«  2019年02月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28

« 2019年01月 | メイン

2019年02月19日

理屈っぽい建築性のみでなく、建築として成立させるには、7割を建築性に、3割をクライアントが感動することに費やす、名建築を見てきた結論の割合が7:3である、とした。

では、気分はどちらに入るのだろうか。使う人、見る人のその日の気分で建築が違って見えたり、使い方が変われば、より人と建築が交わり合う、というか融合するというか。

人と建築が相対する関係性は、建築を商品として消費する対象と見た場合にそうなるような気がして、それは悪い訳ではなく、商業建築ではそれは当たり前のことで、日々、我々もその恩恵に預かっているが、

例えば、終の住処であれば、そのような、人と建築が相対する関係性では、せっかく、そこでの生活を心行くまで楽しもうとしているのに、相対する関係性は建築を箱物と見なしているのと同じで、ただ建築に携わっていない人はそれが当たり前だと思っているかもしれませんが、建築に携わっている人は、人と建築の関係性はそれだけでは無いと知っているので、もっと建築を日々の生活の中に溶け込ますには、気分を持ち込むのが良いだろうと考えている。

そうすれば、建築が人の暮らしや生活に密着するような、追従するような、決して箱物では無い、雨露をしのぐだけのものでは無い、人にとってなくてはならないものになるような気が、とりあえずする。

だから、気分は7割の方、決してクライアントを感動させるためのものでは無くて、建築が建築らしく、建築の持つポテンシャルを最大限に引き出すための建築性の部分だから。

9ADB9E5E-5BA7-48D5-808D-83DABC63B17E.jpeg

"Feeling is architectural"

In addition to the reasonable building property, the ratio of the conclusion that we saw the name architecture, which accounts for 70% for building ability, 30% for the client's impression, to be established as construction, was 7: 3 .

Then, which mood goes into? If the people who use it and the viewers feel like that day, if the architecture looks different, if the way of use changes, more people and architecture will get together or will it merge?

It seems that it seems that it will happen when you look at the relationship between people and architecture as objects to be consumed as a product, which is not a bad translation, it is commonplace in commercial construction, I am keeping with that benefit,

For example, if it is the last residence, such a relationship between people and architecture is trying to enjoy the life there as far as it is concerned, but the relative relationship is to consider architecture as a box object People who are not engaged in architecture may think that it is natural, but the person engaged in architecture knows that the relationship between people and architecture is not the only one So I think that it would be better to bring in a mood to blend more buildings into our daily lives.

Doing so would make architecture more closely related to people's lives and lives, to follow up, never to be box objects, not just to overcome rain exposure, to feel like becoming indispensable to people , I tentatively decide.

So, the mood is 70%, it is not a thing to impress the client never, the architecture seems to be architectural, it is a part of the architectural nature to maximize the potential of the building.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2019年02月18日

属性を一般的なものとするならば、属性が同じであれば、実体は例化として等価になり、ヒエラルキーが無くなるのではないか、という問いは面白く、表面の感触のみを属性として扱えば良いので、理論上はそれで、内外のヒエラルキーが無くなり、内外の境目がオープンになれば、全てが等価に扱えて、内外で空間の切れ目が無い連続したオープンスペースができるかもしれない、とした。

感触が直に空間を、感触でしかつくることができない空間ができるかもしれない。

さらに、そこに異なるアクティビティーを重ね合わせることができれば、その接点にパーソナルスペースをつくることができるだろう。

異なるアクティビティーは、敷地のコンテクスト/文脈から導き出せばよい。

そこにさらに、他のコンテクストも重ね合わせる。

ただ、このままでは理屈っぽい建築性のみになってしまい、実際に建つ建築としては成り立たないので、3割をクライアントが感動してもらうことに使い、喜ばせたい。

7割を建築性に、3割を感動に、3割は少ないと思われるかもしれないが、建築性に7割を使わないと、この3割を感動に生かせない、使えないと思っている。たくさん名建築を見てきた私なりの結論の割合が7:3である。

DCF3E2F6-3FE6-485E-B757-43561731DBD6.jpeg

"Percentage of Building Property"

If the attribute is general, if the attributes are the same, the entity becomes equivalent as an example, the question of whether the hierarchy disappears is interesting, it is only necessary to treat only the feel of the surface as an attribute So, in theory, it was said that if internal and external hierarchy disappeared and the boundaries of the inside and outside were open, everything could be handled equally, and a continuous open space with no space breaks in and out could be made.

It may be possible to create a space where the feeling can be made with space, touch.

Furthermore, if you can overlay different activities there, you will be able to create a personal space at that point of contact.

Different activities can be derived from the context / context of the site.

Furthermore, another context is superimposed.

However, as it is, as it is only the reasonable building property, it will not be realized as a building to be built, so we want to please 30% to use the client to impress.

Although 70% may be thought to be less building, 30% being impressed, 30% is less, but if we do not use 70% for building property, I think that this 30% can not be used impressed, can not be used . The ratio of my conclusion that I have seen many names architecture is 7: 3.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2019年02月17日

建築における全ての実体にあり得る属性として感触に焦点を当てる、例えば、全てふわふわという感触でつくれば、建築という入れ物があって、その中身のインテリア、というようなヒエラルキーが無いものが出来上がる、とした。

ただ、ちょっと哲学すぎるし、実際問題、同じ感触で建築や家具、ソファや椅子、テーブル、ベッド、食器などができるか、できないこともないか。

属性を一般的なものとするならば、属性が同じならば、実体は例化として等価になり、ヒエラルキーが無くなるのではないか、という問いは面白い。

鉄筋コンクリートの打放しで内外をつくり、インテリアも鉄筋コンクリートの打放しにすれば、内外のヒエラルキーは無くなるが、そのようなことができる素材は、構造体にできる素材は、鉄筋コンクリートしか無く、あと鉄板もあるが、それはすでに行われている。

属性を例えば、色で、グレーとすれば、内外をグレーにすれば、実体として内外を等価にできて、ヒエラルキーが無くなるという解釈もある。

表面の仕上げのみを属性として扱えば良いので、この考え方は応用が効くだろう。

それで、内外のヒエラルキーが無くなり、内外の境目がオープンになれば、全てが等価に扱えて、内外で空間の切れ目が無い連続したオープンスペースができるかもしれない。それがオープンなパーソナルスペースだと尚面白い。

EBB92887-220E-48C6-AAF7-EF6285A3AE4E.jpeg

"Possibility of attributes"

Focusing on the feel as a possible attribute for all entities in the construction, for example, if it is all made with the feeling of fluffy, it is said that there is a container called architecture and there is no hierarchy such as interior of the contents .

