セクティコン

見る者と見られる者がいるという関係性が成り立つのが普通のことだと仮定したら、それが、見る者と見られる物でも良いのだが、その関係性自体が近代以降のことかもしれないが、外形には何かしらの意味を持たせることになるだろう。

外形とは、人ならば外身、物ならば外観で、もっと簡略化すれば、双方とも輪郭といえる。

その輪郭の意味を、見られる側は意図してつくるだろうし、見る側は都合よくつくるだろう。

別に意味など無くても良いと思うのだが、見る側が勝手に意味づけをしてしまう、それはたぶん、人の脳の構造の問題だと思うのだが、意味づけ、すなわち、認知することで、自分の周りの環境を把握し、自分の身の安全を保つのだろう。

だから、見られる側はその脳の構造を利用して、意図した意味づけをする、もちろん、その意図通りに見る側が意味をくみ取ってくるないこともあるだろうが、よくある話で、それが成り立つのも、見る者と見られる者がいるという関係性が前提になるから、要するに、見る側見られる側の関係性と輪郭の意味づけは共謀関係になる。

輪郭は様々な分野にあるが、最近、アンジェロ・マンジャロッティがデザインした置時計「セクティコン」を手に入れた。6年程前に復刻されたものではなく、60年前に船室用置時計としてデザイン・製造されたプラスチックの一体成型のオリジナルのもの。

その赤い丸みを帯びたフォルムは見る者に様々な想像を強いる。見られる側、すなわち、デザインした方の意図は計り知れないが、人を模したように、頭があり身体があるように見えなくもなく、水面からひょっこり顔を出したタコのようにも見えたり、もちろん、そのフォルムからミッドセンチュリーの雰囲気が漂ってきて、この時計を部屋に置いておくだけでもいい。

もし、見る側に誰もいなかったら、この時計自体の存在価値はあるのだろうかとさえ思ってしまう。

だから、見られると思って、見られることを意識してデザインする、当たり前だが、逆に言えば、見る側がいて、見る行為が無かったら、デザイン自体が無くても良いことになる。

デザインもまた、見る側見られる側の関係と共謀関係にあり、だから、見る側の目も引きたくなる。

などと、セクティコンを手にして思いながら、だから、既視感が無いことが重要だと改めて思う。

5EA8BC96-80C3-4371-912C-03354FEEEB7A.jpeg

"Secticon"

Assuming that it is usual that the relationship between the viewer and the viewer is satisfied, it may be the one seen by the viewer, but the relationship itself may be after modern times , The external form will have some meaning.

The outer shape is the appearance of a person if it is a person and the appearance if it is a thing, and if it is more simplified, both of them can be said to be a contour.

The meaning of the contour will be purposefully created by the visible side, and conveniently by the viewing side.

I think it doesn't matter if I have no other meaning, but I think that the viewers make their own meaning, maybe it's a problem with the structure of the human brain, but by making meaning, that is, recognizing, Understand the environment around and keep your own safety.

So, the side to be seen uses the structure of the brain to make the intended meaning, and of course the side that looks as intended may not come to understand the meaning, but it is a common story. Since it is premised that there is a relationship between the viewer and the viewer, the relationship between the viewer and the viewer and the meaning of the contour become conspiracy, in short.

The outline is in various fields, but recently I got a table clock "Secticon" designed by Angelo Manjarotti. It is not reprinted about six years ago, but is an original plastic integrally molded and designed and manufactured as a cabinet clock 60 years ago.

The red rounded form forces the viewer to imagine various things. The side that can be seen, that is, the intention of the person who designed it, is immeasurable, but as a person imitating, it looks like a octopus with a head and a body, not as invisible as a head, and a face coming out of the water surface Or, of course, the atmosphere of mid-century comes from the form, and it is good to leave this watch in the room.

If there is no one on the side of the viewer, it even wonders if the watch itself is worthwhile.

So, I think that I can see it and design it consciously to be seen. It is a matter of course, but on the contrary, if there is no act to see, there is no need for the design itself.

The design is also in contradiction with the relationship between the viewer and the viewer, so the viewer's eyes also want to pull.

And while thinking about having a secticon, I think that it is important that there is no sense of sight.

翡翠

「星に願いを」、七夕の夜、ルーシー・リーの白釉皿に翡翠色した和菓子を思い出しながら、別の情景が広がる。

突然の雨、粒がはじける大きな音が足元からしはじめ、人の賑わいが雨音に変わったことに気づく。

曇りではあったが、陽の光が薄い半透明な膜を張り、ぼんやりと辺りを包み込んで、人が観光地らしさを辛うじて保っていたが、いつの間にか、人と入れ替わり、雨粒が周りから見えないように薄暗い幕を築く。

時々差す陽が水面を差し、返しの白い筋が尾を引き、目に水面の翡翠色を感じさせていたが、今は空からの粒によって真の翡翠を見せる、まるで、それを見せるために、ひとりここにいた。

雨は天からも地からも降る。

そして、翡翠はまた水面に溶けていった。

F6444CF2-8424-4021-86AF-899CA51B6554.jpeg

"Jade"

"I wish for the stars", another scene is spread out, remembering the Japanese-style confectionery colored in the white plate of Lucy Lee on Tanabata night.

Sudden rain, the loud noise that starts to pop up starts at the foot, and notices that the liveliness of people has changed to the rain noise.

Although it was cloudy, the sun's light covered a thin translucent film, and it surrounded the area dimly, keeping people like a tourist destination barely, but in time, people replaced with people and raindrops could not be seen from the surroundings So make a dim curtain.

The occasional yang came to the water surface, the back white streaks pulled the tail, and the eyes felt the amber color of the water surface, but now the particles from the sky show a true moth, as if to show it , I was here alone.

Rain falls from above and from above.

And the cocoon melted in the water again.

想起

モダニズムでの絵画は、モチーフの陰影が消え、そのモチーフ自体も輪郭線だけになり、二次元化する。それは一目見るだけで、全体を把握しやすくし、視覚以外の感覚は排除して、本質に迫ろうとした。実際には絵画に触れることができないが、質感としてあるのは、キャンバスと絵の具だけだった。

この絵画は、モダニズムより前の時代の反動だが、一方、日本には、岩絵具を使い、陰影など無い二次元化された絵画があった。

そこには、岩絵具としての質感は勿論あるし、和紙の質感もあるのだが、それらの質感が前面に感じることは無く、モチーフとなるものに沿うように発色し、しっとりとした印象を与えることに寄与していた。二次元化が決してモチーフを視覚で捉えやすくするためでは無く、むしろ、視覚以外の感覚を誘発し、それを岩絵具の顔料としての質感と発色が後押しし、見る側に様々な事を想起させ、モチーフをよりリアルに感じさせた。

いわゆる洋画は表現された事を、見る側はそのまま受け取るだけに設定され、その設定がモダニズムであったり、時代性だったりした。

いわゆる日本画は何かが不足しているか、何かが実物の見た目と違う、それが二次元化、そこを補うことを、見る側が想起する、無意識のうちに、その想起する余地が、同じ二次元化された絵画でも違う所で、感じるリアルさが違う所で、概念より目の前に全てがあり、それをどう感じるか、時代の反動では無い方が絵画として、モチーフの本質に迫ることができるだろうし、破綻もしないし、絵画としてだけ相対することができるから、それは素晴らしいことではないか、この文化圏に目を向けることが。

B680B212-6D80-47CD-B043-51FC6CAA26B7.jpeg

"Recollection"

In modernism paintings, the shade of the motif disappears, and the motif itself becomes only an outline, and it becomes two-dimensional. At a glance it made it easy to grasp the whole, excluding senses other than vision and trying to approach the essence. Actually I can not touch the painting, but only the canvas and the paint have the texture.

This painting is a reaction of the days before modernism, while in Japan there was a two-dimensionalized painting that used rock paint and had no shadows.

There is, of course, the texture as a rock paint and the texture of Japanese paper, but the texture does not feel on the front, and it colors in accordance with the motif and gives a moist impression Contributed to the Two-dimensionalization is by no means to make the motif easy to see visually, but rather, it induces a sense other than visual sense, and it is inspired by the texture and color of the paint as a pigment, and evokes various things on the viewing side , I made the motif feel more realistic.

The so-called foreign film was set to just receive what was expressed, and the viewer was set to just receive it, and the setting was modernism or it was historical.

The so-called Japanese paintings lack something or something is different from the real appearance, it is two-dimensional, making up for that, the viewer recalls, unconsciously, the same room for recalling the same Even in a two-dimensionalized picture, in a different place, in a place where the feeling is different, there is everything in front of the concept and how it feels, one who is not a reaction of the times approaches the essence of the motif as a painting You will be able to do it, you will not fall apart, and you will only be able to confront each other as a painting, so it's not a great thing to look at this culture.

触る

とても乱暴に大雑把に言えば、モダニズムとは他の感覚を全部削ぎ落として視覚に特化し、触れること無しに本質に迫ろうとしたことで、モダニズム以後はその反動でしかない。

モダニズムでは、他の感覚、触覚や嗅覚、味覚、聴覚で把握できる情報を全て視覚に変換し、それが可能なのは、人間の知覚構造の特色かもしれない、視覚から8割の情報を得ているからで、一目で本質を把握できるようにし、それを写真に収め、ネットの無い時代に写真という身軽な伝達方法に載せた。

だから、視覚以外の感覚に関連することは全部消えていく。

絵画では、モチーフの陰影は消え、そのモチーフ自体も輪郭線だけになり、やがてモチーフ自体も消える。建築でも形自体に意味があると、空間を視覚的に一目で把握できなくなるから、意味を持たせないように余分な線は消え、根源的な幾何学形態になり、それは仕上げについても同じで、白くなり、絵画同様、空間も輪郭線だけになり、やがて空間自体もどこまでが空間かわからなくなる。

そこでは人間も必要で無くなる、人間を意識してしまうと、触覚や嗅覚、味覚、聴覚が現れてくるから。だから、建築では生活感が必要では無くなった。

モダニズム以後はその反動、視覚以外の感覚が復活し、触れることで得られる感覚も通して、本質に迫り、人もそこに介在する。写真以外の伝達方法も発達したから、生活感も必要になり、それが現代まで続くが、人がやることだから、人が介在するのが当たり前なのだが、そのモダニズムも、モダニズム以前の反動でしかない。

古美術の茶碗を触れる機会があった。なかなか滅多に見られるものでは無いから、箱や箱書きから茶碗まで、写真を撮りまくった。それは記録に残して後から見返すこともできるためだが、自分の手の中に留めておきたいという衝動にかられ、そのためにはまず、写真を撮ろうとしてしまう、ただ触らずにはいられない。

見るだけで、感触までわかろうと思えばわかるが、触ることでしか得られない情報があるだろうし、耳から入る知識も重要だが、一番大事なのは持った時の感触、持って見て触った時に自分がどう思うか。

だから、ひとつひとつ丹念に触った。散々触った後に、ふと、モダニズムはあったのだろうか茶碗に、と思った。

1D851016-2B05-492C-9B99-AC51B44EBB49.jpeg

"touch"

Roughly speaking roughly, modernism is nothing more than repercussions after modernism, as it attempts to immerse itself in the essence without scraping it and touching all other senses.

In modernism, information that can be grasped by other senses, tactile sense, olfactory sense, taste sense, and auditory sense is all converted into vision, and it is possible to obtain features of 80% of information from vision, which may be characteristic of human perceptual structure So I made it possible to grasp the essence at a glance, put it in a picture, and put it in a light communication method called a picture when there was no internet.

So everything related to senses other than visual disappears.

In paintings, the shade of the motif disappears, the motif itself becomes only the outline, and eventually the motif disappears. Even in architecture, when the form itself makes sense, the space can not be grasped visually at a glance, so the extra lines disappear so as not to make sense, and it becomes the basic geometric form, which is the same for finishing as well. It becomes white, and like paintings, the space is only an outline, and eventually the space itself does not know how far it is.

There is no need for human beings, because when you are conscious of human beings, touch, smell, taste and hearing will appear. So, in architecture, a sense of life was not necessary.

After modernism, its reaction, the senses other than vision revives, and through the senses obtained by touching, the essence approaches and the person also intervenes there. Since communication methods other than photography have also been developed, a sense of life is also required, and so does the present, but because people do it, it is natural for people to intervene, but its modernism is only a reaction before modernism. Absent.

I had the opportunity to touch the teacup of the old art. It is not something that is rarely seen, so I took pictures from boxes and boxes to teacups. It is possible to leave it in the record and to look back later, but because of the urge to keep it in your own hands, you can not help but just try to take a picture first.

If you just look, you will understand if you feel the touch, but there will be information that can only be obtained by touching and knowledge that can be heard from the ear is important, but the most important thing is the feel when holding it, holding it and touching it What do you think sometimes?

So I touched it one by one. After touching it a bit, I thought it was a teacup, probably there was modernism.

言葉より先に

建築に対する考え方やアプローチの仕方やコンセプトは素晴らしいのに、どこかで見たような、既視感に襲われるようなことがある。

建築を言葉からイメージしようとすると、言葉から実際の建築や空間に変換する時の能力が問われる。引き出しがたくさんあるのか、レシピをいっぱい知っているのか、どこまで知覚できるのか、などなど。どうしても、今まで見てきた建築や空間が頭を過る、それは意識して先人の建築から何か学ぼうとすればする程、そうなる。

よく聞くのが、後付けでコンセプトを考えること。与条件に対応して設計した建築に対して、後から考えを整理してまとめること。案外多く、後付けだから、コンセプトに対して実際に出来上がった建築や空間が破綻していない、当たり前だけど。案外その方が既視感も無かったりする。

だから、はじめから既視感が無いものをつくろうとし、後からそこに至る考え方をまとめても良いだろうし、その方が、既視感が無いことは新しいことでもあるので、言葉より建築空間生成が先になり良いのではないだろうか。

79F9F181-841C-4C04-9EC1-238F2FC4D310.jpeg

"Before words"

Though the way of thinking and approach to architecture and the concept and concept are wonderful, there are times when they are struck by a sense of devil as seen elsewhere.

When trying to image architecture from words, the ability to convert words into actual architecture and space is questioned. Whether you have a lot of drawers, you know a lot of recipes, how far you can perceive, etc. Anyway, the architecture and space I have seen so far have a head, which is the more I consciously try to learn something from my predecessor architecture.

I often ask you to think about the concept later. Organize and organize your ideas later for the buildings designed in response to the conditions. Unexpectedly, because it is retrofit, it is natural that the architecture and space actually completed for the concept have not collapsed. Unexpectedly there is also no sense of sight.

Therefore, it is possible to try to create something that has no sense of sight from the beginning, and to organize ideas that lead to that later, and it is also a new thing that there is no sense of sight, so building space generation rather than words Aren't you good at first?

既視感を探るきっかけ

既視感が襲ってくるのは、見た瞬間の表象化の段階、いろいろなこと、見た目では無い、隠れた部分を感じ取る過程でのこと、そこで見たことがあるかどうか。

「既視感が無い」状態が人間の知覚において、どこで起こるのかを考えていた。

今は当たり前になったが、コンクリート打放しにモルタル薄塗りをかけ、コンクリート打放しはすでによくある仕上げで見慣れているので、同じような色味、同じような質感、でも違う、既視感が無い仕上げに、コンクリート打放しの上に更にモルタルを塗り、それを仕上げにすることは無かったので、コンクリート打放しを何か別の仕上げにするためにモルタルを下地として塗ることは普通に行うが、それを見た時にはじめて既視感ということを意識した。

どうしても、新しい建築、新しく見える建築に惹かれるので、「既視感が無い」とそれだけで新しい建築に思えたので、既視感とはどういうことかを考えたくなった。

05BF229F-7CAA-4672-96CC-44ADD4AB1183.jpeg

"Opportunity to explore the feeling of the sight"

A sense of prejudice comes at the stage of the rendition of the moment of seeing, various things, things that are not visible, in the process of feeling hidden parts, and whether they have been seen there.

I was thinking where in the human perception, the "no sense of sight" condition would occur.

Now it has become commonplace, but put a thin coat of mortar on concrete release, and concrete release is already familiar with a common finish, so similar colors, similar texture, but different, no visible finish It was common practice to paint the mortar as a foundation to make the concrete release some other finish, as there was no need to further coat the mortar on top of the concrete release and finish it. It was the first time I was aware of the feeling of being visible.

I was attracted to new architecture and new-looking architecture, so I thought it was a new architecture with only "no sense of sight", so I wanted to think about what it was like.

既視感が無いもの

既視感が無い建築や空間をつくりたいとしたら、どうするか。既視感とは、見たことがあるという感覚のこと。では、全く見たことが無いような奇抜な建築や空間にすれば既視感が無いものになるような気がするが、そうでは無くて、見たことがありそうで無い、今までありそうなのによく考えたら無い、位の度合いでないと、既視感が無い状態とは言えない。

既視感が無い状態だと「そうなるのか」「それは今まで考えたことが無かったな」「それは盲点だったな」「なるほど、それも有りだよね」などという感想が出てくる。

単に奇抜な建築や空間は「変わっているね」の一言で済まされる。それはぱっと見で理解できないからで、既視感が無い状態は、全く理解ができない訳では無くて、理解はできるけれど「今まで見た物の中には無かったな」「見たことが無いな」という感じ。

新しい建築をつくりたいとしたら、2通りある。奇抜なものか、オルタナティブなもの。

奇抜なものとは、それまでの文脈とは外れて存在するもの、だから、すぐに理解ができない。オルタナティブなものとは、それまでの文脈に則り、既存のものの代替案として存在するもの、だから、理解はしやすいが、新しくて見たことが無いものになる。

既視感が無い建築や空間はオルタナティブなもの、そして、それが新しい建築となる。新しい建築を見てみたいから、既視感が無い建築や空間をつくりたい。

42F43098-1774-491E-BFCE-7F56609398AB.jpeg

"There is no sense of sight"

What if you want to create an architecture or space without a sense of sight? A sense of sight is the sense of having seen it. Then, I feel that if you look at a quaint architecture or space that you have never seen, you feel that there is no sense of sight, but it is not so, it is unlikely to have been seen, until now If you do not think so well though, you can not say that there is no sense of sight unless it is a degree.

If you don't have a feeling of prejudice, you will come up with comments such as, "Do you think so?" "I never thought about it before", "It was a blind spot," "Oh, that's true too."

The weird architecture and space are just finished with a single word, "I'm changing." It is because I can not understand it at first glance, and I can not understand it at all when I do not have a sense of prejudice, but I can understand it, but I have never seen anything I've seen so far. I feel like that.

If you want to create a new architecture, there are two ways. Or something strange or alternative.

Odd things are things that exist outside of the context so far, so we can not immediately understand them. An alternative is something that exists as an alternative to the existing one in the context of that, so it is easy to understand, but new and never seen.

Architecture and space without a sense of sight are alternative things, and that becomes a new architecture. I would like to see new architecture, so I would like to create an architecture and space with no sense of sight.

関係性を空間に

ひとつひとつバラバラなものをそのままバラバラなままの状態で表すにはどうしたらよいか。

大きな容れ物の中に、ひとつひとつバラバラのまま、そのままの状態で納める。大きな容れ物が環境を守る役目をし、ひとつひとつバラバラなものの関係性は維持され、バラバラなままの状態で表すことができる。そして、大きな容れ物という、そのバラバラなままの状態で納める容れ物が、そのバラバラな状態を表す名称になる。

例えば、美術館や博物館がそうだろう。大きな美術館や博物館といった容れ物の中に、作品や展示物がバラバラなままの状態で納められ、ひとつひとつバラバラなものの関係性は維持され、バラバラなままの状態で表しており、その状態が、まさに美術館や博物館と呼ぶ。よくある手法だ。

他には、ひとつひとつバラバラなものを、ひとつひとつバラバラな関係性はそのまま維持して、別の事で新しく表すこと。この場合は、その関係性が、そのバラバラな状態を表す名称になる。

例えば、先程の美術館や博物館だとすると、ひとつひとつバラバラなものは、作品や展示物であり、その作品や展示物中から、あるいは、他の美術館や博物館から借りてきた作品や展示物を加えて、新たな関係性をくくり、展覧会をする。その展覧会の名称が、新たなにくくった関係性であり、それが「〜展」になる。

だから、ひとつひとつバラバラなものをそのままバラバラなままの状態で表す方法は、大まかに分けて2通りあり、1つは大きな容れ物を用意する、もう1つは新たなくくるための関係性を用意する。

前者は建築的な解釈にもなり親和性があるが、興味があるのは後者、言わば、関係性をデザインすることであり、それは建築以外でも役立つ手法であり、関係性を建築で実際の空間としてつくりたい。

0E8AFEAD-BA11-405C-A4A5-3007CA37D93F.jpeg

"Relationships in space"

What should I do to represent things separately one by one as they are separately?

In a big container, put it as it is, one by one. Large containers serve to protect the environment, and the relationships of disjointed things are maintained and can be represented in disjointed states. And, the big container, the container which is stored in the broken state, is the name representing the broken state.

For example, museums and so on. Works and exhibits are stored in pieces in a large museum or museum space, and the relationship between pieces is kept one by one, and they are represented in a broken state, and that state is I call it a museum or a museum. It is a common technique.

The other thing is to keep things broken apart one by one, keep the broken relationships one by one, and express new things in another. In this case, the relationship is a name representing the disjointed state.

For example, in the case of the previous art museums and museums, things that fall apart one by one are works and exhibits, and by adding works and exhibits borrowed from those works and exhibits or borrowed from other art museums and museums, new items Hold a relationship and exhibit. The name of the exhibition is a new difficult relationship, which becomes "-exhibition".

Therefore, there are roughly two ways to represent things separately one by one as they are separately, one is to prepare a big container, the other is to prepare a new connection .

The former is also an architectural interpretation and has an affinity, but the latter is interesting, so to say, to design relationships, which is a useful method other than architecture, and to build relationships with actual space I want to make it.

終わり時

内部でもよいし、外部にもなる、それは場面場面で変えることもできるし、ずっと外部でもよいし、時々気分でそうしてもよいし、普通にずっと内部でもよい。そのような空間ができたならば、きっと見た目も、その選択、内部か外部かで違うだろうし、そこを使う人、住む人によって、全く違った空間が出現するかもしれない。

それが集合住宅だったら、住む人の数だけ、空間の選択に違いができるし、それがそのまま外観に現れる。まさに、集合住宅でしか実現できないことになる。

そのようなプランにたどり着き、ただそのプランはとても単純で、決して言葉だけが先行した空間ではなくて、実空間として、使い方として成立をしている。

答えを探さずに、ずっと解明したかったことに対して、情報収集して、整理して、丹念につながりを解きほぐすことを繰り返し行っていた。そうすると、誰も手を付けていない領域がわかり、そこが本来自分が建築の中心に据えたいことだと理解できた。

ただ、あまりにも単純すぎて、それはよいことだと思いつつ、何か付け足ししたくなるし、何かがまだ足りないので、さらに、要するに、問題を設定したくなる、終わり時に迷う。

8A572A57-DB19-4678-9B2A-05C386A1C304.jpeg

"End time"

It can be internal or external, it can be changed in the scene, it can be external, sometimes it can be in the mood sometimes, it can be internal as usual. If such a space is made, the appearance will be different depending on the choice, whether it is inside or outside, and a completely different space may appear depending on the person who uses it or the person who lives there.

If it is a collective housing, the choice of space can differ by the number of people living, and it will appear in the appearance as it is. Indeed, it can only be realized in an apartment complex.

Having reached such a plan, the plan is so simple that it is not a space where only words first preceded, but is established as a usage as a real space.

Without searching for an answer, I have been collecting information, organizing it, and breaking up connections carefully in order to solve what I wanted to clarify. Then I understood the area that no one had put in hand, and I understood that I would like to put it at the center of the architecture.

But it's too simple, I think it's a good thing, I want to add something, and I'm still missing something, I mean, I want to set a problem, I get lost at the end.

中途半端

中途半端なんだよね、何でも中途半端に見えてしまう、中途半端って良くないイメージがあるけれど、結構本気で「類は友を呼ぶ」ということわざが大事で、自分の周りにいる人を見れば、本当の自分、心の奥底にいる自分がわかると考えていて、たがら、何でも中途半端に、人が見えてしまうのは、自分が中途半端な人なのかなと考えてしまう。

まだまだ詰められる余地がある、よくある話だが、どうしたらできるかではなくて、こうだからできないと、できない理由ばかりを説明する人に出会うとげんなりする。

そんな人、本当にいるのかと言われそうだけど、で、ところで、本題に入ろうか、どうしたらいいの、ここがこうなったら、全てが上手くいき、皆んながとりあえずハッピーになれるから、話は単純、そこを何とか実現できる方法を考えよう、それは専門の人が絞り込むことなのに、専門外の人が簡単にトリガーポイントを指摘したらまずい、職務怠慢だよね、プロでしょ、とまでは言わないし、言いたくはないので、そこに気づいて欲しいのだけれども、言葉が通じない、おかしな日本語同士でしゃべっているよね、こんな時、昔は現場でも怒鳴り散らしていたような気がするけれど、それは誰のためにもならないから、最近はそういうことが無いように、まず自分が怒鳴り散らすことが無い人と仕事をするようにしている、「類は友を呼ぶ」だから。

DE80CACA-5B27-4904-B0E2-932341BEA190.jpeg

"Incomplete"

It's half-baked, there's an image of something half-baked and bad, but everything looks like it's halfway, but if you look at the people around you, it's important to say that the kind "calls kind" is serious. I think that I know that I am true, I am in my heart, and I think that I can see someone who is half-hearted, if only I am a half-hearted person.

It's a common story that still has room to be packed, but it's not how you can do it, and if you can't do it this way, you will meet people who just explain why you can't do it.

Such a person seems to be really there, but, by the way, how to get into the main subject, what should I do, if all this goes, everything goes well and everyone can be happy anyway, so the story is simple, there Let's think of a way to somehow realize that it is a narrowing down of specialists, but it would be bad if a non-specialist could easily point out a trigger point, it would be a delusion of duty, not to say professional, not to say So I want you to be aware of it, but you can't speak words, you're talking with strange Japanese people, At this time, it feels like you used to scream at the scene, but it's for everyone In order not to have such a thing recently, I am trying to work with a person who never screams, "kinds call "So.

ずっとやること

なぜ建築をやりはじめたのか。父親は大工、神社仏閣もやっていたから、皆んなは宮大工と呼んでいた。祖父も大工、父親と一緒に千葉から戦後東京に出てきて、商売を、工務店をはじめた。だから、3代目、子供の記憶では、まだ、幼稚園に上がる前、父親の軽トラに乗って現場回りをしていた。もうひとり、住み込みの大工さん見習いがいた、その人と一緒に3人、なぜ、幼稚園に上がる前の自分がそこにいるのかわからないけれど、たぶん、連れて行けとただをこねたのだらう。

大昔は、建築現場で出るゴミは埋めていた、確か記憶が正しければ、多摩川を越えた川崎の山の中に行ったような、そこに一緒にトラックに乗っていたんだよね、そうそう、昔は現場で出たおがくずなんかは、区の清掃工場に捨てに行き、まだ子供ながらにして、こわいんだよ、清掃工事の中に入ったこと無いでしょ、大きな、大きな、ゴミを捨てる穴があって、そこに荷台からスコップで捨てるのだけど、まだ子供だから、危ないから、トラックの外に出してもらえず、車内の窓越しに見るしかなかったが、その底なし沼のような清掃工事の穴の恐怖心は忘れられない。

なぜそんな怖い場面がありながら、父親について行ったかと言うと、その後の唯一の楽しみが有り、多摩川の土手で、昔は売店があり、そこで好きなパンを買ってもらい、父親と住み込みの見習いと一緒に食べるのが楽しみだった、それは姉には内緒で、母親は薄々勘付いていたけれど、しょうがないと見逃してくれていたこと。

そこには、建築のケの字も、デザインのデの字もないけれど、幼い頃から刷り込まれた建築がある訳で、それは学校や社会で教えてもらった建築とは違う訳で、それはそれを経験した人にしかわからない世界がある訳で、後発の建築経験と合わせて、自分にしかできない建築を表現したいし、表現しないと死に切れないと思うのは、この歳になり、豊かな社会を見て、余計に思うこと。

EAC05C88-2B9F-47A0-9D25-DA328E0FFDFA.jpeg

"Permanently to do"

Why did you start building? His father also worked as a carpenter and shrine and temple, so everyone was called a shrine carpenter. My grandfather also came out of Chiba from postwar Tokyo with my carpenter and my father, and started to work as a builder. So, in my third generation, in my memory of my child, I was still riding around my father's light tiger before going to kindergarten. There was another carpenter apprentice who lived in, three with him, I don't know why I was there before I went to kindergarten, but maybe I got rid of them and take them alone.

A long time ago, the garbage from the construction site was buried, and if I remember correctly, I went to the mountain of Kawasaki over the Tama River, and I was on the track together there, yes, in the old days I went to the district's cleaning plant to throw away the sawdust that came out on the site, and I was scared as a child, and I'm scared, I've never entered the cleaning work, big, big, there is a hole to throw away trash , But there is a scoop from the loading platform, but because it is still a child, because it is dangerous, I could not get it out of the truck and had to look over the window inside the car, but the fear of the hole of the cleaning work like a bottomless swamp I can not forget my heart.

If you say why you went to the father while having such a scary scene, there is only one pleasure after that, there is a shop on the banks of the Tama River in the old days, you have bought the bread you like there, and the father and the resident apprenticeship I was looking forward to eating it together, which was secret to my sister, and my mother was thinly aware, but missed it.

There are no architectural characters or design characters, but there is an architecture that has been imprinted from an early age, which is different from an architecture taught in schools and in society. There is a world that is understood only by those who have experienced, and together with the late-stage construction experience, I want to express architecture that can only be done by myself, and I think that I can not die without expression, it is this age, rich society Looking at and thinking extra.

心を揺さぶる未知の壁

建築は、全てを規定しなければならないから、哲学や社会学などに規範を求めるのだろう。

建築を規定するために使う言語は、哲学や社会学だけではない、人の感覚も使う、しかし、感覚だから言葉にならない、言葉で説明できないこともある。それでもなお、規定しようと試みる。

言葉で全てを規定しようとする人のことを理論家と呼ぶのだろう。言葉で規定てきない所は無い、だから、何でも言葉が必要だ。この場合の言葉は知識と言い換えることができる。

知識で目の前に出現した空間を規定する、それがどういう態度でも関係がない、的を得ていても、的外れでも、こじつけでも、規定することが大事だから。

実現をしたいのは、人の心を揺さぶる未知の空間であり、知識で規定するとかしないとかとは、全く関係がない所に浮遊している事柄に思えるのだが、では、人の心を揺さぶる所まで、未知の所まで、空間を求めて行く乗り物は何か、感覚か、才能か、経験か、諦めないことか、それともやはり知識か、または、これら全てか、そこは誰も教えてくれないし、誰も教えられない、なぜなら、未知だから。

盲目になれば、たやすく未知も、心を揺さぶることも手に入る、ただ、それは求めている未知ではない。しかし、全てを知り尽くした上での未知を求める姿勢は、砂漠の中で一杯の水を求めているようなもので、心が揺さぶられない。だから、知識がある、知っている、わかっている先に、心が揺さぶられる未知はない。

知らないことへの恐怖心からくる知識には価値がなく、それを素とした空間には、未知もなく、心も揺さぶられないのではないか。今、思い出すのは、過去に心を揺さぶれた未知の建築空間、その時は未熟な時だった。

今が成熟しているかどうかは別として、未熟と盲目は同じか違うのか。書きながら考えて、考えながら書いている、これが未熟で、そもそも書かない、考えないのが盲目かな。

だから、知識を受けようとして動いていては、人の心を揺さぶる未知の空間をつくることはできず、自分で試行錯誤することでしか、人の心を揺さぶることはできないし、未知に到達しないのではないか、それが的外れでも、未知だから、それが的外れかどうかも判断てきないし、ただ、やはり、そうなると、諦めないことが重要だけど、今度はそれができる人はなかなかいない、知識を受ける方が無知の恐怖心が和らぐし、誰も無知だと思われたくはないだろうから。

25ACBD55-E8EA-4024-9A07-787406138EA6.jpeg

"Unknown wall shaking hearts"

Since architecture must define everything, it will seek norms from philosophy, sociology, etc.

The language used to define architecture is not only philosophical or sociological; it also uses human senses, but sometimes it can not be words because senses can not be explained in words. Still, I try to define it.

People who try to define everything in words will be called theorists. There is no place where there is no provision in words, so everything needs words. The words in this case can be reworded as knowledge.

It is important to define the space that appears in front of the eyes with knowledge, regardless of attitude, whether it is a target, a target, a target, a target or a stigma.

What we want to realize is an unknown space that shakes people's mind, and it seems that it is a matter floating in a place that has nothing to do with whether or not it is defined by knowledge, but then it shakes the mind of people To the place, to the unknown, the vehicle that seeks space, sense, talent, experience, not giving up, or even knowledge, or all these, there is no one to tell me No, no one can teach, because it is unknown.

If you get blind, you can easily get the unknown and the heart shaking, but it's not the unknown you're looking for. However, the attitude of seeking unknown after knowing everything is like seeking full water in the desert, and the mind can not be shaken. So there is no unknown that the mind is shaken before you know, know and know.

There is no value in the knowledge that comes from fear of unknown things, and in the space that is based on that, there is no unknown, and the heart may not be shaken. What I remember now is an unknown architectural space that has shaken my mind in the past, and that time was immature.

Aside from whether they are now mature, are immature and blind the same or different? I think while writing, I write while thinking, this is immature, not write in the first place, it is blind not to think.

Therefore, if you are moving to receive knowledge, you can not create an unknown space that shakes the mind of a person, you can only shake the mind of a person by trial and error yourself, and you reach an unknown Even if it is out of place, it is unknown, but it is not determined whether it is out of place, but it is important not to give up if it is so, but there are not many people who can do it this time. But the fear of ignorance will be relieved, and no one will want to be considered ignorant.

分かれ道

建築は決まり事の集積で成り立っているので、偶然にそうなるとか、結果的にそうなった、ということは基本的には無い。

基本的には、と付けたのは、新築ならば、更地から計画をしていくので、土地に何か、例えば、地盤が軟弱であったり、地中に何か埋まっていたり、文化財など、があったとしても、それを含めての計画になるのだが、リフォームの場合は、手を付ける部分が限定されるので、手を付ける部分以外の所が影響して予想外の出来事が起こることもある。

だから、新築の場合に限って言えば、偶然や予想外は無い。

そうなると、余白としての空間をつくる場合も、その余白で起こることを全て予想してコントロールした上での余白としての空間が成り立たないといけない。

余白となると、どうにでもなる、何が起こるかはその時にならないとわからない、気分で変わる、などの要素を加味したいのだが、そうもいかないのか。

そこが、言葉だけが先行した建築とそうでない建築の分かれ道か。

72AB0A0D-5807-44CA-A5C4-D782415A19E0.jpeg

"Diversion"

Since architecture consists of a collection of routine things, there is basically no such thing that happens by accident or as a result.

Basically, if it is a new construction, we will start from a land area, so something on the land, for example, the ground is soft, something is buried in the ground, or a cultural property And so, even if there is, it will be a plan including it, but in the case of renovation, the part to be touched is limited, so the unexpected event is affected by the parts other than the part to be touched It can happen.

So, just in case of new construction, there is no chance or unexpected.

In that case, even when creating a space as a margin, it is necessary to have a space as a margin with anticipation and control of everything that happens in that margin.

When it comes to the margins, I would like to add elements such as how to do anything, I don't know what will happen at that time, the mood changes, etc.

Is there a branch between the architecture where only words preceded and the architecture where not so?

余白というプラン

余白を余白としてつくるのではなくて、プリントアウトする時の余白の設定のように数値でここから余白と決めるのではなくて、気がついたら、それが余白とか、じわりじわり余白になっていくとか、気分で今日は余白とか、現れたり消えたり、または、感じる時と感じない時があるとか、余白が何かと何かをつなぐものだとしても、常に見える必要はない。

建築は空間の範囲を規定しなければならない。その際は、壁であったり、床や天井であったり、敷地境界線かもしれないし、地面かもしれない、解釈によっては空もあり得るかもしれないが、かならず、範囲が決まる。だから、余白として建築空間をつくることは、どうやって範囲を決めるか、その際はどうなるのかを決めること。

ただ、何となく余白は範囲が決まっているようで決まっていない感じがあるので、そこの自分の中での認識の差をどうやって埋めるのか、どうしたものか、余白を考えながらプランをつくること自体に何か違和感がある。

057FB216-71F3-49CF-8AAD-5D46D493E5F7.jpeg

"Plan called margin"

Instead of creating a margin as a margin, instead of using this as a numerical setting for setting a margin when printing out, you decide not to use it as a margin, but if you notice it, it will become a margin, a beginning margin, etc. So today you don't have to always see the margin, even if it appears or disappears, or if you feel or don't feel it, or if the margin connects something to something.

Architecture must define the scope of space. In that case, it may be a wall, a floor or a ceiling, a site boundary, a ground, and depending on the interpretation, it may be empty, but the scope is definitely determined. So, to create an architectural space as a margin is to decide how to determine the scope and what to do in that case.

However, there is a feeling that the margin seems to be fixed and the range is somehow decided, so how to fill in the difference in recognition in oneself there and what to do, it is in making the plan while thinking about the margin itself I have something wrong.

選択肢という余白

つい選択できることに価値があると考えてしまう、その方が楽しいし。

ここ2,3ヶ月のうちに2回行った飲食店への道の途中にアンティークショップがあり、覗くとつい銀のスプーンに目が行ってしまう。カトラリーが大好きで、スプーン、ホーク、ナイフなど、いいなと思うものを見つけると、つい購入し、バターナイフも、セットではなくてバラバラでも、引き出しをあけると、カトラリー専用、見てるだけでも楽しい気分になるけれど、何か食事をする度に、どれにしようかな、と選ぶ楽しさ、コーヒーカップも毎朝選ぶ楽しさがある。

別に大したスプーンではないけれど、自分が気に入って、そこには自分の審美眼も入ってくるし、それを毎日、その時の気分でも、その時の器に合うものは、その時の料理に合うものは、と選ぶことが生活する上でとても大事、今生きていることを大事にしているような気がして、毎日変化するし、毎日自分は変化していくし、それが成長かもしれないし、老いかもしれないけれど、そこに沿うためには選択肢がある状態の方が良いだろうと。

選択肢がたくさんある、たくさん用意されている状態は、結局何ひとつ決まっておらず、全てが流動的で、どうにでもなる状態であり、ひとつのことに決めれば、他の選択肢は必要無くなるので、無駄やその無駄を容認できる余地、余白を抱えている状態とも言える。

だから、余白に価値があり、余白に可能性を感じ、余白をどうやったらつくり出すことができるだろうか、と自然に考えてしまう。

それは建築に対しても同じで、きっちりと決められた建築家の審美眼による空間は素晴らしいし、そこに建築としての価値があるのだけれども、その空間を使う側の気分みたいな流動的な部分を引き受ける余白にも同じくらいの価値があり、そこもデザインの範疇だと考え、今はその余白が極まるとどうなるのだろうかに関心がある。

D8DCA4F7-CA90-4263-AABC-66225BF644BF.jpeg

"Margins of choice"

I think it's worthwhile to be able to make choices, it's more fun.

There is an antique shop on the way to the restaurant that I visited twice in the past couple of months, and when I look around my eyes go to the silver spoon. I love cutlery, find something that I like like spoons, hawks, knives, etc., I just buy, buy butter knives, even if it's not a set, even if it's loose, open drawers, cutlery only, it's fun just looking However, every time you eat something, it's fun to choose which to use, and coffee cups every morning.

It's not a big spoon, but I like it and my beauty goes into it, and every day, even if it feels like that, what suits the vessel at that time, what suits the cuisine at that time, I think it's very important to choose life, I feel like I take care of being alive now, I change every day, I change myself every day, it may grow, I am old It might be, but it would be better to have a choice to follow along.

There are a lot of options, a lot of prepared states, after all there is no decision, everything is fluid, it is a state that can be done, and if you decide on one thing, the other options will not be necessary. It can be said that there is a room where the waste and the waste can be tolerated, and a margin.

So it is natural to think that there is value in the margin, the possibility of the margin, and how you can create the margin.

The same is true for architecture, and the well-defined space of the architect's aesthetics is wonderful, and although there is architectural value there, a fluid part like the mood of the side using that space Undertaking margins is equally valuable, and I think that it is a category of design, and now I'm interested in what happens when the margins are full.

余白を見る

最近、余白のことを考えている。余地とか、遊びとかと言うかもしれない。余分なもの、どうでもよいもの、ただ、無いと困るもの、なくてはならないもの。

きりきりで、きれきれで、きつきつで、きっちりしている完全なものに憧れたりする。美しいものや綺麗
なものは大抵完全なものを備えていて、そこに惹かれる。

ただ、完全なものはあまりにも完璧すぎてなじまなく、触れると、拒みたくなる。

余白が主役の長谷川等伯の松林図屏風、これは余白を描いていて、その余白が見るものの感受性を刺激し、あらゆる創造を意識の中で強いる。たがら、見ていると松林の余白の中に、霧や風やその先の景色を感じ、松林が浮かび上がってくる。

余白には何も描かれていない。人によっては未完成に見えるかもしれない。そういう意味で言うと不完全である、この長谷川等伯の松林図屏風は。

ただ、その不完全さがこの松林図屏風に動きや情景を与える。

等伯は松林を墨で描きながら、余白を丹念にあぶり出したように見えた。

85B9AE79-A918-48AC-891D-1C2B0B6CD870.jpeg

"See the margins"

Recently, I'm thinking about margins. It may be called room or play. Extra things, things you don't care, just things you don't need, things you have to do.

I'm drowning in perfect things that are crisp, clean, tight and tight. Beautiful things and beautiful
Things are usually complete and are attracted to it.

However, perfect things are too perfect and unfriendly, and touching them makes them want to refuse.

The margin is the leading figure of Matsubayashi Hasegawa, which draws the margin, stimulates the sensitivity of what the margin sees, and forces all creation in consciousness. When I look at it, in the margin of the pine forest, I feel the mist, the wind, and the scenery beyond that, and the pine forest comes up.

Nothing is drawn in the margin. Some people may seem unfinished. In that sense, it is incomplete, this Hasegawa and other pine forest sketch screen.

However, the imperfection gives movement and a scene to this Matsubayashi maple wind.

It appears that Togashi has carefully drawn out the margin while drawing Matsubayashi with ink.

苦手

暑いのか、肌寒いのか、最近よくわからない。寒暖の感覚がおかしくなっているようで、夜暑いと思って窓を開けたら、そのうち肌寒くなって、かと思うと、昼間の風は涼しくないから、エアコンをかけると肌寒くて喉が痛くなったり、寝る時は朝方肌寒くなるかもしれないと思い、着込んで寝ると、無意識に暑かったのだろう、いつの間か脱いでいるし。

そんな感覚なんかいい加減なものだなと、それに付き合って振り回されているのも結構面白い。

感覚に言葉をつけたり、言葉を感覚で表現したり、感覚と言葉の間を行ったり来たり、そこに造形が入ってくるから、ややこしく、さらに、経験が幅を利かせてくるから、悪魔のささやきが聞こえてくるから、もうその辺が落とし所じゃないのと。

そう何事にも〆切があるから、まとめることが大事、ただ、まとめることはいつでもできるからと、そうすると相手に伝えることが疎かになる、一番自分にストレスが無いバランスをその都度見つけるのが苦手だなと、いつも思う。

EF1F831A-539D-4175-90CC-9DA214CD4C07.jpeg

"Not good"

I do not know well lately whether it is hot or chilly. When I open the window when I think it's hot at night, it feels chilly when I think it's hot in the daytime, so the wind in the daytime doesn't cool, so it's chilly and throat hurts when I turn on the air conditioner, I think it might get chilly in the morning when I go to bed, and when I got in and go to bed, I might have been unconsciously hot, and I'm taking off for some time.

It is also quite interesting that it is being swayed along with it that such feeling is kind of sloppy.

Because words are added to the senses, words are expressed with the senses, and back and forth between the senses and the words, there are shapes coming in there, so it is complicated, and because the experience brings in the width, the devil's I hear a whisper, so that area is no longer a dropout place.

So there is a limit to everything, so it's important to put it together, just because you can always put it together and you don't know how to tell it to others, it's not good to find the most stress free balance for yourself each time I always think.

間際に

考え続けていると、突然「ひらめき」があるもので、点と点が繋がり、それもここに線ができるのか、となる。

単純なことなのに気がつかない、でも、気がつくと納得して、腑に落ち、そうそう、それをやりたかった、となるから面白い。

ただ、困ることに、それは追い込まれないと、そうはならない、と思っているだけで、もともと考える量が足りていなくて、量が満たされれば、自然と「ひらめき」に行くのではないかと思い、「ひらめき」を形にするのに、また労力を要するし、時間もかかるので、また〆切間際の慌てぶりを晒すことになる。

準備だけはしていて、バックアップ体制は万全だから、もうちょっと余裕があればと思うのだが、その余裕すらも使い考え尽くそうとする。どうしたものだろうか。

0E870D7A-C8C6-4DF0-8336-BD2AC7EEC9A3.jpeg

"In the corner"

If you keep thinking, there is a sudden "inspiration", and the points and points are connected, which will also be a line here.

I do not notice it is simple, but I am convinced when I notice it and I fall into the trap, so I want to do it, so it is interesting.

However, it is thought that it will not be forced if it is not driven in to be troubled, and the quantity to think originally is not enough, and if the quantity is satisfied, it will naturally go to "inspiration" Because it takes time and effort to form "inspiration", it will also expose the blazing just before the deadline.

