効率から自由になる

さらに効率を推し進めるとむしろ効率から離れることができるのではないかと考えた。効率的になる部分を増やしてより効率化すると、それまで効率について考える必要があったことが無くなり、効率自体を考える必要が無くなる。その結果、効率から自由になれる。

B754F90A-2922-4BF6-A5BA-03BD3884E876.jpeg

だとすれば、さらに効率化する時の手段を固有のものにすれば、効率化を推し進めながら固有のものが生まれ、生まれたものは効率とは無縁のものにできる。

"Free from efficiency"

I thought that it would be possible to move away from efficiency by further promoting efficiency. If we increase the efficiency and make it more efficient, we no longer have to think about efficiency, and we don't have to think about efficiency itself. As a result, you are free from efficiency.

If that is the case, if the means for further efficiency improvement are made unique, unique things will be born while promoting efficiency improvement, and the born things can be unrelated to efficiency.

リンク

効率か無駄か

効率から生まれるものは無駄が無いものになるが、無駄を効率的に配置したら、それはそれで効率的ではないのかと思った。

E800EA72-C895-4DD4-8C7A-DC7A994CF570.jpeg

地である効率と図である無駄を反転させたような話だが、図である無駄を効率的に配置すれば、地か図か、効率か無駄かの話が棚上げになり、別の視点が持てるのではないかと考えた。

"Efficiency or waste"

What is born from efficiency will be lean, but if waste is arranged efficiently, I wondered if it would be efficient.

It's a story that reverses the efficiency of the ground and the waste of the figure, but if the waste of the figure is arranged efficiently, the story of the ground or the figure, efficiency or waste will be shelved, and another perspective will be given. I thought I could have it.

リンク

偶然なハンコ

ひとつの決まり事をつくり、その決まり事はそこでの固有のものだが、その決まり事をハンコのように繰り返しながら、しかしその時々でハンコのどの部分を押さえるのかを偶然的に決めようと考えた。

8CCBEEB2-EDD4-432D-8830-6D692F88D091.jpeg

ハンコは効率的なもの、ただ、押し方を偶然性に頼ったら予想もしなかったものが現れるかもしれない。効率は担保しながら自分でも予想していないようなものを見てみたい。

"A coincidental stamp"

I made a rule, and the rule is unique to it, but I thought about repeating the rule like a stamp, but accidentally deciding which part of the stamp to hold at that time.

Hanko is efficient, but if you rely on chance to push it, you may find something unexpected. I want to see something that I didn't expect while guaranteeing efficiency.

リンク

お互いに依存

内部から詰めるか、外部から詰めるか、この内部と外部という両義な問題はいつも頭にある。たぶんそれはどちらかを決めて、そのスタンスではじめれば良いのだろうが、その時その時でこの内部と外部の両義のどちらに振るかを決めていたので、その選択が重要になった。

ちょっと進めて内部も外部もお互いに依存しあうような切り口があるかどうかを考えてみる。内部を決める時に外部を必要とする、あるいは外部を決める時に内部を必要とする、そのような関係性がある切り口で建築が部分から全体ができあがればいい。

11FE6ACD-C1FE-4411-805E-62543AAD7BCA.jpeg

それは内部と外部の関係性をリフレーミングするようなことかもしれないが、新たな自由と秩序が手に入るような気がする。

"Depending on each other"

Whether to pack from the inside or from the outside, this ambiguity between the inside and the outside is always in my head. Maybe it's better to decide which one to start with, but at that time I was deciding whether to swing inside or outside, so that choice became important.

Let's go a little further and consider whether there is a way to depend on each other both inside and outside. It would be good if the whole building could be completed from the part with such a related cut that needs the outside when deciding the inside, or needs the inside when deciding the outside.

It may be like reframing the relationship between the inside and the outside, but I feel like I have new freedom and order.

リンク

一番遠いもの

プロセスは効率的なことをさらに進めて行うが、結果的には効率的なプロセスから導き出されるものから一番遠い所に着地したいと考えている。

72115924-C806-4B24-81FF-302B0502864B.jpeg

効率にもバリエーションがあるとしたら、その場所での一番効率的なことを選択し、その結果出てくるものはその場所固有のものであり、もしかしたら他の場所では効率的ではないかもしれない。それはちょっと引いて見れば、結果的には効率的なプロセスから導き出されたものから一番遠いものになるかもしれない。

"The farthest thing"

The process goes a step further in efficiency, but in the end we want to land farthest from what is derived from the efficient process.

If there are variations in efficiency, choose the most efficient one at that location, and the resulting results are specific to that location and may not be efficient elsewhere. not. At a glance, it may end up being the furthest from what was derived from an efficient process.

リンク

遠いか近いか

先日見たある絵画は桜を題材にしたものだった。ポロックのアクションペインティングの指向性を高めて、青空に映える桜というモチーフを表現していた。どこまでが具象でどこまでが抽象かがわからない、作者本人も語っていたが、具象と抽象をつなぎ行ったり来たりする。

面白いことに絵画から距離を取りある一点から見ると実際の花が咲き乱れる自然の桜のように見えるが、間近で見ると単なる抽象絵画になってしまう。

距離が近ければ絵画と自分との間に差し挟むものは何も無く直接的に対峙することになるからそのままの絵画としての桜が目の前に出現する。距離を取り絵画から離れれば絵画と自分との間に別の要素が入り込み、絵画としての桜はその別の要素を通して間接的に出現する。別の要素が入り込むということが絵画の桜を自然の桜のように見せるのだろう。

自然の桜はどこから見ても、近くても遠くても、自然の桜に見える。細密に描いた桜の絵画はどこから見ても絵画の桜で自然の桜のようには見えない。

C1858B6D-5E56-4AB9-8479-45B0FB9003B2.jpeg

具象度を落とし遠くなることで実物との差異が生まれる。その差異が自身が持っている桜に対する感性と共鳴し増幅され、無意識のうちに増幅された実物との差異を埋める作用が起こり、自然の桜に浸るような感覚に包まれる。だから絵画との距離は人によって違う。

"Is it far or near?"

One of the paintings I saw the other day was about cherry blossoms. By increasing the directivity of Pollock's action painting, he expressed the motif of cherry blossoms that shine in the blue sky. The author himself said that he didn't know how much concrete and how abstract he was, but he goes back and forth between concrete and abstract.

Interestingly, when viewed from a certain point away from the painting, it looks like a natural cherry blossom in full bloom, but when viewed up close, it becomes just an abstract painting.

If the distance is short, there is nothing to put between the painting and myself, and they will face each other directly, so the cherry blossoms as the painting will appear in front of me. If you take a distance and move away from the painting, another element will enter between you and yourself, and the cherry blossoms as a painting will indirectly appear through that other element. The inclusion of another element may make the cherry blossoms in the painting look like natural cherry blossoms.

Natural cherry blossoms look like natural cherry blossoms no matter where you look, whether they are near or far. The detailed painting of cherry blossoms is a painting of cherry blossoms and does not look like a natural cherry blossom from any angle.

By reducing the degree of concreteness and getting far away, a difference from the real thing is created. The difference resonates with one's own sensibility for cherry blossoms and is amplified, and the action of filling the difference with the amplified real thing occurs unknowingly, and it is wrapped in the feeling of being immersed in natural cherry blossoms. Therefore, the distance from the painting varies from person to person.

リンク

記憶の消滅への抵抗感

時間が切断されるものをつなげようとすると無理が生じるかもしれないが、そのままにしておくと時間に張り付いている記憶が消滅してしまう。きっと切断を繰り返すことが当たり前になっているから記憶の消滅を何とも感じないようになっているのかもしれない。

切断してしまう方が楽でつなげる方は労力がいる。切断し新しい時を刻むようにつくり替えてしまえば、切断した時点がスタートになるので全てがリセットされ身軽になるが、つなげる方はそれまでの記憶を継承するのではじめから記憶との関わりが伴い対処を迫られる。

B49427DB-A827-4BE6-ACEA-D80AA10EB494.jpeg

ただ、記憶とのつながりはその人、その場所、そのものの固有のものだから消滅してしまうことには抵抗感があり、いつもこの抵抗感との兼ね合いが建築デザインには伴う。

"Resistance to the disappearance of memory"

If you try to connect something that cuts time, it may be impossible, but if you leave it as it is, the memory stuck to time will disappear. I'm sure it's normal to repeat disconnection, so it may be that I don't feel the disappearance of my memory at all.

It is easier to disconnect and it is more laborious to connect. If you disconnect and remake it so that it ticks a new time, everything will be reset and lighter because the point of disconnection will be the start, but the person who connects will inherit the memory so far, so it will be dealt with from the beginning. Is pressed.

However, since the connection with memory is unique to the person, the place, and itself, there is a sense of resistance to disappearing, and the balance with this sense of resistance always accompanies architectural design.

リンク

他者の投影

ある一点を見つめていると周りはボヤけてくる。まさにある一点を見つめることがものづくりかもしれない。次のことを考えているつもりでも、ある一点を見つめる範疇から逃れることができておらず、周りがボヤけている様を自身の投影に利用する。ある一点を見つめることは他の部分を捨てて断絶しているように見えるが、一点に集約して周りを引き連れようとしているようにも見える。解釈のちがいは断絶か連続かだが、断絶せずに次のことを考えていても何も変わらない、連続では何も変わらない。次のことを何かを変えたいならば、一点を見つめながらボヤけている周りに他者を投影したい、それで断絶できる。

59CB06B9-CE07-4547-ABD0-64EACA21101E.jpeg

"Projection of others"

When I stare at a certain point, the surroundings become blurred. It may be manufacturing to look at exactly one point. Even if I think about the following things, I haven't been able to escape from the category of staring at a certain point, and I use the appearance that the surroundings are blurred for my own projection. Looking at one point seems to be cut off by throwing away the other parts, but it also seems to be trying to consolidate into one point and take the surroundings. The difference in interpretation is whether it is discontinuous or continuous, but nothing changes even if you think about the following without discontinuity, and nothing changes in continuous. If you want to change something to the next thing, you want to project another person around the blur while staring at one point, and you can cut it off.

リンク

サイコロを真面目に振る

全体があり部分が決まるような流れから脱したいとしたならば、ひとつの方法としてはその流れを切断するように偶然性を取り入れる。何の疑いもなく全体から部分を考えていると全てが予定調和の範疇におさまってしまう。

ひとつサイコロを振ることにしよう、たったそれだけで予定調和が切断され、面白いことに結果が気になりだす。

A3B9E77C-9B1D-42E5-A498-E447DAAC4013.jpeg

サイコロは不真面目かもしれない、しかし、予定調和も真面目とはいえない。予定調和は何も考える必要がないだけで、むしろサイコロを導入しようと考えるだけでも現状に何かを変化を、そうしたらもっと良くなるかもと考えるだけ大真面目である。

"Roll the dice seriously"

If you want to get out of a flow that is whole and part-determined, one way is to take in chance to cut off that flow. If you think about the part from the whole without any doubt, everything falls into the category of planned harmony.

Let's roll one dice, and that alone will break the planned harmony, and interestingly the result will be worrisome.

The dice may be unscrupulous, but the planned harmony is not. Scheduled harmony doesn't just have to think about anything, but rather just thinking about introducing dice is serious enough to think about something that will change the status quo and that it will be even better.

リンク

偶然性に委ねる

偶然性をコントロールできないかと考えている。偶然性をコントロールするとは一見矛盾することの組み合わせだが、全てが偶然である必要はないし、全てをコントロールする必要もないと考えれば、一見矛盾することに妥協点は見出せる。

コントロールし、ある枠内で偶然性が起こる。偶然の結果で現れるものが最終結果になれば、それは偶然性を帯びたものと呼べるだろう。

偶然性をコントロールすることはプロセスデザインでもあり、結果を手放し、結果をコントロールしないことをデザインすることでもあり、結果に収束していく流れを切断することでもある。

45591FF2-B513-4199-9963-B9E27E9367A4.jpeg

何を持って決定するかとした時の基準が偶然性に委ねられることはものづくりの世界ではタブーかもしれないがアートの世界では当たり前である。ならば、一考の余地はあるかもしれないと思った。

"Leave it to chance"

I'm wondering if I can control the contingency. Controlling contingency is a combination of seemingly contradictory things, but if you think that everything doesn't have to be accidental and you don't have to control everything, you can find a compromise in seemingly contradictory.

Control and chance happens within a certain frame. If what appears as a result of chance is the final result, it can be called contingent.

Controlling contingency is also process design, letting go of the result, designing not to control the result, and cutting off the flow of convergence to the result.

It may be taboo in the world of manufacturing that the criteria for deciding what to have is left to chance, but it is commonplace in the world of art. Then, I thought there might be room for consideration.

リンク

ブレを面白がる

カルサイトという石がある。必ず菱形に割れるその石は半透明なのでかざすと文字や線が透けて見えるが、石の性質上必ずブレて見える。

自分の目と線や文字の間に何も無く直接的に見ることができるならば、ブレることなくはっきりと見えるが、自分の目と線や文字の間にカルサイトが入ると見え方はカルサイトの性質に依存し間接的に見ることになる。それはカルサイトの分だけ距離が遠くなったとも言える。

日常の中ではカルサイトが間に入るように距離を遠くして間接的な見方をしていることが多く、本来はブレて見えているはずだが、自分の目が自動補正しブレずに見せていると思う。

1E3F7A94-0095-4ACF-821C-19E0926FCA85.jpeg

だから、直接的に見ないとダメとかという話では無くて、むしろ日常の中では直接的に見ることは不可能だから、カルサイトに当たるものを意識して入れ替えながら見て、その時のブレの見え方の差異を面白がる方が良いのでは。

"Interesting blur"

There is a stone called calcite. The stone, which always breaks into a rhombus, is translucent, so when you hold it over, you can see through the letters and lines, but due to the nature of the stone, it always looks blurry.

If you can see directly without anything between your eyes and lines or letters, you can see clearly without blurring, but if you put calcite between your eyes and lines or letters, you will see it. It depends on the nature of calcite and will be seen indirectly. It can be said that the distance has increased by the amount of calcite.

In everyday life, I often take an indirect view by increasing the distance so that calcite is in between, and although it should look blurry, my eyes automatically correct it and show it without blurring. I think it is.

Therefore, it is not a story that you have to look directly, but rather it is impossible to see it directly in everyday life, so look at it while consciously replacing what hits calcite, and how the blur looks at that time. I think it's better to be amused by the difference.

リンク

遠いか近いか

何事も遠くなればブレや行き違いなどの差異が生まれ誤解が生じるが、誤解や行き違いをネガティブではなくポジティブに捉えれば、良し悪しも無いどっちつかずの状態になり、それはひとつの側に固定されていない状態だから、そこからどのようにでも変化させることができる。

逆に近いと相当正解に言い当てることができてしまうが故に差異が生まれずにかえって融通が利かなくなるとも言える。

27BD3CC7-DA87-4716-8FCE-09AB41B03249.jpeg

遠くでもなく近くでもないバランスをとることができれば一番良いのだがそうもいかないので、差異をポジティブに捉え主題にし拡張してみると、バランスを取らない方が良い結果が生まれるかもと思い、遠いか近いかの距離感の見方がちょっと変わった。

"Is it far or near?"

If everything goes far away, differences such as blurring and misunderstandings will occur and misunderstandings will occur, but if you catch misunderstandings and misunderstandings positively instead of negatively, you will be in a state of neither good nor bad, and it is fixed to one side. Since it is not in a state, it can be changed in any way from there.

If it is close to the opposite, it can be said that the answer is quite correct, so there is no difference and it is rather inflexible.

It would be best if we could balance neither far nor near, but that is not the case, so if we take the difference positively and expand it to the subject, I think that it is better not to balance, so it is far. The view of the sense of distance, whether close or near, has changed a little.

リンク

切断に可能性はないのか

時が流れれば必ず変化していく、それは人も物も同じだが、時による変化が絶対的なことと捉えれば、時の変化自体が人や物の何か固有なことを絶対的に表現してしまうと考えることもできる。

その時問題になるのが切断か継承かであり、時の流れを切断することで固有なことまで切断し無いことにするか、時の流れをつなげることで固有なことを継承するか、モダニズムの考えは切断を選んできた。

ポストモダニズム以降はいかに切断されたものをつなげるかの歴史であるが、今だに切断が優位である。切断する方が資本主義経済と同調しやすくメリットがあるからだろう。中には時の流れをつなげるという見せかけまで存在させて切断する。

ECB4E6B3-6E56-42B3-BF5B-F92746CCB7C0.jpeg

切断されるものは放っておいて、つなげることができるものだけでもつなげていくのが固有なことを継承する現実的手段だと思うが、どうも頷けない。それは切断に可能性が見出せないのかと思ってしまうからである。

"Is there a possibility of disconnection?"

It always changes as time goes by, which is the same for people and things, but if we consider that the change with time is absolute, the change in time itself absolutely expresses something unique to people and things. You can think that it will be done.

At that time, the problem is disconnection or inheritance, and whether to cut off the flow of time so that it does not cut off the unique things, or to connect the flow of time to inherit the unique things, or to inherit the unique things of modernism. The idea has chosen to disconnect.

Since postmodernism, it is a history of how to connect cut things, but cutting is still dominant. This is probably because disconnecting is easier to align with the capitalist economy and has the advantage. There is even a pretense that connects the flow of time inside and cuts.

I think it's a realistic way to inherit the uniqueness of leaving things that are cut off and connecting them only with things that can be connected, but I can't nod. That is because I wonder if there is a possibility of disconnection.

リンク

絶対的効率は非効率か

普通にいったら効率に飲み込まれてしまうところを別の効率を持ち出してきて違う結果を生み出せないかと考えている。

最近、効率的=同一的=全体的という図式から逃れてたくて、非効率、不同一、部分について考えたりするが、反対を考えても結局は同じ文脈で考えていることになるので、度を超す位に効率的=同一的=全体的を推し進めたらどうなるかを考えてみている。

D3EF04C2-012D-4A16-9821-AABBD4622BDF.jpeg

例えば、絶対と呼べるような効率的な状態は不安定になるのではないか。絶対的な効率は少しでもバランスを崩したら非効率に転じるのではないか。それは結果的に効率から逃れてまた別の状態をつくることができるのではないか。

"Is absolute efficiency inefficient?"

I'm wondering if I can bring out another efficiency and produce different results where it would normally be swallowed by efficiency.

Recently, I've been thinking about inefficiencies, inconsistencies, and parts because I want to escape from the scheme of efficiency = identity = overall, but even if I think about the opposite, I end up thinking in the same context. I'm thinking about what would happen if I pushed forward with efficiency = identity = overall to the extent that it exceeds.

For example, an efficient state that can be called absolute may become unstable. Absolute efficiency may turn into inefficiency if the balance is lost even a little. As a result, it may be possible to escape from efficiency and create another state.

リンク

時間による偶然

偶然的に生まれることははじめから全体を持たないことであり、部分の生成が最初にあり、いくつか部分が増えていった時に部分同士の関係性が生まれ全体が見えてくる。

ただ存在としての全体ははじめには無いが、コントロールをしようとした時には指針のようなものが必要になるだろう。だがその前にコントロールする必要があるのかということもある。コントロールすればそこに偶然が生まれるのかという疑問もあるが、何かを生み出す場合にコントロールがそもそも必要か。

455B0D4F-A0A0-4004-B841-A5D3E07CD983.jpeg

決定できれば良いのだから、コントロールせずに決定できる方法か、そもそも決定しないことを受け入れる曖昧な状態が最終的な全体の状態で良いとなればいいのか。ならば、時間を持ち出してきて、ある時間で切断した状態、その時間の偶然性による結果が最終で良いともいえるか。

"A coincidence by time"

Being born by chance means not having the whole from the beginning, the generation of the part is first, and when some parts increase, the relationship between the parts is born and the whole becomes visible.

It's not the whole thing at first, but when you try to control it, you'll need something like a guideline. But before that, it may be necessary to control it. There is a question as to whether control will create a coincidence, but is control necessary in the first place when creating something?

Since it is only necessary to make a decision, is it a method that can be decided without control, or is it good if the ambiguous state that accepts not making a decision in the first place is good in the final overall state? If so, can it be said that the final result is the state of taking out the time, disconnecting at a certain time, and the accidental result of that time?

リンク

偶然的に待つ

建築がつくられていく上で必然的にそうなったのではなくて偶然的にそうなったようにできないかと考えている。必然的とは建築計画学的な積み重ねや暗黙の了解も含めた同時代的な表現であり、偶然的とはそれらの意図が及ばないところで決定されることである。

建築計画学的な積み重ねや暗黙の了解も含めた同時代的な表現は全体的に同一なものを生み出す方向に力が働く。それに対して偶然的は同一なものを生み出す力とは断絶して、とてもフラットな状態で何にでもなるし、何にでも変化する。それ故に偶然的は目の前の事柄を重視し、全体的な関係性は二の次になる。

63CF3E80-260D-4C6F-A065-961CE0C97B39.jpeg

だから、偶然的ははじめから全体的な結果を生み出すことはできず、目の前の事柄に対して個別に結果を生み出しながら、ある時全体が現れるの待つ。

"Wait by chance"

I'm wondering if it could happen by chance, not inevitably in the construction of architecture. Inevitable is a contemporary expression that includes architectural planning accumulation and implicit understanding, and accidental is determined where those intentions do not reach.

Contemporaneous expressions, including architectural planning accumulations and implicit understandings, work in the direction of producing the same thing as a whole. On the other hand, by chance, the power to produce the same thing is cut off, and it becomes anything in a very flat state, and it changes to anything. Therefore, by chance, the matter in front of us is emphasized, and the overall relationship is secondary.

Therefore, by chance, it is not possible to produce an overall result from the beginning, and while producing an individual result for the matter in front of us, we wait for the whole to appear at a certain time.

リンク

効率に対して

効率的でありたいと思うのと同時に遊びたいし効率的じゃないことも必要かなと思ってしまう。効率的か非効率的か、非効率的という言葉の響きにはネガティブな印象しかないが、どちらも効率を扱う上での立ち位置の違いだけなような気もする。

6D3C651B-BF4D-44C5-86DC-05B74598BFC5.jpeg

ちょっと角度を変えて、効率をさらに進めたらどうなるだろうか。効率というとムダを省きシンプルにするようなイメージもあるが、進め方や進んだ先は1つではないだろう。様々な効率のバリエーションがあった場合、どれもが効率的ではある訳だから、どれを選んでも良いとして、何を判断基準として選ぶかと考えてみた。それを考えることが効率ということに対するささやかな遊びになるような気がして。

"For efficiency"

At the same time as I want to be efficient, I also want to play and I think it is necessary to be inefficient. There is only a negative impression on the sound of the words efficient, inefficient, and inefficient, but I feel that both are just different positions in dealing with efficiency.

What if we change the angle a little and further improve efficiency? When it comes to efficiency, there is an image of eliminating waste and simplifying it, but there is probably more than one way to proceed and where to go. When there are various efficiency variations, all of them are efficient, so I thought about what to choose as a criterion. I feel that thinking about it is a small play for efficiency.

リンク

複数のこと

一貫性が大事だなと思うことがよくある。それはコントロール感と言い換えてもいいと思うが、自分で制御しながらある範囲内で物事が行える感覚を保ちたいと思う。一貫性やコントロール感などと思うと、何か目標がありそこに向かうようなことをイメージするかもしれない。最近も何を目指しているのと言われたことがあるが、目の前の個々に起きる複数のこと、それぞれに関連性があってもなくてもいいのだが、に対しての態度のようなものが一貫性やコントロール感で、具体的な目標が無くても、むしろ無い方がいいくらい、もし目標を持つとしたら抽象的で捉えどころが無い方が様々な工夫をする余地があっていいと思う。

DD24383E-0CE4-4771-AE9B-3437D44EC4AE.jpeg

"Multiple things"

I often think that consistency is important. It can be rephrased as a sense of control, but I want to maintain a sense of being able to do things within a certain range while controlling myself. When you think about consistency and control, you might imagine that you have a goal and you are heading for it. I've been told what I'm aiming for lately, but it seems to be an attitude toward multiple things that happen individually in front of me, whether they are related or not. What is consistency and control, even if there is no concrete goal, it is better not to have it, and if there is a goal, there is room for various ingenuity if it is abstract and elusive. I think

リンク

断絶をつくる

自身を確立する、あるいは違いを生み出すにはそれまでの流れとは違うものを生み出さなくてはならない。それはとてもビジネス的だが、それも飲み込まなくては先には進めないと人は言い、確かにと頷く。

その場合2通りある、ひとつはそれまでの流れに対してアンチテーゼを示すことであり、それはよくあり、大概はそれで自身を確立しようとする。それは今までの流れと関連性を持たせることができるから安心安全最大限のリスクヘッジをして自身を確立しようとできるだろう。ただし、それでは大きな流れ、うねりはつくれない。

47466A0E-353B-4850-9AE2-61FCFB6EACCB.jpeg

断絶を狙う、自身を確立するもうひとつの方法である。断絶を起こす、それは新しい流れを自らつくることである。ただし、それは今までの流れを全否定するのでは無く、今までの流れをさらに度を超える位に推し進めることだと気がついた今日。

"Making a break"

In order to establish yourself or make a difference, you have to create something different from the previous flow. It's very business-like, but people say that if you don't swallow it, you can't move on, and nods.

In that case, there are two ways, one is to show antithesis to the previous flow, which is common and usually tries to establish itself with it. Since it can be related to the current flow, it will be possible to try to establish itself by performing maximum risk hedging for safety and security. However, that does not create a big flow or swell.

Another way to establish yourself, aiming for a break. To cause a break, it is to create a new flow by oneself. However, today I realized that it is not to completely deny the flow so far, but to push the flow so far to a higher level.

リンク

超効率を考える

何かをデザインする時に効率をどのように扱うかを考える場合がある。効率を別の言い方をすれば無駄を省くことなのでレス イズ モアと考えて、より洗練させていく方向でデザインすることができる。また、逆にレス イズ ボアと考えて、効率をデザイン上で考慮することは避けたいと考えることもできる。この場合は効率と非効率を天秤にかけるのだが、非効率も効率の範疇だとしたら、効率や非効率に対して超効率のような普通の効率とは違う絶対的な効率を考えれば、それは初源のような状態かもしれないし、飽和状態にあり何も省くことができない状態かもしれないが、効率だけで何かを規定してしまう力を持ち、逆に効率以外のことが入り込む余地が生まれると考えてみた。

4A71136E-DAA2-4F42-8BB3-C675FAB54554.jpeg

"Thinking about super efficiency"

Sometimes we think about how to handle efficiency when designing something. In other words, efficiency can be considered as less is more because it eliminates waste, and it can be designed in the direction of further refinement. On the contrary, it is possible to think of it as a less bore and avoid considering efficiency in the design. In this case, efficiency and inefficiency are weighed, but if inefficiency is also a category of efficiency, considering the absolute efficiency that is different from ordinary efficiency such as super efficiency with respect to efficiency and inefficiency, It may be a state like the first source, or it may be in a saturated state and nothing can be omitted, but it has the power to define something only by efficiency, and conversely there is room for things other than efficiency to enter. I thought that would be born.

リンク

新しい構図をつくる

良し悪しは別として逆張りをしたくなる。大概のことには王道と呼ばれるような大多数が支持するものがあり、その逆の少数支持のものも存在する。通常の逆張りはその少数支持のものを祭り上げることだが、もう少し引いて考えて、この大多数対少数という構図自体に対して逆張りをしたくなる。この構図からこぼれ落ちるものに焦点を当てたくなる。そもそもの前提にこのこぼれ落ちるものを含む可能性が無いからで、こぼれ落ちるものに焦点を当てることで前提自体を変えてしまえば新しい構図をつくることができる。

6BD86ACD-AA34-41FC-90A7-207A27E39548.jpeg

"Creating a new composition"

Regardless of whether it is good or bad, I want to make a contrarian. Most of them are supported by the majority, which is called the royal road, and vice versa. The usual contrarian is to celebrate the minority support, but with a little more thought, I want to contradict the composition of majority vs. minority itself. I want to focus on what spills out of this composition. There is no possibility that this spilling thing is included in the premise in the first place, so if you change the premise itself by focusing on the spilling thing, you can create a new composition.

リンク

記憶でノイズを起こす

ちょっと思うことは周りを見渡せば他者性なるものに溢れているのにちっとも他者性を感じないことである。それは他者性なるものにもネットやSNSなどの受け皿があり、他者性なるものをいちいち祭り上げる必要がないからかもしれない。ただ、そうなると結局は全てが同じ地平の上にいて、いる場所が違うだけになっていき、他者性という単なるアドレスを持っているに過ぎなくなる。

CCB7E5A8-337E-46A7-A34D-0DB931AAE7E5.jpeg

だから、さらにちょっと思うことは未来がそのように全て同じ地平に収束していく方向ならば、過去を見て記憶と結びつけて収束の過程にノイズを起こして他者性なるものをつくり出したらどうか。

"Make noise in memory"

What I think for a moment is that if you look around, you will find that you are full of other things, but you do not feel other things at all. It may be because there is a saucer for other things such as the Internet and SNS, and it is not necessary to raise the festival for other things one by one. However, in the end, everything is on the same horizon, and the place where they are is different, and they just have the address of otherness.

So, what I think a little more is that if the future is all in the direction of converging on the same horizon, why not look at the past and connect it with memory to create noise in the process of convergence and create something else.

リンク

主体を変えてみる

全体を全て同列に扱うことは中々難しいが、仮に全てを同列に扱うことができたとしたら、そこからこぼれ落ちるものは何かを考えみた。集合住宅の話である。個別に同列に扱えば、個別の関係性は全てイコールになるはずだがそのようなことはあり得ない気がする。

368C2CDE-CF70-42A7-8717-E85D20486260.jpeg

関係性がイコールにならない要因がこぼれ落ちていることかもしれない。ならば、今度はこぼれ落ちるものを主体に全体を考えようとする。そうするとたぶん全体を全て同列に扱えなくなるが、同列に扱おうとする前の状態とは違うものが生まれるだろう。

"Try changing the subject"

It's difficult to treat everything in the same line, but if I could handle everything in the same line, I wondered what would spill out of it. It is a story of an apartment house. If treated individually in the same line, all individual relationships should be equal, but I feel that such a thing is impossible.

It may be that the factor that the relationship is not equal is spilling out. Then, this time, I will try to think about the whole, focusing on what spills. Then you probably won't be able to treat the whole thing in the same row, but you'll end up with something different than before you tried to treat it in the same row.

リンク

全体ではなく同列

全体としての統一感は求めていないが個々のつながりがそれぞれで違いながらもあるようにデザインしたいと考えている。集合住宅の話であり、効率的にプランニングしたいと考えるのが常套手段であるが、その効率性は建築計画上だけでそれが事業性の高さに通じるからだが、事業性の高さは別の手段で担保すれば良い。

3004BAD6-6815-4877-80AE-CC6B523FF3FD.jpeg

そもそも全体を考えることを止めることができないかと考えている。集合住宅以外でも建築は全体から部分へと考察が流れていくが全体と部分という分け方では無くて、全てが同列に扱われその間の関係性を考察するように設計ができないかと考えている。

"Same line, not the whole"

I don't want a sense of unity as a whole, but I want to design it so that each connection is different. It is a story of an apartment house, and it is a common practice to want to plan efficiently, but the efficiency is only in terms of architectural planning and it leads to high business feasibility, but high business feasibility is different. It should be secured by the means of.

I'm wondering if I can stop thinking about the whole thing in the first place. Even if it is not an apartment house, the consideration of architecture flows from the whole to the part, but it is not a way of dividing the whole and the part, but I think that it can be designed so that everything is treated in the same line and the relationship between them is considered.

リンク

別のルール設定

全く見過ごされて外されてしまっていることはあるルールの中での話であり、別のルールを設定することにより見過ごされ外されていることに焦点を当てることができる。そもそものルールを変える話だが、揺れ動く関係性が何にでもどこにでもあると考えることができれば、絶対的なことなどは存在せずに常に状況は入れ替えて考えることができ、それを考えでは終わらせずに実践さえすれば目の前の状況やことやものも変わり、違った状況やことやものをつくり出せる。それはデザイン行為であり、別のルールを設定することもデザインの範疇になる。

F6B38667-3DDF-4FBE-AA71-B2F3E101D484.jpeg

"Set another rule"

What is totally overlooked and missed is a story within one rule, and by setting another rule we can focus on what is overlooked and missed. It's a story that changes the rules in the first place, but if you can think that the swaying relationship is everywhere, you can always think about the situation by changing the situation without absolute things, and end it with thinking. If you practice it without doing it, the situation, things and things in front of you will change, and you can create different situations and things. It is a design act, and setting different rules is also a category of design.

リンク

制限されたアクティビティによる空間

アクティビティが空間に与える影響を考えている。アクティビティは機能より発生すると考えれば、機能が空間に与える影響と読み替えてもいいが、それでは当たり前過ぎて面白くない。

8C181B08-3CA6-46EC-8271-851CC54083CE.jpeg

アクティビティを限定したり、制限したりしたら空間は何か変わるだろうか。アクティビティがダイレクトに空間になる場合、例えば、スロープ状の動線空間などは当たり前だがスロープを上るとうアクティビティに限定していることになる。これは単一のアクティビティで1つの空間をつくることは可能だということだが、制限された範囲での複数のアクティビティによる空間を考えた場合はどうなるだろか。空間は単なる受け皿にしかならないだろうか。

"Space with limited activities"

I am thinking about the impact of activities on space. If you think that activity occurs more than function, you can read it as the effect that function has on space, but that is too obvious and not interesting.

Will limiting or limiting activities change anything in space? When the activity becomes a space directly, for example, a slope-shaped flow line space is natural, but it is limited to an activity that goes up the slope. This means that it is possible to create one space with a single activity, but what if we consider a space with multiple activities within a limited range? Is the space just a saucer?

リンク

プロセスの最適化

何かを生み出すプロセスに目を向けている。ものづくりの場合、完成した物が成果品として価値を持つので、どうしても結果にフォーカスすることになるが、結果を変えようとするならばプロセスを変えなければ何も変わらない。

同じプロセスでは、コンセプトや考え方を変えても結果は今までの範疇に収まってしまう。だから逆に考えると、結果をあと少し変えたい時やもう少しで目指す結果に辿り着きそうな時はプロセスを変えない方が良い。プロセスに目を向けることで、直接的に結果をデザインしようとするのでは無く、プロセスをデザインすることで自ずと結果が変わってくる。

F3D220EB-F5CE-403F-89A5-8C8D6B897373.jpeg

最近よく考えるのは結果の一貫性では無く、プロセスの一貫性である。それは常に同じプロセスを踏むということでは無くて、常にプロセスに手を入れて、今求めたい結果を出すためのプロセスに最適化していくことだと考えている。

"Process optimization"

We are looking at the process of creating something. In the case of manufacturing, the finished product has value as a deliverable, so the focus is always on the result, but if you want to change the result, nothing will change unless you change the process.

In the same process, even if you change the concept or way of thinking, the result will be in the same category as before. So, if you think about it the other way around, it's better not to change the process when you want to change the result a little more or when you are about to reach the desired result. By looking at the process, rather than trying to design the result directly, designing the process naturally changes the result.

What I often think about these days is not the consistency of the results, but the consistency of the process. I think that it is not always the same process, but always working on the process and optimizing it to the process that produces the desired result.

リンク

一部になってしまうのか

意識に物が現れそして消えていく、これを繰り返すのが広告だとしたら、それは建築でも同じだと思った。日常的に建築と広告をたくさん目にするが明確に意識して覚えているものは数少ない。脳の記憶容量には限界があり全てを覚えていたら脳がパンクしてしまうから、目にはするが無意識にほとんどを覚えないようにしてしまうのだろう。

ただ、これは人の感性に訴えてくる広告や建築に対して起こることである。特に広告は人の感性を刺激して記憶に残すことを広告効果のひとつにしているから、意識の取捨選択の対象になりやすく、ほとんどの広告が現れては消えるを繰り返す。

A88ABBF5-81D1-4259-909F-EF80D30DAA20.jpeg

もし建築や広告が人の感性に訴える量の度が超えて、人の感性が働かなくなるくらいに一度にたくさんの影響を与えることになったとしたら、意識の取捨選択の対象から外れて建築や広告そのものと直に対峙せざるを得なくなるだろう。その時建築と広告は風景の一部になってしまうのか、それとも対峙する人が建築や広告の一部になってしまうのか。

"Will it be a part?"

If it was advertising that things would appear and disappear in consciousness, and this would be repeated, I thought it was the same in architecture. I see a lot of architecture and advertisements on a daily basis, but few of them are clearly conscious and remembered. There is a limit to the memory capacity of the brain, and if you remember everything, your brain will puncture, so you may unknowingly try not to remember most of it.

However, this happens to advertisements and architecture that appeal to human sensibilities. In particular, since advertising stimulates human sensibilities and leaves it in memory as one of the advertising effects, it is easy to be the target of consciousness selection, and most advertisements appear and disappear repeatedly.

If architecture and advertising exceed the amount that appeals to human sensibilities and have so many effects at once that human sensibilities do not work, then architecture and advertising are out of the scope of consciousness selection. You will have to face it directly. Will architecture and advertising then become part of the landscape, or will the confronting person become part of architecture and advertising?

リンク

広告のルールを抽出し持ち込む

建築は常に目の前に現象としてあり続けているが、受け取る側の都合でその現象が意識されたりされなかったり、受け取る側の感性に影響を与えたり与えなかったりする。

建築は現象として常にある訳で、それに対して厚さが所々で違う感性のベールをかけて現象を感じ取っているようなものだと考えている。その感性のベールを全て透かして、受け取る側が現象としての建築を全て意識できるようになれば、建築は感性から自由になりただ単に物だけの存在になる。物だけの存在になった建築は今度は根源な物、例えば、光や影、木や岩などといった意図を感じない自然物と同化していき風景になる。

698AD937-2B00-46EB-871A-6D82126BCD1D.jpeg

感性のベールが全て透けた状態を無感性状態といい、無感性状態をデザインでつくり出そうと考えている。その際に参考になるのが広告で、その過激性は受け取る側を無感性状態にする。ただ、広告の過激性をそのまま建築に応用するのではなくて、応用した例は新宿辺りに行けばよく見られるが、建築と受け取る側との関係性の中に広告が過激になる際のルールを抽出して持ち込もうと考えている。

"Extract and bring in advertising rules"

Architecture always exists as a phenomenon in front of us, but for the convenience of the recipient, the phenomenon may or may not be conscious, or it may or may not affect the sensibility of the recipient.

Architecture is always a phenomenon, and I think it's like feeling the phenomenon by putting a veil of different sensibilities on it in places. If the recipient can be aware of all the architecture as a phenomenon by seeing through all the veil of that sensibility, the architecture will be free from the sensibilities and become merely an existence. Architecture, which has become an existence of only things, is now assimilated with the original things, such as light and shadow, trees and rocks, which do not feel the intention, and become a landscape.

The state in which all the sensibility veils are transparent is called the insensitivity state, and we are thinking of creating an insensitivity state by design. Advertising is helpful at that time, and its radicality makes the recipient insensitive. However, instead of applying the radicality of advertising to architecture as it is, examples of applying it are often seen around Shinjuku, but the rules when advertising becomes radical in the relationship between architecture and the recipient I'm thinking of extracting and bringing it in.

リンク

感性のベール

建築を届ける側と受け取る側に分けて考えた場合、受け取る側がどのように感じるのかに興味がある。受け取る側は建築を現象として何を感じるかを無意識のうちに取り扱っていて、それを感性という。

感性が豊かという言葉があるように、感じることを微細に受け取ることはいいがそれが行き過ぎると逆に感性が鈍く空回りする無感性の状態になる。

無感性の状態はよく広告の世界ではあり得ることで、広告の過激性が問題になることがあるが、見方を変えれば、建築に広告の過激性のような感性が鈍く空回りしてしまう状態、無感性の状態まで人の感性を刺激する力があれば、建築において感性のベールが透けて、建築が本来持っている空間性や素材性や時間性などが現れるのではないかと考えた。

FA9C8CA6-B4C8-4332-BFF1-75004AB72BD1.jpeg

普段、建築は人の感性のベールに包まれており、それが良くも悪くも建築の姿を歪めているように思えてならない。

"Veil of sensitivity"

I am interested in how the recipient feels when considering the architecture on the delivery side and the receiving side separately. The recipient unknowingly deals with what he feels as a phenomenon of architecture, which is called sensibility.

Just as there is a word that the sensibility is rich, it is good to receive the feeling finely, but if it goes too far, the sensibility becomes dull and the state of insensitivity becomes idle.

The state of insensitivity can often be in the world of advertising, and the radicality of advertising can be a problem, but from a different point of view, the state of architecture that is dull and idle like the radicalness of advertising. I thought that if there is a power to stimulate human sensibilities to the state of insensitivity, the sensibility veil can be seen through in architecture, and the spatiality, materiality, and temporality that architecture originally has will appear.

Architecture is usually wrapped in a veil of human sensibility, which, for better or for worse, must not seem to distort the appearance of architecture.

リンク

過去からの時間が蓄積されたこと

その場所固有のことを建築計画の軸にしようと考えている。都市部では特殊なロケーションでもなければ、なかなかその場所固有のことはないかもしれない。もちろん、その場所の特徴的なことはある。例えば、角地であったり、前面道路が広いなど、ただそれは別に他の場所でもあることである。

その場所固有のことを計画の軸にしようとした理由は時間の流れを計画に取り込みたかったからである。一過性の点で計画に関わるのではなく、過去から未来への時間の流れの中に建築を自然な形で埋め込みたいと考えた。

2CAB40B5-BC50-493F-B7AA-A1E0A16F105A.jpeg

そのためには過去からの時間が蓄積されて形成されたその土地固有のことを軸にして建築計画をする必要があると考えた。

"The accumulated time from the past"

I'm thinking of making the place-specific thing the axis of the architectural plan. If it is not a special location in an urban area, it may not be unique to that location. Of course, there are some characteristics of the place. For example, it is a corner lot, the front road is wide, etc., but it is also another place.

The reason I tried to make the place-specific thing the axis of the plan was because I wanted to incorporate the flow of time into the plan. I wanted to embed architecture in a natural way in the flow of time from the past to the future, rather than being involved in planning in terms of transients.

For that purpose, I thought that it was necessary to make an architectural plan centering on the land-specific things that were formed by accumulating time from the past.

リンク

感性の境界を往来

無感性的な状態が感性が行き過ぎた状態かまだ感性のはじまりの状態だとすれば、無感性的な状態では感性というベールが透けてしまうか無い状態で物事を見ることができるので、何かを理解しようとする時には望ましい状態かもしれない。

E6DC1E6E-D9F2-4495-A002-0F4397770818.jpeg

この無感性的な状態と感性的な状態の境界をつくり出すことができたら、その境界を行ったり来たりしながらものづくりをすると面白いかもしれない。

"Crossing the boundaries of sensibility"

If the insensitive state is a state in which the sensibility has gone too far or is still the beginning of the sensibility, in the insensitive state, things can be seen with or without the veil of sensibility, so something It may be a desirable state when trying to understand.

If we can create the boundary between this insensitive state and the emotional state, it may be interesting to make things while going back and forth between the boundaries.

リンク

無感性的に理解する

感性的とは感性が豊かになることがひとつの状態で、その状態になりたくて綺麗なものを見たり、美しい音を聴いたりとアクティビティを起こす。また逆にひどく悪いものを見たり、悲しいことがあった場合にも感性的になる。

さらに良くても悪くても感性的な状態の度が進むと、今度は感性が麻酔を打ったような状態になり無感性的になる。無感性的な状態は決して極端なことではなく、あまりにも素晴らしい、逆にあまりにも悪いことが続くとその状態に慣れ、それが普通になり、無感性的な状態になる。無感性的な状態は感性が無い状態ではなく、感性が麻酔を打ったような状態なっているだけだから感性は働いているので、今目の前で起こっている現象は受け入れている。

6BF03E9F-5BD1-4F9D-AF1A-5D2415B0167B.jpeg

この無感性的な状態では全ての現象を感性で計ることなく受け入れてしまう状態かもしれないので、この状態を意図的につくることができたら、万人に受け入れられるものができるかもしれない。しかし、感性は麻酔を打ったような状態なので、そのものの良し悪しを感性では判断できずに現象として理解するのみになってしまうかもしれないが、かえってそのものを理解するには良いかもしれない。

"Understanding insensitively"

Sensitivity is a state in which the sensibilities are enriched, and activities are triggered by seeing beautiful things and listening to beautiful sounds that one wants to be in that state. On the contrary, if you see something bad or sad, you will be sensitive.

As the degree of sensibility progresses, whether better or worse, the sensibilities become anesthetized and insensitive. The insensitive state is by no means extreme, and if it continues to be too great, or too bad, it becomes accustomed to it and becomes normal and insensitive. The insensitive state is not a state without sensibility, but a state in which the sensibility is just like anesthesia, so the sensibility is working, so I accept the phenomenon that is happening in front of me.

In this insensitive state, all phenomena may be accepted without being measured by sensibility, so if this state can be intentionally created, it may be possible for everyone to accept it. However, since sensibility is a state of being anesthetized, it may not be possible to judge whether it is good or bad by sensibility, and it may only be understood as a phenomenon, but it may be better to understand it.

リンク

意識の偏重が起こる時

何かを見て、見たままに捉えるのではなく、心の中で意識したことで捉えてみると必ず偏重が起こるだろう。偏重とは何かを見た時に人によって受け取り方が違うということであり、偏重が起こることは当たり前のような気がするが、案外そうでもないかもしれない。

ある所へ急いで歩いていたら途中で藤の花が咲き乱れる家を見つけた。普段よく通る所だが何故か今まで気がつかなかった。藤の花が綺麗だったが、それ以上に関心を引いたのはその家だった。藤の花に朽ちられていて、そのやられ感が妙に良かった。

きっと多くの人は綺麗な藤の花に目がいくのかもしれないし、自分ももしかしたら今までは藤の花にしか目がいかなかったのかもしれない。しかし、今回は急いでいたこともあり、視野も意識も拡散せずに集中していた。集中していたことにより全体像ではなく部分的な像しか見えず、綺麗な藤の花と朽ちた家の一部のコントラストしか目に入らず、そこで違和感を覚え、意識の中で何か反応してしまったようだった。

508F5C24-A449-4349-B7CC-FCEA008D63E9.jpeg

意識での偏重がアクティビティと絡んで起こることはあり得るかもしれない。

"When consciousness is overweight"

If you look at something and catch it by consciousness in your mind instead of catching it as you see it, there will always be a bias. When you see what is overweight, it means that people receive it differently, and it seems natural that overweight occurs, but it may not be surprising.

When I was walking to a certain place in a hurry, I found a house where wisteria flowers were in full bloom on the way. It's a place I usually go to, but for some reason I didn't notice it until now. The wisteria flowers were beautiful, but it was the house that attracted more attention. It was decayed by wisteria flowers, and the feeling of being damaged was strangely good.

I'm sure many people will be interested in beautiful wisteria flowers, and maybe I've only been interested in wisteria flowers until now. However, because I was in a hurry this time, I was concentrating without spreading my horizons and consciousness. Due to my concentration, I could see only a partial image, not the whole image, and I could only see the contrast between the beautiful wisteria flowers and a part of the decayed house. It seemed like I had done it.

Conscious bias may occur in connection with activity.