However, it is a little philosophy, and it is not possible to make buildings and furniture, a sofa and a chair, a table, a bed, dishes etc, with the same problem with the actual problem, is not it possible?

If attributes are general, if the attributes are the same, the entity becomes equivalent as an example, and the question of whether the hierarchy disappears is interesting.

If inside and outside are made by the release of the reinforced concrete and the interior is made to release reinforced concrete, the hierarchy inside and outside will be gone but the material that can do such things is only the reinforced concrete, there are also iron plates, It has already been done.

For example, if the attribute is gray, for example, if the inside and outside are made gray, there is interpretation that the hierarchy disappears as the entity can be made equivalent to inside and outside as an entity.

Since it suffices to treat only the finish of the surface as an attribute, this way of thinking will be effective.

So, if the internal and external hierarchy disappears and the boundary between the inside and the outside becomes open, everything can be handled equally, and a continuous open space with no break in the space may be made inside and outside. It is still interesting that it is an open personal space.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2019年02月16日

建築で感触に焦点を当てると、直に人が触るというアクティビティーが発生し、空間構成に何らかの影響を与える可能性がある、とした。

別の見方で、建築という実体があり、感触はその属性という考え方もある。

属性が一般的なものであるとしたならば、属性としての感触の例化として、建築がある訳で、そうすると、属性として同じ感触ならば、家具、ソファや椅子、テーブル、ベッド、食器など、建築の中にある全てのものが、建築と同じ感触という属性の例化になる。

すなわち、感触そのものに焦点を当てることにより、家具、ソファや椅子、テーブル、ベッド、食器なども建築と並列に等価に実体として扱える、ということ。

それは面白いと思う。もっと徹底させるために、例えば、全てふわふわという感触で、建築も家具、ソファや椅子、テーブル、ベッド、食器などを仕立てたならば、全てが実体として同じに、並列に、等価に扱えて、例えば、建築という入れ物があって、その中身のインテリア、というようなヒエラルキーが無いものが出来上がる。それは、ちょっと何か可能性を感じてしまう。

それができるのも、建築における全ての実体にあり得る属性として感触に焦点を当てるからだろう。

53C27969-0E3B-4058-BD20-5EEA78C57A93.jpeg

"Feeling as an attribute"

Focusing on the feeling in architecture, it was said that there was the possibility that some activity would be exerted on the space composition due to the direct activity of people touching.

In another way, there is the entity of architecture, the feeling has its idea of ​​its attribute.

Assuming that the attribute is general, there is architecture as an example of the feeling as an attribute, so if it has the same feeling as an attribute, it will be useful for furniture, sofa, chair, table, bed, Everything in the building is an example of the attribute of the same feel as construction.

In other words, by focusing on the feeling itself, furniture, sofas and chairs, tables, beds, tableware and the like can be treated equivalently in parallel with buildings as entities.

I think that is interesting. In order to make thoroughly more, for example, if it is all feeling fluffy, building also furniture, sofa and chair, table, bed, dishes etc, if everything is tailored, everything can be handled equally in parallel, equivalently, as entities There is a container called architecture, and there is no hierarchy like interior of its contents, but it is completed. It feels a bit of a possibility.

It can be done because it will focus on the feel as an attribute that can be found in all entities in architecture.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2019年02月15日

建築も新築当初は視覚が優位で、段々と生活をして慣れてくると感触優位になるのではないか、ならば、感触を第一に考えて建築をつくっても破綻したり、企画倒れしたり、独りよがりや建築家のエゴにはならないだろう。

建築で実際に触る場所は案外限られている。大まかに言えば、水回り以外は、床とドアノブくらいだ。家具が、ソファや椅子、テーブル、ベッドなどが、家の中で一番触るかもしれないが、家具は建築の範疇には入らない、造り付けの家具は別だが。

だから、建築の中で感触を味わえるものは、家具、食器、洋服など、ほとんどが建築の一般的な範疇では無い。

ただ、建築だって、そのもの自体には感触は存在するので、まるで写真を見るように、感触を無視することは本来できないはずである。

例えば、壁は、その仕上げにどのような素材を使うかによって、触った時の感触が全然違うし、それによって見た目の壁の質感も違う。ザラついた感触とサラッとした感触では光の反射が違うから、壁が違って見える。そういう尺度で壁の仕上げを扱ってきたが、感触そのものをはじめから扱うことはして来なかったし、その必要も無かった。

もしかしたら、感触に焦点を当てると、今までとは違う空間構成を思いつくかもしれない。

なぜならば、当たり前だが、感触を味わうには、直に人が触らないといけないし、それは新たにアクティビティーが発生することで、アクティビティーは空間構成に何らかの影響を与える可能性があるから。

3B10F761-8D9C-4E8C-81A6-096D66082F00.jpeg

"Feeling affects space composition"

Early in the construction of the newly built building, if vision is dominant at the beginning, it will become advantageous feeling when you get accustomed to living one by one, then, even if building a building with the feel first, failure or planning collapse I will not be alone or architect's ego.

The place to actually touch buildings is unexpectedly limited. Roughly speaking, except about the water, it's about the floor and the door knob. Furniture, sofas, chairs, tables, beds, etc. may touch the most in the house, but furniture does not fall within the category of building, but built furniture is different.

Therefore, most of the buildings, such as furniture, dishes, and clothes, which can be felt in the building feeling are not the general categories of architecture.

However, even buildings themselves have a feeling, as it looks like a picture, neglecting the feeling should not be possible.

For example, depending on the material used for the finishing, the feeling when touching is totally different, the appearance of the texture of the wall is also different. Because the reflection of light is different in the touch feeling and the smooth feeling, the wall looks different. I have dealt with the finishing of the wall on such a scale, but I did not handle the feeling itself from the beginning, and that was not necessary either.

Perhaps if you focus on the feel, you may come up with a different spatial configuration.

