

So, the movement itself of chaos does not form anything there unless there is something like common recognition that can not be seen in the eyes of building attracting it.

Then, I will be concerned about what concrete things are like common recognition which can not be seen in the eyes of the building this time.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2019年01月28日

「カオスとは、力学系の不安定な非周期運動、または、それを含む状態をいう。(中略)カオスは自然の普遍的な運動形態といえる。このようなカオスの特徴は、無限個の不安定な周期軌道が共存し、それらの周期軌道群がカオスの形態と構造を特徴づけていることである。」(「散逸構造とカオス」森肇 蔵本由紀著より)

カオスは、秩序が無く、入り乱れている状態やその形態や構造そのものを指すのだと考えていたが、現代物理学では運動と捉えている。面白いのは、不安定な周期運動の軌道が共存することによって、カオスの形態と構造をつくっていること。

複数の異なる運動が共存し、カオスという形をつくる。形に先立って運動があるのか。

カオスの形、すなわち、秩序も無く、入り乱れている状態をつくり出すのが運動だとするならば、秩序もカオスという運動の一部と捉えることが可能かもしれない。秩序とは安定的な周期運動として。

そもそも建築計画は、この安定的な周期運動を目指すことになる。秩序も運動、すなわち、それはアクティビティーだから、そのように秩序を捉え直すと面白い。

以前、人間にとって理想的な空間を実現するための建築計画と、個人にとって良い空間を実現するための考え方が、同じでは無くて、「完全」と「不完全」とむしろ真逆であることが面白い、とした。そして、なぜか、その人、個人にとって良い空間を模索する時に、全て不完全性とアクティビティーに辿り着いた。

それは結局、建築とは、秩序をどう扱うか、どうつくり出すか、すなわち、秩序という運動の安定性をどのように不安定にするかを考え、実行することだから、そこに辿り着いたという訳か。

09CC15A3-AA53-4976-B3DE-847EA16A7606.jpeg

"Order is an exercise"

"Chaos is an unstable aperiodic motion of a dynamical system, or a state including it. (It is said that chaos is a universal motion form of nature.) Characteristics of such chaos are infinite number of Unstable periodic orbits coexist and their periodic orbit groups characterize the morphology and structure of chaos. "(" Dissipative structure and chaos "by Mori Satoshi Kuramoto Yukinori)

I thought that chaos refers to a state with no order, a state in which it is confused, its form and structure itself, but in modern physics it is regarded as motion. The interesting thing is to create the form and structure of chaos by coexistence of unstable cyclic motion trajectory.

Multiple different movements coexist, creating a form of chaos. Are there exercises before the shape?

If it is exercise to create a state of chaos, that is, there is no order and a state in which it is in a state of disorder, the order may also be regarded as part of the movement called chaos. Order is a stable periodic motion.

In the first place, the building plan aims at this stable periodic movement. Order is an exercise, that is, it is an activity, so it is interesting to recollect the order like that.

Before, it was not true that the building plan to realize an ideal space for human beings and the idea for realizing a good space for individuals are not the same, but rather opposite to "complete" and "incomplete" It was funny. And, for some reason, when seeking a good space for that person, individuals all arrived at imperfection and activity.

In the end, after all, because architecture is about thinking about how to deal with the order and how to create it, how to make stability of the movement of ordering instable, and to carry it out .


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2019年01月27日

猥雑の秩序をつくり出すためには、どうやって、どのくらい秩序を乱せばよいのだろうか。

秩序をそのまま取り込み、何か手を加えることができるという点での不完全性の例は茶室。茶会の度に亭主が客のために設えをする。

今計画中の集合住宅では、集合住宅の建築計画を完全な秩序として扱い、それを崩して乱して取り込み不完全性をつくり、猥雑の秩序にするのがよさそうだ。

秩序を乱さないと猥雑にはならない。秩序では無いものを乱しても、それは単なる見た目のデザインでしかなく、表層的で面白くない。ましてや、集合住宅は秩序の塊のようなもの、そこで、だから「猥雑の秩序」をやる意味がある。

集合住宅の建築計画が持つ完全な秩序とは、積層性と連続性の効率の良さか。

猥雑の秩序が異なるアクティビティーを誘発するので、その異なるアクティビティー同士の接点でオープンなパーソナルスペースができる。それはもしかしたら、森の中にいるような。そうか、猥雑の秩序は、森の秩序と一緒かもしれない、ふとそう思った。

そうなると、秩序とはそもそも何だ、もっと深く知りたくなる。

E4804341-FEBF-4D06-9A58-F3AB5BEE367A.jpeg

"What is ordering in the first place"

How can we disturb the order in order to create a complicated order?

An example of incompleteness in that it can incorporate the order as it is and add something is a tea room. Each time a tea ceremony is held the host will set up for the customer.

In the collective housing under planning now, it seems to be better to treat the building plan of the apartment building as perfect order, disrupt it, disturb it, create incomplete incorporation, and make the order of obstruction.

It must not be complicated unless the order is disturbed. Even if you disturb things that are not orderly, it is only a visual design, it's superficial and not funny. Much more, apartment houses are like chunks of order, so there is a meaning to do "order of confusion".

Is the complete order of the building plan of multi-family housing good efficiency of laminating and continuity?

Since the complicated order induces activities that are different, open personal space is created at the points of contact between the different activities. Perhaps it is like being in the forest. That's right. Ordinance of turmoil may be with the order of the forest, I think so.

In that case, what is ordering in the first place, you want to know more deeply.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2019年01月26日

猥雑の秩序はあるのか。猥雑というと秩序が無い状態と考えてしまう。秩序が乱れている状態がひどくなれば猥雑になるかもしれないが、それは秩序の範疇にとどまっているから、そうかそれが猥雑の秩序か。

そうならば、秩序を乱すことは簡単だが、ただ乱しただけでは猥雑な感じにはならないような気がするから、どこまで乱せば猥雑になるのだろうか。猥雑とそうでない境目は、バロメーターは、と考えてしまう。

猥雑には不完全性はあるのか。猥雑それ自体は完全で、自立して実存している感じがする。香港に昔あった九龍城のように、猥雑な集合体が塊としてはじめからそこにあったような感じか。

以前、秩序に関しては、不完全性をつくる方法として2通りある、とした。ひとつは、秩序をそのまま取り込み、何か手を加えることができるという点での不完全性と、もうひとつは、完全な秩序として扱い、それを崩して乱して取り込み不完全性をつくる。

猥雑はこの2つの不完全性が入っているような気がする。

猥雑の秩序をそのまま取り込み、そこにまだ手を加えることができるという点での不完全性と、秩序を乱すことで猥雑となり、それがすでに不完全性を獲得している、すなわち猥雑=不完全性。

猥雑には2重の不完全性が潜んでいる。

以前、不完全性がアクティビティーを誘発するとした。ならば、猥雑の秩序は2つのアクティビティー、それも異なる種類のアクティビティーを発生させる。

さらに、その猥雑の秩序が複数存在すれば、さらに、複数の異なるアクティビティーも発生するだろう。

建築とは、どのような秩序をつくり出すか、としたが、猥雑の秩序をつくり出すことができたら、インテリアから都市まで、面白い状況がつくれるような気がする。

856638E4-FCB2-42CC-B99A-185133D1605C.jpeg

"Order of clutter"

Is there a disorderly order? If it is dirty then I think it is in a state without order. If the state in which the order is disturbed becomes terrible, it may be clumsy, but since it remains within the category of order, is it so obscure order?

If so, it is easy to disorder the order, but since it seems that it does not make you feel dysfunctional just by being disturbed, how far will it get clogged? The barometer thinks that the obstruction and the boundary that is not so.

Are there any imperfections in a disorderly situation? The obstruction itself is perfect, feeling independent and independent of existence. Like Kowloon Castle in Hong Kong, it seems that a dirty aggregate was there from the beginning as a mass.

Previously, regarding order, there were two ways to create imperfections. One is imperfection in that it takes in the order as it is, it can handle something, and the other imposes it as a complete order, breaks it and disturbs it and creates incomplete incorporation.

Troubles seem to have these two imperfections.

Incompleteness in incorporating intact orders as it is, still being able to add hands there, and being disturbed by disordering the order, that has already acquired imperfections, that is, it is complicated = incomplete sex.

Twisted imperfections are hiding behind the scenes.

Previously, incompleteness was supposed to induce activities. Then, the complicated order generates two activities, which also produce different kinds of activities.

In addition, if there are two or more of these complicated orders, more different activities will also occur.

I decided what kind of order is to be built, but if I can create a complicated order, I feel like creating an interesting situation from the interior to the city.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2019年01月25日

人は秩序が整っていなかったり、秩序が無いことに惹かれる。違う言い方をすると、猥雑に惹かれる。

自分が猥雑にはしないけれど、猥雑なものを眺めたり、猥雑な場所へ行ったり、猥雑な所で呑んだり、が楽しかったりする。

でも、猥雑な場所は、はじめから猥雑では無くて、最初は秩序が整っていて、きちんとしていて、きれいだったはずで、段々と猥雑になっていったはず。

つい秩序を整えてしまう。はじめから猥雑にしようとしてもできない。子供の頃から秩序を整えることは教わってきたが、猥雑にすることは教わっていないというか、叱られた。

大人になると、皆んな、あんなに猥雑が大好きなのに、子供には叱るんだよな。

子供の頃から猥雑にすることを教えた方がいいんじゃないかな。そしたら、大人になって、より楽しい毎日が過ごせるかも、わざわざ猥雑を求めてフラフラしなくていいし。

はじめから猥雑にできて、その猥雑のままでいられる状態はきっと、とても豊かなような気がする。

秩序を一回かませれば猥雑にできるし、そのやり方もわかるが、はじめから猥雑にできないか。

はじめから猥雑をつくり出そうとしても、つくり出す過程で秩序が必要になる、数値という秩序が。

ならば、つくり出す過程が猥雑のままならば、はじめから猥雑で、最後まで猥雑のままで出来あがるか。

つくり出す過程が猥雑ということは、良く言えば、何、ブリコラか。ただ、建築では一貫して最初から最後まで猥雑につくり上げるの無理かな、どうしても数値という秩序を使う。完成した後に時間をかけて猥雑するしかないか。仕上げだけ猥雑にするのは簡単だけれども、それでは単なる装飾か、装飾が悪い訳では無いが、それではつまらない。

結局のところ、建築とは、どのような秩序をつくり出すかを延々と行うことか。

7C172C77-A426-4029-9CE3-6938C87BAEF6.jpeg

"Can you make obscurity from the beginning?"

People are attracted by the lack of order and lack of order. In other words, it is attracted by clumsiness.

I do not do anything wrong, but I look for obscene things, go to a disorderly place, drink in a dirty place, or have fun.

However, the dirty place was not obnoxious from the beginning, at first it was supposed to be orderly, neat and beautiful, it should have gradually become dirty.

I will arrange the order. Even if I try to make it obscure from the beginning, I can not do it. I was taught to arrange order from childhood, but I was scolded as if I was not taught to be obscene.

Everyone, like adults, I love such a lot of confusion, but children scold me.

I guess it would be better to teach things to be obnoxious from childhood. Then, becoming an adult, you can spend more enjoyable everyday, you do not have to bother to search for obstacles.

From the very beginning you can get dirty and the state where you can stay in that disorder surely seems to be very rich.

If you order the order once, you can do it sloppily and you can understand how to do it, but can not you do it from scratch from the beginning?

Even if you try to create obscenities from the beginning, order is necessary in the process of creating, the order of numbers.

Then, if the process of creating it is obscene, will it be obscene from the start, will it be completed without being clogged up to the end?

What is it, Bruicola, to say that the process of creation is obscene? However, in architecture, it is impossible to consistently create from scratch to the end, use the order of numbers absolutely. Is it only obstructing over time after completion? Although it is easy to make only the finishing obscure, it is not mere decoration or decoration is not bad, but that is boring.

After all, is architecture and what kind of order to create endlessly?


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2019年01月24日

その人に焦点を当てて、その人が住む特殊な建築をつくることは案外容易で、特殊になればなるほど、もっと違う言い方で、奇抜になればなるほど、考える方は楽だったりする。手掛りがあるし、暴走しても良いし、その人が良ければそれで良い訳で。きっとつくる方も楽しいかもしれない。

ただ、それをしないのは、建築は外に置かれて、周知にさらされ、周辺環境に影響を与えるから、ただ単に特殊なだけ、ただ単に奇抜なだけは許されないと考えるのと、どうしてもそこに、その建築に、一般解というか、その場限りでは無い、全ての建築に影響を与える何かを盛り込みたいと考えてしまうから。

だから、その人に焦点を当てても、そこから抽出するのは一般解に通じる特殊なもの、矛盾するような言い回しだが、最終的には一般解を内包した特殊解を導き出す行為が建築だと思っている。

そのためには、何が一般解で、何が特殊解になるのかがわかっていないと、それが共通理解につながるから、それが無いと、完成した建築を見ても誰も理解できないし、独りよがりの建築になり、やはりそれは良くないとしておかないと、何でも有りの状態になり、それは一見すると自由にものづくりができるのだけれども、建築として過去から未来に向けて積み上がっていくものが何も無くなるから、良くないだろう。

ただ、この何が一般解で、何が特殊解かは、それを理解するために建築を学んでしまうと、はじめから答えを探すことが目的の思考になり、思考は練度を重ねると、いちいち考え無くても、勝手に頭が答えを決めつけに行くから、これが厄介で、自分では創造しているつもりが、単に答えに当てはめて問題をつくっているようになる。

きっと、乱暴に言うと、一般解も特殊解も自分がそうだと決めつけてしまえば良いというか、そのくらいの勢いで思考しないと、創造していることにはならないかも、と思うくらい、容易に答えという情報が手に入る。進歩しないで、退歩すれば、目と耳を塞ぐとか、進歩することが良い訳でないと決めつければ良いのだから。

981B25CF-DAF6-457A-853C-E2B16F860633.jpeg

"Retreat"

It is unexpectedly easy to create a special architecture where that person lives, focusing on that person, the more special it is, the more different way of saying, the worse the more it is, the easier it is to think. There is clue and you can run away, and if that person is okay it is a good translation. It may be fun to create one.

However, it does not do it because architecture is put outside, it is exposed to public knowledge and affects the surrounding environment, so just thinking that it is unusual for just a special one, Because I think that it wants to incorporate something that affects all the buildings, that construction is not a general solution or it is not limited to that.

So even if we focus on that person, extracting from that is a special thing that leads to general solutions, a contradictory phrase, but in the end it is said that the act of deriving a special solution containing a general solution is architecture thinking.

Therefore, if you do not know what is a general solution and what becomes a special solution, it will lead to a common understanding, so if you do not have it, no one can understand it even if you look at the completed architecture, If it is not the case, it will be in a state with anything, it can be done freely if at first glance, but there is nothing that builds up from the past to the future as a building It will not be good.

However, what is this general solution and what is a special solution, if you learn the architecture to understand it, searching for answers from the beginning becomes a goal thinking, thinking repeatedly, every one Even without thinking, since the head goes to decide answers without permission, this is troublesome, and the intention of creating oneself by itself applies merely to answers and makes problems.

Surely, roughly speaking, either general solutions or special solutions should be decided to be themselves, or if we do not think about with that momentum, it seems that they may not be creating things as easily as they think Information on answer is available. Do not make progress, if you go down, you have to decide that it is not a good translation to block eyes and ears, or progress.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2019年01月23日

以前から「気分に追従する」や「感触そのもので成り立つ」や「オープンなパーソナルスペース」などと言った人間の個人的な領域に踏み込んで行く時には、「完全なアクティビティー」は分断され、それぞれが展開しはじめて、「不完全性」と「アクティビティー」が決定要因になると考えており、

人間にとって理想的な空間を実現するための建築計画と、個人にとって良い空間を実現するための考え方が、同じでは無くて、「完全」と「不完全」とむしろ真逆であることが面白いと考えていた。

秩序で言えば、「完全」が整っている状態で、「不完全」が乱れているか、無い状態。

人間にとって理想的な空間をつくるには秩序を整え、個人にとって良い空間をつくるには秩序を乱すか、秩序を無くす。

「人間」という言葉は、20世紀に生まれた、社会の中で人を位置付けするための言葉ときいたことがある。人が社会性を纏い、人間になるには整った秩序が必要というか。

その人に焦点を当てて、社会とは関係が無くなれば、整った秩序より、秩序が整っていない方が、乱れていた方が、無い方が良いはずか。ただ、乱れていようが、無かろうが、秩序を扱っていることになるので、その時点で社会性を纏っていることになる。

現代を生きる以上、やはり、社会とは無縁で生きることは不可能なので、秩序が乱れている、無い位でちょうど良いのかもしれない。

最近「混沌」という言葉が気になっている。「混沌」とは秩序が無い状態だと思ってしまうが、そうでは無くて、「秩序が無い」と言った時点で、先程も出たが、秩序を扱っていることに、秩序がある状態が元となってしまうので、それは違う。

秩序が生まれる前の、まだ何だかわからない、でもそこに何かある状態が「混沌」らしい。「混沌」に何か可能性を感じ、「混沌」を自分なりに紐解ければ、その人個人にとって良い空間をつくる術の一端を見つけることができるかもしれないと今考えている。

854FBA2E-5086-4294-A1F4-F1AC7B4D015D.jpeg

"Chaos and Chaos"

When you step into a personal area of ​​human who told you such as "Following a mood", "It will be made of feeling itself", "Open personal space", etc., "complete activity" has been divided and each developed Initially, I believe that "incompleteness" and "activity" will be determinants,

It is interesting that it is not the same as the architectural plan to realize an ideal space for human beings and the idea for realizing a good space for individuals, rather than "complete" and "incomplete" I was thinking.

Speaking in order, in a state where "complete" is in place, "incomplete" is disturbed or not.

In order to create an ideal space for human beings, arrange the order, disturb the order to make good space for individuals, eliminate order.

The word "human" is something I've heard about words to position people in society, born in the 20th century. Is it necessary for a person to socialize in society and have a well-ordered order to become a human being?

Focusing on that person, if relationship with society disappears, it would be better for people who were not disordered, more disordered than ordered, more disordered. However, as it will be dealing with order, whether disordered or not, it means that society is wearing at that time.

As it is impossible to live without society, it is impossible to live in modern times, so the order may be disordered, perhaps in no place.

Recently the word "chaos" is anxious. I think that "chaos" is a state without order, but it is not so, at the time when I said "There is no order", although it came out a while ago, in dealing with the order, there is an order Because it becomes the original, it is different.

I do not know yet what the condition before the order is born, but there seems to be something in there that is "chaotic". I feel that if you feel something in "chaos" and understand "chaos" for themselves, you may be able to find a part of the technique to create a good space for that person.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2019年01月22日

ある標準的な人間が完璧に立ち振る舞いができる空間は完全な秩序を備えているだろう。その秩序が建築計画である。完璧に秩序が整っているから、安全性や機能性などが担保される。

安全性や機能性は当たり前のこととして、ただ本当に秩序が完璧に整っているのが良いのかどうか。

「気分に追従する」や「感触そのもので成り立つ」や「オープンなパーソナルスペース」などと言った人間の個人的な領域に踏み込んで行く時には、その完璧に整った状態の秩序が邪魔になる。

秩序を整えていく方が簡単だ。それができるかどうかは別として、目標が立てやすいし、秩序という規範を絶対にして、経験値で押し切れるからだ。

秩序を整える行為以外のことをしようとすると、面倒なことになることが多い。

その面倒なことを丹念に拾い集めて経験者に立ち向かうことを若い頃はやっていたが、それでは説得力が無い。

秩序が無い状態が良いのだと掲げて人間の個人的な領域に踏み込んで行くことでしか、秩序が整っている状態を上回る術はないだろう。

7AA4FB4E-7768-46C8-B8E6-B7619391D356.jpeg

"Order is key"

The space where a standard human being can perfectly behave will have a complete order. That order is a building plan. Since perfect order is in place, safety and functionality etc are guaranteed.

Safety and functionality are commonplace, just whether it is good that the order is truly perfect.

When stepping into the personal area of ​​a human who said "Following a mood" or "It will be made of feeling itself" or "Open personal space" etc, the perfectly ordered state becomes an obstacle.

It is easier to keep order. Apart from whether it can be done, it is easier to set goals and absolute standards of order, it will be overwhelmed by experience value.

Trying to do things other than arranging order is often troublesome.

It was a young age to collect the troublesome carefully and to face experienced people, but that is not convincing.

There is no way to surpass the state where the order is in place only by stepping into the personal area of ​​human being as a state that there is no order is good.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2019年01月21日

最近ずっと集合住宅の計画を考えている。集合住宅は建築計画学を生かすお手本のようなビルディングタイプで、ある標準的な人間が完璧に立ち振る舞いができる空間を目指す。集合住宅では効率的で完全な計画性が要求されるので、建築計画を学ぶ時の教材としてもとても良く、だからか、一級建築士の設計製図試験の課題としても定期的に出題される。

建築のビルディングタイプはまず、住宅か非住宅に分かれる。この分け方は別の見方をすると、人にとってプライベート空間かパブリック空間か。集合住宅はもちろんプライベート空間に入るが、非住宅のビルディングタイプの方が種類は多い。オフィスビルや美術館・博物館、病院などなど。

ただ、建築数はたぶん住宅の方が多いだろう。東京の都心部の超高層ビルの上階から見渡したりすると、一面に低層の住宅がビッシリと地面に張り付いているように見えて、ちょっと気持ちが悪くなるくらいに異様に見える。

住宅は人のプライベート、日常の空間を担うビルディングタイプとして、不特定多数の人を相手にする訳では無いからか、建築計画としての決まり事は案外少ない。非住宅の方が不特定多数の人を相手にするので安全性などから決まり事が多いが、集合住宅は非住宅では無いが、特定の多数が積層して住み、それがプライベートの空間で、赤ん坊から老人までが日常的に長時間滞在する可能性があるビルディングタイプなので、非住宅と同じ位か、それ以上に建築計画としての決まり事が多い。

誤解を恐れずに言えば、世の中に存在するほとんどの集合住宅が建築計画としての決まり事と法規を満たすことで成り立っている。それで、あとは事業性を考慮して最大ボリュームを効率的につくり出せば良い。違って見えるのは外壁の仕上げが違うだけ。

それを「気分に追従する」や「感触そのもので成り立つ」や「オープンなパーソナルスペース」などと言った人間の個人的な領域に踏み込んで計画している。

CC3DBA13-9BB5-48AB-91AC-5437960EA19A.jpeg

"Beyond the Building Plan"

I have been thinking about planning multi-family houses all along recently. Apartment houses are a building type like model to make use of architectural planning studies, aiming at a space where a standard person can stand perfectly. Since efficient and complete planning is required in multi-family houses, it is also very good as a teaching material when learning the building plan, so it is also quizzed regularly as a task of a first-class architect's design and drafting test.

The building type of the building is divided into houses or non-housing first. In another way of looking at this way of dividing, is private space or public space for people? Apartment houses, of course, enter private space, but non-residential building types are more common. Office buildings, museums, museums, hospitals, etc.

However, the number of buildings probably is more for houses. Looking down from the upper floor of the skyscraper in the center of Tokyo, it seems that low-rise residential buildings are sticking to the ground and on one side, it looks odd to the extent that it feels a little uncomfortable.

It is unexpected that the plan as a building plan is unexpected because houses are not intended to be an unspecified number of people as a building type that is responsible for human private and everyday space. There are many decisions from non-residential counterparts to unspecified large numbers of people, but apartment houses are not non-residential, but a certain number of them live and live, and that is a private space, Since there is a possibility that babies and old people can stay for a long time on a daily basis, there are many decisions as building plans as much as or more than non-housing.

Without being afraid of misunderstanding, most aggregate houses existing in the world are made up of satisfying rules and regulations as a building plan. So, afterwards you can create maximum volumes efficiently in consideration of business. It only looks different the finish of the outer wall is different.

I am planning to step into a personal area of ​​human being who said it "follows the mood", "it is made of the feeling itself" and "an open personal space" etc.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2019年01月20日

「不完全」とは、足りなかったり、ムラがあったり、均一でなかったり、余白があったり、ズレていたり、乱れていたり、まとまりがなかったり、崩れていたり、隙間があったり、遊びがあったり、真円でなかったり、完全な状態が秩序が整っている状態ならば、秩序が無い状態が不完全な状態。

「見立て」は、形から連想をしていき、見る人がいて、はじめて成り立つ。故に、見立てとしてつくられたもの、それ自体は常に不完全。

磯崎新の「見立ての手法」より、見立ては永遠に連想を繰り返す、それをどこかの瞬間で止めるために、焼き付けるために「好み」、日本庭園に「利休好み」や「遠州好み」などがあるとのこと。

日本庭園、例えば、龍安寺の石庭は、それ自体は不完全であり、眺める場所として方丈があり、そこから眺める人がいて、はじめて完全と成す。ものだけで言えば、石庭と方丈は一対である。だから、龍安寺の石庭は廊下からでは無くて、方丈から眺めるの本来の見方であり、方丈から眺めないと意図された石庭の本来の姿は見えない。何度も龍安寺の石庭には訪れたが、未だに見えていない。

見立てを手法とすると、その不完全性故に、自由に連想が繰り返され、連想が正しいか正しくないか、質が高いか低いか、など関係無しに、どうにでもデザインされたものとして見えてしまう。それが「見立て」の特徴で、見る側に解釈の自由があり、連想の自由がある。だから、良くも悪くも見る側の技量次第で成立するのだが、あくまでも作者の主体性を確保したいから「好み」が必要なのだろう。

ただ、主体性を言い出したら「見立て」を手法とする意味が半減するような気がする。

「見立て」は、連想させる不完全性が魅力であり、連想された先にあるものが見る人によって違う、その時々で違うことが「見立て」の良さであり、その方が表現の幅が広がるだろう。

違う見方をすれば、「見立て」が基点となって様々な連想による解釈がなされる訳だから、その時点で「見立て」を仕掛ける側に主体性があることにもなるので、主体性など意識せずに、主体性などから離れたところで「見立て」を見てみたい。

だから、日本庭園には魅力を感じないのかもしれない。

AD32F15C-B17C-46B6-AA5D-8FA6C9045824.jpeg

"Impossible as imperfect"

"Imperfect" means that there are missing, uneven, uneven, marginless, misaligned, disturbed, unbalanced, collapsed, gaps, play If there is not, it is not a perfect circle, or the complete state is in a well-ordered state, the state with no order is incomplete.

"Association" is association from the shape, there is a viewer, it will be established for the first time. Therefore, what was made as a perspective, itself is always incomplete.

From Isozaki 's "new way of thinking", the definition repeats association forever, in order to stop it at some moment, "preference" to burn, "Rikyu favorite" in Japan garden and " It is said that there is.

Japanese gardens, for example the rock garden of Ryoanji, are themselves incomplete, there is a hill as a place to look at, there is someone who can see from there, and it will be complete for the first time. In terms of things alone, the rock garden and Hodogyo are a pair. So, the rock garden at Ryoanji is not the corridor, it is the original view from which you can watch from Honjo, you can not see the original appearance of the stone garden that was intended if you do not watch from the direction. Although I visited the rock garden of Ryoanji many times, I still can not see it.

If it is a method of thinking, because of its imperfection, association is freely repeated and it seems as if it were designed anything, regardless of whether the association is right or wrong, whether the quality is high or low, etc. . It is a feature of "look", the viewer has freedom of interpretation, and there is freedom of association. So, it depends on the skill of the viewer whether it is good or bad, but since we want to secure the autonomy of the author to the last, "preference" is necessary.

However, when I say the subjectivity, I feel that the meaning of "approach" as a method is halved.

The "imposition" is incomplete association, attraction is different, it depends on who sees what is associated, the difference being different from time to time is the merit of "looking", that is broadening the range of expression right.

As a different way of thinking, interpretation is made based on "association" as a base point, so at that point it is also the subjectivity of the "placement" side, so consciousness such as identity I would like to see "distinction" away from the subjectivity and so on.

Therefore, it may not be attractive to the Japanese garden.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2019年01月19日

気分に追従する建築、感触そのもので成り立つ建築、そして、オープンなパーソナルスペース、これらを実現するためにはどうするかと考えた時に、今までの思考の軌跡を振り返ると、根の部分は同じなのか、何故かいずれも不完全性とアクティビティーに辿り着く。

不完全性がアクティビティーを生み出すのか、アクティビティーがあるから不完全性がわかるのか、どちらが先か、卵が先か、ニワトリが先か、と同じような状態で、お互い補完関係にある。

建築計画の考え方は、ある標準的な人間が完璧に立ち振る舞いができる空間を目指す。言わば、アクティビティーの完全さを目指すこと。だから、アクティビティーは完全であることが理想であり、そこに補完関係などそもそも無く、1つの「完全なアクティビティー」であるだけ。

ところが、「気分に追従する」や「感触そのもので成り立つ」や「オープンなパーソナルスペース」などと言った人間の個人的な領域に踏み込んで行く時には、「完全なアクティビティー」は分断され、それぞれが展開しはじめて、「不完全性」と「アクティビティー」が決定要因になる。

人間にとって理想的な空間を実現するための建築計画と、個人にとって良い空間を実現するための考え方が、同じでは無くて、「完全」と「不完全」とむしろ真逆であることが面白い。

85CF1E80-5F4C-401B-B3FF-626F51BB4ED8.jpeg

6D760090-9E2E-4CA7-8344-022642D547A1.jpeg

"Complete and incomplete"

When looking back on the trajectory of thinking so far when looking at what to do in order to realize these, the architecture that follows the mood, the architecture made up of the feeling itself, and the open personal space, the root part is the same, Why do they all come to imperfections and activities.

There is a complementary relationship between each other, in the same way as incompleteness creates activities, whether there is activity or incompleteness, which is the first, eggs first, chicken ahead.

The idea of ​​building plan aims at a space where a standard human being can perfectly behave. To the extent, aim for activity integrity. So it is ideal that the activity is perfect, there is no complementary relationship there, and there is only one "complete activity" in the first place.

However, when stepping into the personal area of ​​human beings such as "Following the mood", "Built with the feeling itself", "Open personal space", etc., the "complete activity" is divided and each Beginning, "incompleteness" and "activity" become the determinants.

It is interesting that the building plan to realize an ideal space for human beings and the way of thinking to realize a good space for individuals are not the same, but rather opposite to "complete" and "incomplete".


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2019年01月18日

アクティビティーがあって、差異がある、差異が浮き彫りになる。ここで、今までを振り返る。

不完全性がアクティビティーを生み出す。その不完全性は秩序を乱すことでつくり出す。その秩序は、敷地の文脈/コンテクストを読み取ることで探し出す。

気分に追従する建築は、人が思い描く空間と実際の空間との間に差異があり、その差異が余白として受け取られ、その余白が気分で様々に解釈できる部分となり、その時の気分とともに記憶を形成する。

だから、差異がアクティビティーを生み出している。

差異がある状態は、言わば、不完全な状態、だから、アクティビティーを生み出す。

感触そのもので成り立つ建築は、見立てを手法とし、見立てには不完全性が常に伴う。

その見立ての不完全性が見る側に実際に触れるのと同じ位の想像力を起こさせるのかもしれないし、もしかしたら、見立ての方がより深くそのもののことを、感触を知ろうとするようになるのかもしれない。

だから、見立てがアクティビティーを生み出している。

これを異なる用途を併設した集合住宅の計画に当てはめると、集合住宅という完全な形式があり、その形式を、実体として、概念として、敷地の文脈/コンテクストからの道や空の秩序の不完全性や、感触からの見立てによる不完全性を使い、乱し、崩し、そこに異なる用途が入ってくることにより、集合住宅の形式を完全なものにしようとする心の動きが生じ、接点の無い異なるアクティビティーが発生し、パーソナルスペースがその接点の無い異なるアクティビティー同士の間にオープンな状態で形成でき、そのオープンな状態が敷地周辺によい雰囲気を醸し出すようになればいい。

気分、感触、オープンなパーソナルスペース、と異なることを建築に持ち込もうとした、今までの軌跡を振り返ると、不完全性とアクティビティーにいずれも行き着く。そこに秩序が絡んでくるか。

6AD05199-5630-42E0-90BB-437718D168AD.jpeg

"Imperfections and Activities"

There are activities, there are differences, the differences are highlighted. Here, I look back to the past.

Imperfection creates activities. The imperfections are created by disturbing the order. The order is found by reading the context / context of the site.

In the architecture that follows the mood, there is a difference between the space envisioned by a person and the actual space, the difference is received as a margin, the margin becomes a part that can be interpreted variously by the mood, forming a memory with the mood at that time .

So, the difference creates the activity.

A state with a difference is, so to speak, an incomplete state, so it creates an activity.

Buildings that consist of feeling themselves have a method of looking at, and imperfections always accompany each other.

Perhaps imperfections in its appearance may cause imagination as much as it actually touches the viewer, and perhaps the perspective will more deeply try to find out about itself It might be.

That's why the creation is creating an activity.

When this is applied to the plan of multi-family housing with different uses, there is a complete form called collective housing, and as its concept, as a concept, as concept, the imperfections of the context of the site / context from the context and the sky And using the incompleteness from the feel of touch, disturbing and breaking up, different applications entering there, the movements of the mind to make the form of the apartment complex complete, there is no point of contact Different activities occur and personal space can be formed open between different activities with no contacts, so that the open state can create a good atmosphere around the site.

Looking back on the past trajectory which tried to bring things different from mood, feel, open personal space, to architecture, both arrive at imperfection and activity. Order comes about there.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2019年01月17日

意図的につくり出す差異の特徴は、一見ではわからない位のことで、不自然には見えない。ただ、よく観察すると不自然というか、あまり有り得ない差異だったりする。

気分に追従する建築は、人が思い描く空間と実際の空間との間に差異があり、その差異が余白として受け取られ、その余白が気分で様々に解釈できる部分となり、その時の気分とともに記憶を形成する。

だから、意図的に差異をつくり出すことができれば良いが、差異ならば何でも良い訳では無い。

その判断基準は、もしかしたら、人のアクティビティーと関係があるのかもしれない。

先に出した差異の例、窓の高さや部屋のつながり方も、人のアクティビティーが当然絡む。それは人が使う空間なのだから当たり前のように思うかもしれないが、もし人のアクティビティーと関係が無い差異であるならば、それは単なる、良ければデザイン、例えば、デ・コンストラクションの建築、悪ければいい加減なものである。人のアクティビティーと関係が無ければ、それは単に表層的なものや形だけをいじっただけのものに過ぎず、人が差異とは読み取れないだろう。

人は動く中で、連続的に風景が変わっていく空間の中で、その差異を感じ取る。

だから、差異を意図的につくり出すための前提条件として、下地として、人のアクティビティーが必要。そのアクティビティーがあってはじめて差異が浮き彫りにされるのだから。

B3CF351E-B25A-45A3-87A2-74BD37269344.jpeg

"There is activity and there is a difference"

Characteristics of deliberately created differences are about to be understood at a glance, not looking unnatural. However, if you observe frequently, it is unnatural, or it is not much difference.

In the architecture that follows the mood, there is a difference between the space envisioned by a person and the actual space, the difference is received as a margin, the margin becomes a part that can be interpreted variously by the mood, forming a memory with the mood at that time .

So it is only necessary to deliberately create a difference, but nothing is good if it differs.

The criterion may be related to human activities, perhaps.

Examples of the differences that we issued earlier, the height of the windows and the way the rooms are connected, the activities of people naturally involve. If it is a difference that does not relate to a human activity, it is merely a good design, for example, a construction of de Construction, a sloppy if it is bad . If it has nothing to do with the activity of a person, it is merely a thing that only touches superficial things and shapes, people will not be able to read as a difference.

People are moving, and feel the difference in the space where the landscape changes continuously.

Therefore, as a prerequisite for intentionally creating the difference, human activity is necessary as a base. The difference is highlighted for the first time with that activity.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2019年01月16日

差異が記憶になる、と言えば、子供の頃、夏休みに母方の田舎へ行くと、夕暮れの西日が差し込む部屋があり、その差し込み方が普段住んでいた家とは何か違っており、その部屋のことが、その時の切なさみたいな気分とともに、大好きな場所にいると夕暮れは楽しいことの終わりを象徴するものだから、今でも妙に記憶に残っている。

今は無いその部屋は、別に特別変わっていた訳でもなく、一見普通なのだが、ただ普段住んでいた家の部屋とは何かが違い、その差異を明確に言うこともできないが、夏休みのその田舎の情景を思い出す時には必ずその部屋が出てくる。

その部屋は夕暮れの西日が差し込む時間に、切ない気分に合わせるかのように、違って見えた。

その時の気分を受け止める何か、余白みたいなものがあったのだろう。もしその部屋が無かったら、夏休みの思い出の記憶も全然違うものになっていたはずだ。

このことをもっと意図的につくり出せないか。記憶になる差異をもっと明確に理解しながらつくり出せないか。

この夕暮れの西日の差し込む部屋の窓の高さは、今から思えば、低い。肘掛け窓だが、室内から見ても、屋外から見ても低い。そう、この部屋は後から増築したのかもしれない。そう言えば、その部屋と他の部分とのつながり方がちょっとおかしい。今となっては確かめる術は無いが、その家の中で、その部屋だけが廊下のどん詰まりにあった。もしかすると、昔は物入れか納戸だったところを広げて部屋にした可能性が高い。

そうたがら、その部屋と他の部分とのつながり方が差異だった。普段住んでいた家には無かった。

何かその差異を子供ながらに感じとり、その部屋自体は普通であるにもかかわらず、何か特別な場所に仕立て上げたのかもしれない。もちろん、夕暮れの西日があってのことだが。

気分に追従する建築は、丹念に紐解けをしないとわからないくらいの差異が必要なのかもしれない。

ただ、その差異を余白と捉えて、そこにその時の気分が入り込む余地があるということだが、差異ならば何でも良いという訳では無いような気がする。

BF49045B-ECF6-408C-BE3C-A92CD409B0D0.jpeg

"Make a difference intentionally"

Speaking of differences becoming memorable, when I was a child, when I go to the maternal countryside during the summer vacation, there is a room where the sunset at dusk is inserted, the way of inserting it is different from the house I usually live in, When the room is in a favorite place with the mood like that at that time it is symbolic of the end of fun at dusk, so even now it is strangely remembered.

The room that is not present is not a special change at all, but it seems normal at first glance, but something is different from the room of the house that I usually live in, but I can not say clearly the difference, but that during summer vacation When I recall the scenes of the country, that room certainly comes out.

The room looked different like the dusk of the evening sunny day, as if it fits a pleasant mood.

I guess there was something like a margin to catch the mood at that time. If that room did not exist, memories of memories of summer vacation would have been completely different.

Can you make this more intentionally? Can you make it while understanding the difference that becomes memorized more clearly?

The height of the windows of the rooms of the dusk of the evening in the western sun is low from now. Although it is an armrest window, it is low even when looking from the inside or from the outside. Yes, this room may have been expanded afterwards. By the way, how to connect the room and other parts is somewhat strange. There is no technique to confirm now, but in that house only that room was clogged in the hallway. Possibly, there is a high possibility that it used to be a room spreading out the place where it was a storey or a store in the past.

That being so, the connection between the room and the other part was a difference. I did not live in the house I usually lived in.

I felt something like that while I was a kid, and the room itself may have been tailored to something special, even though it is normal. Of course, there was a sunset in the evening.

The architecture that follows the mood may need a difference that you do not understand unless you carefully understand it.