I'm just preparing and I have a backup system, so I think I'll have a little more room, but I'll try to use up even the room. What is it?

言葉で未知を引っ張り出そうと

言葉をイメージより先にしている、それはイメージは既知のものしかできないような気がして。

どうしても、無意識のうちに、過去に見た建築に類型化してしまう。

「これは、あの建築の考え方の延長にあるな」
「この建築は面白いけれど、プランはあの建築にそっくりだな」
「明らかに、真似しているよね」

などなど、結構、類型化するのは案外簡単なこと。
ただ、そのおかげで、自分で計画中に真似を意識してしまう。

建築の設計をしている最大の理由は、未知の空間を見たいから、瞬時にあの建築と同じはできない。

そのイメージを乗り越える手段として言葉を利用している。言葉はイメージを伴わなくても表現できると勝手に思い込んでいるのと、言葉に引っ張られてイメージが出てくると考えているから。

ただ、ここに来て、言葉に引っ張られてイメージは出てくるのだが、現実が伴わない。イメージ通りの空間に到達しないのだ、未知だから仕方がないのかもしれないが、どうしたものか。

4CECAABA-2FB0-495F-87F0-2949046B9005.jpeg

"Let's pull out the unknown with words"

I have words before the image, it feels like the image can only be known.

By any means, they unknowingly typify the architecture seen in the past.

"This is an extension of that architectural idea."
"This architecture is interesting, but the plan is just like that."
"Obviously, you are imitating"

And so on, it is quite easy to type out.
However, thanks to that, you will be aware of imitation while planning on your own.

The biggest reason I'm designing architecture is because I want to see an unknown space, so I can't do the same with that architecture in an instant.

I use words as a means to overcome that image. I believe that words can be expressed without an image, and I think that an image will be drawn by the words.

However, I came here, pulled by words, and an image came out, but reality does not accompany it. It does not reach the space as the image, it may not be possible because it is unknown, but what happened?

問い

思考が行き詰まったときには、本来どうあるべきかをもう一度問い直してみることが大切、今日一日、何度も唱えた言葉。

はじめに戻って、そもそも何を考えてはじめたか、いつのまにか違う所を歩いていたりするので、軌道修正をする。

変な先入観や知識がズレを生むのかもしれない。

明確な道筋を立ててはじめていても、はじめの問いが後にブレたりする。意外とそれがあり、何度も本来どうあるべきかを問い直している。

難しいのは、本来どうあるべきかを指向しながら、でも途中で、未だに空白の部分、誰も答えを出していない部分を見つけると、それを行いたくなり、最初の指向とうまく調和調整できないかと試みて、なかなか難解なことになってくるのでブレる。

いずれにせよ、はじめの問いに対しては面白く、そこは未開の地なので、解くことに熱中している。

D5331577-9034-4B78-AEB1-E9577D6F578F.jpeg

"question"

When thinking gets stuck, it's important to ask again what it should have been, a word that you have recited several times a day today.

I will go back to the beginning, what I started thinking about, I will walk around a different place before long, so I will correct the trajectory.

A strange preconception or knowledge may cause a gap.

Even if you are starting to make a clear path, the first question will be blurred later. Unexpectedly, there is it, and it is asking again how many things should be.

The hard part is pointing to what it should be, but if you find a blank part, a part where nobody gives an answer, along the way, you will want to do it, and it will not be harmoniously adjusted with the first one. I try, it blurs because it becomes quite difficult.

Anyway, it is interesting for the first question, and it's an unexplored land, so I'm passionate about solving it.

感覚の建築化

自分の感覚を建築化することの難しさに直面している。今まで、建築を言葉で説明する、言葉を元に建築にする、どちかが難しいか、建築を言葉で説明する方が難しいと考えていた。

建築は言葉だけでは説明できない感覚まで含めたことを形にしているので、そこまで、いくら言葉を駆使しても説明するのは無理だろう、逆に、言葉で表せることは、その時点で咀嚼され曖昧さがかなり無くなってきたものだろうから、それを建築にすることは十二分に可能だろうと。

だから、自分の感覚を言葉で表せれば、十二分に建築化することは可能だろうと考え、言葉を用意した。

ところが、そもそも、そのような建築は見たことが無いので途方に暮れる。安易にイメージしようと思えば、過去の建築に当てはめて、いくらでもできるのだが、これが何らかの試験で、制限時間内に解答を求められていたら、そうするのだが、無限に時間がある訳では無いけれど、自分の感覚をきちんと建築化したいので、だからどうしようとなる。ほんとどうしようか。

F67A57B1-A43D-4CBB-8AE5-00E6C38F36C4.jpeg

"Architecturalization"

I am faced with the difficulties of building my senses. Until now, I thought it was more difficult to explain architecture in words, to explain architecture in words, to build on the basis of words, or which one is difficult.

Architecture is a form that includes the sense that can not be explained by words alone, so it may be impossible to explain even if you make full use of words, and conversely, being able to express in words is at that time And because the ambiguity would be quite gone, it would be possible enough to make it architectural.

So I thought that it would be possible to build enough if I could express my senses in words, and prepared the words.

However, since such an architecture has never been seen in the first place, it is overwhelmed. If you want to imagine easily, you can apply it to the past architecture, and you can do as many as you like, but if this is a test and you are asked for an answer within the time limit, you do, but it does not mean that you have infinite time Because I want to build my own sense properly, so what to do. What should I do?

着地点

着地点がかすかに見えてきたのに、そこに行くまでの手段もたぶんこれかなとあるのに、全体のイメージがはっきりしない、霧がかかったよう。

見たことが無いので、見聞きしたことは全て排除して、残されているであろう、目指したい空白部分に向かってダイブをしているのだが、そこに床がたぶんあるはず、もしかしたら透明なガラスの床だから、まだ見えないのかも、光が当たれば反射してわかるはずだけれども。

トライアンドエラーの繰り返しで、時間がもうそんなに残されてはいないから、中途半端でも良ければ、いつでもまとめ上げる自信はあるけれど、それはできないので、自分で良しと思える所まで行けるかどうか、では無く、ここで書きながら、もう一度意識をし直す、着地点を。

E084E56F-35E0-4A6E-A2C3-57E736B47430.jpeg

"Destination point"

The landing point was faintly visible, but the means to get there were probably mist, although the whole image was unclear.

As I have never seen it, I have removed everything I saw and heard, and I'm going to dive, I'm diving towards the blank area I want to aim, but there should probably be a floor there, maybe transparent Because it's a glass floor, you can see if it's still visible if it's exposed to light.

I don't have much time left by repeated trial and error, so I'm confident I will always put it together if I can be halfway, but I can't do it, so I can't go to a place where I feel good. While writing here, I re-conscious again, the landing point.

「解決がむずかしいと分かっているがどうしてもやり
たいと思う場合は、やみくもにトライするのではなく、問題を何段階かに分解したうえで、ぎりぎり到達可能な目標を設定するのがよいだろう。」

きっと誰にでも身に覚えがある。無理を承知でやって玉砕をすることを。

大人になって、経験を積んで、賢くなると、無理だとはじめに思うことに手を出さなくなる。その判断は概ね正しくて、そのままの自分が普通にやったら、絶対に上手くいかない。 家族もいれば、それは無理だろう。

ただ、自分には無理な出来事はそもそも現実には起こらない、そう考えるならば、一番賢明な判断は、どうしたら、それができるだろうか、と考えることだろう。

そして、そこが分かれ道だと、などと、考えずに、当たり前に進む人にしか、それができない、と今日思い、今、どうしたらできるだろうかと考えている。

きっと、このように考えることに無しに、達成してきたのだろう、過去の人は、だから何も考えずに、新しい自分を見るために続けようと。

9A6D33D1-A989-4A4E-8DBF-D822CD5827E1.jpeg

"now"

"I know that the solution is difficult but
If you want to do so, instead of trying blindly, it may be better to break down the problem into several stages and then set goals that can only be reached. "

Surely everyone remembers. I know that you can not break the ball.

As an adult, gaining experience and becoming smart, you will not get out of the way of thinking it is impossible at first. The judgment is generally correct, and it will not go well if the person doing it as usual is normal. If there is a family, that would not be possible.

However, events that are impossible for me do not occur in the first place. If you think so, the most wise decision is to think about how you can do it.

And if there is a split road, etc., I think today that only the person who goes forward can do it without thinking, and I wonder if I can do it now.

Surely, without thinking in this way, I would have achieved, the people of the past, so without thinking, try to continue to see a new self.

小さな種

とても小さな種に気づくところからはじめて、空間はそこら中にあるので、というか、ただ街を歩いていても、そこは都市空間なので、そもそも空間から逃れることができないので、電車で立って外を見ているだけでも、あれとこれ何だろうと思う。

そんな小さな種がずっと頭から離れなかったり、そのうち忘れるのだが、何かのきっかけで、また頭に浮かんだり、そうすると、携帯にメモをして、ブログのネタにする時もあるし、創作のヒントのヒントになったり、そこから新たなことが頭に浮かんで来たり。

電車に乗って外を眺めていると、時々電車がすれ違う、その時、すれ違う電車に乗っている人が見える、出入口のドア付近に立っていたならば、とても近くに、その人のディテールまでがよく見えるくらいに、そばにいるように、ただ、とても遠い人であり、お互い全く意識もしていないし、気にもならないし、見えてもいないし、記憶にも残らない。

空間の中で、とても近い人なのに、全く存在感が無い、この状態は何だろう、が小さな種で、そこからはじめてみたいと何となく思った。

4CF6A06D-3546-4118-83ED-56BA718409F1.jpeg

"Small seeds"

You can not escape from the space because you can not escape from the space because you can not escape from the space because you can not escape from the space because you can not escape from the space because you can not escape from the space because you can not escape from the space from the beginning. I think that's what it would be like.

Such a small seed will not leave the head for a long time, but I will forget it later, but when something happens or floats in my mind, then I sometimes make notes on my cell phone and use it as a material for blogs. Become a hint of, or something new comes to mind.

When I look at the outside of the train, sometimes the train passes by. At that time, people on the passing train can be seen. If I was standing near the door of the entrance, very close to that person's details. As you can see, as you are by your side, you are just a very distant person, and you are not conscious of each other at all, do not care, do not see, and do not remain in memory.

In the space, although it is a very close person, there is no presence at all, what is this state, but it is a small species and I somehow thought that I would like to start from there.

「分かっていないこと」が分からない

「分かっていること」と「分かっていないこと」を書き出してメモしてみると、「分かっていないこと」がほとんど出てこない。「分かっていること」を「分かること」、「分かっていないこと」を「分からないこと」と変えても同じ、「分かっていないこと」が何かが分からないのだ。

スタート地点に戻した、今計画中のプロジェクトの話。

「本来どうあるべきか」をもう一度問い直してみようと、着想の記憶に立ち返り、収集した情報をもう一度見返し、読み返し、もう一度自分なりの言葉でメモをしているのだが、「分かっていないこと」がほとんど出てこないということは、別の見方をすると、今計画中のプロジェクトに新しさがほとんど無いということで、既存の、今ある考えを組み合わせているに過ぎないということ。

だから、計画中のプロジェクトに対して、しっくりきておらず、何かが違う、何かが足りない、と思うのだろう。

「分かっていないこと」を明確に意識して分かるためにはどうするか、もう少し収集した情報を読み込んでみるしかないのか。

「分かっていないこと」が分かり、それを解くことにより、計画中のプロジェクトに新しさが加わり、それでどうかを見たいところだが。

71B3A48B-48E1-428D-9824-3E1F3E7A7520.jpeg

"I do not know what I do not understand"

When I write out and write down "I know" and "I don't know", I hardly see "I don't understand." If you change "understood" to "understood" or "ununderstood" to "ununderstood", you do not understand something the same as "ununderstood".

The story of the project currently being planned that has returned to the starting point.

I'm going back to the idea's memory, looking back at the information I've collected, reading it back and making notes in my own words, but I'm "I don't know." The fact that it hardly comes out means, from another point of view, that the project being planned is hardly new, so it is merely combining existing ideas.

So for the project you are planning, you think that something is not right, something is different, something is missing.

What can you do to clearly and consciously understand what you do not understand, or do you have to read in a little more collected information?

You know what you don't know, and solving it adds newness to the project you're planning, and that's where you want to see.

白い箱は、建築では何か象徴的な存在。なぜか、ファッションでは、黒と並んで、ドレス度が高い色。

白い箱は建築的には、抽象度が高い色、白は何色にでも染まる色、だから、建築家は具体的に暮らしとか、生活とかを嫌うから、みんな白にすることにより、住宅なのに、暮らし関係ない、生活関係ないと主張している、潔くないが、それで作品性を確保しようとする。要するに、抽象度を高くして、建築性、建築家としての主張を確保したいのだ。

本当はもっと主義主張があり、そこを理解して欲しいのだが、なかなか、理解されないし、そこはまた別の訓練が必要だし、そこを頑張っても営業には繋がるが、生活していくために必要なのだが、そこに注力を躊躇する、うん、建築家のさがかもしれない。

ただ、今の建築家は暮らしや生活を包括して、自分の主張をできる人ばかりだから、希望をこめて、脱白い箱の人が多い。

白い箱はバリア、建築家が建築家らしくいるための隠蓑が白色、最近はグレー。

建築家がもっと社会的に認められる存在になるならば、それはクライアントの要望を全て受け入れて、クライアント色に染まり、それでも尚且つ、建築家としての主義主張をできる場合、それは高度、それをできる人を日本では見たことが無い。

353F4A67-EB67-46FF-B0E3-E0352B219D60.jpeg

"White"

The white box is something symbolic in architecture. For some reason, in fashion, along with black, the color with high degree of dress.

White boxes are architecturally high color abstract, white is dyed in any color, so architects specifically hate living and living, so everyone is white by making it a house, It does not relate to living, claims that it does not relate to living, and innocence, but it tries to secure the work property with it. In short, I want to increase the level of abstraction and secure the claim of architecturalness and architect.

There is really a principle claim, I want you to understand there, but it is not understood easily, there is another training required, and if you try there you will be connected to sales, but it is necessary for you to live However, there is a possibility that there is no architect who is focusing on that.

However, since now architects are only people who can comprehend living and living, and can make their own claims, there are many people with white boxes with hope.

White boxes are barriers, metaphors for architects to be architects white, and recently gray.

If the architect becomes a more socially recognized entity, it accepts all of the client's needs and becomes client-colored, yet, if it is able to claim the principle as an architect, it is a person who can do it I have never seen in Japan.

戻る

スタート地点に戻した、今計画中のプロジェクトの話。ずっと、ある程度まで完成していたが、これでいいのかと考えていた。考えていたということは、しっくりきておらず、何かが違う、何かが足りない、でもそれが分かっていないから、分からないから、しまいには、何が分からないのかが分からなくなってきたので、最初に戻した。

「本来どうあるべきか」をもう一度問い直してみようと、着想の記憶に立ち返り、収集した情報を見返す所からはじめた。もう一度見返し、読み返し、もう一度自分なりの言葉でメモしている。

メモの整理の仕方を変えた。面白いもので、何か違和感がある、ということは、まだ、もっと違った何かが出てくるかもしれない。

F3B4CBD4-1A17-49DB-BB59-2C51B8FF3986.jpeg

"Return"

The story of the project currently being planned that has returned to the starting point. It had been completed to some extent, but I was thinking that this would be fine. I didn't know what I was thinking about because I wasn't quite right, something was wrong, something wasn't good, but I didn't understand it, so I didn't know, so in the end I didn't know what I didn't know So back to the beginning.

I started from the place where I went back to the memory of the idea, and looked back at the collected information, in order to re-examine the question "what should I do?" I look back again, read back, and write down my own words again.

I changed the way of organizing notes. If something is interesting and something is wrong, there may still be something different.

記録しますか

記録に残すかどうかと考える時がある。

知識として使いたい時は記録を残すことにしており、知恵として使いたい時は記録を取らないことにしてきた。

知識として使いたい場合は、見聞きした内容をそのまま使えば良い場合が多いので記録して、何度も再利用するつもりで、ただ、知識の賞味期限もあるから、そのうち使えなくなり、記録もどこかに無くなってしまう。

知恵として使いたい場合は、見聞きした内容をそのまま使うことは無く、応用させたり、変形させたり、エッセンスだけを生かしたりするし、それは頭の中で無意識に行っていたりする場合が多いから、かえって頭の中以外に記録してしまうと、それができなくなるような気がして、記録をはじめから取らずに、頭だけで覚えようとする。当然、時間が経つと忘れることもあるのだが、どんなに時間が経っても忘れないことはあり、それが知恵として生かせるので、時間が経って忘れることが良い選別になっているように思う。

知識はネットでその都度調べれば良いとすれば、記録を取って残す必要が無くなるし、知恵として使う場合は記録すら取らないので、はじめから記録すること自体が必要無くなる。

だから、最近は紙ベースの記録媒体を持ち歩くことは無いのだが、それでも記録したい、メモしたいことがあれば、それが今の自分にとって本当に必要なことだと判断がつくし、今それを行えば良いという行動規範にもなる。

では建築を見に行った場合はどうするか。

知識と知恵を見分けて、知識の部分はネット調べることが可能だが、折角目の前にあるのだから、写真やスケッチを残し、知恵の部分は、写真撮影やスケッチをしたことで無意識に建築が印象付けられているので、ただ目の前の建築を考えながら感じるだけにしている。

EEA9E607-1360-4B0E-BF30-D58EE7A67DEC.jpeg

"Do you want to record?"

Sometimes I wonder if I keep it in the record.

When we want to use it as knowledge we keep records, and when we want to use it as wisdom we keep no records.

If you want to use it as knowledge, there are many cases where you just need to use what you see and hear as it is, so I will record it and try to reuse it many times. It will be lost.

If you want to use it as wisdom, you will not use what you have heard or heard as it is, and you may apply or deform it, or use only the essence, which is often performed unconsciously in your head. I feel that I will not be able to do this if I record in my head, and I will try to learn with my head, not taking the record from the beginning. Of course, I sometimes forget as time goes by, but I do not forget how much time goes by, and I can use it as wisdom, so I think that it is a good sort to forget over time.

If knowledge should be checked each time on the Internet, there is no need to keep a record, and if it is used as wisdom it will not even take a record, so there is no need to record from the beginning itself.

So I don't carry paper-based recording media these days, but I still want to record, if I want to make notes, I can judge that it is really necessary for me now and I should do it now It also becomes a code of conduct.

But what if you go to see architecture?

Although it is possible to identify knowledge and wisdom, the part of knowledge can be searched on the net, but because it is in front of a corner, leaving a picture or a sketch, the part of wisdom unconsciously architecture by having taken a picture or sketch As I am impressed, I only feel while thinking about the architecture in front of my eyes.

断捨離したくない

好きな物に囲まれて生活がしたいから、家の中は物で溢れている。好きな物だから、捨てるなんてとんでもない。一生使うものとして、大事にしているものばかり。

捨てる、断捨離と聞くと、その言葉が一般的には、暗黙の了解として、良い意味で使われているのがわかる。どんどん不要な物は捨てて、物は少ない方が良いと、世間的には当たり前のように思われている。

だから、断捨離と言うと良い行いであり、断捨離ができないとダメ人間なような印象もある。

よくあることだと思うのだが、断捨離はあくまでも手段であり、断捨離をした結果、日常生活が豊かにならなければ意味が無い。断捨離をして、物が無くなり、スッキリするだろうが、それは一過性のことで、頭の中がスッキリ、すなわち、整理整頓され、次の行いにつながらなくては、また結局は元通りになり、断捨離した意味が無くなる。断捨離が目的になっているから。

日常生活を豊かにする方法はいくらでもあると思うが、自分の好きな物で、案外それが無くても困らない物だったりするのだが、囲まれている状態、やっぱり、普段ものづくりをしているから、お気に入りの食器がたくさんあって毎日気分で使う食器を選びたいし、お気に入りの椅子がたくさんあって毎日気分で座る椅子を選びたいし、などと考えてしまう。

頭の中が、思考がスッキリして、整理整頓されていれば良いだけの話で、頭の中を断捨離すれば良いだけで、考えが明解で、自分の感性を刺激してくれる物に、不要な物も含めて、たくさん囲まれていた方が日常生活が楽しくて、豊かになる。

仕事、生活ともに、スケジュールも、情報も、メモも、スマホとタブレットとPCで同期させながら、本もデジタル化で、管理し、終われば、必要が無くなれば、データを捨てる、消して、必要なことだけを残し頭に入れて考える。

程度は別として、考え続けることが多いから、考えるための材料はいつでもすぐに簡単に見られるようにしておきたいし、手ぶらで行動することも多いので、スマホに集約させている。断捨離はそれだけで必要十分。

3A6079EF-3913-4A8F-9919-C9B27BC4AF26.jpeg

"I do not want to abandon"

I want to live surrounded by my favorite things, so the house is full of things. It's a favorite thing, so it's not ridiculous to throw it away. As something to be used for the rest of my life, I only use what I cherish.

When you throw it away and ask for it, you can see that the word is generally used in a good sense as an implicit consent. It seems that it is natural for the world to throw away unnecessary things and keep things small.

So it's a good thing to say that it's an end, and there's an impression that you're not good if you can't.

I think that it is a common practice, but abandonment is a means to the last, as a result of abandonment, there is no meaning unless everyday life becomes rich. You will get rid of it, you will lose things, and it will be refreshing, but it is transient, and your mind will be clean, that is, it will be organized and you should be connected to the next thing, and eventually it will be the original It becomes a street and there is no sense of abandonment. Because the purpose is to break away.

I think that there are many ways to enrich my daily life, but I like what I like and I can't be bothered by the surprise, but I am always making things in an enclosed state. I think there are a lot of favorite dishes and I want to choose dishes that I use every day, and I have a lot of favorite chairs and I want to choose a chair that I can sit every day.

It is only a good story if the mind is clean and organized, and all you have to do is just throw away your mind, it's a clear mind and something that stimulates your sensibility. However, people who are surrounded a lot, including unnecessary things, will enjoy and enrich their daily lives.

Work, life, schedule, information, memos, while syncing with smartphones, tablets, and PCs, books are also digitalized, managed, and when finished, if there is no need, throw away data, delete it, need it I just leave things and think in my head.

Aside from the degree, I often keep thinking, so I want to make it easy to see the materials for thinking immediately and always, so I often make them act by hand, so I'm concentrating them on my smartphone. Necessity alone is sufficient enough.

正解ない

あらゆる無限の事柄の中から何を選択するか、一方、あらゆる無限の事柄の中から何が正解かを見つけ出す、どちらも最終的には1つのことに絞るのだが、プロセスが全く違う。

前提として、何か問題があり、その問題を解決しなければならない。

はじめの態度として、その問題を解決するための方法はたくさんあるだろうと予測して、そのたくさんある解決方法の中から何を選択すれば良いかと考え出すか、一方、その問題を解決するための方法は1つしかなく、そのたった1つの正解を導き出そうとして考え出すか。

たった1つの正解を導き出そうとするのは、いわゆる学校の試験勉強や資格試験の勉強で、たくさんある解決方法の中から何を選択するかは、創造的なことをする時に使う。

この、たった1つの正解を導き出す考え方が苦手で、これは訓練で養うものなのだが、その訓練をすること自体が苦痛だった。

今はもう、そのような訓練をする必要が無し、若い時にサボって、いろいろと妄想していたことが今役立つから良いが、このたった1つの正解を導き出す考え方は今だに苦手で、正解という言葉自体も嫌いだ。

D17E01AA-E612-4CF7-A8EC-43C2021D5EC3.jpeg

"No correct"

The idea is to choose what out of all infinite things, while finding out what is the correct answer out of all infinite things, both ultimately narrow to one thing, but the process is completely different.

As a premise, there is something wrong, and you have to solve it.

As a starting point, predict that there will be many ways to solve the problem, and figure out what to choose from among the many solutions, while ways to solve the problem There is only one, do you come up with the idea of ​​trying to derive that only one correct answer?

It is the study of the so-called school exams and qualification exams that seeks to derive only one correct answer, and it is used when doing creative things what to choose among many solutions.

I'm not good at thinking about this one single correct answer, and although this is what I cultivate by training, it was painful for me to do the training itself.

Now, there is no need to do such training, and it is good because it is useful to have been variously delusions when I was young, but the way of thinking to derive this single correct answer is still poor and it is said that it is correct I also dislike the words themselves.

言葉と感じること

言葉が先か、感じることが先か。

感じて、それを言葉にする、のが順序としては正しいような気がするが、そもそも感じる時に、先入観として言葉があるような気もする。

全く先入観無しに感じることなど、不可能のような気がするから、言葉が先のように思うが、ならば、感じることが全て言葉に支配されているか、コントロールされているかというと、どうだろうか。

要は、言葉が先でも、感じることが先でも、どちらが先でも良いのだが、ただ、どちらか一方が、どちらかを制限することになると困る。

だが、考えようによっては、言葉によって制限された感じ方、感じ方によって制限された言葉は、それだけで簡潔に物事を多面的に表現していることになり、深い読み解きになっていたりする。

59513645-714B-4AF0-B81C-E2B5E306E9EB.jpeg

"Feeding with words"

Is the word ahead, or is it the first to feel?

I feel that I make it into words, but I feel that the order is correct, but when I feel in the first place, I feel that I have words as a preconception.

It feels like it is impossible to feel without prejudice at all, so I think the words are ahead, but if you feel that everything is controlled by the words, how is it? Hm?

The point is that the words may come first, the words may come first, or both may go first, but it will be a problem if one or the other restricts one or the other.

However, depending on the idea, the feeling limited by words and the words limited by feelings may be expressed simply and multilaterally by itself, resulting in deep reading and interpretation.

7年前の自分

7年が経ち、赤ちゃんが小学生になり、兄妹別々の部屋に、想定していた間仕切壁工事を行うお声掛けをいただいた。

打合せをしていると、7年前が鮮明に蘇る。7年前の自分に会うようだ。

そういえば、7年前に意図したことがあった、それが今どうなったか、きちんと形になって日々の暮らしに浸透している様を見ると嬉しくなる。

7年前と比べて周りの風景が変わったけれど、ピカピカよりは、こなれてきて、よい感じ。

この住宅が良いか悪いかは別にして、この住宅以前と以後では、明らかに変化があった。毎回、そのような変化が起こるように仕事をするだけ、その度、新しい自分に出会うのだ。

5243D8DE-58AF-45A3-80C6-04436EEA8A54.jpeg

"I am seven years ago"

Seven years have passed, the baby has become a primary school student, and my brother and sister had separate voices in the room to carry out the partition wall construction that I was expecting.

When I have a meeting, seven years ago come back clearly. It seems to meet myself seven years ago.

Speaking of which, when I had intended seven years ago, I would be glad to see how it has become, now properly shaped and pervading everyday life.

The scenery around us has changed compared to seven years ago, but it's better than shiny, it feels good.

Apart from whether this house is good or bad, there has been a clear change before and after this house. Every time I work to make such changes happen, I meet new ones each time.

完成度と繊細さ

全く違う場面だが、人が、高い技術でつくり出した、一切の余地をはさむことができない、極めて完成度が高く、極めて繊細なもの、それは、何かしらのものづくりに携わる人ならば、一応に目指すところかもしれないが、それが本当に良いものなのだろうか、と最近よく考える。

ものをつくるということで、もの単体に焦点を当てて考えるならば、完成度と繊細さを極めることは良いことに決まっている。

つくる人がいれば、それを受ける人もいる。もの単体に焦点を当てることに、受ける人は入っていない。

極めて高い完成度、繊細さの極地が、受ける人にどう伝わるかは関係ないのだろうか。

受ける人に、完成度と繊細さの極地を伝えようとした時、もしかしたら、もの単体で極地をつくりだすのとは、何か、プロセスか、完成度か、繊細さが違うのではないだろうか。

一切の余地をはさむことができない、極めて完成度が高く、極めて繊細なものよりは、受ける人の想像力や感受性や能力に委ねる部分、もしかしたら、それは完成度や繊細さの度合いが下がることかもしれないが、余白のような不完全な部分があった方が、かえって完成度の高さや繊細さの極地であることが伝わるのではないだろうか。

そのようなことを考えながら、庭園を、欧米のものと日本のもので比べながら、欧米の庭園は繊細さを完成度高くつくり出すのに対して、日本の庭園はうつろいゆく自然の中に繊細さを見つけ出すことに思いを馳せた。

FAC3C98A-7524-4598-B322-6060136C14F0.jpeg

"The degree of perfection and delicacy"

It's a completely different scene, but when people bring in high technology, they can not cut any room, they are extremely complete and extremely fine, and if they are involved in the manufacturing of something, it is intended for a while I don't know when or when, but I think it's really good nowadays.

In terms of making things, it is good to have perfection and delicacy if you focus on single things.

If there is a person who makes it, there are those who receive it. There are no recipients in focusing on a single entity.

It does not matter how the extremely high degree of perfection and delicacy pole is transmitted to the recipient.

When trying to convey the pole of perfection and delicacy to the recipient, what if it were to create a pole by itself alone would it be different in something, process, perfection or delicacy? .

More than perfection, extremely delicate things that can not be divided into any room, parts that delegate to the recipient's imagination, sensitivity and ability, etc., but it does not decrease the degree of perfection and delicacy If there is an incomplete part such as a blank space, it might rather be transmitted that it is a pole of high degree of completion and delicacy.

While thinking about such things, comparing gardens with those of Western and Japanese ones, while Western gardens create delicacy to a high degree of perfection, Japanese gardens delicacy in the beautiful nature I felt lost in finding it.

中庸

技巧を尽くし完成度と繊細さを極めて、その極地まで来たとする。その場所はとても素晴らしく、全ては完全で完璧であり、全く隙も無い。感嘆の声がもれる。溜息が出る。

頭の中はさぞ脳内物質が分泌されて、恍惚の極み、気持ち良くて仕方がないだろう。この世の極みである。この時を待っていました。

しかし、実際は頭の中が混乱し、素晴らしさはわかるが、気持ち良いどころか、楽しめない。これでもか、これでもかと繊細で完全完璧なものが迫ってくる。どうしたら良いのか、わからなくなる。

すなわち、辿り着いた極地は未知の場所であり、すでに極めた既知の場所では無い。既知の場所であれば、それはすでに到達している場所であるから、極みとは思わず、単なる通過点にしか思わないだろう。

未知の場所だから、混乱し、楽しむ余裕など無く、どうしたら良いのか、わからなくなるのが当たり前であり、それは受け手の問題では無い。

そこで、2つの選択肢がある。

受け手が混乱しても、完成度と繊細さを極めて、その極地を提供するのか、受け手の感度にあわせて、完成度と繊細さを調整、すなわち、バランスをとるのか、中庸とも言うかもしれない。

一番難易度が高いのは、技巧を尽くし完成度と繊細さを極めて、その極地まで行き、それが中庸であるとも言えることか。一見、この矛盾することが解けた時、次の新しい扉が開くような気がする。

そのためには、自律だけではなく、他律でもいる必要があり、自律と他律のバランスが中庸であれば良いと思う。

9F55F871-BF38-4078-A8D1-085C2CE0B32C.jpeg

"Moderate"

It is said that it has done its craftsmanship and has achieved perfection and delicacy, and that it has reached its extreme. The place is very nice, everything is perfect, perfect and completely free. There is a voice of exclamation. I get a sigh.

The substance in the brain is secreted in the head, and the limit of the acupuncture, it will be pleasant and can not be helped. It is the limit of this world. I was waiting for this time.

However, in reality, my mind is confused and I know the splendor, but I can not enjoy it. Even here, something delicate and completely perfect is approaching. I don't know what to do.

That is, the polar land reached is an unknown place, not a well-known place already. If it is a known place, it is a place that has already been reached, so it will not be considered as extreme, but only as a passing point.

Because it is an unknown place, it is confusing, there is no time to enjoy it, it is natural to lose track of what to do, and it is not a problem of the receiver.

So there are two options.

Even if the recipient is confused, it may be said that the perfection and delicacy are adjusted, that is, whether the perfection and delicacy are adjusted according to the sensitivity of the recipient, that is, whether it provides a pole or perfection. .

The highest level of difficulty is that you must be skilled and extremely complete and delicate, and go to that extreme and say that it is a middle class. At first glance, when this contradiction is solved, it feels like the next new door opens.

For that purpose, it is necessary to be not only autonomy but also other laws, and I think that it is good if the balance between autonomy and other laws is moderate.

未だ見ぬ

京都近代美術館で開催されている「陶工・河井寛次郎」展の河井寛次郎の言葉より、

「一度も見た事のない私が沢山ゐる」
「すきなものの中には必ず私はゐる」
「私は習慣から身をねじる、未だ見ぬ私が見度いから」

の部分に惹かれた。自分の好きなものを自分で作ってみる、それは、まだ見たことがない自分、新しい自分を見たいから、と言っているのではないかと解釈した。

まだまだ未知の自分が存在し、それを仕事を通して見つけ出す、そのためには「習慣から身をねじる」、それは日常の中で少し見方を変えてやることか。

新しい自分と出会いたい、だから仕事する。

DBDC4050-889D-45EB-8BAC-9B4393B54A0F.jpeg

"I have not seen it yet"

From the words of Kawai Hirojiro at the "Poster / Kawai Hirojiro" exhibition held at the Museum of Modern Art Kyoto,

"A lot of me who I have never seen before"
"I always sing in my favorite things"
"I twist myself from the habit, because I have not seen it yet"

I was attracted to the part. I tried to make something that I liked, I interpreted it as saying that I had never seen it, I wanted to see a new one.

There is still an unknown self, who finds it through work, for that purpose, "twists from habits", does it change the way of thinking a little in everyday life?

I want to meet new myself, so I work.

ぎりぎりの我

京都近代美術館で開催されている「陶工・河井寛次郎」展では、河井寛次郎の言葉にも惹かれた。河井寛次郎が言葉を紡ぎ出す人とは思ってもいなかったので、その中でも

「表現されるぎりぎりの自分が、同時に、他人のもの」
「ぎりぎりの我に到達した時に初めて、ぎりぎりの他にも到達」
「自他のない世界が、ほんとうの仕事の世界」

の部分に惹かれた。自分の好きなものを自分で作ってみようとすると、独りよがりになり、結果、自分以外の他を排除するものしかできないように思ってしまうが、河井はそうではなくて、自分の好きなものをとことん突き詰めて、自分で作り得る最上級のぎりぎりのものは、自分以外の他にとっても最上級のぎりぎりのものであり、それは自分とか他とかを超越したところに存在するものであり、それが本当の仕事だという。

ぎりぎりの我について、その後、思いを巡らしたのは言うまでもない。

7C6057F5-E99E-4AAF-9756-05A4517C5CBE.jpeg

"I at last"

At the "Poster / Kawai Kanjiro" exhibition held at the Museum of Modern Art, Kyoto, I was also attracted by Kawai Kanjiro's words. As Kawai Kanjiro did not think that he was the person who spun words,

"At the same time, the only thing being expressed is that of others"
"The first time you get to the last thing, the last to reach the last"
"The world without oneself is the real world of work"

I was attracted to the part. If you try to make your own favorite thing, you become selfish and, as a result, you think that you can only exclude something other than yourself, but Kawai is not so, it is your own favorite thing The best stuff that you can make yourself, in a nutshell, is the best stuff you have for others, and it is something that transcends you, or something else, that's true It is a job of

It is needless to say that I went over the mind about the last of me.

細かな動き

もっとニュートラルに物事を見てみたい。

自分の都合の良いように世の中を見る、都合の悪いものは目に入らない、嫌だと思うものが気になるのは、嫌だと思うものが自分にとって都合が良いから。

車で大通りを流していて、ビルとビルの間の僅かな隙間から一瞬、良いなあの建築、と見えたものが、何ヶ月後かに建築雑誌に掲載されていたり。

隔たる、ともいうべきか、それが個性かもしれないけれど、たくさんの可能性を捨てているようにも思うし、そこに気がつくと、今、とにかく行動するなんてことはマイナスしか無いと思えてくる。

物事にはタイミングがあると思う。タイミングを見計らうには、ニュートラルな状態でいないと、そして、タイミングを合わせるためには、静止状態からではすぐに動き出せないから、予備動作というか、細かな動きは常にして、その細かな動きが知見を深めることにもなると思っている。

4CCDE4A8-CBDB-4AB3-BFAA-82DC67489BB7.jpeg

"Fine movement"

I would like to see things more neutral.

Seeing the world as it is convenient, inconvenient things do not come into your eyes, and things that you do not like are bothered because things that you dislike are convenient for you.

You're driving along a boulevard, and from what appears to be a good building, for a moment from the slight gap between buildings, it will be published in architectural magazines in months.

Though it may be different, it may be an individuality, but I think it seems to throw away a lot of possibilities, and if you notice it, it seems that there is only a negative thing to act now anyway .

I think things have timing. In order to look at the timing, if you are not in neutral state, and you are not able to move out immediately from the state of rest in order to adjust the timing, the preliminary movement or fine movement will always be that fine movement I think that will also deepen the knowledge.

迷いもデジタル化

事業計画の中で1住戸の大きさと戸数を決め、それを満たせば、あとは自由にデザインしようと思い、集合住宅の計画をはじめるが、できれば最大戸数が欲しくなるので、そうすると、自由度が無くなってくる。

だから、事業計画から入らずに、デザインの方向性、コンセプトや、建築に対する考えから入れば、少しは自由度が上がるというか、デザインできる余地を最大化したいだけだが、そうして見積りすると、予算の2倍とか3倍になるし、収支計画に支障きたす。

なんてことを今さらながらに、つらつらと考えながら、スケッチしていると、迷いが無駄な線になって現れるので、当然消すのだが、iPadだと線に触れるだけで消えるから便利、手書きだと消しゴムカスの山、その前に刷毛が必要だが、おかげでいくらでも迷える。

7928EE2C-A09B-4C32-BD08-49A21555F4D6.jpeg

"Most digitization"

If you decide the size and number of units in one business plan and meet it, you will try to design freely and start planning of multi-family housing, but you will want the maximum number of homes if you can, so there is no freedom Come.

So, without entering the business plan, from the direction of design, the concept, and the idea of ​​architecture, I just want to increase the degree of freedom, or just maximize the design space, but if I estimate it, the budget It doubles or triples, and it interferes with budget planning.

If you are sketching while thinking about what you're doing now, you will lose the lines because the stray lines will become useless lines, but of course it will disappear when you touch the lines if it is an iPad, it will be useful, it will be handwritten I need a brush in front of the pile of rubber waste, but I can get lost as much as I can.

ちょっと昔話

なぜか今、ニューヨークに行きたくて、行きたくて仕方がない。

今、barでニューヨークの話をしたからかもしれないが、若い頃、学生の頃は夏休み、春休みが長くて、勉強しない代わりに、チケットが安くて、往復5.6万位で行けたから、ソーホーに友達の知り合いがいたので、泊めてもらいながら、ニューヨーク中の美術館や博物館やギャラリーを見まくっていた。

ニューヨーク近代美術館には建築や家具やプロダクトデザインのコーナーがあり、ミースの図面やライトの落水荘の模型、コルビュジエや倉俣史朗や柳宗理の椅子やスツールをはじめてそこで見て、建築やデザインの本物にはじめて触れた感じがして、全てが私の先生だった。

それが25年前、あの頃は治安がとても悪かったけれど、今は良くなったと聞く。

見るもの、聞くもの全てが血となり肉となった、あの時の感覚を時々思い出すが、その時の感覚をまた味わいたくて行きたいのでは無いのは確かだ。むしろ、普通に淡々といたいと思う。

97C870F0-934B-4F27-A235-70F19540AC61.jpeg

"A little old story"

For some reason now, I want to go to New York and I can not help going.

It might be because I talked about New York at the bar now, but when I was young, when I was a student, summer vacation, spring vacation was long, instead of studying, tickets were cheap and I could go in 560,000 round trip, so my friend to Soho Because I had an acquaintance of, I was looking at museums and museums throughout New York while staying.

The Museum of Modern Art in New York has a corner of architecture, furniture and product design, and it is the first time to see the first drawing of Mies's drawings and models of Lochuisou of light, Corbusier, Shiro Kuramata, and chairs and stools of Yanagi Soran for the first time in architecture and design I felt touched and everything was my teacher.

That was 25 years ago, but at that time security was very bad, but now I hear that it has improved.

Everything I see and hear listens to blood and flesh, I sometimes remember the feeling of that time, but I certainly do not want to go to taste the feeling of that time again. Rather, I usually want to be naive.

より強固な自閉

GWは亡父の姉の葬儀に参列するために、何年かぶりに亡父の生まれ故郷に行った。

千葉の外れ、周りは田んぼや畑、街道沿いだけはどこにでもあるチェーン店の街並み、赤紫の○○○モールの看板、それでも夜は真っ暗なのにコンビ二のまわりはだけは青白い。

昔の銀座通りはシャッター街、駅は綺麗に建て替わって、道も整備されているが、コーヒー1杯飲むお店も無く、賑わいも無く、同じ賑わいが無くても、なぜかシャッター街の方は郷愁を誘い、ちょっと離れれば、家の1区画が比較的大きく、高い建物も無く、心地よい風が吹きわたる。

最近ずっと、自閉しないで生活感がオープンになる建築ばかりを考えているせいか、目が行くのは、生活感の伝わり方がどうかということ。

賑わいが無ければ、家の1区画が大きければ、高い建物が無ければ、周りが田畑ならば、誰の目も気にする必要が無いのだから、オープンに、生活感が溢れ出ても良さそうだろうに、自閉している、それは都市よりも強固。

そういう姿を見ると、建築だけでは解決できない、人の心理や人間関係が影響を与えている、もちろん、それは当たり前だが、都市にいると意外と思い違いをしてしまう、そういう心理や人間関係の上に社会が形成され、その社会を建築が反映してしまうことを、その逆の、都市は賑わいに慣れ、人間関係が希薄だから、建築が社会を規定できると、その思い違いから計画がスタートする。

ただ、建築の歴史を辿ると、建築が社会を規定できるというところからスタートするから新しい建築が生まても来た。建築が社会を反映するならば、そのスタートは社会を追認することだから、そこでは見慣れた風景の建築は生まれても、新しさは生まれない。

そう考えると、若い人が都会に出たがるのもわかる気がした。

9E568E96-2832-4667-8686-04069C3EE33E.jpeg

"Strong more self-confident"

GW went to the hometown of his late father for the first time in several years to attend the funeral of his late father's sister.

Outside of Chiba, around rice fields and fields, the streets of chain stores where there is only along the highway, the signboard of the red-purple ○○○ mall, but it is still dark at night, but only around Combi is pale.

The old Ginza Street is a shutter town, the station is beautifully rebuilt, and the road is well maintained, but there is no shop to drink a cup of coffee, there is no bustling, and even if there is no bustling, people in shutter town somehow Nostalgic, inviting a little away, a section of the house is relatively large, there are no tall buildings, and a pleasant wind blows.

The reason why people are thinking about architecture that will open their sense of life without having a sense of autism all the time has come to see how the sense of life is transmitted.

If there is no bustling, if one section of the house is large, if there is no tall building, if there is a surrounding field, there is no need to worry about anyone's eyes, so it seems good to have a sense of openness It is self-closing, it is stronger than the city.

If you look at such a figure, it can not be solved only by architecture, but it is natural that people's psychology and human relationships are influenced, but it is natural, but if you are in a city, you unexpectedly misunderstand, such psychology or human relationships The opposite is that cities are used to the bustle and that human relationships are weak, and that planning can start from that misconception that architecture can define society, as a society is formed and that architecture reflects that society.

However, since the history of architecture starts from the point where architecture can define society, new architecture has come to be born. If architecture reflects society, the start is to recognize society, so there will be no newness, although architecture of familiar landscapes will be born.

When I thought so, I felt that I also wanted to see young people going to the city.

空白地帯

すれ違う電車同士、お互い近くに乗客が見える、案外近い、しかし、距離の近さとは逆に、当たり前だが接点は無く、もう二度会うことが無い人たち、実際はもうしかしたら、どこかで会っているかもしれないが、元々関心が無いので覚えていない、お互いに丸見えなのに見ていない、見えていない状態。

こちらの電車も向こうの電車も違う活動をしているから、全く別世界にいるように接点が無い。だから、違う電車に対しては意識もしない。

これが同じ電車内ならば、例え、もう二度会うことが無い人たちでも、とりあえず、同じ空間にいるので意識はしてしまう。

同じ電車内ではオープンにできないが、違う電車に対してはオープンにできる気がする。

さらに、違う電車同士に挟まれた場所ならば、誰も関心を持たない、誰も意識しない、空白地帯が出現する。電車ならば、人を乗せたまま電車自体が動き、活動するので、この空白地帯をつくり出すのは容易だが、動かない建築では、この空白地帯はオープンなパーソナルスペースにできるのだが、なかなか難しい。

まず、活動すなわちアクティビティーを建築で発生させなければならない。このアクティビティーは人がする。不完全性を利用して、完全になろうとする働き、この場合は心の働きになるだろう、を発生させる、これが建築でのアクティビティー、このアクティビティーを複数、異なるものを発生させれば、その間に空白地帯ができ、そこがオープンなパーソナルスペースになる。

この考えのもと、スタディを延々と繰り返すも、いつでもまとめようと思えばできそうなのだが、時間があるせいか、余計なことまでしてしまう。

6606738E-97D1-43CE-BE05-9D29FDE13FEC.jpeg

"Blank zone"

Trains passing each other, passengers can be seen near each other, unexpectedly close, but, contrary to the closeness of the distance, people who have no contact but have never met again, in fact, probably met somewhere It may be, but I do not remember because I am not interested in originally, I can not see each other even though I can see each other, I can not see it.

Because this train and the other train are doing different activities, there is no contact as if you were in another world. So I am not conscious of different trains.

If this is in the same train, even people who never meet again will be conscious because they are in the same space for the time being.

