«  2019年03月02日  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« 2019年03月01日 | メイン | 2019年03月03日 »

2019年03月02日

端が、先が、もっと繊細ならば良いのに、というのは民藝だけでなく建築をにも言えることで、ものとしてどう見えるか、手先、足先を大事にしていない建築を結構見る。

わざと意図的に厚く見せているのと、何も意識せずに厚くなってしまった、では同じ厚みでも全く違って見える。

もっと言えば、繊細であれば良いのか、というのもあり、厚みがあることを意図することもあり、

さらに、もっと言えば、繊細であることは薄く、細くすることか、厚みがあって、太くても繊細になることもある。

ただ、いずれにしても、端々、先々まで意識して、1mm、0.5mm、0.3mmを出し入れする。

それは、単にディテールに凝るということだけでは無くて、建築のものという側面に対して、どう意識しているのかという話で、結構おざなりにされているのを見るし、その度に、建築はものなんだと再確認する。

AE00D397-02B9-468D-A3BC-B0C69718A041.jpeg

"Consciousness as a thing"

Even if the end is more delicate, it seems that not only the folk art but also the architecture can be said, it seems pretty to see the architecture which does not take care of the hands and the toes.

It looks deliberately intentionally thick and it got thicker without consciousness, but it looks quite different at the same thickness.

In other words, whether it is delicious is good, sometimes it is intended to be thick,

Furthermore, to be more specific, it is thin, thin, thick, sometimes delicate even if it is thick.

However, whichever way, consciously conscious from one side to the other, take in and out 1 mm, 0.5 mm, 0.3 mm.

It is not just about sticking to detail, but we talk about how we are conscious about aspects of architecture, we see that it is quite saddened, and each time the building is a thing Reconfirm what it is.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

有限会社仲村建築店 代表取締役 仲村和泰

有限会社 仲村建築店
代表取締役 仲村和泰

建築家。現代建築の設計施工が専門。特に東京特有の狭小変形地で建築理論を基にモダンデザイン住宅を設計から施工まで一貫して行い定評。世界中の近代・現代建築を見て歩き調査。コルビュジェ作品は8割調査済み。北欧フィンランドの建築家アアルトについて建築専門雑誌「新建築」でレポート執筆。3割はデザインのプロからの住宅設計依頼。

【略歴】
関東学院大学工学部建設工学科建築系卒業。株式会社像建築設計事務所に入社。その後家業である有限会社仲村建築店にて設計をはじめる。住宅のみならず店舗やオフィスビル、マンションの設計から施工までに一貫して携わる。
2001年 一級建築士取得。
日本建築学会正会員。
東京建築士会会員。