Because it is commonplace, in order to taste the feeling, it is necessary for people to touch it directly, because the activity may have some influence on the space composition as new activities occur.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2019年02月14日

今一番興味がある感触は人肌なので、これを建築で実現できるといい。

もし、人肌の感触で建築ができるならば、人が直に触れる所が、例えば、床の感触が人肌だったら、ちょっと暖かくて、素足で歩いたら気持ち良さそうだし、人に触れているようで、赤ん坊がお母さんに抱っこされていると安心するような、心の安らぎみたいなものが、それだけで、床の上を歩くだけで得られたら、ちょっと素晴らしいかもしれない。

感触は直に心を揺さぶることができるから、もしかしたら、視覚で得る情報より、量では敵わないが、質というか、深く心に浸透する情報を与えることができるかもしれない。

建築やデザインは実存するものを相手にするから、どうしてもまず視覚に左右されてしまうが、実際に生活や使用していくと、視覚より感触の方が影響を与えるようになる気が、いつも毎朝コーヒーを飲む時に思う。

毎朝コーヒーカップを選ぶ時に最初使いはじめは、気分で見た目を思うが、何回も使っていると、手に持った時の感触や唇に押し当てた時の感触をパッと思い出す。

建築も新築当初は視覚が優位で、段々と生活をして慣れてくると感触優位になるのではないかと考えてしまう。

F1C391B0-2211-4EF4-AF60-3295A7B0A9DD.jpeg

"From vision to feel"

The most interesting feeling now is human skin, so I hope that this can be realized in architecture.

If the building can be built with the feel of the human skin, if the place where the person touches directly, for example, the feel of the floor is human skin, it is slightly warm, it will be comfortable when walking with bare feet, and it is touching the person It seems a bit wonderful if you can get it just by walking on the floor, just like that which seems to be a peace of mind that seems to be relieved when the baby is hugged in your mother.

Since feeling can shake your heart directly, perhaps it may be able to give information that infiltrates deeply into the mind, although it is not enemy by quantity, but quality, rather than information obtained visually.

Since architecture and design are opposed to existing ones, they are inevitably influenced by vision, but the feeling that feeling comes to influence more than the visual sense, whenever they actually use their lives or use, always change every morning I think when I drink coffee.

Every morning when choosing a cup of coffee the first thing to use is thought of in appearance, but when I use it many times, I remember feeling when I was holding it in my hand and the feeling when I pressed it against my lip.

At the beginning of building a new building, vision is dominant, and I think that it will become a feeling advantage when coming to life by gradually getting used.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

去年、東京ドームで開催されたテーブル・ウェア フェスティバルの有田焼ブースで購入した急須、急須好きな私が今一番日常使いしている急須で、その時、湯呑をなぜセットで購入しなかったかと悔いる日々を送っていたが、

先日、今年のテーブル・ウェア フェスティバル、まず最初に有田焼ブースに行き、その同じ急須を見つけ、湯呑を探したが無い、近くにいた窯元の方に尋ねたら、今年は持って来ていない、とのこと。

「去年、急須を買おうかどうか悩まれており、でも最後に買われて行った方ですよね」

挙動不審だったのか、完全に顔を覚えられている。

ただ、そうなると、話が早い、こちらの熱意は伝わるかもしれないので、

「どうにか湯呑を購入する方法はないですか、そちらの窯元のHPを見ても、この商品は掲載されていないようなので」

と食い下がると、この窯元の方、とても良い方で、フェスティバル終了後、メールで画像を送ってくれて、茶托もあるので、気に入れば、購入して下さい、と対応してくれた。少量なのに、ありがたい話です。

連絡先を教えるために名刺交換をすると、窯元の社長さん、また、有田に行く時は、窯元を見学させて下さい、とお願いしたら、快く受け入れてくれました。

去年は茶托を見ていませんが、画像だけで気に入ってしまい、組みで購入、打合せ時にクライアントへ淹れるお茶は、この湯呑と茶托で出そう。

5364FC56-A97E-4241-9ECB-905993206CAC.jpeg


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2019年02月13日

どのような感触が欲しいかを考えて、決めれば、それに適応した機能や空間ができるかもしれないとして、感触を考えてみる。

先に出した例は、ふわふわ。

今制作中の輪島塗のフリーカップは人肌の感触を出そうとして、漆塗を石目乾漆で人肌の感触に近づけようと職人の方にお願いして、見本塗を制作中である。

だから、今一番興味がある感触は人肌なので、これを建築でも実現できるといい。

乾漆とは、乾いた粉状の漆を漆塗の上に振り掛けて仕上げる技法で、ちょっとざらついた感触になるが、石目乾漆はさらに、たぶん、乾いた粉状の漆の振り掛ける量をもっと増やして、不均一にし、さらに乾いた粉状の漆が載ったところを平らに均していく。そうすると、乾いた粉状の漆が載った所が島状になり、載っていない所が筋状になり、ちょうど肌の表面を拡大して見た時と同じような仕上げになる。これで石目乾漆の表面を触ると人肌の感触になるはずだろうという憶測で、今、見本を制作中。

ただ、石目乾漆の仕上げは、建築で言えば、吹付けタイルの仕上げに似ているような気がするし、もっと言えば、コンクリートに細かく砕いた大理石などを混ぜて、不均一に吹付けて、コテで均せば、できそうな気がするし、さらに、もっと言えば、コンクリート打放しの表面の仕上げを、型枠の仕上げ面を工夫するのか、型枠を脱型した後に手を加えるのかはわからないが、人肌の感触にすることももしかしたら可能かもしれない。そうしたら、構造体として使えるから、人肌の感触だけで建築ができるかもしれない。ただし、コンクリート打放しの表面の仕上げの技法を新たに考える必要はあるだろうが。

8FA037BE-67EE-404A-82AE-0CDA708CF736.jpeg

"Building on the feel of human skin"

Consider what kind of feeling you want, decide, if you decide, you may think that the function or space adapted to it may be made and think about the feel.

The example given earlier is fluffy.

A free cup of Wajima coat under construction now is preparing a sample painting, asking the craftsman to bring the lacquer coat closer to the human skin feeling with the stone eye lacquer, in order to bring out the human skin feeling.

So, the most interesting feeling now is human skin, so we hope that this can be realized even in architecture.

Dry lacquer is a technique that finishes dry lacquer lacquer on the lacquer finish, giving a slight gritty feel, but the stone eye lacquer is probably more dry, powdery lacquer sprinkled over more Increase it, make it nonuniform, and flatten the place where dried powdery lacquer was put on. Then, the place where dried powdery lacquer is placed becomes island-like, the place where it is not placed becomes streaky, just like looking at the surface of the skin enlarged. It is speculation now that touching the surface of the stone eye dry lacquer should be a feeling of human skin, I am producing a sample now.