I can not open it on the same train, but I can open it to another train.

Furthermore, if it is a place between different trains, a blank zone will appear where nobody is interested or conscious. If it is a train, it will be easy to create this blank area, as the train itself will move with activity and it will be easy to create this blank zone, but in a static architecture this blank zone can be an open personal space, but it is quite difficult.

First, the activity or activity must be generated in the building. This activity is done by people. Taking advantage of imperfections to create a work that will try to be complete, in this case it will be a work of the mind, if this is an architectural activity, and if this activity generates several different ones, There is a blank zone in the area, which will be an open personal space.

Based on this idea, it is possible to repeat the study endlessly, but if you try to put it together all the time, it will do more than necessary because of the time.

手段のデザイン

接点の無い異なる複数のアクティビティー同士に囲まれた空間がオープンなパーソナルスペースになり、表層の不完全性により、アクティビティーは表層の外、建築の外で発生させるとし、表層の不完全性は敷地のコンテクスト/文脈からつくる、とした。

以前にも書いたが、不完全性のつくり方には、何かを足せる状態か、完全性が乱れたり崩れた状態の2つある。何かを足せる状態とは、例えると、茶会の度に設えを整える前の茶室であり、それは空っぽの状態と言っても良く、完全性が乱れたり崩れた状態とは、同じく茶室で例えると、シンメトリーが崩れた違い棚てあり、その崩れ方、乱れ方が見る者の心に働きかけてくる、心を動かす。

どちらの不完全性もアクティビティーが発生するので、2つの方法を使い分けたり、組合せることも可能だと思うが、見る者の心に働きかける方に興味がそそられ、シンメトリーが崩れり乱れた状態をつくり出すデザインをすることになるだろうが、デザインの完成が目的では無くて、その先の人の心に働きかけることが目的であるという所が、本来、デザインとはそういうもので、デザインが手段であるのがいい。

0ABA79BF-EC08-4E45-8765-B3BC8ADB4648.jpeg

"Design of means"

The space surrounded by different activities without contact becomes an open personal space, and the imperfection of the surface causes the activity to occur outside the surface and outside the building, and the imperfection of the surface is the site It was made from context / context.

As I wrote before, there are two ways of creating imperfections: adding something, or breaking or breaking integrity. A state in which something can be added is, for example, a tea room before setting up for a tea ceremony, which may be said to be empty, and a state in which the integrity is broken or broken is similarly compared in the tea room The symmetry is broken into a different shelf, and how it collapses and disturbs works on the mind of the viewer, moving the mind.

Since both imperfections generate activity, I think it is possible to use or combine the two methods, but it is intriguing to work on the mind of the viewer and the symmetry is broken down The design will be created, but the place where the goal is not to finish the design but to work on the mind of the person ahead is basically such design, and the design is the means I hope there is.

自閉を解きたい

「表層と中身」の話をした。

中身に制限は無いが、プライバシーを守るために閉じたくなる、中身を見られたくない、という心理が働くのは当たり前だが、その閉じたくなる心理をなんとかしたい、無くしたい。

オープンにできた方が気持ちがいいだろう、天気が良い日には窓を開け放って青空をのぞみたいし、ふんだんに心地よい風を取り込みたい、

そういう生活がしたいが、なかなか、自然の中ならば可能だが、都会の中では難しい、というか、心の中で勝手に無理だと決めつけてしまう。

その障壁みたいなものを昔から、それこそ、建築を学びはじめた学生の頃から取り除きたいと考えている。

住み手が特殊な人で、自分みたいに、周りは何も無かったことにできる人ならば、人に見られようと、どうしようと関係ないから、開け放つことは可能だが、普通はそれは無理だから、周りと干渉しないように、太陽の位置を時刻によって計算し、あと、クライアントの生活習慣を考慮しながら、開口部を厳選してオープンにしていくのだが、その行為は言わば、敷地の欠点を何とか補う行為で、対処療法であるから、本来持っている敷地のポテンシャルを発揮しているとは言えず、でも、暮らしの中で、自閉せず、開いていくのだが、根本的には、それは不健康なような気がして、異なるアクティビティーを発生させ、オープンなパーソナルスペースをつくろうと、どうしても考えたくなる。

F36CE85B-8FFC-46B8-AB4E-23A1E6C420AE.jpeg

"I want to solve autism"

We talked about "surface and content".

There is no limit to the contents, but it is natural that the mind works like closing to protect the privacy and not wanting to see the contents works, but I want to manage or eliminate that closing mind.

It would be nice if you could do it openly, open the window to see the blue sky when the weather is fine, and want to take in plenty of pleasant wind,

I want to live that kind of life, but it is possible if it is in nature, but it is difficult in a city, or rather it is decided that it is impossible in the heart.

I would like to remove something like the barrier from the old days, that is when I was a student who started to learn architecture.

If a person is a special person who can do something like himself and nothing around it, it is possible to open it up regardless of how it is seen by people, but it is usually impossible. The position of the sun is calculated according to the time so as not to interfere with the surroundings, and after taking into account the client's lifestyle habits, the opening is carefully selected and opened, but the act is, as it were, a fault of the site. Because it is a coping therapy, it can not be said that it actually exerts the potential of the site that it has originally, but it will not open itself in the living without being closed, but it is fundamentally It feels like it's unhealthy, generates different activities, and wants to think about creating an open personal space.

生活を溢れ出そうよ

異なるアクティビティー同士の間にオープンなパーソナルスペースができると考えている。ちょうどそこが空白地帯というか、真空状態というか、誰も関心を持たない、誰にも干渉されないスペースができると考えている。

例えば、行き交う電車と電車の間とか、そこに普通はいないから、わからないと思うかもしれないが、電車に乗っている人はそこに目もくれない。

だから、オープンにできる。

オープンにできれば、生活が溢れ出すじゃないか。

都市がつまらない時は、街がつまらない時は、肩肘張って、虚勢を張って、繕って、虚飾にまみれている時、生活が溢れ出し、日常まみれの場所は、親近感が湧くし、ほっとするし、自分が素になれて、ストレスが無く、精神衛生上良く、楽しい、長生きするよ。

だから、オープンなパーソナルスペースのつくり方を一般解として解きたい。そのような空間を意図的につくりたい、そのような意図的な空間を見たことないが無いでしょ。

だから、考える意味があるし、トライする意味がある。

3957DD19-6F90-4CC7-AD3E-15F7EDE78A74.jpeg

"Let's overflow the life"

I think that there is an open personal space between different activities. I think that there is a space where there is no gap with nobody, or nobody's interested, or just a vacuum zone.

For example, you may think that you don't know because you are not in the usual place, such as between trains that go and go, but those on the train will not see you there.

So you can be open.

Life would overflow if it could be open.

When the city is boring, when the city is boring, shoulders, elbows, vignettes, crawling, when covered in a vanity, life overflows, everyday places are covered with a sense of closeness and a sense of intimacy I will be a part of myself, stress free, good in mental health, enjoyable, live longer.

So I want to solve the way of creating an open personal space as a general solution. I would like to create such a space intentionally, I have never seen such an intentional space.

So it makes sense to think and to make a try.


手がかり

建築を1から構想する時は、何か手がかりのようなものがあってはじめる。全く何も無く、プランが出来上がることは無い。

その手がかりは、建築論であったり、自身の建築に対する想いであったり、クライアントの要望であったり、周辺環境からもあるだろうし、建築性能としての温熱環境を満たすことであったりなど、あと、これらが複合する場合もあるだろう。

いずれにせよ、何を手がかりにするのかを選択し、構想を進めていくのだが、まず手がかりを考えるのが面白いし、悩むところ、最初の方向性だから、面白い場面や、やり甲斐を感じる時や、達成感がある場面はこの後に何度もあるが、全体の方向性を考える時は最初だけで、あとはその都度確認をするが、この方向性を間違うと、後で修正もできないし、途中をいくら頑張っても、報われない結果になる、建築としてのレベルの高さがここで決まるといか。

だから、時間をかけたくなるし、安易に決められないし、ともなるが、面白いもので、大体一番最初に思い付いたことや手がかりが、結局それを出発点として、時間をかけてそれで良いという証明を自分にしながら、構想を進めていったりする。

1E17855B-C3D8-46F3-A2B9-F84247CEF554.jpeg

"clue"

When I envision building from scratch, I begin to have something like a clue. There is nothing at all and there is no plan coming up.

The clue is architecture theory, thought of one's own architecture, the request of the client, there is also from the surrounding environment, it is to meet the thermal environment as the building performance, etc. There may be cases where these are combined.

In any case, we choose what to use as a clue, and proceed with the concept, but it is interesting to think of a clue first, and to be troubled, because it is the first directionality, when you feel an interesting scene or practice There are many occasions after which there is a sense of accomplishment, but when thinking about the overall directionality, it is only the first and every time after that, it is confirmed each time, but if this directionality is wrong, correction can not be made later, No matter how hard you work on the way, it will result in no reward, if the height of the architectural level is decided here.

So it's tempting to spend time, not easy to decide, but it's also fun, and it's mostly about the first things you come up with and clues that prove it's good over time, taking it as a starting point While promoting the concept.


人に手渡す時

箱や包装も考えた方が良い、と言われた。

輪島塗のフリーカップを製作中だが、そのことを先日お会いした京都の古美術店の店主の方に話をしたら、そう言われた。

箱が良いか、包装が良いか、何か別のやり方もあるかもしれないが、どう見せるか、どう見せたいか、相手に手渡す時のことも考えないと。

そこまでは考えていなかった、フリーカップをつくることしか頭に無く、人に手渡す時のことまで考えていなかった。

店主に言わせると、そこまで考えるのが当たり前のことで、それがものをつくるということだと伝えたかったのかもしれない。

3AA191AE-C652-4B8A-B747-4B39F674C0B7.jpeg

"When handing to people"

It was said that it would be better to think about boxes and packaging.

I was making a free cup of Wajima-Nuri, but when I talked to the shopkeeper of the old art shop in Kyoto that I met the other day, I was told that.

There may be other ways, such as whether the box is good, the packaging is good, but I don't think about how to show it or how I want to show it or when handing it to the other party.

I had not thought about it until then, I was only thinking about making a free cup, and I was not thinking about handing it to people.

If you ask the storekeeper, you might have wanted to tell that thinking so far is a matter of course and making things.


使うということ

『使うということ』

器は使ってなんぼ、とう言葉を何度も使っていた、古美術店の店主の方とお話ししている時に。

魯山人のお椀、博物館級のもの、それも料理を盛った形跡がある。魯山人は使うために器を、料理を盛るために器を、観賞用では無く。

使う、盛るが最初にあるから、器の形、厚みなどが決まる、それは民藝と同じなのだが、なぜか民藝は丈夫さが優先され、分厚くなる、武骨になる。

使う、盛るが最初にあるからと言って、壊れない、丈夫である必要は無い、それはまた別の話。普段使いだから、壊れない、丈夫さが必要だと、だから分厚くても良い、分厚い方が良いという考えは、使うということがわかっていない人の考え。

使うということは、自分の手先になって、自分の分身のように、自分の性質がそこに出る、美意識も。そうすると、壊れない丈夫で分厚い美意識もあるという人がいるが、それは意図して分厚くしているのでは無くて、単に丈夫さを求めた結果として分厚くなったに過ぎず、そこには美意識のかけらも無い。

使うということは、自分の美意識もセンスも生活レベルも問われているということ。

例えば、細く薄く繊細に見せるために、わざと、太く厚く武骨な部分をつくり、対比によって細く薄く繊細に見せる場合もあり、それはその武骨な部分が必要で、丈夫さを求めた結果では無くて、結果的に丈夫にはなるかもしれないが、たった1回使ったら終わりでも良い訳で、大事なのは器を使った時に、料理を盛った時に、どのように料理と調和を図るかということで、丈夫さを求めるのは単に効率、コストを優先しているに過ぎず、民藝はその意識が強いから民藝になるとも言え、民藝にするために丈夫さを求めるとも言えてしまい、それだと民藝の素の部分が現代の何事も効率を求める精神と同じになり、均一化された工業製品と相対する民藝の精神が、実は均一化された工業製品と素は一緒という、何とも皮肉な、そこに気が付かない民藝の器に料理を盛っても、というか、盛りたくない。

9D749375-A64D-4330-96E4-AF94BDE0CE2C.jpeg

"Use"

When we are talking with the old art shop owner who used the bowl and used the language many times.

There is a trace of a dish of Mioyama-san, a museum-like one, and that also contains a dish. Aoi Yamato is not used for cooking, but for cooking.

Because it is used first, the shape and thickness of the bowl are decided because it is the same as the folk song, but somehow the folk song has strength and becomes thick, it becomes a samurai bone.

It doesn't have to be broken or durable just because you use it first, but it's another story. It's a regular use, so it's not broken, it needs to be strong, so it's good to be thick, the idea that thick is better is the idea of ​​people who don't know to use it.

To use it is your own hand, like your own self, your nature comes out there, also the sense of beauty. Then, there are those who are strong and have a thick aesthetic sense that does not break, but it is not intended to be thick as intended, but merely thick as a result of seeking for toughness, and there is a fragment of aesthetics There is also no.

To use it means that one's sense of beauty, sense and life level are also questioned.

For example, in order to make it look thin, thin and delicate, it is possible to make thick, thick and thick parts intentionally, and to make it look thin, thin and thin by contrast. As a result, it may become strong, but it is good if you use it only once, but the important thing is how to keep the dish in harmony with the dish when you use it. Therefore, seeking robustness is merely giving priority to efficiency and cost, and it can be said that a folk song will be a folk song because its awareness is strong, and it can be said that it seeks robustness to become a folk song. Then, the original part of the folk song will be the same as the modern day's spirit for efficiency, and the spirit of the folk song against the uniformed industrial products and the opposite, but in fact the uniformed industrial products and the element are together Of course, ironically, you notice it Even if the dishes are served in the bowl of a good folk song, I do not want to do it.


目利きの判断

京都の古美術店で店主の方と話し込んだ、前にカトラリーを購入したお店。

伊万里焼を見ていたら、久しぶりに伊万里を取り扱っている、と話し掛けられた。父親の代までは伊万里の専門店だったが止めたと。

今でも東京で一度は行ったり、見聞きしたことのあるお料理屋さんに器を下ろしていて、ただ、誰かに言われた訳では無いが、自分で気づいたそうで、

伊万里焼の器はお料理屋さんでは使わない。

当然理由を聞いてみたくなり、その他にも、魯山人の漆器、博物館級のものを触りながら、今ここでは書けない話などを聞いた、随分と長いことお話しをさせてもらった、掛け軸の話も、熊谷守一の、これはまだだれにも見せてない、来年のお茶会の待ち合いで、これもまだここには書けない、そんな話ばかり。

伊万里は武骨だから、お料理に合わない。その理由を聞いて、実はずっと思っていたことがあり、やっぱりと納得した、民藝の話で。

C5C2220C-4940-4F7D-B407-81DB0128A709.jpeg

"Judging judgment"

A shop where I bought a cutlery before, talking with the shop owner at an old art shop in Kyoto.

When I watched Imari, I was told that Imari was handled after a long time. It was an Imari specialty store until his father's day, but he stopped.

Even now, I went to a restaurant in Tokyo once and dropped the dish to a restaurant that I had seen and heard, but it wasn't that he was told by someone, but I noticed that I myself.

Imari pottery is not used in the restaurant.

Naturally, I would like to ask why, and while touching the lacquerware of the Sasayama people and museum-class things, I heard a story that I can not write here, etc., a story of a long time, let me talk about the axis Well, that's not yet shown to anyone, Kumagai Moriichi's next year's tea ceremony meeting, this can not be written here yet, such a story.

As Imari is a bone, it doesn't suit you. Hearing the reason, in fact I had always thought, after all I was convinced, in the story of the folk song.


言葉からはじめる

コルビュジエは絵画上で「幾何学的な秩序」と「人間と自然の調和」をはかっていたのか、いや、「幾何学的な秩序」が人間のことで、「幾何学的な秩序」と「自然の調和」をはかっていたのかもしれない、とした。

人は不変ではない、いつか死ぬし、老いるし。

ただ、20世紀の「人間」という概念は不変と規定し、コルビュジエは「人間」を「幾何学的な秩序」の一部として表現していた、それがモデュロール。

人間を幾何学的な秩序とすることで建築の中に人間を取り込み、空間と一体化することをめざした、それは不変を標榜したモダニズム建築と折り合いをつけるために。

結局、人間も空間も建築も不変であるはずが無く、歪みが出るのだが、人はみな不変をなぜか求めてしまう、アンチエイジングもそう、絶対的で不変なものが好きな心理があるのか、それとも、モダニズム的な建築のデザインがやりやすいのか、今だにモダニズム建築の系譜は続いており、何かと折り合いをつけることになる。

モダニズム建築が近現代建築の基礎的なデザインなので、その系譜から逃れることはできないのかもしれないが、建築関係者の中だけで暗黙の了解的なデザインが存在するのも確かだから、全く違うデザインをイメージしたく、それはイメージの中にいたら難しいから、言葉に頼ることになる。

40F5383E-6D0F-4B65-8AC0-B39DD6040855.jpeg

"Start with words"

Corbusier did "geometrical order" and "harmony of human beings and nature" in the picture, or "geometrical order" means human being, "geometrical order" and "geometrical order" It may be that he was trying to harmonize nature.

People are not constant, someday die and they grow old.

However, the concept of "human" in the 20th century is defined as immutable, and Corbusier expressed "human" as part of "geometrical order", which is modulol.

In order to bring human into architecture and unite with space by making human geometrically ordered, it is in order to reconcile with modernist architecture which insisted on invariance.

After all, human beings and space and architecture can not be invariant, and distortions occur, but all people seek for invariance somehow, like anti-aging, do they have a mind that likes absolute and invariant things Or is it easy to design modernist architecture, the genealogy of modernist architecture still continues, and we will get along with something.

Because modernist architecture is a basic design of modern and contemporary architecture, it may not be possible to escape from its genealogy, but it is also true that there is an implicit intelligible design within the building personnel alone, so a totally different design Because it is difficult if it is in the image, it will rely on words.

集まって住むから

光をものとして扱うために粒としてイメージし、その粒の集め方、扱い方が建築の造形のヒントになる、とした。

集合住宅を考えている。その建築性を考えている。

集まって住むことでしかつくることができない空間や建築をつくりたいと思っている。

光をものとして扱おうとしているのは、光を媒介にして、その日の気分の変化を建築で感じて欲しいから。そうすれば、その日の気分によって建築の見え方も変わるだろうから。

それが住人の数だけ起これば、その建築はなんて多様で複雑で、ちょっとだけ浪漫が、と妄想するも、そこに集まって住むから、という理由づけしたいのだが、なかなか上手いこといがず、ここ数日ずっと考えている。

DED162A6-B22B-4A20-B274-EC38ABA07ABF.jpeg

"Because we gather and live"

In order to treat light as a grain, it was imagined as a grain, and how to collect and handle the grains is a hint for building the architecture.

I am considering multi-family houses. I am considering its architectural nature.

I would like to create space and architecture that can only be created by gathering and living.

I 'm trying to treat light as things because I want you to feel the change in the mood of the day through architecture through light. That way, the appearance of the building will change according to the mood of the day.

If it happens as many as the number of residents, I'd like to rationalize that the architecture is so diverse and complicated, a little bit romantic, but also live and gather there, but it is quite something good, I have been thinking over the last few days.

不変でない建築を目指して

建築には空間に差し込む光を利用でき、光はゼンマイ仕掛けのように変化し、そこに差異を見出せる気がする、とした。

ずっと、建築が見る人の気分によって見え方が変わるにはどうすれば良いのかを考えている。

なぜか、建築は今まで不変と考えられて来たから。当たり前だが、建築物が変化しないから不変という訳ではなくて、建築は時代や社会によって捉えられ方が変化してきた、デザインも、流行があるということ。しかし、それを受け止める建築自体は確かなもので変わらないものだから、そこに時代性や社会性を投影できた、建築自体は常にブレが無く不変が前提だった。それは経済的にも重要で、不変だから、不動産と称する事業性を含んだ建築が生まれた。

ただ、建築もものならば、不変という捉え方には無理があるだろう、もちろん、耐久性の話ではなくて、建築以外のものは、簡単に動かすことができ、使う側が取捨選択できることもあるが、ものとしてそこに気分や感情を投影することが容易にでき、それがそのものの存在価値と直結している。

例えば、毎朝飲むコーヒーを淹れるカップを気分で選ぶ、など、その日の気分がコーヒーカップの存在価値を決め、それがそのコーヒーカップのその日の見え方を決める。

だから、建築にもそのようなことが起こる、不変ではないものにしたく、そうすれば、その建築での日常は楽しいことになるのではないか、という考え方のつながり。

61E9EE0A-E450-46CB-B706-C4A164B87E95.jpeg

"Aiming for Constancy Not Constant"

In the building we can use the light to be inserted into the space, the light changed like a springmaking gimmick, and it seems to be able to find a difference there.

I'm thinking about how to see how the appearance changes depending on the mood of the building.

For some reason, architecture has been considered immutable until now. Naturally, it is not a change that the building does not change so it is not a change, the way that architecture is caught by the times and society has changed, the design also has a fashion. However, since the architecture itself which accepts this is a sure thing, it does not change, so we could project periodicity and sociality there, the building itself was always premised without blurring. Since it is economically important and unchanged, a construction including a business property called real estate was born.

However, if construction is also things, it seems impossible to understand that it is immutable, of course, it is not a story of durability, but things other than buildings can be easily moved, sometimes the use side can sort it out However, it is easy to project moods and emotions there as things, which is directly linked to the existence value of itself.

For example, the mood of the day decides the existence value of the coffee cup, such as choosing a cup to make a drink coffee every morning, which determines how to see that coffee cup that day.

So, if you want to make such things happen in architecture, do not make it immutable, so that the daily life in that architecture will be fun.

民藝に繊細さを

民藝には繊細さが無い、とした。

その辺、柳宗理ディレクションは民藝に繊細な部分を持ち込もうとした痕跡があり、端々に厚みを消す処理を施しているように思える。

繊細さは美術品のようであり、民藝品は美術品の対極にあり、繊細さを求めることは美術品を目指すことであり、民藝にとってはタブーなのだろう。

厚みの厚さは民藝の象徴であり、そこに、丈夫で、毎日の生活の中での使用に何十年と耐える、そこにものとしての価値と美がある、ことを現している。

だから、民藝品の美と美術品の美は違う、という解釈が、民藝に携わる人には成り立つし、成り立たないと都合が悪いのだろう、使う我々にとっては関係ないところで。

美は美で、美の根本は同じで、民藝品とか、美術品とか、の違いは一部のつくり手と売り手が意識しているだけの話。

あとちょっと、ほんのちょっと繊細ならば完璧、端が、先が、あと1mm、いやあと、0.5mm薄ければ、細ければ、言うことないものばかり。

それを学んだのは、柳宗理の作品を見て、日常使いしているからなんだけどなと、場末の呑み屋でホッピー呑みながら想う。

0CF61A49-9DDC-4995-89DC-BD8CFC33313F.jpeg

"Delicacy in folk art"

It is said that folk art has no delicacy.

In that area, Yanagi Sorihi has traces of trying to bring delicate parts into folk arts, and seems to be applying treatment to eliminate the thickness.

Delicateness seems to be a work of art, folk art is on the opposite side of artworks, seeking delicacy is aiming at art objects, and for folk arts it is taboo.

The thickness of the thickness is a symbol of folk art, and it is strong, it shows that there are values ​​and beauty there as it can withstand decades for use in everyday life.

Therefore, the interpretation that the beauty of a folk art and the beauty of a work article are different for a person engaged in folk arts, and it is not convenient if it does not make it, it is not related to us.

Beauty is beauty, the fundamentals of beauty are the same, the difference between folk art items and art goods is only the story of some making mind and seller conscious.

After a while, perfect if slightly delicate, end, tip, 1 mm afterward, no more, 0.5 mm thin, if it is thin, nothing to say.

I learned it because I see Mr. Yoshinori's works and I use it everyday, but I think while swallowing Hoppy at the sweet shop at the end.

繊細さに気分を

手づくりでも、手仕事の痕跡を残さずにものをつくることは可能だろう。繊細なものをつくろとすればする程、手仕事の痕跡は消したくなる。痕跡があると、そこに意識の引っ掛かりができ、繊細に見せたいのに、仕上げに余計な意味が生まれ、さらりと流れなくなる。

厚みが無いところには痕跡は残せないし、繊細に薄く見せたいとしたら、表面の仕上げに凹凸が無い方が良い。

そうなると、手仕事の痕跡を残すと繊細なものにはならないし、

そうすると、繊細なものには、その日の気分を投影できるような余地は無いことになる。

勝手なイメージだが、民藝品は、厚くて、凹凸があり、繊細では無い。

繊細だけれども、余地・余白があり、中庸であり、その日の気分を投影できるものは、やはり、仏像のお顔がすぐに思い浮かぶ。

ちょっと民藝とは違うところに、可能性が眠っているような気がしてきた。

8653BDE0-89CE-4C45-AD4C-B447761075A4.jpeg

"Feeling of delicacy"

Even with handmade it would be possible to make things without leaving traces of manual work. The more you make the delicate things, the more you want to erase the trace of handwork. If there is a trace, you can get stuck with consciousness there, and you want to show it delicately, an extra meaning is born in the finish, it will not flow any further.

Traces can not be left in places without thickness, and if you want to show delicately thinly, it is better that the surface finish has no irregularities.

Then, leaving traces of handicrafts will not be delicate,

Then, there is no room for delicate things to be able to project the mood of the day.

Though it is a selfish image, folk art is thick, has irregularities, it is not delicate.

Though it is delicate, there is room / margin, moderate, those that can project the mood of the day, the face of the Buddha statue immediately comes to mind.

In a place a bit different from folk art, the possibility seems to be asleep.

手仕事の痕跡

民藝に新たな可能性を感じる、とした。

ずっと玉子焼き器を眺めている、なぜこれが良いのか。ずっとコーヒーカップを眺めている、なぜこれにその日の気分を投影できるのか。

不揃いで、一定ではなく、たぶん意味があるのだろうが、それが装飾になる処理など、そのきちんとしていない様に惹かれるからか。

京都の北村一男さん作の銅製の玉子焼き器が良いのは、形と大きさ、スケールという幾何学的な秩序に、デザインと民藝の手仕事の痕跡があるから、もっと突き詰めると、形の比率、縦横の比率のバランスの良さ、全体の大きさがこれよりも大きくてもダメ、小さくてめダメ、絶妙な大きさで、縁の補強?リベット?のデザインが、シルバーと銅色のコントラストがアクセントで良く、持ち手が丸鋼で細くて良いが、もう少し幅が狭い方が全体の形が綺麗になるし、使いやすいのではと思うが、これはもしかしたら、実際に狭くしたら、わからない、これで良いのかもしれない。

この玉子焼き器に手仕事の痕跡が無くて、角とか、端々がきちんと綺麗に整形されていても良いと感じるのだろうか、手仕事の痕跡が無くても、その日の気分を投影できるのか。

手仕事の痕跡が無くても、大まかな幾何学的な秩序やデザインは変わらない、手仕事の痕跡もデザインの内と捉えることもできるが、手仕事の痕跡のみが幾何学的な秩序をほんのちょっとだけ乱し、この乱し具合が絶妙で、そこがその日の気分を投影できる余地かもしれない。

計算して手仕事の痕跡をつくることはできないかもしれないが、全く無くても成り立たないとしたら、ものづくりとは厄介なものだと、改めて思う。

166852A2-98BA-48CE-9DAA-4A74A87C6DC0.jpeg

"Traces of handicrafts"

He felt new possibilities for folk art.

I have been looking at the egg oven for a long time, why is this good? I am looking at a coffee cup all the time, why can I project the mood of the day to this?

It is irregular, not constant, probably meaningful, because it is attracted to not being properly decorated, such as processing to become decorative?

Kimoto's Kitamura Kazuo's worked egg baked goods is good because there are signs of design and folk handicrafts in the geometric order of shape and size, scale, so if you make a further break, shape Ratio, good balance of vertical and horizontal ratio, even if the size of the whole is larger than this, it is not good, it is not small, is not it exaggerated size, reinforcing the edge? rivet? Although the design of silver, copper contrast is good with accent, the handle can be thin with round steel, but the one with a slightly narrower width will make the whole shape beautiful and I think that it is easy to use, but this Perhaps, if actually narrowing down, I do not know, perhaps this is fine.

Is there any trace of handwork on this egg grill and does it feel that the corners or the edges are shaped properly neatly? Even if there is no trace of handwork, can you project the mood of the day?

Even without the trace of manual work, rough geometric order and design does not change, traces of manual work can be regarded as design, but only the trace of handicraft is merely a geometrical order It is just a bit disturbed, this disturbance is exquisite, and there may be room to be able to project the mood of that day.

Although it may not be possible to calculate and make traces of handicrafts, if it does not exist at all even without it, I think again that manufacturing is troublesome.

民藝に新たな可能性を感じる

その人の気分を投影する余地をつくるには、ちょっとだけ幾何学的な秩序をつくり手が、無意識にでも、いじれば良い、それは民藝的なつくり方、とした。

毎朝、豆から挽いてコーヒーを淹れるのが日課で、コーヒーカップをその日の気分で選んでいる。

きっかけは、柳宗理がディレクションした因州中井窯と出西窯のコーヒーカップを複数手に入れたこと。色や形が違うカップだけれども、同じ色・形でも、微妙に大きさが違ったり、釉薬の乗りの違いから来る微妙な色の差に、その日の自分の気分を乗せて、毎朝、どれにしようかと楽しみながら選んでいる。

そして、偶然にも、この因州中井窯と出西窯は民藝を代表する陶器の窯元である。

その日の気分によって違って見える建築をつくれないかと考えはじめるきっかけは、この毎朝のコーヒーカップ選び、

そして、民藝は、以前話題にしたブリコラージュにもつながる。はじめと終わりが見事につながり、新たに民藝に興味が湧いた。

今、民藝品を見ようとするならば、まずは駒場にある日本民藝館に行くが、ガラスケースに入った民藝品は美術品のようで、なんかしっくりとこない。

日本民藝館で前に、あまりにも形と大きさが秀逸だったので、銅製の玉子焼き器を購入したことがあるが、それはいわゆる民藝品の域を超えた、しかし、美術品では無く実用品としての美しさがあった。

今、民藝に可能性を感じるのは、そもそも当たり前のことかもしれないけれど、まだまだ掘り下げる余地があることがわかった。

3739FF7D-3005-4252-9A96-B0763D1A393C.jpeg

"I feel new possibilities in folk art"

In order to create room for projecting the mood of that person, we made a little geometric order, hands, unconsciously, even if we do not know how to make it a folk artistic way.

Every morning, it is the daily routine to grind coffee from the beans and chose a coffee cup for the day 's mood.

The trigger was that you got multiple coffee cups of Genju Nakai kiln and Izuno kiln that Mr. Yanagi directed. Even though it is a cup with different colors and shapes, even in the same color and shape, it is slightly different in size and slight difference in color that comes from the difference in riding glaze, putting your own mood on the day, every morning I am picking it while having fun.

And, by chance, this Nazu Nakai kiln and Izune kiln are pottery pottery representing the folk art.

The chance to start thinking about whether you can create a building that looks different by the mood of the day is to choose this morning coffee cup,

And folk art also leads to bricolage which was talked about before. Beginning and end were connected beautifully, and new interests appeared in folk art.

Now, if you are going to see the folk art, I will go to the Japanese art museum in Komaba first, but the items in the glass case are like works of art, they do not come nicely.

Before the Nippon Municipal Hall, the form and size were too excellent, I purchased a copper egg oven, which is beyond the area of ​​so-called folk art, but it is not a work of art There was beauty as a practical item.

Now, feeling the possibility of folk art may be a matter of course in the first place, but I found that there is still room to dig down.

急須と湯呑と茶托

去年、東京ドームで開催されたテーブル・ウェア フェスティバルの有田焼ブースで購入した急須、急須好きな私が今一番日常使いしている急須で、その時、湯呑をなぜセットで購入しなかったかと悔いる日々を送っていたが、

先日、今年のテーブル・ウェア フェスティバル、まず最初に有田焼ブースに行き、その同じ急須を見つけ、湯呑を探したが無い、近くにいた窯元の方に尋ねたら、今年は持って来ていない、とのこと。

「去年、急須を買おうかどうか悩まれており、でも最後に買われて行った方ですよね」

挙動不審だったのか、完全に顔を覚えられている。

ただ、そうなると、話が早い、こちらの熱意は伝わるかもしれないので、

「どうにか湯呑を購入する方法はないですか、そちらの窯元のHPを見ても、この商品は掲載されていないようなので」

と食い下がると、この窯元の方、とても良い方で、フェスティバル終了後、メールで画像を送ってくれて、茶托もあるので、気に入れば、購入して下さい、と対応してくれた。少量なのに、ありがたい話です。

連絡先を教えるために名刺交換をすると、窯元の社長さん、また、有田に行く時は、窯元を見学させて下さい、とお願いしたら、快く受け入れてくれました。

去年は茶托を見ていませんが、画像だけで気に入ってしまい、組みで購入、打合せ時にクライアントへ淹れるお茶は、この湯呑と茶托で出そう。

5364FC56-A97E-4241-9ECB-905993206CAC.jpeg

触れない感触

今年もテーブルウェア・フェスティバルに行ってみた。器やカトラリーが大好きなので、行くと陶磁器、漆器、ガラス食器、銀食器などやアンティークも、主に日本のものだが、海外のものも見られるので、知り合いもいるし、入場券も3回分もらったし、東京ドームで大好きなもの浸れるので、1日時間を取って出掛けてみた。

去年も行ったが、毎年この時期に行われるイベントで、出店しているお店も場所も去年とほとんど変わらなかったので、去年ほど時間がかからずに見て回ることができた、というか、去年行ってもう一度行ってみたいお店だけ、また去年は購入しなかったものを今年購入するために、そうしたら、挙動不審だったのか、顔を覚えられていて、その場に品物は無かったが、後で連絡をくれることを約束して名刺交換、その窯元に機会があれば見学しに行くことになった。

販売するためのお店がたくさん出店しているが、メインイベントの1つにテーブルウェア・コーディネート、テーブルウェア、器のコンテストがある。公募型のコンテストで、テーブルウェアという広い縛りなので、その表現に使用する素材は、陶磁器、漆器、ガラス食器、木や銀の食器など様々で、それを見に行くだけでも面白いし、たくさんの人が興味を持って見ていたが、ひとつ不思議というか、腑に落ちない点があった、触れないのだ。

展示に触れないのは当たり前なのかもしれないが、テーブルウェアは食卓に食べ物や飲み物などを供するための食器類なので、実際に食べ物や飲み物を供する必要は無いのかもしれないが、食器やコーディネートを触らないでわかるのだろうか、いやわかるはずが無い、というストーリーにしようと思っていたのだが、そう言えば、建築のコンペではまだ影も形もなく、プレゼン資料だけで判断するな、もっと言えば、普段の建築設計の場でも、クライアントに説明する時だってそうだなと思い、困った。

手触りなどの感触だってデザインの一部で大事ではないか、だから、触れないのはおかしい、と結ぶはずができなくなった。

ただ、建築は規模も大きくお金もかかるので、そう簡単には実物をつくれないから、やむを得ないと言い訳をした上で、審査の時にどうだかはわからないが、テーブルウェアくらいの大きさであれば、手で持った時の感触や唇に当てた時の感触などは、とても重要な気がするし、もしかしたら、その感触だけで1つのテーブルウェアがデザインでき、つくれるかもしれない。

展示されているテーブルウェアに触れなければ、見た目で判断するしかなく、それでは感触が大事だと考える作者がいたら、自分の作品の良さが伝わらない。

展示だからにせよ、触れないのは、作者にとっても、見る側にとってもつまらなくて不幸なことのように思うし、見た目やデザインの魅力の裏には感触があり、それがわかることも見る側の技量の1つなので、見る側もそれで問われていることになる。

DE8B9CA4-A942-43C1-AB50-608A9D3C16EB.jpeg

"Touch that does not touch"

I went to the tableware festival again this year. As I love vessels and cutlery, when I go there, I go to china, lacquerware, glass dishes, silverware and antiques, mainly in Japan, but also overseas, so I got acquainted and I got three admission tickets Then, I will immerse my favorite things at the Tokyo Dome, so I took a day to go and went out.

Although I went last year, it is an event to be held at this time every year, the shops and places that are open are almost the same as last year, so I was able to look around without last time as much as last year , Only the shops that I would like to visit last year and want to visit again last year, in order to buy things I did not buy this year, if I did so, I was remembered my behavior, so I did not have any items on the spot I promised to contact you later, I exchanged business cards, I decided to visit the pottery if I had opportunity.

There are many stores open for sale, but one of the main events is tableware coordination, tableware, container contest. Because it is a public contest contest, because it is a wide binding of table wear, the material used for that expression is various such as ceramics, lacquerware, glassware, glassware, wood and silver dishes etc, it is interesting only to go to see it, Although I was watching with interest, it was one wonder, or there was a point that I could not understand, I did not touch it.

Although it may be natural to not touch the exhibition, tableware is a tableware to serve food and drinks etc at the table, so it may not be necessary to actually supply food and drink, but dishes and coordination I was planning to make it a story that I can understand without touching it, but if you say so, in the competition of architecture, there is no shadow and shape, do not judge only with presentation materials, say more I was in trouble because I thought it was the case even in the usual architectural design places, even when explaining to clients.

Even feeling such as feeling is important in a part of the design, so it is strange not to touch, it can not be connected with.

However, since construction costs large scale money, it is not easy to make real thing so easily, so I do not know how it is at the time of appraisal after excusing it is inevitable, but if it is about table wear, I feel that when I hold it with my hand and the touch when I touch the lips, it feels very important and perhaps I can design one tableware with that feel alone and make it.

If you do not touch the exhibited tableware, you only have to judge by appearance, then if the author thinks that the feel is important, the goodness of one's work will not be conveyed.

Whatever the exhibit, I do not touch it, it seems like boring and unfortunate for both the author and the viewer, there is a feeling behind the attractiveness of the appearance and design, and also the things that you can see As it is one of the skills, the viewer is also asked by that.

いまの時間

ちょっと気になる言葉がある「建築性」。それが建築たる所以みたいなものと捉えているが、ついその「建築性」が疎かになってしまうような気がする。

おかしな話だが、建築性が無くても建築は成り立つ。極端に言えば、機能を満たし、法規を守れば、建築はできてしまう、そのような建築がほとんどだ。

例えば、建築性とは「不完全性とアクティビティー」「気分と感触」がいま、あるのではないかと考えている。

無くても良いとは思えず、あった方が良いの当たり前のことと捉えている、それが人にとって。

この建築性を磨き、建築として実存させることにいま一番時間を割いている。

B728731C-9915-4F99-84B9-0C517ECF258B.jpeg

"Time now"

There is a word which is a bit a little "Building property". It seems that it is like the thing that it is built, but it seems that its "architecturality" becomes unclear.

Although it is a funny story, building is established even if there is no building ability. In extreme terms, buildings can be built if they satisfy the function and keeping the regulations, such constructions are mostly.

For example, I believe that "building imperfections" have "imperfections and activities", "moods and feelings", and so on.

I do not think that it is not necessary, and I think that there was better being a good one, that is for people.

I am taking the most time to refine this architectural nature and make it exist as a building.

ボリュームチェック

ボリュームチェックをする。それはその敷地にどのくらいの規模のものが建築できるのかを確認するためだが、同時にそれは集合住宅の場合、最大戸数を確認する、収支計画を立案する、ための元資料にもなる。

昔いた設計事務所では、もう25年くらい前の話だが、不動産屋から敷地図がfaxで送られてくると、社長がボリュームチェックをして、その敷地に対する計画案を作成し、それは収支計画用の計画案なので、最大戸数を確保したものをまた送り返していた。

その場合、建築基準法や条例などを法規を満たすのは当たり前のことだが、とにかく知りたい情報はその敷地にどれだけの規模の、戸数の集合住宅ができるか、だったので、デザインは二の次、付け足すもの扱いで、とりあえず、平面図だけあればよく、それで収支計画が立案できるので、実際に計画がスタートして外観を考える時にデザインが入ってくるようだった。

そのデザインや計画案作成の態度にはなじめず、でも大概の設計事務所はそうなのだろうと想像しながら、私が設計担当した最初の建築は、その社長が作成した計画案からはじまった集合住宅だった。だから、私が担当としてデザインできる範疇は外観くらいしかなく、それはそれで重要なのだが、プランから考えなければ、外観だけ考えても意味は無いのでは、と思いながら仕事をしていたのを思い出した。

なぜ思い出したかというと、今、そうだから、とりあえず、収支計画用の最大戸数を確保した計画案を作成し、これからどう進めていくかと考えているところだから。

ただ違うのは、この計画案はあくまでも収支計画用で、ボリュームチェック用で、アタリの図面で、ここから全く違うものをはじめからデザインしはじめる。

ところが、この計画案が結構強力で、引きづられてしまう、自分で作成したのだが、厄介なしろものだ。

2E0870D8-EE1F-44F6-B07A-F92FA321EA15.jpeg

"Volume check"

Perform volume check. It is to confirm how much can be built on the premises, but at the same time it is also the original source for planning the income and expenditure plan to confirm the maximum number of houses in the case of multi-family houses.

In the former design office, about 25 years ago, when the real estate agent sent the site map at fax, the president made a volume check and created a plan for the site, which is a balance plan It was a plan for use, so I sent back the one that secured the maximum number.

In that case, it is natural to satisfy the Building Standards Law and ordinances etc, but since the information that you want to know is just how large, multi-united housing can be built on the premises, design is secondary, It is treated as a thing to add, in the meantime, it is only necessary to have a plan view, so you can plan the income and expenditure plan, so it seems that the design will come in when you plan the actual planning and consider the appearance.

While imagining the design and the planning draft attitude, but imagining that most of the design office would be, the first building I was in charge of designing was a collective housing that started with the plan drafted by the president was. So, the category that I can design as a responsible person is only about the appearance, which is important, so I thought that if I did not think about it from the plan, I thought that it was meaningless to think only about the exterior, I remembered that I was working .

I remember why I remember now that I am thinking about how to proceed from now on, because I am planning a plan that secures the maximum number of households for income and expenditure planning.

The only difference is that this plan is for balance planning only, for volume checks, Atari's drawings, beginning to design completely different things from here.

However, this plan was quite powerful and attracted, created by myself, but a troublesome one.

空間を仕立てるイメージ

以前に、建築に感触を取り込みために「見立て」を考え、建築に気分を取り込むために「追従する」建築で差異を考えた。いずれも、納得して建築に取り込める手法だと考えていたが、違う角度から再度、感触や気分を建築に取り込む方法を考えてみたいと思った。

そのきっかけは、今制作中の輪島塗のフリーカップ。もの自体が感触と気分を取り込む媒介になるのならば、建築でも可能なのではないか、と思ったから。

建築を空間として扱うから全体のボリュームが最重要になるが、建築を細部のものの集合体として扱えば、まず細部のもの自体がどうあるか、からはじまるので、感触やその時の人の気分を反映しやすく、その感触や気分を伴ったまま、最終的に空間が出来上がるのではないか、と考えた。

人を中心に据えて、人に密着した周辺からはじまり、その時々の人の気分を反映することが可能なものを細部から感触を含めつくり出しながら、どんどん同心円状に広がっていき、空間に仕立てていくイメージ。

イメージがまずできないと、実際のものづくりはできない、全てのイメージでなくても良いが、はじめの取っ掛かりや、大まかで良いから骨子みたいなものは欲しいが、それが段々と揃ってきたような気がする。

8032CB47-D414-43C5-AF6B-27B550C42D2D.jpeg

"Image to tailor the space"

In the past, I thought about differences in architecture "to follow" in order to capture the mood in buildings, considering "looking" to incorporate the feeling into architecture. Both thought that it was a method that I could consent to incorporate into architecture, but from another angle I wanted to think about a way to incorporate feel and mood into architecture again.

The trigger is a free cup of Wajima coat under construction now. Because I thought that it might be possible in architecture as long as things themselves become intermediaries for taking in feel and mood.

The whole volume becomes the most important because it treats architecture as space, but when treating the building as a collection of details, it first starts from how the detail itself is, so reflects the feel and the mood of the person at that time I thought that it would be easy to do, with the feel and mood accompanied, the space would eventually be finished.

Starting from the periphery that is close to people, starting from the surroundings close to people, reflecting the feeling of the people from time to time, create things including details from the details, spread more and more concentrically and tailor it to the space Some image.

If you can not do an image first, you can not make actual manufacturing, not all images, but I want something like a gist of a first bargain, because it is rough and good, but it seems that it has gotten step by step I will do.

人がいて、気分で、感触がある

内側からボコボコと必要な場所を広げていく感じで、人を中心に、人の周辺からはじめていくという空間のつくり方があると思う。

今日行ったオープンハウスでの説明によると、2階建ての2階の個室の天井の形を決めて、その形のまま屋根したとのこと。屋根を決めて天井が決めるのでは無くて、室内の天井の形を先にデザインし決めてから、その形の裏返しが屋根の形になる。外から見ると屋根の形で室内の天井の形がわかる。室内の天井をデザインしたら、同時に外観の屋根と室内空間もデザインされる、室内天井をデザインする時は当然、人から派生する事柄を手掛りにするだろうから、そこに人も絡んでくる、とても秀逸だと思った。

ボリュームチェックがあり、そこから細部に向かっていくやり方、ボリュームを決めれば、同時に空間や細部まで決まり、人が絡んでくる手法もあるだろうし、それはそれで素晴らしいと思うが、どうしても人が最後というか、例え最後ではなく途中に人が絡んでくることもあるが、人からはじまる感じが、人の周辺からはじめていく空間のつくり方よりは薄いような気がする。

どうして、人を中心に、人の周辺からはじめていく空間のつくり方が気になるのかと言うと、建築にもっと感触とか、気分とかを取り込みたいから。人を中心に据えてはじめた方がより感触や気分を建築に取り込めるのではないか、という勘からです。

379560AB-E324-4A67-94C5-CC32C791A0B5.jpeg

"There are people, I feel, I have a feel"

I think that there is a way to create a space where people start from the periphery of people, with the feeling of spreading the necessary places with Bocoboko from the inside.