However, although I think that difference is a margin, there is room for mood of that time to enter there, but it seems that there is no reason why anything is not good.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2019年01月15日

気分に追従する建築は、人が思い描く空間と実際の空間との間に差異があり、その差異が余白として受け取られ、その余白が気分で様々に解釈できる部分となるもの。

その差異は、見てすぐにはわからないかもしれないが、よく観察するとわかるくらいなもの、あるいは空間全体に及ぶものだと、全てを見渡すことができずに、部分だけを見たら、差異に気がつかないことであったりして、だから、一見して不自然ではなく、普通にどこにでもありそうなこと。

今まで見たり、つくってきた建築の中で、差異に当たることを思い返してみると、

窓の高さが何か低い、一見して最初は気がつかなかったが、でも何かが違って感じて。この場合だけではなくて、窓の高さは空間デザイン上とても大事な要素で、窓は太陽の光を取り入れたり、外の風を取り入れたりするためにあるが、人が室内から外を見るためにもあるから、窓の高さが人の背の高さを暗に示すことにもなる。

だから、その空間をどう見せたいか、どう感じさせたいかと考える時に、窓の位置や大きさも重要だが、窓の高さが一番重要で、空間をヒューマンスケールにしたい時は窓の高さをクライアントの背の高さより少し、ほんの数センチ低くしたり、狭い部屋だが空間を広々と感じさせたい時は窓の高さを高くしたり、窓自体を大きくできない場合は上の方に配置したりする。

その窓が、不自然に低くはないが、でも低い、それもその高さを測ると普段自分が設計の中では絶対に使わない数値だった。そこの壁にその大きさの窓が存在すること自体は普通にあり得ることだが、窓の高さが普通に思い描く高さと実際とで差異があり、妙にそこが気になる、たぶん、その家で生活すると、その窓の高さが記憶に残りそうな気がした、それもその時々の感情や気分と紐付けられて。

3EC8BEF5-AA6F-4517-8997-ED6FD0B58F3E.jpeg

"Differences are memorized"

A building that follows the mood has a difference between the space envisaged by a person and the actual space, and the difference is received as a margin, and the margin becomes a part that can be interpreted variously in a mood.

The difference may not be understood immediately, but if you look at only the part, you will not notice the difference if you can not look at everything if you observe well if you observe well, or it spans the entire space There is no thing, so it is not unnatural at first glance, it is likely to be anywhere in the usual way.

Looking back on the fact that it hits the difference in the architecture that I have ever seen or made,

The height of the window was somewhat low, at first glance I did not notice, but something feels wrong. Not only in this case, the height of the window is a very important element in the space design, the window is for taking in the sunlight and taking in the outside wind, but for a person to see the outside from the room Also, the height of the window implies the height of the person's back.

So when you consider how you want to show the space and how you want it to be, the position and size of the window are also important, but the height of the window is the most important, and when you want to make space a human scale, It is a little less than the height of the client's back, when it is a small room, but when you want to make the space feel spacious, you can raise the height of the window or place it on the upper side if you can not enlarge the window itself .

The window is not unnaturally low but it is low, but it is a value that you never normally use in your designs when you measure its height. The fact that there is a window of that size on the wall there can be as usual, but there is a difference between the actual height and the actual height of the height of the window, it is strangely worrisome about it, maybe When I lived at home, I felt that the height of the window seemed to be in memory, that was also tied to the emotions and moods of the times.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2019年01月14日

余白のある状態、茶室の床の間であったり、仏様のお顔であったり、それは何も無い状態ではなく、そこに確固としたものが有りながら、手を加えることができたり、こちらの都合でいかようにも解釈できる状態で、汎用性が高いのか、曖昧なのか、中庸なのか。

気分に追従する建築ならば、仏様のお顔のように、こちらの気分でいかようにも解釈できる空間をつくりたい。

仏様が例えば、大日如来ならば、どういうお顔かは決まっているが、作者によって少しずつ違っているはずで、顔の輪郭に膨らみがあるとか、目が細いとか、顔の角度も違うかもしれない。そのような差異が積み重なって、こちらの気分次第でいかようにも解釈できるお顔になっているのかもしれない。

それは、標準的な大日如来のお顔があるとしたら、その標準的なお顔より何かちょっと、不自然まではいかないが、微妙に違っていたり、ズレていたり、間延びしていたりして、人が思い描く大日如来のお顔とは、それも人それぞれ違うかもしれないが、何か違うように思えるから、その差異の部分が気分によって、笑って見えたり、怒って見えたり、悲しんで見えたり、いかようにも解釈できる所になるのかもしれない。

その差異のつくりは作者自身に委ねられている所であり、その差異が余白なのだろう。

ならば、気分に追従する建築は、人が思い描く空間と実際の空間との間に差異をつくり出し、その差異のつくり方次第というか、その差異をデザインすることで実現可能になるのではないか。

87109DD0-AB4D-4B85-8A4A-DE01958BC303.jpeg

"Design the difference"

There is a margin condition, between the floor of the tea room and the face of the Buddha, it is not a state without anything, there is a certain thing there, while you can add a hand, this convenience In a way that can be interpreted in such a way, whether versatility is high, ambiguous or moderate?

If you follow the mood, you want to create a space where you can interpret how you feel like this, like the face of the Buddha.

For example, if the Buddha is Dainichi Asa, it is decided what kind of face it is, but it is different by the author little by little, the outline of the face has a bulge, the eye is thin, the angle of the face is different It might be. Such differences may accumulate and it may be a face that can be interpreted in any way depending on this mood.

If there is a standard Dainichi Nagami's face, it is somewhat less unnatural than its standard face, but it is slightly different, slippery, stretched, It may seem that something is different from the face of the Dainichi Nyorai who the person envisions is, but since it seems like something different, the part of the difference seems to be laughing, depending on the mood, it looks angry, sadly It might be a place where you can see it or interpret it in the same way.

The difference is left to the author himself, and the difference is the margin.

Then, the architecture that follows the mood may be made feasible by creating a difference between the space envisaged by the person and the actual space, depending on how to make the difference, or by designing the difference .


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2019年01月13日

言葉とは不思議な力を持っているもので、

「気分が建築を変えさせる」としていた時には、イメージが全くと言ってよい程膨らまなかったのに

「気分に追従する建築」と言い換えた途端に、イメージが頭の中をクルクルと回りはじめた。

その時の気分によって、同じ風景でも、切なく見えたり、華やかに見えたりすれば良い。そうすると、やはり、動かない茶室か、その茶室のからっぽの空間だから設えによっていくらでもコロコロ変わるのか。

もしかしたら、からっぽと言うより余白があるから、そこに自分の気分が入る込む余地があるから、同じ風景でも気分によって違って見えるのかもしれない。

ここまで考えて、ふと思い浮かんだ。京都や奈良へ行って神社仏閣を訪ねるのが好きで、前に人から聞いたことがあるからかもしれないけれど、そこにある動かない仏像の表情が、その時の感情によって、笑っていたり、怒っていたり、見える。特に、大日如来に、奈良の大仏や、京都の東寺の金堂の大日如来などはそう見える。

ちなみに、今日聞いた話で、日本の三大大仏は、奈良と鎌倉と、ここまでは誰でも知っていますよね、もう一つは、高岡の大仏らしいです。富山県の高岡、今度輪島に行く時に途中下車して見に行こうかな。

それは、その大仏に喜怒哀楽の区別が無い表情だから、見る側の都合でどのようにでも見える。だけど、その大仏は秀作であり、決してクオリティの低いものでは無い。

ここを解明すると、もうしかしたら「気分に追従する建築」が実現できるかもしれない予感を今日やっと得た。

A9C4D098-C005-4B47-97AD-0176E3D80033.jpeg

"I finally got a feeling"

Words and words have strange power,

When I was saying "Feeling to change the architecture", the image did not inflate enough to say that it was totally

As soon as paraphrasing the phrase "architecture to follow the mood", the image began circling in the head around her head.

Depending on the mood at that time, even in the same landscape, you can see it look painful or look gorgeous. Then, after all, because it is an empty space in the tea room that does not move, how much will it change depending on the setting?

Perhaps there is more room than empty, so there is room to get in there for yourself, so even the same landscape may seem different depending on your mood.

Thinking so far, I misunderstood. I like going to Kyoto and Nara to visit shrines and temples, maybe because I've heard from someone before, but the expression of the Buddha statue that is not moving is smiling or getting angry due to the emotions at that time You can see it. Especially in Dainichi Nyoro, the Great Buddha of Nara and Dainichigiri in Higashiji Temple in Kyoto seem to be seen.

Incidentally, by the way I heard today, the three biggest Buddhas in Japan, Nara and Kamakura, everyone knows so far, the other is the Big Buddha of Takaoka. Takaoka in Toyama Prefecture, I will go to see it when I go to Wajima this time.

Because it is a facial expression that there is no distinction between emotions and emotions in the Big Buddha, it can be seen anything at the convenience of the viewer. However, the Big Buddha is a good work, it is by no means a low quality one.

When I clarified this, I got a feeling that I could finally realize "a building that follows the mood" only now, I got a premonition today.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2019年01月12日

建築が気分をコロコロ変えさせるのはあるだろう。

「あるだろう」というのは、建築を主体的に考えた場合、設計者も建築家も建築に携わる全ての人は建築を主体的に扱い、建築を中心にして考えるので、当然、「建築が〜させる」という思考になるので、建築が人の気分を変化させるキッカケになるにはと考えるので。

だから、気分を変化させるために、いろいろな仕掛けやシークエンスなどという歩きながら見える風景が連続的に変わるなどの演出を考えたりする。

だから、建築が気分を変えさせる、となる。

あくまでも建築が主体で、それは建築が持つ存在感の強さとは無関係、強固な建築だろうと、弱い建築だろうと、建築が気分を変えさせる。

建築を主体的に扱うのは、建築に携わる全ての人にとっては当たり前のことだから、主体的で無いと自分たちの職能が成り立たないから、それで良いと思うが、建築の主体性の成り立ち方みたいなものは、まだまだ考える余地があるのではないか。

もっと建築が受け身の状態でも、むしろ、気分によってコロコロ変わる建築、気分が建築を変えさせる、となった方が建築自体が持つ存在感や社会性がより柔軟になり、より建築が持っている人に何らかの影響を与える能力を発揮できるようになるのではないか。

荘子は言う「受け身こそ最高の主体性」と、受け身だけれども、建築が主体の状況に変わりは無い。

受け身とは没個性では無く、むしろ個性的であるから受け身になることができる、個性があり、特徴があるから、流されること無く、受け身でいられる。

だから、コロコロ変わる気分に対して建築はどう対応するのか、これは動かない、動けない建築にとっては最高に難しいことかもしれない、気分が建築を変えさせるにはどうするか。

「気分に追従する建築」言い換えるとこうなるか。

追従という状況には可能性を感じるが。

4B3EA5F1-C3B9-44BB-9520-09E3D3373B71.jpeg

"Following architecture"

There will be something that makes architecture change the mood.

"There will be" is that when there is a subjective thinking of architecture, as both designers and architects deal with architecture as a subject, everyone involved in architecture will focus on architecture and, of course, Because it is thought that "let's do ~", because it thinks that the architecture is to make people feel better.

So, in order to change the mood, I think about the production such as changing the landscape visible while walking such as various tricks and sequences.

So, the architecture will change the mood, and will be.

It is mainly building, it is independent of the strength of the existence of the building, whether strong construction or weak architecture makes the building change its mood.

Since it is natural for everyone involved in construction to treat the building as subjective, it seems that it is good to have their own functions if it is not subjective, but it seems to be how the building of the building is established There is room for thinking still more things.

Even in the more passive state of construction, rather the building that changes depending on the mood and the mood that makes mood change the building makes the presence and social nature of the building more flexible, more people who have the architecture It will be able to demonstrate the ability to exert some influence on it.

Although Rosoko says "Passive is the best individuality", although it is passive, there is no change in the situation where building is the subject.

Passive is not deceiving personality, rather it is individuality, so it can become passive, there is personality and features, so you can be passive without being shed.

So, how does architecture respond to the mood changing, it may be the most difficult for an immovable architecture that does not move, how do you feel to change the architecture?

"Building that follows the mood" In other words, it becomes like this.

I feel the possibility in the situation of following up.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2019年01月11日

建築は気分の変化を受け止めてくれる存在なのか。あまりにも強固で融通がきかないから、コロコロ変わる、ある意味軽薄な気分なんてものを相手にもしてくれない。

どっしりと構えて、私の色はあなたの気分くらいでは変わりませんよ、って感じ。見ようによっては感じわるい。

最近、ずっと気になっていることが、画像を見ただけで、これ誰の作品がわかることが、その人の作風が確立されていて認知されていることだから、スタイルがあることだから、それは良いことだと暗黙のうちに了解になっているのは、それを外から眺めている人の、ギャラリーの、オーディエンスの、ほとんどの人がそうだが、その作品を理解した、だから良い、ということでしか無く、そこに曖昧なことが入り込む余地も無く、窮屈で息がつまりそうになり、せっかく素晴らしい作品なのに、何かそれは損をしているように思う。

せめて、その日の気分で変わるくらいの曖昧さを持ち込みたいのだが、やはり、その作品性が頑な過ぎて、どうなのか。

ただ、そもそも気分の変化を持ち込めるのか。気分の変化にどう対応して欲しいのか。建築ならでは対応の仕方があるか。こちらの気分の変化にリニアに対応してくれるのか、それとも、その変化を何でも包み込むように受け止めてくれるのか。建築は動かないし、動けないから、何でも包み込むように受け止めるしかないか。

ならば、建築は強固な作品性があった方が気分の変化に対応しやすいのか。

6E30E54B-BB9B-42C9-B69F-6B9EF13DC282.jpeg

"Is architecture too strong?"

Is architecture that accepts the change of mood? Because it is too strong and inflexible, it does not make any sense of frivolity that changes the corner.

I have a solid massage, my color does not change with your mood. I feel bad by seeing it.

Recently, what I have been watching for a long time is that it is a style that there is a stylistic existence because that person's style is established and that it is only knowing the image of who this is interested, It is implicitly understandable that it is a good thing that most people of the audience of the gallery, who are looking at it from the outside, understand the work, so that it is good There is no room for ambiguous things to enter there, it is cramped and my breath seems to be like that and it is such a wonderful work that I think that it is losing something.

At the very least, I'd like to bring ambiguity that will change with the mood of the day, but again, how is that work's stubborn and how is it?

But can you bring in changes in the first place? How do you want us to respond to changes in mood? Is there a way of responding unique to architecture? Does it correspond linearly to changes in my mood, or will you accept any changes in that change? As the building does not move and can not move, can you accept as if you wrap everything?

Then, is it easier for architects to respond to changes in mood if there was strong workability?


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2019年01月08日

感触そのもので成り立つ建築をつくるには、見立てを手法とすればよい。

見立てという手法が不完全性を備えているから、見る側が自身で補おうとする心の動きが生じ、そのものに触れてもいないのに、感触まで意識してしまう。まさにこれはアクティビティーが発生することでもある。

また、敷地の文脈/コンテクストの読み取りから、道を完全な秩序を持った存在とみなし、その道をからっぽな空間として扱うことにより、見立てと同様に、そこに不完全性を見出し取り入れ、

その場所の空の広さを天空率として表し、それを道と同様に、完全な秩序を持った存在とみなし、空の広さ、すなわち天空率は去就するが、建築は前とは異なるという秩序の完全性を欠落させることにより不完全性をつくる。

これらの道や空の秩序の不完全性が、見立てと同様に、アクティビティーを発生させる要因になる。

これを異なる用途を併設した集合住宅の計画に当てはめると、集合住宅という完全な形式があり、その形式を、実体として、概念として、敷地の文脈/コンテクストからの道や空の秩序の不完全性や、感触からの見立てによる不完全性を使い、乱し、崩し、そこに異なる用途が入ってくることにより、集合住宅の形式を完全なものにしようとする心の動きが生じ、接点の無い異なるアクティビティーが発生し、パーソナルスペースがその接点の無い異なるアクティビティー同士の間にオープンな状態で形成でき、そのオープンな状態が敷地周辺によい雰囲気を醸し出すようになればいい。

これが今回の集合住宅計画の考え方の骨子になるだろう。目指す所は、集まって住むから、はじめて可能になるパーソナルスペースをつくること。この骨子を素にして肉づけをしていく。

1AFF29C3-EB6E-4F6C-857B-501909818684.jpeg

"Outline of multi-family housing project"

To create a building that consists of feeling itself, you can use a method of approach.

Since the method of viewing has imperfections, the viewer side is trying to supplement itself with the movement of the mind, and even though it does not touch itself, he is conscious of the feeling. This is precisely the fact that the activity occurs.

Also, by reading the context / context of the premises, considering the road as a completely ordered entity and treating that road as an empty space, we find imperfections there as well,

The sky size of the place is expressed as a sky factor and it is regarded as a perfectly ordered existence like a road, the size of the sky, that is, the sky factor is removed, but the architecture is different from the previous Creating imperfections by lacking order integrity.

The incompleteness of these roads and the sky order becomes a factor that generates the activity as well as the observation.

When this is applied to the plan of a multi-family housing with different uses, there is a complete form called a multi-family house, and as a concept, as a concept, as a concept, imperfections of the context of the site / context from the context and the sky And using the incompleteness from the feel of touch, disturbing, breaking down, different applications entering there, movements of the mind to make the form of the apartment complex complete, there is no point of contact Different activities occur and personal space can be formed open between different activities without contacts, so that the open state can create a good atmosphere around the site.

This will be the main point of the way of thinking of this multi-family housing plan. The aim is to collect and live, so make a personal space that will be possible for the first time. I will flesh out this skeleton.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2019年01月07日

見立てという構造が、触れないのに見た目で感触まで意識する状態を意図的につくり出しているのかもしれない。

見立てはそのモノ自体では完結しないで、見る側が自分の中で想いを巡らせ補うことによって成立するもので、だから見る側によって受け取り方も様々になる可能性があるし、受け取り方をコントロールすることもできない。故に、見立てには不完全性が常に伴う。

その見立ての不完全性が見る側に実際に触れるのと同じ位の想像力を起こさせるのかもしれないし、もしかしたら、見立ての方がより深くそのもののことを、感触を知ろうとするようになるのかもしれない。

だから、見立ての方が、そのものを直に見るより、より深く感触までわかるということか。

見立ては意図的であるから、見ようによっては人為による不自然さがあるが、それがかえって、自然の佇まいを炙り出し、自然を想起させる。

見立てを用いずに、自然の佇まいをつくり出そうとしても、人為である以上、それを超えて自然そのものになることは無い。

むしろ、人為として、より自然を想起してもらう手法として見立てがあり、それが茶室の中の一輪の花であり、露地の苔である。

茶道のお茶会は、亭主と客の共同作業ときくが、まさにそのための手法が見立てなのだろう。

4033DA9D-793F-402A-881F-4C7D06E6180A.jpeg

"Feel of architecture vol.6"

It may be that the structure of looking out intentionally creates a state that is conscious of the appearance and feeling though it does not touch.

The viewpoint is not completed by the thing itself, it is established by supplementing the viewer's side with the thought in the inside, so there are possibilities that the viewing side can be variously received depending on the viewer side, and also controlling the receiving way Can not. Therefore, incompleteness always accompanies the view.

The imperfections of that appearance may cause the same imagination as to actually touch the viewer, and perhaps the viewer would like to know more about itself, its feel It might be.

Therefore, rather than looking at itself directly, you can understand the feel more deeply.

Since the way of thinking is intentional, there are unnaturalness due to artificial, depending on what you see, but it rather burns out the appearance of nature and recalls nature.

Even if it is tried to create a natural appearance without using a viewpoint, as it is artificial, beyond that it will never become natural itself.

Rather, as a human being, there is a view as a method of recalling more nature, which is a flower in a tearoom and a moss of open field.

The tea ceremony in the tea ceremony will make it easier for the host and guests to collaborate, but what exactly is a method for that is probably.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2019年01月06日

触れないのに見た目で感触まで意識する状態を意図的につくり出すには、どうするのか。

茶室に向かう露地の苔はなぜ、見た目でふわふわの感触まで意識するのだろうか、茶室の中で見る花はなぜ、花弁の感触まで意識してしまうのか。いずれも、意図的につくり出している。

感触まで意識してしまう構造というか、メカニズムがわからないと意図的にはつくり出せない。

苔の感触を意識してしまうのは、苔が大事に育てられていて、その苔に価値があり、絶対に触ってはいけない、踏んではいけないと思っているから、逆に踏んでしまった時はどうなるのだろうと、やわらかくて、ふわふわしていそうだから、苔が足型にへこむかな、などと想像してしまう。

花弁も愛でるもので、触れないから、また、茶室という非日常の空間の中にいると、花以外にも、そこにあるもの、差し込む光さえも畳に当たった所の感触というか、質感みたいなものを意識してしまう。閉ざされた空間の中で限定的に設えられたモノたちが自然としてクローズアップされてくる。それはきっと茶室が、岡倉天心が「茶の本」で言う所の、からっぽの空間で、一期一会のための設えをするための存在だからか。

それとも、茶道が、茶室が、そのような感触まで意識することだと刷り込まれているからか、あるいは、それが日本の美意識の一端のようなことをどこかで自身で思っているからか。

ただ、苔にしろ、花にしろ、いずれも人が意図的につくり出した、自然の見立てである。

見立てという構造が、触れないのに見た目で感触まで意識する状態を意図的につくり出しているとしたら、それはとても面白い、がどうだろうか。

C0A02AA8-C16F-4EEA-808E-0C987ED6EABA.jpeg

"Feel of architecture vol.5"

How to deliberately create a state that is to the point of being conscious of the feeling to the touch though not touching.

Why is the moss on the open ground heading for the tea room conscious of the appearance and fluffy feeling? Why are flowers seen in the tea room conscious of the feel of petals? Both are intentionally created.

I can not make it intentionally if I do not know the mechanism, whether it is a structure that consciously feels like a feeling.

It is conscious of the feel of moss that moss is raised carefully and that moss is worthy and you should never touch it, I think that you should not step on it, so when you step on the other way As it will be soft and fluffy what will happen, I imagine that moss will not sink into the foot type.

Because I love petal and it does not touch, Also, when I am in an unusual space like a tea room, besides flowers, the things that exist there, the feeling of the place I hit the tatami, even the light that I insert is like the texture It conscious of something. Things limitedly set in the closed space will be close up in nature. It is certainly because the tea room is an empty space where Okakura Tenshin says in the "tea book" because it is for existence to set aside for a long time.

Or is it because the tea ceremony is being imprinted that the tea room is conscious of such a feeling, or because it thinks somewhere of itself somewhat like a part of Japanese aesthetic sense?

However, both moss and flowers, both of which are intentionally created by human beings, is a natural way of thinking.

If it is intentionally created a structure that is conscious of a structure that is not touched but conscious of the feeling to the touch, it is very interesting, is not it?


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2019年01月05日

見た目の感触に既視感が無い状態とは、見た目の感触と実際に触った時の感触との間に違和感がある状態では無く、そのモノの過去の経験から推測する感触とは違うように見えることでも無いような気がする。

見た目の感触に既視感が無いことと、見た目に既視感が無いことは、同じか、違うのか。

見た目に既視感が無い状態は、例えば、一見するとコンクリート打放しのような壁に見えるが、そこにモルタルの薄塗りがかけてあり、よく見るとコンクリート打放しでは無いということ。

モルタルが仕上げの壁をあまり見ることが無いから、既視感が無いとなる訳だが、それはコンクリート打放しのように見えるから既視感が無いことにつながる。この場合、コンクリートとモルタルの感触に大した差は無いし、感触の違いまで範疇に入っていない。

感触とは、そのモノの性質によるから、見た目で受け取る情報の中に含まれていて、無意識にどのような感触かを判断しているはずだが、まずは見ることで、触れるかどうか定かでは無い状態では、感触が意識に上がって来ないのかもしれない。

だから、見た目の感触に既視感が無い状態は、感触が意識に上がって来ているので、その点で言えば、見た目に既視感が無い状態とは違うことになる。

では、触れないのに見た目で感触まで意識する状態とは、どのようなコトなのだろうか。

思い付いた例は、茶室に向かう露地の苔を見た時、ふわふわの感触を意識して、踏んではいけないと思う。また、茶室の中で見る花は、花弁の感触まで意識してしまう。いずれも触れてはいけないから、見た目で感触まで意識していることになる。

どうしてだろうか、非日常的な行為だからか、そもそも茶道がそのような感触までを意識するように設えてあるからか。

触れないのに見た目で感触まで意識する状態を意図的につくり出すことができれば、それに対して既視感が無いようにすれば良いのだが。

CDF85968-1575-4F37-BBF0-B3BCD7FA1157.jpeg

"Feel of architecture vol.4"

A state where there is no sense of visual impression on the appearance feeling is not a state in which there is a feeling of strangeness between the appearance feel and the feel at the time of actually touching, different from the feeling estimated from the past experience of the thing I feel that it is not even visible.

Is there a feeling of visual appearance in the appearance feeling is not the same as or difference in appearance is not the same as it looks?

For example, at first glance it looks like a wall like a concrete release, but a thin coating of mortar is put on it, and it is not concrete release as you look closely.

Since the mortar does not see much of the wall of the finish, it is a case that there is no sense of deja vu, but since it looks like a concrete release, it leads to lack of a sense of deceit. In this case, the feel of concrete and mortar is not much different, and it does not belong to the range of feel to the touch.

Since the feeling is based on the nature of the thing, it is included in the information received in the appearance, and it should be judged what kind of feeling unconsciously is, but first it is not clear whether to touch or not Then, the feel may not come up to consciousness.

So, in a state where there is no sense of visual impression on the appearance feeling, since the feeling has come up to consciousness, in that respect, it will be different from the state where there is no pre-existing sense of appearance.

So, what kind of condition is it that you are aware of your appearance and feel, without touching it?

When thinking of an example that I saw the moss on the open ground towards the tea room, I think that I should not be stepping on with the feeling of fluffy. Also, the flowers seen in the tea room conscious of the feel of petals. Since neither can be touched, it will be conscious of the appearance and the feeling.

Is it because of what it is, because it is an extraordinary act, or because the tea ceremony has been set up to be aware of such a feeling in the first place?

If it is possible to intentionally create a state that is conscious of the appearance and feel until it is not touched, it should be done so that there is no sense of deceit.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2019年01月04日

見た目の感触に既視感が無いモノをつくり出す。そうすると、人は確かめたくて触らずにいられないだろう。

また、既視感が無いということは、その人の中で完結していない不完全な状態か。

その不完全な状態がアクティビティーを生むのではないか。

では、見た目の感触に既視感が無いモノとは何があるのだろうか、どういう状態なのだろうか。

例えば、目の前にソファがある、明らかにソファの形、ソファの様子をしている。ソファだから革張りにしろ、布張りにしろ、体を包み込むようにやわらかい感触があるだろうと思うが、見た目が全て木できているように見えたら、それは何だ、と違和感を覚え、今度は木だから、固いはずだと思い、その固さを確かめたくて、座ろうとすると、やっぱりやわらかい、何、と違和感が増幅する、ソファが木に見える布張りだったということ。

実存として、ソファだから木でできていたら、ソファとしての用はなさない。しかし、ベンチシートであれば木でできていてもよいから、ソファの形をした木でできたベンチシートならば用をなすが、それはソファでは無くなる。

見た目の感触の既視感とは、今までの経験が元となったものだから、その既視感に違和感自体を起こすことは難しいことでは無い気がするが、どのように違和感を起こすかは重要で、違和感を起こすこと自体が目的になってしまうと、感触からは離れて、単なるトリックアートのようになる危険性がある。

2618A8D1-9B1E-418F-AF7D-87CD502D28C6.jpeg

"Feel of architecture vol.3"

Create a thing with no sense of vision in the appearance feel. Then people will not be able to keep touching themselves to see it.

Also, the fact that there is no sense of deja vu is an incomplete state that is not completed within that person.

Is not the incomplete state an activity?

Then, what is the condition that there is no sense of visual impression on the appearance feeling, what is the state?

For example, there is a sofa in front of my eyes, obviously the shape of the sofa, the state of the sofa. Because it is a sofa, leather or upholstered, I think there will be a soft feel like wrapping the body, but if it looks like everything looks like a tree, that is what it is, it is a sense of incongruity, so this time it is a tree I thought that it should be hard, when I wanted to sit down, I tried to check its firmness, after all it was soft, what made me feel uncomfortable, the sofa was upholstered by the tree.

As an existence, if it is made of wood because it is a sofa, it will not be used as a sofa. However, if it is a bench seat it can be made of wood, so if the bench seat made of a sofa shaped wooden bench sheet is used, it will not be a sofa.

Although the feeling of visual sense of the appearance feeling is based on the experience so far, it seems that it is not difficult to cause the sense of incompatibility in the sense of deja vu, but how to feel uncomfortable is If it is important and it makes sense to cause discomfort itself, there is a danger that it will be like a simple trick art, away from feel.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2019年01月03日

感触は人によって感じ方が違うこともあるだろうから、モノ自体が持つ感触だけではなく、人が介在するコトにより得られる感触もあるだろう。だから、感触を直に扱うことによって人のアクティビティーにも関与できることになる。

それが食器や家具などでは、もともと人が直に使い触れるモノであるので、そこには何か目的がありアクティビティーがあって使い触れる訳だから、特に意識しなくても、感触があるのが当たり前のことだが、建築ではそれが当たり前では無い。

食器や家具と同じように建築も人が使うモノで、そこにアクティビティーが発生はするが、食器や家具と違って直に触れる所は限られている。

建築の場合、感触は触れるのではなくて、見た目で判断するコトなのだ。

人は実際に何かモノに触れる前に、そのモノの感触を過去の経験から推測する。その推測と実際の感触が合っていれば、感触自体が印象に残ることは少ないだろうが、違っていると、感触そのものに注意が行き、そのある種の違和感がそのモノの印象まで左右する。よって、感触もデザインの要素として扱える。

だから、人のアクティビティーにも関与でき、デザインの要素として扱える感触を建築に取り入れたいのだが、というか、感触で成り立つ建築を構想してみたいのだが。

触れること無く、見た目で感触を扱い、それで成り立つ建築を構想するとなると、先程の経験値からの推測と実際の感触との違和感を利用するしかないか。それでも触れないとだめだが、逆に、見た目の感触に経験値からくる既視感が無ければ、人は触らずにはいられないのではないか。

推測と見た目の感触が一致していそうならば安心で安全、不一致していそうならば、今までに経験したことが無く、見たことも無いから不安で安全かどうかを確かめたくはならないか、そこでアクティビティーが発生するのでは。

だとしたら、実際に触れるかどうかは関係無く、感触をデザインの要素として扱えるかもしれない。

E1AC08EE-05E1-4174-B34A-DAF85CE25304.jpeg

"Feel of architecture vol.2"

Since feeling may be different depending on the person, there may be not only the feel of the thing itself but also the feeling obtained by the person intervening. Therefore, by directly treating the feel, it will be able to participate in human activities as well.

Since it is a thing that people can use directly in dishes and furniture in the dishes and furniture, there is something purposeful, there is activity and there is a touch to use, so it is natural that there is feeling without special consciousness As for that, in architecture it is not commonplace.

Like dishes and furniture, architecture is a thing that people use, and activities occur there, but places to touch directly unlike dishes and furniture are limited.

In the case of architecture, the feel is not touched, it is a judgment to judge by appearance.

Before a person actually touches something, he / she deduces from the past experience the feel of the item. If the guess is in agreement with the actual feeling, it is unlikely that the feeling itself will remain in the impression, but if it is wrong, attention is paid to the feeling itself, and that kind of sense of incompatibility also affects the impression of the thing . Therefore, the touch can also be treated as an element of design.

Therefore, although I would like to incorporate the feeling that can be involved in human activities and can be treated as elements of design into architecture, I would like to conceive a building that is made up of a feel.

If we treat the appearance and feel as if it is not touched, and plan to build with that, we only have to use the feeling of incompatibility between the speculation from the previous experiential value and the actual feeling. Even so, it is useless to touch them, but on the contrary, if there is no sense of dementia coming from the experience value in the appearance feeling, people can not stop being touched.

If it seems that the feelings of inference and appearance seem to be consistent, if you feel secure, safe, unmatched, you have never experienced before and you have not seen it, so you do not want to check whether it is anxious and safe, So the activity will occur.

If so, regardless of whether it actually touches or not, perhaps the feel may be treated as an element of design.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2019年01月02日

建築に感触みたいなものを取り込みたいとしたら、どうするか。感触とは字の如く「触って感じる」こと。

「触る」とは、まず「手で触れる」ことだとしたら、建築に「手で触れる」機会は建具だけか、キッチンや便器や電気のスイッチなどの設備機器もあるが、それらは除いて、建築本体に手で触れる機会は、例えば、ドアのドアノブとか、建具ぐらいだろう。

「足で触れる」ということであれば床しかない。床も素足で歩いたり、スリッパを履かないで靴下でいると、手よりもいろいろと感じる。かたい、やわらかい、つめたい、あたたかい、ふわふわする、傾いている、などなど。

前にシナベニヤを床の仕上げに使ったことがあり、クライアントは普段の生活でスリッパを履かないので、訪ねて行った時に、そのやわらかい感触に驚いたことがある。工事中は汚さないために養生シートを敷いていたし、完成後もクライアントに引き渡すまでは綺麗なスリッパで歩いていたので気がつかなかった。

そう考えると、普段の生活の中で建築に触れる機会は案外少なかったりする。家具や食器などの方が日常生活の中では触れる機会が多いだろう。

だから、家具や食器などは直に感触を味わうことになるし、それがつくる方にとってはデザインの主題になることもあるし、使う側、選ぶ側は「この箸、持った時の感触がいいの」などと言ったりして、感触が決め手になったりもする。

しかし、やはり触れる機会が少ないからか「この建築、感触がいいの」などという言葉はあまり聴いたことが無い。

我々は勉強のために建築を見学したりする時などは、設計者がたぶんここにチカラを入れていそうな所を見つけると、例えば、階段の手すりなどを、わざわざ念入りに触ったりするけれど、普段の生活の中では特別意識でもしない限り、触ったりしないだろう、階段の手すりくらいは無意識に握ったりするかもしれないが、感触までは意識していない人が多いのでは。

では設計する側は、全く感触のことなど考えていないかと言うと、そのようなことは無い。

「この部屋の壁は、ちょっとザラついた感じの壁にしたいな」など普通に考える。ザラついた感じは、まさに感触だが、触れて本当にザラついているかどうかでは無くて、見た目でザラついた感じ、光があまり反射しないで落ち着いた感じにしたいな、ということを実現したいのだ。

言葉やイメージでは感触を言っているのに、扱っているのは見た目なのである。

建築の場合は、案外これが多い。

触れることが少ないから、見た目でどのような感触を想起させることができるかを設計しているのだ。

見た目の仕上げとそこから想起される感触に違和感が無ければ、わざわざ触ることも無いし、そこで違和感を出すことも設計の内で、そうデザインすることは可能だが、そのワザとらしさみたいなものがいやらしい時もある。

家具が触れるものならば、建築を家具化するという考えもある。その一番簡単なことが造り付けの収納であったり、テーブルであったり、ベンチシートだったりする。建築を家具化すれば、直接建築に触れる機会も増えるので、感触を直に考える機会が多くなる。

ただそれらは、見た目であったり、家具化であったり、何らかの結果で感触があるに過ぎないので、感触自体が建築を決めることにならない。そうでは無くて、感触そのもので成り立つ建築はできないものかと考えているのだ。

916E2738-D536-46FC-B2C6-968786665515.jpeg

"Feel of architecture vol.1"

What would you do if you wanted to capture what you feel like buildings? Feeling is "touching and feeling" like a letter.

"Touching" means that if you first touch it with your hands, there are opportunities for building "touching by hands" only with fittings, equipment such as kitchens, toilet bowls and electric switches, but excluding them, The opportunity to touch the building itself with hands would be, for example, the door knob of the door or the fittings.

There is only the floor if it says "touch by feet". When walking on the bare feet on the floor, wearing socks without wearing slippers, I feel more than hands. Firm, soft, cold, warm, fluffy, leaning, etc.

Before I used the sinavena for the finish of the floor, the client does not wear slippers in my normal life, so when I visited, I was surprised by the soft feel. While under construction I was laying curing sheets to keep it from getting dirty and I did not notice it because I was walking with beautiful slippers until delivery to client even after completion.

If you think so, the opportunity to touch architecture in my normal life is unexpectedly low. There are many opportunities for furniture and tableware to be touched in everyday life.

So, furniture and tableware will taste directly, and for those who make it, it may be the subject of design, and the side to use and the side to choose are "This chopsticks, the feeling when holding it And saying that 's feeling is also decisive.

However, I have never heard the word "This architecture, feeling is nice" because I have less opportunity to touch.

When we visit the architecture for studying, if we find the place where the designer probably is going to put the power here probably, for example, they carefully touch the railings of the stairs etc, I would not touch it unless special consciousness in my life, may unconsciously grasp the railings of the stairs, but there are many people not conscious of the feeling.

In the designer, if you say that you do not think about the feeling at all, there is no such thing.

I think as usual, "I want the wall of this room to be a wall that feels a little rough." The touch feeling is exactly the touch, but I'd like to realize that I do not care whether it really touches me by touching it, I feel rough with the appearance, I want to feel calm without reflecting much light.

Words and images tell the feel, but what we are dealing with is apparent.

In the case of architecture, this is surprisingly large.

Since I do not touch much, I am designing what kind of feeling can be remembered with the appearance.

If there is no sense of incongruity in appearance finish and the feeling recalled from there, there is no way to touch it and it is possible to design so that it gives a sense of incompatibility in the design, so it is possible to design so There are times when it is nasty.

If the furniture is touchable, there is also the idea of ​​building furniture. The easiest thing to do is build-in storage, tables, bench sheets. As buildings are furnitureed, opportunities to contact construction directly increase, so there are many opportunities to think directly at the feel.

However, since they are just looks, furniture, and there is only a feeling with some result, the feeling itself does not determine the building. It is not so, I think that it can not be constructed with the feeling itself.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2019年01月01日

道と空の秩序を敷地の文脈/コンテクストとして扱い、取り込む。

道と空はどこでもある。そこに一般性と特殊性の両方の秩序を見出し、取り込むことができ、それが良好な住環境やまだ見ぬ新たな建築を生み出すきっかけになるならば、それは良いことだろう。

さしたる特徴も無い住宅街である。ただ、今のところ、建築の規模は案外バラバラ、敷地は細分化され、売買しやすい大きさに段々と変わってきているが、それでも結構マチマチ。昔からの建築と新しい建売の建築群が混在して、見渡す風景に何かその地域特有の意匠がある訳でも無い。むしろ、新しい建売の建築群の統一感ある意匠が、はじめは浮いていたが、見慣れてくると、緑も豊富で、その地域の混在した雰囲気をうまく調整しているようにも見えてくるから不思議だ。

この状況で敷地の文脈/コンテクストとして何かを見つけるのは相当難易度が高いような気がする。どこにでもあるような住宅街でもあるので、このような状況になることは常だが、いつも悩ましい。

道と空以外に、空を扱うことで建築の規模を扱うことになるので、住宅街での規模の相対性はその時に、全体の意匠や事業計画と合わせて考えるとして、今の段階で何か見落としていないか、コンテクストとして考えることができる可能性があるものを全て検討する。

8802D265-3A2D-4E79-9A33-3F6C6E74CAC3.jpeg

"Context of site / context reading vol.5"

We treat and incorporate the order of the road and sky as the context / context of the site.

The way and the sky are everywhere. It would be a good idea if we could find and incorporate both the generality and the special order there, which will trigger a good living environment and a new architecture that is not yet seen.

It is a residential area with no signature features. However, as of now, the size of the building is unexpectedly disjointed, the premises are subdivided and gradually changing to a size that makes it easy to buy and sell, but it is still quite satisfactory. There is a mixture of old building and building of new building, and there is not anything specific to that area in the landscape you see. Rather, the unified design of the newly built buildings floats at the beginning, but as you get used to, you will find plenty of greenery that seems to be adjusting well the mixed atmosphere of the area It's strange.

In this situation it seems to be quite difficult to find something as the context / context of the site. Because it is also a residential area where you can find it anywhere, this is always the case, but it is always annoying.