However, the finish of the stone eye lacquer is like the finishing of the spray tile if it says in the construction, more speaking, mixing the finely crushed marble etc. in concrete, spraying non-uniformly Then, if you do it with the iron, you will feel like it will be possible, and more to say, whether finishing the surface of the concrete release is to devise the finished surface of the formwork or after removing the mold I do not know, but maybe it is possible to feel human skin. If you do, you can use it as a structure, so you may be able to build with only the feel of human skin. However, although it will be necessary to newly consider the technique of finishing the concrete release surface.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2019年02月12日

感触そのものが空間をつくり、機能をつくり出すことはありそうで、例えば、ふわふわな感触、ならば、ふわふわな感触から寝る機能が出てきて、その感触に包まれば空間になり、ベッドルームになりそうな気がした。

で、連想したのは、雪のかまくら、雪の感触そのものが空間になり、機能をつくり出している。

要するに、単一素材のソリッドな物であれば、その感触に応じて機能や空間をつくり出すことが可能かもしれない、とりあえず。

ならば、鉄筋コンクリートが思いつく。そうなると、構造体として使えるので、固いコンクリートの感触そのもので空間と機能をつくり出せる、打放しコンクリートの建築、とよくあるところに納まってしまう。

ソリッドの鉄板のみの建築も、鉄板は構造体として使えるので、鉄板の感触が空間と機能をつくり出すこともあったが、それも納まりの良いことに。

感触が構造という機能を担ってしまうと、実現性が極端に下がるような気がする。感触が構造としての機能まで担うことができれば、それが一番良いが、それが一番大事なことでは無いので、感触が構造という機能まで担うことは、とりあえず、置いておく。

そうすると、まず、どのような感触が欲しいかを考えて、決めれば、それに適応した機能や空間ができるかもしれないとして、感触を考えてみる。

E9397FD1-7A99-4129-991D-B1F86A8953CD.jpeg

"To determine the feel first"

The feeling itself seems to create a space and create a function, for example, with a fluffy feeling, if the function of sleeping from fluffy feel comes out, if it is wrapped in the feeling, it becomes a space, becomes a bedroom I felt that way.

So, what I associate is that the feeling of snow, the feeling of snow itself becomes space, creating a function.

In short, if it is a solid material of a single material, it may be possible to create a function and space according to its feeling, for the time being.

Then reinforced concrete can come up with. Then, since it can be used as a structure, it fits in a place where it often goes to the construction of an outgoing concrete, which can create space and function with the feel of a hard concrete itself.

Because the steel plate can be used only as a solid iron plate, the steel plate can be used as a structure, the feel of the iron plate sometimes created space and function, but that is also acceptable.

Feeling seems to decrease extremely if feels play a role of structure. If the feel can bear up to the function as a structure, that is the best, but that is not the most important thing, so let's leave that feeling will carry up to the function of the structure for the time being.

Then, first of all, thinking what kind of feeling you want, decide, if you decide, you think that the function and space adapted to it may be made, and think about the feel.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2019年02月11日

感触そのものが空間をつくり、機能をつくり出すことはあるのか。建築は空間と機能だけでできている訳では無いが、空間とは、空間はどのようになったら、空間になるのだろうか。床壁天井で囲われれば空間か。

例えば、ふわふわな感触の大きなものがあるとして、それで包まれて、中に入ることができたならば、ベッドルームになるかもしれない。ふわふわな感触だから、寝るという機能には適するのではと思い、それで包まれていれば、ベッドルームになるかもしれないという考え方。

この一例だけでも、感触から機能がつくり出せる、生まれことはありそうで、その感触に包まれれば空間にはなる。

これを展開や応用していけば、建築として成り立つ可能性もありそうな気はするが、いかがなものだろうか。

BB6B0A36-1FEF-4308-A3D2-2090AA8BF4BC.jpeg

"Feeling from function to function and space"

Is the feeling itself creating a space and creating a function? Architecture is not only made up of space and function, but what does space mean when space becomes space? Floor wall Is it a space if surrounded by the ceiling?

For example, if there is a big fluffy feeling, if it could be wrapped in it and go inside it might be a bedroom. Because it is fluffy feeling, thinking that it is suitable for the function of sleeping, thinking that it may become a bedroom if wrapped with it.

Even with this example alone, it is likely that a function can be created from feel, birth is likely to occur, and if it is wrapped in the feeling it becomes a space.

I think that there is a possibility that it may be established as architecture if it develops and applies it, but what is it like?


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2019年02月10日

感触を主題にしたら、テーブルウェアのデザインにも、建築にも、まだ見ぬ地平があるような気がする、としたが、やはり、機能とか、諸条件に引きづられる。

ただ、それは感触を仕上げの話と捉えているから、その前に、そのテーブルウェアにしろ、建築にしろ、成立させるための諸条件や機能や要求があるだろうと、段階的に考えてしまうからで、そのようなもののつくり方をしてきたし、そう刷り込まれているからで、ちょっと思考の順序を組み替えてみれば、それこそ違う地平が見えないかな。

以前に、建築に感触を取り込もうとした時に、見立ての手法を使う、とした。それは触ること無しに、感触をイメージさせるには、頭の中で見る人が素材感を構築してもらう必要があり、その時に見立てが持つ不完全性が感触を意識的によりイメージさせることになると考えた。

ただ、これとて、感触が仕上げの域を脱していないような気がする。

感触そのものが空間をつくり、機能をつくり出すことはないのだろうか。

4FEEDF76-2CD4-4656-820F-6F41F9BDFC25.jpeg

"Do you feel that you can create space?"

If the theme is feeling, it seems that there is still unseen horizon both in the design of tableware and in architecture, but again, it is attracted to functions and conditions.

However, since it perceives the feel as a finishing story, before that, before that, we think that there will be various conditions, functions, and demands for establishment, whether it is tableware or construction, because it thinks step by step So, I've been working on how to make things like that, so it is being imprinted, so if I rearrange the order of thinking, I can not see a different horizon.

Previously, when trying to incorporate the feeling into architecture, he said that he used a method of interpretation. Without touching, in order to make the image feel, it is necessary for the viewer in the head to build a texture of the texture, and at that time imperfections of the view will cause the feeling to be consciously imaged Thought.

However, it seems that feeling does not get out of the area of ​​finishing with this.

Will not the feeling itself create a space and create a function?