リンク

図の印象

過去の記憶や体験が「地」となり、今目の前で起こっていることを「図」として浮かび上がらせて認識する。この場合、地も図も現象になるのだろうが、同じような現象では図が浮かび上がらず、図として認識されない。

空間認識もこれと同じで、地としての記憶や空間体験が今目の前にある図として空間の認識に影響を与えることになる。地は認識する個人により違うので、図の認識のされ方も個人により違ってくるが、個人の地でも他の個人と共通な領域があるから、その領域にある図としての空間は浮かび上がらず、図として認識されず印象にも残らない。

印象に残すためには、個人の地の共通な領域にある記憶や空間体験とは違う図としての空間をつくる必要があり、そのためにはどうすればいいかを考えている。

23E34F65-5BFE-4393-AD91-1877C658D27F.jpeg

ひとつの方法として、見た目でわかるくらいな共通領域にある地との違いを出すことだが、それはよくあるつくり方で、時に違和感という印象が図に伴うことがあり、必ずしも良い方法ではない場合がある。

"Impression of the figure"

The memories and experiences of the past become the "earth", and what is happening in front of us now emerges as a "figure" and is recognized. In this case, both the ground and the figure will be phenomena, but in the same phenomenon, the figure does not emerge and is not recognized as a figure.

Spatial cognition is the same as this, and memory as the earth and spatial experience will affect the perception of space as a figure in front of us. Since the ground differs depending on the individual who recognizes it, the way the figure is recognized also differs depending on the individual, but since there is an area in common with other individuals even in the individual land, the space as a figure in that area does not emerge. It is not recognized as a figure and does not leave an impression.

In order to leave an impression, it is necessary to create a space as a diagram that is different from the memory and spatial experience in the common area of ​​the individual's land, and I am thinking about what to do for that.

One way is to make a difference from the ground that is in a common area that you can see visually, but it is a common way of making, and sometimes the impression of discomfort accompanies the figure, so it may not always be a good method. ..

リンク

空間認識できるのか

人の感性に最も影響を与えるものは何か、外部から持たされるもので何が一番影響を与えるのか。素直に考えれば、視覚を通して入ってきたものが一番影響を与えるように思うが、果たして本当にそうなのだろうか。

建築でいえば空間認識の仕方が人の感性に影響を与えるルートになるだろう。空間認識はどのようにして起こるのか。例えば、目を閉じて視覚からの情報をシャットアウトしたら空間認識できないのだろうか。視覚を奪えば確かに空間の詳細な様子はわからなくなるかもしれないが、空間の中にいるという感じは得られ、これを空間認識といっても良いだろう。

1E0F2A3C-D226-462A-B464-835CFE172488.jpeg

ではどうして視覚が無い状態でも空間認識をすることができるのだろうかと考えてみる。

"Can you recognize space?"

What has the greatest impact on human sensibilities, and what has the greatest impact on external sensibilities? To be honest, I think that what comes in through vision has the most impact, but is that really the case?

Speaking of architecture, the way of recognizing space will be the route that affects people's sensibilities. How does spatial cognition occur? For example, if you close your eyes and shut out the information from your eyes, can you not recognize the space? If you deprive yourself of your eyesight, you may not be able to see the details of the space, but you can get the feeling that you are in the space, and this can be called spatial recognition.

Then, let us wonder why it is possible to recognize space even without vision.

リンク

プロセスのルールをつくる

標準プランの繰り返しだけは避けたいと考えていて、それは一見効率的では無いが、効率性は違うことで担保すれば良いとすれば、標準プランの繰り返しを避けることは可能だと考えた。標準プランはプロセスの簡素化が一番の効用だから、違うことでプロセスの簡素化を行えば良い。例えばひとつとして、プロセスを決めるルールをつくっておけば標準プランをつくらなくてもプロセスを簡素化でき、尚かつプロセス自体が毎回違う可能性が生まれ、その結果自ずからプランにもバリエーションができ、効率で決まる標準プランとは違う効率的なものができる。

6D4F7A0F-10C2-4113-AFF8-FF9F1013E84D.jpeg

"Making process rules"

I wanted to avoid repeating the standard plan, which is not efficient at first glance, but I thought it would be possible to avoid repeating the standard plan if I could guarantee that the efficiency would be different. The standard plan is most useful for process simplification, so you can simplify the process by doing something different. For example, if you create a rule that determines the process, you can simplify the process without creating a standard plan, and there is a possibility that the process itself will be different each time. You can create an efficient one that is different from the standard plan that is decided.

リンク

不真面目になろうよ

感性が生まれる時を演出したいと思う。それがデザインであって欲しい。デザインが社会性を帯びてきた初期には感性がないがしろにされてきたように思う。デザインが感性を刺激することを忘れた世の中はつまらない。

なぜデザインをしているのか、それは人の感性を刺激したいから、人に影響を与えたいから。

09BE32B6-8E69-43C4-95BD-8F0F200AC3B1.jpeg

なぜ感性をないがしろにするのか。感性を刺激するデザインを主題にしたら、これほど楽しい社会はないだろう。もうちょっと不真面目になろうよ。

"Let's be unscrupulous"

I want to produce a time when sensibility is born. I want it to be a design. In the early days when design became social, I think it was neglected because it had no sensibility. The world where design forgets to stimulate sensibilities is boring.

The reason why I design is because I want to stimulate people's sensibilities and I want to influence people.

Why do you neglect your sensibility? If the theme is design that stimulates sensibilities, there would be no more enjoyable society. Let's be a little more serious.

リンク

引き継ぐ物

建替えをする時、できれば何かしらを次に引き継ぎたいと考える。その何かは思い出が染み付いた物や記憶にあることを物として残したい。よくやったのは、旧家では今はもう生産されないようなガラスを使っていることが多いので、そのガラスを再利用し建具などに組み込んでいた。それはそれで面白いと思うのだが、もっと根本的な部分で過去から未来へ引き継げることはないかと考えた。

566BED8D-152F-4667-B7A6-66F6FE9DE78C.jpeg

その土地固有の何かを探し出し、次に引き継ぎたい。もし建替えが何度か行われているのならば、あるいは増改築を繰り返しているのならば、その時々のプランを重ねてみたらどうなるだろうかと考えてみた。プランはその土地固有のものであり、重なりに偏重が見られるだろうから、それを何かの尺度で拾い集めれば次に引き継ぐ物が姿を現すかもしれない。

"What to take over"

When rebuilding, I would like to take over something next if possible. I want to leave something that is ingrained in memories and that is in my memory. What I often did was to use glass that is no longer produced in old houses, so I reused that glass and incorporated it into fittings. I think that's interesting, but I wondered if there was a more fundamental part that could be passed on from the past to the future.

I want to find something unique to the land and then take over. If the rebuilding has been done several times, or if the expansion and renovation are repeated, I wondered what would happen if I repeated the plans from time to time. The plan is unique to the land, and there will be a bias in the overlap, so if you pick it up on some scale, the next one may appear.

リンク

装飾の中に住む

装飾は人の感性に影響を与える。装飾以外にも人の感性に影響を与えるものはあるが、装飾というモダニズムが排除してきたものを用いることにより建築に対するアプローチやつくる上でのプロセスが変わるだろうと考えた。

ただ、近代のモダニズム建築の中にも今から振り返れば装飾を纏っているといえるものもあると考えていて、例えばアアルト流の装飾といえるものもあり、装飾の中に住むことで感性に影響を受けることを意図した建築もあると考えた。

B9C3EB34-E574-4F77-A8CB-0B064FF9CEB7.jpeg

装飾の中に住むことを考えるならば、装飾をもっと構築的な観点で捉え直すことにもなるので面白い。

"Living in decoration"

Decoration affects human sensibilities. There are other things that affect people's sensibilities besides decoration, but I thought that using decoration, which modernism has eliminated, would change the approach to architecture and the process of making it.

However, I think that some modern modernist architecture can be said to be wearing decorations from now on. For example, there are some Aalto-style decorations, and living in the decorations affects sensibility. I thought that some buildings were intended to receive.

If you think about living in a decoration, it's interesting because it also gives you a more constructive view of the decoration.

リンク

予測不可能なプロセス

効率を求めることによってどこかで見たようなものに収束してしまうことを避けようと考え、プロセスに注目した。

どこかで見たようなものになるのは予測可能なことばかりでプロセスが形成されているからであり、そこに予測不可能なプロセスが挿入されれば、思いも寄らない結果が生まれ、どこか見たようなものにはならなくなる。

E414A1C1-148B-4A8E-B1EC-F623AD93578C.jpeg

予測不可能なプロセスとは偶然性を取り入れることであり、その偶然性の源をその場所やそのものの成り立ちなど求めれば、生まれる結果はより固有のものになる。

"Unpredictable process"

I focused on the process, trying to avoid converging on something I saw somewhere by seeking efficiency.

It looks like you've seen it somewhere because the process is formed by only predictable things, and if an unpredictable process is inserted there, unexpected results will be produced and where. It doesn't look like you saw it.

An unpredictable process is the incorporation of contingency, and if the source of the contingency is sought, such as its location or its origin, the resulting result will be more unique.

リンク

効率から逃れる

効率から逃れるためにはどうしたらいいのかとずっと考えてきた。効率を求めるあまり同じようなものばかりになってしまう。効率は目に見えない物の構造にまで及んでいるので、目に見える部分をいくらいじっても何も意味が無い。効率は結果だけで無くプロセスから効率を求めるために起こる結果であるので、効率から逃れるには結果では無くプロセスに目を向けて、効率から脱却をしなければならない。

C4B03A09-93FA-4DA1-AE50-E50C43CD918A.jpeg

間違ってはいけないのは、効率を求めることが良くないのでは無く、効率を求めた結果が皆同じようになってしまうことが良くないのである。だから、プロセスを見直すことにより同じになることを避けて違う結果を求め、その結果がはじめからプロセスを含めて効率を求めた物と違うが同じ位に効率的であれば良い。

"Escape from efficiency"

I've been wondering what to do to escape efficiency. The demand for efficiency is so similar. Efficiency extends to the structure of invisible objects, so there is no point in tinkering with the visible parts. Efficiency is not only the result, but the result of seeking efficiency from the process, so in order to escape from efficiency, we must look at the process, not the result, and break away from efficiency.

Don't get me wrong, it's not that it's not good to ask for efficiency, it's not good that all the results of looking for efficiency are the same. Therefore, by reviewing the process, we avoid the same thing and seek different results, and the result is different from the one that asked for efficiency including the process from the beginning, but it should be as efficient as it is.

リンク

記憶からの抽出

記憶に残るものは何だろうか。例えば小さい頃の記憶として今は無い母方の実家で残っているのは、夏の夕暮れのオレンジ色の西日がさす部屋である。あるいは急な階段、2階の窓から見える景色であり、身体の動きと一緒に目が覚えており、匂いも同時にしてくる。それらは何でもないことであり、特別なことではないが他では体験できないことであった。身体に目がついているという当たり前のことを記憶が教えてくれる、鼻もそうであり、五感を改めて身体を通した記憶で感じる。

E3B3C77E-E758-4108-89A3-3E3BB40D623C.jpeg

五感を通した記憶から何を抽出するかを考える。抽出したものから形をつくることで記憶を継承していくことが可能になると考えた。記憶という形が無いものに形を与えるためには、形につながる情報が必要であるが、最終的に形になるものを装飾として限定することにより抽出する情報の抽象度を上げることができ、様々な要素を使えるようになるのではないかと考えた。

"Extraction from memory"

What is memorable? For example, what I remember when I was little is the room where the orange west sun shines at dusk in the summer, which remains in my mother's parents' house. Or the steep stairs, the view from the window on the second floor, the eyes remember with the movement of the body, and the smell comes at the same time. They were nothing, not something special, but something that couldn't be experienced anywhere else. The memory tells us that the eyes are on the body, and so is the nose, and the five senses are felt through the body again.

Think about what to extract from the memory through the five senses. I thought that it would be possible to inherit the memory by creating a shape from the extracted material. In order to give shape to something that does not have the shape of memory, information that leads to the shape is necessary, but by limiting what will eventually become the shape as decoration, the degree of abstraction of the information to be extracted can be increased. I thought that I could use various elements.

リンク

輪郭の継承

記憶を継承しようとする時、何をつないでいくかを考えている。建築の場合、形として物が存在しているので、形の輪郭をトレースするように継承することはひとつの方法かもしれない。

景色の違いに気がつく時は、まずぼんやりと視界に入ってきた物の輪郭の違いにわかるのではないだろうか。人は見ている物全てをはっきりと記憶していたら簡単に脳の記憶容量を超えてしまうので、自身の身の安全を図る上で最低限のことだけを記憶しておく。だから、輪郭だけで十分であり、その違いには気がつき、何かしらの影響を人に与える。

76502388-9BD7-48E7-AE65-5B5EB3665CBF.jpeg

今までそこに動かずにずっとあり、常日頃から見ていたりする物、ただし意識して見たりはしていない物でも、無くなったり変化したりすると違和感を感じる。だから、輪郭を継承することは十二分に記憶の継承につながると考えた。

"Inheritance of contour"

When I try to inherit my memory, I am thinking about what to connect. In the case of architecture, things exist as shapes, so it may be one way to inherit to trace the outline of the shape.

When you notice the difference in the scenery, you may first notice the difference in the contours of the objects that are vaguely in sight. If a person clearly remembers everything he sees, he or she can easily exceed the memory capacity of the brain, so remember only the minimum for personal safety. So contours are enough, and you'll notice the difference and have some impact on people.

I haven't moved there for a long time, and I feel uncomfortable when things that I see on a regular basis, but things that I haven't consciously seen, disappear or change. Therefore, I thought that inheriting the contour would lead to the inheritance of memory more than enough.

リンク

模様から成るヴォリューム

装飾に感じる可能性は、装飾には人の感性に直接影響を与える力があることであり、その装飾が最大ボリュームから成るのであれば、最大ヴォリュームが人の感性に直接影響を与えるということである。またデザインも人に影響を与えるものだとすれば、最大ヴォリュームをつくることはデザインだとしてもいい。

装飾にもいろいろあるが、まずは模様に注目した。なぜ模様かは装飾をパラフレージングしてみた結果であり、模様ではあれば平面的にも立体的にも捉えることができ、建築とも相性が良い。

97715CB2-2D20-4841-8E2D-86BB6AF2EC33.jpeg

模様を扱うことで最大ヴォリュームが得られるプロセスは何か、そのプロセスが構築できれば、同時に人の感性に影響を与えるものもできる。

"Volume consisting of patterns"

The possibility of feeling a decoration is that the decoration has the power to directly influence the human sensibility, and if the decoration consists of the maximum volume, the maximum volume directly affects the human sensibility. be. Also, if design also affects people, it can be said that creating the maximum volume is design.

There are various decorations, but first I focused on the pattern. The reason for the pattern is the result of paraphrasing the decoration, and if it is a pattern, it can be grasped both two-dimensionally and three-dimensionally, and it is compatible with architecture.

What is the process that can obtain the maximum volume by handling patterns, and if that process can be constructed, it can also affect human sensibilities at the same time.

リンク

ヴォリュームが装飾

事業性を考えた時、建築の最大ヴォリュームを確保することは必要な要件になってくるが、最大ヴォリュームのおかげでプランやデザインに余裕が無くなり、遊びもできず、つまらない建築になる可能性がある。

そこで最大ヴォリュームだからできることはないかと考えてみた。ひとつの考え方として全く関係性が無いことをつなげてみることにした。それは「装飾」である。ヴォリュームが塊の量としての表現ならば、装飾はサーフェスとしての表現であり、直接的な関係性は無いがヴォリュームも装飾も見え方という共通項で括ることができると考えた。

43A78F76-68EB-4628-A1F5-0AA65079CB36.jpeg

つなげて言えば「最大ヴォリュームが装飾になる」であり、そこに何か可能性を感じるのである。

"Volume is decoration"

When considering business feasibility, securing the maximum volume of architecture is a necessary requirement, but thanks to the maximum volume, there is no room in the plan and design, there is no play, and there is a possibility that the architecture will be boring. be.

So I thought about what I could do because it was the maximum volume. As one way of thinking, I decided to connect things that have nothing to do with each other. It is "decoration". If the volume is expressed as a quantity of lumps, the decoration is an expression as a surface, and although there is no direct relationship, I thought that both the volume and the decoration can be summarized by the common term of appearance.

In short, "the maximum volume becomes a decoration", and I feel something possible there.

リンク

建築体験の新しい可能性

過去の体験を予測に利用し感情が生まれ行動するとのことだが、過去に体験したことが無いことでは感情による行動は起こらないのだろうか。何かしらを頼りに予測し感情を生み行動するのではないだろうか。その何かしらは現実に今体験していることでもいいのではないだろうか。

体験と感情と行動がほぼ同時に起こる。体験は行動でもあるので、感情と行動が過去とは切り離されてほぼ同時に現実に今起こる。その時の感情と行動は新しい結びつき、新しい回路で形成される。それが初めて体験するということだろうが、何かしらの過去の体験からの予測も無意識に起こり介入してくるかもしれず、それをコントロールすることができないだろうから、予測を起こさせない仕掛けが必要になる。

5AE75EC7-2D56-496C-B705-8C1DB218CD23.jpeg

もし予測を起こさせない仕掛けを建築デザインで行うことができたら、建築が感情と行動をほぼ同時に生むことができ、それが初めてのこととして記憶されることになる。それは建築体験の新しい可能性になるだろう。

"New possibilities for architectural experience"

It is said that emotions are born and act by using past experiences for prediction, but isn't emotional behavior occurring if you have never experienced it in the past? Perhaps they rely on something to predict, generate emotions, and act. I think it's okay if something is actually being experienced now.

Experiences, emotions and actions occur almost at the same time. Since experiences are also actions, emotions and actions are separated from the past and occur almost at the same time in reality. The emotions and actions at that time are formed by new connections and new circuits. It may be the first experience, but predictions from some past experience may unknowingly occur and intervene, and you will not be able to control it, so you need a mechanism that does not make predictions. ..

If architectural design can do something unpredictable, architecture can produce emotions and actions at about the same time, which will be remembered for the first time. It will be a new possibility for the architectural experience.

リンク

感情による行動を促す

感情による行動を脳科学的に解くと予測が行動のきっかけになるとのこと。視覚を通して入ってきた情報に対して過去の似たような体験を頼りにその後に起こることを予測し対処するために感情を発動し行動するのだろう。

恐いから行動する場合は、それが恐いということを過去の体験より予測するから、恐いという感情が生まれ行動に結びつくとのこと。過去の体験が現在の感情の源になる。

8022E617-EF4A-4589-AE95-8680DFB3733C.jpeg

もしかしたら、過去の体験は規範やルール、秩序といった言葉に置き換えることが可能かもしれないと考えた。予測に過去の体験を使うということは、その人にとって過去の体験が行動の規範になっている。ならば、過去の体験以外のことを規範として利用し、感情による行動を促すことが可能かもしれないと思った。

"Promote emotional behavior"

It is said that prediction will be the trigger for behavior if the behavior due to emotions is solved by brain science. They will act by invoking emotions to anticipate and deal with what will happen afterwards, relying on similar experiences in the past for information that comes in through vision.

When acting from fear, it predicts that it is scary from past experiences, so feelings of fear are born and lead to behavior. Past experiences are the source of current emotions.

I thought it might be possible to replace past experiences with words such as norms, rules, and order. Using past experiences for prediction means that past experiences are the norm of behavior for the person. If so, I thought that it might be possible to encourage emotional behavior by using things other than past experiences as norms.

リンク

ヴォリュームの影響

最大のヴォリュームを得ようと計画することがよくある。制限がある中でギリギリまで大きくする。事業性が高い建築、例えば、集合住宅では当たり前に行うことである。その敷地に対してどれだけのヴォリュームのものが建つかは算定ソフトでも出すことができ、数値上の話で終始する。

33ECE3AC-5D78-4A03-9189-AA08F4FFC6EA.jpeg

ただ、他に可能性はないのかと思った。最大のヴォリュームがもたらすものは事業性の高さだけだろうか。ヴォリュームというものに注目すれば、それだけで人に影響を与えることもある。どのようなヴォリュームがどのように人に影響を与えるのか。ただ、それではまだチャンクが大きい。もう少しチャンクダウンして、例えば、ヴォリュームの構成や配列が人の感性に影響を与えるか、もし影響を与えるならば結果的に得られる感性が人のアクティビティに変化もたらすか、などまだまだヴォリュームという言葉から派生することはありそうだと考えている。

"Influence of Volume"

Often we plan to get the maximum volume. Make it as large as possible while there are restrictions. This is a matter of course in highly business-friendly buildings, such as apartment buildings. How many volumes can be built for the site can be calculated with calculation software, and it is a numerical story from beginning to end.

However, I wondered if there was any other possibility. Is the only thing that the largest volume brings is high business feasibility? If you focus on the volume, it can affect people by itself. What kind of volume affects people and how. However, the chunks are still large. Chunk down a little more, for example, whether the composition and arrangement of the volume influences the human sensibility, and if so, whether the resulting sensibility changes the human activity, etc. I think it is likely to be derived.

リンク

より深みへ

なぜもっとより深みに目を向けないのだろうかと魯山人が乾山に対して嘆いたとのこと。深みに目を向けるには何かを変える必要がある。きっと無意識のうちに変える行為に抵抗してしまうのだろう、だから変わらない、より深みに目を向けない。別に変えなくても生きていけるが、変えないと満たされない、そのような人が結構多いかもしれない。

着物を選ぶのは楽しい。いろいろな組み合わせの中から絞る時点で面白さに没頭している、色の深みにはまる。柄の違いがわかるかわからない位のところで見栄えに影響する。

0D272788-84D3-46B2-A777-8A22630FFDF3.jpeg

より深みに目を向けやすくするひとつの方法は細部の見過ごしていたことに注目し、そこに自分なりのやり方を見出すことだが、そもそも気がつかないフリをしているから見過ごすので、自身のフリを振り払うには第三者からの言葉が必要かもしれない。

"To the depths"

Rosanjin lamented Kenzan as to why he didn't look deeper. Something needs to change to look at the depths. I'm sure they will resist the act of changing unknowingly, so don't change, don't look deeper. There may be quite a lot of such people who can live without changing, but are not satisfied without changing.

Choosing a kimono is fun. At the time of squeezing from various combinations, I am absorbed in the fun, and I am absorbed in the depth of color. It affects the appearance where you do not know the difference in pattern.

One way to make it easier to look deeper is to focus on the details that you have overlooked and find your own way, but since you are pretending to be unaware in the first place, you will overlook it, so shake off your own pretense. May need words from a third party.

リンク

感性の振れ

人の感性が極端に振れるような影響を与えたいと思うから建築のデザインをしているので、極端に振れるような可能性が無いことはなるべくやりたくはない。感性が振れるとはどういう状態なのか、逆に全く振れないとはどういう状態なのか、さらには感性が全く振れない状態は感性が無い状態なのかに興味がある。ここでは感性を振り子のようだと考えているので、感性が振れる振れないと表現しているが、それ自体が違う可能性もある。振り子だと一定の円弧上を移動するが、もしかしたら点から点への移動かもしれない。あるいは、円弧移動と点移動のミックスも考えられる。感性についてはまだまだわからないことが多い。

941B6366-BA84-4187-9628-DA518C898850.jpeg

"Sensitivity swing"

I'm designing architecture because I want to have an influence that makes people's sensibilities shake extremely, so I don't want to do as much as possible without the possibility of shaking extremely. I am interested in what kind of state it is when the sensibility swings, what kind of state it is when it does not swing at all, and whether it is a state where there is no sensibility at all. Here, I think that the sensibility is like a pendulum, so I express that the sensibility does not swing, but it may be different in itself. A pendulum moves on a certain arc, but it may move from point to point. Alternatively, a mix of arc movement and point movement can be considered. There are still many things I don't understand about sensibilities.

リンク

ヴォリュームが感性をつくる

ヴォリュームに対して大小の尺度で考えるのが建築では当たり前である。建築は人を内包することで定義されるようなものだから、人がどのように内包されるかの尺度のひとつがヴォリュームで、スケール感という言葉があるように大小をみる。

888B8B70-7055-401D-A7BB-749873C0A2D2.jpeg

ヴォリュームの大小は当然数値に影響を与えるが、それだけではなく人の感性にも影響を与える。建築に限らず人の尺度を超えるヴォリュームのものを目の前にした時、人はそのヴォリュームに対して感性が動く。その時の感性は畏敬の念かもしれないし、崇高かもしれないし、驚きかもしれない。自身のヴォリュームとの差を埋める何かを感性でつくり出す。

"Volume creates sensibility"

It is natural in architecture to think about the volume on a large or small scale. Architecture is something that is defined by the inclusion of people, so one of the measures of how people are included is volume, and we look at the size as if there is a word of scale.

The size of the volume naturally affects the numerical value, but it also affects the human sensibility. People move their sensibilities to the volume when they see something in front of them that exceeds the scale of human beings, not limited to architecture. The sensibility at that time may be awe, sublime, or surprise. Create something with sensibility that fills the gap with your own volume.

リンク

クリエイティブのはじまり

プロジェクトをはじめる時、最初に探すのはわからないこと。全てをわかる範囲内でプロジェクトをおさめることは勿論可能だが、それでは今までの焼き増しに過ぎず、焼き増しの段階で全てが古いもので価値が半減している。また、自身のモチベーションも上がらない。

わからないということは自身にとっては新しいことであり、毎回何か新しい要素が入り込むから創意工夫も生まれる。

63D38247-94B6-4A06-A2C4-7E8008FC4B8A.jpeg

わからないことをわかるようにすることで新しいことが生まれるならば、それがクリエイティブであり、わからないこと探しがクリエイティブのはじまりになる。

"Beginning of creative"

When you start a project, you don't know what to look for first. Of course, it is possible to complete the project within the range where everything can be understood, but that is just a reprint so far, and at the reprint stage, everything is old and the value is halved. Also, my motivation does not rise.

Not knowing is new to me, and every time something new is introduced, ingenuity is born.

If something new is born by making people understand what they don't understand, it is creative, and searching for something they don't understand is the beginning of creative.

リンク

未知な魅力

綺麗な模様が並んだ中に見過ごしてしまそうな位に小さな点を見つけた時に、それを綺麗な模様を乱す点と思うか、綺麗な模様にアクセントを加えてくれる点と思うかで模様の浮かび上がり方が違うと思った。

完全さを求めるならば綺麗な模様を乱す点になるだろうが、不完全さを許容するならばアクセントになり得る。

9F3F68E1-1BD4-4822-89EC-C1D9B544969D.jpeg

どちらが良いかでは無いと思うが、不完全さを許容する方が外からの要因によって変化する可能性があり不確実性が増す。不確実性は捉えようによっては不安要素だが、未知なことを含んだ伸び代として魅力的でもある。

"Unknown charm"

When you find a small dot in a line of beautiful patterns that you might overlook, you can either think that it disturbs the beautiful pattern or that it adds an accent to the beautiful pattern. I thought the way it emerged was different.

If you want perfection, it will disturb the beautiful pattern, but if you allow imperfections, it can be an accent.

I don't think which is better, but allowing imperfections can change due to external factors and increases uncertainty. Uncertainty is an anxiety factor depending on how you capture it, but it is also attractive as a growth margin that includes unknown things.

リンク

身長ちぢんだ

昨夜、猫背矯正ベルトに目が止まりポチり、去年の健康診断の身長測定で1cmも縮み、何度試しても、背伸びしても、背筋伸ばしても、数ミリかかとを上げても変わらず、測定してくれた女性の半笑いの「歳とると誰でも縮むのよ」の慰めが今だに聞こえ、今年はそれでも1年間無理して背伸びし続けた結果か5mmを取り戻し、あと5mmの来年に向けて早いデリバリーのおかげでランチには矯正ベルトを装着、なかなか、これで無理して背伸びしなくていいかもしれないと。

先日、ミニクーパーを車検に出した。乗り始めて27年、外装の輝きが無くなってきたので、そろそろボディ磨きをしてみてはの誘いに一旦は乗ってみたのだが、一晩考えて、27年間の垢が落ちてピカピカのボディになったとしてそれが良いのかと、新車当時の輝きより27年経った今のくすみの方が価値あるだろうと思い、ボディ磨きは取りやめてワックス掛けだけしたら余計に外装のくすみがマダラで浮かび上がったなと。

0CA046F3-B72D-47B2-8269-0E7723E61361.jpeg

年月は無用なあがきと変な納得を生むけれど、また次の機会まで楽しみができたなとも思う。

"Height is small"

Last night, my eyes stopped on the stoop straightening belt, and I shrank by 1 cm in the height measurement of last year's health check. I can still hear the comfort of the half-laughing woman who measured me, "Everyone shrinks when I get older." Thanks to the quick delivery, I put on a straightening belt for lunch, and I thought that I might not have to stretch myself with this.

The other day, I sent a mini cooper to an automobile inspection. It's been 27 years since I started riding, and the exterior has lost its brilliance, so I tried to polish the body and tried to ride it once, but after thinking about it overnight, the dirt from 27 years was removed and it became a shiny body. I wondered if that was a good idea, and I thought that the dullness of the current 27 years after the brilliance of the new car would be more valuable, so if I stopped polishing the body and just waxed it, the dullness of the exterior emerged with Madara. When.

The years have given rise to useless postcards and strange convictions, but I think I was able to enjoy it until the next opportunity.

リンク

人から見られるには

何かを見ることは対象物からの誘いに乗ることだとしたら、誘いに乗る前は無感性な状態、例えば、ボーっとしていたり、麻酔をかけられていたりするような、意識はあるが反応しないような状態であり、誘いに乗った後は感性が満ちていく状態になる。

感性に満ちている状態は対象物に焦点を合わせ見ている状態だが、興味があるのは無感性な状態での対象物からの誘いに乗る瞬間で、誘いに乗る時の決め手は何になるのかである。

ひとつの推測としては違和感ではないか。無感性なボーっとしている状態でも意識はあるので何かを受け止めている。その受け止めた中に何か違和感があれば、そこに焦点を合わせる。その違和感はギャプかもしれないし、不足や不完全かもしれないし、驚きや賞賛かもしれない。いずれにせよ、意識の地平の中に出現する異物なのだろう。

47AF1CEC-B5C8-4382-92CC-BB32796BD4D8.jpeg

そうなると、少なくとも異物になる可能性を秘めたものをつくらないと人から見られることは無いと言えるかもしれない。

"To be seen by people"

If seeing something is to ride an invitation from an object, you may be conscious but react to an insensitive state, such as being drowsy or anesthetized, before riding the invitation. It is a state where you do not, and after you get on the invitation, you will be in a state where your sensibilities are full.

The state of being full of sensibility is the state of focusing on the object, but what is of interest is the moment of riding the invitation from the object in the insensitive state, and what is the decisive factor when riding the invitation? Is it?

Isn't it strange as one guess? I am accepting something because I am conscious even in a state of insensitivity. If there is something wrong with that, focus on it. The discomfort may be a gap, a shortage or an incompleteness, a surprise or an admiration. In any case, it is a foreign substance that appears in the horizon of consciousness.

In that case, it may be said that people will not be able to see it unless they make something that has the potential to become a foreign substance.

リンク

見ることは誘いに乗ること

何かを見る、凝視する直前には散漫な状態があり、散漫でボーっとしている時には視野の中にたくさんのものが同列で優劣なく存在している。まず人はこの散漫でボーっとしている状態を瞬時に無意識につくるが、意識的に長くつくることもできる。

この次の段階で何に焦点を合わせて凝視するかを決めるのだが、散漫な視野の中にあるたくさんのものからの誘いに乗ることで決めていると考えることもできる。それは散漫な視野の中にものを置く時点で誘いを誘発しているとも考えられる。

9C74C0AF-A09C-4B77-BB85-9DACB969B7AF.jpeg

そうすると「見る」ことは焦点を合わせて凝視する段階ではじまるのではなくて、その以前、目を開けて視野を形成している時点にはすでに凝視するものは捉えていて「見る」ことははじまっていると考えることができるかもしれず、初期のボーっとしている状態はまだ誘いに乗る前で何かを「見る」上で実は一番素直にものを見ている状態かもしれない。

"Seeing is an invitation"

Immediately before seeing or staring at something, there is a distracted state, and when distracted and drowsy, many things are present in the same line in the field of vision. First of all, people instantly and unconsciously create this distracted and dull state, but they can also consciously create it for a long time.

At this next stage, you decide what to focus on and stare at, but you can also think of it as taking the invitation from many things in a distracted field of view. It is also thought that it induces an invitation when it puts something in a distracted field of view.

Then, "seeing" does not start at the stage of focusing and staring, but before that, when the eyes are opened and the field of view is formed, the person who is staring at is already caught and "seeing" begins. You may think that you are, and the initial dull state may be the state where you are actually looking at something most honestly in "seeing" something before you take the invitation.

リンク

曖昧とハッキリを重ねる

曖昧な言い回しや曖昧な事柄は何かがハッキリとせずわかりにくいので、そのわかりにくさを自分で補おうとして余計に印象に残ることがある。全てが曖昧だと全体がボヤけてしまうので、何を曖昧にするかが重要になる。また、曖昧なこととハッキリとしていることの境目を意識することも重要である。

66780A60-E15C-461B-8A0B-1A0FB56C65A2.jpeg

このことを建築空間の中で考える時、ハッキリしたことと曖昧なことをボーダーレスで重ねることがある。これは目に見える実体があるものだからできることで、特に建築のようなスケールが大きく人を内包できるものには有効な表現方法になる。

"Ambiguity and clarity"

Ambiguous phrases and ambiguous things are unclear and difficult to understand, so it can be even more impressive to try to make up for the incomprehensibleness. If everything is ambiguous, the whole thing will be blurred, so what is important is what makes it ambiguous. It is also important to be aware of the boundary between what is ambiguous and what is clear.

When thinking about this in an architectural space, there are times when clear and ambiguous things are overlapped borderlessly. This can be done because there is a visible substance, and it is an effective expression method especially for things such as architecture that have a large scale and can contain people.

リンク

感性に影響を与える部分

何かを見ている時、その対象物以外の周辺のものは、視界の中には入っているがボヤけていて、感じてはいるがハッキリと感じていない状態である。ハッキリしている対象物とボヤけている周辺部の境目もまたハッキリとしない。それで境目を意識して見ようとすると、今度は焦点が合い境目は消える。

人の目の構造がそうさせるのだろうが、「見る」ことをそこまで意識しない時は無意識に自動的に周辺部のボケをつくり対象物に焦点を合わせる。それは目の動きで起こるが、人は無意識に自分の感性がなせることと錯覚するのではないだろうか。

62C9ACCD-459E-4E89-B11F-A704BF22ABC7.jpeg

「見る」ことに重点を置く時、対象物がどのように見えるかを感じとろうとする。その際の目の動きも感性の一部と考える。ボヤけている周辺部は感じとれていないと思うところで、その部分が無感性としてダイレクトに人の感性に影響を与える部分になるのではないだろうかと考えてみた。

"Parts that affect sensitivity"

When I'm looking at something, things around me other than the object are in my field of vision, but they're blurry, and I feel it, but I don't feel it clearly. The boundary between a clear object and a blurred peripheral area is also not clear. So when I try to look at the boundary, the focus is on and the boundary disappears.

The structure of the human eye may make it so, but when you are not so conscious of "seeing", you unconsciously automatically create a blur in the peripheral part and focus on the object. It happens with the movement of the eyes, but people may unconsciously think that they can make their own sensibilities.

When we focus on "seeing", we try to get a feel for what the object looks like. I think that the movement of the eyes at that time is also a part of the sensibility. I don't think I can feel the blurred peripheral area, so I thought that it might be a part that directly affects people's sensibilities as insensitivity.

リンク

知覚と空間と時間をコントロール

人の行為をデザインすることが建築や時間をデザインすることにつながるのならば、人が何かを知覚することをデザインすることで建築空間と時間の流れができあがると考えた。

8AB86E01-2D9E-43FD-AF9A-1588B4FBC778.jpeg

人が何かの行為を行う場合、同時に何かを知覚し、同時に空間を感じ、同時に時間が流れていく。人が何かの行為を行うことによって、知覚と空間と時間が生まれる。ならば、あとは人の行為をデザインするだけで知覚と空間と時間をコントロールできる。

"Controlling Perception, Space and Time"

If designing human actions leads to designing architecture and time, I thought that designing what people perceive would create an architectural space and the flow of time.

When a person does something, he perceives something at the same time, feels space at the same time, and time flows at the same time. Perception, space and time are born when a person does something. Then, you can control perception, space, and time just by designing human actions.

リンク

人の行為をデザイン

人が見るという行為が時間という概念をつくり出すことは面白く、それができるのが建築の特徴かもしれない。

建築の中で人が何かの行為をする場合は時間や時間差が生じ、その人の行為に対して建築が応答するものと考えると、建築と時間は人の行為によって結びついていると考えることができる。

74E79466-9EB8-431B-8B84-DAC5BA4EE3DB.jpeg

ならば、人の行為によって建築と時間の関係性が変わることもあり得る。それは、人の行為をデザインすることが建築をデザインすることにつながり、同時に時間もデザインすることになる。

"Designing human actions"

It is interesting that the act of seeing people creates the concept of time, and it may be a feature of architecture that it can be done.

Considering that when a person does something in architecture, there is a time or time lag, and the architecture responds to that person's actions, it is considered that architecture and time are connected by the person's actions. Can be done.

Then, the relationship between architecture and time may change depending on the actions of people. It means that designing human actions leads to designing architecture, and at the same time designing time.

リンク

人がつくり出す時間

建築を見る時に歩き回ることでしか建築は知覚できないと信じているところがある。

建築が人を内包するスケールで歩き回ることができるということが歩き回りながら建築を知覚することを可能にしているのだが、建築は一点から全てを把握することが困難な場合が多いので必然的に歩き回ることになるのは自然なことだとずっと思ってきた。

歩き回りながら見るということは視点が常に移動しているので、シームレスな視点の連続性が、まるでパノラマ写真のように、建築空間を把握するにはいいと考えてきたが、もしかしたら移動することで前の視点をリセットし続けていくとも考えらないかと思った。

EB43A1CA-B348-43AA-BB72-04B3E642E917.jpeg

もしそうならば、歩き回りながら建築を見る行為は常に新しい視点を得る行為であり、その建築の中に常に新しい発見をする行為であり、それは建築の中に時間の概念を人が自らつくり出す行為になると考えてみた。

"Time created by people"

Some believe that architecture can only be perceived by walking around when looking at it.

The fact that architecture can walk around on a scale that embraces people makes it possible to perceive architecture while walking around, but it is often difficult to grasp everything from one point, so it is inevitable to walk around. I've always thought it was natural.

Looking around while walking is always moving the viewpoint, so I thought that seamless continuity of viewpoints would be good for grasping the architectural space like a panoramic photograph, but maybe by moving I thought I would continue to reset the previous viewpoint.

If so, the act of looking around the architecture is always the act of gaining a new perspective, the act of constantly making new discoveries in the architecture, and the act of creating the concept of time in the architecture by oneself. I thought it would be.

リンク

見られている知覚

「見る」という知覚に興味があり、「見る」ことがデザインに与える影響が気になる。デザインを考える時に当然「見る」という知覚を意識するが、それは自分が対象物を見ていることを考える。

CD8923D7-72E8-4D26-A637-E414AB5E8186.jpeg

他の可能性として、対象物が見られている状態を考えることもデザインには必要である。対象物がどのように見られているかを知覚するには同時に全方位から見られることを意識の中で自分の目を感じながら行うが、それは同時に対象物が周りからどのように存在しているのかを考察することにもなる。

"Perception being seen"

I am interested in the perception of "seeing", and I am concerned about the effect of "seeing" on design. When thinking about design, of course, we are conscious of the perception of "seeing", but we think that we are looking at the object.

Another possibility is that the design also needs to consider the state in which the object is being viewed. To perceive how an object is viewed, at the same time, consciously feel that it is seen from all directions, but at the same time, how the object exists from the surroundings. It will also be considered.

リンク

視覚の特性をいかす

何かを見ている時、周辺視野はぼやけて見ているようで見ていない。デザインの時、その周辺視野が存在していることは考慮しないのが普通で、ぼやけて見えない部分はそもそも存在していないことにして、全てが均等に見えることが前提である。

1551CF42-6596-4CE5-B402-D6876902D5B3.jpeg

もし周辺視野のぼやけをデザインに組み込むとしたらどうなるだろうか。それは人の視覚の特性をデザインにいかすことでもある。そのように考えると、デザインをする時に人の視覚の特性が無視されていることがわかる。

"Making use of visual characteristics"

When I'm looking at something, the peripheral vision seems to be blurry and I'm not looking. At the time of design, it is normal not to consider the existence of the peripheral vision, and it is assumed that the part that cannot be seen blurry does not exist in the first place, and that everything looks even.

What if you wanted to incorporate peripheral vision blur into your design? It is also about utilizing the characteristics of human vision in design. Thinking that way, we can see that the characteristics of human vision are ignored when designing.

リンク

新たな感性の会得

普通に知覚できる以上のことがバーチャルやメディアで予め流れているので、実際に目の前で起こることに対して、それがどれだけ自分にとって素晴らしいことでも、無感動、無関心、無感性になりやすいかもしれない。

それは一見否定的なことかもしれないが、考えようによっては新たな感性を生む土台になるかもしれない。だから、あえて無感性になってみようと考えてみた。

E734CB50-8740-4099-B061-D6D259D17226.jpeg

無感性は身体が麻痺したような状態であり、自分の周りで何があっても他人事のような感覚である。もしそこに別の新たな感性を挿入でき知覚できれば、今までにないもの生み出すための感性を会得できるかもしれない。

"Acquisition of new sensibilities"

Beyond what you can normally perceive, it's pre-flowing in virtual and media, so it's easy to be insensitive, indifferent, and insensitive to what actually happens in front of you, no matter how great it is to you. Maybe.

It may seem negative at first glance, but depending on how you think about it, it may be the basis for creating new sensibilities. So, I dared to try to be insensitive.

Sensitivity is a paralyzed state of the body, which feels like someone else's affairs no matter what happens around you. If we can insert and perceive another new sensibility there, we may be able to acquire sensibilities to create something that has never existed before.

リンク

違うことを見せる

見ることと見られることは同じかもしれないと考えると、実際に目で見ることと意識の中で見ることは同じになるかもしれないと思った。

対象物を見ることは対象物が見られる状態をつくることであり、同時に発生する訳だから、引いて状況を観察すれば同じ枠組みの中のことだといえるかもしれない。

6BEE5FC8-DA1F-478C-BDFA-DE46EC10B7F4.jpeg

対象物を見ることは実際に目で見ることであり、対象物が見られる状態を把握することは意識の中で見られる状態を想像することである。それらが同じ枠組みとして捉えることができるならば、人の意識にアクセスできれば、実際とは違うことを見せることができるかもしれない。

"Show different things"

Given that what you see and what you see may be the same, I thought that what you actually see with your eyes and what you see in your consciousness may be the same.

Seeing an object creates a state in which the object can be seen, and it occurs at the same time, so it may be said that it is within the same framework if the situation is observed by pulling it.

To see an object is to actually see it, and to grasp the state in which an object is seen is to imagine the state to be seen in consciousness. If they can be seen as the same framework, it may be possible to show something different if we can access human consciousness.

リンク

デザインをスルー

スルーしていくことでしか見えないことがあるような気がする。スルーしてやり過ごすことでそれがどういうことだったのかが後でわかる。後でわかることに対して損得勘定が働くからスルーできない。後でわかることを受け入れてしまえば簡単にスルーできる。受け入れるためにはスルーすることでしか最大限の成果は得られないようにすれば良く、それがスルーしていくことでしか見えないことになる。

デザインも同じで全てをデザインする必要はなく、最低限の範囲でデザインできれば最大限の成果を得られる領域を見つけることができれば、デザインをスルーすることもできる。

E08E868B-22F6-4025-A6D0-031120051FB7.jpeg

デザインをスルーすることでもっと初源的なものの在り方を考えるキッカケができるような気がする。

"Through design"

I feel that there are things that can only be seen by going through. You can see what it was like by going through it. You can't go through because the profit and loss account works for what you will find out later. If you accept what you will find out later, you can easily go through it. In order to accept it, the maximum result should be obtained only by passing through, and it can only be seen by passing through.

The design is the same and it is not necessary to design everything, and if you can find the area where you can get the maximum result if you can design in the minimum range, you can go through the design.

By going through the design, I feel that I can think about what the original things should be.

リンク

無感性的な着地

感性的に物事を捉えようとすると、いちいち気になるところで引っ掛かりができる。気になるところはその物事の表面上の帰納するところである場合も多いので、無視することもできずにいちいち考え込んでしまうが、結局は表面上のことなので捉え方によってはまた別の解釈も成り立つかもしれないから、引っ掛かりが自分にとって無駄な時間で終わる可能性もある。

9998F9A9-BC84-4B14-B04F-190611F4D900.jpeg

だから、感性的に物事を捉えようとしつつ、無感性的な状態に意識してなり、表面上の引っ掛かりを回避して、本当に気になるところに着地したいと思うのだが、それがなかなか難しい。

"Insensitive landing"

When I try to grasp things sensuously, I can get caught in every place I care about. In many cases, the place of concern is the induction on the surface of the thing, so I can not ignore it and think about it one by one, but in the end it is on the surface, so another interpretation holds depending on the way of thinking. Maybe that's why the catch can end up in wasted time for you.

So, while trying to capture things sensuously, I want to be conscious of the insensitive state, avoid getting caught on the surface, and land where I really care, but that is quite difficult.

リンク

まず変えないことを決める

仮に慣れ親しんだものをリセットしようとしてもなかなかできないもので、それは何かを変えようとしても守りに入る人間の本能が関係しているかもしれない。

例えば、片付けなどはまず何かを捨てようとすると失うことへの損得感情が働き、結局失うことに対して守りに入るから捨てられなくなる。だから、まず捨てて片付けしようとするのでは無くて、まず何を残すのかを考えてから片付けをする。絶対に残したい物を選ぶことは損得勘定が働いて守りに入ってもできるから、絶対に残したい物以外を捨てて片付けをすればいい。

0CF6167C-7887-4D9A-B99A-5DE96B299006.jpeg

それでいけば、リセットしようとしても全てを変える訳では無いので、まず絶対に変えないことを決めてからそれ以外を変えれば、守りに入る人間の本能の影響を最小限に抑えてリセットができるのではないかと考えた。

"First decide not to change"

Even if you try to reset something you're used to, it's hard to do, and it may be related to the human instinct that protects you even if you try to change something.

For example, in the case of tidying up, if you try to throw away something, you will have a feeling of loss and gain, and in the end you will be protected against losing, so you will not be able to throw it away. So, instead of throwing it away and trying to get rid of it, first think about what to leave and then get rid of it. You can choose what you absolutely want to keep even if the profit and loss account works and you can protect it, so you can throw away the things you absolutely want to keep and put them away.

If that is the case, even if you try to reset it, it will not change everything, so if you first decide not to change it and then change everything else, you can reset it with the minimum influence of the human instinct that enters the defense. I thought it might be.

リンク

リセット

慣れ親しんだことをリセットして、別の状態にしようとした時に何からはじめればいいのかを考えてみた。

慣れ親しんだことは継続した積み重ねとなり、それはリソースとして武器にできるが、同時にそれは他の新しいことに目を向けなくなる原因にもなる。常に何か新しい要素を少しでもいいからプロジェクトには持ち込みたい。

40EAF08C-6F39-47FB-9D7E-D4EB00BB4472.jpeg

リセットする時のヒントは好奇心であり、慣れ親しんだこと以外の好奇心が湧くことから手をつければ、自然とリセットできるかもしれない。

"reset"

I reset what I was used to and thought about what to start with when trying to change to another state.

Familiarity becomes a continuous buildup, which can be a weapon as a resource, but at the same time it also causes you to lose sight of other new things. I always want to bring some new elements into the project, even if only a little.

The hint when resetting is curiosity, and if you start with curiosity other than what you are used to, you may be able to reset it naturally.

