«  2018年12月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« 建築の見方vo.1 | メイン | 文脈/コンテクストを読み取る »

2018年12月07日

とにかく建築を見る時は歩き回る。立ち止まるのは、全体を歩き回った後。

建築の外を歩き回りながら、どういう環境の中に建っているのだろうか、この環境の中での建築の建ち方は、などと考えながら。

知らない街に行っても同じ。とにかく歩き回る。地図で大体の位置を頭に入れながら、とにかく歩く。どこか観光名所と言っても、行かなくても想像がついてしまうことも多く、あるいは、一目見れば気が済む所が大体観光名所なので、余程行きたい名所がたくさんない限り時間を持て余してしまう。

ましてや2度3度も行ったことがあるような場所だと余計に時間が余る。間に何か美味しい食べ物や物欲を刺激するような物を挟まない限り、意外としんどい、帰りたくなる。

となるのは、その街自体が自分にとって、そもそもつまらないからだろう。

大学生の頃は、夏休みや春休みが長く、友達の知り合いがニューヨークのソーホーに住んでいて、都合が合えば、泊めてもらえたので、1ドルのホットドッグばかり食べていればいいや、と思い、一番安いエアチケット、その頃は往復で5万円台だったような、を買いよく行っていた。

その泊めてくれた人は画家で、ニューヨーク中の美術館やギャラリーを全て見られるフリーパスを持っていたので、行くとそのパスを借りて、マンハッタン中を歩いて、地下鉄にも乗ったか、美術館やギャラリーをたくさん回り美術作品を見まくっていた。

飽きることが無かった。その頃のニューヨークは治安が悪かったので、地下鉄に乗っている日本人なんかいなかったし、大通りはいいけど、近道なんて言って、1本裏通りに入ったら、雰囲気が危ないなんて当たり前だったが、それでも1ブロック違うごとに景色や雰囲気や人種が変わったりして、歩いているのが楽しくて仕方がなかった。

マンハッタンの超高層ビルの足元には時々、広場みたいになっていたり、階段があったりして、歩き疲れた時に腰掛ける場所としては丁度良かった。

特に、ミースのシーグラムビルの足元の広場状のスペースは大のお気に入りで、よく腰掛けて煙草を吸い、ひと休みしていた。そこでホームレスに煙草を無理矢理奪われたこともあったけれど、なぜかその場所に座っていると落ち着く。

周りは超高層ビルに囲まれていていて、街の喧騒のど真ん中にいるのに、そこに腰掛けた途端にパーソナルスペースができ、別に何をしていようが構わない、ような雰囲気に包まれる。

どうしてだろう、といつも考えていた。自分の周りに壁が無くオープンなのに、周りからは断絶されている感じがする。旅行者だからだろうか、生活者だったら違うのかな、いや、そもそも、この広場状の空間がそう雰囲気を持った場所だからかな、それもあるかもしれないが、他のビルの足元でも同じような。

このパーソナルスペースを住宅と見なしても良いならば、住宅は最もパーソナルなスペースだと思うから、都市の中で壁ひとつ無くオープンな住宅が成り立つことになる。

そう言えば、ミースのファンズワース邸の透明ガラスを不透明な石と同じ、と言った解釈があったことを思い出した。

ある環境の中で断絶することと、壁が有るか無いか、透明か不透明か、オープンかクローズドかは、関係が無いんだとその時に学んだような気がする。

0CFFE8C2-E4A4-4CE2-9449-47DA49396BB4.jpeg

Anyway walking around when I see architecture. Stopping is after walking around the whole.

While walking around the outside of the building, what kind of environment are you building, how to build the building in this environment, etc.

It is the same even if you go to a city you do not know. Walk around anyway. Walk anyway while putting the approximate position on the map in mind. Even if you mention sightseeing spots somewhere, there are many things you can imagine even if you do not go, or the place where you feel comfortable is a sightseeing spot at first sight, so long as you have plenty of sights to go to, .

In addition, it's extra time if you are in a place you've been doing twice or three times. I want to go home unexpectedly and frightfully as long as there is nothing something that stimulates something delicious food or greed.

It will be because the city itself is boring for me.

When I was a college student, I had a long summer vacation or spring break, my friend's friend lived in Soho, New York, and if convenience was convenient, I was able to stay over, so I thought that I should eat only 1 dollar hot dogs, I bought a lot of cheapest air tickets, at that time it seemed like 50,000 yen round trip.

The painter who stayed at it was a painter and had a free pass to see all the museums and galleries in New York, so I decided to take that path and walk in Manhattan, ride the subway, museums and I went around a lot of galleries and saw art works.

I did not get tired. Because the security was bad at that time in New York, there was no Japanese on the subway, and the main street was fine, but it was natural to say that the atmosphere was dangerous when going into the back street saying a short cut, but even so The scenery, atmosphere and race changed every time one block differed, It was fun to walk and it could not be helped.

Sometimes at the foot of a skyscraper in Manhattan, it looks like a plaza and there are stairs, just right as a place to sit when you are tired.

Especially, the plaza-like space at the feet of the Seagram Building of Mies was a big favorite, sitting well and sucking cigarette and was taking a break. There were also cases where homeless people were forcibly taken tobacco, but somehow they settled down sitting in that place.

It is surrounded by skyscrapers and is in the middle of the hustle and bustle of the city, but as soon as you sit there you will have a personal space and you will not be afraid to do anything else. .

I always thought of why. Although there is no wall around me, it is open, I feel that it is cut off from the surroundings. Is it because it is a traveler, if it is a living person, is it different? No, in the first place, this plaza-like space seems to be a place with an atmosphere, maybe it may be, but even at the feet of other buildings .

If it is okay to consider this personal space as a house, it seems that the housing is the most personal space, so an open house will be established in the city without one wall.

By the way, I remembered that there was an interpretation saying that the transparent glass of Mrs. Fawsworth's house was the same as the opaque stone.

There seems to be learning at that time that there is no relationship between disconnection in an environment and whether there is a wall or not, transparent or opaque, open or closed.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

有限会社仲村建築店 代表取締役 仲村和泰

有限会社 仲村建築店
代表取締役 仲村和泰

建築家。現代建築の設計施工が専門。特に東京特有の狭小変形地で建築理論を基にモダンデザイン住宅を設計から施工まで一貫して行い定評。世界中の近代・現代建築を見て歩き調査。コルビュジェ作品は8割調査済み。北欧フィンランドの建築家アアルトについて建築専門雑誌「新建築」でレポート執筆。3割はデザインのプロからの住宅設計依頼。

【略歴】
関東学院大学工学部建設工学科建築系卒業。株式会社像建築設計事務所に入社。その後家業である有限会社仲村建築店にて設計をはじめる。住宅のみならず店舗やオフィスビル、マンションの設計から施工までに一貫して携わる。
2001年 一級建築士取得。
日本建築学会正会員。
東京建築士会会員。