Apart from the road and the sky, we will deal with the size of the building by dealing with the sky, so at the time the relative size of the scale in the residential area will be considered together with the overall design and business plan at the present stage Do not overlook or consider anything that might be considered as a context.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2018年12月31日

道をコンテクストとして扱うならば、ひとまずこれで十分として、他のコンテクストを探してみる。

道のコンテクストをさらに計画に落としていく時には、これではまだまだ不十分だが、道というコンテクストだけで成り立つほど単純なことではないと思うので、とりあえず、この程度で他を探さないと、うまくバランスが取れないような気がする。

道はどこの敷地でも切っても切れない存在なので、それを扱うことは、規模にもよるが、どこの敷地でも成り立つ一般性を獲得できる点で良いかもしれない。

道という一般性を帯びたコンテクストを取り込んだので、できれば、この敷地特有の特殊性を帯びたコンテクストを次に扱いたいのだが、それが、何か批判性みたいなものも同時に帯びると良いような気がするが。

空は特殊性を帯びたコンテクストになり得るか。空が広く感じる、それは相対的に前面道路が広いから、そして、今、平屋だから。

そうか、天空率だ。天空率はそもそも空の見える割合。空が広く感じるならば、現況の天空率を、空が広く感じる場所での天空率を、去就すれば良い。その天空率はその敷地特有の、固有の、特殊性を帯びたコンテクストと言えるのではないか。

天空率、すなわち、空の見える割合は同じだけれども、当然次に違う建築ができる訳で、元々の空の見え方が広く感じて良いということは、それを完全な秩序とみなして、そこから、天空率は同じで、ただ建築が違うとなると、秩序を乱すことになるから、そこで不完全性が成り立つ。

天空率を斜線制限の緩和処置として使うだけでなく、空がより広く見えるならば環境はよくなるだろう、本来斜線制限も空を塞がないためとも考えられるから、天空率を敷地周辺の現状の環境の物差しとして使い、それを敷地周辺の秩序とし、それに対して次どうするか、と考えれば、それまでの敷地周辺の環境と関連性ができ、法的規制が決起となるボリューム形成とは違う、現状の環境との連続性、関連性が生まれ、新たな建築による現状の環境を悪化させるような違和感が少しでも無くなる方向に行くのではないだろうか、それが天空率によれば、経済性や事業収益性も担保でき両立できる結果にはならないだろうか。

D8B1378A-ABEE-43FB-AA36-80078CD2BD99.jpeg

"Context of site / context reading vol.4"

If you treat the road as a context, for now it seems enough, try looking for other contexts.

When dropping the context of the road further into the plan, this is still insufficient yet, but I think that it is not as simple as to be made with only the context of the road, so for now, if you do not look for others with this level, you will be well balanced I do not feel like it.

Since the road is incomparable at any site, handling it may be good in terms of being able to acquire the generality established at any site, depending on the scale.

Since we took in the context with the generality of roads, we would like to treat the context with the peculiarity peculiar to this site next if possible, but it seems like it should take something like criticism at the same time I feel that.

Can the sky be a specialized context? The sky feels wide, because it's relatively wide front road, and now it's a flat shop.

I see, it is the sky ratio. The sky percentage is the proportion that looks sky in the first place. If the sky feels wide, you can leave the sky rate at the place where the sky feels widely, with the sky rate of the present condition. It can be said that the sky factor is a unique, unique, context specific to the site.

The sky ratio, that is, the percentage of the sky that looks the same is the same, but of course it is possible to create a different building next, so that the way the original sky looks widely can be considered as a perfect order, from there , The sky ratio is the same, but if the construction is different, we will disturb the order, so incompleteness will be established there.

In addition to using the sky percentage as a relief procedure for diagonal limitation, the environment will be better if the sky looks wider, because it can be considered that the oblique line limit is not to block the sky as it is originally, Considering it as a measure of the environment, considering it as the order around the site, and thinking about what to do next, it is related to the environment around the premises so far, it is different from volume formation where the legal regulation is determined , The continuity and relevance with the current environment will be born and will not go unnoticed so that there will be no sense of incompatibility that will deteriorate the current environment due to new construction, according to the sky ratio, economic And business profitability can be guaranteed and it will result in being compatible.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2018年12月30日

道もそうだが、コンテクストとして取り込もうとした時、秩序に関しては、不完全性をつくる方法として2通りある。

ひとつは、秩序をそのまま取り込み、何か手を加えることができるという点での不完全性と、もうひとつは、完全な秩序として扱い、それを崩して乱して取り込み不完全性をつくる。

道をコンテクストと扱った場合は、どちらでも可能だが、道の道たる所以として、どこまでも続く連続性みたいなものは想起させたいので、道の秩序をそのまま取り込み、からっぽの空間として表現し、後で何か手を加えなくては、という不完全性にする。

道というコンテクストだけでは無いが、これで敷地とその周辺をつなぐことは最低限できそうなので、とりあえず、これはこのままにする。

道はからっぽの空間でも、敷地の外の公道である限り、何も手を出すことができないという点で完全だが、その道が敷地内に入って来た途端に、そのからっぽの空間に対して何かできるようになり、からっぽの空間が何も描かれていない真っ白なキャンバスのような不完全性を帯びるところが面白く、この考え方の気に入っているところで、また、このコンテクストの取り込み方は敷地の規模として、ある程度の大きさを必要とするだろうから、それも今回の計画にも合っている。

道というからっぽの空間が不完全性を帯び、そこに異なるアクティビティーが発生すれば、オープンなパーソナルスペースが可能になり、道というからっぽ空間がオープン性も担保してくれるので、そこに、道とパーソナルスペース、からっぽとオープン、という相互作用が生まれるところがまたいい気がする。

F5E1A098-4676-44FD-B1ED-D891A4C29678.jpeg

"Context of site / Context reading vol.3"

As with the road, when trying to incorporate it as a context, there are two ways to create imperfection with regard to order.

One is imperfections that take in order as it is and can add something, and the other as treating it as perfect order, disturbing it by disturbing it and creating incomplete incorporation.

Either way is possible when dealing with the context as a context, because we want to recall something like continuity that continues as far as the way of the way, take in the way of the way as it is, express it as an empty space, later I make imperfections without having to do something.

Not only the context of a road, but it seems that it is possible to connect the site and its surroundings to a minimum with this, so let's leave this as it is.

The road is perfect in that it can not handle anything as long as it is an empty space as long as it is a public road outside the premises, but as soon as that road entered the premises, Where it is possible to do something, where the empty space is not drawn anything but imperfectness like a pure white canvas is interesting, I like this way of thinking, and how to take in this context depends on the size of the site As it will require a certain size, it also fits this plan.

When the empty space of a road becomes incomplete and different activities occur there, an open personal space becomes possible and an empty space called a road guarantees the openness so there are roads and personal I feel that the place where the interaction of space, empty and open is born again.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2018年12月29日

道はからっぽの空間として、手をつけることができないという点で完全である。そして、そこにアクティビティーが存在する。

そもそも道はアクティビティーのためにある。人が歩き、車が通り、今いる場所とどこかをつなげてくれる。

そう考えると、道は交通空間として、そして、都市空間として、また情緒的なことを含む空間としても扱うことができるだろう。

道路は土木の分野だが、からっぽの空間として捉えれば建築行為の一部に十分に組み入れることができるはず。

だが、道はからっぽの空間で異なるアクティビティーが発生するが、建築行為を計画する側からは何も手を加えることができないという点で完全な存在とみなすことができる、完全な秩序を持った存在である。

だから、道をコンテクストとして扱うならば、その完全な秩序を崩し、乱し、不完全にして取り込めば良い。そうすることによって、敷地内に異なるアクティビティーを発生させる種になるかもしれない。

からっぽであり、何か手を加えることができる、それで不完全性を担保し、前面道路と同じ秩序、例えば、幅やレベル、隅切りなど、を持ち、前面道路と連続性がある道空間を敷地内につくることも、コンテクストを取り込むひとつの手であるかもしれない。

9B35FDD9-F24B-424E-BAAB-D87F89F0C7AA.jpeg

"Site context / context reading vol.2"

The road is complete in that it can not hold hands as an empty space. And, there are activities.

In the first place there is a way for the activity. People walk, cars connect with streets, where they are and somewhere.

If so, the road could be treated as a transportation space, as an urban space, and as a space containing emotional things.

Although the road is the field of civil engineering, it should be able to fully incorporate it into a part of building action if it is regarded as an empty space.

However, while the road generates different activities in the empty space, there is perfect order that can be regarded as complete existence in that it can not add anything from the planning side of the building action .

So, if you deal with the way as a context, you can destroy its complete order, disturb, incompletely capture it. By doing so, it may become a species that generates different activities in the premises.

It's empty and you can add something with it, so guarantee imperfections, and have the same order as the front road, such as width, level, corner cutting, etc., with a road space that is continuous with the front road Making it on the premises may be one way to capture the context.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2018年12月28日

道はコンテクストか。直接道を扱うのは気が引ける。

法規制も敷地のコンテクストならば、すでにボリュームチェックで道を直接的に扱っているから、ただ、道はまず永遠に道のままだろう、そこには惹かれる。

空地ということであれば、道も空地、子供の頃、空地がたくさんあり、勝手に入って遊び場としていたが、ある日突然に柵ができ入れなくてなり、子供ながらにそんなことは予測していて、ここがだめになったから、あっちの空地とか、今日はここで、ちょっと遠征してあそことか、流れのように転々とするのが遊びのセンスみたいなことだったから、ある日突然使えなくなっても何とも思わなかったが、常に空いていること、隙間、子供は隙間好きだから、が無性に惹かれた。

だから、道は延々と続く遊び場だった。あの道、この道、あそこの道と道の違いが遊びの違いだった、この遊びをするならば、この広さが無いと、車があまり来ない所でないと、あそこの道は疲れたら居心地のいい階段があるとか。

道をコンテクストと扱いたい。扱うとしたらどうするか、空か、空間か、坂道の方が角度があるから特長があるな、とか。

そもそも建築を行う敷地は道路に接していなければならない。これを改めて考えてみると面白いかもしれない。敷地単体では存在できないということ、必ず道路とセットになる、その道路には手をつけることができない。そして、その道路は延々と続き、常にからっぽの空間のままである。

道は上を塞いだら道でなくなるのか、道たる所以の逆がパーソナルスペースか。道の上を木の枝で塞いだだけで素敵な空間にはなるけれど。

7B3E2E87-3906-45D6-9508-B0FB5A868789.jpeg

"Way is attracted"

Is the road a context? It is not easy to handle direct roads.

If the regulation is also the context of the premises, we already deal directly with the road by volume check, so the road will remain forever for the first time, we will be attracted to it.

If it is an open space, the road was also open space, when I was a child, there were plenty of open spaces, and I decided to make it a playground without permission, but one day I suddenly did not have a fence, and while I am a kid I predicted such a thing So, as this place was useless, it was like a sense of play to topple like flowing over there a little expedition here and today, sometimes it is not possible to use it suddenly I also did not think anything, but I was always attracted because it is always vacant, gaps, children like gaps.

That's why the road was an endless playground. That road, the road, the difference between the road and the road there was a difference in play, if you play this, if there is not this area, if the car does not come so often, if the road over there is comfortable There are good stairs of the place.

I want to treat the road as a context. If it is dealt with, what to do, sky, space, on the slope are angles, so there are features, for example.

In the first place the site to be built must be in contact with the road. It may be fun to think about this again. It can not exist on the site alone, it will definitely become a set with the road, you can not put a hand on that road. And the road continues indefinitely, always being an empty space.

Will the road get out of the way after closing the top, or the reverse of the way is a personal space? Although it becomes a nice space just by closing the top of the way with branches of trees.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2018年12月27日

直接的にコンテクストを扱うことにはもちろん全く興味が無い。

例えば、古い街道沿い、宿場町に見られるような、縦格子の風景をそのままコンテクストとして、デザインに直接取り入れて、縦格子のファサードなんかはつくりたくない。

縦格子のピッチや密度、あと縦格子の隙間の空隙率とでも言うのか、隙間の見え方みたいなものを去就して、縦のラインでは無い連続性があるデザインのファサードを生み出そうと試みだろう。

ただ、こういうある意味特殊なコンテクストは珍しく、まず無い。住宅街の中で、マンションや戸建てが並ぶ風景にさしたる特長など無いのが多い。

少し木や緑などあれば、それを直接的に扱うのは、例えば、古い桜の木があるなどは、桜の季節に焦点を合わせて、コンテクスト見つけたとばかりに大きな開口部をそちらに向けるなどは短略すぎる。

もし桜の木が切られたら目も当てられない、設計者が浅はかすぎるが、そうしたくなる気持ちもわかるが、そうやりたくない。

目には直接に見えないコンテクストに気がつけと言い聞かせてながら、目が充血するくらい見開いて敷地を見渡すが、そう簡単にはコンテクストの存在に気がつかない。

ただ段々と、ここにしかない地理的条件というのもあるだろう、という地名がヒントの歴史に目を向けると、大昔は川で、今は広い道ということを思い出すと、空が他より大きく感じることに気がついた。

F61AF2E7-4F06-4E85-9185-7A51E930391E.jpeg

"Context of site / context reading vol.1"

Of course I am not interested in directly handling contexts.

For example, along the old road, taking the vertical grid landscape as it is in the post office town directly as design, I do not want to make vertical grid façade something.

We are trying to create a facade with a design with continuity that is not a vertical line, leaving behind the pitch and density of the vertical grid or the porosity of the gap between the vertical grids and the appearance of the gap .

However, such a certain meaning special context is unusual, first of all. In the residential area, there are not many features such as a lot of landscapes lined with condominiums and detached houses.

If you have a little trees and greenery, directly handling it, for example, if you have an old cherry tree, focusing on the season of cherry blossoms, focusing on the context and directing a large opening to that side as you find the context is short Too near.

If the cherry tree is cut, the designer is too shallow, but I understand the feeling that I want to do, but I do not want to do that.

While watching the context invisible to the eyes, while looking over the premises as if the eyes are congested, it is not so easy to notice the existence of the context.

However, when the place name that there will be only geographical conditions that are only here and there, it turns to the history of hints, when I remember that it is a river in the past and a wide road now, the sky feels larger than the others I noticed that.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2018年12月26日

茶道という完全な形式があるから、その形式の中で、茶室のからっぽの状態が不完全性を浮かび上がせて、その不完全性に対して、茶会の度に完全にしようとアクティビティーが発生する。

これを異なる用途を併設した集合住宅の計画に当てはめると、集合住宅という完全な形式があり、その形式の中で、実体として、概念として、欠けているから、不完全性が浮かび上がり、そこに異なる用途が入れば、完全にしようとして、接点の無い異なるアクティビティーが発生して、その接点が無い所にオープンなパーソナルスペースが形成でき、そのオープンさが敷地周辺に良い雰囲気を醸し出していくようになればいい。

完全な形式とは、秩序が完全に整っていること。不完全性とは、秩序が乱れていること。

その乱れ方が実体としてだけならば、単なるそういうデザインとなるから、そこに敷地周辺から抽出したコンテクストとしての秩序を乱したものを規範として集合住宅の形式を乱してやれば、実体としての不完全性に集合住宅の形式としての不完全性と敷地周辺のコンテクストとしての秩序の乱れによる不完全性という2つの概念としての不完全性も加味されるので、そうなってはじめて不完全性が人に認識され、アクティビティーが発生するのではないか。

不完全性をつくり出してアクティビティーを発生させることが目的でなければ、完全から乱して不完全性をつくるだけでなくて、不完全性をはじめからつくり出していくようなやり方、ブリコラージュもある。

敷地周辺の文脈/コンテクストの読み取りにも、読む側のセンスとか、どこまで読み取ることができるかという能力も必要で、できれば特殊なコンテクストよりも一般的なコンテクストを見つけ出して取り入れる方が、やり方としてどこの土地でも通用して汎用性が高いので、その方が良いと思うが、一般的なコンテクストを見つけ出して、さらに深く掘り下げて考えることは、特殊なコンテクストを扱うよりも読み取り側の知見などの能力が問われる。

22699F10-BF38-49BC-AF43-9ECC7A08B6CC.jpeg

"Handle disturbances of context"

Because there is a complete form of a tea ceremony, in that form, the empty state of the tea room emerges imperfections, and activity is generated to make it imperfect at every tea ceremony for its imperfection .

When this is applied to the plan of multi-family housing with different uses, there is a complete form called apartment house, and in that form, as an entity, as a concept, it is missing, incompleteness emerges If you use different applications, trying perfectly, different activities without contacts occurred, an open personal space can be formed where there is no point of contact, so that its openness creates a good atmosphere around the premises It is good.

The complete form means that the order is perfect. Imperfection is that the order is disturbed.

If that disturbance only serves as a substance, it is just such a design, so if you disturb the format of the apartment housing by disturbing the order as a context extracted from the area around the site, imperfectness as an entity Incompleteness as a form of apartment house and incompleteness due to disorder of order as a context around the site are also taken into consideration, so imperfections are recognized only by human beings for the first time It is not that activity will occur.

Unless it is the purpose of creating imperfections and generating activities, there is also a way to not only create imperfections from perfection to perfection but also create incompleteness from the beginning, bricolage.

In reading context / context around the premises, you also need the ability to read the sense of the reader, how far you can read it, and possibly if you find a more general context than a special context and adopt it as a way It seems that it is better because the general purpose is also valid in the land, but finding out the general context and thinking deeper into the deeper means that the ability of the reader's knowledge and so on is better than dealing with a special context To be questioned.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2018年12月25日

敷地の文脈/コンテクストとして、敷地周辺の秩序を取り出して考えたいとしたら、秩序とは何なのか?

周辺の建物の高さ、外壁の色、窓の位置、屋根の形、建物の向き、敷地の大きさ、建物の大きさ、混沌具合、玄関の位置、匂い、法規制など、目で見て確認できるものや五感で感じることなどか。

これらは長年、敷地周辺の地域で形成されてきた暗黙のコード、ルールみたいなものか。

これらのコンテクストと呼ばれる秩序の中から、不完全性をつくるために、実体としても、概念としても、必要なものを都合よく抽出してきて、組み合わせるのか、秩序を明示し、ただそれは、その敷地周辺の地域で完全に整っている秩序だと思われるものでないと。

まず完全なものがあり、それを崩すことで不完全性を得ようとするならば、その敷地周辺の地域で完全に整っている秩序を抽出しないといけない。

そうすれば、実体としての不完全性を獲得するのは容易にできそうな気がする。完全な秩序と対比して目で見てはっきりと不完全とわかるようにすれば良いのだから。

概念としての不完全性は、人が頭の中で想うこと、感じることだとして、それは、その敷地周辺の完全な秩序を頭の中でわかっていることが前提、暗黙知と言うべきものか、なので、誰もが認識している秩序を抽出しないと、これがこじつけで、わかりづらいとだめかもしれない、アクティビティーを生むことができないかもしれない。

いまひとつスッキリしないのは、まず完全なものがあり、それを崩すことで不完全性を得ることで、本当にアクティビティーが発生するかということ。

まず完全なものから入るのは、わかりやすくて、やりやすいのだが、不完全なものをはじめからつくり出していくことができるのではないか、その方がアクティビティーがより発生しやすいのではないか、と頭の片隅で思ってしまう。

B13D369B-E529-43F1-9F64-BEF75CE99DCD.jpeg

"Perfect Order"

If we wanted to consider the order around the site as the context / context of the site, what is order?

The height of the surrounding building, the color of the exterior wall, the position of the window, the shape of the roof, the direction of the building, the size of the site, the size of the building, the state of chaotic, the position of the entrance, the smell, regulations etc Do you know what you can check and feel with five senses?

These are like an implicit code or rule that has been formed in the area around the site for many years.

From the order called these contexts, in order to create incompleteness, as an entity as well as a concept, we conveniently extract what we need and combine, explicitly state the order, but that is only around the site I think that it seems to be an order that is perfectly arranged in the region of.

First of all, if there is perfect thing and trying to get imperfections by breaking it, we need to extract the order that is perfectly arranged in the area around the site.

Then, it seems easy to obtain incompleteness as entity. Because it is good to see clearly incomplete by visually contrasting with perfect order.

As incompleteness as a concept is what people think and feel in their minds, it is based on the premise that the complete order around the site is known in the mind, is it to say as tacit knowledge , So if you do not extract the order that everyone is aware of, this may be difficult to understand, it may not be easy to understand, it may not be able to produce an activity.

The thing that is not refreshing at first is that there is perfect thing first, and getting incompleteness by breaking it is really how the activity will occur.

It is easy to understand and easy to enter from the perfect one, but it seems that whether incomplete things can be created from the beginning, that the activity is more likely to occur, I think at one corner of my head.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2018年12月24日

そもそも不完全性はアクティビティーを発生させるため、異なる用途を挿入すれば、接点の無い異なるアクティビティーが発生して、オープンなパーソナルスペースができ、そのオープンさが寛容でゆるやかさを醸し出し、敷地周辺に何かよい雰囲気を与えるのが目的であり、そのよい雰囲気は自然の中では味わえない、都市の中だから味わえること。

ただオープンにするだけではパーソナルスペースにならず、人がいない寒々しい空間、ビルの足元の誰も座らないベンチ、のようになる。接点の無い異なるアクティビティーが発生してはじめて、オープンなパーソナルスペースとして成り立つ。

そして、それは集まって住むから可能になることではないか。

完全なもの、完全な形式は、言い換えれば、秩序が整っている状態で、その秩序を扱い、変え、秩序が崩れている状態になれば、不完全性を獲得できる。

例えば、対称の形は秩序が整っているが、非対称の形は秩序が崩れているとも言える。対称の形は完全だが、非対称の形は不完全とも言える。

それは、例えば、集合住宅で言えば、窓の高さが違う、住戸の高さがズレている、バルコニーが連続していないなどなど。

ただ、これは実体としての不完全性で、これだけでは単にそういうデザインです、そういう装飾です、で終わってしまい、アクティビティーは発生しないだろう。

その秩序が敷地周辺の秩序と関連性がないと、これは概念としての秩序、とも言うべきか、敷地周辺の秩序は、良く悪くも、そこでは完全と見なせるだろう。その秩序は知らずに形成された暗黙知かもしれないが、かえってそれが強度を持って迫ってくる。

新宿の繁華街しかり、郊外の分譲地しかり。

その完全な秩序に対して、相対的にズレた時、崩れた時、不完全性を獲得できるのではないか、それが概念としての不完全性。

実体として、概念として、両方の不完全性を獲得してはじめて、不完全性によるアクティビティーが発生するのではないか。

実体としての不完全性はわかりやすい。

では、概念としての不完全性の素となる、そもそもの敷地周辺の秩序とは、何であろうか。もちろん、それは文脈/コンテクストなのだが、どこを、何を、どのようにして、秩序とみなすのか、抽出するのか。

3F977DA8-62E7-4FFB-A026-0D2F3D8039D9.jpeg

"Imperfections in order"

In the first place incompleteness generates activities, so if you insert different applications, different activities without contacts will occur, an open personal space will be created, its openness will be tolerant and gentle, the surroundings The purpose is to give a good atmosphere, its good atmosphere can not be tasted in nature, it can be tasted because it is in the city.

Just opening it will not be a personal space, it will be like a cold space with no people, a bench without anyone sitting at the feet of the building. Only when different activities without contacts occur, it is established as an open personal space.

And it will not be possible as it gathers and lives.

In complete, complete form, in other words, in an orderly state, treating and changing that order, and becoming in a condition where the order is broken, we can acquire imperfections.

For example, symmetrical shapes are well-ordered, but asymmetric shapes are said to be disordered. The shape of symmetry is complete, but the shape of asymmetry is incomplete.

For example, in a multi-family housing, the height of the window is different, the height of the dwelling unit is misaligned, the balcony is not continuous, and so on.

However, this is an imperfection as an entity, and this alone is simply such a design, it is such an ornament, it will end with an activity, and no activity will occur.

If the order is not related to the order around the site, this should be said as a conceptual order, or the order around the site is bad, but it would be perfect there. That order may be tacit knowledge formed unknowingly, but rather it comes closer with strength.

Downtown of Shinjuku, suburban selling place.

It is imperfect as a concept, whether it can acquire incompleteness when it is displaced relative to its complete order, when it collapses.

As an entity, it is not until the concept of both imperfections is acquired that activities due to incompleteness may occur.

The imperfection as substance is easy to understand.

Then, what is the order around the site in the first place that becomes the source of incompleteness as a concept? Of course, it is a context / context, but do you extract where you think, what, how and how to treat it as order?


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2018年12月23日

今、集合住宅の計画を考えている。

接点の無い異なるアクティビティーを発生させることで、オープンなパーソナルスペースができないか、とずっと考えている。

岡倉天心は「茶の本」の中で「虚」を説いた。「虚」とは、何もない、からっぽの状態、そこに何かを入れる、起こすことでアクティビティーが発生する。

このからっぽの状態を不完全性と説いていた。
不完全であるからアクティビティーが発生する。

そして、茶室は「虚」であると、茶会の度にしつらえをする。からっぽであり、不完全だから、しつらえをすることができると。

ならば、不完全性をまとった集合住宅を計画できれば、アクティビティーを発生させることができることになる。異なるアクティビティーになるかどうかは不完全性のつくられ次第か。

茶室の不完全性は、茶道という完全な形式があってこと浮き彫りになるのではないか。茶道という完全な形式を茶会で実現するために、その時々で対応できるよいに、からっぽの茶室が必要なのだろう。

集合住宅も完全な形式が存在していると言ってもよいだろう。ならば、集合住宅という完全な形式の中から不完全性を生み出せばよい。

集合住宅という完全な形式がまずあって、それに不完全性をまとわせるから、人は完全な形式と比較して不完全だと思い、アクティビティーを生み出すのではないか。

そうであるならば、集合住宅という完全な塊がまずあって、それを不完全にしていく、戸数は減らさずに、規模は変えずに。

集合住宅という見慣れた完全な形式があり、敷地の文脈/コンテクストとは関係無しに、法的規制に準拠した最大ボリュームから考えたものをつくり、そこから敷地の文脈/コンテクストに合わせて、不完全なものに仕立てていく、崩していく。

人は見慣れているものが少し崩れている位が、全く痕跡なく崩れているより、不完全性を感じるのではないか。

集合住宅という完全な塊があり、それを敷地のコンテクストに沿って不完全にしていく、規模は変えずに。その時に敷地のコンテクストを都合よく使えば良い。

普通は逆で、敷地のコンテクストから集合住宅の計画が決まるが、集合住宅の規模から考えれば、敷地のコンテクストが直接形を決めることになる。その逆な加減が余計にアンバランスさ、不完全性を生むかもしれない。

前提条件は、規模を変えない、最大規模、それを敷地のコンテクストに沿って不完全にしていくのだから、どこでも可能で、かつ、敷地によって不完全さが違ってくる。それは敷地ごとで違うアクティビティーを誘発、発生させることになるし、それは敷地の文脈/コンテクストをきちんと生かした計画にもなる。

0E980C86-CA56-4E65-AFC5-D609DBF9A70E.jpeg

"Creating imperfections"

I am thinking about the plan of multi-family housing now.

By thinking about generating different activities without contact points, I think that I can not open an open personal space.

Okakura Tenshin preached "imaginary" in "tea book". "Imaginary" means nothing, an empty state, putting something there, causing an activity.

He was preaching this empty state as imperfection.
Activity occurs because it is incomplete.

And, tea room is "imaginary", it makes a tea ceremony every time tea ceremony. It's empty and incomplete so you can make it.

Then, if you can plan an apartment complex with incompleteness, you will be able to generate activities. Whether or not it will be different activities depends on imperfections.

Is not the imperfection of the tea room highlight that there is a complete form of tea ceremony? In order to realize the complete form of tea ceremony in a tea ceremony, it would be necessary to have an empty tea room to be able to respond from time to time.

It can be said that apartment houses also have a complete form. Then, you can create imperfections from the complete form of collective housing.

Since there is a complete form called apartment house and put together imperfections in it, we think that people are incomplete compared to the complete form and create activities.

If so, there is a complete chunk of collective housing, making it imperfect, do not change the size without reducing the number of houses.

There is a complete format that is familiar to apartment houses, regardless of the context / context of the premises, making what they thought from the maximum volume conforming to the legal regulation, from there based on the context / context of the site incomplete Tailor it to something, it will collapse.

People seem to feel imperfections rather than being crumbled at all with the trace that the familiar things are a little collapsed.

There is a complete chunk of collective housing, making it incomplete along the context of the site, without changing the scale. You can conveniently use the context of the site at that time.

Normally it is the opposite, the plan of the apartment house is decided from the context of the premises, but from the scale of the apartment building, the context of the site will decide the form directly. The opposite adjustment may unbalance extra, may cause incompleteness.

The prerequisite is that it does not change its scale, it is the largest scale, it makes it incomplete along the context of the premises, so it is possible anywhere and incompleteness differs depending on the premises. It will trigger and generate different activities for each site, which will also be a plan to make the best use of the context / context of the site.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2018年12月22日

電車同士のような接点の無い異なるアクティビティー自体を生み出すことは、建築にはできない。

建築自体は動けないから。

建築にできることは異なるアクティビティーを誘発させるだけ、建築に誘発された人々がアクティビティーを生み出す。

老子は「無」が運動の源だと説く。
それを岡倉天心は「茶の本」の中で「虚」という。

「無」だから「有」になるために運動が起こる。
「虚」とは、何もない、からっぽの状態、そこに何かを入れる、起こすというアクティビティーが発生する。

何もないのに運動が起こる訳がないと思ってしまうが、何もないから、そこに何かを満たすために運動がはじまる。

全てが満たされている状態を「有」という。
「有」だと飽和状態で動きが起きない。

「茶の本」の例えで、水差しはからっぽだから水を入れることができる、からっぽだから水差しとして役に立つ。からっぽの状態こそが水差しの本質だと。

このからっぽの状態を不完全性と説いていた。

不完全であるからアクティビティーが発生する。

不完全であるから、完全になろうとしてアクティビティーが発生するのか、あるいは、不完全であるが故にアクティビティーを誘発するのか。

建築は電車のように動くことで、アクティビティー自体を発生させることはできないので、この不完全であるから、アクティビティーを誘発して、発生させるという考え方がしっくりくる。

その不完全なさまが、敷地の文脈/コンテクストと関連し、複合用途を持ち込むことによって、接点の無い異なるアクティビティーを発生させることができ、その結果、パーソナルスペースをオープンにすることができる。

この図式でとりあえず、しっくり来るので、次に建築の不完全なさまとは何かを考えてみる。

不完全なさまといっても
実体として不完全に見えるのか、
概念として不完全をつくるのか、
ということになろうか。

たぶん、両方が必要なのだろう、と勘は働くが。

8C0C027A-945D-4CD7-8449-E6656FFF8795.jpeg

"Imperfection triggers activities"

It is impossible to build different activities themselves without contact points like trains.

Because the building itself can not move.

What you can do for construction triggers different activities, people induced by architecture create activities.

Lao prefers that "absence" is the source of exercise.
Okakura Tenshin is said to be "imaginary" in "the book of tea".

Movement occurs to become "yes" because "no".
"Imaginary" means that there is nothing, an empty state, an activity of putting something in it, causing it to happen.

I think that there is no reason for movement but there is nothing, but exercise starts to fill something there.

The state where all is satisfied is called "yes".
If "yes", no movement occurs in the saturated state.

In the "tea book" example, the jug is empty so you can put water in, so it's empty, so it serves as a jug. The empty state is the essence of a jug.

He was preaching this empty state as imperfection.

Activity occurs because it is incomplete.

Since it is incomplete, does the activity occur to become complete, or will it induce the activity because it is incomplete?

Buildings can not generate activities themselves by moving like a train, so this imperfection is triggered by the idea of ​​inducing and generating activities.

The incomplete matter can be associated with the context / context of the premises, bringing in composite applications, thereby generating different activities without contacts, so that personal spaces can be opened.

In this tutorial, I'm going to be right, so I will think about what is incomplete construction next.

Even if it is incomplete
Does it look incomplete as an entity?
Whether it is imperfect as a concept,
Shall I say that?

Perhaps, I will work, that both will be necessary.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2018年12月21日

ずっと、集まって住むことと、敷地の文脈/コンテクストと、アクティビティーと、秩序と、パーソナルスペースについて考えている。

ひとりでは無くて、家族だけでは無くて、シェアする訳でも無くて、ただ集まって住む、要するに、集合住宅が良いところや、その暮らしの方が楽しいと思えることや、事業者側のメリットではなくて、住む側からのメリットというべきことなのか、

それが敷地の文脈/コンテクストと関連して、そこでしかできない集住の仕方や、敷地の文脈のありようみたいなものが直接集住の仕方を決めてしまうようなことが起きて、

その時に自然発生的にアクティビティーが生まれ、そのアクティビティーに複雑さがあるから、

そのおかげでオープンなパーソナルスペースが容易にあちこちに形成され、

そのオープンな感じが、ゆるやかで、おおらかな秩序を建築に与え、

その建築があるおかげで、その周りが何となくいい雰囲気になる、

ようなことになるためには、

とここまで書いて、ひとつの建築が思い浮かんだ。
やはり、あの建築は名作だ。

221C8437-DAA9-48E1-8E07-9E39931F92CF.jpeg

"Architectural aiming aim aim vol.1"

I'm thinking about living and living together, the context / context of the site, activities, order and personal space.

It is not alone, it is not just a family, it is not a reason to share it, I just gather and live, in short, it is not a merit of the business side that things that collective houses are good and those who think that their living is fun Whether it is a merit from the living side,

As it relates to the context / context of the premises, what kind of collections can only be done there and things like what seems to be the context of the premises decide how to collect dwells,

At that time spontaneous activity is born and its activity is complex,

Thanks to that, an open personal space is easily formed here and there,

The open feeling gives the building a gentle and extraordinary order,

Thanks to its architecture, its surroundings become somewhat nice atmosphere,

In order to be like this,

And I wrote so far, one architecture came to mind.
After all, that architecture is a masterpiece.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2018年12月20日

多地域移動居住が可能になると、住宅の概念、定住という概念も変わるかもしれない。

たくさんの居場所ができる訳だから、選択肢が増えれば、定住する必要が無くなるし、いや、考え方によってはたくさんの定住場所ができるとも言える。

本宅と別荘という二地域居住は昔からあるが、もっと気軽に、たくさんの居場所で居住ができるイメージが多地域移動居住。

日本は南北に長く、四季がある気候だから、日本中にたくさんの居場所があった方がその所々で特徴ある暮らしができる。

少子化で市場が縮小しても、人の流動化でそれを補うことができる。多地域移動居住でお金を落とす所を増やすのも少子化対策のひとつ。

その時に家はどうなるのだろうか?まず必要か?30年以上のローンを組むのか?

家には物としての側面もあり、宝飾品や車や洋服、小物のように、所有する喜びというのもあるから、無くなることは無いと思うが、移動しやすくするために、物は少なくなるだろう、そもそも生活用品は買わないで全てレンタルとか、そうなると、輸送の形態も変わるかもしれない。人の移動と物資の輸送が別である必要も無く、ひとつになれば、新しい業態ができるかもしれない。

暮らしが変われば、それに比例して、変わらない暮らしが炙りだされる。それは、日本の伝統的なものだったり、昔からある季節の節目の行事であったり、今はないがしろにされ、すたれそうになっていることに再び焦点があたるかもしれない。

日本人は農耕民族で、欧米人のように狩猟民族では無いから、多地域移動居住は性に合わないかもしれないが、現代では日本中どこへ行くにでも日帰りができるくらいの移動時間で済むので、それほど移動に負担がかからないから、日本を1つの自分の土地だと考えることもできる。

むしろ、現代を生きる人には、その短時間で済む移動手段を生かした暮らしは性に合うはず。自動車の自動運転が可能になる時代なれば尚更、移動の負担が減るので。

もし多地域移動居住が可能になった時、住宅や建築はどうなるのだろうか。20世紀のモータリゼーションがもたらした暮らしの変化以上のことが起これば、住宅や建築も影響を受けざるを得ないだろうから。

2D9551AA-6B29-4D21-8703-87391A1546EC.jpeg

"The mobilization of people changes their lives"

Multilateral movement When residence becomes possible, the concept of housing, concept of settlement may change.

Because there are plenty of places to go, as options increase, you do not have to settle down, or no, depending on your way of thinking, you can say that there are plenty of settlement places.

There are two areas of residence, home and cottage, long time ago, but the image that allows people to live in plenty of whereabouts is easily accommodated in multiple areas.

Because Japan is long in the north and south and has a climate with four seasons, people who have lots of places in Japan can live distinctive lives in that place.

Even if the market shrinks due to the declining birthrate, it can compensate for it by mobilizing people. It is also one of countermeasures to declining birthrate to increase the place to drop money with multi-region moving residence.

What will happen to the house at that time? Is it necessary first? Do you make loans for over 30 years?

There are aspects as things in the home, there are things such as jewelry, cars and clothes, accessories owned pleasure, so it will not go away, but things become less to make it easier to move Probably not all of the living supplies are bought without rental, so the form of transport may change. It is unnecessary for people's movement and goods transport to be separate, and if one becomes one, a new business situation may be possible.

If life changes, proportionately, unchanged living will be broiled. It may be focused on what is traditional in Japan, an event of a seasonal occasion that is long ago, now being underestimated and becoming disappointing.

As Japanese people are agricultural races, not hunting people like Westerners, multi-region moving residence may not match sexuality, but in modern times traveling time enough to make a day trip anywhere in Japan is enough Because it does not put too much burden on the movement, I can think that Japan is one land of my own.

Rather, for people who live in modern times, the living that made use of the means of travel that is completed in a short time should suit sex. Even in the era when automatic driving of cars becomes possible, the burden of movement will be reduced.

If multilateral migration is possible, what will happen to housing and architecture? Changes in living brought by motorization in the 20th century If more than happens, housing and architecture will have to be influenced.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2018年12月19日

なるほど、混在した街、カオスの方が賑わうは、ただ単にたくさんのアクティビティーが発生するだけでなく、オープンなパーソナルスペースが形成できるからにもよる。

そうすると、治安やゴミやインフラなどの問題が解決できれば、カオス状態の都市の方がいろいろなアクティビティーがあって楽しいだろう。

ただ、そういう都市は自然とは対極になるので、いくら公園などをつくり自然を持ち込んでも、それはつくられた自然だから、人工物と大差無い。

そうしたカオス状態の都市は面白いかもしれないが、私などは自然の中にいるよりも落ち着くと思うが、やはり、自然の真っ只中に行きたい人もいるだろう。

都市が一極集中してカオス状態になれば、当然その反動で、自然の中に行きたくなる。その時は、過疎化した地域をうまく利用すれば良い。

過疎化した地域は、すなわち、人がいないということ、都市から抜け出して行きたい場所はそういう人がいない所だと思うから、そういう場所へ、例えば、週末だけとか、仕事が許せば、週単位で行けるといいな。

移動手段と通信インフラと滞在できる場所さえ確保できればいいのだから、都市の一極集中化と地方の過疎化をセットで考えれば、費用面でも解決策がありそう。

要は、一極集中化した都市に無い所と、過疎化した地域に足りない物を補い合えば良いだけ。過疎化した地域も移動手段が増えれば喜ぶし。

そうなれば、都市の一極集中化も地方の過疎化も決して悪いことでは無く、むしろその方がお互い都合が良くなる。

人生100年時代を迎え、元気な中高年が増えるのだから、自分もそうだけど、そういう人たちの行動欲を手軽に満たしてあげれば、少子化して市場自体が縮小しても、人が流動的になり、あちこちでお金も落とすしね。

多地域移動居住。

そうなると、生活自体も、家族といても、ひとりでいても、楽しそう。やはり、たくさんのアクティビティーが用意されていて、それを手軽に選択することが可能な状態がいい、精神衛生的にもいい。

こういうことを考えている人はたくさんいるだろうけど、そこに税金を投入すれば、割と簡単に解決しそうだと思うのだが、それで、みんなが楽しく暮らせそうだと思うのだが、いかがなものか。

9C74D0A4-7A4D-43B1-8BFA-441BD8E349A9.jpeg

"Multilateral moving residence"

Indeed, mixed cities and chaos are crowded, not only because there are so many activities but also because of the ability to form an open personal space.

Then, if problems such as security, garbage and infrastructure can be solved, the city in chaotic state will be more fun with various activities.

However, since such cities will be opposite to nature, no matter how much they make parks and bring in nature, it is the natural nature created, so it is not much different from artifacts.

Such a chaotic city may be interesting, but I think that I will settle down rather than being in nature, but again, some people would like to go in the midst of nature.

If the city concentrates and becomes chaotic, of course it will be a reaction and it makes me want to go to nature. At that time, you can use the depopulated area well.

I think that the depopulated area, that is, that there is no person, the place where I want to get out of the city is such a place where there are no such people, so to such a place, for example only on the weekend, if the work allows weekly I hope to go.

It would be nice if we could secure transportation means and communication infrastructure and even a place where we could stay, so it seems to be a solution in terms of cost, considering the centralization of urban areas and depopulation of rural areas.

