«  2019年03月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« モノ+コトのデザイン | メイン | 形のつくり方 »

2018年11月03日

スケールだけでデザインは成り立つと思う時がある。

街を歩いていて、あっ、あの建築いいな、この場所いいな、これ惹かれるな、特に誰かが意図してデザインした訳ではないはずなのに、そう感じる時がある。そういう時は大抵、スケールがよかったりする、簡単に言うと大きさがちょうど良い。

逆に、どんなに上手くデザインされていても、スケールが違うと良いデザインには見えない。

スケール感は人によって違う。人は何かを判断する時に目からの視覚情報が70〜80%を占めると言う。そうすると、スケール感を判断するのに目の位置が重要になってくる。目の位置、目の高さは人によって違うので、当然、人は個々のスケール感を持つことになる。だから、良いと思うスケールも人によって違う。

この自分で良いと思うスケールでものづくりすることは案外難しく、感覚的に良いと思うスケール感を数値に落とし込んで、自分のものにしておかなくてはならない。

そのために、20代、30代の頃、建築家の作品を見に行っては可能な限り実測していた。20世紀の巨匠ル・コルビュジェの作品が好きだったので、ラ・トゥーレット修道院やマルセイユのユニテ・ダビタシオンに泊まり、寝ないで夜通し実測したりもした。コルビュジェのスケール感を体感し、自分のスケール感との対比を行なって、自分にとって良いスケール、悪いスケールを見極める材料としたかったから。

輪島塗のフリーカップをつくる上で問題は大きさだった。大きさをどうするかで、良し悪しが全て決まると言っても過言ではない。

もともと毎朝、豆から挽いて淹れたコーヒーを飲むし、そもそもカップやグラスが好きだったので、気に入ったものを見つけるとその都度手に入れて、家にはそれなりの数があった。その中から大きさを決める参考にと、カップで特に気に入っていてよく使う、画像にある2つのものを出してきて並べてみたら、偶然にも大きさが同じだった。

口が当たる部分の直径が85mm、高さが105mm。形が全く違うし、素材も片やガラス、片や陶器と全く違うのに、2つとも口が当たる部分の直径と高さだけは同じだった。画像の左がルネ・ラリックのニッポン、右が因州中井窯。カップやグラスを見た時、自分で良いと感じる大きさはこの数値なのだと理解した。

IMG_7447.JPG

なので、輪島塗のフリーカップの形を決める前に、口が当たる部分の直径と高さだけはこの数値に決め、この大きさの範囲内で形を考えることにした。

人は無意識のうちに、自分にとって心地よいスケール感でものを選んでしまっている。建築ならばスケール感を数値で意識しながら進めるが、建築以外では特に数値を意識をすることがなかったので、この時までほぼ毎日のようにこの2つのカップを使っていたにもかかわらず、並べてみるまで大きさが同じことに全く気がつかなかった。

"Scale feeling"

There are times when I think that design will be established only by scale.

Walking in the city, ah, that architectural nice, this place nice, not attracted, in particular it should not have been designed by someone intended, there are times when I feel that way. At times like that, usually the scale is good, the size is just right if it is easy to say.

Conversely, no matter how well it is designed, it does not look good design if the scale is different.

Scale feel is different for every person. People say that visual information from the eyes occupies 70 to 80% when judging something. Then, the position of the eyes becomes important to judge the scale feeling. Since the position of eyes and the height of eyes are different for each person, naturally, people will have an individual scale feeling. Therefore, the scale that I think is good also varies from person to person.

It is unexpectedly difficult to make things on a scale that you think is good on your own, and you need to make yourself a sense of scale that you think is good as a sensation and put it in numbers.

For that reason, when I was in my twenties or thirties, I actually watched the works of architects and measured them as much as possible. Because I liked the work of Le Corbusier of the 20th century, I stayed at La Tourette Abbey and Unite Davitasion of Marseille, and I actually measured overnight without sleeping. Because I wanted to feel the scale feeling of Corbusier and compare it with my scale feeling and make it a material that can see good scales and bad scales for me.

The problem was big when making a Wajima-covered free cup. It is no exaggeration to say that all good or bad is determined by how to do it.

Originally I drank coffee ground from beans and I liked cups and glasses in the first place, so whenever I found something I liked, I got a certain number of house at home. For reference to decide the size from among them, I liked it especially in cups, used frequently, put out the two things in the image, when I arranged it, the size was coincidentally the same.

The part where the mouth strikes is 85 mm in diameter and 105 mm in height. The shape was completely different and the material was also slightly different from glass, one piece and pottery, but only the diameter and the height of the part where the mouth hits are the same. The left of the image is René Lalique's Nippon, right is the causal Nakai kiln. When I saw a cup or a glass, I understood that the size that I feel good on my own is this number.

So, before deciding the shape of the free cup of Wajima coat, we decided this numerical value only for the diameter and height of the part where the mouth hits, and we decided to think about the shape within this size range.

People are unconsciously choosing things with comfortable scale feeling for themselves. In the case of architecture, I will proceed with consciousness of the scale feeling with numerical values, but since I had not been conscious of numerical values, especially outside the building, even though I used these two cups almost everyday until this time, I did not notice that the size was the same until I put it side by side.


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

有限会社仲村建築店 代表取締役 仲村和泰

有限会社 仲村建築店
代表取締役 仲村和泰

建築家。現代建築の設計施工が専門。特に東京特有の狭小変形地で建築理論を基にモダンデザイン住宅を設計から施工まで一貫して行い定評。世界中の近代・現代建築を見て歩き調査。コルビュジェ作品は8割調査済み。北欧フィンランドの建築家アアルトについて建築専門雑誌「新建築」でレポート執筆。3割はデザインのプロからの住宅設計依頼。

【略歴】
関東学院大学工学部建設工学科建築系卒業。株式会社像建築設計事務所に入社。その後家業である有限会社仲村建築店にて設計をはじめる。住宅のみならず店舗やオフィスビル、マンションの設計から施工までに一貫して携わる。
2001年 一級建築士取得。
日本建築学会正会員。
東京建築士会会員。