リンク

いつもに可能性を

いつものこと、いつもの状況、いつもの素材、いつもの場面など、いつもと変わらないことが揃っている中で、何かを変えれば新しい成果が生まれだろうかと考えてみた。

例えば、いつもの素材でも組合せを少し変えれば成果は違うし、いつもの状況でも時間を少しズラせば成果は変わるだろうし、いつものことでも途中のプロセスを少し変えれば成果に違いが生まれるだろう。

どれもこれも少しの工夫で済むかもしれない。そう思えれば、いつもと変わらないことに可能性が生まれる。

"Always the potential"

With all the things that are the same as usual, the usual situation, the usual materials, the usual scenes, etc., I wondered if something could be changed to produce new results.

For example, even with the usual materials, if you change the combination a little, the result will be different, even in the usual situation, if you shift the time a little, the result will change, and even if you change the process in the middle a little, the result will be different. ..

All of this may be a little ingenuity. If you think so, there are possibilities for things that are the same as usual.

リンク

つくり方を変えるだけ

タイル張りなのにタイル張りに見えない。前川國男の打ち込みタイルにはいつもハッとしてしまう。よくある通常のタイル張りの外壁は正直好きではない。重厚さが出るような厚みのあるタイルを使い、端部やコーナー部の納まりも詳細につめて精緻につくり込むことができればいいのだが、そこまでいいタイルを使い施工できている建築はほとんど見ない、それほど安直なタイル張りが多い。

打ち込みタイルは通常のタイル張りとは施工方法が違う。そこにひとつタイル張りに見えない所以があるのだろう。もちろん、見た目で違いがわかるのだから、通常のタイル張りに見えないのは当たり前なのだが、関心があるのは同じ素材を使ってもつくり方を変えれば見え方が変わる所である。

5AD7337D-C40E-48E1-998F-7A904EB6540D.jpeg

見え方をコントロールしようとする時、見えているそのもののデザインや素材に焦点を当てることが多いが、つくり方を変えるだけで見え方をコントロールできるとなれば、見え方のデザインにより可能性を感じることができる。

"Just change the way you make it"

It's tiled, but it doesn't look like tiled. Kunio Maekawa's driving tiles are always a surprise. I honestly don't like the usual tiled exterior walls that are common. It would be nice if we could use thick tiles that would give a heavy impression, and make the edges and corners fit in detail, but we can see most of the buildings that can be constructed using such good tiles. No, there are many tiles that are so easy.

The construction method of driving tiles is different from that of normal tiles. There may be one reason why it doesn't look like tile. Of course, it's natural that it doesn't look like normal tiles because you can tell the difference by appearance, but what I'm interested in is that even if you use the same material, the appearance will change if you change the way you make it.

When trying to control the appearance, we often focus on the design and material of what we see, but if we can control the appearance just by changing the way we make it, we feel the possibility of designing the appearance. be able to.

リンク

焼き付けるイメージ

イメージを実現化していく時にあまり考え過ぎてしまったり、スケッチを何度も繰り返していると、当初の新鮮でスッキリしたイメージがいつの間にか鈍重で安全なイメージになってしまうことがある。

それはそれで良いのかもしれないし、たくさんの人に安心を与えるかもしれないが、当初のイメージが頭をチラつきモヤモヤする。

E8CE3A58-6C4E-456C-A8C7-6D009E474BF2.jpeg

ある程度鮮明なイメージができたらすぐに図面に手をつけることにしている、イメージを焼き付けておくために。

"Image to burn"

If you think too much when you realize the image, or if you repeat the sketch many times, the original fresh and refreshing image may become a dull and safe image before you know it.

That may be fine, and it may reassure a lot of people, but the original image is flickering and moody.

As soon as I get a clear image to some extent, I will start working on the drawing, in order to print the image.

リンク

妄想からの

妄想との対話が続く。常に妄想が語りかけてくる。妄想がいろいろとアイデアやヒントをくれる。ほとんどを聞き流し気にもとめないが中には引っ掛かり頭にずっと残るものがある。妄想は現実ではないが現実と区別がつかなくなった時、ずっと頭に残っていたものが意識に上る。

213463CC-1450-47E4-B104-54A68C70D12C.jpeg

意識化されたアイデアやヒントには逆らえないからそのまま受け入れるが、役に立たなければ容赦なく捨てる。そうしないと妄想に振り回されて意に反したものをデザインしてしまう。

"From delusion"

Dialogue with delusions continues. Delusions always speak. Delusions give us various ideas and hints. I don't care about most of them, but some of them get caught and stay in my head forever. Delusions are not reality, but when they become indistinguishable from reality, what remains in my mind comes to my consciousness.

I can't go against the conscious ideas and hints, so I accept them as they are, but if they don't help, I mercilessly throw them away. If you don't do that, you'll be swayed by delusions and design something that goes against your will.

リンク

記憶とのつながり

物の質感をデザインする時にはじめは意識していないが後から考えると記憶の中にある質感からヒントやアイデアをもらっていることがある。

例えば、木の質感は子供の頃からまわりに材木があふれていて遊び道具だったので素手で触ることが多く、当然ざらつきや棘が刺さり痛い思いをしてきて、それが木の質感としては当たり前のように触感として身体に刻まれているので、木の面はなるべく塗装などで覆いたくは無く、ざらつきを残し、視覚的にもざらつきや凹凸感や立体感を出したくなる。

E2A597B7-E5B1-49BD-97C1-34582C9578C6.jpeg

記憶の中には当然今の自分を形づくる要素がたくさん存在しているが、はじめから記憶を拠り所にするのでは無く、気がついたらあの記憶と結びついていたと思う位の方が自然と自己とのつながりの中で創作でき、また自分にしかできないものを登場させることができるような気がする。

"Connection with memory"

When designing the texture of an object, I wasn't aware of it at first, but when I think about it later, I sometimes get hints and ideas from the texture in my memory.

For example, since I was a kid, the texture of wood has been a plaything because it has been a plaything, so I often touch it with my bare hands. Since it is carved on the body as a tactile sensation, I do not want to cover the surface of the wood with paint as much as possible, leaving a rough surface, and I want to visually give it a rough, uneven or three-dimensional effect.

Of course, there are many elements that shape oneself in memory, but it is better to think that it was connected to that memory when you noticed it, rather than relying on it from the beginning. I feel like I can create something that only I can create in my memory.

リンク

階段は異質の存在

設計において階段は特別な存在だという意識がある。昇降するためのものだからその機能を満たすだけで良いのだが、空間において何か異質の存在のような、機能などどうでも良い、むしろ昇降しない、ただそこにあるだけための階段をつくりたいとも思う。

C74AF0E9-4E32-4542-AEF9-CBFBECFF5AB0.jpeg

だから、昇降する機能は当たり前のこととして、設計する時に考えることは空間の中でどのような在り方をするのか、どのようなつながりをつくるのか、どのように見せるのか、そして、昇降する機能が無くなっても存在価値があるのかということ。

"The stairs are foreign"

There is a consciousness that stairs are special in design. Since it is for going up and down, it is only necessary to satisfy that function, but I do not care about the function, such as the existence of something different in the space, rather I would like to create a staircase that does not go up and down, just to be there. ..

Therefore, the function to move up and down is a matter of course, and when designing, what to think about in the space, what kind of connection to make, how to show it, and the function to move up and down are lost. But is it worth the existence?

リンク

つながりをつくるアクション

想起によって誘発するアクションは消費へ直接向かわずに何かのつながりをつくる方向へ持っていきたい。

想起によるアクションの誘発は広告が最も得意とするところだが、消費が大前提になる。ただ消費することだけでは想起のもととなる記憶が脚色されてしまう。

68E3F8C8-C622-4E77-A812-E2AF1CD79659.jpeg

つながりをつくる方向に持っていければ、記憶が今この瞬間とつながり、その人なりのアクションが生まれる。そのアクションには消費も含まれるかもしれないが、つながりのおかげで多様なものになる可能性がある。

"Action to make a connection"

I want to take actions triggered by recollection in the direction of making some connection without going directly to consumption.

Advertising is best at inducing actions by recall, but consumption is a major premise. Just consuming it will dramatize the memory that is the source of the recollection.

If you take the direction of making a connection, your memory will be connected to this moment and your own action will be born. The action may include consumption, but it can be diverse thanks to the connections.

リンク

アクションの誘発

アクションを誘発するには、ひとつに想起させることである。何かを想起させることができれば、その何かに関連することのアクションを起こすかもしれない。

想起には人の意識の中にある記憶や思い込みや常識を利用する。一般的なこと、よくあること、普通なことを排除して、それでも残ることに注目する。

3769E149-3656-4631-A027-6B709442B0D4.jpeg

常識的なことも一般的なことと特定の範囲で通用するものとある。一般的なことは排除して、特定の範囲で通用するものを利用する。特定の範囲で通用するものを掴むことはすでに誘発のヒントを獲得したことになる。

"Induction of action"

To provoke an action, remind one of them. If you can remind yourself of something, you may take action related to that something.

For recall, we use memories, beliefs, and common sense in human consciousness. Focus on eliminating the common, common, and ordinary things and still remaining.

Common sense is also common and can be applied to a specific range. Exclude the general ones and use the ones that are valid in a specific range. Grabbing something that works in a certain range has already acquired a hint of triggering.

リンク

誘発する壁

壁が隔てる目的以外に存在する理由があるとしたら、ひとつに人の視覚を通して何かを伝え、人にアクションを起こさせることである。

一番わかりやすい例は、壁にあるものは全て含むとしたら看板であり、その広告性は人のアクションを誘発するために存在する。

28029E17-2F7C-4E47-8DDD-C2F5464CD6EE.jpeg

広告以外でも壁がアクションを誘発することが可能だとしたら、隔てるためのデザインとは違ったものになるだろうし、そもそも壁の見え方が違うだろうから、アクションを誘発する壁を考える時点で何か違う空間を生み出す可能性を孕む。

"Inducing wall"

If there is a reason other than the purpose of separating the walls, one is to convey something through human vision and make people take action.

The most obvious example is a signboard, if anything on the wall, to provoke human action.

If a wall could induce action other than advertising, it would be different from the design for separating, and the appearance of the wall would be different in the first place, so when thinking about the wall that induces action It has the potential to create something different.

リンク

奥行き感

薄っぺらい平らな面に何を施せば奥行き感が出るのだろうかと考えてみた。もちろん、厚みを持たせれば奥行きはつくれるかもしれないが、ここで意図したいことは奥行きがある感じである。厚みを持たせても奥行き感が出せるとは限らない。しばしば目の錯覚で奥行き感が出たり、消失したりすることがある。その時実際には奥行き自体は無い。

FDD4E173-7DC0-45E6-9EC7-44D8F9C3C4CB.jpeg

薄っぺらさはそれだけでひとつの表現を指向することになる。そこから脱却したい時、厚みを増すことでは無く、目の前の物を違った表現にすれば脱却し別の物にできることに興味がある。

"A sense of depth"

I wondered what to do on a thin, flat surface to give it a sense of depth. Of course, if you give it thickness, you may be able to create depth, but what I want to do here is to have depth. Even if it is thick, it does not always give a sense of depth. Often, the optical illusion may cause a sense of depth or disappear. At that time, there is actually no depth itself.

Flimthiness alone directs one expression. When I want to break away from that, I'm interested in being able to break away and make something else by expressing the thing in front of me in a different way, rather than increasing the thickness.

リンク

物が人を選ぶ

空間は人に従属するものだろうかと、その逆の人が空間に従属することはあるのだろうかと考えてみた。人が空間に従属することは空間が人を選ぶことでもある。さらに空間は物だから、物が人を選ぶことと言い換えることもできるかもしれない。

物が人を選ぶとしたら、物の機能や使用感、例えば、快適性などに注意を払う必要が無くなる。物は合う人だけと関係ができれば良いとなる。

EC665902-EB04-4596-B870-E9993E69F929.jpeg

そうなると、極端に物の価値が限定されるように思えてしまうが、人側から物の魅力の深度みたいなことを考えてみると、機能や使用感が消失して物と同一化しても良いくらいに合わせたいと思えれば、それはその人とって物の価値は最大化しており、結局ものづくりをしている人にとってはそこが最終目的地なのではないかと思ってしまう。

"Things choose people"

I wondered if space is subordinate to humans, and vice versa. The fact that a person is subordinate to space also means that space chooses a person. Furthermore, since space is a thing, it may be rephrased as a thing choosing a person.

If an object chooses a person, it is not necessary to pay attention to the function and usability of the object, for example, comfort. Things only need to be able to relate to people who fit.

In that case, it seems that the value of the thing is extremely limited, but considering the depth of the attractiveness of the thing from the human side, the function and usability may be lost and it may be identified with the thing. If you want to match it, it maximizes the value of things for that person, and after all, for those who are making things, I think that is the final destination.

リンク

今ここにいるつながり加減はデザイン

トリップしたいのは非日常を味わいたいから、いつもと違う体験がしたいからだと思うが、案外にも日常の延長でしか考えない場合も多いかもしれない。

非日常とは言えあまりにも日常とかけ離れていては現実味が無くなるから、かえって楽しめなくなるのかもしれない。

非日常の加減、度合いが大事になるが、それは今ここにいる自分をどれだけ想像できるかによると思う。今ここにいる自分とは、今ここにいることに自分とつながりがあり、そのつながりが自分のことのように思えるかである。

AF107E81-A12E-43C3-AA7C-2C5D6609E7AF.jpeg

建築ならば、今いる空間につながっている自分を現実感を持って見ることができるかであり、そのつながり加減、度合いを調整することもデザインの範疇だと考えている。

"The connection that is here now is design"

I think that I want to trip because I want to experience extraordinary things, and I want to experience something different from usual, but unexpectedly, I may think only as an extension of my daily life.

Even if it is extraordinary, if it is too far from everyday life, it will be unrealistic, so it may not be enjoyable.

The degree of extraordinary adjustment is important, but I think it depends on how much you can imagine yourself here. I am here now, and I have a connection with myself to be here now, and that connection seems to be me.

In the case of architecture, it is possible to see yourself connected to the space you are in with a sense of reality, and I think that adjusting the degree and degree of that connection is also a category of design.

リンク

メタファーが運ぶ意識

視覚の中にメタファーを持ち込むことにより、時間に空白という間をつくり、今ここには無いことまで意識させ、目の前の空間だけでは無いことまでデザインしたいと考えた。

メタファーという暗示は、明示のような瞬時のわかりやすさは無く、わかるまでに時間の空白ができ、その空白がより深い理解と意識を別の所へ運ぶ。

A799F7A3-5C81-48D6-B1CC-CAD1DDB22AF8.jpeg

ここでデザインしたいのは人の意識の行き先である。

"Consciousness carried by metaphor"

By bringing a metaphor into the visual sense, I wanted to create a gap in time, make people aware of what is not here now, and design not only the space in front of them.

The suggestion of metaphor is not instantly understandable like explicit, but there is a time gap before it is understood, and that gap carries a deeper understanding and consciousness to another place.

What I want to design here is the destination of human consciousness.

リンク

視覚に時間の幅を

視覚の中に時間の要素を持ち込みたいと考えている。

時間の要素とは時間の幅のようなもので、例えば、何かを見ている時に目の前にある物の今この瞬間を捉えているが、その物が過去から未来へと時間の流れの中でどのように存在してきたが伝わるようにしたい。

0BD4CA8A-273D-49AE-BD0A-4D0A2C1EEF65.jpeg

もしかしたら、それは瞬時にでは無くて少しの間があり、少しわかりづらい状況をあえてつくることになるかもしれない。

"Visually the width of time"

I want to bring an element of time into my vision.

The element of time is like the width of time, for example, when you are looking at something, you capture the moment of the thing in front of you, but that thing is the flow of time from the past to the future. I want to convey how it has existed in the world.

Perhaps it's not an instant, but a short time, and it may dare to create a situation that is a little confusing.

リンク

時間の空白が多様を生む

視覚の中で曖昧な部分をつくることにより瞬時にわかることを避けて、そこに時間の空白をつくろうとした。

人は空白を感じると何かで埋めようとする。時間の空白は視覚で得た情報に余分な意味づけをする機会を与える。その意味づけの内容は見る人によって違う。

43B1043B-0797-483C-9DAF-B82AF8E4C7C8.jpeg

同じものを見ていても見る人によって受け取り方が変わる可能性がより広がり多様になる。

"The gap in time creates variety"

I tried to create a time gap there, avoiding instant understanding by creating an ambiguous part in the visual sense.

When a person feels a blank, he tries to fill it with something. The time gap gives the visual information an opportunity to give extra meaning. The content of the meaning differs depending on the viewer.

Even if you are looking at the same thing, the possibility that the way you receive it will change depending on the person who sees it will become more widespread and diverse.

リンク

視覚でタイムラグをつくる

視覚で感じたことの中にある意味が明示ならば瞬時に全体を把握することができ、それがわかりやすさや自律性の高さにつながる。

わかりやすさは何かを相手に伝える時には非常に大事なことだが、相手に深い印象を残すことを意図した場合には必ずしも大事なことでは無い。深い印象を残したければ明示より暗示、すなわちメタファーを活用する方が良い。

B2C0A57B-F4EB-4492-8956-1D907C8B6A64.jpeg

視覚で感じるメタファーにより、瞬間の把握では無くほんの少しのタイムラグが生じる。このタイムラグが深い印象へとつながる。

"Create a time lag visually"

If the meaning in what you feel visually is clear, you can instantly grasp the whole thing, which leads to easy understanding and high autonomy.

Clarity is very important when telling something to the other person, but it is not always important when the intention is to leave a deep impression on the other person. If you want to leave a deep impression, it is better to use suggestion, that is, metaphor, rather than explicit.

The visual metaphor creates a slight time lag rather than a momentary grasp. This time lag leads to a deep impression.

リンク

メタファーを意識する

素材からの連想を意識することはメタファーにアクセスしていくことを意識する必要があると考えた。

A8054B4C-C601-4EC7-AF66-CE2A46E6A405.jpeg

メタファーは建築において使い古された言葉と思ってしまうが今だに主題になり得る言葉であり、あえて特別に扱う必要が無く一般的な言葉になったと解釈している。建築以外の分野ではメタファーは当たり前に意識されているので、建築でも特殊なことを一般解として扱いたい時には手段として使える。

"Aware of metaphor"

I thought that it is necessary to be aware of accessing the metaphor to be aware of the association from the material.

I think that metaphor is a word that has been used up in architecture, but it is still a word that can be the subject, and I interpret it as a general word that does not need to be treated specially. Metaphors are taken for granted in fields other than architecture, so they can be used as a means when you want to treat special things as general solutions in architecture as well.

リンク

素材からの連想をデザイン

素材から連想する建築もあるだろう。例えば、木組みを見たら和風の建築や和に関係する空間や建築を連想する。素材に意味がついている。あと、素材の見せ方や素材感にも意味がついていて連想を助けている。それは素材を扱う時に考慮しなければいけないところであり、別の考え方をすれば、素材の扱い方を変えればついている意味を操作できることでもある。

2FDCA40B-CF72-4840-BCD1-D4E44E446FF9.jpeg

木組みは和風という素直な連想を利用することが重要な時もあるが、少し素材の扱いを変えて、木組みに和風以外の意味を付け加えた時にどうなかるかを考えるのもデザインの範疇である。

"Designing associations from materials"

Some architecture may be associated with the material. For example, when you look at the wooden structure, you think of Japanese-style architecture and spaces and architecture related to Japanese. The material has a meaning. Also, the way the material is shown and the texture of the material have meaning, which helps the association. That is something that must be taken into consideration when dealing with materials, and if you think about it differently, you can manipulate the meaning that comes with it by changing the way you handle materials.

Sometimes it is important to use the straightforward association of Japanese style for woodwork, but it is also a category of design to think about what happens when you add a meaning other than Japanese style to woodwork by slightly changing the treatment of materials. ..

リンク

素材感の影響

素材感だけを抜き出して眺めてみると、素材の違いに関係無く全て同じに見える場合がかる。

例えば、木製の仕上げがされていても、そこにクリアな厚い塗装がかけられていたら、木製に見せかけたプリントと素材感は似たようになる。何かでコートすることにより汚れや傷みから守ろうとするのはわかるが、それならばそもそも木を使わなければ良い。

FFD3713E-1580-4416-B66F-B6689C54812E.jpeg

素材の違いより素材感の違いに注目すると見た目以上に素材の持つ空間への影響を感じ取ることができる。

"Effect of texture"

If you take out only the texture and look at it, it may look the same regardless of the difference in the material.

For example, even if it has a wooden finish, if it is painted with a clear thick paint, the texture will be similar to the print that looks like wood. I know that you can coat it with something to protect it from dirt and damage, but then you shouldn't use wood in the first place.

If you pay attention to the difference in texture rather than the difference in material, you can feel the influence of the material on the space more than it looks.

リンク

秩序が与える影響

物そのものでは無くて物に付随すること、例えば、見せ方についていろいろ考えてみた。モジュールやパターンで物を見せようとした時に何が起こるだろうか。

90BB9AF5-7A05-47AF-85A5-4308691E8C80.jpeg

物そのものの存在もあるが、物とは関係するが離れたパターンやモジュールといった規則性、それを秩序と言い換えてもいいと思うが、その秩序を直接扱うことになる。それは物そのものでは無いが付随することを直接扱うことになり、それが物そのものにどのような影響を与えるのか気になる。

"The impact of order"

I thought about things that accompany things, not the things themselves, such as how to show them. What happens when you try to show things in modules or patterns?

There is the existence of the thing itself, but the regularity such as patterns and modules that are related to the thing but separated from each other, which can be rephrased as order, but the order is dealt with directly. It is not the thing itself, but it deals directly with the accompanying things, and I am wondering how it affects the thing itself.

リンク

付随が価値を決める

物に付随していることを扱う方が直接物を扱うより可能性があると考えている。

物を直接扱う場合は物の質を問うことになり、質の良し悪しが物の直接的な価値を決めることになる。質の悪い物をつくる気は無いつし、質の悪い物でいい訳では無く、質の良い物をつくろうとするが、質に焦点を当てると価値判断にコストが付き纏い、コストが直接的に価値を決める場面が出てくる。

C2F8897B-9E79-4E43-AE2A-913734F7577A.jpeg

しかし、物に付随していること、例えば、物の見せ方に焦点を当たれば、価値判断をコストで左右されにくく、別の要素が価値を決めるようにできる。

"Attachment determines value"

I think it is more possible to deal with things that accompany things than to deal with things directly.

When dealing with things directly, the quality of the things is questioned, and the quality of the things determines the direct value of the things. I have no intention of making poor quality products, and I am not good at making poor quality products, but I try to make good quality products, but if I focus on quality, the cost is attached to the value judgment, and the cost is direct. There will be a scene where the value is decided.

However, if we focus on what is attached to an object, for example, how it looks, the value judgment can be less cost-sensitive and another factor can determine the value.

リンク

付随していること

見え方をデザインすることは見えているものをデザインすることとは違う。見え方を変えれば、見ているものが同じでも、違うものに見えるかもしれない。

見ているものをデザインすることは物を直接扱うことになるが、見え方をデザインすることは物を間接的に捉えることになり、直接扱うのは物に付随していることである。

8275F800-070C-4CA5-A460-D389091DE0AF.jpeg

付随していることは有形無形いろいろあるが、今ここにあることに直結していることで、物の存在に直に関わることだと考えている。

"Attachment"

Designing what you see is not the same as designing what you see. If you change the way you look, it may look different even if you are looking at the same thing.

Designing what you are looking at deals with things directly, but designing how you see them indirectly captures things, and dealing directly with things is attached to them.

There are various tangible and intangible things that accompany it, but I think that being directly connected to what is here now is directly related to the existence of things.

リンク

物そのもの

どう見せるかを考える時にそのまま物を見せるより、物が見える現象に注目して、その物の見え方をコントロールしたいと考えた。物がそこにあることと物が見えることは等しいことでは無く、そこにあることをデザインすることと見え方をデザインすることも違う。

C1A0931C-76BC-4893-9E4F-DC66A44C27CD.jpeg

見え方に注目してみた。その物がどうであるかより、どう見えるかを扱った方が物そのものの存在に迫れるような気がしている。

"The thing itself"

Rather than showing things as they are when thinking about how to show them, I wanted to focus on the phenomenon of seeing things and control how they look. It is not the same that an object is there and an object is visible, and designing what is there is also different from designing how it looks.

I paid attention to how it looked. I feel that it is closer to the existence of the thing itself when dealing with what it looks like rather than what it looks like.

リンク

何が美しいのか

何を美しいと思うのだろうか。美しいという基準は人から植え付けられる。いま一度、赤子に戻り美しさを問い直すと疑問が湧く。美しさの常識が嘘に思える。ここで分かれ道です、どうするか、美しさの常識に乗る方が安心でき、確実で、破綻しない。ただ、自分の中にある美しさと一致しないかもしれない。破綻が怖い人が多いだろう、積み上げが無になるから。積み上げが無い人にとっては自分の中にある美しさが尊い。

6A421A4E-6A28-4D08-8EBA-4505387862B8.jpeg

"What is beautiful"

What do you think is beautiful? The standard of beauty is planted by humans. When I go back to the baby and ask the beauty again, I have doubts. The common sense of beauty seems to be a lie. This is a fork in the road, and it's safer, more reliable, and unbreakable to follow the common sense of beauty. However, it may not match the beauty within me. Many people are afraid of bankruptcy, because there will be no stacking. For those who do not have a stack, the beauty within them is precious.

リンク

変化する美しさ

何かを見せるにしても、そのまま見せることに興味が湧かない。どれだけ美しいものでも美しさを前面に出すだけではつまらない。絶対的な美しさは素晴らしいが飽きる。飽きないためには常に変化する要素が必要である。常に変化する要素を得るために相対的な美しさを求める。相対的とは比較であり、美しさも比較する対象があって成り立つ。比較する対象を必要とすることは、比較する対象によって美しさが変化するということである。

94B2EB3B-2F7E-4424-8AC7-7E0D5BBCABD3.jpeg

"Changing beauty"

Even if I show something, I'm not interested in showing it as it is. No matter how beautiful it is, it's boring just to bring it to the fore. Absolute beauty is wonderful but tired. In order not to get bored, we need elements that are constantly changing. Seeking relative beauty to get the ever-changing elements. Relative is a comparison, and beauty also has an object to be compared. The need for an object to be compared is that the beauty changes depending on the object to be compared.

リンク

ブレークスルーの種

現状をブレークスルーには、違和感のような小さなフラストレーションに目を向け、それを解消することに好奇心を持つといいかもしれない。

似たり寄ったり当たり前のことに違和感を持つことが多く、似たり寄ったりがたくさんあることはそれがその業界の今の正解かもしれないが、たくさんあることに違和感を持ち、そもそも似たり寄ったりと思う時点で自分には興味の無いものになっている。

D2DDB4B0-22D7-4BCA-9704-99EC69F31FFD.jpeg

当時者が気づかない違和感を持つことができれば、それだけでブレークスルーの種はできたかもしれない。

"Seeds of breakthrough"

To break through the status quo, it may be good to look at small frustrations such as discomfort and be curious about eliminating them.

There are many things that are similar or close to each other, and it may be the correct answer in the industry that there are many similarities, but it is strange that there are many things that are similar to each other in the first place. At the time I think about it, I'm not interested in it.

If the person at that time could have a sense of incongruity that he did not notice, that alone might have created a breakthrough seed.

リンク

空間には未知の体験が必要

人が影響を与える空間では人の根源的な欲望を刺激する必要がある。人が影響を与えるには、人がアクティビティをする必要があり、アクティビティのきっかけが必要になる。そのきっかけが根源的な欲望を刺激されることであり、空間が人の根源的な欲望を刺激する存在である必要がある。

23E399DA-CEEB-4DFA-929C-4AE290DE170D.jpeg

根源的な欲望は好奇心と言い換えてもいいかもしれない。好奇心にもいろいろと種類があり、人により違うかもしれないが、わかりやすいのは未知の体験に対する好奇心である。知らないものを知りたいという知識欲と相まって未知の体験は好奇心を刺激する。

"Space needs an unknown experience"

In a space where people influence, it is necessary to stimulate the person's fundamental desires. In order for a person to influence, a person needs to do an activity, and an opportunity for the activity is needed. The trigger is to stimulate the fundamental desires, and the space needs to be the existence that stimulates the fundamental desires of human beings.

Primitive desire may be rephrased as curiosity. There are many types of curiosity, which may vary from person to person, but what is easy to understand is curiosity about an unknown experience. An unknown experience, coupled with a desire to know what you don't know, stimulates curiosity.

リンク

空間は建築独自

常に空間に囲まれている。建築を考える時、空間に注目するか、物に注目するかの2通りある。

それは建築を空間として捉えるか、物として捉えるかの違いであり、空間として捉える場合は建築内部に空虚な部分があり、その空虚な部分が人を内包できる位に大きいので、建築は人の影響を受けるという考え方である。

一方、物として捉える場合は建築はひとつの塊として捉え、その塊をどのようにつくるか、どのように置くかが重要であり、それによって周りの環境や人にどのような影響を与えるかが主題になる。

どちらが良いかではなく、時代によって流行り廃りはあるが、基本的には歴史上どちらかが優位になることを繰り返してきた。

BD8D4EDE-7A5E-406B-955F-CF2B7F4D5626.jpeg

別の言い方をすると、人が影響を与えるか、人に影響を与えるかの違いである。良い建築を見て感動する場合は人に影響を与えることになるので、物としての建築が優位になり魅力的に見えるが、人無しで成立するものは建築以外でも、工作物でも、美術品でもあり得るので、人が影響を与える建築、すなわち空間として捉える方が建築独自のものが表現できると考えている。

"Space is unique to architecture"

Always surrounded by space. When thinking about architecture, there are two ways to focus on space and things.

It is the difference between perceiving architecture as a space or as an object. When perceiving it as a space, there is an empty part inside the building, and the empty part is large enough to contain people, so architecture is influenced by people. The idea is to receive.

On the other hand, when considering it as an object, architecture is regarded as one mass, and how to make the mass and how to place it are important, and how it affects the surrounding environment and people. Become a subject.

It is not which one is better, but it has become fashionable and obsolete depending on the times, but basically, it has been repeated that either one has an advantage in history.

In other words, it is the difference between a person's influence and a person's influence. If you are impressed by seeing a good architecture, it will affect people, so architecture as a thing will be superior and look attractive, but what can be established without people is not only architecture, but also works of art. However, since it is possible, I think that it is possible to express something unique to architecture by considering it as an architecture that people influence, that is, a space.

リンク

機能を頼りにしない

狭い空間では求められる機能を頼りにデザインをしていたら似たり寄ったりになる。

機能を頼りにデザインをすることはデザインに明確な根拠を与え、恣意的という批判を安易にかわすことができるので多用されやすい。しかし、狭い空間では機能が限定されバリエーションが無くなるので似たり寄ったりを招く。

A818D6F4-BBC7-400E-8F8C-57FCF9347153.jpeg

だから、むしろ機能とは関係が無いところでデザインをする。それはもしかしたら人の内面に直接働きかけることになり、人のウォンツを引き出すかもしれない。

"Don't rely on features"

In a small space, if you rely on the required functions for designing, they will look similar.

Designing by relying on function gives a clear basis to the design, and it is easy to avoid criticism that it is arbitrary, so it is easy to be used frequently. However, in a narrow space, the functions are limited and there are no variations, which leads to similarities.

Therefore, rather, design in a place that has nothing to do with the function. It may work directly on the inside of the person and may bring out the wants of the person.

リンク

定まらない可能性

時を経て前の建築とつながろうとする時に齟齬が起きそうなところに注目してみようと考えた。

前の建築とこれから現れる建築は同じ場所に建つので同じような特徴を持つが同時に全く違う要素も持ち合わせる。全く違う要素は齟齬を起こすが、その場所での可能性につながると考えた。

57857895-0763-491A-8226-F6D5A9DFB0C0.jpeg

定まらないから全く違う要素になるのであり、定まらないことに可能性を感じる。

"Possibilities that cannot be determined"

I decided to pay attention to the place where a discrepancy might occur when trying to connect with the previous architecture over time.

The previous architecture and the one that will appear in the future will be built in the same place, so they have similar characteristics but at the same time have completely different elements. A completely different element causes a discrepancy, but I thought it would lead to possibilities in that place.

Since it is not decided, it will be a completely different element, and I feel the possibility of not being decided.

リンク

つなぐ役割

時を経て前の建築とつながることで魅力的な空間ができないかと考えている。現在これから魅力的な空間をつくろうとする時に前の建築とつながる必要は無いから、スクラップアンドビルドが普通に行われるが、それでは時間と記憶と愛着の断絶が起こってしまう。

019C2208-897B-46F3-846B-D1C63883B7AB.jpeg

時間と記憶と愛着をつなぐのが建築の役割であって欲しいので、つなぐための手法をいろいろと考えている。

"The role of connecting"

I am wondering if it will be possible to create an attractive space by connecting with the previous architecture over time. Nowadays, when trying to create an attractive space, it is not necessary to connect with the previous architecture, so scrap and build is usually done, but that causes a break in time, memory and attachment.

I want architecture to play a role in connecting time, memory, and attachment, so I am thinking of various methods for connecting them.

リンク

新たな意味の新たな空間

抽出するのは密度であり、抽出したものは単なる模様として意味を剥奪し、全く違った意味を付着させる。

時がズレており決して交わることが無かったプラン同士を重ねてみた時、そこにつながりを見つけるために重なりの密度に着目し、そこから俯瞰して模様として全体を見ることにした。

AA2C87C2-DB10-45B8-9F13-D3D22773E39D.jpeg

模様として全体を俯瞰することは元々の意味を無いことにし、新たな意味で捉え直すことであり、その新たな意味が新たな空間を生むだろう。

"A new space with a new meaning"

It is the density that is extracted, and what is extracted deprives the meaning as a mere pattern and attaches a completely different meaning.

When I tried to stack plans that never intersected due to the time lag, I focused on the density of overlap in order to find a connection there, and decided to take a bird's-eye view of the whole as a pattern.

Taking a bird's-eye view of the whole as a pattern has no original meaning and is to be reconsidered in a new meaning, and that new meaning will create a new space.

リンク

建ち方の傾向

現在の建築のプランと前回の建築のプランを重ねてみた。何度か増改築を繰り返しているので柱の位置が同じ所もあり、また重ねたことにより壁の密度の差がよりはっきりと出た。

壁の密度が高い所は細かく仕切られた空間が集まっており、密度が低い所は仕切られていない空間の集まりである。

BE0D964D-3909-4FCB-885B-DFC8D0C08263.jpeg

重ねることでより顕著になる壁の密度の差は、その場所での建ち方の傾向を表現している。

"Tendency of how to build"

I tried to overlap the current architectural plan and the previous architectural plan. Since the pillars have been expanded and remodeled several times, the pillars are in the same position, and the difference in the density of the walls became clearer due to the overlapping.

Where the wall density is high, the spaces that are finely divided are gathered, and where the density is low, the spaces that are not partitioned are gathered.

The difference in wall density, which becomes more noticeable when stacked, expresses the tendency of how to build at that location.

リンク

断絶しない、つながりをつくる

現在の建築があり、そして、次の建築を用意する。そこに何か現在と次の建築の間につながりをつくりたいと考えた。

全く無いことにして次の建築を計画することが普通になっているが、それでは様々な断絶が繰り返し起こるだけであり、断絶は積み重ねたものを無にしてしまい、しかもその原因を建築がつくっていることになる。

FF6F339C-C05D-4054-8D94-327834474A37.jpeg

建築は人を内包する規模のものであるから影響力がある。だから、断絶しない、つながりをつくることが様々なことに良い影響を与えると考えている。

"Make a connection without breaking"

There is a current building, and the next one is ready. I wanted to make a connection there between the present and the next architecture.

It is common to plan the next building with nothing at all, but then various breaks will only occur repeatedly, and the breaks will eliminate the piled up things, and the cause will be created by the architecture. Will be there.

Architecture is influential because it is of a scale that embraces people. Therefore, I think that making connections without breaking has a positive effect on various things.

リンク

規範が全てを絡め取る

建築において目には見えない規範のようなものは何かと考えてみると、モジュールやグリッドやスパンなどの一定の決まった尺度の繰り返しであったり、その土地固有のルール、例えば、敷地に対する建ち方や仕上げの素材などの環境からの影響や、建築に具体的にはわかりやすく現れてこないかもしれない慣習などがある。

さらに、それらの規範にはその元となる建築へのモラルや期待感なども含まれるかもしれないし、過去へ遡ってつながりを紡ぐことも必要かもしれない。

F0D58913-3EEB-4C39-BD6E-861630CF2831.jpeg

何かひとつの規範を抽出したら、建築に関係する全ての事柄を絡め取るようなことができないかと考えている。

"The norm entwines everything"

Thinking about what kind of invisible norms in architecture are the repetition of certain fixed scales such as modules, grids and spans, and the land-specific rules, such as how to build on the site. There are environmental influences such as finishing materials, and customs that may not appear in architecture in an easy-to-understand manner.

In addition, those norms may include morals and expectations for the underlying architecture, and it may be necessary to go back in time and create connections.

I'm wondering if I could extract all the norms and get involved with all the things related to architecture.

リンク

規範の抽出

永遠に残すことができるものは何かと考えていくと、経年劣化しないものであり、実体があるものというよりは概念や枠組みやルール、それを秩序と言い換えてもいいが、目には見えない規範のようなものをイメージした。

2AD1B80D-F178-428D-9FCE-2E8FD2FB988F.jpeg

建築に吸着している記憶や愛着は、建築自体が無くなれば消滅してしまうかもしれないが、建築が持っていた規範のようなものが抽出され残るならば、記憶や愛着も元々は目に見えないものだけに相性が良く、記憶や愛着のエッセンスだけ残り、また新たな肉付けが記憶や愛着にされるのではないかと考えた。

"Extraction of norms"

Thinking about what can be left forever, it does not deteriorate over time, and it can be rephrased as a concept, framework, rule, or order rather than a substance, but an invisible norm. I imagined something like.

The memories and attachments that are attached to the architecture may disappear if the architecture itself disappears, but if the norms that the architecture had are extracted and remain, the memories and attachments are originally visible. I thought that it would go well with only the invisible things, leaving only the essence of memory and attachment, and that new flesh would be made into memory and attachment.

リンク

抽出して永遠に残す

記憶や愛着が吸着するモノは、よく見ていたモノか、よく触れていたモノであり、人の五感、特に視覚や触覚と結びついていたモノである。だから、建築には記憶や愛着が吸着しやすいかもしれない。

吸着した記憶や愛着は建築の形や空間や場面として残る。だから、建築の形や空間や場面がそのまま記憶や愛着となる。よって、建築の形や空間や場面をそのまま永遠に残すことができれば、記憶や愛着は途切れることが無いが、永遠に残すことなどはできない。

35624853-2770-4995-B308-B336ADAE1BA5.jpeg

ならば、永遠に残すことが可能なモノを建築の形や空間や場面の中から抽出して残せば良いのではないか。

"Extract and leave forever"

The things that memories and attachments adsorb are the things that you have often seen or touched, and the things that are associated with the five senses of human beings, especially the sense of sight and touch. Therefore, it may be easy for memories and attachments to stick to architecture.

The adsorbed memories and attachments remain as the shape, space, and scene of the architecture. Therefore, the shape, space, and scene of the architecture become memories and attachments as they are. Therefore, if the shape, space, and scene of architecture can be preserved forever, memories and attachments will not be interrupted, but they cannot be preserved forever.

Then, it would be better to extract and leave things that can be left forever from the shapes, spaces, and scenes of architecture.

リンク

投影されたモノ探し

記憶や愛着などの自体が無いものを形にするには、記憶や愛着が投影されているモノを探し、そのモノをどのように扱えば記憶や愛着が前面に出てくるのか、表現できるのかを考える。

463232A8-3135-4318-8A2C-C2036886278D.jpeg

記憶や愛着が投影されているモノは必ず時のサイクルを経ても残っているモノであり、ただそのままでは時のサイクルにより無くなるモノであり、投影されているモノを探し出したら、時のサイクルに流されないように変えてやる必要がある。

"Searching for projected objects"

In order to shape something that has no memory or attachment, look for a thing on which memory or attachment is projected, and how to handle that thing to express how the memory or attachment comes to the fore. think of.

Things on which memories and attachments are projected are always things that remain even after the cycle of time, but things that disappear by the cycle of time as they are, and if you find the thing that is projected, it will flow into the cycle of time. It is necessary to change it so that it will not be done.

リンク

つなぐ、変換

今は見えない、かつてあったものに思いを馳せて、つながりを持ちたいと考えた時に何に注目し、そこから何を抽出すればいいのだろうか。

無くなる建築、建て替わる建築、それらは時のサイクルだとしたら仕方は無いが、それでも何かつながりを持てれば無くなった建築から未来に向けて何か残すことができるかもしれない。

3699F710-3030-4FA0-AD67-039E557A76A7.jpeg

建築には記憶や愛着が宿る。記憶や愛着をつなぎたい。記憶や愛着はそれ自体実体が無い。自体が無いものを形にするには、何かに変換する必要がある。

"Connect, convert"

What should we focus on and extract from what we once had, which we can't see now, and when we want to make a connection?

It can't be helped if it's a cycle of time, architecture that disappears, architecture that rebuilds, but even so, if we have some connection, we may be able to leave something from the lost architecture to the future.

Architecture has memories and attachments. I want to connect my memories and attachments. Memories and attachments have no substance in themselves. In order to make something that doesn't exist, it needs to be converted into something.

リンク

虚実の入り乱れ

実物を目の前にして、ただそれを見せるだけでデザインするのはつまらないと思った。どれだけ素晴らしいモノでも、どれだけ精緻に加工しても、そのまま痕跡を残すようなことをしたら、そのモノと対峙して内在している良さを引き出せたことにはならない。

そのモノの存在自体からデザインしたいと考えた。今見ている実像とは違う虚像をつくり出し、実像に内在しているそのモノだけでは納まり切らない関係性をデザインし、全く違うが関連性のあるコトをイメージさせたい。

83B08119-5E62-4992-AF5B-CCA463E17480.jpeg

例えば、存在しているのかしていないのかというような状態をつくり出せれば、虚実が入り乱れ内在している関係性が浮かび上がるかもしれない。その時の虚実の入り乱れ方をデザインすることで、全く違うが関連性のあるコトのイメージをコントロールできるかもしれない。

"The mess of truth"

I thought it would be boring to design by just showing the real thing in front of me. No matter how wonderful a thing or how finely it is processed, if you do something that leaves a trace as it is, it does not mean that you can bring out the inherent goodness by confronting the thing.

I wanted to design from the existence of the thing itself. I want to create a virtual image that is different from the real image I'm looking at, design a relationship that isn't completely contained in the real image, and imagine something that is completely different but related.

For example, if we can create a state of existence or non-existence, the relationship between the truth and the immanence may emerge. By designing how the truth is mixed up at that time, it may be possible to control the image of things that are completely different but related.

リンク

モノは虚像

見ることでしか実感ができないのであれば全てが虚像だと思った。触覚を除いた視覚でのみモノを把握しようとした時、モノは目を通した像が脳内で処理され認識するので、脳というフィルターを通している時点で実像とは違うものになっており虚像である。

そうすると、いつまで経っても視覚のみでは実像にたどり着くことはできない。人間に手足があるのは触覚により実像を把握するためともいえるかもしれない。

しかし、手足で触れることができるモノは限られる。

C3414A54-DEC2-4020-8BF0-9F7DCB5224F6.jpeg

だから、モノは視覚のみで把握されると限定した上で虚像としてのモノについて考察したりデザインをする方がモノの本質に迫ることができるような気がした。

"Things are virtual images"

If I could only feel it by looking at it, I thought it was a virtual image. When trying to grasp an object only by sight excluding the sense of touch, the image through the eye is processed and recognized in the brain, so when it is passed through a filter called the brain, it is different from the real image and it is a virtual image. be.

Then, it is impossible to reach the real image only by sight, no matter how long it passes. It may be said that humans have limbs because they can grasp the real image by touch.

However, the things that can be touched with limbs are limited.

Therefore, I felt that it would be possible to get closer to the essence of things by considering and designing things as virtual images after limiting things to things that can only be grasped visually.

リンク

虚から実を生む

半透明の膜を通して見ることと直接見ることの違いについて、言い換えると虚と実について考えるきっかけがあり、虚をつくり出すことで実の存在を超えるようなものにしたいと思った。

虚は実との関係で成り立ち、実があるから虚が存在できるが、極端なことを言えば虚が実をつくり出すようなことができないかと考えている。

FED7B537-2C54-4334-A972-883DEDA94F69.jpeg

例えば、虚が大枠や輪郭を定めることにより実が浮かび上がるようなことができないか。その場に虚と実が同時に存在している必要はないから、虚だけが見せることができる像から実がイメージできればいい。

"Bringing fruit from the emptiness"

There was an opportunity to think about the difference between seeing through a translucent film and seeing directly, in other words, imagination and reality, and I wanted to create something that goes beyond the existence of reality.

The emptiness is based on the relationship with the fruit, and since there is a fruit, the emptiness can exist, but to put it in the extreme, I wonder if the emptiness can create the fruit.

For example, is it possible for the imaginary to emerge by defining the outline and outline? It is not necessary for the imaginary and the real to exist at the same time, so it is only necessary to be able to imagine the real from the image that only the imaginary can show.

リンク

輪郭を引き継ぐ

線材で文節される空間領域を持つ和風建築を引き継いでいく時に、時が経ち形が無くなったとしても線材による空間領域の輪郭は残せるのではないかと思った。

その場所における空間領域の輪郭はその場所固有のものであり、その場所においては時が積み重なった価値あるもので、別の言い方をすれば記憶や愛着の輪郭である。

C3FA14B3-BC9C-4078-94A0-70AA90EB9A72.jpeg

輪郭を引き継ぐことは建築ならば受け入れやすく実践しやすいことかもしれない。

"Take over the contour"

When taking over the Japanese-style architecture that has a space area that is sung by the wire, I thought that the outline of the space area by the wire could be left even if the shape disappeared over time.

The contours of the spatial area at that location are unique to that location, and at that location are valuable as time accumulates, in other words, the contours of memory and attachment.

Taking over the contours may be easy to accept and practice in architecture.

リンク

和風の肝

和風建築をよく見ると緩やかに段階的な結界で領域をつくりながら空間が展開していく。その様は現代建築や西洋建築とも違う。

和風建築の空間はつながり連続していくが決して全てがオープンでは無い。節目があり、越えられない線が存在し、領域分けを覆い被せるように天井や屋根が架けられる。

1B7913FE-6FFB-4F66-9212-50D26272D270.jpeg

だから、いかに越えられない線を扱い、巧みに配置するかが和風建築のプランニングの肝であり、それは現代建築にいかすことができる。

"Japanese-style liver"

If you look closely at Japanese-style architecture, the space develops while creating areas with gentle stepwise barriers. That is different from modern architecture and Western architecture.

The spaces of Japanese-style architecture are connected and continuous, but not all are open. There are knots, there are lines that cannot be crossed, and ceilings and roofs are erected to cover the area division.

Therefore, how to handle the lines that cannot be crossed and arrange them skillfully is the key to planning Japanese-style architecture, which can be applied to modern architecture.

リンク

開放的では無い和風

数寄屋建築のような和風建築で大広間があるものは障子や襖を開け放てば外部空間と一体的にシームレス につながる。その場合、大広間から外部空間までの間でいくつかの線材により区切られる。

線材とは例えば、敷居や鴨居であったり、框などの段差の見切りであったり、天井の仕上げの変わり目や見切り縁であったりする。

機能上必要だから線材を入れるのだが、見せ方として線に見せないこともできるはずであり、意図的に何かの意味を持たせるために線としているのだろう。線材が無ければよりシームレスに一体的に外部空間と大広間がつながる。しかし、和風建築はそこは意図しておらず、大広間から外部空間まで見通せるが外部空間は別の領域としたい。

B8AA4A6E-66FE-4354-960C-52AFDF96D3B2.jpeg

そこで、外部空間までの間にいくつか線材を入れて段階的に結界をつくっているのだろう。だから、和風建築は決して開放的では無い。

"Japanese style that is not open"

Japanese-style architecture such as Sukiya-zukuri, which has a large hall, can be seamlessly connected to the external space by opening the shoji and sliding doors. In that case, it is separated by several wires from the hall to the external space.