According to the explanation in the open house that I went today, I decided the shape of the ceiling of the 2nd floor upstairs private room, and said that he roofed in that shape. It is not to decide the roof and the ceiling to be decided, after designing and determining the shape of the ceiling in the room, the flip of that shape becomes the shape of the roof. When seen from the outside, you can see the shape of the ceiling in the room in the form of a roof. When designing the ceiling in the room, the roof of the exterior and the interior space are also designed at the same time, when designing the indoor ceiling, naturally it will clue the things derived from people, so people will also get involved there I thought it was excellent.

There is a volume check, there is a way that people decide at the same time as much as space and details, if there is a way to go to the details from there, deciding the volume, there is also a method involving people, and that is wonderful, but I guess the person is the last Even though some people are involved on the way instead of the last one, I feel that the feeling that people start with is thinner than the way I start from people's surroundings.

Why do you care about how to create a space to start from people's surroundings, mainly because people want to capture more feel and feelings in architecture. It is from the intuition that people who started putting them mainly can get more feel and mood in building.

はじめの一歩

以前に、人がいて、体を覆う衣服があり、体を支える椅子があり、食事をするためのテーブルがあり、テーブルの上には人が使う食器やカトラリーがあり、そのテーブルを照らす灯りがあり、そのテーブルや椅子や人を囲むように、床や壁や天井があり空間ができ、それが部屋と呼ばれ、部屋がいくつも連なり、家という建築ができる、ようなつくり方がしてみたい、とした。

たぶん、今の設計に対する違和感は全てここに集約されるような気がする。そう思うと、とてもすっきりとした気分になった。

ただ、果たして、このようなつくり方が現実実際にできるのだろうか。

どうしても、実際に敷地に建築を設計しはじめる時にはボリュームチェックから入る。ボリュームチェックとは、その敷地にかかる法規を調査し、どのくらいの規模まで建築可能かをみること。

ボリューム、イコール、空間では無いが、空間の大枠を決めることから考えはじめてしまうし、そこが無いと最初の事業計画が立案できないだろう。

だから、ボリュームチェックまではして、そこから、人の周辺から広げていくやり方をすれば良いのかもしれないが、その時に結局、最終的にはボリュームチェックの結果に引きづられてしまうような気がして、はじめの一歩が踏み出せないでいる。

81CAEABF-3395-4D39-BA83-8DA0756F1F9F.jpeg

"Hajime no Ippo"

There used to be people, there are clothes that cover the body, there is a chair that supports the body, there is a table to eat, there are tableware and cutlery used by people on the table, the light that illuminates the table There is a floor, a wall and a ceiling so that it surrounds the table, the chair, and the person, and a space is made, it is called a room, a number of rooms are connected, we want to try to make such a way that we can build a house did.

Perhaps, I feel that all the discomfort to the current design is concentrated here. I thought so, I felt very refreshing.

But I wonder if we can actually do this in reality.

By all means, when you actually start to design the building on the premises, you enter through the volume check. Volume check is to investigate the laws concerning the premises and see how big it can be built.

Although it is not volume, equal, space, I will start thinking about deciding on the space of space and if there is not there, I can not plan the first business plan.

So it may be good to do a volume check and then spread from people's surroundings, but at the time it will eventually end up with the result of the volume check I feel like I can not take the first steps.

建築のつくり方

デザインするのが好きで、ものをつくるのが好きだから、それを死ぬまでやり続けたいと、その環境づくりも含めて、今、奔走しているところで、輪島塗のフリーカップづくりは、塗りの見本待ちで、それが楽しみでしょうがなく、ここまで来ると、何をデザインするか、何をつくりたいか、また、どうしたら出来上がるのか、が明確になっているので楽しくて、待ち遠しくて、早くそのカップでコーヒーが飲みたくて仕方がない。

建築ももちろん、ものづくりなのだが、建築と建築以外では同じものづくりでも違うような感覚がある。

端的に言うと、ものそのものをつくるのか、空間をつくるのか、の違いか。建築でも細部に至る時はものそのものに向き合い、ものそのものをつくるが、最初は空間から考えるのが一般的で、大きな入れ物から考えはじめて、段々と中身に何を入れようか、中身のつくりをどうしようかと考えて細部に至る。それはインテリアデザインでも同じだが、建築はそのインテリアデザインをする空間そのものも一から考えるので、より空間をつくる思考が強くなる。

もっと違う言い方をすると、人がデザインされたものを全て操れるのか、人がデザインの一部なのか、の違いか。建築では、空間は人を包み込み、人はその空間の一部という扱いになるが、建築以外では、人から離れたところにものが実存し、そのものを人が全て操るようにデザインされる。

輪島塗のフリーカップづくりをはじめてから、この当たり前のような違いが、とても大きな違いのように感じるようになっており、それは、もしかしたら自分が指向している建築のつくり方は、空間からはじめるのでは無くて、ものそのものからはじめることではないか、とちょっとどこかで思うようになっている。

人がいて、体を覆う衣服があり、体を支える椅子があり、食事をするためのテーブルがあり、テーブルの上には人が使う食器やカトラリーがあり、そのテーブルを照らす灯りがあり、そのテーブルや椅子や人を囲むように、床や壁や天井があり空間ができ、それが部屋と呼ばれ、部屋がいくつも連なり、家という建築ができる、ようなつくり方がしてみたい。

考えてみれば、衣服以外は今すぐにでもつくることができる。

AF378D3C-B39C-4732-B264-CFFDF321A16F.jpeg

"How to make architecture"

I like to design and I like to make things, so I want to keep doing it until I die, and now I'm busy making the environment, Wajima painted free cup making is waiting for samples of paint So, it can not be helped fun, and as soon as you come this far, it's fun to see what you design, what you want to make, and how to make it, so it's fun, I can hardly wait, in that cup There is no point in wanting to drink coffee.

Not only building but also manufacturing, but there is a different feeling in building the same thing outside of architecture and architecture.

To put it briefly, is it the difference between making things themselves or creating space? Even in architecture, when it reaches the details, it faces the thing itself and makes things themselves, but at first it is common to think from the space, starting with thinking from a big container, what should we put in contents, and how to make contents I think to it and it comes down to details. Although it is the same in interior design, architecture thinks space itself to do its interior design from scratch, so thinking to create more space becomes stronger.

Writing in a different way of speaking, is it different whether people can manipulate everything that was designed or whether people are parts of design. In architecture, space envelops people, treats a person as a part of the space, but outside the building, things are existed far away from people and designed to manipulate them all.

The difference like this is beginning to feel like a very big difference since I started making a free cup of Wajima coat, which is probably how I'm pointing my way of building a building from the space It is not at all, it is supposed to start somewhere somewhere, starting with things themselves.

There are people, there are clothes that cover the body, there is a chair that supports the body, there is a table to eat, there are tableware and cutlery for people to use on the table, there is a light that illuminates the table There is a floor, a wall, a ceiling and surrounding a table, a chair and a person, a space is made, it is called a room, a number of rooms are connected, we want to try to make such a construction that a house can be done.

If I think about it, I can make anything but clothes right now.

コロコロな気分

気分というのはいい加減なもので、さっきまでイライラしていても、誰かと話すとすっかり忘れて元に戻ったり、落ち込んでいても、美味しいものを食べたら、ちょっとだけ前向きになれたり、ダラダラなのがシャワーを浴びたら、何かやる気になったり、逆に、朝起きて天気が良いと、それだけで楽しい気分になったり。

気分がコロコロ変わることに対しては良いイメージは無く、気分に左右されないようにして、きちんとしなきゃ、なんて思ったりする。

コロコロ変わるところを言えば、確かに、気分とはいい加減なものだが、その気分を感じる裏には、その気分にさせる、もしかしたら自分でもはっきりと認識できていない、何か要因がある訳で、そう考えると、気分はもしかしたら、その人自身が持っている膨大なデータベースに基づいたシグナルかもしれない。

そうなると、気分がコロコロ変わるということは、場面場面に応じて、自身が持っているデータベースを活かしていることになり、かえって気分がコロコロ変わる方が自然なことのような気がするし、決して悪いことでは無いような気がする。

むしろ、気分に変化が無い方がその場その場にきちんと対応していないような気がして、それでも良いのかもしれないが、何かもったいないというか、今生きていることを肯定していないような気がして。

だからか、なるべく気分の変化みたいなことをそのまま生活の中に取り込みたいと思っていて、簡単なことでも、毎朝飲むコーヒーを淹れるカップをその日の気分で選んだりすることでも、とても大事なことのように思っている。

気分の変化に建築は応えてくれるのかな、と気がつくと考えている。建築は強固だ。

室内の模様変えなんてことを気分ですれば、見える範囲の室内の景色は変わるから、まあ、それで。でも、建築が変わる訳では無いから、固いし、動かないし、動かせないから、気分の変化に対応できない建築はつまらないなと、コーヒーカップは気分の変化に応えてくれるのに。

6CCED338-47D6-4E30-BD74-6004BAF90C1B.jpeg

"Corochoric mood"

Feeling is sloppy, even if you are irritated a while ago, if you talk to someone you forgot to completely forgotten and return to the original, even if you are depressed, if you eat delicious things, you can get a little forward or you are dull When I take a shower, I feel motivated something, on the contrary, when I get up in the morning and the weather is good, it makes me feel happy alone.

There is no good image for the change in the mood, so I try not to be influenced by the mood, and I do not think it is proper.

Corocoro When speaking of the place to change, indeed, the mood is irresponsible, but behind the feeling of that feeling makes me feel that, perhaps because I do not recognize myself clearly, there are some factors, If you think so, the mood may be a signal based on the huge database that person himself possesses.

Then, the fact that the mood changes, depending on the situation scene, it makes use of the database that it owns, and it seems that it is more natural that the person who changes mood is more natural, and it is never bad It seems that it is not a thing.

Rather, it seems that people who do not have a change in their mood properly correspond to the spot on the spot, but it may still be good, but something is a waste or I am not affirming that I am alive now Like I thought.

So, I think that I want to incorporate things like a change of mood as much as possible into life, and even if it is easy, even if you choose a cup that makes coffee to drink every morning by the mood of the day, it is very important thing I think like.

I believe that architecture will respond to the change of mood. Architecture is solid.

If I feel like changing indoor patterns, the scenery in the room in the visible range will change, well, so. But, because the construction is not a translation, it is hard, does not move, can not move, so the architecture that can not respond to the change of mood is boring, the coffee cup will respond to the change of mood.

気分を持ち込み

その日の気分で変えたいのです。その日の気分に左右されたい。

毎朝、豆から挽いてコーヒーを淹れますが、コーヒー豆は、コーヒーの味は、お気に入りがあるので、酸味が強くて、苦味が少ない、しっかりした味が好みなので、豆は決まってしまうが、コーヒーカップは毎朝気分で違うものを選びたいのです。

ゲン担ぎはしないので、今日は絶対結果を出したい日だから、このコーヒーカップにするとか、そんなことはしないけれど、食器棚を開け閉めしながら、今朝はどれにしようかな、今日の気分はこれかな、とやりたい。

コーヒーカップは、人より小さいし、簡単に動かせるし、いくつも用意することができるから、気分で選ぶことが容易にできる。

建築は、コーヒーカップと真逆、人より大きいし、絶対に動かないし、いくつも用意できないから、その日の気分で、今朝はどれにしようかな、今日の気分はこれかな、とできない、できないはず、できる人もいるか、大体の人には無理。

建築自体は動かせないから、変えられないから、選べないならば、その中で人が気分で動いて場所を変えればよいか。都市の中では、よくあることで、今朝はこのカフェ、昨日はあそこだったとか。大きな建築ならば、それも可能。

例えば、狭小の敷地で、ペンシル状に10階建て位のビルを建て、各階1部屋で、そうすると、1階と10階では見える景色が全然違い、各階それぞれでも景色が違うはずたがら、その日の気分で、今日は3階、昨日は5階にしたな、週末は10階にするか、なんて選べたら、何かいい、昔、このような計画をした人がいて、何て素敵な考え方なんだと感心したことがあった。

気分で場所を変えるのは、都市の中でも、建築の中でも可能だから、それでも十分に気分に左右されるのだが、ちょっと、もうちょっと、コーヒーカップを気分で選ぶように、建築に気分を持ち込み、気分で建築が変わらないかな。

A13F4E08-6BB9-4C0A-94D4-3F9B425CA77E.jpeg

"Bring your mood"

I want to change it in the mood of the day. I want to be influenced by the mood of the day.

Every morning, we grind coffee from beans, but coffee beans, coffee taste has favorite, so we prefer sour taste, little bitterness, firm taste, so beans will be decided, I want to choose a different coffee cup every morning.

Because I do not carry gen, so today is absolutely a day I want to put out a result, I do not do such a coffee cup, I do not do such a thing, but I will do this morning while opening and closing the cupboard, I feel like this today I want to do it.

Coffee cups are smaller than people and can be moved easily, and as many can be prepared, it is easy to choose by mood.

Architecture is bigger than a cup of coffee, is bigger than a person, absolutely does not move and can not prepare anything, so I feel like that day, I will do this morning, I can not do today, I can not, can not be, Some people can do it, impossible for most people.

Since the building itself can not be moved, it can not be changed, so if you can not choose it, why should a person move in a mood and change places? It is common in the city that this cafe this morning, yesterday was over there. If it is a big building it is also possible.

For example, in a small site, building a ten-story building in a pencil shape, in each room one floor, then the view that can be seen on the first floor and the tenth floor is totally different, the scenery must be different on each floor, the mood of the day So, if you could choose the third floor today, yesterday to the 5th floor, weekend to the 10th floor, whatever you choose, something good, there was a person who had done such a plan in the past, what a wonderful way of thinking I was impressed.

Changing the place by mood is possible even in the city and in the architecture, so still it depends on the mood enough, but a little more, just a little bit more, to bring the mood to the building to bring the mood like a coffee cup feeling, feeling I guess the architecture will not change.

道って惹かれる

道はコンテクストか。直接道を扱うのは気が引ける。

法規制も敷地のコンテクストならば、すでにボリュームチェックで道を直接的に扱っているから、ただ、道はまず永遠に道のままだろう、そこには惹かれる。

空地ということであれば、道も空地、子供の頃、空地がたくさんあり、勝手に入って遊び場としていたが、ある日突然に柵ができ入れなくてなり、子供ながらにそんなことは予測していて、ここがだめになったから、あっちの空地とか、今日はここで、ちょっと遠征してあそことか、流れのように転々とするのが遊びのセンスみたいなことだったから、ある日突然使えなくなっても何とも思わなかったが、常に空いていること、隙間、子供は隙間好きだから、が無性に惹かれた。

だから、道は延々と続く遊び場だった。あの道、この道、あそこの道と道の違いが遊びの違いだった、この遊びをするならば、この広さが無いと、車があまり来ない所でないと、あそこの道は疲れたら居心地のいい階段があるとか。

道をコンテクストと扱いたい。扱うとしたらどうするか、空か、空間か、坂道の方が角度があるから特長があるな、とか。

そもそも建築を行う敷地は道路に接していなければならない。これを改めて考えてみると面白いかもしれない。敷地単体では存在できないということ、必ず道路とセットになる、その道路には手をつけることができない。そして、その道路は延々と続き、常にからっぽの空間のままである。

道は上を塞いだら道でなくなるのか、道たる所以の逆がパーソナルスペースか。道の上を木の枝で塞いだだけで素敵な空間にはなるけれど。

7B3E2E87-3906-45D6-9508-B0FB5A868789.jpeg

"Way is attracted"

Is the road a context? It is not easy to handle direct roads.

If the regulation is also the context of the premises, we already deal directly with the road by volume check, so the road will remain forever for the first time, we will be attracted to it.

If it is an open space, the road was also open space, when I was a child, there were plenty of open spaces, and I decided to make it a playground without permission, but one day I suddenly did not have a fence, and while I am a kid I predicted such a thing So, as this place was useless, it was like a sense of play to topple like flowing over there a little expedition here and today, sometimes it is not possible to use it suddenly I also did not think anything, but I was always attracted because it is always vacant, gaps, children like gaps.

That's why the road was an endless playground. That road, the road, the difference between the road and the road there was a difference in play, if you play this, if there is not this area, if the car does not come so often, if the road over there is comfortable There are good stairs of the place.

I want to treat the road as a context. If it is dealt with, what to do, sky, space, on the slope are angles, so there are features, for example.

In the first place the site to be built must be in contact with the road. It may be fun to think about this again. It can not exist on the site alone, it will definitely become a set with the road, you can not put a hand on that road. And the road continues indefinitely, always being an empty space.

Will the road get out of the way after closing the top, or the reverse of the way is a personal space? Although it becomes a nice space just by closing the top of the way with branches of trees.

完全な秩序ありきか

敷地の文脈/コンテクストとして、敷地周辺の秩序を取り出して考えたいとしたら、秩序とは何なのか?

周辺の建物の高さ、外壁の色、窓の位置、屋根の形、建物の向き、敷地の大きさ、建物の大きさ、混沌具合、玄関の位置、匂い、法規制など、目で見て確認できるものや五感で感じることなどか。

これらは長年、敷地周辺の地域で形成されてきた暗黙のコード、ルールみたいなものか。

これらのコンテクストと呼ばれる秩序の中から、不完全性をつくるために、実体としても、概念としても、必要なものを都合よく抽出してきて、組み合わせるのか、秩序を明示し、ただそれは、その敷地周辺の地域で完全に整っている秩序だと思われるものでないと。

まず完全なものがあり、それを崩すことで不完全性を得ようとするならば、その敷地周辺の地域で完全に整っている秩序を抽出しないといけない。

そうすれば、実体としての不完全性を獲得するのは容易にできそうな気がする。完全な秩序と対比して目で見てはっきりと不完全とわかるようにすれば良いのだから。

概念としての不完全性は、人が頭の中で想うこと、感じることだとして、それは、その敷地周辺の完全な秩序を頭の中でわかっていることが前提、暗黙知と言うべきものか、なので、誰もが認識している秩序を抽出しないと、これがこじつけで、わかりづらいとだめかもしれない、アクティビティーを生むことができないかもしれない。

いまひとつスッキリしないのは、まず完全なものがあり、それを崩すことで不完全性を得ることで、本当にアクティビティーが発生するかということ。

まず完全なものから入るのは、わかりやすくて、やりやすいのだが、不完全なものをはじめからつくり出していくことができるのではないか、その方がアクティビティーがより発生しやすいのではないか、と頭の片隅で思ってしまう。

B13D369B-E529-43F1-9F64-BEF75CE99DCD.jpeg

"Perfect Order"

If we wanted to consider the order around the site as the context / context of the site, what is order?

The height of the surrounding building, the color of the exterior wall, the position of the window, the shape of the roof, the direction of the building, the size of the site, the size of the building, the state of chaotic, the position of the entrance, the smell, regulations etc Do you know what you can check and feel with five senses?

These are like an implicit code or rule that has been formed in the area around the site for many years.

From the order called these contexts, in order to create incompleteness, as an entity as well as a concept, we conveniently extract what we need and combine, explicitly state the order, but that is only around the site I think that it seems to be an order that is perfectly arranged in the region of.

First of all, if there is perfect thing and trying to get imperfections by breaking it, we need to extract the order that is perfectly arranged in the area around the site.

Then, it seems easy to obtain incompleteness as entity. Because it is good to see clearly incomplete by visually contrasting with perfect order.

As incompleteness as a concept is what people think and feel in their minds, it is based on the premise that the complete order around the site is known in the mind, is it to say as tacit knowledge , So if you do not extract the order that everyone is aware of, this may be difficult to understand, it may not be easy to understand, it may not be able to produce an activity.

The thing that is not refreshing at first is that there is perfect thing first, and getting incompleteness by breaking it is really how the activity will occur.

It is easy to understand and easy to enter from the perfect one, but it seems that whether incomplete things can be created from the beginning, that the activity is more likely to occur, I think at one corner of my head.

目指す建築のありようvol.1

ずっと、集まって住むことと、敷地の文脈/コンテクストと、アクティビティーと、秩序と、パーソナルスペースについて考えている。

ひとりでは無くて、家族だけでは無くて、シェアする訳でも無くて、ただ集まって住む、要するに、集合住宅が良いところや、その暮らしの方が楽しいと思えることや、事業者側のメリットではなくて、住む側からのメリットというべきことなのか、

それが敷地の文脈/コンテクストと関連して、そこでしかできない集住の仕方や、敷地の文脈のありようみたいなものが直接集住の仕方を決めてしまうようなことが起きて、

その時に自然発生的にアクティビティーが生まれ、そのアクティビティーに複雑さがあるから、

そのおかげでオープンなパーソナルスペースが容易にあちこちに形成され、

そのオープンな感じが、ゆるやかで、おおらかな秩序を建築に与え、

その建築があるおかげで、その周りが何となくいい雰囲気になる、

ようなことになるためには、

とここまで書いて、ひとつの建築が思い浮かんだ。
やはり、あの建築は名作だ。

221C8437-DAA9-48E1-8E07-9E39931F92CF.jpeg

"Architectural aiming aim aim vol.1"

I'm thinking about living and living together, the context / context of the site, activities, order and personal space.

It is not alone, it is not just a family, it is not a reason to share it, I just gather and live, in short, it is not a merit of the business side that things that collective houses are good and those who think that their living is fun Whether it is a merit from the living side,

As it relates to the context / context of the premises, what kind of collections can only be done there and things like what seems to be the context of the premises decide how to collect dwells,

At that time spontaneous activity is born and its activity is complex,

Thanks to that, an open personal space is easily formed here and there,

The open feeling gives the building a gentle and extraordinary order,

Thanks to its architecture, its surroundings become somewhat nice atmosphere,

In order to be like this,

And I wrote so far, one architecture came to mind.
After all, that architecture is a masterpiece.

多地域移動居住

なるほど、混在した街、カオスの方が賑わうは、ただ単にたくさんのアクティビティーが発生するだけでなく、オープンなパーソナルスペースが形成できるからにもよる。

そうすると、治安やゴミやインフラなどの問題が解決できれば、カオス状態の都市の方がいろいろなアクティビティーがあって楽しいだろう。

ただ、そういう都市は自然とは対極になるので、いくら公園などをつくり自然を持ち込んでも、それはつくられた自然だから、人工物と大差無い。

そうしたカオス状態の都市は面白いかもしれないが、私などは自然の中にいるよりも落ち着くと思うが、やはり、自然の真っ只中に行きたい人もいるだろう。

都市が一極集中してカオス状態になれば、当然その反動で、自然の中に行きたくなる。その時は、過疎化した地域をうまく利用すれば良い。

過疎化した地域は、すなわち、人がいないということ、都市から抜け出して行きたい場所はそういう人がいない所だと思うから、そういう場所へ、例えば、週末だけとか、仕事が許せば、週単位で行けるといいな。

移動手段と通信インフラと滞在できる場所さえ確保できればいいのだから、都市の一極集中化と地方の過疎化をセットで考えれば、費用面でも解決策がありそう。

要は、一極集中化した都市に無い所と、過疎化した地域に足りない物を補い合えば良いだけ。過疎化した地域も移動手段が増えれば喜ぶし。

そうなれば、都市の一極集中化も地方の過疎化も決して悪いことでは無く、むしろその方がお互い都合が良くなる。

人生100年時代を迎え、元気な中高年が増えるのだから、自分もそうだけど、そういう人たちの行動欲を手軽に満たしてあげれば、少子化して市場自体が縮小しても、人が流動的になり、あちこちでお金も落とすしね。

多地域移動居住。

そうなると、生活自体も、家族といても、ひとりでいても、楽しそう。やはり、たくさんのアクティビティーが用意されていて、それを手軽に選択することが可能な状態がいい、精神衛生的にもいい。

こういうことを考えている人はたくさんいるだろうけど、そこに税金を投入すれば、割と簡単に解決しそうだと思うのだが、それで、みんなが楽しく暮らせそうだと思うのだが、いかがなものか。

9C74D0A4-7A4D-43B1-8BFA-441BD8E349A9.jpeg

"Multilateral moving residence"

Indeed, mixed cities and chaos are crowded, not only because there are so many activities but also because of the ability to form an open personal space.

Then, if problems such as security, garbage and infrastructure can be solved, the city in chaotic state will be more fun with various activities.

However, since such cities will be opposite to nature, no matter how much they make parks and bring in nature, it is the natural nature created, so it is not much different from artifacts.

Such a chaotic city may be interesting, but I think that I will settle down rather than being in nature, but again, some people would like to go in the midst of nature.

If the city concentrates and becomes chaotic, of course it will be a reaction and it makes me want to go to nature. At that time, you can use the depopulated area well.

I think that the depopulated area, that is, that there is no person, the place where I want to get out of the city is such a place where there are no such people, so to such a place, for example only on the weekend, if the work allows weekly I hope to go.

It would be nice if we could secure transportation means and communication infrastructure and even a place where we could stay, so it seems to be a solution in terms of cost, considering the centralization of urban areas and depopulation of rural areas.

In short, it is only necessary to complement a place that is not in a centralized city and a missing one in a depopulated area. It will be pleased if the means of transportation also increases in depopulated areas.

If so, city centralization and local depopulation is not a bad thing, rather it will be more convenient for you.

As the longevity of a century celebrates the era of energetic and lively mature age, even if I am also so, if I can easily satisfy those behaviors of those people, even if the birthrate declines and the market itself shrinks, Then, I also drop money here and there.

Multiple area moving residence.

In that case, it seems fun to live itself, family, or alone. After all, a lot of activities are prepared, it is good to select it easily, it is good for mental hygiene.

There seems to be a lot of people thinking about this, but I think that it would be easy to solve it if you put in taxes there, but I think that everyone seems to be able to live happily, but what is it like .

大事なのは場所性

その場所でしか実現できない空間をつくること。

その場所で無くてもいい空間ではなくて、
その場所だからいい空間になるとしたい。

場所性を意識するから、いい空間が生まれる、
という図式に魅力を感じる。

場所性を意識することを宝探しに例え、
建築家はトレジャーハンター。

良くも悪くも、その場所には、何か眠っている。
それに気づき、それを活かすのは建築家しだい。

ほとんどの建築が、場所性よりも経済性を重んじていて、決して経済性を重んじることが悪い訳では無く、建築行為は経済活動そのものという側面もあるから、

ただ、場所性がないがしろにされているならば、建築の持つ魅力や素晴らしさや、それを引き出すことができる建築家の能力が必要とされていないということになるので、それでは現代の建築が、風景が荒廃していく。

自分たちの住む街が、街の風景が、他の街と、他の都市と同じで、どこかで見たような、どこでも見るような風景で、安心したくはない。

9D084F28-88C1-4274-A8C5-A48CEF303AD3.jpeg

"What is important is placeability"

To create a space that can only be realized at that place.

It is not a space you do not need in that place,
I'd like to be a nice place because it's that place.

Because we are conscious about the location, good space is born,
I feel charm in the scheme.

Comparing the awareness of the place to a treasure hunt,
The architect is a treasure hunter.

Between good and bad, in that place, I sleep something.
It is up to the architect to realize it and make use of it.

Most of the buildings place importance on economy rather than placeability, it is not a bad thing to value economic efficiency, and building acts are aspects of economic activity itself,

However, if the place is undestroyed, it means that the charm and excellence of the architecture and the ability of the architect who can draw it out are not required, so then the modern architecture is a landscape It is devastating.

I do not want to worry about the city where I live, the landscape of the city is the same as other cities and other cities, as if I saw it anywhere, anywhere.

敷地を意識するきっかけ

敷地の文脈/コンテクストを意識するきっかけは、大学1年の時の建築概論で教わったコルビュジエのサヴォア邸かもしれない。

近代建築の五原則(ピロティ、屋上庭園、自由な平面、水平連続窓、自由な立面)の全てが実現されているサヴォア邸は、1931年完成の20世紀の近代建築を代表する住宅で、そもそも近代建築とは、敷地の文脈/コンテクストから自立して世界中のどこに建てても成り立つ建築を標榜するものだった。

だから、近代建築は敷地の文脈/コンテクストとは無縁の存在であり、敷地の文脈/コンテクストが重視されるようになったきっかけも近代建築への反動からだった。

私が、建築概論の授業でサヴォア邸を教わった時、印象に残ったのは、近代建築の五原則が実現されていることや20世紀の近代建築を代表する建築だということでは無くて、車でアプローチしてきて、そのまま住宅の内部に駐車して、住宅の中で車から乗り降りをし、また車で外出していくように計画されていたこと。

これを20世紀のモータリゼーションの具現化だというのが定説のようだったが、私は1階の平面図にUの字状の車路が計画されているのが面白くて、その車路を見た時に敷地の中を車が走り抜けて街につながっていくイメージができて、そうしたら、この住宅はどういう場所に建っているのだろうか、車で入って来て車で出て行くことができる土地って相当広いよな、とか、建築より敷地の方が気になって仕方がなかった。

このサヴォア邸の計画は、その敷地ありきで、建築だけが自立して存在するなんて到底思えなかった。

F7673603-CF2D-4801-BD29-5C53B3B703F2.jpeg

"The chance to be conscious of the site"

The chance of consciousness of the context / context of the site may be Colbusier's Savoya residence taught in the architectural overview of the university.

Savoya residence where all five principles of modern architecture (piloti, rooftop garden, free flat, horizontal continuous windows, free elevation) are realized is a house representative of the 20th century modern architecture completed in 1931, In the first place, modern architecture was the proclamation of architecture which can stand independent from the context / context of the premises wherever it is built in the world.

Therefore, modern architecture is not related to the context / context of the premises, and the reason that the context / context of the site began to emphasize was also a reaction from modern architecture.

When I taught Savoya 's house in the class of construction theory, the impression remained in the fact that the Five Principles of modern architecture are realized and that it is the architecture representing the modern architecture of the 20th century, It was planned to approach by car, park inside the house as it is, get on and off from the car in the house, and go out with a car.

It seemed to be an established theory of motorization in the 20th century, but it seems to me that it is interesting that a U-shaped roadway is planned on the first floor plan view, seeing that road When the image runs through the premises running through the premises and connecting to the city, if so, what kind of place is this housing built in, you can come in by car and leave by car The land was quite large, and there was nothing it was worrisome about the site rather than the architecture.

This Savoya's plan is that there is the site, and it seemed that there was no self-sustaining existence only in architecture.

桜咲く

桜の木がある。
道路の反対側の小さな公園にある。
春になると満開の花が舞う。
北側だから日中は陽を浴びて浮かび上がる綺麗な桜が部屋から見られるだろう。

今計画中の敷地の文脈/コンテクストを読み取ろうとすると、最初にその桜の木が目に入る。その敷地の良い所、特徴的な所、生かしたい所はどこかとまず探してしまう。

ちょうど敷地に対して、道路の反対側の正面にあるから、設計者ならば誰でもそれを室内から愛でるようにする計画をパッと思い描くだろう。

1年のうちで桜を楽しめるのはせいぜい2週間位、その2週間を楽しむための計画。敷地の道路に面する以外の3面は隣家に囲まれているから、余計に桜の木に目が行く。

桜が部屋からよく見えるように、桜に向かって大開口を設けるのが常套手段か。大開口を開けても北側で道路側だから、日射もプライバシーも問題無いだろう。

この敷地はまだ良い方なのか、敷地周辺が混沌としていたり、例えば、分譲地だったり、都市のど真ん中だったりすると、尊重すべき文脈が無い場合もある。

ただね、桜の木に注目して、それを愛でる計画でいいのだろうか。桜の木が枯れてしまったら、桜の木が切られてしまったら、どうするんだ。それでも建築計画が成り立つ強度があるのか。

桜の木に焦点を当てて、敷地の文脈を読み取ったと思うのが甘いのではないか。

桜の木があるということは、そこに都市のスケールとしては空地、空間が存在するということではないか、その桜の木はその空間に変化を与えるパラメーターとして扱えば良い、だって1年の内で2週間しか影響を与えないのだから。

その空間に対して、何ができるのが設計者の優劣が問われる所か。

桜の木が見えるように大開口を設ければ、その後にどうなろうとも保身ははかれるのに、それでは納得がいかない。

どうする。

それは建築家として、技量が問われるところだ。

FA33A7A3-BB34-4E52-805E-E452325E223E.jpeg

"Sakura blooms"

There is a cherry tree.
It is in a small park on the other side of the road.
Flowers in full bloom will dance in the spring.
Because it is on the north side, beautiful cherry blossoms that will emerge in the sun during the day will be seen from the room.

When trying to read the context / context of the site under planning, the cherry tree comes first to the eyes. I will first find something where the good place, the characteristic place, the place I want to make use of that site.

Just in front of the premises in front of the other side of the road, we will imagine a plan to make everyone as a designer to love it from the room.

We can enjoy cherry blossoms within a year for at most two weeks, plan to enjoy the two weeks. Three sides other than facing the road on the premises are surrounded by the neighboring house, so the eyes go unnecessarily to the cherry blossoms.

Is it a usual way to set up a large opening towards the cherry blossoms so that cherry blossoms can be seen well from the room? Even if you open a large opening, you will not have solar radiation and privacy as it is on the roadside in the north.

Does this site is still better, such of, or has been the site around the chaos, for example, or was a subdivision, and or was right in the middle of the city, in some cases context should respect there is no.

But I wonder if you can pay attention to cherry trees and plan to love it. If the cherry tree withers, what will you do if the cherry tree is cut. Still there is the strength that the building plan is established?

Is not it sweet to think that reading the context of the site, focusing on cherry trees?

The fact that there is a cherry tree, there in open areas as the scale of the city, or does not mean that space is present, the tree of the cherry blossoms may be handled as a parameter that changes in the space, because of the year 2 It only affects weeks.

What can be done about the space where the superiority or inferiority of the designer is questioned.

If you set up a large opening so that the cherry blossoms can be seen, then whatever you do can protect you from anything, then it is not convincing.

what will you do.

As an architect, the skill is questioned.

素敵な考え方

スーッと閉まる感じがよくて、毎朝、珈琲缶を開け閉めするのが楽しくて、使いたくなる、触りたくなる茶筒。外蓋が載せただけで、精巧なつくりゆえに、自然にスーッとゆっくり落ちて、ピッタリと寸分狂わずに閉まる。その感じがたまらなくよいのである。

京都の開化堂の茶筒を使いはじめて1年が過ぎた頃、京都に行く用事があり、Kaikado Caféに立ち寄った。三十三間堂に行った帰り、夕方の新幹線に乗るまでの間、コーヒーが飲みたくて。

少し疲れていたので、コーヒー1杯で長居をしてしまい、そろそろお店を出ようかと、その前にトイレでも、と思い帰ってきたら、

「今からTVの取材が入りますが、いいですか?」と店主に言われ、あまりに突然でいいも悪いもなく「は、はい」と答えたら、すぐにどばどばと人やカメラが入ってきて、目の前で取材がはじまった。

あまりにも目の前で、映るのは構わないが、顔を上げて取材の様子を見ていたら、もろに映りそうだったので、さすがにうつむき加減で、耳だけで取材の様子を伺っていた。

288396D5-3E1F-4E74-B3FA-A7584FC171C6.jpeg

タレントの方が茶筒について質問をしているらしく、何を質問したかは聞き取れなかったが、店主の答えだけが聞こえてきて、

「音を大事にしているんです、開けた時の音。この開けた時の音が良ければ、中に大切な物を入れてくれるんじゃないかと思って」

ちょっと意外だった。音を意識することが無かったから。確かに、茶筒を開けた時の感触は、毎朝のことだから覚えていて、とても気持ちのいいものだとわかるが、音は、まあ、音も感触のうちのような。

と同時に、この店主の答えを聞いて、自分の中ではハッとするものがあった。音が良ければ大切な物を入れてくれるかもしれない、なんて、なんて素敵なんだと。確かにそうだな、感触がいいとそれを大事にしなくてはと思うよな。

てっきり開化堂の茶筒は、外蓋が載せただけ自然にスーッと閉まるのを売りにしているのかと思っていた。その精巧さは海外でも有名らしく、私がお店に行った時も中国の方が1人で買いに来ていて「中国でも有名だ」と店員と英語で話していた。

だから、私が購入したもの中に外蓋が自然に閉まらないものがあり、手直ししてもらったこともあった。後で考えてみれば、茶筒は金属だから、冬と夏で伸び縮みするだろう。冬に製作したら、夏には、例え0.1ミリでも伸びたら、閉まらなくなるはず、製作時にどうしているのだろう、とききたくなった。

取材中、もう帰ろうかと思っていたので、コーヒーも無く、水も無く、30分くらい、あまりにも目の前なので席を立つ訳にもいかず、どうしたものかと思っていたけれど、店主の

「音を大事にしているんです、開けた時の音。この開けた時の音が良ければ、中に大切な物を入れてくれるんじゃないかと思って」

という話が聞けて、京都に来た甲斐があったと思った。大切な物を入れてもらうために茶筒をつくる、そのために音、すなわち感触を良くするために自分たちの技術と知識を使う。

音が良ければ大切な物を入れてくれるだろう、なんて本当に素敵な考え方だ、素晴らしい。

建築に例えるとどうなるのだろう、帰りの新幹線でずっと考えていた。

"Lovely way of thinking"

It feels good to close with Su, and every morning, it is fun to open and close the coffee can, and you want to use it, you want to touch it. Just by placing the outer lid, because it is elaborate making, it falls naturally and suddenly, it closes perfectly and not crazy. That feeling is unbearably good.

I used a tea ceremony in Kyoto's Kaidokudo for the first time after a year, I had something to go to Kyoto, stopped by Kaikado Café. I went to Sanjusangendo on the way home and wanted to drink coffee until I got on the Shinkansen in the evening.

Because I was a bit tired, I made a long cookie with a cup of coffee, so I decided to leave the shop soon, I thought of going to the restroom before that,

The shopkeeper told me that "TV interviews are coming in from now," but the shopkeeper told me that, if it is too sudden and there is neither good nor bad, and answering "Yes, yes", people and cameras will soon I came in and interview started in front of my eyes.

I do not mind seeing it in front of my eyes, but as I looked at the state of the interview with raising my face, it seemed to be revealed as well, so I was asking about the state of the interview with just my ears .

The talent seemed to be asking questions about the tea ceremony, I could not catch what you asked, but I heard only the shopkeeper's answer,

"I treasure the sound, the sound when I opened it, thinking that if the sound of this opening is good, I will put some important things inside."

It was a bit surprising. Because I was not conscious of the sound. Certainly, as I remember the feeling when I opened the tea chestnut, as I remember it every morning, I remember it is a very pleasant feeling, but the sound, well, the sound is like a feeling.

At the same time, there was something that made me feel relieved in listening to this shopkeeper's answer. It is wonderful how wonderful it might be to put important things if sound is good. Sure it is, I think that you must take care of it if the feel is nice.

I definitely thought that the tea ceremony of the Kanjido is selling that it closes naturally only with the outer lid on it. Its elaborateness is famous abroad, and when I went to a shop, the Chinese came to buy alone and was talking to a clerk in English with a clerk, "It is famous in China."

So, there were things that I did not close naturally in what I bought, and there were things I had to rework. After considering it, the tea ceremony is metal, so it will expand and shrink in winter and summer. If I make it in winter, in the summer, if it grows even by 0.1 mm, it will not close, I want to hear what you are doing in the making.

Because I thought that I would go home already, I did not have any coffee, there was no water, about 30 minutes or so, because I was in front of my eyes so I could not translate into a seat and I thought what was wrong,

"I treasure the sound, the sound when I opened it, thinking that if the sound of this opening is good, I will put some important things inside."

I thought that it was worth to come to Kyoto to hear the story. To make precious things to be put in, make a tea ceremony pipe, therefore use their skills and knowledge to improve the sound, that is, feel.

If sound is good it will put important things, what a really wonderful way of thinking is wonderful.

I wonder what happens if you compare it to architecture, I have been thinking about it on the returning Shinkansen.

本物は変化する

「音を大事にしているんです、開けた時の音。この開けた時の音が良ければ、中に大切な物を入れてくれるんじゃないかと思って」

京都へ行くと必ず寄るカフェがあり、そこでの出来事。三十三間堂を見て、東京へ帰る前に、どこかでお茶でもと思い、少し歩いて「Kaikado Café」に来た。

ここは京都で長年、茶筒を制作している「開化堂」が出しているカフェ。京都で路面電車が走っていた時の車両基地だった所を改装したらしく、洋風な建物で、室内は天井が高く明るくて、とても居心地が良いので、京都へ来ると1度は立ち寄る場所。

ちなみに、うちには開化堂の茶筒が大小7つある。ブリキ製4つ、真鍮製3つ、うち1つは毎朝飲むコーヒーの豆を入れる真鍮の珈琲缶。ここの茶筒が好きで、ちょっとずつ買い足していった。一番最初に真鍮製の珈琲缶を買い、やっぱりブリキ製も欲しくなり、違う大きさも必要だなとなり。

17DF6455-70D0-45B8-9227-ACF043308D6F.jpeg

なぜここの茶筒か、経年変化するのが面白くて。ブリキ製は真っ黒になるし、真鍮製は赤味か黄味を帯びてくる。あと、私は持っていないが銅製の茶筒もあり、こちらは渋く茶色になっていく。

購入した時はピカピカ、ブリキ製は光沢のあるシルバー、真鍮製も光沢のあるゴールド。共に、塗装を施していない生地だから、使い込むうちに、擦れたり、手の油などが付着して、自然と色が変わるそうです。

買った時にお店の人から「最初の1週間はよく手で全体をまんべんなく触って下さい。そうすると色の変化が綺麗に早く出るようになりますよ」と言われたので、毎朝愛おしくスリスリしていた。

銅製は買わなかった。銅製が一番早く色が変わるそうで、早く経年変化を楽しみたいならば、銅製かもしれないので、それも良かったが、買ったのは真鍮製とブリキ製。

真鍮製は使う人の手の油によって、その人が普段何を食べいるのか、肉なのか魚なのかで、赤味を帯びるか、黄味を帯びるか、が違ってくるらしく、人によって経年変化した結果が違うところが面白いと思った。ただ少なくともその結果がわかるのは10年後、段々と変化していくので、赤味か黄味かは2、3年したらわかるかもしれないけれど、まだ1年なのでわからない。

ブリキ製はもっとかかる。ピカピカのシルバーが真っ黒になるには40年、私はもう生きていないかもしれない。それでも、次の世代になってもその茶筒が受け継がれ、真っ黒になった茶筒が日常生活で使われていたなら、なんて素敵なことなんだろう、と思い、そのためには今買わないと。

塗装で擬似的にその風合いを出すことは可能かもしれないが、本物の生地が変化した風合いには敵わないだろう。時間かかるのだよ本物は、がいい、ブリキ製はそこがいい。次の世代に受け継ぐ物ができた。

経年変化にはとても興味をそそられた。経年変化することは、もしかしたら現代では製品として否定的に捉えられてしまうことかもしれないが、自然の素材や生地の物を使えば、経年変化するのは当たり前のことで、それを手入れをしながら使い、また、自然の素材や生地だから手直しもできるので、長い年月に渡って、次の世代にも受け継ぐことができる。

使い捨てでは無い、物としての本来の在り方がそこにあるような気がした。

それでもうひとつ、この茶筒いいなと毎朝楽しみにしていることがある。

"Real things change"

"I treasure the sound, the sound when I opened it, thinking that if the sound of this opening is good, I will put some important things inside."

There is a cafe where you will go to Kyoto without fail, and there happens there. When I saw Sanjusangen-do, before I came back to Tokyo, I thought that it was tea somewhere, came a little "Kaikado Café".

This is a cafe that Kyoto has been producing "tea ceremony" for many years. It seems that it was refurbished where the tram was running in Kyoto, it is a western style building, the ceiling is bright and the interior is bright and very comfortable, so when you come to Kyoto it is a place to stop by once.

By the way, there are seven large and small tea cranes in the Kaiden-do. Four tinplate, three brass, one of which is a brass coffee can that puts coffee beans to drink every morning. I liked the tea ceremony here, and I bought it a little at a time. I bought a brass coffee can at the very beginning, I wanted a tinplate as well, and it became necessary to have a different size.

Why is it a tea ceremony here, it's fun to change over time. Tinplate will be black and brass will be reddish or yellowish. Also, although I do not have a copper tea cupboard, it is browned with astringency.

Shiny when purchasing, glossy silver in tinplate, shiny gold in brass. Both of them are fabrics that have not been painted, so it rubs, oils of hands adhere, and so on, it seems that the color changes with nature, as it is used.

When I bought it I was told from the store people "Please touch the whole thoroughly with your hand well in the first week, so that color changes will come out cleanly and quickly" It was.

I did not buy copper. It seems that copper changes most quickly, so if you want to enjoy secular change quickly, it may be made of copper, so it was also good, but I bought it made of brass and tin.

The brass made by the oil of the person who uses it, seems to be reddish or yellow depending on what you usually eat usually, fish or meat, it seems different, I thought that the difference between the changed results is interesting. However, at least the result will be known 10 years later, so it will gradually change, so it may be known in a couple of years whether red or yellow taste, but I do not know as it is still a year.

Tinplate takes more. It has been 40 years for shiny silver to become black, I may not be alive anymore. Even then, even if it comes to the next generation, if the tea ceremony was handed down and it was used in everyday life, it seems that it is a wonderful thing if a black tea chestnut was used in daily life, and for that I have to buy it.

