物欲より使う喜び

見て所有して良いと思う物と、使って良いと物は、必ずしも一致しない。

使って良いのは、使いやすいという意味では無くて、見て所有して良いには、ブランドだから、評価されているからも含むが、視覚から得た情報が好みでも、手などの触覚から得た情報が好みで無いとか、その逆もあり、一致することの方が珍しいかもしれない。

物欲は、時として見た目の視覚からの情報に左右される。だから、どうでも良いと思っている物には、そもそも目もくれないから、物欲も起こらない。そして、物欲が起こると「痘痕も靨」状態になり、所有する喜びが先に来て、使っても良いと錯覚してしまい、自分の審美眼でさえも書き換えてしまう、困ったものだ。

だから、所有する喜びを捨ててみて、使う喜びに重点を置いて、使うところを想像して、そこに喜びや高揚感があれば良しとしている、最近の物欲まみれから離れるために。

0A354922-C676-4B98-A882-EB3ABB0597FD.jpeg

"Pleasure to use over greed"

What you see and consider to own is not always the same as what you can use.

It is not easy to use, but it means that it is a brand that you can see and own. It may be more unusual that the information is not your preference or vice versa.

Desire sometimes depends on information from the visual perception. So, if you don't care about anything you don't care about, there is no desire. And when greed arises, "poison scars" also appear, and the joy of possession comes first, giving the illusion that you can use it, and even rewriting your own aesthetic eyes.

So, to get rid of the pleasure of owning, focus on the pleasure of using it, imagine using it, and if there is pleasure and excitement there, it's good to get away with the recent greed.

PageTop