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2019年02月09日

ずっと感触のことを考えている。

感触がデザインの一部ならば、触らないと良し悪しがわからないが、実物が目の前に無ければ、どうしようもない。

20世紀の建築家は自分の作品を世界中に広めるために、写真のワンカットを大事にして、神経を注いだ、今のようなネットが無い時代では、手段は写真しかなかったから。

だから、極端に言えば、その頃の建築のデザインは写真映えするにはどうしたら良いかが暗黙の命題でもあったし、写真で事足りた。実際に触らないとわからないことは排除されていたし、その頃のモダニズム建築にはそれで都合が良かった。

物事は何でも反動、すなわち、現状とは反対の方向へ流れていくもので、モダニズム建築が排除していた感触や実際に触らないとわからないことが主題にもなっていく。

ただ、写真がネットや動画配信、SNSに置き換わったとは言え、相変わらず、実物に触ることができないことには変わりが無いので、感触を直に伝える手段は実物に触るしかない。当たり前のことだが、これが物とか建築とかのデザインを大枠で規定してしまっているように思う。

昨日見たテーブルウェアのコンテストでも、中には仕上げの質感をデザインの一部として、デザインの副産物的に、二次的に扱っているものもあったが、質感や感触そのものをデザインの主要素にしているものは無かった、伝えるのが難しいし、それはコンテスト向きでは無いからだろうが、展示に触らずに確かめようが無いが、感触を主題にしたら、テーブルウェアのデザインにも、建築にも、まだ見ぬ地平があるような気がするのは私だけだろうか。

81D0024F-F23E-4010-9B2A-88F3913E743E.jpeg

"Fundamentals of design"

I'm thinking about feeling all the time.

If the feel is part of the design, I do not know if I do not touch, but if the real thing is not in front of me, I can not help it.

Architects of the 20th century cherished the one-cut of the photographs, spread the nerve to spread their work all over the world, because in the era when there is no net like the present there was only a means.

So, to put it in extreme, it was an implicit proposition as to how to design the architecture of that time to photograph, and it was enough with pictures. What I did not know without actually touching was excluded, and it was convenient for that modernism architecture at that time.

Everything is recoiled, that is, it flows in the direction opposite to the present situation, so that the feeling that Modernism architecture had eliminated and the fact that you do not know without actually touching will become the subject.

However, although photos are replaced with net, movie distribution, SNS, there is no difference that things can not be touched as usual, so the only means to communicate the feeling is to touch the real thing. As a matter of course, I think that this has largely stipulated the design of objects and architecture.

Even in the tableware contest I saw yesterday, some of the designs handled the finish texture as part of the design, as a byproduct of design, secondarily, but the texture and the feeling themselves were chosen as the main elements of the design There was nothing to do, it is difficult to tell, because it is not for the contest, it can not be confirmed without touching the exhibition, but if the theme is feeling, tableware design, architecture as well Is it only me that feels like there are still unseen horizons?


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2019年02月08日

今年もテーブルウェア・フェスティバルに行ってみた。器やカトラリーが大好きなので、行くと陶磁器、漆器、ガラス食器、銀食器などやアンティークも、主に日本のものだが、海外のものも見られるので、知り合いもいるし、入場券も3回分もらったし、東京ドームで大好きなもの浸れるので、1日時間を取って出掛けてみた。

去年も行ったが、毎年この時期に行われるイベントで、出店しているお店も場所も去年とほとんど変わらなかったので、去年ほど時間がかからずに見て回ることができた、というか、去年行ってもう一度行ってみたいお店だけ、また去年は購入しなかったものを今年購入するために、そうしたら、挙動不審だったのか、顔を覚えられていて、その場に品物は無かったが、後で連絡をくれることを約束して名刺交換、その窯元に機会があれば見学しに行くことになった。

販売するためのお店がたくさん出店しているが、メインイベントの1つにテーブルウェア・コーディネート、テーブルウェア、器のコンテストがある。公募型のコンテストで、テーブルウェアという広い縛りなので、その表現に使用する素材は、陶磁器、漆器、ガラス食器、木や銀の食器など様々で、それを見に行くだけでも面白いし、たくさんの人が興味を持って見ていたが、ひとつ不思議というか、腑に落ちない点があった、触れないのだ。

展示に触れないのは当たり前なのかもしれないが、テーブルウェアは食卓に食べ物や飲み物などを供するための食器類なので、実際に食べ物や飲み物を供する必要は無いのかもしれないが、食器やコーディネートを触らないでわかるのだろうか、いやわかるはずが無い、というストーリーにしようと思っていたのだが、そう言えば、建築のコンペではまだ影も形もなく、プレゼン資料だけで判断するな、もっと言えば、普段の建築設計の場でも、クライアントに説明する時だってそうだなと思い、困った。

手触りなどの感触だってデザインの一部で大事ではないか、だから、触れないのはおかしい、と結ぶはずができなくなった。

ただ、建築は規模も大きくお金もかかるので、そう簡単には実物をつくれないから、やむを得ないと言い訳をした上で、審査の時にどうだかはわからないが、テーブルウェアくらいの大きさであれば、手で持った時の感触や唇に当てた時の感触などは、とても重要な気がするし、もしかしたら、その感触だけで1つのテーブルウェアがデザインでき、つくれるかもしれない。

展示されているテーブルウェアに触れなければ、見た目で判断するしかなく、それでは感触が大事だと考える作者がいたら、自分の作品の良さが伝わらない。

展示だからにせよ、触れないのは、作者にとっても、見る側にとってもつまらなくて不幸なことのように思うし、見た目やデザインの魅力の裏には感触があり、それがわかることも見る側の技量の1つなので、見る側もそれで問われていることになる。

DE8B9CA4-A942-43C1-AB50-608A9D3C16EB.jpeg

"Touch that does not touch"

I went to the tableware festival again this year. As I love vessels and cutlery, when I go there, I go to china, lacquerware, glass dishes, silverware and antiques, mainly in Japan, but also overseas, so I got acquainted and I got three admission tickets Then, I will immerse my favorite things at the Tokyo Dome, so I took a day to go and went out.

Although I went last year, it is an event to be held at this time every year, the shops and places that are open are almost the same as last year, so I was able to look around without last time as much as last year , Only the shops that I would like to visit last year and want to visit again last year, in order to buy things I did not buy this year, if I did so, I was remembered my behavior, so I did not have any items on the spot I promised to contact you later, I exchanged business cards, I decided to visit the pottery if I had opportunity.

There are many stores open for sale, but one of the main events is tableware coordination, tableware, container contest. Because it is a public contest contest, because it is a wide binding of table wear, the material used for that expression is various such as ceramics, lacquerware, glassware, glassware, wood and silver dishes etc, it is interesting only to go to see it, Although I was watching with interest, it was one wonder, or there was a point that I could not understand, I did not touch it.