Although it may be possible to produce the texture in a pseudo manner by painting, it will not be enemy to the texture where real fabrics have changed. It is time consuming, genuine article is good, Tin tin is good there. There was a thing to hand down to the next generation.

I was intrigued by the secular change. It is likely that it will be caught negatively as a product in modern times, but it is commonplace to change over time if you use natural materials or fabric items, so that it will change over time While using it, because it is also natural materials and fabrics can be reworked, over the years can be passed down to the next generation.

I felt there was the original way of things, not disposable.

And another thing, I have looked forward to this morning that this tea cup is nice.

自作自演

先日「仲村さんのところは、3DプリンタとかVR機材とか夢の機材がありますので、アジトみたいで楽しいです」と言われたり、事務所へ行きたいという人が増えた。普段、事務所にはいないので、それに合わせて事務所にいるようにして、来る人拒まず、大歓迎、話し込んでしまう。

そう言えば「どこに向かっているんですか」とも言われた。意外では無いけれど、気恥ずかしくて一瞬間を置いて小声で「自作自演」と思わず言ってしまった。

VRもBIMも3Dプリンターも自作自演を支えるためのツール。VRからはじまり、最初はただVRでの建築の見え方が凄い、これを設計に使いたいと思っただけ、そこから、BIMに興味を持ち、25年近く使用したCADからRevitに変え、Revitのモデルには拡張性があるので、人から勧められてCGソフトを入れ、リアルなパースや動画をつくりはじめ、前から欲しかった3Dプリンターでモデルを出力して模型や部材もつくるようになり、気がつくと、設計だけでなく施工の領域にまで踏み込んで自作自演できる環境が整ってしまった。

別にこれらのツールが無くても自作自演はできるが、意識せずに、これをはじめたからこれもできるようになるな、とか、これがあるからこれもできないかな、とか、前からこれに興味があったのだけれどもできるかな、と人にきいたりして、気がついたら自分で何でも自らの手で簡単に対してそんなに労力なしに生み出せるようになっていた。根底には、道具は大事、道具しだいで変わることがたくさんある、と思っているからだろうけど、意識せずに整ってしまったことが本当は求めていたことなのかもしれない。

自作自演とは、自分の思考だけで完結でき、その評価を誰に求めるのでも無く、自分で自分に評価を下すことで、好きなことをするよりも、楽しいことをするよりも、自作自演を大事にしている。好きや楽しくても、自分の判断だけで決定できないと、どこかで迎合することになり、精神衛生上よくない。仕事として建築デザインを行いつつ、自作自演できる場があると、自分の能力を確認し、鍛え、高めることができ、相乗作用があれば、いずれ自作自演だけになるかもしれない。

このように設計環境を再構築したおかげで、どこにいても設計ができ、1人でやりくりして完結できるようになったので、もっとひとつのことに対して思考を深めることができるようになり、それが自作自演の場で自分の能力を高めることに繋がっている。

例えば、輪島塗のフリーカップづくり。これは完全に自作自演、しかし、自分から出て来たとは信じられないようなデザインに発展しており、自分の能力を確認し、鍛え、高めることができていると思う。

これからもっと自作自演をしていくことになるだろう。それを継続してずっと行っていく環境が今整いつつある。

F2AE50D9-8364-4BAA-9924-49DD2C4265F9.jpeg

"Self-made performances"

The other day, "Nakamura's place has 3D printers, VR equipment and dream equipment, so it's fun like an honor" and more people said they wanted to go to the office. I usually do not stay in the office, so I will stay in the office accordingly, I will not refuse to come, welcome, I will talk.

As I said, 'Where are you heading?' Although it is not surprising, I was embarrassed and sprang one moment and in a low voice I said without thinking "self-made performance".

Both VR, BIM and 3D printers are tools to support self-made performances. Beginning with VR, at first it is just how VR's architecture looks awesome, I just wanted to use it for design, from there I got interested in BIM, changed from CAD used for nearly 25 years to Revit, from Revit's As the model has extensibility, I recommend CG software from people, start making realistic perspectives and animations, outputting models with a 3D printer I wanted from before to make models and members, I noticed And, not only the design, but also the environment where we can stepping in to the field of construction and making self-made performances has been set up.

Apart from these tools I can do my own self-performance but without consciousness, since I started this I can also do this, I can not do this because there is this, I've been interested in this for some time I listened to someone that he could do it, but when I realized I could create whatever I could with my own hands without much effort by my own hands. Basically, tools are important, because they think that there are lots of things to change depending on the tool, but it may be that what you really wanted is that you did not realize it without being conscious.

Self-made performances are self-made performances rather than doing something more fun than doing anything they like by doing self-evaluation on themselves without asking anyone to evaluate themselves, being able to complete with their own thoughts alone I am cherished. Even if you like or have fun, if you can not decide just by your own judgment, you will be somewhere to meet up and it is not good for mental health. If you have a place to do your own self-made work while doing architectural design as a work, you can check your ability, train and enhance, if there is a synergistic effect, it may be only your own self-made performance.

Thanks to the rebuilding of the design environment like this, I can design anywhere, I can finish it by one person, so I can deepen my thought on one more thing, It leads to enhancing my skills at home for self-made performances.

For example, making a free cup of Wajima coat. This is completely self-made, but I am developing into a design that I can not believe that I came out of myself, I think that I have been able to confirm my skills, train and enhance.

I will be doing more self-made performances from now. The environment where we continue to do it all the time is coming.

BIMのキッカケ

VRを建築設計途中の検討用ツールとして使いたいならば、BIM(ビム)とは関係無しに、現状Autndesk社のRevit(レビット)を導入するしかない。ならば、BIMにもっと興味を持ってみよう、がBIMをはじめるキッカケだった。

VRの説明会では最初にBIMの話から入った。BIMの基本概念からはじまり、BIMが今後主流になるだろう、特に施工現場ではすでに導入され機能しているなど。その中で特に興味を持った話は、Revitを導入してBIMをはじめた場合の拡張性だった。

建築設計する場合、今までは2次元の図面をつくり、それを元に3次元のパースや模型を制作していたが、Revitを導入してBIMをはじめると、最初から3次元のモデルと称する実際の建物をソフト内で構築し、必要な情報、例えば、図面などを後でモデルから取り出すことになる。

このRevitのモデルには拡張性があり、VRはそのモデルデータを変換して使用するのだけれども、このモデルを構造設計事務所に渡すと、建物の骨組みをモデルに入力して返してくれるので、Revit上で意匠設計と構造設計の整合性を見ることができ、確認申請機関にはRevitのモデルをそのまま提出すれば、ペーパーレスで確認申請の審査を受けることができ、このモデルデータはそのままで他のCGソフトに読み込ますこともできるので、よりリアルなパース画像や動画も簡単に作成することができ、また、このモデルデータを変換して使用すれば3Dプリンタで出力でき、スチレンボードで白い模型をつくる必要が無くなる。

私は1人で設計から施工管理まで行うので、設計時にRevitでモデルデータを作成することが、自分が実際に動くことによる労力や時間を大幅に削減でき、設計を大幅にサポートするだけでなく、1人だからよりRevitのモデルから拡張されたこれらのことを上手く連携させ、レスポンスよく進めることができ、設計の質を直接高めていくことができるのではないかと考えるようになった。

また、この拡張性のおかげで、どこでも場所を選ばずに、動くことなく、ノートPCとネットの環境があれば設計ができるようになる。VR装備一式も持ち運べ、最低2m角位の場所があれば良い。3Dプリンタを置く場所だけは限定されるが、一度プリントアウトの作業をすればずっとその場にいなくてよく、モデルデータだけを送信してその作業だけを誰かに頼むこともできるだろう。そうすると、事務所もいらなくなる。

BIMとは、最低限ここまで拡張性があってはじめて成り立つのではないだろうか。

そう考えると、メインのOSをMacからWindowsに変えることも、より拡張性を高め、よりクリエィティブな建築を生む可能性も高めることになる。また、Autodesk社のRevitはBIMソフトとして世界中でメインで使われるようになるので、モデルを作成すれば、それが共通言語となり、モデルを渡すだけでプレゼンから施工までできてしまう可能性も秘めていた。

ここまで順に考えてきてやっと、25年近く使用して習熟しているCADソフトを捨て、愛着のあるOSも変え、Revitを導入してBIMをはじめることに決心がついた。

これは、この先まだ15年以上は設計をして、よりいい建築を生む出したいと考えていたので、そのためには、今、設計環境を再構築する必要があるのでは、という想いもどこかにあったから決断できたのかもしれない。

BA877080-166C-48B9-BD50-1B8EE7D67EC3.jpeg

"Bim's silence"

If you would like to use VR as a tool for examination in the middle of building design, you can only introduce Revit (Revit) from Autndesk, regardless of BIM (Bim). Let's be more interested in BIM, but it was a challenge to start BIM.

At the briefing session of VR, we entered from the story of BIM for the first time. Starting with the basic concept of BIM, BIM will be mainstream in the future, especially already installed and functioning at the construction site. Among them, the story that was particularly interesting was the extensibility when I introduced Revit and started BIM.

In the case of architectural design, until now, we have created a two-dimensional drawing, and based on that we created a three-dimensional perspective or a model, but if we introduce Revit and start BIM, we will call it a three-dimensional model from the beginning We will build the actual building in software and retrieve the necessary information, such as drawings etc later from the model.

This Revit's model is extensible, and VR converts its model data and uses it, but if you pass this model to the Structural Design Office, you will enter and return the framework of the building to the model , You can see the consistency of design design and structural design on Revit and you can receive the examination of confirmation application paperless if you submit Revit's model as it is to the confirmation application agency and keep this model data as it is Since it can also be loaded into other CG software, more realistic perspective images and moving images can be easily created, and if this model data is converted and used, it can be outputted with a 3D printer, and it is white with a styrene board There is no need to make a model.

Since I do it from design to construction control, creating revit model data at design time can greatly reduce labor and time due to my actual movement, not only to greatly support the design Since I was one, I began to think that I could collaborate these things extended from the model of Revit well and proceed with a good response, so that the quality of design can be improved directly.

Also, thanks to this extensibility, designing will be possible if there are laptop and net environments, without moving anywhere, without moving anywhere. You can also carry a complete set of VR equipment, as long as there is a place at least 2 m square. Although only the place to place the 3D printer is limited, once you print out, you do not have to stay there for a long time, you can send only the model data and ask someone to do just that work. Then you will not need an office.

Will not it be possible to have BIM for the first time with scalability so far?

If you think so, changing the main OS from Mac to Windows will also increase the possibilities of increasing scalability and creating more creative architecture. Also, Autodesk's Revit will be used mainly as a BIM software all over the world, so if you create a model, it will become a common language and you can also possibly be able to do from presentation to construction simply by passing a model It was.

After considering it so far, I decided to throw away the CAD software that I've been using and using for nearly 25 years, changed the OS with attachment, introduce Revit and start BIM.

This is because I was thinking that I wanted to design more than 15 years and to produce better buildings, so for that I think that it is now necessary to reconstruct the design environment somewhere It may have been decided because it was in.

VRの障壁

VRを導入することを決めたが、問題はVRのデータをどうやって作成するか、外注か自前か。

外注すればデータを作成する毎に費用がかかるし、データを自分で変更できないので、少し変更するだけでもまた外注に出さなければならず、費用と時間が余計にはかかるが、VRデータを作成するために何かを特別に覚える必要が無く、設備投資も無く、忙しくても外注に投げてしまえばいいのは良い。

自前でVRデータを作成しようとすると、新たなにソフトを導入しなければならず、ソフトを習熟する時間と労力が必要になる、もちろん新しいソフトを導入する費用も。ただ、自前でVRデータを自由に作成できれば、VRで検討して、すぐ修正し、またそれをVRですぐ確認できる。

VRを建主用の説明ツールとしてだけではなくて、建築設計途中の検討用ツールとしても使おうと考えると、いちいちVRデータの作成を外注に出していては費用と時間と、あと検討のレスポンスが悪くなるので現実的では無い。建築設計途中の検討用ツールとして使おうと考えると必然的に新たなソフトを導入して、自前でVRデータを作成するしかない。

VRデータを作成するソフトとして勧められたのがAutodesk Revit(レビット)というBIM(ビム)のソフト。

BIMとは、Building Information Modeling(ビルディング インフォメーション モデリング)の略称で、建築設計する時に、今までは2次元の図面をつくり、それを元に3次元のパースや模型を制作していたのを、最初から3次元のモデルと称する実際の建物をソフト内で構築し、必要な情報、例えば、図面などを後でモデルから取り出すことを総称してBIMという。

これからBIMは、建築では当たり前に行われるようになるといわれ、現状、大手ゼネコンには一通りRevitが行き渡ったらしく、まずは施工現場から一般的にBIMが行われるようになりつつあるという。

VRデータは、そのRevitで作成した3次元のモデルのデータを変換して作成する。いずれ住宅設計でもBIMが一般的に行われることが予想はされていたが、私としてはその当時BIMを行うことまでは考えておらず、当時はVectorworks(ベクターワークス)という図面を描くCADソフトを使用していて、ソフト上でシームレスに2次元と3次元を行ったり来たりできたし、必要であればそのソフトでも簡易的にBIMができたので、それで十分だと思っていた。

ただ、VRを建築設計途中の検討用ツールとして使いたいならば、BIMとは関係無しに、現状Revitを導入するしかない。

ここは即断できず躊躇した。なぜかというと、Revitを導入することはVectorworksから乗り換えるということで、25年近く使って習熟しているCADソフトを捨てて、全く新しいソフトを1から覚えなくてはいけないのと、Vectorworksの前身のMini CAD(ミニキャド)から使っていたが、その当時はMac版しかなく、そのためずっとメインのOSはMacだったが、RevitはWindowsでしか動かないので、Revitに変えたらメインのOSも変更しなくてはならないし、また半年前に新しいMacBook Proを導入したばかりだった。

やはり、OSとしてMacに愛着があり、クリエィティブを刺激するものを感じ、Windowsにはそれが無かった。あと偏見かもしれないが、Autodeskの製品にも同じ感じだった。だから、Revitを導入するということは、私にとって今までの設計環境を根底から全く違うものに変えるのと等しいことだった。

92930121-9360-45B8-A03C-6108F9471E3B.jpeg

"Barriers to VR"

I decided to introduce VR, but the problem is how to create VR data, outsource or self?

Since it costs expenses every time data is created, it can not be changed by yourself, so even if you make a slight change, you have to submit it to outsourcing, which will add extra cost and time, but create VR data In order to do something, I do not need to memorize something specially, there is no capital investment and it is good to throw it to outsource even if I am busy.

If you try to create VR data yourself, you will have to introduce new software, you will need time and effort to learn the software, as well as the cost of introducing new software. However, if you can create VR data freely on your own, you can review it immediately with VR, and immediately check it with VR.

Considering that VR is not only used as an explanatory tool for the owner but also as a tool for consideration in the middle of architectural design, if the creation of VR data is outsourced every time, the cost and time, and the responses after consideration It is not realistic because it gets worse. It is inevitable to introduce new software and create VR data on its own by considering it as a tool for consideration in the middle of building design.

Authorized as software to create VR data, Autodesk Revit (Bit) software called Bim (Levit).

BIM is an abbreviation of Building Information Modeling. When designing a building, until now, it has created a two-dimensional drawing, and based on that it was producing a three-dimensional parse and a model, at first From the viewpoint of constructing an actual building called a three-dimensional model in software and extracting necessary information, such as drawings from the model later, is collectively called BIM.

From now on, it is said that BIM will come to be taken as a matter of course in the current situation, Revit seems to have spread all the way to major general contractors, and it is said that BIM is generally beginning to be done from the construction site first.

The VR data is created by converting the data of the three-dimensional model created by the Revit. Although it was anticipated that BIM would be commonly done in residential design, as I was not thinking of doing BIM at that time, at that time we had CAD software drawing Vectorworks (VectorWorks) drawing I was using it, I was able to seamlessly go back and forth between two dimensions and three dimensions on software and I thought that it was enough that BIM could be easily done with that software if necessary.

However, if you want to use VR as a tool for consideration in the middle of building design, you can only introduce Revit as it is without relation to BIM.

I hesitated because I could not make it immediately. For the reason, introducing Revit means switching from Vectorworks, so I have to abandon CAD software that I have been using for nearly 25 years and I have to remember completely new software from 1, and the predecessor of Vectorworks Although I was using it from Mini CAD (mini-caddy) of that time, at that time there was only Mac version, so the main OS was Mac all the time, but Revit only works on Windows, so change to the main OS if I change to Revit I had to get it and I just introduced a new MacBook Pro six months ago.

After all, there was attachment to the Mac as OS, I felt something that stimulated the creative, Windows did not have it. Moreover, although it may be prejudiced, it felt the same for Autodesk's products. So introducing Revit was equivalent to changing my existing design environment from the very bottom to completely different things for me.

よろこび

はじめから、今回輪島に行って、フリーカップの漆塗りをどうするかは決まらないだろう、と思っていた。

漆塗りを人肌の感触にしようと考えついた時点で、見本塗りを作成し、その感触が本当に人肌なのかを確かめないと、フリーカップの塗りを発注できないと思っていたから、見本塗りを作成するには、その場ではできずに、それなりの日数が掛かるし。

ただ、見本塗りをしてもらうにしても、どうしたら人肌の感触が実現できるのか何ひとつ技術的なことがわからなかったので、輪島まで行って打合せになるのか、全くできる可能性が無かったら、など考えていた。

だから、石目乾漆の手触りには驚いた。塗師の所の見本場には、お盆とお膳の2種類の石目乾漆があったが、特にお盆の方は人肌のしっとり感に似た感触をあったから、メールや電話では感触までは打合せできない、輪島まで来た甲斐があったと思った。

塗師の方が打合せ中に連絡を取り合って石目乾漆についていろいろときいていた呂色職人が実際に塗師の見本場までやって来て、さらに感触の話が深くなる。実際に手を動かして、この石目乾漆を仕上げた人だから、こちらの説明「人肌の感触にしたくて塗師の方にご相談したら石目乾漆を見せて頂いて」と話したら、若干の驚きとともに興味を持ったみたいで、どうやって制作するのか、その難しさや乾漆の撒き方などを一所懸命に説明してくれた。

途中で「前に京都で出来合いのお椀の木地に漆塗りだけをデザインして制作してもらったのですが、満足できる出来では無かったので、今度は木地から漆器をつくりたいと思いまして」などと話したら、

呂色職人「何をされている方ですか?」
京都でとか、今輪島にいるし、不思議に思ったらしく、

私「建築です、一応、建築家をしてまして」
呂色職人「私も昔、建築をやっておったですわ」

一気に距離が縮まった。
ここで仕上げの方向性は、石目乾漆に決まったようなものだったので、あとは色をどうするのか、もっと人肌の感触に近づけるにはどうするのか、という細かい技術的な話になったところで、見本塗りをお願いしてみることにした。どんなに細く打合せをしても、最終的な仕上げがどうなるのかを手で触り、その感触を確かめないと先の工程に進めないと思っていたから。

私の申し出に塗師も呂色職人も納得したように、すんなりと見本塗りをすることが決まった。今ちょうど呂色職人の所で石目乾漆を制作中とのことだったので、後で工房を見せてもらい、そこで更に細かい打合せをすることにした。

ここまでだけでも私は嬉しくて、こんなにすんなりと、何よりも塗師の方も呂色職人の方も、私が言い出した「人肌の感触」に真剣に向き合ってくれて、技術的にも克服できそうで、自分が考えたカップが実際に本当に実現するかもしれないという喜びで十二分に満たされていた。

2D903675-F988-4335-82A1-8F67A04A9F5F.jpeg

"Joy"

From the beginning, I thought that I will go to Wajima this time and decide how to lacquer the free cup.

When I thought about making the lacquer coat feel as human skin, I created a sample paint and I thought that it was impossible to place a free cup painting unless I confirmed that the feel was really human skin, so I created a sample paint You can not do it on the spot, it will take a certain number of days.

However, even if you ask a sample paint, how can you realize the feel of human skin? Because I could not understand one technical thing, I wonder if I will go to Wajima and meet up, if there is no possibility at all , And so on.

So I was surprised at the feel of the stone eye lacquer. There were two types of stone eye lacquer at the painter's place in the place, Obon and the meal, but in particular the tray had a feel similar to the moist skin feeling, so we discussed up to feeling by e-mail or telephone I thought that it was worthwhile to come to Wajima.

Painter will keep in touch with each other during the meeting and Lu color craftworker who actually heard about the stone eye lacquer went to the painter 's trade fair, and the story of the feel became deeper. Actually moving the hand and finishing this stone eye lacquer, if we talk about this explanation "If you want to make it to the skin feel and talk to the painter and see the stone eye dry lacquer," a little She seemed to be interested with surprises, and explained her difficulty and how to sprinkle dry lacquer very hard, how to make it.

On the way, "I was designing just the lacquer coating on the wooden bowl that I could make in Kyoto before, but it was not satisfactory, so now I wanted to make lacquerware from the woodland If you talk to them,

Lu color craftsman "What are you doing?"
In Kyoto, I am in Imajima now and seemed to wonder,

I "It's architecture, once you are an architect"
Lu color craftsman "I used to do architecture a long time ago"

The distance shrunk at a stretch.
The direction of finishing here was like a stone eye lacquer, so after that it became a detailed technical story about what to do with the color and how to do it more closely to the feel of the human skin , I decided to ask the sample painting. No matter how narrow a meeting I thought I would not be able to proceed to the previous process unless I touched the final finish with the hand and confirmed that feeling.

As painters and Lu color craftsmen agreed with my offer, I decided to paint samples sweepily. It was just now that Lu Lu color craftworker was making a stone eye lacquer, so I asked him to show me the workshop later and decided to make further meetings there.

Even so far, I am happy, I am glad that all the painters and Lu color craftsmen are seriously facing the "feel of human skin" I mentioned, so that they can overcome technically Well, I was fully satisfied with the joy that the cup I thought might actually come true.

糸口を掴む

「色をどうするかより、持った時の感触を人肌の感じにしたいんです。漆塗りの感触に違ってあるのですか?」

輪島の塗師の方にお会いして、一番最初にこう切り出した。とにかくやりたいことははっきりとしていたが、それがどうしたらできるのかがわからないので、とにかく塗師の方にこちらがしたいことを明確に伝えるしかなかった。

塗師の方の事務所は、塗師屋造りという輪島独特の住宅形式、道路側に住居、奥に仕事場、をした建物を住居部分に事務所、仕事場部分を見本場という展示スペースにして利用しており、毎回、見本場に通されて打合せをする。

0F137AEA-170F-49EC-8C8D-A2B1384CBA8C.jpeg

「きっともっとザラついている方が人肌の感じに近くなるんじゃないかと思うんですが」と普通?の輪島塗のコーヒーカップを手で触りながら塗師に伝えたら、見本場から呂色のお盆を見せてくれた。

呂色とは、上塗りの上に施す仕上げのことで、いろいろな色の乾漆と呼ばれる粒状のものを均一に撒いたり、不均質に撒いたりして、それを磨いて細かい粒状の凹凸ができるように仕上げる。

AF05049E-3A1E-471F-BF89-2E2CC410669B.jpeg

見せてくれたお盆は乾漆を均一撒いた仕上げで、確かにザラつきは出たが、人肌のしっとりな感じはなく、乾いた感触で、人肌とは全く違った感触だった。

次に塗師の方が同じく呂色だが、今度は石目乾漆(画像のものは磨く前)という技法のお盆を見せてくれた。粒状の乾漆を今度は不均質に撒き、乾漆がのる部分と乾漆がない部分の面積が均一に撒くより大きくなり、それを磨くと乾漆がのった部分が平らになり、手で持った時に少し密着感が出て、感触がしっとりしてくる。

この感触の延長線に人肌の感触があるのではないか、直感で。塗師は皮膚を拡大するとこんな模様ですねと言う。

FFD53D93-076D-4DC3-A21B-917A5C05AE11.jpeg

いろいろ石目乾漆についてききたい、どうやるのか、好きな色を出すのにどうするのか、もっと密着感を出すことはできるのか、立て続けに塗師に質問したら、突然、携帯で電話しはじめた。電話の相手は呂色職人のようだ。輪島塗の工程は全て分業制、それぞれに専門の職人がいる。

右手で右耳に携帯を押し当てている塗師に対して、左耳にききたいことを話し掛けていた。ここが重要だと思ったから、今日ここまで朝2時に起きて輪島に来るまでずっと、漆塗りで人肌の感触を出すことが本当にできるのだろうか、技術的な糸口が何ひとつなかったので、やっと糸口を掴んだ、必死で離すものか、という気持ちだった。

電話を切った塗師は

「いま、職人が来るから、ききたいことをきいた方がよいよ」と私に告げた。塗師の声だけは聞こえていたからわかるが、その呂色職人は自ら説明しに来ると言ったようだった。もしかしたら人肌の感触ができるかもしれない、可能性が出てきた嬉しい瞬間。

"Grasp the clue"

"I'd like to feel the feeling of my skin when I had it, rather than what to do with color, is it different from the feel of lacquer painting?"

We met the painter of Wajima and cut out like this at the very beginning. Anyway I wanted to do what I wanted to do but I did not know how to do it, so anyway I had to tell the painter what I wanted to do clearly.

The office of the painter is using the building space unique to Wajima called Painter's House Building, the building which did the residence on the roadside, the workplace in the back, as the exhibition space of the office in the residential part and the main part looking at the workplace part Every time, I will go through a sample place and meet.

"I think that it is more likely that people with more roughness will be closer to the feeling of human skin" and normal? I touched the Wajima-covered coffee cup with my hands and handed it to the painter, who showed us a Lu color tray from the exhibition ground.

Lu color is the finishing to be applied on the top coat so that granular items called various lacquer lacquers are spread uniformly or sprinkled inhomogeneously to polish it so that finely granular irregularities can be formed Finish.

The tray that showed me was a finely sprinkled dry lacquer, certainly with zara, but there was no moist skin feeling moist, with a dry feeling, it was totally different feeling from human skin.

Next, the painter is also Lu color, but this time it showed us the tray of the technique called the stone eye dry lacquer (the thing of the image before polishing). This time the granular dry lacquer is spread inhomogeneously and the area of ​​the part where the lacquer is lined and the part which does not have lacquer is larger than it spreads evenly and when polishing it the part with dried lacquer was flat and it was held by hand Sometimes a bit of a close feeling comes out, the feel is moist.

It is intuition whether there is a feeling of human skin on the extension line of this feeling. The painter says when he enlarges his skin it looks like this.

About various stone eyes dry lacquer, I want to hear, how to do, how to do what I like to put out a favorite color, how can I get a more close feeling? If you question the painter after you in a row, suddenly I started calling on the mobile phone. The other party of the telephone seems to be Lu color craftsman. All processes of Wajima coat are divided into division of labor, each has a specialized craftsman.

I was talking to the left ear about the things I wanted to hear against a painter who was pressing a cell phone against my right ear with my right ear. Because I thought that this was important, I wonder if I could get up at 2 o'clock in the morning so far, until I came to Wajima, I could actually feel the human skin with lacquer painting, since there was not any technical clue, Finally I caught a clue, was feeling I was desperate to release.

Painter who hung up

"Since craftsmen are coming now, I should tell me that you should listen to what I want to ask." I heard that only the painter 's voice was heard, but that Lu color craftsman seemed to say that he would come to explain himself. Perhaps it may be the feeling of human skin, a happy moment when the possibility comes out.

再会

「鯖あるけど」
カウンターにいたもう1人の客が帰ってすぐに大将が唐突に声を掛けてきた。
私「えっ」
大将「鯖があるけど」
間髪入れず、被せ気味に
私「ください」
大将はニコニコしながら急に話し掛けてきた。

昼間、塗師の方がそのお店のおススメを教えてくれた。今だったら香箱蟹、鱈の白子。それに加えて、輪島のふぐ刺し、白海老の天ぷら、酢牡蠣も注文、生ビールを少し呑んでから、輪島の地酒も。

香箱蟹の内子、外子で地酒をゆっくりとなんて思ったが、その旨さにかぶりつき、最後は甲羅に地酒を入れて、きれいに食べていたのを見ていたのかもしれない、全然話し掛ける雰囲気が無い大将が何の前ぶれもなく「鯖あるけど」だったので。

鱈の子付け、のどくろ、それとメニューになかった鯖の刺身を食べ比べながら、鯖が一番旨く、大将にお礼をと思い、

「鯖美味いですね」と言ったら

ニコッとしながら
「鯖はね」と一言、また黙々と大根の皮むき、仕込みか、この無理のない、ほっとかれ感がちょうど良い。

この大将に塗師の方を紹介してもらったから、輪島塗のフリーカップ制作がはじまった。

「仕事?」また唐突に一言、

私「いや、仕事というか、漆器をつくりたくて、というか、以前大将に塗師の方の連絡先をきいて、それから、以前に木地をつくり、今日塗りの打合せをしてきたんですよ」

カウンターの入口近くの端の席を指して
大将「あこの席にいたよな」

やはり、覚えていてくれたらしい。何か嬉しかった。
それから、どんなカップをつくっているのか、携帯の画像を見せながら、木地はこうしてあーして、塗りはこんな感じにしたくて、それで今日、こんなことがあって、こーなったなどと、大将に話したら、作業中の手を止めて、店で使っているカップの漆器を出してくれて、これいいだろという感じでカウンターに並べはじめた。そこから漆器談義、はじめてこのお店に来た時もそうだった。

225498C7-F56F-4385-902F-EE39F8EF68DF.jpeg

漆器の話からはじまって旅行の話まで、大将が人懐っこく話し掛けてくる間でゆったりとしていたら4時間位いたかな、大将の言葉で一番印象に残っているのは、

「儲ける商売の仕方は客が離れるが、儲かった商売の仕方は客が支えてくれる」

輪島の塗師や職人は皆なこの「儲かった商売の仕方」で、まずは技術的な話、お金の話は二の次という様子で、だから、こちらも実現したいことをどういう技術を使って、どうつくるかの話に専念しやすい、だから、打合せをしていて楽しい、実現していく実感が直に得られるから。

最後に釜飯まで食べて、気持ちよく、お腹パンパンで、真っ暗な中、月を見ながらホテルまで、カウンター越しにしか見送らない大将がわざわざ出てきてくれて、ニコニコしながら、また来年来ますと告げて帰った輪島の夜でした。

"Reunion"

"There are mackerels"
As soon as the first customer returned to the counter, the general came suddenly.
I "Eh"
Admiral "There are mackerels"
Do not put on your hair,
I "Please"
The general suddenly spoke to us while smiling.

In the daytime, the painter taught me the recommendation of the shop. If it is now, it is a barakaba crab, cod white matter. Besides that, we also ordered Wajima's blowfish, tempura of white shrimp, vinegar oysters, drinking a bit of draft beer, also local sake from Wajima.

I thought slowly the sake as a baby crab crab and a foreign boy, but I hung on to that effect and at last it might have been seeing the local sake in the shell and eating cleanly, the atmosphere of speaking at all Because no generals were "no sausagi" without any precaution.

Mackerel was the most satisfactory while thinking of eating the cod attachment, the skull and the mackerel of the mackerel which was not in the menu, mackerel was the best,

When saying "Mackerel is delicious"

While making it nice
One word saying "Mackerel", silently peeled the radish, put it in, it is reasonable, feeling relieved is just right.

Since this general was introduced to the Painter, the Wajima-coat free cup production began.

"Work?" In addition,

I: "No, I wanted to make a lacquerware, I asked the general of the contact address of the Painter before, I made a woodland before and we had a meeting of painting today."

Point at the end seat near the entrance of the counter
Admiral "You were in the seat of ako"

After all, it seems that he remembered. I was pleased.
Then, while showing the picture of the cell, what kind of cups are making, the woodlands do like this and I want to paint like this, so today, this is the case, Talking to, I stopped the work in operation, put out the lacquerware of the cup used in the shop, and started to line up at the counter with feeling like this. It was also when I came to this shop for the first time about lacquer ware handling.

From the story of lacquerware to the story of the trip, it seems that if I was relaxing while the general caught friendly and spoken, it would have been around 4 hours, the most impressive thing in the generals'

"The way customers make money, how to make money is profitable, but customers will support the way of profitable business"

Wajima's painter and craftsman are all "how to make a profitable business", first of all technical story, the story of money is a secondary story, so the situation is like secondary story, so what kind of technology will be used for what we want to realize and how to make it Because it is easy to concentrate on the story, so that you can get a sense of fulfillment, realizing that you are having fun meeting.

Finally eating up to Kamoro, feeling good, with a stomach bumper, while looking at the moon, while seeing the moon, the general who only watches over the counter comes out of their way, noticing that I will come next year, while smiling next year It was the night of Wajima that I returned.

違和感

漆の色は黒、朱以外にも、金、銀、赤、青、緑、紫、黄、橙など、色の名前は違っても色味としては大体好みのものを選ぶことができるが、白だけはない。正確に言うと、白漆は存在するのだが、色は真っ白ではなくベージュのような色味。

以前、京都でできあいの木地に白漆と銀漆を使って塗りだけ特注して制作したお椀が画像にあるもの。

IMG_0986.JPG

そのことを輪島の塗師の方に尋ねたところ、理由はよくわからないが、色粉は真っ白でも、漆に混ぜると真っ白にはならないらしい。

輪島塗のフリーカップ制作は木地までできて、次は漆塗の段階、本当ははじめから漆塗までを想定して制作をしていくのがよいのだろうが、漆器を木地から制作するのは初めてのことなので勝手がわからないのと、自分がつくりたい漆器を自分でつくるのが目的なので、予定調和的に進める必要がないから、まず木地、すなわち形だけを考えて、その中で漆塗のことまで考えることができたならば、それはそれでよいと思っていた。

実際は形を考えるので精一杯で、塗のことまで頭が回らずにいたが、形を考える中で人の気分もデザインとして取り入れようとしていたので、ただ漆の色だけをどうするかを考えるのではなくて、違う何かを元に考えたいと思っていた。それに漆の色だけを取り出して考えることは、木地のデザインの時に形だけを取り出して考えるのと同じで、単に恣意的操作をして、別に漆器でなくてもいいようなことに終始しそうで嫌だった。できれば漆器特有の何かを持ち込みたかった。

艶も操作できる。艶をより出すには、輪島の塗師から教わった話によると、漆に油を入れる、最終工程として鹿の角の粉末で磨くなどがあるそうで、普通の上塗りならば、マットな仕上げで、使い込んで行くうちに自然と艶が出てくるそうです。ただ塗師は人工的に出す艶は好みではないようだった。

手掛けの窪んだ部分だけを最終工程で磨いてもらって艶を出し、その他の部分は普通の上塗りにして、艶の差が形を強調するようにするか、あるいはその逆にして、手掛けの部分だけ普通の上塗りにして、一番手の当たる部分だから、使い込んで艶が出て、同じ艶ありでも他の部分の艶とどういう違いが出るのか見るというのもある。

IMG_0987.JPG

色と艶をどうするか、これを最終的にどうするか、どう見せるかによって、例えば、溜塗などという透明な漆を塗って仕上げる技法もあるらしい。

ちなみに、輪島塗には木地に寒冷紗などを貼る「布着せ」と言われる工程があるのが特徴で、山中塗のような下地の木地を見せる漆の塗り方はできない。ただ、布着せをすることで、より丈夫になり耐久性が上がり、また割れても補修がきく。

色と艶をどうするかをずっと考えているが結論が出ない。というか、色と艶に関して考えれば考える程、どんどん興味を失っていく、どうでもよくなっていく。

色と艶を考えている時点で、当たり前だが、漆を塗るのが前提だから、器の木地に漆を塗る=漆器という図式の中にいることになり、それがどうもつまらない。それは、漆器にするために漆を塗る、ということになり、そこに違和感を感じてしまう。

器として、こうしたいから、こういうものにしたいから、たがら漆でないと駄目なんだ、だから漆を塗って器をつくるのだ、という考えのもとで塗りについて、またはじめから考え直してみたいと思うようになった。

"Oddness"

Besides black and vermillion, the color of lacquer can be chosen pretty much as color taste even if the color names are different, such as gold, silver, red, blue, green, purple, yellow, orange, There is not only white. To be accurate, white lacquer exists, but the color is not pure white but it looks like a beige.

Previously, in the image there is a bowl made by using white lacquer and silver lacquer on the finished wooden ground in Kyoto, custom made only for painting.

I asked the painter of Wajima about that fact, I do not know the reason well, but it seems that even if the color powder is pure white, it will not become white when mixed in lacquer.

Wajima coat free cup production can be made to wood, and next time it is better to produce lacquerware at the stage of lacquering, in fact from the start assuming lacquer coating, but to produce lacquerware from woodland Since it is the first thing, I do not understand selfishly, because I want to make lacquerware I want to make myself, so there is no need to proceed harmonizedly, so first of all consider the wooden area, that is, the shape, the lacquer If I could think about painting, I thought that would be fine.

Actually I was thinking about shapes so it was all they could and my head did not turn until the painting, but as I was trying to incorporate the mood of people as a design in thinking of shapes, just thinking about how to do just the lacquer color I wanted to think based on something different without it. Also, taking out only the color of the lacquer is the same as thinking only by taking out the shape at the time of designing the wood land, just doing arbitrary operation and seeming to start doing something that does not have to be a separate lacquerware I hated it. I wanted to bring something specific to lacquer ware if possible.

You can also operate gloss. According to the story taught from the painter of Wajima, according to the story taught from the painter of Wajima, it is said that there is an oil in the lacquer, as a final process there is polishing with powder of deer horn, if it is ordinary top coat, with a mat finish, It seems that nature and gloss come out while using it. Just a painter seemed not to like taste artificially.

Only the depressed portion of the hand is polished in the final process to give a gloss and the other parts are ordinary top coat so that the gloss difference emphasizes the shape or vice versa, Since it is an ordinary top coat, since it is the part where the hand is hit the first time, gloss comes out and gloss comes out, and there is also a case to see what difference is made with gloss of other parts even if there is the same gloss.

There seems to be a technique to finish by painting transparent lacquer such as sand coat depending on how to color and gloss, how to finally do this and how to show it.

Incidentally, Wajima Coating is characterized by having a process called "clothing" that affixes cheesecloth and the like to wooden plants, it is not possible to paint the lacquer showing the woodland of the underlying like Yamanaka painting. However, clothing makes it more durable, durability rises, and even if it cracks, it will be repairable.

I have thought about how to color and gloss forever, but I can not draw a conclusion. Or, if you think about color and luster, you think about it, you lose interest more and more, no matter how it goes.

At the time of thinking about color and gloss, it is natural, but because it is a premise to paint lacquer, it will be inside a diagram called lacquer wrapping lacquer on the wooden piece of a vessel, which is really boring. It means that it is painting lacquer to make it a lacquer ware, and it makes me feel uncomfortable there.

As a container, I want to do this, because I want to do this, it is useless unless it is lacquer lacquer, so I would like to try painting under the idea of ​​painting lacquer to make a vessel, and thinking from the beginning Became.

職人の底力

出来上がった木地は、私にとってまるで縄文式土器のように思えた。

輪島塗のフリーカップの形をどうしようかと考えている時に最初、縄文式土器を参照した。その形は素晴らしいものだが、私が求めている形ではなかったので、ただ、その精神性は引き継ぎたいとは思っていた、と出来上がった木地を見ながら思い出した。それまで、そのことを完全に忘れていたが、無意識にその精神性を大事にしていたのかもしれない。

フリーカップの木地を見て、縄文人のDNAから湧き上がってきたような唯一無二の精神性を感じる縄文式土器のように思えたことは、この木地の形が私の根源的な精神性を表現することができたのではないかと思い嬉しかった。

輪島の塗師から朴(ほう)木地職人が制作した木地が送られてきた時、木地を見るのは楽しみではあったが、信頼してお願いしたとはいえ、正直不安もあった。スケッチには絵として起こしていたが、こちらの意図をくみ取ってくれるだろうか、曲線の具合や角の仕上がりなど。

そもそも、自分が欲しい形をスケッチにはしていたが、実際の形になった時にはまた違うはず、ズレが生じるはずで、そのズレが許容できるものか。本当ならば、試作を繰り返したいのだが、そうもいかず、例えば、私の好きなデザイナーの柳宗理は石膏で試作を繰り返したそうだが、その技術も装備もないので、考えていたのは、出来上がってきた木地を修正をすることぐらい。

このこともあり、後に3Dプリンターを導入した。これで完全とはいかないまでも、ある程度繰り返し試作ができるようになった。

全くの杞憂だったというか、私自身が朴木地職人の伝統技術を失礼なことに過小評価していたのかもしれない。偏心させて、窪ませて、非対称の形にしたこの複雑な形を見事に木地として仕上げてくれた。スケッチから形を完璧に理解し、こちらの意図をきちんとくみ取って、スケッチでは表現しきれていない所まで、実に痒い所に手が届くが如く、こちらがこうして欲しいと思っていたことがきちんと出来ていた。

飲み口の厚みが雲形に不連続に変化するように滑らかな曲線を描き、カップの側面の手掛けとして窪ませた部分も同じように滑らかな曲線を描くようにしたかったが、スケッチでは側面の窪ませた部分の形状をわかりやすく、基準となる数値を入れるために、どうしても曲線の滑らかさを表現しきれていないような気がしていた。ただ、このスケッチの通りに制作していくと、自然と滑らかな曲線になるだろうから、もし滑らかさが足りなければ、後で修正してもらおうと思っていた。

これが全くの見当違いだった。当たり前のように、私がして欲しかったことがきちんとできていた。本当に腕のよい職人と仕事をした後はいつもこうで、私の心を見透かしているのではないかと思うくらいに、そうするのが当然が如くに仕上がっており、輪島の朴木地職人の伝統技術の底力にただただ敬服するしかなかった。

IMG_0961.JPG

"Underlying power of craftsman"

The finished wood land seemed to me like a Jomon style pottery for me.

When I was thinking about what to do with Wajima-covered free cup shape, I first saw Jomon style pottery. Its shape is wonderful, but because I was not in the shape I was looking for, I remembered watching the finished woodland that he wanted to take over the spirituality. Until then, I had completely forgotten about that, but I may have unwittingly taken care of that spirituality.

It seemed like a Jomon style pottery that felt the only spirituality that seemed to have risen from the Jomon people's DNA, looking at the free cup wooden ground, this woodland shape is my fundamental I was happy that I thought that I was able to express my spirituality.

When the woodland produced by the painter of Wajima was sent from the painter, it was pleasure to see the woodland, but I was honestly worried even though I trusted him. I woke up as a picture in the sketch, will it take away the intention of this, such as the condition of the curve and the finish of the corner.

In the first place, I was sketching the shape that I wanted, but when it comes to actual shape it should be different again, it will cause a gap, is the gap acceptable? If it is true, I would like to repeat the prototype, but I do not think so, for example, Mr. Yori Yanagi of my favorite designer repeated prototyping with plaster, but because there is neither that technology nor equipment, I was thinking about it It is about correcting the wood land.

As a result of this, we introduced 3D printers later. With this it is possible to prototype it to some extent even if it is not perfect.

Perhaps it was a totally unfounded situation, or maybe I myself underestimated the rude traditional techniques of Park Jukdo. It was eccentric, concave, finished as an asymmetrical shaped splendidly as a woodland. I understand the shape perfectly from the sketch, properly take out the intention of this, properly reaching the itchy place until it can not be expressed in the sketch, as I thought that I wanted this to be done properly It was.

I wanted to draw a smooth curve so that the thickness of the drinking mouth changes discontinuously in a cloud shape, so that the depressed portion as a handrail on the side of the cup also draws a smooth curve in the same way, but in the sketch, It was easy to understand the shape of the part that was not, and I felt that I could not express the smoothness of the curve by all means in order to put the reference numerical value. However, as I make it according to this sketch, it will be naturally smooth curves, so if I'm not smooth enough I thought I would correct it later.

This was absolutely wrong. As it is natural, what I wanted was done properly. After working with a truly skilled craftsman, this is always like this, it seems natural to think that it seems to me to see my mind, so it is natural that it is done, traditional techniques of Parkjik place craftworkers in Wajima I just had to admire the bottom power of the.

通じる

輪島で塗師に出会うきっかけをくれたのは、輪島の割烹料理屋の大将だった。はじめて輪島に行った時にたまたま行ったお店の大将で、カウンター越しにいろいろな話をしていたら、漆器の話になり、そっと内緒で塗師の連絡先を教えてくれた。

そのおかげで、今こうして木地を手にし、塗りのことを考える機会を得ているので、輪島に行く時は必ずそのお店を予約して行こうと思い、来週輪島に行く予定なので、すでにお店には予約を入れてある。

前回、木地のスケッチを持って輪島に行った時も夜に予約して行った。はじめて行った時は輪島塗のカウンターの大将の前だったが、この時はカウンターでも大将から一番遠い所、大将の前は常連らしき人が座っていた。ただ、大将はカウンター内で黙々と調理しており、目の前の常連さんとも話をしていない様子だった。

入って行った時に大将と目が合い、軽く挨拶をして通された席に座ったが、3ヶ月ぶり位に行ったので、覚えてくれているのかいないのか。見たことあるかないか位かなと思い、席だけの予約だったので、アラカルトで何か注文しようとメニューを見て、

のどぐろの刺身、焼き白子、白海老の天ぷらなどを肴に、輪島の地酒を呑んだ。

IMG_0948.JPG

お店に来るまでは、大将に会ったら何を話そうかな、あの時から今日までのこと、本当に漆器をつくろうとしていることに驚くかな、そもそも覚えているかな、などいろいろ考えてはいたが、

いざお店に来て、お酒を呑みはじめると、特に無理をして大将と話そうとはしなかった。忙しく調理していたし、自然に話す機会があればいいし、無ければ無くてもいいしという感じだった。こうして、また輪島に来て、また大将のお店に来る、というのだけで充分だという想いになっていたから。

今日のことに思いをはせ、明日のことに気を配り、そろそろ酔いも程よく回ってきたので、結局大将と話す機会は無かったが、ホテルへ帰ろうと、カウンターを立ち、大将の前で、ごちそうさまでしたと軽く会釈をしたら、大将は目線も合わせず、何も言わず、ただただ満面の笑みだった。

その時に、この大将はそういう人なんだな、きっと前のことを全部覚えていて、また来てくれた、と思っているに違いない、その笑顔を見てそういう気がした。

"Communicate"

What gave me the chance to meet a painter in Wajima was the general of a cooking restaurant in Wajima. When I went to Wajima Island by chance at the store who happened to happen by chance, if I had talked a lot through the counter, I was talking about lacquerware and gently taught me the contact address of the painter.

