«  2019年03月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« 建築の感触vol.6 | メイン | 気分を持ち込み »

2019年01月08日

感触そのもので成り立つ建築をつくるには、見立てを手法とすればよい。

見立てという手法が不完全性を備えているから、見る側が自身で補おうとする心の動きが生じ、そのものに触れてもいないのに、感触まで意識してしまう。まさにこれはアクティビティーが発生することでもある。

また、敷地の文脈/コンテクストの読み取りから、道を完全な秩序を持った存在とみなし、その道をからっぽな空間として扱うことにより、見立てと同様に、そこに不完全性を見出し取り入れ、

その場所の空の広さを天空率として表し、それを道と同様に、完全な秩序を持った存在とみなし、空の広さ、すなわち天空率は去就するが、建築は前とは異なるという秩序の完全性を欠落させることにより不完全性をつくる。

これらの道や空の秩序の不完全性が、見立てと同様に、アクティビティーを発生させる要因になる。

これを異なる用途を併設した集合住宅の計画に当てはめると、集合住宅という完全な形式があり、その形式を、実体として、概念として、敷地の文脈/コンテクストからの道や空の秩序の不完全性や、感触からの見立てによる不完全性を使い、乱し、崩し、そこに異なる用途が入ってくることにより、集合住宅の形式を完全なものにしようとする心の動きが生じ、接点の無い異なるアクティビティーが発生し、パーソナルスペースがその接点の無い異なるアクティビティー同士の間にオープンな状態で形成でき、そのオープンな状態が敷地周辺によい雰囲気を醸し出すようになればいい。

これが今回の集合住宅計画の考え方の骨子になるだろう。目指す所は、集まって住むから、はじめて可能になるパーソナルスペースをつくること。この骨子を素にして肉づけをしていく。

1AFF29C3-EB6E-4F6C-857B-501909818684.jpeg

"Outline of multi-family housing project"

To create a building that consists of feeling itself, you can use a method of approach.

Since the method of viewing has imperfections, the viewer side is trying to supplement itself with the movement of the mind, and even though it does not touch itself, he is conscious of the feeling. This is precisely the fact that the activity occurs.

Also, by reading the context / context of the premises, considering the road as a completely ordered entity and treating that road as an empty space, we find imperfections there as well,

The sky size of the place is expressed as a sky factor and it is regarded as a perfectly ordered existence like a road, the size of the sky, that is, the sky factor is removed, but the architecture is different from the previous Creating imperfections by lacking order integrity.

The incompleteness of these roads and the sky order becomes a factor that generates the activity as well as the observation.

When this is applied to the plan of a multi-family housing with different uses, there is a complete form called a multi-family house, and as a concept, as a concept, as a concept, imperfections of the context of the site / context from the context and the sky And using the incompleteness from the feel of touch, disturbing, breaking down, different applications entering there, movements of the mind to make the form of the apartment complex complete, there is no point of contact Different activities occur and personal space can be formed open between different activities without contacts, so that the open state can create a good atmosphere around the site.

This will be the main point of the way of thinking of this multi-family housing plan. The aim is to collect and live, so make a personal space that will be possible for the first time. I will flesh out this skeleton.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

有限会社仲村建築店 代表取締役 仲村和泰

有限会社 仲村建築店
代表取締役 仲村和泰

建築家。現代建築の設計施工が専門。特に東京特有の狭小変形地で建築理論を基にモダンデザイン住宅を設計から施工まで一貫して行い定評。世界中の近代・現代建築を見て歩き調査。コルビュジェ作品は8割調査済み。北欧フィンランドの建築家アアルトについて建築専門雑誌「新建築」でレポート執筆。3割はデザインのプロからの住宅設計依頼。

【略歴】
関東学院大学工学部建設工学科建築系卒業。株式会社像建築設計事務所に入社。その後家業である有限会社仲村建築店にて設計をはじめる。住宅のみならず店舗やオフィスビル、マンションの設計から施工までに一貫して携わる。
2001年 一級建築士取得。
日本建築学会正会員。
東京建築士会会員。