Although it may be natural to not touch the exhibition, tableware is a tableware to serve food and drinks etc at the table, so it may not be necessary to actually supply food and drink, but dishes and coordination I was planning to make it a story that I can understand without touching it, but if you say so, in the competition of architecture, there is no shadow and shape, do not judge only with presentation materials, say more I was in trouble because I thought it was the case even in the usual architectural design places, even when explaining to clients.

Even feeling such as feeling is important in a part of the design, so it is strange not to touch, it can not be connected with.

However, since construction costs large scale money, it is not easy to make real thing so easily, so I do not know how it is at the time of appraisal after excusing it is inevitable, but if it is about table wear, I feel that when I hold it with my hand and the touch when I touch the lips, it feels very important and perhaps I can design one tableware with that feel alone and make it.

If you do not touch the exhibited tableware, you only have to judge by appearance, then if the author thinks that the feel is important, the goodness of one's work will not be conveyed.

Whatever the exhibit, I do not touch it, it seems like boring and unfortunate for both the author and the viewer, there is a feeling behind the attractiveness of the appearance and design, and also the things that you can see As it is one of the skills, the viewer is also asked by that.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2019年02月07日

道路の隅切りが面白く見えた。道路の隅切りをミラー反転させて建築の形状とすると、もしかしたら、隅切りが隅切りのように見えなくて、建築の一部に見えるかもしれない。

交通の安全のことを考えれば、当然、道路の隅切りが必要だ。交差点で見通しが悪いと事故につながるから、その点では必ずあった方が良い。

しかし、街並みの美観を考えると、道路の隅切りほど醜いものは無い。道の雰囲気を台無しにしてくれる。街並みや道の連続性を隅切りは分断する。だから、本当は道幅を広くして、隅切りを無くすことができればいいのだが、そうもいかない。

ふと、スケッチをしていて、隅切りの斜めが違って見えて、ミラー反転して建築になれば、隅切りも面白いかもしれない、道なんだか、建築なんだか、どっちつかずになり、隅切りが街並みや道を分断するどころか、街並みと道と建築を調和させはじめた。結構良いかもしれない。

649617A4-1F04-4B6D-99FC-F118D966F5D4.jpeg

"Corner cutting is ugly"

The corner cutting of the road looked interesting. If the corner cutting of the road is mirror reversed to the shape of the building, perhaps the corner cutting may not look like a corner cut and may look like a part of the building.

Given the safety of traffic, obviously it is necessary to cut corners of the road. Since it leads to an accident if the line of sight at the intersection is bad, it is better to have it always at that point.

However, considering the aesthetic appearance of the cityscape, there is nothing ugly as a corner cut of the road. It ruins the atmosphere of the road. Cut corners cutting the continuity of the cityscape and the road. So, in fact, it would be nice if we could widen the road width and eliminate corner cutting, but it does not work.

Suddenly, sketching, looking diagonally in the corner cut, if the mirror reverses and becomes the architecture, the corner cutting may be interesting, the road, it is not like anything, the corner cut becomes Far from dividing the cityscape and the road, I began to harmonize the cityscape with the roads and the architecture. It may be quite good.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2019年02月06日

ちょっと気になる言葉がある「建築性」。それが建築たる所以みたいなものと捉えているが、ついその「建築性」が疎かになってしまうような気がする。

おかしな話だが、建築性が無くても建築は成り立つ。極端に言えば、機能を満たし、法規を守れば、建築はできてしまう、そのような建築がほとんどだ。

例えば、建築性とは「不完全性とアクティビティー」「気分と感触」がいま、あるのではないかと考えている。

無くても良いとは思えず、あった方が良いの当たり前のことと捉えている、それが人にとって。

この建築性を磨き、建築として実存させることにいま一番時間を割いている。

B728731C-9915-4F99-84B9-0C517ECF258B.jpeg

"Time now"

There is a word which is a bit a little "Building property". It seems that it is like the thing that it is built, but it seems that its "architecturality" becomes unclear.

Although it is a funny story, building is established even if there is no building ability. In extreme terms, buildings can be built if they satisfy the function and keeping the regulations, such constructions are mostly.

For example, I believe that "building imperfections" have "imperfections and activities", "moods and feelings", and so on.

I do not think that it is not necessary, and I think that there was better being a good one, that is for people.

I am taking the most time to refine this architectural nature and make it exist as a building.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2019年02月05日

ボリュームチェックをする。それはその敷地にどのくらいの規模のものが建築できるのかを確認するためだが、同時にそれは集合住宅の場合、最大戸数を確認する、収支計画を立案する、ための元資料にもなる。

昔いた設計事務所では、もう25年くらい前の話だが、不動産屋から敷地図がfaxで送られてくると、社長がボリュームチェックをして、その敷地に対する計画案を作成し、それは収支計画用の計画案なので、最大戸数を確保したものをまた送り返していた。

その場合、建築基準法や条例などを法規を満たすのは当たり前のことだが、とにかく知りたい情報はその敷地にどれだけの規模の、戸数の集合住宅ができるか、だったので、デザインは二の次、付け足すもの扱いで、とりあえず、平面図だけあればよく、それで収支計画が立案できるので、実際に計画がスタートして外観を考える時にデザインが入ってくるようだった。

そのデザインや計画案作成の態度にはなじめず、でも大概の設計事務所はそうなのだろうと想像しながら、私が設計担当した最初の建築は、その社長が作成した計画案からはじまった集合住宅だった。だから、私が担当としてデザインできる範疇は外観くらいしかなく、それはそれで重要なのだが、プランから考えなければ、外観だけ考えても意味は無いのでは、と思いながら仕事をしていたのを思い出した。

なぜ思い出したかというと、今、そうだから、とりあえず、収支計画用の最大戸数を確保した計画案を作成し、これからどう進めていくかと考えているところだから。

ただ違うのは、この計画案はあくまでも収支計画用で、ボリュームチェック用で、アタリの図面で、ここから全く違うものをはじめからデザインしはじめる。

ところが、この計画案が結構強力で、引きづられてしまう、自分で作成したのだが、厄介なしろものだ。

2E0870D8-EE1F-44F6-B07A-F92FA321EA15.jpeg

"Volume check"

Perform volume check. It is to confirm how much can be built on the premises, but at the same time it is also the original source for planning the income and expenditure plan to confirm the maximum number of houses in the case of multi-family houses.

In the former design office, about 25 years ago, when the real estate agent sent the site map at fax, the president made a volume check and created a plan for the site, which is a balance plan It was a plan for use, so I sent back the one that secured the maximum number.