Thanks to that, now I have the opportunity to grab the wood land and think about painting, so whenever I go to Wajima I definitely want to book the shop and I will go to Wajima next week There are reservations in stores.

Last time I went to Wajima with a sketch of wood land and even booked it at night. When I went for the first time, it was before the general of the Wajima coat counter, but at this time the counter was also the most distant from the general, before the general was a regular seeming person sitting. However, the general was cooking silently in the counter and it seemed that he was not talking to regulars in front of his eyes.

When I entered, the eyes met with the general, I greeted lightly and sat in the seated seat, but I went to the first time in 3 months, so do not you remember? Because I thought that there was something I had seen, because it was a reservation only for the seat, watching the menu to order something in an à la carte,

I drank local sake from Wajima with a fridge sashimi, baked baki, tempura of white shrimp and so on.

Until I came to the shop, I was thinking about various things, such as what I should talk about when I meet the general, from that time to today, whether I am surprised that it really is making lacquerware,

When I came to the shop and started drinking alcohol, I did not try to talk to the general general, in particular. I was busy cooking and had the opportunity to talk naturally, and it was feeling that it would not have been necessary if there was nothing. In this way, I came back to Wajima again and I was feeling that it was sufficient to just come to the general shop.

Taking a thought on today, I was careful about tomorrow, so I got better sickness soon, so I had no chance to speak with the general after all, but I set up a counter to go back to the hotel, in front of the general, When bowed lightly as if it was a feast, the general did not match his eyes, did not say anything, it was just a full smile.

At that time, this general is such a person, I surely remembered all of the previous things, I think that I came again, I felt like seeing that smile.

任せる

価格の話は一切していない、期間もいつまでという制限もない。塗師のご主人からは少し時間を下さいと言われただけ。持参したスケッチの通りに木地をつくって欲しい、私の要望はこれだけ。

私にとって塗師のご主人、朴(ほう)木地職人を信頼して任せるとはそういうことだった。自由度を最大限に高くすること、拘束する部分を最小限にすること、私が誰かを信頼して任せる時に気をつけていることはこれで、私の要望が満たされるならば、あとのやり方は全て相手本位、私はそれに合わせるだけ。

なぜそうするか、私はその人の技術を信頼して任せる訳だから、その人が自分の技術を一番発揮しやすい環境をつくるのが私の仕事だと思っているから。

ただこれは考えようによっては一番厳しい条件を突きつけているのと同じかもしれない。だって、やり方もお金も時間も全てあなたの希望をのみますから、あなたが持っている技術をフルに発揮して完璧なものをつくって下さい、言い訳はできませんよ、半端は許しませんよ、ということを暗に言っているようなものだから。そのことは一流の職人になればなるほどわかるはずで、ただ、技術の高い職人はそのようなことは当たり前のことで、それを精神的なプレッシャーだと感じる人はいない。

だから、こちらも承知の上で、肝心なところだけ確認して、朴木地職人との打合せは10分で済み、余計なことを言わずに朴木地屋さんをあとにした。

後から振り返れば、もう少し伝えたいことも正直あった。スケッチとして絵としては渡してきたが、行間というか、ニュアンスというか、意図をうまくくんで欲しいところは言葉で補足した方がこちらは安心する。

ただ、いつもそう考えているのだが、信頼して任せている関係で、自分が安心したいから、何かを確認する、伝える、指示することは絶対にしないようにしている。意図をうまくくんでくれる人だと信頼している人なのだから、任せた以上は余計な手出しをしない。例え一時的にうまくいかなくても、自分の心配を消すために行動しない。そこで行動してしまうと、信頼して任せている関係が崩れるから。ただ、伝える、確認することもコミュニケーションとして必要な時もあるから、この判断は難しいところで、それにうまく意図をくんでくれない場合もあるかもしれないから、その時は自分が責任を負うつもりで、そうなってもいいような最低限の準備はしておく。これを貫かないと、信頼して任せられる人にいつまでたっても巡り合わない。

ちなみに、最低限の準備をリスクヘッジという人がいるかもしれないけど、それは違う。リスクヘッジとは、リスクがあることが前提で、何かトラブルが起こることが前提だが、私はそもそもノーリスクなことしかしない。信頼して任せられる人がいれば、チャレンジしてもはじめからリスクなど存在しない。だから、リスクヘッジをするからリスクを呼び込みトラブルになる。リスクヘッジをすればする程、失敗する確率が高くなる。

塗師のご主人から輪島塗のフリーカップの木地が届いたのは2ヶ月後だった。木地を触りながら、眺めながら、塗りをどうするかずっと考えていた。

IMG_0941.jpg

"Entrust"

I do not talk about prices at all, there is no restriction that the term is also how long. It was said that the painter's husband told us to spare some time. I want you to make a wooden street according to the sketch I brought, my request is this alone.

That was the case for me to trust the painter's owner, Park Hui woodland craftworker. To maximize degrees of freedom, to minimize the restraint part, to be careful when I trust someone is this, if my request is satisfied, All ways are opponent, I just adjust it.

Because I think that it is my job to create an environment where people can best demonstrate their skills because I am going to trust that person's technology.

However, this may be the same as thinking the most stringent condition depending on thinking. Because, as well as the way, money and time all hope for you only, make full use of the technology you have and make perfect things, excuses you can not, he says it will not forgive you It seems to be said that it implies things. The more it becomes a first-class craftsman, the better it is, the higher craftworker of technology is such a thing, it is natural that no one feels that it is spiritual pressure.

Therefore, after consenting to this, we confirmed only the essential point and we had a meeting with Park Hwa craftmen in 10 minutes, and we left Park Hokkaido without saying anything extra.

Looking backwards, I also honestly wanted to tell a bit more. Although I handed it as a picture as a sketch, I'm relieved here if you supplement it with words, where you want the intention to succeed, whether it is between lines or nuance.

However, although I always think so, I do not absolutely do not confirm, tell, or instruct something because I want to be relieved with the relationship I trust to leave. It is a person who trusts that he is an intelligent person, so do not extra handouts beyond what I leave. Even if it temporarily fails, I will not act to put out my concern. If you do act there, trust and leave the relationship that you trust. However, there are times when it is necessary to communicate, to tell, to confirm, because this judgment is a difficult place, there may be times when it does not make it well for it, so at that time I will assume the responsibility, so Prepare minimum necessary for it to be good. If you do not go through this, you will never meet a trustworthy person forever.

By the way, there may be some people called risk hedging as a minimum preparation, but that is not the case. Risk hedging is a prerequisite that something will happen on the premise that there is a risk, but I do nothing but a noisy thing in the first place. If there are people trusted, there are no risks from the beginning even if you challenge. Therefore, he risks hesitating and calls for risk and becomes trouble. The more you risk hedge, the higher the probability of failure.

It was two months after the painter's husband arrived the Wajima-covered free cup wooden land. While touching the woods, I was thinking about how to paint while watching.

職人

見てすぐに理解したようだった。横からこのスケッチに描かれている非対称の形を詳しく説明しようとしたけれど、朴(ほう)木地職人の様子を見て、すぐに簡単な説明に切り替えた。すでにどうやったらこの非対称の形をつくることができるのかを考えているようだったので、横から話し掛けるのをすぐに止めた方がよいと思ったから。

段々と深く深く考えが沈んでいく様子がわかった。白い紙にメモ書き程度のスケッチを描きながら考えている。こうやればいい、いや、それではできない、ならこうするか、手の動きがそう語っている。横で見ている方は嬉しい、真剣に考えてくれて。

それにしても、このスケッチ、自分で言うのもなんだけど、必要な寸法は全て書き込みをしてあるけれど、拙い。なのに、私が求めている形を瞬時に頭の中にイメージできているようで、全く補足説明がいらない。それよりも、どうしたらこの形がつくれるのかが最大の関心事になっており、それが解決するまで、誰も話し掛けられない、黙っているしかない雰囲気が作業場に流れていて、私も塗師のご主人も一言もしゃべらずに、朴木地職人が次に発する言葉を待っていた。そこには緊張感があり、でも私はこの時間が愛おしく思えた。だって、自分が考えたデザインが立ち上がろうとしている、それも一流の職人の手で。デザイナーにとって、これ程の喜びはないのではないのだろうか。心血注いでひねり出したものが実際に現実に形になるのだから。

IMG_0923.JPG

スケッチの非対称の形を半分にして、木の塊からその半分の形を削り出し、最終的に2つをひとつにして、底に蓋をする。

IMG_0922.JPG

木の塊から削り出す、それは確かに可能だけれども、そんなことをするんだと、それは技術力があるが故の力技かもしれないけど、そこまでしないとやはりこの非対称の形がつくれないのか、 1個しかつくれないな、量産は無理だな、元々量産するつもりはないけれど、あと2個ほど制作して、知人にあげようと思っていたので、ただ黙って受け入れて、とにかくこの形が実現することが嬉しくて、朴木地屋さんを後にすることにしたけれど、

滞在時間はわすが10分、この10分の間にこの非対称を解決した朴木地職人の技術力にただただ感嘆するしかなかった。それもこのスケッチの肝を抑えていて、一番見せたい所をここでしょと見抜いていた。なぜそれがわかったかというと、飲み口の厚みについて話をした時に、一番薄い所が2mmになる、ただしそれは一点だけたがら、2mmでも成り立ちますよね、と話した時、それをみなまで言わないまでもわかったから。

他の人はどうだかは知らないけれど、自分が描いたスケッチ、それがそのまま実現するのだから、これ程嬉しいことはない。

"Craftsman"

It seemed to understand immediately as I saw it. I attempted to explain in detail the asymmetric shape drawn on this sketch from the side, but I immediately switched to a brief explanation as I looked at the state of the craftsmen of Park. It seemed like how I could already make this asymmetrical shape, so I thought that it would be better to stop talking from the side immediately.

I learned that the idea sank down deeply and deeply. I'm thinking while drawing sketches of notes on white paper. No need to do this, no, if you can not do it, do it like this, the movement of the hand says so. Those who are watching by side are happy, they think seriously.

Even so, this sketch, what I say on my own, but I have written all the dimensions I need but it is awkward. However, I seem to be able to instantly image the shape I am seeking in my head, so I do not need any supplementary explanation at all. More than that, how to make this shape is the biggest concern, until the solution is resolved, nobody can talk to it, there is only an atmosphere that is silent is flowing to the workplace, I am a painter Your husband also did not speak a word, and waiting for the words that Park Mokuchi craftsman would give next. There was a feeling of tension there, but I think this time was lovely. Because, the design I thought is going to stand up, it is also handed by first-rate craftsmen. I wonder if there is not such pleasure for designers. Because what actually threw out with heartblood pouring actually forms in reality.

Halve the asymmetrical shape of the sketch, cut out the half shape from the wood chunk, finally make one in one and cover the bottom.

Although it is certainly possible to do it, although it is certainly possible, if it does such a thing, it may be a power skill of the late although there is a technological power, but if we do not do it we can not make this asymmetrical shape again , I can make only one, mass production is impossible, I do not intend to mass-produce, but since I was thinking about making two more pieces and giving to acquaintance, just accept it silently, anyway this shape is I am happy to realize it, I decided to leave Park Parkya,

The staying time was merely 10 minutes, I just had to admire the technical power of Park Jukdo craftmen who solved this asymmetry in the last 10 minutes. It kept the liver of this sketch down, and I thought that the place I wanted to show the most was here. When I talk about the thickness of the drinking mouth, the reason why I found out is that the thinnest part will be 2 mm, although it only holds one point, it will be true even if it is only 2 mm, I will not tell it all Because I understood it.

I do not know how other people are, but there is nothing I'm happy about as this is the sketch that I draw, that will be realized as it is.

信頼して任せる

椀木地職人との打合せでも、やはり問題になったのが非対称の形だった。輪島塗フリーカップ制作のおいて、まずは木地の形をどうするか、これに関しては自分なりに満足のできるデザインの所までは行った。建築の場合もそうだけれど、イメージや構想を設計やデザインやスケッチとしてまとめ上げるのはかなりの労力を要するが、それで終わりではなく、むしろここからが本番で、この設計やデザインやスケッチを実現するために、誰に声を掛け、誰と話し、誰につくってもらうかを考えて、だから、こう準備して、こう伝えて、それにどう関わるかが重要になる。実現する段階でこれらひとつでも間違うと、せっかくまとめ上げた設計やデザインやスケッチ通りのものができず、残念な結果になる。

それだけは避けたかった、本当にこの木地のデザインが気に入っていたから。ただ、今回は全く誰もツテがない所からはじめて、お会いする人全てがはじめての方ばかりで、短時間で関係づくりからはじめるので、実際に実現することを全くと言ってよい程コントロールができない、ぶっつけ本番のようなものだった。

こういう場合、今までの経験上、依頼を請けてくれる職人の方の意識が高く、腕がよくないと、うまくいかない。そこはもう輪島の職人の方々を信頼するしかなかった。

椀木地制作の過程でも、全体の形が対称のもので厚みが違うだけならば、回転する木材にノミの角度を変えて入れてやればできるとのことで、実際にそれは今までに行ったことがあるそうで、見本(画像のもの)も見せてもらった。

IMG_7216.JPG

ただ、それはあくまでも全体の形が対称ならばの話で、私が持って行ったスケッチを眺めながら、塗師のご主人、椀木地職人、私とで、どうしたらこの非対称の形をつくり出すことができるのかを一緒になって考えていた。

もともと回転する木材にノミを入れて成形するやり方だと、対称の形はつくりやすく、非対称の形は無理なのではないかと思っていた。私の木地職人の作業の仕方に対する勝手なイメージが椀木地制作の要領だったので、スケッチを描きはじめた当初から、この非対称の形が本当にできるのかどうか半信半疑だったが、それでも厚みを変えることができるのだからと、いろいろと考えて提案してみた。

例えば、2個1にするなど。左右別々に対称形のものをつくり、縦に半分にして、左右それぞれ別のものを組み合わせて1つのものをつくるなど。これは塗師のご主人も私もできるような気がしたが、椀木地職人はできることとは思わなかったようだった。

IMG_0844.JPG

できるかもしれないという勘みたいなものが働く時は大抵、例えすんなりとはいかなくても、できるもので、できることとは思わない時には、全くと言ってよいほど、かもしれないすら思わない。それは長年の経験からくる勘だと思うが、できない時にはハッキリと「できません」と言ってくれた方がむしろありがたい。

この人ができない、やめた方がよいと言うならば、素直にやめようと思える人と一緒に仕事がしたい、といつも思っているので、塗師のご主人や椀木地職人の方には、素直にそう思えたので、椀木地職人が「うちではできないですね」と言った時には素直に従えた。

あとは塗師のご主人に任せるしかない。ご主人には他にアテがあるらしく、ここでは断念して、他の木地屋さんに行くことになった。

ただ、この椀木地職人の方には、プロとしての気構えと、意識と技術の高さを感じて、とても気持ちのいい打合せができ、この椀木地屋さんで過ごした時間は短くも楽しいものだった。

"Leave it to trust"

Even with a meeting with a bowl of woodland craftsman, what was still a problem was asymmetrical form. In Wajima coat free cup production, we first went to the place of design that can satisfy ourselves as to how to shape the wood land. Even in the case of architecture, it takes considerable effort to design images, concepts and design as a design, sketch, but it is not the end of it, rather it is real from here, in order to realize this design, design and sketch So, who is talking to, talking to whom and talking to whom, thinking about who to make it, so prepare this, tell them how it is important to know how to do that. If you mistake one of these at the stage of realization, you can not do the design, design or sketch that you gathered together, which is disappointing.

I wanted to avoid that much, because I really liked the design of this woodland. However, this time for the first time since nobody gets tired, it is only the first time for all of you to meet up, so we start with relationship creation in a short time, so we can not control as much as we actually can realize , It was like a batting turnaround.

In such cases, experience is that if the consciousness of the craftworker who undertakes the request is high and the skill is not good, it will not work. There was no other choice but to trust the artisans of Wajima.

Even in the course of producing bowls and woods, if the entire shape is symmetrical and the thicknesses are different only if you change the angle of the fleas to the rotating wood and you can do it actually I heard that there was something I had and a sample (image one) was shown.

However, that is only a story if the whole shape is symmetrical, while seeing the sketch that I brought, with the painter's owner, a bowl of woodland craftsmen, and me, how to create this asymmetric shape I was thinking about what I could do.

I thought that it is easy to make a symmetrical shape and not an asymmetrical shape if it is a way to insert fleas into rotating wood. Since the arbitrary image of how my woodland craftsman worked was the way of making bowls and woodlands, from the very beginning I began drawing sketches, I was dubious about whether this asymmetric shape could really be done, but still change the thickness Because I can do it, I thought variously and made a suggestion.

For example, 2 to 1 and so on. Make symmetrical ones separately on the left and right, half in length and combine different ones on the left and right to make one thing. Although I felt that my husband and master of a painter could do it, it seemed that bowl of woodland craftworker did not think that I could do it.

When something intrinsic that it might be possible works, most of the time, even if you do not get rushed up, you can do it, even when you do not think you can do it, I do not even think that it might be totally. I think that it is an intuition that comes from many years of experience, but it would be much appreciated by those who told me that it can not be "clear" when it can not be done.

If this person can not do, saying that it is better to quit, I always think that I want to work with someone who seems to stop obediently, so if you are a painter's owner or a bowl of woodland craftworker, So I thought obediently when a bowl of woodland craftworker said "You can not do it at home."

The rest is left to the master of the painter. Your husband seems to have other attes, so we abandoned here and decided to go to another wooden store.

However, for this bowl of woodland craftworker, feeling as professional, feeling the height of consciousness and technology, I was able to make a very pleasant meeting and the time spent at this bowl of the wooden store was short but fun It was.

制作のはじまり

輪島塗のフリーカップ制作は輪島での木地制作の段階になり、塗師のご主人に新幹線の中で描き上げたスケッチを見せながら、このフリーカップの非対称な形についてわかってもらおうといろいろと説明した。その時には、どうしてこの形なのか、自分の考えていたことは何も説明しなかった。

今まで木地制作の経験がなく、どこまで制作可能かがわからなかったので、書き上げたスケッチの通りに木地が制作できる確信が持てなかったから、とにかく、この非対称な形について説明し、できれば、その場で制作は可能のような言葉が聞きたかったのかもしれない。

そもそも制作不可ならば、どうしてこの形なのかも、自分の考えていたことも、どうでもよいことになるので。

ご主人には事前に木地屋さんを見学したいとお願いしていたので、とりあえず、スケッチを持ってご主人と一緒に木地屋さんへ行き、木地職人の方をまじえて話をすることになった。

移動の車中、この状況はいつもと同じだな、と思いながら、ご主人と世間話をしていた。既視感のないものや空間をつくりたいと思っているので、毎回今まで設計したこととは違うことをするから、必ずと言っていいほど、実際に手を動かす職人をまじえて、どう施工するかを打合せする。

ただ建築の場合だと、どこまで施工可能かはわかるので、そもそも全く施工不可なことはやろうとしないので、たまに羽交い締めされるように待ったがかかることはあるが、ここで今自分が考えていることやしたいことを素直に話す方が一緒に打合せしている人たちの士気を高め、話の道筋もはっきりするので、ではこうしよう、あーしようと意見も出てきやすくなるし、そもそも、はじめからできないと言わずに、できる方法をいろいろと考えてくれる人たちと仕事をしているので、尚更のこと、今自分が考えていることやしたいことを素直に話す方がよいと思っている。

ちなみに、私の勝手な思い込みだが、腕のよい職人ほど、はじめにできないとは言わずに、こうすればできるかもしれないと、柔軟にできる方法を考えてくれる。はじめにできないと言う職人は単に技術がないか、自分の技術に自信がないのだ。

漆器の木地屋さんには4種類あるらしい。お椀などをつくる椀木地、お盆などをつくる曲物木地、お重などをつくる指物木地、仏具などをつくる朴(ほう)木地。

最初に行ったのは椀木地屋さん。ここでは回転する木材にノミのような刃物を当て、あっという間にお椀の形に仕上げていく。その時にお椀の形を決めるのが型板。代々伝わっているもので、椀木地屋さんによって、この型板の曲線の曲率が違うとのこと。この型板をお椀に押し当てて、ピタリと合うまで成形するそうです。

IMG_0815.JPG

最初にお椀づくりの実演を見させてもらってから打合せに入った。この椀木地職人の方とお会いするのははじめてでしたけど、これから打合せをするのが楽しみになるくらい、よい雰囲気を持った職人の方でした。

IMG_0816.JPG

"Beginning of production"

Wajima-covered free cup production was at the stage of woodland production in Wajima, while showing the sketch drawn in the Shinkansen to the master of the painter while explaining various asymmetric shapes of this free cup . At that time, I did not explain why I was thinking about this form.

Until now I have not had experience of wood land production and I was not sure how far I could produce it so I could not produce the woodland as I did in the sketch I wrote so anyway I could explain this asymmetrical shape, Perhaps he wanted to hear words like production that could be produced in the field.

In the first place, if it is impossible to produce it, why is this form, what you were thinking is nothing to do.

As my husband asked me to visit the wooden store in advance, I decided to go skating and going to the lumber store with my husband and talking with a woodland craftsman.

While thinking that this situation is the same as usual in the moving car, I was talking with the husband over the matter. Since I'd like to create something with no sense of dead vision or space, I do different things from what I have designed so far, so it is always certain that I can not say how much it is practiced by craftsmen who actually move their hands I will meet up with you.

However, in the case of construction, since we know how far it can be constructed, we will not do anything that is impossible at all in the first place, so we sometimes have to wait for feathers to be squeezed but something that we are thinking right now Those who speak frankly talk about what they want to do are raising the morale of the people who are meeting together and the path of the talk is also clear, so let's try it, it will make it easier to comment, and in the first place you can not do it from the very beginning And without saying, I work with people who think about various ways, so I think that it is better to speak frankly what I am thinking and what I'm thinking now or more.

By the way, although I am selfish thought, I do not say that a skilled craftsman can do it at first, but I think how to do it flexibly if I do this way. A craftsman who says not to be able to do it at first can not have confidence in technology or just technology.

There seem to be 4 kinds of lacquerware wooden store. Bowls making bowls and the like Birch wood lining, Bon festival curved woodlands, things to make heavyweight woodlands, Buddhist wooden buildings, etc.

The first thing I went was a wooden bamboo shop. Here, we apply a flea-like blade to rotating wood and finish it in the shape of a bowl in a blink of an eye. It is the template that decides the shape of the bowl at that time. It is said that the curvature of the curve of this template is different depending on the bowl of the wooden store. It is said to press this template against a bowl and mold it until it fits perfectly.

I first got to see the demonstration of bowl making and then started meeting. It was my first visit to this bowl of woodland craftsman, but it was a craftworker with a nice atmosphere as much as I look forward to meeting up now.

造形美とは

輪島塗のフリーカップは木地までできていて、今、塗りをどうするか考えている段階。

カップの木地の形を決める上で一番難航したのが、飲み口から手で持つ部分までの大きさの絞り方。飲み口の直径85mmは手で持つには大きくすぎる。だから、手で持てる大きさまで形を絞らなくてはならない。

まず最初の手かがりとして、手で持つ部分の直径をいくつ位にするか?本当は最初、形の絞り方ばかり考えていた、どのような絞り方をすればいいのかと。でも全然決まらない。考えれば考えるほど、気に入らないものになっていく。たぶん、それは見た目の形をどうすれば美しくできるのかだけを考えていて、単なる形態操作になり、恣意的な作業ばかりをしていたからかもしれない。

最終的に美しさを纏った形にしたいが、それは形をどうするかだけの話ではないと思う。

このフリーカップをどういうものしようかと考えはじめた時、一番最初に参照したのが縄文式土器。岡本太郎が昔から好きで、特に作品よりも考えやものの見方が好きで、岡本太郎は縄文式土器の造形美を参照し、自身の作品の創作に生かしていたので、そのことが一番最初に頭に浮かび、資料を見たり、実際に博物館へ縄文式土器を見に行ったりした。

縄文式土器を見ていくと、一見実用とはかけ離れた装飾性を感じ、形態操作だけをしているように思うが、そこには縄文人のDNAから沸き起こってくるような唯一無二の確固たる精神性を感じてしまう。きっと造形美とは、形態操作の果てにあるのではなくて、そこに込めるつくり手の精神性からしか生まれないのではないかと思った。

それもあり、単なる恣意的な形態操作はしたくなく、徹底的にそれを排除しようとしていたので、飲み口から手で持つ部分までの大きさの絞り方に難航した。絞り方を考えることは単に形態操作になってしまうから。

恣意的な形態操作を避けるため、手で持つために絞るという目的以外に、何か別のことを重ね合わせたかった。それがカップ全体の存在を決めるようなことであれば尚よいのだが、それがなかなか思いつかずに難航した。

結局、輪島の塗師に見せる木地のスケッチを書き上げたのは、金沢行きの新幹線の中だった。

IMG_0548.JPG

"What is beauty"

Wajima-covered free cup is made up of wood, and now we are thinking what to paint.

The most difficult way to decide the shape of the wooden cup is to narrow down the size from the drinking mouth to the part that it holds by hand. The diameter of the drinking mouth of 85 mm is too large to hold by hand. So you have to shape down to the size you can hold with your hands.

First of all, how much is the diameter of the part held by hand as the first hand crawl? In fact, initially, I was thinking about how to narrow down the shape, what kind of diaphragm should I do? But not at all. The more you think about it, the less you like it. Maybe it is because I was just thinking about how to make it look beautiful, it was just a morphological manipulation and I was only doing arbitrary tasks.

I would like to eventually shape beauty, but I think that is not the only story about how to shape.

When I started thinking about what to do with this free cup, I first referred to Jomon style pottery. Okamoto Taro liked from long ago, especially liked the view of ideas and things than works, Taro Okamoto used the beauty of the Jomon style pottery and used it to create his own work, so that was the first time I went to the head, watched materials, and actually went to the museum to see Jomon style pottery.

As I look at the Jomon style pottery, I think that it seems to be decorativeness far apart from practical use, I only think that it is only manipulating the form, but there is a unique and unique firm that seems to be boiling from the DNA of the Jomon people I feel spirituality. Surely beauty of formality is not at the end of morphological manipulation, but I thought that it could be born only from the spirituality of the making hands that can fit in there.

There was also it, I did not want to do mere arbitrary form manipulation, I tried to eliminate it thoroughly, so I faced difficulty in narrowing down the size from the drinking mouth to the hand holding it. Because thinking about throttling is merely a form manipulation.

In order to avoid arbitrary form manipulation, I wanted to superimpose something else besides the purpose of squeezing it for holding with hand. It would be even better if it was like deciding the presence of the whole cup, but it seemed difficult to think hard.

In the end, it was in the Shinkansen to Kanazawa that I wrote the sketch of the woodland that I showed to the painter of Wajima.

想いが形になる

住空間で見えるもの全てが建築だという考えから、何でも制作するし、もちろん、それらの物が大好きだから、どこでどのような物を手に入れることができるか、大体は頭に入っているが、

専門は建築なので、まだ、漆器を木地からつくったことが無く、漆器を木地からつくりたいと思っても、何のツテもなかった。

今年1月、金沢に行く予定ができたので、ならば輪島まで足を伸ばして行ってみようと思った。輪島に行き、有名な朝市にでも行き、そこに出ている漆器のお店に一軒一軒当たれば、どこかしら相手にしてくれるだろうと漠然と考えて。

輪島に着いたのは夕方だったので、当たりはすでに暗く、お店は飲食店しか開いていなさそうだったので、土地勘も無いし、明日に備えて何か美味しいものでも食べようと思い、ビジネスホテルから近い割烹料理屋さんを予約して行った。

一見無愛想にも見える大将が忙しく動き回っているカウンターに腰掛ける。地物の肴をあてにひとりゆったりと地酒を呑んでいた。金沢には随分前に一度来たけれど、能登ははじめて、ホテルの周りには何も無く、その割烹のお店があるだけだから、辺りは真っ暗、でもこのお店の灯りが和ませてくれた。

だいぶホロ酔いになり、地酒をあと1合呑もうかどうしようか、と思っている時に、お店の忙しさのピークが過ぎたのだろうか、ビールが入ったグラスを右手に持った大将が頬を緩めながら、カウンター越しに目の前に立ち、

「どこから来たの?」

と話しかけてきた。
その口調はやわらく、人懐っこく、さっきまでの無愛想な感じとは全く違っていた。だって、今までほとんどしゃべらないし、いらっしゃいませもなかった。

唯一、〆鯖を注文した時に、

「今日は鯖が無いんだ」と言われ

「じゃあ、仕方ないですね」と返したら

後で、鯵のぬたを

「〆鯖出せなかったから、これサービス」と言って出してくれたくらい。

普通に「東京です」から話はそれにそれて、大将がここで店を開くまでの由来、流れの板前で、包丁だけを持って全国を回ったとか、本当は引退しようと思っていたけれど、どうしてもと請われ、今のお店をはじめたなどなど。

そんな話をしながら、流れで漆器はいいですね、なんて話をしたら、大将がカウンターにお店で使っている漆器を並べはじめた。

自分も輪島出身で漆器が好きだからと、特注でつくったものや、食洗機に入れてだいぶ漆の光沢がなくなったものと塗り直しやつを見比べたり。

「特注でつくってくれるんですね」

なんて言いながら、漆器を木地からつくりたくて、と自分の話をしてみた。ツテがないから、どこか漆器屋さんに入って、つくってくれるところを探そうかと。

「つくってくれますかねぇ」と大将に尋ねたら

「それはあんたの想いをぶつけることだね」と。

自分がつくりたい漆器は1つか2つくらい、大体、木地から特注で、となるとある程度数を頼まないとつくってくれないだろう、大将はお店で使うから数もあるから特注できたのでは、と思っていたので、意外な返答だった。

「その特注の漆器をつくった所を教えてください」

と思いつきで言ってみた。勘が働いた。

ところが大将はいいとも、悪いとも言わず、どこかに行ってしまった。お客とはいえ、見ず知らずの人間に、そう簡単に教える訳ないか、と思い、またひとりで呑みはじめ、明日のこと、どこの漆器屋さんに行こうか、と酔いがまわる頭で考えていた。

しばらくしたら、お店の女性の方が、たぶん女将だと、小さい紙切れを渡してくれた。何かと思い見ると、そこに電話番号と漆器屋さんの名前が、大将からだと。

また大将がビール片手に寄ってきて、

「漆器関係の人ばかりだから、この町は、お店の中も」

画像はその漆器屋さんの塗師の所でつくってもらった木地。その漆器屋さんは輪島の中でも有力な所だったので、私の想いをきちんと形にしてくれました。

IMG_0422.JPG

来月は3度目の来輪、毎度大将のお店で呑みます。

"The feeling becomes a form"

From the idea that everything visible in the living space is an architecture, I make everything, and of course I love those things, so I'm pretty sure what kind of things I can get and where,

Since the specialty is architecture, I have never made lacquer ware from wood, and even though I wanted to make lacquerware from wood, I had no point.

I was planning to go to Kanazawa this January, so I thought I'd better go to Wajima if I could go. If you go to Wajima, go to famous morning market, and hit one lacquerware shop out there, think vaguely that it will be some opportunity.

Because the evening was already arrived at Wajima, the hit was already dark, so it seemed that only the restaurant was open, so there is no habit of the land, I thought about eating something delicious for tomorrow, I made a reservation for a nearby restaurant from a business hotel.

The general who seemingly unfaithfully seats at the counter busy moving around. He was drinking relaxing sake along with the relish of the feature. It came to Kanazawa once long ago, but Noto was the first time since there was nothing around the hotel, there was only a shop for that cuisine, so the neighborhood was dark, but the light of this shop made me relax .

When I was thinking about how to get a bottle of local sake after one more hollowing, I wonder if the peak of the busyness of the store has passed, the general who held the glass containing beer on his right cheeks Loosen while standing in front of you through the counter,

"Where are you from?"

I was talking to him.
That tone is soft, friendly, and it was completely different from the impatient feeling until a while ago. Because, I have hardly talked to you until now, and never came.

The only time when ordering late server,

It is said that "There is no mackerel today."

"Well, if it returns,"

Later on, the paddle

"Because I could not get out of the server, this service was said to be out and it was about to show out.

Normally it is from "Tokyo is the story" And the story to that, it originally thought that the general came around the country, only the kitchen knife in front of the flow, whether it was to open the shop here, or really, I wanted to retire, but inevitably I was planning to retire I was asked to start shop now.

While talking about such a thing, lacquerware is nice in the stream, after talking, the general took the lacquerware that the shop is using at the counter.

Because I am also Wajima and I like lacquerware, I compare what I made custom-made and what I paint in a dishwasher and what the luster of lacquer is not much.

"We make it custom-made"

I said, I wanted to talk about myself, trying to make lacquerware from wood. Since I do not have any sheen, I should go into a lacquer store somewhere and find a place to make it.

If you ask the general to "Do you make it?"

"It's going to hit your thoughts,"

About one or two lacquer ware you want to make, roughly custom-made from wood land, would not make it unless you ask a certain number to a certain extent, since the general is used in the shop, so it can be custom-made Because I thought, it was an unexpected reply.

"Please tell me the place where you made the special lacquerware"

I tried to think on purpose. My intuition worked.

However, the general is good, I did not say it was bad, I went somewhere. Although I was a guest, I thought with a head that got drunk, thinking that it would be easy to teach a stranger to teach, so I started to drink alone, tomorrow, where I went to a lacquer warehouse.

After a while, the lady of the store was probably a general lady, and handed out small pieces of paper. When I think of something, there is a phone number and the name of a lacquer ware store from the general.

The general also came down to a beer with one hand,

"Because there are only people related to lacquerware, this town is also in the shop."

The image is a woodland that was made at the lacquer store's painter. That lacquer warehouse was a powerful place in Wajima, so I shaped my thought properly.

Next month is my third visit, I swallow at the general shop every time.

木地からつくる

今、輪島塗のカップを制作中です。

以前、京都で知り合いになった五条の陶器店のご主人に、漆のお椀が欲しくて、いろいろ探したが、気に入ったものが無い、と伝えたら、お店の上階に漆器の見本場があるからと案内され、そこでお椀を製作したことがある。

その時は、お椀の木地があらかじめ何種類か用意されていて、その中から選び、漆の塗りだけは好きにお願いできた。

黒漆や朱はもちろん、金や銀の漆や白漆まであった。

当然お椀の形をいじることはできないので、木地の中から2種類選び、漆の色の付け方だけを自由に考えた。

気に入った形のお椀は無かったが、漆の色の付け方を工夫できるので、その形を利用して、上手く漆の色の分け方を考えれば、最後に仕上がった時には満足できるものになるだろう、と思っていた。

ところが、これが思いの外、難航した。

頭の中でイメージしながら、漆の色の付け方や分け方を考えてみても、それがどうやってもしっくりこないのだ。

今まで経験の無いことだから無理もないのかもしれないけれど、経験とは関係なしに、お椀の形をいじることができないのが原因だった。

建築の場合に当てはめると、漆の色の付け方を考えることは、外壁の色をどうするかを考えることに置き換えることができると思うが、私の場合、外壁の色だけを抜き出して考えることは無く、建築のプランと立面を交互に行き来しながら、建築の形を考え、同時に外壁の素材や色も考えている。

だから、漆の色の付け方だけを考えることは、単に塗り絵をしているに等しく、物足りず、どうしても気に入らない木地の形を何とか補う作業になってしまい、

それは自分が欲しい漆のお椀をつくることから、段々とかけ離れて行って、だから、いくら考えてもしっくりいかないものになってしまった。

IMG_2720.JPG

IMG_2730.JPG

画像にあるお椀が出来上がったものですが、結果的には、その時できることは全てやったという思いはあったので、満足できる範囲のものには仕上がりましたが、やはり何か物足りず、次回は木地から漆器をつくりたい、という想いが芽生え、段々と強くなって行き、今、輪島へ直接行って、塗師に輪島塗のカップを木地の制作からお願いしている。

それで、来月、また輪島の塗師の所へ行くことにして、3度目の訪問、塗りについて相談してくる予定でいて、今、塗りついていろいろ思案中。

"Making from wood land"

I am working on a cup of Wajima coat now.

When I told that my husband of Gojo pottery store I met in Kyoto wanted a lacquer bowl, I looked for something, but there was not anything I liked, the lacquer warehouse on the upper floor of the shop There was something I made a bowl there, guided by being there.

At that time, several types of wooden bowls were prepared in advance, we chose from among them and asked only for lacquer painting.

Black lacquer and vermillion as well as gold and silver lacquer and white lacquer were found.

Of course you can not touch the shape of the bowl, so I chose two from the woodland and thought about how to color the lacquer freely.

I did not have a bowl that I liked, but I can devise how to color the lacquer, so if you think about how to distinguish the color of the lacquer well using that shape, it will be satisfactory when finally finished , I thought.

However, this was a difficult flight unexpectedly.

Even though you imagine in the head, considering how to color and divide lacquer, it does not come nicely in any way.

It may be impossible for us to have experience so far but it was caused by being unable to fiddle the shape of the bowl without relation to experience.

When applying to the case of architecture, I think that thinking about how to color the lacquer can be replaced with thinking what to do with the color of the exterior wall, but in my case, I do not think about extracting only the color of the exterior wall While alternating between plan and erection of architecture, thinking about the shape of architecture, at the same time thinking about the material and color of the outer wall.

Therefore, considering only the way of coloring lacquer is equal to just painting, it is not enough, it becomes a work that supplements somehow the shape of the wooden which I do not like,

Because it makes a bowl of lacquer which I want, it is going far apart, so it has become something I can not make it even if I think about how much.

Although the bowl in the image was completed, as a result, there was a desire to do all that can be done at that time, so it was finished in a satisfactory range, but something was not enough in the next time The feeling of wanting to make lacquerware from wood land grows steadily and gradually becomes stronger. I am going directly to Wajima now and asking the painter a cup of Wajima from the creation of woodland.

So, I plan to go to Wakajima's painter next month and plan to consult about my third visit and painting, now I'm sticking and thinking a lot.

シガーソケット

ローバーミニにはシガーソケットが純正では付いておらず、新車で1995年から23年乗っていて禁煙車ですが、やはりiPhoneの充電には必要で、ここに来て取り付けることに。。。

去年暮れ、エンジンがアイドリング中にストンと止まるようになり、22年間ミニの整備をお願いしていた、社用車の整備を全てお願いしている自動車屋さんでは、部品が無く修理することができず、紹介してもらったミニ専門の修理工場へ持ち込んだ経緯から、その修理工場にシガーソケット取り付けを問い合わせしたところ「面倒くさい」と。

見るとダッシュボードのパネルの中にシガーソケットを組み込めそうなスペースがあらかじめあるのです。いかにも後付けですという感じの取付けは嫌だったので、そこに取付けたいとその修理工場に伝えたら、ほとんどの人がお金もかかるので、両面テープでソケットだけを足元に取付けます、とのこと。それがいかにも後付けな感じだから嫌なので。

やはり同じことを考える人はいるもので、そのダッシュボードのパネルの位置にシガーソケットを取付けするミニ専門の整備工場がネットで検索したら出てきて、家から30分位の所、メールで問い合わせしたら、心良く、当たり前のように、普通に引き受けてくれて、1泊2日でミニを預けることに。

IMG_0305.JPG

(画像1枚目:緑枠で取付け(整備工場ブログより))

その整備工場でシガーソケットの実物を見たら、緑の枠がソケット口に付いている。ダッシュボードのパネルは黒色なのて、その緑が不自然に目立ち、ダッシュボードと馴染まない。

私「その枠の緑、他の色は無いんですか?」
整備士「無いんです、この緑色だけです」
私「その緑の枠を取ることはできませんか?」
整備士「この緑の枠が無いとダッシュボードにしっかりと収まらないんです」

ここでたぶん整備士の人は気がついたみたいです、なぜ私が緑の枠のことを言っているのか。

整備士「後でハゲるかもしれませんが、この緑の枠を黒く塗りましょうか?そうすれば、ダッシュボードも黒なのでおかしくないし」
私「お願いします、黒く塗ってください。何を塗るんですか?」
整備士「塗料の食いつきをよくするために、緑の枠にペーパーで傷を付けてから、スプレーします」
私「じゃ、ハゲたら、油性マジックで塗ればいいですね」
整備士「そうですね」

IMG_0303.jpg

(画像2枚目:取付け完成後)

純正にこだわる訳では無いのですが、余計な物を付けたく無い、購入した当時の雰囲気、感じが好きだから、そのまま乗りたい、余計な手を入れたくない、消耗劣化品だけ取替える。

カーナビも無い、ETCも無い、CDも無い、あるのはカセットとラジオ。携帯のナビソフトを使えばいいし、ETCカードを料金所で差し出せばいいし、音楽は携帯から聞けばいい。でもだから、携帯充電用にシガーソケットだけはどうしても必要、ただ取付けるならば、元々はじめからそこにあったように見えないと。

今後、修理も車検も「面倒くさい」と言った修理工場には頼まないでしょう。

シガーソケットひとつにしても、おろそかにせずに考えるのが、大事な物を大事に扱う人の考え方で、それがわかり、それにきちんと当たり前のように対応できるのがプロだと思うから、私もものづくりをしているので、そういう人たちと付き合いたい、そういう人たちにお願いしたい。

"Cigar Socket"

Rover Mini does not have genuine cigar socket, it is a non-smoking car riding 23 years since 1995 with a new car, but still needed to charge the iPhone, to come here to install. . .

Last year, at the car shop asking for maintenance of all the company cars that had been requesting maintenance of mini for 22 years, engine stopped with Ston while idling, it was possible to repair without parts However, from the circumstances that I brought it to the mini specialty repair factory that I was introduced, when I contacted the repair shop to install the cigar socket, it was "troublesome".

There is space beforehand looking into the panel of the dashboard so that cigar socket can be incorporated. Since it is disgusting how to install it feeling that it is a retrofit everything, since most people take money, if you tell the repair shop that you want to install there, we will install only the socket with feet on the feet. Because it is disgusting because it is indeed a post-attachment feeling.

After all, there are those who think the same thing, if a mini specialized maintenance factory that installs cigar socket at the position of the panel of the dashboard comes out when searching on the net, if you inquire by email about 30 minutes from home As a matter of course, as ordinary, ordinary underwriting, to leave the mini in 2 days 1 night.

(Image 1st sheet: Installed with a green frame (from maintenance plant blog))

When seeing the real thing of the cigar socket at the maintenance factory, a green frame is attached to the socket mouth. Since the panel of the dashboard is black, its green is conspicuously unnatural, and it does not become familiar with the dashboard.

I "Green of that frame, are there no other colors?"
The mechanic "There is nothing, this green only"
I "Can not you take that green frame?"
Maintenanceist "If there is no green frame there will not fit firmly on the dashboard."

Perhaps the mechanic's person seemed to notice, why am I talking about the green frame?

Maintenance mechanic "Maybe later you will paint this green frame black, and if so, the dashboard is black, so it's not strange"
I "Please, please paint black, what do you paint?"
Maintenanceist "To scratch the paint, scratch the green frame with a paper and spray it."
I "Well, if you're bald, you can paint with oily magic,"
Maintenance professional "That's right"

(2nd image: After installation completed)

Although I am not stuck with genuine, I do not want to add extra items, I like the feeling at the time I purchased, I want to ride, I want to ride, I do not want to put extra hands, replace only consumable deterioration items.

There is no car navigation, no ETC, no CD, what is a cassette and radio. You only need to use the mobile navigation software, just give out the ETC card at the tollgate and listen to the music from the mobile. But, it is necessary just for cigar socket for mobile charging, if only installing it, it seems as if there was there originally from there.

From now on, we will not ask the repair shop to say that repair or vehicle inspection "is troublesome".

Even if it is one cigar socket, thinking without negotiating is to think that it is the idea of ​​a person treating an important thing carefully, I understand it, I think that it is professional that we can properly deal with it properly like normal, so also I Because I am doing, I would like to ask those people who want to go out with those people.