In short, it is only necessary to complement a place that is not in a centralized city and a missing one in a depopulated area. It will be pleased if the means of transportation also increases in depopulated areas.

If so, city centralization and local depopulation is not a bad thing, rather it will be more convenient for you.

As the longevity of a century celebrates the era of energetic and lively mature age, even if I am also so, if I can easily satisfy those behaviors of those people, even if the birthrate declines and the market itself shrinks, Then, I also drop money here and there.

Multiple area moving residence.

In that case, it seems fun to live itself, family, or alone. After all, a lot of activities are prepared, it is good to select it easily, it is good for mental hygiene.

There seems to be a lot of people thinking about this, but I think that it would be easy to solve it if you put in taxes there, but I think that everyone seems to be able to live happily, but what is it like .


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2018年12月18日

異なるアクティビティー同士が同時に同じ空間に存在しているならば、それぞれに全く違う世界が広がっていて、全く接点が無いから、お互いに全く見えていない状態をつくり出せるのではないか。

お互いに全く見えていない状態になれば、容易にパーソナルスペースをつくることができる。

都市のスケールで考えるならば、いろいろなアクティビティー、これを建築に置き換えると、いろいろな用途の建築か、商店、オフィス、住宅、役所、工場などなどが混在している方が、パーソナルスペースをよりオープンにつくり出すことができ、都市全体がよりオープンな方向にいき、そのオープンさは様々な交流をつくり出し、賑わいを生むかもしれない。

それとは逆に、単一のアクティビティーで構成された都市、例えば、住宅街などは、お互いが同じ生活活動の中にいるので接点が生まれ、パーソナルスペースを確保しようとすると、隔てて、個々に分断するしかなく、閉鎖的な都市の構成に成らざるを得ないのではないか、ゲートシティのように。それが悪い訳ではないが、隔てて、個々に分断をしてしまうと、地域性や土地の文脈/コンテクストの入り込む余地が無くなり、都市としては特色を出せないものになりはしないか。

異なるアクティビティー同士がつくり出すパーソナルスペースは、都市スケールだけでなく、単体の住宅や賃貸住宅のスケールでも同様に可能だと思うのだが、スケールが小さくなる分、異なるアクティビティーを盛り込めるのか、オープンなパーソナルスペースをつくれるくらいのアクティビティーが発生するのか、そこに敷地の文脈/コンテクストも取り込める余地があるのかが、まだ疑問だ。

21F6A3DE-FC5F-48C7-9732-E6CC1735AEDD.jpeg

"Personal space should be vol.2"

If different activities exist in the same space at the same time, since completely different worlds are spreading in each and there is no contact at all, it is not possible to create a state where mutual invisibility is not seen at all.

If you do not see each other at all, you can easily create a personal space.

If you think on the scale of the city, if you replace various activities, this with architecture, people with different uses, shops, offices, houses, government offices, factories, etc. are mixed, more personal space is opened , The whole city will go to a more open direction, its openness will create various exchanges and create bustling.

On the other hand, cities composed of a single activity, such as residential streets and the like are in the same living activities, so that contacts are born, and when trying to secure personal space, they are separated individually There is no choice but to become a closed city, like a gate city. Although it is not a bad translation, separating individually separately, there will be no room for regionality and the context / context of the land to enter, and will not be a city that can not feature.

I think that personal spaces created by different activities are similarly possible not only in the city scale but also in the scale of a single house or rental housing, but as the scale becomes smaller, can you include different activities, open personal space It is still doubtful whether there will be enough activity to create, and there is room for incorporating the context / context of the site there as well.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2018年12月17日

自宅で仕事をしていることが多いので、たまにしか電車には乗らないが、乗るとよく思うことがある。

外の景色が流れていく様が好きだから、大体車窓の外ばかり見ているのだが、駅に着いた時や、駅で隣に電車がいた時など、車窓越しに駅のホームにいる人や電車の中にいる人は、よく見えるし、すごく近い場所にいるのに、ものすごく遠い存在というか、もう一生会うことが無い人かもしれないし、お互い丸見えのはずなのに、全く接触することは無いし、存在感も希薄。

当たり前と言えばそうだが、近くにて丸見えなのに、別に存在感が無いし、意識もしない、見ているようで、何も見ていない、覚えていない。

物質感としてはガラス越しに全てが見えていても、存在感としては全く見えていない、という状態。

この状態が意図的につくり出せたならば、ガラス張りの住宅が実現可能になる。

ガラス張りの住宅はいくらでもあるが、そのほとんどがカーテンかブラインド、ミラーガラスなどを使用して、内と外を視覚的に分断する。そうやって分断するならば、透過するガラスを使う意味がない。ならばガラス張りにしなければいいと思う。

意図的に、デザイン的に、ガラス張りの外観をつくり、ただ普段はプライバシーを守るためにブラインドやカーテンをしているならば、そのデザインは単なる自己満足に過ぎないし、破錠している。

物質として透明で透過するガラスを使えば、当然全てが見えてしまう、なのに、見えていない、覚えていない、感心がない、意識しないのは、ガラスを隔てて、それぞれに全く違う世界が広がっていて、全く接点が無いから。

電車の中と駅のホーム、行き先が反対方向の電車同士の中など、同じ時間にそこにいても、隔たれていて、異なるアクティビティーならば、お互いに全く見えていない状態をつくりだせるのではないか。

住宅街の中で、ガラス張りにすれば、お互いが生活活動の中にいる訳だから、透明で透過していて丸見えだと、無意識でも見てしまう、見えてしまうし、見られる感じもしてしまい、プライバシーを隠すことに気がいく。

ただ異なるアクティビティー同士にすれば、ただ住宅で、賃貸住宅で、どのようにすればいいのか。

6D05CC33-4EC9-4630-8164-A27D0062575F.jpeg

"If between different activities"

Because I often work at home, I occupy the train only occasionally, but sometimes I think when I get on the train.

People who are at the station's home through the train window, such as when you arrive at the station, when there is a train next to the station, and so on, because you like the way the outside scenery flows, People who are in the train can see it well and they are in a very close place, they may be far away or they may never meet the other again, but they should not be touched at all, , The presence is also thin.

Although it seems normal, although it is visible in the vicinity, there is no separate presence, no consciousness, no look, seems to be watching, I do not see anything, I do not remember.

As a substance feeling, even if everything can be seen through the glass, the state that it is completely invisible as a presence.

If this condition could be deliberately created, glass-housed houses will be feasible.

There are as many glass-housed houses, but most of them use curtains, blinds, mirror glass, etc. to visually divide the inside and the outside. If you divide it in that way, there is no point in using transparent glass. Then I think that I do not have to glass it.

Designing intentionally, designing a glassed appearance, but if you are doing blinds and curtains to protect your privacy normally, the design is only mere self-satisfaction and locking.

If you use glass that is transparent and transparent as a substance, you can see everything, of course, it is not visible, I do not remember, I do not have an impression, I am not conscious that the completely different world spreads apart from the glass Because there is no contact at all.

Even if you are there at the same time, such as in the train and the station home, the train in the opposite direction in the opposite direction, if you are separated from each other, if different activities, you can not create a state where you can not see each other at all .

In the residential area, if it is glassed, since it is a translation that each other is in daily activities, it is transparent, transparent and it seems like it is visible, even if you are unconscious, you will see it, you will see it, you will feel seen, I am interested in hiding privacy.

Just different activities, just in the house, in the rental housing, how to do?


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2018年12月16日

建築計画の向かう先、辿り着く先を、完璧な秩序を持った場所か、少なくともそこを目指してしまう。

病院とか、刑務所とかは、建築計画として、絶対に破綻せずに、完璧さ、完璧な秩序が求められる。

ただ、全ての建築計画が完璧な秩序を持っている必要は無く、標準的な人間を想定して、その人間が完璧に立ち振る舞いができる空間を目指すのが建築計画だから、最初の標準的な人間の想定が変われば、完璧な秩序でなくても良いはずになる。

そこに、個別の人を介在させる余地が生まれ、また秩序には、街並みの、地域の、敷地の秩序があるから、秩序を媒介にして、地域と個人を結びつけることができる。

この場合の個人は、特定でもいいし、不特定でもいい。

秩序をコントロールすることにより、地域と個人を結びつけ、建築そのものの計画をそこでしかできないものにする可能性があるのではないか。

地域の秩序は、その土地の文脈/コンテクストとして読み取ることになるから、個人から読み取る秩序も同じように文脈/コンテクストと扱えばよいか。

そうすると、扱える秩序の幅みたいなものは相当広がる。秩序をコントロールすることがその建築の成否を決める可能性があるのではないか。

3FADF7E1-A2F6-4DC4-B645-888AFA4D868F.jpeg

"If you control the order"

I will aim at at least that place where the building plan is going to be reached, where I will reach the place with perfect order.

Hospitals, prisons, etc., as construction plans, absolutely not failing, perfection, perfect order is required.

However, it is not necessary for all the building plans to have a perfect order, and it is the building plan that aims at a space where the human being can perfectly behave, assuming a standard human being, so the first standard If human assumption changes, it will not be necessary for perfect order to be good.

There is room to intervene individuals there, and order has the order of the townscape, regional, site, so that you can connect the area and individual with the intermediacy of order.

Individuals in this case may be specific or unspecified.

By controlling the order, there is a possibility of linking the region and the individual, making the plan of the building itself possible only there.

Since the order of the area will be read as the context / context of the land, should the order to be read from the individual be treated as context / context in the same way?

Then, things like the range of usable order spread considerably. There is a possibility that controlling the order will determine the success or failure of the building.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2018年12月15日

街並みには秩序みないなものがあって、それの良し悪しもあるが、それに対してどうするのか、というのも建築計画のうちである。

ただ秩序とは不思議なもので、例えば、飲み屋街の横丁やガード下などの街並みというか、通りの風景は雑然としていて、決して秩序があるとは言えないし、建築的には褒められたものではないが、夜になると、なぜか郷愁を誘ったり、魅力的に見え、その通りに漂っている秩序とは言えない秩序が良かったりする。

とは逆に、都市計画をきちんと考えて形成された街並みは秩序が取れていて、お手本にもなるが、魅力がなかったりする。

確かに、街並みの無秩序は魅力的に見える。例えば、昔の香港の九龍城などは決してその中に入りたいとは思わないが、あの雑然とした無秩序な感じは、はじめからあれを計画した訳では無くて、ただ単に人間の都合で増殖をしていったものだからか、人智を超えた構築物としての魅力があった。

無秩序を人がつくり出すのは無理だろう。それは人の思考が無秩序では無くて、何らしかの秩序、例えば、倫理や道徳や思想など、を必ず持つから。無秩序に見える秩序をつくり出すことは可能だろうけど。

だから、秩序だけを考えるならば、無秩序にはできないが、かと言って完璧な秩序である必要もない。

例えば、街並みが雑然としていて、秩序らしいものが無い場合、それに対して、同調するのか、新たな秩序を与えるのか、それとも、その街並みならではの秩序を見つけ出し、それを取り入れるのか。もちろん、街並みの秩序などはじめから無視をしている場合が一番多いが。

きっと、同調したり、新たな秩序を与えるのは誰にでもできそうで、その街並みならではの秩序を見つけ出し、それを取り入れ表現するのは建築家しかやらないだろう。

ならではの秩序に魅力があり、それが重要だと思うのは、そこに何かをつくり出さなければ、それも、そこにつくる意味が無いものでは駄目だと思う人でないと感じないことだから。

ところで、秩序は人に安心感を与えるのではないか。

どのような秩序にもよるが、人の思考は秩序が無いと成り立たないので、求められる秩序を実現できた時には満足感を与え、クライアントや関わる全ての人に安心感を与えることができるのではないか、それは建築に限らず。

21178E29-0512-42EB-961E-209AF7D5B4C7.jpeg

"Handle order"

There are things that are not orderly in the streets, and there are good or bad of it, but it is part of the building plan, what to do about it.

Just ordered is mysterious, for example, the streets of the street such as the street of a bar street and under the guard, the street scenery is cluttered, it can not be said that there is no order, never been praised in architectural terms There is no, but at night, somehow invites nostalgia, it looks attractive, and the order that is not the order that is drifting in that street is good.

On the contrary, the townscape formed by properly considering urban planning is orderly, it also serves as a model, but it has no charm.

Certainly, the disorder of the city looks attractive. For example, I do not think that I would like to enter Kowloon Castle in Hong Kong in the past, but the chaotic and disorderly feeling is not the plan that I planned from the beginning, Because it was what I did, there was charm as a construct beyond humanity.

It is impossible for people to create disorder. That is because human thought is not disorderly, and surely has some order, such as ethics, morality and thought. It would be possible to create a disorderly order.

So, if you consider only order, you can not do disorderly, but you do not have to be perfect order to say.

For example, if the townscape is cluttered and there is nothing that seems to be orderly, why do you want to synchronize, give a new order, or find an order unique to that city skyline and incorporate it? Of course, it is the case that ignoring from the beginning, such as the order of the streets, is the most frequent.

Surely, it can be done by anyone to synchronize and give a new order, it will only be an architect to find out the unique order of the city skyline and express it by incorporating it.

It is attractive to the unique order and I think it is important because if you do not create something there, that does not feel like you are not useless if there is no meaning to make there.

By the way, is the order giving people a sense of security?

What it depends on the order, because the people of thinking does not hold that there is no order, given the satisfaction is when you can achieve the order sought, as it can be given a sense of security to all the people that client Ya involved is Not, it is not limited to architecture.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2018年12月14日

その場所でしか実現できない空間をつくること。

その場所で無くてもいい空間ではなくて、
その場所だからいい空間になるとしたい。

場所性を意識するから、いい空間が生まれる、
という図式に魅力を感じる。

場所性を意識することを宝探しに例え、
建築家はトレジャーハンター。

良くも悪くも、その場所には、何か眠っている。
それに気づき、それを活かすのは建築家しだい。

ほとんどの建築が、場所性よりも経済性を重んじていて、決して経済性を重んじることが悪い訳では無く、建築行為は経済活動そのものという側面もあるから、

ただ、場所性がないがしろにされているならば、建築の持つ魅力や素晴らしさや、それを引き出すことができる建築家の能力が必要とされていないということになるので、それでは現代の建築が、風景が荒廃していく。

自分たちの住む街が、街の風景が、他の街と、他の都市と同じで、どこかで見たような、どこでも見るような風景で、安心したくはない。

9D084F28-88C1-4274-A8C5-A48CEF303AD3.jpeg

"What is important is placeability"

To create a space that can only be realized at that place.

It is not a space you do not need in that place,
I'd like to be a nice place because it's that place.

Because we are conscious about the location, good space is born,
I feel charm in the scheme.

Comparing the awareness of the place to a treasure hunt,
The architect is a treasure hunter.

Between good and bad, in that place, I sleep something.
It is up to the architect to realize it and make use of it.

Most of the buildings place importance on economy rather than placeability, it is not a bad thing to value economic efficiency, and building acts are aspects of economic activity itself,

However, if the place is undestroyed, it means that the charm and excellence of the architecture and the ability of the architect who can draw it out are not required, so then the modern architecture is a landscape It is devastating.

I do not want to worry about the city where I live, the landscape of the city is the same as other cities and other cities, as if I saw it anywhere, anywhere.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2018年12月13日

太陽の光は敷地の文脈/コンテクストになりえるのか。

そもそも、その土地の文脈/コンテクストを読み取ることが重視されるようになったきっかけは脱近代建築だった。近代建築は、世界中のどこででも成り立つ建築を目指して、地域性や土着の物を排除して、新しい建築像を築こうとした。

その結果、都市では、世界中のどこに行っても同じような建築を目にすることになり、それは次第に、近代建築の荒廃を招くことになっていった。

地域性を大事に、土着の物に目を向けて建築を計画することが近代建築の次の建築を模索する手がかりとなり、そのための手法がその土地の文脈/コンテクストを読み取ることだった。

太陽の光は世界中のどこに行っても同じようにある。

北の国と南の国では、日照時間や日射量に違いはあるだろうが、ひとつの地域の中では大差無いだろう。

だから、太陽の光が敷地の文脈/コンテクストにはならないような気がしてしまうし、陽当たりが良いことはどこでも求められるから、そこに特性や特徴を見い出すのは難しく思えてしまう。

ところが、料理と同じで、同じ食材を使っても、その食材を調理する人によって全然味が違うように、太陽の光を敷地の文脈/コンテクストと扱い、素晴らしい建築に仕上げてしまうこともあるのではないか。

それを大学生の時に「光の教会」で学んだ。

E5652C65-1EB6-43EF-8D49-C85A0210D009.jpeg

"Light is a material"

Can the sunshine be the context / context of the site?

In the first place, the reason why importance of reading the context / context of the land became more important was deconstruction of architecture. Modern architecture aimed at building which can be done anywhere in the world, trying to build a new architectural image by excluding regionality and indigenous things.

As a result, in the cities, wherever we go all over the world we see similar constructions, which gradually lead to the devastation of modern architecture.

To cherish the regionality, planning the architecture with the attention of the indigenous thing became a clue to explore the next architecture of modern architecture, and the method for that was to read the context / context of the land.

The sunshine goes the same way wherever you go in the world.

In northern countries and south countries there will be differences in sunshine hours and solar radiation, but in one area it will not be much different.

So, it seems that the light of the sun does not become the context / context of the premises, and it is hard to find out the characteristics and features there because it is required everywhere that the sunny place is good.

However, the same as cooking, even using the same ingredients, we treat the light of the sun as a context / context of the premises and finish it into a wonderful architecture so that the taste is different at all by the person who cooks the food Is not it?

When I was a college student I learned it at "Light Church".


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2018年12月11日

敷地の文脈/コンテクストがお宝だといつから思っていたのだろうか。

一番最初の建築設計は大学の設計演習の時、課題が「大学のキャンパス内に教会をつくる」だった。

その時、計画地周辺の人の流れを観察していたら、計画地の中に道をつくれば、校舎間の移動の時に必ず人が通ると思った。

だから、計画地の真ん中を貫くように道をつくり、その道の両側に礼拝堂や大小の所用室を配置して、道にも屋根をかけ、道という半屋外空間がつなぐ教会を設計した。

その道は、礼拝堂や所用室と言った教会にとって必要な空間をつなぐ役目を果たすが、同時にキャンパス内の校舎という主要な空間もつなぐ役目を担ったので、この教会があることによって、人の流れが新たにでき、様々な交流が誘発されるかもしれない所が非常に気に入っていた。

その頃は、文脈/コンテクストなんて言葉は知らなかったけれど、敷地にどういう特性があるのかを考えて設計に活かすことは、最初から当たり前のようにやっていた。

3C1CCD16-2E76-41AF-AEFE-0FF430387F9C.jpeg

"Take advantage of characteristics"

When did the context / context of the site think that it was a treasure?

The first architectural design was when design exercises of the university, the assignment was "to create a church in the university campus".

At that time, if you were observing the flow of people around the planned area, if you make a way in the planned area, you think that people will surely pass when moving between school buildings.

Therefore, we made a way to penetrate the center of the planned place, chapels on both sides of the road, and large and small working room, we also designed a church that connects the semi-outdoor space called a road by placing a roof on the road.

That road serves the purpose of connecting the necessary space for the chapel called the chapel and the serving room, but at the same time it also played the role of connecting the main space called the school building on the campus, so this church allows people's flow I liked the place where new exchange and various exchanges might be induced.

At that time, I did not know the context / context words, but I thought about the characteristics of the premises and made use of it in the design as it is normally done from the beginning.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2018年12月10日

宝探し。

敷地の文脈/コンテクストを読み取ることを、ずっと前から宝探しだと思っている。

その敷地に眠っている文脈/コンテクストというお宝を探し出し、それを建築計画にのせて提示するお仕事。

だから、私はトレジャーハンター。

お宝はそう簡単には見つかりません。なかなかわからないように、巧妙に隠してあったりします。時には、わかりやすくお宝があったりしますが、それはダミーでその奥に本当のお宝が隠れていたりします。

お宝を探し出すためには、もちろん知識と経験が必要ですが、一番大事なのは、そこに必ずお宝はある、という強い信念。これが無いとお宝は見つかりません。

はじめから宝探しをしないこともできますが、そこにお宝が必ずあるならば、宝探しをした方がいいですよね。

A57B9A2B-2631-4035-AA14-DC1407BF0011.jpeg

"treasure hunter"

Treasure hunt.

I think that it is a treasure hunt for a long time to read the context / context of the site.

A task to find the treasure that is sleeping on the site / context and present it on the building plan.

So, I am treasure hunter.

Treasures can not be found so easily. I hide it carefully so as not to understand easily. Sometimes, there are treasures easy to understand, but it is a dummy and real treasure is hiding behind it.

Of course knowledge and experience are necessary to find treasure, but the most important thing is the strong belief that treasure is certainly there. If this is not found treasure can not be found.

You can also skip treasure hunting from the beginning, but if there is treasure there surely, you should do a treasure hunt.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2018年12月09日

桜の木がある。
道路の反対側の小さな公園にある。
春になると満開の花が舞う。
北側だから日中は陽を浴びて浮かび上がる綺麗な桜が部屋から見られるだろう。

今計画中の敷地の文脈/コンテクストを読み取ろうとすると、最初にその桜の木が目に入る。その敷地の良い所、特徴的な所、生かしたい所はどこかとまず探してしまう。

ちょうど敷地に対して、道路の反対側の正面にあるから、設計者ならば誰でもそれを室内から愛でるようにする計画をパッと思い描くだろう。

1年のうちで桜を楽しめるのはせいぜい2週間位、その2週間を楽しむための計画。敷地の道路に面する以外の3面は隣家に囲まれているから、余計に桜の木に目が行く。

桜が部屋からよく見えるように、桜に向かって大開口を設けるのが常套手段か。大開口を開けても北側で道路側だから、日射もプライバシーも問題無いだろう。

この敷地はまだ良い方なのか、敷地周辺が混沌としていたり、例えば、分譲地だったり、都市のど真ん中だったりすると、尊重すべき文脈が無い場合もある。

ただね、桜の木に注目して、それを愛でる計画でいいのだろうか。桜の木が枯れてしまったら、桜の木が切られてしまったら、どうするんだ。それでも建築計画が成り立つ強度があるのか。

桜の木に焦点を当てて、敷地の文脈を読み取ったと思うのが甘いのではないか。

桜の木があるということは、そこに都市のスケールとしては空地、空間が存在するということではないか、その桜の木はその空間に変化を与えるパラメーターとして扱えば良い、だって1年の内で2週間しか影響を与えないのだから。

その空間に対して、何ができるのが設計者の優劣が問われる所か。

桜の木が見えるように大開口を設ければ、その後にどうなろうとも保身ははかれるのに、それでは納得がいかない。

どうする。

それは建築家として、技量が問われるところだ。

FA33A7A3-BB34-4E52-805E-E452325E223E.jpeg

"Sakura blooms"

There is a cherry tree.
It is in a small park on the other side of the road.
Flowers in full bloom will dance in the spring.
Because it is on the north side, beautiful cherry blossoms that will emerge in the sun during the day will be seen from the room.

When trying to read the context / context of the site under planning, the cherry tree comes first to the eyes. I will first find something where the good place, the characteristic place, the place I want to make use of that site.

Just in front of the premises in front of the other side of the road, we will imagine a plan to make everyone as a designer to love it from the room.

We can enjoy cherry blossoms within a year for at most two weeks, plan to enjoy the two weeks. Three sides other than facing the road on the premises are surrounded by the neighboring house, so the eyes go unnecessarily to the cherry blossoms.

Is it a usual way to set up a large opening towards the cherry blossoms so that cherry blossoms can be seen well from the room? Even if you open a large opening, you will not have solar radiation and privacy as it is on the roadside in the north.

Does this site is still better, such of, or has been the site around the chaos, for example, or was a subdivision, and or was right in the middle of the city, in some cases context should respect there is no.

But I wonder if you can pay attention to cherry trees and plan to love it. If the cherry tree withers, what will you do if the cherry tree is cut. Still there is the strength that the building plan is established?

Is not it sweet to think that reading the context of the site, focusing on cherry trees?

The fact that there is a cherry tree, there in open areas as the scale of the city, or does not mean that space is present, the tree of the cherry blossoms may be handled as a parameter that changes in the space, because of the year 2 It only affects weeks.

What can be done about the space where the superiority or inferiority of the designer is questioned.

If you set up a large opening so that the cherry blossoms can be seen, then whatever you do can protect you from anything, then it is not convincing.

what will you do.

As an architect, the skill is questioned.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2018年12月08日

全く同じ条件でも、建築する敷地が違うと、例えば、何も無い野山、郊外の分譲地、都市のど真ん中、などのように違うと、当然出来上がる建築は違うはずと、考える前から当たり前のように思ってしまう。

それは、その敷地の文脈/コンテクストを読み取り、それに対してどのように構想するかが、建築設計の第1歩だと自然に思っているからだろう。いわゆるコンテクスチュアリズムという考え方。

この考え方には賛否があるが、それは読み取った文脈をどう扱うか、読み取った後の構想の末に出来上がった建築に賛否が起こるだけで、建築が土地の上に建ち、そこから動けない以上、その土地の素性を読み取るところからはじめるのは当たり前のことで、むしろそれは、建築という行為に対する設計者の誠意だと思う。だって、建売には、そのような考えは存在しないから、野山も分譲地も都市のど真ん中でも同じ物を建てるのだから、部屋数、nLDKを満たすだけだから。

読み取った文脈をどう扱うかという設計者の態度が、敷地をどう読み取るかということにつながる。

この場合、文脈とは、例えば、その敷地や周辺の土地の歴史的背景であったり、街並み、地理的状況、周辺環境、お隣さん、気候気象、敷地の形状や高低、地盤の強弱なども入るかもしれない。

この文脈の中には良いものも悪いものもある。その判断も含めて読み取りだが、その文脈に対して、設計者はどういう態度を取るのか。そのまま受け入れるのか、手を加えるのか、迎合するのか、問題解決するのか、理想に当て嵌めるのか、などなど。

その態度に応じて都合良くその敷地の文脈を読み取ることになる。

この都合良くとは、誰にとって都合が良いのかでも違う。設計者にとって都合が良いのか、特定の個人に対して都合が良いのか、不特定の個人に対してか、不特定の大多数なのか。

住宅などの比較的小規模な建築ならば、そこに住むことになる住人に向けて都合が良くなるように、あるいは、住人をもっと一般化した不特定の個人に向けて都合が良くなるように、集合住宅はこれかな。

美術館や役所などの公共性の高い建築ならば、不特定の大多数にとって都合が良くなるように。

設計者にとって都合が良いということもある。それが作品性につながり、その人が設計する価値が出てくるから。

いずれにしよ、敷地の文脈を読み取る時点で設計がはじまっていることになり、そこからすでに設計者の優劣や、これから建つ建築の良し悪しも決まってくることになる。

C2EA9157-05C3-4F32-A5F6-8ED57310E4AE.jpeg

"Read Context / Context"

Even under exactly the same conditions, if the site to be built is different, for example, if it is different like Noyama with nothing, suburban selling place, in the middle of a city, etc., the architecture that will be completed will naturally be different, I think.

It seems that it is natural to think that it is the first step in architectural design to read the context / context of the premises and how to conceive it. The idea of ​​what is called Contextualism.

Although there are pros and cons, there is a pros and cons, but this is because the architecture is built on the land and can not move from there just because pros and cons of the finished architecture is done at the end of the concept after reading, It is commonplace to start from reading the identity of the land, rather it is the designer's sincerity to the act of building. Because there is no such idea in the sale, because Noyama and the selling district build the same thing in the middle of the city, it only satisfies the number of rooms, nLDK.

The attitude of the designer as to how to handle the read context leads to how to read the site.

In this case, the context means, for example, the historical background of the site or the surrounding land, the cityscape, the geographical situation, the surrounding environment, the neighbor, the climate weather, the shape and height of the site, the strength of the ground, etc. It might be.

There are good and bad in this context. Reading including that judgment is read, but what kind of attitude will the designer take for that context? Whether to accept as it is, whether to add a hand, to meet, to solve the problem, to fit the ideal, and so on.

It will conveniently read the context of the site according to its attitude.

What is convenient for this is different for everyone. Is it convenient for the designer, whether it is convenient for a specific individual, for an unspecified individual, or an unspecified majority?

For relatively small-scale buildings such as houses, so that it will be more convenient for residents who will live there, or to become more convenient for unspecified individuals who have more generalized residents , This is the apartment house.

If public buildings such as art museums and government offices are constructed, it will be convenient for the majority of unspecified people.

Sometimes it is convenient for the designer. Because it leads to workability and the person worth designing comes out.

In any case, the design is starting at the time of reading the context of the premises, from which the superiority of the designer and the good or bad of the architecture to be built will be decided.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2018年12月07日

とにかく建築を見る時は歩き回る。立ち止まるのは、全体を歩き回った後。

建築の外を歩き回りながら、どういう環境の中に建っているのだろうか、この環境の中での建築の建ち方は、などと考えながら。

知らない街に行っても同じ。とにかく歩き回る。地図で大体の位置を頭に入れながら、とにかく歩く。どこか観光名所と言っても、行かなくても想像がついてしまうことも多く、あるいは、一目見れば気が済む所が大体観光名所なので、余程行きたい名所がたくさんない限り時間を持て余してしまう。

ましてや2度3度も行ったことがあるような場所だと余計に時間が余る。間に何か美味しい食べ物や物欲を刺激するような物を挟まない限り、意外としんどい、帰りたくなる。

となるのは、その街自体が自分にとって、そもそもつまらないからだろう。

大学生の頃は、夏休みや春休みが長く、友達の知り合いがニューヨークのソーホーに住んでいて、都合が合えば、泊めてもらえたので、1ドルのホットドッグばかり食べていればいいや、と思い、一番安いエアチケット、その頃は往復で5万円台だったような、を買いよく行っていた。

その泊めてくれた人は画家で、ニューヨーク中の美術館やギャラリーを全て見られるフリーパスを持っていたので、行くとそのパスを借りて、マンハッタン中を歩いて、地下鉄にも乗ったか、美術館やギャラリーをたくさん回り美術作品を見まくっていた。

飽きることが無かった。その頃のニューヨークは治安が悪かったので、地下鉄に乗っている日本人なんかいなかったし、大通りはいいけど、近道なんて言って、1本裏通りに入ったら、雰囲気が危ないなんて当たり前だったが、それでも1ブロック違うごとに景色や雰囲気や人種が変わったりして、歩いているのが楽しくて仕方がなかった。

マンハッタンの超高層ビルの足元には時々、広場みたいになっていたり、階段があったりして、歩き疲れた時に腰掛ける場所としては丁度良かった。

特に、ミースのシーグラムビルの足元の広場状のスペースは大のお気に入りで、よく腰掛けて煙草を吸い、ひと休みしていた。そこでホームレスに煙草を無理矢理奪われたこともあったけれど、なぜかその場所に座っていると落ち着く。

周りは超高層ビルに囲まれていていて、街の喧騒のど真ん中にいるのに、そこに腰掛けた途端にパーソナルスペースができ、別に何をしていようが構わない、ような雰囲気に包まれる。

どうしてだろう、といつも考えていた。自分の周りに壁が無くオープンなのに、周りからは断絶されている感じがする。旅行者だからだろうか、生活者だったら違うのかな、いや、そもそも、この広場状の空間がそう雰囲気を持った場所だからかな、それもあるかもしれないが、他のビルの足元でも同じような。

このパーソナルスペースを住宅と見なしても良いならば、住宅は最もパーソナルなスペースだと思うから、都市の中で壁ひとつ無くオープンな住宅が成り立つことになる。

そう言えば、ミースのファンズワース邸の透明ガラスを不透明な石と同じ、と言った解釈があったことを思い出した。

ある環境の中で断絶することと、壁が有るか無いか、透明か不透明か、オープンかクローズドかは、関係が無いんだとその時に学んだような気がする。

0CFFE8C2-E4A4-4CE2-9449-47DA49396BB4.jpeg

"Personal space should be vol.1"

Anyway walking around when I see architecture. Stopping is after walking around the whole.

While walking around the outside of the building, what kind of environment are you building, how to build the building in this environment, etc.

It is the same even if you go to a city you do not know. Walk around anyway. Walk anyway while putting the approximate position on the map in mind. Even if you mention sightseeing spots somewhere, there are many things you can imagine even if you do not go, or the place where you feel comfortable is a sightseeing spot at first sight, so long as you have plenty of sights to go to, .

In addition, it's extra time if you are in a place you've been doing twice or three times. I want to go home unexpectedly and frightfully as long as there is nothing something that stimulates something delicious food or greed.

It will be because the city itself is boring for me.

When I was a college student, I had a long summer vacation or spring break, my friend's friend lived in Soho, New York, and if convenience was convenient, I was able to stay over, so I thought that I should eat only 1 dollar hot dogs, I bought a lot of cheapest air tickets, at that time it seemed like 50,000 yen round trip.

The painter who stayed at it was a painter and had a free pass to see all the museums and galleries in New York, so I decided to take that path and walk in Manhattan, ride the subway, museums and I went around a lot of galleries and saw art works.

I did not get tired. Because the security was bad at that time in New York, there was no Japanese on the subway, and the main street was fine, but it was natural to say that the atmosphere was dangerous when going into the back street saying a short cut, but even so The scenery, atmosphere and race changed every time one block differed, It was fun to walk and it could not be helped.

Sometimes at the foot of a skyscraper in Manhattan, it looks like a plaza and there are stairs, just right as a place to sit when you are tired.

Especially, the plaza-like space at the feet of the Seagram Building of Mies was a big favorite, sitting well and sucking cigarette and was taking a break. There were also cases where homeless people were forcibly taken tobacco, but somehow they settled down sitting in that place.

It is surrounded by skyscrapers and is in the middle of the hustle and bustle of the city, but as soon as you sit there you will have a personal space and you will not be afraid to do anything else. .

I always thought of why. Although there is no wall around me, it is open, I feel that it is cut off from the surroundings. Is it because it is a traveler, if it is a living person, is it different? No, in the first place, this plaza-like space seems to be a place with an atmosphere, maybe it may be, but even at the feet of other buildings .

If it is okay to consider this personal space as a house, it seems that the housing is the most personal space, so an open house will be established in the city without one wall.

By the way, I remembered that there was an interpretation saying that the transparent glass of Mrs. Fawsworth's house was the same as the opaque stone.

There seems to be learning at that time that there is no relationship between disconnection in an environment and whether there is a wall or not, transparent or opaque, open or closed.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2018年12月06日

歩き回る、とにかく歩き回る。

この建築いいな、知りたいな、や
その建築を見に行くことが目的の時は
その建築をまず体験したいと思う。

建築に対して見る点はたくさんある。
周辺の環境に対してどのように建っているか、
外観のデザイン、建築周囲の外構デザイン、
建築内部に入れるならば、エントランス、空間構成、
室内に入れるならば、内装のデザインなど。

さらに、もっと細かく見ていけば、
周辺の環境に対して、
この建築は何か調和をはかろうとしているのか、
周辺環境の問題点を解決しようとしているのか、
周辺環境から影響を受けていることは、
逆に影響を与えていることは、
なぜその建ち方をしているのか、
法的規制に対する解決方法は、
などなど、きりが無い。他の点も同じ。
最後は可能ならば実測してスケッチまでする。

が、まず体験したいと思う。

きっとそれは、学生の時に、何も無いから、知識も経験も無いから、目の前の建築から何かを得ようとした時に、とにかく、この建築はどうなっているのか、事前に資料に当たっていたとしても、自分で確かめないとはじまらない。そのためにはまず、その建築の周囲を歩き回り、建築の中に入っていき、さらに歩き回り、その建築を体験して、それで何かを感じ、考え、言葉にするしかないし、それしかできなかったから。今まで数え切れないくらいの建築を見て来たが、はじめの見方が染み付いてしまい、見たい建築の前に立つと、スイッチが入ったように突然歩き回りはじめる。

学生や20代、30代前半の頃は、写真をよく撮った。スケッチもしたが、短時間でその建築から何かを得ようとした時には、写真のフレームが有効のような気がしていたから。

なぜ短時間か?海外へ建築を見に行く時は大体、建築ツアーを利用し、ツアー終了後、そのまま日本に帰らずに延泊して、時には1ヶ月位いて、さらに見て回った。自分で見て回る時はそんなに短時間な制限は無いが、ツアーだと1ヶ所15〜30分で見学なんてこともよくあった。ツアーを利用したのは、その方が効率良く、短い期間で多くの建築が見られるから。だから、1ヶ所の滞在時間が短いのは仕方がないことだが、15〜30分は短すぎる。

建築家が長い時間を掛けて設計し、施工したものを、例え、規模が小さくても、15〜30分で理解するのは難しい、大した建築でなければ一瞬で終わるが。

だから、最初の頃は、後でも見ることができるように写真をたくさん撮って、滞在時間の短さを補っていた。

学生や20代、30代前半の頃にはすでにデジカメはあったが、画質が今ほど良くなく、メモリ容量も少なくて枚数が多く撮れないこともあり、まだフィルムカメラ全盛だった。1ヶ月位海外へ行く時にはフィルムを100本位持参し、ほとんど使っていた。

今と違って、20世紀には、建築を世の中に広めようとしたら、写真しかなかった。1枚の写真が世界中飛び回る。だから、建築家は1枚の写真でその建築の全てがわかるようにする。ここから見れば、その建築の全てがわかる場所をつくる。

その場所を探し出すのにも写真を撮る意味があった。すなわち、20世紀の建築家はイメージの中に写真のフレームがあり、常にそのフレームを意識しているのではないかと、段々と思うようになっていたから、写真を撮ることでその建築の理解が深まると考えていた。

そして、短期間でたくさんの建築を見て、たくさん写真を撮っていると、建築家や建築の規模や用途や立地条件、国や地域が違っても、写真のフレームにおさめて見るという行為で、1つの絶対的な基準ができ、それによって対等に比較することが可能になるので、これは建築の良し悪しを見て判断する時に非常に役立ち、とても勉強になった。建築の視覚情報に対する扱い方はこれで随分鍛えられた。

8DD6F3EE-D718-4005-856F-5D24271313BF.jpeg

"Viewpoint of architecture vol.1"

Walk around, walk around anyhow.

This building is nice, I want to know,
When it is the purpose of going to see that architecture
I would like to experience the architecture first.

There are many points of view to architecture.
How it is built against the surrounding environment,
Exterior design, external design around the building,
If you put it inside the building, entrance, space composition,
If you put it in the room, interior design etc.

Furthermore, if you look more closely,
For the surrounding environment,
Is this building trying to harmonize something?
Is it trying to solve the problem of the surrounding environment,
It is affected by the surrounding environment,
On the other hand,
Why are they doing that way,
As a solution to legal restrictions,
There are no scratches, such as. The other points are the same.
Finally, measure if possible and sketch.

But first I want to experience.

Surely it is because there is nothing at the time of a student because there is nothing, knowledge and experience, so when we tried to get something from the architecture in front of us, anyway, I was hitting the materials in advance as to what is going on with this architecture Even if you do not check it yourself it will not start. To do that, we first wandered around the architecture, entered into the architecture, further walked around, experienced the architecture, so we had to do something, think, and make it, so we could only do it. Although I have looked at countless constructions until now, the first view gets stuck and I stand before the architecture I want to see, it suddenly begins to walk like a switch enters.

Students, 20s, early 30s, I took a lot of pictures. I did sketching, but when I tried to get something from that architecture in a short time, I felt that the frame of the photo was valid.

Why for a short time? When I go abroad to go to see the architecture, I usually use a construction tour, staying overnight without going home as it is after the tour, occasionally around a month and watched further. There is no such a short time when looking around by oneself, but on a tour it often happened that visiting in 15 to 30 minutes at one place. We used the tour because it is more efficient, because many buildings can be seen in a short period of time. So it is unavoidable to have a short stay in one place, but 15 to 30 minutes is too short.

Even if the scale is small, it is difficult for an architect to design and implement it for a long time, it is difficult to understand in 15 to 30 minutes, but if it is not a large construction it ends in a moment.

So at the beginning, I took a lot of photos to make it possible to see it later, and compensated for the short staying time.

Students, 20s, early 30s already had digital cameras, but the picture quality was not as good as it is now, memory capacity is too small to take many pictures, and still film cameras were at its best. When I go overseas for one month I brought 100 films and used mostly.

