«  2019年01月11日  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« 2019年01月10日 | メイン | 2019年01月12日 »

2019年01月11日

建築は気分の変化を受け止めてくれる存在なのか。あまりにも強固で融通がきかないから、コロコロ変わる、ある意味軽薄な気分なんてものを相手にもしてくれない。

どっしりと構えて、私の色はあなたの気分くらいでは変わりませんよ、って感じ。見ようによっては感じわるい。

最近、ずっと気になっていることが、画像を見ただけで、これ誰の作品がわかることが、その人の作風が確立されていて認知されていることだから、スタイルがあることだから、それは良いことだと暗黙のうちに了解になっているのは、それを外から眺めている人の、ギャラリーの、オーディエンスの、ほとんどの人がそうだが、その作品を理解した、だから良い、ということでしか無く、そこに曖昧なことが入り込む余地も無く、窮屈で息がつまりそうになり、せっかく素晴らしい作品なのに、何かそれは損をしているように思う。

せめて、その日の気分で変わるくらいの曖昧さを持ち込みたいのだが、やはり、その作品性が頑な過ぎて、どうなのか。

ただ、そもそも気分の変化を持ち込めるのか。気分の変化にどう対応して欲しいのか。建築ならでは対応の仕方があるか。こちらの気分の変化にリニアに対応してくれるのか、それとも、その変化を何でも包み込むように受け止めてくれるのか。建築は動かないし、動けないから、何でも包み込むように受け止めるしかないか。

ならば、建築は強固な作品性があった方が気分の変化に対応しやすいのか。

6E30E54B-BB9B-42C9-B69F-6B9EF13DC282.jpeg

"Is architecture too strong?"

Is architecture that accepts the change of mood? Because it is too strong and inflexible, it does not make any sense of frivolity that changes the corner.

I have a solid massage, my color does not change with your mood. I feel bad by seeing it.

Recently, what I have been watching for a long time is that it is a style that there is a stylistic existence because that person's style is established and that it is only knowing the image of who this is interested, It is implicitly understandable that it is a good thing that most people of the audience of the gallery, who are looking at it from the outside, understand the work, so that it is good There is no room for ambiguous things to enter there, it is cramped and my breath seems to be like that and it is such a wonderful work that I think that it is losing something.

At the very least, I'd like to bring ambiguity that will change with the mood of the day, but again, how is that work's stubborn and how is it?

But can you bring in changes in the first place? How do you want us to respond to changes in mood? Is there a way of responding unique to architecture? Does it correspond linearly to changes in my mood, or will you accept any changes in that change? As the building does not move and can not move, can you accept as if you wrap everything?

Then, is it easier for architects to respond to changes in mood if there was strong workability?


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

有限会社仲村建築店 代表取締役 仲村和泰

有限会社 仲村建築店
代表取締役 仲村和泰

建築家。現代建築の設計施工が専門。特に東京特有の狭小変形地で建築理論を基にモダンデザイン住宅を設計から施工まで一貫して行い定評。世界中の近代・現代建築を見て歩き調査。コルビュジェ作品は8割調査済み。北欧フィンランドの建築家アアルトについて建築専門雑誌「新建築」でレポート執筆。3割はデザインのプロからの住宅設計依頼。

【略歴】
関東学院大学工学部建設工学科建築系卒業。株式会社像建築設計事務所に入社。その後家業である有限会社仲村建築店にて設計をはじめる。住宅のみならず店舗やオフィスビル、マンションの設計から施工までに一貫して携わる。
2001年 一級建築士取得。
日本建築学会正会員。
東京建築士会会員。