«  2019年03月04日  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« 2019年03月03日 | メイン | 2019年03月05日 »

2019年03月04日

仏像も建築もものだから、大日如来像のお顔のように見る側のその日の気分を投影できる、とした。

つくり手と見る側の意識の差異をつくり出したい、そこに気分を投影できる、仏師が想う大日如来像のお顔と見る人が想う大日如来像のお顔に微妙な差異があるから、人は無意識にその差異を確かめたくなる、ただ、確かめる手段を知らないから、その時の感覚で見てしまう、感覚は瞬間的にはその時の気分に左右される、気分が良ければ、どのような景色も、ゴミ箱でさえ綺麗に見えるし、気分が悪ければ、どんな美人も醜く見えるか、たぶん見える、それだけ人は気分に左右されるし、それを日常的に受け入れているし、それを本質だと勘違いして、墓穴を掘る、仏像のお顔が笑ったり、哀しそうにする訳が無く、変化する訳が無いのに、冷静に考えれば、当たり前なのに、お顔がどう見えたかに左右される、そういう人はいい人かもしれないけれど。

仏像や建築をものとして見た場合、建築には仏像のお顔のようなこと、造形物を掘り出して、そこにつくり手の想いを込めて、見る側も想いを込める関係性を築くのは難しいかもしれないが、

仏像には扱えなくて、建築には扱えるものがある、光。

仏像はソリッド、建築はボイドと対称的に言うこともできるかもしれないが、建築には空間として、そこに差し込む光を利用することができる、しかも、その光はゼンマイ仕掛けのように変化してくれる、そこに差異を見出せる気がする。

A810D0FC-6357-4371-9B6D-E1A2D78BD293.jpeg

"There is light in architecture"

Because Buddha statue and architecture are things, it is possible to project the mood of that day on the viewer side like the face of the Dainichijo statue.

I want to create a difference in consciousness between the making hand and the viewer, I can project the mood there, there is a subtle difference in the face of the Dainichi Nagai statue that the Buddha thinks and the face of the Dainichi Nagai statue that the viewer thinks, People unwittingly want to see the difference, just do not know the means to make sure, so you will see with the feeling at that time, the sensation is instantaneously dependent on the mood at that moment, if what you feel is good Even the landscape, even the garbage can be seen beautifully, and if the mood is bad, any beautiful person looks ugly, perhaps, you can see, perhaps the person depends on the mood, that is accepting on a daily basis, that is essence Misunderstanding and digging the grave, there is no reason to smile or make sorrowful the face of the Buddha statue, there is no change to change, but if you think calmly, it depends on how you looked at the face That kind of person is a nice person But no.

When seeing Buddha statues and architecture as things, it is not easy to build a relationship that allows the viewer to embrace the thought of the creator there, digging up the objects, like the face of the statue of Buddha in the architecture Although it may be difficult,

There is something that can be handled in Buddha images, architecture has light, light.

Although it may be possible to say that the Buddha statue is a solid and the architecture is symmetrical with the void, in the building space can be used the light to be inserted there, and the light changes like a spring fence I feel like I will find a difference there.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

有限会社仲村建築店 代表取締役 仲村和泰

有限会社 仲村建築店
代表取締役 仲村和泰

建築家。現代建築の設計施工が専門。特に東京特有の狭小変形地で建築理論を基にモダンデザイン住宅を設計から施工まで一貫して行い定評。世界中の近代・現代建築を見て歩き調査。コルビュジェ作品は8割調査済み。北欧フィンランドの建築家アアルトについて建築専門雑誌「新建築」でレポート執筆。3割はデザインのプロからの住宅設計依頼。

【略歴】
関東学院大学工学部建設工学科建築系卒業。株式会社像建築設計事務所に入社。その後家業である有限会社仲村建築店にて設計をはじめる。住宅のみならず店舗やオフィスビル、マンションの設計から施工までに一貫して携わる。
2001年 一級建築士取得。
日本建築学会正会員。
東京建築士会会員。