Unlike now, in the 20th century, when trying to spread architecture to the world, there were only pictures. One photo fly around the world. So, the architect makes a single picture to show you all of the building. From here, I will make a place to understand all of the building.

It was meaningful to take pictures to find the place. In other words, architects of the 20th century had a frame of photograph in the image, and it seemed to me that it was always conscious of the frame, taking photographs deepens the understanding of the architecture I thought.

And if you look at a lot of architecture in a short period and take a lot of pictures, even if the size and use of the architect and the building, the location conditions, the country and the region are different, the act of seeing in the frame of the picture , One absolute standard can be made, which makes it possible to compare equally, so this was very helpful for judging by looking at the good or bad of the architecture and it was a great learning experience. This way of handling the visual information of the architecture has been trained considerably with this.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2018年12月05日

冬と夏の両方を快適に暮らすためには、高気密高断熱の家にしないこと、ちょっと意外に思う人がもいるかもしれません。

高気密高断熱の家は夏により暑くなり、冷房をかけ続けていないといけないので、電気代が余計にかかります。これが魔法瓶効果。

冷房をかけ続けてもいいように、その電気をまかなうことを目的にソーラーパネルを屋根に載せる、それで売電もできるので、ソーラーパネルの設置費用はまかなえる、という考え方もあります。

ただし、都内23区内では無理、屋根の面積が取れなくて、ソーラーパネルをたくさん載せられないから。

ただ、仮にソーラーパネルをたくさん載せることができたとしても、不自然ですよね、おかしな話。

意図的に高気密高断熱にして、そのために夏の室温が上昇するから、それを抑えるために冷房を人工的に掛け続け、その冷房の電気を補うためにソーラーパネルを設置する。

全てが余分なこと。高気密高断熱にしなければ、そのために夏の室温が上昇することは無いから、室温上昇を抑えるための冷房がいらなくなり、その冷房の電気を補うためのソーラーパネルも設置する必要が無くなる。

ただし、冬を考えるとある程度の断熱性と気密性は必要で、それに自然の力を利用しないといけません。

自然の力とは、日射と通風です。

冬の晴れた日の日中の南側の窓には、ストーブ1台分と同じ量の太陽エネルギーがあります。それは日中ずっとストーブをつけているのと同じことです。これを利用しない手はない。

ただ、窓ガラスの断熱性は、外壁と比較して著しく低いので、南側にとにかく大開口を開ければ良いという話ではない。逆に、断熱性が低いから、外の熱が伝わりやすいので、太陽エネルギーを利用できるとも言えますが。

目標とする室温から住宅全体の断熱性能が決まり、その断熱性能から窓の総面積の上限が決まります。その窓の総面積の範囲内でどれだけ南側に窓を振り分けることができるのかが、日射利用のポイントです。

夏は、全ての窓に日除けを設け、屋根の断熱性能を高め、外の熱が侵入して室温を上げるのをなるべく防ぎ、その上で、室温より外気温が下がる夜間などに窓を開け通風し、排熱して、室温を下げる、のが基本的な考え方です。

通風もただ単に窓を開ければ風が通る訳では無くて、風向と窓の開け方がポイントになります。

冬も夏もなるべく暖冷房に頼らない生活の方が、光熱費もかからないし、快適だと思いませんか。そのためには、単純に高気密高断熱の家にすれば良い、という訳では無い所が面白いですね。

B597F207-43D5-489D-85B2-7D7ABDF00DE9.jpeg

"How to make a warm summer cool house in winter vol.3"

In order to live comfortably both in winter and summer, there may be people who do not make it a high airtight, highly insulated home, some people surprisingly surprised.

High airtight and highly insulated houses get hotter in the summer, so you have to keep on cooling and electricity costs extra. This is a thermos bottle effect.

There is also the idea that solar panel installation costs can be covered so that solar panels can be placed on the roof to solve the electricity so that they can continue cooling, so it can also sell power.

However, it is impossible in the 23 wards of Tokyo, because the area of ​​the roof can not be taken, so many solar panels can not be placed.

However, even if I could put a lot of solar panels, it's unnatural, is not it strange?

Intentionally high airtight and highly insulated, so the room temperature of summer will rise, so keep air conditioning hung artificially to curb it, and install solar panels to supplement the electricity of the air conditioning.

All is extra thing. If it is not highly airtight and highly insulated, therefore, the room temperature of summer never rises, so cooling for suppressing rise in room temperature is unnecessary, eliminating the need to install a solar panel for supplementing the electricity of the cooling.

However, considering winter, some degree of heat insulation and airtightness are necessary, and we have to use the power of nature for it.

The power of nature is solar radiation and draft.

There is the same amount of solar energy as the one stove in the southern window of the day during the sunny day of winter. It is the same as wearing a stove all day long. There is no hand that does not use this.

However, the insulation property of the window glass is significantly lower than the outer wall, so it is not a story that it is enough to open a large opening in the south anyway. On the contrary, since insulation is low, outside heat is easy to transmit, so it can be said that solar energy can be used.

The adiabatic performance of the entire house is determined from the targeted room temperature, and the upper limit of the total area of ​​the window is determined from its heat insulation performance. The point of use of solar radiation is how far the window can be distributed to the south within the total area of ​​the window.

In the summer, a shade is installed in all the windows to increase the heat insulation performance of the roof, to prevent as much as possible from raising the room temperature by the invasion of outside heat, and then open the window at night or the like where the outside temperature drops below room temperature, It is a basic idea to exhaust the heat and lower the room temperature.

Ventilation is not just a way for wind to pass if you open the window, the direction of the wind and how to open the window is a point.

Do not you think that living without relying on heating and cooling as much as possible in winter and summer, does not cost utilities and is comfortable. For that reason, it is interesting that there is no place simply to be a house with high airtightness and high insulation.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2018年12月04日

スーッと閉まる感じがよくて、毎朝、珈琲缶を開け閉めするのが楽しくて、使いたくなる、触りたくなる茶筒。外蓋が載せただけで、精巧なつくりゆえに、自然にスーッとゆっくり落ちて、ピッタリと寸分狂わずに閉まる。その感じがたまらなくよいのである。

京都の開化堂の茶筒を使いはじめて1年が過ぎた頃、京都に行く用事があり、Kaikado Caféに立ち寄った。三十三間堂に行った帰り、夕方の新幹線に乗るまでの間、コーヒーが飲みたくて。

少し疲れていたので、コーヒー1杯で長居をしてしまい、そろそろお店を出ようかと、その前にトイレでも、と思い帰ってきたら、

「今からTVの取材が入りますが、いいですか?」と店主に言われ、あまりに突然でいいも悪いもなく「は、はい」と答えたら、すぐにどばどばと人やカメラが入ってきて、目の前で取材がはじまった。

あまりにも目の前で、映るのは構わないが、顔を上げて取材の様子を見ていたら、もろに映りそうだったので、さすがにうつむき加減で、耳だけで取材の様子を伺っていた。

288396D5-3E1F-4E74-B3FA-A7584FC171C6.jpeg

タレントの方が茶筒について質問をしているらしく、何を質問したかは聞き取れなかったが、店主の答えだけが聞こえてきて、

「音を大事にしているんです、開けた時の音。この開けた時の音が良ければ、中に大切な物を入れてくれるんじゃないかと思って」

ちょっと意外だった。音を意識することが無かったから。確かに、茶筒を開けた時の感触は、毎朝のことだから覚えていて、とても気持ちのいいものだとわかるが、音は、まあ、音も感触のうちのような。

と同時に、この店主の答えを聞いて、自分の中ではハッとするものがあった。音が良ければ大切な物を入れてくれるかもしれない、なんて、なんて素敵なんだと。確かにそうだな、感触がいいとそれを大事にしなくてはと思うよな。

てっきり開化堂の茶筒は、外蓋が載せただけ自然にスーッと閉まるのを売りにしているのかと思っていた。その精巧さは海外でも有名らしく、私がお店に行った時も中国の方が1人で買いに来ていて「中国でも有名だ」と店員と英語で話していた。

だから、私が購入したもの中に外蓋が自然に閉まらないものがあり、手直ししてもらったこともあった。後で考えてみれば、茶筒は金属だから、冬と夏で伸び縮みするだろう。冬に製作したら、夏には、例え0.1ミリでも伸びたら、閉まらなくなるはず、製作時にどうしているのだろう、とききたくなった。

取材中、もう帰ろうかと思っていたので、コーヒーも無く、水も無く、30分くらい、あまりにも目の前なので席を立つ訳にもいかず、どうしたものかと思っていたけれど、店主の

「音を大事にしているんです、開けた時の音。この開けた時の音が良ければ、中に大切な物を入れてくれるんじゃないかと思って」

という話が聞けて、京都に来た甲斐があったと思った。大切な物を入れてもらうために茶筒をつくる、そのために音、すなわち感触を良くするために自分たちの技術と知識を使う。

音が良ければ大切な物を入れてくれるだろう、なんて本当に素敵な考え方だ、素晴らしい。

建築に例えるとどうなるのだろう、帰りの新幹線でずっと考えていた。

"Lovely way of thinking"

It feels good to close with Su, and every morning, it is fun to open and close the coffee can, and you want to use it, you want to touch it. Just by placing the outer lid, because it is elaborate making, it falls naturally and suddenly, it closes perfectly and not crazy. That feeling is unbearably good.

I used a tea ceremony in Kyoto's Kaidokudo for the first time after a year, I had something to go to Kyoto, stopped by Kaikado Café. I went to Sanjusangendo on the way home and wanted to drink coffee until I got on the Shinkansen in the evening.

Because I was a bit tired, I made a long cookie with a cup of coffee, so I decided to leave the shop soon, I thought of going to the restroom before that,

The shopkeeper told me that "TV interviews are coming in from now," but the shopkeeper told me that, if it is too sudden and there is neither good nor bad, and answering "Yes, yes", people and cameras will soon I came in and interview started in front of my eyes.

I do not mind seeing it in front of my eyes, but as I looked at the state of the interview with raising my face, it seemed to be revealed as well, so I was asking about the state of the interview with just my ears .

The talent seemed to be asking questions about the tea ceremony, I could not catch what you asked, but I heard only the shopkeeper's answer,

"I treasure the sound, the sound when I opened it, thinking that if the sound of this opening is good, I will put some important things inside."

It was a bit surprising. Because I was not conscious of the sound. Certainly, as I remember the feeling when I opened the tea chestnut, as I remember it every morning, I remember it is a very pleasant feeling, but the sound, well, the sound is like a feeling.

At the same time, there was something that made me feel relieved in listening to this shopkeeper's answer. It is wonderful how wonderful it might be to put important things if sound is good. Sure it is, I think that you must take care of it if the feel is nice.

I definitely thought that the tea ceremony of the Kanjido is selling that it closes naturally only with the outer lid on it. Its elaborateness is famous abroad, and when I went to a shop, the Chinese came to buy alone and was talking to a clerk in English with a clerk, "It is famous in China."

So, there were things that I did not close naturally in what I bought, and there were things I had to rework. After considering it, the tea ceremony is metal, so it will expand and shrink in winter and summer. If I make it in winter, in the summer, if it grows even by 0.1 mm, it will not close, I want to hear what you are doing in the making.

Because I thought that I would go home already, I did not have any coffee, there was no water, about 30 minutes or so, because I was in front of my eyes so I could not translate into a seat and I thought what was wrong,

"I treasure the sound, the sound when I opened it, thinking that if the sound of this opening is good, I will put some important things inside."

I thought that it was worth to come to Kyoto to hear the story. To make precious things to be put in, make a tea ceremony pipe, therefore use their skills and knowledge to improve the sound, that is, feel.

If sound is good it will put important things, what a really wonderful way of thinking is wonderful.

I wonder what happens if you compare it to architecture, I have been thinking about it on the returning Shinkansen.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2018年12月03日

「音を大事にしているんです、開けた時の音。この開けた時の音が良ければ、中に大切な物を入れてくれるんじゃないかと思って」

京都へ行くと必ず寄るカフェがあり、そこでの出来事。三十三間堂を見て、東京へ帰る前に、どこかでお茶でもと思い、少し歩いて「Kaikado Café」に来た。

ここは京都で長年、茶筒を制作している「開化堂」が出しているカフェ。京都で路面電車が走っていた時の車両基地だった所を改装したらしく、洋風な建物で、室内は天井が高く明るくて、とても居心地が良いので、京都へ来ると1度は立ち寄る場所。

ちなみに、うちには開化堂の茶筒が大小7つある。ブリキ製4つ、真鍮製3つ、うち1つは毎朝飲むコーヒーの豆を入れる真鍮の珈琲缶。ここの茶筒が好きで、ちょっとずつ買い足していった。一番最初に真鍮製の珈琲缶を買い、やっぱりブリキ製も欲しくなり、違う大きさも必要だなとなり。

17DF6455-70D0-45B8-9227-ACF043308D6F.jpeg

なぜここの茶筒か、経年変化するのが面白くて。ブリキ製は真っ黒になるし、真鍮製は赤味か黄味を帯びてくる。あと、私は持っていないが銅製の茶筒もあり、こちらは渋く茶色になっていく。

購入した時はピカピカ、ブリキ製は光沢のあるシルバー、真鍮製も光沢のあるゴールド。共に、塗装を施していない生地だから、使い込むうちに、擦れたり、手の油などが付着して、自然と色が変わるそうです。

買った時にお店の人から「最初の1週間はよく手で全体をまんべんなく触って下さい。そうすると色の変化が綺麗に早く出るようになりますよ」と言われたので、毎朝愛おしくスリスリしていた。

銅製は買わなかった。銅製が一番早く色が変わるそうで、早く経年変化を楽しみたいならば、銅製かもしれないので、それも良かったが、買ったのは真鍮製とブリキ製。

真鍮製は使う人の手の油によって、その人が普段何を食べいるのか、肉なのか魚なのかで、赤味を帯びるか、黄味を帯びるか、が違ってくるらしく、人によって経年変化した結果が違うところが面白いと思った。ただ少なくともその結果がわかるのは10年後、段々と変化していくので、赤味か黄味かは2、3年したらわかるかもしれないけれど、まだ1年なのでわからない。

ブリキ製はもっとかかる。ピカピカのシルバーが真っ黒になるには40年、私はもう生きていないかもしれない。それでも、次の世代になってもその茶筒が受け継がれ、真っ黒になった茶筒が日常生活で使われていたなら、なんて素敵なことなんだろう、と思い、そのためには今買わないと。

塗装で擬似的にその風合いを出すことは可能かもしれないが、本物の生地が変化した風合いには敵わないだろう。時間かかるのだよ本物は、がいい、ブリキ製はそこがいい。次の世代に受け継ぐ物ができた。

経年変化にはとても興味をそそられた。経年変化することは、もしかしたら現代では製品として否定的に捉えられてしまうことかもしれないが、自然の素材や生地の物を使えば、経年変化するのは当たり前のことで、それを手入れをしながら使い、また、自然の素材や生地だから手直しもできるので、長い年月に渡って、次の世代にも受け継ぐことができる。

使い捨てでは無い、物としての本来の在り方がそこにあるような気がした。

それでもうひとつ、この茶筒いいなと毎朝楽しみにしていることがある。

"Real things change"

"I treasure the sound, the sound when I opened it, thinking that if the sound of this opening is good, I will put some important things inside."

There is a cafe where you will go to Kyoto without fail, and there happens there. When I saw Sanjusangen-do, before I came back to Tokyo, I thought that it was tea somewhere, came a little "Kaikado Café".

This is a cafe that Kyoto has been producing "tea ceremony" for many years. It seems that it was refurbished where the tram was running in Kyoto, it is a western style building, the ceiling is bright and the interior is bright and very comfortable, so when you come to Kyoto it is a place to stop by once.

By the way, there are seven large and small tea cranes in the Kaiden-do. Four tinplate, three brass, one of which is a brass coffee can that puts coffee beans to drink every morning. I liked the tea ceremony here, and I bought it a little at a time. I bought a brass coffee can at the very beginning, I wanted a tinplate as well, and it became necessary to have a different size.

Why is it a tea ceremony here, it's fun to change over time. Tinplate will be black and brass will be reddish or yellowish. Also, although I do not have a copper tea cupboard, it is browned with astringency.

Shiny when purchasing, glossy silver in tinplate, shiny gold in brass. Both of them are fabrics that have not been painted, so it rubs, oils of hands adhere, and so on, it seems that the color changes with nature, as it is used.

When I bought it I was told from the store people "Please touch the whole thoroughly with your hand well in the first week, so that color changes will come out cleanly and quickly" It was.

I did not buy copper. It seems that copper changes most quickly, so if you want to enjoy secular change quickly, it may be made of copper, so it was also good, but I bought it made of brass and tin.

The brass made by the oil of the person who uses it, seems to be reddish or yellow depending on what you usually eat usually, fish or meat, it seems different, I thought that the difference between the changed results is interesting. However, at least the result will be known 10 years later, so it will gradually change, so it may be known in a couple of years whether red or yellow taste, but I do not know as it is still a year.

Tinplate takes more. It has been 40 years for shiny silver to become black, I may not be alive anymore. Even then, even if it comes to the next generation, if the tea ceremony was handed down and it was used in everyday life, it seems that it is a wonderful thing if a black tea chestnut was used in daily life, and for that I have to buy it.

Although it may be possible to produce the texture in a pseudo manner by painting, it will not be enemy to the texture where real fabrics have changed. It is time consuming, genuine article is good, Tin tin is good there. There was a thing to hand down to the next generation.

I was intrigued by the secular change. It is likely that it will be caught negatively as a product in modern times, but it is commonplace to change over time if you use natural materials or fabric items, so that it will change over time While using it, because it is also natural materials and fabrics can be reworked, over the years can be passed down to the next generation.

I felt there was the original way of things, not disposable.

And another thing, I have looked forward to this morning that this tea cup is nice.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2018年12月02日

夏の暑さは嫌いな方ではなくて、汗かきなのですが、わざと暑い日中に散歩をしたりします。季節の匂いみたいなものが好きで、特に季節の変わり目には敏感になるのか、今なら冬の匂いですかね、どういう匂いかを言葉で説明するのは難しいのですが、枯れ草のような、夜になると冷たい空気の乾いた匂いというか、感覚的で上手く説明できないですが、夏も季節の匂いを嗅ぎに外へ出ます。

ただ、今年の夏だけは違って、外へ出ることに身の危険を感じましたね。暑過ぎて外出を止めよう、陽が落ちてから出かけようと、はじめて思いました。ちょっと外に出ただけで熱中症になりそうで、水分を取っても追いつかず、身体がどんどん熱くなって沸騰してくる感じ、その状態が一番危ないらしいです。

だから、今年の夏は屋内にいることが多かった、常にエアコンがかかった部屋の中。電気代も結構かかりました。ただ、エアコンをかけないと室内にいても熱中症になりますから仕方がないですが、エアコンの風があまり好きではないので、寝る時には苦労しました。

そもそも、外の気温が高くても、室内の温度が上がらなければエアコンをかける必要は無いですよね。エアコンをかけなければ電気代が安くて済みますが、エアコンをかけないで済むということは、それだけ室内が快適だということ。春や秋の中間期は冷暖房をかけずに過ごせて気持ちいいですよね、夏にそこまでの快適性を得られなくても、エアコンをかけずに過ごせたら、その快適性に近づきますよね。

住宅の断熱性能は冬を基準に決めます。冬の目標室温を達成するために必要な断熱性能が数値で厳密に決まります。ただ、ここで問題になるのは、冬を基準に決めた断熱性能だと、夏はより暑くなるということ。

冬は外の寒さが室内に伝わらないように高い断熱性能が要求されます。いわゆる高断熱ですね。そこに隙間風などか入って寒くならないように気密性の高さも必要となります。高気密高断熱、それを行うことは難しくないです。

魔法瓶を思い浮かべ下さい。それがまさに高気密高断熱の家です。中に熱い飲み物を入れれば1日中熱い、冷めない。冬は一度暖まれば、その暖かさが持続して、1日中暖かい、だから、暖房器具をずっとつけておく必要が無いので光熱費も安くて済む。

B527561D-3B87-4BB7-8AEA-2B9DDE6FF99E.jpeg

中に冷たい飲み物を入れても1日中冷たい、氷も溶けない。だから、夏もエアコンで室内を冷やせば、1日中冷えている、だから高気密高断熱がいいと思いますよね、ところがです、魔法瓶と実際の家は違うのです。

実際の家はそれでも外の熱が室内に入ってくる、窓から、太陽の日差しが。あと生活熱というのもあります、キッチンのコンロなど。あと人も発熱しています。冬夏関係無しに、暖房も冷房もかけなくても、高気密高断熱であっても無くても、日中の室温は放っておいても上がります。

それでも冬はいいです、暖かくなるのだから。問題は夏です。何もしないで放っておくと日中はどんどん室温が上がります。大体午後になると外気温より高くなる。そして、その熱は高気密高断熱の家だと外に逃げないので、よりどんどん室温が上がることになる。これを先程も例えましたが「魔法瓶効果」と言います。

室温がより上がるのを冷房で冷やし続ける。高気密高断熱の家にしてしまうと、夏の冷房負荷が大きくなり、光熱費が余計にかかります。

ではどうすれば良いのか?

高気密高断熱にしないことです。ただし、そうするためには冬の対策が不可欠です。もちろん、夏だってそれだけでは快適に暮らせません。

冬と夏の両方を快適に暮らすためには、自然の力を利用しないといけません。その話は、ここまで長くなりましたので、また次回に。

"How to make a warm summer cool house in winter vol.2"

I do not dislike the heat of summer, I am sweating, but I will walk for a while on purpose on purpose. I like something like the seasonal smell, especially whether it becomes sensitive to the change of the season, now it is a smell of winter, it is difficult to explain what kind of smell it is, but like a dead grass, at night I can not explain it sensibly well that it is a dry smell of cold air, but in the summer I will go out to sniff the season's smell.

However, unlike the summer of this year, I felt the danger of getting outside. Let's stop going out because it was too hot, I thought for the first time to go out after the sun went down. It seems to become a heat stroke just by going out for a moment, feeling that the body gets hotter and steams more quickly, taking that moisture, it seems that the condition is the most dangerous.

So, this summer I often stay indoors, in the room where air conditioning always took place. Electricity bills took quite a while. However, there is no choice because it will be a heat stroke even if you are indoors in the room, but you do not like the air conditioner's wind so much, so it was a hard time to sleep.

In the first place, even if the outside temperature is high, you do not have to turn on the air conditioner unless the room temperature rises. If you do not apply air-conditioner it will cost less electricity, but not having to wear air-conditioner means that the interior is comfortable as much. It is comfortable to spend the mid-season of spring and autumn without putting on air-conditioning and heating, even if you can not get the comfort that much in summer, if you can spend without air conditioning, you will be comfortable with that comfort.

The insulation performance of the house is decided on the basis of winter. Winter goal The adiabatic performance necessary to achieve room temperature is strictly determined by numerical value. However, the problem here is that if the insulation performance decided on the basis of winter, the summer will get hotter.

In winter, high insulation performance is required so that outside coldness will not be transmitted indoors. It is so-called high insulation. A high level of airtightness is also required so that there will be no draft winds entering there and getting cold. High airtight high insulation, it is not difficult to do.

Please think of a thermos bottle. That is exactly a high airtight, highly insulated house. If you put hot beverages inside, it will be hot, not cool all day. Once it warms up in winter, its warmth continues, it is warm all day, so you do not need to keep the heating equipment all the time, so the utility costs are cheap.

Even if you put a cold drink in it is cold all day, ice will not melt. So, if you cool the interior with an air conditioner in the summer, it is cold all day, so I think that a high airtight high insulation is good, but it is, the thermos bottle and the actual house are different.

Actually, the outside still enters the room, the outside sunlight from the window. Another thing is life heat, kitchen stoves and so on. People also have a fever. Even if you do not need heating or cooling without winter or summer relationship, even if it is highly airtight and highly insulated, room temperature will rise even during the day.

Still winter is nice, it will be warm. The problem is summer. If you do not do anything, the room temperature rises steadily during the day. It gets higher than the outside temperature in the afternoon. And since that heat does not escape outside if it is a high airtight, highly insulated house, the room temperature rises more and more. As I mentioned earlier, we call it "Thermos bottle effect".

Continue to cool down the room temperature rises in the air conditioning. If it becomes a high airtight and highly insulated house, the cooling load of the summer becomes large, and the utility cost increases unnecessarily.

So what should I do?

It is not to be highly airtight and highly insulated. However, in winter measures are indispensable to do so. Of course, summer alone can not live comfortably alone.

In order to live comfortably in both winter and summer, we must use the power of nature. That story has been long so far, so next time.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2018年12月01日

段々と寒くなってきましたね。今日から12月、冬だから寒いのが当たり前ですけれども、今年はいつもの年よりは暖かいですね。

だから、まだあまり暖房器具を使う必要も無いし、朝起きる時に寒くてベッドから出たくないなんて、まだそんなに思わないです、東京では。

毎年こうだとありがたいですが、気候のことは何ともわからない、外気温はコントロールできませんからね。

ただ、室内の気温はコントロールできますから、とても寒い冬の年でも今年のように暖房器具をあまり使うこと無しに、朝起きる時に寒くてベッドから出たくないと思うこと無しに、過ごすことができるようになります。

朝起きる時の寝室で、暖房器具を使わずに、室温が何度になれば、ベッドから出る時につらくないですか?
昼間リビングで、暖房器具を使わずに過ごすには、室温を何度にすれば良いですか?
夜中、寝室からトイレに行く時の廊下の室温、浴室の脱衣所の室温は?

ヒートショック防止には、廊下や脱衣所と言った主要な生活空間をつなぐ所の室温が大事で、暖かくして主要な生活空間との温度差を無くさないといけない。

主要な生活空間は窓もあり、場合によっては暖房器具を使うことで暖かくすることができますが、廊下や脱衣所と言った場所はそうもいかない時もある。

住宅全体を24時間常にどこにいても暖かくなるように暖房すれば良いですが、イニシャルコストとランニングコストがかかりますし、1次エネルギーを相当使い環境負荷を上げることになり、地球環境にも良くない。

暖房器具を使わない場合の冬の室温を各部屋で何度にすれば良いのか、まず目標とする室温を決めます。これは暖房器具を使わないので光熱費を下げることにもつながります。

目標とする室温が決まらないと住宅の断熱性能が決まりません。

断熱は住宅の中で快適に過ごすために行うので、その快適性を客観的に数値で表すには室温しかありません。

目標とする室温が決まれば、それを達成するための必要な住宅の断熱性能が決まります。

必要な住宅の断熱性能が決まれば、断熱材の種類や厚さなどの仕様や、住宅全体の窓の総面積と窓の断熱性能、南側の窓の大きさが決まります。

ただ単に断熱性能の良い断熱材を厚く使えば良いのかもしれませんが、その分コストもかかる、窓も同様。それに、それで本当に快適な室温になるのかわからない。

また窓に使うガラスは、外壁に比べて断熱性能が著しく劣るので、窓がたくさんあって、窓が大きければ良いというわけでも無く、かえって室温を下げることにもなりますので、必要な断熱性能から住宅全体の窓の総面積を数値で厳密に決めます。

目標の室温から必要な断熱性能を決め、その断熱性能を達成するために断熱材の仕様を決めますが、それだけでは目標の室温を達成できません。冷めない入れ物はできましたが、そこに火種がないと、入れ物は暖まりません。

火種になるのが、晴れた日の日中の南側の窓です。その時の南側の窓にはストーブ1台分と同じ量の太陽エネルギーがあります。それは日中ずっとストーブをつけているのと同じことです。

だから、南側のどこの位置にどのくらいの大きさの窓をどれだけ設けるが重要で、それも目標の室温から決めた断熱性能から割り出して厳密に数値で決まります。

全てを簡単に言うと、日中に窓から取得した暖かい太陽のエネルギーをなるべく減らさないようにして、目標の室温を翌朝まで維持する、ということです。

ですから、取得した暖かい太陽のエネルギーをできれば貯めておきたいですよね、蓄熱しておきたい。そうすれば、日中に蓄熱したものを夜に放出して室温が下がりにくくなる。

蓄熱するにも、南側の窓の位置と大きさが重要で、さらには蓄熱する場所をどこにするか、これも目標の室温から決めた断熱性能で決めます。さらには蓄熱する場所の材質や仕上げも重要になる。

全ての基準は、目標とする室温です。室温を決めないと断熱材の仕様が決まりませんし、本当に快適に暮らせるかどうかもわかりません。

今年の夏は異常に暑かったですね。その夏をエアコン無しで快適に暮らすためにはどうするのか、もちろん室温を決めることが重要であることには変わりありませんが、その他にも重要なことがあり、それは長くなりましたので、また次回に。

B9C64972-700F-4583-AD3D-A61C9D552BB6.jpeg

"How to make a warm summer cool house in winter vol.1"

It is getting colder and fatter. Today is December, because winter is cold, it is natural to be cold, but this year it is warmer than the usual year.

So, I do not need to use much heating equipment yet, I do not think that I do not want to leave the bed because it is cold when I wake up in the morning, in Tokyo.

I appreciate it every year, but I do not understand the climate at all, I can not control the outside temperature.

However, since the temperature in the room can be controlled, it is possible to spend without thinking that it is cold and not wanting to leave the bed when getting up in the morning without much use of heating equipment as in this year even in the very cold winter years It will be like.

In the bedroom when you wake up in the morning, if you do not use heating equipment, how many degrees the room temperature is, is not it hard to get out of bed?
How many degrees of room temperature do I have to spend without using heating equipment in daytime living room?
In the middle of the night, the room temperature in the corridor when going to the toilet from the bedroom, the room temperature of the bathroom clothing room?

To prevent heat shock, the room temperature connecting the main living space such as a corridor and a dressing room is important, and it is necessary to warm the temperature difference from the main living space to be warm.

There are windows in the main living space, and in some cases you can make it warm by using heating equipment, but there are times when the place called the corridor and the dressing room does not do so either.

It is only necessary to heat the entire house 24 hours a day to keep it warm anywhere, but it costs initial cost and running cost, it uses the primary energy considerably and increases the environmental load, which is not good for the global environment .

First of all, we decide the target room temperature to determine the number of times of room temperature in each room in the winter when not using the heating equipment. This leads to lower utility costs as it does not use heating equipment.

If the target room temperature is not decided, the heat insulation performance of the house will not be decided.

Since insulation is done to stay comfortably in the house, there is only room temperature to objectively express its comfort in numerical values.

If the target room temperature is decided, the necessary heat insulation performance of the housing to achieve it will be decided.

Once the necessary heat insulation performance of the house is decided, the specifications such as the type and thickness of the insulation, the total area of ​​the window of the entire house, the heat insulation performance of the window, the size of the window on the south are decided.

Although it may be good simply to use thick insulation material with good heat insulation performance, it costs much, corresponding to the window as well. Besides, I do not know whether it will be a really comfortable room temperature.

Also, the glass used for windows has significantly poorer insulation performance than the outer wall, so there are many windows and it is not good if the window is large, it will also lower the room temperature, so from the necessary thermal insulation performance We will strictly determine the total area of ​​the window of the entire house by numerical value.

We decide the required insulation performance from the target room temperature and decide the specification of the insulation to achieve its insulation performance, but by doing so we can not achieve the target room temperature. I could have a container that will not cool, but if there is no fire in there, the container will not warm.

It is the window on the south side of the day during sunny days to become an ignition. The southern window at that time has the same amount of solar energy as the one stove. It is the same as wearing a stove all day long.

Therefore, it is important to set how many windows in what size on the south side, and it is also determined from the adiabatic performance decided from the target room temperature and it is strictly determined by numerical value.

To put it all in brief, it means that the warm sun energy acquired from the window during the day should not be reduced as much as possible, and the target room temperature will be maintained until the next morning.

So, I would like to store the energy of the warm sun that I acquired, if possible, I want to store the heat. Doing so will release heat stored during the day at night, making room temperature less likely to fall.

In order to store heat, the position and size of the south side window are important, and furthermore, where to place the heat storage, this is also decided by the insulation performance decided from the target room temperature. Furthermore, the material and finish of the place where the heat is stored become important.

All standards are the target room temperature. If we do not decide the room temperature, the specification of the insulation is not decided and I do not know whether I can really live comfortably.

It was unusually hot this summer. Of course it is important that it is important to decide the room temperature, what to do in order to live comfortably in the summer without an air conditioner, but of course there are other important things too, so it got longer, so next time .


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2018年11月30日

先日「仲村さんのところは、3DプリンタとかVR機材とか夢の機材がありますので、アジトみたいで楽しいです」と言われたり、事務所へ行きたいという人が増えた。普段、事務所にはいないので、それに合わせて事務所にいるようにして、来る人拒まず、大歓迎、話し込んでしまう。

そう言えば「どこに向かっているんですか」とも言われた。意外では無いけれど、気恥ずかしくて一瞬間を置いて小声で「自作自演」と思わず言ってしまった。

VRもBIMも3Dプリンターも自作自演を支えるためのツール。VRからはじまり、最初はただVRでの建築の見え方が凄い、これを設計に使いたいと思っただけ、そこから、BIMに興味を持ち、25年近く使用したCADからRevitに変え、Revitのモデルには拡張性があるので、人から勧められてCGソフトを入れ、リアルなパースや動画をつくりはじめ、前から欲しかった3Dプリンターでモデルを出力して模型や部材もつくるようになり、気がつくと、設計だけでなく施工の領域にまで踏み込んで自作自演できる環境が整ってしまった。

別にこれらのツールが無くても自作自演はできるが、意識せずに、これをはじめたからこれもできるようになるな、とか、これがあるからこれもできないかな、とか、前からこれに興味があったのだけれどもできるかな、と人にきいたりして、気がついたら自分で何でも自らの手で簡単に対してそんなに労力なしに生み出せるようになっていた。根底には、道具は大事、道具しだいで変わることがたくさんある、と思っているからだろうけど、意識せずに整ってしまったことが本当は求めていたことなのかもしれない。

自作自演とは、自分の思考だけで完結でき、その評価を誰に求めるのでも無く、自分で自分に評価を下すことで、好きなことをするよりも、楽しいことをするよりも、自作自演を大事にしている。好きや楽しくても、自分の判断だけで決定できないと、どこかで迎合することになり、精神衛生上よくない。仕事として建築デザインを行いつつ、自作自演できる場があると、自分の能力を確認し、鍛え、高めることができ、相乗作用があれば、いずれ自作自演だけになるかもしれない。

このように設計環境を再構築したおかげで、どこにいても設計ができ、1人でやりくりして完結できるようになったので、もっとひとつのことに対して思考を深めることができるようになり、それが自作自演の場で自分の能力を高めることに繋がっている。

例えば、輪島塗のフリーカップづくり。これは完全に自作自演、しかし、自分から出て来たとは信じられないようなデザインに発展しており、自分の能力を確認し、鍛え、高めることができていると思う。

これからもっと自作自演をしていくことになるだろう。それを継続してずっと行っていく環境が今整いつつある。

F2AE50D9-8364-4BAA-9924-49DD2C4265F9.jpeg

"Self-made performances"

The other day, "Nakamura's place has 3D printers, VR equipment and dream equipment, so it's fun like an honor" and more people said they wanted to go to the office. I usually do not stay in the office, so I will stay in the office accordingly, I will not refuse to come, welcome, I will talk.

As I said, 'Where are you heading?' Although it is not surprising, I was embarrassed and sprang one moment and in a low voice I said without thinking "self-made performance".

Both VR, BIM and 3D printers are tools to support self-made performances. Beginning with VR, at first it is just how VR's architecture looks awesome, I just wanted to use it for design, from there I got interested in BIM, changed from CAD used for nearly 25 years to Revit, from Revit's As the model has extensibility, I recommend CG software from people, start making realistic perspectives and animations, outputting models with a 3D printer I wanted from before to make models and members, I noticed And, not only the design, but also the environment where we can stepping in to the field of construction and making self-made performances has been set up.

Apart from these tools I can do my own self-performance but without consciousness, since I started this I can also do this, I can not do this because there is this, I've been interested in this for some time I listened to someone that he could do it, but when I realized I could create whatever I could with my own hands without much effort by my own hands. Basically, tools are important, because they think that there are lots of things to change depending on the tool, but it may be that what you really wanted is that you did not realize it without being conscious.

Self-made performances are self-made performances rather than doing something more fun than doing anything they like by doing self-evaluation on themselves without asking anyone to evaluate themselves, being able to complete with their own thoughts alone I am cherished. Even if you like or have fun, if you can not decide just by your own judgment, you will be somewhere to meet up and it is not good for mental health. If you have a place to do your own self-made work while doing architectural design as a work, you can check your ability, train and enhance, if there is a synergistic effect, it may be only your own self-made performance.

Thanks to the rebuilding of the design environment like this, I can design anywhere, I can finish it by one person, so I can deepen my thought on one more thing, It leads to enhancing my skills at home for self-made performances.

For example, making a free cup of Wajima coat. This is completely self-made, but I am developing into a design that I can not believe that I came out of myself, I think that I have been able to confirm my skills, train and enhance.

I will be doing more self-made performances from now. The environment where we continue to do it all the time is coming.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2018年11月29日

ゲーミングPCを導入してVRをはじめた。BIMをはじめるにも同性能のPCが必要で、何が違うのかというとグラフィック性能。Macではグラフィック性能が追いつかなかったし、VRとBIMではPCにそれだけのグラフィック性能が要求されていた。

それでも新しいMacBook Proを導入してまだ半年だったので、Boot CampでWindowsを動かし、Autodesk社のRevit(レビット)をインストールして、ゲーミングPCとMacの2台体制でBIMをはじめることにはした。

簡単なモデルをつくる時はMacで十分なので、軽いから持ち歩き、詳細なモデルやプレゼン資料やCG、VRデータを作成する時はゲーミングPCと使い分けた。

VRの操作は難しいことではないので、すんなりとできるようになり、Revitは市販の教本を一通りやって基本的なことを覚え、あとはわからない度に人にきいた。

CADを使ったことがある人ならば、Revit特有のクセはあるが、問題なくできるだろう。レイヤーという概念が無いので、そもそも実際の建築にはレイヤーなど存在しないから、Revit内で実際の建物に当たるモデルを作成しようとした時にレイヤーなど使わない。

実際の建築をつくるように、床は床、壁は壁、天井は天井、下地は下地としてモデルをつくる。前に使っていたVectorworks(ベクターワークス)というCADも同じように床は床、壁は壁と作れたが、レイヤーがあり、もっと汎用性が高く、オブジェクトとして四角い床がつくれたが、Revitでは作図はできるが、そこまで汎用性が高くなく、BIMだと床など部位別にきちんと情報が整理されていないと使えないからそうなっているのだろうが、操作しだいで自由に形をつくることもできた。

ゲーミングPCはノートにした。VR装備一式を持ち運びすることができたので、ノートにすればゲーミングPCも持ち運びができ、どこでもVRができる。これは建主のお宅に持ち込んで、これから建てる予定の住宅をVRで一足先に体験してもらい打合せをすることを想定していたが、私はそれにプラスして、設計している場所の傍らに設置して、いつでもVRで設計途中の建築を検討したかったから。

この後、初期の段階でゲーミングPCを導入したおかげで、この時には想像もしていなかったことが展開できるようになり、それが新たな機会を生むことにもなった。

B738EAFB-B42C-43E6-AC64-2747BEB05389.jpeg

"I introduced a gaming PC"

Introducing gaming PC and starting VR. In order to start BIM, PC with the same performance is necessary, what is different is graphic performance. On Mac, the graphic performance did not catch up, and VR and BIM required PC for that much graphic performance.

Still it was half a year since I introduced the new MacBook Pro, so I decided to start Windows with Boot Camp, install Autodesk's Revit and start a BIM with two gaming PCs and Macs.

When creating a simple model, Mac is enough, because it is light, I carry around, carrying out detailed models, presentation materials, CG, VR data when using gaming PC differently.

Operation of VR is not a difficult thing, so we can do it smoothly, Revit learned basic things through a commercially available textbook, and he asked people whenever I do not understand it.

If you've used CAD, there are certain peculiarities of Revit, but you can do it without problems. Since there is no concept of a layer, there is no layer etc. in the actual construction in the first place, so do not use layers when you try to create a model that corresponds to an actual building in Revit.