The wire rod may be, for example, a sill or a lintel, a parting line of a step such as a stile, or a transition or a parting edge of a ceiling finish.

I put in a wire because it is functionally necessary, but it should be possible not to show it as a line as a way of showing it, and it seems that it is intentionally made into a line to have some meaning. If there is no wire, the exterior space and the hall will be connected more seamlessly and integrally. However, Japanese-style architecture is not intended there, and although you can see from the hall to the exterior space, you want to make the exterior space a different area.

Therefore, it seems that some wires are inserted between the exterior space and the barrier is created step by step. Therefore, Japanese-style architecture is by no means open.

リンク

歪みやノイズをいかす

全ての敷地のコンテクストには歪みやノイズが必ずあり、その歪みやノイズを均一にしてしまうような計画で建てること、すなわち、どこで建てても同じになる建築には魅力を全く感じない。

この場合の均一化は、均一に均すというより、均一な枠組みに無理矢理嵌め込むようなイメージであり、枠組みがあった方が管理しやすく、再現性があるから良いという理屈になり、それは効率化へつながる。

では歪みやノイズをいかしながら、管理の良さと再現性を求めてみたることはできるだろうかと考えみた時、中和が有効手段だと思った。一旦ニュートラルな状態にする中和は、一見均一化に似ているが、元々あるモノとのつながりを断絶せずに維持する点で相違がある。

DE656ADC-926F-4AA7-A26A-F3CC272A99F2.jpeg

中和は歪みやノイズを一旦ニュートラルにするが、その過程では最大の歪みやノイズを発生し新しいモノを生むことができる。だから、効率化されたモノとは全く違うモノになる。

"Making use of distortion and noise"

There is always distortion and noise in the context of every site, and I am not attracted to building with a plan that evens out the distortion and noise, that is, the same architecture no matter where it is built.

Uniformization in this case is more like forcibly fitting into a uniform framework rather than evening it evenly, and it is the theory that it is better to have a framework because it is easier to manage and reproducible, which is efficiency. It leads to reproducibility.

Then, when I wondered if it would be possible to seek good management and reproducibility while taking advantage of distortion and noise, I thought that neutralization was an effective means. Neutralization, once neutralized, is similar to homogenization at first glance, except that it maintains an unbroken connection to the original thing.

Neutralization makes distortion and noise neutral once, but in the process, the maximum distortion and noise can be generated and new things can be created. Therefore, it will be a completely different product from the one that has been streamlined.

リンク

効率化を超える中和

中和は元があって成り立つから、既存の改修やリノベーションの際にデザインのヒントになりかもしれないが、元が無くても、元を仮想的につくれば良く、一旦イメージの中でもいいから構築し、それに対して中和を試みことは全てのものづくりに対してできることであり、有効だと考えている。

結果的にできあがるモノに中和の影響が色濃く表れることで元のつながりがわかる。

CE0558EF-49F8-4D90-A438-563F7232ED7E.jpeg

中和することは一旦ニュートラルな状態になることであるから、例えば、その土地のコンテクストや人のアクティビティが素直に読み取れるはずであり、それは効率化を超えた状態がつくれるのではないかと考えた。

"Neutralization beyond efficiency"

Neutralization is based on the origin, so it may be a hint for design when renovating or renovating an existing one, but even if there is no origin, you can create the original virtually and build it once in the image. However, trying to neutralize it is something that can be done for all manufacturing, and I think it is effective.

The original connection can be understood by the strong effect of neutralization on the resulting product.

Since neutralization is to become a neutral state once, for example, the context of the land and the activity of people should be able to be read honestly, and I thought that it could create a state beyond efficiency.

リンク

中和の面白さ

中和しようとする試みは全く逆のアクティビティを発生させる必要があるかもしれないので、プランに大きく影響を与えるが、逆という関係性を意識することでつながりはできる。

563B3F16-C486-4A1C-8329-F62F4F5DEBAC.jpeg

ただ、面白いのは中和という混ぜ合わせるような試みをした結果が全く逆の新しいもの、違ったものを生み出すかもしれないということである。元があるものに対して強調することは新しい試みでも何でも無く、同じことの繰り返しでしかない。

"The fun of neutralization"

Attempts to neutralize may need to generate the exact opposite activity, which can have a significant impact on the plan, but you can make a connection by being aware of the opposite relationship.

What is interesting, however, is that the result of a mixed attempt of neutralization may produce something completely opposite, something different. Emphasizing the original is not a new attempt or anything, it is just a repetition of the same thing.

リンク

記憶を中和する試み

時間のサイクルを建替えの歴史で表現できると思い、時代毎のプランを重ねてみた。そこに現れるのは時間のサイクルがもたらした記憶の痕跡の重なりであり、痕跡はそのまま愛着と結びつくかもしれない。

時間がサイクルしても記憶や愛着をつなげるためにプランの重なりの中から何を抽出するか。重なり具合の違いや密度の違いは、その場所で生活した人達特有のものであり、固有のアクティビティとも読み取れる。

プランの重なりにさらに新しいプランを重ねてみる。その時に重なり具合の違いや密度の違いをより強調するのか、中和するのか。強調する方が時間がサイクルしても記憶や愛着をつなぐことにはなるが、重なり具合の違いや密度の違いに呼応したことにより中和が行われるのであれば、新しいプランは今までとは全く違うものになりつつもつながりはつくることになり、それならば中和する方が面白いかもしれないと考えた。

"Attempt to neutralize memory"

I thought that the cycle of time could be expressed in the history of rebuilding, so I tried to repeat the plans for each era. What appears there is an overlap of the traces of memory brought about by the cycle of time, and the traces may be directly linked to attachment.

What to extract from the overlap of plans to connect memories and attachments even if time cycles. The difference in the degree of overlap and the difference in density are peculiar to the people who lived in the place, and can be read as a peculiar activity.

Try to add new plans to the overlap of plans. At that time, whether to emphasize or neutralize the difference in the degree of overlap and the difference in density. It is better to emphasize it to connect memories and attachments even if the time cycle, but if neutralization is done by responding to the difference in the degree of overlap and the difference in density, the new plan is different from the past. I thought it might be more interesting to neutralize it, because it would be a completely different thing but a connection would be made.

リンク

記憶を重ねる

建替えの歴史を重ねてみた。増改築を繰り返した今ある建築を一度全て壊して新たに建替える。その増改築の記録と新たなに建築する場合の標準的なプランを重ね合わせてみた。標準的なプランは建築士の設計製図試験の模範解答のようなものであり、それで一般解としての担保とした。

重ねてみることで、重なりの密度が濃い所と薄い所ができる。単に壁量の違いにも見えるが、それが人々のアクティビティの痕跡にも見える。

EB764E97-9A87-49FD-875F-CF10DE33BAF7.jpeg

アクティビティの痕跡だとしたら、アクティビティを入れ替えて重なりの密度の違いに全く違った意味を持たせることができるのではないかと思い、それは新たなプランに記憶の継承という影響を与えると考えた。

"Accumulating memories"

I tried to repeat the history of rebuilding. All the existing buildings that have been repeatedly expanded and renovated will be destroyed and rebuilt. I tried to superimpose the record of the extension and renovation and the standard plan for new construction. The standard plan was like a model answer for an architect's blueprint test, so it was collateralized as a general solution.

By stacking them, you can create a place where the overlap density is high and a place where the overlap density is low. It looks like a difference in the amount of walls, but it also looks like a trace of people's activities.

If it is a trace of activity, I thought that it would be possible to replace the activities and give a completely different meaning to the difference in the density of overlap, and I thought that it would affect the new plan by inheriting memory.

リンク

削ぎ落としたものを拾う

全てを単なる模様だとする見方はモダニズムが捨てたものを拾うことになるから面白いと思った。削ぎ落とした末に辿り着いたモダニズムはまた削ぎ落としたものを拾いはじめ、それは歴史が証明しているが、また拾う時は同じ扱い方をせずに意味付けを変える。

模様も元々は装飾だから削ぎ落としたのだが、拾う時は装飾ではなく何かを識別するための記号とみなすことにした。記号であれば意味付けを容易に操作して創作できる。

819AFC41-779C-4E2B-8256-5440C120BF8F.jpeg

究極まで削ぎ落としたモダニズムは一緒に創作できる余地まで削ぎ落としてしまい、全てが一様でつまらないモノになってしまった。そこから脱却するために一度削ぎ落としたものを拾う必要があった。

"Pick up what you scraped off"

The view that everything is just a pattern is interesting because it picks up what modernism has thrown away. Modernism, which arrived at the end of the scraping, began to pick up the scraped one again, which history proves, but when it is picked up again, it changes its meaning without the same treatment.

The pattern was originally a decoration, so I scraped it off, but when I picked it up, I decided to consider it as a symbol for identifying something rather than a decoration. If it is a symbol, you can easily manipulate the meaning and create it.

The modernism that was scraped down to the ultimate was scraped off to the point where it could be created together, and everything became uniform and boring. In order to get out of there, I had to pick up what I had scraped off.

リンク

機会が増える

時間がサイクルし、スクラップアンドビルドが繰り返される。そのサイクルから逃れることもできるが、そもそも人がサイクルする時間に身を投じているので、サイクルすることで生まれるモノに価値を見出そうとした。

価値を生むモノは何かと考えてみると、サイクルの終わりと始まりをつなぐものではないかと思った。サイクルの終わりと始まりで断絶を起こすことが多く、そこが問題になるので、つなぐものがあればそれ自体に価値があるし、さらに言えば、つながれたサイクルに新しい価値が生まれる。

806968C4-CDDB-456A-B773-05C060739B11.jpeg

サイクルを波とすれば、つながれたサイクルは波長が長くなる訳ではなく、始まりから終わりまでの振動数が増えることになり、それだけ影響を与える機会が増えることになる。

"More opportunities"

Time cycles and scrap and build is repeated. It is possible to escape from that cycle, but since people are devoting themselves to the cycle time in the first place, I tried to find value in the things created by cycling.

When I thought about what creates value, I thought it might connect the end and the beginning of the cycle. Often there is a break at the end and beginning of the cycle, which is a problem, so if there is something to connect, it is worth it, and for that matter, new value is created in the connected cycle.

If the cycle is a wave, the connected cycle does not have a longer wavelength, but the frequency from the beginning to the end increases, and the chances of influencing it increase accordingly.

リンク

手を止めてみる

なかなか進まない時は何かに引っ掛かりがある時だと思い、うまく説明ができない得体の知れない引っ掛かりを炙り出そうとあれこれ考えてみる。大概は同じパターンの繰り返しで、同じようなことが原因になるのだが、進まない事がきっかけで全く違った角度から気づくこともあり、新たな展開が生まれることもある。

564B4EB4-6A9A-4ABB-89D6-58952A36F98D.jpeg

それを期待する訳では無いが、途中で手を止めてみるのもひとつの方法だと思う。特に今までの経験値だけではどうにもならないようなことは部分に焦点を当て過ぎている場合があるので、途中で手を止めて全体を再度見回すようにしてみる、自戒を込めて。

"Try to stop your hand"

When it's hard to make progress, I think it's time to get caught in something, and I think about trying to get rid of mysterious catches that I can't explain well. Most of the time, the same pattern is repeated, and the same thing is the cause, but sometimes you notice from a completely different angle because of the fact that you do not proceed, and new developments may be born.

I don't expect that, but I think one way is to stop halfway through. In particular, things that cannot be helped by the experience points so far may be over-focused on the part, so stop in the middle and try to look around the whole again, with your own caution.

リンク

途中で止めるルールのデザイン

全てを模様として眺め、そこからできるだけ削ぎ落としていくと四角形や三角形、円といった幾何学図形に還元できる。幾何学図形はもうこれ以上省くことができないくらい簡素化されているので、初源的な魅力はあるが、何かを付け加えたくなる。

本来であれば、還元した先にあるのが幾何学図形だから、還元の途中で止めれば過不足ない幾何学図形が現れるはずである。ところが、途中で止めることができず、揺れ戻りのように何か付け加えるようになることは歴史が証明している。

ED01A2B3-C202-4DA2-B4A1-2517CF7ECD8C.jpeg

ならば、はじめから還元の途中で止めることを念頭に置いたプロセスのルールをデザインし、それ自体に再現性があれば一般解となり得るモノになるだろう。

"Design of rules to stop in the middle"

If you look at everything as a pattern and scrape it off as much as possible, you can reduce it to geometric figures such as rectangles, triangles, and circles. Geometric shapes are so simple that they can't be omitted anymore, so they have a primitive appeal, but I want to add something.

Originally, the geometric figure is at the destination of the reduction, so if you stop in the middle of the reduction, a geometric figure that is just right should appear. However, history proves that it cannot be stopped in the middle and something is added like a swing back.

If so, it will be a general solution if the rules of the process are designed with the intention of stopping in the middle of the reduction from the beginning and if it is reproducible in itself.

リンク

密度の違いが足掛かり

単なる模様だと思い見てみる時、ぼんやりと解像度を落としてみたら、密度の違いのみが浮かび上がった。さらに再度解像度を上げてみると、今度は密度の違いが地と図の関係にも見えてきて、そこに記号、そして新たな意味づけが浮かび上がる。

7BBF708C-3ADB-4DF9-92F7-05B32FC36A46.jpeg

新たな意味づけは元のモノとのつながりが保持されたものだから、意味が何であれ他にはない唯一無二のモノになり、それが次への足掛かりとなる。

"The difference in density is a stepping stone"

When I thought it was just a pattern, I vaguely lowered the resolution, and only the difference in density emerged. When the resolution is increased again, the difference in density can be seen in the relationship between the ground and the figure, and symbols and new meanings emerge there.

Since the new meaning is that the connection with the original thing is maintained, it becomes a unique thing that has no other meaning, and it becomes a stepping stone to the next.

リンク

単なる模様

単なる模様だと見れば、全てのモノが一様になり、模様に意味付けしているだけに過ぎないと理解できる。

単なる模様だと見れば、相互にできるつながりは単に模様の柄だけのつながりであり、それ以上のコトは無い。

単なる模様だと見れば、元々のモノが持っている性質や性能や機能など、模様以外のことは全て消失する。

62E185E8-9FD9-4DA7-8E98-E4C7749BFC76.jpeg

模様として捉え直せば、拘束した枠組みから自由になれ、展開できる範囲が広がり、汎用性が増すことになる。

"Simply pattern"

If you look at it as a mere pattern, you can understand that all things are uniform and just give meaning to the pattern.

If you look at it as a mere pattern, the connections that can be made to each other are just the patterns of the patterns, and there is nothing more than that.

If you look at it as a mere pattern, everything other than the pattern, such as the properties, performance, and functions of the original thing, disappears.

If you reconsider it as a pattern, you will be free from the restrained framework, the range that can be expanded will be expanded, and the versatility will increase.

リンク

模様から意味へ

模様は記号に変換でき、記号は意味を持ち、意味は一人歩きする。一人歩きした意味は元の模様とはつながらなくなる。つながらなくなった意味は模様に別の記号を与える。そして記号はまた意味を持ち、また一人歩きする。そしてと、段々と模様に意味が重層的になる。

BE77EA28-24FD-4BC7-8272-AF41A1187B75.jpeg

模様であれば、そこら中に存在する。模様が模様で無くなる時が意味を見出した時とも言えるかもしれない。まず模様だと意識するところからはじめてみる。

"From pattern to meaning"

The pattern can be converted into a sign, the sign has meaning, and the meaning walks alone. The meaning of walking alone does not connect with the original pattern. The meaning that is not connected gives another symbol to the pattern. And the sign also has meaning and walks alone again. And then, the meaning of the pattern gradually becomes multi-layered.

If it is a pattern, it is everywhere. It may be said that the time when the pattern disappears from the pattern is the time when the meaning is found. Let's start from the point of being aware that it is a pattern.

リンク

スクラップアンドビルドでのつながり

汎用性を引き継ぐと考えた場合、建築において何が汎用性になり、何を次に引き継ぐか。

全く何も無くしてしまい、新たにつくることを想定する。今後の建築の流れとしてはリノベーションを範疇に入れることが現実的かもしれないが、今までのスクラップアンドビルドの中で解決をしておかなくてはいけないことを扱う方が今後の建築の流れに役立ち、また本質を突くものだと考えた。

スクラップアンドビルドでは前後の時間の流れに断絶が起こる。前後のつながりをつくる必要が無い場合もあるが、前後のつながりをつくる必要があるにも関わらず、つながりをつくらない場合も多い。デザイン手法が無いことが原因であり、つながりをつくることに一般的な価値を見出せないことも原因である。

F87B4D14-E4B5-4E05-BE6C-6D3073C4CC42.jpeg

スクラップアンドビルドでの前後の時間の流れにつながりをつくる試みは建築における主題になり得るものだと考えている。

"Scrap and Build Connection"

If you think that you will take over the versatility, what will be the versatility in architecture and what will you take over next?

It is assumed that nothing will be lost and a new one will be created. It may be realistic to include renovation in the category of future architectural flow, but it is better to deal with what must be solved in the scrap and build so far in the future architectural flow. I thought it was useful and piercing the essence.

In scrap and build, there is a break in the flow of time before and after. In some cases, it is not necessary to make a front-to-back connection, but in many cases, it is not necessary to make a front-to-back connection. The cause is the lack of design methods, and the lack of general value in making connections.

We believe that attempts to connect the flow of time before and after scrap and build can be a subject in architecture.

リンク

汎用性を引き継ぐ

経過していく時間の内容は人によって違うかもしれないが、経過していく時間がサイクルすることは同じではないかと考えた。時間のサイクルとは、はじまりがあり、終わりがあり、途中ではピークを迎える時があるということであり、時の経過と共に変化することであり、それは全ての人に訪れる。

時間がサイクルするということに建築の有り様を重ね合わせようと考えた。建築も時の経過、時間のサイクルから逃れることはできない。そこには記憶と愛着が詰まっている。もしかしたら時間のサイクルを通して見る建築の有り様は記憶と愛着そのものかもしれない。

F4D4D566-16FB-4E46-98F2-0E4BD952378A.jpeg

さらに、全ての人に訪れる時間のサイクルを通して見る建築の有り様には個人の記憶や愛着を超えた汎用性が内在しているかもしれない。その汎用性を抽出し次に引き継ぐ。そうすれば、建築が新陳代謝を繰り返してもつなげることができる、記憶も愛着も。

"Take over versatility"

The content of the elapsed time may differ from person to person, but I thought that the cycle of the elapsed time would be the same. A cycle of time means that there is a beginning, an end, and a peak in the middle, which changes over time, which is visited by everyone.

I thought about superimposing the state of architecture on the cycle of time. Architecture cannot escape from the passage of time and the cycle of time. It is full of memories and attachments. Perhaps the state of architecture seen through the cycle of time may be memory and attachment itself.

Furthermore, the state of architecture seen through the cycle of time that all people visit may have versatility that goes beyond personal memory and attachment. Extract its versatility and take over next. That way, architecture can be repeatedly metabolized and connected, both in memory and attachment.

リンク

記憶をつなぐには

記憶をつなぐことはできるのだろうか。記憶を愛着と言い換えてもよい。愛着をつなぐことはできるのだろうか。個人の記憶や愛着の中に汎用的な要素を見つけ出すことができれば、それを手掛かりにデザインして一般解として受け渡し、つなぐことができるかもしれない。

それでは、個人の記憶や愛着のどこに着目し、汎用的な要素を抽出すればいいのか、と考えてみる。記憶は時間の経過が記録されたものである。ならば時間の経過の中で汎用的な要素につながるものを見つけ出そうとしてみる。ただ、単に時間の経過だけでは人によって違うので汎用的な要素を見つけ出すのは難しいかもしれない。しかし、時間はサイクルするということ自体は誰でも同じなので汎用性があるはずである。

0555B0D9-69E6-4ED6-9493-1E321867EFAB.jpeg

次は時間のサイクルから汎用的な要素を見つけ出してみようと思う。

"To connect memories"

Is it possible to connect memories? Memory may be paraphrased as attachment. Is it possible to connect attachments? If we can find a general-purpose element in personal memory and attachment, we may be able to design it as a clue, pass it as a general solution, and connect it.

Then, let's think about where to focus on personal memory and attachment and extract general-purpose elements. Memory is a record of the passage of time. Then, over time, try to find something that leads to a general-purpose element. However, it may be difficult to find a general-purpose element because it varies from person to person simply by the passage of time. However, the fact that time cycles is the same for everyone, so it should be versatile.

Next, I will try to find a general-purpose element from the cycle of time.

リンク

透明性を孕んだモノの面白さ

ラップに包んだモノは、ラップが透明でも、直に見るモノとは違って見える。そこには透明なラップが見えているのであり、中身のモノが見えている訳ではなく、中身のモノがラップの模様のようになっている。

どこに焦点を当てるかで違いがあり、ラップに焦点を当てれば見えているのは透明なラップであり、中身のモノに焦点を当てれば透明なラップを透して中身のモノが見えていることになる。

ABA8ECE3-C974-408C-887F-E26E834343A1.jpeg

別の見方をすれば、2つの焦点による違いを同時に成り立たせることができ、状況により焦点をいつでも切り替えることができるモノになっているとも言える。透明性を孕んだモノの面白さはこの焦点の切り替えができることである。

"The fun of things with transparency"

Things wrapped in plastic wrap look different from what you see directly, even if the wrap is transparent. You can see the transparent wrap there, not the things inside, but the things inside are like the pattern of the wrap.

There is a difference depending on where you focus, if you focus on the wrap you can see the transparent wrap, if you focus on the things inside you can see the things inside through the transparent wrap become.

From another point of view, it can be said that the difference between the two focal points can be established at the same time, and the focal point can be switched at any time depending on the situation. The fun of things with transparency is that this focus can be switched.

リンク

姿を露わす価値

覆われていたモノを透明にすれば隠れていたモノが姿を露わす。ただし、姿を露わしたモノは透明とは言え何かに覆われているので直に見るのとは違うモノになる。そこに新たな価値を見出せないかと考えている。

初期のiMacのようなスケルトンは、複雑になりブラックボックス化してしまったものを露わにすることに価値を見出した。

100C86E8-CBDA-4FD3-9087-73F357B10E5B.jpeg

そうではなくて、姿を露わしたがそのモノ自体ではなく、そこにまだ覆われているモノがあり、覆われているモノを透して見えていることに価値が生まれないかと考えている。

"Value to reveal"

If you make the covered object transparent, the hidden object will be revealed. However, although the exposed object is transparent, it is covered with something, so it is different from what you see directly. I am wondering if I can find new value there.

Early iMac-like skeletons found value in revealing what had become complex and black-boxed.

Instead, I'm wondering if there is something that is still covered, not the thing itself, that has been revealed, and that it is worth seeing through the covered thing. ..

リンク

曖昧のままな形式

精度を高めることでつながりをつくろうと考えている。それまで曖昧だったものの精度が高めれば、自然とつながりが生まれるだろう。

つながりをつくるために形式を設定する。その形式の精度を高めようという試みである。形式の精度を高めていく場合、制度やルールなどを厳格に細かく決めるのがひとつの手段だが、そうではなくて、曖昧なことを曖昧だとハッキリさせることも精度を高めることになり、つながりをつくることができる。

4E0DB414-AE53-4CEB-9A12-15CBF637279B.jpeg

つまり、曖昧のままでよいとする形式であり、そのために曖昧だから生まれる不足しているような部分を補うようにつながりが生まれる。

"Ambiguous form"

I'm thinking of making a connection by improving the accuracy. If the accuracy of what was vague until then is improved, a connection will be created with nature.

Set the format to make a connection. It is an attempt to improve the accuracy of the format. If you want to improve the accuracy of the format, one way is to make strict and detailed decisions on the system and rules, but instead, making it clear that ambiguous things are ambiguous will also improve the accuracy and connect. Can be made.

In other words, it is a form that can remain ambiguous, and for that reason, a connection is created to make up for the lacking part that is created because of the ambiguity.

リンク

つながる形式

「集まってしまった」ような予測不可能な雰囲気を醸し出す空間をつくるためには、その根底になる形式が必要なのかもしれないと思った。

ただ何となく自然発生的に人が集まるような場所や空間をたまに見ることがあるが、その場合結果的にそうなったようで、元々何も形式がない。例えば、カオスはカオスという形式が存在していると考えているので、「集まってしまった」ような予測不可能な雰囲気を醸し出す空間にも形式が必要である。

EA7EE769-2589-40E5-96D6-F10C38643849.jpeg

ただその場合の形式は建築的な形式というよりは、人と人とがつながるような形式、例えば言葉だけの形式でもいいかもしれない。

"Connected format"

In order to create a space that creates an unpredictable atmosphere like "getting together", I thought that the underlying format might be necessary.

However, I sometimes see places and spaces where people gather spontaneously, but in that case, it seems that it has happened, and there is no form in the first place. For example, chaos thinks that there is a form of chaos, so it is necessary to have a form in a space that creates an unpredictable atmosphere such as "gathering".

However, the form in that case may not be an architectural form, but a form that connects people, for example, a form with only words.

リンク

予測不可能な要素が加わる

集まらなくてもいいのに集まってしまった状態が理想的ではないかと考えている。そこには自発的な意志だけでなく、何かの影響が働いていてアクティビティを自分だけでコントロールできていない様がうかがえる。

「集まる」ではなくて「集まってしまった」ということを形にしたいと考えている。「集まる」を形にすることは予測できるので建築計画学が得意とするところだが、「集まってしまった」を形にすることは予測不可能な要素が加わるので、建築計画学プラスアルファの要素が必要になってくる。

366E5F20-EDF4-4501-A775-CEFB09FDE11A.jpeg

そのプラスアルファを考えるところが面白く、プラスアルファの部分はデザインの範疇になる。

"Adding unpredictable elements"

I think that it is ideal to have gathered even though it is not necessary to gather. It seems that not only the voluntary will but also the influence of something is working and the activity cannot be controlled by oneself.

I want to make it a form of "getting together" instead of "getting together". Architectural planning is good at forming "gathering" because it can be predicted, but it adds an unpredictable element to forming "gathering", so it is an element of architectural planning plus alpha. Will be needed.

It is interesting to think about the plus alpha, and the plus alpha part is in the category of design.

リンク

移動が場所性をいかすには

移動するということはその土地の場所性から切り離されることであり、場所が持つ固有のものが意味のないものになり、移動する側からすれば固有の場所性は今どこにいるのかという確認程度のものになる。

逆に固有の場所性をいかすならば移動しない方がよく、移動できない建築だからできることでもある。

B99C7325-FD4D-44B2-BFFA-B8537CF0450C.jpeg

移動しながら固有の場所性をいかすことはできないものかと考えている、それをモノとして。きっとそのモノは日常の延長ではなく、日常の中に現れる固有の場所性とは相対して混じり合わないモノであり、だから固有の場所性を結果的にいかすことになるのだろうと考えてみた。

"How to make the most of the location of movement"

Moving means being separated from the location of the land, and the uniqueness of the place becomes meaningless, and from the perspective of the moving side, it is only a confirmation of where the unique location is now. Become a thing.

On the contrary, it is better not to move if you take advantage of the unique location, and it is also possible because the architecture cannot move.

I'm wondering if it's possible to take advantage of the unique location while moving, as a thing. I'm sure that thing is not an extension of everyday life, but something that does not mix with the unique placeness that appears in everyday life, so I thought that it would eventually make use of the unique placeness. ..

リンク

集まった

人との接触を制限されたことが新型コロナによる一番の影響だが、それでわかったことは接触を制限されてもある程度の社会生活は送れるということと、それでも人は接触を求めてしまうということである。

人が接触を求めてしまうことを表現すると「集まる」というよりは「集まった」というすでに起こってしまった、それも無計画なニュアンスを醸し出す状態が似合うような気がした。

80354455-7739-4DA8-A010-EC705421F839.jpeg

新型コロナが引き起こした無計画に起こってしまった状態に翻弄された約2年間だったが、「集まった」状態は人の心理や行動のコアな部分に新たな領域をつくったような気がする。

"collected"

The biggest impact of the new Corona is that contact with people is restricted, but what I found out is that even if contact is restricted, people can live a certain degree of social life, and people still seek contact. Is.

When I express that people want contact, I feel that the state of "gathering" rather than "gathering" has already happened, and that it also suits the state of creating unplanned nuances.

It's been about two years since I was at the mercy of the unplanned situation caused by the new Corona, but I feel that the "gathered" state has created a new area in the core of human psychology and behavior. do.

リンク

どこまで知覚するのか

ずーっと考えているのは、どこまで人は知覚できるのだろうか、ということ。当たり前の言葉で到達できる感じはすでに使い古されている。それでも尚当たり前の言葉を使い続けるのは、使う本人が知覚しようとする範囲を狭めている。言葉にできないかもしれないけれど、少なくとも知覚はできることをぼんやりとでもいいのでイメージできないと、形にすることと言葉にすることは同じだから、新しいものはつくれない。どこまで知覚するのか、言葉は使い古されていないか、新年に想うこと。

87B6B299-265A-4DF4-804C-68DCC2DB25E6.jpeg

"How far do you perceive?"

I've always been thinking about how far people can perceive. The feeling that can be reached with ordinary words has already been used up. Even so, continuing to use the usual words narrows the range that the person who uses them tries to perceive. It may not be possible to put it into words, but at least if you can't imagine what you can perceive, you can't make a new one because it's the same as putting it into words. Think about how much you perceive and whether the words are used up in the New Year.

リンク

見方を変えるには

何度も行ったことがある場所でも乗り物が変われば、手段が変われば、全く違ったことに気づくし、全く違う行動をする。

年末に両親の田舎へコロナ後はじめて先祖のお墓参りに行った。何度ももう数え切れない程通った場所なのに、今回ははじめてキャンピングカーで行ってみた。

車中泊する場所はどこにするか、食事はどうするか、なるべくだったら車内で食べてのんびり過ごしたいから、どこで調達するか、温泉にも入りたいし、できれば景色を見ながら、などといろいろと思いを巡らし、現地で過ごしてみると、こんな場所あったのか知らなかったというはじめての所ばかりを訪れる結果になり、キャンピングカーだから車内からいい景色を見ながらコーヒーを飲みたいとなり、海を見下ろせる無料駐車場を見つけたりなど、はじめての行動ばかりで、行動が変われば当然行き先も変わる面白さを、子供の頃から通って知る場所なのに新しい発見をたくさんした。

ED61B4BD-C32F-4114-8F75-4EB899F098C4.jpeg

改めて見方を変えただけでいつものものが違って見える面白さを体験できてよかったし、見方変えるきっかけをつくるにはどうすればよいのかを考える機会になった。

"To change your perspective"

Even in places where I have been to many times, if the vehicle changes, if the means change, I notice that it is completely different and act completely differently.

At the end of the year, he went to his parents' countryside for the first time after Corona to visit his ancestor's grave. It's a place I've visited countless times, but this time I went with a camper for the first time.

Where to stay in the car, what to eat, if possible, I want to eat and relax in the car, so where to procure, I want to take a hot spring, if possible, while watching the scenery, etc. When I went around and spent time there, I ended up visiting only the first place I didn't know if there was such a place, and because it was a camper, I wanted to drink coffee while looking at the nice view from inside the car, and a free parking lot overlooking the sea I made a lot of new discoveries even though it was a place I've been to since I was a kid, and I've learned that it's just the first time I've been doing something, and if the behavior changes, the destination will naturally change.

I'm glad that I was able to experience the fun of making things look different just by changing my perspective, and it was an opportunity to think about how to create an opportunity to change my perspective.

リンク

可変の捉え直し

キャンピングカーは移動できるが狭い、だから「可変」が求められる。逆に建築は移動できないがキャンピングカー程は狭くなく広いので「可変」は必ずしも必要では無い。

建築では「可変」を標榜した時代もあったが、結局建築のスケールでは可変は容易ではなく、可変性を担保しながらそのまま何もしない状況になる。

DE9CBC2A-58C6-4FF0-B520-6DFE4E074340.jpeg

建築における「可変」を捉え直してみようと思う。物理的な可変以外にも「可変」という概念や意識は持てるのではないかと考えている。

"Variable recapture"

Campers can move but are narrow, so "variable" is required. On the contrary, the building cannot be moved, but it is not as narrow and wide as a camper, so "variable" is not always necessary.

There was a time when architecture advocated "variable", but in the end it was not easy to change on the scale of architecture, and it became a situation where nothing was done as it was while ensuring variability.

I would like to reconsider the "variable" in architecture. I think that we can have the concept and consciousness of "variable" other than physical variable.

リンク

移動は新たな価値を生む

キャンピングカーはある意味、建築以上に建築らしかった。狭い故に、余計なものは削ぎ落として、使いやすさと機能的に特化している。しかも、断熱性と遮音性もよく、20年位前の住宅より性能がよい。いまの建築が大衆から求められている全てのものが過不足なく詰められている。

これを同じベクトルの中で越えようとしたら、もっとお金を掛けて豪華にするか、あえて不便な所をつくるか、ミスマッチなもの、例えば、フェラーリをキャンピングカーに改造する、ようなことをするしかないと思う。

D4750518-A579-41C5-9E82-62C1CF69A451.jpeg

いずれにしてもそれでよいのかと思う、そこには創造力が必要ないから。いま思うのは「移動」が加われば、新たな価値を創造できるだろうということ。たぶんベクトルはそれで合っている。

"Movement creates new value"

The camper was, in a sense, more like architecture than architecture. Due to its small size, it is specialized in ease of use and functionality by scraping off unnecessary items. Moreover, it has good heat insulation and sound insulation, and has better performance than a house about 20 years ago. Everything that the public demands for today's architecture is packed in just the right amount.

If you try to overcome this in the same vector, you have to spend more money to make it luxurious, dare to create an inconvenience, or do something mismatched, such as converting Ferrari into a camper. I think.

I wonder if that's okay anyway, because it doesn't require creativity. What I think now is that if "movement" is added, new value can be created. Maybe the vector fits that.

リンク

移動できないよさ

モノもコトも移動することで変化する。だから、移動できない建築はモノやコトに関してその分影響と制限を受けるかもしれないが、移動できないということを建築の特色にすればよいといつも考えている。

コロナにより移動を制限されモノやコトに影響が出だが、移動できない建築も大いに影響を受けた。そうすると、アフターコロナでは移動の可否は関係無いことになるが、移動を別の側面から紐解けばアフターコロナとの関連性が生まれると考えた。

AB457213-451B-4BF2-9050-01E81A0F00D3.jpeg

そのきっかけがキャンピングカーだが、移動できるキャンピングカーの中にいると、移動できない建築との差異が明確になり、移動できないこととアフターコロナを結びつける要素として「可変」というキーワードを掴んだ。

"The goodness of not being able to move"

Things and things change as they move. Therefore, architecture that cannot be moved may be affected and restricted by that amount in terms of things and things, but I always think that it is good to make the feature of architecture that it cannot be moved.

The movement was restricted by the corona, which affected things and things, but the architecture that could not be moved was also greatly affected. Then, it doesn't matter whether or not the movement is possible in the after corona, but I thought that if the movement was unraveled from another aspect, the relationship with the after corona would be created.

The reason for this was a camper, but when I was in a movable camper, the difference from a non-movable building became clear, and I grasped the keyword "variable" as an element that connects immovability and after-corona.

リンク

キャンピングカーは建築

移動する建築はちょっと範疇から外れていた。そもそも建築は動かないから、動く住空間は建築では無いという認識だった。

コロナの影響でキャンピングカーがバブルを迎えているらしい。移動をしていれば走行充電するので電気の心配はいらない。ガソリンを補給できれば寒さもFFヒーターで凌げる。駐車する場はトイレさえあれば良く、食料は最悪コンビニでもいいとすればどこでも手に入る。

環境は必要最低限のものはきちんとあるのでそれで十分だとすれば、あとは自分しだいで様々な体験をクリエイティブできる。

余計なモノコトに気を取られている日常から抜け出して、自分がしたいコト、自分がしなければいけないモノにきちんと向き合うにはキャンピングカーはいいかもしれないし、本来建築はそのような状況をつくり出すモノである。

133CF771-1815-4652-8278-AA27B6E35E74.jpeg

移動するかしないかということに拘らなければ、キャンピングカーは建築である。

"Camper is architecture"

Moving architecture was a bit out of the category. In the first place, architecture does not move, so it was recognized that moving living spaces are not architecture.

It seems that the camper is in a bubble due to the influence of corona. If you are on the move, you will be charged while driving, so you don't have to worry about electricity. If you can replenish gasoline, you can overcome the cold with an FF heater. All you need is a toilet to park, and you can get food anywhere if you can go to a convenience store at worst.

The environment is the minimum necessary, so if that's enough, then you can create various experiences on your own.

A camper may be a good way to get out of the daily life of being distracted by extra things, and to properly deal with what you want to do and what you have to do, and architecture is originally a thing that creates such a situation. be.

A camper is an architecture, regardless of whether it moves or not.

リンク

モノとコトの混ぜ合わせ

モノかコトに分けて考えるよりも、モノとコトを混ぜて新たにモノかコトを構築する方が面白いと考えた。

モノやコトがそれ自体で成り立つことがモノコトの話の根幹だが、モノもコトもそれ自体で成り立たないような場合の方が多い。モノにコトが付着していたり、コトにモノが付着していたりする。

36D0723F-76DB-4A53-A23B-5975659B7819.jpeg

だから、モノとコトを混ぜ合わせ、それまでとは違うモノやコトを新たに構築し直すことの方が自然な成り立ちで面白い。

"Mixing things and things"

I thought it would be more interesting to build a new thing or thing by mixing things and things, rather than thinking separately about things or things.

It is the basis of the story of monokoto that things and things are established by themselves, but there are many cases where neither things nor things are established by themselves. Things are stuck to things, or things are stuck to things.

Therefore, it is more natural and interesting to mix things and things and reconstruct new things and things that are different from the previous ones.

リンク

民藝はインターナショナル

民藝活動はナショナルではなくインターナショナルだと、『民藝の100年』展でわかったことは民藝活動はメディアによってつくられた、メディアを活用して仕掛けた活動であり、それは建築におけるモダニズム活動と同じでおり、モダニズムが世界に広がったのはインターナショナルな要素を含んでいたからであり、民藝もインターナショナルな要素を含んでいるからメディアに載ったのであり、民藝がナショナル的なリジョーナルなものと考えものづくりをしている人たちは、誤解を恐れずに言えば、単に粗悪な精度の低いものをつくっていることに気がつかず、民藝が持つ真の良さを表現していない。

民藝は朝鮮に憧れる。それがインターナショナルな民藝を表しているのであり、民藝は地方の、リジョーナルなものではない。だから、あらゆる人々の心に染み渡り、世代を超えて惹かれ合うのである。

鳥取砂丘が民藝の聖地だとはじめて知った。砂丘にはいつでも惹かれ、民藝に触れた後にはいつも砂丘を訪れたくなる理由がわかったような気がする。砂の粒には拠り所がなくいつでも場所を変えることができるインターナショナル的な要素を持つものだから、砂の集合体である砂丘は民藝のメタファーなのかもしれない。

50EF1E7C-F8CB-404A-9831-7C22ED586DC0.jpeg

見方を変えるきっかけは民藝がメディアに載せるための工夫を知ったことであり、そのつながりとしてデザインとの融合が柳宗理によって行われたことであり、民藝そのものがインターナショナルなものだと解釈するきっかけにもなった。

"Folk art is international"

It was found in the "100 Years of Folklore" exhibition that folk art activities are international rather than national, and that folk art activities were created by the media and set up using the media, which is modernist activity in architecture. It is the same as, and modernism spread to the world because it contained an international element, and because folk art also contained an international element, it appeared in the media, and folk art is a national regional thing. Those who think and make things, without fear of misunderstanding, simply do not notice that they are making inferior and low-precision products, and do not express the true goodness of folk art.

Folk art longs for Korea. It represents an international folk art, and the folk art is not a local, regional one. That is why they permeate the hearts of all people and are attracted to each other across generations.

I learned for the first time that the Tottori Sand Dunes are a sacred place for folk art. I'm always attracted to the dunes, and I feel like I understand why I always want to visit the dunes after touching the folk art. The dunes, which are aggregates of sand, may be a metaphor for folk art, because the grains of sand have an international element that can be relocated at any time without any reliance.

The reason for changing the view was that Minge knew how to put it on the media, and that the fusion with design was done by Sori Yanagi as a connection, and it was an opportunity to interpret that Minge itself is international. It also became.

リンク

プロセスを紐解く

決定プロセスを経た場合、結果は重要ではなくなる。

決定プロセスとは決定に至るまでの道筋をはっきりとさせるためのものであり、それはとても細かく、その道筋通り順序よく行えば、ある一定のレベル以上で結果を出すことができる。

6E6D6BF7-B774-4851-8C8B-131760D1397C.jpeg

しかし、結果が出る時点で結果はたまたまそれになっただけに過ぎず、むしろ決定プロセスを紐解く方が重要になる。

"Unraveling the process"

After going through the decision process, the results are not important.

The decision-making process is about clarifying the path to a decision, which is very detailed and, if done in order, can produce results above a certain level.

However, when the results come out, the results just happen to happen, and it is more important to unravel the decision-making process.

リンク

モノとコトのプロセス

プロセスに目を向けることが多くなった。最終的な結果を得たいのだが、そのためには結果を生み出すプロセスをつくることが必要であり、それを習慣にできればいいが、それが難しくなかなかできないのだ。

モノをつくる時のプロセスは積み上げになる。コトをつくる時のプロセスは変換になる。積み上げとは段階を踏むことでの連続性であり、変換とは言い換えなどのようにプロセスに変化と断絶をつくることであり、モノとコトのプロセスは正反対の性質になる。

DEED10E8-945E-4790-9D2F-017794D4173E.jpeg

プロセスの性質はそのまま結果の性質になる。だから、プロセスをつくることは結果をつくることにつながり、結果を直接扱う訳ではないから、試行錯誤がしやすくシミレーション回数が増え、結果的に最終的な精度が上がる。

"Process of things and things"

I've become more focused on the process. I want to get the final result, but to do that, I need to create a process that produces the result, and I wish I could make it a habit, but that is difficult and difficult.

The process of making things is cumulative. The process of making things is conversion. Stacking is the continuity of steps, and conversion is the creation of changes and breaks in the process, such as paraphrasing, and the process of things and things has the opposite nature.

The nature of the process becomes the nature of the result. Therefore, creating a process leads to creating a result, and since the result is not handled directly, trial and error is easy and the number of simulations increases, and as a result, the final accuracy increases.

リンク

コトとモノの同時発生

コトとモノが同時発生的に現れる瞬間があるのだろうか。コトが先か、モノが先か、どちらかが先のように思えるし、それが自然なような気がする。

E5DFD06F-0184-4BCE-92C1-C6FA9FB82A20.jpeg

もしそうならば、コトとモノが同時発生的に現れる瞬間は不自然なことであるから、不自然なつながりや不自然な状況をわざとつくり出そうとするプロセスがコトとモノを同時発生させる装置になるかもしれない。

"Simultaneous occurrence of things and things"

Is there a moment when things and things appear at the same time? It seems that either things come first or things come first, and that seems natural.

If so, the moment when things and things appear at the same time is unnatural, so the process of intentionally creating unnatural connections and unnatural situations is a device that causes things and things to occur at the same time. May become.

リンク

形とコトの関係性

形とコトには関係性があるだろうか。モノと形は形があってモノとなるから、モノ=形といえるかもしれないが、コトにはそもそも形が無いので、コトを形にする時は何を手掛かりにするのだろうか。

形になる手掛かりは幾何学的な要素を持っているか、幾何学的な要素につながるかであり、コトの中にそのような要素を見出すことができればいいのだが、無い場合は幾何学的な要素と無理矢理にでも結びつける必要がある。

B50C4417-7AB5-47F3-A261-DBCF54073AE5.jpeg

コトはコトのまま形を与えなければ、それはそれで建築以外ならば成り立つが、建築にするにはコトを形にする必要がある。だから、形とコトの関係性を考えることは建築行為そのものといえる。

"Relationship between shape and things"

Is there a relationship between shape and things? Since things and shapes have shapes and become things, it may be said that things = shapes, but since things have no shape in the first place, what is the clue when making things into shapes?

The clue to the shape is whether it has a geometric element or it leads to a geometric element, and it would be nice if such an element could be found in the thing, but if not, it is geometric. It is necessary to forcibly connect the elements.

If you don't give a shape as it is, it will work except for architecture, but to make it architecture, you need to shape it. Therefore, it can be said that thinking about the relationship between shape and things is the act of building itself.

リンク

機能というコト

プロセスの中にはそのまま表に出した方が良いモノもある。隠蔽していた訳ではないが表に出す必要が無かったモノであり、結果的に隠蔽されていたモノである。

表に出すには新たな価値を纏う必要がある。プロセスの中に隠蔽されていたのは表に出す価値が無かったからであり、モノとしては表に出せるが表にする必要性がなかったモノである。

7147A771-7730-47F5-8764-76184542E641.jpeg

新たな価値はコトがつくり出してくれる。コトのひとつには機能がある。機能ならば建築と相性が良いのでいくらでもコトを用いてモノを表に出してくることができる。

"What is called function"

Some processes should be exposed as they are. It wasn't hidden, but it didn't need to be exposed, and as a result, it was hidden.

It is necessary to wear new value to bring it to the table. It was hidden in the process because it wasn't worth exposing, and it was something that could be exposed but didn't need to be exposed.

Things create new value. One of the things is the function. If it is a function, it goes well with architecture, so you can use as many things as you like to bring things out.

リンク

露わにするコト

見えていなかったものが露わになり隠蔽が解かれた時、本来見せるものではないモノを見せることになる。それはプロセスであり、隠蔽されていた理由である。

91A6E4E0-244D-40A0-805A-C0E34DE0D840.jpeg

隠蔽を解くことはプロセスを見せることにつながる。だから、今までの見せ方では通用しない。プロセスを結果にする訳だから、本来結果ではないモノを結果に仕立て上げる訳だから、当然見せ方にも工夫が必要になり、そこにはコトを重ね合わせる必要が出てくる。

"What to reveal"

When something that wasn't visible is revealed and the concealment is lifted, you'll be showing something that you shouldn't be able to see. It's a process and why it was hidden.

Breaking the concealment leads to showing the process. Therefore, the conventional way of showing does not work. Since the process is the result, the thing that is not the result is made into the result, so naturally it is necessary to devise the way of showing, and it is necessary to overlap the things there.

リンク

モノとコトの入り混じり

今まで見えなかったモノが見えるようになるきっかけはコトによるだろう。コトはいつでもきっかけになる。

建築は最終的にはモノとして表現するからモノ主体になりがちだが、建築を使う人はコトにより動かされることが多いので、コトを積み重ねていく途中でモノが入り込み、最終的にはコトとモノが入り混じって区別がつかない状態で成立している建築が理想だと考えている。

0CF08598-F7BE-40E0-9BD1-396793F94754.jpeg

コトとモノが入り混じって区別がつかない状態とは、例えば、隠蔽されていたモノが主体となって表現されているような状態である。そこにはコトが介在し隠蔽されていたモノが表に出てくる。この状態ではモノだけでは成り立たないし、コトだけでも成り立たない。モノとコトが両方合わさってひとつになることで成立する。だから、隠れているモノを探すことがデザインのひとつのプロセスになる。

"A mixture of things and things"

The reason why you can see things that you couldn't see before is probably due to things. Things are always a trigger.

Architecture tends to be mainly things because it is expressed as things in the end, but people who use architecture are often moved by things, so things get in while stacking things, and finally things and things. I think that the ideal architecture is one that is indistinguishable from each other.