In that case, it is natural to satisfy the Building Standards Law and ordinances etc, but since the information that you want to know is just how large, multi-united housing can be built on the premises, design is secondary, It is treated as a thing to add, in the meantime, it is only necessary to have a plan view, so you can plan the income and expenditure plan, so it seems that the design will come in when you plan the actual planning and consider the appearance.

While imagining the design and the planning draft attitude, but imagining that most of the design office would be, the first building I was in charge of designing was a collective housing that started with the plan drafted by the president was. So, the category that I can design as a responsible person is only about the appearance, which is important, so I thought that if I did not think about it from the plan, I thought that it was meaningless to think only about the exterior, I remembered that I was working .

I remember why I remember now that I am thinking about how to proceed from now on, because I am planning a plan that secures the maximum number of households for income and expenditure planning.

The only difference is that this plan is for balance planning only, for volume checks, Atari's drawings, beginning to design completely different things from here.

However, this plan was quite powerful and attracted, created by myself, but a troublesome one.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2019年02月04日

以前に、建築に感触を取り込みために「見立て」を考え、建築に気分を取り込むために「追従する」建築で差異を考えた。いずれも、納得して建築に取り込める手法だと考えていたが、違う角度から再度、感触や気分を建築に取り込む方法を考えてみたいと思った。

そのきっかけは、今制作中の輪島塗のフリーカップ。もの自体が感触と気分を取り込む媒介になるのならば、建築でも可能なのではないか、と思ったから。

建築を空間として扱うから全体のボリュームが最重要になるが、建築を細部のものの集合体として扱えば、まず細部のもの自体がどうあるか、からはじまるので、感触やその時の人の気分を反映しやすく、その感触や気分を伴ったまま、最終的に空間が出来上がるのではないか、と考えた。

人を中心に据えて、人に密着した周辺からはじまり、その時々の人の気分を反映することが可能なものを細部から感触を含めつくり出しながら、どんどん同心円状に広がっていき、空間に仕立てていくイメージ。

イメージがまずできないと、実際のものづくりはできない、全てのイメージでなくても良いが、はじめの取っ掛かりや、大まかで良いから骨子みたいなものは欲しいが、それが段々と揃ってきたような気がする。

8032CB47-D414-43C5-AF6B-27B550C42D2D.jpeg

"Image to tailor the space"

In the past, I thought about differences in architecture "to follow" in order to capture the mood in buildings, considering "looking" to incorporate the feeling into architecture. Both thought that it was a method that I could consent to incorporate into architecture, but from another angle I wanted to think about a way to incorporate feel and mood into architecture again.

The trigger is a free cup of Wajima coat under construction now. Because I thought that it might be possible in architecture as long as things themselves become intermediaries for taking in feel and mood.

The whole volume becomes the most important because it treats architecture as space, but when treating the building as a collection of details, it first starts from how the detail itself is, so reflects the feel and the mood of the person at that time I thought that it would be easy to do, with the feel and mood accompanied, the space would eventually be finished.

Starting from the periphery that is close to people, starting from the surroundings close to people, reflecting the feeling of the people from time to time, create things including details from the details, spread more and more concentrically and tailor it to the space Some image.

If you can not do an image first, you can not make actual manufacturing, not all images, but I want something like a gist of a first bargain, because it is rough and good, but it seems that it has gotten step by step I will do.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

モノ・マガジンにちょっとだけ出ました。よかったら見て下さい。

20641F82-B990-4EBE-8A72-12746595AA88.jpeg

EDEFB6D1-1778-4506-B2B1-92ECC01D9EBC.jpeg


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2019年02月03日

内側からボコボコと必要な場所を広げていく感じで、人を中心に、人の周辺からはじめていくという空間のつくり方があると思う。

今日行ったオープンハウスでの説明によると、2階建ての2階の個室の天井の形を決めて、その形のまま屋根したとのこと。屋根を決めて天井が決めるのでは無くて、室内の天井の形を先にデザインし決めてから、その形の裏返しが屋根の形になる。外から見ると屋根の形で室内の天井の形がわかる。室内の天井をデザインしたら、同時に外観の屋根と室内空間もデザインされる、室内天井をデザインする時は当然、人から派生する事柄を手掛りにするだろうから、そこに人も絡んでくる、とても秀逸だと思った。

ボリュームチェックがあり、そこから細部に向かっていくやり方、ボリュームを決めれば、同時に空間や細部まで決まり、人が絡んでくる手法もあるだろうし、それはそれで素晴らしいと思うが、どうしても人が最後というか、例え最後ではなく途中に人が絡んでくることもあるが、人からはじまる感じが、人の周辺からはじめていく空間のつくり方よりは薄いような気がする。

どうして、人を中心に、人の周辺からはじめていく空間のつくり方が気になるのかと言うと、建築にもっと感触とか、気分とかを取り込みたいから。人を中心に据えてはじめた方がより感触や気分を建築に取り込めるのではないか、という勘からです。

379560AB-E324-4A67-94C5-CC32C791A0B5.jpeg

"There are people, I feel, I have a feel"

I think that there is a way to create a space where people start from the periphery of people, with the feeling of spreading the necessary places with Bocoboko from the inside.

According to the explanation in the open house that I went today, I decided the shape of the ceiling of the 2nd floor upstairs private room, and said that he roofed in that shape. It is not to decide the roof and the ceiling to be decided, after designing and determining the shape of the ceiling in the room, the flip of that shape becomes the shape of the roof. When seen from the outside, you can see the shape of the ceiling in the room in the form of a roof. When designing the ceiling in the room, the roof of the exterior and the interior space are also designed at the same time, when designing the indoor ceiling, naturally it will clue the things derived from people, so people will also get involved there I thought it was excellent.

There is a volume check, there is a way that people decide at the same time as much as space and details, if there is a way to go to the details from there, deciding the volume, there is also a method involving people, and that is wonderful, but I guess the person is the last Even though some people are involved on the way instead of the last one, I feel that the feeling that people start with is thinner than the way I start from people's surroundings.