To create the actual building, the floor is a floor, the wall is a wall, the ceiling is a ceiling, and the base is a base as a base. Similarly, CAD called Vectorworks (VectorWorks) which I used before was able to make the floor as the floor and the wall as the wall, but there is a layer, it has more general versatility, a square floor could be made as an object, but in Revit a construction Although it is possible to do so, its versatility is not high so far, it seems that it is because it can not be used unless the information is properly sorted by floor and so on with BIM, but it can also be shaped freely according to the operation It was.

I made the gaming PC a notebook. Since I was able to carry a complete set of VR equipments, I could carry a gaming PC as a notebook, and I could do VR anywhere. This was brought to the owner's house and was supposed to have a meeting to have the VR plan to build a house to be built ahead of the other, but I plans to make a meeting and places it in the place I am designing Because I wanted to set up by my side and want to consider architectures under design at any time by VR.

After that, thanks to the introduction of the gaming PC in the early stages, what was not imagined at this time could be expanded, which also resulted in new opportunities.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2018年11月28日

VRを建築設計途中の検討用ツールとして使いたいならば、BIM(ビム)とは関係無しに、現状Autndesk社のRevit(レビット)を導入するしかない。ならば、BIMにもっと興味を持ってみよう、がBIMをはじめるキッカケだった。

VRの説明会では最初にBIMの話から入った。BIMの基本概念からはじまり、BIMが今後主流になるだろう、特に施工現場ではすでに導入され機能しているなど。その中で特に興味を持った話は、Revitを導入してBIMをはじめた場合の拡張性だった。

建築設計する場合、今までは2次元の図面をつくり、それを元に3次元のパースや模型を制作していたが、Revitを導入してBIMをはじめると、最初から3次元のモデルと称する実際の建物をソフト内で構築し、必要な情報、例えば、図面などを後でモデルから取り出すことになる。

このRevitのモデルには拡張性があり、VRはそのモデルデータを変換して使用するのだけれども、このモデルを構造設計事務所に渡すと、建物の骨組みをモデルに入力して返してくれるので、Revit上で意匠設計と構造設計の整合性を見ることができ、確認申請機関にはRevitのモデルをそのまま提出すれば、ペーパーレスで確認申請の審査を受けることができ、このモデルデータはそのままで他のCGソフトに読み込ますこともできるので、よりリアルなパース画像や動画も簡単に作成することができ、また、このモデルデータを変換して使用すれば3Dプリンタで出力でき、スチレンボードで白い模型をつくる必要が無くなる。

私は1人で設計から施工管理まで行うので、設計時にRevitでモデルデータを作成することが、自分が実際に動くことによる労力や時間を大幅に削減でき、設計を大幅にサポートするだけでなく、1人だからよりRevitのモデルから拡張されたこれらのことを上手く連携させ、レスポンスよく進めることができ、設計の質を直接高めていくことができるのではないかと考えるようになった。

また、この拡張性のおかげで、どこでも場所を選ばずに、動くことなく、ノートPCとネットの環境があれば設計ができるようになる。VR装備一式も持ち運べ、最低2m角位の場所があれば良い。3Dプリンタを置く場所だけは限定されるが、一度プリントアウトの作業をすればずっとその場にいなくてよく、モデルデータだけを送信してその作業だけを誰かに頼むこともできるだろう。そうすると、事務所もいらなくなる。

BIMとは、最低限ここまで拡張性があってはじめて成り立つのではないだろうか。

そう考えると、メインのOSをMacからWindowsに変えることも、より拡張性を高め、よりクリエィティブな建築を生む可能性も高めることになる。また、Autodesk社のRevitはBIMソフトとして世界中でメインで使われるようになるので、モデルを作成すれば、それが共通言語となり、モデルを渡すだけでプレゼンから施工までできてしまう可能性も秘めていた。

ここまで順に考えてきてやっと、25年近く使用して習熟しているCADソフトを捨て、愛着のあるOSも変え、Revitを導入してBIMをはじめることに決心がついた。

これは、この先まだ15年以上は設計をして、よりいい建築を生む出したいと考えていたので、そのためには、今、設計環境を再構築する必要があるのでは、という想いもどこかにあったから決断できたのかもしれない。

BA877080-166C-48B9-BD50-1B8EE7D67EC3.jpeg

"Bim's silence"

If you would like to use VR as a tool for examination in the middle of building design, you can only introduce Revit (Revit) from Autndesk, regardless of BIM (Bim). Let's be more interested in BIM, but it was a challenge to start BIM.

At the briefing session of VR, we entered from the story of BIM for the first time. Starting with the basic concept of BIM, BIM will be mainstream in the future, especially already installed and functioning at the construction site. Among them, the story that was particularly interesting was the extensibility when I introduced Revit and started BIM.

In the case of architectural design, until now, we have created a two-dimensional drawing, and based on that we created a three-dimensional perspective or a model, but if we introduce Revit and start BIM, we will call it a three-dimensional model from the beginning We will build the actual building in software and retrieve the necessary information, such as drawings etc later from the model.

This Revit's model is extensible, and VR converts its model data and uses it, but if you pass this model to the Structural Design Office, you will enter and return the framework of the building to the model , You can see the consistency of design design and structural design on Revit and you can receive the examination of confirmation application paperless if you submit Revit's model as it is to the confirmation application agency and keep this model data as it is Since it can also be loaded into other CG software, more realistic perspective images and moving images can be easily created, and if this model data is converted and used, it can be outputted with a 3D printer, and it is white with a styrene board There is no need to make a model.

Since I do it from design to construction control, creating revit model data at design time can greatly reduce labor and time due to my actual movement, not only to greatly support the design Since I was one, I began to think that I could collaborate these things extended from the model of Revit well and proceed with a good response, so that the quality of design can be improved directly.

Also, thanks to this extensibility, designing will be possible if there are laptop and net environments, without moving anywhere, without moving anywhere. You can also carry a complete set of VR equipment, as long as there is a place at least 2 m square. Although only the place to place the 3D printer is limited, once you print out, you do not have to stay there for a long time, you can send only the model data and ask someone to do just that work. Then you will not need an office.

Will not it be possible to have BIM for the first time with scalability so far?

If you think so, changing the main OS from Mac to Windows will also increase the possibilities of increasing scalability and creating more creative architecture. Also, Autodesk's Revit will be used mainly as a BIM software all over the world, so if you create a model, it will become a common language and you can also possibly be able to do from presentation to construction simply by passing a model It was.

After considering it so far, I decided to throw away the CAD software that I've been using and using for nearly 25 years, changed the OS with attachment, introduce Revit and start BIM.

This is because I was thinking that I wanted to design more than 15 years and to produce better buildings, so for that I think that it is now necessary to reconstruct the design environment somewhere It may have been decided because it was in.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2018年11月26日

VRを使ったから何かが変わるとも特に思ってはいなかったが、建主に設計内容を説明する時には役に立つかもしれないと、VRの説明会で話を聴きながら思っていた。

それまで建主には、平面図、立面図、断面図などの図面と外観、内観などのパース、スチレンボードでつくる白い模型で設計内容を説明していたが、私自身が感じたこととして、パースで説明している時が一番建主の理解度が高い。

2次元の図面から建物の全体像や室内の様子を理解するのは、慣れが必要なようで、なかなか細部やスケール感などが伝わらない時がある。白い模型は3次元なので、見てすぐに外観の形や間仕切りなどのプランは理解しやすいようだが、白い模型から実際の建物をイメージするには、やはり訓練が必要なようで、私たちは白い模型に仕上げの素材や色のが付いたものをイメージできるが、やはりそれが難しいらしく、なかなか伝わらない時がある。

なので、設計打合せの最終局面になってくると、パースを多用するようになる。ゲームや携帯コンテンツが3次元のものを2次元の画面で見るので、パースも同じだから、日常的に3次元のものを2次元に変換して理解する訓練をしているようなものになり、そのためパースが一番理解しやすいのではないかと思う。

VRは仮想ではあるが3次元空間に没入するので、頭の中で2次元に変換する必要が無いから余計に理解しやすいはずで、それはもちろん実際の建物を体験しているのと同じになるので、だから、建主に設計内容を説明する時には役に立つのではないかと思っていた。

説明会のVR体験で、VRのゴーグルをかけると、すでに目の前にはVR空間が広がっていた。コントロール・スティックがVR空間の中に浮かんでおり、それを手で掴む。説明会の会場にセッティングされたVR空間は、位置センサーが対角線状に置かれた3.5m位四方の空間で、その広さがVRのゴーグルをかけて実際に歩いて移動できるVR空間になる。もう一つの移動手段は、コントロール・スティックを使用し、ボタンを押して行きたい場所にビームを照射すると瞬時にその場所に移動できる。

あらかじめVR空間には住宅が建っており、それを空から俯瞰することもできるし、近づいて見ることもできるし、当然室内に入り歩き回ることもできる。3.5m四方のVR空間の外へ出そうになると網目状の壁が現れるので、ゴーグルを付けて部屋の様子がわからずに歩き回っても壁などにぶつかったりする危険性も無く安全だ。

説明会ではキッチンに行き、システムキッチンの天板の高さや背面の食器棚との位置関係や使いやすさ、キッチンに立った時に室内の様子がどう見えるのか、ダイニングテーブルまでの距離などが実感できた。説明会の趣旨から、たぶん主催者はこれを体験させて「ほらモデルハウスのようでしょ」と思わせたかったのだろう。

庭に出た時だった、振り返って建物を見上げて驚いた。

空から俯瞰で建物を見るのは模型でできる。模型をぐるぐる回せば、いろいろな角度から建物の外観を見ることができる。室内も模型が各階毎に分離するならば、上から俯瞰して見ることができる。室内の様子も模型にCCDカメラのような小型カメラを入れれば、画面越しには把握できる。だだし、これらは全て巨人の視点で、等身大の人間の視点では無い。たがら、スケール感を把握する時に間違えやすくなる。

EAED85FD-4E92-4A61-A1F9-08C920E85BB6.jpeg

庭から建物を見上げた時「この見え方ははじめてだ、これは実際に建物が立ち上がって完成した時にしか感じることができない見え方だ」と思い驚いた。キッチンに行った時も、もちろん実際に建物が完成しないと厳密にはわからないが、ある程度はキッチンのショールームなどに行けば擬似体験はできる。しかし、この庭からの見上げはVR以外では擬似体験もできないだろう。

56E598A8-DD88-4D6D-8802-6599C85DB778.jpeg

私はこの瞬間にVRを導入することを決めた。もちろん建主への説明用ツールでもあるが、設計に使おう、設計の検討段階でVR空間に没入し、スケール感や見え方を確かめるツールとして、スケール感は建築のデザインをする上で重要なことのひとつなので、それを実際の建物が立ち上がった時と同じように確認できることは素晴らしい。

設計中にVR空間に没入し、歩き回り、立ち止まり、見上げたりして、空間のつながり方や見え方、部屋の広さや天井の高さ、開口部の位置や大きさ、光の入り方や、室内から外の見え方、またその逆など、等身大の人間の視点で確認する。考えただけでも楽しくなる。

ゴーグルを外して、その場で説明会の主催者にVRを導入することを伝えた。

"VR introduction"

Although I did not particularly speculate that something will change because I used VR, I thought it might be useful when explaining the design content to the owner, listening to the story at the VR briefing session.

Until then, the building owner explained the design contents with a drawing such as a plan view, an elevation view, a sectional view and the like, a perspective such as appearance and internal view, a white model made of a styrene board, but as I felt , Perth understands most when the time explains in Perth.

Understanding the overall image of the building and the state of the room from the two-dimensional drawing seems to require familiarity, and there are times when the details and scale feeling etc. are not transmitted easily. As the white model is 3 dimensional, it seems easy to understand the plan of appearance shape and partitions etc. as soon as you see it, but in order to image the actual building from the white model, it seems that training is still necessary, we are white I can imagine a model with a finished material or color, but it seems difficult to do, and there are times when it is hard to convey.

So, when it comes to the final stage of the design meeting, it will start to use a lot of Perth. Since games and portable contents view 3-dimensional objects on 2-dimensional screens, since the same is true for Perth, it is like being training to understand three-dimensional things to 2 dimensions on a daily basis, So I think Perth is easiest to understand.

VR is virtual, but immerses in 3-dimensional space, it should be easy to understand because it is not necessary to convert it into 2 dimensions in the head, which is of course the same as experiencing the actual building So, so I thought that it would be useful when explaining the design content to the owner.

In the VR experience of the briefing, when VR goggles were applied, the VR space had already spread before my eyes. A control stick is floating in the VR space and grips it with the hand. The VR space set at the briefing venue is a VR space that can move by actually walking and walking with VR goggles in a space of about 3.5 m in which the position sensor is placed diagonally. Another means of movement is to use the control stick and press the button to irradiate the beam to the place where you want to go, you can instantly move to that place.

Houses are built in the VR space beforehand, you can see the overhead from the sky, you can see it as you approach, you can even walk around and enter the room. Since mesh-like walls appear when going out of a 3.5 m square VR space, there is no danger of hitting a wall or the like even if walking around without wearing goggles without knowing the state of the room and it is safe.

At the briefing session, I went to the kitchen, I realized the height of the top board of the system kitchen, the positional relationship and ease of use with the cupboard on the back, how the inside of the room can be seen when standing in the kitchen, the distance to the dining table It was. Perhaps because of the purpose of the briefing session, the organizer would have liked to think that "it looks like a model house," as the organizer has experienced this.

It was when I got into the garden, I turned around and was surprised to look up at the building.

You can look at the building from the sky in an overhead view with a model. If you turn around the model, you can see the building's appearance from various angles. If the model separates for each floor also in the room, you can see it from the top down. If you insert a compact camera such as a CCD camera in the interior as a model, you can grasp it through the screen. However, these are all giant's point of view, not a life-sized human being's point of view. However, it is easy to make mistakes when grasping the sense of scale.

When I looked up at the building from the garden, I was surprised to see that this is how it looks, this is how it looks like it can only be felt only when the building is up and finished. Even when I go to the kitchen, of course, I do not know exactly that the building is not completed, but to a certain extent you can do a simulated experience if going to a kitchen showroom etc. However, looking up from this garden will not be able to simulate anything other than VR.

I decided to introduce VR at this moment. Of course, it is also a tool for explanation to the owner, but as a tool for designing it, immersing in the VR space at the stage of design consideration, and ascertaining the sense of scale and appearance, scale feeling is important in designing the building As it is one of the things, it is wonderful to be able to see it as it was when the real building stood up.

Immersed in the VR space during designing, walking around, stopping, looking up, how to connect and see the space, the size of the room and the height of the ceiling, the position and size of the opening, how to enter the light, Check out from the perspective of a life-size human being such as how to see from outside, and vice versa. Just thinking makes fun.

I told them to remove the goggle and introduce the VR to the organizer of the briefing on the spot.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2018年11月24日

呂色職人の工房では、現在制作中の石目乾漆や様々な漆塗りの仕上げや製品を見ることができた。

0A72AEBF-1AB7-4D55-8FCC-48494693FCCE.jpeg

輪島塗のフリーカップ制作の塗りの打合せのために呂色職人の工房へ来たのだけれども、本題に入る前に塗りというか輪島塗の可能性みたいな話になって、輪島塗を万年筆に施したり、他に乾漆途中の漆器や制作完成間際のフリーカップなどを見せて貰った。

中でも、これは呂色職人の方が自分用に制作しているらしいが、1号サイズの大きさの板に自分で好きなように好きな色の漆を塗り、それに対して好きなように絵柄を描いてと蒔絵職人や沈金職人に渡して制作したものが良く、絵柄の繊細さ、精緻さに加え、その絵柄の図案的処理が古臭くなく、現代的で素晴らしかった。輪島塗は全ての工程が分業体制で、それぞれの工程に専門の職人がいるが、それぞれの職人の質の高さと文化的意識の高さと好奇心に輪島塗の奥深さと底力を見たようだった。

9FF4DF0A-0CD2-49DF-9763-D5CDEFFDF062.jpeg

ただ残念なのは、これらの職人に後継者がいないこと。これらの技術を生かす場がないのだ。後継者を育てるためには、その技術を生かす場をつくらないといけなくて、そのためには職人の技術を最大限に生かす無理難題な仕事を持ち込まないといけないし、それだけでは仕事の絶対数が少ないかもしれないから、職人の技術を最大限に生かすものを現代的なセンスで勇気を持ってこれですとつくり出す人が必要、会社や組織では無くて、人でないと。「類は友を呼ぶ」という言葉があるが、「類」すなわち「集まり」の元は人で、会社や組織では当然利害が生まれ、無理難題な仕事を職人に持ち込むことを躊躇するようになるから、無理難題な仕事を持ち込む人に人が集まり類になると、友を呼べて、共感が得られ、輪が広がり、職人の技術を最大限に生かす場ができる。

輪島で現代的なセンスで漆器をつくるお店を訪れたが、輪島の職人の技術を全然生かしていないし、老舗を訪れると職人の技術を最大限に生かしたものがあるが古臭い。漆器以外の伝統工芸にも言えることだが、後継者が育たないのは、伝統技術を生かした仕事が産業として成り立っていないため、産業として成り立たないのは、宣伝やブランディングが足りないという人もいるけれど、単につくっているものが受け入られていないだけ、何をつくれば良いのかがわかっている人がいないから。

呂色職人が自分用に制作したものに銀色の漆塗りのものがあり、一緒に行った塗師の方もひと目見て「これいいじゃない」と言ったもので、私も気に入った。呂色職人にきくと、その銀色は錫だそうで、錫を焼いて色粉にしたもので、焼かないで錫を使うと臭いらしい。他に、その錫と銀の漆を塗り分けたお箸があり見せてもらうと、錫と銀では微妙に色が違う。比べると銀の方が少しだけ茶色い、これは銀が酸化するためだと呂色職人は教えてくれた。私の色の好みは錫の方だった。

DFFBF0BB-6399-4279-8460-A083B6951064.jpeg

7007F839-9E51-40D3-BF21-259CC96B4EE5.jpeg

輪島塗のフリーカップの漆塗りの色については、特に何色にしようという構想はなく、人肌の感触にすることだけが決まっていて、その人肌の感触をつくる上で色が決まるのであれば、その色でよかった。

カップの漆塗りの打合せになると、とにかく私は人肌の感触にすることが第一で、色に関しては二の次だと呂色職人と塗師の方に再度はっきりと伝えた。ここがブレるときちんと見本ができて来ないだろうと思ったから。呂色職人の方は私よりもたぶん10歳位は年上の方だが、
「私の肌と若い人の肌は違うからな、若い人の潤いのある肌を参考にしないと」
と言いながら、塗りの艶はどうしますか、と私にきいてきた。
私「艶も人肌の感触を出すための大事な要素だと思うので、人肌の感触を出すことを優先して、艶はあっても無くてもいいです」と伝えた。

とにかく、人肌の感触を出すためには呂色職人の伝統技術に裏打ちされた技にかかっているので、呂色職人が迷わないように、この打合せで私は交通整理に徹していた。だから、色にはこだわりがないが、色が意味性を持つのも嫌だったし、カップなので中に入れる飲み物が不味そうに見える色は避けたかったので、無彩色、これならば意味性も特に無いだろうし、飲み物を入れるのに無難な色だと思い、黒、白、それと先程の焼き錫の三色を指定し、この三色で石目乾漆の技法を元に人肌の感触をつくり出した漆塗りの見本を制作してもらうことになった。

ここまで輪島の塗師の方、椀木地職人、朴(ほう)木地職人、呂色職人の方は親身になって、私が考えたことがどうやったら実現できるのかを真剣に考えてくれました。本当に感謝の言葉しかありません。

漆塗りの見本ができ上がったら東京に送ってもらうことになり、それで木地と見本を見ながら、再度どうするかを考えて、必要ならば再度来輪する予定。見本が送られて来るのが本当に楽しみでしょうがない。

"Leverage traditional techniques"

In the workshop of Lu color craftsman, I could see the finest products and products of stone-eyed lacquer and various lacquer coatings under construction.

Although I came to the workshop of Lu color craftworker for the meeting of painting of Wajima coat free cup production, before it goes into the main subject, it is said to be painting or a story like the possibility of Wajima coat, applying Wajima coat to a fountain pen, Other than that I got the lacquerware in the middle of the lacquer and the free cup just before completion of production.

Among them, this seems to be produced by Lu color craftsman for myself, but paint the lacquer of the color of your choice on your board of size 1 size yourself as you like, as you like against it Writing a picture and passing it to a lacquer craftworker or a deposit craftworker (image one) was good, in addition to the delicacy and precision of the picture, the design process of the picture was not old-fashioned, it was wonderful contemporary. Wajima coat seemed to see the depth and bottom power of Wajima coat for high quality and cultural awareness of each craftworker and curiosity, although all processes are division of labor and each process has specialized craftsmen.

The only regret is that these craftsmen have no successor. There is no place to make use of these techniques. In order to nurture the successor, we need to create a place to make use of that technology, and to do so we have to bring in an unreasonable task to take full advantage of the craftsmen's skills, and that alone means that the absolute number of jobs Because it may be few, people who make the utmost use of craftsmanship technology are needed with a courage to do this with modern sense, this is not a company or organization, not a person. There is a word "kind calls a friend", but the origin of "kind" or "gathering" is a person, a company or organization naturally has interests, he / she will hesitate to bring unreasonable tasks to craftsmen When a person gathers into a person bringing in an impossible task, you can call friends, gain empathy, spread the circle, and have a place to make full use of craftsmanship techniques.

Although I visited a shop that makes lacquerware with modern sense in Wajima, I do not make full use of the technique of Wajima's craftsmen, and there are things that made full use of craftsmanship techniques when visiting long-established stores, but old-fashioned. Although it can be said to traditional crafts other than lacquer ware, successors do not grow up because there is no business that makes use of traditional technology as an industry, so there are people who are not satisfied with industry as advertisements and branding are insufficient But, as there is no one who knows what to create just because it is not accepted what you are making.

There is a silver lacquered lacquer (thing of the image) which Lu color artisan made for myself, and the painter who went with it also saw at a glance and said that "This is not good", and I favorite. When I heard the Lu color craftsman, the silver color seems to be tin, I baked tin to make it a color powder, and when I use tin without baking it seems to smell. Besides, if you have chopsticks (image one) that painted the tin and silver lacquer, it is slightly different in color between tin and silver. Lu color artisan taught that silver is a little brown in comparison, this is because silver oxidizes. My preference for color was towards Tin.

Regarding the lacquered color of Wajima-covered free cup, there is no specific idea of ​​what color it is made, only what to make it to the human skin is decided and if the color is decided in order to create the feel of the human skin It was good with that color.

Anyway, I got to tell Lu color craftsman and painter again that color was about to be secondary in terms of making the feel of human skin the first time when it was a lacquering meeting for cups. Because I thought that a sample would not come out properly when this was brought down. Lu color craftsman is probably older as I am about 10 years old than me,
"My skin and the skin of young people are different, I have to refer to the skin with young people 's moisture"
While saying that, I asked me what to do with the gloss of the paint.
"I think that gloss is also an important element for giving the feel of human skin, so it is good to give a feel of human skin, gloss may or may not exist."

Anyway, in order to bring out the feel of human skin, it depends on the technique backed up by the traditional technique of Lu color craftsman, so Lu color craftworker did not get lost, I was thoroughly handling traffic control at this meeting. So, although there is no particular attention to the color, I also disliked the color to have meaning, because it was a cup, I wanted to avoid the color that the drink put in would look unfavorable, achromatic, in this case semantic Also, I thought that it was a safe color to put in drinks, I specified the three colors of black, white, and the above-mentioned grilled tin, and based on the technique of the stone eye dry lacquer in these three colors the feel of human skin It was decided to have a lacquered painting sample produced.

Have you been a Wakajima painter, a bowl of woodland craftworker, a craftsman of Park, a craftsman, Lu color craftsman so far, seriously think about how I can realize what I thought It was. I really only have words of gratitude.

When the sample of lacquer finish is finished it will be sent to Tokyo, so while watching the wood and swatches, I will think about what to do again and plan to come back if necessary. It is really fun to be able to send a sample.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2018年11月23日

呂色職人は塗師屋の所に別の用事があり、来ることになっていたらしい。別の用事とは座卓の傷直し。

輪島塗のフリーカップの塗りの人肌感触の打合せの続きは、呂色職人の工房にて行うことになったので、おもむろに傷直しの作業をしはじめた。塗師が言う、滅多に見られないよ、と。

見本場の打合せテーブルの横に布を掛けられて置かれていた座卓には、すでに傷の部分に同色の漆が塗られていて、乾くのを待っていたようだ。呂色職人により磨く作業がはじまった。

先程までの打合せの中で呂色職人の方が
「漆塗りの工程の中で何が一番重要だかわかりますか?」と私に問うてきた。

私「塗り、上塗りですかね。最終的な仕上げだから」
職人「皆さん、そう言いますね。確かに、上塗りは重要ですよ。それに花形というか、華々しい部分ですからね。でも、違うんですよ。磨きなんです」

呂色職人曰く、磨きという工程は、下塗り、中塗り、上塗りの全ての工程にあり、磨きが下手だと上手く塗れないらしい。確かに、磨いて下地が平滑でないと綺麗には塗れないだろう。自分の工程が一番重要だと言いたいだけかな、という気もしたが、ただそれも一理あるなと思った。

その磨きの作業がこれから見られる。職人は呂色粉と呼ばれる白い粉を取り出して、自分の手に付けはじめた。磨くと聞いたから、何か道具を使って行うのかと思っていたが、手の平が道具だった。

手の平の感触だけを頼りに、あらかじめ傷の部分に塗られた漆を磨いていく。元々の座卓は相当艶がある仕上げなのに、呂色粉を付けた手の平だけで段々と艶のある仕上げになっていく。素人からすれば、これだけ艶のある仕上げだと、かえって手の平にある掌紋の凹凸が細かい傷になり目立つのではないかと考えてしまうが、見事に傷の部分がわからなくなり、座卓の他の部分の艶と全く同じように仕上がった。その間わずか10分足らず、正に職人技の極致を見たようで圧倒された。

25DE6BD7-6075-40FE-8744-C0B3FF580A08.jpeg

"Craftsmanship"

Lu color craftsman seems to have another business at the paint shop, and was to come. Another errand is to repair the seat.

The continuation of the discussion of the human skin feeling of the Wajima-coat free cup painting was to be done at the workshop of Lu color craftworker, so I started to do the work of rewriting in good faith. The painter says, it rarely can not be seen.

The seat table which was put on cloth next to the meeting table of the exhibition ground already had lacquer of the same color painted in the part of the wound and seems to have been waiting for drying. Work started to polish by Lu color craftsmen.

Lu color craftworker in the meeting until the previous
I asked myself "What is the most important thing in the lacquering process?"

I "paint, top coat, because it's the final finish"
Craftsman "Everyone, that's true, it is true that the top coat is important, and it's a spectacular part, because it's a flower form, but it's different, it's a polish."

Lu color craftsman said that the process of polishing is in all processes of undercoat, middle coat, top coat and if it is poor in polishing, it can not be painted well. Certainly, it will not be cleanly painted unless the surface is polished and the smoothness is not smooth. I thought that I just wanted to say that my process was the most important, but I just thought that there was a way too.
 
The polishing work can be seen from now. The craftsman took out the white powder called Lu color powder and began to put it in his hand. I was told that I would polish, so I was wondering if I would do it using some tools, but my palm was a tool.

Depending on only the feeling of the palm, I will polish the lacquer painted on the scratches in advance. Although the original seat table has a finished glossy finish, it gradually becomes a glossy finish with only the palm with lustrous powder. From an amateur, if this is only a shiny finish, I think that the unevenness of the palm print in the palm is a fine scratch and stands out, but it is not surprising that the part of the scratch becomes obscure, the other part of the seat table It was finished in exactly the same way as the gloss of. Meanwhile, it was less than 10 minutes and I was overwhelmed as if I saw the extreme of craftsmanship right.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2018年11月20日

「鯖あるけど」
カウンターにいたもう1人の客が帰ってすぐに大将が唐突に声を掛けてきた。
私「えっ」
大将「鯖があるけど」
間髪入れず、被せ気味に
私「ください」
大将はニコニコしながら急に話し掛けてきた。

昼間、塗師の方がそのお店のおススメを教えてくれた。今だったら香箱蟹、鱈の白子。それに加えて、輪島のふぐ刺し、白海老の天ぷら、酢牡蠣も注文、生ビールを少し呑んでから、輪島の地酒も。

香箱蟹の内子、外子で地酒をゆっくりとなんて思ったが、その旨さにかぶりつき、最後は甲羅に地酒を入れて、きれいに食べていたのを見ていたのかもしれない、全然話し掛ける雰囲気が無い大将が何の前ぶれもなく「鯖あるけど」だったので。

鱈の子付け、のどくろ、それとメニューになかった鯖の刺身を食べ比べながら、鯖が一番旨く、大将にお礼をと思い、

「鯖美味いですね」と言ったら

ニコッとしながら
「鯖はね」と一言、また黙々と大根の皮むき、仕込みか、この無理のない、ほっとかれ感がちょうど良い。

この大将に塗師の方を紹介してもらったから、輪島塗のフリーカップ制作がはじまった。

「仕事?」また唐突に一言、

私「いや、仕事というか、漆器をつくりたくて、というか、以前大将に塗師の方の連絡先をきいて、それから、以前に木地をつくり、今日塗りの打合せをしてきたんですよ」

カウンターの入口近くの端の席を指して
大将「あこの席にいたよな」

やはり、覚えていてくれたらしい。何か嬉しかった。
それから、どんなカップをつくっているのか、携帯の画像を見せながら、木地はこうしてあーして、塗りはこんな感じにしたくて、それで今日、こんなことがあって、こーなったなどと、大将に話したら、作業中の手を止めて、店で使っているカップの漆器を出してくれて、これいいだろという感じでカウンターに並べはじめた。そこから漆器談義、はじめてこのお店に来た時もそうだった。

225498C7-F56F-4385-902F-EE39F8EF68DF.jpeg

漆器の話からはじまって旅行の話まで、大将が人懐っこく話し掛けてくる間でゆったりとしていたら4時間位いたかな、大将の言葉で一番印象に残っているのは、

「儲ける商売の仕方は客が離れるが、儲かった商売の仕方は客が支えてくれる」

輪島の塗師や職人は皆なこの「儲かった商売の仕方」で、まずは技術的な話、お金の話は二の次という様子で、だから、こちらも実現したいことをどういう技術を使って、どうつくるかの話に専念しやすい、だから、打合せをしていて楽しい、実現していく実感が直に得られるから。

最後に釜飯まで食べて、気持ちよく、お腹パンパンで、真っ暗な中、月を見ながらホテルまで、カウンター越しにしか見送らない大将がわざわざ出てきてくれて、ニコニコしながら、また来年来ますと告げて帰った輪島の夜でした。

"Reunion"

"There are mackerels"
As soon as the first customer returned to the counter, the general came suddenly.
I "Eh"
Admiral "There are mackerels"
Do not put on your hair,
I "Please"
The general suddenly spoke to us while smiling.

In the daytime, the painter taught me the recommendation of the shop. If it is now, it is a barakaba crab, cod white matter. Besides that, we also ordered Wajima's blowfish, tempura of white shrimp, vinegar oysters, drinking a bit of draft beer, also local sake from Wajima.

I thought slowly the sake as a baby crab crab and a foreign boy, but I hung on to that effect and at last it might have been seeing the local sake in the shell and eating cleanly, the atmosphere of speaking at all Because no generals were "no sausagi" without any precaution.

Mackerel was the most satisfactory while thinking of eating the cod attachment, the skull and the mackerel of the mackerel which was not in the menu, mackerel was the best,

When saying "Mackerel is delicious"

While making it nice
One word saying "Mackerel", silently peeled the radish, put it in, it is reasonable, feeling relieved is just right.

Since this general was introduced to the Painter, the Wajima-coat free cup production began.

"Work?" In addition,

I: "No, I wanted to make a lacquerware, I asked the general of the contact address of the Painter before, I made a woodland before and we had a meeting of painting today."

Point at the end seat near the entrance of the counter
Admiral "You were in the seat of ako"

After all, it seems that he remembered. I was pleased.
Then, while showing the picture of the cell, what kind of cups are making, the woodlands do like this and I want to paint like this, so today, this is the case, Talking to, I stopped the work in operation, put out the lacquerware of the cup used in the shop, and started to line up at the counter with feeling like this. It was also when I came to this shop for the first time about lacquer ware handling.

From the story of lacquerware to the story of the trip, it seems that if I was relaxing while the general caught friendly and spoken, it would have been around 4 hours, the most impressive thing in the generals'

"The way customers make money, how to make money is profitable, but customers will support the way of profitable business"

Wajima's painter and craftsman are all "how to make a profitable business", first of all technical story, the story of money is a secondary story, so the situation is like secondary story, so what kind of technology will be used for what we want to realize and how to make it Because it is easy to concentrate on the story, so that you can get a sense of fulfillment, realizing that you are having fun meeting.

Finally eating up to Kamoro, feeling good, with a stomach bumper, while looking at the moon, while seeing the moon, the general who only watches over the counter comes out of their way, noticing that I will come next year, while smiling next year It was the night of Wajima that I returned.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2018年11月17日

カップの飲み口の厚みが不連続に変化しており、その日の気分で飲み口の位置を変えることができ、また、カップに入れる液体によっても、熱いもの、冷たいもので飲み口を変えてもおもしろい。カップ自体の形が非対称なので、飲み口の位置を変えれば見え方も変わる。だから、その日の気分でカップの見え方も違う。

輪島塗のフリーカップの木地について、その日の気分とカップに入れる飲み物があってはじめて成り立つデザインを考え出した時、はじめて木地の形にしっくりきた。そこにはカップのデザインの範疇がどんどん広がり、人の営みが直にカップのデザインを決める要素になり、また気分というころころと変わるものに合わせて、デザインもころころ変わるところが、このカップはこれですというものがはっきりしない、曖昧で、でも使う人次第で見え方、すなわち存在感みたいなものまで変わり、それが特定の人だけでなく、万人に対して起こるところがいいと思った。

IMG_1004.JPG

使う人を選ばない汎用性がありながら、使う人によって変化する特殊性を兼ね備えているのがとてもいい気がする。

普通はどちらかだけ、汎用性が高くなると誰でも使えて便利だか、そういうものは誰でも使えるようにするために、好みに左右されないように、ありきたりな、どこにでもあるものであり、それは悪いことではないが、あえてそれを使う意味もない。例えれば、100均の食器だろうか。100均の食器はよくできている、100円であのクオリティには驚くが、特徴は安いだけで、あえてそれを使う必要もない。

逆に、特殊性が高くなると、誰でも使えなくなったり、好みに左右されるようになるが、それが気に入った人にとってはかけがえのないものであり、大切なものであり、あえてそれを使う意味があるものになる。輪島塗の蒔絵の漆器などはこちらの特殊性が高い印象がある。

汎用性も特殊性も大事で両方あれば良いが、両方を求めたデザインは大抵中途半端なものになる。だから、どちらかに重きを置きつつ、片方もある程度満たすようになれば良い。やはり、大切にして欲しいし、それをあえて使う意味がある方がものの在り方としては健全というか良いことだと思うので、特殊性が強くあるけれども、汎用性も同時に満たしているのが良い、それは輪島塗の漆器の目指す方向性としても良さそうだった。

漆器でないとできないことがあると今回気づいた。日常生活の中で漆器が登場する場面はどんどん減ってきていて、むしろ日常生活とは乖離した美術工芸品として存在し、そのために伝統技術が残されている感すらあるような気がする。ただ、それだと量が少ないので産業として成り立たず、伝統技術の後継者が育たないだろう。

漆器としての特殊性は残さないと伝統技術が廃れてしまうので必要だが、同時に漆器でしか出せない汎用性もある、それは陶磁器やガラスではできないことなので、そこに気づいて焦点をあてれば汎用性を獲得できる。ただ技術水準は絶対に落とさない、価格が安いからと木地制作を他に頼まない、技術水準を落として漆器を安く制作して量をさばく汎用性を獲得しても、それは100均がすでにやっていることだし、伝統技術の担い手がすることではない。

木地の断熱性や、漆器の軽さや、漆塗りの感触などにもっと焦点を当てれば、陶磁器やガラスにはない汎用性や、さらには新たな特殊性、陶磁器の釉薬も伝統技術だが、そこに新たな試みをしている人達もいて、新しい陶磁器の感触などをつくりだしているので、漆塗りもまだまだ新たな試みをする余地が十二分にあると今回気づいた。

"The way of the previous one"

The thickness of the drinking mouth of the cup is changing discontinuously, the mood of the day can change the position of the drinking mouth, and also depending on the liquid put in the cup, hot or cold one to change the drinking mouth Interesting. Since the shape of the cup itself is asymmetrical, how it looks changes when you change the position of the drinking mouth. So, the appearance of the cup is different depending on the mood of the day.

About Wajima-covered free cup wood land, when I came up with a feeling of the day and a drink to be put in a cup for the first time, I came up with the shape of the woodland for the first time. There, the category of cup design gradually expanded, the design of the cup is changed, the design of the cup is changed, the design of the cup is changed directly according to the thing which changes with the thing which turns into the feeling directly, Things are not clear, ambiguous, but depending on who uses it, it changes to what it looks like a thing like presence, I thought that it was good not only for a specific person but also for everyone.

I have a versatility that does not depend on who I use, but I feel that it is very good to have special characteristics that change depending on who uses it.

Normally only one of them is convenient for anyone to use if the versatility is high, so that anyone can use it, so that it will not be influenced by taste, there are ordinary, everywhere, that is bad Although it is not a thing, there is no point in dare to use it. For example, is there a hundred equal tableware? 100 uniform tableware is well done, it is surprising at that quality at 100 yen, but the feature is cheap, there is no need to dare use it.

On the contrary, when the specialty becomes high, it becomes usable by everyone or becomes dependent on taste, but for those who like it it is irreplaceable, it is important, it means dare to use it There will be something there. The lacquerware of Makie of Wajima coat etc. has a high impression of this particularity.

Both general versatility and specialty are both important, but both designs are somewhat halved. So, with one's emphasis on one, one can satisfy some to a certain extent. After all, I want you to cherish it, I think that it is healthy or a good thing as a person who has a meaning to use it dare to use it, so it is good to satisfy versatility at the same time though it has strong specialty It seemed to be good as a direction for the lacquerware of Wajima coat.

I noticed this time I can not do it unless it is lacquer ware. The scene where lacquerware appears in everyday life is decreasing rapidly and it exists rather as art craft which diverged from everyday life and it seems that there is even the feeling that traditional technology is left for that reason. However, because it is small amount, it will not be established as an industry and the successor of traditional technology will not grow up.

If you do not leave any specialty as a lacquer ware, traditional techniques are obsolete, but there is also versatility that you can only do with lacquer ware, at the same time there is versatility that can not be done with ceramics or glass, so if you notice there and focus on versatility You can earn. Just do not drop the technical level absolutely, because the price is cheap, do not ask the other woodland production, even if you lower the technology level and cheaply produce the lacquerware and gain versatility to judge the quantity, it is 100 It is what I am doing, and it is not a thing that traditional technology carriers do.