A state in which things and things are mixed and indistinguishable is, for example, a state in which hidden things are mainly expressed. Things that were hidden by the intervention of things appear on the surface. In this state, things alone do not hold, and things alone do not hold. It is established when both things and things are combined into one. Therefore, finding hidden things is one of the design processes.

リンク

隠蔽を解く

今まで見えなかったものが見えるようになるということはどういうことか、機能的に考えてみる。見えなかったものが見えるようになって機能的に何か変わるだろうか、変わるとしたらどのような場合か。

今まで見えなかったものとは隠蔽されていたものであり、その隠蔽が解かれる場合は、覆っていたものが不必要になったか、表現として見せるかであり、覆っていたものが必要になった場合は隠蔽されていたものに新たな機能が付加されたことになる。

47528CA3-343F-4D92-93FA-BD55A7F5AB7B.jpeg

その機能にはデザイン的な必要性、すなわち隠蔽されていたものに新たな価値を見出した場合も含む。隠蔽されていたものを見せるという仮定になって考えると新たな価値に気づくかもしれない。

"Uncovering"

Think functionally about what it means to be able to see what you couldn't see before. Will something that I couldn't see become visible and something functionally change, and if so, when?

What was not visible until now is something that was concealed, and when the concealment is broken, it is either unnecessary or expressed as an expression, and what was covered is necessary. In that case, a new function has been added to what was hidden.

Its function includes design needs, that is, finding new value in what was hidden. You may find new value when you think about it on the assumption that you will show what was hidden.

リンク

変化を許容できるか

変化を許容するものづくりをしているだろうか。

変化を許容しないのが自律、変化を許容するのが他律、そういう分け方を建築ではする。自律と他律のどちらがいいのか、どちらに属するのか、どちらが可能性があるのか、どちらにでもなれるがそれよりも自律でもなく他律でもない状態をつくれないかと考えている。

変化することは時の流れに呼応すると考えており、時の流れに何事も逆らえない、建築も、時の流れを含んだものをクリエイティブすることが求められていると思う、現在の建築ではそこが不十分である。

4CC4A2B7-688B-4EF9-9A30-A33F5EC79314.jpeg

今までの建築家が皆挑み、皆散っている、中銀カプセルタワーのように。建築という巨大で環境に与える影響が大きいものが時の流れに対応できるようになれば、世界が何か変わるように思えるのは私だけだろうか。

"Can we tolerate change?"

Are you making things that allow change?

In architecture, it is autonomy that does not tolerate change, and heteronomy that allows change. I am wondering whether autonomous or heteronomy is better, which one belongs to, which one is possible, and whether it is possible to create a state that is neither autonomous nor heteronomous.

I think that change responds to the passage of time, and I think that it is necessary to create something that includes the passage of time in architecture, which cannot resist the passage of time. Is inadequate.

Like the Nakagin Capsule Tower, where all the architects up until now have challenged and scattered. Am I the only one who seems to change something in the world if architecture, which is huge and has a great impact on the environment, can keep up with the passage of time?

リンク

圧倒的な強度

狭い空間になればなる程、何かひとつのことに収束させないとどこにでもある汎用的な空間になってしまう。何に収束させるか、収束は他のものを切り捨てることにもなるから、圧倒的な強度を持って他のものを切り捨てたい。

30ED7365-3956-4B0C-B4FE-5B479DF45888.jpeg

バランスを必要とするならば、圧倒的な強度は邪魔になる。だから、圧倒的に無難なものと織り交ぜる。圧倒的な強度は圧倒的に無難なものと表裏一体だから相性がいいだろう。

"Overwhelming strength"

The narrower the space, the more general-purpose space you can find anywhere unless you converge on one thing. What to converge, convergence also cuts off other things, so I want to cut off other things with overwhelming strength.

If you need balance, overwhelming strength is a hindrance. Therefore, it interweaves with overwhelmingly safe things. The overwhelming strength is inextricably linked to the overwhelmingly safe one, so it will be a good match.

リンク

都市では無い

高架のための立ち退きで出現した延々と続く更地はいつか埋まってしまうが、晴れの日は遮るものがないのでその明るさに翻弄され暗闇に入ると何も見えなくなる。都市だから生まれた明るさは都市だからやがて無くなる。

A0CF29A3-DAA9-461A-A955-609AE38A63D1.jpeg

このままで何もない方が、見慣れた風景にもなったので、良いのではないかと勝手に思ってしまうが、それは許されない。都市では何も無い状態は許されない。何も無い状態は都市では無い。

"Not a city"

The endless vacant lot that appeared due to the eviction for the overpass will be filled up someday, but since there is nothing to block on a sunny day, nothing can be seen when entering the darkness at the mercy of its brightness. The brightness that was born because it is a city will soon disappear because it is a city.

It would be nice to have nothing as it is, because it would be a familiar landscape, but that is not allowed. Nothing is allowed in the city. An empty state is not a city.

リンク

着地点づくり

なかなか着地点が見えない時に予め予測しながら向かい、いい着地点を見つけたと思っても他の障害が現れたりして、なかなか着地できない。簡単に済ませればいいのだが、それでは足りないと思ってしまう。

6654574E-66FA-4708-9C22-856D436323C6.jpeg

こういう時は、着地を忘れ浮遊し続けて燃料切れで自然に着地するか、どこでもいいから強制着地するか、着地点自体を自分でつくってしまうか。着地点自体を自分でつくる方が予測もつきやすいし、いいかもしれない。

"Creating a landing point"

When I couldn't see the landing point, I headed for it while predicting it in advance, and even if I thought I found a good landing point, other obstacles appeared and I couldn't land easily. It should be easy, but I think that is not enough.

In such a case, do you forget to land and continue to float and land naturally due to lack of fuel, or do you force landing anywhere, or do you make the landing point yourself? It is easier to predict and it may be better to create the landing point itself.

リンク

金型のような関係

形を決めるプロセスにおいて、形が配置される周辺の何もない空間は何か影響を与えることはあるだろうかと考えてみた。何も影響を与えないと考えることは簡単だが仮に何か影響を与えることがあるとしたら何があるだろうか。

B539D8DF-8995-4B6D-8409-D68BC11A59A1.jpeg

周辺の何もない空間は形において金型の雄雌のような関係であるともいえる。ならば、周辺の何もない空間の形から考えるということもあり得るかもしれない。

"Relationship like a mold"

In the process of determining the shape, I wondered if the empty space around the shape could have any effect. It's easy to think that it has no effect, but what if it could have any effect?

It can be said that the empty space around the space is like a male and female mold. Then, it may be possible to think from the shape of the empty space around.

リンク

決定プロセスのデザイン

自由な形で配置していいとしたら、どのような形を置くだろうか。自由な形といっても建築の場合、案外と制約があると思ってしまうのは自ら可能性を潰しているような気がする。

8BA30988-FE9F-469B-B535-5D8591554040.jpeg

形に妥当性があれば、どのような形でもつくることができる環境にいる訳だから、毎度同じような形にする必要が無く、毎度全く違うものを構想するので、形は何によって決まるのかという決定プロセスをデザインしている。

"Design of decision process"

If it were possible to arrange it in any shape, what kind of shape would it be? In the case of architecture, even if it is a free form, I feel that it is crushing the possibility of thinking that there are unexpected restrictions.

If the shape is valid, we are in an environment where we can make any shape, so we don't have to make the same shape every time, and we think of something completely different every time, so what determines the shape? Designing the decision process.

リンク

外部は何もしない空間

何かする空間で構成するのが建築だとしたら、何もしない空間は建築以外の空間になる。工作物は除くとして建築以外の空間を都市空間の中で探すと、やはり同じ敷地内での余白の空間というか建築以外の外部空間を指すことになるだろう。

74775701-9BCB-4224-9AA8-FA3094542C65.jpeg

いつも思うことだが、敷地内での建築以外の外部空間
をどのように扱うによって建築の見え方に差が出る。もしかしたら、何もしない空間として外部空間を捉え直してみると何か違った見え方が現れるかもしれない。

"A space where nothing is done outside"

If architecture is composed of a space that does something, a space that does nothing is a space other than architecture. If you look for a space other than architecture in the urban space, excluding the works, you will probably refer to the space in the margin on the same site or the external space other than architecture.

As I always think, the exterior space other than the architecture on the premises
There is a difference in the appearance of architecture depending on how you handle it. Perhaps, if you reconsider the external space as a space that does nothing, something different may appear.

リンク

何もしない空間

隙間を空けるように何もしない空間をつくりたいと考えている。建築は基本的に何かをする空間の集合であり、何もしない空間はない。何もしない空間とは無駄な空間ではなく、何もしなくていい空間であり、何かをする空間を切断するように配置することにより、何かをする空間の複雑性を上げることになる。

何かをする空間だけだと全体が常に動的であり、人はそこまで動的であり続けることはできないので、適度に静的な何もしない空間を必要とする。

748FEB7A-2BA4-4751-A8DF-957A485EA259.jpeg

静的な何もしない空間は時間の流れとは関係なく存在し、時間の流れと呼応する何かする空間と対局になるが、日常の中で起きる時間感覚の歪みを矯正してくれる。

"A space that does nothing"

I want to create a space that does nothing so as to leave a gap. Architecture is basically a collection of spaces that do something, and there is no space that does nothing. A space that does nothing is not a wasteful space, but a space that does not need to do anything, and by arranging it so as to cut off the space that does something, the complexity of the space that does something increases.

The whole thing is always dynamic if it's just a space to do something, and people can't stay that dynamic, so we need a reasonably static space to do nothing.

A static space that does nothing exists regardless of the flow of time, and it plays against a space that does something in response to the flow of time, but it corrects the distortion of the sense of time that occurs in everyday life.

リンク

スケール感と組み合わせるもの

スケール感と何かを組み合わせたら、もっと違った見え方が生まれるかもしれないと探っている。

建築の大きさに対して敷地が大きく、その敷地の中に複数の建築を建てる場合、建築同士のスケール感の取り合いが自然に生まれる。ただ、その建築のスケール感は取り合いを優先して決めることがなかなかできない。様々な与条件を満たした上でのスケール感になる場合が多いから、何かスケール感以外のものと組み合わせて、スケール感を優先してコントロールし、見え方に影響を与えたい。

89886705-B9C2-48CA-83FF-0DA46D22869D.jpeg

スケール感は感覚であり目で見ることができず意識しないとわからないという側面もあるから、組み合わせるものは意識せずとも見えるものがいいかもしれない。さらに全く逆のものや一見あり得ないようなものを組み合わせた方が何か新しい見え方が生まれるかもしれない。

"What to combine with a sense of scale"

I'm exploring that if I combine something with a sense of scale, a different look may be created.

The site is large compared to the size of the building, and when multiple buildings are built on the site, a sense of scale between the buildings is naturally created. However, it is difficult to prioritize the scale of the architecture. In many cases, the feeling of scale will be obtained after satisfying various given conditions, so I would like to combine it with something other than the feeling of scale to prioritize control of the feeling of scale and affect the appearance.

The sense of scale is a sensation, and there is also the aspect that it cannot be seen with the eyes and cannot be understood without consciousness, so it may be better to combine things that can be seen without being conscious. Furthermore, a new look may be created by combining the completely opposite or seemingly impossible.

リンク

重量感とスケール感の関係

重さとスケールに関係はあるだろうか。建築は重いが見た目を重厚や軽快に見せることで重さのイメージをコントロールできる。スケールに密度というものがあるならば、密度を濃くすれば重く、密度を薄くすれば軽く感じるかもしれない。

それでは、建築の見た目を重厚にしてスケールの密度を薄くしたらどうなるだろうか。あるいは、建築の見た目を軽快にしてスケールの密度を濃くしたらどうなるだろうか。

4DB70A35-79A7-4204-A72B-3745CC7796CD.jpeg

建築はそもそも重くて動かないが、重さとスケールの関係に注目して見た目の重量感をコントロールしスケール感を操れば、建築の見せ方にバリエーションを築くことができ、その見せ方によって建築の周りの空間に様々な影響を与えることができる。

"Relationship between weight and scale"

Is there a relationship between weight and scale? Although the architecture is heavy, the image of weight can be controlled by making it look heavy and light. If the scale has a density, it may feel heavier at higher densities and lighter at lower densities.

So what if the architecture looks heavy and the scale density is low? Or what if the architecture looks lighter and the scale is denser?

Architecture is heavy and does not move in the first place, but if you pay attention to the relationship between weight and scale and control the appearance of weight and manipulate the scale, you can create variations in the way the architecture looks, and depending on the way you look around the architecture. It can have various influences on the space of.

リンク

スケールの影響

大小のスケールの組み合わせで建築をつくることにより、建築の周りの空間までスケールによって巻き込み、つながりをつくることができるのではないかと考えている。

建築として自律するだけでなく、周りをも巻き込んで建築空間の一部としたい。そのためには何かつながりが必要で、ただ物理的なつながりはなかなかつくれないからスケールで巻き込もうとした。

26E9CD41-06A6-4C57-8CB7-A55914EF6468.jpeg

周りをスケールで巻き込もうとしたら少なくとも2つの建築が必要である。ちょっと磁場をイメージした。N極とS極があることで磁力線が発生するように、2つの建築が影響し合いその場だけのスケールが発生し、周りに影響を与える。その影響はきっとその場の雰囲気を変えるだけの力を持つだろう。

"Effect of scale"

I think that by creating an architecture with a combination of large and small scales, it is possible to involve the space around the architecture with the scale and create a connection.

I want to not only be autonomous as an architecture, but also to involve the surroundings and make it a part of the architectural space. To do that, I needed some kind of connection, but I couldn't get a physical connection, so I tried to get involved on a scale.

If you want to get around on a scale, you need at least two buildings. I imagined a magnetic field for a moment. Just as the presence of N and S poles produces magnetic lines of force, the two buildings affect each other, creating an in-situ scale that affects the surroundings. The influence will surely have the power to change the atmosphere of the place.

リンク

枠組みをつくる側

モジュールやパターンの反復には何故か一昔前の事のような感じがある。それは同じことの反復が大量生産や工場や伝統といったワードと結びつくと勝手に思い込んでいるからかもしれない。

現代でもモジュールやパターンの反復は至る所にある。しかし一昔前とは違い、反復されるの枠組みだけで、その中身には多様性があるのではないかと考えている。

一昔前は全てが反復され、反復されること自体に意味があり目的だった。それは情報伝達の速度が遅く鈍かったので反復の強度のみが唯一確かなものだったからで、現代のように一瞬で情報が広まる状況では反復に意味はなく、反復しているとその分他のものを伝えることができなくなる。

47185C9A-B39D-4F6C-9833-DB2CA8C5E82B.jpeg

ただ、情報伝達の枠組みだけは使い回され反復される。その枠組みだけが唯一確かなものとして、中身はどうでもよく、好き勝手な多様性が乱舞し、それに一喜一憂する人達がたくさんいる。だから、枠組みをつくる側にいたいと思う。

"The side that creates the framework"

For some reason, the repetition of modules and patterns feels like it was a long time ago. It may be because they arbitrarily assume that the repetition of the same thing is combined with words such as mass production, factories and traditions.

Even in modern times, module and pattern iterations are everywhere. However, unlike a long time ago, I think that there is diversity in the contents only by the framework of repetition.

A long time ago, everything was repeated, and the fact that it was repeated was meaningful and purposeful. Because the speed of information transmission was slow and slow, only the strength of the repetition was certain, and in the situation where information spreads in an instant like in the present age, the repetition is meaningless, and if it is repeated, it is something else. Can no longer be communicated.

However, only the framework of information transmission is reused and repeated. The only certainty is that the framework is irrelevant, and there are a lot of people who are happy and sad about the variety that they like. Therefore, I would like to be on the side of creating the framework.

リンク

モジュールの反復

モジュールの反復で何かを描けるか、今3つのピースがあり、それを使ったデザインを考えている。挿入したい空間と比べたらとても小さいピースを生かすには、ピースの外形をひとつのモジュールとして、そのモジュールで空間を組み立てることを思いついた。が、しかし、そこからイメージが膨らまず2日、何かが足りないのだろう。もうひとつ何かモジュールの反復という発想にスパイス的なものを加えたい。

BCBDDDC8-5249-40C1-B1FA-9D53090F473E.jpeg

考えられるのは何かを重ね合わすこと。全くの異物を重ね合わせることで3つのピースを浮かび上がらせたい。

"Module Iteration"

I have three pieces now, and I'm thinking of designing using them, whether I can draw something by repeating the module. To make the best use of the piece, which is very small compared to the space I want to insert, I came up with the idea of using the outer shape of the piece as one module and assembling the space with that module. However, it seems that something is missing for two days without the image expanding from there. I want to add something spicy to the idea of repeating modules.

The idea is to superimpose something. I want to make three pieces stand out by superimposing completely foreign substances.

リンク

大衆化される新しさ

問題解決によるプロセスで生み出される新しさは、はじめから求めて生み出される新しさとは違う。問題を解決することにより、角が取れ丸みを帯びるように、結果が大衆化される。だから、新しいがたくさんの人達に受け入れられやすい結果になる。

89844BA2-27AB-4A55-AECC-C3BA24BFC8A5.jpeg

新しいことは最初に反発を招くことがあるが、問題解決によるプロセスが反発を和らげる。だから、ちょっと無理なくらい新しいことを思いついた時は問題解決のプロセスを重ねると実現しやすくなる。

"Newness to be popularized"

The newness created by the process of problem solving is different from the newness created from the beginning. By solving the problem, the result is popularized so that the corners are rounded off. Therefore, the result is that the new one is easily accepted by many people.

New things can lead to repulsion in the first place, but the problem-solving process softens the repulsion. Therefore, when you come up with something new that is a little unreasonable, it will be easier to realize it by repeating the problem-solving process.

リンク

新しさを生み出すプロセス

新しい見え方をつくる方法は2通りある。ひとつは意識して新しいことをする、もうひとつは結果的に新しいことにたどり着く。

結果的にたどり着く場合は、はじめから新しいことをしようとしていたのではなくて、何かの問題を解決しようした結果、何か新しい解決方法を生み出さなくてはいけなくなり、その解決方法が結果的に新しい見え方になる。

意識して新しいことをしようとすると、まず何が新しいかをわかっている必要があるが、問題解決を糸口にすれば、既存の方法では解決できないから問題になっているので、新しいことがわからなくても解決のプロセス自体が新しいことを生み出すプロセスになる。

223AFCC5-878C-46BE-B55E-58DC935CFB67.jpeg

まず意識して問題を持つことが新しい見え方への第一歩である。

"Process to create newness"

There are two ways to create a new look. One is consciously doing new things, and the other is eventually reaching new things.

If you arrive at the end, you're not trying to do something new from the beginning, you're trying to solve a problem, and you have to come up with a new solution. It will look new.

When you consciously try to do something new, you first need to know what is new, but if you use problem solving as a clue, it is a problem because it can not be solved by existing methods, so you can understand new things. Even without it, the solution process itself becomes a process that creates new things.

Being conscious and having problems is the first step toward a new perspective.

リンク

透明性が高い建築

建築は人が入ることができる空間を内包するので表と裏の両方の見え方がある。いわゆる外観と内観だが、どちらが表か裏かは定かではなく、外観と内観の見え方の一致不一致もあり、外か内かの違い以上に様々な見え方が存在するが、それを表か裏かで考えてみようと思う。

表か裏かと思う時は真逆の面のつながりが確認できる時だろう。面がそのままつながっていれば、多少ねじれていたとしても表か裏かとは思わない。

真逆の面を持つのは建築の特徴のひとつだろう。真逆の面を持っていてもどちらかが見えなければ、表か裏かを意識することがない。それで言えば、どちらが表か裏かは人が見ている方が表で、その反対側が裏とした方が自然だろう。

EFE1FF5A-653E-4880-84C4-4CC11B71E0A5.jpeg

表から裏の存在を意識する時はどういう時だろうか。外か内かを持ち込んで考えてみると、外から表を見る時に裏を意識する場合は内が見える時であり、内から表を見る時に裏を意識する場合は空間の形状がそのまま外観となっているかもしれないと意識する時だろう。

表も裏も意識できる建築を透明性が高いと考えても良いのではないだろうか。

"Highly transparent architecture"

Since architecture contains a space where people can enter, there are both front and back views. It is so-called appearance and introspection, but it is not clear which is the front or the back, and there is a mismatch between the appearance and the inside, and there are more various appearances than the difference between the outside and the inside, but it is the front or the back. I will think about it.

When you think it's front or back, it's time to confirm the connection on the opposite side. If the faces are connected as they are, even if they are twisted a little, I don't think they are front or back.

Having the opposite side is one of the characteristics of architecture. Even if you have the opposite side, if you can't see either side, you don't have to be aware of whether it is the front side or the back side. With that said, it would be more natural for people to see which is the front or the back, and the other side is the back.

What kind of time is it when you are aware of the existence from the front to the back? When you bring in the outside or the inside, when you are conscious of the back when you look at the front from the outside, it is when you can see the inside, and when you are conscious of the back when you look at the front from the inside, the shape of the space is the appearance as it is. It's time to realize that it may be.

It may be considered that architecture that can be conscious of both front and back is highly transparent.

リンク

形のヒント

大きさが醸し出すスケール感はデザインを上回る。スケールもデザインのうちだと思っているが、あえて別々にすると、デザインの成否はスケールで決まると言っても過言ではない。

では大きさというスケール感の丁度良さはどこからくるのだろうか。スケール感は感覚だから、感覚にズレがなければ良いスケール感だとなる。ただ感覚だとしたら人によって違いが出るはずである。人によって違いが出てしまったらスケール感をデザインの良し悪しの判断に使えない。

それでは感覚でも人によって違いが出ないスケール感がもし存在するとしたら、そのスケール感は何によって決まるのだろうか。

ひとつの仮説として、形によって観念的にスケールが存在しているのではないか、ということで、この形に対しては潜在的にこの位のスケールが丁度良い、と認識してしまうということである。

29D2A008-D5FF-431C-B1B7-1121BC252BE3.jpeg

スケールでデザインの成否が決まるならば、すなわちそれは形でデザインの成否が決まるという当たり前の結論だが、形をデザインする際のヒントになるだろう。

"Hint of shape"

The sense of scale created by the size exceeds the design. I think that the scale is also part of the design, but if you dare to separate it, it is no exaggeration to say that the success or failure of the design is determined by the scale.

So where does the scale of size come from? The sense of scale is a sense, so if there is no discrepancy in the sense, it will be a good sense of scale. If it's just a feeling, it should make a difference from person to person. If there is a difference between people, the sense of scale cannot be used to judge whether the design is good or bad.

Then, if there is a sense of scale that does not make a difference between people, what determines that sense of scale?

One hypothesis is that the scale may exist conceptually depending on the shape, and it is recognized that this scale is potentially just right for this shape. be.

If scale determines the success or failure of a design, that is, it is a natural conclusion that the success or failure of a design is determined by the shape, but it will be a hint when designing the shape.

リンク

スケールの組合せ

異なるスケールを組合せてつくるスケールは、ひとつのスケールに収束するのだろうか、それとも別々のスケールを認識するのだろうか、それとも新たなスケールの感覚を生むのか。

たくさんのスケールを兼ね備えている方が見え方に変化が生まれるだろう。空間であれば囲われるスケールで、物体であれば大きさのスケールで様々な異なるスケールを組合せてみようと考えている。

3D96702F-1C51-47DD-9B52-E4511A4CAF8E.jpeg

東京という都市は様々な異なるスケールで形成されている。だから、大きさのスケールで様々な異なるものを挿入しても違和感なく馴染むし、逆にスケールしだいで突出させることもできる。それはスケールを建築で扱う面白さでもある。

"Combination of scales"

Will scales created by combining different scales converge to one scale, will they recognize different scales, or will they create a new sense of scale?

Those who have many scales will change the way they look. I'm thinking of combining various different scales with a scale that surrounds space and a scale of size if it's an object.

The city of Tokyo is formed on various different scales. Therefore, even if you insert various different things on the scale of the size, it will fit comfortably, and conversely, it can be projected depending on the scale. It is also the fun of dealing with scale in architecture.

リンク

惑わされるスケール

スケールには惑わされる。写真と実物で極端にスケールの印象が違う時がある。写真で見たらバランスがいいのに、実物を見るとスケールアウトしていて、各部位、各パーツが大きく見える。ものには適切なスケールがあり、それよりも大きくても小さくても違和感を感じる。

B021ACB0-0E8B-4140-8882-63E3C412538D.jpeg

スケールには惑わされる。それまで別に気にも留めなかったのに、急にある角度から見た瞬間に見え方が変わり気になりだすことがある。それがスケールによるものなのか、たぶん角度が変わることによって微妙に大きさが変わって見えるからだろう。ある意味ズルい、翻弄されている。

"Deceived scale"

I'm confused by the scale. There are times when the impression of scale is extremely different between the photo and the real thing. The balance is good when you look at the photo, but when you look at the real thing, it is scaled out, and each part and each part looks big. Things have an appropriate scale, and it feels strange whether it is larger or smaller.

I'm confused by the scale. I didn't pay attention to it until then, but when I suddenly saw it from a certain angle, the appearance changed and I started to worry about it. Perhaps it is due to the scale, probably because the size changes slightly as the angle changes. In a sense, it's sloppy and at the mercy.

リンク

観念的なスケール

スケールが違うだけで同じ形でも見え方が違う。たぶん、そこには観念が入り込む余地があるからだろう。

人はどうしても観念的にものを見てしまう。昔、美術学校のデッサンの授業で観念的なものの見方は良くないと教わった。例えば、人物デッサンをしている時、顔は顔だと思って、胸は胸だと思ってデッサンをしてはいけない、単なるそういう形だとして構造を見て描くようにと教わった。

だから、デッサンを通してものの成り立ちが解像度高くわかるようになるのだろうが、その時同時に思っていたのは観念的にものを見ることによって、例えば、顔ならば顔だと思ってデッサンすることにより、普段人が顔だと認識することによって生まれる生々しい像を描けるのではないか、その方がよっぽどリアルなデッサンになるのではないかということだった。

AA21D83B-BD53-4FC1-9329-DCB43159C6D3.jpeg

実際は観念がものの成り立ちを左右する。だから逆に考えて、観念に左右させるネタをあらかじめ用意しておくのもデザインの手法であり、そのひとつして使えるのがスケールで、意図的にスケールを操作することにより見る者の意識に問いかけることができる。

"Ideal scale"

The appearance is different even if the shape is the same, only the scale is different. Maybe it's because there's room for ideas.

People inevitably see things conceptually. A long time ago, I was taught in a drawing class at an art school that the idea was not good. For example, when I was drawing a person, I was taught to look at the structure as if it were just such a shape, not to think that the face is the face and the chest is the chest.

Therefore, it will be possible to understand the origin of things with high resolution through drawing, but at the same time, I was thinking by looking at things conceptually, for example, by thinking that a face is a face and drawing. It was possible to draw a vivid image created by recognizing a person as a face, and that it would be a more realistic drawing.

In reality, ideas influence the formation of things. Therefore, thinking the other way around, it is also a design method to prepare in advance the material that influences the idea, and one of them can be used as a scale, which asks the viewer's consciousness by intentionally manipulating the scale. be able to.

リンク

足すことの違和感解消

足したものが目に見えないことにより、よりシンプルになる。今まで見てきた中で足すことの可能性を感じたのは、足し算をすることで引き算になり、よりシンプルになりながら足された状態であるものだった。

一見矛盾することだが足し算の可能性はここにあると思った。足すことにより、それまでの違和感が無くなり、より滑らかになるような感じで、滑らかになるということは一体感を招き、それは結果的には何か引かれて滑らかになったように感じる。

74F0E172-DE8E-4529-9D2F-484E9EC8DE23.jpeg

足したものがあからさまにわかることは違和感でしかない。一旦違和感をつくり、その後に違和感を消しながら一体感をつくるという方法もあるかもしれないが、足すことでの違和感は即不快感につながるおそれがあるので、足したものはなるべくわからないようにした方がいい。

"Resolving the discomfort of adding"

It's simpler because you can't see what you've added. What I've seen so far and felt the possibility of adding was that adding was subtracting, making it simpler and adding.

At first glance it is a contradiction, but I thought the possibility of addition was here. By adding it, the feeling of strangeness that has been used up to that point disappears, and it feels smoother. Being smoother creates a sense of unity, and as a result, it feels like something has been pulled and smoothed.

It's just a sense of incongruity to know what you've added. There may be a way to create a sense of discomfort once and then create a sense of unity while eliminating the discomfort, but the discomfort caused by adding it may immediately lead to discomfort, so those who try not to understand what they have added. Is good.

リンク

可能性の手段

足し算の可能性、何を足すか、全く関係がないものを足すことを考えるよりは何かつながりがあるものの方がいいのか、足すものの基準はあるのだろうか、などと考えている。

案外答えはシンプルですぐそばにあるような気がする。足りないものが無いと思うのはそこまで思考が及んでいないからと決めつければ何か見えてくるかもしれない。

何かを足すと考えるより、何かを組み合わせると考えた方が現状とつながりやすい。組合せを考えるならば、全く真逆のものも候補に上がり、その中庸をとるようなことも範疇になる。

中庸というと中途半端なイメージがあるかもしれないが、全ての要素が入り込み尚且つ成り立つのだから、一番望まれる状態かもしれない。

B584AE6C-ECA5-4E18-9D70-0BEFEEE8F0ED.jpeg

一番望まれる状態はそこに他者性も含まれるので、自分だけでは気づけなかったことに気づく可能性もある。結局はいいものができあがる可能性が一番高まる手段を選択しようとしている。

"Means of possibility"

I'm wondering about the possibility of addition, what to add, whether it's better to have something connected than to think about adding something that has nothing to do with it, or is there a standard for what to add?

The unexpected answer is simple and I feel like it's right around the corner. If you decide that there is nothing missing because you haven't thought so much, you may see something.

It is easier to connect with the current situation by thinking of combining something rather than adding something. If you think about the combination, the exact opposite is also a candidate, and it is also a category to take the middle of it.

There may be a half-hearted image when it comes to moderate, but it may be the most desirable state because all the elements are intricate and valid.

The most desired state includes otherness, so you may find that you didn't notice it on your own. In the end, I'm trying to choose the means that is most likely to produce good things.

リンク

足し算の可能性

引き算の美学だと日本文化のことをいうが、確かに建築でいえば数寄屋造、料理でいえば寿司などは引き算だといえる。ただ現実の生活の中では引き算よりむしろ圧倒的に足し算か多いのではないかと考えている。そもそもプリミティブやミニマムなところからはじめて段階的に足していくことになることが多い。

しかし、もしはじめから引き算をする場合は予め存在しているものを変える時だろう。改革な革新などを行う時は大体が飽和状態なのでまず引き算をして余白をつくり、その余白で新しいことを行う。片付けや整理整頓も同じでまず捨てる必要がある。

A5CC844E-7A6E-48E7-9689-605D879E2BED.jpeg

ただ、決して足し算が悪い訳ではない。結局はできあがったもので判断をする訳だから、足すことにより引くことよりも良いものをつくればいいだけで、引き算の文化だといわれているならば、余計に足し算による可能性を追求した方が良いものや見たことがないものをつくれるかもしれない。

"Possibility of addition"

The aesthetics of subtraction refers to Japanese culture, but it is true that Sukiya-zukuri in terms of architecture and sushi in terms of cooking are subtraction. However, in real life, I think that addition is overwhelmingly more than subtraction. In the first place, it is often the case that you start with primitives and minimums and add them step by step.

However, if you want to subtract from the beginning, it's time to change what is already there. When making reforms and innovations, it is usually saturated, so first subtract to create a margin, and then do something new with that margin. The same is true for tidying up and tidying up, so you need to throw it away first.

However, the addition is not bad at all. In the end, the decision is made based on the finished product, so if it is said that it is a culture of subtraction, it is better to pursue the possibility of addition more than just adding and subtracting. You may be able to make something good or something you have never seen.

リンク

四角い豆腐

プレーンという言葉について、プレーンという言葉からどのような特性や機能が思い浮かぶかというと、一様な、純白、素、途中、初源的な、可変可能などがあり、そこから更に連想すると、食べ物で言えば豆腐が思い浮かんだ。

プレーンを建築的には現代から振り返って言えばモダニズムかもしれない。だからモダニズムは「四角い豆腐」とすることもできる。

B8AB14C7-ADB3-48E6-B0FE-4592D83C75A1.jpeg

四角い豆腐に対して、いろいろな味付けをしたのがポストモダニズムで、その後やっぱり豆腐自体の味を良くする必要があるよね、その後やっぱり豆腐自体が美味しくても飽きるしどうしようかと変わっていかながら、豆腐をつくる時の素材である大豆と水に拘ることもするようになった。だから、もう一歩進めて豆腐の原形が無くなったても良いから料理の味付けとして使うことを考えている。

"Square tofu"

Regarding the word plain, what kind of characteristics and functions come to mind from the word plain are uniform, pure white, plain, intermediate, primitive, variable, etc., and if you associate it further, food Speaking of which, tofu came to my mind.

Architecturally, looking back on the plane from the present age, it may be modernism. So modernism can also be called "square tofu".

Postmodernism is a variety of seasonings for square tofu, and after that it is necessary to improve the taste of the tofu itself. After that, even if the tofu itself is delicious, I get tired of it. I also started to stick to soybeans and water, which are the ingredients when making tofu. Therefore, I'm thinking of using it as a seasoning for cooking because it's okay to go one step further and lose the original form of tofu.

リンク

ポーションとコース

つくり手はハーフポーションもコースも同じようなクオリティでつくることができるのだろうかといつも思う。

量の違いは建築で言えばスケールであり、ふさわしいスケールというものがある。建築以外のオブジェクトを扱うものも概ね一緒だと思うが、形にふさわしいスケール、ピッタリと合う大きさがあり、それが数ミリずれただけで印象がガラリと変わり、クオリティが落ちる。

4680D632-2A70-4FD6-9F71-3F05DA657EC4.jpeg

だから、ふさわしいスケールを探しだすことは、ものづくりやデザインにとって重要なことなのだ。ハーフポーションにしたら少なくとも見た目のバランスは崩れる。見た目も味のうちならばクオリティはそれだけで落ちるはずだ。

"Potions and Courses"

I always wonder if the creator can make half potions and courses with the same quality.

The difference in quantity is scale in terms of architecture, and there is a suitable scale. I think that things that deal with objects other than architecture are almost the same, but there is a scale that fits the shape, a size that fits perfectly, and even if it is off by a few millimeters, the impression will change completely and the quality will drop.

Therefore, finding the right scale is important for manufacturing and design. If you make a half potion, at least the appearance will be out of balance. If it looks and tastes good, the quality should be reduced by itself.

リンク

不足の可能性

不足の中に可能性を感じるのは不足という中途半端な状態を見慣れていないからでもあるが、不足という過程の状態はそこからどのようにでも変化できるという変化量の多さに可能性を感じることができる。

7075A772-9220-46F7-A6C6-CE5FFEC27068.jpeg

だから、可能性を追求するならば、わざと中途半端に留めておくことのもひとつの方法である。

"Possibility of shortage"

I feel the possibility in the shortage because I am not accustomed to the halfway state of the shortage, but I feel the possibility of the large amount of change that the state of the process of the shortage can be changed in any way from there. be able to.

So, if you're looking for possibilities, it's a good idea to keep it halfway.

リンク

形の追求

世の中にはありとあらゆる形が存在していて、作為を持って作為が無いものをつくろうと意識している人もいて、これまでもたくさんの形を見てきたが、まだまだ見ぬ形や形の可能性や気づいていない形の見方や捉え方もあると感じることができた貴重な2年に一度の鳥取でした。

36FBC64B-C96E-41C7-81A2-EE379454EF92.jpeg

きっと永遠に終わりがないのだろう。追求しつづけていくことでしか形を見ることができない。追求するのはいつか完璧な形を見出したいからで、しかし、追求することで形の不足が見えてしまう。だから、終わりがない。

"Pursuit of shape"

There are all kinds of shapes in the world, and some people are conscious of making things that have no intentions, and I have seen many shapes, but there are still possibilities for shapes and shapes that I have not seen yet. It was a precious once-in-a-two-year Tottori that I could feel that there was a way of seeing and understanding the sexuality and the shape that I didn't notice.

I'm sure there will be no end forever. You can only see the shape by continuing to pursue it. I pursue it because I want to find the perfect shape someday, but by pursuing it, I can see the lack of shape. So there is no end.

リンク

不足と過剰に夢中

ちょっと何かが足りないこと、ちょっと何かが過ぎることに可能性を感じた。いつもと違う見え方、それは何かが足りない、何が過剰であり、その足りない部分、過剰な部分を頭の中で補い省き処理することでその人だけの像が頭の中にできあがる。完璧の良さは十二分にわかるが、それとは違う良さが過不足にはある。もしかしたら、完璧の良さを上回る可能性すらある。I am crazy about lack and excess.

71E610E1-F947-458F-AE61-4DDD1C958A6B.jpeg

"Insufficient and excessively engrossed"

I felt the possibility that something was missing or something was going too far. It looks different from usual, it is something missing, what is excessive, and by compensating for the missing part and excess part in the head and processing it, an image of that person alone is created in the head. I can fully understand the goodness of perfection, but there is a different goodness in excess and deficiency. Maybe it even exceeds the goodness of perfection.

リンク

中庸=創造

つながることが中庸を生む手段だと砂丘の風紋を見ながら思った。一面の砂な中に凸凹ができることにより周りとは違い場所を生み出す。しかし、その場所は同じ砂の中であるから全くの異質ではない。中庸とは、間を取り上手く調整することではなくて、周りと同じだが違う状態を生み出すことであり、そのためにはまずつながりをつくり、その中で違いをつくること、すなわち、それは創造と同じ結果を生み出すのではないかと考えみた。

E3C9A9B1-D6CD-4B06-A118-AC4591C6377B.jpeg

"Medium = Creation"

Looking at the wind patterns of the dunes, I thought that connecting was the means to create a golden mean. By creating irregularities in the sand on one side, it creates a place different from the surroundings. However, the place is not completely different because it is in the same sand. Moderate is not about adjusting the interval well, but about creating the same but different state as the surroundings, for which you first make a connection and then make a difference in it, that is, it has the same result as creation. I thought that it might produce.

リンク

色は未開拓

対比と同化を使い分けて色を考えることを建築では行わない。現在の建築において色を扱うことは主題ではない。色自体に意味を持たすことが建築の自律性を高めることにはなるが、自律性を高めることが時代にそぐわないし、仮に自律性を高めたとしてもその手段に色を使うことを躊躇する。

それは多分、コルビュジエ やデ・ステイルが100年前に色で自律性を高める表現行為をしており、他の手段、例えばフォルムで自律性を高める手段が技術の発達でより可能になり、その可能性を追求する方が魅力を感じるからだろう。

9775E1EB-CF9D-4C3A-B191-FCC076027191.jpeg

ただ逆に言えば、色が持つ可能性はまだまだ未開拓な部分があり可能性があると言える。

"Color is undeveloped"

In architecture, we do not think about colors by using contrast and assimilation properly. Dealing with color in modern architecture is not the subject. Having meaning in the color itself enhances the autonomy of architecture, but increasing autonomy is not suitable for the times, and even if it enhances autonomy, hesitate to use color as a means of doing so.

Perhaps Le Corbusier and De Stijl were 100 years ago in the act of expressing autonomy with color, and other means, such as the means of increasing autonomy with form, became more possible with the development of technology. Perhaps it is more attractive to pursue sex.

However, to put it the other way around, it can be said that the possibilities of color are still undeveloped.

リンク

消失する輪郭

建築の輪郭について意識してみようと考えた。輪郭がはっきりと主張を持つような自律した建築はいかにも建築らしい建築で好きなのだが、輪郭が周りに馴染み、輪郭があまり感じられないような建築もまた好きであり、それは主張しないということではなくて、周りと馴染むという主張をしていると考えた。

むしろ輪郭が消え去るような状態をつくりたいと考えており、消え去るためのひとつの方法がバックグラウンドまで含めて建築にし、バックグラウンドと輪郭の差異を無くすことである。

15B867EF-1848-4812-9E16-B9189DD10C8B.jpeg

そのためには屋根の形状を利用してバックグラウンドをつくり、消失するような輪郭をつくり出せないかと考えている。

"Disappearing contour"

I thought about the outline of the architecture. I like autonomous architecture that has a clear outline, but I also like architecture that has contours that are familiar to the surroundings and the contours are not so noticeable, which is not to say that I do not claim it. I thought that I was insisting that I would be familiar with the people around me.

Rather, he wants to create a state where the contour disappears, and one way to eliminate it is to build the building including the background and eliminate the difference between the background and the contour.

To that end, he wonders if the shape of the roof could be used to create a background that would disappear.

リンク

はっきりしない輪郭のつくり方

輪郭がはっきりしない様を輪郭の中につくれば良いと思った。はっきりしない輪郭はバックグラウンドとの差異の少なさでつくることができる。

ただ、建築のような大きなものになるとバックグラウンドは風景くらいのスケールになり、なかなかそこまでコントロールできない。

B9FB535A-100C-49B0-ADE0-B24AFA687E48.jpeg

だから、バックグラウンドを建築の一部にしてはっきりしない輪郭をつくろうと考えた。

"How to make an unclear outline"

I thought it would be good to make the outline in the outline so that it is not clear. Unclear contours can be created with little difference from the background.

However, when it comes to big things like architecture, the background becomes a landscape-like scale, and it's hard to control that much.

So I decided to make the background a part of the architecture and create an unclear outline.

リンク

純粋な輪郭ではなくて

輪郭が凸凹したり、ランダムに歪む、反転するなど単なる直線や曲線ではなく不規則に変化する様は、はっきりとしない輪郭を余計に浮かび上がらせる効果があり、それは輪郭がはっきりとすることにつながる。

F9D09797-970A-4581-A267-1192F963B142.jpeg

輪郭を輪郭らしくしないようにいじればいじる程、輪郭が目立つ。むしろ幾何学的な輪郭の方が輪郭が消失するかもしれない。ただ純粋な方向に持っていく方が良いとすると、それは輪郭を単なる直線や曲線にする方が良いとすると、もうそれ以上輪郭について考えることをしないようになるのでそれは避けたい。

"Not a pure contour"

Random changes in contours, such as unevenness, random distortion, and inversion, rather than just straight lines or curves, have the effect of making unclear contours stand out more, which leads to sharper contours.

The more you mess with the contours so that they don't look like contours, the more noticeable the contours will be. Rather, geometric contours may lose their contours. If it's better to just take it in the pure direction, it's better to make the contour just a straight line or a curve, and I don't want to think about it anymore because I don't think about it anymore.

リンク

はっきりしない輪郭

輪郭を動かしてぼかすような効果をつくり出せないかと考えていたら、見ようによっては輪郭がはっきりとしないかもしれないものに出会った。

そのもの自体はとても固く、ピン角の輪郭ならばぼけるようなことはない。ただ、輪郭がランダムに歪んでいる、凸凹している。そうすると、はっきりとしない輪郭がはっきりと見える。

596CB7E0-9FDF-4964-BCBC-01CEDF8F76F5.jpeg

はっきりしないこと、ぼかすことはものづくりにおいては同じことだとしてもよいと考えてみた。

"Unclear contour"

When I was wondering if I could move the contours to create a blurry effect, I came across something that might not be clear depending on how I looked at it.

The itself is very hard, and the contour of the pin angle will not be blurred. However, the contour is randomly distorted and uneven. Then you can clearly see the unclear outline.

I thought that uncertainties and blurring could be the same in manufacturing.

リンク

輪郭が動く

輪郭がはっきりとしないものは存在するのだろうかと考えみた。どんなにゆらゆらとするものでも輪郭は動くがはっきりとしている。

90558719-BD05-4D68-B09B-F0B6A1127EAB.jpeg

ゆらゆらと像が映り込む様子は輪郭ははっきりとしつつもうつろう。うつろうとゆらゆらは違うかもしれないが輪郭は動く。輪郭がはっきりとしない様を輪郭が動くと読み替えてみたらどうなるかを考えてみることにした。

"The outline moves"

I wondered if there was something whose outline was not clear. No matter how swaying it is, the contours move but are clear.

The appearance of the image reflected swayingly will be clear while the outline is clear. Depression and swaying may be different, but the contours move. I decided to think about what would happen if I read that the outline is not clear when the outline moves.

リンク

輪郭をぼかすには

すりガラス越しに見るように形をぼかすことが建築おいてできるかどうかを考えている。すりガラスの表面の凸凹に光か当たり乱反射して形の輪郭がはっきりしない様なのだが、目と建築の間にすりガラスを置くわけにはいかないし、建築をすりガラスで囲うことはできるが今のプロジェクトでは現実的ではない。

0D368667-EB6F-4265-B0A9-5D6EC02155C4.jpeg

輪郭がはっきりしない様を意図的につくり出せば良いのだが、建築においてはバックとの差異がなく同じようになれば意図的につくり出せるかもしれない。バックとの差異がない状態は色ならば可能か、空の色と同じように、ちょっと安直すぎるかもしれない。

"To blur the outline"

I'm wondering if it's possible in architecture to blur the shape as seen through frosted glass. It seems that the outline of the shape is not clear due to light hitting the unevenness of the surface of the frosted glass and the outline of the shape is not clear, but it is not possible to put the frosted glass between the eyes and the building, and it is possible to surround the building with frosted glass, but in the current project Not realistic.

It is good to intentionally create something that does not have a clear outline, but in architecture it may be possible to intentionally create it if there is no difference from the back and it becomes the same. It may be possible for the color to be the same as the back, or it may be a little too easy, just like the color of the sky.

リンク

色で歪む

色には濃度の差がある。濃度の差は相対的指標なので、単純に濃度の差と言っても、色は明度と彩度の組み合わせで決まるから、場合によっては薄い色だが濃く感じさせることができる。

同じように不透明な色だが透明な色に見せることもできる。

894B681E-7B00-4325-97F5-4F772430BBED.jpeg

色は生き物のように色同士で関係性を持ち影響し合う。例えば、補色対比や明度対比などがそれにあたるがより複雑な組合せによって見た目の空間の歪みさえもつくり出すことができる。

"Distorted by color"

There is a difference in density between colors. Since the difference in density is a relative index, even if it is simply called the difference in density, the color is determined by the combination of lightness and saturation, so in some cases it is a light color but it can be made to feel dark.

It's also an opaque color, but it can also look transparent.

Colors have a relationship and influence each other like living things. For example, complementary color contrast and lightness contrast correspond to it, but even more complicated combinations can create distortion of the apparent space.

リンク

色を試す

色は光を通して目で認識され、違う色同士も組合せて新たな色をつくり出す。それは無意識に行われて脳に刻まれる。実際には無い色を脳でつくり出す。それは広い面積であればより顕著になる。だから、建築のような人のスケールよりも大きいものは色の影響を受けやすいし、影響を与えやすい。建築ではまだまだ色が持つ様々な影響について可能性が残されていると感じており、今手掛けているプロジェクトでいろいろと試してみたいと考えている。

ED62A655-47DC-4A3C-8F6C-BB94049B4B39.jpeg

"Try colors"

Colors are recognized by the eyes through light, and different colors are combined to create new colors. It is done unconsciously and is engraved in the brain. The brain creates colors that do not actually exist. It becomes more noticeable in large areas. Therefore, things that are larger than a person's scale, such as architecture, are susceptible to and easily influenced by color. I feel that there are still possibilities in architecture for the various effects of color, and I would like to try various things in the project I am currently working on.

