«  2018年12月05日  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« 2018年12月04日 | メイン | 2018年12月06日 »

2018年12月05日

冬と夏の両方を快適に暮らすためには、高気密高断熱の家にしないこと、ちょっと意外に思う人がもいるかもしれません。

高気密高断熱の家は夏により暑くなり、冷房をかけ続けていないといけないので、電気代が余計にかかります。これが魔法瓶効果。

冷房をかけ続けてもいいように、その電気をまかなうことを目的にソーラーパネルを屋根に載せる、それで売電もできるので、ソーラーパネルの設置費用はまかなえる、という考え方もあります。

ただし、都内23区内では無理、屋根の面積が取れなくて、ソーラーパネルをたくさん載せられないから。

ただ、仮にソーラーパネルをたくさん載せることができたとしても、不自然ですよね、おかしな話。

意図的に高気密高断熱にして、そのために夏の室温が上昇するから、それを抑えるために冷房を人工的に掛け続け、その冷房の電気を補うためにソーラーパネルを設置する。

全てが余分なこと。高気密高断熱にしなければ、そのために夏の室温が上昇することは無いから、室温上昇を抑えるための冷房がいらなくなり、その冷房の電気を補うためのソーラーパネルも設置する必要が無くなる。

ただし、冬を考えるとある程度の断熱性と気密性は必要で、それに自然の力を利用しないといけません。

自然の力とは、日射と通風です。

冬の晴れた日の日中の南側の窓には、ストーブ1台分と同じ量の太陽エネルギーがあります。それは日中ずっとストーブをつけているのと同じことです。これを利用しない手はない。

ただ、窓ガラスの断熱性は、外壁と比較して著しく低いので、南側にとにかく大開口を開ければ良いという話ではない。逆に、断熱性が低いから、外の熱が伝わりやすいので、太陽エネルギーを利用できるとも言えますが。

目標とする室温から住宅全体の断熱性能が決まり、その断熱性能から窓の総面積の上限が決まります。その窓の総面積の範囲内でどれだけ南側に窓を振り分けることができるのかが、日射利用のポイントです。

夏は、全ての窓に日除けを設け、屋根の断熱性能を高め、外の熱が侵入して室温を上げるのをなるべく防ぎ、その上で、室温より外気温が下がる夜間などに窓を開け通風し、排熱して、室温を下げる、のが基本的な考え方です。

通風もただ単に窓を開ければ風が通る訳では無くて、風向と窓の開け方がポイントになります。

冬も夏もなるべく暖冷房に頼らない生活の方が、光熱費もかからないし、快適だと思いませんか。そのためには、単純に高気密高断熱の家にすれば良い、という訳では無い所が面白いですね。

B597F207-43D5-489D-85B2-7D7ABDF00DE9.jpeg

In order to live comfortably both in winter and summer, there may be people who do not make it a high airtight, highly insulated home, some people surprisingly surprised.

High airtight and highly insulated houses get hotter in the summer, so you have to keep on cooling and electricity costs extra. This is a thermos bottle effect.

There is also the idea that solar panel installation costs can be covered so that solar panels can be placed on the roof to solve the electricity so that they can continue cooling, so it can also sell power.

However, it is impossible in the 23 wards of Tokyo, because the area of ​​the roof can not be taken, so many solar panels can not be placed.

However, even if I could put a lot of solar panels, it's unnatural, is not it strange?

Intentionally high airtight and highly insulated, so the room temperature of summer will rise, so keep air conditioning hung artificially to curb it, and install solar panels to supplement the electricity of the air conditioning.

All is extra thing. If it is not highly airtight and highly insulated, therefore, the room temperature of summer never rises, so cooling for suppressing rise in room temperature is unnecessary, eliminating the need to install a solar panel for supplementing the electricity of the cooling.

However, considering winter, some degree of heat insulation and airtightness are necessary, and we have to use the power of nature for it.

The power of nature is solar radiation and draft.

There is the same amount of solar energy as the one stove in the southern window of the day during the sunny day of winter. It is the same as wearing a stove all day long. There is no hand that does not use this.

However, the insulation property of the window glass is significantly lower than the outer wall, so it is not a story that it is enough to open a large opening in the south anyway. On the contrary, since insulation is low, outside heat is easy to transmit, so it can be said that solar energy can be used.

The adiabatic performance of the entire house is determined from the targeted room temperature, and the upper limit of the total area of ​​the window is determined from its heat insulation performance. The point of use of solar radiation is how far the window can be distributed to the south within the total area of ​​the window.

In the summer, a shade is installed in all the windows to increase the heat insulation performance of the roof, to prevent as much as possible from raising the room temperature by the invasion of outside heat, and then open the window at night or the like where the outside temperature drops below room temperature, It is a basic idea to exhaust the heat and lower the room temperature.

Ventilation is not just a way for wind to pass if you open the window, the direction of the wind and how to open the window is a point.

Do not you think that living without relying on heating and cooling as much as possible in winter and summer, does not cost utilities and is comfortable. For that reason, it is interesting that there is no place simply to be a house with high airtightness and high insulation.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

有限会社仲村建築店 代表取締役 仲村和泰

有限会社 仲村建築店
代表取締役 仲村和泰

建築家。現代建築の設計施工が専門。特に東京特有の狭小変形地で建築理論を基にモダンデザイン住宅を設計から施工まで一貫して行い定評。世界中の近代・現代建築を見て歩き調査。コルビュジェ作品は8割調査済み。北欧フィンランドの建築家アアルトについて建築専門雑誌「新建築」でレポート執筆。3割はデザインのプロからの住宅設計依頼。

【略歴】
関東学院大学工学部建設工学科建築系卒業。株式会社像建築設計事務所に入社。その後家業である有限会社仲村建築店にて設計をはじめる。住宅のみならず店舗やオフィスビル、マンションの設計から施工までに一貫して携わる。
2001年 一級建築士取得。
日本建築学会正会員。
東京建築士会会員。