If we focus more on the insulation properties of woodlands, the lightness of lacquerware and the feel of lacquering, general versatility not found in ceramics and glass, and even new specialty and ceramic glazes are also traditional techniques Some people are trying new things and have created a feeling of a new porcelain, so I noticed that there is more room for new lacquer painting than ever yet.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2018年11月11日

よく受け入れてくれるものだ、何の実績もないし、変なスケッチを持参したのに、嫌な顔ひとつせずによく付き合ってくれるものだ。面倒くさいとは思わないのだろうか、むしろ面倒くさい方へどんどん進んで行くのだけれど。そんな人がたくさんいるようには思えないけれど、こんな面倒くさいことを言う人に皆さん慣れているのかなと輪島にいる間は思っていたけれど、たぶん、そういうことではないのだろうと後で思った。

持っている技術が相当高いから、面倒とか、くさいとか、という感情や思いがそもそも湧き上がって来ない、精神的に左右されない。当たり前にできるから、当たり前にやるだけなのだろう。

確かに、非対称の形だから、難易度が高く、相当悩みながら答えを出しているけど、短時間に簡潔にできることとできないことを選り分けて、できる中から最善の策を出してくる感じ。だから、打合せをしていて本当に気持ちがいい。本当の職人と話をしていると、自分が考えたことが段々と実際の形になっていく実感が得られ楽しくて仕方がない。

椀木地屋さんでは断念したデザインですが、次に塗師のご主人が連れて行ってくれた所は朴(ほう)木地屋さん。朴(ほう)木地屋さんは仏具などをつくる木地屋で、御膳の猫足などのように複雑な形をつくる時に請われる木地屋さん、もしここで制作できなければ、この非対称の形をあきらめるしかない所だったかもしれないと後で思ったが、椀木地屋から朴木地屋までの移動の車中での塗師のご主人からは、何とかなるだろうという勘が働いているのか、楽観的な雰囲気が伝わってきたので、こちらはもう任せるしかないこともあり、私も能天気に車窓の景色を眺めていた。

10分位で朴木地屋さんに着くと、そこにはたくさんの工作機械が置いてあり、中には大型のものまで、うちの会社にも作業場があって、そこにも工作機械があり、達磨ストーブもあるので、見慣れた風景と似た雰囲気に親近感がわいた。帰る時に聞いた話だが、朴木地屋をする人は少なく、理由はこの工作機械を揃えるだけでもかなりの費用がかかり、尚かつ、工作機械を扱うので危険を伴うからだとか。この朴木地屋さんは代々昔から引き継いで営んでいるとのことで、ここの朴木地職人の方はたぶん私より若かった。

IMG_0865.JPG

IMG_0866.JPG

輪島塗の制作工程をとりあえず一通りは頭に入れて来たけれども、それぞれの工程での制作風景は当然見たいことがないから、それでも椀木地屋さんの制作の仕方は何となく想像できる範疇だったので、こうできないか、ああできないかと思いを巡らすことはできたが、朴木地屋さんについては全くどうするのかがわからず、ただ持参したスケッチを見せて、どうしたらこの非対称の形をつくり出すことができるのかを朴木地職人の方に考えてもらうしかなかった。

"Naturally"

It is a thing that accepts often, there is no track record, and although I brought a strange sketch, I often go out without attending a disagreeable face. I do not think that it is troublesome, but rather going more and more towards those who are troublesome. Although I do not think that there are many such people, I thought while everyone in the Wajima might be accustomed to those who say such a troublesome thing, but I thought later that it is not that kind of thing later.

Since the technology which it has is considerably high, feelings and thoughts such as troublesome or crispness do not rise in the first place, it is not influenced mentally. Because we can do it for granted, it is only natural to do it.

Certainly, it is an asymmetric form, it has a high degree of difficulty and answers while considerably worrying but I feel that it is best to pick out what I can and can not do briefly in a short time, So, it is really comfortable to have a meeting. If you are talking to a real craftsman, you will be able to have a sense of realizing that what you thought is gradually becoming an actual shape is fun.

It is a design that we abandoned at a bowl of a wooden store, but the place where the husband of the painter next took me is a Park wood store. Park is a wooden house that makes buddhist clothes and the like, a wooden store asked when making complicated shapes like the cat's legs of a meal, if you can not produce it here, you can only give up this asymmetric shape I thought later that it might have been, but from the husband of the painter in the car moving from the bowl wooden store to the Park Parka, whether the intuition that it will manage somehow works, the optimistic atmosphere is transmitted So, there are things that I have to leave to this one already, and I was watching the view of the car window in Noh weather too.

When arriving at Park Parker in 10 minutes, there are plenty of machine tools in it, there are also workplaces in our company, even large ones, there are machine tools there too, Takuma There was also a stove, so it got a sense of closeness to the atmosphere similar to familiar scenery. Although it is a story which I heard when going home, there are few people who do Park Parka, because the reason is that it costs considerably even just arranging this machine tool, and because it handles machine tools, it is dangerous. Park's wood store says that he has been taking over since a long time ago and the caskman of Park Park was probably younger than me.

Although the production process of Wajima coat was brought in the morning for the time being, nevertheless there was nothing I wanted to see the production scenery in each process, so still it was a category that can be imagined somewhat, Although I was able to think whether I could not do this, but I do not know what to do about Park Mokuya at all, just show sketches I brought, how can I create this asymmetric shape Park Ji There was no choice but to ask the craftworkers to think.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2018年11月10日

椀木地職人との打合せでも、やはり問題になったのが非対称の形だった。輪島塗フリーカップ制作のおいて、まずは木地の形をどうするか、これに関しては自分なりに満足のできるデザインの所までは行った。建築の場合もそうだけれど、イメージや構想を設計やデザインやスケッチとしてまとめ上げるのはかなりの労力を要するが、それで終わりではなく、むしろここからが本番で、この設計やデザインやスケッチを実現するために、誰に声を掛け、誰と話し、誰につくってもらうかを考えて、だから、こう準備して、こう伝えて、それにどう関わるかが重要になる。実現する段階でこれらひとつでも間違うと、せっかくまとめ上げた設計やデザインやスケッチ通りのものができず、残念な結果になる。

それだけは避けたかった、本当にこの木地のデザインが気に入っていたから。ただ、今回は全く誰もツテがない所からはじめて、お会いする人全てがはじめての方ばかりで、短時間で関係づくりからはじめるので、実際に実現することを全くと言ってよい程コントロールができない、ぶっつけ本番のようなものだった。

こういう場合、今までの経験上、依頼を請けてくれる職人の方の意識が高く、腕がよくないと、うまくいかない。そこはもう輪島の職人の方々を信頼するしかなかった。

椀木地制作の過程でも、全体の形が対称のもので厚みが違うだけならば、回転する木材にノミの角度を変えて入れてやればできるとのことで、実際にそれは今までに行ったことがあるそうで、見本(画像のもの)も見せてもらった。

IMG_7216.JPG

ただ、それはあくまでも全体の形が対称ならばの話で、私が持って行ったスケッチを眺めながら、塗師のご主人、椀木地職人、私とで、どうしたらこの非対称の形をつくり出すことができるのかを一緒になって考えていた。

もともと回転する木材にノミを入れて成形するやり方だと、対称の形はつくりやすく、非対称の形は無理なのではないかと思っていた。私の木地職人の作業の仕方に対する勝手なイメージが椀木地制作の要領だったので、スケッチを描きはじめた当初から、この非対称の形が本当にできるのかどうか半信半疑だったが、それでも厚みを変えることができるのだからと、いろいろと考えて提案してみた。

例えば、2個1にするなど。左右別々に対称形のものをつくり、縦に半分にして、左右それぞれ別のものを組み合わせて1つのものをつくるなど。これは塗師のご主人も私もできるような気がしたが、椀木地職人はできることとは思わなかったようだった。

IMG_0844.JPG

できるかもしれないという勘みたいなものが働く時は大抵、例えすんなりとはいかなくても、できるもので、できることとは思わない時には、全くと言ってよいほど、かもしれないすら思わない。それは長年の経験からくる勘だと思うが、できない時にはハッキリと「できません」と言ってくれた方がむしろありがたい。

この人ができない、やめた方がよいと言うならば、素直にやめようと思える人と一緒に仕事がしたい、といつも思っているので、塗師のご主人や椀木地職人の方には、素直にそう思えたので、椀木地職人が「うちではできないですね」と言った時には素直に従えた。

あとは塗師のご主人に任せるしかない。ご主人には他にアテがあるらしく、ここでは断念して、他の木地屋さんに行くことになった。

ただ、この椀木地職人の方には、プロとしての気構えと、意識と技術の高さを感じて、とても気持ちのいい打合せができ、この椀木地屋さんで過ごした時間は短くも楽しいものだった。

"Leave it to trust"

Even with a meeting with a bowl of woodland craftsman, what was still a problem was asymmetrical form. In Wajima coat free cup production, we first went to the place of design that can satisfy ourselves as to how to shape the wood land. Even in the case of architecture, it takes considerable effort to design images, concepts and design as a design, sketch, but it is not the end of it, rather it is real from here, in order to realize this design, design and sketch So, who is talking to, talking to whom and talking to whom, thinking about who to make it, so prepare this, tell them how it is important to know how to do that. If you mistake one of these at the stage of realization, you can not do the design, design or sketch that you gathered together, which is disappointing.

I wanted to avoid that much, because I really liked the design of this woodland. However, this time for the first time since nobody gets tired, it is only the first time for all of you to meet up, so we start with relationship creation in a short time, so we can not control as much as we actually can realize , It was like a batting turnaround.

In such cases, experience is that if the consciousness of the craftworker who undertakes the request is high and the skill is not good, it will not work. There was no other choice but to trust the artisans of Wajima.

Even in the course of producing bowls and woods, if the entire shape is symmetrical and the thicknesses are different only if you change the angle of the fleas to the rotating wood and you can do it actually I heard that there was something I had and a sample (image one) was shown.

However, that is only a story if the whole shape is symmetrical, while seeing the sketch that I brought, with the painter's owner, a bowl of woodland craftsmen, and me, how to create this asymmetric shape I was thinking about what I could do.

I thought that it is easy to make a symmetrical shape and not an asymmetrical shape if it is a way to insert fleas into rotating wood. Since the arbitrary image of how my woodland craftsman worked was the way of making bowls and woodlands, from the very beginning I began drawing sketches, I was dubious about whether this asymmetric shape could really be done, but still change the thickness Because I can do it, I thought variously and made a suggestion.

For example, 2 to 1 and so on. Make symmetrical ones separately on the left and right, half in length and combine different ones on the left and right to make one thing. Although I felt that my husband and master of a painter could do it, it seemed that bowl of woodland craftworker did not think that I could do it.

When something intrinsic that it might be possible works, most of the time, even if you do not get rushed up, you can do it, even when you do not think you can do it, I do not even think that it might be totally. I think that it is an intuition that comes from many years of experience, but it would be much appreciated by those who told me that it can not be "clear" when it can not be done.

If this person can not do, saying that it is better to quit, I always think that I want to work with someone who seems to stop obediently, so if you are a painter's owner or a bowl of woodland craftworker, So I thought obediently when a bowl of woodland craftworker said "You can not do it at home."

The rest is left to the master of the painter. Your husband seems to have other attes, so we abandoned here and decided to go to another wooden store.

However, for this bowl of woodland craftworker, feeling as professional, feeling the height of consciousness and technology, I was able to make a very pleasant meeting and the time spent at this bowl of the wooden store was short but fun It was.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2018年11月08日

輪島での木地の打合せの前夜は、頭の中でデザインがぐるぐる回ってほとんど眠れなかった。木地のデザインは頭の中では決まっており、あとはスケッチに起こすだけだったので、睡眠時間を確保することを優先して眠りにつき、スケッチは金沢行きの新幹線の中で描き上げることにしたが、ずっとどうするか考えていたので、脳が急にはクールダウンできず、眠りについても頭の中でカップが舞い、脳が勝手に考えていて、イメージが飛び交っていた。ただ、そのおかげなのか、翌朝の頭は、寝てないにもかかわらず、スッキリしていて、よく冴え渡っていた。

新幹線の中でスケッチを起こしながら、ずっと気掛かりだったのは、このスケッチの通りに木地をつくることができるのだろうか、ということ。非対称の形の漆器など見たことがなかったから。

この時は、もし輪島の木地屋さんでつくれないならば、つくれるところを日本全国捜し回ろうと考えいた。そのくらい、この木地のデザインが気に入っていたし、このカップのデザインが良いか悪いかを自分自身で見極めるためにも実際に形にして実現したかった。

輪島までは金沢からレンタカーで1時間半から2時間くらい、4月に訪れたが、天気がよく、日本海の海面がキラキラしていたのをよく覚えている。

輪島の塗師屋の家は昔から、塗師屋造りという職住同居の建築になっているのが特徴。私が通う塗師屋の家もその造りで、その特徴は平面計画にあり、職住同居は普通の町屋造りも同じですが、普通の町屋造りの場合は仕事場が道路側、住居が奥ですが、塗師屋造りはその配置が逆で、住居が道路側で、仕事場が奥。

輪島塗の背景には文化があり、その昔は輪島の塗師は行商しながら全国を周る文化の伝道師だったそうです。全国で見聞きした文化資産を輪島に持ち帰り、それを輪島塗の創作に生かす。家の中で文化的位置を占めるのが住居部分だから、毎日そこを通り仕事場へ行く、文化資産を創作に生かすための平面計画という訳です。

仕事場が奥なので、お客様用の玄関は住居部分と仕事場の境目にあり、道路から建物の側面を通りお客様用玄関へ行く。

その塗師の仕事場にはたくさんの漆器が見本として置いてあり、それだけでも一見の価値があるので、毎度そこへ行くと、塗師のご主人が席を外した隙に、ひとり見入っては「これいいな」とか「おー」とか「欲しいこれ」などと独り言を言って興奮していた。

木地屋さんとの打合せの後、塗師のご主人が大正時代から伝わる見本図録を見せてくれた。そこには今までに見たことがなく、この仕事場にある見本の中にもないような形のお椀がたくさん載っており、その素晴らしい形の数々に思わず見入ってしまった。このような見本図録の現代版はないらしい。仮にあっても、ここに出てくる形以外の物を創作するのは難しい気がするくらい、すでにお椀の形は考え抜かれている、というのが実感。むしろ現代の方が何も考えないで形を扱っている気がしてしまう。

IMG_0633.JPG

IMG_0634.JPG

IMG_0635.JPG

IMG_0636.JPG

IMG_0637.JPG

今回、フリーカップの木地をデザインする上で、単純な恣意的形態操作にならないように気をつけていたが、この見本図録を見ていると、ふくよかな丸みを帯びた魅力的な形が多いこと、どうしたらこのような豊潤で魅惑的な丸みが出せるのだろうか、文化資産を創作に生かしてきた輪島塗の伝統の奥深さ故なのか、さんざん形を考えた後だっただけに、この見本図録に載っているお椀の形の素晴らしさや先人の叡智にただただ敬服するしかなかった。

"Predecessor's wisdom"

On the eve of the meeting of wooden plants in Wajima, the design went round about in the head and I could hardly sleep. The design of the woodlands was decided in the head, and the only thing that woke up in the sketch was to give priority to ensuring sleeping time, so we decided to sketch in the Shinkansen to Kanazawa for priority However, as I was thinking about what to do all the time, the brain could not cool down suddenly, the cup was dancing in my head asleep, the brain was thinking without permission, and the image was flying around. But, thanks to that, the head of the next morning was refreshing, despite not sleeping, was well well-kept.

While raising a sketch in the Shinkansen, I was worried for a long time, is it possible to make woodlands according to this sketch? I have never seen asymmetrical shaped lacquerware.

At this time, if I could not make it with Wajima's wooden store, I thought about looking around Japan all the time. About that, I liked the design of this woodland, I also wanted to realize in real shape to see if the design of this cup is good or bad on my own.

We reached Wajima from Kanazawa about one and a half to two hours by a rental car and visited in April, but I remember well that the sea level of the Sea of ​​Japan was sparky with good weather.

The house of Wakajima's paint shop has long been a feature that it is a co-owner-shop building that lives together with a job place. The painter's house I go through is also made, its characteristics are in the planning plan, the living in the same place with the job is the same as in ordinary town houses, but in the case of ordinary town shop building the work place is on the road side, the residence is in the back, The painting shop building is opposite in arrangement, the residence is on the roadside, and the workplace is at the back.

There is culture in the background of Wajima coat, and in the past Wakajima 's painter was said to have been a mission evangelist of the culture which goes around the country while peddling. Take the cultural assets you have heard throughout the country to Wajima and make use of it to the creation of Wajima coat. Because it is the residence part occupying the cultural position in the house, going to the workplace every day passing there, plan plan to make use of cultural assets in creation.

Since the workplace is behind, the entrance for the customer is at the boundary between the residential area and the workplace, going from the road to the side of the building and going to the customer's entrance.

There are plenty of lacquer ware in the workplace of the painter, as it is worth a look, even just that, as you go there every time, in the gap where the husband of the painter took off his seat, I was excited to say himself as saying "Oh" or "I want it".

After the meeting with the wooden store, the master of the painter showed us a sample catalog transmitted from the Taisho era. I have never seen it before, so many bowls of shapes that are not in the sample in this workshop are on board and I have noticed a lot of its wonderful shapes. There seems to be no modern version of such a sample catalog. Even if there is, even if it seems to be difficult to create things other than the one that comes out here, I feel that the shape of the bowl has already been thought out. Rather, I feel that modern people deal with shapes without thinking anything.

Although I was careful not to become a simple arbitrary form manipulation in designing the free cup wooden place this time, looking at this sample catalog, a fascinating rounded and attractive shape It is a lot, how can we have such enriched and fascinating roundness, whether it is because of the depths of the Wajima coat tradition that we have been making use of cultural assets in our creation, after thinking about Shanzan shape I just had to admire the splendor of the shape of the bowl in the sample book and the wisdom of the predecessor.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2018年11月01日

何でもあり、何をつくってもよいし、何をしてもよい、漆器で木地からつくることができれば可能。

漆器の木地屋さんには4種類あるらしい。お椀などをつくる椀木地、お盆などをつくる曲物木地、お重などをつくる指物木地、仏具などをつくる朴(ほう)木地。

何でもありで自由につくってよい、普段、建築では与条件として要望や予算、期間などがあり、あとは大体おまかせになる。あとは「仲村さんにおまかせします、自由にやってください」とは言え、当たり前だけと、全くの自由ではなく、提案し、すり寄せ、また提案が何度かある。それでも、おまかせと言ってもらえるのはありがたいので、やりがいは感じるが、もっとこうしたい、もっとこうできればの想いは多少なりともいつも残る。

だが、この漆器づくりはクライアントは自分なので、何の制限もない、何をしてもよい。自分のためだけにやればよい。

輪島で輪島塗の漆器をつくる、決まっているのはこれだけ、自由度は最高に高い。この自由度の高さが重要で、私が一番望んでいたこと。

自分と対話し、自分が欲しているものを、自分が好きなように形にする。ずっと建築を通してものづくりをしてきたけれども、ここまで自由度が高い経験はない。この経験をしたかった。後にこの経験を生かす場面が訪れる予定もあるので。

ただ、自由が高いが故に、何を手がかりにはじめるかが重要で、迷うところ。

まず何をつくるか。用途はカップに、ほぼ毎朝、コーヒーを豆から挽いて飲むし、ビールが好きだしで、フリーカップにしようと決めた。

亡くなってしまったが柳宗理というデザイナーがいた。食器、カトラリー、調理道具、家具、駅のベンチ、高速道路の料金所までデザインしていて、私は柳宗理がデザインしたものが大好きで、普段使いに食器やカトラリー、調理道具に、家具と結構家の中にある。

私が柳宗理を好きになったきっかけがマグカップのデザインの話だった。飲む時にカップの縁と唇が当たる感触がよくなるように、何度も試作を繰り返して、マグカップのデザインを決めたという。

マグカップのデザインを決める判断基準が唇の感触だったことに、当時20代の私は衝撃を受けた。触った感触は後の話で、ものとして形があり、素材があり、見た目があり、それで完結していて、使いやすさという尺度はあるだろうけど、使っている最中の感触までデザインとして捉えるということは範疇になかったから。

このことがずっと頭の中にあったから、フリーカップをつくる時の手がかりは感触にしようと考えていたし、私なりに飲み口の唇の感触をデザインに取り込もうと考えた。

毎朝、コーヒーを淹れる時に、コーヒーカップをその日の気分で選んでいる。天気がよい気持ちいい朝だからこれかな、ちょっとお疲れ気味だからこれかな、今日はゆったりと飲みたいからこれかな、という感じで、カップ選びも楽しみのひとつ。

ならば、気分という尺度をデザインに取り込もう。

感触にプラス気分を盛り込む。人は結構気分に左右されるのに、ものづくりとしては案外気分を排除して考えているのでは。ものづくりは人に対して行われるから、対象として参照する人がコロコロ気分で変わってしまっては、気分に対応して変化できないモノは困る。

フリーカップのデザインについて、頭の中で最初に決めたことは、

飲み口の厚みを変えて、その日の気分によって、飲む位置を変えられるように、

でした。飲み口の厚みを変えれば、当然、飲んだ時の唇の感触も変わるはずだし、コーヒーやビール、お茶など、熱い冷たいによっても飲み口の厚みが違う方がよいのではないか、と考えた。感触のよさに、気分という変化を許容できるものを盛り込む。

これがができあがった木地の飲み口です。

IMG_0428.JPG

ただ、これだけではフリーカップのデザインを決めるには足らないと考え、この飲み口の厚みの変え方がフリーカップ全体のデザインと連動して一体化していないと、それが次の課題でした。

"Include a feeling"

Everything is possible, what you can make, what you can do Anything is possible if you can make it from wood using lacquer ware.

There seem to be 4 kinds of lacquerware wooden store. Bowls making bowls and the like Birch wood lining, Bon festival curved woodlands, things to make heavyweight woodlands, Buddhist wooden buildings, etc.

Normally you can create anything freely, usually in architecture there are demands, budget, period, etc. as a prerequisite, and the rest is almost left to rest. Afterwards, "I will leave it to Mr. Nakamura, please do it freely", but it is not just freedom, just suggestions, grafting, and suggestions several times. Still, I am thankful that I can say it as Random, so I feel challenging but I want to do more, more I always have my feelings somewhat.

However, since this client is myself in making this lacquerware, there is no limitation and anything can be done. You can do it only for yourself.

The only thing that has been decided to make Wajima lacquer lacquerware in Wajima is the highest degree of freedom. The high degree of freedom is important, what I most wanted.

Dialogue with myself and shape what you want as if you like. Although I have been making things through architecture forever, I have never experienced a high degree of freedom. I wanted this experience. There are scenarios that will make use of this experience later.

However, because freedom is high, it is important to know what to start with clues, where to get lost.

First of all, what will you make? I used to drink coffee from beans and drink almost every morning in cup, I decided to make free cup because I like beer.

Although I died, there was a designer named Mr. Yanagi. I designed dishes, cutlery, cooking utensils, furniture, station benches, highway toll gates, I love what Sosaki Yan designed, and I regularly use dishes, cutlery, cooking utensils, furniture and fine house It is in.

The reason I became fond of Mr. Yori Shigeru was the story of the design of the mug. He said that he decided the design of the mug by repeating prototyping repeatedly so that the feeling of hitting the edge and lips of the cup when drinking was good.

I was shocked when I was in my twenties at the time that the judgment criteria for deciding the design of the mug was lip feeling. The touch which I touched is a later story, there is a shape as a thing, a material, an appearance, it is completed and there will be a measure of ease of use, but until the feeling while using it as a design It was not in the category to capture it.

Because this was always in my mind, I thought about making clues when making a free cup feel, and I thought that I would like to incorporate the feel of the lip of the drinking mouth into the design.

Every morning, when I brew coffee, I have chosen a cup of coffee for the day. Because the weather is nice and comfortable morning, I guess this is kind of a bit tired, so I guess this is something I want to drink relaxed today, so I feel like this, I also enjoy cup selection.

Then, let's incorporate the measure of mood in the design.

Add a positive feeling to the feel. People are pretty much affected by the mood, but as manufacturing, we are thinking about removing the unexpected mood. Monozukuri is done to people, so if people refer to them as objects, they change with moods, and things that can not be changed in response to their moods are in trouble.

About the design of the free cup, the first decision in my mind was,

Changing the thickness of the drinking mouth, so that you can change the drinking position by the mood of the day,

was. If you change the thickness of the drinking mouth, of course, the feeling of the lip when drinking should change as well, and I thought that it would be better if the thickness of the drinking mouth is different depending on hot and cold, such as coffee, beer, tea etc. . To the good feeling, incorporate what can tolerate the change of mood.

This is the drinking mouth of the woodland which was completed.

However, thinking that this alone is not enough to decide the design of a free cup, if the way of changing the thickness of this drinking mouth was not integrated with the design of the entire free cup, that was the next task.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2018年10月29日

形には良し悪しがあり、身の回りに置く物はできる限り良い物で固めたいので、何か物を購入する時は見た目の形でまず判断してしまう。

形が良くないのに、色が良いから、柄が良いから、希少だから、価値があるからなどと、他に良い所があるからと購入することはほとんどないが、唯一その形を超えるのが、スケール。

普段、朝からコーヒーを豆から挽いて淹れているので、毎日同じコーヒーカップでは飽きてしまう、だから気に入ったカップを見つけると手に入れることにしている。

今年手に入れたある陶芸家のマグカップがこれ。正直この形は良いとは思わない。

IMG_0372.JPG

むしろ同じ陶芸家の次のカップの方が良い形、取っ手の位置と全体のバランスが形に特徴を与えている。

IMG_0373.JPG

ところが、普段の朝のコーヒータイムで出番が多いのは1番目の写真のカップで、取っ手の形も全体のバランスも良くはないと思うがスケールが良い、言い換えれば、大きさが良い。この大きさだとこの形が良く見える。この形がこの大きさになった時、とても良い感じになる。

良い感じとは、物として存在している佇まいが良い、ということで、そういう物と一緒にいると、こちらまで楽しい気分やワクワクした感じにさせてくれる。

だからか、今朝はどのカップにしようかな、と考えた時に、パッと1番目の写真のカップが思い浮かぶことが多く、当然出番も多くなる。

(ちなみ、この2つのカップは金色に見えるけれども、釉薬に金を使っていないとのこと。この色を見ただけで、陶芸家が誰だかわかる人にはわかる)

このスケールが良いという感覚は人によってちがうと思うし、正解はないと思う。

建築の場合、良いスケール、という正解を、このスケールが良い、と教えられてきた。時には数値で。

確かに、教えられたスケールは良いけれども、正解としてしまったら、建築として存在している佇まいにまで正解があり、しいては、建築に正解がある、となってしまう。

どうしても、それはとても窮屈な感じがする。
良いスケールは人の感覚しだいで、いく通りも存在した方が良い。

感覚的なことは、慣習が何かのきっかけで変化した時、一緒に変わるものだと思うから。

例えば、ランニングが日課になったら、普段歩いている時に、周りの景色の変化が遅く感じられ、今すぐにでも走り出したい気分になる時があった。きっとその時は、周りの空間を捉える感覚が変化したのだと思う。

いく通りも人によって良いスケールが存在しているから、そのスケールによって、1枚目の写真のカップに魅せられたように、新しい見方が生まれる可能性がある。だから、自分のスケール感をいく通りも持つことが大事。

たぶん私のスケール感は、子供の頃レゴブロックで遊んでばかりいたので、自分の手を動かしながら、試行錯誤して育まれたような気がする。

人それぞれが持つスケール感を殺さずに大事にしてものづくりをすれば、必然的にその人にしかつくれないものができるはずだし、それが新しい見方を人々に提供することになるのではないのかな。

定番の正解より、新しい見方の方がおもしろいしね。

おもしろい方が可能性を感じるし、可能性は何事も原動力になる、人を動かしたり、社会を動かしたり。

"scale"

There is good or bad in shape, I want to solidify things that I put around myself as good as possible, so when I buy something, I judge first in appearance form.

Although the shape is not good, because the color is good, the handle is good, so it is rare, because there are values, etc. There are other good places, so there is little to purchase, but only the shape is exceeded ,scale.

Since I usually grind coffee from the bean from the morning and brew it, I get tired of the same coffee cup every day, so I decide to find a cup that I like and I get it.

This is one potter's mug caught this year. To be honest I do not think that this form is good.

Rather, the same pot of the same pot is better shaped, the position of the handle and the overall balance characterize the shape.

However, in the usual morning coffee time, it is the cup of the first photograph that has many turns, I think that the shape of the handle and the balance are not good, but the scale is good, in other words, the size is good. This size is good if it is this size. When this shape reaches this size, it makes me feel very good.

A good feeling means that the appearance that exists as a thing is good, so when you are with such things, it makes me feel excited and excited up to here.

So, when thinking about what cup to make this morning, cups from the first photo will often come to mind, and of course there will be more turnouts.

(Chinami: Although these two cups look gold, they say that they do not use gold for the glaze, just by looking at this color, it is understood to those who know the pottery)

I think the sense that this scale is good differs among people, I think there is no correct answer.

In the case of architecture, it was taught that this scale is good, the correct answer of good scale. Sometimes by number.

Certainly, although the scale taught is good, if it is taken as the correct answer, there is correct answer to the appearance which exists as architecture, and there is correct answer in construction.

By all means, it feels very cramped.
Good scales depend on people's senses and it is better to have as many as possible.

The sensory thing is that when customs change due to some reason, I think it will change together.

For example, when running becomes a daily routine, when you are walking normally, the change in the surrounding landscape is felt late and there was a time when you feel like wanting to run even now. At that time, I think that the sense of capturing the surrounding space has changed.

There are good scales as many people as they are, so there is a possibility that a new viewpoint may be born, depending on the scale, as fascinated by the cup of the first photo. Therefore, it is important to have your own sense of scale as much as possible.

Perhaps my sense of scale was just playing with the Lego block when I was a child, so I feel like I was nurtured by trial and error while moving my hand.

If we make crafts without killing the feeling of scale of each person, we can inevitably have something that can only be made for that person, and maybe that will provide new perspectives to people .

From a classic correct answer, a new perspective is more interesting.

The interesting one feels the possibility, the possibility becomes the driving force for everything, moving people, moving society.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2014年09月18日

高齢者の施設に行くと、いつも気になることがあった。

「この場所で最期を迎えたいだろうか?」

どれだけいいデザインの建築の中でもそれを感じてました。
建築のデザインの良し悪しとは別のところで。

この記事でヒントを・・・。


「家感」

綺麗な建築、でも今まで住んでいた家とはちがう。

記憶の継承は、建築での大きなテーマだけれども、大体は2つ、大きな視点からの継承だったり、例えば、その地域の環境だとか、あるいは、設計者のフィルターを通しての継承だったりする。そこの読み取りや選択に作品性を見出したいからだろう。

でも、きめ細やかな視点からの、各個人の記憶の継承を丹念に行うことでしか、その人にとっての家感は出ない。

家感の欠如が高齢者の施設に対する違和感だった。

一般の住宅でも家感は大事。

記憶の継承を全くしない家づくりが大半だろう。

「記憶の継承」からくる家感を問い直すと新しい住宅デザインの可能性があるかもしれない。

ただ、アレグザンダーのパタン・ランゲージは設計者のフィルターを通し過ぎるので、ちがう何かが必要になる・・・。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2014年08月29日

「家の中にスベリ台が欲しいんです」

立て続けに違うお客さんから要望が出た。スベリ台流行り?!

面白いので即座に
「やりましょう!」と返事。

2階から1階への移動が楽というのが理由で、それもお子さんからではなく、大人からの要望、でも別に階段は付けて、でも狭小住宅、だから面白いかな。。。

お客さんは今マンション暮らしで階段が無い生活だから、日常的な階段の移動に違和感があるのかもしれない。

建築作品にも、公共空間にも、住宅にも斜めの空間を作ったものはたくさんあり、経験もしたが、斜めの移動空間はまだまだ可能性があると思う。

太古の昔、人は素足で野山を駆け巡り、その時はむしろ水平な地面の方が無かったハズ。

人の意識の奥底には、水平ではない地面でバランスを取りながら生活をする能力が眠っている。

その能力を呼び覚まそうと、今は亡き荒川修作さんが養老天命反転地を作り、その住宅版を三鷹に作ったけど、まだまだ可能性があるような気がする。

人の身体感覚と無意識と記憶をつなぐことで新しい空間の可能性があるハズ。

人の記憶が詰まったDNAを検査して、例えば、将来の疾病リスクから、未病のために日常生活はこういう姿勢で送るといいなど、その人の特性に合わせて家を設計することも現実的にはすぐそこまで来ているかもしれない。

建築やデザインは知覚することで判断できるものだけれども、人が知覚できる世界が極一部ならば、それ以外の所に建築やデザインの可能性はあるハズ。

それにしても、スベリ台流行り?!!


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2014年05月01日

「自分の空間をつくる方法」

 今住んでいる家もしくは部屋で、居心地良く暮らしたい、もっと快適に暮らしたい人にオススメのツールです。このツールは掃除や片付けの指南ではありません。整理整頓され綺麗な部屋だから居心地が良いとは限りません。ホテルの一室を思い浮かべてみてください。綺麗で清潔感がありますよね、でも居心地が良いですか?綺麗で清潔感があることは大事ですが、何か落ち着かなくないですか?ここでいう居心地の良さとは、普段の自分が活き活きと活動したくなる気分や安らぐ感覚です。何に対して感じるかは人それぞれ違いますが、それがきちんと感じられる家もしくは部屋が住人にとって居心地が良く快適な空間だと考えます。そのような空間のつくり方をお伝えします。

レイアウトを変える

 今住んでいる空間を見渡してください。まず最初に言います。物は捨てません。物がたくさんある方、それら全てがあなたの分身です。そこに記憶があります。それを大切にするところからはじめます。気に入らないものがある?でもそれを手に入れたのはあなたです。その時に必要だったのだから、その必要とした自分を大切にしてください。大切にすることがこの後に役立ちます。そして、行うことはその大切な物を移動するだけ、ただレイアウトを変えるだけです。そのために特別な道具や家具も必要ありません。今あるもので充分です。要するに、今見えている風景を変えるのです。人は外部からの情報のうち8割を視覚で感じとり無意識に判断します。だから、人の見た目の第一印象が大事だとよく言われます。これを利用すると、空間がどう見えるかが人の感覚にとても影響を与えます。すなわち、快適な空間にするためには、自分にとって居心地の良い見え方に変えるだけでいいのです。

一番したいことは何ですか?

 では何を基準にレイアウトを変えるか。まず質問です「あなたがその家もしくは部屋で一番したいことは何ですか?」その答えを基準にレイアウトを変えます。わからない人、思い付かない人は、家に人を呼んだ時にしてあげたいこと、あるいは自慢したいこと、気持ちがいいと感じることがあなたの答えです。例えば、料理がしたい、本が好き、食器を大切にしている、写真が好き、フィルムカメラを収集、現状ではできないけれどペットを飼いたいでも、何でも構いません。先程、物は捨てませんと言いました。その物が必要だった想いも答えになるかもしれません。それを決めてください。したいことがレイアウトを変えるという行動の軸になります。もしレイアウトを変えている時に分からなくなったら戻るための軸でもあります。したがって、したいことが決まるまでレイアウトは変えません。

真ん中に

 したいことが決まったならば、それに関する物を空間の真ん中に置いてください。家の真ん中、部屋の真ん中です。料理が好きなならば、キッチンは移動できないので、料理を食べる場所を真ん中に。本が好き人は本棚を真ん中に、又は本を真ん中に積み上げる、あるいは本を読む時に座る椅子を部屋の真ん中に置く。食器が好きならば真ん中にディスプレイしてみましょう。フイルムカメラを真ん中にディスプレイしてもいいかもしれません。ペットが欲しいのに飼えない人は動物の写真を真ん中に置いたテーブルに貼る、天井に貼ってもいいかもしれません。写真が好きな人も同じです。
 では、どうして真ん中か?一番したいことをしている時がその人にとって一番気持ちがいい時であるはずなので、そこに居て気持ちがいいと感じることが居心地の良さ、快適さにつながります。そして、空間の真ん中に置けば、必ずその一番したいことが常に自身に絡んでくる。したいこと=気持ちがいい=居心地が良い、という心の無意識の変化を利用する仕組みです。すなわち、したいことが常に居心地良くいるためのスイッチの役目をしているのです。
 ところで、真ん中に置いたら邪魔になるかもしれません。邪魔ということは絡んでいる証拠なので、自身にとっては良いことです。でももしかしたら、真ん中に持ってきたことがしたいことではないかもしれませんね。自分のしたいことって実はなかなか分からなかったりします。一度いい機会なので試してみるのもいいかもしれません。自分の空間をつくるために、そして自分のしたいことを確かめるために。

(1,758字)


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2013年04月01日

4月29日 (月) 祝日 に

「家という一生に一度のお宝を掘り当てるトレジャーハンター」家づくり

プラン相談会開催

お問い合せより要予約受付中です。


『考え方をちょっと変えれば、

住宅ローンや大金はかかりますが、でも日々の生活は変わらないのに、

ある日、家づくりがはじまる。

そして、目の前にとても大切な大事な物としての家が現れる。


これはまさに、お宝ですよ。


一生に一度、誰でも手に入れることができるお宝が家ですよ!


そして、そのお宝はあなただけが欲しいと思う物です。


私は
そんなお宝を、
あなたが欲しいお宝を、
どこまでも探しに行き、掘り当て、目の前に持って来る人です。

そうだから、

私はトレジャーハンターです。一緒にお宝を探しましょう!』


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2011年12月24日

こんな外壁も・・・ありです。


eifuku-t-house04.jpg


これが私のデザインです。


見に来ませんか?


きっと・・・もう・・・おわかりの通り・・・


見学会へのお誘いです(^_^)


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2011年12月04日

とは言いつつ・・・


先週、

出雲大社へ参拝に行ってきました。


izumo-oyashiro02.jpg

この写真は、

出雲大社の鳥居の前に立って見た風景で、とても幻想的でした。


旧暦では、

出雲の国では、11月は神在月。

出雲大社に全国の神様がお集りになります。


そこで、

日本各地の工務店の方と一緒に

商売繁盛のご祈祷をうけてきました。


izumo-oyashiro01.jpg


はじめて出雲大社に行きまして、

滞在時間は短かったのですが、

身が引き締まる思いでした。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2011年08月06日

ただ、

お干菓子をお出しするのでも・・・


kagizen07.jpg


何気ないコトです。。。


でも

それができるか、

それに気づくか、

は大きな差。


学ぶことが多い、

京都の鍵善。


黒いテーブル、

黒漆のお皿、

白いお干菓子。


色のコントラスト

白いお干菓子の並べ方

による

見え方や受ける印象。


ほんと、

何気ないコトです。。。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2011年08月03日

kyoto-house01.jpg

犬矢来(いぬやらい)。


有名な祇園のお茶屋さん、
一力茶屋の外壁の足元に巡らされた斜めの柵状のものです。

犬の小便を防ぐための囲いで
傷めばそこだけを取り替えることができ、

最近では、店構えで

京都らしさを演出する際のデザインコード・・・


と思ってました、先日京都に行くまで (^_^;


ところが、

京都の人に聞いたところ、

ひそひそ話を

外で盗み聞きされないためのもの、

だそうです。


京都らしい・・・

一瞬で思いました。


お茶屋さんの前を通ると、

お品書きはありませんが、

のれんが

入口の外側にかかっているところと

入口の内側にかかっているところがあります。


これは、タクシーの運転手さんから聞きました。


内側にかかっているところは、

一見さんお断り

だそうで、

外側にかかっているところは、

一見さんでもいいそうですが、

なんぼとられるかは、わかりまへん・・・

とのことでした (^_^;


らしさは、

時には、しきたり

だったりします。


面倒で窮屈だと思うか、

気持ちよく生活していくためのルールだと思うか。


ただ、

言葉ではない表現

学ぶことは多いです。。。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2011年07月16日

先日、石巻へ行った際に購入しました。

ishinomaki02.jpg

冷やしうどんに

牡蠣しょうゆ

をかけるだけで・・・ごちそうに!


いつもの料理に

伊達の旨塩

を使うだけで・・・上品な味に!

最初、試しに

茹でとうもろこしに

伊達の旨塩をかけてみました。。。


「あま〜い」


いつもの塩とも比べましたが・・・


ちがいがわかる男でした (^_^;


無くなったら、

お取り寄せしよかな、と思ってます。


欲しい方は、

『ロマン海遊21(石巻観光協会)』

をネットで検索して

問い合わせをしてみてください。


これも支援になります。

だって、

牡蠣しょうゆ

伊達の旨塩

つくってるのは、石巻の人。


たぶん、

伊達の旨塩

は当分つくれないのではないか、と思ってます。


だから、

かなり貴重な塩かもしれません。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2011年06月08日

先週末、所用で久しぶりに横浜中華街へ。。。

china-town03.jpg

「ポポポッ、ポッーン」


どう思います?


おもしろいし、興味はわくけど・・・。


美味しそうじゃない、食欲わかない。


でも、自分は

持ち合わせがなかったから、、、

入るかも。。。(^_^;


これって、

意外といろいろなことに通じるかもしれません。


目的はなにか?

