«  2019年03月13日  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« 2019年03月12日 | メイン | 2019年03月14日 »

2019年03月13日

国立西洋美術館で開催中のコルビュジエ展にて、一番最後の展示に、エスプリヌーヴォー館完成の頃か、エスプリヌーボーの最終号に掲載した、たぶん、コルビュジエの言葉だと、もう一度行って確かないと、

「人は自然の混沌な形は見えない、見ることができない。しかし、大海の水平線や林立する岩などの単純な形には魅力を感じ、すぐに見入るし、わかりやすいから、わかる」

というような趣旨の文章があり、ちょっと驚愕した。

コルビュジエの初期の作品、例えば、サヴォア邸は近代建築の五原則の1つにもある、水平連続窓が示すように、水平垂直の線が強調された外観をしており、室内に入ると、浴室の寝椅子に見られるような自然から発想したような自由曲線の形態が現れてくる。

ピュリスムの絵画に表現されている複数のモチーフが重なった輪郭線が外観に現れて、モチーフの形態自体が、それが自然の中にあるものをモチーフとして、内部の至るところに現れてくるのだと、今まで考えていたけれど、

外観の水平垂直の線は、大海の水平線や林立する岩から発想されていた、すなわち、コルビュジエは後に「人間と自然との調和」をはかりはじめたのではなくて、初期から「人間と自然との調和」をめざしていたことになるのではないか。

これは自分の中では大発見であり、コルビュジエへの見方、建築の造形を考える上での思考のめぐり方にかなり影響を与えることになるかもしれない。

C6B7D78F-7E60-4BB8-B9C9-C6115B18AFE5.jpeg

"Change to Corbusier's view"

At the Corbusier exhibition being held at the National Museum of Western Art, the last exhibition, whether it was the completion of the Esprinouvaux, or in the last issue of Esprinouw, maybe Corbusier's words, I'm not sure I'll go again ,

"People do not see or can see the chaotic form of nature. However, simple forms such as the horizon of the ocean and forested rocks are attractive, readily visible, and easy to understand."

There was a sentence of purpose, and I was a little surprised.

Corbusier's early works, for example, the House of Savoie, have one of the five principles of modern architecture, as the horizontal windows show, have an appearance where horizontal and vertical lines are emphasized, and entering the room, The form of a free curve appears from the nature that can be seen in a bathroom chaise longue.

The contour line where the multiple motifs expressed in the picture of Purism are overlapped appears in the appearance, and the form of the motif itself appears in the inside of the inside with the one in nature as the motif. Although I was thinking so far,

The horizontal and vertical lines of the appearance were conceived from the horizon of the ocean and the rocks that stand in the forest, that is, Corbusier did not start to "harmonize human and nature" later, but from the beginning "human and natural The goal is to achieve "harmony".

This is a great discovery within me and may have a significant impact on the way he views Corbusier and the way he thinks in terms of architectural shapes.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

有限会社仲村建築店 代表取締役 仲村和泰

有限会社 仲村建築店
代表取締役 仲村和泰

建築家。現代建築の設計施工が専門。特に東京特有の狭小変形地で建築理論を基にモダンデザイン住宅を設計から施工まで一貫して行い定評。世界中の近代・現代建築を見て歩き調査。コルビュジェ作品は8割調査済み。北欧フィンランドの建築家アアルトについて建築専門雑誌「新建築」でレポート執筆。3割はデザインのプロからの住宅設計依頼。

【略歴】
関東学院大学工学部建設工学科建築系卒業。株式会社像建築設計事務所に入社。その後家業である有限会社仲村建築店にて設計をはじめる。住宅のみならず店舗やオフィスビル、マンションの設計から施工までに一貫して携わる。
2001年 一級建築士取得。
日本建築学会正会員。
東京建築士会会員。