Why do you care about how to create a space to start from people's surroundings, mainly because people want to capture more feel and feelings in architecture. It is from the intuition that people who started putting them mainly can get more feel and mood in building.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2019年02月02日

以前に、人がいて、体を覆う衣服があり、体を支える椅子があり、食事をするためのテーブルがあり、テーブルの上には人が使う食器やカトラリーがあり、そのテーブルを照らす灯りがあり、そのテーブルや椅子や人を囲むように、床や壁や天井があり空間ができ、それが部屋と呼ばれ、部屋がいくつも連なり、家という建築ができる、ようなつくり方がしてみたい、とした。

たぶん、今の設計に対する違和感は全てここに集約されるような気がする。そう思うと、とてもすっきりとした気分になった。

ただ、果たして、このようなつくり方が現実実際にできるのだろうか。

どうしても、実際に敷地に建築を設計しはじめる時にはボリュームチェックから入る。ボリュームチェックとは、その敷地にかかる法規を調査し、どのくらいの規模まで建築可能かをみること。

ボリューム、イコール、空間では無いが、空間の大枠を決めることから考えはじめてしまうし、そこが無いと最初の事業計画が立案できないだろう。

だから、ボリュームチェックまではして、そこから、人の周辺から広げていくやり方をすれば良いのかもしれないが、その時に結局、最終的にはボリュームチェックの結果に引きづられてしまうような気がして、はじめの一歩が踏み出せないでいる。

81CAEABF-3395-4D39-BA83-8DA0756F1F9F.jpeg

"Hajime no Ippo"

There used to be people, there are clothes that cover the body, there is a chair that supports the body, there is a table to eat, there are tableware and cutlery used by people on the table, the light that illuminates the table There is a floor, a wall and a ceiling so that it surrounds the table, the chair, and the person, and a space is made, it is called a room, a number of rooms are connected, we want to try to make such a way that we can build a house did.

Perhaps, I feel that all the discomfort to the current design is concentrated here. I thought so, I felt very refreshing.

But I wonder if we can actually do this in reality.

By all means, when you actually start to design the building on the premises, you enter through the volume check. Volume check is to investigate the laws concerning the premises and see how big it can be built.

Although it is not volume, equal, space, I will start thinking about deciding on the space of space and if there is not there, I can not plan the first business plan.

So it may be good to do a volume check and then spread from people's surroundings, but at the time it will eventually end up with the result of the volume check I feel like I can not take the first steps.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2019年02月01日

デザインするのが好きで、ものをつくるのが好きだから、それを死ぬまでやり続けたいと、その環境づくりも含めて、今、奔走しているところで、輪島塗のフリーカップづくりは、塗りの見本待ちで、それが楽しみでしょうがなく、ここまで来ると、何をデザインするか、何をつくりたいか、また、どうしたら出来上がるのか、が明確になっているので楽しくて、待ち遠しくて、早くそのカップでコーヒーが飲みたくて仕方がない。

建築ももちろん、ものづくりなのだが、建築と建築以外では同じものづくりでも違うような感覚がある。

端的に言うと、ものそのものをつくるのか、空間をつくるのか、の違いか。建築でも細部に至る時はものそのものに向き合い、ものそのものをつくるが、最初は空間から考えるのが一般的で、大きな入れ物から考えはじめて、段々と中身に何を入れようか、中身のつくりをどうしようかと考えて細部に至る。それはインテリアデザインでも同じだが、建築はそのインテリアデザインをする空間そのものも一から考えるので、より空間をつくる思考が強くなる。

もっと違う言い方をすると、人がデザインされたものを全て操れるのか、人がデザインの一部なのか、の違いか。建築では、空間は人を包み込み、人はその空間の一部という扱いになるが、建築以外では、人から離れたところにものが実存し、そのものを人が全て操るようにデザインされる。

輪島塗のフリーカップづくりをはじめてから、この当たり前のような違いが、とても大きな違いのように感じるようになっており、それは、もしかしたら自分が指向している建築のつくり方は、空間からはじめるのでは無くて、ものそのものからはじめることではないか、とちょっとどこかで思うようになっている。

人がいて、体を覆う衣服があり、体を支える椅子があり、食事をするためのテーブルがあり、テーブルの上には人が使う食器やカトラリーがあり、そのテーブルを照らす灯りがあり、そのテーブルや椅子や人を囲むように、床や壁や天井があり空間ができ、それが部屋と呼ばれ、部屋がいくつも連なり、家という建築ができる、ようなつくり方がしてみたい。

考えてみれば、衣服以外は今すぐにでもつくることができる。

AF378D3C-B39C-4732-B264-CFFDF321A16F.jpeg

"How to make architecture"

I like to design and I like to make things, so I want to keep doing it until I die, and now I'm busy making the environment, Wajima painted free cup making is waiting for samples of paint So, it can not be helped fun, and as soon as you come this far, it's fun to see what you design, what you want to make, and how to make it, so it's fun, I can hardly wait, in that cup There is no point in wanting to drink coffee.

Not only building but also manufacturing, but there is a different feeling in building the same thing outside of architecture and architecture.

To put it briefly, is it the difference between making things themselves or creating space? Even in architecture, when it reaches the details, it faces the thing itself and makes things themselves, but at first it is common to think from the space, starting with thinking from a big container, what should we put in contents, and how to make contents I think to it and it comes down to details. Although it is the same in interior design, architecture thinks space itself to do its interior design from scratch, so thinking to create more space becomes stronger.

Writing in a different way of speaking, is it different whether people can manipulate everything that was designed or whether people are parts of design. In architecture, space envelops people, treats a person as a part of the space, but outside the building, things are existed far away from people and designed to manipulate them all.

The difference like this is beginning to feel like a very big difference since I started making a free cup of Wajima coat, which is probably how I'm pointing my way of building a building from the space It is not at all, it is supposed to start somewhere somewhere, starting with things themselves.

There are people, there are clothes that cover the body, there is a chair that supports the body, there is a table to eat, there are tableware and cutlery for people to use on the table, there is a light that illuminates the table There is a floor, a wall, a ceiling and surrounding a table, a chair and a person, a space is made, it is called a room, a number of rooms are connected, we want to try to make such a construction that a house can be done.

If I think about it, I can make anything but clothes right now.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

有限会社仲村建築店 代表取締役 仲村和泰

有限会社 仲村建築店
代表取締役 仲村和泰

建築家。現代建築の設計施工が専門。特に東京特有の狭小変形地で建築理論を基にモダンデザイン住宅を設計から施工まで一貫して行い定評。世界中の近代・現代建築を見て歩き調査。コルビュジェ作品は8割調査済み。北欧フィンランドの建築家アアルトについて建築専門雑誌「新建築」でレポート執筆。3割はデザインのプロからの住宅設計依頼。

【略歴】
関東学院大学工学部建設工学科建築系卒業。株式会社像建築設計事務所に入社。その後家業である有限会社仲村建築店にて設計をはじめる。住宅のみならず店舗やオフィスビル、マンションの設計から施工までに一貫して携わる。
2001年 一級建築士取得。
日本建築学会正会員。
東京建築士会会員。