印象に残る

ならば、大成功です。


他にないから。。。


味は食べてもらわないと、わかりません。


食べてもらうには・・・そう、お店に入ってもらわないと。


中華街ですから、

他にお店がたくさんあります・・・。


ちなみに、

このお店・・・大盛況でした (^_^)


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2011年05月06日

夕方、近くの公園へ・・・緑の中を散歩。


kinuta-park03.jpg


子供の頃よく来ました、砧公園。

いい気分転換に!


kinuta-park02.jpg


すっきりしたあ、また行こお。。。


kinuta-park04.jpg


どうして公園へ行ったか・・・


遊びに行った訳ではありません。


公共性があって、

居心地が良い、

そんな居場所をつくるには・・・


公園の形式を考えていました。


これも家づくりには大切なこと。


プランに生かします。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2011年05月02日

静岡の人はそう言うそうです。


先週2日間、ビジネスセミナーを受けに静岡へ出張。

地震による新幹線の不通で
当日の朝では間に合わないと困るので前泊。


夕食は、ホテルの近くの弁当屋に。

実は先月も静岡に出張し、目をつけておきました (^_^;


静岡弁当

shizuoka-bento01.jpg

『あみ焼き弁当』

ソソラレました (^_^)v

誘惑には勝てず、今回行く前から夕食は・・・。


shizuoka-bento02.jpg

牛タンの味噌焼きです。

けっこう、おいしい!(^_^)


セミナーで一緒の静岡の人に訊いてみました。

「なぜ静岡弁当という名前なの?有名?」

「昔から静岡弁当という名前で、あそこの店だけがやってる」
「なぜ静岡弁当かは・・・わからないなあ」


牛タンの他に、豚もありました。

その人曰く

「豚のあみ焼きは、しょう油味でおいしいよ」


来月は・・・豚!


ビジネスセミナーの内容は・・・ナイショ!!


いずれ成果をお見せします!!!


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2011年04月30日

うれしいことがいっぱいの月でした。


もうすぐ4月も終わり・・・

今月は全然ブログを更新しませんでした。。。m(_ _)m


理由は2つです。


1つ目は

いまさらながら、

twitterとfacebookをはじめたから・・・

書くことがなくなってしまうんです(^_^;


大したことをつぶやく訳ではないんです。

大した書き込みする訳ではないんです。

でも、それで何か満たされてしまって・・・。


twitterは

ユーザー登録だけして、人のつぶやきを見てました。

知り合いが、、、やってるけど、つぶやくだけで、面白さがわからない、

というので、フォローしたら、自分がつぶやくのが面白くなってしまって・・・。


夜中に、、、しょうもないこと、つぶやいてます(^_^;

別の知り合いからは、うるさいと・・・。


facebookは

また別の知り合いから、やらないの?

と言われて・・・。


両方とも、

人の影響です。。。(^_^;


でも、

人の輪が広がりました。


いまさらながら、

けっこう楽しいかも。。。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2011年04月02日

3月30、31日と静岡に出張でしたが、

不測の事態に備えて、

29日の夜に静岡入り。


東京駅の新幹線ホームは明るい!

shizuoka01.jpg

shizuoka02.jpg

車中から見える街はどこも暗いのに、

新幹線の駅だけは日常。

その違和感が・・・


ただ、普段は気づかない

明るさ=安心感だということを思い知る。

でも限度はあるはず。。。

その限度も思い知った。


暗い街はなんとなく雰囲気があっていい。

でも、どこがどこだかわからない。。。


shizuoka03.jpg

震災後、

はじめて東京を離れた。


東京を離れて、場所が変わって、少しホッとしている。


それだけ、毎日気が張ってて、気がかりなことが多かったのかも。


帰りの東京駅。

気を入れ直す。

早く元の生活に戻りたい。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2011年03月19日

先ほど、メールで

今度は、岩手の花巻の知り合いの工務店の方と震災後はじめて連絡がとれました。

お元気で本当に良かった。。。


ただ、その方によると

被災地の本当の現実は、ものすごく悲惨な状況で・・・、

テレビで報道されているのは、ほんの一部だそうです。


救援物資の搬送についても、全然対応が出来ていないようで、

直接現地の避難所に持ち込む方が良いみたいです。


その方も、自社で活動することを考えている、とのこと。


私自身そういう話を聞くと、とても歯痒く、無力さを感じます。

阪神淡路大震災のときも同じ感じを抱き、

それが心のどこかで引っ掛かったままでいました。

だから、今回は何かボランティアをするつもりでいます。

ただ、もう少し状況をみて、準備をしてからと思っています。

でないと、逆にまわりの人に迷惑をかけてしまうかもしれません。


いまは待機のとき、

それと、

自分の家族を守るとき、

です。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2011年03月07日

久しぶりにちょっと遠出、昨日の日曜日。


ここ2週間ほどの間に
2度もウィルス性の風邪にかかり、
相当苦しい思いをしました。

大分仕事も遅れたので、朝から一日仕事の予定でしたが、

外は暖かく、気持ち良さそうな青空に我慢できず・・・。

それに

やっと遠出できるくらいに復調、だから・・・。


午後になってから、谷中に行ってみました。


なぜ、谷中?

ゆる〜い感じが好きで。。。

時々、行きます。


もともと下町の雰囲気は好きなので

それで、ということもありますが、

それだけではない、、、感じ。


とにかく、ゆるいです、街が。

すべてがアナログ。

すべてが人まかせ。

すべてがあり。


これを都市的に考えると・・・。

わかりません (^_^;


というか、考えたくない。。。


yanaka01.jpg

ゆるい夕陽の風景あり。

yanaka02.jpg

ゆるい商店街あり。

yanaka03.jpg

ゆるい野良猫あり。


それでいいでしょう。

谷中は谷中。


でもひとつ・・・。


車に出会わない。


それだけで、

人が

猫が

街が

風景が

ゆるくなるのかもしれません。


でも、そんなのどうでもいいです。

あ〜あ、たのしかった。

また、明日からがんばりましょ。

たまってる仕事しなきゃ、です。

yanaka04.jpg

ということで、

前から買いたかった

うなぎの佃煮を

買って、家でお茶漬け食べました。


そんな日曜日。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2011年02月27日

杉並を西に向かって車で走行中に発見。。。

sky-x.jpg


どこに向けて『バツ』?


誰に向けて『バツ』?


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2011年02月09日

感動といっても、今度はカメラの話。


本日、夕方より

2ヶ月に一度の趣味の会。

中古カメラ好きが
毎回違うフィルムカメラを持ち寄り、
新宿のレストランでカメラ談義。 o(^^o)


このカメラ、凄いです!

はじめて存在を知りました。。。

camera04.jpg

Tessina(テッシナ)という、スイスの時計メーカーがつくったカメラ。

スイス製世界最小二眼レフ(1960年代頃)。

camera04b.jpg

こんなに小さい!

でも、普通に市販されているフィルムを使うんです。

会の仲間の人が持参。
もちろん、触らせていただきました。(^^)


何に感動か?


まず、
この精巧さ、緻密さに感動!

こんなに小さいのに、
電池も無しに(当然、この会は電池無しカメラのみ許可)
自動巻き上げされる。。。

もちろん、

ちゃんと撮れます!


それと、、、デザイン、このフォルムが凄くいい!


カッコいい!!


スイス製のカメラなんてはじめて!!!


久しぶりに、、、カメラに、、、モノに

感動しました。。。


いやぁ〜、スゴい!!!!

まだ見ぬ強敵がいました。(^^;


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2011年01月29日

ヒント・・・


tsukiji-market06.jpg

築地市場の露店の干しイチゴ。

形が悪く出荷できず捨ててしまうイチゴを

ドライフルーツにして販売。


ginza--market01.jpg

銀座の街角の壁の表示。

「天使のチョコリング」、、、チョコパンです。

買う毎に寄付になる。


干しイチゴは、二次利用。

「天使のチョコリング」は、二次効果。


どちらも『二次』がキーワード。


営業、経営、商売、、、

企画、設計、計画、、、

あらゆる場面でヒントになるキーワードでは(^^)


ちなみに、

干しイチゴも「天使のチョコリング」も購入。


このキーワードも美味しいから成り立つ!?


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2011年01月19日

昨日は、
今の自分に一番欠けている所を補うための研修 part3。
銀座で受けてきました。 o(^^o)

研修内容は・・・。

別の機会にまたお話しします。


かなりパワーアップして帰ってきました。

そして、、、

いろいろなことに気づきました、、、感謝感謝です。 m(_ _)m


この研修に来ると、
昼食はいつも築地の市場まで行きます。

銀座からすぐだし、
それに行ったことがある人はわかると思いますが
食べたいもの、お店がたくさん、、、目移りします。

だから、何回でも行きたくなってしまう。。。 (^^)v


今回は、
場内まで入ってみました。

tsukiji-market04.jpg

12時少し前の様子。

平日なのに結構人が。
この後、もっと行列してました。


その中の「鳥藤」というお店に。

親子丼が名物のお店。

で、

しお!?

メニューに「親子丼しお」が、、、

早速注文。

tsukiji-market05.jpg

たぶん、

しょう油と砂糖のかわりに

鳥スープを使ってるのか!?

甘くなく、それでいて鳥の出汁が感じられて

今まで食べたことがない親子丼でした。

旨かったです。(^^)


わたしは甘い親子丼が苦手なので

普段は親子丼を注文しません。

でも、鳥好きなので、、、(^^;)ゞ


だから、余計おいしく感じましたよ。


そんな研修の日(?)でした。。。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2011年01月13日

昨日は、仕事関係の新年会をはしご。


新宿のホテルでの新年会を途中で抜け出して、

トステム本社の最上階にある貴賓室に行きました。 o(^^o)

vip-room.jpg


じゅうたんの毛足が長い!

絵が高そう、、、3億円とか、、、ウソでしょう(^^;


トステム社員の方も入ったことない、と言ってました。


なぜここに入れたか?


社員も行けない所だから、

一般的に言えば、

我々は普通の立場では入れないですよね。。。


これからおもしろい展開があるかも・・・


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年12月29日

taiyaki.jpg


たい焼きです、、、しかも羽根付き。 o(^^o)


子供の頃から食べてます。大好物のひとつ。


ただし、どこのたい焼きでもいい訳ではありません。。。


下高井戸 たつみや 

のたい焼き。

これシッポがうまいんです。

皮はカリカリ。
中身のつぶあんは甘さ控えめでもなく、、、でも控えめ、、、ちょうど良い。


先日、、、

はじめて羽根付きを注文。

前々から
羽根付きを狙っていましたが、

羽根なしが通常なので、、、出来上がりのタイミングで、、、

その時にいないと出会えない、、、というか言いづらい。(^^;)ゞ

羽根を切られてしまう。


切る寸前で、意を決して

「あっ、あ〜羽根付きでぇ〜」と。。。


店員のおばちゃん2人、苦笑い。

わたしも苦笑い。。。


で、めでたく羽根つきゲット!


急いで帰宅。

たい焼きブレイク、、、喜ぶ奥さん。

ちなみに、
うちの奥さんが実家に帰る時の手土産は、ここのたい焼き。

義理の父のリクエストだそうです。。。


たい焼きほうばる、、、うまい。

羽根カリカリ、、、新しい楽しみ。

で、最後はシッポ、、、皮とつぶあんのバランス最高!


この時間、、、たい焼き以外の記憶がありません。(^^;)ゞ


食べたい人、、、並んでください。 (^-^ )


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年12月28日

・・・でしょうか。

いろいろな所に12月は行きました。 o(^^o)


仕事や研修ですが、、、

ありがたいことに

いろいろお声が掛かります、、、感謝感謝です。

もちろん、仕事や研修ですが。。。(念押しで!)


その仕事や研修の流れで、、、(また念押しで!)


平日の昼間の築地に行ってみました、、、昼飯に。

tsukiji-market01.jpg

なかなか行く機会がありませんでした、

このラーメン屋。

tsukiji-market02.jpg

前から知っていて。


昔、深夜放送で店主のドキュメント番組を見ました。

それが何故か印象的で、

ずっと気になってました。。。

tsukiji-market03.jpg

味はおいしかったです。

ちょっと、スープがぬるめでしたが。。。


2帖ほどの広さのお店。

立ち食いで、しかも歩道。

お店は厨房だけ。

2人で動き回らずにラーメンがつくれるように配置されてます。


つくる様を見てるだけでおもしろかったです。


やはり、
わたしの何かに触れてるみたいで、、、また行きたい、、、いや行きます。(^^;)ゞ


など、、、

新橋の夜。

shinbashi-night.jpg


銀座の夜。

ginza-night01.jpg


もちろん、仕事や研修の流れですが、、、(またまた念押しで!)


いろいろな人に会い、

仕事につながる話、いい情報、気づき、もちろん仕事の話、、、などなど

たくさん聞けました。


今年一年の集大成とも言える月でした。


感謝感謝!


今はいろいろな意味で、

来年が楽しみです。 (^-^ )


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年12月01日

引っ越し当日。

午前4時まで荷造りしてました。。。

眠い・・・!

packaging01.jpg

でも、
引っ越し業者は来るのです。


いや〜、でも実に素早い作業に脱帽。

私には無理。

packaging02.jpg

でも夜遅くまで、、、運び込みはつづくのです。

余計、私には無理。


あ〜、眠い・・・!


明日も引っ越し。

2日がかり。。。


絶対、私には無理。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年11月27日

一面黄色の世界。

きれいな銀杏並木。。

のはず、昼間なら。。。

神宮外苑です。。。。

gaien01.jpg

夜だと、銀杏の色がよくわかりません。

暗いからというより、、、街灯のせい。


この街灯のあかりだと、

黄色の銀杏の葉が緑色に反射されてしまう。


gaien02.jpg

銀杏の名所なら、

せめてそのくらい考えて、街灯を設置してほしい。


昼間見に行けばいいじゃん!

と聞こえてきそうだけど、、、


昼間行けない人もいるじゃん!


それに

夜行きたい人もいるじゃん!ね。


ひとり言。。。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年11月22日

きのうNHKで、
「ハーバード白熱教室@東京大学」という番組を見ました。

前々から、
一度見たかった番組でした。


内容は、
哲学的道徳観を
実際の生活の中の具体的なテーマに沿って議論する番組。

と言ってしまうと、
難しい話に思われますが、

例えば、テーマは
「イチローの年収は、オバマ大統領の年収と比べて高すぎるか?妥当か?」など。

その議論をハーバード大学のマイケル・サンデル教授という人が仕切る。


議論の内容そのものもおもしろかったけど、

一番おもしろかったことは、「ちがう」ということ。


サンデル教授は決して、議論の結論を導こうとはしない。

質問を投げかけ、
聴衆に発言させ、
意見のちがいを浮き彫りにしていくだけ。

そして、
そのちがう意見の根底にある道徳観や価値観、信念を探っていく。


人はそれぞれ
顔が違うように、道徳観や価値観、信念が違う。

それをみんなで共有することが大事で、

それは1つの結論へ向かうことよりも重要、と言いたいよう。


人によって考え方や価値観が違うということは、
案外、当たり前のようにみんな思ってはいるのでは。

でも、
いざ違う考え方に遭遇すると、
自分が否定されているような気分になり、
素直に受け入れられない。
あるいは、
自分の考え方や価値観でしか行動できない。


一番大事なことは、
国籍やコミュニティ、世代などのちがいを超えて、
価値観や信念のちがいを共有できる環境をつくれるかどうか。


「白熱教室」では哲学的道徳観を扱っていましたが、


同時に、

コミュニケーションの基本を扱っているようにも見えました。


ただ、
西洋だな、議論の行方が、、、とも思いました。

デカルト?カント?アリストテレス?だからなぁ。
(と言いたいだけ、わかりません・・・)

仕切り役が東洋の方ならば、
議論の方向性がもっと違ったものに。。。


でも、
当たり前かぁ、、、
価値観や信念がちがうんだから(^^;


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年11月16日

今日は新宿へ。

SE構法登録施工店勉強会に参加。

se01.jpg

『資産になる家』・・・気になりませんか?

・永く住み継げる『価値』
・高く売れる『価値』
・そして、賃貸にも転用できる『価値』

以上はすべて
SE構法だから生まれる『価値』です。

そして、
SE構法で建てるから『資産になる家』です。


ここは、
SE構法の宣伝の場所ではありませんが、
今日、勉強会に参加して
いいなぁ、と思いながら帰ってきました。

ちなみに、
宣伝といえば、
SE構法のCMが放映中です。。。


では、
どんな仕組みで『資産になる家』か?

それは、
今後、ホームページ上やメルマガで内容を紹介していきます。

早く知りたい方は、、、お問い合わせください。

説明ツールは揃ってます。


もともと、
当社がSE構法を導入した訳は、

『住宅デザインの可能性を追求できる構造システム』

だったから。


しかし、
その後のSE構法のシステムの発展により、
単なる構造システムの枠を超えて『資産になる家』の仕組みにまでなりました。


これから住宅を求める方は、

是非、SE構法を選択肢の1つに。。。


これは当社へ、、、
などとは関係なしにオススメないい仕組みだと思います。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年11月15日

先日、横浜の中華街へ。

まだ明るいうちに行くのは久しぶり。

china-town01.jpg

昔、近くの設計事務所にいました。

大通りはその頃から様相がずいぶんと変化。
なんかキレイに、観光地らしく。

でも、いまだに変わらない、
で、とても気になる店が通り沿いに。

china-town02.jpg

店名はあえて伏せます。

とにかく、、、気になる。

何が?

昔ながらの店構えの雰囲気が、、、いい。
昔ながらのステンドグラスが、、、いい。

行けばすぐわかると思います。

まわりが観光地らしくなって余計目立つ。


入りたい、、、でも外にメニューがない。
入りたい、、、でも入りづらい。。
入りたい、、、でも勇気がない。。。


toushou-men02.jpg

結局、、、

いつも行く店で
おいしい刀削麺とあんかけチャーハンをいただきました。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年11月07日

2ヶ月に一度の趣味の会。

中古カメラ好きが
毎回違うフィルムカメラを持ち寄りカメラ談義。

10月は現地調査と題し、フィルムカメラを使っての撮影会。
最終週の週末に1泊で三浦海岸へ行きました。

kameken01.jpg

夕方、台風が近づく中、三浦半島の剣崎灯台へ。

なかなか絵になる灯台です。

kameken02.jpg

何の写真だと思いますか?

剣崎灯台下の海岸線です。

自然の力、凄い!


宿は、
メンバーが所属していた、
某大手フイルム会社の保養所。

kameken03.jpg

夕食です。

kameken04.jpg

別料金1,000円でこの舟盛り。

ここ保養所ですよ。
信じられない豪華さ!

さすがFフイルム。。。

お腹いっぱいいただきました(^_^)


台風が来て、
あまり撮影できなかったけど、
楽しい週末でした。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年10月22日

時々お参りに行きます。
先日行った時にお知らせの看板がありました。

本日、府中の大国魂神社の随神門の上棟祭がありました。
御鎮座壱千九百年記念事業としての随神門の改築だそうです。

joutou-sai01.jpg

なかなか見ることができない貴重な体験でした。

私の祖父の代から当社は神社仏閣の建築を行ってきたこともあり、
私も現代建築だけでなく、日本建築の様式にも大変興味があります。

そんなこともあり、
是非きょうは上棟祭を見てみたかったです。

普段の仕事の中で
住宅の骨組みが組み上がった時に
上棟式という形で行うことはあります。

でももっと簡略化したもので、
きょう行われた上棟祭は本格的なものでした。

言わば、正式な上棟の儀式、ということだと思います。

途中、上棟祭の起源のお話があり、
平安時代から行われている儀式だそうです。

上の写真は、
関係者が白い綱で棟木を上げる儀式(真似)をした後、
神官が棟木の所まで上がり、
合図に合わせて木槌で打ち込む様子です。


で、上棟祭の最後の儀式が餅まきです。

これを待ってる人も多そう!

joutou-sai02.jpg

足場の所に関係者が勢揃い。
さぁ、はじまります。

みんななんか、、、見上げて、、、たいへん。
ケガしないように。。。

という私もかなり夢中で、、、なんとか取ろうと。。。


成果は、、、
白いお餅を1つ取りました。
宮司さんが投げてくれたもの(写真向かって左の紋付袴の方)。

joutou-sai03.jpg

一緒に行った知人も赤いお餅を取り、
紅白並べてみました。

かなりの人だったので、
取れた方が少なかったのか、
紅白並べていたら、
写真を撮らせてください、という方が何人もいました。


上棟祭の後、
祭壇に近づいてみました。

joutou-sai04.jpg

普段の仕事の中で
このような祭壇は
例えば、地鎮祭の時に設けます。

よく見ると、
並べる供物もほとんど一緒、
でも二品くらい多いかもしれません。

帰りに、
お参りしてから、
また門の所と行くと
たぶん神社総代の方だと思いますが、
供物のお米をわけて頂きました。

家でご飯を炊く時に入れてみたいと思います。


また何時このような儀式を見られるかわからないので、
ほんとうに大変貴重な体験でした。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年10月07日

普段、人が意識しないコトに目を向けるのがデザイン。

ishigami-ten.jpg

関西出張最後の日は、
名古屋にいました。

気になる展覧会の2日目でした。

豊田市美術館、「石上純也展」。


開館して30分後くらいに、
メイン展示の前に。


「オープニングの前に壊れました。」

その場にいた学芸員に聞きました。
予想通りの展開だったので、特に驚きません。
学生ボランティアが修復中でした。


残骸を見るのもいい。

きっと見たかったのは、
体験したかったのは、

自分の意識を超えたコト。


ならば、
その過程の方が直に伝わってくる。

そこが狙いの展示だと。。。


それで、
冒頭の言葉。


頭ではわかっているけど、

実体として、
感覚として、

わかっていなかった。


でも、ここでつながりました。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年09月30日

はじめて見ました。


関西出張2日目は、
昔お世話になった人と会いました。

私がまだ建築の世界に分け入って間もない頃に、
いろいろとご指導してくれた人です。

お忙しい中、会って頂きました。


で、帰りに時計を見たら、
まだ15時。

そうだ、金閣寺に行こう!

kinkaku-ji01.jpg

普通、中学か高校の時に
修学旅行で京都・奈良へ行きますよね。

私は、
中学が東北、高校が南九州で
京都デビューは22才の時、
奈良デビューは32才の時でした。

で、
今まで2回京都に来てますが、
2回とも、金閣寺には縁がありませんでした。

確か、2回目は修復工事中。

それだけに、
今回、スキ(?)あれば、金閣寺
と思ってました。

なぜか?
見た事がないのも理由ですが、

金に興味がありました。

別に、金が好きな訳ではありませんが、

金箔を外観に貼った建物で、
これほど大きく、
また、
広大な風景の中に置かれているものは
世界でも現存するのは
たぶんこの金閣寺だけで、

それ故に
どう見えるのか?
どう感じるのか?

まさに究極の素材を扱っている訳ですから、
興味津々です。


それと、
三島由紀夫の「金閣寺」
を読んだことがあったので、
自分は何を感じるのか?
を体験したかったのです。


金閣寺は、
ある一面は魅惑的で
ある一面はパロディでした。


ある角度から見ると、
抱きしめたくなるほど
魅力的で誘惑されるかと思うと、
ある角度からは、
舞台のセットのように
現実感が無く、
すぐそこにあるにもかかわらず、
段ボールでできているが如くのちゃちさ。


この二面性がおもしろい。
この二面性が人を魅きつける。


私自身は、
好きな建築ではないけれど、

段ボールに金箔もどきを貼った様を
想像するだけで
行く価値はあるかも。

これは
嫌味でもなく、
本当に
私たちの大事な財産の1つだと思いました。


この金閣寺があるから、
対極に
今建築を考えることができる、
とも言えるかも。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年09月25日

関西出張最初の夕飯は、
京都タワーの裏の居酒屋でした。

関西的な飯を求めて駅周辺をフラフラ。

ちび餃子の看板に惹かれて。

kyoto-meshi01.jpg

ちび餃子は関西ですよね、東京の中華屋では見かけない。
う〜、なかなかの味。

でも、ちび?じゃなくても。この店だから?

kyoto-meshi02.jpg

牛すじと大根の煮込み。
牛すじも関西のイメージが。

グツグツに煮立って登場。

めちゃ旨かった。
牛すじトロトロ。
大根しみてる。
汁最高。

ハマりそうです。

kyoto-meshi03.jpg

地鶏のタタキ。
これは、
関西関係なし食べたかった。

脂があって、
弾力あって、
噛む程に地鶏の味がする。

かなり旨い。

kyoto-meshi04.jpg

で、締めのラーメン。

関西でも締めはラーメンかな、と思いつつ、
このラーメン、
メニューには「うまいラーメン」と。

余程の自信か。
でも食べたくなる。

これが悔しいかな、旨かった。

「うまいラーメン」の術中に。

牛すじと大根の煮込みの汁が入ってる感じ。

あ〜、思い出す、ハマるかも。


と、
太りそうな夕飯でした。

翌日も京都滞在。

実は、
二日続けてこの店に。。。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年09月10日

普段意識していない部分をデザインする。

art-gallery.jpg

これは、
銀座の画廊のショーウィンドウ。

たぶん、
ガラスではなく、
アクリルだと思います。

厚さを均一ではなく、
レンズ状に
不均一にしているのだと思います。

たぶん、
某建築家の
デザインだと思います。

偶然見つけました。


ショーウィンドウをつくる側は、
普段、
見せる部分をどの位の大きさ・形にするか、
それによって、耐風圧などにより
ガラス強度が決まり、
自動的にガラスの厚みを決めます。

ショーウィンドウを見る側は、
普段、
中に何が見えるか、
それによって、
興味があるかないかが決まり、
お店に入るかどうかを決めます。


ショーウィンドウは、中身をよく見せるためのもの。

そんなの当たり前ですよね。

だから、
雨風が入らないように
透明の素通しのガラスを入れる、のも当たり前。

意識するのは、
見せる中身をどうするか?


でも、
ここで
ガラスの厚みに焦点を当て、
意識してみる。

普段、
何も考えなくてもいい部分を意識してみる。


もし、
ガラスの厚みを変えてみたら。

もし、
ガラスの厚みが均一でなかったら。

もし、
ガラス以外の素材だったら。


何が変わるか?

ショーウィンドウを見る人に何か変化がおこるか?


デザインした建築家が
何を考えていたか、はわかりませんが


わたしは、

デザインする、とは

直接的に物の形や色や素材などを扱うよりも

普段意識していない部分に焦点を当てること、だと想います。


その方がたくさんの可能性があり、

きっと人の役に立つから。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年08月31日

週末の夜の浅草散歩。

asakusa01.jpg

涼しくて気持ちよかったです。


散歩の途中で見つけました。

stained-glass.jpg

通りに面した木製の玄関引戸の欄間部分のステンドグラス。


ちょっと粋です。

何気なく普通にあります。

昔はこういうように、
普通の家に
ちょっとステンドグラスを使う、
ことがあったのです。


ただ、今はありませんね。

何故かって?

ステンドグラスは
工業製品ではなく、手作りだから。

ハウスメーカーは使いませんよね。
(イヤミではありませんよ。。。)


ちなみに、
工務店はハウスメーカーとはちがいますよ。

だから、
工務店は粋なのです。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年08月30日

ガンダムの格納庫に忍び込み、
暗闇の中で足元から見上げてるようでした。

skytree03.jpg

週末の夜、
東京スカイツリーの根元まで行ってみました。

周りは低い住宅。
唐突に建ち上がるタワー。

工事中だから、暗闇。

ほとんど人もいません。

工事のクレーンあり、
資材ありで、
冒頭の表現のように(ガンダム世代なもので)

現実離れした、ちょっと異様な体験でした。


なかなかこんな体験できません。
一度工事中に行かれることをオススメします。

それも夜がいい。

あまり見えすぎない方が想像力を掻き立てられるから。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年08月12日

old-cinema.jpg

プラプラと
ふらふらと

長崎ちゃんぽん食べて、

またふらふらと
またプラプラと。

ここは三軒茶屋。


いつも気になる建物。
というか、
いつも見に行く建物。

古い映画館。古い名作ばかりを上映してるよう。


その建ち方、雰囲気があります。
ただ古いだけじゃない。だから、気になる。

単純な形態、単純な色使いの外観。

でも、その見え方、雰囲気があります。


映画にはあまり興味がありませんが、
一度中に入ってみたい、、、

でも、入れない雰囲気もあります。。。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年08月07日

場外ですし。旨かったです。

sushi01.jpg

先日の銀座での研修の際、

せっかくだからと、

研修仲間と共に、昼ご飯を食べに

築地魚市場に行きました。

週末の夜に場外のすし屋に来たことはありましたが、
平日の昼間に築地に来るのは初めて。


食後、魚市場内を散策。

tsukiji-market.jpg

平日でないと見られない光景。

朝が早い場所だけに
まだ昼過ぎですが、
商売終了でした。

それでも
普段なかなか見られない光景。

楽しくて、
あまり時間が無かったのですが、
歩き回りました。


この雑然さが魅力です。


誰もいません。

でも、、、
たくさんの人を想像します。
たくさんの声、音が聞こえてきそうです。
商売の活気が目に浮かびます。

そんな想像をする時、
人は、目の前のその場所にどっぷりと浸っています。


それは、その人にとって幸せな時間です。


しかし、

この魅力ある雑然さ

はじめから計画してつくり出すことはできません。


そこが、現代の建築計画学という学問の限界だったりします。


建築計画学とは、簡単に言うと、
数値に裏打ちされた統計学です。

統計学だから、
万人にとって機能的で支障がなく、問題ない物ができます。

そう問題ない物をつくるために建築計画学がある、
という人がいるかもしれません。
それを一生懸命、研究している方もたくさんいます。

私も建築計画学を否定するつもりはありません。


ただ、建築計画学を設計の拠り所にするのはよくない。

建築計画学は最低の基準であり、設計はその先の話だから。


設計は、

人の感覚、感情を左右する空間をどうつくるのか?

また、

その空間がどんな時間を生み出すのか?

を考える機会です。


問題ない物もつくることは、当たり前の話。

そこにフォーカスしすぎるのは、設計にとっては問題です。


先ほどの築地魚市場の場合でいうと、

あの魅力ある雑然さを誘発する空間をどうつくるのか?
自然発生的に商売の活気が産まれる空間とは?

などを考えるのが設計の仕事。


普段なかなか見られない光景だけに

私の感性も刺激を受け、たくさん誘発されました。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年08月05日

ginza-night.jpg

銀座泊。


先日、研修で銀座に行きました。
2日間の予定で、
1日目の終わりが夜遅く、
2日目の始まりが朝早かったので
初めて銀座に泊まりました。


銀座には何度も来たことがありますから、
見慣れた風景です。

でも、泊まりとなると、

なんか、銀座の街がちがって見えます。


少しの解放感も手伝ってか、
小旅行気分です。

だからか、、、

東京にいる、という感じではありません。


寝る場所が変わるだけで、、、

人というのは
ほんと、環境に左右されるものですね。


環境によって、

同じ物でも見え方、感じ方が変化する。


環境
言い換えれば、空間です。


空間が人の感覚や感情を左右する。

だから、空間を大切に。


そんなことを
あらためて実感した夜でした。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年07月21日

skytree02.jpg

東京スカイツリー完成。

当初の予定より、
高さが低くなり
世界一高い塔ではなくなりましたが、、、

場所も
当初の予定地を変更。

五日市街道の吉祥寺〜三鷹の間の
ちょうどよいスキ間に建ち上がりました。


できあがると、
案外、小さいもんだな。。。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年07月15日

sky-color.jpg

お昼の空です。

シュールな絵を見ているようでした。


ずっと先まで雲がなく、
空の色がグラデーション状に変化する。

文章にすると、
それだけで
写真ではわかりづらいかもしれません。


何か超現実的な風景でした。


日常の中の非日常、

一番おもしろい体験です。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年07月13日

昨日、今日と一日中研修を受けてきました。

電話・メールとなかなか連絡が取れなかった方、
申し訳ありませんでした。

明日からは通常通りです。
普通に連絡をしてくださって大丈夫です。


今回の研修、
来ている方は日本全国から。

それぞれの土地の事情も聞け、
また縁もでき、とても有意義でした。

明日から研修で学んだことを生かしていきます。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年06月17日

会いたい人がいて

今日、
横浜の桜木町に行きました。

もちろん仕事で
その人の話を聞きに。


夕方、
終わってから
中華街まで足を延ばしました。

辛い刀削麺を食べに。
関帝廟通りにうまい店があります。

toushou-men.jpg


帰る時に、
みなとみらい線の元町・中華街駅を利用。

station.jpg

写真は、
駅のホーム。

この駅、設計者は
建築家の伊東豊雄。

建築の設計をしていて知らない人はいない位の人。

私もリスペクトまではいきませんが、
作品で好きなものは多いです。
代表作に「せんだいメディアテーク」。
日本の現代建築のターニングポイント的作品。


ただ、この駅、完成度は高いけど、
デザイン的にはイマイチ。

近未来を狙ったのか。
それとも、、、


「建築家もヒトですから、ブレはある。」


と、
納得させながら帰路に。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年06月15日

flat35s.jpg

昨日、
住宅金融支援機構監修住宅工事仕様書セミナーに行きました。

改訂に伴う支援機構の仕様書の説明会。


いま、
フラット35S がかなりお得なようです。
ただし、期限付き。

説明会もかなりの人がいました。


家づくりには、
何かと不安はつきもの。

その最たるが、
資金。


まず、将来設計を考えて
ローンならば、
安心できるものを選びたいですね。


そうすれば、

家づくりの本当に楽しい部分に
没頭できます。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年06月06日

motomachi-street.jpg

写真は、横浜の元町通り。

昨夜久しぶりに行きました。

昔、元町の近くの設計事務所にいましたので、
その頃はよく
ランチに行ったり、
散歩したり。


写真を見て、
他の商店街にはない
建物の特徴があります。

建物の2階部分が歩道の上にせり出しています。

これは、
元町通り街づくり協定で

通りに面する建物は、
1階部分の壁面を後退させ
空間をつくり、
それを各建物が行い、提供し
雨に濡れない歩道を連続的に確保する

と決められているそうです。


よくアーケードは見かけます、
雨に濡れない歩道確保のために。
それは便利だと思います。

ただ、、、

空が見えなくなります。
天候がわかりません。
季節感がなくなります。


どんな商売でも、
最終的には、ヒト対ヒト。

そのヒトは、案外環境に左右されます。

例えば、雨の日は憂鬱な気分になるとか。


全天候型の空間にすれば、
環境に左右されることが少なくなり、
商売がやりやすくなるかもしれません。

ただ、

商売がやりやすい、と
商売がうまくいく、はちがうと思います。


商売がうまくいくには、
ヒトを左右する環境を
味方につけた方がいい。

だって、最終的には、ヒト対ヒトですから。


なのに、環境自体を排除してしまったら、、、

シャッター通り商店街もうなづけますね。


そんなことを考えて、
元町通り街づくり協定で
決められているわけではないと思いますが、

雨に濡れない歩道があり、空もある。


いいですね。

やっぱり、夜空が見えないと。
気分がちがいます。


だって、ヒトですから。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年05月31日

keitai-site.gif

5月のはじめに携帯サイトを立ち上げました。

それでここ3日間ほど、
サイトの内容のさらなる充実をはかりました。

携帯サイトは
PCサイトとちがって、

見える画面が小さいため、

同じ内容を伝えるにも工夫が必要です。

まして私はiPhoneを使っているために、
直接、携帯サイトを見ることができず、

どのように表現するのか、
どのように伝えるのか

を考えるのにとても苦労しました。。。


でもそれは、

画面を敷地に例えると、同じ?
計画の敷地にも大小があります。


私は計画の成否に敷地の大小は関係ない、と考えています。

工夫すればいいのだから。

ただ、
そのためには入念な敷地の読み取りが必要です。


逆に言いますと、

敷地選びの段階から計画を意識すると、
自分たちに合った敷地を見つけることができます。


敷地選びは大事です。

計画の成否、すなわち、

家づくりが成功するか否かは、土地選びで半分以上決まる、

と言っても過言ではありません。


ただ心配しないでください。

土地をすでに持っている方、工夫すればいいのですから。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年05月26日

setagaya-life01.jpg

「世田谷ライフ [2010 No.33] 」誌に掲載されました。

今まで何度か雑誌に掲載されましたが、
その度になんか不思議で、おもしろいです。


見方の角度が変わると、
同じことでも違って見える。


当たり前のことかもしれませんが、

そのおもしろさは、建築にも

そして、私の趣味の写真にもあります。


それが、デザインのヒントです。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年05月22日

myhouse01.jpg

マイハウス、リノベーション中。

築40年の祖父が建てた借家に今住んでいます。
その借家から脱出するべく、
別の築30年位の家をリノベーション中です。

この家、Mホームが建てたパネル工法の家。


わかりません、なぜこの家ができるのか。

わかりません、なぜこの家がもつのか。

わかりません、なぜこのパネルでいいのか。


本当に困ります。
どうしていいのか。

どうしていいのか、が私の問題ならばいいのですが、
たぶん、将来リノベーションすることを想定していない、
と言いますか、それはどうでもいい、という感じです。

ただ、マイハウスなので
思い切って手を入れています。

計算できるところはしていますが、、、
あとは自己責任で。


家は何年も同じ状態で住みません。

大事なことです。


「可変性」。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年05月18日

green-house.jpg

見つけました!
葉っぱハウス。
一目惚れです。
惹かれました。

葉っぱの屋根。
白く細い柱。

単純です。
でも深い。

ただの長イスまで演出に見えます。

これは近くの病院の庭のあずまや。

きっと作者は、、、何も考えていません。
たぶん偶然の産物です。

しかし、
プロポーションとスケールがいい。

葉っぱの量。
白い柱の太さ、位置。
あずまやの高さ、大きさ。

バランスが実にいい。

少ない構成要素でも
プロポーションとスケールだけで
建築は成り立つ証明です。

建築の基本。

でも奥が深い。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年05月10日

bigsite.jpg

東京ビッグサイトへ久しぶりに来ました。

改正による「建築確認手続き等の運用改善に係る講習会」でした。
6/1から建築確認に関する一連の業務が少し柔軟になりそうです。


ところで、ここに来るたびに考えます。

建築と人の関係。


大きい建築は、そのスケールで人を圧倒します。

人は圧倒された後、何を想う?

すばらしい。
何だかわからない。威圧される。
奇妙だ。こわい。登りたい。
きれい。美しい。触りたい、などなど。

世界には、たくさんの大きい建築があります。

ピラミッド。
エンパイア・ステート・ビルディング。
バチカン。京都の東寺の五重塔。
サグラダ・ファミリア。
ビルバオ・グッゲンハイム美術館。
ドォオモ(大聖堂)などなど。

もうすぐ、ここに東京スカイツリーが加わるか。

これらの名建築と東京ビッグサイトを比べるつもりはありません。


ただ、圧倒して、
なおも人に「すばらしい」と想われる建築って
どうすれば。。。

何が「すばらしい」と人に想わせるのだろう。。。


東京ビッグサイトはいつも何も想いません。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年05月03日

jitaku01.jpg

見た瞬間、はっ!として、しばらく見とれてました。

まるで影絵のよう。

自宅の1階南側の硝子戸。

築40年、祖父が建てた借家。
今では見かけない、サッシではない木製の建具に
今では手に入らない曇り硝子。

今までカーテンに隠れていて気がつきませんでした。

この季節の午前中のある時間だけのショーかもしれません。


今の住宅は、

何か大切なものを犠牲にしているのかも。。。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

有限会社仲村建築店 代表取締役 仲村和泰

有限会社 仲村建築店
代表取締役 仲村和泰

建築家。現代建築の設計施工が専門。特に東京特有の狭小変形地で建築理論を基にモダンデザイン住宅を設計から施工まで一貫して行い定評。世界中の近代・現代建築を見て歩き調査。コルビュジェ作品は8割調査済み。北欧フィンランドの建築家アアルトについて建築専門雑誌「新建築」でレポート執筆。3割はデザインのプロからの住宅設計依頼。

【略歴】
関東学院大学工学部建設工学科建築系卒業。株式会社像建築設計事務所に入社。その後家業である有限会社仲村建築店にて設計をはじめる。住宅のみならず店舗やオフィスビル、マンションの設計から施工までに一貫して携わる。
2001年 一級建築士取得。
日本建築学会正会員。
東京建築士会会員。