«  2019年03月14日  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« 2019年03月13日 | メイン | 2019年03月15日 »

2019年03月14日

ずっと言葉を頼りに考えている。考えている時は頭の中にイメージが浮かぶ、空間であったり、今まで見て来た建築であったり、ディテールであったり、建築以外も、器だったり、カトラリーであったり、ものだけでなく、出来事も、それもデザインの内だから、ただ、それらは今までに見たり聞いたりした事、既知なことばかりで、すぐに、とりあえず、パッと頭の中に広がるイメージは、取捨選択の捨てるために思い浮かべているようで、

とりあえず、パッと、具体的に建築やその部分が浮かぶ時は、絶対にどこかで誰かがやっていることだから、そのままはやらず、そこから展開していき、最終的には最初のイメージ、思い付きの痕跡がほぼ無いところまで辿り着くが、

それは誰でもできる事で、小手先の器用な人ならば、尚更、上手く見せることができるから、それで良いのだけれど、それでは満足しないから、言葉を先行させて、イメージが、具体的な事が追いついて来ないことばかりをしようとする。

例えば、集まって住むことでしかつくることができない空間や建築をめざすとしたら、1つの問いとして、住人の数だけ建築が違って見えれば、集まって住むことでしか実現できない多様で複雑な建築ができるから、そのためにはどうすれば良いか、ができる。

すぐにイメージや具体的な事が思い付かない問いができれば、あとはそれを解けば良いだけだから、実現はできる。

すぐにイメージや具体的な事が思い付かない問いを立てることができるかどうかが鍵だと思う。

3C0F2AF6-6363-4282-84DF-942D33297698.jpeg

"Ask a question"

I have always thought in terms of words. When thinking, the image floats in the head, it is space, it is the architecture which I have seen so far, it is the detail, it is the vessel other than the architecture, it is the cutlery, etc. Not even events, but because they are within the design, they are just what we have seen and heard, only known things, and for the time being, for the time being, the images that spread in the head and head will be discarded It seems that I think to throw it away,

First of all, when there is a package, specifically, the architecture and its parts, it is absolutely something that someone is doing somewhere, so we will not do it as it is, we will develop from there and finally think about the first image, You reach a point where there is almost no trace of

It can be done by anyone who can do it well, and it is good because it can be shown better even if it is a dexterous person at the tip of the hand, but it is not satisfactory with that, so the words precede and the image catches up with concrete things I just try to do things that I do not want.

For example, when aiming at a space or architecture that can only be created by gathering and living, one question is that if the architecture looks different depending on the number of residents, various complex architecture can be realized only by gathering and living Because you can, you can do what to do for that.

If you can immediately ask questions that do not come up with an image or concrete thing, you can do it because all you have to do is solve it.

I think the key is whether you can immediately ask questions that you do not think of an image or concrete thing.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

有限会社仲村建築店 代表取締役 仲村和泰

有限会社 仲村建築店
代表取締役 仲村和泰

建築家。現代建築の設計施工が専門。特に東京特有の狭小変形地で建築理論を基にモダンデザイン住宅を設計から施工まで一貫して行い定評。世界中の近代・現代建築を見て歩き調査。コルビュジェ作品は8割調査済み。北欧フィンランドの建築家アアルトについて建築専門雑誌「新建築」でレポート執筆。3割はデザインのプロからの住宅設計依頼。

【略歴】
関東学院大学工学部建設工学科建築系卒業。株式会社像建築設計事務所に入社。その後家業である有限会社仲村建築店にて設計をはじめる。住宅のみならず店舗やオフィスビル、マンションの設計から施工までに一貫して携わる。
2001年 一級建築士取得。
日本建築学会正会員。
東京建築士会会員。