リンク

関係性の中での透明

物体を色のみで識別すると全て不透明な色として認識することになるのだろうか、色のみで建築同士の関係性を表現できるのだろうか、などと考えている。

不透明な色として全て認識してしまうかどうかは、単体のみで見れば全てを不透明な色として認識するだろうが、複数の物体が存在しているならば、それらの関係性の中で透明な色として認識させることはできるだろう。

E76F25D5-B343-49DB-9E02-EBD5DCC92196.jpeg

少なくとも、不透明な色の物体の中で透明な色を認識させようとした時には物体同士の関係性は使えそうである。ならば建築同士の関係性の中でも同じことはできそうである。

"Transparency in relationships"

I wonder if all objects will be recognized as opaque colors if they are identified only by color, or if the relationship between buildings can be expressed only by color.

Whether or not to recognize all as opaque colors will be recognized as opaque colors when viewed alone, but if multiple objects exist, they are transparent in their relationship. It can be recognized as a color.

At least, it seems that the relationship between objects can be used when trying to recognize a transparent color among objects of opaque color. Then, it seems that the same thing can be done in the relationship between buildings.

リンク

偶然性の解釈

2つの建築が別々に近接して存在していた時に、その間に生まれる関係性には様々あるだろうが、その関係性の中に偶然性はあるだろうか。

偶然性は停滞せずに常に動いているから起こることだと思っていたが、もし停滞していても偶然性が発動されるようなことがあれば、近接した2つの建築との間でも偶然性がある。

4C0D9BAD-A0B4-472E-A0FA-EB73F6E9A491.jpeg

窓に映る景色なども偶然性によるところもあるが、単体の建築におけることではなくて、建築同士の関係性の中で偶然性を探している。もしかしたら、イメージの中で2つの建築が生み出す中庸の産物が偶然性を帯びると解釈すればよいかもしれない。

"Interpretation of contingency"

When two buildings existed separately and in close proximity, there may be various relationships that arise between them, but is there any chance in those relationships?

I thought that contingency happens because it is always moving without stagnation, but if it happens even if it is stagnant, there is a contingency between two buildings in close proximity. ..

The scenery reflected in the window is also due to chance, but I am looking for chance not in a single building but in the relationship between buildings. Perhaps it may be interpreted that the moderate products produced by the two architectures are contingent in the image.

リンク

偶然性が必要

偶有の産物によるリアルさは、ミニマルなリアルさではなく、ダイバースなリアルさになる。偶有という一時的に偶然に備えた性質がリアルさを醸し出すのは何かに触れた時であり、その何かが偶然性をより複雑にしてくれる。

BEA582D5-C082-45C8-A418-E25A4022264B.jpeg

建築は動かないから偶然性は建築に必ず必要な要素だと考えている。偶然性がリアルな建築の姿を浮かび上がらせる。ただ、それは自然によってもたらされるような陳腐なものではない。建築同士の関係性の中で生まれる偶然性である。

"Needs chance"

The reality of accidental products is not a minimal reality, but a diversity reality. It is when you touch something that the temporary accidental nature of contingency creates reality, and that something complicates contingency.

Since architecture does not move, I think that chance is an essential element of architecture. Contingency brings out the appearance of real architecture. But it's not as stale as it comes from nature. It is a contingency that arises in the relationship between buildings.

リンク

偶有の産物

偶然の産物をつくり出すためにはどうするかを考えている。建築は可能な限り予定調和を目指す。全てにおいて限りがあるので、有効活用するには予測通りに事が起こるようにする必要があり、そのための技術であり、安全性である。

AB80CAAF-29F8-496B-9DFB-07B1351AAC36.jpeg

しかし、それだけではつまらない。予測の不可能なものを差し込むことにより、偶然が生み出す偶有性を備えたものが出来上がり、それは本質的ではないかもしれないが、今そこに建っているというリアルさは表現できる。

"Accidental product"

I'm thinking about what to do to create a product of chance. Architecture aims for planned harmony as much as possible. Everything is limited, so in order to make effective use of it, it is necessary to make things happen as expected, and it is a technology and safety for that purpose.

But that alone is boring. By plugging in something unpredictable, you end up with something with contingency created by chance, which may not be essential, but it can express the reality of being there now.

リンク

中庸になる

中庸である状態を目指すことはするが、中庸の強度まで範疇にすることはないだろう。強度を問題にしないと中庸に対して中途半端になる。中庸の深遠とでも言うだろうか、そのような言葉や概念があるかどうかはわからないが、中庸の度合いを吟味しないと、陳腐で意味がない中庸が出来上がる。

85A03F29-C91F-4B72-9BEB-9784D403A494.jpeg

中庸が大事な社会だと思う。情報が氾濫し、様々な情報や知識が入手しやすく、そのおかげで極端なことも増えた。極端なことに人はつい惹かれてしまう。ただ、人は極端な状況に身を置き続けると自身を失う。意識して中庸を見定める必要があり、それで自身の身も守ることができる。

"Become moderate"

We will aim for a moderate state, but we will not fall into the category of moderate strength. If strength is not an issue, it will be halfway to the middle. I don't know if there is such a word or concept, but if you don't examine the degree of the golden mean, you will end up with a stale and meaningless golden mean.

I think the golden mean is an important society. Information was flooded, and various information and knowledge were easily available, which increased the number of extremes. At the extreme, people are attracted to it. However, people lose themselves if they continue to be in extreme situations. You need to be conscious of the golden mean, and you can protect yourself.

リンク

中庸の強度

中庸は何かと何かの間を片寄ることなく上手くとることで成立するとするならば、真逆の何か2つを探し出してくれば良いのだが、その何かが主題では中庸は単に中途半端な産物に成りはしないかと考えてしまう。

中庸は上手くミックスすることで成り立ち、それが強度を持つ状態だが、中途半端な産物では強度が出ない。

強度を出すために主題となるようなものの中庸をとるのではなくて、主題になるかどうかわからない、偶然の産物のような、その瞬間だけ現れるようなもの同士の中庸を考えてみる。偶然の産物だとしたら中庸の強度にバラつきが出るかもしれないが、予測不可能なだけに突き抜けたような強度が出るかもしれない。

AD72AE2C-8E6E-42EA-BD6F-7F2192852095.jpeg

突き抜けたような中庸、一見矛盾するような言葉の組み合わせだが、それだけに可能性を感じる。

"Medium strength"

If the golden mean can be achieved by getting it right without shifting between something, then you can find two things that are the exact opposite, but if that something is the subject, the golden mean is simply a half-finished product. I wonder if it will be possible.

Moderate is made by mixing well, and it has strength, but half-finished products do not have strength.

Instead of taking the middle of something that is the subject for strength, think of the middle of things that appear only at that moment, such as accidental products that you do not know whether or not they will be the subject. If it is a product of chance, the strength of the golden mean may vary, but the strength may be unpredictable and piercing.

It's a combination of words that seem to be piercing, moderate, and seemingly contradictory, but I feel the possibility.

リンク

つながるということ

つながりには結界が必要だ。おかしな話だが、全くのオープンなつながりはつながりにはならない。どのような要素にも境界は存在し、要素同士のつながりをつくる時は境界を無くすのではなく、境界は残しつつ、その境界の一部分を薄くして接するようなイメージでつなぐ。境界が無くなってしまうと要素同士が混ざり合い一体となってしまい、つながりでは無くなる。

842E55F9-31F6-45AB-9874-94A41E703233.jpeg

人間関係も同じかもしれないが、境界が無くなり要素の個性が無くなってしまったら、つながりをつくる意味さえなくなる。だから、絶対に相容れない境界である結界は必要になる。

"To be connected"

A barrier is needed to connect. Oddly enough, a totally open connection is not a connection. Boundaries exist in every element, and when making a connection between elements, instead of eliminating the boundaries, we connect them with the image of thinning a part of the boundaries while leaving the boundaries. When the boundary disappears, the elements are mixed and integrated, and it is no longer a connection.

Relationships may be the same, but if the boundaries disappear and the individuality of the elements disappears, there is no point in making connections. Therefore, a barrier, which is an absolutely incompatible boundary, is necessary.

リンク

新しいアイデアを喚起する

要素を拡散させて、異なった結びつきをいかにたくさんつくるか。ただ、要素同士をケンカさせるように結びつけるのは意味がない。例え要素同士が真逆のことでも中庸を取り、両方の要素を融合させることで異なった新しい結びつきをつくることができる。

F78C2C1E-C12C-414B-B9E7-FE54822C5058.jpeg

新しいアイデアは新しい結びつきである。新しい結びつきは今までの結びつきのクリティカルになる。だから、全く関係が無い異なった要素同士を見つけてくることが大事であり、それだけで新しい結びつき、すなわち新しいアイデアを喚起することになる。

"Inspire new ideas"

How to spread the elements and make many different connections. However, there is no point in connecting the elements so that they fight each other. Even if the elements are exactly the opposite, it is possible to create a different new connection by taking the golden mean and fusing both elements.

A new idea is a new connection. The new bond becomes the critical of the old bond. Therefore, it is important to find different elements that have nothing to do with each other, and that alone will inspire new connections, that is, new ideas.

リンク

建築のアクティビティに必要なもの

物語や小説のアクションに当たる部分を建築ではアクティビティというだろう。アクションは多過ぎてはダメらしい。建築もアクティビティが多くなり過ぎると建築ではなく工作物あるいは装置になってしまう。

アクティビティはあくまでも「何がどのように起こるか」の「どのように起こるか」の部分であるから「何が」の部分が必要であり、工作物や装置には「何が」に当たる部分が無い。正解に言うと「何が」の部分が工作物や装置にもあるのだが、アクティビティの割合が多くて、「何が」の部分の存在が希薄になり、「何が」が無くてもアクティビティだけで成立している。

7EAFC9F7-2645-481F-A0B4-C3F511A47F5D.jpeg

故に「何が」の部分の存在によって建築のアクティビティとして成立することができる。

"What you need for architectural activities"

In architecture, the part that corresponds to the action of a story or novel is called an activity. It seems that too many actions are useless. If there are too many activities in architecture, it will become a work or device instead of architecture.

Since the activity is only the "how" part of "what happens and how", the "what" part is necessary, and there is no "what" part in the work or equipment. .. The correct answer is that there is a "what" part in the work and equipment, but the percentage of activities is high, the existence of the "what" part is diluted, and even if there is no "what", the activity It is established only by.

Therefore, the existence of the "what" part can be established as an architectural activity.

リンク

物語を紡ぐ

たくさんの要素をどのようにつなげ、どのようなストーリーを描くのかを考えていて、プロットが大事だと思うが、出だしも大事だと思い、建築の話に置き換えて、登場人物が要素だとすると、要素に性格を割り当てて、アクションを起こし、要素の物語を形成していく。

BF23D6BD-215D-454E-924B-C1771C291CC2.jpeg

建築では物語性は拒絶される傾向にあるが、一旦物語を紡ぎ、その物語に対してクリティカルな対応することで、要素同士につながりに新しい可能性を見出せるのではないかと考えている。

"Spinning a story"

I'm thinking about how to connect many elements and what kind of story to draw, I think that the plot is important, but I think that the beginning is also important, so if you replace it with the story of architecture and the characters are the elements, the elements Assign a personality to, take action, and form a story of elements.

Narratives tend to be rejected in architecture, but I think that by spinning a story once and taking a critical response to that story, we can discover new possibilities in connecting the elements.

リンク

結びつけ

課題と関心事を結びつけ言い換えることで、新しい方向性が見えてくる。そして、その新しい方向性と真逆のことを考えてみる。そして、新しい方向性と真逆のことを結びつけ言い換えてみる。そうすると、つながりを辿ってきただけなのに、はじめとは違うことになっている。それが全く違う訳ではなく、考えてみれば、それが一番進みたい方向だったりするから面白い。

27EA910F-3063-47CF-BB64-84216B189E98.jpeg

"Connect"

By connecting issues and concerns and paraphrasing them, new directions can be seen. And think about the exact opposite of that new direction. Then, in other words, connect the new direction and the opposite. Then, even though I just followed the connection, it is supposed to be different from the beginning. It's not completely different, and when you think about it, it's interesting because it's the direction you want to go the most.

リンク

抽象化の方法

抽象化を決める方法を考えている。抽象化は削ぎ落とす過程があり、何をどのくらい削ぎ落としていくのかをあらかじめルールとして考えることができる。まず抽象化する実体を把握するところからはじめる。そのためには様々な要素のつながりを解明する必要がある。ルールとしてはただ単に削ぎ落としていくのでは無くて、不必要な様々な要素のつながりを切っていくように抽象化を行う。つながりの解明には様々な角度から実体を捉える必要があり、その時に抱えている課題を通して捉えると、よりつながりが鮮明になる。

ED160BA4-3347-4239-B282-267CCCD33ED5.jpeg

"Method of abstraction"

I'm thinking about how to determine the abstraction. Abstraction has a process of scraping off, and you can think in advance what and how much to scrape off as a rule. Start by understanding the entity to be abstracted. For that purpose, it is necessary to clarify the connection of various elements. As a rule, we do not simply scrape off, but abstract so as to break the connection of various unnecessary elements. In order to clarify the connection, it is necessary to grasp the entity from various angles, and if you grasp it through the problems you are having at that time, the connection becomes clearer.

リンク

手法としての抽象と洗練

抽象化と洗練は削ぎ落とすという過程は同じだが、削ぎ落とし方が違う。削ぎ落とすためのルールが違うと言っても良いかもしれない。例えるならば、抽象化は枝葉の余分な末端を切り落として、木が持つ本質を鮮明にするが、洗練は枝葉の末端を整えることにより、木が持つ本来の姿を鮮明にする。だから、削ぎ落とし方によっては抽象化されたものも洗練されたものも同じに見えし、抽象化して洗練させることもできるから、抽象化と洗練は太古の昔から様々な所で何かを象徴したり、主張する際の手法として用いられてきたのだろう。

384F7D02-88BE-472B-920B-1576A2982901.jpeg

"Abstract and sophistication as a method"

The process of scraping off abstraction and sophistication is the same, but the scraping method is different. It may be said that the rules for scraping off are different. For example, abstraction cuts off the extra ends of the branches and leaves to clarify the essence of the tree, while refinement sharpens the ends of the branches and leaves to clarify the original appearance of the tree. So, depending on how you scrape it off, the abstracted and the refined look the same, and you can abstract and refine it, so abstraction and sophistication have symbolized something in various places since ancient times. It may have been used as a method for abstracting and asserting.

リンク

抽象と洗練

抽象化されたものは洗練されているように見える。本来、抽象化と洗練は全く別の行為で、抽象化は拡散させ、洗練は集中するようなイメージがあるが、抽象化は拡散させるために余分なものを削ぎ落とす過程があり、洗練も集中するために余分なものを削ぎ落とす過程があり、どちらも同じ過程を辿るからだろう。

95CB867D-29C6-46CD-B206-BD08AB9B8920.jpeg

"Abstract and sophistication"

The abstraction looks sophisticated. Originally, abstraction and sophistication are completely different acts, and there is an image that abstraction is diffused and refinement is concentrated, but abstraction has a process of scraping off extra things to diffuse, and sophistication is also concentrated. There is a process of scraping off excess things to do, and both follow the same process.

リンク

抽象化のルール

抽象化されることによりルールが浮かび上がる。抽象化する際にルールという枠に当てはめて整理し、余計なものを省いていく。はじめにルールが存在し、そのルールに束ねていくイメージだろうか。だから、抽象化されたものを注意深く観察すると、ルールの輪郭が表現として現れてくる。そのルールの現れがその抽象化されたものの特色ともいえる。その特色が類型になり作品性を出す。

67047EEA-3210-4526-9805-F5D9D458BFD9.jpeg

"Rules of abstraction"

The rules emerge by being abstracted. When abstracting, apply it to the frame of rules and organize it, and omit unnecessary things. Is it an image that there are rules at the beginning and they are bundled into those rules? So, if you look carefully at the abstraction, the outline of the rule will appear as an expression. It can be said that the appearance of the rule is a feature of the abstraction. Its characteristics become a type and give a work.

リンク

抽象化されたもの

抽象化されたものは、元の抽象化される前のものがわからないと理解できないものだろうかと考える機会があった。

正直に言えば、抽象化されたものがよく理解できなかったのである。

78FECE4A-4892-440A-A875-57DEE4D61EF6.jpeg

ただ、元のものがわかる時は、抽象化されたものは手に取るように理解でき、その素晴らしさに感銘を受けた。だから余計にその差があるので、元の抽象化される前のものの理解の必要性を感じてしまった。

"Abstracted"

I had the opportunity to wonder if what was abstracted could not be understood without knowing what was before the original abstraction.

To be honest, I couldn't understand the abstraction well.

However, when I knew the original, I could understand the abstracted one as if I were picking it up, and I was impressed by its wonderfulness. So there is an extra difference, and I felt the need to understand what was before the original abstraction.

リンク

つまらない結果

間違いをしたくないから最初から確実なアイデアを出そうとすると大抵どこかで見かけたようなものになる。間違いをすることを極端に嫌がる人は多い。どこかで見かけたようなものを選択してしまうのもエビデンスがあって安心できるからだろうが、つまらない。まだ正解あるものだとそれでも良いが、正解がないものでは真逆の結果が出る行為で、つまらないは一番求められていない結果である。そういう人はその時だけ別人格になれば良い。

2552D640-62AF-41D2-BA0F-BE8DE74C79A9.jpeg

"Boring results"

I don't want to make mistakes, so when I try to come up with a solid idea from the beginning, it's usually something I've seen somewhere. Many people are extremely reluctant to make mistakes. It's boring to choose something that you see somewhere, probably because there is evidence and you can rest assured. It's okay if there is still a correct answer, but if there is no correct answer, the opposite result will be obtained, and boring is the least sought after result. Such a person only needs to have a different personality at that time.

リンク

つけ加える

ついいろいろと着飾ってしまい、何がしたかったのかがブレてわからなくなり、後になってはじめに考えていたこととは違うことをしていて困ることがある。困るのは、途中でつけ加えることは良いことでも本質がブレては意味がないとは思っているからだが、つけ加える必要があるならば本質がブレても構わない、周りは困るだろうが、結果的に良い方向に持っていけばいいだけだとして見渡してみたら、まだまだ足りない、たくさんつけ加えて、ダメならばやればいいができるのがつけ加えるの良いところ。

7D89B44D-3F37-4C86-9E91-EDC12EE52210.jpeg

"Add"

I've been dressed up in various ways, and I don't know what I wanted to do, and sometimes I'm having trouble doing something different from what I was thinking at the beginning. The problem is that it is good to add in the middle, but I think that it is meaningless if the essence is blurred, but if it is necessary to add it, the essence can be blurred, the surroundings will be troubled, but the result If you look around as you just have to take it in the right direction, it's still not enough, add a lot, and if it doesn't work, you can do it.

リンク

抽象化して本質に出会う

足の裏で感じることを考えていて思い出した。お能で面をつけて登場するシテ方は面の視野が狭いので足の裏で今舞台上のどこにいるかを感じながら演じているそうで、舞台の床の板の感触の変わり目を感じながら歩いているという。

きいた話によるとお能は余計な所作と言葉を全て削ぎ落とし、必要かつ最低限の所作と言葉で表現するとのことで、まさにそれは抽象化であり、演者が抽象化に没頭できるように視野の狭い面を装着するとも考えられるのではないかと思い、抽象化して本質的なものだけを残す過程で足の裏で感じることが寄与しているとも考えられる。

E8C5FCB6-C0E7-4D7A-87B7-53B217E1F916.jpeg

抽象化して本質を今一度掘り返すようなことをしてみようと思う。

"Abstract and meet the essence"

I remembered thinking about what I felt on the soles of my feet. Since the field of view of the shite who appears with a face on Noh is narrow, he seems to be performing while feeling where he is on the stage with the soles of his feet, and he walks while feeling the change in the feel of the board on the stage floor. It is said that it is.

According to the story I heard, Noh cuts off all unnecessary actions and words and expresses them with the necessary and minimum actions and words, which is exactly the abstraction, and the perspective is to allow the performer to immerse himself in the abstraction. I think that it may be possible to wear a narrow surface, and it is also thought that the feeling on the sole of the foot in the process of abstracting and leaving only the essential things contributes.

I will try to abstract it and dig up the essence again.

リンク

本質をつく足

蓄積された足からの情報だけがその人にとって信じるに足る情報だと考えた。きっと人は知らないうちに目からの情報に頼り過ぎているのかもしれない。

もし目からの情報が得られなければ、何も感じられないと思うことだろう。もし感じられなければ、情報も得られないし、何もわからないと思うのだろう。

目からの情報は詳細にわかるから具体性を帯びており、足からの情報は目からの情報ほど詳細にはわからないので抽象性が強くなるかもしれない。具体的に何でもわかれば良いとは限らない。抽象性が強い中で本質が浮かび上がることもある。

CFE36797-9820-4386-82EB-71DC20B1467C.jpeg

もしかしたら、足からの情報の方が本質をつくには良いかもしれない。

"Foot to make the essence"

I thought that the accumulated information from the feet was the only information that the person could believe. Perhaps people are relying too much on information from their eyes without their knowledge.

If you don't get the information from your eyes, you'll think you can't feel anything. If you don't feel it, you won't get any information and you probably don't know anything.

The information from the eyes is concrete because it can be understood in detail, and the information from the feet is not as detailed as the information from the eyes, so it may be more abstract. It is not always necessary to know anything concretely. The essence may emerge in a strong abstraction.

Perhaps the information from the feet is better for the essence.

リンク

足からの情報

山や森を歩いている時、目では木や緑や風景を追っているが、身体のどこの部分で一番山や森を感じているかというと足であり、特に靴底を通して足の裏で感じている。

足の裏の感じと目から入る視覚情報が相まり、今いる場所である山や森を認識している。だから実際に感じている身体の部位は足だけである。

目をつぶった状態でそのままで何かを感じることができるのは足だけであり、このことは歩くことで建築や様々なものを感じることにもつながる。

E3C40D75-9DA4-4224-B867-B4A5F8900AC7.jpeg

もしかしたら、情報量としても足は目に匹敵するかもしれない。ならば、モダニズムが目からの情報に頼っていたこと、ポストモダニズムも相変わらず目からの情報で差異を出そうとしていたことを考えれば、足からの情報に頼る建築は昔からあったけれど、まだまだ未開拓な部分があるのではないかと思ってしまう。

"Information from the feet"

When I am walking in the mountains and forests, my eyes are chasing trees, greenery and landscapes, but what part of my body I feel the most mountains and forests is my feet, especially through the soles of my feet. There is.

The feeling of the soles of the feet and the visual information that comes from the eyes combine to recognize the mountains and forests where we are. Therefore, the only part of the body that I actually feel is the legs.

Only the feet can feel something with their eyes closed, which also leads to the feeling of architecture and various things by walking.

Perhaps the amount of information is comparable to the eyes. Then, considering that modernism relied on information from the eyes, and postmodernism was still trying to make a difference with information from the eyes, architecture that relied on information from the feet has been around for a long time, but there is still more. I wonder if there are some undeveloped parts.

リンク

足の裏で感じる

質感を触れずに感じるには視覚を頼ることになるが、それ以外の方法はないものかと思案中。

もうしかしたら、触れてはいるが触れている感じがない場合は視覚に頼ることなしに質感を感じることができている場合かもしれない。

CB013EC3-1971-41E4-BB8A-55D8FEFFC72C.jpeg

それは足の裏、すなわち、床の質感は触れる意識が無く感じている。そう言えば、コルビュジエの建築は足の裏で感じていた。

"I feel it on the soles of my feet"

You have to rely on your eyes to feel the texture without touching it, but I'm wondering if there is any other way.

Perhaps if you are touching but not feeling touching, you may be able to feel the texture without relying on your eyesight.

It feels like the soles of the feet, that is, the texture of the floor, without being conscious of touching it. By the way, I felt the architecture of Le Corbusier on the soles of my feet.

リンク

質感のイメージ

質感にはイメージが刷り込まれている。逆に言えば、イメージから質感を連想し素材を決めることがある。

昔、20代の頃、イタリアンレストランの内装を設計施工した時に、イタリアには行ったことはあったが遊び半分だったので質感に意識が無く、素材選びには苦労した。

内装だけでイタリアンレストランの雰囲気を出すことは簡単だったが、いかにもイタリアという内装にはしたくはなかったので、雰囲気を言葉で言い換えながら、連想ゲームのようにイメージし、そこから思考して内装を決めていった。

イタリアンレストランに求められる内装デザインがあり、オーナーの要望があり、そこに自分のイメージを重ね合わせて中庸を取り、1つのイメージにしていった。

74BD163E-EDD9-45AF-8F4E-58912D872B49.jpeg

質感に刷り込まれているイメージは、誰にでもわかりやすく何かを伝えるには都合がいいが、都合がいいだけでは汎用な空間にしかならず、それだけは避けたかった。

"Image of texture"

The image is imprinted on the texture. To put it the other way around, the material may be decided by associating the texture with the image.

A long time ago, when I was in my twenties, when I designed and constructed the interior of an Italian restaurant, I had been to Italy, but I was playful, so I was not conscious of the texture and had a hard time choosing materials.

It was easy to create the atmosphere of an Italian restaurant with just the interior, but I didn't really want the interior to be Italian, so while paraphrasing the atmosphere in words, I imagined it as an associative game, and thought about it from there. I decided.

There was an interior design required for an Italian restaurant, and there was a request from the owner, and I overlaid my own image on it and took the middle ground to make it one image.

The image imprinted on the texture is convenient for telling something in an easy-to-understand manner to anyone, but just because it is convenient is only a general-purpose space, and I wanted to avoid that.

リンク

時間予測できない

なかなか進まない状況にイライラしたり、気にしたりしていると気がつかないうちに時間だけが過ぎていて、その間何もしていないことに気づいて余計にイライラ、気にしたり。

どこかで進まない状況を知らないうちに一所懸命に人のせいにして、そのことすら気がつかずに、上手くいかないと嘆き、誤魔化すために美味しいものを食べたり。

時間読みが正解にできればいいのだが、人はそもそも未来を楽観的に考える生き物らしいので、ルーティンワークは別として、正解な時間を予測できないらしい。ならばそもそも予測しなくてもいい状況にすればいいと思った。

AAA8A164-713C-4898-9DA3-8F3C799DB435.jpeg

"Time cannot be predicted"

I was frustrated by the slow progress, and before I knew I was worried about it, only time had passed, and I realized that I wasn't doing anything during that time, which made me even more frustrated and worried.

Without knowing the situation where things aren't going on somewhere, I blame people so hard that I don't even realize it, lament that it doesn't work, and eat delicious food to deceive.

It would be nice if the time reading could be the correct answer, but since people seem to be creatures who are optimistic about the future in the first place, apart from routine work, it seems that the correct time cannot be predicted. Then I thought that I should make the situation so that I don't have to predict it in the first place.

リンク

質感を表現する言葉

質感についての質問を受けたので、簡潔に仕上げの表面の感じです、と答えた。たぶん的外れではないと思うのだが何故かしっくりとはこなかった。

質感は感じだから、あくまでも受け手の感じ方によるので正解は無いことになるが、それでは質感を完全にはコントロールできないので、「感じ」ではない何か違う言葉に置き換えたいと思った。

物質の質感は、物質を触る前に最初にどうしても目で追ってしまうので、触感よりも視覚が優位になる。だから、「感じ」という触らなくても言える言葉になり、それで丁度良いのかもしれないが。

01A61F37-F68F-4A7C-887B-27DC47C0CD07.jpeg

では視覚に全く頼らない物質の質感は存在するのだろうか。存在すれば、物質の質感を「感じ」ではない言葉で表現できる糸口が見つかるかもしれないと思い、ずっと考えてはいるのだが、少なくともそれは写真には写らないものとしか思いつかない。

"Words that express texture"

When asked about the texture, he replied that it was a simple finish surface feel. I don't think it's off the mark, but for some reason it didn't quite fit.

Since the texture is a feeling, there is no correct answer because it depends on how the recipient feels, but since it is not possible to completely control the texture, I wanted to replace it with something different than "feeling".

The texture of a substance is inevitably followed by the eye before touching the substance, so the visual sense is superior to the tactile sensation. Therefore, it becomes a word that can be said without touching "feeling", and that may be just right.

Then, is there a texture of matter that does not rely on vision at all? If it exists, I think that I may find a clue that can express the texture of a substance in words other than "feeling", and I have been thinking about it for a long time, but at least I can only think of it as something that does not appear in photographs.

リンク

バイアス排除

何か考え事をしていると、思い込みというバイアスに引きずり込まれ、あたかもそれが当たり前のように感じられ、新しい糸口に気付かずにとても後悔する時がある。

バイアスはついしてしまう。専門性が高ければ尚更で、疑うことすらしないので、だから後悔することになり、さらに自分に住み着いているように離れないので、何かきっかけがないとバイアスだと気がつかない。仮にバイアスだと気がついたとしても、排除すると違和感しかなく、排除したら何も無くなってしまうような気がする。

54AE4650-D54A-4A4C-8CFC-1E7B4CE91074.jpeg

だから、バイアスを排除した後、一晩寝かせることにしている。時間を置くと排除した後の状態の違和感がやわらぐので、冷静に判断できるようになる。それでも違和感があれば排除しなければいい。

"Bias elimination"

When I'm thinking about something, I'm drawn into the bias of belief, and it feels like it's taken for granted, and sometimes I regret it very much without noticing a new clue.

There is a bias. It's even more so if you have a high degree of expertise, and you won't even doubt it, so you'll regret it, and you won't leave as if you're living in yourself, so you won't notice that it's a bias unless you have a chance. Even if I notice that it is a bias, I feel that if I eliminate it, I feel uncomfortable, and if I eliminate it, nothing disappears.

That's why I decided to let it rest overnight after eliminating the bias. After a while, the discomfort of the state after elimination will be softened, so you will be able to make a calm judgment. If you still feel uncomfortable, don't eliminate it.

リンク

ダラダラのサイン

昨日ダラダラしたから今日頑張ろうとすると、また同じようにダラダラしてしまって、いろいろ言い訳をして、また明日は頑張ろうなど思いつつ夜になる。

いろいろ言い訳して、言い訳がうまくなるだけで、ちっとも進まないから気分も優れないので、このままではいかんと明日の計画だけは立てて、よしこれならばと安心安心と眠りにつく。

A76FE9DE-A896-40EC-9F3D-A0A00CC1E016.jpeg

もしかしたら、ダラダラしているのは何か歯車がズレはじめていておかしいからで、決して怠け心に勝てなかった訳ではないと考えると、明日の計画を立てるより今やっていることを見直した方がいいかもしれない。

"Sign of slapstick"

I was messing around yesterday, so if I try to do my best today, I'll be messing around again, making various excuses, and tomorrow I'll do my best again at night.

I make a lot of excuses, and I just get better excuses, and I don't feel good because I can't make any progress.

Perhaps it's because the gears are starting to shift and it's not that I couldn't beat my laziness, so it's better to review what I'm doing than to plan for tomorrow. It may be good.

リンク

イメージ転がし

イメージをするだけならば誰でもできるから、誰にでもできないようなイメージをしようとすると、つい行き過ぎて脱線し、全く違うことを考えていたりして、また戻ろうとするとまた脱線してしまう。

不思議なものでイメージなんだから、何をイメージしてもいいのだから、脱線しても、脱線した方が面白いからいいのに、ついつい脱線することに罪悪感を覚えてイヤな気分になることがある。

12737CEC-8462-422A-A81D-B9A6CED4A80B.jpeg

脱線したイメージは決して的外れではないが、当初に進もうとしていた方向とはズレている。ただ、ズレを修正する時に思いも寄らないことを考えつくことがあり、結果的にそれがイメージを推進する原動力になることがある。だから、脱線しても戻れば良いと思うようにしてイメージを転がすような感じでいつもいる。

"Rolling image"

Anyone can do it just by making an image, so if you try to make an image that no one can do, you will go too far and derail, thinking about something completely different, and if you try to return again, you will derail again.

It's a mysterious image, so you can imagine anything, even if you derail, it's better to derail, but you may feel guilty and unpleasant about derailing. be.

The derailed image is by no means off the mark, but it is not in the direction it was originally trying to move. However, when correcting a gap, you may come up with something unexpected, and as a result, it may become the driving force that promotes the image. Therefore, I always feel like rolling the image as if I should return even if I derail.

リンク

都合のいいストーリーを活かす

ものをつくる時に自然に頭の中で勝手に自分に都合のいいストーリーを流しまくっていて、ニヤニヤアブナイ奴になっているかもしれない。

まあ、しょうがないとあきらめながら、できそうもないことを考えているのが超楽しかったりする。

E2B4DE57-594B-43CB-82A2-4A73CD032554.jpeg

ただ、都合のいいストーリーも全く役に立たない無駄なことでもなく、そのストーリーには普段から気になっていることや問題意識が上手く溶け合って入り込んでいるので、そのストーリーの前提を考えたり、分解してみたり、言い換えたりしていると、これからつくろうとしているものに対してきちんとしたアプローチになり、いいアウトプットに結びつく結果になる。

"Leverage a convenient story"

When I make things, I naturally tell a story that suits me in my head, and I may be a grinning abnai guy.

Well, it's super fun to think about things that are unlikely to be possible while giving up if there is no help for it.

However, a convenient story is not a useless and useless thing at all, and since the story is well integrated with the things that you are usually worried about and the awareness of problems, you can think about the premise of the story and disassemble it. If you try or paraphrase it, you will have a decent approach to what you are trying to make, and the result will be good output.

リンク

とりあえずつくる

真っ新な所から何かを考えはじめることが苦手なので、とりあえず何か仮のものをつくることにしている。

とりあえず何かあれば精神的に常に余裕を持ってその後を進めることができるので、何をやるのでも楽しく面白く、何事もハッピーになりやすい。

とりあえず何かをつくり、その後はそれに対してクリティカルに考えることを繰り返す。クリティカルに考えることでどんとん視点を変えていき、一番面白そうな方向へ展開していく。

4AF35DED-9E0A-47C8-95A3-7AAEA1FBF675.jpeg

リノベーションはそもそも最初からあるものに対して何かを付け加え変えていくことなので結果的にクリティカルになりやすい。新築の場合でもリノベーション的な思考は有効だと考えており、いつもとりあえず何かをイメージでつくり上げてから、それに対してクリティカルに考えるようにしている。

"Come one by one"

I'm not good at starting thinking about something from a brand new place, so I'm going to make something temporary for the time being.

For the time being, if there is something, I can always move forward mentally with a margin, so whatever I do is fun and interesting, and everything tends to be happy.

Make something for the time being, and then repeat thinking critically about it. By thinking critically, we will change our perspective and develop in the direction that seems to be the most interesting.

Renovation tends to be critical as a result because something is added and changed from the beginning. I think that renovation-like thinking is effective even in the case of new construction, and I always try to create something with an image and then think critically about it.

リンク

真の自然

人の手が加わった自然の中に、すでにそれは自然とは言わないかもしれないが、身を置いているとよりリアルに自然を感じることができるような気がした。

不思議なもので全く人の手が入っていない自然に触れると、自然そのものを感じる前に、まず畏敬の念を抱き、自身の身の安全の確保を優先して、結局全く人の手が入らない自然に人の手を加えてから自然を感じることをする。

8297F1D4-7AE8-4A22-9CB1-1552EBBA9F21.jpeg

人も自然の一部だとしたら、それでも構わないと思うが、自然の本来の姿を知らずにそれを自然だと思い込み感じているようで、結局は全くの自然、真の自然は知ることができないものだと思った。

"True nature"

It may not be said that it is natural in the nature that has been modified by humans, but I felt that I could feel nature more realistically when I was in it.

When you come into contact with nature, which is strange and completely untouched by humans, before you feel the nature itself, first take awe, prioritize ensuring your own safety, and in the end, completely untouched by humans. Do not feel nature after modifying it naturally.

If people are also a part of nature, it's okay, but they seem to think that it is natural without knowing the true nature of nature, and in the end, it is possible to know the complete nature, the true nature. I thought it was impossible.

リンク

毎回変える

つくるためにあれこれ考えていると、必ず不確定なことにぶつかる。いつも同じことの繰り返しやいつも同じ人やいつものやり方の中にいればそのようなことは無いだろうが、必ず毎回新しい要素を入れるので、時には何十年も使い慣れた道具としてのCADを全く未知のものに変える時もあるので、定量的に作業が進まないこともある。

ただ、新しい要素を毎回入れていかいないと、過去に上手くいったやり方や思考を無意識に繰り返してしまい、そうすると、本来は毎回起こることが違うはずなのに、それに向き合わずに過去のやり方に固執して無理矢理当てはめるようなことをしてしまい、結果的にどこかに歪みが出る、大概は自分の中に歪みが出る。

11C6D2A6-E429-449F-B672-A6D28E306DBC.jpeg

だから、毎回真っ新に向き合い、その時最善の手段を取ろうとするから毎回変える。先日、10年以上ご無沙汰していた方と一緒に仕事をしたいと思い、その方に直接連絡した。久しぶりに声を聞いて時の経過を感じたが、かっちりと今回のプロジェクトにはまるような気がした。

"Change every time"

When I think about it to make it, I always run into uncertainties. It wouldn't happen if you were always repeating the same thing, always in the same person, or in the usual way, but because you always add new elements, sometimes CAD as a tool you've been used to for decades is completely unknown. Since there are times when it is changed to something else, the work may not proceed quantitatively.

However, if you do not add new elements every time, you will unknowingly repeat the methods and thoughts that worked well in the past, and if you do so, what will happen each time will be different, but instead of facing it, stick to the past methods I do something that I force myself to apply, and as a result, there is some distortion, usually in myself.

That's why I face new things every time and try to take the best measures at that time, so I change every time. The other day, I wanted to work with a person who had been absent for more than 10 years, so I contacted him directly. When I heard the voice for the first time in a long time, I felt the passage of time, but I felt like I was completely absorbed in this project.

リンク

自然の建築化

自然に生成された空間を建築化したくなることがある。

人工的に生成する空間は必ずあるモデルを構築する必要があり、それは自然に生成された空間でも大体同じようことなのだが、モデルの精度、複雑さが人工的に生成されたものより自然に生成されたものの方が圧倒的に精度が高く、複雑さの度合いもケタが違う。

A96168E3-AA42-48A7-8B84-EC3838E1C464.jpeg

人工の空間は自然の空間の足元にも及ばないから、素晴らしい自然の空間に畏敬の念を抱くのかもしれない。ただ、つくり手としてはそこで終わらせたくなく、建築化したくなる。

"Architecture of nature"

Sometimes you want to build a naturally created space.

It is necessary to build a certain model for the artificially generated space, which is almost the same in the naturally generated space, but the accuracy and complexity of the model are generated more naturally than the artificially generated one. The ones that have been made are overwhelmingly more accurate, and the degree of complexity is also different.

Since the artificial space does not reach the foot of the natural space, you may be in awe of the wonderful natural space. However, as a creator, I don't want to end there, I want to build it.

リンク

発見されていない空間

今まで見たことがないような建築や空間を生み出したいと思う一方で、これを建築化したら素晴らしいものになるというものにも出会うこともある。

勝沼のワイナリー巡りをした際に、ワイナリーには葡萄畑が併設されており、その葡萄の房が棚状に実る下の空間が構築的にみたらとても面白い空間であり、ただこれを建築化するのは難しいが、是非建築化してみたいと思った。

写真では上手く表現できないのだが、一見不規則に見え、実際は規則的に並ぶ人工物が木の幹と枝の自然物を上手くコントロールして空間を構築しており、天井面の枝と葉が空隙を不規則につくり、そのため木漏れ日が空間に複雑性を足す。棚にテンションをかけるための斜めの柱の配置も面白い。

CBA7F0F8-D033-421C-A843-87D1B7D4D543.jpeg

意図して建築化した訳ではないのに面白い空間になっている、特に自然による造形や空間にはまだまだ建築の世界では発見されていない、まだ見ぬ新しい世界がたくさん存在していることだろう。

"Undiscovered space"

While I want to create architecture and spaces that I have never seen before, I also come across things that would be wonderful if they were built.

When I visited Katsunuma's winery, a vineyard was attached to the winery, and the space underneath where the bunches of grapes grow like shelves is a very interesting space when viewed constructively, just to build it. It's difficult, but I definitely wanted to build it.

Although it cannot be expressed well in the photograph, it looks irregular at first glance, and in reality, the regularly arranged artificial objects control the natural objects of the tree trunk and branches to create a space, and the branches and leaves on the ceiling surface create gaps. Created irregularly, so sunbeams add complexity to the space. The arrangement of diagonal pillars to apply tension to the shelves is also interesting.

It is an interesting space even though it was not intentionally constructed, especially in the natural modeling and space, there are many new worlds that have not been discovered in the architectural world yet. ..

リンク

建築の準備

都市との関係性、変わりゆく景観との関係性をもっとチャンクダウンしていく必要を感じる。

どこにでもあり気づいていない中に関係性を物語るものがあり、それに触れるだけで一気に関係性が浮き彫りになり、関係性を左右することになるものを探す。

D933B625-B992-405F-A803-7B9D1D92F10E.jpeg

それをもっとわかりやすく、もっと平易に、もっと引っ掛かりがないような言葉で表現することが重要で、それができてはじめて建築という形にする準備ができる。

"Preparation for architecture"

I feel the need to further chunk down the relationship with the city and the changing landscape.

There are things that are ubiquitous and unnoticed that tell the relationship, and just by touching it, the relationship becomes apparent at once, and we look for something that influences the relationship.

It is important to express it in words that are easier to understand, simpler, and less entangled, and only then can we be ready to take the form of architecture.

リンク

景観を他者として

意識して都市の変わりゆく景観とつながりを持ちながら建築を考えることは、建築に建築以外の他者性を取り入れることになり、一個の建築について考えていただけでは到達できないようなものを出現させる原動力になる。

25442D44-62F0-49ED-B90B-DDDB86BC6F35.jpeg

変わりゆく景観の中から何を抽出するのか、その景観やその場所の何が異所、異空間だと思うのか、過去現在未来とつなぐ時間軸の中でどこに焦点を当てるのか、または時間の流れに対して何ができるのか、などを考えていく過程で一個の建築計画に幅と奥行きが与えられる。

"Landscape as another person"

Thinking about architecture while consciously connecting with the changing landscape of the city means incorporating otherness other than architecture into the architecture, and is the driving force for the emergence of things that cannot be reached by just thinking about one architecture. become.

What to extract from the changing landscape, what to think of the landscape and its place as a different place, a different space, where to focus on the time axis connecting the past, present and future, or the flow of time In the process of thinking about what can be done for one building plan, width and depth are given.

リンク

都市とつなげる建築

目が疲れるくらいに都市と視覚でつながっているので、様々な広告や情報に晒され、知らないうちに翻弄され、制御できれば良いのだが大概は制御することなどできず、制御する術を知らず、さらに目が疲れクラクラしてくることがある。

視覚で都市とつながろうとしなければ、目が疲れることもないが、視覚以外の感覚で都市とつながる術を知らない人がほとんどかもしれない。

都市とのつながり方で視覚ではなく触覚でつながることは可能性であり、その場合、建築が貢献できることはたくさんある。

CDA61A23-7B88-48B2-83D3-47ACAB155C00.jpeg

触覚とは、例えば歩くことで足の裏で都市の起伏を感じたりすることである。視覚を通して触覚を感じることもできるが、視覚を除去して直に触覚で感じた方が翻弄するような情報をカットできる。その時、建築は歩くというアクティビティを通して都市とつながることを容易にする。

"Architecture that connects with the city"

Since I am visually connected to the city so much that my eyes get tired, I am exposed to various advertisements and information, and I wish I could control it without knowing it, but most of the time I can not control it, I do not know how to control it. In addition, my eyes may get tired and irritated.

If you don't try to connect to the city visually, your eyes won't get tired, but most people may not know how to connect to the city with a sense other than vision.

It is possible to connect with the city by touch rather than by sight, and in that case, architecture can contribute a lot.

Tactile sensation means, for example, walking to feel the undulations of the city on the soles of the feet. It is possible to feel the sense of touch through the sense of sight, but it is possible to cut out information that is tossed by the person who feels the sense of touch directly by removing the sense of sight. At that time, architecture facilitates connection with the city through the activity of walking.

リンク

視覚以外で都市とつながる

利便性は視覚に訴えてくる。目まぐるしく利便性が駆り立ててくる。利便性と適当な距離を取りたいのに、何が効率的で何が早いかを勝手に知らせてくる。都市には利便性の良さを訴えるものに溢れている。すでに麻痺して気づいていないものもたくさんある。

利便性が都市を特徴づけるならば、視覚と利便性がつながることは、視覚と都市がつながっていることでもあり、その関係性が行き過ぎると人は何かに駆り立てられるように都市に居づらくなる。

B2FC274E-9AD1-4286-9107-378945BCD14C.jpeg

視覚で都市とつながることを遮断し、視覚以外の感覚で都市とつながることを考えてみる。そのためにはまず視覚に訴えてくる利便性との遮断が必要であり、それは日々の生活の中での影響が大きいかもしれないが、視覚以外の感覚で都市につながることに建築は貢献できるかもしれない。

"Connecting to the city other than vision"

Convenience is visually appealing. Convenience is driven at a dizzying pace. You want to be convenient and at a reasonable distance, but you will be informed of what is efficient and what is fast. The city is full of things that appeal to convenience. There are many things that are already paralyzed and unnoticed.

If convenience characterizes a city, the connection between vision and convenience is also the connection between vision and city, and if the relationship goes too far, it becomes difficult for people to stay in the city so that they can be driven by something. ..

Think about connecting to the city with a sense other than the visual sense, blocking the connection with the city visually. For that purpose, it is first necessary to cut off from the convenience that appeals to the eyes, which may have a great influence on daily life, but architecture may contribute to connecting to the city with a sense other than the eyes. unknown.

リンク

利便性と距離を取る

都市の利便性を象徴するものはやはり交通網だろう。鉄道網に道路網と今だに公共工事で日本全国で少しでも便利になるように拡張が行われており、人と物の移動をいかに容易にするかが今だに問題になり、それが全て揃っているのが都市である。

利便性は大事だが行き過ぎた利便性は人を物として扱うようなもので、少しも人のためにならないのだが、利便性は加速するばかりで人はどんどん置いていかれ着いていけなくなっている。

2484714D-6C70-47D2-BB01-5AAF19864D77.jpeg

それを回避するには利便性とある程度の距離を取り、利便性を人が自ら上手に調整できようにすれば良く、そのためにはひとつは交通網との関係性を見直すことが大事であり、その見直しの過程で建築が貢献できることがたくさんあるような気がしている。

"Convenience and distance"

The transportation network will symbolize the convenience of the city. The railroad network, the road network, and public works projects have been expanded to make it even a little more convenient throughout Japan, and how easy it is to move people and things is still a problem. The city has everything.

Convenience is important, but excessive convenience is like treating a person as a thing, and it does not benefit people at all, but convenience is only accelerating and people are being left behind and unable to reach it.

To avoid this, it is only necessary to keep a certain distance from the convenience so that people can adjust the convenience well, and for that purpose, it is important to review the relationship with the transportation network. I feel that there are many things that architecture can contribute to in the process of reviewing it.

リンク

関係性を一度切る

利便性が無く効率的でない都市を想像してみる。そもそも利便性が悪く効率的でない場所を都市というかは疑問が残るが、実際に存在する可能性があるかどうかは別にして想像してみる。

上手くなかなか想像できないのが面白い。

あえてクネクネした道、あえて水辺に降りて行く、あえてアップダウンをそのままに、あえて低くく低密度で、あえて偏りをつくったり、そうかと思うとバラバラにシャフルして関係性を切ってみる。

4F12A517-045A-4373-8B34-17ACE793C8BC.jpeg

せっかく出来上がった高効率高密度な都市、利便性の高い都市に向き合うと、関係性を一度切り、新たな関係性を築くことで行き過ぎた利便性から離れて、都市に居たいと思わせるものを築くことができるような気がして、その過程で今まで気づいていなかった都市の魅力がわかるかもしれないと思った。

"Cut the relationship once"

Imagine a city that is inconvenient and inefficient. It is doubtful that a city is a place that is inconvenient and inefficient in the first place, but let's imagine whether it may actually exist.