ヤネ

ヤネで決まる。

プランのよしあしは屋根で決まるかもしれない。

designhouse-roof01.JPG

いつも時間をかけるところのひとつ。

屋根のかけ方のセオリーはあるが、
それが必ずしもよいとは限らない。

破掟しないのは当たり前。

今回は見える方向がたくさんあるので、
どこから見ても建築の表情がちがうことを意識している。

そして、それがより深く

プランやコストやメンテナンスやデザインとうまく調和するように。。。

いい感じ。いい感じ。

秋祭り

祭りの前の静けさ。


rokushojinja-fes2014.jpg


今年から地元の神社の世話人に。

手作りに近い祭りだから夜店のテント設営も自分たちで。

幼稚園もここだったので記憶が幾重にも重なる。


人にとって思い出深い場所はたくさんあるかもしれないけど、大切な場所はそうはないと思う。

人の縁を大切にするように、記憶との縁も大切に風通しよくしておきたい。

記憶を紡ぎながら暮らす生活が本来大切で、一番贅沢なことだと最近想うから。


だから・・・

田舎がある人は帰りましょ!
きっと秋祭りですよ。

振れて振れて

「動いて流されてぶつかって・・・

 だから感じることができる」


jou%282014.4.9%29.JPG


先日、あるお寺の住職さんと禅問答をしました。

禅問答は
雲水(見習いのお坊さん)に対して行うもので
秘儀とされ
本もあったり、一般の人に対して行ったりもしますが、
それは本当の禅問答ではないらしいです。


今回、
その住職さんが
秘儀に近いかたちで
あえてわかりやすく行っていただきました。


その時に
昨日のブログの五重塔の心柱の話がでてきました。


「あなたの心の柱は何ですか?」


お題です。


しばし考えてみてください。


私は・・・


「情」


と答えました。


お題をいただいてすぐに
頭の中に「情」の文字が浮かびました。

愛情
人情
友情

の「情」です。

元に戻れますか

「それがどうした?」
「その程度で・・・」


image.jpg


大きなお寺に行くと、
よく五重塔や三重塔を見かけます。


中には千年以上も前に創建されたものも。
その間、台風や地震などの自然災害にも耐えて。


建築の構造の話を少ししますと、

五重塔や三重塔の真ん中には

心柱という太い柱が

大体、根元から頂部近くまで通っています。


そして、

その心柱は固定されていません。

周りの屋根の部分とも繋がっていません。

心柱だけが

ゆらゆら揺れるようになっています。

刺さっているだけ。

普通ちょっと考えると・・・

台風や地震に耐えるためにも
しっかりと根元も地面に固定されていて、
他の部分もしっかり繋がっていて、
何があっても動かないぞ!
とばかりに頑丈にできてないと・・・

と思いますよね。

それではじめて台風や地震に耐えられると。


逆なんです。

台風による強風、

地震による強い揺れ、

と一緒になって心柱も揺れる。


一緒になって揺れることにより

台風や地震による揺れを吸収し、

周りの屋根の部分には伝わらないようにしているのです。


もちろん、

周りの屋根の部分は
その部分だけで揺れますが、
心柱とは切り離されているので、

強風の揺れは心柱には伝わらずにおさまり
建物全体に影響はあまり与えず、

地震の揺れは心柱があるおかげで
地面から直接伝わりません。


そして、

揺れた心柱、

揺れた屋根は

揺れがおさまると

また元の位置にもどります。


現代でいうと、制震構造です。


もっとわかりやすくいうと、

大きな木を想像してみてください。


太い幹があって

その周りに枝葉がある。


その太い幹と周りの枝葉が切り離されているイメージです。


どんなに揺れても

太い幹が折れることはありません。


強風で折れるのは
太い幹と枝葉が繋がっていて、
少しも揺れないぞ!と
頑張っているから
限界を越えた時にポッキと折れるのです。


どんなに揺れても

一緒になって揺れていたら

揺れの力が分散されます。


そして、

また元の位置に戻る。


どんなに揺れても
また戻るべき位置にきちんと戻る。


その位置が

家の存在であったら・・・


外で何があっても

帰るべき

安心できる場所がある。


私の

家に対する

理想のイメージのひとつです。

響きますように

「水鏡に映るその姿が・・・」


sakura%282014.4.7%29.JPG


桜の季節ももう終わり。


でも、この桜吹雪舞う時期が結構好きです。


水際にある桜の木。

水面に映る桜の花。

舞う桜の花びら。

水面一面が桜色。


好きなシーン。

私の春のイメージです。


桜を見上げないで

水面に映る桜ばかり見てしまいます。


なぜか
そのものを見るより
他に映る姿の方が好きになります。


鏡に映る姿だったり。


その感覚は
もしかしたら日本人独特の感性かも。


日本庭園の借景や

わざと池に月を映してみたり。

床の間の一輪挿し。


自然の美を感じさせるのに

何かひと手間入れた方が

その美の本質があぶり出されるかのように。

あるいは

もうひとつ、美に意味を加えるように。


水面の桜の花びらの流れに

郷愁やはかなさ

を感じるように。


それを演出というのかもしれませんが、


人のこころに響く

には必要かもしれません。

妄想してますか

「・・・」


image.jpg


「独坐大雄峰」

「どくざだいゆうほう」と読みます。


仕事柄、自分の居場所についてよく考えます。


よくボーッとしながら。


静かで外の喧噪がうそのような
緑豊かで
爽やかな風が吹き抜け
ゆるやかな光が頭上から落ちてくるような。


暖かくやわらかな陽射し下、
海を見ながら、それも横になりながら・・・


遠くの山をぼんやり
見晴らしのいい
晴天の下
草木や花の匂いがしてきて
雲がゆっくりすぎていく


妄想してます。


たぶん、
その時は呼吸も穏やかで
落ち着いて
リラックスしている時だと思います。


先の「独坐大雄峰」は禅語です。

ただ坐り、深くお腹で呼吸する。

何回か呼吸しているうちに

気持ちも落ち着いてくる。


その心が落ち着く立ち位置が

安心していられる居場所「大雄峰」

という意味です。


実は

妄想していられるその居場所が「大雄峰」


自分の居場所とは、

現実の目に見える世界の場所とは限らない。


だから、

私はいつもクライアントに質問します。

「あなたの大雄峰は?」

幼き好き

「これ、これ」
「これが好きなの」


image.jpg


先日のお酒のイベントに、私が持ち込んだお酒は

どぶろく

でした。


山形のどぶろく

「PINDOBU(ピンどぶ)」

赤色清酒酵母を使ったピンク色のどぶろくです。


味は冷蔵で寝かせるとどんどん

苺をすり潰したような酸味と甘みがでてきて

爽やかフルーティで濃厚芳醇です。


冷蔵で2ヵ月ほど寝かせましたが、
最初はお酢を飲んでるかのようでした。


発酵の力はおもしろいですね。


なぜ、どぶろく?


私の飲み物遍歴を紐解くと

子供の頃から普通にジュースを飲み

大人になってビールから入り、

焼酎、日本酒、ワインなどなどと

たぶん、誰でも通る道順できてるかもしれませんが、

唯一ちがうのが

子供の頃から、物心ついた時から

甘酒が大好きで、

今でも自分で酒粕からつくるほど好きです。

うちのお袋の影響です。

お袋が大好きでいつも冬になると常備されていたので。


だから、

日本酒の入りも最初は濁り酒から。
見た目が似てるからきっと美味しいだろうという理由で。


でも、

見た目が似てても味は非なるもので・・・


でも、

甘酒好きとしては

どうしても

濁り酒で美味いものを探したい、自分好みのものを見つけたい

となるわけでして・・・


結果、見つけたのが

先の「PINDOBU(ピンどぶ)」

ともう1つ

三重県伊勢の伊勢萬という酒蔵所がだしている

「おかげさま 限定にごり酒」

の2つ。


特に「おかげさま 限定にごり酒」は甘酒そのものでして・・・


どぶろくの方が珍しいと思って
イベントには「PINDOBU(ピンどぶ)」を持っていきました。


子供の頃にヒントが。


自分の好みは案外子供の頃につくられます。好きな空間も。


子供の頃よくいた部屋が、その空間が
大人になっても案外ここちよかったりします。


子供の頃を想い出すと・・・


あの部屋のあの場所のあの匂い。
案外覚えているものです、ここちよい場所は。


私は

母方の田舎の西日の当たる部屋でした。

鮮明に覚えています。

幼いその記憶だけで

自分にとって、ここちよい

自分だけの居場所をつくることができます。


想い当たらない人は

忘れているだけ。

誰かに見つけてもらいましょう。

意外なところに

「おっ、そこ?!」
「そこにあるんだ」


image.jpg


先日、お酒のイベントに参加しました。


各自がオススメのお酒を持ち寄り、

試飲しながら、

お酒のことを語るイベント。


私は、お酒は呑むのですが、

その場の雰囲気が好きで

お酒自体を楽しむことがなかったので、

何か新たな楽しみの発見になればいいなと。


なので、

お酒を語る言葉を持ち合わせていないのですが・・・


日本酒好きな方は多いと思います。

私も好きです。

ただ銘柄とかは特に気にしないで呑んでました。

それこそ、お店のオススメとか。


そのイベントで

お米の話になりました。


日本酒の原料はお米。

多くは「山田錦」という品種のお米でできている。


そのイベントで

自分に合う好きな日本酒に出会いました。

「風の森」

奈良の日本酒です。

味は甘くて軽く爽やかで、私にはメロンの味がしました。


『日本酒をお米しばりで呑む』


「風の森」は「雄町」という品種のお米でできているそうです。

「雄町」米をつかうと

甘めのお酒ができるとか。


今回たくさんのお酒、

日本酒をはじめ

スパークリングワイン、シャンパン

赤ワイン、白ワイン

どぶろく

などなど

を呑んで、自分の好みは甘めでスッキリ軽くフルーティな味とわかりました。


先の日本酒「風の森」がぴったりでした。

そうすると、

「風の森」という銘柄にいこうかと思っていましたが・・・


イベント主催者から

「日本酒をお米しばりで呑むという手もありますよね」


『なるほど!』


今後は「雄町」米しばりで日本酒を楽しんでみよう。


ほんと意外な発見でした。
日本酒の原料のお米に注目して、自分好みのお酒を探し出すとは。
お酒のことがわかっている人にしか出てこない発想です。


実は

意外なところに

自分の好みを探し出す手段があるものです。

ただ、それは自分ではなかなか気がつかない。

その道のエキスパートでないと探し出せない、見い出せない。


それが案外自分にとっての核心だったりするから困りものです。


誰に委ねるか?


私はカンです。直感。


ただそれだと

はっきりしないので、

もうちょっと、その直感の中身を紐解くと、

『可能性』です。


その人に、経験値からくる可能性を

「何か導いてくれるかもしれない良い方向に」

と感じたときに委ねます。


先の「雄町」米しばりの日本酒を早速発見。

ただやはり人気があり、

なかなか手に入りにくそうです。

扉をノックする

「この扉があけば・・・」


image.jpg


先日、万年筆を買いました。

LAMY2000

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、

40年以上前にデザインされて発売されたドイツのメーカーのもの。
バウハウスデザインの流れをくむもの。

自分へのご褒美で、仕事で望んでいた結果が出たので。


きちんとした万年筆を使うのははじめてです。
きちんとしてないというか、おもちゃみたいのは使いましたが、
すぐに使わなくなってしまいました。
特に、ことさらその万年筆でないと、という理由がなかったから。。。


「弘法筆を選ばず」といいますが、普通の人は弘法大師ではないので選びます。


『道具7割。残り1割。全部で8割できれば上出来』

私が何か新しくはじめる時に最初に頭に浮かぶ言葉です。


自分に合った道具を手に入れた瞬間、

自由に表現する扉が開かれたようなもの。

道具を探す行為は表現の扉をノックすることです。


あとは、

その場で普段の自分を出すだけで、人からは秀でたものに見えます。


道具の力を借りてどうする?!

道具が優秀なだけじゃない!


そんな声が聞こえてきそうですが、

どんなに優秀な道具であっても使う人がいなければ、ただの道具。

その道具を使って結果が出たのであれば、

それはその道具を使っている人の実力です。


先のLAMY2000、手に入れてから、

無性に文字が書きたくて仕方がありません。

結果こうしてブログを投稿してます。


だから、

私は道具を選ぶ時には徹底的にこだわります。


何にこだわるか?

1、自分に合うか?

2、今の自分が手に入れることができる範囲で最高のものか?


1、はお話した通り。


2、は最高のものとは金額とは限りません。

むしろ金額より、

道具にもつくり手がいます。


その人やその企業の

想いだったり、能力だったり、技量だったりが

きちんと道具に反映されていて、質の高いものになっているか。


そういう質は伝染します、道具を使う人に。そして、道具を使って出す結果に。


だから、

私は道具にこだわります。


自分が出す結果にこだわるから。


暮らしにおける道具の一つは家です。


自分に合う

今の自分が手に入れることができる範囲で最高のもの


を手に入れた途端、暮らしの質が変わります。


あとは残り1割。

普段の自分で生活すればいいのです。


それだけで今までより豊かな暮らしになります。


家づくりは、こころ豊かな自由な暮らしの扉をノックすること。

1/3

「長いと思うか」

「短いと思うか」


image20140403.jpg


人生を80年とすると、

80年 × 365日 = 29,200日

自分はだいたい、とりあえず70年とすると、

70年 × 365日 = 25,550日

44年間生きてきたので、

44年 × 365日 = 16,060日

残り

25,550日 − 16,060日 = 9,490日・・・あと1/3


「あと1/3もある」

「でも9,490日しかない」


という感じでしょうか、私は。


建築の工程でいえば、骨組みと下地ができて、造作と仕上げの時期に入るところ。


仕上げをイメージして、

骨組みと下地をつくってきて・・・

さあ!これからイメージした空間が出現していく。


あとどれだけ

あと何棟

数にはこだわりはありませんが、

こだわりの家を実現できるか。


もうムダにできる時間はありませんね。

東京の注文住宅 2013春夏

超久々の更新です m(_ _)m


本日発売の

「東京の注文住宅 2013春夏」(リクルート)

に当社が掲載されました。 o(^^o)

b-recruit-magazine201303.jpg


今号も

「お住まい拝見レポート」に掲載されてます。


毎号言いますが!

正直・・・他とは・・・ちがう・・・。

自信作です。


これ!

お客さまの想いをカタチにしました。 o(^^o)


「だから、仲村さんにお願いした」と・・・。


どうぞお楽しみください m(_ _)m

ごあいさつ2013

新年あけまして
おめでとうございます

2012年ご縁があった方々に
改めまして
感謝を申し上げます


私にとって2012年は
いろいろとあり過ぎて
4〜5年分の出来事を
ぎゅっと凝縮して
1年で体験したような年でした


崩れるくらい
大泣きしたことも
あったし

逆に

アゴが外れそうなほど
大笑いして
次の日
ノドが痛くて
声が出なかったことも

不思議と
怒る時は静かだったような


そう

喜怒哀楽の激しさが
印象に残り

その時一緒にいた人達との
思い出がたくさんある

そんな2012年でした


だから

人の縁に恵まれた年だったと
改めて想います

だぶん

2012年は一生記憶に残る年


さて
あけて2013年の今年は


変化の年になる予感が・・


それはそれで

愉しく
活きます!


うちの飼い猫のカーンも

あけおめ
よろニャン

と面倒くさそうに
迎えてくれてました


pet02.jpg


だから(?)

きっと
良い年になるでしょう


そして

日本全国や海外にもいる

私とご縁のある方々の
益々のご開運を
心から願っております。


皆様
また遊んでくださいm(_ _)m
たくさんやりましょう!

東京の注文住宅 2013冬春

久々の更新です m(_ _)m


本日発売の

「東京の注文住宅 2013冬春」(リクルート)

に当社が掲載されました。 o(^^o)


b-recruit-magazine201212.jpg

前号からはじめた、記事の大幅変更!

私、仲村和泰とお客さまとの関わりを中心に誌面を構成しています。


ポイントは・・・


見たことがない建築を

見たことがない住宅を

見たことがない家を

つくりたい方必見ですよ!!


そして、

聴いたことない、

見たことがない打合せを体感したい方は・・・。


どうぞお楽しみください m(_ _)m

スマートフォンサイトdesign変更

スマートフォンサイトのdesignを変更しました。


色をPCサイトと合わせただけですが・・・

かなり印象が違うと思います(^_^)


smartphone01.png


色を変えるだけで

相手に与える印象が全然違います!


だから、

住宅でも色使いが大事なんですよ!!


それに・・・

家の色を楽しみたいものです。。。

東京の注文住宅 2012秋冬

超々久々の更新です m(_ _)m


本日発売の

「東京の注文住宅 2012秋冬」(リクルート)

に当社が掲載されました。 o(^^o)

b-recruit-magazine201209.jpg


今号から記事を大幅に変更!

私、仲村和泰とお客さまとの関わりを中心に誌面を構成してみました。


見たことがない建築を

見たことがない住宅を

見たことがない家を

つくりたい方必見ですよ!!


どうぞお楽しみください m(_ _)m

東京の注文住宅 2012夏秋

超久々の更新です m(_ _)m


本日発売の

「東京の注文住宅 2012夏秋」(リクルート)

に当社が掲載されました。 o(^^o)

b-recruit-magazine201206.jpg


今号も

「お住まい拝見レポート」に掲載されてます。


毎号言いますが!

正直・・・他とは・・・ちがう・・・。

自信作です。


これ!

お客さまの想いをカタチにしました。 o(^^o)


「だから、仲村さんにお願いした」と・・・。


どうぞお楽しみください m(_ _)m

東京の注文住宅 2012春夏

久々の更新です m(_ _)m


本日発売の

「東京の注文住宅 2012春夏」(リクルート)

に当社が掲載されました。 o(^^o)


b-recruit-magazine201203.jpg


今号から

「お住まい拝見レポート」

にも掲載されます。


正直・・・他とは・・・ちがう・・・

自信作です。


どうぞお楽しみください m(_ _)m

1日限定に!

当初、2012年2月11日(土)も完成見学会を予定していましたが、

ご予約でいっぱいになってしまいました。


感謝、感謝です。ありがとうございます。 m(_ _)m


従いまして、

私ひとりでしかご対応ができませんので・・・


1日限定の完成見学会に変更させていただきます。


2012年2月12日(日)にSE構法の家の完成見学会を1日限定で開催!

ワンランク上の家


仲村建築店ではオープンハウス(完成見学会)を下記の日程で開催します!!


1日限定『わたしの居場所』オープンハウス

場 所  東京都杉並区永福 永福T-house

日 時  2012年2月12日(日) 9:00 ~ 15:00

内 容  『わたしの居場所』のイメージが現実に・・・。

建 物  SE構法 木造2階建て

約 束  売り込み&訪問販売は一切致しません。安心してお越し下さい。

予 約  必要ありませんが、日時をご予約した方がゆっくりとお話ができます。
     是非お申し込みください。

特 徴  デザイン住宅を建てたいとお考えの女性の方必見!!!


建築家がたくさんの想いをつめ込んでつくった『わたしの居場所』です。私たち仲村建築店が想う住空間を見てください。きっと今までの住空間のイメージが変わります。今まで聞いたことがない話も聞ける。絶対に後悔させません!お気軽にお越しください。

永福T-house 完成見学会

2012年2月11日(土)・12日(日)にSE構法の家の完成見学会を開催!


ワンランク上の家


仲村建築店ではオープンハウス(完成見学会)を下記の日程で開催します!!


『わたしの居場所』オープンハウス

場 所  東京都杉並区永福 永福T-house

日 時  2012年2月11日(土)・12日(日) 9:00 ~ 17:00

内 容  『わたしの居場所』のイメージが現実に・・・。

建 物  SE構法 木造2階建て

約 束  売り込み&訪問販売は一切致しません。安心してお越し下さい。

予 約  必要ありませんが、日時をご予約した方がゆっくりとお話ができます。
     是非お申し込みください。

特 徴  デザイン住宅を建てたいとお考えの女性の方必見!!!


建築家がたくさんの想いをつめ込んでつくった『わたしの居場所』です。私たち仲村建築店が想う住空間を見てください。きっと今までの住空間のイメージが変わります。今まで聞いたことがない話も聞ける。絶対に後悔させません!お気軽にお越しください。

東京の注文住宅 2012冬春

本日発売の

「東京の注文住宅 2012冬春」(リクルート)

に当社が掲載されました。 o(^^o)


b-recruit-magazine201112.jpg


いま、

皆さまのおかげで

デザインに格闘させていただいています。


おかげさまで

ありがとうございます m(_ _)m


だから、

こんなに忙しい今を、

さらなる自分磨きを大切に・・・


それが、

お客さまのためになると想うから。。。


なので、


今後は

いろいろな展開を考えています。


どうぞお楽しみに m(_ _)m

この時期になると・・・

切ない気分になるのは

私だけでしょうか?(^_^;

winter-night01.jpg


街はすっかりクリスマス。


先日、

2ヶ月に一度の中古カメラの会が新宿でありました。


ご存知の方はいるかもしれませんが・・・

私、写真が趣味なんです。


それも

クラシックのフィルムカメラでの撮影が好きなんです。


そんな同じ趣味同志が集まって

自慢のカメラを見せ合う会です。


ちなみに、

毎回違うカメラを持参しなくてはならないのですが・・・


私はもうネタ切れで何も持参せず、


まわりの方々は

私の父親位の歳の方ばかり、

質と量でかないません(^_^;


楽しい会でしたが、

外に出ると・・・


なんか切ない、

なんか寂しい、、


そんなのもいい、、、


冬の寒い夜でした。。。

お久しぶりです。

皆さま、大変お久しぶりです m(_ _)m

決して寝ていた訳ではありません・・・(^_^;


大変ありがたいことに、

仕事が集中してしまい

ブログまで手が回りませんでした。。。


お客さまに感謝、感謝です。

ありがとうございます m(_ _)m


それでやっと、この環境にも慣れてきまして、

落ち着いてきました・・・仕事量は変わらないのですが。


今後は、

こまめにブログを更新していきますので・・・


また、

皆様、お時間がある時に訪れてください。

よろしくお願いいたします m(_ _)m

東京の注文住宅 2011秋冬

本日発売の

「東京の注文住宅 2011秋冬」(リクルート)

に当社が掲載されました。 o(^^o)


b-recruit-magazine201109.jpg


このところ、

皆さまのおかげで、

大変忙しくお仕事をさせていただいていまして、

もうすぐ、来週には上棟を迎える現場もあります。


おかげさまで、

ありがとうございます。m(_ _)m


そして、

その合間に
研修やセミナーなどを受けに出張しています。


忙しい時だからこそ、

さらなる自分磨きを大切に・・・


それが、

お客さまのためになると想うから。。。


なので・・・ブログがかなり疎かに(^^;)ゞ


今後は、

出張紀行などをできる限り書いていきます。


なので・・・皆さま、見捨てずに

このブログにまた、

ご訪問ください。m(_ _)m

最近想うこと・・・

「デザイン住宅に住みたいという方が増えたなあ」

ということ。


もちろん、

デザイン住宅をつくっているのだから、

それを求めるお客さまから

お問い合わせがあるのは当たり前ですけど。。。


そう実感するのは、

自分なり想うことは、

きっと、

私が、

ただ見栄えだけがいいデザイン住宅をつくっている訳ではない、

ということがわかっていただける

目の肥えたお客さまが増えた、

ということ。


それだけ、

住宅のみならず、

デザインに対する意識が

世間一般、社会で高い、

ということ。


だから、

当社HPにもあるように

デザイン住宅は『モノではなくコト』

なんです。


要するに、

デザインによって

今までの体験をブラッシュアップ

するんです。


一度、

体験する価値あり

だと想います。。。


一生に一度の家づくり

ですから、

デザインの世界を。

おめでとうございます。

8月というのに
涼しくて過ごしやすい日でした。


eifuku-t-house02.jpg


きょうは、

午後から地鎮祭、よかったです。


T様、おめでとうございます m(_ _)m


毎回、

地鎮祭の時は

気持ちが引き締まります。


工事期間は、

その後のここでの生活の期間を考えれば短いものです。


しかし・・・

その後の生活を左右するかもしれません。


だから・・・。


完成まで全力でいきます。


きょうは、

さらに
近隣の方々への挨拶まわりを
T様と一緒に行い、

その後、
会社に帰り、
新たなお客様とお会いし、

たくさんの人とのご縁がある日でした。


とても

皆様に

感謝感謝の一日でした。


おかげさまで

ありがとうございます。


そして、

あらためまして

T様、おめでとうございます m(_ _)m

ほしいもの

いま一番ほしいもの・・・やすみ。


というわけで、

世間とはズレています・・・感謝、感謝です m(_ _)m


待って下さっている方に・・・感謝、感謝です m(_ _)m


ところが、

やすみがなくても、

おかげさまで・・・毎日たのしく過ごせています。


感謝、感謝です m(_ _)m

忘れられない

ひとくち目を・・・思い出します。


先日の京都、

祇園の一力茶屋近くのお店で

お昼を食べた時です。


kyoto-meshi05.jpg


定食に付いてきた、厚焼き卵。


たぶん・・・

見た目からは想像できない味です。


何気なくひとくち、

衝撃が走りました。


なんと上品な・・・。

うなり、ました。


例えるならば、

とても上等なお出汁を使った

茶碗蒸しを食べているよう・・・。


とくに、

ふつうのお店です。


忘れられない味が

ひとつできました。


きっと、

人の感覚は

こういうことの

積み重ね

だと

あらためて想う。。。

らしさ、らしさ、らしさ

先日所用で行った京都で・・・

くずきり

を食べに行こう、と京都をよく知る人から誘われました。


それが

鍵善。

祇園の四条通に面した、

前から知ってました、入りづらそうなお店だな〜という感じの
言わば、
京都らしい店構え。

ただ、奥に喫茶室があり、
入ると、知っていると普通に行けそうな
それこそ、
京都らしい雰囲気。


いい場所知りました。


そこのくずきり。

漆の器で出てきます。


kagizen04.jpg

京都らしい。

この器ほしい!


kagizen05.jpg

この仕掛け。

なんか作法がありそう!
まわりをキョロキョロ (^_^;


kagizen06.jpg

氷水に浮かんだ

くずきり

を黒蜜でいただく。


暑い夏、


まず

京都らしい雰囲気を感じ、

涼しみ。


目で見て楽しみ、

涼しみ。


食べておいしく、

涼しみ。


ただ単に、

くずきり

をいただく中にも

たくさんのコトを含んでいる。


それが

一番、

京都らしい。

らしさ

先日、所用で京都に行きました。

夏の京都は、はじめて。
やはり、暑かったです (^_^;

なにか、お土産と思い、人からのオススメで、

鍵善のお干菓子を購入。


kagizen01.jpg

包装。

kagizen02.jpg

木箱でのし。

kagizen03.jpg

「園の賑わい」という名のお干菓子。


むかし祇園祭に
あでやかな女人たちが、
それぞれに装いをこらした
行列「園の賑わい」がありました。

その、うつくしかりし
面影をしのんで、
ゆたかな四季の花ばなを
映し出した京のお干菓子。


だそうです。


〜らしさ、という言葉がありますが、

我が家はいまだに一時、

京の風が心地よく流れます。

毎年のこと

きょうから8月。

毎年、
夏の本番が暦の上でもはじまったな、と思います。

というのも、8月1日は
毎年、実家のお墓がある近くのお寺の御施餓鬼法要があるからです。


御施餓鬼は「おせがき」と読みます。
簡単にいうと、お寺のお祭り、だそうです。


osegaki2011.jpg


法要の前の説法によると、

直接のご先祖様のご供養は、何回忌ということで、ご法要を執り行いますが、

御施餓鬼法要とは、

あの世で餓鬼道(がきどう)に落ちてしまった人々を供養するための法要で

その法要に参加された人には徳が返ってくる、

ということだそうです。


じつは、
今回はじめて知りました (^_^;
さらに詳しいことはネットで検索願います。


このお寺には、

実家のお墓があり、また、

本堂の改修、庫裏の増築、水屋の建築など、

普段からお寺全体の建築工事に携わらせていただいて、

尚かつ、社長が総代ということもあって、

毎年8月1日は、社員一同でお手伝いをしております。


わたしは、
法要に参加しているのですが、
法要前の説法を真近で聴いたのは
今回がはじめてでした。


特に今年は、

東日本大震災で犠牲になった方々へのご供養、

という意味もあります。


改めて想います。

「無常」


常に同じ状態は無い。


これも説法の中でのお話です。


悪いこともいいことも

ずっと続くわけではない。

だから、

いまこの時を大切に。。。


夏の少しためになる日、でした。

暑い・・・けど、ほっと!

毎日・・・言いたくはないですけど・・・暑いですね (^_^;


この時期、

上棟前の現場は日陰がなくて、、、

電柱の陰にも入ったりします (-_-;


きょうは、

来月の着工をめざして計画中の物件の

地盤調査でした。

eifuku-t-house01.jpg

地盤の10年保証を取得するための調査です。

(ジャパンホームシールド㈱(JHS)の地盤サポートシステム)


この物件のお客さまは

土地探しの段階からお声を掛けていただき、

サポートさせていただきました。


私が考える

土地探しの一番大事なポイントは、

資産ですから、

地盤のいい場所を手に入れること。

建物の基礎にもお金をかけないで済みますし、

その分、他の予算にお金を回せますし、

次の世代にもきちんとしたものを残せます。


では、

地盤のいい場所を探すコツは・・・

結構あるんですよ。

不動屋さんは、

地盤の良し悪しはあまり・・・。


で、

今回の地盤調査の結果は、

まだこれから、解析して、数値できちんと報告書が出ますが、

現場で調査をした技術者の方曰く、

「安定した良好な地盤ですね。」

とのこと。


ほっと!


調査する前から、

たぶん良好な地盤だろう、とは考えてはいましたが。


よかったですね、T様!(^_^)

・・・

7月5日、石巻に入りました。

目的は、被災地を感じとることと買い物支援。

ishinomaki01.jpg

この写真から何を感じますか?


わたしは


・・・


何も感じとることができませんでした。


・・・頭の中が空白でした。こんな体験はじめてです。


・・・東京にいたら、わかりません。


行き先を決めないで、ここまで来たけど・・・。

やっぱり来てよかった。

不謹慎かもしれないけど・・・大事なことかもしれない。

東京の注文住宅 2011夏秋

6月21日(火)発売の

「東京の注文住宅 2011夏秋」(リクルート)

に当社が掲載されました。 o(^^o)


b-recruit-magazine201106.jpg


実は、出張で大阪にいて、
発売されたのを忘れていました。(^^;)ゞ


このところ、

皆さまのおかげで、

大変忙しくお仕事をさせていただいています。


おかげさまで、

ありがとうございます。m(_ _)m


その合間に、
研修やセミナーなどを受けに出張しています。
先月、今月と結構行きました。


忙しい時だからこそ、

さらに自分を磨き、

将来もっと皆さまのお役に立てるようになりたい、と考えています。


なので・・・ブログがかなり疎かに(^^;)ゞ

まだ、
今後も出張の予定がありますが・・・
ブログの更新はなるべく(?)していくつもりです。


自分でも
出張紀行を書けばいい、と思うのですが・・・
遊びに行っている訳ではないので、
そんなに・・・ネタができないんですよねぇ。

ホテルでもパソコンで仕事しているし・・・(^_^;


なので・・・皆さま、見捨てずに

このブログにまた、

ご訪問ください。m(_ _)m

設計って・・・

軽く見られがち・・・そんな感じを時々受けます。。。


21日、T様と設計契約をしました。

T様ありがとうござます。最後まで全力でがんばります。


T様は逆で、

設計こそ大事と考えらている方です。


だから、私も限界ギリギリまで・・・。


HPにもありますが、

自分にとって、家族にとって

いい家をつくろうとするならば、

存分に設計者に設計してもらいましょう!


いい家を建てる一番のコツかもしれません。


ただし、

設計者を誰にするか・・・。


想いを叶えてくれる人を見つけてください。

最近想うこと・・・

都市計画は、役人と学者の世界。

街づくりは、市民の世界。


どちらからも建築家は相手にされていない。

だから復興に必要とされていない。


これが建築家の社会的立場の現実。


まずは、

現地で体を使ってみれば、遠くから頭を使ってないで。。。

2つ目は・・・

『仲村さんのつくった家のデザインが好きなんです』

『仲村さんのセンスで設計してください』

と言われることが多くなったこと。


もうこれは・・・

飛び上がるほど、うれしい!!!


と同時に、

そう言っていただける方々に

感謝、感謝、感謝です。


おかげさまで、ありがとうございます。


私は、

このように皆さんから言われて、

仕事ができることを

目標にしていましたので、

いまはとても充実した毎日を送っています。


なので、、、

忙しさを言い訳にするつもりはありませんが、

ブログがおろそかに・・・。


来月からは

もっとブログを更新していくつもりでいますので、

今まで以上にご愛好のほどを・・・


と、今月2度目のお願いでした。。。m(_ _)m

ペット

my ペットのネコたちです。

pet01.jpg

手前がキジトラで名前が「トラ子」。
奥がアメショーで「カーン」。

トラ子は奥さんの連れネコで、
カーンはペットショップで売れ残ってるのを見つけました。


最初ガリガリで小さかったのに・・・カーンとはいつも一緒に寝てます(^_^)


今では家族の一員です!


東北の被災地でもペットと一緒に津波から逃げて、
避難所で生活している方々がいるそうです。

ただ、避難所にはペットが苦手な方もいて・・・。


そんなペットたちを一時的に無料で預かる支援をしている方々がいる、
というニュースを聞きました。

頭が下がります。


でも、

行政は日頃から津波に対する避難訓練の時に、
ペットも一緒に連れて逃げてください、
とアナウンスしていたそうです。

ただし、避難所での混乱は想定していなかったと・・・。


『想定外の悪い事が起こっても、被害を最小限に食い止める想定はできる。』


今回の震災で一番学んだことではないでしょうか。

最近・・・

ブログの更新が・・・。


実は理由があるのですが、

その理由は、またの機会に。。。


別にもったいぶるつもりはありませんが、

ただ、今はまだ言えない感じです。。。


そんな大した理由ではないので、

いつも見てくださる方々、

今後はもっとブログを更新していくつもりでいますので、

今まで以上にご愛好のほどを。。。

雰囲気のある街

ここ最近、珍しく夜の街に出かけることが多い。。。


新橋、渋谷、新宿・・・


渋谷の街、めったに行きませんが、

あんなに暗い渋谷ははじめて。


渋谷駅前のスクランブル交差点なんて、

ここどこ?

と言うくらい、違って感じます。


ある意味貴重な体験かもしれません。


まるで海外の街のよう、

雰囲気があっていい。


夜なんだから、

昼間のように

照明でコウコウと照らす必要なんてないんです。


夜には、夜の街の表情がある。

これは住宅も同じ。


私は今ぐらいの明るさで調度いいです。


それに、いつもと変わらないくらい人がいますよ。


原発なくて、

節電して、

計画停電なければ・・・


このままでいいのでは。。。

東京の注文住宅 2011春夏

3月19日(土)発売の

「東京の注文住宅 2011春夏」(リクルート)

に当社が掲載されました。 o(^^o)


b-recruit-magazine201103.jpg


実は、発売されたのをすっかり忘れていました。(^^;)ゞ

リクルートの担当者から電話をもらい、気がつきました。。。


このところの震災、それに伴う原発の騒ぎに

そちらの方に気が取られていたのかもしれません。


毎日考えることは、

今できることを全力で・・・。


こんな時だから、

家族の暮らしを真剣に考える時なのかもしれません。


そんな方に

仲村建築店の誌面を

ホームページを

見ていただきたい、、、です。

笑っていられる

先ほど、メールで

八戸の知り合いの工務店の方と震災後はじめて連絡がとれました。

本当に良かった。。。


その方が

被災し、不自由な生活を強いられ、

とても辛い状況にいるにもかかわらず、


『笑っていられる・・・・・生きてるだけ絶好調です♪v(^^)v』


と・・・。


涙でそう。。。


頭ではわかっていることかもしれません。

でも、実感というか、、、

心で意外とわかってないというか、、、

普段、知らず知らずのうちに、忘れてしまう。


この震災で失ったものがたくさんあり過ぎますが、

その分、何か・・・。


『Mさん、今度お会いするときは、笑って飲みましょう!!』

場所の力

ある人のツイートです。

『たとえ津波がまちやむらを根こそぎ奪い去っても、暮らしの記憶まで海の藻くずにはさせない。暮らしの記憶、生活に根ざした歴史、すなわち、「場所の力」を顕在化させるのが私たちの仕事。』


今後、どうするべきか?


建築をやっている人間として、指針になる理念です。


この言葉に感動し、奮い立ちました。

無事でよかった!

心配をして、連絡を下さった方々へ

ありがとうございます。m(_ _)m

家族も含めて「無事です。」

ただ、実家の屋根瓦がグチャグチャになりました。

earthquake-damage.jpg


はじめての、経験したことがない揺れ。。。

「無事でよかった!」

改めて思います、、、決して、大げさではありません。


栃木や茨城の知り合いの方とメールで連絡がとれた時、

「無事でよかった!」

ホッとしました。


東北の知り合いの方とは、まだ連絡がとれません。

「無事でいてほしい!」

とても心配です。。。


自分にできることは・・・


メールやツイッターで知り合いに情報を送る、

節電をする、

そして、、、

OBのお客さまを回って、建物確認。


それぐらいしか・・・。

編集部のお勧め

雑誌「TVホスピタル 3月号」の「編集部のお勧め」というコーナーで

当社を紹介してくれました。

tvhospital.png


この雑誌は、

全国の総合病院に無料で置かれるフリーペーパー、

だそうです。


早ければ、

今日あたりから置かれる、とのこと。


見かけたら、

ちょっと手にとってみてください。

仲間

今週の月曜・火曜の2日間、

今の自分に一番欠けている所を補うための研修 part4、最終回。

銀座で受けてきました。 o(^^o)

研修内容は・・・。


わたしは、この研修を過去に受講したことがあり、

今回は、再受講で、、、お手伝いで、、、という形で参加してました。


この研修、ほぼ全国から集まった
工務店を経営している、言わば、同業者の方々が
自分をパワーアップさせるために受けるもの。


だから、

同じ業種で、同じ目的で研修を受けるので

心と心の結びつきが強くなります。


特に今回は、非常にみんな仲良くなり

途中から、

家族や友だちにも普段話さないようなことを語り合う

仲間になりました。


わたしも

東京に居ながら、

銀座にお泊まり(^^;

今回は最終回なので、日曜の夜から2泊(^^;


これは、

毎回、初日の夜は懇親会で

銀座の夜をみんなで仲良く遅くまで過ごすため。


さらに、

今回は前泊して

浅草に集合、、、。

asakusa03.jpg


それが楽しくて。。。


もちろん、昼間は真剣そのもの、、、笑いもありますが(^^;


ginza-night02.jpg

写真は、

月曜日の夜の銀座。

懇親会の後、お店の外。

銀座の雪、、、はじめて見ました。。。


今回は、

研修修了前夜祭と称し、

また、

過去の受講生が参加しての同窓会と

たくさんの人が集まり、

わたしにとっては、

今回の仲間だけでなく

過去の研修で一緒だった人との再会もあり、、、


泣けるほど楽しい夜でした(^^)


もちろん、この後

まだまだ、、、

つづきが、、、ありましたけど。。。


次の日、眠い。。。


でも、

いつでもみんな真剣に研修受けてましたよ。


だから、

みんないい顔になりました。


自分も、、、


相当パワーアップ。


3年後の自分に見通しが立ちました(^^v

展覧会

実は、

絵を描くのも趣味なんです。。。


ただ、、、


exhibit01b.jpg

写真は、趣味仲間、、、というとおこがましいですが、

普段から良くしていただいているお客さま(右の方)が描いた絵です。


用事があってご訪問すると、

決まって絵の話になり、


いつも半日ぐらいお邪魔してしまいます。(^^;


そのお客さまから

グループ展に出品した、とのご連絡をいただいたので

先日、早速うちの奥さんと一緒に三鷹まで見に行きました。


結構、レベルの高い展覧会でした。。。


実は、、、私も絵を描くのが趣味と書きましたが、、、


一応、

20代の頃に

美術学校を修了していまして、


建築設計をやっていく上で、

美術の勉強も必要では、と考え

主に、油絵を勉強してました。


今でも、

その時の仲間と

わたしもグループ展をしています。


今年は、、、

11/3〜 武蔵野市立吉祥寺美術館で開催する予定です。


今は、

油絵ではなく、アクリルで描いています。。。


先ほどの「ただ、、、」というのは、

普段は絵を描くことがなく、

展覧会に合わせて

出品用に制作に入るので、、、

趣味と言っていいのか?


ただ、、、

絵を描くのはホントなので、、、

一応、趣味と言ってます。(^^;


建築はデザインの領域。

絵画はアートの領域。


美術学校で学んだおかげで、

わたしの視界は広がりました。

人とアートと建築01


普段描かなくても、、、


自然と、、、


アートを意識してます。


だから、


自然と、、、


デザインにも意識がいきます。

椅子

椅子が大好き(^^v


以前のブログで「椅子が趣味」だと書きましたが、、、

今発売中のBRUTUSで椅子特集をしてるのをコンビニで発見。

思わず立ち読み、即購入。


「椅子が趣味」と聞いて驚く人も多いです。。。


でも、椅子の世界は結構奥が深い。


それだけで一晩は余裕で語れます(^^;


宣伝をする訳ではありませんが、

BRUTUSの椅子特集・・・

いいです、、、写真が、、、取り扱う椅子が、、、焦点の当て方が。


訳わからん、という人・・・立ち読みススメます(^^;


わたしは、

デザインと座り心地などの機能性に、、、

椅子は単純な用途ですよね、、、

でも、いろいろな椅子がある。

まず、それがおもしろい!


次に、

空間に椅子が1つあれば、

それだけで空間に変化が生まれる。


2つあれば、

新たな空間がそこだけにできる。


椅子は最小の空間をつくり出すモノであり、

最小のコトも生み出す。


そこに様々なデザインがあり、

単純な用途だけに

そのデザイン性が直に影響する。


だからか、椅子に惹かれます。。。


惹かれるとなると、

当然欲しくなる、、、欲しい椅子がたくさん!


ところが、椅子高いんです、、、結構いい値段、、、欲しい椅子は(^^)


だから、なかなか買えず、

ミニチュアもあるんです・・・
でも、それも結構、普通に市販されている椅子より高かったりする。

でも、ミニチュアで我慢してたんです。


やはり、

人が座れる椅子でないと、、、「椅子が趣味」とは堂々と言えません。

まあ、「ミニチュアの椅子集めが趣味」というのでも、、、そういう人もいますが。


本来は、

人が座れる椅子が好きな訳ですから、、、あまり趣味とは言いませんでした。


しかし、

引っ越しを機に、

リビングダイニングに椅子が増えました(^^v


当然、どんなモノでもいい訳ではないので、、、

奥さんも椅子好きなので、、、

許せる範囲で買えるモノをチョイス。


で、気がつくと

20脚くらいになったので、、、

そろそろ「椅子が趣味」と公言しはじめました。


中には、結構歴史的に貴重な椅子もあるんです。


いずれまた、このブログで紹介していきます。。。


本当は、

引っ越しを機にソファが欲しかった・・・


でも、欲しいソファは高くて手がでません・・・LC2

(わからない人は「LC2」で検索してみてください)


ソファはLC2、と決めているので

買えるまで、ソファ無しです、、、いつ買えるのか(^^;


かわりに、

カリモク60のベンチシートを購入。


てな感じで、、、

欲しい椅子がたぁくさん!!!


満たされる日がくるのかぁ(^^;

うれしいこと

最近、、、

問い合わせが多いんです。。。(^^)


結構、資料発送に、、、対応に、、、忙しいです。


東京の注文住宅」の反響のおかげか、、、二次的効果か、、、。


うれしいことです、、、皆様に感謝感謝です。 m(_ _)m


それに、、、

プロからの問い合わせも多いんです。。。


それも、、、

うちの会社の作品を見て、デザインの指向が合うから、

という理由で来る方が多い。。。


少しづつ、、、デザインのつながりが増えていく。


なんか、いい感じのつながりです、、、今後に確実につながります。(^^)

感動

先日、ある方から

「感動しました。」とお手紙をいただきました。


何に感動されたのか?


年賀状です。


その方の

心の琴線に触れたのかもしれません。


「たのしい毎日がくる」


わたしはこの言葉が大好き。


この言葉、、、たくさんの人に届けたい。。。

今年のはじめ

きょうが仕事はじめ。 o(^^o)


皆様、

ブログでの私を

今年も宜しくお願いいたします。m(_ _)m


きょうは、新年のあいさつ回り。

でも、、、途中のお宅で話し込んでしまい、、、

すべてのお宅を回りきれず、、、また明日です。。。


でも、

おかげさまで

いくつかお仕事をいただきました。

中には、新築のお話も、、、

新年早々、とても感謝を申し上げます。m(_ _)m


やはり、

一度ご縁を持たせていただいた方々ばかりですので

最近どうなのだろうか、

お元気なのだろうか、

などなど、気に掛かりますので

こうして、

必ず毎年、新年にお会いすると

ほっとする、と言いますか、

何かたのしく、うれしい気分になり、

ついつい長居してしまいます。。。(^^;)ゞ


この時期は日が暮れるのも早いので、、、

また明日、あいさつ回りのつづきをします。 (^-^ )


ところで、

今年のお正月は、、、

の〜んびり

とはいきませんでした。

2日から仕事してました。。。


東京の注文住宅」の反響はスゴいですね。


うれしいことです。


なので、

お正月気分は元日だけ。

2011gantan01.jpg

写真は、

元旦の光。

2011gantan02.jpg

我が家のおせちです。

普段飲まないシャンパンなどを。。。

asakusa02.jpg

で、

毎年恒例の浅草・浅草寺への初詣。 o(^^o)


ただし、今年は行く暇がなく、、、

きょう夜に行きました。

20時ころ。。。


浅草寺初詣のたのしみの1つが

食べること、、、だったりするのですが、、、

着いたのが遅くて、、、お正月なので、、、

お店がやってない、、、ちょっとガッカリ。


でも、

お腹いっぱい食べましたけど。(^-^ )


そんなお正月でした(?)


今年も良い年に!