It's interesting that I can't imagine it well.

I dare to go down to the waterside, dare to go down to the waterside, dare to keep the ups and downs, dare to create a bias with low and low density, and when I think so, shuffle them apart and cut the relationship.

When you face a highly efficient, high-density city or a highly convenient city, you can break the relationship once and build a new relationship to get away from the excessive convenience and make you want to stay in the city. I felt like I could build it, and in the process I thought I might discover the charm of a city that I hadn't noticed before.

リンク

ルールから外れる

都市の利便性は都市のルールと結びついている。利便性は何か単体では実現することはできず、相互に関連づけられたつながりから生まれる。その関連づけられたつながりを相対的にみれば都市のルールといえる。

ルールがひとつでもは破綻したら利便性が損なわれるような状態では都市としては脆弱だが、案外どこの都市も、東京も脆弱なような、雪が降ったら機能麻痺を起こすし、それ程都市は、都市の利便性は薄氷だが、利便性は損なわれない、むしろこれからもっと便利になり利便性が上がる前提で都市は成り立っている。

AB59A74D-4113-4C77-A9FA-B2F2AF9C433E.jpeg

大きな全体としての都市の部分としての建築を考える時はこの前提に抗えないし、自然と染まってしまう。それも都市のルールなのだが、ルールから外れることで利便性とは一線を画した建築ができないかと考えている。

"Out of the rules"

City convenience is tied to city rules. Convenience cannot be achieved by itself, but comes from interconnected connections. If you look at the related connections relatively, it can be said that it is a rule of the city.

It is vulnerable as a city in a state where even one rule breaks down and convenience is impaired, but unexpectedly every city and Tokyo are vulnerable, and when it snows, it causes functional paralysis. Convenience is thin ice, but convenience is not impaired, but rather the city is built on the premise that it will become more convenient and more convenient in the future.

When considering architecture as a part of a large city as a whole, this premise cannot be resisted and it is naturally dyed. That is also a rule of the city, but I am wondering if it is possible to build a building that is different from convenience by deviating from the rule.

リンク

都市に居たいと思わせる

都市から利便性が無くなったらと考えてみると、都市としての魅力が半減するかどうかという考えが思い浮かんだ。そのくらい、都市の魅力は利便性にあると考えている。もちろん都市の魅力は利便性だけではないが、全ての魅力が利便性に集約されるのではないかと思ってしまう。

利便性のひとつは交通網かもしれない。特に鉄道の恩恵は日々感じる。勝手なイメージだが、地下鉄も含め鉄道による移動だけである程度済ますことできる街が都市と呼べるような気がする。

人も物も移動に関わる労力とコストは膨大であり、それが軽減できる場所が都市だから人も物も集中するのだろう。

D45DAB98-4BAD-4F26-AF0E-88CEF65D3492.jpeg

利便性を手放すのは無理かもしれないが、すでに私たちの生活は利便性という指標で常に、見えないところでも、測られているので、しかし、利便性が無くても都市に居たいと思わせる何かがあるのは確かなような気がするので、それが文化とは安直にはいわないが、それを建築化してみたい。

"Make me want to stay in the city"

When I thought about the loss of convenience from the city, I came up with the idea of ​​whether the attractiveness of the city would be halved. I think that the attraction of the city lies in its convenience. Of course, the charm of the city is not only convenience, but I think that all the charms are concentrated in convenience.

One of the conveniences may be the transportation network. In particular, I feel the benefits of railways every day. It's a selfish image, but I feel that a city that can be moved to some extent by rail, including the subway, can be called a city.

The labor and cost involved in moving people and goods is enormous, and since the place where it can be reduced is a city, people and goods will be concentrated.

It may not be possible to let go of convenience, but already our lives are always measured in the invisible area by the index of convenience, but we want to stay in the city even if it is not convenient. I'm sure there's something to do, so I'm not saying it's a culture, but I want to build it.

リンク

人を集める都市の魅力

都市に階層性は様々あるが、交通インフラが先にできて優先される状況はある意味ではどこの都市でも起こり得る代表的な階層性ではないだろうか。

都市の都市たる所以は交通インフラが整備されていることであった。ビジネスにしても、学業にしても、生活をするにしても頻繁に移動が伴うので、交通インフラが整備されている方が便利で効率良く広範囲に動けて、そのおかげで成果が出るから都市に人が集まり、人が集まると自然と文化が生まれるという相乗効果も都市にはあり、だから人が今までは都市に集中する結果となった。

しかし、ビジネスも学業も生活も同じ場所に留まり全てがまかなえ、頻繁に移動しなくて済む状況に変化すると、今までのような交通インフラは必要では無くなった。そうすると、都市の都市たる所以が無力化してしまい、もはや人が都市にいる意味は他に行き場が無いだけの理由になってしまったかもしれない。

それこそ、ドローンで人流も物流もまかなえるならば、交通インフラそのものが必要無い。あまりにも極端な話かもしれないが、その時仮に住む場所を自由に選択できるならば、もしかしたらその時点で「都市」という存在自体、「都市」という言葉自体が消滅しているかもしれないが、それでも都市にいるだろうか、都市に魅力を感じるだろうか。

魅力を感じるとしたら、すでに今あるもの、あるいは過去への郷愁に対してだけであり、その時点では未来に対しては何もないかもしれない。どこかで交通インフラが優先される都市構造から脱する必要があるのだろうが、それでも成り立つ都市、人が集まる都市が存在しているとしたら、人を都市につなぎ止めるものは何だろうかと考えてみる。

BFBD5688-4B02-4B12-8F85-F3B7F18A547C.jpeg

人はそんなに簡単には変われないので、答えがあるならば、きっとその答えの種はすでに今あり、ただ何も効力を発揮していなくて、気づかれてもいないものだろう。探し出すにはとりあえず都市をメタ的に見て、ムダではあるが、地方には無いものを探してみる。

"Attractiveness of a city that gathers people"

There are various hierarchies in cities, but in a sense, the situation where transportation infrastructure is created first and prioritized is a typical hierarchy that can occur in any city.

The reason for being a city is that the transportation infrastructure is in place. Whether it's business, school, or living, you often move around, so it's more convenient and efficient to move over a wide area if you have a well-developed transportation infrastructure. Cities also have the synergistic effect of gathering people and creating culture naturally when people gather, which has resulted in people concentrating on the city until now.

However, when business, school, and life stayed in the same place and everything was covered, and the situation changed so that people did not have to move frequently, the transportation infrastructure that they used to have became unnecessary. Then, the reason why the city is a city is incapacitated, and the meaning of people being in the city may have become the reason that there is no other place to go.

That's why if a drone can handle both human flow and logistics, there is no need for transportation infrastructure itself. It may be a very extreme story, but if you can freely choose the place to live at that time, the existence of "city" itself and the word "city" itself may have disappeared at that time. Are you still in the city or are you attracted to the city?

The only attraction you may find is for what you already have, or for nostalgia for the past, and at that point there may be nothing for the future. It may be necessary to break away from the urban structure where transportation infrastructure is prioritized somewhere, but if there is a city that still holds, and a city where people gather, wondering what keeps people in the city. View.

People don't change so easily, so if there's an answer, I'm sure the seeds of that answer are already there, just ineffective and unnoticed. To find out, look at the city meta-wise, and look for something that is wasteful but not found in rural areas.

リンク

雑草生い茂る場所を眺めながら

建築が建つかどうかは法規的には土地が道路に接しているかによるので、都市部では建築と道路はセットで考える場合が多い。大体が土地に対して道路がどの方位で接しているかが計画に結構大きく影響を与える。

5F222361-2340-4BDA-B3A1-47FE0090ABAE.jpeg

鉄道の高架化により風景が変わる時、事業の進捗具合によっては立ち退きによる道路付け替えよりも先に建築物ができる場合がある。道路の位置は決まっているが雑草生い茂る場所を道路に見立てて計画をする。何ともイメージしづらいが、この状況で良い環境を実現するには何をしたら良いのかを考えている。

"Looking at the weedy place"

Whether or not a building is built depends on whether the land is in contact with the road, so in urban areas, the building and the road are often considered as a set. In general, the direction in which the road touches the land has a considerable effect on the plan.

When the landscape changes due to the elevated railway, depending on the progress of the project, the building may be built before the road replacement due to eviction. The location of the road is fixed, but the place where weeds grow is likened to a road when planning. It's hard to imagine, but I'm thinking about what to do to realize a good environment in this situation.

リンク

建築が先

都市の形成にはざっくりした順序があり、まずは大きな通り、道や鉄道が敷かれ、さらに細分化するように道がつくられ、通りと道に囲まれた場所を公共施設用地や私有地にしていき、最終的にはそこに建築物ができる。

まず交通インフラが先に出来上がる。都市は単独では成り立たず、人流にしても、物流にしても、他の都市とのつながりが重要であり、人流や物流は人で例えたら血液であり、血液が流れるから人は生きられるように、人も物も流れないと都市は生きられない。

だから、都市の形成ではまず流れを確保する。だが、時としてその順序が逆になる。建築物が先にでき、あとから道がつくられることがある。流れるところは決まっているのだが、流れができる前に建築物ができる。

765F0125-F4DD-4159-ABBE-B123229DC87D.jpeg

建築は道という流れが存在しなくても成り立つのだろうか、その時の建築は流れがある場合と比べて何が違うのか、などと考えていると都市と建築の関係性で固定されてた部分が動き出す。

"Architecture first"

There is a rough order in the formation of cities, first large streets, roads and railroads are laid, roads are made to be further subdivided, and the places surrounded by streets and roads are made into public facility land or private land. , Eventually there will be a building there.

First, the transportation infrastructure is completed first. A city cannot be established by itself, and it is important to connect with other cities regardless of whether it is human flow or physical distribution. The city cannot live without the flow of people and things.

Therefore, in the formation of a city, first secure the flow. But sometimes the order is reversed. Buildings may be built first and roads may be built later. The place where it flows is decided, but the building is built before the flow is made.

When thinking about whether architecture can be established without the flow of roads, and what is the difference between architecture at that time compared to the case where there is a flow, the part fixed by the relationship between the city and architecture. Starts to move.

リンク

創作する

自由に創作するためにわざと制約を設ける。全くの自由では次にすることは制約を求めることだから創作に向かわなくなる。制約から自由になるために創作に意識が向く。創作のコツは制約を設定することであり、制約を別の言い方をすれば、常識、慣習、課題かもしれない。要するに全くの自由な創作というのはそもそも成り得ないということであり、それを逆の状況から言えば、常に創作の種となる制約は身近にある訳だから、捉え方しだいで創作がいつでもできるということである。

1AD76668-024A-42D0-8BFA-7506541DE3F4.jpeg

"Create"

Constraints are intentionally set to create freely. With total freedom, the next thing to do is to seek constraints, so you will not be able to create. Being conscious of creation to be free from restrictions. The knack of creation is to set constraints, which in other words may be common sense, customs, or challenges. In short, completely free creation is impossible in the first place, and from the opposite situation, there are always restrictions that are the seeds of creation, so you can always create depending on how you think about it. That is.

リンク

ブラックボックス化

出どころが見えない、ブラックボックス化されたものは自然と人の想像力を喚起する。ブラックボックスの内部に興味があればある程知りたくなる。

490EF2AE-EBB9-4C2A-99D8-57871C5F76EA.jpeg

見せないということもデザインのうちかもしれない。デザインの発露がわからないだけで興味が湧く。そもそも建築はできあがったものの結果で判断をされるので、発露がわからなくても良いのだが、人は想像を超えたものを見せられた時、自分の中で辻褄を合わせるために自然となぜそうなるのかを知りたくなり、納得せずにはいられない。その時に知りたいことがブラックボックス化されていたら、余計に印象に残る。故に見せないことも大事になる。

"Black box"

The black-boxed ones, whose source is invisible, naturally arouse the imagination of people. The more you are interested in the inside of a black box, the more you want to know.

Not showing it may be part of the design. I am interested just because I do not understand the appearance of the design. In the first place, the architecture is judged based on the result of the finished product, so it is not necessary to know the dew, but when a person is shown something beyond imagination, why so naturally to match the tsuji in himself. I want to know if it will be, and I can't help but be convinced. If what I wanted to know at that time was black-boxed, it would be even more impressive. Therefore, it is important not to show it.

リンク

部分は極端に小さく

あまりに小さい部分は消滅してしまうかもしれない危険性があるが、たくさん集まれば強固な全体をつくることができるはずであり、全体をつくることができれば、あまりに小さい部分が故にフレキシブルな動きや対応が可能になる。

部分と全体という分け方の中で階層性を設けないようにするならば、並列に分ければ良いのだが、並列でも分けた部分のスケールによって方向性や積層性が生まれ、それが階層性につながる場合がある。

全く階層性がなく部分に分けるには、部分を極端に小さくし、スケールの差に意味が無くなるようにすれば良いが、その場合はあまりに部分が小さくなり過ぎるので、部分の扱いが煩雑になり、全体をつくる難易度が上がる。

43D1B392-50F4-451C-BE74-5100750271B9.jpeg

いずれにせよ、部分を極端に小さくすれば良いとなると建築の規模の大小に関係無く、独立した部分が機能を担保し、その部分が並列に並び、その並列に並ぶ部分の集合した様を建築として形づくることができる。

"The part is extremely small"

There is a risk that too small parts may disappear, but if you gather a lot, you should be able to make a strong whole, and if you can make the whole, flexible movement and correspondence because of too small parts It will be possible.

If you do not want to create a hierarchy in the division of parts and the whole, you can divide it in parallel, but even in parallel, the scale of the divided parts creates directionality and stackability, which leads to hierarchy. In some cases.

In order to divide the parts into parts without any hierarchy, it is sufficient to make the parts extremely small so that the difference in scale becomes meaningless, but in that case, the parts become too small and the handling of the parts becomes complicated. , The difficulty of making the whole goes up.

In any case, if the part should be made extremely small, regardless of the scale of the building, the independent part guarantees the function, the part is lined up in parallel, and the part that is lined up in parallel is assembled. Can be shaped as.

リンク

小規模な部分と全体

機能が階層構造になっていて全体がつくられる建築よりも独立した部分が機能を担保し、その部分が並列に並び、その並列に並ぶ部分の集合した様が建築として形づくられる方が面白いと考えているが、そのような建築はある程度の規模がないと難しいかもしれない。

しかし、部分の捉え方などにより規模とは関係なしに実現できないかと考えてみる。

8FB1E64D-A925-4FF0-A505-0901DEE58723.jpeg

規模が小さいということは部分も自ずと小さくなる。部分が小さい故に、部分に当てはまりそうな規模をヒントに部分を捉え直してみる。そうして部分を捉えることができれば、全体としての建築が自ずと見えてくる。

"Small part and whole"

I think that it is more interesting to form an architecture as an independent part that guarantees the function, and that part is lined up in parallel, and a collection of the parts that are lined up in parallel is formed as an architecture, rather than an architecture in which the function is hierarchical and the whole is made. However, such architecture may be difficult without a certain scale.

However, let's think about whether it can be realized regardless of the scale, depending on how to grasp the part.

The fact that the scale is small naturally means that the part is also small. Since the part is small, I will recapture the part with a hint of the scale that seems to apply to the part. If you can grasp the part in that way, you can see the architecture as a whole.

リンク

想いの解決策

誰にでも想いがあり、それを背負う部分が必ずあり、それをどのように扱い建築化やデザイン化していくのかが毎回工夫のしどころであり、その時恣意的に想い入れに促して対処するのがもしかしたら普通には一般的には受け入られやすいのかもしれないが、それでは建築としてデザインとしては何も表現できていないことと等しいので、もう少しメタ的に考えて一般解として通用するような解決策を模索する。

D29C621F-AFB5-4419-8390-F1992230AC7B.jpeg

想いも元を辿れば共通認識につながり、今度はその共通認識の直接的な解決策を用いて建築がつくられる場合が多いが、その時に共通認識自体を疑うことをする人はほとんどいない。疑いの中にまだ見たことがない建築のヒントがあり、それは次の時代の建築の可能性につながり、同時にそれは想いを最大限に受け止めることにもつながる。

"Solution of feelings"

Everyone has a feeling, and there is always a part to carry it on their backs, and how to handle it and build and design it is the point of ingenuity every time, and at that time it is necessary to arbitrarily encourage the feelings and deal with it. Perhaps it is usually easy to accept, but that is equivalent to not being able to express anything as a design as an architecture, so a solution that can be considered as a general solution with a little more meta-thinking. Seeking a plan.

If you trace the origin of your thoughts, it will lead to a common understanding, and in many cases, architecture will be created using the direct solution of that common recognition, but at that time, few people doubt the common recognition itself. In doubt, there are architectural hints that I haven't seen yet, which leads to the possibilities of architecture in the next era, and at the same time, it also leads to the maximum acceptance of thoughts.

リンク

出来事をつくり出す建築

「暮らし」の中から何かを抽出して建築化する場合、抽出したものはとても小さく、断片的なことかもしれず、とても建築全体を形成するには物足りず、それはただの部分に過ぎないかもしれない。いや、あくまでも「暮らし」の中から何かを抽出して建築化する場合は抽出したものは部分に留めておく必要があり、部分だとして、決してそれで建築全体を形成してはいけない。

「暮らし」の中から抽出したものだけで建築全体を形成してしまうと、建築は単なる生活用品でしかなくなる。確かに、生活用品たる建築に溢れていて、建築は生活用品だとする方が大勢かもしれないが、建築が生活用品では中で暮らしている人は生活用品の一部としての振る舞いしかできないし、生活用品という物が中心の生活になる。

物が中心より、そこで起こる出来事を中心にした建築の方が、今この不自由な生活の中で何が困るかと言うと、物は何でも手に入るが、起こるはずの出来事が起こらないことであり、出来事を通して生まれるはずのコミニケーションが生まれないことであり、それは人を疲弊させる。

B33302C5-55DD-4AA5-8516-EED4A51E69E9.jpeg

今この瞬間に求められる建築は出来事をつくり出す建築であり、それは「暮らし」以外のところと建築が結びついてはじめて実現可能となるだろう。

"Architecture that creates events"

When you extract something from "living" and build it, the extraction is very small and may be fragmentary, very unsatisfactory to form the whole architecture, it is just a part. Maybe. No, if you want to extract something from "living" and build it, you need to keep the extracted part in the part, and even if it is a part, you should never form the whole architecture with it.

If the entire architecture is formed only from the "living", the architecture is nothing more than a daily necessities. Certainly, there are many people who think that architecture is a daily necessities because it is full of daily necessities, but people who live in architecture can only act as a part of daily necessities. , Living goods will be the main life.

The problem with architecture centered on the events that occur there rather than the center of things is that you can get anything, but the events that should happen do not occur. Yes, there is no communication that should be born through events, which exhausts people.

The architecture required at this moment is the one that creates the event, and it will be feasible only when the architecture is connected with the place other than "living".

リンク

暮らしの建築化

建築が建築以外のことと結びついて存在したら建築としての価値は半減するのだろうか。

例えば、住宅の場合だと、建築とは関係がないことで満載であり、それを一言で言えば「暮らし」かもしれないが、建築は単なる箱、容れ物で、中身は建築とは関係がない「暮らし」で満たされていると考えた場合、「暮らし」に合わせた建築が登場する。

808EF8B6-E2D6-4146-8304-90C3677F692A.jpeg

その場合の建築は純粋な意味での建築ではなく、「暮らし」の一部、「暮らし」に括られたものになる。その時の建築は純粋な意味での建築の価値を越えるだろうか。それは「暮らし」の中から何を抽出して建築化するかによるだろう。

"Architecture of living"

Will the value of architecture be halved if it exists in connection with something other than architecture?

For example, in the case of a house, it is full of things that have nothing to do with architecture, and in a word, it may be "living", but architecture is just a box, a container, and the contents are related to architecture. If you think that you are filled with "living" that does not exist, architecture that matches "living" will appear.

The architecture in that case is not a pure architecture, but a part of "living", "living". Will the architecture at that time exceed the value of architecture in the pure sense? It will depend on what is extracted from "living" and built.

リンク

デザイン放棄

輪郭は建築の外形をなぞるが、人の意識に浮かぶ形もなぞる。両方が一致する場合は輪郭が人の意識にそのまま思い浮かぶ。輪郭を創造する側は一致させようとする。それは当たり前だが、はじめから一致させるのを止め、人の意識に現れる形を輪郭とは別の形、その形はコントロールしない、人の意識に任せてしまうようなやり方をしてみる。

D7775990-9D9F-4797-97AA-1C7BC6EB2E57.jpeg

意識に思い浮かぶ形までコントロールするのがデザインだとしたら、デザインすることを放棄することになるかもしれない。

"Design abandonment"

The outline traces the outer shape of the building, but it also traces the shape that comes to human consciousness. When both match, the outline comes to mind as it is in human consciousness. The side that creates the contour tries to match. It is natural, but I will stop matching from the beginning and try to make the shape that appears in human consciousness different from the outline, do not control the shape, and leave it to human consciousness.

If design is about controlling the shape that comes to mind, you may abandon designing.

リンク

輪郭は変化する

建築の輪郭自体は、建築そのものがつくり出すので、他からの影響は無く、建築自体の形がどうあるかが重要であり、それだけのような気がするが、もし建築の輪郭が他からの影響で変わることがあるとしたら何があるだろうかと考えてみた。

ひとつは輪郭自体は変わらないが、それを見る人の認識が様々に変化して、受け取る輪郭の像に変化が起こることは考えられる。意識が様々に変化するのは、まず人によって受け取り方が違うからであり、それはそもそもどのようにでも受け取れるからである。

4F8A0DAE-6E0C-4D5D-AE83-D0F4FABC77C6.jpeg

ではそのような建築が今まで存在したことがあったかというと、歴史を紐解けば、有機的な輪郭、動植物的な輪郭などをした建築は存在した。その場合、受け取る側の見方や意識によって輪郭はいろいろな見え方をしただろう。

"The contour changes"

Since the outline of the architecture itself is created by the architecture itself, there is no influence from others, and it is important how the shape of the architecture itself is, and I feel that it is the only thing, but if the outline of the architecture is influenced by others. I wondered what would happen if it could change.

One is that the contour itself does not change, but it is conceivable that the perception of the viewer will change in various ways, and the image of the contour received will change. The reason why consciousness changes variously is that each person receives it differently, because it can be received in any way in the first place.

Then, if such architecture has ever existed, if we look at history, there were architectures with organic contours, animal and plant contours, and so on. In that case, the outline would look different depending on the perspective and consciousness of the recipient.

リンク

輪郭は境界線を越える

屋根は間近では見えないが、離れた所からは良く見える。離れれば細部はボヤけ、空との境界線である輪郭が際立つ。輪郭は頂部の形であり、屋根がつくり出す。屋根はアイコンのように、その輪郭が建築の種類を表す。屋根が無い建築もあるが、頂部の輪郭は存在する。建築ばかりではない、高速道路も、鉄道の軌道も地上を走っていれば輪郭はある。

意外と輪郭に無頓着なのではないだろうか。

外観の仕上げにはこだわるかもしれないが、輪郭にはこだわらない。仕上げなどの細部は離れればわからないのに、輪郭は離れていてもわかるのに大事にしない。色や高さや緑など景観を良くするためのコードはあるのに、輪郭についてのコードはない。

5C5C4CA2-863E-400D-BDAF-3DBAD4015AEE.jpeg

敷地境界線を越えて影響力を与えようとしたら、離れたところから価値判断をするものに注視すれば良く、輪郭はひとつの価値判断をする指標になるだろう。

"Outline crosses the boundary"

The roof cannot be seen up close, but it can be seen well from a distance. If you move away, the details will be blurred, and the outline that is the boundary with the sky will stand out. The contour is in the shape of the top, created by the roof. The outline of the roof, like an icon, represents the type of architecture. Some buildings do not have a roof, but the contours of the top are present. Not only architecture, but also highways and railroad tracks have contours if they run on the ground.

Isn't it surprisingly indifferent to the contours?

You may be particular about the finish of the appearance, but not the outline. I don't care about the details such as the finish, even if they are separated, even if they are separated. There are codes for improving the landscape such as color, height and green, but there is no code for contours.

If you want to influence beyond the boundaries of the site, you can look at the ones that make value judgments from a distance, and the outline will be an index for making one value judgment.

リンク

新たなスカイライン

スカイラインの中にそっと挿入するようなイメージをいつも抱く。都市の中では既存の建築によって出来上がっているスカイラインが存在し、それは日常の風景であり、ある日突然建造物が立ち上がった時の違和感は見慣れたスカイラインが変わったことによる。

空が塞がれたり、風景を遮断したり、何か建築が立ち上がる時は同時に何かの障害になる場合がある。

14848BE8-0541-44E1-A609-5001A3D5E67A.jpeg

しかし、新たに建築をスカイラインにそっと挿入することにより、違和感の後にくる新しさが風景をアップグレードさせることになるように考え計画している。

"New skyline"

I always have the image of gently inserting it into the skyline. In the city, there is a skyline created by existing architecture, which is an everyday landscape, and one day when a building suddenly stands up, the feeling of strangeness is due to the change in the familiar skyline.

When the sky is blocked, the landscape is blocked, or when some architecture stands up, it can be an obstacle at the same time.

However, by gently inserting the new architecture into the skyline, we are planning to think that the newness that comes after the discomfort will upgrade the landscape.

リンク

小さい建築の影響力

圧倒的にスケールが大きい都市計画に対して、圧倒的にスケールが小さい建築計画で何がてきるかを考えてみると、少なくとも大きいものに飲み込まれてしまうのではなく、波紋が広がるように敷地境界線を越えて影響を与えることかもしれないと思った。

小さなひとつの建築が影響を持って周辺環境の雰囲気を変えることは良い例か悪い例かは別にしてある。その時の建築はやはり自律した強度が強い建築である場合が多い。つまり、主張が強く、何かを単独で強く表現している。

ただ、そういう自律した建築は段々と疲弊をしてくることも事実である。主張の強さ、表現の強さはいずれ慣れるか時代にそぐわなくなる。その時の建築の強さは違和感しかなく、むしろ主張の強さ、表現の強さが行き詰まり感を出す。

CEAE8A88-37A7-4752-9E3F-03DFA5CB9FD5.jpeg

敷地境界線を超えて与える影響力の源は自律の強さだけだろうか。影響力など無くても良いとなるとまた別の話だが、自律以外、それは他律で自律以上の影響力を出すことを考えてみると、周辺環境との関係性でまた別の視点が持て、新たな関係性が生まれるような気がする。

"Influence of small architecture"

Considering what will come from an overwhelmingly small-scale architectural plan as opposed to an overwhelmingly large-scale city plan, at least the site will spread ripples rather than being swallowed by the larger ones. I thought it might affect me beyond the boundaries.

It is a good example or a bad example that one small building has an influence and changes the atmosphere of the surrounding environment. The architecture at that time is often autonomous and strong. In other words, he has a strong assertion and expresses something strongly by himself.

However, it is also a fact that such autonomous architecture is gradually exhausted. The strength of assertion and the strength of expression will eventually become unsuitable for the times. The strength of the architecture at that time was only uncomfortable, but rather the strength of assertion and the strength of expression gave a sense of impasse.

Is the strength of autonomy the only source of influence beyond the boundaries of the site? It is a different story when it is not necessary to have influence, but when considering that it exerts more influence than autonomy by heteronomy, it has a different perspective in relation to the surrounding environment. I feel like a new relationship will be born.

リンク

順応する

延々と続く雑草が生えた緑の地面とアスファルトに、脇の線路、そして続く頭上の空がすでに風景として慣れ親しんだものになっているが、ここから今の風景の面影もないくらいに変わる。

その変わる局面のまだまだ初期の段階で新しい建築を挿入する。変わる領域と残る領域の境目に、そして、時間の境目に割り込むように挿入する。

01601D33-9C08-436D-A268-DCDBE899AD2C.jpeg

変わらずに強い強度で建ち続けるか、変わりゆく風景の中で順応していくか。生物の進化の過程を紐解けば順応になるので、なるべく息長く建ち続けてもらうには順応しかない。

"Adapt"

The endless weedy green ground and asphalt, the railroad tracks on the sides, and the sky above us are already familiar to us as a landscape, but from here it changes to the point where there is no sign of the current landscape.

Insert new architecture in the early stages of that changing phase. Insert it so that it interrupts the boundary between the changing area and the remaining area, and the boundary of time.

Whether to continue to build with strong strength without change, or to adapt in the changing landscape. If you unravel the evolutionary process of living things, you will become acclimatized, so there is no choice but to adapt to have them continue to build for as long as possible.

リンク

都市の中で刻む

枠の中にある枠の中のように段々と限定され狭まることにより、周りからより切り離され、そこだけが浮かび上がり、ただそこは奥の奥、人の目にはつきづらい所にある。一瞬は見え、残像が残り、次の瞬間にはまた別の角度から見ると違う。

印象に残るかどうか、全ての人に何かを働きかけるかもしれないが、全ての人の意識に上る訳ではないかもしれない。

A901CA55-E248-40B5-B57D-1C50E4D0FA66.jpeg

ふとした時に思い出してくれるような建築を目指すくらいが都市の中では馴染み、街並みを形成し、記憶として刻まれ、ちょうど良いような気がする。

"Cut in the city"

By being gradually limited and narrowed like in the frame inside the frame, it is separated from the surroundings, and only that part emerges, but it is in the back, a place that is hard for human eyes to see. You can see it for a moment, an afterimage remains, and the next moment it looks different from another angle.

It may work on everyone to make an impression, but it may not be conscious of everyone.

I feel that it is just right for me to aim for an architecture that will remind me when I happen to be, as it becomes familiar in the city, forms the cityscape, and is engraved as a memory.

リンク

枠としての境界線

地と図という考え方があるが、敷地境界線を枠と見立てれば、枠があるからその枠の中で起こることに価値を見出すことができると考えることもできる。

敷地境界線は結界のように超えることができない線であり、そこには何も価値につながるような線引きの方法がない。ただ単に建築とは別のところで決まり、線引きが行われる。だから、敷地境界線は厄介なものだが、その結界たる敷地境界線を枠として捉えて、枠があるから価値が生まれると考えれば面白い。

125DAD20-8B77-4FD9-BFD4-4FA1917A2934.jpeg

敷地境界線は窮屈なもので、超えることもできなくて、そこに新たな価値を生むものでもないが、枠と捉えた瞬間に可能性を感じた。

"Border as a frame"

There is the idea of the ground and the figure, but if you think of the boundary line of the site as a frame, you can think that you can find value in what happens within that frame because there is a frame.

The site boundary is a line that cannot be crossed like a barrier, and there is no way to draw a line that leads to value. It is simply decided in a place other than architecture, and the line is drawn. Therefore, the boundary line of the site is troublesome, but it is interesting to think that the boundary line of the site, which is the boundary, is regarded as a frame and that the value is created because there is a frame.

The boundary of the site is cramped, cannot be crossed, and does not create new value, but the moment I saw it as a frame, I felt the possibility.

リンク

枠の中

突然意識に上がってくるものはどこか見て印象に残っているものだろう。普段は気にならない、見えないものが急に意識しだす。

フレームの中を覗くと見えるものはフレームで縁取られている分、周りから切り離され、その部分だけが意識に残りやすい。何かのきっかけでその部分だけ意識に上がってくるかもしれない。

3DCE5F2D-F23C-434C-AA5F-FF908B05FB9A.jpeg

わざと枠、額縁、フレームをつくることにより周りとは切り離して個別の価値をつくる。そして次にできあがった価値を隠す。隠すことにより残像が残り意識に刻まれる。

"Inside the frame"

Something that suddenly comes to your consciousness will leave an impression on you. I suddenly start to notice what I can't see, which I don't usually care about.

What you can see when you look inside the frame is separated from the surroundings because it is bordered by the frame, and only that part is easy to remain in consciousness. Something may trigger that part to become conscious.

By intentionally creating frames, picture frames, and frames, we create individual values by separating them from the surroundings. And then hide the resulting value. By hiding, an afterimage remains and is engraved in the consciousness.

リンク

中を見せたい窓

最大の開口部を設けようとしている。お店の中をより見せたいという意図からで、なるべく大きな窓にしようとしている。

より中を見せたければ、窓では無くて全面ガラスにすればいいと思うかもしれないが、透明なガラスだけでできた壁は、不透明な壁と同じだと考えている。透明か不透明かの違いだけで、例え透明で中が丸見えでも、不透明の仕上げと同じ扱いで壁としか認識されず、中が見えるという意識が起こらない。

より中を見せたいということは枠が必要なのだ。窓枠というフレームが中身につながる装置であり、窓の中に見えるものは中身と自動的に認識する。

13AA8E0D-6A55-4D24-A30F-32C50A4D14FD.jpeg

ガラスの仕上げが欲しければ透明ガラスだけで壁をつくれば良いが、より中を見せたいのであれば大きな窓をつくるのが良い。

"The window you want to see inside"

We are trying to provide the largest opening. I am trying to make the windows as large as possible with the intention of showing the inside of the store more.

If you want to see more inside, you might think that you should use full glass instead of windows, but I think that a wall made of transparent glass is the same as an opaque wall. Only the difference between transparent and opaque, even if it is transparent and the inside is completely visible, it is treated the same as an opaque finish and is only recognized as a wall, and there is no awareness that the inside can be seen.

If you want to see more inside, you need a frame. A frame called a window frame is a device that connects to the contents, and what you see inside the window is automatically recognized as the contents.

If you want a glass finish, you can make a wall with only transparent glass, but if you want to see more inside, you can make a large window.

リンク

表現方法の幅

材料の耐久性が上がるとまた別の表現方法が思いつく。耐久性を確保するには2通りあり、材料の表面にコーティングをするか、材料自体の耐久性を上げるかで、前者が圧倒的に多いような気がする。その方が楽で安上がりだからである。

しかし、表面にコーティングをする場合は選べるコーティング材が限られ、案外バリエーションが無く、材料自体の耐久性が上がれば、選択できる表面のコーティング材すなわち仕上げはかなり増え、表現方法の幅が広がる。

55181640-3174-48FC-AC26-1A93899AB45D.jpeg

今現在、開口部の材料に対して検討中で、コストとの兼ね合いだが、今までにない表現が可能かもしれない。

"Width of expression method"

When the durability of the material increases, another expression method comes to mind. There are two ways to ensure durability, and I feel that the former is overwhelmingly large, depending on whether the surface of the material is coated or the durability of the material itself is increased. This is because it is easier and cheaper.

However, when coating the surface, the coating materials that can be selected are limited, there is no unexpected variation, and if the durability of the material itself is improved, the coating materials that can be selected, that is, the finish, will increase considerably, and the range of expression methods will expand.

Currently, we are considering the material for the opening, which is a trade-off with cost, but it may be possible to express it like never before.

リンク

情報量の多さ

情報量が多いということが複雑とは限らない。シンプルな中に複雑なことや混沌とした情報量が多いことが包み隠されている場合があり、そういう場合は一見シンプルで、包み隠されている分情報量が程よく制御されていて、情報量が多くても複雑にはならない。モダニズム建築に多いことかもしれない。

CA8B5567-C6A2-4B54-94D4-1555420F6585.jpeg

情報量という点で考えていけば、良い建築は皆情報量が多い。あとはその情報量の多さをどのように表現するかであり、情報量の多さを隠すのか、前面に出して表現するのか、チラ見せか、それは時代によっても、風潮によっても違うところである。

"A lot of information"

A large amount of information is not always complicated. There are cases where complicated things and a lot of chaotic information are hidden in the simple, and in such cases it is seemingly simple, the amount of information is moderately controlled by the amount of hidden information, and the amount of information is large. But it doesn't get complicated. It may be common in modernist architecture.

In terms of the amount of information, all good architecture has a lot of information. The rest is how to express the large amount of information, whether to hide the large amount of information, to express it in the foreground, to show a flickering, it depends on the times and trends. ..

リンク

誘惑する建築

関心を惹くには情報量を増やすしかない。情報量が人のアクティビティを即す。これは仕上げの話で、遠目から見て外観の仕上げに予想がつき、近づいて見て確認して同じでは情報量が少ない。遠景も近景も同じような仕上げに見えるということは、外観が人に与える情報量としては限りなくゼロに近く、人がわざわざ近づこうとするアクティビティが誘発されない。

F8A8FB8A-1F78-4E25-A982-A247DFE3B42D.jpeg

情報量の多い外観は、遠景と近景で見え方が違うか、近景にはまた別の表情がある。単に遠景と近景で見え方が違うだけでも人のアクティビティは誘発される。建築は見るもの、使うものだけではなく、人を誘惑するものでもある。

"Tempting architecture"

The only way to get attention is to increase the amount of information. The amount of information matches a person's activity. This is a finishing story, and you can expect the finish of the appearance from a distance, and if you look closely and check it, the amount of information is small. The fact that the distant view and the near view look the same means that the amount of information that the appearance gives to a person is infinitely close to zero, and the activity that the person bothers to approach is not induced.

The appearance with a lot of information may look different between the distant view and the near view, or the near view has a different expression. People's activities are triggered simply by the difference in appearance between the distant view and the near view. Architecture is not only what you see and use, but also what tempts people.

リンク

関係性のデザイン

関係性の中でデザインを考えると新たな影響力があるものが生まれないと思う。そもそも関係性がある前提のものづくりははじめから影響を加味したものであり、答えを考えて問題をつくるようなもので、影響力に新鮮味が全く無い。

ただ、関係性の中で現れるものは全ての調整が済んだ後なので、安心感、安定感はあるだろう。

EA1A1090-5D10-4AF5-B548-A2182E320126.jpeg

関係性が深くなればなるほど、その関係性の枠にはまっていく。それから逃れるためには常に関係性の外に目を向けておく必要があり、それが意識上のことでも構わないが、既存の関係性とは完全に切り離されたものである必要がある。

"Relationship design"

I don't think there will be any new influence when considering design in relationships. In the first place, manufacturing on the premise that there is a relationship is something that takes into account the influence from the beginning, and it is like creating a problem by thinking about the answer, and the influence has no freshness at all.

However, what appears in the relationship is after all the adjustments have been made, so there will be a sense of security and stability.

The deeper the relationship, the more it fits into the frame of the relationship. To escape from it, one must always look outside the relationship, which can be conscious, but it must be completely separate from the existing relationship.

リンク

不足をつくり出す

外向きに意識を向けると周りが見えてくるのではなくて、内向きに意識を向けると周りが自然と関係してくる。自閉するように内部空間に籠ろうとすると周りとの距離を自然に意識してしまう。意識する時点で関係ができる。

1BA0C282-D929-42D9-A71F-29FF62386513.jpeg

周辺環境と関係を築くためには完結した内部空間、すなわち、独りになれる空間で良い。そこにいると人は自然と頭の中で今目の前に無い不足のものを補おうとする。不足し、不完全な状態、状況をつくり出すことが意識の上で周辺環境とつながる源になる。都市の中では必要な必要なことかもしれない。

"Creating a shortage"

If you turn your consciousness outward, you will not be able to see your surroundings, but if you turn your consciousness inward, your surroundings will be related to nature. If you try to stay in the internal space so that it closes, you will naturally be aware of the distance to the surroundings. You can have a relationship when you are conscious.

In order to build a relationship with the surrounding environment, a complete interior space, that is, a space where you can be alone, is sufficient. When there, people naturally try to make up for the shortages that are not in front of them in their heads. Creating a shortage, incomplete state, or situation is a source of conscious connection with the surrounding environment. It may be necessary in the city.

リンク

内面の発露

人の内面が現れるような場をつくりたいと常に思っており、それが内部空間ならば、人の内面の発露を誘発するようなものをデザインしたいと考える。

EE139240-A0AF-49DD-96ED-92789037BDEC.jpeg

それは外部空間でも同じだが、外部空間の場合は周辺環境への影響、周辺環境からの影響を考慮する必要もあるので、人の内面の発露を誘発するより、周辺環境に働きかけ、周辺環境が人の内面の発露を誘発するようにしたい。

"Inner dew"

I always want to create a place where the inside of a person appears, and if it is an interior space, I want to design something that induces the exposure of the inside of a person.

The same is true for the external space, but in the case of the external space, it is necessary to consider the influence on the surrounding environment and the influence from the surrounding environment. I want to induce the dew on the inside of the.

リンク

地形に委ねる

地形に委ねてみる面白さもありそうだと、それは自己から離れて全く別のものの中にヒントを得ようとする試みであり、またそれは直接的な要望のプログラムでも無いので、縛られることも無く、好きに加工ができるものだから扱いやすく、それでいてその土地に建つという個別性は担保されるので、他律でありながら自律でもある状態をつくることができるのは面白い。

願わくば、建築が先にあり、後から地形ができあがるようなプロセスならば、建築を地形化することも視野に入るので、地形を後からつくる方法がないか、それは単なる外構ではないものをつくりたい。

4909CC37-C65C-4E45-B740-A84F7FBFD643.jpeg

BIMならば、地形までもオブジェクト化して、建築のモデルの延長として捉えることができるので、あとは現実世界でどうするかである。

"Leave it to the terrain"

If it seems interesting to leave it to the terrain, it is an attempt to get a hint in something completely different from the self, and since it is not a program of direct request, it is not tied up. It is easy to handle because it can be processed as you like, and yet the individuality of being built on the land is guaranteed, so it is interesting to be able to create a state that is both heteronomous and autonomous.

Hopefully, if the process is such that the architecture comes first and the terrain is created later, then there is a way to create the terrain later, because it is also possible to make the terrain into a terrain. I want to make.

With BIM, even the terrain can be made into an object and can be regarded as an extension of the architectural model, so the rest is what to do in the real world.

リンク

建築の地形化

地形の複雑さをどれほど建築に取り込めるかを考えていると、地形を建築化しようとしてしまう。本当は建築を地形化したいのだが、地形が持つ複雑で変化に富んだ形状がまず存在するので、それと建築を同化させるようなことをすると、先に存在している地形を手がかりにしてしまう。

A60CBC04-91B8-4DC0-BB21-F1D17646B18B.jpeg

一旦イメージで、地形を建築化した上で、次にその建築を地形化してみる。まず先に建築がある状態をつくり出し、次にその建築の形式を壊し、一旦廃虚にしてから、次の建築のイメージを考えるのがよいかもしれない。

"Architectural terrain"

When thinking about how much the complexity of the terrain can be incorporated into architecture, we try to build the terrain. I really want to make architecture into terrain, but since there are complex and varied shapes that terrain has, if you try to assimilate it with architecture, you will use the terrain that already exists as a clue.

After building the terrain with an image, then try to build the terrain. It may be better to first create a state of architecture, then destroy the form of that architecture, ruin it once, and then think of the image of the next architecture.

リンク

つながりの産物

関係性の中から生まれたものは、その関係性の文脈を理解していないとわからない。だから、その関係性の中にいる人たちだけのものになるか、自身で関係性の文脈を理解するか、関係性の文脈を誰にでも理解できるように語れる人が側にいる必要がある。

関係性というつながりをつくればつくる程、元まで遡らないとつながりがよく理解できない。だから、関係性の中から生まれるものがあれば、同時につながり自体も別に生まれる。

05CDD780-09E8-4526-B6C8-49FC18845532.jpeg

関係性からの産物とつながりが視覚化されたものが同じならばわかりやすいが、別々の場合もあり、その場合はその違いや捩れがまた新たなものを生み出すだろう。

"Product of connection"

What is born out of a relationship cannot be understood without understanding the context of that relationship. So you need to have someone on your side who can only be for those who are in the relationship, understand the context of the relationship on their own, or speak to anyone to understand the context of the relationship. ..

The more you make a connection called a relationship, the more you can't understand the connection unless you go back to the original. Therefore, if there is something that is born from the relationship, the connection itself is also born at the same time.

It is easy to understand if the product from the relationship and the visualization of the connection are the same, but in some cases they are different, in which case the differences and twists will create new things.

リンク

関係性の連鎖

関係性の中から生まれるものは齟齬がなく、漏れがなく、全てが一様に満たされており、それは関係性が築かれるまでにある程度の合意があるからだが、すでに予定調和的な、わざわざ生み出さなくてもいいようなもの、生み出された瞬間に抜け殻のような中身が無いものになっており、ただ単に関係性を視覚化しただけのものが現れる。

視覚化された関係性がふわふわと軽く一人歩きをして、様々なことに影響を与える。それも軽いが故に受け入れやすいので、広範囲に影響が及ぶ可能性もある。

3F955764-A810-4B9B-A44F-23C456D66336.jpeg

しかし、中身が無いだけに影響はすぐに消し去る。その軽さと跡の残らなさが、何が正しいのか、何が良いのか、とまた人を惑わせる。そして、誰かにききたくなり、ネットに、SNSに向かわせる。そこでまた違う関係性が生まれる。関係性の連鎖がはじまる。

"Chain of relationships"

What comes out of a relationship is consistent, complete, and uniformly filled, because there is some consensus before the relationship is established, but it's already harmonious and purposely created. Something that doesn't have to be, something that has no contents like a shell at the moment it is created, and something that simply visualizes the relationship appears.

The visualized relationships are fluffy and light, walking alone and affecting various things. It is also light and easy to accept, so it can have widespread effects.

However, the effect disappears immediately because there is no content. Its lightness and traces make people confused about what is right and what is good. Then, I want to ask someone, and I send them to SNS on the Internet. Then another relationship is born. The chain of relationships begins.

リンク

交換は密の味

交換を即す、橋渡しするような存在があれば、別々の解釈や価値がつながる、それが味変。お互いを結びつける可能性をお膳立てするものを探してみると、各々にとって受け入れられる物であり、尚且つ、各々にとって異物になる。

全く別の異なる種の物だから、交換や移動が即される。お互いに誘引するのだろう。大事なのは交換するというアクティビティが起こることで、異物と同化してしまっては元の解釈や価値が濁るだけである。

EDA78ED2-013A-4563-B158-9883C4B39F58.jpeg

案外、異物はそこら中に身近に存在しているが同化して交換することができないでいる場合が多い。交換した価値に気づくと異物は宝物になる。異物は蜜の味なのである。だから味変に使えるのである。

"Exchange is a dense taste"

If there is something that can be exchanged or bridged, different interpretations and values will be connected, which is a taste change. If you look for something that sets the possibility of connecting each other, it will be acceptable to each and will be a foreign body to each.

It's a completely different kind of thing, so it can be exchanged and moved quickly. Will attract each other. The important thing is that the activity of exchanging occurs, and if it is assimilated with a foreign substance, the original interpretation and value will only be obscured.

Unexpectedly, foreign substances are present all over the place, but in many cases they cannot be assimilated and replaced. When you realize the value of the exchange, the foreign matter becomes a treasure. Foreign matter is the taste of honey. Therefore, it can be used to change the taste.

リンク

交換可能な解釈

様々な解釈が成り立つ物や建築に惹かれる。実際はひとつの解釈だけが存在を許されるのだが、状況や見る人、使う人によって解釈が違い、各々でひとつの解釈が成り立つ。

解釈の存在は物や建築がそれらしく振る舞うために必要であり、解釈が共通言語となり広まり、誰でも関係が持てるようになる。

C644904E-18FB-4C41-B2D6-0E0D08BA5DC6.jpeg

ただ、その解釈は人の数だけ存在できるので、解釈が交換可能な物にまでなれば、ひとつの解釈に拘らなくても良くなる。では交換可能な解釈が生成されるにはどうしたら良いのか、味変のようなことをするのだろう。

"Exchangeable interpretation"

I am attracted to things and architecture that can be interpreted in various ways. In reality, only one interpretation is allowed to exist, but the interpretation differs depending on the situation, the viewer, and the user, and one interpretation holds for each.

The existence of interpretation is necessary for things and architecture to behave like that, and interpretation becomes a common language and spreads, and anyone can have a relationship.

However, there can be as many interpretations as there are people, so if the interpretations are exchangeable, it is not necessary to stick to one interpretation. So what should we do to generate an exchangeable interpretation, something like a taste change?

リンク

ただ見ているだけ

目の前にある物をただ見ているだけならば、良し悪しや評価は存在しない。そこに存在しているということだけである。しかし、見ているだけでは済まされない。勝手に評価をはじめ、ものさしは自分の思考になる。

思考には正解があるようで無いと思っているので、常に揺れ動き、ある瞬間だけ定まると、また動き出す、厄介なものだと思う、のもまた思考。

77AED2A7-A5E0-477D-9298-FBF4CC27EBC1.jpeg

ただ見ているだけ、そして、評価という流れで進むならば、ただ見ているだけという状態はいらないのではないかと思うが、ただ見ているだけという状態が物を物だと認識するには必要なのかもしれない。

"I'm just looking"

If you are just looking at what is in front of you, there is no good or bad or evaluation. It just exists there. However, just looking at it is not enough. Beginning with evaluation without permission, the ruler becomes your own thought.

I don't think there seems to be a correct answer to my thoughts, so I think it's awkward to always shake, and once it's decided for a certain moment, it starts moving again.

If you just look and proceed in the flow of evaluation, I think that you do not need the state of just looking, but it is necessary to recognize that the state of just looking is a thing. It may be.

リンク

クオリティが低い場合

物の良し悪しに、それクオリティが高いですか、と思いたくなるものが、たくさんの人から支持されている、あるいは、支持されているように見える中に多い。結局この場合、クオリティは関係が無く、受け手とつくり手の関係性で決まる。

B28FA222-303D-4320-9A77-20541AAB8928.jpeg

悩ましいところだと今までは思っていただろう。クオリティが高いものがつくれるならば、好きにつくればいい。ただ、今あるもののクオリティが低い場合、クオリティとは関係が無いところでデザインはしたくないので、今あるものを捨てるか、クオリティのアンバランスを活かすデザインをするしかない。

"If the quality is low"

There are many things that make you want to wonder if the quality of things is good or bad, while many people support or seem to support them. After all, in this case, quality is irrelevant and is determined by the relationship between the recipient and the creator.

Until now, you would have thought it was annoying. If you can make something of high quality, you can make it as you like. However, if the quality of the existing one is low, I don't want to design it in a place that has nothing to do with the quality, so I have no choice but to throw away the existing one or design to take advantage of the quality imbalance.

リンク

可能性を残す

人の意識は安易にわかりやすいものに流されやすいので、全体像がすぐにはっきりとわかるものが受け入れられやすい。しかし、人に印象を残すことを考えたならば、全てがすぐにわかりやすい方がよいとは必ずしも言えない。

少しのわかりにくさが引っ掛かりとなり、かえって人の意識を刺激することもある。引っ掛かりやフックをデザインが担うのかもしれない。

18D02873-FC09-4B65-A827-9AA541A556B0.jpeg

デザインは形にした後の伝わり方までも範疇なのが当たり前だけれども、伝わった後にまた違った展開が、当初には思いも付かなかったことがはじまるようなことが起きる可能性を残したいと考える。

"Leave the possibility"

Since people's consciousness is easily swept away by something that is easy to understand, it is easy to accept something that gives a clear overview. However, when considering leaving an impression on people, it is not always better to understand everything immediately.

A little confusing can get caught and even stimulate people's consciousness. The design may be responsible for catching and hooking.

It is natural that the design is also in the category of how it is transmitted after it is formed, but I would like to leave the possibility that a different development will start after it is transmitted, something that was not initially thought of. ..

リンク

極端な普通

極端なものを内包することで一見普通に見せるが、どこか一部分だけでも極端なものが見えると、その普通さがかえって異常に見える。

35631EE1-569E-4448-8C54-CFD59FE5DD1A.jpeg

極端なものを隠蔽することで成り立つ普通さは、すでに普通ではなく異常だが、完全に隠蔽できていれば普通にしか見えない。しかし、どこか一部分でも隠蔽が解けた場合、一見普通に見える分、一部分の極端さが異常性を孕む。ただ、その異常性を孕んだ極端なものは大部分が隠蔽されて全体像がはっきりとしないおかげで受け入れやすくはなっている。

"Extreme ordinary"

By including extreme things, it looks normal at first glance, but if you can see extreme things even in a part of it, the normality looks rather abnormal.

The normality that comes from concealing extreme things is already unusual and unusual, but if it can be completely concealed, it can only be seen as normal. However, if the concealment is released even in a part of it, the extreme of the part is abnormal because it looks normal at first glance. However, most of the extremes that contain the anomaly are hidden and the whole picture is not clear, which makes it easier to accept.

リンク

中庸なもの

一般解を求めようとすると中庸なものになりやすい。極端ではすぐには一般的なものにはなりにくく、中庸だと一般的なものになり得る可能性が広がり、解釈のレンジも広がるからであるが、中庸だと中途半端、曖昧、はっきりしないなどあまりいいイメージは無いかもしれない。

本来、中庸はいい所取り、弁証法のジンテーゼのような存在で、妥協の産物ではないが、上手く中庸なものを生み出すのも難しい。

2A47E6AA-2D46-47C7-89AA-F26E92586686.jpeg

解釈のレンジが広く極端なものができれば、それが本来の意味の中庸かもしれない。

"Medium things"

When trying to find a general solution, it tends to be moderate. In the extreme, it is difficult to become general immediately, and in the middle, the possibility of becoming general increases and the range of interpretation expands, but in the middle, it is halfway, ambiguous, unclear, etc. You may not have a very good image.

Originally, the golden mean is a good point, like a dialectic gintese, and although it is not a compromise, it is difficult to produce a good moderate one.

If the range of interpretation is wide and extreme, it may be the middle of the original meaning.

リンク

中間の視界

遠くから見てみると、視界の中に入ってくるものの総量が増えるが、どこかに焦点を合わせない限り、たくさんのものが視界の中でただ浮遊しているようにしか見えない。

近くから見てみると、視界の中に入ってくるものは部分になる場合が多いが、全体の把握をせずにはいられない気分になるかもしれない。

全体が部分の総和だけならば、全体がボヤけていても、部分しかハッキリしてなくても問題が無いが、全体と部分が全く違う様相ならば、遠くでも無く、近くでも無い、中間の視界が必要になり、その中間の視界でしか全体も部分も把握できない。そして、その中間の視界は極端では無く中庸なものになるので、見ようによっては一番求めやすい視界かもしれない。

"Intermediate view"

Seen from a distance, the total amount of things that come into view increases, but unless you focus somewhere, many things just appear to be floating in your field of view.

Seen from a close distance, what comes into view is often a part, but you may feel compelled to grasp the whole thing.

If the whole is only the sum of the parts, there is no problem even if the whole is blurred or only the parts are clear, but if the whole and the parts are completely different, the middle view is neither far nor near. Is required, and the whole and part can be grasped only in the middle field of view. And since the field of view in the middle is not extreme but moderate, it may be the most sought-after field of view depending on how you look at it.

リンク

迫る色と広告

色は自律のために存在していると思ってしまう。色に着目する時、色は常にまわりからの影響を受けて相対的に存在をしているのだけれども、その色は時に自己主張をしてくる。その自己主張もまわりからの影響によるが、自己主張の瞬間は自律している。きっとこの感じは広告と同じかもしれない。何気ない日常の中の至る所に広告は存在しており、それが何かの瞬間に浮かび上って訴えかけてくる。広告もまわりとの相対関係の中で効力を発揮させようとするものであるが、時に強い自己主張が刺さるように迫ってくる。

FC6C4D25-A6B7-43FA-A31D-A6F10EA032D3.jpeg

"Approaching colors and advertisements"

I think that color exists for autonomy. When we focus on color, it is always influenced by the surroundings and exists relatively, but that color sometimes asserts itself. The self-assertion is also influenced by the surroundings, but the moment of self-assertion is autonomous. I'm sure this feeling may be the same as advertising. Advertisements are everywhere in casual everyday life, and they emerge and appeal at some moment. Advertising also tries to be effective in the relative relationship with the surroundings, but sometimes it urges a strong self-assertion.

リンク

色が他律へ

その色にしようとすると、すでに色は別の意味を持ちはじめる。物質の表面色は相対的に決まる。今そこにその物質が必然的に存在しているのならば、その物質の表面色は今そこに存在しているための色をしている。すでに色には何かしらの存在の意味が付着している。そこでデザインをする時に色を考える。相対的にデザインを際立たせるために色を決める。その時色には元々付着していた意味にさらに別の意味を重ね合わせることになる。その重ね合わせは物質本来の色とは関係ないところで行われるので、物質本来の色に影響を与えない。物質の表面色を決める時点で表面色だけが独り歩きをはじめる。その独り歩きが今度はまわりを巻き込みはじめる。自律から他律へ変わるのである。

DC86D621-C89F-49FD-A4F9-612721F540F8.jpeg

"Color goes to heteronomy"

When you try to make that color, the color already begins to have a different meaning. The surface color of a substance is relatively determined. If the substance is inevitably present there now, the surface color of the substance is the color that is present there. The meaning of some kind of existence is already attached to the color. So when designing, think about colors. Choose colors to make the design stand out relatively. At that time, another meaning is superimposed on the meaning originally attached to the color. Since the superposition is performed in a place that has nothing to do with the original color of the substance, it does not affect the original color of the substance. At the time of determining the surface color of a substance, only the surface color begins to walk alone. The walking alone now begins to involve the surroundings. It changes from autonomy to heteronomy.

リンク

うつろう色

今見ている世界を今見ている色ではない色で表現することができる。今見ている色は物質の表面色なので物質本来の色とは違う。そう考えると、表面色にあまり意味がなくなってくる。表面色は相対的にたまたまその色になったのではないかと思ったりもしてしまう。

相対的に見て物質が今そこに存在していることを表現する場合、表面色は別に何色でもよくなる。あくまでも相対的なので、例えば、元々の表面色が白だとしても、赤で白の表面色と同じ効果、同じ見え方にすることはできる。

そうすると、色とは、特に物質の表面色とは何だとなる。その表面色にデザインとしての表現を重ね合わせるのに、あまりにもうつろうものではないかと思ったりする。

B2C20B66-DF74-45BD-AF6C-8A80EEA0F731.jpeg

ただ、そう思うのは物質に絶対的な何かを求めているからで、そもそもこの世界を形成している物質が相対的に決まるものだと考えるならば、うつろう表面色が当たり前のことになる。

"Depressed color"

You can express the world you are looking at in a color other than the color you are looking at. The color you are looking at is the surface color of the substance, so it is different from the original color of the substance. With that in mind, the surface color becomes less meaningful. I wonder if the surface color happened to be that color.

When expressing that a substance is present there in relative terms, the surface color can be any number of colors. Since it is relative to the last, for example, even if the original surface color is white, it is possible to obtain the same effect and appearance as the white surface color with red.

Then, what is the color, especially the surface color of the substance? I think it's too difficult to superimpose the expression as a design on the surface color.

However, I think so because I want something absolute from the substance, and if I think that the substance that forms this world is relatively determined in the first place, the depressive surface color is natural. ..

リンク

色だけ

色彩心理学ではないが、色だけでたくさんのことが表現できる。それをしようとしないのは色だけが存在することがないからである。必ずと言ってよいほど、色は何らかの物質の色として存在しているので、色だけに着目せずに、物質に着目し、次に色をどうするか、あるいは、物質と色を同時に考える、というように色だけではない。

色は光の反射があってはじめて判別できるので、実際は色だけでは存在できず、また光の反射が四方に拡散すれば空間を染めることもある。

B39824C1-035B-4EE6-9875-3A63F1CC3313.jpeg

だから、色だけを取り出して認識するようなことをそもそも普通の人はしない。色は見た目の色以外の色として認識できることを普通の人は知らない。

"Only color"

It's not color psychology, but you can express a lot with colors alone. I don't try to do that because only color can't exist. It is almost always the case that color exists as the color of some substance, so instead of focusing only on the color, focus on the substance and then what to do with the color, or think about the substance and the color at the same time. It's not just about color.

Since colors can only be identified by the reflection of light, they cannot actually exist by themselves, and if the reflection of light diffuses in all directions, the space may be dyed.

Therefore, ordinary people do not take out and recognize only colors in the first place. The average person does not know that a color can be recognized as a color other than the apparent color.

リンク

色単体の表現

色は不思議な存在で、色によって物質感まで表すこともできるけれど、色自体が物質だから、上手く使えば色単体で成立してしまう。

木目の物質感を表すのに茶色を使えばいいし、金属の物質感を表したければシルバーを使えばいい。近寄れば、本物との違いは一目瞭然だが、少し離れてしまえばわからないかもしれない。それはとても雑な表現として色を使う場合だが、その雑さが丁度いい場合もある。

既視感のある物質感は色のみで再現できる。それは見る方が勝手に想像力を働かせるからである。ただ、それでは本物との違いで見劣りする。

色単体でしか表現できない物質感があると思っている。その色の物質感には既視感がないはずである。なぜなら、既視感は物質に抱くのでは無く、過去の体験や記憶に抱くから、色はあまりにも日常的にある存在過ぎて体験や記憶の網目に引っ掛かってこない。

05992A4F-3E28-4E78-A374-287859DC03A5.jpeg

だから、色単体で成立させようとする場合は、相対的に成り立たせるように、既視感を抱く物質と組み合わせて配置すれば容易に表現できる。

"Expression of a single color"

Color is a mysterious existence, and it is possible to express a sense of substance by color, but since color itself is a substance, if used properly, it will be established by itself.

You can use brown to express the texture of wood, and silver to express the texture of metal. The difference from the real thing is obvious when you get closer, but you may not know it when you get a little further away. That's when you use color as a very crude expression, but sometimes it's just right.

The material feeling with déjà vu can be reproduced only by color. The reason is that the person who sees it uses his imagination without permission. However, it is inferior to the real thing.

I think there is a sense of substance that can only be expressed by color alone. There should be no déjà vu in the materiality of that color. Because déjà vu is not embraced by matter, but by past experiences and memories, colors are too everyday to be caught in the mesh of experiences and memories.

Therefore, when trying to establish a color by itself, it can be easily expressed by arranging it in combination with a substance having a déjà vu so that it can be established relatively.

リンク

空隙に漂う

物質の空隙に人が漂う状況を建築だとするならば、物質の空隙のつくり出し方が今までの建築とは違ってくるかもしれない。

木造や鉄骨造などは線状部材の組み合わせで建築を築き上げるので、出来上がった建築は物質の空隙とは呼べるようなものではない。鉄筋コンクリート造は物質の空隙風に構築できるが、木造や鉄骨造などと同様に線状部材で建築を築き上げていく場合もあり、なかなか空隙に漂う感じとはいかない。

087AC99C-C7E6-45E3-9A65-B8FE7B094C04.jpeg

イメージに近いのは洞窟かなと思った。塊の中から空隙をくり抜くイメージになる。そうなるとそもそも建築のつくり方ではない。

"Floating in the void"

If the situation where people float in the voids of matter is architecture, the way of creating voids of matter may be different from the conventional architecture.

Since wooden structures and steel structures are constructed by combining linear members, the completed architecture cannot be called a void of material. Reinforced concrete construction can be constructed in the style of material voids, but as with wooden structures and steel structures, there are cases where the building is built with linear members, so it does not feel like floating in the voids.

I thought it was a cave that was close to the image. The image is that the void is hollowed out from the mass. In that case, it is not a way to make architecture in the first place.

リンク

空間消失

自然素材が持っている物質感が空間を消失してくれると考えた。

例えば、たくさんの石が集まることにより、ひとつの造形をつくり出し、その造形は空間が持つ空虚を埋めて、尚且つ、物質感だけが持ち合わせているスケール感へと引きづりこむ。それは物質感の強度に関係なく、造形が生み出すスケールを感覚的に増幅させる。

6A58D3C4-14F0-4C6B-AF99-753B0354AD3C.jpeg

この増幅された感覚的なスケールが空間にとって代わることにより空間が消失する。

"Space disappearance"

I thought that the materiality of natural materials would eliminate the space.

For example, by gathering a lot of stones, one model is created, and the model fills the emptiness of the space and draws it into a sense of scale that only the physical feeling has. It sensuously amplifies the scale produced by modeling, regardless of the intensity of the material feeling.

Space disappears when this amplified sensory scale replaces space.

リンク

空間を消失させる物質

空間を満たす物質は誰でも妥当性を感じるものにしたい。いくらでも物質は存在し選び放題だが、妥当性を獲得するものは案外少なく、さらに、その物質に可能性を感じ、採用したくなるものも案外少ない。

さらに言うと物質感が空間を消失してくれるようなものがいい。建築のつくり方は必然的に空間を発生させてしまうので、その空間を否定をする訳ではないが、空間が優位になりやすい。それは空間至上主義にもつながり、例えば、わざと天井を低くくしたりなど、空間のボリュームを過度にデザインするようなことをしだす。

75422C06-4D05-4850-9971-E8E2429473BF.jpeg

平衡なデザイン感覚の上に成り立つ建築でないと空間も活かされないので、今は空間を消失させるような物質感を求める感覚が必然的になってしまう。

"Substances that make space disappear"

We want everyone to feel the validity of the substance that fills the space. There are as many substances as there are, and you can choose as many as you like, but there are surprisingly few that acquire validity, and there are also surprisingly few that feel the potential of the substance and want to adopt it.

Furthermore, it is good that the material feeling disappears the space. The way of building architecture inevitably creates space, so I do not deny that space, but space tends to be superior. It also leads to the principle of space supremacy, for example, by intentionally lowering the ceiling, and over-designing the volume of the space.

Space cannot be utilized unless the architecture is built on a balanced design sense, so now it is inevitable to have a sense of materiality that makes the space disappear.

リンク

物質感で満たす

共通の物質感があるだろうと仮定して、それを探るようなことをしている。そもそも決められた空間が存在しているので、あえてまたそこで空間性を持ち出してきて違う空間を求めるよりは、今ある空間は受け入れて、それに対して何ができるかを考える方が妥当性があり、可能性があると考えた。

52168A39-F84F-4D0F-9FCD-76B69526AB2A.jpeg

空間はすでに存在しているのだから、実体としての物質性を持ち込み、その物質感によって空間を満たすことが一番素直な解答のような気がしている。

"Fill with material feeling"

I'm trying to explore it, assuming that there will be a common sense of materiality. Since there is a fixed space in the first place, it is more appropriate to accept the existing space and think about what can be done for it, rather than dare to bring out the spatiality there and seek a different space. , I thought there was a possibility.

Since space already exists, I feel that the most straightforward answer is to bring in materiality as an entity and fill the space with that material feeling.

リンク

空間より物質

壁だけがある空間と屋根だけがある空間、どちらの場合も空間がそこにあることを認識できるが、決して同じような感じを抱かないだろう。

空間にそれほど期待しないが、今いる場所が少しでも雰囲気よく気持ちよくなればいいと思い、さらに、壁だけがある空間では、屋根だけの空間より物質性も容易に感じることができるのではないか、むしろ壁だけだと空間性より物質性の方が優位になるかもしれない。

F4054997-137A-49E6-8EFF-5DCC4767C8EA.jpeg

物質性がアクティビティを誘発することは、空間性に頼らずに建築とアクティビティがつながることであり、空間を否定する訳ではないが、かと言って過度な空間信奉には違和感があるので、余計に壁に興味を持ってしまう。

"Matter from space"

In both cases, a space with only walls and a space with only roofs, you can recognize that the space is there, but you will never feel the same.

I don't expect much from the space, but I hope that the place I'm in now feels good and comfortable, and in a space with only walls, I think it's easier to feel the materiality than in a space with only a roof. Rather, if it is only a wall, materiality may be superior to spatiality.

The fact that materiality induces activity means that architecture and activity are connected without relying on spatiality, and it does not mean that space is denied. I'm interested in the wall.

リンク

屋根から下の部分

屋根が誘発するアクティビティがあるとしたならば、屋根の形態や位置でアクティビティが決まる。そうすると屋根の細部はアクティビティにどれ程の影響を与えるのだろうか。

屋根とって細部は主に端部になり、人の目に一番触れるところでもある。屋根を主体に建築を考えたならば、屋根から下の部分は端部になり、細部になる。屋根にとっての細部は屋根の形態や位置などで決まるアクティビティにまた違った変化を与えるだろう。

14142FEA-FA6B-455E-A535-395D3BE1F269.jpeg

だから、建築を屋根と屋根から下の部分で分解して考えることにより、建築が誘発するアクティビティを複雑化することができると考えてみた。

"The part below the roof"

If there is a roof-induced activity, the shape and position of the roof will determine the activity. So how much does the roof detail affect the activity?

The details of the roof are mainly the edges, which is also the most visible to the human eye. If you think about architecture mainly on the roof, the part below the roof will be the end and the details. The details for the roof will make a different difference to the activity, which depends on the shape and position of the roof.

Therefore, I thought that it would be possible to complicate the activities that the architecture induces by disassembling the architecture into the roof and the part below the roof.

リンク

場所として成り立つ

暑いとつい日陰を探し、歩いている時も建物の影を踏みながら、少しでも涼しいようにと、暑いと思う気分がそうさせる。だから、庭園の中などにある四阿(あずまや)は屋根だけで構成されていて日陰ができるので、木陰に腰掛けるような感覚で佇む気分にさせてくれる。

この暑い時期は涼みたいという欲求がきっかけになり日陰を探す行動をし、そこに日陰があればすっぽりとおさまる。その日陰は何でもいいが、日陰を探す行動を取る時に日陰自体を探すのではなくて、日陰ができそうな所を探している。今までの経験上、日陰ができる仕組みから日陰ができそうな所を予測して探している。

93D14826-46CC-4F2D-8FE5-26AA535B788A.jpeg

だから、四阿を見かけただけで、涼しく休憩できる、と瞬時に思い、そこで佇む。これは四阿という建築形態がアクティビティを誘発するひとつのパターンだが、建築形態とアクティビティの間に予測が存在しており、その予測は人の経験値から割り出されるが、一般的なものなので万人に通用する。この万人に通用することが一般解につながり、四阿が休憩する場所として成り立つ。

"It works as a place"

Looking for the shade when it's hot, and stepping on the shadow of the building while walking, it makes me feel like it's hot, trying to be as cool as possible. Therefore, Azumaya in the garden is made up of only the roof and can be shaded, so it makes you feel like you are sitting in the shade of a tree.

In this hot season, the desire to be cool triggers the action of searching for a shade, and if there is a shade there, it will be completely settled. The shade can be anything, but when you take action to look for the shade, you are not looking for the shade itself, but looking for a place where you can have a shade. Based on my experience so far, I'm looking for a place that is likely to be shaded from a mechanism that can be shaded.

Therefore, I instantly thought that I could take a cool break just by seeing Shia, and I stood there. This is one pattern in which the architectural form of Shia induces activity, but there is a prediction between the building form and the activity, and the prediction is calculated from the experience value of a person, but since it is a general one, everyone It works for. This universal solution leads to a general solution, and it is established as a place for Shia to take a break.

リンク

屋根の存在

屋根がどこまでも続けば、その下は移動可能な空間だと思い、屋根が点在していれば、その下は立ち止まり休憩できる空間だと思うかもしれない。屋根の大きさや長さ、位置より判断して、アクティビティを誘発し制限する。

この場合、細部はアクティビティの決定に影響を与えないので、細部に別の何かを、機能であったり、デザインや装飾を施して誘発するアクティビティにまた違った変化を与えることも可能になる。

02264B35-7631-49C5-B2D7-0F0E19026881.jpeg

アクティビティを誘発し制限するような屋根は、単に雨風を防ぎ、暑さ寒さを凌ぐだけの存在から別の存在へと昇華する。

"Existence of roof"

If the roof continues forever, you may think that the space underneath is a movable space, and if the roofs are scattered, you may think that the space underneath is a space where you can stop and rest. Judging from the size, length and position of the roof, it induces and limits activities.

In this case, the details do not affect the decision of the activity, so it is possible to give something else to the details, a function, or a different change in the activity triggered by designing or decorating.

A roof that induces and limits activity simply prevents rain and wind, and sublimates from being one that survives the heat and cold to another.

リンク

屋根によるアクティビティ

屋根は普通、手が届かない所にあるので、見るもので触るものではないが、もし身体性との関わりで考えることができたならば何があるだろうかと考えた。

見るという行為は視覚という感覚を誘発するが、感覚は身体の部位を通して気づくものなので、屋根を見るという行為だけでも身体性との関わりは生まれ、視覚を通して様々な情報を認知させる。だから、屋根が象徴性、帰属性、権威性を表す効果があるといえるのだろう。

さらに視覚を通して認知させることにより様々なアクティビティを誘発することができれば、まさに身体性をリニアに感じることになる。

1C98EBF0-70B4-47AA-9206-EDB6036623A2.jpeg

屋根がアクティビティを誘発するケースを考えることができるか、その場合のアクティビティとは何か、また、その時の屋根の形状は、などと考えてみることにした。

"Activity by roof"

The roof is usually out of reach, so I can't touch it with what I see, but I wondered what would happen if I could think about it in relation to physicality.

The act of seeing induces the sensation of vision, but since the sensation is noticed through parts of the body, the act of seeing the roof alone creates a relationship with physicality and makes various information recognized through vision. Therefore, it can be said that the roof has the effect of expressing symbolism, attribution, and authority.

Furthermore, if various activities can be induced by visually recognizing them, the physicality will be felt linearly.

I decided to think about the case where the roof induces activity, what the activity is in that case, and the shape of the roof at that time.

リンク

屋根の他のこと

屋根は雨風を防ぎ、暑さ寒さを凌ぐのが環境から問われる機能だが、屋根の意匠自体が何かを表すこともあり、屋根の形、素材、装飾などがその建築の象徴性、帰属性、権威性を表す効果もある。

遠くから見た時の屋根は周りとの相対効果で大きさと形を表すことができ、近寄れば様々な細部が見える。
大きさや形、細部のつくりでその建築の象徴性、帰属性、権威性を表現できる。

8FAB5044-5B64-4BA8-A0F8-BE05E2F9D11F.jpeg

屋根には環境機能と意匠効果の他に何かあるだろかと考えいる。屋根単体には無いかもしれないが、屋根と他のことが結びつけば何か生まれるかもしれない。

"Other things on the roof"

The roof is a function that is required by the environment to prevent rain and wind and to survive the heat and cold, but the design of the roof itself may represent something, and the shape, material, decoration, etc. of the roof are the symbolism and attribution of the architecture. , It also has the effect of expressing authority.

The size and shape of the roof when viewed from a distance can be expressed by the relative effect with the surroundings, and various details can be seen when approaching.
The symbolism, attribution, and authority of the architecture can be expressed by the size, shape, and details.

I wonder if there is anything else on the roof besides environmental functions and design effects. It may not be on the roof alone, but something may be born if the roof is combined with other things.

リンク

物にする

つながりの中にある捩れを探し、捩れていない状態にすることをデザインが担うことで物の美しさや人に優しい物が出現すると考えている。

デザインは最終的に必ずしも物に帰結する必要は無いと考えてはいるが、デザインが人に何らかの良い影響を与えようとするならば、物として表現された美しい物や優しい物が周りにあった方がわかりやすくて良いと思う。

7E222020-BDC4-418A-B05C-54CD5600C405.jpeg

物の美しさは気付かないとわからない、優しい物は触れないとわらからない、だから、形にして物にして、その手段がデザインということである。

"Make things"

We believe that the beauty of things and people-friendly things will emerge if the design is responsible for finding the twist in the connection and making it untwisted.

I think that design does not necessarily have to result in things in the end, but if design wants to have some positive effect on people, there are beautiful things and gentle things expressed as things around. I think it's easier to understand.

You can't understand the beauty of things unless you notice them, and you can't understand them unless you touch gentle things.

リンク

思いつき

じーっと眺めていると目が慣れてくるのか、いろいろと思いはじめる。どうでもいいことがたくさん現れては消えるが段々と収斂していく。このサイクルを無意識のうちに場所を変えながら繰り返すことにより、知らないうちに段々と深まる。

何も考えないようで、人は結構日常的に考えている。やはり、そうしないと生き残れないから、脳が自然と働くのだろう。だから、ふとした瞬間に思いつくことがある。

ならば、意図的に眺めるものが変化する場所にいる方がいろいろなことを思いつくかもしれない。

5E05A3B8-934B-4093-BAA2-EA4B1F83BA26.jpeg

今いるのは地下鉄のコンコースにあるカフェ。変化するのは通り過ぎる人のみ。完全にコントロールされた環境が暑い日には助かるが、変化するものが少ない分思いつきが乏しくなるかもしれない。

"Inspiration"

When I stare at it, I start to wonder if my eyes get used to it. A lot of things that don't matter appear and disappear, but they gradually converge. By repeating this cycle unknowingly while changing places, it gradually deepens without knowing it.

People don't seem to think about anything, and people think about it on a daily basis. After all, if you don't do that, you won't survive, so your brain will work naturally. Therefore, I have something to come up with in a moment.

Then, you may come up with various things if you are in a place where what you see intentionally changes.

I'm at a cafe in the subway concourse. Only those who pass by change. A fully controlled environment can help on hot days, but less change may make you less imaginative.

リンク

見えていないこと

今見えていないことを意識させたり自覚するにはどうしたら良いのか、などと考える機会があった。

よく言われるように、自分のことはわかっているようでわからないものだと、たぶん人は誰でもそうは思いつつ、自分も、どこかでこれはこうだと決めつけている。

そうしないと何も先には進まないし、何も上手くいかないと思っていて、ただそれが思い込みで、その陰にある見えてないことに気づき、自覚できる人だけがつくれるものを自分で見てみたい。

CDD8FE9F-655D-4931-9A73-DB9EDF2DB9F7.jpeg

怖いが今の考えの前提部分を真逆にした時のたった一言、ワンフレーズを投げかけてみると、時に状況が一変することがある。状況が一変するということは今までが思い込みで、そのワンフレーズが陰にあり見えていなかったことである。

"What you can't see"

I had the opportunity to think about what I should do to make people aware of what they are not seeing now.

As is often said, everyone probably thinks that they know and don't know about themselves, but somewhere they decide that this is the case.

If you don't do that, nothing will go on and nothing will work, but you just realize that it's a belief and you can't see it behind it, and see for yourself what only people who can be aware of can make. want to see.

I'm scared, but when I throw a single phrase when I reverse the premise of my current thinking, sometimes the situation changes completely. Until now, it was a belief that the situation would change completely, and that one phrase was hidden behind the scenes.

リンク

見られること

見られることを意識する時点で他者性が入り込み、純粋で自律したものでは無くなる。決して純粋で自律したものが良い悪いでは無く、見られることを意識するかしないかでつくられるものに違いが出ることが面白いと思った。

54A4E2E8-954F-42D6-ACC0-102DD8E68BB5.jpeg

車窓は夏の郊外の景色、雑草が生い茂る土地の多さに目がいく。しかし、駅周辺だけは立派なマンションが立ち並ぶ。そして、また雑草生い茂る土地ばかり、その中に所々同じような住宅がまた立ち並ぶ。そして、またその繰り返し、どこまで行っても同じ、そこには見られることの意識はあるようで無い。

"What you can see"

At the time of being aware of being seen, otherness enters and it is no longer pure and autonomous. I found it interesting that pure and autonomous things are not good or bad, and that there is a difference in what is made depending on whether or not you are aware of what you see.

From the train window, you can see the scenery of the suburbs in summer and the large amount of weedy land. However, only the area around the station is lined with fine condominiums. And again, there are only weedy lands, and similar houses are lined up in some places. And again, it seems that there is no consciousness of being seen there, which is the same no matter how far you go.

リンク

近寄って見る

近寄ると見え方が変わる、見えたものが違う時がある。ガッカリする場合もあるし、意外な発見をする場合もある。どちらにせよ、遠くから見た場合と違う方が面白い。

近視眼的な見え方にたえることができる建築を考えることがある。遠くから眺めた時に粗く詳細には見えないが、立体として要所を押さえた造形ならば、それだけで建築として成立する。

7674C2EE-2121-41A8-81CD-FF177BF9B98B.jpeg

しかし、遠くから眺めた時の粗さの中には近視眼的な別な見え方が潜んでいる、いや、潜ましている。その近視眼的な別の見せ方は、よく見ると建築とは関係が無いところで、単なる思いつきの場合もあるが、そのおかげで全く別の見せ方を実現できる。

"Look closer"

When you get closer, the appearance changes, and sometimes what you see is different. Sometimes it's disappointing, and sometimes it's a surprising discovery. Either way, it's more interesting to see it from a distance.

I sometimes think of architecture that can be seen with a short-sighted view. When viewed from a distance, it does not look rough and detailed, but if it is a three-dimensional model that holds down the key points, it will be an architecture by itself.

However, there is another short-sighted view lurking in the roughness when viewed from a distance, no, it is lurking. If you look closely, the other short-sighted way of showing is not related to architecture, and it may be just an idea, but thanks to that, you can realize a completely different way of showing.

リンク

捩れ捩れ

捩れ捩れと呟きながら眺めていると案外何でも普通に見えてくる。

捩れが意識を喚起することがあるかもしれないと思った。捩れていない状態ならば、それは普通なことで、日常的なことなので誰も気にも止めないが、捩れている状態のものがあれば、それは普通なことでは無く、日常的なことでもないので、違和感と共に記憶に残ったり、意識したりすることになるだろう。だから、何かを意識させたい時は意図して捩れた状態をつくると良い。

EFBC45F8-AB6F-403F-AB94-B483DA05ED52.jpeg

だがしかし、それは普通のやり方では無いので、単に捩れているだけでは、その捩れに慣れてしまえば普通になり違和感は無くなり意識しなくなる。

"Twist and twist"

When you look at it while muttering and twisting, anything unexpectedly looks normal.

I thought the twist might be arousing consciousness. If it's not twisted, it's normal and everyday, so no one cares, but if it's twisted, it's neither normal nor everyday. Therefore, it will be memorable and conscious with a sense of discomfort. Therefore, when you want to be aware of something, you should intentionally create a twisted state.

However, it is not a normal method, so if you just twist it, it will become normal once you get used to the twist, and you will not feel any discomfort and you will not be conscious of it.

リンク

部分と全体

小さな所をクローズアップさせて全体をイメージさせるやり方は、部分と全体の関係性で考えるとわかりやすい。部分と全体に関連があるのは当たり前だが、その関係性が部分から全体へと連動していくのか、部分と全体が相似の関係なのかによってちがう。部分から全体へと連動していく場合は、部分と全体が両方とも必要であり、不可分の関係である。それに対して相似の関係は部分が無くて、極端な話、全体が無くても成り立つ。ならば、相似の関係で考えればフレキシブルに部分と全体を考えることができる。

3DF57F1A-64B7-48C1-AD6D-FCB0F1F774CC.jpeg

"Part and whole"

The method of making a small part close up and making the whole image is easy to understand when considering the relationship between the part and the whole. It is natural that the part and the whole are related, but it depends on whether the relationship is linked from the part to the whole or whether the part and the whole are similar. When linking from part to whole, both part and whole are necessary, and it is an inseparable relationship. On the other hand, the similar relationship has no part, and it holds even if there is no extreme story or the whole. Then, if we think in a similar relationship, we can flexibly think about the part and the whole.

リンク

つまらない建築

わかりやすいことは何と建築をつまらなくすることか。

小さい建築故に、遠くからも見渡せる敷地故に、建築全体を瞬時に識別しようと思えばできてしまう。その建築が自ら主張するようなものならば、これ程わかりやすいことはない。思いがままに伝わるように表現できる。

E47EED63-0505-4C3D-A017-421E3ECF4933.jpeg

ただ、何でも可視化できてしまう状況は建築をつまらなくする。すぐに全体がわからない、近寄らないとわからないことが必要になる。

"Boring architecture"

What is easy to understand is how to make architecture boring.

Because it is a small building, it can be seen from a distance, so if you want to instantly identify the entire building, you can do it. If the architecture is self-assertive, it's not as easy to understand. It can be expressed as you wish.

However, the situation where anything can be visualized makes architecture boring. You need to know the whole thing right away, and you need to get close to it.

リンク

最初の案

結局、一周して最初の案に戻ることもある。いろいろ試したが、最初の案にインパクトがあったのか、そこに戻って欲しいという話もあり、やはり、一番最初の案は、とにかくいろいろと考えるよりもプレゼンすることで話が先に進むかもしれないので、少しコンセプチュアルな案で印象づけた。

ただ、それはそれでそこからがまた発展させたり、違う展開に持っていこうとして、実際プランは結構変わったが、外観のイメージは残りそうだ。

DFFD2569-6BEA-4882-A6E5-CB0B6D683730.jpeg

結構、言葉では説明できない部分も多分に含んでいるので、その時と今の違いを、また設計段階を経て変わったことを盛り込むと、やはり最初の案にはそのままでは違和感があるから、今度はその違和感をうまくデザインに結びつけて、最初の案の延長線にあるものを探り出す。

"First plan"

In the end, it may go around and return to the first plan. I tried various things, but there is also a story that I want you to return to the first plan because it had an impact, so after all, the first plan may go ahead by presenting rather than thinking about it anyway. I couldn't do it, so I impressed with a slightly conceptual idea.

However, that's why the plan has changed quite a bit, trying to develop it again or take it to a different development, but the image of the appearance seems to remain.

There are a lot of parts that can not be explained in words, so if you include the difference between that time and now, and what has changed through the design stage, the first plan still feels strange as it is, so this time Find out what is an extension of the first plan by successfully linking the sense of incongruity to the design.

リンク

感情が発端

何かに誘惑されて感情が動けば、誰でも誘惑されたものに関心を持ち意識するだろう。何かのつくり手ならば、その時の誘惑された感情を投影し何かつくるかもしれない。

感情と建築の関わりでいうと、つくり手の感情を建築へどのように投影するかが問われ、その建築がさらに人を魅惑する。そうして感情の連鎖が起こり、建築がつくり手の感情が発端で印象的に広まる。

402D133B-788E-4B75-A79E-6A7623EECBFD.jpeg

受け手の感情が発端になることはあるだろうか。あるとしたら、つくり手の感情は存在しない。仮に存在しても建築に投影されることはない。

"Emotions are the beginning"

If something tempts you to move your emotions, everyone will be interested in and aware of what you are tempted to do. If you are a creator of something, you may create something by projecting the tempted emotions at that time.

In terms of the relationship between emotions and architecture, the question is how to project the emotions of the creator onto architecture, and that architecture is even more fascinating. Then, a chain of emotions occurs, and the emotions of the creator of the architecture spread impressively at the beginning.

Can the emotions of the recipient be the starting point? If so, there is no emotion of the creator. Even if it exists, it will not be projected on the architecture.

リンク

はじめの見え方

きっかけがある訳でもないのに、遠くに見えている、ぼんやりだけれども、何かそこにある、段々と近づくにつれてハッキリと輪郭が立ってくる。はじめからそこにあると意識していたようにピンポイントで見つけたような、まわりはボヤけてピントが合っていないけれど、そこにあるのは遠くからピントが合ってわかっていた。

きっとこれらは自分の何かが対象物と結びついた結果で起こる現象だろう。もともと関心があること、探していたもの、興味があったものであれば、結びつきはわかりやすい。その結びつきを予測して、そこにそっと置くだけで良い。ただ、そうすると、もともとの関心や興味などが無ければ何も起こらない。

何も無いところに何かが起こることもあると仮定してみると、そこに置くものはどのようなものが良いのだろうか。目立つものか、奇抜なものか、これらは一瞬は意識するかもしれないが、見慣れたらただ普通に風景に溶け込み、結果何も起こらないような気がする。

416E72D9-8562-468E-9B3E-03EDF5516935.jpeg

もしかしたら、はじめの見え方としては引っ掛かりも無く、意識することも無く、ただそこにある位からはじまるのが良いのかもしれない。

"How to see at the beginning"

It's not a trigger, but it's visible in the distance, it's vague, but something is there, and as it gets closer and closer, the outline becomes clearer. I found it pinpoint as if I was aware that it was there from the beginning, but the surroundings were out of focus, but I knew that it was in focus from a distance.

I'm sure these are phenomena that occur as a result of something of your own being associated with an object. If you're originally interested in, what you're looking for, or what you're interested in, the connection is easy to understand. All you have to do is predict the connection and gently place it there. However, if you do so, nothing will happen if you do not have the original interests and interests.

Assuming that something can happen where there is nothing, what is the best thing to put there? Whether it's conspicuous or wacky, you may be conscious of these for a moment, but once you get used to it, it just blends into the landscape normally, and as a result, nothing happens.

Perhaps the first appearance is that there is no catch, no consciousness, and it is better to just start from there.

弱い感情を起こす

たのしいな、面白いな、ワクワクするかもがデザインで実現できたら、できることだと、それは感情を動かすことで、理屈は感情を補うために考えだすことがいい。

ただ目立つことや、派手なことや、奇抜なことや、変わったことだけでは感情は大きく揺れ動くだけ、瞬時に動いたものは瞬時に終わる。

A181884D-1110-46D9-9CEA-3AB8D20DDFE4.jpeg

それもいいが、余韻が長くつづくように、例えば、静かな水面に小石をひとつだけポーンと投げ込むことにより、弱い波が立ち、波紋となり伝播していくような感情の動かし方がいい。その小石と投げ込むタイミングを用意するのがデザインの役目かもしれない。

"Make weak emotions"

If a design can realize something fun, interesting, or exciting, then what you can do is move your emotions, and the theory should come up to supplement your emotions.

Just by being conspicuous, flashy, eccentric, or changing, emotions sway greatly, and things that move instantly end instantly.

That's fine, but it's better to move your emotions so that the lingering sound lasts for a long time, for example, by throwing only one pebble on a quiet surface of the water, a weak wave rises and becomes ripples and propagates. It may be the role of the design to prepare the pebbles and the timing to throw them.

リンク

意識のきっかけ

まあ、できれば意識されたいし、目立ちたいし、見られたいと思った時にどうすればいいかと、そもそもぼんやりと眺めているものがはっきりと意識の俎上に上がってくる瞬間は何がきっかけで起こるのだろうかと考えてみた。

普段、意識して何かを見ることは案外少ないかもしれない。意外かもしれないが、無意識や惰性で目の前のものを見ていることも多く、いちいち何でも見ることを意識していたら脳がパンクするだろうから、習慣などにして自動で見るようにしていることも多い。

41DEB53B-18F6-4450-B449-757E24E4663E.jpeg

だから、改めて何かを見ることを意識してみると、人が何をきっかけに意識して見るようになるかが気になる。

"The opportunity for consciousness"

Well, if possible, I want to be conscious, I want to stand out, what to do when I want to be seen, what will happen at the moment when what I am vaguely looking at in the first place clearly rises to the height of consciousness? I thought about it.

It may be unexpectedly rare to consciously see something. It may be surprising, but I often look at things in front of me unconsciously or by inertia, and if I was conscious of seeing anything, my brain would puncture, so make it a habit and look at it automatically. Often there are.

Therefore, when I try to be conscious of seeing something again, I am wondering what causes people to be conscious of seeing something.

リンク

記録よりも記憶

長い開会式をずっと見てはいられないので、所々は見るというよりは聴いていて、場面が変わりそうになるとまた見て、パフォーマンスは食い入るように、入場行進はぼんやり、はっきりが波のようにくり返される感じなど、その時々で開会式という時間空間の中で思い思いに過ごすのは普段TVを見ないけれど心地良かった。

167F5B1A-6EBF-4290-9038-DCF5B8862187.jpeg

開会式という枠の中で見たり見なかったり、意識したりしなかったりのくり返しによってつなぎ合わされた映像だけが自分のものとして記憶に残り、自分だけの時間と空間が形成されていく。それは良くも悪くも記録よりも尊く、その積み重ねでしか見られない風景があるような気がする。

"Memory rather than record"

I can't watch the long opening ceremony all the time, so I listen to it rather than see it in places, and when the scene is about to change, I see it again. I don't usually watch TV, but it was comfortable to spend my time in the time space of the opening ceremony, such as the feeling of being returned.

Only the images that are connected by repeating seeing, not seeing, and not being aware of it within the frame of the opening ceremony remain in my memory as my own, and my own time and space are formed. It is more precious than the record, for better or for worse, and I feel that there are landscapes that can only be seen by stacking them.

リンク

古い物に触れるだけで

古い物は良い物だとは簡単には言えないけれど、時代が古い物に触れるだけで時間の感覚の幅が広がるようで面白い。

今この瞬間に生きているのに目の前には何百年も前の物がある。ということは、その間の時間分を自分が吸収して今ここにいるように思える。

42D394BF-12B8-45A5-A63B-E23D3FEFC9A0.jpeg

実際は目の前にある物が何百年の時を経て存在しているのだが、自分がそれまでの時間分の叡智を持って何百年も前まで遡り、その当時のつくり手に共鳴しようとするので、その間の時間分を吸収しているように思える。だから、時代が古い物に触れるだけで、時間の感覚の幅が広がるし、よりたくさんの試行錯誤をしたような感覚にもなれる。

"Just touch old things"

It's not easy to say that old things are good, but it's interesting that the time can be broadened just by touching old things.

Even though I am alive at this moment, there is something hundreds of years old in front of me. So it seems like I'm here now, absorbing the time in between.

In reality, the thing in front of us has existed for hundreds of years, but with the wisdom of that time, we go back hundreds of years and try to resonate with the creator at that time. So it seems that it is absorbing the time in between. Therefore, just by touching something that is old, you can broaden your sense of time and feel like you have done more trial and error.

リンク

時代による重ね合わせ

デザインの違いを150年間位のクロニクルでみる機会があり、現代に近くなる程デザインに求められているものが段々と重なり合ってくるのがわかった。

はじめの方は対象物と直接的に相対してデザインすることと、その対象物の属性に向けてデザインすることの2つは同時に存在し、その優劣がデザインの良し悪しを決めていたのが、そこに全く違うものを加味して重ね合わせることでデザインの独自性をより出すことをするようになる。

DD50862C-C71C-475A-A4ED-8297C14E6257.jpeg

ところが、そのデザインの独自性自体が一昔前のデザインのようにみえてくる。それは独自性に小慣れてきたからかもしれないが、さらに違うものを重ね合わせる必要性を感じさせてしまう。

"Overlapping by the times"

I had the opportunity to see the difference in design in a chronicle for about 150 years, and I found that the closer to the present age, the more the demands for design overlap.

At the beginning, designing directly relative to the object and designing for the attributes of the object existed at the same time, and the superiority or inferiority of the design determined the quality of the design. By adding something completely different to it and superimposing it, the uniqueness of the design will be further enhanced.

However, the uniqueness of the design itself looks like the design of a long time ago. It may be because I've become accustomed to uniqueness, but it makes me feel the need to layer different things.

リンク

何か足す

絶対が無いように、完璧も無く、世の中の全てのことには代替案があると考えてみることにする。

例えば、京都の龍安寺の有名な石庭は足すものが無く、引くものも無いくらいに完成された庭とされているが、もしそこに何かを足すことが求められたら、完成されたものだから何もイメージできないだろうか。

たぶん、ほとんどの人が何か足すことを、それの良し悪しは別として、思い描くことができるだろう。有名で評価が確定されているものだから完成されたと思い込んでいるだけで、何かをして別のものや代わりのものにする余地はあり、それも複数の違うものを思い描くことができるだろう。

だから、何かで頭が凝り固まってしまった時、引くより足す方が建設的な意識に向きやすいので、何か足すことを考えると現状に対して批判的で建設的な考えが浮かびやすい。

FA9E7B79-FC86-4363-9935-21A48D02F8E6.jpeg

"Add something"

Just as there is absolutely, there is no perfection, and I think that everything in the world has alternatives.

For example, the famous stone garden of Ryoanji Temple in Kyoto is said to be a complete garden with nothing to add and nothing to draw, but if something is required to add to it, it is completed. Can't you imagine a