たのしい毎日がくる。

2011年 元旦

new-year-greeting-card2011.jpg


あけまして

おめでとうございます。


皆様の新年が

たのしい毎日でありますように。


    仲村建築店 仲村和泰


追伸:

もう初詣に行ってきました。

毎年恒例で、近くの鎮守神社へ。

午前0時前から並び

今年は110番目、うちの奥さんは111番目。

1がたくさんで縁起がいいですね。

何番目かわかるのは、
確か200番目まではお箸をいただけて
そこに何番と書いてあるからです。

このお箸、長寿箸と言いまして、
伊勢神宮の式年遷宮で出た古材でつくったものだと
先日、宮司さんから伺いました。

縁起のいいお箸なので、お正月に使います。

今年の最後に・・・

一年の感謝を込めて、ごあいさつです。


今年は「変化のはじまり」の年でした。


目立つ所で言いますと、

会社のホームページを新たに立ち上げ、
携帯サイト、ブログをはじめました。

そのお蔭で、たくさんの人との出会いがありました。

結果、仕事に結び付きましたし、

新たな縁や深い縁ができました。


この場をお借りして、

そんな皆様方に感謝の意味を込めまして、

お礼を申し上げます。


「お陰さまで、ありがとうございました。」


また、

目立たない所で言いますと、

新たな縁や深い縁が

わたし自身にたくさんの気づきをもたらしてくれました。


結果、少しですが

成長と言いますか、
変化することができました。


その気づきは、

わたし自身の人生観に及ぶこともありましたし、

建築に対する考え方、

家づくりに対する考え方にも大いに影響を与えました。


よく

このブログを見ている方から、

「今やっている仕事のことをブログに書いた方がいい。」

と言われます。


それは、その方が

これから家を建てようと考えている人にアピールになる、

という理由からです。


しかし、わたしは

今やっている仕事の内容はブログには書かない、

というルールを自分で決めました。


理由は3つ。


ひとつは、このブログを通して、わたしの人間性を見てもらいたいから。


一言一言、一文一文から

わたしがどういう人間なのかを感じてもらいたい。

仕事の内容を書くと

そちらの方に目が行ってしまうから。。。

最終的には、

家づくりは人対人です。

一緒に家づくりができる人かどうかを判断してもらいたいからです。


ふたつ目は、

家づくりは、実際の現場も大事ですが、そこに至る考え方の方がもっと大事だから。


この家づくりに対する考え方は、なかなか具体的に表に出てきません。

実際の仕事の影に隠れている、抽象的な場合が多いです。

例えば、『いい家をつくる』『すばらしいデザインの家』などなど。

具体的にわからない場合が多い。


だから、そこに焦点を当てるために

今やっている仕事の内容を書くよりも

もっと広く家づくりについて普段考えていることを

事例を通して具体的に紹介したい、と考えています。


これも

一緒に家づくりができる人かどうかを判断してもらいたいからです。


最後は、

わたし自身が

建築に対して
住宅に対して
家づくりに対して

いろいろと気づきたいから。。。


仕事の内容をそのまま書くと

気づきも何もありません。


しかし、

なかなか言葉にできないコトを

書こうとすると、

自分でも想いもしなかった言葉が出てきます。

それが、自分自身への気づきになります。


そして、

その気づきが

次の仕事に生かせます。

少しの成長、変化になります。。。


このブログを

定期的に見てくださる方、

気が向いた時に少しでも見てくださる方、

あるいは、

今回はじめて見ていただいた方、


すべての方に感謝を申し上げます。

「お陰さまで、ありがとうございました。」m(_ _)m


来年も少しずつ成長、変化したいと思います。

見守ってくださいますと、とてもありがたいです。


来年もどうか

宜しくお願い申し上げます。


それでは、


皆様方の幸せをお祈りいたしております。

よいお年をお迎えください。

コトのかたち

フォトシネマをYouTubeにアップして、
ホームページのトップページで見られるようにしてみました。 o(^^o)


『家族の「コト」を形にする。』

blah, blah


「コト」をイメージしてもらいたい、、、

「コト」のことをわかってもらいたい、、、

「コト」が一番大事だと。


また、

ちがった角度から「コト」を、、、お見せします。 (^-^ )

お休み

冬期休業は 12/30 (木) 〜 1/4 (火) です。


お正月に何しようかな?


わたしは
家での〜んびり、というより


どこかに行くこと
何か好きなことをすること

でストレス解消やリラックスし

癒されるタイプなので、、、


だから、

中古フィルムカメラを持って
街を散歩するのが趣味なんです。 o(^^o)


でも、

今年は、、、仕事するかも。。。( ̄□ ̄;)


それだけ、

「東京の注文住宅」の影響は大なんだなぁ。。。 (^-^ )

東京の注文住宅 2011冬春

本日発売の

「東京の注文住宅 2011冬春」(リクルート)

に当社が掲載されました。 o(^^o)


b-recruit-magazine201012.jpg


コンビニで立ち読みしてみました、、、

改めて
誌面を見ますと、

少し、、、照れます。。。(^^;)ゞ


たくさんの人に

仲村建築店がやっているコトを知ってもらいたい、、、です。

感謝の気持ち。

今週は、
今の自分に一番欠けている所を補うための研修 part2。
銀座で受けてきました。

研修内容は・・・。

別の機会にまたお話しします。


かなりパワーアップして帰ってきました。。。


帰りに、銀座みやげを。

ginza-gifts02.jpg

ここでしか買えないものを

感謝したい人の顔を想い浮かべながら購入。

物で釣る訳ではありませんが、、、なかなか素直になれないもので。。。


結果は、、、

また、すぐに1つ食べてました。。。


これ、マカロン。本場フランスのお店らしい。

おみやげにオススメ。

美味しいのは、もちろん。

東京だと、
日本橋か銀座の三越でしか買えないので希少価値がある。

色が鮮やかで見た目に楽しいし、

色ごとに味がちがうので


「これ、なに味?」

などと会話もはずむ。。。


普段なかなか会えない人へ、


話がしたいのになかなかうまく話せない人へ、


それから、

感謝している人へ。


たまには、贈り物も。

師走気分!?

毎年行きます。この時期の楽しみのひとつ。

世田谷ボロ市。

毎年12月の15・16日、1月の15・16日。

boroichi01.jpg

子供の頃から、ほぼ毎年。

何がいいかって?

師走気分になれる、、、季節感を味わえる。


最近はテレビでも大きく取り上げられるので、人がいっぱい。


ボロはありません、、、近いのはあるけど。。。

骨董品、お正月の準備品、植木、衣類、、、あと食べ物などなど。
ふつうの縁日の夜店とはちがう店揃い。

ここでしか見られないお店も、、、神棚のお店、鉱物のお店、何だか分からないお店。
もちろん、、、中古カメラのお店も、、、買いませんよぉ。

子供の頃は、バナナの叩き売りをここで初めて見ました。


食べるもの、見に行くお店は、ほぼ毎年同じ。

というのも、毎年同じ所に同じお店。


でも行きたい。
だから行きたい。

朝からソワソワ。。。

ほんとは昼間に行ってみたい。
でも昼間はお仕事なのでガマン。。。


今年も十分堪能してきました。


で、
今年は帰りにボロ市会場近くのベトナム料理屋へ。

saigon01.jpg

ここは普段からよく行くお店。

ベトナムビールと生春巻き。
定番だけど、旨い!フォーもいい。

ここカレーも旨いんです。もちろん、いただきました。


ボロ市行って、ベトナム料理食べて、、、ほろ酔い気分で世田谷線乗って。。。

いや〜、楽しい!

お披露目

お披露目といっても、カメラの話。


今週、平日の夜。

2ヶ月に一度の趣味の会。

中古カメラ好きが
毎回違うフィルムカメラを持ち寄り、
新宿のレストランでカメラ談義。

camera03.jpg

先日のブログ「買ってしまった!」に出てきたカメラのお披露目です。


(写真左下のカメラ)


う〜ん、デカくて重い!

新宿まで持って行くだけで肩が痛い。。。


でも、シャッター音がいいんです!


『ヴァスゥッ』って感じ、、、バズーカーを撃つ感じ、、、撃ったことないけどぉ(^^;


「撮ったぁ、、、撮ったぞ、、、撮ってやったぞ!」

という満足感が味わえるカメラです。


先日、深大寺で試し取り。
光漏れもなく、快調でした。

結構いい写真が撮れました、、、


しかし、会の人には「堅い写真だね〜」と。


「適当に露出を決めてるもので、、、そこはあまり気にしないんです。」
「撮って、自分で楽しむ世界ですから。。。」と言い訳。


でも、本人はいい写真だと思うんだけどなぁ〜


これ持って、、、次はどこ行こうかな(^o^)

お正月だなぁ。


腕がパンパンになるけどね。。。

終了、終了。

とりあえず、終了。

引っ越しました。

new-house02.jpg

でも、
まだまだ荷物だらけ、段ボールだらけ。。。


まだまだ続くのです、、、ひとり片付け。


年末の大掃除の前倒しだと思うのです。。。


いずれ片付いたら、
写真撮影して、
みなさまにお見せします。

ディナー

きょうは誕生日。

だれの?・・・私。

えっ!何才だっけ?まわりに聞きました(^^;


というわけで(?)

バースデイディナー・・・というほど大げさではありませんが、、、


前から気になっていた
ちょっと洒落たお店に。。。

birthday-dinner01.jpg

前菜。

自家製無農薬のルッコラのサラダと
ほうれん草とじゃがいものポタージュ。

birthday-dinner02.jpg

で、シメ?のエスプレッソ。。。


メインを撮るのを忘れました(^^;

ちなみに、メインは
ガーリックステーキライス。

すべて旨かったぁ。。。


お店全体を写せないのが残念です。

とてもくつろげる場所で

ゆったりした幸せな時間でした。


この時間を感じたい方は、
個別にお問い合わせください。。。

喜ばせたい!

今の自分に一番欠けている所を補うために
銀座で研修を受けてきました。

研修内容は・・・。

別の機会にまたお話しします。


帰りに、銀座みやげを。

ginza-gifts01.jpg

ここでしか買えないものを

喜ばせたい人の顔を想い浮かべながら購入。


結果は、、、

すぐに1つ食べてました。。。

買ってしまった!

撮影会の帰りに、
横須賀のハードオフへ。。。

行きに目を付けておきました(^-^;

中古フィルムカメラ好きにとっては、
ハードオフは穴場。

でも、
買う気は無かったんです。
本当です。。。(誰に言い訳!?)


しかし、
見ちゃいました、、、
前から欲しかったカメラがすごく安く出ているのを。。。

今までで最安値です。

たぶん、お店の人はこのカメラの価値がわかっていない。

(だから穴場なんです。)

即決!!

camera02.jpg

マミヤ RB67 ProS + 90mmレンズ

(実物はまたの機会に、、、)

プロ用のカメラです。
電池がいらないフィルムカメラ。
写真館などで使われていました。

でも今はデジタル時代。
昔は何十万としたフィルムカメラが二束三文に。


かなり大きく重たい、、、でもそれがいい!!


・・・どこに隠すか。。。

人とアートと建築03

15年以上前から、、、できた当時から、、、
行きたかった博物館です。

三重県鳥羽にある「海の博物館」。

建築家の内藤廣の作品です。

sea-folk-museum01.jpg

なかなか行く機会がなく、
先の関西出張の途中に寄りました。

なぜ行きたかったか?

理由は2つ。

1つは、
この博物館建築は、絶対的な美を求めて設計されました。

しかし、
それがある方向で、ある限界点を超えると
昇華され、人とアートをも巻き込み、違った展開をみせる。

この博物館はそんな状況をつくり出しているのではないか?
それを体験してみたかったのです。


もう1つの理由は、
この建築のモノとしての完成度を見てみたかった。。。


この博物館が完成し開館したのは、バブル景気崩壊後でしたが、
計画立案・設計の時期は、ちょうどバブル景気の最中。

その頃の建築家は公共建築、とくに地方の公共建築などには見向きもぜず、
東京などの大都市で、溢れる予算を使い民間の建築を設計していました。

ポストモダニズムと称し、
時代の最先端の建築だと言いながら皆やってました。

しかし、
バブルが弾けたとたんに、
今では多少の振り返りはありますが、
ポストモダニズムの建築=悪みたいな風潮に変わりました。

一部の建築家が好き勝手にやり過ぎたのでしょう。
今でも残骸を時々見かけますが、、、

もちろん、その時代、建築家だけでなく、
全ての人が浮かれていましたから、、、何でもアリでした。


この博物館は、もともと予算があまり無かったようです。

バブルの最中です。
建築家のモチベーションは上がりますか?

今なら、上がります!
でも、その当時は難しかったのでは。。。


なのに、
建築家は粛々とできることの限界を見極めながら、
建築のモノとしての作品に昇華していった。

その結果、
バブル崩壊後に、賞賛を受けました。

今では、その姿勢がスタンダードに。

だから、
この建築のモノとしての完成度を見てみたかった。。。

sea-folk-museum02.jpg

木の架構。

使っている材料は、
決して高いものではありません。

納まりを工夫して、デザインして見せている。

その工夫は、他にも随所に見れます。

sea-folk-museum03.jpg

コストコントロールの賜物だと思います。

余分なものを無くし、
構造そのものをデザインして見せる。

ちなみに、

この木構造を住宅に応用したものがSE構法です。

sea-folk-museum04.jpg

プレキャストコンクリート版の架構。

コンクリート版を工場で製作し、
コストと精度とデザインの両立を計り、

木の架構同様、
余分なものを無くし、
構造そのものをデザインして見せる。


感銘を受けました。

建築家の誠実さと言いますか、志の高さに。


すばらしいと思うと同時に、
自分が普段考えている方向性に間違いはない、、、
志も技量も、、、と確認できました。


そして、

何よりいいのが、
ここを訪れた人が

「ね、ここいいでしょ。
前に来た時よかったから、一度連れて来たかったの!」

と家族に言っていたこと。

やはり、
建築はモノとしての絶対的な美を求めつつ、

最終的には、
そこを訪れる人やそこに置かれているアートなり何かを巻き込んで
どんな想い、衝動、感情をいだかせるか、が大事だと思います。

それは、どんな建築でも、住宅でも。


そして、

一番身近で大切な人とその想いを一緒に味わえる。。。


そんな建築を、住宅をつくり出さなくては、、、。

人とアートと建築02

人とアートと建築の関係を一番表している場所は、、、

美術館です。


先週末、台風の中、横須賀美術館に行きました。

建築家の山本理顕の作品です。

yokosuka-art1.jpg

美術館というと、
展示室の白い壁、白い部屋、白い箱の連続で
建築はそれだけを用意すればいい、
あとは、絵の作家が主人公、というのが一般的かもしれません。

しかし、
そこに、人とアートと建築の相対的な関係性を持ち込むと

違った展開が、、、
関係性が昇華するというか。。。

人とアートと建築は、
バラバラな存在ではなく、
独立しながら、補完し合って、
違った世界をつくり上げる。


金沢21世紀美術館。

その、人とアートと建築の相対的な関係性を持ち込んだ美術館。


美術館のレベルは、その国の文化レベルの指標です。

わたしは、
日本の美術館建築は世界レベルの作品が多い、と思っています。

その中でも、金沢21世紀美術館は群を抜いていいです。


その良さは、人とアートと建築の相対的な関係性の良さ。

子供が、大人がみんな笑顔で楽しそう。
難しい顔をしている人はいません。

これは、体験してみないとわからない。

ちょっとでもアートか建築か住宅に興味がある方ならば、
是非一度、行かれることをオススメします。

わたしは、、、ちょっと衝撃でした。。。


で、横須賀美術館です。

すばらしい美術館建築だと思います。

yokosuka-art2.jpg

ただ、
人とアートと建築の相対的な関係性は、視覚的なことだけではありません。


現代のわれわれが設計する時、

やはり、
相対的な関係性の部分に手を付けないと

進歩がない、、、20世紀の建築とは決別しないと。。。


そんなことを感じ、考えながら台風の中帰路に。

人とアートと建築01

つながり方、結び方、関係性、関わり方。

どれも何かと何かの相対性を言い表す言葉です。


アートは、
絵画でも、彫刻でも、絶対的な美を求めます。

絶対的な美とは、絵そのものの美しさ。

しかし、
それを見る人との間のつながり方、結び方、関係性、関わり方を
アートと呼ぶことができると思います。

それが、相対的な美。

相対的な美とは、
例えば、絵を見た時にいつもと違う気分になったならば、
その違う気分が絵で表現したかった美であり、
絵と人がいて、はじめて美が成り立つ。


建築は、、、絶対的な美を求めてきました。
それは歴史が証明しています。

建築そのものの美しさ。

しかし、
建築を人との関係の中で考えた時、
相対的な美も存在するだろう。

建築と人がいて、はじめて美が成り立つ。

これが、現代建築の美の根本です。


ちなみに、
アートの相対的な美が、現代アートの美の根本です。

難解な現代アート、
なんでこれが作品なの、、、と思うこと多いですよね。

でも、
その気持ち、、、それがその作品で表現したかったことです。
変なの、、、その思いがその作品で表現したかったことです。

そう考えると、難解な現代アートも気楽に楽しく見れませんか。
解読しなくていいんです。


現代建築の美の話、
ちょっと難しい言い方になったところもありますが、

住宅で言えば、

家としてのモノそのものの美しさもあるけど、

そこに住む人の想いなど、
家と人とのつながりの中で考えても
いいモノ、美しいモノはできる、ということです。


だから、
予算がいくらだから、
こんなモノしかできない、などと考えるよりも

こんなコトしたい、あんなコトしたいと

想いをたくさんふくらませた方がいい、ということです。

予算と想いの調整は、設計でプロがしますから。
そこに、技とコツがあります。


だた、想いの形に固執しないことが大事です。

どんな形でも、想いは一緒だから。。。

木造耐火住宅

木造の耐火構造の住宅がつくれます。

lecture01.jpg

きょうは、講習会に行きました。


(社)日本木造住宅産業協会が実施する

「木造軸組工法による耐火建築物設計マニュアル講習会」。


今現在、この講習会を修了した者だけが

大臣認定による
木造軸組工法の耐火建築物がつくれます。

今まで防火地域での木造3階建てはできませんでした。

3階建て以上にする時は、
鉄筋コンクリート造か鉄骨造でした。
(高層ビルだと、鉄骨鉄筋コンクリート造もある)

これからは
防火地域でも4階建てまでならば、
木造にできます。


最近、木造耐火による住宅の需要が増えています。


防火地域に指定されている所は、
都心か都心に近い
大抵、駅前商店街などの密集地やその近くの利便性の高い場所が多く、
土地を探す場合でも
そういう場所を好んで探している人もいます。

しかし、そういう場所は密集地が故に
防火上、法令で木造の建築物が建てられませんでした。

したがって、鉄筋コンクリート造か鉄骨造の住宅にするしかない。

ところが、
この大臣認定により、木造が普通に可能に。


簡単に言いますと、

どこでも木造3階建ての住宅が建てれる、ということです。


鉄筋コンクリート造や鉄骨造よりは、
木造の方が建築費が安く済みますから
需要があるのです。


これは

住宅をつくる時の選択肢が増えた、ということです。


参考にしてください。

2つ目の恒例行事

毎年のことです。

9・10日はもう1つの地元の神社、
勝利八幡神社の例大祭。

2010fudahari01.jpg

そのご寄付の札貼りのお役目に
毎年弊社が指名されます。

2010fudahari02.jpg

神社の総代の方にお客さまが多くいらっしゃる、
というご縁もありまして、
毎年ご協力させて頂いています。

去年は、
神社の神楽殿の新築事業にも携わらせて頂きました。


この八幡様、
字の通り「しょうりはちまん」。

なので、
受験シーズンになると、
わざわざ、
この八幡様を訪ねてくる学生がいる、とのこと。


その気持ち、
私は非常にわかります。。。


なんか、、、切なくなります。

京都イメージ

京都の夜のイメージ。

関西出張で夜の京都を散策。

ponto-chou01.jpg

先斗町です。

在り来たりかもしれません。
でもこの感じ。
ちょっと味わいたくて。

ちょうど、
京都の暑い夏の終わりかけ。

一度、
見てみたかった、
体験したかった。

川床。

ponto-chou02.jpg

納涼床って言うんですね。
鴨川の納涼床。

うーん、京都って感じ。

ponto-chou03.jpg

今回は、納涼床には上がりませんでしたが、
鴨川の橋から土手に下りてみました。


風がほんと心地よい。

たぶん、
納涼床でも気持ちいいはず。
次回のお楽しみです。


暑い京都の夏を

京都らしく、

粋にのり切る知恵。


川は都市のスケール。

納涼床は建築のスケール。

そこでの粋な行為は生活のスケール。


都市と建築と生活のスケールが一体になって地域性を出す。


まさに理想的なコト。

あらゆるコトの基本です。

お気に入り

最近のお気に入りです。

chair01.jpg

自宅で使うつもりで先日購入。
でも今は、
デザインオフィスのアトリエで使用中。

中古の無名のイス。
たぶん30年位前のもの。
かな〜り安く手に入れました。

プライウッドの感じと
鋳物の肘掛けと足の感じが
たまらなくいい。

無名とは言え、
デザインのレベルの高さを感じます。

座り心地も抜群。


実は私、イスも趣味。

たくさん欲しいイスがあります。
ちょこちょこと増えてます。

あまりに高くて手が出ないイスは、
まずミニチュアから。

ここでおいおい紹介していきます。


mug01.jpg

iittala(イッタラ)のマグカップです。

Kaj Franck(カイ・フランク)のデザイン。

自宅と事務所で使ってます。

色はターコイズ。


見た瞬間、即決。

色がいいし、
形とスケール感もいい。


使いやすいし、
コーヒーがおいしく感じますよ。

これを使ってるだけで
楽しい気分に。


見渡すと
iittalaのKaj Franckのデザインのものが結構ある。

ガラスコップなど。

色違いで。


昔と今はガラスの厚みが違います。
昔は厚かった。

昔の厚いガラスの方がいい。

デザインもののアンティークのお店に行くと探します、
Kaj Franckの厚い方のガラスコップを。


実は、
イスもマグカップも
同じ所で購入。

気になる人は、
Googleで「ロングライフデザイン」と
検索してみてください。

一番目の所。

孤篷庵

一度でいいから
中に入りたい、体験したい。

金閣寺のあと、
まだ時間があったので
歩いて行ける大徳寺に行ってみました。

大徳寺といえば、小堀遠州の孤篷庵(こほうあん)。

孤篷庵といえば、遠州好みの茶室・忘筌(ぼうせん)。

ほのかな期待とともに、ダメもとで行きました。

kohou-an1.jpg

案の定、「拝観謝絶」の札。
ま、当たり前といえば、当たり前。

仕方なく、門の所から、中を伺う。
ちょっと変な人?!

kohou-an2.jpg

ただ、この石畳、見事です。

さすが、遠州。

この石の配列、目に、脳に焼き付けてきました。


本物の質。

こういうモノに触れないと、
人は絶対にいいモノを生み出せません。

京都駅

kyoto-tower.jpg

関西出張最初の泊まりは京都。
駅前のビジネルホテルに泊まりました。
(写真の京都タワーホテルではありませんよ)

夜遅く京都に着いたのですが、
夕食探しにフラフラと外出。

京都は7、8年ぶりです。

kyoto-station01.jpg

京都駅。

私が確か設計事務所に就職して2年目位の時に
駅舎建替えのための国際指名コンペがあったと思います。

そのコンペで
日本人の建築家、原広司の設計案が選ばれました。

今でも覚えているのは、
その当時話題になったからです。


高さ論争。


京都の街並みを考える時、
いつも建築の高さが問題になります。

東寺の五重塔を超えない高さ。


原広司の設計案が選ばれたのも
応募案の中で建築の高さが一番低かったから。

60m。

もちろん、それだけで選ばれた訳ではないでしょうが。


応募案の中には、高さ120mの建築も。


確かに、
京都の街並みを考えた場合、
東寺の五重塔や大文字焼きが見渡せる、
というのは大事なこと。
建築の高さを論議するのは、
大切なことで至極当然のこと。

ただ、
コンペの審査員でイタリア人の世界的建築家、レンゾ・ピアノは、
日本人の建築家、安藤忠雄の応募案、
羅生門をモチーフにした建築をイチ押ししてました。

高さは、確か120mくらいあったと思います。

イタリアも歴史的建造物の街並みが多い国。

そんな国の建築家なのに。


大事なことは、
建築の高さではないのでは。

1000年以上前にできた東寺は、
その当時の最先端の建築、現代建築でした。

それは、清水寺も金閣寺も。


京都という街は、
江戸時代までは現代建築の街だった。

明治維新後、現在に至るまで、
大きな建造物建立の機会がなかっただけで。

だから、
今、京都にふさわしい建築は現代建築だと。

たとえ、
東寺の五重塔を超えようとも。


ピアノが言いたかったこと。


京都の街並みの本質だったのかも。


kyoto-station02.jpg

現在の京都駅。
私は個人的に好きなデザインではありません。

でも1つだけ。
夜の暗さがいい。

照明の明かりが
月明かりのようなんです。

京都の雰囲気に合ってる。

それは建築家の設計でないと実現しなかったでしょう。

だって、
よく目にするのは
白色蛍光灯の昼間のような駅舎ばかりだから。

恒例行事

毎年のことです。

22・23日は地元の神社、
六所神社の例大祭。

きょう、23日は大人神輿が出ます。

その大人神輿の巡幸の途中の休憩所に
毎年弊社が指名されます。

我が家・当社の氏神様、というご縁もありますし、
私が通った幼稚園が六所神社付属の幼稚園だったこともあり、
毎年ご協力させて頂いています。

2010mikoshi01.jpg

もう20年以上、
休憩所のお役目をしていますが、
思いつく限り、
天気はいつも晴れか曇りで
今年のように
朝から土砂降りの雨というのは
はじめてでした。

いつもは休憩用に
お酒やジュース、お菓子などを
外に台を設置して並べるのですが、

2010mikoshi02.jpg

今年は、
あまりに雨がひどく、
また気温も低いので

下小屋(作業場)に
お酒やジュース、お菓子などを並べて、
屋内で休憩してもらいました。

下小屋には、
いつもは多くても4、5人位で作業していますので、
たまに、
現場でできなくて
ここで上棟式を行うことはありますが、
こんなに人が入ったのははじめてです。

入れば入るもんです。


なんかイベントでもできるなぁ。。。


それにしても、

この雨の中で御神輿を担ぐのは
端から見てると大変そうだけど、

担いでる人たちは楽しんだろうなぁ。。。

出張

最近、ブログの更新をしばらくしていませんでした。

今月は2回程、
大きく間が空きましたが、
別にサボっていた訳ではありません。

出張していました。
関西に。

目的は、
同業者の話を聞きに行ったり、
現場を見せてもらったり。
それと、
見たい建築、
行きたい展覧会へと足を運びました。


東京にいれば、
大概のことはできそうですが、
その考えがキケンです。


ちがう場所での
ちがう考え方に触れることが
一番勉強になります。

今回は、
和歌山の同業者の方が
自身の仕事の仕方を披露して頂ける、とのことで
この機会にいろいろと関西を回ってきました。

shiraki-genba.jpg

なかなか同業者の
仕事の仕方や現場を見ることはできませんので、
とても参考になったと同時に
自社の足りない部分もわかり、
非常に勉強になりました。

和歌山まで行った価値がありました。

今後、
このブログで
関西出張での見聞を書いていきます。

今は昔

私と同じ年です。

日本最初の超高層ビルは、霞が関ビルディングでした。

kasumigaseki.jpg

先日の夜、仲間との食事会で行きました。

霞が関ビルディングの足元は、
今はこんな風になってます。


霞が関ビルディングより
高いビルがたくさんできたので、
存在感が薄れましたね。

日本最初の超高層ビルだと
知らない人も多そう。


東京スカイツリーは
東京タワーの約2倍の高さ。

ということは、
40〜50年後には
東京スカイツリーの倍の高さの超高層ビルが立つかも。

でもすでに
ドバイのブルジュ・ハリファは828mだから、
東京スカイツリーの倍の高さといっても1268m、
10年以内に中国あたりでできそうですね。


高さ競争に興味はありませんが、

学生の時に、
高さ1000mの超超高層ビル計画が
21世紀に向けた先端研究だったのを思い出すと、

すごく時の流れを感じてしまう、

つまり、

年取ったなぁ。

時代

皇居を見下ろす。

oote-mon.jpg

前川國男という建築家がいました。

その建築家は、35年位前に
皇居の脇に地上32階、高さ130メートルの日本最初の超高層ビルを構想していました。

しかし、「美観論争」に巻き込まれ
また「皇居を見下ろすとはけしからん」という非難から
結局、高さを100m以下に下げるという設計変更を行い建設するになりました。


そのビルは今でもあります。

ただ、その周りには
もっと高いビルがひしめいてます。


私は、先日セミナーで
皇居・大手門の脇の超高層ビルに行きました。

普通に皇居を見下ろしてます。


私も皇居を見下ろす位の
高い建築は建てるべきではない、と思います。

やはり美観上の問題があるので。


ただそれならば、徹底して欲しい。

時代が変われば、
当然変わるルールもあるでしょう。

しかし、美観に関しては
時代に関係なく、
ルールは徹底されるべきだと思います。

でないと、

先人たちの想い、努力が無駄になってしまうし、

未来の人々に想いを伝えられない。


美観は一度壊れると、

なかなか元には戻りません。

継承が大事です。


経済性と美観

天秤にかける話ではありません。

ライトアップ

夜の姿ですか?

sensou-ji.jpg

浅草・浅草寺の夜景です。

ライトアップどう思いますか?


ライトアップされるのは、大抵の場合、建築。

夜には夜の建築の姿がある。
夜の暗闇で見えないのも、建築のある一面の姿だと思います。


特に歴史的建造物は、
夜は暗くなり、見えなくなるのが、昔からの真の姿。

それがいい、それでいい、と思います。

だから、
夕暮れのはかなさなどが
人の心を打ち、
俳句や短歌に読まれ、詠い継がれるのです。


それを昼間のように
はっきりくっきり見せてしまっては、
趣きも何もあったものではありません。


大事なのは、建築の真の姿を見せること。

付け加えの作為はいりません。


リアリティのある夜景が見たい。


月明かりだけでもいいじゃないですか。

それがたとえ暗くて何も見えなくても。

赤坂の景色

昨日は一日中研修。

SE構法の設計・営業研修で
赤坂のNCN東京本社に行きました。


ここ赤坂の景色は、
子供の頃から首都高よりよく眺めていました。

両親の田舎が千葉なので、
里帰り時にいつも首都高を利用。

子供ながらに、
車窓から緑の多いお堀端の景色をボーッと見てる、
そんな映像と印象が強くあります。

その頃は、赤坂プリンスの高層棟はありませんでした。

akasaka.jpg

それが今は、その高層棟が壊される、という。

月日が経つのが早いのか?

高層ビルを簡単に壊しすぎるのか?

ただ自分が年をとったのか?


「ニューヨークの高層ビルは、ずっと建ってるじゃないか。」
「歴史になってる。」

「なんで日本では?」


建築に対する理念の問題でしょうか?

それとも経済性重視?


答えは、『理念なき経済性重視』


そろそろ止めませんか、
スクラップアンドビルド。

オープンハウス開催

仲村建築店では
完全予約制のオープンハウス(完成見学会)を下記の日程で開催!!

swiss-plaster02.jpg


『わたしの居場所』リノベーション  オープンハウス開催


場 所  東京都世田谷区赤堤5丁目 N邸

日 時  2010年9月25日(土)・26日(日) 10:00 ~ 18:00

内 容  『わたしの居場所』のイメージ、フライハウススペック披露!!

建 物  木造2階建て

約 束  売り込み&訪問販売は一切致しません。安心してお越し下さい。

予 約  完全予約制。ご予約はお早めに!

特 徴  新築住宅、リノベーションをお考えの女性の方必見!


当社女性デザイナーがたくさんの想いをつめ込んで、築30年の家を改修してつくった『わたしの居場所』です。

私たち仲村建築店が想う住空間、フライハウスの標準仕様の一部を見てください。

きっと今までの住空間のイメージが変わります。

具体的ないい情報、得する情報、今まで聞いたことがない話も聞ける。
絶対に後悔させません!お気軽にお越しください。

ブランド設立

flyhouse-blog.png


「フライハウス / flyhouse」


仲村建築店の家づくりのコンセプトを

自然素材を使って実現するブランドを設立しました。


「フライ」の由来は、、、HPを見てください。


今後、新しい展開をしていきます。

更なる追求のはじまりです。

カメラ

camera01.jpg

2ヶ月に一度の趣味の会。

中古カメラ好きが
毎回違うフィルムカメラを持ち寄り、
新宿のレストランでカメラ談義。


私は正確に言うと、

古いフィルムカメラを持って
街を散策しながらの写真撮影

が趣味。


だから、
カメラの収集自体が趣味ではないので
そんなに数は持っていません。

なので、段々とネタ切れになりつつあります。。。


同じ趣向の人が年齢に関係なく集まり、

(たぶん私が最年少で、一番年上の方は70代)

話をして盛り上がる。

趣向が同じというのは、それだけで気が合います。

だから、話をしていると

とても気が休まり、リラックスできます。


2ヶ月に一度のこころの洗濯日です。

夏の原風景

「夏の風景」と言われたら、何をイメージしますか?


私は、
陽炎が立つくらい暑い晴天の真昼で
遠くに山が見え、近くに畑や田んぼがあり、
土の匂いがモワッとしてくるような風景です。


まさに、そんな場所。

awano01.jpg

栃木県の粟野

という所に
盆休みに行きました。


目的は、お蕎麦を食べるため。

粟野は
お蕎麦では、
知る人ぞ知る場所らしいです。
何軒も蕎麦屋がありました。

なのに、
混んでいて
入れませんでした。。。


仕方なく、

近くのハーブ園へ行くと、

awano02.jpg

綺麗なハーブの葉を見つけ、

山の尾根まで上がると、

awano03.jpg

綺麗な空に出会い、

蕎麦より
美味しい想いを。


「夏の風景」を探しに行く、

ただそれだけでいい。

スイス天然漆喰

swiss-plaster01.jpg

スイス天然漆喰を施工中。

マイハウスのリノベーション。

玄関の壁に使いました。


いいですね。
風合い、質感。


swiss-plaster02.jpg

左官屋さんもいいと。
コテで扱いやすいし、
綺麗に仕上がる。


自然素材ですから、
健康にもいい。


完成見学会という程大げさではありませんが、
みなさんにも見て頂きたい、
と思っています。

他にも工夫がありますから。

HANA-BI

hanabi01.jpg

きょう、調布市花火大会に行きました。

何度も行ってますが、
今回は4、5年ぶりでした。

いつも狛江駅からバスで
多摩川の土手まで行き、
適当な所で見物。
帰りは狛江駅まで歩き。

この行き方だと、
行き帰りほとんど混みません。
それに狛江駅まで車で行けば、
公共の駐車場がありますから、
さらに気軽に見物できます。

花火大会となると、
見たいけど、
行き帰りの混雑が、、、
という方にオススメです。


いつも川原に
ビニールシートを敷いて見物。

きょうは
適度に風があり、
暑くなく、
とっても気持ちよく
なんかの〜んびりと花火を見てました。


夏だなぁ〜。

たくさんの見物客。

歓声。

大輪。

歓声。

川風。

夏だなぁ〜。

大輪。

歓声。


夏の風物詩
何はともあれ味わう。
幸せなり。


きょうはこんな心境!?

古くても新鮮

前々から、
知人にススメられていた場所がありました。

東村山・正福寺。東京都唯一の国宝建造物があります。

そして、

東村山と言えば、うどん。
前々から行きたいうどん屋がありました。

ネットで調べると、
なんと、正福寺のすぐ裏に、目指すうどん屋が。。。

コレは、、、ということで
一昨日の日曜日に行ってきました、東村山。


昼ごろ、車で東村山に到着。
腹が減っては国宝に失礼(?)と、
まず、うどん屋に直行。

野口製麺所。

noguchi-udon.jpg

突然、畑の中に出現。
民家の庭先にありました。

讃岐うどん風で、
「しょうゆうどん」を食す。

茹でたうどんを水で締め、
大根おろしがのり、
好みでだし醤油をかける。
薬味は、ねぎ・しょうが。
(画像はありません。想像を!)

本場の讃岐うどんを食べたことがありませんが、
きっとこんな感じだと思わせるくらい、
おいしかったです。

また、ロケーションものどかで、
ここ東京?、と思うくらい。

ちょっとした、小旅行気分に。


で、国宝。

shoufuku-ji1.jpg

(山門の中に見えるお堂)

千体地蔵堂です。

誰もいません。
時より、お墓参りの人が。

静かに、国宝と対峙。

shoufuku-ji2.jpg

綺麗です、屋根の反り。

室町時代に建立。
禅宗様仏殿の代表作の一つ、だそうです。

shoufuku-ji3.jpg

ということは、このお堂、

室町時代の最先端の現代建築、

ということ。

なかなかこれだけ綺麗な屋根の反りは見られません。
寺社好きでなくても一見の価値あり。

室町の建築でも、
フォルムは
平成の現代でも通用するデザイン。


「古くても新鮮」

昔、美術学校の先生に言われた言葉です。

例えば、
モネの「睡蓮」は、描かれたのは今から100年前ですが、
この現代でも絵画の世界に影響を与え続け、
そして、見る人に感動を与える。

今、影響と感動を与える。
だから「新鮮」。


この正福寺千体地蔵堂も「古くても新鮮」。


国宝と一緒にする気はさらさらありませんが、
私が目指す
そうありたい建築の像です。


『古くても新鮮』

オープンスペース

open-space.jpg

くもりの日、暑いです。

西新宿の超高層ビル街も暑い。

でもこの辺り、樹木が比較的多いです。


高層粗密。

東京の都市再開発の基本的な考え方で、
低層密集の街を、建物をまとめて高層化し、空いたスペースを緑地化する。

六本木ヒルズもミッドタウンも皆この考え方が基本。

だから、超高層ビル街で比較的多い樹木です。


この考え方は、20世紀の建築家の巨匠、ル・コルビュジエが
「300万人の現代都市(1922年)」計画で提唱したものです。

本当は、この考えにより、
街路を整備して自動車道と歩道を完全分離し、
都市問題の解決を図ることが狙いでした。

つまり、人と車を完全に分けて、
人が暮らす場所に車を入れないことにより、
排ガスなどの環境悪化がなく、
樹木や緑地がある住み良い環境にする。

ここがこの考えの目指すところで、
これを都市の広範囲で行う。


でも現実は、狭い地域だけのことで、
都市としては
自動車道と歩道の完全分離はなされず、
もともと、住み良い環境を目指している、というより
結果的に樹木や緑地がある環境になった、というところ。


要するに、狭い地域で
「建物をまとめて高層化」するという
ル・コルビュジエの考えの都合の良いところだけを使い、
再開発の道具にしているだけに過ぎない。


私は六本木ヒルズもミッドタウンも
東京の都市のあり方としてはちがうと想います。

そこには経済優先で、人が置き去り。

ただ、みんな気がつきません。
人も再開発の道具にされていることを。


みんなが気づく、東京の都市のあり方?

お手本は、きっとみなさんの近くにあります。

自然と人工

tree-space.jpg

近くの幼稚園の大きな桜の木。


その枝が覆いかぶさり、空間をつくる。

自然の空間。

建築の空間は人工。


自然と人工。永遠のテーマです。

どのように折り合いをつけるのか?


「自然に寄りそう人工」

私が考える、自然と人工の関係です。

言葉

最近、自分の立ち位置をよく考えます。

仕事のことで言えば、何をするべきか。


自分が人より優れている部分は何か?

自分が人のためにできることは何か?

自分にしかできないことは何か?

などなど、、、


ホームページにある言葉は

そんなことを考えながら、
やっとの想いでつむぎ出した言葉であり、願いです。


家づくりについて、
真剣に考えている人たちと日々対しているから。。。

癒しの場をつくる

oasis.jpg

昼に西新宿で散歩。

もちろん仕事で来て、
昼休み中に。


高層ビルの谷間、
癒しの場発見。


とくに見るべきものはないです。
ふつうです。

でも人が集まっています。


よく観察します。

道路レベルより一段下がっているので、
囲われ感があり落ち着く。

噴水池の水辺が清涼感を生む。

植樹が目に優しい。

座れる場所がある。

人の通り抜けの途中にあり、
たまりやすい。

外気に直接触れられ、
空が見える。

などなど、
人が集まる要因はあります。


でも、、、

これらの条件が全てそろっていたら

人が集まるかと言えば、

そうとは限りません。


よく見かけます。

誰も座らないベンチ。
誰も立ち止まらない池。
見向きもしない植樹。


人が集まる、、、
人に行動を起こさせるには、

上っ面の要因ではダメです。


もっと深いところで人の価値観に訴えなくては。


人を癒す場をつくるヒトは、

そこが問われているのだと思います。

家でも。


私は
それがデザインの本質だと思います。

複雑さ

skytree01.jpg

歴史の1ページを見ているのかもしれません。

見えそうな所へ行くと探します。

東京スカイツリー。

写真では小さいです。
でも、
中間の第1展望台の所まで建ち上がったみたい。
ということは、あと1/3くらい。
やはり、景色の中で頭1つ出ますね。


東京スカイツリーは
架構の組み方がいい。

タワーの水平方向の断面の形状が
地面真上では正三角形で、
高くなるほど丸みをおびた三角形となり
地上約320mで円となるそうです。

これは、
外観のシルエットに
日本の伝統的建築物などにみられる
「そり」や「むくり」の曲線を
意識しているため、とのこと。

かなりの精度を要求される仕事でしょうが、

きっと完成したら、
見る角度や場所によって
タワーの姿がちがうでしょう。

すーっと、細身の姿だったり、
「そり」の曲線がきれいな姿だったり、
丸みをおびた姿だったり。

そこがデザイン的にみて一番おもしろい。


単純ではなく、
見る人まかせの複雑さ。


タワーの色は「スカイツリーホワイト」とのこと。

これは
日本の伝統色、
最も薄い藍染の色である「藍白(あいじろ)」
をベースにしたオリジナルカラーで、
青みがかった白だそうです。

私は
白を選択したということに
内心「スゴくいいな」と。

白は
日本の伝統的建築物では基調色であり、
例えば、漆喰の色として使われます。

また、白は
ヨーロッパで発祥した
20世紀初頭から続くモダニズム建築でも
基調色として使われていて、
数々の白の名建築が生まれています。

白の中にもいろいろな白色があり
黄みがかった白、
赤みがかった白、
灰みがかった白、
青みがかった白などなど。

日本の伝統から発想し、
それがインターナショナルな意味あいにも通ずる。


ここにも単純ではなく、
複雑さがあります。


ただ白って、
一般的に言うと、
汚れやすい、などと
建物の外観や室内の色に使うのを
敬遠されたりすることがあります。

実は正反対です。

汚れやすさは、
どの色でも同じ。
要するに、
汚れが
目立つか目立たないか。

白は、
数ある色の中で一番、
光の反射率が高い色なので、

少しくらいの汚れならば、
光の反射で白が強調され、
目立たないのです。

例えば、近くに
外壁に白いタイルを使った家があるのですが、
その家は築30年くらい経っていますが、
外壁の汚れがほとんど目立ちません。
ただし、近寄ってよーく見ると、
年相当の汚れはあります。
ただ、そこまでじーっと見る人はいません。

汚れなどと言わずに、白を使って欲しい。


白は
単純ではなく、
複雑で奥が深い色

だから。

贅沢なコト

shinobazu-pond.jpg

散歩好きです。

よく行く街は、上野・浅草あたり。

写真は、上野不忍池。
昨日の日曜日に行きました。


もう少しすると、
池の水面が見えなくなるほど
蓮でいっぱいに。

花が咲きます。

夏の早朝、
蓮の花を見ながらの池のまわりの散歩
気持ちいいです。


その後、
秋から冬にかけて、
蓮が枯れ、
また水面が現れます。

見える景色が極端に変わります。


大都市のど真ん中で
これだけ大きな水面があり、
そして、
四季の変化が感じられる。


なんと贅沢なコトでしょう。


ここはいつ行っても
私を癒してくれます。

アートの領域

ogura-art01.jpg

先日、国立のギャラリーに行きました。
美術学校時代の仲間、Oさんがグループ展を開催、
それを見に行きました。

仲間と言いましても、私よりずっと年上の方。
写真中央のシルエットの方。
私の趣味の写真でも時々ご一緒させて頂いています。

Oさんの絵はいつも思慮深く、
私の知らない世界への入口です。

私も昨年まで毎年、
Oさんもご一緒の他のグループ展に出展していました。

私のは、アートとデザインが融合したような絵。

絵画はアートの領域。
建築はデザインの領域。

その両方をのぞいて見たくて、美術学校に行きました。


建築デザインの仕事に少なからず影響を与えてます。

計画中

今日は、
本来終日にわたる予定が入っていたのですが、
先日キャンセルになり、
ほぼ丸1日全く予定のない日に。。。

こんな日は久しぶり!

朝少し現場に立ち会い、
あとはデザインオフィスのアトリエにずっといました。

やらなくてはならない事はたくさんありますが、
こういう時は、
時間に制限を設けず、考え事をするに限ります。

ということで、
先日現場調査に伺ったお客さまの建替え案を計画していました。

計画案を考えている時は、思いついたら、
いたる所でいたる所にスケッチするのがクセなのですが、
今日はそれらをもとに、さらに具現化。

まだまだこれから、計画中ですが、

アレコレと考えているこの時間がおもしろく、
私にとっては貴重な時間。

もっと、もっとです!

もう家族です。

GWにお客さまとお会いしました。
自宅の建替えをお考えとのこと。

設計のご要望をお聴きするなかで
ペットと一緒の時間を大切にする空間づくりが話題に。

sawada-dog.jpg

飼われているのは、ボーダーコリーとのこと。
(写真はお客さまの飼われているボーダーコリーではありません。)

私も猫を2匹飼っていますので、
ペットと一緒にいる時間がとても癒されます。
もう家族です。

家族の居心地の良さを空間プロデュース、
ペットの居心地の良さも当然です。